ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:小春農園 ( 489 ) タグの人気記事

究極の柑橘「せとか」 今年はさらに収量アップの予感!匠の技で美しく、大きく、美味しく育てます(後編)

FLC日記 2018年10月3日(水) 晴れ

a0254656_18291344.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをしたような柑橘で、非の打ち所がないまさに“究極の柑橘”と称されます。
最大の特徴は、やわらかいトロットロの果肉の食感です。
果肉は1粒1粒がトロトロで甘く、爽やかな酸味もあり、種はなく、簡単に手で皮がむけるので、まさに“究極の柑橘”なのです。
a0254656_19102380.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成28年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。

a0254656_19120150.jpg本日のブログでは、昨日に続き、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスに現在の様子と、美しく、大きく、美味しく育てるための、惜しまぬ手間ひま、匠の技を紹介いたします。
匠の農家さん「小春農園」さんでは、着果後、摘果作業を施し、実らせる『せとか』の果実をこうして1玉1玉ひもで吊るして栽培しています。

a0254656_19165148.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんです。
「今年もかなり順調に成長しています。夏の玉吊り作業の際に、母がきちんと柱頭を切って、周りのトゲも切ってくれてるので、果皮もすごくきれいですよね!」

a0254656_19211153.jpgこちらは、7月、8月に行う玉吊り作業の様子です。
最も暑いこの時期に、何度も何度も脚立を上り下りしながら、実らせる『せとか』の果実の枝をひもで吊っていく惜しまぬ手間ひまの過酷な手作業です。

a0254656_19225123.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19294333.jpgひも吊り作業と同時に行うのが、『せとか』の果実のお尻のとこに残っている、“柱頭”を切る作業です。
柱頭を切ることで、果実がきれいに育つのです。
さらに、もう1つ惜しまぬ手間ひまが・・・。

a0254656_19323540.jpg『せとか』は柑橘類ですので、このような鋭いとトゲが枝に無数にあります。
果実の周りのそのトゲをこうしてきちんと切っていくのです。
この時期、ハウスにビニールは張ってありません。
ですから、風が吹けば果樹や果実は揺れるのです。

a0254656_1938120.jpg風で揺れても、トゲで果実が傷つくことがないようにきちんと手をかけます。
『せとか』は、開花から収穫を迎える2月上旬まで、約10ヵ月もの栽培期間を経て育てられます。

a0254656_19275937.jpg私が現在の様子を現地取材に行った日は、雨上がりでした。この時期、ハウスはビニールをはっていないため、雨に濡れた『せとか』を撮影することができました。
ひも吊り作業の際には、果実の枝は斜め上向きでしたが、果実の成長に伴い、下向きになっています。

a0254656_19311887.jpg「まもなく果皮の色が抜け始めますよ。それの時期にも『せとか』の果実は肥大するので、さらにもう一回り大きくなると思います。そろそろ時期を見てハウスのビニールをはり、温度と水管理を徹底的に行い、今年もきちんと仕上げていきます。」と将輝さん。

a0254656_19335202.jpgこちらは、収穫を迎えたころの様子です。
毎年、2月の中旬より収穫及び出荷を行います。
大変ありがたいことに、初回発送分はすでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。

a0254656_19354059.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんと奥様の美子さん。息子さんで専務の小原将輝さんです。
長年の経験と豊富な知識を持つ小原さんと、惜しまぬ手間ひまをかける美子さん、そして、大学で柑橘類を専門に学んだ技術を持つ将輝さんが中心となり、本日ご紹介した究極の柑橘『せとか』など、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_18274432.jpg「小春農園」さんの『せとか』は、バツグンの美味しさもさることながら、美しさも人気の秘密です。
その“美しさ”は、こうした地道な手作業による、惜しまぬ手間ひまによって作り出されているのです。

a0254656_20203453.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんが、惜しまぬ手間ひまと匠の技で育て上げた、究極の柑橘『せとか』の中からさらに選び抜いた『プリンセスせとか』を、平成30年度もネット独占販売いたします。
とろっとろの食感と甘い果実を今すぐ味わいたいのですが、それはまだまだ先のこと!
来年2月の収穫が待ち遠しくてなりませんね!
それまでは「小春農園」さんにしっかりとお任せすることとしましょう!!
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひまなど、現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-03 19:41 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」 今年はさらに収量アップの予感!匠の技で美しく、大きく、美味しく育てます(前編)

FLC日記 2018年10月2日(火) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。
a0254656_17280376.jpg
収穫した中から、選びに選び抜いた“極選”の『プリンセスせとか』です。「小春農園」さんの、究極の柑橘『プリンセスせとか』は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品で、もう何年も出荷予定数は、毎年完売しています。

a0254656_17330440.jpg人気の秘密は、もちろんその美味しさにありますが、見た目の美しさも大好評です。
今期も2月中旬からの出荷予定ですが、すでにたくさんのご予約を頂戴してるほどの人気なんです。

a0254656_17373547.jpgこれは、今年2月上旬の収穫直前の様子です。
『せとか』は、究極の柑橘と称されますが、こうも美しく、大きく、もちろん美味しく育てるには、多くの手間ひまと高い技術が必要です。

a0254656_17400078.jpg雨上がりの先日、栽培ハウスの現在の成長の様子を、現地取材に行ってきました。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。

a0254656_17470787.jpg栽培ハウスの外観です。
「小春農園」さんのみかん山の入り口付近から撮影しました。
雄大な大自然の中、陽の当たる山の斜面を利用したハウスで、『せとか』は栽培されています。

a0254656_17491997.jpgすぐ隣には、これまた弊社の大人気商品の、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の、栽培ハウスがあります。
いずれのハウスも、ボイラーを焚き加温をして栽培するのではなく、あくまでハウスは雨風や病気、害虫から果樹や果実を守るためのものです。

a0254656_17532257.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんに取材協力いただき、現在の成長の様子を見せて頂きました。
「この時期はまだ、毎年のことながらハウスのビニールは張っていないのですね!」と言うと、

a0254656_17550173.jpg「えぇ!そうですね。害虫を防ぐための網をはってますが、この時期はまだビニールをかけていません。11月上旬にビニールをはりますが、それまではきちんと寒さを感じさせないといけないんです。」と将輝さん。

a0254656_18003551.jpg雨上がりのこの日、せとかの果樹や果実たちは、このように濡れていました。
「この雨がちょうどいいタイミングで振ってくれたのですが、雨が少ない時はきちんと潅水(農作物に水を与えること)を行ってるんです。」

a0254656_18041769.jpg「あれ?将輝さん!今年は着果数が多いように思いますが!」と言うと、
「おぉ!さすがです。昨年よりも着果させている数は多いと思いますよ!しっかり樹勢が保たれていて、これだけの果実を残しても、しっかりと夏芽も芽吹いてるほどなので、安心してください!」とのこと。

a0254656_18071086.jpg淡い色の芽が夏芽です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18163807.jpgもちろん、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
4月上旬に行われる、“花芽剪定”の様子です。

a0254656_18215035.jpgこちらは、同日に撮影した写真で、将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で果樹栽培を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力を持つ親子の匠で、まさに“本物”と呼べる様々な農作物を育てています。

a0254656_18241475.jpg匠の技で“花芽剪定”を施したせとかの果樹には、4月下旬から5月上旬にかけ、今年も元気な花が咲きました。
5月下旬『せとか』の果実が着果すると、果実を、美しく、大きく、美味しく育てるために、匠の技が駆使されます。
まずは、生理落下後、匠の摘果作業です。

a0254656_18591611.jpg「樹勢、そして枝と果実のバランスなど、もろもろを判断して摘果作業をしていきます。落とすのを選ぶというより、残すのを決めると言う方が、正しいかもしれませんね。樹勢に対し、着果数が少なすぎると、大きなせとかに育ちますが、果皮がゴツゴツして見て目も良くありません。もちろん、逆に多すぎれば、小さな果実しか実らないので、その判断はかなり難しいですよ!」
将輝さんは、そう話しながら手際よく作業を進めていました。

a0254656_18301534.jpgお気づきでしょうか?
摘果作業を行った後の、選ばれたせとかの果実ですが、現在の様子と異なる点が2つあるんです。
さて、そのお話をしたいとこですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介することにします。

a0254656_18341672.jpg究極の柑橘『せとか』を、毎年コンスタントに美しく、大きく、美味しく育てあげるには、たくさんの手間ひまと、高い技術、匠の技が必要です。

a0254656_18383174.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんが、惜しまぬ手間ひまと匠の技で育て上げた、究極の柑橘『せとか』の中からさらに選び抜いた『プリンセスせとか』を、平成30年度もネット独占販売いたします。
その実績は高く評価され、毎年決まって出荷予定数は完売する大人気商品です。
これからも、成長の様子や匠の技を、現地取材にてこのブログで紹介していきます。
まずは、明日のブログをお見逃しなく!
「FLCパートナーズストア」のホームページには、ここでしか買えない「熊本の旬」が目白押しです。
ぜひホームページものぞいてみてください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-02 18:41 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

甘熟いちじく 平成30年度の出荷は残り2回!定数になり次第終了します!ご注文はお急ぎ下さい!

FLC日記 2018年9月28日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も、完熟ならぬ“甘熟”にこだわりぬいた、山あいの『甘熟いちじく』を大好評発売中です!
朝採り即日発送で、全国のお客様へ出荷しています。
a0254656_17582744.jpg


a0254656_17593822.jpg平成30年度の山あいの『甘熟いちじく』はいよいよ残りわずかとなりました!
8月中旬より出荷をスタートした、山あいの『甘熟いちじく』は、10月上旬までの販売です!

<出荷予定>※9/29(土)12:00現在
平成29年9月28日(金)→完売御礼!
平成30年10月2日(火)→台風24号の影響により出荷しません!

平成30年10月5日(金)→ご予約承り中(10月3日17時締め切り)
平成30年10月9日(火)→完売御礼
平成30年10月12日(金)→ご予約承り中(10月10日17時締め切り)
※10月12日(金)出荷分が、今期の最終発送となります!

今期のラストチャンスです!
数量限定の完全予約制販売のため、定数になり次第締め切らせていただきます。
ご注文はお急ぎ下さい!!
とろける食感と、優しい甘さをぜひご堪能ください!!

今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓



a0254656_18060156.jpg「FLCパートナーズストア」では、朝採りの樹上完熟いちじくを『甘熟いちじく』と命名して販売しています。
一般流通される、完熟前に収穫されたいちじくとは、その甘さが比べ物になりませんよ!!

a0254656_18072279.jpgいちじくは、樹上で完熟させないと、その本当の美味しさになりません!
しかし、一般流通においては、完熟前の状態で収穫され出荷されることが多いようです。
いちじくはとても痛みやすく、一般的には店頭に並ぶまで、1週間ほどかかるからです。

a0254656_18092515.jpgしかし「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』は、樹上完熟、朝採り即日発送で、翌日または翌々日にはお届けしています。
おかげさまで今年も、毎回の出荷予定数は、常に完売を続けてきました。
いよいよ今期の出荷も、残すところ2回のみとなりました。

a0254656_18153644.jpg生産者と生産地の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』の栽培ハウスです。
隣りは水田(田んぼ)で、まもなく稲刈りを迎えます。
あぜ道には彼岸花が咲き誇っています。
この、のどかな山あいの里山の澄んだ空気と清らかな水で『甘熟いちじく』は栽培されています。

a0254656_18155483.jpgハウスといえども、加温をして育てるのではなく、あくまで雨風から果樹を守るための〝屋根”と言ったところでしょうか。
ご覧の通り、入り口やハウスのサイドは、大きく開いています。

a0254656_18194953.jpg朝一で、収穫を終えたハウスの中を取材しました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18242732.jpgもちろん「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』も、収穫時期のみならず、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、5月上旬の新芽の芽吹きと、不要な芽の芽カギ作業の様子です。

a0254656_18264975.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんが、その作業を行っています。
「芽吹いて成長しているのが結果枝たいね。母枝からその1本だけを伸ばしていちじくの実をつけさせるとたい。でも、こうして副梢(脇芽)が出るけん、この時期にしっかりとかいでやらんといかんとたいね。」と小原さん。

a0254656_18322000.jpg成長した結果枝は、6月上旬ごろ、ハウス内に張り巡らせたワイヤーから降ろしたひもに、全ての結果枝を巻き付けて栽培していきます。
いちじくの果樹が風で揺れ傷ついたり、ましてや枝が折れたりしないようにするのです。

a0254656_18341479.jpgもちろん枝が揺れないということは、そこに実るいちじくの果実も傷つくことなく育てることができます。
小原さんの奥様の美子さんが、手際よく丁寧に匠の技で枝吊り作業を施しました。

a0254656_17472577.jpg小原さんの息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんです。
「小春農園」さんでは、代表の小原さんの長年の経験に基づく知識と高い技術、奥様の美子んさんの惜しまぬ手間ひま、さらに、大学で果樹栽培を学んだ専門知識を持つ将輝さんの、3人の匠が中心となり、様々な農作物を育てています。

a0254656_17545350.jpg本日紹介している『甘熟いちじく』の他には、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』(写真)、究極の柑橘『せとか』、無農薬栽培の『原木しいたけ(乾燥・生)』、『ザ・みかん』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『干したけのこ』、などを育てていて、それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
そのいずれもが、超1級品!まさに“本物”と呼べる食材です。

a0254656_18444997.jpgいちじくに話を戻しましょう!
こちらは現在の様子です。
結果枝の中央付近までは、すでに収穫を終えています。
いちじくは、“一熟”とされ、毎日1個づつ熟すと言われています。
しかし実際には、毎日1個づつ熟すことはありません。
下から順番に収穫しても、次のを収穫するまでは、1週間ほど要するようです。

a0254656_18490682.jpgそこで、弊社では「小春農園」さんと常に連絡を取り合い、受注状況と発送予定日に完熟になる数を打ち合わせしつつ、完全予約制の販売を行っているのです。
また「絶対に納得できるものでなければ出さない!」と言う小原さんの強いこだわりで、毎回の出荷数量限定で販売しています。

a0254656_18342210.jpg一般流通しているいちじくは、樹上で完熟する前にまだ青さが残るうちに収穫されます。
いちじくは、傷みやすいので、一般流通過程での店頭に並ぶまでの約1週間の間に、完熟したものだとどうしても傷み、商品として出せなくなるからです。

a0254656_18562341.jpgそこを、「小春農園」さんの山あいの『甘熟いちじく』の美味さに惚れ込んだ私が、どうしても!とお願いし、「朝採りのいちじくを即日発送して、翌日、遅くとも翌々日にはお客様に届けること!」と言う条件のもと、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売ししています。

a0254656_18375763.jpg平成30年度の山あいの『甘熟いちじく』の出荷も、残すところあと2回の予定です。
現在、接近中の台風24号の影響次第では、出荷できない場合もある旨、予めご了承ください。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお急ぎください!!
ご来店、お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-09-28 19:01 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

デコポン(肥後ポン) 今年の果実も順調に肥大し、来年の花芽となる夏芽も元気に育っています!(後編)

FLC日記 2018年9月22日(土) 晴れ
「将輝さん!来年花芽が来る夏芽もすごく元気に育ってますね!」と言うと、
「ハハハっ!笠さんもホント随分詳しくなりましたね!」と言いながら、将輝さんは笑っていました!
a0254656_20155521.jpg
熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスに、昨日現地取材に伺いました。
本日のブログでは、昨日に続きその様子をご紹介します。

a0254656_20222735.jpg匠の農家さん「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスでは、今年度収穫を迎えるデコポンの果実が順調に成長しながら、来年果実を実らせる花芽となる夏芽が元気に成長しています。

a0254656_20271937.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年度(平成30年度)も匠の農家さん「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』をネット独占販売いたします。

a0254656_17235415.jpg「小春農園」さんでは、2種類の『デコポン』を栽培しています。
一般的に、『デコポン』とは『不知火』と言う品種のことを称します。
かわいらしい形状のデコポンは、熊本県が栽培発祥の地で、もはや全国区の熊本を代表する果実となっています。
『不知火』は収穫後、酸が糖に変わるための一定期間の追熟が必要です。

a0254656_20245343.jpg『不知火』は、弊社では蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』として4月上旬~6月中旬位まで販売予定です。
『デコポン』の栽培発祥の地、熊本県で、追熟を必要としない、樹上で完熟し、糖と酸味のベストバランスになるデコポンが開発されました。

a0254656_17250328.jpgそれが、熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか』です。
「小春農園」さんでは、『不知火』と『ひのゆたか』のいずれのデコポンも栽培しています。
『ひのゆたか』は12月下旬から3月下旬までの出荷予定です。

a0254656_20371458.jpg流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

a0254656_20375555.jpg昨日の現地取材の様子に話を戻しましょう!
「この淡いグリーンの葉っぱの芽が、この夏に芽吹いた夏芽で、来年それらに花が来てデコポンが実るんです。だから、大事な大事な芽なんですよ!」

a0254656_20395696.jpg「若い芽なので、まだ色こそ薄いですが、葉っぱの艶も良くすごく元気でしょ?」と将輝さん。
「小春農園」専務の小原将輝さんは、大学で果樹栽培を学んだ、言わば果樹栽培のスペシャリストです。

a0254656_20464773.jpg特に『デコポン』に関しては、熊本限定栽培品種の『ひのゆたか』を開発した先生から直接指導を受けた愛弟子です。
「今年の果実をしっかりと作り上げながら、来年の花芽も元気に芽吹く樹勢を保つことがとても重要なんです。」と将輝さんは、さらに話を続けました。

a0254656_20571540.jpg「こうしてたくさん夏芽が芽吹いても、この時期に剪定はしません。春の“花芽剪定”をベストな時期にすることで、この夏芽が芽吹くんです。それらに来年の花芽剪定を施し、果実を実らせるんです。」

a0254656_21011331.jpg「今年収穫をする果実たちは、水と温度管理をしっかりとして、果実の肥大を促しています。もちろん、夏芽が元気いっぱいに視聴できるよう、樹勢を保つことも大事です。果実は10月下旬には肥大が止まり、色が抜けていくんです。」
それらの様子も、私はもう何年も現地取材してきました。

a0254656_21080438.jpg色が抜け始めている様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_21101425.jpgもちろん、「小春農園」さんの『デコポン』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材を重ねてきました。
写真は、11月中旬の色付き始めたころの様子です。

a0254656_21121917.jpgそして、収穫を迎えたころには、こうしてデコポン色に輝いています。
早ければ、年内に熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか』の出荷をスタートできる予定です。

a0254656_21183722.jpg「今年もまた、あの変わらぬ美味しさの『デコポン』をお願いします!」と言うと、
「もちろんです!お任せください!」と、将輝さんは実にさわやかで、かつ自信あふれる笑顔で答えてくれました。

a0254656_21231006.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年度も「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』をネット独占販売いたします。
「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』はその美味しさもさることながら、見た目のこの美しさでも大人気で、弊社の数ある商品の中で、リピート率ナンバーワン商品なんです!

a0254656_21271997.jpg12月下旬からは、樹上完熟デコポン『ひのゆたか』、そして3月下旬からは蔵出し完熟デコポン『不知火』の出荷予定です。
これからも、『デコポン(肥後ポン)』の成長の様子、惜しまぬ手間ひまや匠の技などなど、全て現地取材してご紹介していきます。
「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』に、今年度もぜひご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-09-22 16:09 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

デコポン(肥後ポン) 今年の果実も順調に肥大し、来年の花芽となる夏芽も元気に育っています!(前編)

FLC日記 2018年9月21日(金) 雨時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も匠の農家さん「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』をネット独占いたします。
a0254656_18323784.jpg
本日、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)の栽培ハウス』に、現在の成長の様子を現地取材してきました!

a0254656_18434849.jpg「小春農園」さんの『デコポン』の栽培ハウスは、豊かな森に囲まれた、日の当たる山の斜面に建てられています。
これは、「小春農園」さんのみかん畑の入り口付近からの写真です(2017年10月17日撮影)。

a0254656_18471789.jpg「小春農園」さんでは、木造ハウスにて、『デコポン』を栽培していますが、ハウスと言えども、あくまで雨風や病気・害虫から守るためのものです。
ボイラーを炊き、加温して育てているのではありません。

a0254656_18505751.jpg温度調整は、ハウスの開閉のみで行います。
当然、自然の風がハウスの中に吹きます。
そこで、「小春農園」さんでは、『デコポン』を、こうして1玉1玉すべてひもで吊り下げて育てています。

a0254656_18541987.jpg成長の過程で、枝が折れたり、果実がぶつかってキズつくのを避けるためです。
これから成長し枝がしなっても、果実同士がぶるからないように、絶妙なバランスで吊り下げてありました。
この惜しまぬ手間ひまが、あの美しいデコポンを育て上げるのです。

a0254656_18573762.jpg取材に協力いただいたのは「小春農園」専務の小原将輝さんです。
「この時期は、しっかりと温度と水管理をして、デコポンの果実を大きく成長させるんです。今年もかなり順調に成長していますよ!」
将輝さんは果実のサイズを確かめながら、そう話しました。

a0254656_19000412.jpgハウス内には潅水チューブが整備されています。
「どれくらいのタイミングで潅水してるんですか?」と尋ねると、
「基本は3日に1回程度ですが、雨の状況により判断します。」

a0254656_19143503.jpg匠の判断と徹底管理で、「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)は、今年もこうして順調に育っているのです。
そんな様子を私はもう何年も、年間を通して現地取材してきました。

a0254656_19175590.jpgこちらは、4月上旬に行う“花芽剪定”作業の様子です。将輝さんのお父さんで、「小春農園」代表の小原正弘さんが、匠の剪定作業を行っています。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19203553.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原さんの長年の経験と卓越した技術、果樹栽培を大学で専門的に学んだ将輝さんのスペシャリストの知識が重なり、毎年変わらぬ“本物”と呼べる美味さのデコポン(肥後ポン)を作り続けています。

a0254656_19412784.jpgさらにもう1人、こちらの匠も忘れてはなりません!
小原さんの奥様の美子さんです。
最も暑い7月中旬から8月上旬にかけて、何度も脚立を上り下りしながら、デコポンの果実を全てひも吊り作業を行う惜しまぬ手間ひまの匠です。

a0254656_19451083.jpg昨年の12月下旬の、初収穫の際に撮影した、親子の匠の3ショットです。
代表の小原さんはいつもこう話します。
「果樹栽培はその年1年良くてもダメ!毎年コンスタントに美味しさを保ってこそ初めて評価されるとたい。」

a0254656_19490168.jpgその言葉を実践すべく、今年も「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)は、順調に成長しています。
これからさらに果実は肥大し、色が抜けその後、色づいてきます。
もちろんその様子は今年も現地取材で紹介いたします。

a0254656_19513844.jpg「来年の花芽が来るこの夏芽も、とても元気に育ってますよ!」本日の取材で将輝さんがそう話しました。
その様子は、明日のブログで紹介したいと思います。

a0254656_19535694.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの“柑橘王”ことデコポン(肥後ポン)をネット独占販売いたします。
「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。
12月下旬の収穫が待ち遠しくてなりませんが、まずは明日のブログでこの続きを紹介致しますので、お見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-09-21 19:57 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

甘熟いちじく大好評販売中!いちじくは消化促進、二日酔い防止効果があると言われる美味しい健康食材です

FLC日記 2018年9月8日(土) 雨

a0254656_17244004.jpgいちじくは、樹上で完熟察せないと、その本当の美味しさになりません!
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も、完熟ならぬ“甘熟”にこだわりぬいた、山あいの『甘熟いちじく』を大好評発売中です!
a0254656_17270073.jpg


a0254656_17295200.jpg“本物”と呼べるこの美味さを、ぜひ一度ご賞味ください!ただし、“甘熟”のこだわりゆえ、数量限定の完全予約制販売です!
とろける食感と、いちじくが持つ本来の優しい甘さをご堪能いただけます!!

今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら!
火曜日、金曜日の出荷予定です!!
↓ ここをクリック!! ↓



a0254656_17454834.jpgもう一度申し上げます!
いちじくは、樹上で完熟させないと、本当のおいしさになりません。
一般流通においては、完熟前の状態で収穫され出荷しています。
痛みやすく、一般的には店頭に並ぶまで、1週間ほどかかるからです。

a0254656_17422211.jpgしかし、「FLCパートナーズストア」で販売する、匠の農家さん「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』は、樹上で完熟したものを、朝採り即日発送し、翌日または翌々日にお客様にお届けいたします。

a0254656_17385413.jpg「FLCパートナーズストア」では、朝採りの樹上完熟いちじくを『甘熟いちじく』と命名して販売しています。
一般流通される、完熟前に収穫されたいちじくとは、その甘さが比べ物になりませんよ!!

a0254656_17551444.jpg生産者と生産地の紹介をします。
写真は、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』の昨日の栽培ハウスの様子です。

a0254656_17554177.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17522184.jpgもちろん、本日紹介している『甘熟いちじく』も例外ではありません。
もう何年も、年間を通して現地取材してきました。
収穫の様子はもとより、収穫後の落葉の様子、冬の剪定作業、芽カギなどなど、もう何年も年間を通して取材してきました。
こちらは、冬の剪定作業の様子です。

a0254656_18015110.jpg「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、そして大学で柑橘類を専門に学んだ技術を持つ、息子さんで専務の将輝さんの、3人の“匠”が中心となり、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_18034466.jpg現地取材で見てきた様々な“匠の技”や惜しまぬ手間ひまは、今までもさんざんこのブログでご紹介してきましたので、本日は、「いちじく」の、私たちの身体に対する効果について、少しご紹介しましょう!

a0254656_18064357.jpg『いちじく』は“不老長寿の果実”とも呼ばれているフルーツです。
『いちじく』の多く含まれる、抗酸化物質の「アントシアニン」は、体のサビを取り、酸化=老化を防止するのです。

a0254656_18130468.jpgまた、『いちじく』に含まれる、「フィシン」「プロテアーゼ」と言った酵素は、たんぱく質を分解し消化促進効果があり、二日酔いにもなりにくいと言われています。

a0254656_18151404.jpg先ほど、フルーツと紹介しましたが、私たちが食べている『いちじく』のこの部分は、実はすべて“花”なんですよ。
ですから、果実=フルーツとするのであれば、『いちじく』はフルーツではないのかもしれませんね!

a0254656_18143096.jpgでも、私たちが食べている『いちじく』の花には、たくさんのミネラルとタンパク質分解酵素が含まれ、さらに水溶性の食物繊維のペクチンが、リンゴやイチゴの約1.5倍も含まれているというから驚きです!!

a0254656_18203243.jpg身体からナトリウムを出す働きがある「カリウム」は、なんと100gあたり約170mgも含まれています。
ですから、高血圧症の方によいとされています。
『いちじく』には、注目すべき様々な健康パワーが秘められているんですよ!

その中で、代表的健康効果が・・・

1.消化促進
 →脂質分解酵素リパーゼ・糖質分解酵素アミラーゼによる効果
2.二日酔い防止
 →タンパク質分解酵素による効果
3.整腸作用
 →水溶性食物繊維の「ペクチン」による効果
4.老化防止
 →抗酸化物質の「アントシアニン」による効果
5.高血圧の予防
 →カリウムによる効果
などなどです。


a0254656_18223322.jpgでも、いくら健康に効果的だからって、美味しくなければ食べる気になりませんよね!
そこは、お任せください!!
「FLCパートナーズストア」で販売している、山あいの『甘熟いちじく』は、頑固なまでのこだわりの美味さなんです!

a0254656_18242560.jpg基本的に、「FLCパートナーズストア」で販売している『甘熟いちじく』は、そのまま生食で召し上がって頂くことをベースとして販売しています。
でも、お勧めしている食べ方の1つが、この“生ハムいちじく”です。
作り方はいたって簡単です!
いちじくを4等分にカットし、皮をむいて、生ハムで包むだけ!
「生ハムはメロンじゃないの?」と思いの方も多いはず!
しかし、元祖は「生ハムいちじく」なんです。

a0254656_18401931.jpgいちじくはどうしても収穫時期が限定される一方、メロンは現在、農業技術の進歩で、年間を通して収穫でき、手に入りやすいため、生ハムメロンが主流になったようです。

a0254656_18344175.jpg私は、「生ハムいちじく」にオリーブオイルを軽くかけ、バジルの葉っぱをちぎったものをのせてみました!
お好みで、ブラックペッパーをかけてもいいかもしれませんね。
いちじくの優しい甘さと、生ハムの塩加減とがあい重なり、これが絶品料理になるんです!

a0254656_18243290.jpgもちろん、ヨーグルトと一緒に食したり(写真)、コンポートやワイン煮と言ったお料理にもご利用いただけますし、以外にも油との相性も良く、天ぷらで召し上がるというお客様もあるようです。

a0254656_18255323.jpgいずれにしても、いちじく自体の美味しさがあってこそ!
その、至高のいちじくを育て上げ、絶妙なタイミングで収穫し出荷しているのが、匠の農家さん「小春農園」さんです。

a0254656_18441157.jpg「FLCパートナーズストア」では、「朝採りのいちじくを即日発送して、翌日、遅くとも翌々日にはお客様に届けること!」と言う条件のもと、「小春農園」さんの山あいの『甘熟いちじく』をネット独占販売ししています。
数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
“本物”と呼べる、「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』をぜひ一度ご賞味ください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-09-08 17:19 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

ザ・みかん 太陽の光をいっぱいに浴びて順調に成長中!匠の摘果作業を施し甘く大きく育てます!

FLC日記 2018年8月26日(日) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も匠の農家さん「小春農園」さんの『ザ・みかん』をネット独占販売いたします。
a0254656_18485296.jpg


a0254656_18492054.jpg『ザ・みかん』とは、飾ることなく味で勝負したいと名付けられた名前です。
本年度より、極早生みかんの出荷を中止し、早生みかんの『日南』を10月下旬より、続けて中生みかんの『ひのみらい』、最後に晩生みかんの『金峰』『青島』の出荷です。

a0254656_18531187.jpg先日、元気に成長中の『ザ・みかん』を、栽培地に現地取材に伺いました。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんのみかん畑です。

a0254656_18551327.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんです。
「笠さん!今年はかなり順調に育っているので、バッチリ出荷しますよ!」と将輝。
昨年度『ザ・みかん』を出荷しなかったことへの、将輝さんのこの言葉なのです。

a0254656_18585344.jpg「FLCパートナーズストア」では、創業以来ずっと「小春農園」さんの『ザ・みかん』をネット独占販売していきました。
しかし、昨年度だけ、『ザ・みかん』の販売を一切行いませんでした。

a0254656_19043769.jpgもちろん、昨年も「小春農園」さんでは、『ザ・みかん』を栽培し、こうして収穫を迎えました。
写真は、昨年12月上旬の『金峰』『青島』の収穫の様子です。

a0254656_19065523.jpg昨年度は、全国的にみてもみかんの不作の年でした。
それは、ちょうど1年ほど前の、5月の天候不順により良い花が咲かなかったからなんです。
もちろんこうして収穫し、一般流通の販路には出荷しましたが、「FLCパートナーズストアおお客様には、本当に良いものだけを届けたい!」と言う「小春農園」さんのご意思を尊重し、弊社での出荷を見送ったのです。

a0254656_19081408.jpgしかし今年は、こうして元気な花がたくさん咲き、順調に着果し、現在元気に成長中です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19153080.jpg「小春農園」さんの『ザ・みかん』の栽培の様子も、移植作業や花の様子、着果後の成長(現在の写真)、摘果や枝吊り作業などなど、こうして年間を通してもう何年も現地で取材してきました。

a0254656_19172523.jpg今回の取材で、将輝さんが1つのみかんを指さし話しました。
「色づき始めているように見えるかもしれませんが、これは日焼けしてるんですよ。」

a0254656_19185171.jpg「うちではあまりないのですが、皮が強いとこういう現象が起こります。あえてこうして残すことで、他のみかんたちに影響がないようにしてるんです。もちろん、摘果作業の際は落としますけどね!」

a0254656_19273732.jpgこちらは、以前取材した、将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんの摘果作業の様子です。
「小春農園」さんでは、たくさん着果させたみかんたちを、タイミングを見計らって、一気に3分の2まで摘果し、大きくて甘い果実に育て上げるのです。その匠の技術により、『ザ・みかん』は育てられます。

a0254656_19294959.jpg乾燥に強いみかんの果樹は、水を与えないと甘い果実を作るのですが、果樹自体はかなり無理をします。
「小春農園」さんでは、水は十分に与え元気な果樹を育て、たくさんの果実を実らせ、水が無いないストレスで甘くするのではなく、水が足りないという状況下で果実に頑張らせて甘く育てます。

a0254656_19311194.jpgしかしそのままでは、果実が大きく育ちません。
そこで、8月中旬から下旬にかけ、匠の判断で摘果作業を施し、大きくて甘く仕上げるのです。

a0254656_19330743.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの豊富な経験と卓越した栽培技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらには、大学で果樹栽培を専門に学んだ、将輝さんの新たな知識が重なり、3人の“匠”を中心として、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_19344650.jpg本日ご紹介している、『ザ・みかん』の他には、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』、究極の柑橘『せとか』、『原木しいたけ』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『甘熟いちじく』(写真)などなどすべて超一級品!
ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。

a0254656_19353310.jpg現在は、完熟ならぬ、“甘熟”にこだわった朝採りの『甘熟いちじく』を、大好評販売中で、朝採り→即日発送でお届けしています。
ただし、数量限定の完全予約制での販売です!

今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓
山あいの『甘熟いちじく』


a0254656_19393468.jpgさて『ザ・みかん』に話を戻しましょう!
「今年もジャグリングみたいにして摘果作業を行うんですよね!」と言うと、
「ハハハっ!ジャグリングしてるみたいに見えるでしょうが、きちんと判断しながら摘果するんですよ!」と将輝さん。
その様子はまた後日、現地取材をしてご紹介したいと思います。

a0254656_19430368.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの匠が育てた『ザ・みかん』をネット独占販売いたします。
「中世みかん」の『ひのみらい』、「晩生(おくて)みかん」の『青島』、『金峯』の販売及び出荷予定です。
これからの成長の様子や、匠の技など、現地取材しご紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-26 19:45 | ザ・みかん | Trackback | Comments(0)

甘熟いちじく こだわりの樹上“甘熟”いちじく大好評発売中!!ただし台風の影響次第では発送が遅れます!!

FLC日記 2018年8月21日(火) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「小春農園」さんの、完熟ならぬ“甘熟”にこだわりぬいた、山あいの『甘熟いちじく』を大好評発売中です!
a0254656_1720816.jpg

a0254656_19373938.jpgいちじくは、樹上で完熟させないと、本当のおいしさになりません。
匠の農家さん「小春農園」さんでは、その本当の美味しさを食べていただきたいと、『甘熟いちじく』と命名しています。

a0254656_19382446.jpg完熟ならぬ、“甘熟”にこだわった朝採りの『甘熟いちじく』を、即日発送でお届けいたします。
ただし、数量限定の完全予約制での販売です!
とろける食感と、優しい甘さをぜひご堪能ください!!

今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓
山あいの『甘熟いちじく』


a0254656_19392841.jpg本日、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの山あいの『甘熟いちじく』の栽培ハウスに、現地取材に伺いました。
「え?ハウスって?ビニールないじゃん!」と思われた方も多いはず!

a0254656_19420667.jpgそうなんです!
実は、台風19号の接近に備え、ハウスのビニールをはぐ作業が行われていました。
ハウスと言えども、加温をして育てるのではなく、あくまで雨風から果樹を守るための〝屋根”のための役割です。

a0254656_19435945.jpgこちらは、通常時の様子です。
ご覧の通り、入り口付近や両サイドは大きく開いています。
でも、だからこそ、台風などによる強風が吹いた際には、風がハウスの中に強く入り込み、ハウスのパイプが大きく損害を受けることになるので、台風19号が熊本からは少し遠いとはいえ、念のためハウスのビニールを取り外していたのです。

a0254656_19490353.jpgハウスの向こう側に行くと、生産者農家の「小春農園」代表の小原正宏さんと、息子さんで専務の小原将輝さんが作業を行っていました。
「おはよう笠さん!台風がどうなるかわからんけん、念のためビニールをはいでしまいよったとこたい。」

a0254656_19512716.jpg「こっちから見ると、一番右あたりを今度の金曜日に出荷する予定だったとばってん、台風次第では出せんかもねぇ~。」と小原さん。
小原さんが話した果樹を見てみると、あと数日で完熟となるいちじくが育っていました。

a0254656_19535131.jpg「風で揺れてキズが付くと、やはり笠さんとこのお客様用としては厳しくなると思うんですよ。なにせ、全国に発送するわけですから。いくら、結果枝にひもを巻き付けて固定しているとはいえ、台風クラスの風となると、どうしても影響が出ちゃいますからね。」将輝さんがそう続けました。

a0254656_19573457.jpgこちらは、収穫前の7月下旬に現地取材した際の写真です。
小原さんが、ワイヤーから下し、結果枝に巻き付けているひもの手直しをしています。

a0254656_20004527.jpg「小春農園」さんでは、育つ際にいちじくに傷がつかないように、こうして1本1本をひもで巻き付けながら吊るして栽培しています。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_20024007.jpg本日、紹介している、山あいの『甘熟いちじく』も、収穫時期のみならず、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こうして、台風対策のビニールはぎ作業なども、それらの全てです。

a0254656_20050235.jpg「この時期は、まだこんなにも大きいのもあり、かなり美味しいと思うんですけどねぇ~。もう、次の分もかなり注文がきてるんでしょ?」と将輝さん。
「そうなんですよ。今シーズンになってから、早くもリピート購入の方も多く、出荷予定数は完売すると思います。」と言うと、

a0254656_20074918.jpg「台風次第なんですよねぇ~。もしかしたら、出せない可能性もあるから・・・」と将輝さんが心配そうに話しました。
「でもそれはやむおえないことなので、その際は、お客様にはこちらできちんと対応しますので、やはり「小春農園」さんが、納得いくものを出してください!」と言うと、
「そうですね!そうさせていただきます。」と将輝さん。

a0254656_20113887.jpg一般的に流通しているいちじくの多くは、完熟する前にまだ青さが残るうちに収穫されます。
いちじくは、傷みやすいので、一般流通過程での店頭に並ぶまでの約1週間の間に完熟だと商品として出せなくなるからです。

a0254656_20125013.jpgいちじくは、絶対に樹上完熟させないと、本当の美味しさになりません。
そこで「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの、こだわりの樹上完熟の『甘熟いちじく』をネット独占販売しています。

a0254656_20142334.jpg朝採りの『甘熟いちじく』を、即日発送で出荷し、翌日または翌々日のお届けです。
いちじくが持つ、やさしい甘さの、本来の美味しさをぜひご堪能ください。

a0254656_20203404.jpg
毎回の出荷数を限定しての、完全予約制販売です。
台風の影響次第では、少しお待たせすることもあるかとは思いますので、ご注文(ご予約)はお早めに!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『甘熟いちじく』のページへお進みください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-21 20:23 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

デコポン(肥後ポン) 果実の成長と元気な夏芽 匠の管理で樹勢もバッチリです!

FLC日記 2018年8月16日(木) 晴れ一時雨
「この時期に夏芽が芽吹くのは樹勢がきちんと保たれている証拠です。ただ、今芽吹いている夏芽には花は来ません。すでに芽吹いて成長している夏芽に来年花が来ます。果実の肥大も順調にできていて、今年度も、来年度もきっと美味しいデコポンがたくさん実りますよ!」
「小春農園」専務の小原将輝さんが、笑顔でそう話しながら成長するデコポンの果実を見せてくれました。
a0254656_18082457.jpg
熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスに、現在の成長の様子を現地取材に伺いました。

a0254656_18114038.jpg「小春農園」さんの『デコポン』の栽培ハウスは、豊かな森に囲まれた、日の当たる山の斜面に建てられています。
これは、「小春農園」さんのみかん畑の入り口付近からの写真です。

a0254656_18131989.jpg「小春農園」さんでは、木造ハウスにて、『デコポン』を栽培しています。
ハウスと言えども、あくまで雨風や病気・害虫から守るためのものです。
ボイラーを炊き、加温して育てているのではありません。

a0254656_18135602.jpg温度調整は、ハウスの開閉のみで、当然自然の風がハウスの中を吹きます。
そこで、「小春農園」さんでは、『デコポン』を、1玉1玉すべてひもで吊り下げて育てます。

a0254656_18152771.jpg成長の過程で、枝が折れたり、果実がぶつかってキズつくのを避けるためです。
これから成長し枝がしなっても、果実同士がぶるからないように、絶妙なバランスで吊り下げてありました。
この惜しまぬ手間ひまが、あの美しいデコポンを育て上げるのです。

a0254656_18164680.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も匠の農家さん「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』をネット独占いたします。

a0254656_18183754.jpg流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

a0254656_18321864.jpg「これが芽吹いたばかりの夏芽です。淡い緑色をしているからすぐにわかりますよね。笠さんは毎年見てるからよくお解りでしょうが、今年も順調に育ってますね!」

a0254656_18392267.jpgこちらは、4月上旬に行う“花芽剪定”作業の様子です。
将輝さんのお父さんで、「小春農園」代表の小原正弘さんが、匠の剪定作業を行っています。

a0254656_18404135.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18414599.jpg「小春農園」さんの『デコポン』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材を重ねてきました。
5月上旬の花咲く様子です。
匠の花芽剪定で、今年ももちろんこうして元気な花が咲きました。

a0254656_18505147.jpg花が咲き終わり、着果後、一定期間の成長を待ち、匠の摘果作業を経て、惜しまぬ手間ひまの枝吊り作業を行い、現在こうしてデコポンの果実は元気に成長中です。
摘果作業や枝吊り作業も現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_18572111.jpg「今の時点でこれくらい成長している夏芽に、来年花が咲きます。これらは大事に育てないといけません。いつも父が言うように、「果樹栽培は毎年コンスタントに高品質のものを作って初めて評価される!」のための大事な夏芽です。」と将輝さん。

a0254656_19020148.jpgこちらも、来年花芽が来る元気な夏芽です。
「小春農園」専務の小原将輝さんは、大学で果樹栽培を学んだ、言わば果樹栽培のスペシャリストです。
特に『デコポン』に関しては、熊本限定栽培品種の『ひのゆたか』を開発した先生から直接指導を受けた愛弟子です。

a0254656_19055156.jpg「なんだか、私は毎年、同じことを言っている気がしますが、今年も果実の成長も順調で、元気な夏芽も芽吹き、かなり良いんじゃないですか?この冬の「小春農園」さんのデコポンにも大いに期待できますね!」と言うと、

a0254656_19081702.jpg「ハハハッ!確かに笠さんは、毎年、今年もかなり良いですね!と言ってくれますね!でも、そうでなければ、いつも父が言う「毎年コンスタントに!」ができないから、当然と言えば当然なんですけどね!」
将輝さんは自信の笑顔でそう話しました。

a0254656_19111808.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの豊富な経験と卓越した技術に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに、息子さんで専務の将輝さんの大学で柑橘栽培を専門的に学んだ知識が重なり、3人の匠が中心となって、毎年変わらぬ美味さのデコポンを育て続けています。

a0254656_19125066.jpg本日ご紹介している『デコポン』の他にも、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。
現在は、山あいの『甘熟いちじく』を、好評発売中です。
完熟ならぬ“甘熟”にこだわったいちじくは、とろけるような食感と、優しい甘さが大人気です。
その他にも、『ザ・みかん』、『原木しいたけ』、『原木しいたけ“トリプル1”』、究極の柑橘『せとか』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『乾燥しいたけ』、『干したけのこ』などすべてが「FLCパートナーズストア」の看板商品となっています。

a0254656_18080226.jpg山あいの『甘熟いちじく』は、現在大好評販売中です。
ただし、毎回の出荷数量限定・完全予約制販売となっておりますので、ご注文(ご予約)はお急ぎください!!
こだわりの『甘熟いちじく』を、朝採りで、即日発送で全国へお届けいたします。

↓ 『甘熟いちじく』のご注文(ご予約)はコチラ!! ↓
FLCパートナーズストア
山あいの『甘熟いちじく』


a0254656_18164717.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年度も「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』をネット独占販売いたします。
12月下旬からは、樹上完熟デコポン『ひのゆたか』、そして3月下旬からは蔵出し完熟デコポン『不知火』の出荷予定です。
これからも、『デコポン(肥後ポン)』の成長の様子、惜しまぬ手間ひまや匠の技などなど、全て現地取材してご紹介していきます。
「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』に、今年度もぜひご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-16 19:17 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」匠は今年も惜しまぬ手間ひまをかけ育てます!果実の玉吊り作業を現地取材!(後編)

FLC日記 2018年8月11日(土) 晴れ時々くもり
『せとか』と言う、“究極の柑橘”究極の柑橘と呼ばれるフルーツをご存知ですか?

a0254656_18534952.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをしたような柑橘で、非の打ち所がないと言われています。
最大の特徴は、やわらかいトロットロの果肉の食感です。
果肉は1粒1粒がトロトロで甘く、爽やかな酸味もあり、種はなく、簡単に手で皮がむけるので、まさに“究極の柑橘”なのです。
a0254656_18575758.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。

a0254656_18585690.jpg収穫及び出荷は、2月中旬から4月下旬位まで!
美味しく、そして見た目も美しく育てるために、生産者の「小春農園」さんが行う、この時期の惜しまぬ手間ひまを現地取材していきましたので、昨日のブログに続き、紹介いたします。

a0254656_19030610.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
『せとか』はこの時期、大きなものはテニスボールほどの大きさまで成長していました。

a0254656_19070043.jpg匠の農家さん「小春農園」さんでは、この時期『せとか』の果実が実る、全ての枝を1本1本ひもで吊るす作業を行います。
それは、気が遠くなるような根気のいる手作業です。

a0254656_19101861.jpg「こうして、脚立の上り下りを繰り返しながら、『せとか』の果実を、1玉1玉ひもで吊るしていくのよ。きれいに、大きくて、美味しく育てるためにね!!」
「小春農園」の小原美子さんが、そう言いながら、手際よく『せとか』の玉吊り作業を行っています。

a0254656_19150147.jpgこれからの果実の肥大を想定して、あえて余裕をもってひもを調整しています。
『せとか』は、果実が300g前後と大変大きくなるので、ひもで吊り下げることで、収穫まで枝が折れることなく育つのです。

a0254656_19170755.jpg収穫の頃には、せとかが実る枝を吊るしたひもが、このように全てピーンとはるのですから、その光景を想定して行うひも吊り作業は、匠の技としか言いようがありません。

a0254656_19193182.jpgさらにひも吊り作業と同時に、2つの惜しまぬ手間ひまをかけています。
『せとか』は、着果してもこうして“柱頭”が残ることがあるので、それをこの時期にきちんと切り落としているのです。

a0254656_19205683.jpgこれも、きれいな『せとか』を育て上げるための大事な作業の1つなんです。
さらに、まだまだ惜しまぬ手間ひまをかけています。
それが、『せとか』が柑橘類ゆえの、美しく育てるためのきびしい戦いです。

a0254656_19233834.jpg『せとか』には、このような鋭いトゲがあります。
そこで、果実の周りにあるものは、この時期に切り落として、長い成長の期間に果実に傷がつかないようにしているのです。

a0254656_19265543.jpg「毎年見せて頂いていますが、ホントこの真夏の時期に大変な作業ですよね!」と言うと、
「ホント大変なのよ(笑)!でもね、こうしてしっかりと手をかけることで、今年もまたあの『せとか』ができると思うと、なんだかわくわくするのよね!」と明るい答えが返っていきました。

a0254656_19294598.jpg『せとか』は4月下旬から5月上旬にかけて、花を咲かせ、それから約10ヵ月もの長きにわたる果実の栽培期間を要します。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19314958.jpgもちろん、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫の様子はもちろんのこと、その後のお礼肥え、花芽剪定や花芽の芽吹き、開花、着果の頃、摘果作業(写真)、ひも吊り作業、果実が肥大し色づく様などその全てです。

a0254656_19432835.jpgだからこそ、自信をもってお勧めできるし、匠の農家さん「小春農園」さんは、毎年コンスタントに最高品質の『せとか』を提供し続けてくれています。
現地取材を終え、将輝さんと共にハウスを出ると、「小春農園」代表の小原正宏さんが除草作業を終えやってきました。

a0254656_19462337.jpg「将輝と母さん(奥様)が、取材の対応はしてくれた?」と小原さん。
「えぇ!ありがとうございました。今回の取材もバッチリです!」と言う私に、
「それは良かった!」といつもの笑顔です。

a0254656_19493767.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で果樹栽培を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力を持つ親子の匠が中心となり、まさに“本物”と呼べる様々な農作物を育てています。

a0254656_19545059.jpg本日紹介した『せとか』の他には、弊社のリピート率ナンバーワン商品柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』をはじめ、『ザ・みかん』、幻の白い『長生たけのこ』、『干したけのこ』、山あいの『南高梅(青梅、完熟梅)』、『原木しいたけ』、『乾燥しいたけ』、なども生産していて、いずれもネット独占販売している「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。

a0254656_19584450.jpg現在は、完熟ならぬ“甘熟”にこだわった、山あいの『甘熟いちじく』を販売していて、朝採り即日発送で全国のお客様へとおお届けしています。
数量限定、完全予約制販売です!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓
山あいの『甘熟いちじく』


a0254656_20042740.jpg本日取材した、究極の柑橘『せとか』の2月中旬の収穫が待ち遠しくてなりません。
「小春農園」さんは、これからも惜しまぬ手間ひまと匠の技で、今年も“本物”と呼べる美味さに仕上げてくれることでしょう!

a0254656_20070259.jpg「小春農園」さんの『せとか』は、バツグンの美味しさもさることながら、見た目の美しさも人気の秘密です。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。
これからも、現地取材にてその成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技を紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-11 16:40 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)