人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:黒毛和牛 ( 11 ) タグの人気記事

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!

FLC日記 2020年7月29日(水) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』をネット独占販売しています。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_17135345.jpg

本日、全国のお客様へ初出荷いたしました!

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_17162389.jpgこの「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』との出会いから2年、そして販売をするための取材を重ねて1年、全国のお客様にお届けできるよう様々な準備を進め、本日、悲願の初出荷をいたしました。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_17203177.jpg私も出荷作業に立ち会い、本日、ご予約をいただいていた全国のお客様へ、商品として無事に発送することができました。
発送はヤマト運輸さんにお願いして、クール(冷凍)便でお届けします。
早ければ明日、遅くとも明後日の配達予定です。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_18082673.jpg大変貴重なハンバーグです。
その訳は後程、詳しく紹介しますが、今回の出荷予定数はもちろん完売となりました。
次回は8月20日前後の出荷を予定しています。

詳細を知りたい方、購入(予約)したい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『黒毛和牛ハンバーグ』



熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_12400984.jpg生産地及び生産者の紹介をしましょう!生産者の「株式会社中野畜産」さんは、熊本県菊池郡大津町にある牧場で、黒毛和牛を育てています。
繁殖から出荷までの全てを、この牧場で行っているのです。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_18363455.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_18364197.jpg本日初出荷した「中野畜産」さんの『黒毛和牛のハンバーグステーキ』も、こうしてきちんと現地取材を行ってきました。
「中野畜産」さんでは、以前は年間100頭もの『黒毛和牛』を生産していました。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_18375020.jpgしかし、現在はその生産数を10分の1に減らし、繁殖から出荷までを全て自ら行い、年間10頭ほどの『黒毛和牛』を生産しています。
それは、牛たちにストレスを与えず育て、本当に美味しいお肉を作りたいと「株式会社中野畜産」代表取締役の中野保明社長が一念発起し決断したことでした。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_18345109.jpg「中野畜産」さんで飼育されている牛たちは、どの子もとても優しい目をしていました。
そして、知らないはずの私がカメラを持って近づいても、むしろ牛たちの方から近寄ってくるほど、安心して暮らしているようでした。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_18393135.jpg「株式会社中野畜産」代表取締役の中野保明社長です。
中野社長は、生産数を10分の1にすることと同時に直売店を作りました。
それが「精肉問屋 焼肉本舗 なかの・畜産」さんです。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_18423374.jpg安定した高品質の牛肉を、お店で販売したり食事の提供も行っています。
年間たったの10頭ほどしか生産しない『黒毛和牛』は、余すことなく全て店舗で販売及びお食事用のお肉となります。
安定した価格で出荷ができることで、生産量を10分の1にまで減らしても、なんとかやっていけるのだと、以前の取材でお話しいただきました。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_18454573.jpg店舗運営は中野社長の姉の中野明実店長が行っています。
「弟夫婦が手塩にかけて育て上げた黒毛和牛は、焼き肉やステーキならそのまま提供することが一番ですが、ハンバーグはとことんこだわったんです。」

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_18495633.jpg「調味料は控えめにして、赤身と脂身のバランスにはすごくこだわり、私なりの黄金比を生み出しました。そして、1つの大きさ(重さ)も肉汁を閉じ込めて焼きあがるようにするためにこだわって決めたんです。」とお話しいただきました。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_18520203.jpgこだわりの、手ごね、手成形で作られた、とても温かみのある絶品『ハンバーグステーキ』は、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛のお肉本来の美味しさを存分に味わえる、まさに『ハンバーグステーキ』です。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_18544494.jpg「中野畜産」さんの『黒毛和牛』を販売するにあたり、もちろんその生産地に伺い、生産者の声を聞き、育つ様子をきちんと取材しています。
そしてこの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』が製造される過程も現地取材してるので、自信をもってお勧めできるのです。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_18580192.jpg商品は化粧箱入りの6個入り、10個入りを販売しています。
きれいに化粧箱に並べて入れて、その化粧箱を風呂敷で包んだご贈答用にも大変喜ばれる商品を弊社の段ボールを使ってお送りします。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_18593000.jpgまた、ご家庭用には、簡易保冷バッグに入れ、弊社の段ボールで梱包してお送りする「ファミリータイプ」もございます。
お求めやすい価格となており、4個から10個までの購入ができます。
もちろん、化粧箱入りのものと商品内容は全く変わりません。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!全国のお客様に向け本日初出荷しました!_a0254656_19031839.jpg「FLCパートナーズストア」では、「中野畜産」さんの熊本産黒毛和牛A5ランクのお肉を100%使用し作られたハンバーグステーキの販売を行っています!
本日、悲願の初出荷をしました。
年間10頭ほどの生産数の黒毛和牛から作られた、大変貴重な商品ですので、次回は8月20日前後の出荷予定となっています。
もちろん次回の出荷数も数量限定とさせていただきます。
ご注文は、下記下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「黒毛和牛ハンバーグ」のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-07-29 19:14 | 黒毛和牛 | Trackback | Comments(0)

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!

FLC日記 2020年7月21日(火) くもりのち雨
「中野畜産」さんの熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の販売をスタートしました。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_19025811.jpg


販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_19074774.jpgこのハンバーグと出会ったのは、今から約2年前。
「株式会社中野畜産」代表取締役の中野保明社長を含む異業種懇親会でのことでした。
私は「中野畜産」さんの牛肉、そしてこのハンバーグの美味しさに惚れ込み、どうしても弊社で販売させてほしいとお願いしました。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_19015206.jpgそれから、何度も何度も生産地や製造場所を現地取材し、やっと販売をスタートすることができました。
ですから、私の“悲願の商品”と言っても過言ではないものです。
後ほど商品ラインナップも紹介しますが、ぜひホームページをご覧ください!

今すぐ購入したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『黒毛和牛ハンバーグ』



販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_19343722.jpg生産地と生産者の紹介をします!
熊本県菊池郡大津町にある「株式会社中野畜産」さんの牧場です。
特別に許可をいただき、牧場内に入り写真撮影をさせていただきました。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_19353470.jpgこちらが生産者の「株式会社中野畜産」社長の中野保明さんです。
「中野畜産」さんでは、年間出荷する“黒毛和牛”は、手塩にかけた10頭ほど!
その他に、赤牛やホルスタインも飼育しています。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_19371740.jpg以前は年間100頭を超える“黒毛和牛”を育てていました。
出荷数をピーク時の10分の1にまで減らし、現在は年間たったの10頭ほどの黒毛和牛を生産しています。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_19394895.jpgとことん手をかけ、本当に良い牛を育て、本当に美味しいお肉を提供したいと言う、中野社長の強い思いから一念発起したのです。
家計を支える奥様とは大げんかとなっても、その思いを貫き通しました。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_19455215.jpg中野社長は、生産数を10分の1にすることと同時に直売店を作りました。
それが「精肉問屋 焼肉本舗 なかの・畜産」さんです。
安定した高品質の牛肉を、お店で販売したり食事の提供も行っています。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_19494349.jpg中野社長が育て上げた『黒毛和牛』は余すことなく全て店舗で販売及びお食事用のお肉となります。
そうして安定した価格で出荷ができることで、生産量を10分の1にまで減らしても、なんとかやっていけるのだとお話しいただきました。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_19502638.jpg店舗運営は中野社長の姉の中野明実店長が行っています。
「弟夫婦が大事に育て上げた黒毛和牛は、焼き肉やステーキならそのまま提供することが一番ですが、ハンバーグはとことんこだわったんです。」と話しいただきました。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_19541022.jpg赤身と脂身のバランスにまずはとことんこだわりました。
調味料やつなぎは、かなり控えめです。
熊本県産のA5ランクの黒毛和牛のお肉の美味しさを、最大限に活かすために、何度も何度も試行錯誤を繰り返し、中野店長が作り出した黄金比です。
作り上げるまでの時間や温度にも細心の注意を払います。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_19574596.jpgそして最後に、美味しさをそのまま閉じ込めるハンバーグの大きさにもこだわりぬきました。
もちろんすべて手作りの、手ごね、手成形のハンバーグですから、多少のばらつきはありますが、理想とするハンバーグになりました。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_16523575.jpg私は、その美味さに惚れ込み、どうしても販売をさせて欲しいと頼み込み込んで、その美味しさや安全性を伝えるべく、牧場や店舗を何度も現地取材し、このブログで紹介してきました。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_20072675.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、自らも農業を営みながら、弊社で販売する商品の全ての生産地に年間を通して伺い、その育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまを紹介しています。
それにしても、いつ伺ってもきれいに整備された、実に清潔感ある牧場です。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_20095861.jpg「中野畜産」さんの『黒毛和牛』を販売するにあたり、もちろんその生産地に伺い、生産者の声を聞き、育つ様子をきちんと取材しています。
この『黒毛和牛ハンバーグステーキ』ができるまではもちろんのこと、『黒毛和牛』の生産地もです。
だからこそ自信をもってお勧めできるのです。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_20211140.jpg


販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_20123351.jpgでは、販売商品のラインナップを紹介しましょう!
まずは化粧箱に入った120g×6個入りです。
3900円(税込み)

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_20123945.jpgこちらも化粧箱に入った120g×10個入りです。
6200円(税込み)
上記の化粧箱に入った商品は、ギフト用の梱包も承ります。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_20263023.jpg熨斗や包装紙はもちろんのこと、この様に風呂敷に包んで、弊社の配送用の箱に入れてお届けいたします。
お中元、お歳暮、ギフトにも大変喜ばれる商品となています。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_20124515.jpgご家庭でこの美味しさを味わいたいのなら、ファミリータイプがおすすめです。
化粧箱用と同じ商品を1個580円で、4個以上の販売となっています。

販売開始!熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキ その美味さの秘密と商品ラインナップの紹介!_a0254656_20305967.jpg「FLCパートナーズストア」では、「中野畜産」さんの熊本産黒毛和牛A5ランクのお肉を100%使って作られたハンバーグステーキの販売をスタートしました!
年間10頭ほどの生産数の黒毛和牛から作られた、大変貴重な商品で、もちろん毎回の出荷数限定となっています。
ご注文は、下記下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「黒毛和牛ハンバーグ」のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-07-21 20:42 | 黒毛和牛 | Trackback | Comments(0)

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!

FLC日記 2020年6月9日(火) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の販売をまもなくスタートします。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19041908.jpg

熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用したハンバーグで、現在、販売に向け全力準備中です!

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19082147.jpg自ら育てた黒毛和牛のお肉を、こだわりの、手ごね、手成形で作られた、とても温かみのある絶品『ハンバーグステーキ』です。
冷凍保存状態でお届けします。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19114423.jpgどんなにこだわりの手ごね、手形成で作って、即日冷凍保存しても、もともとのお肉が美味しくなければ“絶品”とは言えませんよね!
そこを自信をもってお勧めするのが「FLCパートナーズストア」です。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19143620.jpgここは、熊本県菊池郡大津町にある「株式会社中野畜産」さんの牧場です。
いつ伺っても本当にきれいで、清潔な環境を整えてあります。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、自らも農業を営みながら、弊社で販売する商品の全ての生産地に年間を通して伺い、その育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまを紹介しています。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19164368.jpgもちろん、これから販売予定の「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』も黒毛和牛たちの飼育の様子や、ハンバーグを作る工程なども、全て現地取材しています。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19194013.jpg本日のブログでは、この写真で黒毛和牛たちが食べている、こだわりの干し草(牧草)について紹介いたします。
夕方のエサの時間に取材に伺いたいと事前に連絡していたので、さっそく牧場に入り写真を撮っていました。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19205865.jpg「あぁ!笠さん!そろそろかと思ってました。でも、ホントマメに取材に来られますよね!」
そう話しながらこちらに来ているのが「中野畜産」代表取締役の中野保明社長です。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19240319.jpg「今与えている干し草は、もう今年の分ですか?」と尋ねると、
「えぇ!そうですよ。やっぱりこの子たちのメインのエサはこの牧草ですからね。これをしっかり与えないと絶対に良い牛にはなりません。」と中野社長。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19315338.jpgこちらは、牧場のすぐ近くにある「中野畜産」さんの牧草の栽培地の1つです。
2月に撮影した写真です。
「中野畜産」さんでは、黒毛和牛たちのメインのエサとなる牧草を、自分たちで栽培して、刈り取り、乾燥して与えています。
「俺、笠さんに謝らんといかんとですよ!」と中野社長。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19350501.jpg「え?どうしたんですか?」と尋ねると、
「ほら、牧草の刈り取りも取材したいって言ってたじゃないですか?でも、天気に左右されるけん、急きょすることにして、連絡できんだったとですよね・・・。」と申し訳なさそうな中野社長。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19381929.jpg「農業は天候最優先ですものね!ぜんぜん良いですよ!また来年でも再来年でも現地取材には伺います。」と言うと、
「俺が撮ったつたない写真でよければ使ってください!」と、すぐに写真を送ってくれました。
その写真がこれらです。
中野社長の写真をもとに、簡単に説明すると・・・。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19404569.jpg
機材を使って刈り取り。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19410169.jpg
ロール状にして。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19411648.jpg
きちんと梱包して保管するのです。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19451464.jpg「以前取材した時、『梱包をといたら少しカビがあった!乾燥が足りんだったとだろうね!』(写真参照)って話されたことがあったじゃないですか?あの牧草はどうしたんですか?」と尋ねると、
「すべて処分しましたよ。そんな牧草は絶対にうちの子たちには与えません!」と中野社長はきっぱりと言いました。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19534351.jpg「成長中の牛たちや、母親と子供は別として、基本的にうちでは1頭飼いなんです。同じスペースでの多頭飼育はしないんです。それぞれの子たちとしっかり向き合って、育ててますからね!」と中野社長。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19554159.jpg「では、それぞれでえさの量とかも変えてるんですか?」と尋ねると、
「もちろんです。エサの食べっぷり、その日の様子などなどを判断してそれぞれにエサの量を決めてます。」

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_19574885.jpg「だから、うちでは病気になるような子はほとんどいませんよ。それも、年間100頭育てていたのを、年間10頭にしたことの効果ですよね!」と中野社長。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_20001189.jpg「中野畜産」さんでは、出荷数をピーク時の10分の1にまで減らし、現在は年間たったの10頭ほどの黒毛和牛を生産しています。
本当に良い牛を育て、本当に美味しいお肉を提供したいと言う、中野社長の強い思いから一念発起しました。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_20031598.jpgその思いを実現し、徹底管理で惜しまぬ愛情をかけ育てているからこそ、私も自信をもってお勧めできる最高級の黒毛和牛となるのです。
ステーキ用のお肉、すき焼き用のお肉、焼き肉用のお肉の販売も行っていこうと思っています。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_20080135.jpgただそれらは、「中野畜産」さんの直営店(飲食及び精肉販売)においても、注文があってからカットするので、年間たったの10頭ほどの黒毛和牛を弊社で受注し発送する流れがまだ確立できていないため、販売まで少し準備期間をいただいています。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_20100095.jpgハンバーグだけはすぐに用意することができないので、まとめて製造し冷凍保存しています。
「FLCパートナーズストア」では、「中野畜産」さんの熊本産黒毛和牛A5ランクのお肉を100%使って作られた『ハンバーグステーキ』をまずは販売しようと準備中です。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_20120472.jpg「中野畜産」さんの『ハンバーグステーキ』は、絶妙な大きさと厚みにこだわっているため、素人の私が焼いてもふっくらとジューシーに焼けます。
この日は、ちょっと気取って『しいたけにんにくソース』を作って食べましたが、お肉自体が美味しいので、そのまま食すのがベストかもしれませんね(笑)。

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_20143167.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の販売に向け全力準備中です!
まもなく準備が整います。
販売スタートまで、もう少々お待ちください!

熊本県産黒毛和牛100%のハンバーグステーキをまもなく販売スタート!牧草も自ら育てるこだわり!_a0254656_20181581.jpg最後に余談ですが、本日(6月9日)は、中野保明社長の誕生日です。
いつもたくさんの笑顔と元気をくれる中野社長、誕生日おめでとうございます。
良い一年になりますように!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-06-09 20:26 | 黒毛和牛 | Trackback | Comments(0)

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介

FLC日記 2020年4月17日(金) くもりのち雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の販売に向け全力準備中です!

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_16252448.jpg


熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_16283238.jpgまずは、生産地と生産者の紹介をしましょう!
熊本県菊池郡大津町にある「株式会社中野畜産」さんの牧場です。
許可をいただき、牧場内の写真撮影をさせていただきました。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_16315043.jpgこちらが生産者の「株式会社中野畜産」社長の中野保明さんです。
「中野畜産」さんでは、年間出荷する“黒毛和牛”は、手塩にかけた10頭ほど!
その他に、赤牛やホルスタインも飼育しています。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_16380461.jpg以前は年間100頭を超える“黒毛和牛”を育てていました。
出荷数をピーク時の10分の1にまで減らし、現在は年間たったの10頭ほどの黒毛和牛を生産しています。
とことん手をかけ、本当に良い牛を育て、本当に美味しいお肉を提供したいと言う、中野社長の強い思いから一念発起しました。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_16404073.jpg生産数を10分の1にすることと同時に、「中野畜産」さんは直売店を作りました。
安定した品質の牛肉を、お店で販売したり食事の提供も行っています。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_16493112.jpgその店舗で販売及び食事の提供が行われているのが、「中野畜産」さんが育てた黒毛和牛を100%使用した、手ごね、手成形の『黒毛和牛ハンバーグステーキ』です。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_16523575.jpg私は、その美味さに惚れ込み、どうしても販売をさせて欲しいと頼み込み込んで、現在その美味しさや安全性を伝えるべく、牧場や店舗を現地取材し、このブログで紹介しています。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_17004907.jpgそれにしても、いつ伺っても「中野畜産」さんは、しっかりと手入れの良き通った、清潔感ある牧場です。写真は3月上旬に取材に伺った際のものです。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_17054081.jpg「ホントいつもきれいにされてますよね!」と言うと、
「ハハハッ!そうですかね?エサをあげて、通路を清掃して、残りのエサを食べやすいように寄せてあげる。いつものルーティーンですよ!」と中野社長。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_17163748.jpgそんなことを話しながらふと横の牛舎を見ると、かわいいスタッフが一生懸命頑張っていました。
「あれ?あの子は?」と尋ねると、
「うちの息子の力斗です。」と中野社長。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_17195451.jpg「あぁ~、土曜日で学校が休みだからお手伝いしてるんですね!」と言うと、
「いやいや、力斗は立派な戦力ですよ。」

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_17220441.jpg「ほら!前回、笠さんがエサやりの取材に来られた時に私が載ってた重機(写真)なんかも乗りこなして、バリバリだけんですね!今、子牛たちばつなごうとしてるでしょ?今からブラッシングするんですけど・・・」

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_17244017.jpg「あのロープのつなぎ方も、牛たちが引っ張っても絶対に外れんけど、反対側を引っ張ると簡単に外れるという方法をしっかり覚えてそればしよるけんですね!」と中野社長。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_17280198.jpg「それはすごい!ほんと戦力なんですね!でも少し親バカ入ってません?(笑)」と言うと、
「ハハハッ!そうかもしれませんけど、力斗はホントここが好きで、牛が好きみたいで休みの時はずっとここにいますもんね!」
中野社長は嬉しそうにそう話しました。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_17335234.jpgそんな子供の頑張りを優しく見守る母の姿がありました。
中野社長の奥様、中野智美さんです。
「こんにちは!」
力斗くんとは違う、とてもかわいい声がしました。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_17382014.jpgその声は、娘さんの由麻ちゃんでした。
由麻ちゃんはお母さんにべったり!
いきなりカメラを向ける知らないおじさんがいたら少し恥ずかしいかな!

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_17414006.jpg「じゃぁ、私はお店に行くから、お父さんとお兄ちゃんと良い子にしててね!」と智美さん。
智美さんは、牧場の仕事と直営店の仕事の両方を頑張る、パワフルウーマンです。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_17473904.jpg「中野畜産」さんの直営店は、中野保明社長のお姉さん、中野明美さんが店長として切り盛りしています。
私も何度か食事に行きましたが、そのお料理の美味さはもちろんのこと、とてもアットホームな雰囲気の心落ち着くとても素敵なお店です。
2人のお子さんたち、そして奥様のお顔もきちんと紹介しておきましょう!

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_17574651.jpg
中野力斗くんです。
力斗くんは将来きっとイケメンになりそうですね!

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_17592040.jpg
中野由麻ちゃんです。
100点満点の笑顔を見せてくれました。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_18012407.jpg「中野畜産」さんは、笑顔の絶えないこの仲良しご夫婦と、頑張り屋の息子さん、とてもチャーミングな娘さんのご家族で、愛情たっぷりに至高の黒毛和牛を育てています。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_18102778.jpgステーキ用、焼き肉用、しゃぶしゃぶ用など美味しいお肉を販売していますが、まずは私が惚れ込んだ絶品ハンバーグの販売の準備を進めたいと思っています。

熊本県産黒毛和牛 絶品黒毛和牛を育てる「中野畜産」さんのファミリー紹介_a0254656_18123360.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の販売に向け全力準備中です!
その美味しさそのままにお届けするための配送や、スムーズなご注文体制などしっかりと整え販売を開始したいと思っています。
販売スタートまで、もう少々お待ちください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-04-17 18:14 | 黒毛和牛 | Trackback | Comments(0)

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!

FLC日記 2020年3月21日(土) 晴れ

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17050796.jpg熊本県菊池郡大津町にある「株式会社中野畜産」さんの牧場に伺いました。
「中野畜産」代表取締役の中野保明社長がこう話しました。
「牛たちがメインで食べる牧草は、全て自分たちで栽培したものを与えています。手間ひまや労力などを考えると、牧草も購入すればいいことでしょうが、やっぱり自分で育てた牧草を与えたいじゃないですか!現在成長中なので、牧草を刈り取る際にはぜひまた取材に来てください。」

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17085159.jpg

熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の販売に向け全力準備中です!

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17094349.jpgまずは、「中野畜産」さんが育てた黒毛和牛を100%使用した、手ごね、手成形の『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の販売の準備を進めています。
その美味しさを伝えるために、まずはその牛たちが育つ環境を現地取材しています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17312042.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、自らも農業を営みながら、弊社で販売する商品の全ての生産地に年間を通して伺い、その育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまを紹介しています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17323140.jpgもちろん「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』を作る工程も現地取材してきました。
今回は、牧場を現地取材した様子の紹介です。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17161765.jpg「中野畜産」さんの牧場です。
年間出荷する黒毛和牛は、10頭ほど!
その他に、赤牛やホルスタインも飼育しています。
今回の取材では、エサやりの時間帯に伺って、その様子を見て、話を聞いてきました。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17202722.jpg黒毛和牛の繁殖も行っていて、この子はもちろんここで生まれた子牛です。
ですから、子牛、繁殖牛、肥育牛といずれもこの牧場にいます。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17223725.jpg毎日決まった時間にエサを与えます。
まずは、自らが栽培した牧草を与えます。
作業は、この重機を使って行います。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17244915.jpgさすがに毎日行ている作業だけあって、手慣れたものです。
牛たちが仕切られた場所に、順番に与えています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17265133.jpg牛たちは重機の音に慣れていて、むしろその音でエサの時間がわかりエサ場によってきているようです。
自分で育てた牧草なので、自信をもって与えているようです。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17344572.jpgその作業が終わると、
「笠さん!ちょっとこっちによかですか?牛たちのエサは、あくまで牧草がメインです。ただ、それだけでは補えないものは購入したエサで与えるんです。」

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17365053.jpg「牛たちが待っているので、運びながら話しますけど、牛の品種は別として、ここには大きく分けると3種類の牛がいるんです。子牛、繁殖牛、肥育牛です。」

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17431234.jpg「ですから、それぞれにあったエサを与えるんです。子牛は子牛用の栄養補助のエサ、繁殖牛の栄養補助のエサ、肥育牛の栄養補助のエサと言った感じです。」

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17471566.jpg「1頭1頭、その食べっぷりや動きなどを見て、ストレスを感じていないか?体調はいいのか?毛の艶や体の成長具合など日々観察しています。」

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17501128.jpg「以前は年間100頭の黒毛和牛を生産していました。すると、毎日作業に追われて牛たちをしっかり観察するなんて、正直言ってできていませんでした。そうなると、もちろん病気になる牛も出てきました。今はほとんど病気になる牛がいません。しっかりと手をかけて育てることがいかに大事かって痛感しています。」

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17532333.jpg中野社長のお話通り、牛たちは全くストレスを感じず育っているようです。
私がカメラを手に近づいても、むしろ牛たちの方から近寄ってくるほど、のんびりと暮らしています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17552413.jpg出荷数をピーク時の10分の1にまで減らし、現在は年間たったの10頭ほどの黒毛和牛を生産しています。
本当に良い牛を育て、本当に美味しいお肉を提供したいと言う、中野社長の強い思いから一念発起しました。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17583281.jpg生産数を10分の1にすることと同時に、「中野畜産」さんは直売店を作りました。
安定した品質の牛肉を、お店で販売したり食事の提供も行っています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_18042659.jpg直売所の陳列棚にはお肉が一切ありません。
注文を受けてからカットすると言うことにこだわり販売しています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_18061844.jpgただ、ハンバーグだけはすぐに用意することができないので、まとめて製造し冷凍保存しています。
「FLCパートナーズストア」では、「中野畜産」さんの熊本産黒毛和牛A5ランクのお肉を100%使って作られた『ハンバーグステーキ』をまずは販売しようと準備中です。
その後は、ステーキ用のお肉、すき焼き用のお肉、焼き肉用のお肉の販売も行っていこうと思っています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_18105573.jpg何はともあれ、まずは『ハンバーグステーキ』です。
絶妙な大きさと厚みにこだわっているため、素人の私が焼いてもふっくらとジューシーにできるんです!
その美味しさそのままにお届けするための配送や、スムーズなご注文体制などしっかりと整え販売を開始したいと思っています。
販売スタートまで、もう少々お待ちください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-03-21 18:17 | 黒毛和牛 | Trackback | Comments(0)

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!

FLC日記 2020年3月8日(日) 晴れ
「こちらが、贈答用のハンバーグ6個入りになります。ご家庭用には簡易包装で少しでもお安く提供したいと思っています。もう少し配送のことや出荷のことなどきちんと決めて、あわてることなくしっかりと販売に向けて頑張っていきましょう!」
熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_16474537.jpg

そう話してくれたのは「中野畜産」さんの直営店の店舗統括(店長)の中野明実さんです。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_16513691.jpgここは、熊本県菊池郡菊陽町久保田にある「中野畜産」さんの直営店です。
「中野畜産」さんが育てた黒毛和牛の販売及び食事ができるお店です。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_17244272.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「中野畜産」さんの『熊本県産のA5ランクの黒毛和牛』の販売に向け全力準備中です。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_17271556.jpgまずは、黒毛和牛を100%使用した、手ごね、手成形の『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の販売をしたいと考えています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、自らも農業を営みながら、弊社で販売する商品の全ての生産地に年間を通して伺い、その育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまを紹介しています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_17303197.jpg「中野畜産」さんの『黒毛和牛』を販売するにあたり、もちろんその生産地に伺い、生産者の声を聞き、育つ様子をきちんと取材しています。
この『黒毛和牛ハンバーグステーキ』ができるまではもちろんのこと、『黒毛和牛』の生産地もです。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_17333152.jpgこの日は、「中野畜産」さんの直営店舗、精肉問屋 焼肉本舗 なかの・畜産」さんで、「中野畜産」社長の中野保明さんのお姉さんで、店舗統括(店長)の中野明実さんと私はランチを食べながら打ち合わせをしてきました。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_17365867.jpgこの日のランチは「酢鶏定食」でした。
焼肉ランチももちろん大人気ですが、日替わりランチも大好評です。
私は大好きな「酢鶏」と聞いて、この日は日替わりランチを注文しました。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_17423063.jpg「中野畜産」さんについて、少しお話ししましょう!
「株式会社中野畜産」さんは、熊本県菊池郡大津町にあります。
出荷数をギリギリに抑え、しっかり手をかけたこだわりの『黒毛和牛』を中心に生産しています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_17450951.jpg現在の『黒毛和牛』の生産数は、年間10頭ほどです。
最も多かったころは、年間100頭もの『黒毛和牛』を生産していましたが、一念発起しとことん手をかけ育てるために10分の1まで減らしています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_17465957.jpgこちらは店舗でのランチの帰りに牧場を取材した際に撮影した「中野畜産」の中野保明社長です。
「本当に良い牛を育て、美味しいお肉を提供したい!」という強い思いから、直営店を作りそこで自らが育てた『黒毛和牛』の販売及び食事の提供を行っています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_17523878.jpg中野社長が育て上げた『黒毛和牛』は余すことなく全て店舗で販売及びお食事用のお肉となります。
そうして安定した価格で出荷ができることで、生産量を10分の1にまで減らしても、なんとかやっていけるのだとお話しいただきました。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_17562114.jpg「店舗の食事はお昼のランチと夜は焼き肉が中心です。焼肉には弟が育てた『黒毛和牛』を中心に提供していますが、もちろん豚肉や鶏肉もあります。それらは信頼おける生産者から直接買い付けています。ランチは牛肉料理ばかりだとあきると思うので、日替わりで様々な定植も提供していますよ。」と中野明実店長。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_18002996.jpgこちらは中野保明社長の奥様の中野智美さんです。
朝夕は牛たちの世話をし、昼間はこうして店舗に立ち、もちろん家事やお子さんたちを育てながらとパワフルに頑張るスーパーウーマンです。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_18025513.jpg「ある日主人が神妙な顔をして、『年間の出荷頭数を10頭だけにしたい!』と言い出したんです。まだ子供も生まれたばかりで、『何を言ってるの?生活はどうするの?』って、ついつい詰め寄り大げんかになったんです(笑)。」

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_18121021.jpg「でも、『直売所を作り本当に美味しい黒毛和牛を食べてもらいたいんだ!』という主人の思いが私にも届き、一緒に頑張ろうと決めました。 私もお店でお客様の美味しそうなお顔を拝見すると、今では主人の決断は正しかったのだと確信しています。」
そんな裏話を聞かせてくれましたが、あまりに真剣に聞いていて、カメラがおろそかになりせっかくの素敵な笑顔がぶれちゃいました(スミマセン!)

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_18170240.jpg「中野畜産」さんの直営店の商品の陳列棚には、相変わらず商品が並んでいませんでした。
それは「本当に美味しいお肉を提供したい!」という強い思いから、オーダーが入ってからお肉を切るからだそうです。
「開店と同時に作った商品の陳列棚は、今はすっかり「焼き肉のたれ」の陳列棚になってます。」

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_18222906.jpg「ただ、ハンバーグだけはすぐに提供できないので、少しだけ冷凍し置いています。精肉の件は保明とも打ち合わせしないといけないので、まずは『黒毛和牛のハンバーグ』の販売の準備を進めていきましょうか!」
中野明美店長がそう話しました。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_18254940.jpg「FLCパートナーズストア」では、「中野畜産」さんの熊本産黒毛和牛A5ランクのお肉を100%使って作られたハンバーグステーキの販売に向け全力準備中です。
真空パックの冷凍保存で出荷予定です。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 店舗でのランチミーティングで聞いた夫婦大げんかの話!_a0254656_18271395.jpgお中元やお歳暮、ギフトでの発送にも対応できるように、しっかりと打ち合わせを進めています。
本日のブログでは中野ご夫妻の大げんかの裏話を紹介しましたので、ハンバーグの美味しさや、とことん手をかけ育てる黒毛和牛たちのこだわりの飼育方法など、また後日詳しく紹介することとします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-03-08 18:38 | 黒毛和牛 | Trackback | Comments(0)

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3

FLC日記 2019年10月26日(土) くもりのち晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の販売に向け全力準備中です!
中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_16402253.jpg


中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_16405959.jpgこだわりの、手ごね、手成形で作られた、とても温かみのある絶品『ハンバーグステーキ』は、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛のお肉本来の美味しさを存分に味わえる、まさに『ハンバーグステーキ』です。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_16440376.jpgこの美味しさにするためには、たくさんの試行錯誤と研究、そして匠の技がありました。
まず、こだわったのが『ハンバーグステーキ』とするための、赤身のお肉と脂身の配分量です。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_16475927.jpg「何度も何度も配分を変えながら、本当に納得いくまで繰り返しました。今では黄金比ともいえるその割合を確立しています。」
そう話してくれたのは「中野畜産」さんの直営店の店舗統括(店長)の中野明実さん(左)です。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_16510317.jpg「うちの『ハンバーグステーキ』を、スタッフのれなちゃんに作ってもらうので、全部見ていってください!」と中野店長。
さっそく古津れなさんにその工程を見せて頂きました。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_16540511.jpg「まずは、店長がこだわりぬいて作り出した黄金比に合わせて赤身のお肉をベースに、脂身と調味料などを計算して割り出します。この計算が間違っていたら、それこそ大変なことになるので、ここはかなり慎重です(笑)。」と、れなさん。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_16584358.jpg「調味料やつなぎは、かなり控えめですね。これも熊本県産のA5ランクの黒毛和牛のお肉の美味しさを、最大限に活かすために店長が作り出した黄金比に合わせます。」

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17011678.jpg「こちらは成形した『ハンバーグステーキ』を乗せるトレーです。きちんと準備を整えてから、お肉をミンチにします。ここからは時間との戦いなので、段取りは大事です。このトレーで最終的には冷凍して、その後、袋詰めをして商品となるのです。」

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17044587.jpg「それがミンチにする機械ですか?」と尋ねると、
「そうですね!その後の脂身や調味料などと混ぜたり、成形するのは手作業ですが、さすがにミンチにするのは機械で行います。」

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17110619.jpg「赤身のお肉も、脂身ももちろん生なので、この機会にかければこうしてすぐにミンチになります。」とれなさん。
「お肉が本当に良いので、この時点ですごく美味しそうですよ!(笑)」と言うと、
「そうですよね!うちのハンバーグステーキはホントお肉を食べてるって実感できるんですよ。」と、れなさんは笑顔で話しました。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17143132.jpg「ここに、脂身もミンチにして加えて、調味料などとしっかりまぜていくんです。この脂身が、やっぱりポイントの1つで、ハンバーグステーキをよりジューシーにしてくれるんです。」

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17164805.jpg「さぁ!ここからはスピード勝負です。満遍なくかき混ぜないといけませんが、時間がたつとお肉の美味しさを損なうので、とにかくスピーディーに丁寧にやっていきます。」

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17190014.jpg「赤身のお肉と脂身がしっかりとまぜ合わさったら、調味料を入れてさらに満遍なく混ぜ合わせます。今日はちょっと緊張しているけど、とても良い感じにできていると思います。」
れなさんの手際の良い事!
今回も美味しいハンバーグステーキができそうです。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17212419.jpg「そうそう!これも店長のこだわりですよ!うちのハンバーグステーキは140gなんです。その量で成形した時が、最もお肉本来の美味しさを味わえてしっかり火も通る大きさになったと言ってましたね。」

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17240038.jpg「1つ1つの量は変わりませんが、どうしてもこうして手作業で成形しているので、ちょっとだけ形にばらつきが出ますけど、本当に大事に、心を込めて作っていますよ。」とれなさん。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17261293.jpg私が見る限り、そう形にばらつきがるようには見えませんでした。
お肉の色、つや、そして形も本当に美しいハンバーグステーキが匠の技で次々に作られていました。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17285888.jpg「スピードが大事だとはわかっていますが、ハンバーグステーキを手にベストスマイルいただけますか?」
そう言ってカメラを向けると本当に素敵な笑顔で答えてくれました。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17303695.jpg「ここで働くようになって、お客様が本当にうちのハンバーグステーキを美味しいと言ってくれると、私も嬉しくなります。ですから、いつも変わらぬ美味しさのハンバーグステーキを提供するために、心を込めて作ってますよ!」れなさんはそう話してくれました。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17332074.jpg手ごね、手成形で作られた見事な『ハンバーグステーキ』は、すぐに冷凍庫へと運び込まれました。
ここで冷凍し、その後パッケージされ商品となります。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17353343.jpg中野店長!れなさん!
取材協力ありがとうございました。
お2人のこの笑顔も、きっと絶品ハンバーグステーキの美味しさのスパイスになっていると思います。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17404967.jpgこちらは、私が暮らし、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する私の会社(株式会社旬援隊)がある、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、本社社屋です。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17465411.png株式会社旬援隊では、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、熊本県北部の農作物を中心に、旬の食材を販売しています。
また、自らも生産者の一人として、農業を行っています。
中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_2042815.jpg


中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17511098.jpg私は、弊社で販売する全ての商品の作付地に伺い、生産農家さんに直接話を聞き、作物の育つ姿を見ています。
そして時には、農作業のお手伝いもしています。
その様子は、毎日更新するこのブログでご紹介しています。
写真は、デコポン(肥後ポン)の収穫をお手伝いさせていただいた際のものです。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17524640.jpgそんな私ですから、今回私が惚れ込んだ「中野畜産」さんの『黒毛和牛』も、どんなとこで育てられ、どんな管理をしているのかをしっかりと見たくて、牧場も現地取材してきました。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17541525.jpgそして熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の生産過程も見て、取材して、こうしてブログで紹介しているのです。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その3_a0254656_17564966.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の販売に向け全力準備中です!
その美味しさそのままにお届けするための配送や、スムーズなご注文体制などしっかりと整え販売を開始したいと思っています。
販売スタートまで、もう少々お待ちください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-10-26 18:01 | 黒毛和牛 | Trackback | Comments(0)

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2

FLC日記 2019年10月25日(金) くもり一時雨のち晴れ
「うち(中野畜産)の『ハンバーグステーキ』は、熊本産の黒毛和牛のA5ランクのお肉を100%使った手作りです。1つ1つ心を込めて成形しますが、どうしても手作りなので形に少しばらつきが出ちゃいます。でも、その美味しさは絶対の自信があります!」
そう笑顔で話してくれたのは、「中野畜産」さんのスタッフの古津れなさんです。
中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_12315645.jpg


中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_14562949.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の販売に向け全力準備中です!

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_12340189.jpgその美味しさと、様々なこだわりや工夫をつたえるために、「中野畜産」さんの直営店に製造の過程を現地取材に行ってきました。
本日のブログでは、昨日に続きその様子を紹介いたします。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_12400984.jpg「株式会社中野畜産」さんは、熊本県菊池郡大津町にある牧場で、黒毛和牛の生産をしています。
繁殖から出荷までの全てを、この牧場で行っているのです。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_12445586.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_12462211.jpgこれから販売する「中野畜産」さんの『黒毛和牛のハンバーグステーキ』も、こうしてきちんと現地取材を行ってきました。
「中野畜産」さんでは、以前は年間100頭もの食用牛を生産していました。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_12500688.jpgしかし、現在はその生産数を10分の1に減らし、年間10頭ほどの『黒毛和牛』を生産しています。
それは、牛たちにストレスを与えず育て、本当に美味しいお肉を作りたいと「株式会社中野畜産」代表取締役の中野保明社長が一念発起し決断したことでした。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_13214467.jpg「中野畜産」さんで飼育されている牛たちは、どの子もとても優しい目をしていました。
そして、知らないはずの私がカメラを持って近づいても、むしろ牛たちの方から近寄ってくるほど、安心して暮らしているようでした。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_14033339.jpgしかし、どんなに良い牛を育て、どんなに美味しいお肉を作っても、生産量は最も多かった時に比べ10分の1になっています。
そこで、直営店を作り、精肉の販売及び食事の提供を始めました。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_14011937.jpgそれが「精肉問屋 焼肉本舗 なかの・畜産」です。
写真は先日の取材の際に、私と商談ならぬ笑談をしている「中野畜産」代表取締役の中野保明社長と、姉の店舗統括(店長)の中野明実さんです。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_14160696.jpg「弟たちが大事に大事に育てた『黒毛和牛』は、ここで余すことなく全ての部位を販売したり食事として提供したりしています。定番の焼肉ランチもしていますが、日替わりのランチがあるんです。日替わりですからメニューは変わるのですが、とにかく『ハンバーグ』の人気がすごいんですよ!」

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_14194504.jpg「焼いて様々なソースでお出しても、煮込みハンバーグにしてお出ししても、とにかく大人気で、『ハンバーグ』自体の販売も始めたんです。手作りすることは決めていたので、とにかくこのお肉の美味しさをそのままにハンバーグにしようと試行錯誤しました。」

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_14330223.jpg「調味料は控えめにして、赤身と脂身のバランスにはすごくこだわり、私なりの黄金比を生み出しました。そして、1つの大きさ(重さ)も肉汁を閉じ込めて焼きあがるようにするために決めたんです。」
中野店長はそう話してくれました。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_14385276.jpg様々な試行錯誤、そして様々な工夫と研究によって作り出されたのが、この『ハンバーグステーキ』です。
店舗では「黒毛和牛ハンバーグ」として販売されていましたが、弊社ではそのお肉の美味しさを伝えたく『黒毛和牛ハンバーグステーキ』として販売することにしました。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_14431457.jpgそれでは、いよいよその『黒毛和牛ハンバーグステーキ』を作る工程を紹介したいところなのですが、今日のブログも熱が入りついつい長くなりましたので、この続きはさらに明日のブログで紹介することといたします。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その2_a0254656_14463777.jpg「中野畜産」さんのスタッフの古津れなさんに協力いただき、しっかり取材してきたのでご期待下さい!
「FLCパートナーズストア」では、「中野畜産」さんの熊本産黒毛和牛A5ランクのお肉を100%使って作られたハンバーグステーキの販売に向け全力準備中です。
写真は生のハンバーグですが、真空パックの冷凍保存で出荷予定です。
それでは、明日のブログもお見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-10-25 15:27 | 黒毛和牛 | Trackback | Comments(0)

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1

FLC日記 2019年10月24日(木) 雨のちくもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の販売に向け全力準備中です!
中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_14562949.jpg


中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_15084241.jpgこだわりの、手ごね、手成形で作られた、とても温かみのある絶品『ハンバーグステーキ』です。
本日のブログでは、様々なこだわりと、『ハンバーグステーキ』ができるまでを現地取材してきましたので紹介いたします。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_15163289.jpgここは、熊本県菊池郡菊陽町久保田にある「中野畜産」さんの直営店です。
「中野畜産」さんが育てた黒毛和牛の販売及び食事ができるお店です。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_15182882.jpg厨房にお邪魔しました。
「笠さん!ちょうど今から、お肉のブロックを部位ごとに分ける作業が始まるとこですよ。」
そう説明頂いたのは、店舗統括(店長)の中野明実さんです。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_15220520.jpgそこには、大きなお肉の塊がありました。
真空状態にパックされているものを開け、専門のスタッフにより、それぞれの部位に分けていきます。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_15260612.jpgものすごい手際の良さで、まずは脂肪の部分がきれいに分けられています。
「私が言うのも変ですが、ホント良いお肉ですね!焼き肉でも、ステーキでも、もちろんハンバーグでも最高ですよ。」と言いながら、見事な手さばきです。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_15293418.jpgここで提供されるのは、「中野畜産」さんが育て上げた黒毛和牛です。
とことん手をかけて生産した、年間たったの10頭ほどの黒毛和牛をこちらの店舗のみで販売、及び食事として提供しています。
「ハンバーグにもこのお肉を使うんですよね?」と尋ねると、「もちろん!ただし、赤身のお肉と脂身を混ぜて使うのだけどね!」

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_16212648.jpg「このスジをとる作業はホント大事たいね。もちろんこのスジはそれで利用するけど、あえて言うなら、このスジ取りをマメに行うかどうかで食べた時のお肉の食感は大きく変わるよ!」とのこと。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_16253450.jpgこちらは、ステーキ用として切り分けられたお肉です。
お肉が大好きな私は、たまらない光景です。
油の入り方も本当に美しいです。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_16325572.jpg「うちでは基本的に、焼き肉用もステーキ用もオーダーが入ってからブロックのお肉から切り分けます。これはご予約をいただいているお客様がもうすぐおみえになるから用意している分です。」と中野店長。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_16354593.jpg「だから店舗の商品棚にはお肉が並んでないんですよね!」と言うと、
「ハハハっ!そうなんです。初めておみえになったお客さんは、「今日はお休みですか?」なんて言われる方もあるんです(笑)」

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_16375212.jpgお肉屋さんですがお肉が並んでいません。
「中野畜産」さんではオープン当初はショーケースに並べていましたが、カットして置いておくとどうしても鮮度が落ちるので、より美味しく召し上がって頂くために、現在はオーダー後にカットするようにしています。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_16452065.jpgいろんなお話をうかがいながら作業を見ていると、まるで手品を見ているかのようにきれいなお肉のパーツに切り分けられていきました。
これらは当然、焼き肉用のお肉のパーツです。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_16500793.jpg「焼き肉用に切るのは、こんな感じに包丁を入れるとたいね。よく見る焼き肉用のお肉も、お肉の繊維に対して直角になるように切り分けてあるでしょ?」とのこと。
確かに私も知っている焼き肉用のお肉の断面ですね!

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_17442228.jpg先ほどのステーキ用のお肉はすぐに真空保存されました。
専用の機材にて空気を抜いて密封します。
新鮮さをきちんと保たれた、すごく美味しそうなステーキになりました。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_17584315.jpg本日のブログの前半で紹介した、あのお肉の大きな塊は、匠の技によって次々に各パーツごとに分けられ、どんどんと冷蔵庫へと入っていきました。
その技に魅了され、ついついハンバーグそっちのけでその作業を紹介しました。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_18053379.jpg取材中、ふと我に返り、
「ところで、ハンバーグステーキ用のお肉はどれだったんですか?」と尋ねると、
「取材に今日来られるとのことだったので、あらかじめ用意していた赤身肉と、先ほど取り分けた脂身を使いますよ!」

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_18135534.jpg「ハンバーグを作る工程は、うちの自慢の美人スタッフのれなちゃんにお任せします。」中野店長がそう言って紹介されたのが、古津れなさん(写真)です。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_18164134.jpgれなさんはとても手際よく準備を進めていました。
確かに、とてもキュートな笑顔で、“自慢の美人スタッフ”と店長が話すのもうなずけます。
ハンバーグを作る工程には、たくさんの匠の技や工夫がありました。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_18194180.jpgもちろんそれらも、きちんと現地取材してきましたので紹介したいとこですが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介することとします。

中野畜産さんの黒毛和牛100%のハンバーグステーキができるまでを潜入取材!その1_a0254656_18251511.jpg「中野畜産」さんの熊本産黒毛和牛A5ランクのお肉を100%使って作られたハンバーグステーキは、私が惚れ込み、どうしても販売をさせて欲しいと頼み込み込んだ、まさに“絶品ハンバーグステーキ”です。
私が焼いても、このお肉が持つ、本来の美味しさが際立ちひと味違うハンバーグステーキとなりました。
ブログで紹介しながら、ホームページも同時進行で作成中です。
販売開始を楽しみにしていてください!
それでは、本日はこのあたりで!
明日のブログもお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-10-24 18:32 | 黒毛和牛 | Trackback | Comments(0)

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)

FLC日記 2019年9月23日(月) くもり時々晴れ(台風17号一過)
昨日のブログに続き、熊本県菊池郡大津町の「中野畜産」さんの『黒毛和牛』について紹介したいと思います。
「中野畜産」さんでは、とことん手をかけ育てあげた『黒毛和牛』を、年間約10頭だけ生産しています。
熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_18424904.jpg
その『黒毛和牛』のカルビがこちらです!
これは、先日、「中野畜産」さんの直営店でランチを食べた際に撮影しました。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_18452683.jpgこちらが、熊本県菊池郡菊陽町久保田にある、「中野畜産」さんの直営店です。
こちらでのみ「中野畜産」さんの『黒毛和牛』を購入したり、食べたりすることができます。
しかし、そこには驚きの光景が待っていました。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_18485814.jpg「中野畜産」代表取締役の中野保明社長です。
取材に伺ったこの日、私は中野社長と共に牧場を取材し、その後こうして店舗へと取材のため伺いました。

昨日のブログで、牧場取材の様子は詳しく紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください!
こちらをクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_18543526.jpg直営店の店舗内はと言うと、シャレていながら、とても落ち着いた雰囲気です。
入り口を入ると、左手に販売スペース、右手に食事スペースがあります。
月曜日 が定休日で、月曜日が祭日の時は、次の日が定休日(他年末年始休みあり)。
精肉の販売は10:00~21:30で、ランチ11:00~14:00、ディナー17:00~21:30となっています。
ランチもディナーも終わりの時間までに来店いただくとOKとのこと!かなり良心的な営業時間です。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_19045235.jpgこちらの看板が目印で、店舗裏には広い駐車場もあります。
店舗名は「精肉問屋 焼肉本舗 なかの・畜産」です。
店舗で扱う牛肉は全て、A4~A5ランクの黒毛和牛で。
自らが運営する牧場「中野畜産」で育てた黒毛和牛です。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_19135543.jpg本日のブログの初めの方で紹介した驚きの光景がこちらです。
「あれ?伺ったのがランチの営業時間外だったので、お肉が陳列されてないのですか?」と尋ねると、

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_19154440.jpg「ハハハッ!違うんですよ。うちではいつもお肉を陳列していないんです。」
そう答えてくれたのは、中野社長のお姉さんで、店舗統括(店長)の中野明実さんです。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_19174481.jpg「ほらそこに、イメージの写真があるでしょ?うちでは、お客様にご注文をいただいてから初めてお肉をカットして提供してるので、精肉の陳列は全く行っていないんです。」とのこと。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_19193376.jpg「オープン当初は陳列してたんですよ。でも、そうするとやはりどうしてもお肉が劣化しちゃうんです。だから、本当に美味しいお肉を食べていただきたくて、ご注文をいただいてからカットするようにしてるんです。」
なんというこだわり!

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_19212541.jpg「弟が手塩にかけて育てた、年間10頭ほどの『黒毛和牛』ですから、ベストな状態で食べてほしくて!だから、陳列棚は本当はもういらないんですけどね!(笑)」
中野社長と中野店長とにお話をうかがいました。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_19251281.jpg「店舗を作る時、もちろん陳列棚は必要だと準備しました。でも、部位ごとに切り分けたお肉をきちんと保管して、ご注文があってからカットした方が絶対に美味いと思うので、現在はこのスタイルにしているんです。ちなみに、ランチやディナーで提供するお肉も、注文があってからカットしてます。」と中野社長。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_19310310.jpgその日は、ランチの時間外だったため、後日ランチを食べに伺いました。
私が注文したのは『黒毛和牛』のカルビランチ。
注文後にカットされたことが一目でわかる新鮮さです。
そして良質の油が実に美味いんです。
タレは、オリジナルのタレと、鹿児島産のちょっと甘めのタレ。
その2つがあるので、好みで思う存分お肉を堪能できます。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_19344734.jpgまたこちらは、コンビランチで、中野社長が信頼おく鹿児島の黒豚と鶏肉、そしてもちろん「中野畜産」さんの『黒毛和牛』がセットになっています。
その他にも、平日は日替わりランチもあるとのこと。
日替わりランチのメインはもちろん『黒毛和牛』のお料理です。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_19403903.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「中野畜産」さんの熊本県産『黒毛和牛』の販売に向け全力準備中です。
まだまだこれから、生産地やお肉のことをしっかり取材して、紹介していきたいと思っています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_19444349.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、自らも農業を営みながら、弊社で販売する商品の全ての生産地に年間を通して伺い、その育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまを紹介しています。
写真は今年のえごまの定植作業の様子。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_19474517.jpgですから、今回「中野畜産」さんの『黒毛和牛』を販売するにあたり、もちろんその生産地に伺い、生産者の声を聞き、育つ様子をきちんと取材しようとしています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_19492858.jpg「笠さん!俺が育てる『黒毛和牛』は、本当に惜しまぬ手間ひまをかけ大事に育てています。その様子をぜひ見て下さい。そして、数に限りはありますが、多くの方に味わってほしいです。よろしくお願いします。」
中野社長は今回の取材の最後にそう力強く話してくれました。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」さんのこだわり紹介!(後編)_a0254656_19560973.jpg「中野畜産」さんの『黒毛和牛』のこだわりやその美味しさの秘密は、これから取材を続けしっかりと紹介したいと思っています。
そして、そのうえで自信をもって皆様におすすめいたします。
ホームページアップまでは、もう少々お時間をいただきますが、ぜひ楽しみにしていてください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-09-23 19:57 | 黒毛和牛 | Trackback | Comments(0)