人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:肥後グリーン ( 43 ) タグの人気記事

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にも大人気!シャキシャキとトロトロ!2つの食感をぜひ!

FLC日記 2019年7月2日(火) 雨のちくもり
熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』を、ご存知ですか?
その高い糖度と、2つの食感で楽しめる美味しさで、人気急上昇中のフルーツです!
高級メロンをお手頃価格で購入できるので、ご家庭用としても、お中元やご贈答用としても、大人気なんです!
a0254656_16530886.jpg


a0254656_16554232.jpg熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も熊本県山鹿市鹿央町の「岡山農園」さんの『肥後グリーン』をネット独占販売しています。
今、まさに最旬のフルーツが『肥後グリーン』です!

a0254656_16394989.jpg『肥後グリーン』の人気の秘密は、なんと言ってもそのバツグンの甘さです!!
糖度17度を超えるさわやかな果汁が、口いっぱいに広がると至福の喜びを感じます。
また、最大の特徴は、シャキシャキの食感でそのさわやかな甘さを味わうことができる新感覚のマスクメロンです。
収穫後、約4~5日程度でまず1回目の食べごろを迎えます。

a0254656_17072783.jpgもちろん、さらに追熟させると、皆さんが良くご存じのマスクメロンの食感のトロトロでも味わえるんです。
翡翠(ひすい)色の美しい果肉は、厚い肉質、豊富な果汁、上品な甘さが人気です!

a0254656_17035300.jpg「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、ネット独占販売しています。
1箱からのご注文で、1箱2玉入りとなっています。
ぜひ、1玉はシャキシャキの食感で、そしてもう1玉はトロトロの食感でご賞味ください!

a0254656_17574172.jpg現在は、収量も増えて、あまりお待たせすることなく発送が可能です!!
ただし、毎回の出荷数を限定しての、数量限定、完全予約制での販売とさせて頂いておりますので、ご注文はお早めに!!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産メロン』



a0254656_17252191.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿央町の「岡山農園」さんの、高級マスクメロン『肥後グリーン』の栽培ハウスです。
「岡山農園」さんでは、親子の匠が“本物”と呼べる様々な作物を育てる、まさに匠の農家さんです。

a0254656_17473863.jpg単棟のハウスや連棟建ての広い広いハウスを使って、定植の時期や温度管理をしながら、長期にわたって出荷できるよう『肥後グリーン』を栽培しています。

a0254656_17493626.jpg「岡山農園」さんでは、お父さん(岡山忠和さん)、お母さん(岡山文代さん)の豊富な経験と卓越した技術に加え、その技術を伝承しつつ、2人の息子さん(兄:岡山和功さん、弟:岡山佑大さん)が惜しまぬ手間ひまと徹底管理、さらなる研究心で進化させ、最高級のマスクメロン『肥後グリーン』やスイカなどなどを育てています。
写真はスイカのつる引き作業の際に撮影した集合写真です。

a0254656_17292554.jpgこちらは、4月中旬の定植間もない頃の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_17301145.jpgもちろん「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらの写真は、6月上旬の2期目に収穫を迎える『肥後グリーン』たちを、ひもで吊るす作業をしている、和功さん、佑大さんの兄弟です。
「岡山農園」さんでは、『肥後グリーン』のツルを、1本1本タテに伸ばして栽培しています。

a0254656_17315644.jpg『肥後グリーン』の果実は、1玉1玉ひもで吊るしながら育てるのです。
1本の苗から、たった1玉の至高の『肥後グリーン』を育て上げるため、惜しまぬ努力を繰り返しています。

a0254656_17385863.jpg収穫を迎える直前の様子がこちらです。
まるで熱帯雨林のジャングルのようですよね!
この時期の『肥後グリーン』は“遊びツル”を伸ばして最終調整をします。

a0254656_17463622.jpgタテに伸ばして栽培し『肥後グリーン』の株の芯(成長点)を止めるまでは、徹底的に脇芽や巻きつる、不要な花などを摘んで、その株が作り上げるたった1玉の果実に、株全体が全精力を注げる環境を作ります。

a0254656_17481971.jpgそして、最後の脇芽を“遊びツル”として残し、収穫前の最終調整をするのです。
それぞれ成長のスピードや樹勢が異なるので、メロンの果実や葉の様子を判断して、それぞれの株で遊びツルを切ったりそのまま伸ばしたりします。
それは、毎日、この株たちと真摯に向き合ってきた匠だからこその判断です。

a0254656_17584054.jpg匠の判断は、収穫の時期でも行われます。
収穫直前には、実らせた果実のすぐ上の葉っぱがこうして変色してきます。
これが、収穫のサインの1つです。
果実に栄養を送り込むため、その直前の葉っぱはマグネシウムが不足し、黄色く変色してくるのです。

a0254656_18013570.jpg『肥後グリーン』の果実の茎(アンテナ)の部分の黄色いリンクもサインの1つです。
その見極めをしながら、1玉1玉収穫していくのです。
しかし、その判断は、匠をもってしても非常に難しいのです。

a0254656_17533248.jpgほんの1日その判断を誤っただけで、『肥後グリーン』はこうして割れてしまいます。
すぐに食べれば、全く味も変わらないのですが、もちろん商品には出来ません。

a0254656_18050165.jpg収穫された朝採りの『肥後グリーン』は、ご自宅の出荷場に持ち帰り、大きさ、形、マスクの入り方などなどの厳しいチェックをして、選び抜かれたものだけを「FLCパートナーズストア」の商品として出荷いただいています。

a0254656_18061451.jpg「FLCパートナーズストア」では、大きさによって2商品の『肥後グリーン』を販売してます。
右が約2.5~2.8kgの通常サイズ。
そして左が、「大玉」とさせていただいている、約3.0~3.5kgのサイズの『肥後グリーン』です。

a0254656_18090225.jpg糖度はいずれも17度以上の最高級です。定植の時期、着果の時期、収穫日は同日発送の商品は全て同じです。
全てを同様に育てていても、1本1本の株の違いが出てきます。
植物それぞれの個体差によって果実のサイズが異なってくるのです。

a0254656_18103048.jpg「FLCパートナーズストア」では、「おかやま農園」さんの匠の判断に100%の信頼をよせ、商品の選果をお任せしています。
収穫された中から選びに選び抜いた“極選”の『肥後グリーン』です。

a0254656_17533441.jpg美味しいメロンを食べたい方!
“本物”と呼べるメロンを贈りたい方!
ぜひ、「岡山農園」さんが育て上げ、収穫した中から選び抜いた、「FLCパートナーズストア」の『肥後グリーン』をお選びください!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-07-02 17:59 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』 令和元年度の出荷スタート!大玉サイズも予約受付開始!

FLC日記 2019年6月15日(土) 雨のちくもり
令和元年度の熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』の出荷がスタートしました。
昨日より、全国のお客様に向け、糖度18度のさわやかな甘さをお届け中です!
a0254656_16141275.jpg


a0254656_16155572.jpg熊本の旬を販売する「FLCパートナーズストア」では、令和元年度も匠の農家さん「岡山農園」さんの熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』をネット独占販売しています。

a0254656_16172879.jpg熊本産の高級マスクメロン『肥後グリーン』は、高い糖度(17度前後)とシャキッとした食感が人気の高級マスクメロンです。
もちろん、さらに追熟させると、マスクメロンらしいトロトロの食感で味わうこともできます。

a0254656_16191807.jpg「FLCパートナーズストア」では、1箱2玉入りで販売しています。
まずは、1玉目を発送日から4~6日後のシャキッとした食感で楽しんでいただき、もう1玉はさらに1週間ほど追熟させ、トロトロの食感で食べるのも良いですよね!
お中元やご贈答用ギフトとしても大変喜ばれる商品です!

a0254656_16214835.png大玉サイズの『肥後グリーン』(1玉:3~3.5kg)の予約受付もスタートしました。
初回出荷は6月25日(火)です。
以降、毎週金曜日と火曜日の出荷です!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産メロン』



a0254656_17225195.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿央町の「岡山農園」さんの、高級マスクメロン『肥後グリーン』の栽培ハウスです。
こちらは、以前取材した収穫目前の様子です。

a0254656_17252734.jpg「笠さん見て下さい!メロンが収穫の時期を教えてくれています。収穫のサインの1つ、実らせたすぐ上の葉っぱがこうして変色しているのがわかりますか?」
そう教えてくれたのは、「岡山農園」の岡山和功さんです。

a0254656_17404776.jpg「これは、果実が実につれ、果樹自体はマグネシウムが欠乏して起こる現象です。メロンやスイカは、こうして収穫の時期を教えてくれるんです。ただ、この頃の温度や水管理はとても難しく、メロンは特にそこを間違うと、果実が割れてしまうんです。」と、和功さん。

a0254656_16271328.jpgこちらは、5月中旬の様子です。
「岡山農園」さんでは、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、こうして縦に伸ばしながら栽培しています。
ハウス内には支柱とワイヤーが張られ、そこから垂らすひもに巻き付けながら上に伸ばし育てるのです。
1本の『肥後グリーン』の株から、たった1玉の至高の果実を作り上げます。

a0254656_16283544.jpgそして、一定の高さまで成長させると、芯(生長点)を止めます。
ここからさらに、「岡山農園」さんの匠の技で、収穫までの約4週間を徹底管理していくのです。

a0254656_17563890.jpg5月下旬、芯を止めたことで、その下の葉っぱは大きく成長します。
この葉っぱを“天葉”と言います。
こうして大きく成長することで、たくさんの光を浴び、果実に栄養を送り込むのです。

a0254656_17595118.jpgその頃にはすでに、『肥後グリーン』の果実はこんなにも成長していました。
先ほど紹介したワイヤーから下したひもで、1玉1玉吊り下げられ、大事に大事に育られています。
「岡山農園」さんでは、『肥後グリーン』の苗の、下から8枚、上にも8枚の葉っぱがある、ベストな果実を残し、1株からたった1玉だけの『肥後グリーン』を育てます。

a0254656_18240121.jpg同じハウスの中で、同じように育てても、『肥後グリーン』の果樹の成長はそれぞれ異なります。
もちろん、果実の着果のタイミングも違うので、それを見極め青と赤のひもで区別し、収穫の時期を定めています。

a0254656_18281966.jpgさらに、芯を止めた後の脇芽を残しそれぞれの果樹の調整を行います。
その脇芽を“遊びつる”と言い、樹勢と果実の肥大などのバランスを見ながら、1本1本を見極め遊びつるを切ったり残したりして最後の調整を行うのです。

a0254656_18370720.jpgこちらは以前の取材で撮影したもので、「岡山農園」の岡山佑大さんが、1本1本の果樹とその果実の成長を見極めながら、遊びつるの調整をしています。
その調整次第では、収穫前に『肥後グリーン』の果実が割れてしまうこともあるのです。

a0254656_18414719.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
こちらは、今年の3月下旬の『肥後グリーン』の定植作業の様子です。

a0254656_18444248.jpgもちろん、「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
「岡山農園」さんでは、お父さん(忠和さん)、お母さん(文代さん)の豊富な経験と卓越した技術で、まさに“本物”と呼べる様々な農作物を育ててきました。

a0254656_18471579.jpgそれらの技術や経験は、2人の息子さんに継承され、和功さん、佑大さんが惜しまぬ手間ひまと徹底管理、さらなる研究心で進化させて最高級のマスクメロンを育てています。

a0254656_18533460.jpgそしてもちろん、今年も至高の『肥後グリーン』を育て上げました。
本日のブログの冒頭で紹介した収穫のサインの葉っぱの変色と同じく、収穫直前の取材時には、果実につながる茎の周りの黄色いリングが出ていました。
『肥後グリーン』は収穫の時期を迎えると、茎の根元の果実の部分が黄色く色づき教えてくれるそうです。

a0254656_16305128.jpgそして昨日、大切に大切に育て上げ、収穫した中から選びに選び抜いた“極選”の『肥後グリーン』のみを、「FLCパートナーズストア」のお客様に初出荷しました。
熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』は、果実の外観の美しさもさることながら、果肉の翡翠(ひすい)色の鮮やかさも人気の秘密です。

a0254656_16314650.jpg最大の特徴はやはり、シャキシャキっとした食感でありながら、糖度17度の甘さを味わえることでしょう!
「岡山農園」さんの高級マスクメロン『肥後グリーン』は、数量限定の完全予約制での販売です!!
毎年決まって出荷予定数は完売する大人気商品です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますのでご注文はお急ぎ下さい!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして「熊本産メロン」のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-06-15 16:35 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)

肥後グリーン 令和元年度の初回出荷は6月14日~!!先行予約受付スタート!

FLC日記 2019年5月28日(火) 雨時々くもりのち晴れ
熊本の旬を販売する「FLCパートナーズストア」では、令和元年度も匠の農家さん「岡山農園」さんの熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』をネット独占販売いたします。
本日より先行予約受付をスタートしました!
a0254656_16420465.jpg
熊本限定栽培品種のマスクメロン『肥後グリーン』は、はなまる人気急上昇中の高級フルーツです。

a0254656_16473102.jpg『肥後グリーン』の人気の秘密は、なんと言ってもそのバツグンの甘さです!!
糖度17度にもなるさわやかな果汁が、口いっぱいに広がると至福の喜びを感じます。
最大の特徴は、シャキシャキの食感でそのさわやかな甘さを味わうことができる新感覚のマスクメロンです。
収穫後、約4~5日程度でまず1回目の食べごろを迎えます。

a0254656_16450530.jpgもちろん、さらに追熟させると、トロトロの食感で味わえる、皆さんが良くご存じのマスクメロンの食感でも美味しくいただけます。
翡翠(ひすい)色の美しい果肉は、厚い肉質、豊富な果汁、上品な甘さが人気です!

a0254656_16473254.jpg2玉入りでの販売ですので、ぜひ、1玉はシャキシャキの食感で、そしてもう1玉はトロトロの食感でご賞味ください!
ただし、毎回の出荷数を限定しての、数量限定、完全予約制での販売とさせて頂いておりますので、ご注文はお早めに!!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産メロン』



a0254656_16495329.jpg生産地と生産者の紹介をします。
まもなく収穫を迎える、熊本県山鹿市鹿央町にある、「岡山農園」さんの、『肥後グリーン』の栽培ハウスです。

a0254656_16534529.jpg「岡山農園」の岡山佑大さんです。
単棟建てのハウスや広い連棟建てのハウスで、収穫時期をずらして『肥後グリーン』の栽培を行っています。

a0254656_17431663.jpg「岡山農園」さんは、岡山忠和さん、岡山文代さんご夫妻とその息子さんたちとで、毎年高品質の様々な作物を育てる匠の農家さんです。

a0254656_17451004.jpg岡山さんご夫妻の豊富な経験を活かし、さらに、2人の息子さん(右:兄の岡山和功さん、左:弟の岡山祐大さん)の兄弟の惜しまぬ手間ひまと向上心で、今年も“本物”と呼べる『肥後グリーン』を育てあげます。

a0254656_17003471.jpgこちらは、4月中旬の定植間もない頃の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_17024480.jpgもちろん「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は、5月上旬の芯を止め実らせる場所の花に交配し着果が始まった頃の様子です。
通路に落ちているツルと葉は、芽カギと言って不要な芽を摘んだものです。

a0254656_17090674.jpg以前取材した、収穫直前の6月中旬ごろの様子です。
「岡山農園」さんでは肥後グリーンをたてに伸ばしながら、収穫する果実はこうしてひもで吊って育てます。

a0254656_17115056.jpgそして収穫は、交配(受粉)から何日目と言うのを目安にして、最後は匠の判断で行います。
実らせる果実のすぐ上の葉っぱの色の変化や、果実の茎(アンテナ)の部分の黄色いリンクなどを見て判断します。
そこは全て匠の目と判断に100%の信頼をよせ任せています。

a0254656_18050165.jpg収穫された朝採りの『肥後グリーン』は、ご出荷場に持ち帰り、大きさ、形、マスクの入り方などなどの厳しいチェックをして、選び抜かれたものだけを「FLCパートナーズストア」の商品として出荷いただいています。

a0254656_18061451.jpg「FLCパートナーズストア」では、大きさによって2商品の『肥後グリーン』を販売してます。
右が約2.5~2.8kgの通常サイズ。
そして左が、「大玉」とさせていただいている、約3.0~3.5kgのサイズの『肥後グリーン』です。

a0254656_17203157.jpg糖度はいずれも17度以上の最高級です。定植の時期、着果の時期、収穫日は同日発送の商品は全て同じです。
全てを同様に育てていても、1本1本の株の違いが出てきます。

a0254656_17235157.jpg植物それぞれの個体差によって果実のサイズが異なってくるのです。
最初の栽培地ではまだ寒さが残っているため、大玉は実りません。
大玉肥後グリーンは、6月下旬よりの出荷予定です。

a0254656_17253546.jpg「FLCパートナーズストア」では、「おかやま農園」さんの匠の判断に100%の信頼をよせ、商品の選果をお任せしています。
収穫された中から選びに選び抜いた“極選”の『肥後グリーン』です。
本日より、先行予約の受付をスタートしました。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページよりお買い求めください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-05-28 17:28 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)

肥後グリーン 6月中旬からの出荷に向け順調に成長中!成長の3段階と惜しまぬ手間ひま

FLC日記 2019年5月21日(火) くもりのち晴れ
熊本限定栽培品種の『肥後グリーン』は、シャキッとした食感と、糖度17度以上の爽やかな甘さが大好評で、全国的にも知名度が上がり、はなまる急上昇中の高級マスクメロンです。
a0254656_16341471.jpg


a0254656_16365327.jpg熊本の旬を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、今年(令和元年)もネット独占販売いたします。
今期の初出荷は6月中旬(6月14日発送)の予定です。

a0254656_16482684.jpg今年も匠の技と惜しまぬ手間ひまで、元気に順調に成長しています。
こちらは最も成長が早いハウスです。
『肥後グリーン』のお尻の方から、早いものはマスクが入り始めていました。

a0254656_16460391.jpgマスクが入り始めると、約1ヶ月で収穫です。
「岡山農園」さんでは『肥後グリーン』をたてに伸ばして育て、その果実はこうしてひもで吊り下げて栽培しています。
今日のブログでは、どうしてこうして縦に伸ばしながら、果実をつりさげて育てるのか、その訳をこの前の成長の段階のハウスで紹介したいと思います。

a0254656_17223154.jpgここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「岡山農園」さんの2番目に収穫を迎える『肥後グリーン』の栽培ハウスです。
先ほど紹介した最初に収穫を迎えるハウス同様、『肥後グリーン』をたてに伸ばして栽培しています。

a0254656_17321674.jpgこちらは以前取材した『肥後グリーン』をたてに伸ばしながら育てるために、ひもに巻き付けている様子です。
その作業をしているのは、「岡山農園」の岡山佑大さんです。

a0254656_17343662.jpg「ハウス内に立てている支柱を使って張り巡らせているワイヤーから下したひもに『肥後グリーン』のつるを巻き付けながら上に伸ばしていきます。」と佑大さん。
それには2つのメリットがあるんです。

a0254656_17381491.jpgこちらは先ほどより少し成長した現在の様子です。
『肥後グリーン』の苗たちは高さがほぼそろっていますよね。
これはそろっているのではなく、そろえているのです。

a0254656_17400458.jpg写真中央の少し茶色くなっている部分がわかりますか?
ここは本来このつるがどんどん伸びていく成長点(芯)です。
一定の高さで、この芯を切ってそれ以上の成長を止めています。

a0254656_17415064.jpg芯を止めたすぐ下の葉っぱを“天葉(てんば)”と呼んでいます。
最も重要な葉っぱともいえる葉っぱです。
「岡山農園」さんでは、下から8節、上にも8節となる花に『肥後グリーン』を実らせます。
上下の葉っぱを調節して、『肥後グリーン』を大きく甘く育てるのです。

a0254656_17473858.jpg着果間もない『肥後グリーン』は、そこから下の葉っぱで果実を大きくし、そこから上の葉っぱで果実を甘くするのです。
1つ目のメリットとして、そのバランスを作り上げるために、つるを上に伸ばして育てています。

a0254656_17510625.jpgそして2つ目のメリットとして、実る果実を1玉1玉吊り下げて栽培することができるので、しっかり管理しながら育てることができるのです。
ただし、果実を全てひもで吊るす作業は、かなり根気のいる手作業です。

a0254656_17532349.jpgこちらは最後に収穫を迎えるハウスの様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17541064.jpg「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
この苗たちは、これから「岡山農園」さんの匠の技と惜しまぬ手間ひまで、1本1本上に伸びるようひもに巻き付け、果実は1玉1玉ひもで吊るしながら栽培されていきます。

a0254656_1741823.jpg「おかやま農園」さんでは、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)の豊富な経験と、2人の息子さん達の岡山和功さん、祐大さんのご兄弟の惜しまぬ手間ひまと向上心、父から子へ受け継がれる“匠の技”で、至高の『肥後グリーン』、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』、様々に野菜などを育てています。

a0254656_18183349.jpg『肥後グリーン』は、果実の外観の美しさもさることながら、果肉の翡翠(ひすい)色の鮮やかさも人気の秘密です。
最大の特徴はやはり、シャキシャキっとした食感でありながら、糖度17度の甘さを味わえることでしょう!
「FLCパートナーズストア」では、2玉入りで販売していますので、1つはシャキシャキの食感で味わい、もう一つはさらに追熟させて、トロトロの食感で味わうこともできますよ!

a0254656_1827735.jpgそして今年も、毎年大好評いただいている、2つの味を楽しめる『肥後グリーン』と『ひとりじめbonbon』のセットも販売いたします。
6月16日の父の日に間に合うように出荷予定です。
収穫及び発送開始日が決まり次第、またあらためてご案内いたします。
今年の「岡山農園」さんの熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』にもぜひご期待ください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-05-21 18:01 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』の定植後の様子(後編)

FLC日記 2019年5月4日(土) 晴れ
『肥後グリーン』と言うマスクメロンをご存知ですか?

a0254656_1426459.jpg熊本限定栽培品種の、高級マスクメロン『肥後グリーン』は、糖度17度を超える甘さを、シャキシャキの食感で味わえる新感覚のマスクメロンです。
もちろん、さらに追熟させると、マスクメロンならではの、トロトロの食感でも味わうこともできます。
「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も「岡山農園」さんの高級マスクメロン『肥後グリーン』をネット独占販売いたします。
a0254656_17531185.jpg
今年は、6月中旬からの発送予定です。

a0254656_16394989.jpg『肥後グリーン』の人気の秘密は、なんと言ってもそのバツグンの甘さです!!
糖度17度にもなるさわやかな果汁が、口いっぱいに広がると至福の喜びを感じます。
最大の特徴は、シャキシャキの食感でそのさわやかな甘さを味わうことができる新感覚のマスクメロンです。
収穫後、約4~5日程度でまず1回目の食べごろを迎えます。

a0254656_16450530.jpgもちろん、さらに追熟させると、トロトロの食感で味わえる、皆さんが良くご存じのマスクメロンの食感でも美味しくいただけます。
翡翠(ひすい)色の美しい果肉は、厚い肉質、豊富な果汁、上品な甘さが人気です!

a0254656_17541461.jpg昨日のブログに続き、現在の栽培の様子を紹介いたします。
ここは、ここは、熊本県山鹿市鹿央町の「岡山農園」さんの、高級マスクメロン『肥後グリーン』の栽培ハウスです。
連棟建てのハウスに定植時期をずらし、収穫を長期にわたりできるよう計算して、『肥後グリーン』が育てられています。

a0254656_18042784.jpg「岡山農園」の岡山佑大さんです。
今回も取材に協力いただきました。
「まだHPでは販売していないのに、すでにお電話でたくさん予約を頂いていますよ!」と言うと、
「うわぁ!それはますますやりがいが出てきますね!」とこの笑顔です。

a0254656_18074751.jpg「岡山農園」さんでは、親子の匠で“本物”と呼べる様々な作物を育てるまさに匠の農家さんです。
お父さん(岡山忠和さん)、お母さん(岡山文代さん)の豊富な経験と卓越した技術に加え、その技術を伝承しつつ、2人の息子さん(兄:岡山和功さん、弟:岡山佑大さん)が惜しまぬ手間ひまと徹底管理、さらなる研究心で進化させ、最高級のマスクメロンを育てています。

a0254656_18090991.jpg先に定植を終えた苗は、すでに芯(成長点)を止めて、2本のツルを伸ばしてありました。
この時期に栽培する『肥後グリーン』は、2本仕立てにして栽培します。

a0254656_18224721.jpgこちらは以前取材した着果直後の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18240120.jpgもちろん「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「岡山農園」さんでは、ハウス内に設置した支柱とワイヤーから垂らすひもに『肥後グリーン』のつるを巻き付けながら上に伸ばし育てます。

a0254656_18263879.jpgもちろん今年も同じ方法で栽培します。
支柱はすでに立ててありました。
『肥後グリーン』の苗をよく見てみると、すでに花が咲いているものもありました。

a0254656_18292766.jpgこの黄色い花が『肥後グリーン』の花です。
しかし、現在咲いている花には実らせません。
この花はいわば予行練習の様なものです。

a0254656_18325516.jpg下から葉っぱが8枚、上にも葉っぱが8枚となるベストな花に着果させ、1株からたった1玉だけの、至高の『肥後グリーン』を育て上げます。
その様子はまた後日現地取材をして紹介します。

a0254656_18344058.jpg「今年も『肥後グリーン』と黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』のセット販売も良いですか?」と尋ねると、
「えぇ!もちろんです。小玉スイカ『ひとりじめbonbon』と同じ時期に出せるよう栽培していますよ。」とのこと。

a0254656_17543852.jpg『肥後グリーン』と並ぶ人気を誇るのが、「おかやま農園」さんが育てる、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』です。
スイカとしては最高級の12度以上の高い糖度と、スイカならではのシャキシャキっとした食感が、多くのスイカ好きをうならせる絶品です!!
赤果肉は5月下旬より出荷予定です。

a0254656_17553589.jpgそして今年も、黄色い果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』も栽培頂いています。
初めて売り出した際は、赤果肉と黄色果肉のコンビで販売しましたが、多くのお客様から「黄色の果肉のみの販売もしてほしい!」とのお声を頂戴し、「岡山農園」さんにお願いし、栽培数を増やして頂いています。

a0254656_17572428.jpgそしてもちろん、『肥後グリーン』の出荷のスタートと同時に、「おかやま農園」さんが育てた黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』とのセットも販売もいたします。
メロンとスイカのいずれの美味しさも楽しめる、大人気商品です。

a0254656_17591944.jpg熊本産高級メロン『肥後グリーン』は、シャキシャキした食感にも関わらず、糖度が17度を超える甘さで、人気急上昇中のマスクメロンです。
6月中旬の出荷が楽しみでなりません。
これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技などなど、現地取材でご紹介していきます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-05-04 18:42 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』の定植後の様子(前編)

FLC日記 2019年5月3日(金) 晴れ
熊本の旬を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、今年(令和元年)もネット独占販売いたします。
a0254656_16415853.jpg
熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』は、はなまる人気急上昇中の高級フルーツです。
昨年ご購入いただいたお客様からは、今年もすでにたくさんのご予約を頂戴している弊社の大人気商品です。

a0254656_16452168.jpg『肥後グリーン』は、糖度17度を超える甘さを、シャキシャキの食感で味わえる新感覚のマスクメロンです。
もちろん、さらに追熟させると、マスクメロンならではの、トロトロの食感でも味わうこともできます。

a0254656_16462241.jpg今年も6月中旬より出荷予定です。
ただし、大玉の肥後グリーンは6月下旬からの出荷予定です。
現在の栽培ハウスの様子を現地取材してきました。

a0254656_16491313.jpgここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「岡山農園」さんの熊本メロン『肥後グリーン』を栽培する、連棟建てのハウスです。
定植時期をずらし、収穫を長期にわたりできるよう計算して、『肥後グリーン』が育てられています。
この他にも、単棟建てのハウスで最も早く出荷できるよう栽培しています。

a0254656_16514785.jpgこちらは最後に収穫を迎える定植間もない『肥後グリーン』の苗たちです。
このマルチビニールの下に潅水チューブを通していますが、匠は惜しまぬ手間ひまをかけていました。

a0254656_16543169.jpg潅水チューブとは作物に水を与えるためのものです。
あらかじめマルチビニールの下の畝の間に埋め込んでいます。
しかし、定植間もない苗たちはその潅水チューブのところまで根が届いていないため、こうして直接水をかけています。
潅水作業を行っているのは「岡山農園」の岡山和功さんです。

a0254656_16580340.jpg和功さんが弟の佑大さんに言いました。
「そこの1本はちょっとおかしいけん植え替えといて!」
「了解!」と佑大さんはすぐにその作業を行いました。

a0254656_16595717.jpg「どうしたんですか?」と尋ねると、
「ちょうどこの幹の部分がマルチビニールにあたっていて焼けて弱っていたんです。時々こういうこともあるので、毎日見回りながら補植をするんです。」と佑大さん。

a0254656_16591218.jpgこれは『肥後グリーン』の苗床の様子です。
苗床とは、定植するまでの間、集中管理して苗を育てる場所のことです。
「岡山農園」さんでは、栽培する作物を、こうして苗から育てています。

a0254656_17224846.jpgこちらは定植前の土つくりを現地取材した際の様子です。
「岡山農園」さんでは、有機肥料をふんだんに与えた元気な土で『肥後グリーン』を栽培しています。

a0254656_17333563.jpgこれは土つくりの際に使用する農機具で、まるで天地をひっくり返すように深く掘り返すためのものです。
熊本の“旬”を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17093994.jpgもちろん「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は以前取材した、定植作業の様子です。

a0254656_17180157.jpg「岡山農園」さんでは、親子の匠で“本物”と呼べる様々な作物を育てるまさに匠の農家さんです。
お父さん(岡山忠和さん)、お母さん(岡山文代さん)の豊富な経験と卓越した技術に加え、その技術を伝承しつつ、2人の息子さん(兄:岡山和功さん、弟:岡山佑大さん)が惜しまぬ手間ひまと徹底管理、さらなる研究心で進化させ、最高級のマスクメロンを育てています。

a0254656_17200397.jpg現在の様子に話を戻しましょう!
和功さんは、1つ1つ丁寧に定植したばかりの『肥後グリーン』の苗たちに潅水作業を行っていました。
ちなみに、ハウス内に立っている支柱はこれから『肥後グリーン』を上に伸ばしながら育てるために使うものです。

a0254656_17222373.jpg「佑大さん!先に定植した『肥後グリーン』たちも見せて頂いていいですか?」と言うと、
「えぇ!もちろんです。」と佑大さん。
私たちは同じ連棟建てのハウスにある先に定植を行った圃場に移動しました。

a0254656_17241957.jpgその様子を紹介したいところですが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで詳しく紹介することにします。
「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、今年(令和元年)もネット独占販売いたします。

a0254656_17272517.jpg熊本産高級メロン『肥後グリーン』は、シャキシャキした食感にも関わらず、糖度が17度を超える甘さで、人気急上昇中のマスクメロンです。
6月中旬の出荷が楽しみでなりません。
これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技などなど、現地取材でご紹介していきます。
まずは明日のブログをお見逃しなく!
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-05-03 17:29 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』今が旬!シャキシャキとトロトロ!2つの食感を楽しめます!

FLC日記 2018年7月8日(日) 雨のちくもり時々雨
熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』は、はなまる人気急上昇中の高級フルーツです。
ご家庭用でも、お中元やご贈答としても、大人気です!
熊本の旬の食材を販売する「FLCパートナーズストア」では、「岡山農園」さんの『肥後グリーン』をネット独占販売しています。
今、まさに最旬の食材が『肥後グリーン』です!
a0254656_16362357.jpg


a0254656_16394989.jpg『肥後グリーン』の人気の秘密は、なんと言ってもそのバツグンの甘さです!!
糖度17度にもなるさわやかな果汁が、口いっぱいに広がると至福の喜びを感じます。
最大の特徴は、シャキシャキの食感でそのさわやかな甘さを味わうことができる新感覚のマスクメロンです。
収穫後、約4~5日程度でまず1回目の食べごろを迎えます。

a0254656_16450530.jpgもちろん、さらに追熟させると、トロトロの食感で味わえる、皆さんが良くご存じのマスクメロンの食感でも美味しくいただけます。
翡翠(ひすい)色の美しい果肉は、厚い肉質、豊富な果汁、上品な甘さが人気です!

a0254656_16455198.jpg「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、ネット独占販売しています。

a0254656_16473254.jpg2玉入りでの販売ですので、ぜひ、1玉はシャキシャキの食感で、そしてもう1玉はトロトロの食感でご賞味ください!
現在は、収量も増えて、あまりお待たせすることなく発送が可能です!!
ただし、毎回の出荷数を限定しての、数量限定、完全予約制での販売とさせて頂いておりますので、ご注文はお早めに!!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産メロン』


a0254656_17224912.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿央町の「岡山農園」さんの、高級マスクメロン『肥後グリーン』の栽培ハウスです。
「岡山農園」さんでは、親子の匠が“本物”と呼べる様々な作物を育てる、まさに匠の農家さんです。

a0254656_17235852.jpg上の写真とこの写真は、5月上旬の花と着果したころの写真です。
「岡山農園」さんでは、お父さん(岡山忠和さん)、お母さん(岡山文代さん)の豊富な経験と卓越した技術に加え、その技術を伝承しつつ、2人の息子さん(兄:岡山和功さん、弟:岡山佑大さん)が惜しまぬ手間ひまと徹底管理、さらなる研究心で進化させ、最高級のマスクメロン『肥後グリーン』を育てています。

a0254656_17261082.jpgこちらは、4月中旬の定植間もない頃の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_17285999.jpgもちろん「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらの写真は、6月上旬の2期目に収穫を迎える『肥後グリーン』たちを、ひもで吊るす作業をしている、和功さん、佑大さんの兄弟です。
「岡山農園」さんでは、『肥後グリーン』のツルを、1本1本タテに伸ばして栽培しています。

a0254656_17315644.jpg『肥後グリーン』の果実は、1玉1玉ひもで吊るしながら育てるのです。
1本の苗から、たった1玉の至高の『肥後グリーン』を育て上げるため、惜しまぬ努力を繰り返しています。

a0254656_17385863.jpg収穫を迎える直前の様子がこちらです。
まるで熱帯雨林のジャングルのようですよね!
この時期の『肥後グリーン』は“遊びツル”を伸ばして最終調整をします。

a0254656_17463622.jpgタテに伸ばして栽培し『肥後グリーン』の株の芯(成長点)を止めるまでは、徹底的に脇芽や巻きつる、不要な花などを摘んで、その株が作り上げるたった1玉の果実に、株全体が全精力を注げる環境を作ります。

a0254656_17481971.jpgそして、最後の脇芽を“遊びツル”として残し、収穫前の最終調整をするのです。
それぞれ成長のスピードや樹勢が異なるので、メロンの果実や葉の様子を判断して、それぞれの株で遊びツルを切ったりそのまま伸ばしたりします。
それは、毎日、この株たちと真摯に向き合ってきた匠だからこその判断です。

a0254656_17584054.jpg匠の判断は、収穫の時期でも行われます。
収穫直前には、実らせた果実のすぐ上の葉っぱがこうして変色してきます。
これが、収穫のサインの1つです。
果実に栄養を送り込むため、その直前の葉っぱはマグネシウムが不足し、黄色く変色してくるのです。

a0254656_18013570.jpg『肥後グリーン』の果実の茎(アンテナ)の部分の黄色いリンクもサインの1つです。
その見極めをしながら、1玉1玉収穫していくのです。
しかし、その判断は、匠をもってしても非常に難しいのです。

a0254656_17533248.jpgほんの1日その判断を誤っただけで、『肥後グリーン』はこうして割れてしまいます。
すぐに食べれば、全く味も変わらないのですが、もちろん商品には出来ません。

a0254656_18050165.jpg収穫された朝採りの『肥後グリーン』は、ご自宅の出荷場に持ち帰り、大きさ、形、マスクの入り方などなどの厳しいチェックをして、選び抜かれたものだけを「FLCパートナーズストア」の商品として出荷いただいています。

a0254656_18061451.jpg「FLCパートナーズストア」では、大きさによって2商品の『肥後グリーン』を販売してます。
右が約2.5~2.8kgの通常サイズ。
そして左が、「大玉」とさせていただいている、約3.0~3.5kgのサイズの『肥後グリーン』です。

a0254656_18090225.jpg糖度はいずれも17度以上の最高級です。定植の時期、着果の時期、収穫日は同日発送の商品は全て同じです。
全てを同様に育てていても、1本1本の株の違いが出てきます。
植物それぞれの個体差によって果実のサイズが異なってくるのです。

a0254656_18103048.jpg「FLCパートナーズストア」では、「おかやま農園」さんの匠の判断に100%の信頼をよせ、商品の選果をお任せしています。
収穫された中から選びに選び抜いた“極選”の『肥後グリーン』です。
a0254656_18113657.jpg

美味しいメロンを食べたい方!
“本物”と呼べるメロンを贈りたい方!
ぜひ、「岡山農園」さんが育て上げた、「FLCパートナーズストア」の『肥後グリーン』をお選びください!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-07-08 18:16 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)

肥後グリーン 平成30年度の初回出荷は6月15日~!!先行予約受付スタート!&父の日ギフト承り中!!

FLC日記 2018年6月6日(水) 雨
熊本の旬を販売する「FLCパートナーズストア」では、「岡山農園」さんの熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』の平成30年度の先行予約受付を、本日スタートしました!
a0254656_16575965.jpg

『肥後グリーン』→6月15日(金)~発送スタート
『大玉肥後グリーン』→6月22日(金)~発送スタート
『肥後グリーン&黒小玉スイカ』→6月22日(金)~発送スタート

※父の日ギフト『肥後グリーン』は、6月15日(金)発送分で、6月16日(土)または、6月17日(日)のお届け予定です。
数量限定のためご注文(ご予約)は、とにかくお急ぎ下さい!


「岡山農園」さんの熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』は「FLCパートナーズストア」の、ネット独占販売商品です!!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ!! ↓
「FLCパートナーズストア」
「岡山農園」さんの『肥後グリーン』


a0254656_17040768.jpg熊本限定栽培品種のマスクメロン『肥後グリーン』は、はなまる人気急上昇中の高級フルーツです。
その人気の秘密は、なんといっても抜群の甘さです。
糖度17度を超える、メロンの果汁を存分に味わうことがでいます。
そして、最大の特徴は、シャキシャキの食感で味わえる新感覚のマスクメロンと言うことなんです。

a0254656_17060728.jpgもちろん、さらに追熟させると、トロトロの食感で味わえる、皆さんが良くご存じのマスクメロンの食感でも美味しくいただけます。
翡翠(ひすい)色の美しい果肉は、厚い肉質、豊富な果汁、上品な甘さが人気です!

a0254656_17081160.jpg「FLCパートナーズストア」でネット独占販売している、メロンの匠「岡山農園」さんの『肥後グリーン』は、糖度がなんと17度を超え、毎年楽しみにして頂くリピーターのお客様が多数いる大人気商品です。
2玉入りでの販売ですので、ぜひ、1玉はシャキシャキの食感で、そしてもう1玉はトロトロの食感でご賞味ください!

a0254656_17213189.jpg昨日、まもなく収穫を迎える、熊本県山鹿市鹿央町にある、「岡山農園」さんの、『肥後グリーン』の栽培ハウスに、現地取材に行ってきました。
1玉1玉ひもにつられ、『肥後グリーン』が元気に成長していました。

a0254656_17105108.jpg広い広い連棟建ての栽培ハウスで、収穫時期をずらしながら『肥後グリーン』は栽培されています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_17353900.jpgもちろん「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は、4月上旬、定植直後の様子です。

a0254656_17431663.jpg生産者は、熊本県山鹿市鹿央町の「岡山農園」の岡山忠和さん、岡山文代さんご夫妻とその息子さんたちです。
岡山さんご夫妻の豊富な経験を活かし、毎年高品質の様々な作物を育てています。

a0254656_17451004.jpgさらに、2人の息子さん(右:兄の岡山和功さん、左:弟の岡山祐大さん)の兄弟の惜しまぬ手間ひまと向上心で、まさに“本物”と呼べる『肥後グリーン』は育てられるのです。

a0254656_17492127.jpgこの時期「岡山農園」さんでは、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』も生産しています。
もちろん、こちらも「FLCパートナーズストア」でネット独占販売している大人気商品です。

a0254656_17512053.jpg小玉スイカの高い糖度、大玉スイカの様なスイカ本来のシャリッとした食感がリピーターが後を絶たない人気の秘密です。
黄色い果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』も、黒い果皮のスイカに黄色い果肉のダブルインパクトが、ギフトにも大変喜ばれています。

a0254656_17530289.jpgさらに、毎年一番人気なのが、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』&高級マスクメロン『肥後グリーン』を、それぞれ1玉ずつ入れた、このコンビです。
いずれも朝採り新鮮そのものを、即日発送でお届けします。

a0254656_17581120.jpg『肥後グリーン』は、収穫後、食べごろになるまで、1週間前後の追熟が必要です。
そこで、届いてすぐにまずは、みずみずしい『ひとりじめbonbon』を頂き、

a0254656_17592811.jpg『肥後グリーン』の追熟を待ち、さわやかな甘さを、ご堪能いただくのはいかがでしょう?
今までにないマスクメロンの味わいですよ!
収穫後、1週間ほどでは、むしろ歯ごたえが良いと言っても過言ではないシャリシャリの食感です。
でも、糖度17度の爽やかな甘さを味わえるので、マスクメロンの概念が変わりますよ!
もちろん、トロトロの食感がお好みなら、10日ほど追熟させればOKですよ!!

a0254656_18061611.jpg昨日の現地取材の様子を少し紹介しましょう。
時期をずらして定植した『肥後グリーン』の果実のひも吊り作業が行われていました。
「岡山農園」さんでは、ハウス内の張り巡らしたワイヤーから下したひもに『肥後グリーン』のつるを巻き付けて、上に伸ばしながら栽培します。

a0254656_18095417.jpg定植からここまで成長する間も、脇芽カギ、摘花、摘果、芯を止めるなどの、作業は目白押しで1日たりとも休むことなく、惜しまぬ手間ひまをかけ育ててきました。

a0254656_18121337.jpg「笠さん!先に定植した方を見てみましょうか!もう、収穫サインが出始めてるのもありますよ!」
佑大さんはそう言って見せてくれたのが、こちらです!
『肥後グリーン』は、収穫間近になると、果実のすぐ上の葉っぱが枯れ収穫の時期を教えてくれます。

a0254656_18164602.jpgそのころに、一気に糖度も上がってきて美味しくなるのですが、温度や水管理を怠ると、なんと果実が割れてしまうのです。
「手をかければかけるだけ、必ず美味しくなって応えてくれるんです!昨年も、笠さんを介して全国のお客様から美味しかったのお声をいただいたので、今年も昨年同様の、いやそれ以上の『肥後グリーン』に仕上げますよ。」
祐大さんは、自信たっぷりにそう話しました。

a0254656_18194438.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、ネット独占販売いたします。
最後まで気を抜かず、徹底的に手をかけて育てた『肥後グリーン』を、大事に大事に収穫し、その中から、さらに選び抜かれた“極選”の逸品をお届けします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のろごをくりっくして、ホームページをのぞいてみて下さい。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-06-06 18:22 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)

肥後グリーン 花と着果の様子 ベストな場所に実らせます

FLC日記 2018年5月12日(土) 晴れ
熊本県山鹿市鹿央町にある、「岡山農園」さんの熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』の栽培ハウスに伺いました。
花と着果の様子を現地取材するためです。
a0254656_16061167.jpg
広い広い連棟建ての栽培ハウスで、今年も元気に成長しています。

a0254656_16071702.jpgこの黄色いのがメロンの花です。
ミツバチが飛び回り交配(受粉)を行っています。
しかし、現在咲いている花にはメロンを実らせません。

a0254656_16104774.jpg受粉し、果実が着果し成長させるのは、下から8節目に咲いた花です。
着果した赤ちゃんメロンが元気に成長していました。
「岡山農園」さんでは、1株からたった1玉の『肥後グリーン』を育てます。

a0254656_16125865.jpg熊本の旬を販売する、「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、今年もネット独占販売いたします。

a0254656_16154732.jpg熊本限定栽培品種の、高級マスクメロン『肥後グリーン』は、糖度17度を超える甘さを、シャキシャキの食感で味わえる新感覚のマスクメロンです。

a0254656_16162640.jpgもちろん、さらに追熟させると、マスクメロンならではの、トロトロの食感でも味わうこともできます。
1箱、2玉入りなので、2度おいしい特別なメロンです!

a0254656_16190238.jpg今年は3月23日に定植しました。
こうして元気に成長し、現在は不要な脇芽を摘み取る“芽カギ作業”の真っ只中です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16214564.jpgもちろん、「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
写真は収穫時期をずらすため、4月11日に定植した直後の苗と「岡山農園」の岡山佑大さんです。

a0254656_16233116.jpg佑大さんのお兄さんの岡山和功さんが、潅水を行っていました。
「マルチビニールの下には潅水チューブを通してますが、定植直後はそこまで根が伸びていないので、こうして直接水を与えるんです。」と、和功さん。
この様な惜しまぬ手間ひまが、あの至高の『肥後グリーン』を育てるのです。

a0254656_16255472.jpgこちらは現在の様子です。
「岡山農園」さんでは、ハウス内に設置された支柱で伸ばしたワイヤーから降りるひもに巻きつけながら、上へ上へと成長させてながら栽培します。
タテに伸ばして育てることで、1本1本の苗を徹底管理するのです。
すでに芯(生長点)を止めてありました。

a0254656_16284680.jpg芯を止めたすぐ下の葉っぱを“天葉”と言います。
美味しいメロンを育てるために、とても重要な葉っぱです。
下から8節目の花に着果させると、今日のブログの前半で説明しましたよね。

a0254656_16314158.jpgこちらは、収穫直前の様子です。
「岡山農園」さんでは、このようにメロンの果実を宙に吊るしながら栽培します。
下の8節分の葉っぱが果実を大きくし、上の8節分の葉っぱが果実を甘くするのです。

a0254656_16341983.jpg現在はまだ着果したばかり!
これから惜しまぬ手間ひまをかけ、至高の1玉を育て上げます。
今期の初出荷は、6月20日前後からの予定です。

a0254656_16353843.jpg「岡山農園」さんでは、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)の豊富な経験と、2人の息子さん達の岡山和功さん、祐大さんのご兄弟の惜しまぬ手間ひまと向上心、父から子へ受け継がれる“匠の技”で、至高の『肥後グリーン』、大玉スイカ『祭りばやし777』、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』などを育てる匠の農家さんです。

a0254656_16370697.jpg大玉スイカ『祭りばやし777』は、5月22日(火)からの出荷で、すでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。
ちなみに、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、赤果肉、黄色果肉をそろえ、6月1日からの出荷予定、まもなく先行予約の受付をホームページでもスタートします。

a0254656_16424181.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、ネット独占販売いたします。
これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技などなど、現地取材でご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-05-12 16:43 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』 平成30年の出荷は6月中旬~7月下旬迄!定植後の様子を現地取材!

FLC日記 2018年4月13日(金) 晴れのちくもり(夕方から強風)

a0254656_18470507.jpg熊本限定栽培品種の、高級マスクメロン『肥後グリーン』は、糖度17度を超える甘さを、シャキシャキの食感で味わえる新感覚のマスクメロンです。もちろん、さらに追熟させると、マスクメロンならではの、トロトロの食感でも味わうこともできます。
1箱、2玉入りなので、2度おいしい特別なメロンです!
熊本の旬を販売する、「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、今年もネット独占販売いたします。
a0254656_18522161.jpg


a0254656_18541002.jpg大変ありがたいことに、今年もすでに、初回発送分のご予約を多数頂戴している、弊社の大人気商品です。
本日は、定植後の様子を現地取材してきましたのでご紹介いたします。

a0254656_18574540.jpgここは、熊本県山鹿市鹿央町の「岡山農園」さんの、高級マスクメロン『肥後グリーン』の栽培ハウスです。
「岡山農園」さんでは、親子の匠で“本物”と呼べる様々な作物を育てるまさに匠の農家さんです。
お父さん(岡山忠和さん)、お母さん(岡山文代さん)の豊富な経験と卓越した技術に加え、その技術を伝承しつつ、2人の息子さん(兄:岡山和功さん、弟:岡山佑大さん)が惜しまぬ手間ひまと徹底管理、さらなる研究心で進化させ、最高級のマスクメロンを育てています。

a0254656_19023271.jpg岡山佑大さんです。
今回も、現地取材にお付き合いいただきました。
「この連棟建てのハウスで、定植時期をずらしながら育てています。」

a0254656_19035491.jpg「左の半分は、3月23日に定植しました。今は、芯を止め2本仕立てに育てながら、支柱の準備をしていたとこです。」と佑大さん。
「岡山農園」さんでは、『肥後グリーン』を上に伸ばしながら育てます。

a0254656_19080391.jpgこちらは、昨年5月中旬ごろの『肥後グリーン』の様子です。
この様に、つるを上に伸ばして育てているんです。
また、そのころに現地取材して紹介しますが、メロンの果実は宙に浮いた状態で栽培します。

a0254656_19174290.jpgハウス内に立てた支柱に沿って伸ばしたワイヤーから、ひもを下げ、それにつるを巻きつかせながら育てます。
その為の支柱を取材に伺った本日、立てていたのです。

a0254656_19201084.jpg「この作業、結構、力がいるんですよ!半日くらい続けると、手はすっかりマメだらけになるんです。」と佑大さん。
「え?有望な高校野球戦士だった佑大さんがですか?」と言うと、

a0254656_19253571.jpg「ハハハッ!いやぁ、ホントきついんですよ(笑)!でも、今年も、しっかり美味しい『肥後グリーン』を育てるために頑張りますよ!」
佑大さんは、そう言いながら次々に支柱を立てていました。

a0254656_19303561.jpgこちらは、同じ連棟建てハウスの右側です。
収穫時期をずらすため、こちらは4月11日に定植を行いました。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19311428.jpgもちろん、「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
そんな私ですから気が付きました。
「何か葉っぱも黄色くて弱ってるのがありますね?」と言うと、

a0254656_19331120.jpg「そうなんですよ!ここ数日の気温の上昇とカンカン照りで、へばっているのがあるんです。だからここ数日、兄が毎日潅水をしてるんです。」と佑大さん。
「でも、マルチの下には潅水チューブを通してましたよね?」と尋ねる私に、

a0254656_19425026.jpg「そうなんですが、まだ根が張りきれていないので、潅水チューブからの水のとこまで届いてないんです。だから、こうして直接上から潅水を行って、元気づけてるんです。作物つくりは、毎年気温も日照時間も異なりますから、それに応じた対応が必要なんです。」

a0254656_19475884.jpg「だから、兄は潅水を!私は芽カギと支柱の設営を!それぞれが今すべきことをきちんとやることで、良い作物ができるんです。笠さん!心配しなくていいですよ。あの定植間もない苗たちも、きちんと育て上げますから安心していて下さい!」
佑大さんは、自分の作業を進めながら、サラリと自信たっぷりに話しました。

a0254656_19571562.jpg「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「おかやま農園」さんの、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、今年もネット独占販売いたします。これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技などなど、現地取材でご紹介していきます。
今年は、6月中旬よりの出荷予定です。
あの、極上の甘さを知る私は、もう待ちきれないと言ったとこですが、その分、しっかりと楽しみにしておきましょう!
これからも、このブログをお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-04-13 20:00 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)