人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:自然 ( 58 ) タグの人気記事

7.12北部九州大水害からまもなく2年・・・ 今日はあの時を思いださせるような豪雨でした

FLC日記 2014年7月3日(木) 豪雨
北部九州大水害は、2年前の2012年7月12日の未明から降り続いた、大豪雨によって各地に大きな被害をもたらしました。
株式会社旬援隊がある、熊本県菊池市菊池水源でも、土砂崩れや道路の崩壊、田畑の冠水など、想像を絶する大雨の影響を受けました。
a0254656_16512523.jpg
これは、その時に起きた、道路崩壊の様子です。
勢いをつけた土石流が、道路の側面をえぐり、ガードレールもろとも押し流しています。

a0254656_16541064.jpg山の木々をなぎ倒しながら流れた濁流は、会社のすぐ下にある橋のかかった交差点の上を流れていきました。
この時はすでに水がひいていますが、私が早朝見に行った際には、橋の上にもかかわらず、ひざの高さを超えるほどの水が流れていました。

a0254656_179090.jpgこの交差点から先の、会社へ上ってくる唯一の道路は、2ヵ所にあたり樹木が倒れ、覆い重なり通ることができませんでした。
その時は、完全に孤立した状態でした。

a0254656_17171778.jpgこの道が、会社に登ってくるための、唯一の道路です。
ここが先ほどの写真のようなことになったのですから、どうしようもありません。

a0254656_17122133.jpg雨が上がるのを待ち、会社より上の山の杉やヒノキを伐採している方たちが協力いただき、何とか通れるようになり、その日のうちに孤立状態から抜け出せたのは幸いでした。
ただ、被害は道路だけではなかったのです・・・。

a0254656_17214560.jpg生活用水のための、井戸とポンプが完全に崩壊しています。
手前に転がっているのがポンプで、井戸にいたっては、どこにあるのかさえ分かりません。

a0254656_17264898.jpgここは、本来「東屋」と称し、川沿いのバーベキュー場です。
ここには井戸とポンプがあり、その井戸水を使って生活用水としていました。

a0254656_17295163.jpg何とか、東屋は残ったものの、東屋をはさむように手前と奥とに濁流は流れたようです。
水がひくと、倒木が重なるようにして残っていました。

a0254656_17344630.jpgとにかく、この倒木や流木を片付けないと、井戸の復旧どころではありません。
弊社スタッフや近所の川口さん、弊社で契約している農家さん(本藤さん)にもご協力いただきながら、のべ、3日間かかり片付け作業を終えました。

a0254656_17495832.jpg大水害から、12日後やっと井戸の復旧工事がスタートしました。
菊池市はもとより、阿蘇市や熊本市でも被害は甚大で、重機に調達ができなかったからです。

a0254656_17535132.jpg中学時代の後輩の「木野設備」の木野英明社長に無理を言って、何とか重機を用意してもらい、井戸を掘りあげるための土台を整備し、とにかく水道の復旧を急ぐため、この日から連日、井戸の中のものをくみ上げていきます。

a0254656_180570.jpg水中ポンプで水を抜きながら、木野社長自ら井戸に入り、堆積した泥などをすべて取り出していきます。
真夏と言えども、ここは山奥なので、体の芯まで冷えるような冷たさの水の中での過酷な作業です。

a0254656_184596.jpg井戸の復旧までには、20日かかりました。
その間私は、静寂を取り戻したこの川で、毎日水浴びです。
シャンプーとボディーソープをもって川に行き、お風呂として利用していました。
飲み水は、近所のお宅から頂き、タンクに入れて持ち帰り使っていました。

a0254656_1813581.jpgそして20日後、井戸の復旧が終わり、待望の水道水が出たのです。
「蛇口をひねれば水が出る」という当たり前の生活が、どれほどありがたいものかを思い知ることができた20日間でした。

a0254656_18161121.jpgその後、あらためて石垣を築き、井戸のまわりをしっかりと補強して、井戸の復旧工事は終了しました。
もちろん、2年たった現在も、この井戸から冷たくて清らかな水を生活用水として利用しています。

a0254656_18201330.jpg北部九州大水害後は、別ルートを利用していましたが、あの崩壊した道路も、昨年4月にはこのように見事に復旧され、スタッフの通勤路として利用しています。
この2年間で、自然の怖さ、水の恐ろしさをあらためて学びました。

a0254656_18263577.jpgこれは、3日前の株式会社旬援隊の様子です。
ここより山の上には誰も住んでいないというほどの山奥に、会社はあります。

a0254656_18295557.jpgですから、敷地内に電柱がありますが、電線はここまでしか伸びていません。
下の交差点からここに登って来るには、この目の前の道しかありません。

a0254656_18323699.jpgこれは、本日昼過ぎの写真です。
この時点では随分と落ち着きましたが、今朝からの豪雨で、道路はご覧のようにまるで川のようでした。

a0254656_18354020.jpgもちろん、目の前を流れる川は、濁流となり荒れまくっています。
今日の激しい雨は、2年前を思い出させるほどの勢いでした。
幸い、峠は過ぎ、道路も社屋も井戸も水道も今回は被害が出ることはありませんでした。

a0254656_18401165.jpg私はこのような大自然の中に会社を作り暮らしています。
本日の豪雨を知った方々から、心配してたくさんのメールやお電話を頂きました。
とても心強く、ありがたい気持ちでいっぱいです。
心より感謝申し上げます。
「いやぁ~、よう降ったなぁ・・・。2年前ば思い出したばい・・・。」
近所に住む川口さんが、先ほどそう言って心配して訪ねてきてくれました。

a0254656_18515034.jpgこれからも、全国のたくさんのお客様や友人・知人に支えられているという気持ちを忘れることなく、村の方々と協力し合いながら、この豊かな自然の中で暮らしていきます。
自然の怖さを身に染みて感じている私ですが、それ以上に、自然の中で暮らす喜びを感じています。
これからも、この地で“自給自足の生活”を目指しながら、楽しく元気に生きていきたいと思っています。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2014-07-03 19:06 | FLC | Trackback | Comments(0)

7.12北部九州大水害からまもなく1年・・・

FLC日記 2013年7月1日(月) くもり
2012年7月12日未明。
九州北部を襲った未曾有うの大雨は、各地に大きな被害を及ぼしました。
熊本県菊池市菊池水源の山奥にある、ここ(株式会社旬援隊)も予想だにしない大被害を被りました。
a0254656_16353667.jpg
ここへ続く、唯一の舗装道路は、2ヵ所に渡り大木が道を遮断しました。
この大木があった場所は、もともとしいたけを栽培できるような“森”でした。
この写真の左側、濁流が流れているところが、“森”で、その大木はほとんどが倒れ、流されてしまったのです。

a0254656_16395846.jpg川の流れは、全く予想だにしない方向へと進み、ここから約500m下の交差点の上を流れ、たくさんの流木や倒木が覆っていました。
この時点でも、その交差点は、ひざ上ほどの濁流が流れている状態でした。

a0254656_16432622.jpg弊社の社屋本体は、幸いにも破損などはありませんでしたが、ここで使う飲み水用の井戸がある場所はごらんの有様です。
奥に見えるのは、川沿いにある「東屋(バーベキュー場)」です。手前の白いものは前日までは、井戸から敷地内へ水を送るポンプと呼ばれるものでした。

a0254656_16553825.jpg雨が落ち着き、水が引いた後に、村の方々のご協力のもと、流木や倒木の撤去作業をしました。
もちろん私も含め、弊社のスタッフも総出での作業です。
井戸には様々なものが流れ込んでいましたので、1度水を上げ掘りなおさなければなりません。
しかし、そのための重機が、最も被害の大きかった阿蘇地区や菊池市旭志地区に全て出てしまっていて、あの日から20日間水道が使えない生活を余儀なくされました。

a0254656_176222.jpg重機の準備ができ、井戸の復旧作業を始めたのは、あの日から12日後のことでした。
井戸を掘りあげるための土台を整備し、とにかく水道の復旧を急ぐため、この日から連日井戸の中のものをくみ上げていきます。

a0254656_171546.jpg「木野設備」の木野秀明社長自ら、井戸の中に入り黙々と水や瓦礫を出しています。
木野社長は私の中学時代の後輩で、とても頼れる男です!
真夏と言えども、ここの水は体の芯まで冷える冷たさです。休憩の際は、温かいコーヒーを差し入れなければならないほどの、過酷な作業でした。

a0254656_17155956.jpgそして、井戸を掘り返し、さらに水をくみ出しながら浄化させ、新たにポンプを取り付け、井戸の修復作業は完了しました。
見てください!ここの井戸水は、真夏にこんなに結露するほどの冷たい水なんです。その中のつらい作業に心から感謝しています!
水道から、きれいな水が出た瞬間は、私と木野社長、スタッフさんとで、抱き合うようにして喜んだことをおぼえています。

a0254656_17225690.jpgそして、あの日から約1ヵ月半後の、8月28日井戸回りの復旧工事は全て完了しました。
川の流れが変わるほどの大雨になっても、井戸が守られるように石積みをして、今回流されたところを補うために、2tトラック4台分の砂利を入れました。
もちろん、今現在、澄み切ったきれいな井戸水をここの上水道として使用できています。
水道をひねれば水が出る!と言う、当たり前と思っていた生活が、いかにありがたいことなのか実感しました。

a0254656_17393560.jpgこれは、5日ほど前の、2013年6月26日の写真です。連日の大雨で、まだ濁流が押し寄せました。今回は、井戸もポンプも無事でした。
水量が落ち着きやっと近くまでいけたので撮影した写真です。
a0254656_17434826.jpg
そして3日後の夕方、川はいつもの静寂を取り戻しました。
とても澄んだ、冷たくて清らかな水です!
7.12北部九州大水害のあの日から、もうすぐ1年になろうとしています。
自然を愛し、この山で暮らしながら、皆様に匠の農家さんが育てる“本物”の食材をご紹介してきましたが、自然の恐ろしさと、平穏な日々のありがたさ、そして、多くの方々に支えられていることへの感謝を知ることができた1年でした。

7.12北部九州大水害、あの日の朝の光景を思い出すと、今でもゾッとします!私は熊本県菊池市の菊池水源の山奥を選んで会社を作りましたので、この大自然の中で暮らす苦労も覚悟の上でしたが、その時ばかりはあらためて自然の驚異を思い知らされました。
これからも、さまざまな困難があると思いますが、それ以上にここで暮らす喜びを毎日たくさん感じています。
今後もここでのさまざまな様子をお伝えしていきたいと思います。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2013-07-01 17:57 | FLC | Trackback | Comments(0)

紅葉の季節ですが、7.12北部九州大水害の復旧は・・・

FLC日記2012年11月3日(土) 晴れ
平成24年7月12日~14日にかけて、北部九州を襲った未曾有の大雨は、各地に大きな被害をもたらしました。ここ、熊本県菊池市も7.12北部九州大水害により、様々な被災を受けました。
a0254656_21284494.jpg
この写真は、当日の朝ここ(㈱旬援隊)へ続く、メインストリートの様子です。ガードレールもろとも道路が崩壊しています。
現在は、この道の上下で“全面通行止め”の表示があり通ることができません。いまだ復旧ができていないのです。

a0254656_21363435.jpgそして、これが現在の様子です。あの時の濁流が、ウソのようです。
紅葉が鮮やかな季節となりましたが、崩壊現場はまだまだ手付かずの状態です。

a0254656_2139451.jpg崩落現場の上流から撮影した写真です。
見てください。
透き通ったこの清流・・・。
夏には、この清流で泳いだり、バーベキューをしたりと多くの人々が訪れるスポットです。
もちろん今年は、全面通行止めの影響で、人影を見ることはほとんどありませんでした。

a0254656_21451284.jpg奥に流れ込む滑り台上の滝と、手前には大きな一枚岩が涼しさを演出しています。
これだけの上流にしては、かなりの深みで、飛び込んだりもぐったり絶好の行楽ポイントです。
この透き通った水では、水中眼鏡をかけると本当にすごく遠くまで見ることができます。
魚の泳ぐ様子・・・
水の流れ・・・
本当に飽きない水中の光景を見ることができるんです。
もちろん、水は冷たすぎて、10分も水につかってることはできませんけどね!笑

a0254656_2154688.jpg被災直後は、10月くらいまでには復旧作業がスタートするとのことでしたが、もうすっかり紅葉が色着く、11月となってしまいました。
まだまだ、7.12北部九州大水害は、大きな爪あとを残したままです。
復旧の優先順位があるのでしょうが、このど田舎の市道の復旧はまだまだ先のようです。

崩壊した道路の脇に色着いた紅葉を眺めながら、時の流れを感じた今日でした。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2012-11-03 22:03 | FLC | Trackback | Comments(0)

水源確保!7.12北部九州大水害の爪あと・・・

FLC日記 2012年10月30日(火) くもりのち晴れ
今日、ここに登って来る道を朝、通りかかると杉林の中に、村の方たちをお見かけしました。
ここは、株式会社旬援隊がある、私の住む熊本県菊池市原の伊牟田と言う地区です。
a0254656_16135867.jpg
「おはようございます!先日の『水源よかばい祭り』お疲れ様でした!」
と声をかけ、私も車を止め下りて行きました。
そこにいたのは、区長さんの赤星誠哉さんと、『菊池水源茶』でお世話になっている赤星武利さん、川口荘一さんです。
荘一さんが、「カラオケの写真は上手く撮れとったね?」と言われ、
「ありがとうございました。ばっちりですよ!」なんて応えました。
『水源よかばい祭り』の際の、私がカラオケに出場した時に、写真をお願いしていたからです。

a0254656_1745276.jpg「今日は、何事ですか?どうしたんですか?」とたずねると、
「村で使いよる水のたらんごとなって、井戸ば見に来たとたい!」と区長さんが教えてくれました。
私の会社があるところより、2kmくらい下ったところに、皆さんが住んでいる村があります。
共同で使っているこの井戸の水位が落ち、水の確保ができなくなったとのことでした。

この夏の大雨で、ここ(㈱旬援隊)の井戸も、ここの村(熊本県菊池市原伊牟田)の水源である井戸も崩壊しました。

a0254656_16313779.jpgこれはあの大水害の4日後の村の井戸を見に来た時の様子です。
私の会社から目の前の川を500mほど下ったところの反対の岸に、村のメインの井戸がありました。
石を組み、周りをしっかりと固めていた丈夫な井戸も、大水害ではひとたまりもなかったようです。

a0254656_16355559.jpg井戸の中には、大洪水で、水の流れと共に様々な物が流れ込んでいました。
井戸の周りを固めていた石や護岸もここまで崩壊していました。

a0254656_16422180.jpgさらには、井戸からこちら岸に水道管用のパイプをつないでいたコンクリートの用水路も井戸近くは跡形もなくなっていました。
この井戸を復旧させるのをあきらめて、大水害後は、もう1つの井戸(今朝私が遭遇したところの井戸)を使っていたのです。
でもその井戸の水位が落ち、水が確保できなくなったと、3名の方々が様子を見に来られていたのでした。

a0254656_1653561.jpgこれは、先ほど3名がいた井戸より10mほど上にある予備の井戸です。
その水を今の井戸に移し、水位を確保して村に送るための段取りをしていたとのことでした。

a0254656_171880.jpg私がお会いして話していると、ちょうど水の移動が終わって、井戸に十分な水位がたまったとのことでした。
もう1つ別の場所に村用の井戸を掘っていますが、何らかの問題が生じ、そちらの段取りがまだできず、しばらくはこの井戸をメインに使用していかないといけないのだそうです。

「今まで、2つの井戸で確保していた水を、この1つだけにしたせいもあろうけど、やっぱりこの上流ばかなりの範囲伐採しよるけん、そのせいもあるとじゃなかろかね・・・。」
区長さんが、つぶやいていました。

a0254656_17191664.jpgこの写真は、私の会社のすぐ上の杉と檜(ひのき)の山だったところです。
今、この上流のかなりの広い範囲の伐採が行われています。毎日ここの目の前の道を4~5回ほど大きなダンプが大量の杉や檜の材木を運び降ろしていきます。

a0254656_17264862.jpg伐採した後は、このように植樹をしていますが、この子たちがあのような森を形成するには、50年以上の月日が必要です。
伐採して、むき出しになった山は保水力がかなり落ちてしまいます。安定した川の流れや地下水も確保できないのかもしれませんね・・・。

a0254656_17322195.jpg7.12北部九州大水害のあの日まで、ここ(㈱旬援隊)で使用していた井戸です。
あの大洪水で、この井戸はもちろんのこと、その向こうに見える森も一切合切を流されてしまいました。
ここでは、18日間、水道が使えませんでしたが、さまざまな皆様のご協力のもと、復旧工事を終え、おかげ様でここの井戸の復旧はできましたが、奥の森はもう2度と見ることができません。
7.12北部九州大水害の、大雨と洪水は、まだまだいたるところにその爪あとを残しています。

がんばろう日本!
がんばろう北部九州!
がんばろう伊牟田の皆さん!
がんばろう株式会社旬援隊!!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2012-10-30 17:49 | FLC | Trackback | Comments(0)

もみじ前線南下中!秋を感じてます!

FLC日記 2012年10月29日(月) 晴れ
各地から、紅葉の便りをいただいております。
ここ(㈱旬援隊)にも、たくさんの秋を見つけました。
a0254656_16433828.jpg

a0254656_16481639.jpg 弊社の東屋(バーベキュー場)のもみじが色付き始めました。ここには、大きなもみじの木がありましたが、3本ほど7.12の大水害で流されてしまい、少し寂しい秋の景色です。

a0254656_16553163.jpgあの大水害時に毎日お風呂代わりに泳いでいた川に作った「リューバーダム」に、一昨日の雨で水が流れ込んでいます。ここからの景色・・・。
こんな青空なんて望めないようなうっそうとした森でしたが、今では遠くまで、そして空も望むことができます。
川面に移った青空がとてもきれいでした。

a0254656_16585120.jpg東屋の周りに残ったもみじたちが、真っ赤に色付くころまた写真と共に、秋の様子をご紹介します。
大水害の時の流木や倒木は、東屋の両サイドにはけただけで、まだきちんと片づけが終わっていません。まぁ、気長にがんばっていきます。

a0254656_1724630.jpg一方、しいたけの原木には、大きな異変が・・・。
一昨日の雨は、植物にとっては恵みの雨だったようです。

a0254656_1742564.jpgこんなに大きなしいたけが、何本も立っていました。もちろん、これも食べられますので、さっそく収穫し、本日のお昼のメニュー「チゲ鍋」の具材として、美味しく食べました。秋の味覚ですね!

a0254656_179638.jpgキウイの葉っぱも落葉し始めています。
12月ごろには樹上完熟で、食べごろを迎えます。グリーンとイエローの2種のキウイがあり、食べごろもずれていてわりと長い期間楽しむことができます。

a0254656_17122415.jpg今年は早めに収穫し、食べる分だけをリンゴと一緒にして、食べてみようと思います。
そうそう。今年は一部販売も予定してます。完全無農薬の国産キウイですよ!ここで育った安全、安心のフレッシュなキウイです。ご期待下さい。

a0254656_17194957.jpg裏の倉庫の壁に、夏の面影が残っていました。
セミの抜け殻です!
この、セミの抜け殻、栄養があるんですかね?カラスや野鳥が良く食べにきていました。ここの烏骨鶏たちも喜んで食べます。夏の間にぎわせてくれていたセミたちは、来年の夏は世代交代です。ここの地中に、たくさんのセミの幼虫たちが夏が来るのを待っているのでしょうね!

a0254656_1725286.jpg作業場の横の薪置き場です。
朝夕だけですが、もう1週間ほど前から毎日薪ストーブを使っています。
この量の3倍ほどを1冬で消費するので、まだまだ薪割りもしなければなりません。薪割り体験してみませんか?ノーギャラですが、今ならもれなく、作業後は囲炉裏を囲んで大宴会がついてきますよ!笑
a0254656_17305166.jpg
日が落ちるのが本当に早いです。
同じ太陽でも、この秋の太陽はなんだかすごく遠くに感じます。
ブログを書いている間に、すっかり日が落ち、あたりは真っ暗です。

この山奥で、季節を感じ、自らいろいろな作物を育てています。
消費者の皆様に、食を通じパートナーとなって頂く上で、自ら作物を作る喜びや苦労を知り、本当の食の安全をお伝えしていきたいと思い、この地に会社を作りました。
これからも、「FLCパートナーズストア」で、匠の農家さんが育てる“本物”の旬の食材を販売してまいりますす。

今後も、自らの体験を活かし、皆様に信頼される企業であり続けていきます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2012-10-29 17:48 | FLC | Trackback | Comments(0)

株式会社 旬援隊 秋景色・・・

2012年10月15日(月) 晴れ
毎日日が暮れるのが早くなりましたね。
今日は秋晴れの天気にも恵まれ、時間の許す限り外での作業に明け暮れました。
a0254656_1895016.jpg
「東屋(ずまや)」の横のもみじが色付き始めています。
この夏、北部九州を襲った、あの7.12大水害で、森が1晩で流され、すっかり日当たりが良くなってしまいました。最も日が当たるようになったこの枝から色付き始めたようです。

a0254656_1812112.jpg「東屋」付近の写真です。「東屋」はここの離れにあるバーベキュー場です。
7.12大水害によって、「東屋」だけは奇跡的に残りましたが、井戸とポンプ、東屋までの地面を流されてしましました。現在はこのように復旧しています。
ただ、そのとき脇によけた瓦礫(流木や倒木など)はまだ片付けることが出来ないでいます。写真の右手、瓦礫のある部分に、あの日までは大きなもみじの木がありました。毎年とても美しく色付いてくれ、今年も楽しみにしていましたが残念です。

a0254656_1820244.jpg瓦礫の場所も、私が立っている場所も、見上げるとこのように太陽を探さないといけないようなうっそうとした森でした。
その森は、木も土も全てを流され、今では、石ころがゴロゴロしている荒地のようになっています。おそらく、これから森が復旧するには何十年と言う月日が必要なのでしょうね・・・。

a0254656_18305542.jpgとは言え、変わらぬ秋景色も見られますよ。
道路の脇にかわいらしい白い花を見つけました。キク科の植物・・・、おそらく「ハマギク」かと思います。
この時期に毎年咲く花です。

a0254656_18333960.jpg敷地内のブルーベリーが紅葉しています。
収穫を終えた木から順に色付いてきました。落葉樹なので、冬は全て葉が落ちてしまいます。
来年もたくさんの実を付けてくれることを期待しています。

a0254656_18402618.jpgやっと、コスモスが咲き始めました。
フェイスブックやブログなどで、コスモスの便りを見ていて、うらやましく思っていましたがうれしい一輪目です。
この高冷地にしては、コスモスが咲くのが遅いですよね・・・。
夏の終わりに草を刈り込んだせいでしょうか?その際に芽吹いたコスモスも刈り込んでしまったのでしょうね!
赤、白、ピンクのコスモスが咲く予定です。
そんなにたくさんのコスモスはありませんが、とても楽しみです。

a0254656_18492838.jpgこの週末を使い、薪ストーブの「薪之介」の手入れをしました。
さらに、もう少しサンドがけをして、油を塗りこれから大活躍してくれる「薪之介」をメンテナンスします。

秋が足早に過ぎていき、「薪之介」なしでは耐えられない冬がもうすぐやってきます。「薪之介」は大食漢で、おそらく1冬で軽トラック3台分くらいの薪を消費します。薪割りもそろそろスタートしなければなりません。

でも、その前に・・・。
来週に迫ったお米の発送の準備です。
「FLCパートナーズストア」では、現在2種類の熊本のお米を販売中です。
いずれも数量限定の特別販売です。
『砂田のこだわりれんげ米』と『菊池水源の棚田米』です。
おかげ様で、大変好評につき、まもなく予約受付を終了いたします。
ご要望の方は、お急ぎ下記ホームページよりご注文(ご予約)下さい。
いずれも、この機会を逃すと来年の購入となります。
早い者勝ちですよ!!

冬が来る前に、実りの秋を満喫したいと思います。
ここ(㈱旬援隊)での、実りの秋・・・、また後日ブログでご紹介します。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2012-10-15 19:12 | FLC | Trackback | Comments(0)

早起きして、やること盛りだくさん

FLC日記 2012年9月15日(土) くもり
台風16号が接近してきています。
昨夜はすごい雨と雷・・・。
これも台風の影響でしょうか?
a0254656_15341074.jpg
私よりも早起きのアサガオがきれいに咲き誇っていました。
今朝は朝5時に起きて、夜が明けた5時半からここ(㈱旬援隊)の中の、さまざまさ作業をしました。

a0254656_15375234.jpgまずは草刈りです。下の敷地との間の土手からスタート!
これがなかなかのハード作業です。平らではなく斜めなので、草刈がとてもやりづらく苦戦しました。
中央に写っている柿木は、たくさんの実をつけていました。今年はカラスに負けないように収穫します。

a0254656_15435336.jpgそのまま母屋の周りの草刈をしながら進み、南側の庭をきれいにすることができました。
写真は全て進行方向と逆側から撮影しています。

a0254656_1546683.jpg次は先日種を播いた野菜たちに水をかけます。
ネギ、ニラ、ハラペーニョ、赤唐辛子、パクチーなどを植えてみました。上手く育つといいのですが・・・。

a0254656_155410100.jpg キュウリとゴーヤにも水をあげます。
キュウリがやっと花を咲かせました!!
先日取材に伺った「大山ファーム」さんから苗を分けていただき、1日遅れで定植しましたが、「大山ファーム」さんでは、もう収穫が始まっているのだそうです!!
土も設備も手のかけ方も違いすぎるとは言え、やはり匠の農家さんはすごいですね!!

a0254656_15591110.jpgその後は、「烏骨鶏(うこっけい)」たちにエサやりです!
写真を撮ったのは、エサをやり終えた後で、家の中でのんびりしていたのですが、私が近づいたのでまた何かもらえると思って?みんな出てきました。そうそう、このグループはまだ若鶏ですが、この子達を育ててくれた母鳥が、今朝も1個タマゴを産んでいました。
この若鳥達は今年中にはタマゴを産んでくれるようになればいいのですが・・・。

a0254656_1641594.jpgこの時期は、毎日栗拾いをしないといけません。
雨が降る前にと思い急いでしました。まだ、駐車場裏の栗の木の1本だけがメインですが、お隣にある「赤星製茶園」さんの、茶畑に栗のイガが落ちるので、ご迷惑かけないように毎日の作業です。

a0254656_1684720.jpg今年はまだまだブルーベリーがたくさん取れます。
通常は6月~7月に収穫を迎えるのだそうですが、ここは高冷地のため毎年7月末~8月です。
それにしても、今年は随分長い期間楽しめます。今日も1.5kgほど収穫できました。
a0254656_1615297.jpg
彼岸花が咲き始めました。
以前ここに住んでいたおばが植えていたものです。
すっかり秋の気配を感じています。
ただ、台風が心配です・・・。
ここもそうですが、「わが家の専用農家さん」が育てるたくさんの作物にも大きな被害が出ないと良いのですが・・・。

「FLCパートナーズストア」で、好評予約受付中で、最旬食材の「匠が育てる『太秋柿プレミアム』」もジャンボ梨「樹上完熟梨『新高』」も、台風の影響をとても受けやすいので、いつも台風情報を気にしています。
それぞれの農家さんとも「万全の備えをしておきます!」とのことでしたので、ここは匠に任せるしかありませんね。
台風の被害が大きいと、販売数も限られてきます。
その情報は下記ホームページで随時お知らせしていきます。
ぜひチェックしてみてください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2012-09-15 16:27 | FLC | Trackback | Comments(0)

7.12北部九州大水害 復旧1次工事終了!

FLC日記 2012年8月27日(月) くもりのち雨
本日、7.12北部九州大水害のここ(㈱旬援隊)の復旧の1次工事が終了しました。
あくまで、私から業者さんに依頼して復旧工事をお願いした分だけで、河川の護岸工事はまだ全く手付かずの状態ですが・・・。
a0254656_1818503.jpg
井戸の最終工事が完了です。
容易に開けられないようにきちんとチェーンもつけて、ゴミや落下物が入らないようにこの様にきれいに覆っていただきました。
もちろんこの工事も、「木野設備」さんにお願いした作業です。

a0254656_1823213.jpgただ、ハプニングと言うか、事件が起こりまして、この井戸の西側にあったあの大水害にも耐えていた大木が、昨日の台風の影響の強風でこの様に根っこから倒れてしまいました。

a0254656_18252967.jpgこれは、3日前(8/24(金))の写真です。
井戸をはさんで左右に大きな木があるのがわかると思います。

a0254656_18272237.jpgほぼ同じようなアングルの今日の写真ですが、右側の木がもうありません。
あの水害にも耐え忍んで立っていたのですが、根元の土はまさに根こそぎなくなっていて、実際はいつ倒れてもおかしくなかったのだと思います。
昨日、熊本も台風の影響で強風が吹き、その風に耐えきれなく倒れたのだと思われます。

a0254656_1832265.jpg少し上流の写真ですが、この様に大きな木が倒れていました。
今回の台風15号は大きな勢力と共に東シナ海を北上していますが、もしこれが九州地方に上陸するようなルートで進んでいたなら、この様な状況がいたるところで起きていたことだと思われます。

もし井戸の近くのあの大木が、東屋の方に倒れていたなら、おそらく東屋は崩壊していたことでしょう・・・。
7.12北部九州大水害の影響は、この様にまだまだ終わっていないと考えられるようですね。
時間がたつとおそらく2次災害とは言わないのでしょうが、明らかにあの大水害の影響で倒れたものだと考えられます。

a0254656_18485383.jpg「木野設備」さんにお願いした最終作業は、井戸のポンプのパイプを保温する作業です。「木野設備」の木野秀明社長は、私の中学時代の後輩でそのような縁もあり、本当に良い仕事をしてくれました。

a0254656_18535113.jpgポンプの屋根は災害前からのものを再利用して、少しでもコストを抑え、この様にパイプの保温のための養生をしてくれ、コンセントのボックスも取り付けてくれました。
今後は東屋で何か電気が必要な時は、延長コードで持ってくることが容易になりました。
a0254656_1955840.jpg
あの7.12北部九州大水害以降、「まずは井戸を確保して、出来るだけ早く水道を出るようにしましょう!」と言ってくれました。
毎日毎日冷たい水に入り、井戸掘りから作業はスタート!
水道が出るようになるまでは、土日も休まず来てくれて作業を続けてくれました。

毎日毎日この山奥まで来てくれて、ありがとう!
毎日毎日私のつまらん冗談に付き合ってくれて、ありがとう!
毎日毎日丁寧な作業で以前よりはるかに良くしてくれて、ありがとう!

木野秀明社長ならびに「木野設備」のスタッフの皆様、本当に心から感謝しています。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2012-08-27 19:25 | FLC | Trackback | Comments(0)

7.12北部九州大水害 砂利入れ作業

FLC日記 2012年8月26日(日) 晴れ
すごく天気の良い夏空ですが、台風の影響かものすごく風が吹いています。洗濯物がもう100回は倒れました(ジョーク)。

昨日、敷地内の「東屋」でバーベキューを楽しみましたが、西日(にしび)対策が大変でした。
a0254656_13502878.jpg
これは東屋から井戸越しに見た、西側の風景です。
本来ここにはしいたけを栽培できるような森があって、全く西日など差すことなく夕方までバーベキューを楽しめたのですが、7.12の大水害で森ごと全部なくなってしましました。

a0254656_1354276.jpg水害以来ずっと復旧工事をお願いしている「木野設備」さんに砂利を入れていただいた時の様子です。
2tトラックに3台の砂利を入れていただきましたが、驚きはそのトラックの搬出方法です!

a0254656_13564022.jpg道路から東屋までは、かなりの急勾配の坂道です。
砂利を積んだトラックは、バックでゆっくりと入ってきて砂利を降ろすと、登るにはユンボ(重機)のクレーンを使って登っていきました。

a0254656_1359147.jpg最終的には、ユンボがそのまま前進して2tトラックを押し上げていきます。
車のタイヤでは空回りして進めない坂道でも、ユンボならトラックを押しながら進むことが出来ます。とても働き者の使えるやつですね(笑)。

a0254656_1494277.jpg敷地内の駐車場の整備もお願いしました。
水害以降、土がだいぶ流されたせいもあり、ぬかるんでしょうがなかったので、残った表面の土を剥ぎ取り、新しい砂利を入れてもらいました。

a0254656_14112160.jpgユンボで砂利を広げ、さらには人力で満遍なくならしていきます。
夏の暑い日差しの中の作業は、かなりの重労働です。

a0254656_14284548.jpg砂利を広げ終わると、よく工事現場などで見かける機械で、踏み固めていきます。
実に丁寧な仕事ぶりです。何から何まで「木野設備」さんにお任せして本当によかったと思いました。

a0254656_14271056.jpg仕上げにユンボのキャタピラでさらに踏み固めていきます。
実に起用にユンボを操作し、ほとんどずれを生じることもなく踏み固めてくれました。
a0254656_14341258.jpg
これで、ユンボを使う復旧作業や工事は全て完了です。
トラックにユンボを積み込む木野秀明社長に、「なんだかユンボがいなくなると思うと寂しくなるなぁ~」なんて冗談を言うと、「そうですか!またなんか合ったらすぐに駆けつけますよ!」と返してきたので、「これ以上なんかあったら困る!」と言って、二人で笑いました!

「木野設備」の木野秀明社長及びスタッフの皆様・・・。
本当にお世話になりました。
これでほとんどの復旧にめどが付き、後は一部井戸周りの作業を残すのみとなりました。
7.12北部九州大水害、あの日の朝の光景を思い出すと、今でもゾッとします!私は熊本県菊池市の菊池水源の山奥を選んで会社を作りましたので、この大自然の中で暮らす苦労も覚悟の上でしたが、今回ばかりはあらためて自然の驚異を思い知らされました。
これからも、さまざまな困難があると思いますが、それ以上にここで暮らす喜びを毎日たくさん感じています。
今後もここでのさまざまな様子をお伝えしていきたいと思います。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2012-08-26 14:47 | FLC | Trackback | Comments(0)

東屋でバーベキュー&リューバーダムで水遊び!

2012年8月26日(日) くもり
昨日(8月25日)のこと・・・。
晴天に恵まれ、東屋でバーベキューを楽しみました。
私のサラリーマン時代の友人達が、家族で遊びに来て本当に楽しいひと時を過ごすことが出来ました!
a0254656_8133869.jpg
7.12の大水害で被害を受けた東屋(バーベキュー場)とその前の広場を復旧させやっと実現できました。

a0254656_8161556.jpg水害前までは、この広場あたりも木陰でとても涼しかったのですが、あの日1晩で森の木々も土も一切合切が流されたので、今回初めてタープテントとパラソルを導入してのバーベキューです。

a0254656_8223385.jpg奇跡的に流されずに残った「東屋」でしたが、囲炉裏はほぼ壊滅状態・・・。
なにせ、この囲炉裏の上も濁流が流れていたのですから!

a0254656_833278.jpg焼肉と焼きそばでお腹いっぱいになった子供たちをつれて川遊び!最初は「冷たい!!」と水に入るのを怖がっていた子供たちを、半ば強引に?水の中に入れました!

a0254656_8363589.jpgここ1週間の晴天続きで水位も随分減っていましたので、安全に遊ぶことが出来ます。
水の冷たさにもすぐになれて、浮き輪を使って元気に泳いでいます。

a0254656_8401812.jpg「お魚が取れたよ!」と見せてくれました。川魚の稚魚のようです。
大人たちはまだまだ食べるのに夢中ですね!

a0254656_8432536.jpgすっかり日も暮れて、子供たちは待望の花火をスタート!
大人たちは室内に場所を移して飲み直しています。

本当に本当に久々の再会でしたが、すごく楽しいいひと時を過ごすことが出来ました。大水害からの復旧が出来たことに感謝しつつ、短い夏のいい思い出が出来ました。

再会を約束して、夜の9時に解散!
ドライバーの皆さん夜の山道の運転くれぐれもお気をつけて!
次回は、栗拾いイベントを計画中です!
これからも、この大自然の環境で、春夏秋冬、四季折々の移り変わりをみんなで楽しんでいきたいと思います。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2012-08-26 09:05 | FLC | Trackback | Comments(0)