人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:熊本梨 ( 131 ) タグの人気記事

熊本梨 プレミアム「幸水」 令和元年の初回発送日決定!先行予約スタートのご案内

FLC日記 2019年7月18日(木) くもりのち雨(雷)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、令和元年度も梨の匠「岩永農園」さんの、こだわりの樹上完熟梨をネット独占販売いたします。
最初に出荷する『幸水(こうすい)』の初回出荷日が決定しました!
a0254656_16252172.jpg
令和元年度の初回出荷日は、8月2日(金)です。
※以降、毎週火曜日と金曜日に完全予約制にて販売いたします。

a0254656_16291519.jpg収穫した樹上完熟梨の『幸水』から、選びに選び抜いた“極選”の『プレミアム幸水』です。
こだわりの、樹上完熟梨を朝採り即日発送するため、数量限定、完全予約制での販売です。
また、「樹上完熟の本当の梨の美味しさを味わってもらいたい!」と言う、「岩永農園」さんの強いこだわりゆえ、出荷予定日を変更する場合もございます旨、予めご了承ください!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『樹上完熟梨』



a0254656_16321157.jpg本日、雨の切れ間をぬって、熊本県菊池市市野瀬にある、「岩永農園」さんの果樹園に伺いました。
それにしてもいつ伺っても、本当にきちんと手をかけてあるきれいな果樹園です。

a0254656_16342781.jpg雨のしずくが葉っぱや果実に残っていますが、今年もかなり順調に成長しています。
梅雨入りが遅く好天が続いたことと、この時期のまとまった雨で果実の肥大もかなり良いようです。

a0254656_16363061.jpg「岩永農園」さんでは、「夏しずく」「幸水」、「秋麗」、「豊水」、「秋月」、ジャンボ梨「新高」、「新興」と、6種類の梨を育てています。
その中で、「幸水」、「豊水」、「秋月」、ジャンボ梨「新高」を、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
販売している梨は、全て無袋栽培にこだわった、樹上完熟梨です。

a0254656_17535335.jpg一般的には、梨はこのように果実に袋をかけて栽培します。
収穫前に袋をかけ、病気や害虫、果実が割れることを防ぐのです。
「岩永農園」さんでも最初に収穫を迎える「なつしずく」と、最後に収穫を迎える「新興」だけは、有袋栽培で育てています。

a0254656_17583868.jpgではなぜ、「岩永農園」さんが無袋栽培にこだわるのか?
その答えは一つ!
「太陽の光をしっかり浴びて育つ梨の本当の美味しさを味わっていただきたい!」ただそれだけなんです!!

a0254656_186373.jpgこちらは、夜の「岩永農園」さんの梨園の様子です。
夜間は害虫が来ないように、“夜蛾灯”を灯しています。
この黄色い光を虫が嫌い寄ってこないようにしているのです。
しかし、これだけではどうしても防ぎきれません。
害虫のリスクがあっても、美味しい梨を育てたい!そう取り組んでいます。

a0254656_16434471.jpg以前の取材で、天気が良い時に撮影した「岩永農園」さんの梨園です。
あえて、袋をかけずに育てるのですから、果実にもきちんと太陽の日が当たらないと意味はありません。
しかし、あたりるぎると梨の果実が焼けてしまいます。
そこで、この"木漏れ日のステージ”を作り上げるのです。

a0254656_18283128.jpgもちろん「岩永農園」さんの梨栽培も、年間を通して現地取材してきました。
ご覧ください!
この大量の剪定された枝を!
冬の間、雨の日も風の日も、雪の日だって休まずに毎年繰り返される匠の技です。

a0254656_18321581.jpg必要な枝だけを残し、見事に誘引された枝には、3月下旬より花が咲き、4月上旬には新芽が芽吹いてきます。
「ちょうど、桜の花も咲くころだけど、この頃は忙しくって、うちでお花見は、もっぱら梨の花なのよね!(笑)」
岩永さんの奥様、哲代さんがそう話されたのを覚えています。

a0254656_18355390.jpg「岩永農園」さんでは、毎年花の時期、契約している養蜂農家さんからミツバチを借り受け、ミツバチによる受粉を行っています。
梨は、単独品種の栽培では上手く受粉ができないため、「岩永農園」さんでも、6種類の梨を栽培しているのです。

a0254656_18395942.jpg花が咲き終わり、梨の果実が着果すると、これからしばらくは、来る日も来る日も“摘果”作業です。
1玉の梨を収穫するためには、約10倍の数、摘果を行って、至高の1玉を育て上げるのです。
「美味しくない梨ば、どれだけたくさん作っても意味はなかでしょ!数じゃなかとたい、美味しか梨ば育てたかとたい!」
岩永さんはそう話しながら、匠の判断で至高の1玉を育てるべく、摘果作業を行っていました。

a0254656_18464130.jpgしかし、そうして惜しまぬ手間ひまで育てた梨も、天候により被害を受けることもあります。
これは、好天続きの後の豪雨で、果実の成長が著しく、割れてしまった梨です。

a0254656_1852051.jpg今年も長雨の影響を心配する私に、岩永さんは、
「樹上完熟で俺が納得できる梨だけば出荷するけん、笠くん!心配せんで良かばい。」
本日、現地取材の後、電話取材に答えて、岩永さんはそう自信たっぷりに話しました。

a0254656_1904813.jpg「それよりも、あの約束だけは今年も頼むばい!」と岩永さん。
弊社と「岩永農園」さんとで、『樹上完熟梨』を販売契約をするにあたり、1つの約束をしました。
それは・・・
「必ず樹上完熟で、一番美味しか時に出荷するけん、翌日か翌々日までにはお客様に届けること!」
これがその約束です。
こちらは、9月中旬より出荷予定の、ジャンボ梨『新高』です。

a0254656_1992844.jpg「FLCパートナーズストア」で販売する、「岩永農園」さんの『樹上完熟熊本梨』は、全てそのようなこだわりを持っての出荷のため、発送日が早まったり、遅くなったりする場合もございます。
美味しさを追求し続けるためゆえと、なにとぞご理解くださいませ。

a0254656_19114960.jpg現在大好評販売中の『プレミアム幸水』以降も、『豊水』、『秋月』、ジャンボ梨『新高』と続いていきます。
数量限定の完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより、『樹上完熟熊本梨』のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-07-18 17:04 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

熊本梨 こだわりの樹上完熟梨『幸水』令和元年の先行予約の受付をスタート!初回出荷は7月30日(火)です!

FLC日記 2019年7月17日(水) くもり一時雨
本日より、熊本産、こだわりの樹上完熟梨『幸水(こうすい)』の先行予約の受付をスタートしました!
今年(令和元年)の初回出荷は、7月30日(火)です!
※以降、毎週金曜日と火曜日に完全予約制、数量限定にて販売いたします!
a0254656_16220016.jpg


a0254656_16232486.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、梨の匠「本藤果樹園」さんの、こだわりの樹上完熟梨を今年もネット独占販売いたします。
今年も、まずは『幸水(幸水)』からの出荷スタートです!
a0254656_16262916.jpg
毎年決まって、最初に収穫を迎えるのがこちらの『幸水(こうすい)』です。
糖度は11.5度程度と梨としてはそう高くありませんが、とてもみずみずしく食感も良く人気の高い品種です。

a0254656_16285492.jpg本日のブログでは、生産者の「本藤果樹園」さんの、こだわり『樹上完熟梨』の美味しさの秘密と、収穫直前の栽培果樹園の様子をご紹介いたします!
『幸水』は、ご家庭用としてはもちろん、ご贈答や御中元にも大変喜ばれている商品ですよ!!
ただし、こだわりの樹上完熟梨を朝採り、即日発送でお届けするので、数量限定の完全予約制での販売です。

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『樹上完熟梨』



a0254656_16380688.jpg生産地と生産者の出荷直前の様子を紹介しましょう!
ここは、熊本県菊池市戸豊水(とりうず)にある、「本藤果樹園」さんの数ヵ所の梨園の中の1つです。
ここでは、『幸水』、『豊水』、ジャンボ梨『新高』を栽培しています。

a0254656_16392394.jpgまた、「本藤果樹園」さんの別の梨園のこのあたりでは、熊本限定栽培品種の梨『秋麗(しゅうれい)』を栽培しています。
いずれも、今年は特に玉太りも良く、最高の出来に仕上げています。

a0254656_16412403.jpg梨の栽培においては、単一品種を栽培するより、複数の品種を栽培した方が、着果効率が良いとされています。
ですから、「本藤果樹園」さんでも、ここには3種類の梨を栽培しているのです。(写真は豊水)

a0254656_16431270.jpg「本藤果樹園」さんでは、無袋栽培と言って、収穫を間近に控えた『幸水』でさえ、こうして袋をかけることなく栽培しています。
(ジャンボ梨新高は袋をかけて栽培します。)

a0254656_16500359.jpg「本藤果樹園」の本藤賢一さんが“夜蛾灯”の準備をしていました。
無袋栽培で育てるので、夜間は害虫対策の“夜蛾灯”を灯すのです。

a0254656_15210244.jpgこちらは、夜の梨園の様子です。
夜間は害虫が来ないように、“夜蛾灯”を灯しています。
この黄色い光を虫が嫌い寄ってこないようにしているのです。

a0254656_16543814.jpg「まもなく収穫が始まりますね!今年の出来はどうですか?」と尋ねると、
「笠くんは毎年見よるけんよくわかるど?今年はホント良か出来ばい!」
賢一さんの顔も思わずほころんでいました。

a0254656_18551747.jpgこちらは、以前取材した初収穫の様子です。
賢一さんの息子さんで「本藤果樹園」代表の本藤猪一郎さんです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17040510.jpgもちろん、「本藤果樹園」さんの梨の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
こちらは、4月上旬の梨の花咲く様子です。
元気な花を咲かせるには、冬の剪定作業が大事です。
その様子も、現地取材してきました。

a0254656_17052886.jpg剪定作業と同時に、枝の誘引作業も行います。
果樹園内に張り巡らされたワイヤーを使って、梨の枝を重ならないように導くのです。
この絶妙に配置された枝に、梨を実らせるのですが、もちろん果実だけでなく、葉っぱも重要です。

a0254656_17074464.jpgそしてこちらが、現在の様子です。
開花後、芽吹いた新芽たちが元気に成長し、地面には絶妙な木漏れ日が降り注いでいます。
私は、梨が美味しく育つこの最高の環境を、“木漏れ日のステージ”と称しています。

a0254656_17094625.jpg梨たちは、匠が作り上げた“木漏れ日のステージ”で、果実にも絶妙に日が当たり、大きく、甘く成長していくのです。
「本藤果樹園」さんと、販売契約を結ぶにあたり、1つだけ約束を決めました。

a0254656_17155303.jpg「本当の梨の美味しさで食べてもらうため、樹上完熟の梨を朝採りで出荷するけん、必ず翌日か遅くとも翌々日までにはお客様に届けること!」
猪一郎さんが、これを守れなければ契約はしないと言ったのです。

a0254656_1924233.jpg「本藤果樹園」さんでは、1玉1玉を匠の目で判断し、樹上完熟の梨だけを収穫します。
一般流通している梨のほとんどは、樹状完熟する前に収穫し、出荷されます。

a0254656_19263928.jpg一般流通では、農家さんから出荷された作物は、約1週間の時間を経て、スーパーなどの店頭に並ぶことが多いからです。
少し早めに収穫しないと、流通過程で傷む可能性があるからです。
しかし、「本藤果樹園」さんは、弊社と契約するまでは、直売所のみで販売していたため、朝採りの樹上完熟で収穫していました。

a0254656_19305393.jpgその流れを変えたくないということと、何より、梨が本当に美味しくなる、こだわりの“樹上完熟”で食べてほしいという思いからでした。
ですから、「FLCパートナーズストア」では、数量限定の完全予約制で販売し、もちろん遅くとも翌々日までにはお客様に届けています。

a0254656_19345968.jpgここまでは、「本藤果樹園」さんのこだわりの樹上完熟梨全体の話でしたが、これからは、現在、大好評予約受付中の『幸水』の話をしましょう!
毎年、最初に出荷する梨が『幸水』です。
7月下旬に収穫及び出荷を迎えます。
夏の時期にぴったりな、さわやかな甘さとみずみずしい果汁、サクッとした食感が大人気です。

a0254656_19444230.jpgくまモンのイラストの入った箱で出荷される、12~14玉入りが、お買い得で一番人気です。
ご家庭用として購入されることが多いのですが、もちろん、ご贈答やお中元にも大変喜ばれる商品です。

a0254656_1948283.jpgまた、5玉or6玉入りの、化粧箱での販売も行っています。
商品名を、樹上完熟熊本梨『プレミアム幸水』化粧箱入り(5玉or6玉)とし、少し割高にはなっていますが、ギフトにも最適な商品となっています(生産者は岩永農園さん)。
8月2日(金)よりの出荷予定とさせていただいています。

a0254656_19541019.jpg樹上完熟『幸水』は、まもなく今期の初収穫を迎えます。
大変ありがたいことに、初回出荷分はすでにリピーターのお客様からぎょやくを頂戴しているほどの人気商品です。
以降、火曜日、金曜日の出荷予定ですが、ご注文(ご予約)は、とにかくお急ぎください!
今年も完売間違いなしの大人気商品です。
こだわりの樹上完熟の美味しさがここにあります!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「樹上完熟熊本梨」のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-07-17 17:23 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

熊本梨 岩永農園 摘果作業(2019)

FLC日記 2019年6月1日(土) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も匠の農家さん「岩永農園」さんが育てるこだわりの無袋栽培の梨の中で、『幸水』、『豊水』、『秋月』、ジャンボ梨『新高』の4種類の熊本産『樹上完熟梨』をネット独占販売いたします。
a0254656_17580449.jpg
毎年最初に出荷するのは『幸水』(写真)です。
今年も8月上旬からの出荷予定です。

a0254656_18030853.jpgここは、熊本県菊池市市野瀬にある、匠の農家さん「岩永農園」さんの梨園の1つです。
今年も匠の冬の剪定と誘引作業で、木漏れ日が差し込む、梨たちが美味しく育つ最高の環境を作り上げてあります。
私はその梨たちのベストな環境を「木漏れ日のステージ」と呼んでいます。

a0254656_18042251.jpg「木漏れ日のステージ」では、枝葉にはもちろんのこと、こうして実らせる梨の果実にも日が差し込んでいます。
太陽の光をしっかり浴びて、甘く大きく育つのです。

a0254656_18093218.jpgこちらは、『あきづき』の果実たちです。
『あきづき』は、“有てい果”と言って花びらの付いている「がく」の部分がこうして果実のお尻のところに残る傾向にあります。

a0254656_18151591.jpg一方こちらは、ジャンボ梨『新高』の果実です。
『新高』にも“有てい果”が出ることがありますが、その全てを1次摘果で落としています。
現在は、2次摘果作業が行われています。

a0254656_18210542.jpg写真は、今年の4月上旬の咲き誇る梨の花の様子です。
梨の花は、1ヶ所から10個ほど咲きます。
着果した果実の中から、見極め選び1つの果実にするのが1次摘果作業です。

a0254656_18221434.jpg以前取材した、5月上旬に行われる1次摘果作業の様子です。
「岩永農園」代表の岩永敏行さんと奥様の岩永哲代さんです。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18231052.jpgもちろん「岩永農園」さんや「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』の栽培の様子も、こうしてもう何年も年間を通して現地取材してきました。
匠の判断で選び抜き、それ以外は摘果します。
その様子を岩永さんの言葉のまま紹介します。

a0254656_18265783.jpg「理想はね、最初に咲いた1番花、次の2番花の分は落とすとたいね!最初は果実が大きかけど、1番花、2番花の果実は、必ずそれ以降の分に追い越されるけんね!」

a0254656_18270258.jpg「ばってんね、それよりも優先せにゃんとが、果実の形と、枝の向きたいね。この時点で形の悪かとは絶対にきれいな果実に育たんとたい。それに、枝が真上に向いとると、成長過程で必ず折れるけん収穫までできんとたい。」

a0254656_18270663.jpg「それと、この時点で形が悪かったりキズがあるようなものはぜっていに残さんようにしよるとたい。これはあくまでも1次摘果で、この後、2次、3次(最終)としていかにゃんばってんね!」

a0254656_18371099.jpg摘果作業が始まると、「岩永農園」さんでは1日も休むことなく梨園で作業を行っています。
ベストな時期にベストな方法で作業を施すためには、この時期休んでいる時間がないのです。
8月上旬の、毎年最初に出荷する『幸水』の収穫が始まるまで、惜しまぬ手間ひまと匠の技で梨たちを仕上げていくのです。

a0254656_18420252.jpgこちらは、以前ブログでも紹介した、冬の剪定作業の様子です。
摘果作業の時期のみならず、岩永さんは、12月下旬の剪定作業の頃から、この摘果作業の時期まで、雨の日も雪の日も休むことなく梨園で作業を続けてきました。

a0254656_19263653.jpgそして、自らが思い描く最高の梨を一切の妥協を許さず、育て上げるのです。
「岩永果樹園」さんでは、収穫順で、幸水、秋麗、豊水、秋月、ジャンボ梨新高、新興の6種類の梨を生産しています。

a0254656_18440202.jpg「FLCパートナーズストア」では、その中から、幸水、豊水、あきづき(写真)、ジャンボ梨新高の4種類を今年も販売いたします。
いずれも、甘さにこだわった無袋栽培と、最も美味しいタイミングで出したいとこだわる、樹上完熟のみずみずしさで、すでに今年のご予約も頂戴しているほどの大人気商品です。
これからも、現地取材にて、「岩永農園」さんの今年の梨たちの育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまを紹介いたします。
令和元年度の「岩永農園」さんの、こだわり『樹上完熟梨』にもご期待下さい‼

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-06-01 18:45 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

熊本梨 本藤果樹園 着果の様子と摘果作業(2019/後編)

FLC日記 2019年5月26日(日) 晴れ

a0254656_17371965.jpg熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も梨の匠「本藤果樹園」さんの、こだわり『樹上完熟梨』をネット独占販売いたします。
a0254656_17382348.jpg
毎年最初に出荷するのは、7月下旬からの『幸水(こうすい)』です。
こだわりの樹上完熟の甘さとみずみずしさをご堪能ください!

a0254656_17391552.jpg本日のブログでは昨日に続き「本藤果樹園」さんの摘果作業の様子を紹介いたします。
ここは、熊本県菊池市戸豊水(とりうず)にある、「本藤果樹園」さんの数ヵ所の梨園の中の1つです。

a0254656_17475105.jpg梨の匠「本藤果樹園」の本藤賢一さんと奥様の郁代さんが、2次摘果作業を行っていました。
「基本的に有葉果じゃないと摘果して落とすとたい。」と賢一さん。

a0254656_17490817.jpg「そこにあるような葉っぱが伴った果実じゃなかと美味しくならんとたいね。数じゃなかとたい!やっぱり質が大事たいね。特にうちでは樹上完熟にこだわっとるけんね!」
賢一さんは作業をしながらそう続けました。

a0254656_17504163.jpgこちらは奥様の本藤郁代さんです。
「1本の結果枝ばずっと追いながら、1本1本仕上げていくとたい。まだ、3次摘果(最終摘果)もせにゃんけどね!」とのこと。

a0254656_17555468.jpg賢一さんのとこに戻ると、1本の枝を持っていました。
「あれ?折れてたんですか?」と尋ねると、
「折れとったとじゃなかたい、今俺が折ったとたい。」とのこと。

a0254656_17581732.jpg「陰になるような不要な枝ば折りながら摘果作業ばしよるとたいね。ハサミで切るとまた同じとこから芽吹くとたい。だけん、お幹から折ってやると、もうそこからは芽吹かんけんね。」と賢一さん。

a0254656_18001880.jpg作業を終えたとこを見ると、見事に幹の根元から折ってありました。「下草に木漏れ日が入るくらいがちょうど良かとたいね。各枝の葉にも果実にもちゃんと日の当たるけんね。」

a0254656_18272637.jpg「それと、実らせる梨の理想はね、等間隔で左右交互になると良かとたい。ばってん、そうそう思い通りにはいかんけん、その枝の樹勢と果実の様子ば見て落としていくとたいね。」

a0254656_18130128.jpg「ハサミば入れてしまったらもうどぎゃんしても戻すことはできんとだけん、1回1回の摘果は全て真剣勝負たいね。毎年取材に来よる笠くんでも、そうそう簡単にできるもんじゃなかばい!」と賢一さん。

a0254656_18163477.jpg私はもう何年も、年間を通して「本藤果樹園」さんの梨作りを現地取材してきました。
収穫はもちろんのこと、収穫後のお礼肥え、本格的な剪定前の枝抜き作業(写真)、冬の剪定、花芽の芽吹き、そして咲き誇る花、着果しこうして摘果する様子など全てです。

a0254656_18183665.jpg「やっぱね、美味しか梨ば作ろうと思ったら、どれだけ手ばかけるかたいね。この時期は毎日摘果作業で収穫が始まるまでは休むことはなかばい。」

a0254656_18212493.jpg「ばってん、笠くんとこで販売するごつなって、全国のお客様から「美味しい!」の声や、「今年もすでに予約をお願いします!」って注文場聞くと、今年も美味しか梨ば作ろうと元気の出るたいね。今年も期待して良かばい!」
賢一さんは今回の取材の最後にそう力強く話してくれました。

a0254656_19532286.jpg「本藤果樹園」さんは、弊社と販売契約をする際に、1つの条件と言うか“約束”をするように言いました。
これは、7月下旬、収穫直前の『幸水』たちです。
「一番美味か、樹上完熟の梨ば朝採りで収穫して出すけん、必ずお客様には翌日または遅くとも中1日で届けること!」
それが、「本藤果樹園」さんと交わした約束です。

a0254656_18244291.jpg「本藤果樹園」さんでは、息子さんで現園主の本藤猪一郎さんと、賢一さん、郁代さんの匠の目で判断した“樹上完熟”にこだわりぬいた本物と呼べる梨を、惜しまぬ手間ひまをかけ生産しています。

a0254656_206051.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「本藤果樹園」さんの『樹上完熟の熊本梨』をネット販売いたします。
初出荷は7月末の『幸水』からスタートし、『豊水』、『秋麗』(写真)、そしてジャンボ梨『新高』と続きます。

a0254656_18275228.jpg「「本藤果樹園」さんの『樹上完熟の熊本梨』を今年も全種類を初回発送分で送ってください!」と、すでに多数のご予約を頂戴しているほどの大人気商品です。
「本藤果樹園」さんの今年の『樹上完熟梨』にもご期待下さい。
これからも、果実の成長の様子や親子の匠の惜しまぬ手間ひま、匠の技など現地取材してご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-05-26 18:30 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

熊本梨 本藤果樹園 着果の様子と摘果作業(2019/前編)

FLC日記 2019年5月25日(金) 晴れ
「今年もしっかり止まっとる(着果しとる)ばい。摘果も順調に進めて、収穫までピシャッと手ばかけて育てなにゃんたいね!」
「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんがそう話しながら、手際よく摘果作業を行っていました。
a0254656_18335320.jpg


a0254656_18345184.jpgここは、熊本県菊池市戸豊水(とりうず)にある『樹上完熟の熊本梨』生産農家の「本藤果樹園」さんの梨園の1つです。
この梨園では主に熊本限定栽培品種の梨『秋麗(しゅうれい)』を栽培しています。

a0254656_18371958.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も、「本藤果樹園」さんの、こだわりの『樹上完熟梨』を、今年もネット独占販売いたします。

a0254656_18381755.jpg毎年、7月下旬から出荷する「幸水」(写真)に始まり、『豊水』、『秋麗』、そしてジャンボ梨『新高』とほぼ切れることなく販売していきます。
大変人気の高い商品で、すでに「4品種とも初回発送分で今年も送ってください!」とご予約を頂戴しているほどの人気です。

a0254656_18430104.jpgこちらは摘果を終え選ばれた「秋麗」の果実です。
梨は1ヶ所から10個くらい花が咲き、6~7個着果します。その中で3番花~5番花の着果した果実を1つだけ残します。

a0254656_18455438.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「本藤果樹園」さんの梨栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18465838.jpg「5月上旬から1次摘果を毎年取材してると思うので、今行っているのは2次摘果ですか?」と尋ねると、
「ここは1.5次摘果かな!1次摘果でもれてるのがあるけん、こうしてしっかり際チェックして摘果しよったとこたい。」と猪一郎さん。

a0254656_18491056.jpg「もれてるって、この3個のようなことですか?」と言うと、
「そうそう!実はこれは秋麗ではなくて、秋月たいね。花の時期が少し違うけん、秋麗をメインに摘果したらこうして見落としてることがあるとたい。」

a0254656_18512218.jpg猪一郎さんはそう言うと、パチン、パチンと2回ハサミを入れ、匠の目で判断し1つだけ果実を残しました。
「見落としてるって、匠ともある方がどうしたんですか?(笑)」と言うと、
「ハハハッ!ほんとそうよね。でも梨は、混植せんと着果しにくいけん、秋麗の中に秋月ば植えとるとたい。その摘果作業をしてたってことたいね(笑)」

a0254656_18572697.jpgそれにしても、今年も見事に冬の剪定と誘引作業で、満遍なく枝葉に日が当たるように仕立てられています。
「道向こうの梨園では、親父やお袋たちが2次摘果ばしよるけんそっちも取材してくるたい!」と猪一郎さん。

a0254656_19014190.jpg「了解です。行ってみます。ただ、私がいなくなたからと言って、見落としなんかせずにきちんと摘果作業してくださいよ!(笑)」と言うと、
「バッチリしとくけん、安心してまかせなっせ!」とこの笑顔!
梨栽培は今年も匠にお任せすることとしましょう!

a0254656_19043237.jpgこちらは、少し移動した猪一郎さんのお父さんやお母さんが2次摘果作業を行っている梨園です。
ここでは主にジャンボ梨『新高』を栽培しています。
2次摘果作業の様子を紹介したいとこですが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介することにします。

a0254656_19073654.jpg今日のブログで現在の栽培地の様子を紹介した『秋麗』は、熊本の“ブランド梨”として、熊本県が県をあげて推し進めている梨です。
“青梨”と呼ばれる品種になり、見た目はけっして美しいとは言えません。

a0254656_19112443.jpgしかし、『秋麗』をひとたび口にすると、誰もが一瞬で大好きになる美味さなのです!!
酸味のない濃厚な甘さと、芳醇な香りとサクッとした食感が良いんです。
香り、味わい、甘さのいずれをとっても、他の梨とは一線を画すなしだと言えると思います。

a0254656_19123298.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「本藤果樹園」さんの『樹上完熟の熊本梨』をネット独占販売いたします。
『秋麗』は化粧箱での販売ですが、それ以外はご覧の“くまモン”のイラスト入りの箱(写真は「豊水」)でお届けいたします。
成長の様子や惜しまぬ手間ひま、親子の匠の技などこれからも現地取材してご紹介していきます。
今年の「本藤果樹園」さんの『樹上完熟の熊本梨』にもご期待下さい‼

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-05-25 19:14 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

熊本梨 岩永農園 咲き誇る梨の花とミツバチによる交配(受粉)2019

FLC日記 2019年4月12日(金) 晴れ
「今年も良か花の咲いとるばい!今日は天気もよかけん取材に来るとよかたい!」
こだわりの無袋栽培で、樹上完熟梨を育てる、匠の農家さん「岩永農園」の岩永敏行さんのそう連絡いただき、5日前の4月7日(日)に現地取材に行ってきました。
a0254656_16481671.jpg


a0254656_16554842.jpgここは、熊本県菊池市市野瀬の匠の農家さん「岩永農園」さんの梨園の1つです。
「岩永農園」さんでは、収穫する順に、『幸水』『豊水』『秋麗』『秋月』『新高』『新興』と、6種類の梨を栽培してます。

a0254656_16584634.jpg咲き誇る花と、元気な新芽がとてもあざやかです。
冬の剪定と誘引作業で、梨の枝はきちんと配置されています。
芽吹き始めた新芽や、これから実る梨の果実に、満遍なく日をあてるように施してあるのです。

a0254656_17070578.jpgこちらは冬の剪定作業を行う「岩永農園」の岩永敏行さんです。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17131893.jpgもちろん「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
匠はこのたくさんの枝の中から、要不要を判断し剪定を施し、残した枝をきちんと誘引して至高の梨を育てます。

a0254656_17005431.jpg先ほど収穫の順番に梨の品種を並べましたが、開花の順番はその全く逆で、収穫が遅い品種の梨から咲いていきます。
なんだか不思議ですよね!
梨の花についてもう少し紹介しましょう!

a0254656_17180260.jpgなんだか、桜の花に似ていませんか?
それもそのはず、桜も梨も同じバラ科の植物です。
梨の花は、1ヶ所から10個ほど芽吹き花が咲きます。
その中で、だいたい5~7個ほどが着果します。
それからは、匠の技で摘果作業を施し、1つだけ収穫まで育て上げるのです。

a0254656_17283331.jpg受粉は主に、自然界にいる虫たちによって行われます。
「岩永農園」さんでは、ミツバチで交配(受粉)を行っています。
この日は天気も良く暖かかったので、ミツバチは元気に飛び回っていました。

a0254656_17320096.jpgこれは「岩永農園」さんの梨園に設置してあるミツバチの巣箱です。
契約養蜂農家さんから、毎年ミツバチを借りて、梨の花の交配(受粉)をさせているのです。

a0254656_17363752.jpgまた、梨は単一種の栽培では、上手く受精しません。
ですから、この様な広い広い梨園を数ヵ所持つ「岩永農園」さんも、いずれの梨園にも複数の品種の梨を栽培しています。

a0254656_17382803.jpg「岩永農園」さんの梨の枝の先端部分は、こうして上向きの元気な枝を残しています。
そこには、新しい葉の芽が芽吹いています。
この部分が、果樹の養分を枝全体に吸い上げるための、大切なポンプの役割をするのです。

a0254656_17412735.jpgしかし、その先端部分には、どの枝も全く花が咲いていません。
実はこれは、匠の手間ひまで、咲いていないのではなく、「咲かせていない」のです。

a0254656_17490400.jpgこれは、3月下旬の開花間もないころの様子です。
岩永さんの奥様、哲代さんが、1本1本の枝の先端の蕾や花を全て、落としています。
「ここには、果実を実らせないので、果樹の体力を使わせないように、花も咲かせないのよ。」と哲代さん。

a0254656_17503550.jpg芽吹き始めた葉っぱは残し、花の蕾だけを落としていきます。
全ての果樹の、1本1本の枝の摘蕾作業をしていくのですから、かなり手のかかる作業です。
でも、その惜しまぬ手間ひまが、「岩永農園」さんの、最高級の梨を育てることになるのです。

a0254656_17530337.jpg私が梨の取材に伺ったこの日、岩永さんは柿園にいました。
柿の仕上げ剪定作業を施していました。
「ミツバチは飛びよったね?もう、新高の花は終わりかけよったろ?」と岩永さん。

a0254656_17573911.jpg「ミツバチは元気に飛び回っていました。新高は終わりかけでしたが、幸水にはまだたくさんつぼみがありましたよ。」と言うと、
「今は、なんさま(とにかく)ミツバチたちに頑張ってもらってピシャッと交配ばしてもらわにゃんたいね。」

a0254656_18214250.jpg「着果したら摘果作業で休みはなかとだけん、今のうちに柿の仕上げ剪定ばしよったとたい。」と岩永さん。
写真は5月上旬の摘花作業の様子です。
収穫まで繰り返し行う摘果作業で、岩永さんは至高の梨を育て上げていきます。
もちろんその様子もまた現地取材したいと思っています。

a0254656_18281628.jpg「FLCパートナーズストア」では、「岩永農園」さんの最高級の梨を、今年もネット独占販売いたします。
8月上旬、最初に販売をスタートする、『幸水』、次に販売する『豊水(ほうすい)』、人気急上昇中の『あきづき』。
そして、写真の、熊本産ジャンボ梨『新高(にいたか)』の4種類です。
高級感あふれる化粧箱入りの商品は、ご贈答やご挨拶、ギフト商品としても大人気です。
熊本梨の匠、「岩永農園」さんは、今年も間違いなく最高級の梨を育て上げます!!
楽しみにしてください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-04-12 18:29 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

熊本梨 本藤果樹園 元気な花が咲咲く様子(2019)と惜しまぬ手間ひまの摘蕾、摘花作業

FLC日記 2019年4月7日(日) 晴れ
梨の匠「本藤果樹園」さんの梨たちの花が、今年(平成31年)も元気に咲き誇っています!
花咲く様子を現地取材してきました。
a0254656_16435392.jpg
これが梨の花です。
桜(ソメイヨシノ)の花に似ていませんか?

a0254656_16465728.jpgそれもそのはずです。
梨も桜も同じバラ科の植物で、花の形はよく似ていますよね。
梨の花は、毎年ほぼ桜(ソメイヨシノ)と同じ時期に咲き始めます。

a0254656_16484060.jpgこちらが咲き始めたころの様子です。
今年の梨の花の開花は、例年とほぼ同じ3月26日でした。
熊本地方のソメイヨシノの開花宣言が出された日と同じでした。

a0254656_16525280.jpg熊本県菊池市戸豊水(とりうず)で、こだわりの『樹上完熟梨』を生産する匠の農家さん「本藤果樹園」さんの梨園に伺いました。
こちらは、4月4日の写真です。
梨園内に張り巡らされたワイヤーに、梨の枝がきちんと誘引されていて、枝が重なることなく見事に配置されていました。

a0254656_17242589.jpg梨は、1ヶ所から10個ほどの花を咲かせます。
そして、6個ほどは着果しますが、収穫できるのはせいぜい1個です。
また、着果のための交配(受粉)は、虫たちによって行われます。
主にミツバチが花を飛び回り交配するのですが、単一品種だとそれがうまくいきません。

a0254656_18201126.jpg「本藤果樹園」さんでは、収穫順で、幸水(写真)、秋麗、豊水、ジャンボ梨新高、新興の5種類の梨を生産しています。
「FLCパートナーズストア」では、新興を除く4種類のこだわりの『樹上完熟梨』を販売しています。

a0254656_1828349.jpgこちらは、『秋麗』です。
2003年に、品種登録された梨で、熊本のブランド梨として、県をあげて推し進めている梨です。
『秋麗』は、青梨と呼ばれる品種で、決して見た目は美しくありません。
しかし、食べれば誰もが一瞬にして大好きになる美味さです。

a0254656_17302474.jpgとにかく、酸味のない濃厚な甘さと、芳醇な香りとサクッとした食感が人気です。
香り、味わい、甘さのいずれをとっても、他の梨とは一線を画すなしだと言えると思います。

a0254656_17313095.jpg「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんです(3月26日撮影)。
「なんだか、久しぶりに顔を見た気がしますよ!(笑)」と言うと、
「ハハハッ!剪定の時はずっとタオルばかぶっとたけんね!(笑)」と本藤さん。

a0254656_17335061.jpgこちらが冬の剪定作業の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17363697.jpg4月4日の咲き誇る花の果樹園で、摘蕾、摘花作業をする本藤さんです。
もちろん「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』の栽培の様子も、こうしてもう何年も年間を通して現地取材してきました。
作業中はタオルを巻いたり、マスクをすることが多く、なかなか顔を見る機会がなかったのです。

a0254656_17424209.jpg作業を終えた梨の着果枝の先端部分です。
梨の花は咲き誇っていませんよね!
これは、摘花作業で花を摘み取っているのです。
この先端部分は、この枝のポンプのような役目をするところです。

a0254656_17425781.jpg栽培品種にもよりますが、先端のつぼみや花は摘み取ってあります。
この部分には梨の果実を実らません。
元気に葉を芽吹かせ、その勢いでこの枝全体に樹液が来るように、ポンプとして引き上げるための大切なところです。

a0254656_17455688.jpg以前取材した摘蕾作業の様子です。
本藤さんのお父さんの本藤賢一さんが作業を行っています。
「本藤果樹園」さんでは、本藤賢一さんと奥様、息子さんで園主の本藤猪一郎さんの、親子2代、3人の匠によって、こだわりの『樹上完熟の熊本梨』を生産しています。

a0254656_17493222.jpg「葉は残し蕾や花だけをとるんでしょ?大変な手作業ですよね!」と言うと、
「本当に良かもんば作ろうと思ったら、手間ひまば惜しんだらいかん!こうして毎年作業してきたけん、変わらぬ美味さの梨のでくっとたい!」
賢一さんがそう話してくれたことを思い出しました。

a0254656_17522242.jpg今年は猪一郎さんがその作業をする様子を取材することができました。
惜しまぬ手間ひまをかけ、今年も至高の『樹上完熟梨』を育て上げます。
もちろん、梨栽培はこれからが本番です。

a0254656_17544575.jpg収穫後のお礼肥え、冬の剪定、摘蕾と摘花をへて、今年も元気な花が咲き誇りました。
これから、1次摘果、2次摘果作業が収穫まで待ったなしで続きます。

a0254656_1925952.jpg「本藤果樹園」さんの出荷する梨は、こだわりの『樹上完熟梨』です。
梨を知り尽くした匠が、最もおいしい時期に収穫し出荷します。
7月下旬より、毎年最初に出荷する『幸水』からの販売スタートです。

a0254656_19275018.jpg「FLCパートナーズストア」では、「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』を朝採り即日発送で今年も販売いたします。
既に、「全種類を初回出荷で送ってください!」と、「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』の美味さを知るお客様からはご予約を頂戴しているほどの大人気商品です。
これからも梨たちの成長の姿や、惜しまぬ手間ひまや匠の技を、現地取材にてご紹介します。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-04-07 17:56 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

熊本梨 岩永農園 匠の剪定作業スタート!まずは不要な枝を荒剪定で落としていきます!

FLC日記 2018年12月22日(土) 晴れ

a0254656_15003676.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成31年度も匠農家さん「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』をネット独占販売いたします。今年(平成30年度)も、「幸水(こうすい)」の8月上旬から収穫及び発送スタートで、次いで「豊水(ほうすい)」、「秋月(あきつき)」(写真)、そして、ジャンボ梨「新高(にいたか)」と販売し大好評でした。

a0254656_15034028.jpg「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』は、甘さにこだわる“無袋栽培”で、旬の美味しさにこだわる“樹上完熟”朝採り発送でお届けするため、「すべての品種を毎年贈ってください!」と言う注文を多数いただくほどの大人気商品です。
※写真はジャンボ梨『新高』です。
a0254656_15041795.jpg
写真は、熊本県菊池市野瀬にある「岩永農園」さんの梨園の現在の様子です。
a0254656_15061030.jpgいずれの写真も、「岩永農園」さんの梨園のほんの一部です。
落葉樹の梨は、この時期、葉を落と休眠状態に入ります。
冬の剪定は、美味しい梨を育てるために欠かすことのできない大切な作業です。

a0254656_15083400.jpgたくさんの梨の果実を実らせながらも、しっかりと新しい枝が芽吹いています。
それらを匠の判断で剪定していき、残した枝を結果枝として来年育てていくのです。

a0254656_15105535.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_15133026.jpg「岩永農園」代表の岩永敏行さんと奥様の岩永哲代さんです。
「おはようございます!」と声をかけ梨園に入っていくと、
「ちょうど、ひと段落ついて休憩しとったとこたい。」と岩永さん。
奥様の哲代さんは、恥ずかしいからと私がカメラを向けるといつも隠れたり顔を隠したりするおちゃめな方です。

a0254656_15154366.jpg「哲代さん!顔を隠してもダメですよ!ちゃんと“もぐもぐタイム”をカメラに収めときましたからね!」と言うと、
「ワァ~!やめて!」と言いながら笑っていました。

a0254656_15173534.jpg毎年、この時期から春先までほとんど休むことなく剪定と誘引作業を行っていきます。
「今年もしっかり手をかけて、8月にはピシャッと梨ば育て上げにゃんたい!」
岩永さんがそう言いながら、これから選定を始める果樹たちを見上げていました。

a0254656_15202356.jpg剪定作業は夫婦二人三脚の分業で行っていきます。
まずは奥様の哲代さんが、梨園内に張り巡らしているワイヤーに梨の結果枝を誘引していたひもを次々に切っていきます。

a0254656_15221319.jpg結果枝を誘引して結びつけることで、全体的に枝葉や果実に日が当たるようにするのです。
また、風(とりわけ台風)で、結果枝が揺れ果実が落ちたり、傷ついたりするのを防ぎます。
誘引するひもは、そのまま土にかえるように、麻のひもを使っています。

a0254656_15252810.jpg哲代さんが誘引していたひもを切る作業を進めた後を、岩永さんが匠の判断で剪定していきます。
「岩永農園」さんでは、昨年より電動の剪定バサミを導入しました。
「バッテリーば背負ッとかにゃんし、ハサミ自体も思かばってん、やっぱり作業効率はだいぶ上がるばい!」と岩永さん。

a0254656_15285268.jpg準備が整い、剪定作業のスタートです!
電動がゆえに切れ味も良いからなのですが、その作業の早いこと!
パッと不要な枝を判断し、次々に切り落としていきます。

a0254656_15315861.jpg「え?そんな太い枝も切るんですか?おそらく今年もたくさん実らせた枝ですよね?」と尋ねると、
「そうね!かなり頑張ってくれた枝やね!でも、だけん切らにゃんとたい!」と岩永さん。

a0254656_15334151.jpg「この枝葉ね、ちょうどそこに結果枝が無かったけん、3年頑張らせたとたい。基本的には、1年、長くても2年で結果枝は入れ替えていくとたいね。若い枝にそうして入れ替えることで、果実もやっぱり良か実になるとたい。」

a0254656_15370995.jpg「ほら!笠くんこっちに来てみなっせ!今切った枝の下に新しか枝の伸びとるでしょ?それば来年は結果枝として育てることで、若返らせにゃんとたい。」
こうして解説頂いたのでしっかりわかりましたが、匠はこの判断を瞬時に繰り返していたのです。

a0254656_15411352.jpgその後も匠の剪定作業は続きました。
なんだか、「鬼に金棒」と言った感じで、「匠に電動剪定バサミ」と言った感じで、効率よく作業を進めていました。

a0254656_16160533.jpg
こちらは、今年の4月上旬の梨の花咲く様子です。
剪定後を終え選ばれた枝は、満遍なく日が当たるように、こうしてきちんと誘引を施し、春には花が咲き誇ります。
匠の剪定作業はまだまだこれからです。
その様子はまた後日現地取材し、このブログで紹介いたします。

a0254656_18262434.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』を、ネット独占販売いたします。
「本当の美味しさを食べてもらいたいから、”樹上完熟”の梨を出したいとたい!!」と言う岩永さんのこだわりで、朝採り即日発送でお送りいたします。
7月下旬の『幸水』(写真)からスタートし、8月中旬からの『豊水』、そして、昨年より新しく販売をスタートした『秋月(あきつき)』(写真)、さらに、9月中旬からは、いよいよジャンボ梨『新高』と続きます。
平成31年度の「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』にもご期待下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-12-22 16:24 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

熊本梨 本藤果樹園 平成31年度も美味しい梨を育てるために、匠の冬の剪定作業スタートしました!

FLC日記 2018年12月18日(火) 晴れ
「冬の剪定ば始めたばい!今年も『秋麗』から始めるけん、見に来るとよかばい!」
「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんより、そう連絡をいただき、昨日さっそく現地取材に行ってきました。
a0254656_16131076.jpg


a0254656_16141043.jpg熊本県菊池市戸豊水(とりうず)にある、こだわりの『樹上完熟梨』を生産する、「本藤果樹園」さんの梨園です。
こちらは、数ヵ所ある梨園の中の、ほんの一部です。

a0254656_16161513.jpg「本藤果樹園」さんは、広大な梨園で、6品種の梨を栽培しています。
ここは主に、熊本限定栽培品種の梨『秋麗(しゅうれい)』の栽培場です。

a0254656_16232724.jpg『秋麗』は、2003年に、品種登録された梨で、熊本のブランド梨として、県をあげて推し進めている梨です。
『秋麗』は、果皮の見た目は、けっしてきれいだとは言えません。
“青梨”と言う部類に入る品種で、弊社で販売する、他の“赤梨”に比べても、なんだか熟していないような見栄えなんです。

a0254656_16240495.jpgしかし、ひとたび口にすれば、誰もが一瞬で好きになるような美味しさです。
梨の中でも、しっかりと芳醇な香りがします。
さらには、サクッとした食感も良く、酸味のない甘さがとても程よく上品で、今期もすでにたくさんのリピート購入をいただいている大人気商品です!

a0254656_16251966.jpg「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんです。
平成31年度の梨の収穫に向け、冬の剪定と誘引作業を行っていました。
この日は、剪定作業にだけ徹するようです。
でも、いつもの歯切れのいいパチン!と言った剪定バサミの音がしません。
「おぉ!電動の剪定バサミ買ったんですか?」と言う私に、

a0254656_16275635.jpg「ハハハッ!これだろ?手動でも良いとばってん、効率ば上げて、他にもいろいろ手をかけようと思って今年から導入したばい!」とのこと。
毎年、想像を絶する数の枝を剪定するのですから、もちろんこの導入は大正解だと思います。

a0254656_16335181.jpgちなみにこちらはちょうど一年前の様子です。
昨年までは、剪定作業と同時に誘引作業も行っていましたが、今年から電動剪定ばさみ導入と共に、まずは一気に剪定を施し、その後に誘引作業をして効率を上げるとのことでした。

a0254656_16363015.jpg4月上旬の花咲く様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「本藤果樹園」さんの梨栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_16375811.jpg剪定後に行う誘引作業とは、果実を実らせる枝を、梨園内に張り巡らせてあるワイヤーに結び付け、満遍なく日が当たるようにする作業のことです。

a0254656_16400102.jpg「今年も良い花芽がきていますね!」と言うと、
「笠くんは毎年見よるけんよくわかるやろ?樹勢もしっかり保たれて、ふっくらとした良い花芽が今年も来とるばい。」
タオルで隠した顔の下に、笑みがこぼれるのがわかりました。

a0254656_16444221.jpg今年のシーズン中も、あれだけたくさんの『秋麗』を実らせていたのですが、こうしてきちんと新梢も芽吹いています。
「まぁ、毎年コンスタントに、もしくは毎年さらに美味しい梨を作り続けるのが俺の仕事だけんね!」

a0254656_17031040.jpgそう言うと本藤さんは、今年大活躍した亜主枝を切り始めました。
「それも切っちゃうんですか?」と尋ねると、
「そっち側に新しい亜主枝があるたい。世代交代させて次からも良か果実ば実らせにゃんけんね!」と本藤さん。

a0254656_17060265.jpg「誘引の時にきちんと仕上げるけど、下向きの花芽や、弱い花芽はこの時期に切り落として、果樹に無駄な体力を使わせずに、実らせる梨の果実に全精力を費やさせるのも重要たいね。」
本藤さんはそう言いながら匠の判断を繰り返していました。

a0254656_17113242.jpgこの時期に取材に行くと、のこぎりくずなどを避けるために、常にタオルを巻いた姿なので、昨年取材した際の写真で、匠のお顔を紹介しておきます。
これからも、まだまだ続く選定や誘引作業、花咲く様子、着果や摘果作業などなど、現地取材で紹介していきます。

a0254656_20421711.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成31年度も「本藤果樹園」さんの『樹上完熟の熊本梨』をネット販売いたします。
こだわりの樹上完熟の梨はみずみずしさが違いますよ!!
今年も7月下旬の『幸水』からスタートし、『豊水』、『秋麗』、ジャンボ梨『新高』と続きます。
平成31年度の「本藤果樹園」さんの『樹上完熟の熊本梨』にも、大いにご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-12-18 17:21 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

熊本梨 ジャンボ梨『新高』 今期のラストチャンスです!!ご注文はお急ぎ下さい!

FLC日記 2018年10月11日(木) 雨のちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、こだわりの無袋栽培の梨の匠「岩永農園」さん、「本藤果樹園さん」のジャンボ梨『新高』を、今年もネット独占販売しています!
a0254656_14070144.jpg


a0254656_14075725.jpgおかげさまで、今年も大好評いただき、多くのリピート購入を頂戴しました。
しかし、今期の出荷予定数が残りわずかとなりました。

a0254656_14111898.jpg現在は、「岩永農園」さんの5kg入り及び化粧箱入りを完売とし、「本藤果樹園」さんのくまモンのイラスト入り箱の5kg入り(写真)のみを数量限定にて販売中です!

a0254656_14164117.jpgジャンボ梨『新高』は、1玉500g以上の大型の品種の梨です。
大きなものは、1kgをも超えるまさにジャンボ梨です。
その大きさでありながら、日持ちが良いのも特徴の一つです。

a0254656_14145036.jpgその大きさもさることながら、酸味が少なく甘味を十分に楽しめると全国的にも大変人気の高い梨です。
歯ごたえ良く果汁も豊富で、洋梨ほどではありませんが、香りも楽しめます。

a0254656_14233575.jpg匠がこだわる朝採りの“樹上完熟”のジャンボ梨『新高』から、選び抜いた“極選”の『新高』をお届けします。
それゆえに、数量限定の完全予約制販売です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、ご注文(ご予約)はお急ぎ下さい!

ご注文(ご予約)、詳し情報を知りたい方はこちら!
ここをクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


a0254656_14504840.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県菊池市戸豊水(とりうず)にある『樹上完熟の熊本梨』生産農家の「本藤果樹園」さんの梨園の1つです。
ここでは主にジャンボ梨『新高』を栽培しています。

a0254656_14543014.jpg生産者の梨の匠「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんです。
1つ1つジャンボ梨『新高』の完熟具合をしっかりと見極めながら、収穫作業を行っています。

a0254656_14581523.jpg収穫したらまず果実を育ててくれた枝の部分を身近カットします。
コンテナに入れて運ぶ際に、他の梨を傷つけないようにするためです。

a0254656_15015821.jpgこちらは3月下旬の花咲く頃の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_15030807.jpgもちろん「本藤果樹園」さんの梨の栽培の様子も、収穫時はもとより、その後のお礼肥えや選定作業、花咲く様子、匠の摘果作業など、もう何年も現地取材を続けてきました。

a0254656_15065542.jpg花が咲き終わり、着果すると収穫までほとんど休むことはありません。
そのころから、日々繰り返されるのが摘果作業です。
1次摘果、2次摘果、そして最終摘果を経て、選ばれた『新高』だけを収穫まで成長させます。

a0254656_15075885.jpg猪一郎さんのご両親の賢一さんと奥様の郁代さんです。
「本藤果樹園」さんは、このお2人の豊富な経験と卓越した技術を、息子の猪一郎さんが引き継ぎながら、さらに最新の知識と技術を導入し、至高の梨を育てる匠です。

a0254656_15132348.jpg「本藤果樹園」さんは、出荷順に『幸水』『豊水』『秋麗』(写真)『あきづき』『新高』『新興』と言った種類の梨を栽培していて、「FLCパートナーズストア」では、その中の4品種を販売しています。
いずれも、梨本来の美味しさとなるよう、樹上完熟で朝採りで収穫し即日発送でお届けしています。

a0254656_15192391.jpg毎年、摘果作業の取材に伺うと、猪一郎さんが必ず話す約束事(条件)があるんです。
「今年もこうしてしっかり手ばかけて育てて、樹上完熟で収穫するけん、お客様には必ず出荷後、翌日か翌々日には届けにゃんばい!」
それが弊社と販売契約を結ぶ際の条件でした。
それだけ、ベストなタイミングの梨に自信を持っているのです。

a0254656_15261750.jpg「本藤果樹園」さんのジャンボ梨『新高』は、朝採り後、しっかりと選び抜いていただいたものだけを、このくまモンのイラスト入りの箱に入れお届けしています。

a0254656_15293116.jpg「FLCパートナーズストア」で販売する、熊本産ジャンボ梨『新高』は、弊社用にと、「本藤果樹園」さんが特別にお選びいただいた、朝採りの樹上完熟梨で、大きさ、形がさらにそろった“極選”のジャンボ梨『新高』です。
もちろん、ここでしか買えない弊社のネット独占販売商品で、いよいよ今期のラストチャンスです。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより「樹上完熟梨」のページにお進みください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-11 15:42 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)