人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:FLC ( 623 ) タグの人気記事

御願ほどき2019 熊本県菊池市伊牟田の年行事 今年のご加護に感謝してお参りしました

FLC日記 2019年12月7日(土) くもりのち晴れ
今年も、一昨日、村の年行事の一つ、お宮さんにお参りする「御願ほどき」が行われました。
ここは、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の本社所在地がある熊本県菊池市原(はる)の伊牟田地区にある、お宮さんです。
a0254656_13452198.jpg
株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)もこの伊牟田地区で暮らしています。

a0254656_13471251.jpg『御願ほどき』とは、お宮さんにお参りして、今年のご加護のお礼を申し上げる神事です。
毎年決まって、12月5日に行います。
前日の午前中には、村の方々の手によって、新しくしめ縄も飾られています。
今年一年のご加護に感謝し、お供えをしてお参りするのです。

a0254656_13494453.jpg「御願ほどき」のことを紹介する前に、少し弊社や私のことを紹介します。
これは、熊本県菊池市原(はる)、菊池水源の伊牟田地区にある株式会社旬援隊の本社社屋です。

a0254656_13551998.jpgこちらは、5月中旬の上の段の畑と右は栗林の様子です。
左には、同じ村の川口製茶園さんの有機栽培の茶畑があります。
私は、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_13583909.jpg昨年からは米作りも始めました。
私は、この伊牟田区に株式会社旬援隊を立ち上げ、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、自ら育てた農作物及び契約農家の「わが家の専用農家さん」が育てる、“本物”と呼べる旬の食材を販売しています。

a0254656_17252864.jpg

ホームページはこちら



a0254656_14100203.jpg「御願ほどき」に話を戻しましょう!
こちらは同じ境内にある、「猿田彦大神」の石碑です。
お宮さんにお参りする前にまずはこちらにお参りします。
「猿田彦大神」は、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が高天原から降りる際、迎えに出た神で、その神話より、道案内を司る道祖神として信仰されています。
この村から出ても、無事に戻って来れるようにこの地に祀られているのです。

a0254656_14120195.jpgしめ縄も新しくされ、まわりには竹で飾りも施されています。
ワラを敷いて、きちんと正座してお参りできるように準備されていました。
私も、農家さんの取材や、出荷のために、この山奥から毎日のように下りることも多いので、しっかりお参りしました。

a0254656_14134020.jpg神様の社にもロウソクが灯されています。
さらに、玉ぐしやお神酒、お食事がお供えされてありました。
玉ぐしとは、神に捧げる榊(さかき)の葉のことで、白い和紙の紙垂(しで)がついている場合もあります。

a0254656_14151472.jpg私も、お賽銭をあげ、今年のご加護をお礼申し上げ、しっかりとお参りをしました。
二礼、二拍手、一礼。
おかげ様で、風邪ひとつひくことなく、元気に暮らすことができました。

a0254656_14162318.jpg村の方々も次々にお参りに来ます。
本来私は今年、「年行事」と言う役目で、村の行事の様々なお世話係で準備をしなければなりませんでした。

a0254656_14190166.jpgしかしこの日は他の予定と重なり、もう一人の年行事の赤星武利さんに準備をお任せしてしまいました。
武利さんは、お神酒用のお酒を買ってきて、各村の方々から集めたお米でご飯を炊き、煮物を作り、お漬物やお菓子も用意してくれました。
お参りが終わると、お下がりのお酒やお料理を頂きます。

a0254656_14215356.jpg武利さんが皆さんにお酒を注いでいます。
私もいただきましたが、この日は朝からバタバタしていて昼食どころか朝食も撮っていなかったので、まず最初にいただいたコップ1杯のお酒がすごく美味しかったです(笑)

a0254656_14262782.jpgそれからしばらくは食事をしながら座談会です。
12戸の小さな村ですが、本来は10名ほど来られるのですが、今年は参加者が少なかったですね!
武利さんが作ったお煮しめもお漬物も本当にすごく美味しかったです。

a0254656_14303189.jpg熊本県菊池市伊牟田地区は、九州熊本とはいえ、標高500mを超える高冷地で、霧深く朝夕の寒暖差が激しいところです。
主な産業は、ブランド茶の「菊池水源茶」の製造です。

a0254656_14311644.jpg村の中にはいたるところに茶畑が広がっています。
大きな建物は、収穫した生の茶葉を加工する製茶工場です。
阿蘇外輪山の豊な自然に恵まれ、澄んだ空気ときれいな水、肥沃な大地のこの地で、『菊池水源茶』は育ちます。

a0254656_14315522.jpg伊牟田地区の公民館のすぐ近くには、この様な記念碑がたてられています。
標高が高く、朝夕の寒暖差が非常に激しく、霧深いこの地は、お茶の栽培にとても適しています。

a0254656_18202740.jpgこのあたり独特の製茶方法の丸いぐりっとした形状に仕上がったお茶のことを「玉緑茶」と呼びます。
清涼感がありさっぱりとしていつつ、ほど良い渋みがあるということで人気が高くなっています。

a0254656_18222757.jpgまた、化学肥料や農薬を使用せずに育てた茶葉で作られた、有機抹茶『雲上の白』は、熊本のある有名お菓子メーカーでも使用されている大人気商品で、大変希少な抹茶のため“幻の逸品”と呼ばれています。

a0254656_18233492.jpgさらには、現在人気急上昇中なのが、有機紅茶ティーバック『菊池水源紅茶』です。
“有機JAS”のマークがしっかりと入ったた、無農薬・無化学肥料で育てられたお茶を厳しい基準で商品化した紅茶です。
「FLCパートナーズストア」で、『菊池水源茶』『菊池水源紅茶』の販売をしていますので、ぜひそちらもご覧ください。

↓ 今すぐ注文したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『菊池水源茶』


「FLCパートナーズストア」 
『菊池水源紅茶』



a0254656_14340713.jpgさて、本日は、株式会社旬援隊がある熊本県菊池市伊牟田地区の「御願ほどき」の様子や、ここでの田舎暮らしについてお話を書きましたが、本業は、「FLCパートナーズストア」と言うネットショップです。
自らの農業体験を活かしながら、消費者と生産者目線で紹介し、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる農作物を販売しています。

a0254656_14345463.jpg熊本県菊池市の3名の匠が育てた、こだわりのお米も大好評販売中です。
また、私がこの地で育てた『水源キウイ』や『烏骨鶏のタマゴ』、『利平栗』、『えごま油』などをオリジナルブランド商品として販売しています。

a0254656_14353326.jpgその他にも、「わが家の専用農家さん」と称する、契約農家の皆さんが育てた最旬食材が目白押しです。
新鮮野菜、タマゴ、乾物、旬のフルーツなどなどを販売しています。
いずれも、ここでしか買えない貴重な商品ばかりです。

a0254656_1839668.jpgまた、12月22日の冬至用の『香り高きゆず』も大好評販売中です。
数量限定の完全予約制販売ですので、ご注文(ご予約)はお急ぎください。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページににお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2019-12-07 14:37 | FLC | Trackback | Comments(0)

熊本県立菊池高等学校の生徒さんたちが研修にやってきました!(2019/後編)

FLC日記 2019年12月6日(金) くもり
本日は、昨日に続き、熊本県立菊池高等学校の生徒さんたちが、弊社(株式会社旬援隊)に研修に来てくれた様子をご紹介いたします。
a0254656_16441536.jpg


a0254656_18484863.jpg菊池高等学校は、熊本県菊池市隈府にある熊本県立の高等学校です。
1908年(明治41年)に開校した隈府町外十一カ村組合立菊池女学校(後に高等女学校)を前身とし、現在の熊本県立菊池高等学校となっています。

a0254656_18493697.jpg2008年(平成20年)には、創立100周年を迎えた伝統ある学校です。
全日制課程の普通科・商業科の2学科があり、多くの若人が学んでいます。

a0254656_18514860.jpgこちらは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の本社社屋です。

a0254656_15293559.jpg夏は、30℃を超えることが3回ほどしかなく、とても過ごしやすいのですが、冬は寒さがかなり厳しいんです。
今までに経験した最低気温は-16℃!最も多い積雪量は、45cmにもなったことがあります。
毎年11月中旬からは、エントランスにある薪ストーブに火を入れ暖を取ってます。
a0254656_19010012.jpg


a0254656_19021173.jpg「FLCパートナーズストア」では、インターネットを通じ全国のお客様に、熊本の旬のフルーツや新鮮野菜、お米、タマゴ、乾物など、他では購入することのできないものばかりを販売しています!
ぜひ、熊本の旬の食材をホームページでご覧ください!

ホームページはこちら!↓ ココををクリック!! ↓



a0254656_19053046.jpg今回の研修や、菊池高校で行った2回の講演の依頼をしてくれたのは、私の30年来の友人の吉田真一先生です。
共通の友人を介し知り合った、学校こそ違えど同級生です。
現在は、菊池高校の商業科で教鞭をとっています。

a0254656_16514988.jpg昨年からは、星子健二先生が、引率者として生徒さん達と一緒に来社いただいています。
今年の研修は、1年生2クラスが、昨日の12月5日(木)に、午前と午後に分かれて行われました。

12月5日(木)午前 1年5組25名

a0254656_16583664.jpg
来社後、挨拶を終えると、作業をする上の段へ移動しました。
途中、大きなスズメバチの巣を見せたので、生徒さん達は一様に驚いていました。

a0254656_17030845.jpg
作業の説明をしました。
主な作業は、エゴマの脱穀です。
おやおや!大きなあくびをしている生徒さんもいますね!(笑)

a0254656_17120126.jpg
脱穀したエゴマを唐箕と言う道具を使って、ゴミを分けます。
その作業も一部、生徒さん達のお願いしました。
a0254656_17060712.jpg
脱穀作業の様子です。
叩き落したえごまの粒が飛ばないように工夫して、できるだけブルーシートの端を持ち上げて頑張ってくれました。

a0254656_17073782.jpg
しっかりとえごまの実を脱穀し終えると、エゴマの枝は焼却処分します。
ここは寒いので、焚火にもなっていい感じですね!

a0254656_17152173.jpg
大きなごみ(枝葉など)をふるいを使って仕分けします。
それから唐箕がけをします。

a0254656_17135041.jpg
初の唐箕がけの作業に悪戦苦闘!
その後、仕分けしたエゴマを見ましたが、きちんとできてましたので安心してください!

a0254656_17182175.jpg
薪割り作業も体験してもらいました。

a0254656_17211496.jpg
大きな薪にも果敢に挑みます!
何度か挑戦するうちに、要領をつかみ見事に割ってくれました。

a0254656_17223956.jpg
女子にはこの斧は少し重たすぎたかな?
でも、薪割りなんてする機会はあまりないでしょうから良い経験ですね!

a0254656_17250971.jpg
狙いを定めて~
さぁ!頑張れ!!

a0254656_17264455.jpg
おぉ!こちらはお見事!
両サイドにパッカーン!です。

a0254656_17282780.jpg
弊社のスタッフもサポートに入り、慣れない薪割を頑張ってくれました。

a0254656_17310556.jpg
頑張ってくれたお礼に私が育てた『水源キウイ』を渡しました。
教室に戻ったらみんなで食べて下さい!

a0254656_17323053.jpg
ホント、みんな元気いっぱい頑張ってくれました。
たくさんの笑顔もありがとう!

a0254656_17332470.jpg
1年5組参加者の集合写真です!

12月4日(木)午後 1年4組29名

a0254656_17364510.jpg
午後には1年4組の皆さんが来ました。
先ほどのクラスでもそうでしたが、ジャージを忘れた生徒がクラスに1人いるものです(笑)。

a0254656_17392027.jpg
ごめん!
1人制服で目立ってたので、作業に使う樽を運ばせてしまいました。

a0254656_17411282.jpg
まずは、エゴマの脱穀作業です。
「どこまですればいいですか?」
「終わったのはどうしたらいいですか?」
積極的に質問が出てきました。

a0254656_17470590.jpg
スナップが効いた良い脱穀作業です!

a0254656_17474852.jpg
「えごま粒が飛んできて目に入りそうで怖い!」
「入んないよ!」
すぐさまツッコミが入っていました!

a0254656_17513422.jpg
飛び散らないようにしっかりとブルーシートをもって、丁寧に作業してくれました。

a0254656_17524862.jpg
「頑張ってる様子をブログに載せるからね!」と言ってカメラを向けると、マスクの下に笑顔を見せながらも、後ずさりする女子たち!

a0254656_17571566.jpg
唐箕がけもちょっとだけ体験してもらいました。
使い方の説明に興味津々です。

a0254656_17592233.jpg
脱穀をし終えたエゴマは、今回も焼却処分しました。

a0254656_18012139.jpg
その後は、薪割り作業です。
ここまではさまになっていましたが、実はこの後、思いっきり空振りしました(笑)。

a0254656_18041755.jpg
「誰か、この大きいのやってみて!」
「それは無理やろ!」とだれもがしり込み・・・

a0254656_18034311.jpg
「じゃぁ、私が!」
と挑みましたが、さすがに厳しかったよう・・・

a0254656_18151210.jpg
こちらは、腰の入った見事な薪割り!

a0254656_18161814.jpg
これはかなり硬い薪です。
うまく割れずに、ハンマーで叩いています。

a0254656_18324251.jpg
みんな、本当によく頑張ってくれました。
エゴマの脱穀も、薪割もありがとう!

a0254656_18332900.jpg
1年4組参加者の集合写真です!

a0254656_18351893.jpg
お~っと!忘れるとこでした。
薪をバンバンと真っ二つにしていた緒方さん!
ドラフト1位指名候補です(笑)

a0254656_18375688.jpgなれない作業に筋肉痛になった子もいたかもしれません。
制服がエゴマと煙の臭いだらけになった子もいるかもしれません。
皆さん本当によく頑張ってくれました。

a0254656_18451609.jpgそして最後に、星子先生!今年も元気で明るい頑張り屋の生徒さん達を連れてきていただきありがとうございました。
そして生徒さん達!
今度はぜび遊びに来てください!
大人になった君たちが遊びに来てくれたら、うちの囲炉裏を囲んで飲みたいと思っています。
また会える日を楽しみにしています。
では、その時まで!!
アディオス!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2019-12-06 18:50 | FLC | Trackback | Comments(0)

熊本県立菊池高等学校の生徒さんたちが研修にやってきました!(2019/前編)

FLC日記 2019年12月5日(木) くもり
今年も恒例となっている、熊本県立菊池高等学校商業科の生徒さん達が、研修にやってきました!
ここは、熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区、菊池水源の山奥にある、株式会社旬援隊の本社社屋です。
a0254656_17325017.jpg


a0254656_17350614.jpg株式会社旬援隊では、ここで育てる様々な農作物、そして契約農家の「わが家の専用農家さん」が育て上げた熊本の旬の食材を、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売しています。


↓ ホームページはこちら ↓



a0254656_17380971.jpg今、このブログを読んでいただいている皆さんも、ある程度の田舎(山奥)を想像されていることでしょうが、ここは、本当に山奥で、この道がここへ登ってくるための唯一の舗装道路です。
その道は、さらに山の奥へと続きますが、弊社があるとこより先には、誰も住んでいません。
ですから、敷地内に立っている電柱には電線がここまでしか来ていません。

a0254656_17423452.jpgここの敷地は2000坪ほどあり、さらに近隣の畑を借りて、私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、この山奥で様々な作物を育て、自給自足の生活を目指しながら、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営しています。写真は、6月中旬の上の段の夏野菜たちの畑と栗林です。
手前は同じ村の「川口製茶園」さんの有機栽培の茶畑です。

a0254656_16451455.jpgここでは、全ての作物を完全無農薬、完全無化学肥料で栽培しています。
こちらは、11月中旬に収穫を終えたキウイフルーツです。
ここで育てたキウイフルーツは、『水源キウイ』と言う商品名で、「FLCパートナーズストア」で販売しています。

a0254656_16463282.jpg『水源キウイ』は、今年も大好評いただき、大変ありがたいことに、その安全性と美味しさから、たくさんのご予約を頂いている人気商品です。
今年もゴールド種とグリーン種の2種を販売しました。

a0254656_18425520.jpgそんな山奥にある弊社に、熊本県立菊池高等学校の商業科の生徒さんたちが、研修に来ました。
本日(12月5日(木))の午前と午後の2回に分けて、1年生の2クラスです。

a0254656_18434177.jpg今回の研修の目的は、商品(私の場合農作物)を作り、商品として販売するまでの苦労と喜びをしり、この山奥での暮らしぶりを実体験することです。

a0254656_18161974.jpgそんな研修授業の依頼をしてくれたのは、私の20年来の友人の吉田真一先生です。
共通の友人を介し知り合った、学校こそ違えど同級生です。
現在は、菊池高校の商業科で教鞭をとっています。

a0254656_17021196.jpgその吉田先生との縁があり、菊池高校に伺い、3日回ほど外部講師として講演をしました。
こちらは、1回目の講演の際の様子です。
1回目は、一昨年(2016年)の12月14日にまもなく卒業を迎える生徒さんたちに対し、経営者として夢と社会人としての心構えの話をしました。

a0254656_16534290.jpgそして、2回目(写真)は、一昨年の10月16日に1年生から3年生に向けて、「働き方」と言うテーマで講演をしました。
また、インターネットビジネスについても話し、私がこの山奥で行っていることを話しました。
今年は、菊池高校に伺っての講演はしませんでしたが、現場での研修授業は行いました。

a0254656_18192238.jpg昨年からは、同じく菊池高校の星子健二先生が、引率者として来ていただくことになりました。
写真は薪割をする生徒に写真のアングルを指示し写真を撮る星子先生です。

a0254656_18232753.jpg菊池高校の生徒さんたちにお手伝いをしていただく主な作業は、「エゴマ」の脱穀と唐箕かけです。
私がこの地で育てた「エゴマ」を収穫し、乾燥させたものを商品にするための大事な作業です。
研修授業の様子を少しだけ紹介します。

a0254656_18250450.jpg
▲エゴマの脱穀の様子です(1年5組)。

a0254656_18271519.jpg
▲脱穀したエゴマのふるいかけ作業の様子です(1年5組)。

a0254656_18280587.jpg
▲ふるったエゴマの唐箕かけ作業の様子です(1年5組)。

a0254656_18301824.jpg
▲薪割り作業の様子(1年5組)。

a0254656_18260627.jpg
▲エゴマの脱穀の様子です(1年4組)。

a0254656_18321330.jpg
▲脱穀を終えたエゴマの焼却の様子です(1年4組)。

a0254656_18332304.jpg
▲エゴマの唐箕かけ作業の様子です(1年4組)。

a0254656_18345122.jpg
▲薪割り作業の様子(1年4組)。

a0254656_18381962.jpg限られた短い時間ではありましたが、生徒さん達は本当によく頑張ってくれました。
その奮闘ぶりをたくさん紹介したいのですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで、写真と共に詳しく紹介したいと思います。
頑張る姿と皆さんのたくさんの笑顔で、なんだかすごくパワーをもらった気がしています。
それでは、明日のブログもお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-12-05 18:40 | FLC | Trackback | Comments(0)

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り

FLC日記 2019年11月30日(土) 晴れ
こちらは、熊本県菊池市原(はる)の伊牟田地区にある、「文殊菩薩堂」です。
a0254656_16483590.jpg


a0254656_16514738.jpg伊牟田地区は、ブランド茶の『菊池水源茶』の発祥の地でもちろん現在も生産地です。
ここには約480年ほど前に、四国より伊牟田地区に持ち帰られたと伝えられ、ここに祀られた「文殊菩薩像」があります。
“文殊”とは、「3人寄れば文殊の知恵」と言う、有名なことわざで知られる、文殊菩薩(もんじゅぼさつ)様のことです。

a0254656_16534396.jpgこの地に鎮座される、文殊菩薩様を、私たちは親しみをこめ、“文殊さん”と呼び、毎年11月29日を「文殊さん祭り」としています。
花を飾り、お酒とお団子などのお供えをしみんなでお参りをします。

a0254656_16555514.jpgこの社(やしろ)を建築した11月29日を記念して、「文殊さん祭り」の日に定められました。
まずは、敷地周辺の草刈りをして、社とその周りを清掃掃除しました。

a0254656_17572042.jpg平成25年2月7日に、この文殊菩薩堂が有形文化遺産として、“菊池遺産”に認定されました。
日本には、「文殊菩薩」の像は、この伊牟田の文殊さん以外には、3体しかないとのこと!!

a0254656_17592820.jpg奈良の興福寺東金堂の坐像(定慶作、国宝)や安倍文殊院の五尊像(快慶作、重要文化財)、高知の竹林寺の五尊像(重要文化財)の3体です。
もしかしたら、伊牟田の“文殊さん”も国宝級かもしれませんね!!
文殊菩薩様は、智慧(知恵)を司る仏様です。
お釈迦様と同時代の実在の人物で、一説によると釈迦十大弟子とも親しく仏典結集にも関わったとされています。

a0254656_16580444.jpgとても優しいお顔立ちで、私たちを温かく見守ってくれています。
もちろん、知恵を司る仏様ですから、学問の仏様でもあるのです。
この伊牟田に来られてから480年ほどですから、作られたのはもっと前になるでしょう。
その歴史がお顔にも出ています。

a0254656_16591982.jpg文殊さん祭りのこの日は、午後1時より文殊菩薩堂の周りの草刈りや、選定作業、お堂の掃除などをしいったん解散して、3時に公民館に集まりました。

a0254656_17013965.jpg公民館から文殊菩薩堂までは歩いてすぐです。
みんなでお参りに行きます。
伊牟田地区は、12戸ほどのとても小さな村ですが、とても長寿の村でそのみなさんがとても温かい方ばかりです。

a0254656_17034478.jpg「俺たちが子供のころは、書初めを奉納したりもしよったたい。頭のよくなるごつ!っていうて、しっかりお参りしよったばい!」

a0254656_17054017.jpgそんな昔話をしながら、今年一年温かく見守っていただいた文殊さんに村のみんなでお参りをしました。
秋晴れのとても気持ちの良い午後です。
天気同様しっかりお参りをしてとても晴れやかな気持ちになりました。

a0254656_17081133.jpg熊本県菊池市伊牟田地区は、九州熊本とはいえ、標高500mを超える高冷地で、霧深く朝夕の寒暖差が激しいところです。
主な産業は、ブランド茶の「菊池水源茶」の生産です。

a0254656_17090714.jpg村の中にはいたるところに茶畑が広がっています。
大きな建物は、収穫した生の茶葉を加工する工場です。
阿蘇外輪山の豊な自然に恵まれ、澄んだ空気ときれいな水、肥沃な大地のこの地で、『菊池水源茶』は育ちます。

a0254656_17101477.jpg文殊さんの社のすぐ横には、この様な記念碑がたてられています。
標高が高く、朝夕の寒暖差が非常に激しく、霧深いこの地は、お茶の栽培にとても適しています。

a0254656_18254169.jpgこのあたり独特の製茶方法の丸いぐりっとした形状に仕上がったお茶のことを「玉緑茶」と呼びます。
清涼感がありさっぱりとしていつつ、ほど良い渋みがあるということで人気が高くなっています。

a0254656_18305327.jpgまた、化学肥料や農薬を使用せずに育てた茶葉で作られた、有機抹茶『雲上の白』は、熊本のある有名お菓子メーカーでも使用されている大人気商品で、大変希少な抹茶のため“幻の逸品”と呼ばれています。

a0254656_1834379.jpgまた、現在人気急上昇中なのが、有機紅茶ティーバック『菊池水源紅茶』です。
“有機JAS”のマークがしっかりと入ったた、無農薬・無化学肥料で育てられたお茶を厳しい基準で商品化した紅茶です。
「FLCパートナーズストア」で、『菊池水源茶』『菊池水源紅茶』の販売をしていますので、ぜひそちらもご覧ください。

↓ 今すぐ注文したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『菊池水源茶』


「FLCパートナーズストア」 
『菊池水源紅茶』



a0254656_17143367.jpgお参りの後は、恒例の「伊牟田区の忘年会」です。
区長の赤星明穂さんが「みなさんのご協力で文殊菩薩堂もきれいになり今年も良いお参りができました。」と挨拶をし、すぐに乾杯です。

a0254656_17173676.jpg楽しい忘年会の始まりです!!
今年も婦人部の皆さんに美味しいお料理をご用意いただきました。
メインのお鍋は3種類!
サラダやお団子も用意してありました。

a0254656_17230618.jpg伊牟田地区は、全部で12戸ほどの小さな村です。
みなさんとても気さくで心の清らかな方々ばかりです。

a0254656_17244209.jpgお鍋もお酒もとても美味しかったです。
でも、やっぱり皆さんとの交流のひと時がとても楽しかったです。

a0254656_17255890.jpg楽しかった尾と言えば、同じ村の方が寄付?されたカラオケがあり、昔懐かしい曲ばかりですが、みんなで歌い大いに盛り上がりました。
余りに楽しく、今回も私は少し飲みすぎちゃいましたけどね!(笑)

a0254656_17275266.jpg私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、この伊牟田地区に移り住み、株式会社旬援隊を立ち上げました。
自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_17291522.jpg自らの農業体験を活かしながら、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる作物を、すべて生産される作付地に伺い、現地取材をして、消費者と生産者目線で紹介して、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売しています。
a0254656_191519.jpg
「FLCパートナーズストア」では、契約農家さん(わが家の専用農家さん)の、とっておきの“最旬”食材をご案内しています。

a0254656_193819.jpg現在のおすすめ最旬食材は、先行予約の受付をスタートした朝採りの『新鮮イチゴ』です。
その他にも、熊本の美味しいお米、野菜、タマゴ、乾物、などなどを販売しています。
いずれも、ここでしか買えない貴重な商品ばかりです。

a0254656_1963092.jpgまた、12月22日の冬至用の『香り高きゆず』も大好評販売中です。
数量限定の完全予約制販売ですので、ご注文(ご予約)はお急ぎください。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページににお進みください。
ぜひ一度、ご来店ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村
by flcps | 2019-11-30 17:32 | FLC | Trackback | Comments(0)

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)

FLC日記 2019年11月25日(月) くもりのち晴れ
昨日に続き、家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」の紹介をします。
毎年恒例となった「水源 食の文化祭」は、今回でなんと15回目を迎えました。
本日は、各地区や団体から出品された、心温まる家庭料理と熊本県警察音楽隊の演奏の様子を中心にご紹介します。
a0254656_16164025.jpg

昨日のブログもぜひご覧ください!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


a0254656_16184962.jpg「水源 食の文化祭」とは、熊本県菊池市菊池水源の各地域や団体が、自慢の家庭料理を毎年秋に年1回行う振舞うイベントで、毎年たくさんの来場者が訪れます。

a0254656_16224921.jpg会場は、熊本県菊池市、菊池水源にある「きくちふるさと水源交流館」の体育館です。
今年(2019年)は、11月24日(日)に開催され、菊池市内はもとより、熊本県内外から大勢のお客様にご来場いただきました。

a0254656_16385659.jpg受付を終えると、当日のしおりと、お箸、それから手作りの“入場パス”を受け取ります。
“入場パス”を首から下げておけば、会場を自由に出入りできます。

a0254656_16412832.jpgちなみに、入場料は大人1,000円。
小学生:300円、未就学児:無料です。
しおりの裏面には、出品地区や団体の配置図と一緒に、出品料理が紹介されています。
ご飯もの、汁もの、お惣菜やおかず、甘味、デザートまで、手作り料理が盛りだくさんです。
どのお料理も、心温まる自慢の手料理です。

a0254656_16450314.jpg会場入り口付近では、菊池水源の地元の新鮮野菜、果物、乾物などが大特価で販売されています。
ダイコン、白菜、ニンジン、生椎茸などが人気の様でした。
私も、私が無農薬で栽培し、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で問題人気の『水源キウイ』を出品しました。

a0254656_16472198.jpg会場の体育館に入るとすぐに、各地域から出品された自慢の家庭料理がディスプレーされています。
いくら食べ放題とはいえ、全部は食べきれません。
どの料理を食べるか、ここで品定めです。

a0254656_16485524.jpg全て、地元の食材を使ったお料理なんですよ。
ご飯もの、汁もの、お惣菜に、手作りデザートまでり、なんだかフルコースって感じです。
どれも本当に美味しそうですね!

a0254656_16504628.jpg私が暮らし、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊がある「伊牟田地区」からは、毎年恒例の『栗万十』も出品しました。
ちょと自慢していいですか?
この「栗万十」は、私のおば(氏森由井子)が考案し、この伊牟田地区で広め、今ではすっかり伊牟田地区の名物となったものです。

a0254656_16535085.jpg開会式では、各地区や団体からの自慢のお料理の紹介があります。
各地区や団体の自慢のお料理をいくつか紹介しましょう!

a0254656_16551041.jpgこちらは日生野(ひよの)地区から出品された「山菜おこわ」です。
みなさんが取りやすいように、1つずつホイルケースに入れてありすごく人気でしたよ。

a0254656_16572685.jpgこちらは、塚原地区の「のっぺ汁」です。
大根、人参、ごぼう、ちくわ、こんにゃく、鶏肉などを大きさをそろえ醤油ベースで煮込んだ熊本の郷土料理です。
この日は雨も降っていて、肌寒かったので、熱々の「のっぺ汁」は最高でした。

a0254656_17010673.jpg水源MISO味噌団からは、スティックみそチーズケーキと米みそアイスクリームが出品されていました。
女性やお子様を中心に大人気でした。

a0254656_17091221.jpgいすやテーブルも洋視されています。
畳を敷いてあるスペースもあり、家族連れでも安心です。
男女を問わず、お子様から年配の方まで、それぞれのお好みの料理を好きなだけ食べることができます。
ご飯もおかずも汁物もデザートも、みなさん何度もおかわりをして召し上がっていました。

a0254656_17081018.jpgその後、ステージで演奏いただく熊本県警察音楽隊の皆さんも美味しそうに召し上がっていました。
笑顔満点なのですが、みなさん礼儀正しく正座されていたことが少し感動でした(笑)。

a0254656_17244541.jpg今年の「水源 食の文化祭」の司会をしていただいたのは、平山留美子さんです。平山さんはこの菊池市水源地区出身のフリーMC、TVリポーターで、透きとおる声ととても流ちょうなおしゃべりで、会場を盛り上げてくれました。

a0254656_17220332.jpgみなさんのお腹が満たされたころ、平山さんがステージイベントの紹介をしました。
今年は、熊本県警察音楽隊の演奏で、みなさんお待ちかねです。

a0254656_17324840.jpg最初はディズニーの曲に合わせ、マーチングフラッグの披露されました。
素晴らしい音楽と、目を引きつける演舞で会場を圧倒します。

a0254656_17345465.jpgそれから、子供たちにも大人気の「パプリカ」の演奏がありました。
踊りも披露され、子供たちは大盛り上がりです。

a0254656_17361514.jpg


a0254656_17431912.jpg曲の間には、警察音楽隊らしく、防犯のお話もありました。
振り込め詐欺に気をつけましょうと言うことを、より具体的にお話しいただきました。

a0254656_17442926.jpgそれから、「火の国旅情」「美空ひばりメドレー」「世界にひとつだけの花」などの演奏をいただきました。

a0254656_17474354.jpg来場されたみなさんや、美味しいお料理を提供いただいた各地区や団体の皆さんも、見事な演奏に聞きほれています。

a0254656_17494399.jpg今回、初めて熊本県警察音楽隊の皆さんに演奏いただきましたが、多くの方が
「ぜひまた来てほしい!」「毎年来てくれないかなぁ~」などの声が上がっていました。

a0254656_17561373.jpg定刻となり、熊本県警察音楽隊の皆さんへのお礼と、閉会の挨拶を城副理事長が述べました。
本来は「ふるさと」をみんなで合唱して挨拶となりますが、今年は生演奏いただくことになりました。

a0254656_17590285.jpg


a0254656_18003825.jpg毎年恒例となっていますが、今年はみなさん特に声高々に合奏しているようです。
今年の『水源 食の文化祭』でも、たくさんの美味しい家庭料理をおなかいっぱい食べて、たくさんの笑顔に出会うことができました。

a0254656_18043589.jpg昨日、無事に終わったばかりですが、もう来年の『水源 食の文化祭』が待ち遠しくてなりません。
これからも、ずっとずっとこのイベントが開催されることを願っています。

a0254656_18064296.jpg本日は、「水源 食の文化祭」の紹介をさせていただきましたが、本業はネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営しています。
熊本で育つ、“本物”と呼べる最旬食材をインターネットで販売しています。

a0254656_18251627.jpg現在は、冬至の日の柚子風呂用の柚子(ゆず)が大人気です。
その他にも、熊本の安全で美味しいお米、新鮮野菜、旬のフルーツ、えごま油などなどを販売中です。
a0254656_18280713.jpg

ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、たくさんの農家さんの“本物”と呼べる作物を販売しています。
それらのほとんどが、ここでしか、買うことのできないものばかりです!
ぜひ、「FLCパートナーズストア」のホームページもご覧ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2019-11-25 18:11 | FLC | Trackback | Comments(0)

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)

FLC日記 2019年11月24日(日) 晴れ
本日、2019年11月24日(日)待ちに待った家庭料理大集合!「水源食の文化祭」が開催されました。
「水源食の文化祭」毎年楽しみにしている、“美味しいイベント”にです!
a0254656_18071145.jpg


a0254656_18084815.jpg「水源 食の文化祭」とは、熊本県菊池市菊池水源の各地域や団体が、自慢の家庭料理を毎年秋に年1回行う振舞うイベントで、毎年たくさんの来場者が訪れます。

a0254656_18111326.jpg入場料の、大人1000円、小学生500円、未就学児無料で、ご飯もの、汁もの、お惣菜やおかず、甘味、デザートまで、手作り料理が盛りだくさんのお料理が食べ放題です。

a0254656_18114792.jpg“入場パス”を首から下げておけば、会場を自由に出入りすることもできます。
この入場パスは、毎年竹を切り出し手作りで作られています。

a0254656_18491622.jpg会場は、熊本県菊池市原(はる)にある、「きくちふるさと水源交流館」の体育館です。
「きくちふるさと水源交流館」は、廃校となった「菊池東中学校」跡地を利用した菊池水源地域の活性を目的とした施設です。

a0254656_19261897.jpgその「きくちふるさと水源交流館」は、NPO法人「きらり水源村」が、指定管理者として事業企画し、管理運営しています。
当時の校舎をそのまま活かしたノスタルジックな雰囲気も良いですよね。

a0254656_19273517.jpg「きらり水源村」は、『地域活性化(=まちづくり)』、『都市山村交流(=グリーンツーリズム)』、『子どもの生活圏づくり(=スローライフ)』の3つのキーワードを軸に、校区民を中心に構成されたNPO法人です。
「きらり水源村」は、「平成24年度地域づくり総務大臣賞」を受賞し、全国的にも注目されています。

a0254656_16324685.jpg「きらり水源村」では毎年夏の期間に、菊池水源を流れる用水路「原井出(はるいで)」を利用し、カヤックで井出を下る、九州で唯一の井出を使ったアトラクション『イデベンチャー』も行っています。

a0254656_19303533.jpg橋をくぐり、トンネルを抜け、時には急流にカヤックを任せて進みます。
大人も子供も楽しめ、今年も2000名を超える参加者がありましたよ。
私も毎年、スリル満点の『イデベンチャー』を体験しています。
夏の期間のみの開催なので、詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

きくちふるさと水源交流館ホームページ
http://www.suigen.org/



a0254656_18123221.jpgさて、家庭料理大集合『水源食の文化祭』に話を戻しましょう!開催時刻の12:00の前にはすでに、たくさんお方が来ていました。
受付では、本日のしおりと、お箸、それから手作りの“入場パス”を受け取ります。

a0254656_18131237.jpg会場の体育館に入るとすぐに、各地域から出品された自慢の家庭料理がディスプレーされています。懐かしいおばあちゃんの田舎料理もあり、どれもすごく美味しそうです!

a0254656_18140908.jpgもちろん、すべて食べたいのですが、そんなにはお腹に入りません。ですから、このディスプレーと、しおりを見て、その場所や内容を確認して、何を食べるか考えるのも楽しみの一つです。

a0254656_18144782.jpg12時の定刻となり、まずは「きらり水源村」理事長の岩崎良美さんの開会の挨拶がありました。
その後、ご来賓の方の紹介、挨拶へと移ります。

a0254656_18153656.jpg今回は、菊池市副市長の芳野勇一郎様にご挨拶いただきました。
「美味しい香りが漂っています!楽しみにしてきました。本日は美味しい料理をたくさん食べて、皆さんと楽しい時を過ごしたいと思います。」その他にも、木下雄二菊池市議、田中教之菊池市議にも来賓としてお越しいただきました。

a0254656_18411652.jpgさてさて、芳野副市長の挨拶にもありましたように、会場は良い香りが漂い、みなさん食事をお待ちかねですが、各地区や団体から、今回の出品料理の紹介があります。
パンフレットだけではなく、この紹介でさらにテンションが上がるんです!

a0254656_18443160.jpg会場には、お皿、お椀、カップが用意されています。それを各自もって、お好きなものを食べるのですが、注意点が3つ!
・お料理はみんなで分け合います
・出品料理の持ち帰りはしません
・食べ残しがないようにします

a0254656_18490236.jpgそして、いよいよみんなで「いただきます!」と唱和して、試食のスタートです!
どんなお料理が並んでいたのか気になりますよね!
でも、本日は少々長くなりましたので、この続きはまた明日のブログでご紹介します。

a0254656_18492345.jpg私が暮らし、株式会社旬援隊がある「伊牟田地区」からは、毎年恒例の『栗万十』も大人気!
毎年、この『栗万十』を食べたくてご来場いただくお客様も多いんです。

a0254656_19004447.jpg今年も、家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」は大盛況でした。
明日は、美味しい家庭料理の数々と、水源地区の農産物を販売する特設コーナー、そして、ステージイベントの熊本県警察音楽隊の皆さんの素晴らしい演奏など、会場の様子を詳しく紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2019-11-24 19:01 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!

FLC日記 2019年11月23日(土) 晴れ
本日(11/23)、熊本県菊池市泗水町において、第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されました。
本日のブログでは、現地取材したその様子を紹介いたします。
a0254656_16534670.jpg


a0254656_16573285.jpg会場はこちら!熊本県菊池市泗水町にある、泗水公民館です。
九州のお米食味コンクールは、1回から今回の3回までいずれも菊池市で開催されています。
また昨日は、同会場で第7回菊池米食味コンクールが開催されました。

a0254656_16595330.jpg米食味コンクールは、色・艶、香り、粘り、食感、食味で審査・評価することにより、安全性や糧食性を求め、「良質な米作り」に日々精進する生産者・生産団体を支援し、さらにこれを認めることを目的とした大会です。

a0254656_17023551.jpg2016年には、熊本県菊池市において、第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in菊池市が開催されました。
写真は、その時の開会式の様子です。
今年の21回大会は、11月30日・12月1日の両日、千葉県木更津市で開催されます。

a0254656_17051035.jpgさて、第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催された、泗水公民館のすぐ横には「泗水孔子公園」が隣接しています。
なぜ?熊本県菊池市泗水町に孔子公園?とお思いになった方も多いことでしょう!

a0254656_17094826.jpg孔子は中国の春秋時代の学者で思想家、哲学者でもあります。
儒教の祖とも言われています。
ここ泗水町の町名と、孔子について少し紹介します。
日本で市制・町村制が公布された明治22(1889)年、各地で市町村の名前を決めることになりました。
現在泗水町と呼ばれるこの地域は、かつて合志(ごうし)郡と言われる地域でした。

a0254656_17160367.jpg初代村長となる西佐一郎氏は、孔子をとても尊敬していました。
合志→ごうし→こうし→孔子と言うことで孔子の出身地である泗水(しすい)を拝借して泗水村としよう!となりました。
また、鞍岳川、矢護川、若木川、小原川の4本の川が合流する場所であったことも決め手となり、正式に泗水村(当時)となりました。

a0254656_17193734.jpg今では孔子にちなんだ祭が開催されたり、超本格派な中国宮廷建築を取り入れた孔子公園が作られたりして町おこしに一役買っています。
入場料は無料で、その中には本場中国の石材が使われた孔子像などもありますが、孔子公園の紹介はこのあたりで!

a0254656_17285653.jpgさて、第3回九州のお米食味コンクールin菊池に話を戻しましょう!
開会宣言の後、坂本哲志衆議院議員のご挨拶、祝電、来賓紹介などがあり、いよいよコンクールが始まります。

a0254656_17314930.jpg九州各県から、1168の検体が出品され、あらかじめ一次審査が行われました。
一次審査では、全て機械による検体の検査を行い、最終審査にノミネートされたお米を、本日、食味鑑定士の方々の試食による厳正なる審査を行います。

a0254656_17334198.jpgこちらがその審査を行う機械です。
水分、タンパク、アミローズ、脂肪酸度などが測られ、それらの数値に伴い、それぞれのスコアが出されます。

a0254656_17355526.jpgスコアの良かった、上位30検体がノミネートされ、食味の審査が行われるのです。
ちなみに、今回の予選でのハイスコアは88で、上位30位までに入るには83が必要だったようです。

a0254656_17390074.jpg機械審査による、上位30名の農家さんたちが育てたお米(白米のご飯)が、機械審査の順番とは関係なくランダムにやってきます。
審査員はそれらを食し上位5品目を投票します。

a0254656_17432497.jpg色・艶、香り、粘り、食感、食味で審査・評価します。
もちろんそれらが誰のお米なのかは審査員も全く分かりません。
厳正なる審査で、公平を期するためにこの様に見て回ることもできました。
ちなみに手前の方は、私の米作りの師匠の米食味鑑定士で審査長の堤公博さんです。

a0254656_17473185.jpg一昨年の九州のお米食味コンクールin菊池の際に撮影した写真です。
米・食味鑑定士協会の鈴木秀之会長(右)と、米・食味鑑定士の堤公博さんです。
堤公博さんは、“米・食味鑑定士”で、雑穀エキスパートです!!

a0254656_17534834.jpgまた、九州米粉食品普及推進協議会の会長などたくさんの役職をしながら、自らもこの菊池市七城町で、無農薬でお米を育てています。
稲刈りの取材に行った際に撮影した堤公博さん(左)とお弟子さんの野田哲詩さん(右)です。

a0254656_17465152.jpg堤さんが育てたお米は、この米・食味分析鑑定コンクール:国際大会において、2度も日本一に輝きました。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、堤さんのお米を販売しています。

a0254656_18391626.jpgしかし、堤さんが育てるお米は、もうすでに何年も先まで予約でいっぱいのため、弊社では無農薬・無化学肥料で育てた『雑穀米』、『発芽玄米』、『米粉』の販売を行っています。
無農薬栽培の『発芽玄米』と『雑穀米』を今すぐ購入したい方、
詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



無農薬栽培の『米粉(微細粒米粉)』を今すぐ購入したい方、
詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




a0254656_17565218.jpg第3回九州のお米食味コンクールin菊池の総合司会をしていただいたのは、昨年に続き平山留美子さんです。
平山さんは菊池市在住のフリーMC、TVリポーターで、透きとおる声ととても流ちょうなおしゃべりで、会場を盛り上げてくれました。

a0254656_17582420.jpgまた、会場には南北朝時代に活躍した菊池市の武将、菊池武時公と菊池武光公に扮した鎧姿のお2人がいました。
「すごく暑いですが、皆さんに菊池をアピールしようと頑張ってます」と話してました。

a0254656_18004421.jpgこんな出会いもありました!
このおそろいの法被を着た、とてもかわいらしい女性たちは、鹿児島県立伊佐農林高等学校の生徒さん達です。

a0254656_18061514.jpg伊佐米、かごしま湧水米、そして伊佐農林高等学校のPRのために来たとのことでした。
「自慢のお米です。冷えてもすっごく美味しいんですよ!」と、話していました。

a0254656_18093853.jpg私が会場を後にするときまた会うと、3人で決めのポーズ?で撮影に応じてくれました。
私も農業を営む一人として、この3名の笑顔に、なんだか明るい未来が見えた気がしました。

a0254656_18120130.jpg厳正なる食味審査は続き、この表にて発表されます。
私は、自分の農作業があるので、最終結果を待たずに会場を後にしました。
最後に私のことを少し紹介させてください。

a0254656_18182471.jpg私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥で、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
写真は菊池渓谷から菊池市街方面へ下り、最初の左へ進む道路を進んだ先にある景色です。

a0254656_18173031.jpg昨年は見様見真似で、そして今年からは自給自足を目指し本格的に米作りも始めました。
そのお米は昨日開催された第7回菊池米食味コンクールに出品しましたが、結果はもちろんまだまだでした。

a0254656_18372990.jpgこれが株式会社旬援隊の本社社屋です。
ここを拠点として、熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」の営業活動をしています。

a0254656_18313276.jpg自らの農業体験を活かしながら、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる作物を消費者と生産者目線で紹介して、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売しています。
とっておきの“最旬”食材をご案内しています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページものぞいてみてください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2019-11-23 18:33 | FLC | Trackback | Comments(0)

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! 

FLC日記 2019年11月22日(金) くもり
本日(11/22)、熊本県菊池市泗水町で、第7回菊池米食味コンクールが開催されました!!
明日は、第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!!
a0254656_16324677.jpg


a0254656_16331282.jpg会場は、熊本県菊池市泗水町にある泗水町公民館です。
今年の菊池米食味コンクールは、平日開催と言うこともあり、さらには会場も変わって、来場者は昨年に比べ少なかったようです。

a0254656_16424130.jpg出品数は246検体です。
そして、なんとその中の1つは私が育てたお米なんです!
本格的にお米栽培を始めたのは今年が初めてで、その分析結果を知りたかったので出品しました。
もちろんノミネートなんてされません(笑)。

a0254656_16455423.jpg出品された検体(玄米2kg)は、まず機械による分析が行われます。
水分、たんぱく質、アミローズ、脂肪酸度をデータ化し、上位に入ったものだけがノミネートされ、大会中に当日開催される「官能審査」へと進むことができます。
ちなみに、私のスコアは67点で、今回の予選でのトップは82点でした。

a0254656_16515670.jpg受付潤の132番が私(笠泰紀)です。
まぁ、参加することに意義があると言いますか、昨年、苗を頂き始めて育てたお米は散々でしたが、今年は苗から作り稲刈り(収穫)までを行った初めてのお米で、出品できるお米を作れたことが何より嬉しいんです。

a0254656_16561769.jpg今年分析頂いたデータをもとに、来年はスコアを伸ばせるよう、様々な工夫をしながらお米作りに挑みたいと思います。
私の話はここで一旦置いといて、本日の会場の様子を紹介いたします。

a0254656_17002382.jpg会場の熊本県菊池市にある泗水町公民館です。
旧菊池市、旧菊池郡泗水町、旧菊池郡七城町、旧菊池郡旭志村が平成17年に合併して現在の菊池市になっています。
菊池市七城町で育つ『七城の米』は、全国的にも高い評価をされ、菊池市は日本有数の米どころです。
a0254656_17122240.jpg

a0254656_17130652.jpg熊本県菊池市七城町砂田のお米、『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われたたお米で、“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。

a0254656_17184476.jpgそんな菊池市ですから、現在も多くの農家さんが米作りを行っています。
会場には明日の第3回九州のお米食味コンクールin菊池の出品のお米も含め展示されていました。

a0254656_17204265.jpg開会式では、江頭実菊池市長が挨拶されました。
日本一ともいえるこの菊池市のお米を育てる環境作りにも益々菊池市をあげて取り組んでいきたいとのお話でした。

a0254656_17255696.jpg開会式後、いよいよ個人総合部門の官能審査に入ります。
審査に先立ち、米食味鑑定士審査長の堤公博さんより、審査方法、審査基準等の説明がありました。

a0254656_17282883.jpg審査基準は色・ツヤ、香り、粘り、食感、食味の5項目。
それぞれ良い、普通、悪いの評価があり審査員みなさんの点数の合計が評価となります。

a0254656_17310260.jpg第7回菊池米食味コンクールにおいては、江頭菊池市市長、堤さんも含め、30名が審査員として選ばれていました。
写真は、私の菊池南中学校の同級生の後藤秀夫菊池市議です。
神妙な顔をしていますが、本当はとても気さくないいやつですよ(笑)。

a0254656_17365775.jpg同条件にて炊飯されたご飯を容器にれ、ランダムに番号をつけて審査員に配膳されます。
もちろん何番が誰のものかなどは一切わかりません。
先ほど紹介した5項目の審査基準で、審査員みなさんが評価をつけるのです。

a0254656_17405243.jpg米食味コンクールは、色・艶、香り、粘り、食感、食味で審査・評価することにより、安全性や糧食性を求め、「良質な米作り」に日々精進する生産者・生産団体を支援し、さらにこれを認めることを目的とした大会です。

a0254656_17445843.jpg写真は3年前、菊池市で開催された第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in菊池市の様子です。
今年の21回大会は、11月30日・12月1日の両日、千葉県木更津市で開催されます。

a0254656_17565765.jpgさて、本日の第7回菊池米食味コンクールを現地取材し紹介している私のことも少しだけお話しします。
写真は今年のキウイの収穫の様子です。

a0254656_17582108.jpgこちらは、今年の稲刈りの様子。
私は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥で、会社を運営しながら、自ら農業も営み、自給自足の生活を目指しています。
昨年から本格的な自給自足に向け、米作りも始めました。
まだまだ何とかコンクールに出品できたほどのお米でしたけど!

a0254656_18024134.png株式会社旬援隊の本業は、匠の農家さんたちが育てる、“本物”と呼べる食材のネット販売です。
各種フルーツ、新鮮野菜、お米、加工品などなどを「FLCパートナーズストア」と言うショップ名で販売しています。
a0254656_18044762.jpg
特に、熊本の最旬フルーツは弊社の大人気商品です。
弊社で販売する、商品は全て、私がその栽培地に伺い、年間を通してその成長の様子や、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、毎日更新するこのブログを中心に紹介しています。

a0254656_18042569.jpgまた、弊社が契約しているそれぞれのこだわりを持った、3人の匠の農家さんの熊本の美味しいお米の令和元年度新米も大好評販売中で、毎日、全国のご購入いただいたお客様に出荷しています。
詳細は、下記ホームページよりチェックしてみてください!
ご来店お待ちしてます。
FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-22 18:08 | FLC | Trackback | Comments(0)

水源食の文化祭2019は、11月24日(日)の開催です!心温まる家庭料理を食べに来ませんか!!

FLC日記 2019年11月17日(日) 晴れ
今年もまもなくこの大人気のベントが開催されます!
家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」です。
2019年(令和元年)は、11月24日(日)の開催です!
a0254656_16500722.jpg

写真は、昨年(第14回 水源 食の文化祭)の様子を中心に紹介しています。

a0254656_16530240.jpg「水源 食の文化祭」とは、熊本県菊池市菊池水源の各地域や団体が、自慢の家庭料理を振舞うイベントです。
毎年秋に年1回開催され、たくさんの来場者が訪れます。
入り口付近には、こうして各地域や団体から出品される料理がディスプレーされています。

a0254656_16553316.jpgどの地区や団体から、どんな料理が出品されているのかを、まずはぜひ見て(品定め)下さい。
食事は食べ放題(有料)です。
お好きな料理を、お好きなだけ食べることができます(ただしなくなり次第終了)。

a0254656_16563532.jpgお皿やお椀、湯飲みやお箸は、会場に用意されています。
それを手に、それぞれ思考を凝らしたお料理が盛りだくさんです。
みなさんのお目当ての温かい家庭料理を思う存分楽しんでください。

a0254656_16572934.jpgメニューは毎年変わります。
もちろん人気の定番料理もありますよ。
ご飯もの、汁もの、お惣菜やおかず、甘味、デザートまで、手作り料理が盛りだくさんです。
団体のお客様、グループでの参加の方以外は、事前予約の必要はありません。

第15回家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」
<開催内容>
日時:令和元年11月24日(日) 12:00~14:00
   ※11:30受付スタート
場所:菊池ふるさと交流館 体育館
   ※旧、菊池市立菊池東中学校跡
参加費:1000円(小学生500円)
   未就学児は無料です


第15回家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」の詳細は、NPO法人きらり水源村のホームページでもご覧いただけます!

a0254656_17002217.jpg熊本の旬を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)が暮らし、弊社の本社所在地があるのは、熊本県菊池市原(はる)の伊弁田地区にあります。
こちらは、その伊牟田地区の名物料理『栗万十』です。

a0254656_17235243.jpgこちらは昨年(平成30年)の、各地区と団体の出品リストです。
当日、受付の際にいただけます。
受付では、本日のしおりと、お箸、それから手作りの“入場パス”を受け取ります。

a0254656_17264756.jpg“入場パス”を首から下げておけば、会場を自由に出入りできます。
菊池水源産の新鮮な野菜や果物、乾物などを大特価で購入できるのも人気の一つです。

a0254656_17540877.jpg私が、この菊池水源で無農薬栽培で育てた、『水源キウイ』も出品予定です。
昨年は、遅霜に花がやられて『水源キウイ』を出品できませんでしたが、今年はご用意いたします。
もちろん、ホームページで購入するよりかなりお安くさせていただきますよ!

a0254656_17302817.jpg人気と言えば、毎年ステージでは様々な催しも行われてきました。
こちらは、昨年、大いに会場を盛り上げてくれた、「バナナの叩き売り」の様子です。

a0254656_17464253.jpgちなみに、数年前には、くまモンがやってきました。
今回は、熊本県警察音楽隊の皆さんが、素敵な演奏を聞かせていただくことになっています。

a0254656_17331217.jpgでも、やっぱり皆さんのお目当ては、温かい家庭料理です。
子供のころに食べた懐かしい味、おばあちゃんが作ってくれた田舎料理、地元の食材を使った創作料理など、ぜひご堪能いただきたいと思います。

a0254656_17341934.jpg当日は、定刻になると主催者挨拶や、各地区や団体の出品するお料理の紹介があります。
それから、みんなで「いただきます!」を唱和し、試食のスタートです。
おそらく、ご用意いただくお料理は、今年もイベント終了時近くにはすべてなくなると思います。

a0254656_17351588.jpgですから、お時間に余裕がある方は、ぜひ早めに来場してお野菜やフルーツをまずはお求めいただき、その後しっかりお料理をご堪能ください。
また、会場までの公共交通手段はございませんので、マイカーでご来場ください。
もちろん、無料駐車場をご用意しています。

a0254656_17362893.jpg家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」は、毎年1回だけ、この時期に開催される、超~おススメのグルメスポットですよ。
今年ももちろん、私も参加予定です。

a0254656_17371086.png本日は、家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」の紹介をさせていただきましたが、本業はネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営しています。
熊本で育つ、“本物”と呼べる最旬食材をインターネットで販売しています。

a0254656_18062497.jpg


a0254656_17392500.jpg熊本の安全で美味しいお米(新米)、無農薬栽培の『種なしかぼす』、『香り高きゆず』など、他では買えないものばかりを取り揃えています。
採れたて新鮮野菜や大人気の『にんにくタマゴ』も見逃せませんよ!
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2019-11-17 17:41 | FLC | Trackback | Comments(0)

令和元年度の水源キウイ!予約受付スタート!完全無農薬・無化学肥料の国産キウイ!収穫始めました!

FLC日記 2019年11月14日(木) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、弊社のオリジナルブランド商品、熊本県菊池水源産の『水源キウイ』を、令和元年度もネット独占販売いたします。
完全無農薬、完全無化学肥料、もちろん除草剤なんて一切使用せずに育てられた『水源キウイ』です!
a0254656_16424259.jpg
本日より「FLCパートナーズストア」では、完全『水源キウイ』の先行予約受付をスタートしました!!

a0254656_17001316.jpg今年も、2種類の『水源キウイ』の販売です!
甘味が強いゴールド種と、程よい酸味のグリーン種です。
ゴールド種のみ、グリーン種のみ、そして2種類のセットもご用意いたしました。


a0254656_17025162.jpgこちらは、収穫を始めた昨日の写真です。
夏フルーツのイメージが強い『キウイ』ですが、実は秋から冬にかけて収穫を迎えるのです。
まずは、生産地と生産者を紹介しましょう!

a0254656_17045116.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源の“山奥”にある株式会社旬援隊の、『水源キウイ』を育てる、キウイ棚の1つです。
昨日、秋晴れの好天に恵まれ、まずは「ゴールドキウイ」の収穫スタートです。
奥にあるのはここで飼育している『烏骨鶏』の鶏舎で、その手前には薪ストーブ用の薪とする雑木が積まれています。

a0254656_17071708.jpg生産者は私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)です。
昨日は暖かく、このような姿で収穫しましたが、本日はとても寒く完全防寒で収穫を行いました。

a0254656_17091778.jpgここでは、2種類のキウイを栽培しています。
かなり糖度が高い、果肉が黄色のゴールド種と、キウイ本来の酸味を持つキウイらしい緑の果肉のグリーン種です。
これはグリーン種で、果皮が毛羽立っているようなのが特徴です。

a0254656_18492699.jpg「FLCパートナーズストア」では、2種の『水源キウイ』をセットにしての販売も行っています。
グリーン種は開花の時期が若干遅いため、グリーン種のみまたはセットの商品は、グリーン種の収穫を待っての出荷となるため、発送はもうしばらくお待ちください。

a0254656_17182759.jpg本日より、「FLCパートナーズストア」では、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた、熊本県菊池市、菊池水源産の『水源キウイ』の先行予約受付をスタートしました!!

今すぐ購入(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『水源キウイ』




a0254656_18584712.jpg日本国内で販売されているキウイのほとんどが、ニュージーランド産で、輸入キウイの95%を占めています。
しかし、キウイの原産地はなんと中国なんですよ!!
中国生まれのキウイが、ヨーロッパを経由して、ニュージーランドに入り、様々な品種改良を重ね商品化し、アメリカに輸出する際に、ニュージーランドのシンボルの鳥の「キーウィ (kiwi)」に因んで命名されたのです。

a0254656_17130066.jpg昨日の収穫の様子です。
日本国内で収穫し販売される、国産キウイは全体のキウイ流通量のわずかに30%ほどしかありません。
さらに、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた『水源キウイ』の存在は、大変貴重なものだと言えるでしょう。

a0254656_19158100.jpg『水源キウイ』の栽培地、そして完全無農薬・無化学肥料栽培の訳を説明しましょう!
ここは、熊本県菊池市、菊池水源の“山奥”にある株式会社旬援隊の本社所在地です。
株式会社旬援隊は、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営している会社です。

a0254656_17142893.png「FLCパートナーズストア」では、熊本県の契約農家さん(わが家の専用農家さん)が育てた“本物”と呼べる農作物を中心に、旬の食材を販売しています。
現在は、熊本のお米(新米)、香り高きゆず、種なしかぼす、そして『水源キウイ』などなどが最旬の商品です。

a0254656_19114898.jpgまた、ここは、2000坪の敷地と、その他に畑や果樹園があり、株式会社旬援隊の代表取締役である私(笠泰紀)が、ここでで育てる農作物を“オリジナルブランド商品”として販売してます。
『菊池水源の烏骨鶏の新鮮タマゴ』、『自然栽培で育てた利平栗』、春の山菜の『ふきのとう』や『タラの芽』などで、その一つが『水源キウイ』なのです。

a0254656_19142089.jpgここで私は、自給自足の生活を目指しながら、会社を営んでいます。
こちらは、9月の野菜を育てる畑と、エゴマの栽培地、まもなく収穫を終える『利平栗』の林です。
様々な作物や果樹を育てていますが、ここでは一切、農薬や化学肥料を使用していません。

a0254656_19174822.jpg農薬や化学肥料を使用しないことにはきちんと理由があります。
手前に写っているのは、『菊池水源茶』生産農家の川口荘一さんのお茶畑で、先ほど紹介した畑や栗林と隣接しています。

a0254656_19221245.jpgこちらは5月の茶摘みの様子。
ここで育てらているのは、有機抹茶『雲上の白』用の碾茶です。
有機栽培には厳しい基準があり、もし私が農薬や化学肥料を自分の敷地で使用しても、それが検査に出れば、向こう3年間は有機のお茶としての出荷ができないのです。

a0254656_19254174.jpgもし、私が隣接している畑や栗、キウイに農薬を使用するものなら大変です。
ですから、有機栽培のお茶を育てることに協力して、ここでも一切の農薬や化学肥料を使用していないというわけなんです。

a0254656_19265179.jpg農薬や化学肥料を使用しない分、しっかりと手をかけて育ててきました。
そして収穫も、こうして1玉1玉丁寧に手作業で収穫するのです。
人差し指を枝にそえて、キウイの果実を手前にひねると、割と簡単に収穫できます。

a0254656_17164796.jpg収穫したキウイは、きれいに並べてコンテナで保管します。
重ねるのは、2段まで!
落としたり、ぶつけたりすると、キウイはそのストレスで“エチレンガス”を自ら出して、追熟がはじまりますので、収穫も保管もかなり慎重に行います。

a0254656_17171753.jpg今年も、しっかり手をかけて育ててきた、『水源キウイ』が美味しく育ちました。
やっぱり、収穫作業はとても楽しいですね!
ぜひたくさんの方に食べていただきたいです。

a0254656_19344492.jpgキウイフルーツは、ビタミンCや食物繊維が豊富な食物です。
ビタミンCが多いので風邪予防に効果的です。
また、カリウムも多く含んでいて、高血圧や動脈硬化、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、糖尿病の予防効果が期待できるといわれています。
さらには、最近の研究結果では、ガンの要因となる変異タンパク質を抑える効果もあり、がん予防にも期待されています。

a0254656_17192068.jpgご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページより『菊池水源キウイ』のページにお進みください。
健康や美容に!
1日1個のキウイフルーツをいかがですか?
完全無農薬・無化学肥料で育てられた、安心・安全の『水源キウイ』ですよ。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-14 17:20 | 水源キウイ | Trackback | Comments(0)