ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:小春農園 ( 481 ) タグの人気記事

デコポン(肥後ポン) 果実の成長と元気な夏芽 匠の管理で樹勢もバッチリです!

FLC日記 2018年8月16日(木) 晴れ一時雨
「この時期に夏芽が芽吹くのは樹勢がきちんと保たれている証拠です。ただ、今芽吹いている夏芽には花は来ません。すでに芽吹いて成長している夏芽に来年花が来ます。果実の肥大も順調にできていて、今年度も、来年度もきっと美味しいデコポンがたくさん実りますよ!」
「小春農園」専務の小原将輝さんが、笑顔でそう話しながら成長するデコポンの果実を見せてくれました。
a0254656_18082457.jpg
熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスに、現在の成長の様子を現地取材に伺いました。

a0254656_18114038.jpg「小春農園」さんの『デコポン』の栽培ハウスは、豊かな森に囲まれた、日の当たる山の斜面に建てられています。
これは、「小春農園」さんのみかん畑の入り口付近からの写真です。

a0254656_18131989.jpg「小春農園」さんでは、木造ハウスにて、『デコポン』を栽培しています。
ハウスと言えども、あくまで雨風や病気・害虫から守るためのものです。
ボイラーを炊き、加温して育てているのではありません。

a0254656_18135602.jpg温度調整は、ハウスの開閉のみで、当然自然の風がハウスの中を吹きます。
そこで、「小春農園」さんでは、『デコポン』を、1玉1玉すべてひもで吊り下げて育てます。

a0254656_18152771.jpg成長の過程で、枝が折れたり、果実がぶつかってキズつくのを避けるためです。
これから成長し枝がしなっても、果実同士がぶるからないように、絶妙なバランスで吊り下げてありました。
この惜しまぬ手間ひまが、あの美しいデコポンを育て上げるのです。

a0254656_18164680.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も匠の農家さん「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』をネット独占いたします。

a0254656_18183754.jpg流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

a0254656_18321864.jpg「これが芽吹いたばかりの夏芽です。淡い緑色をしているからすぐにわかりますよね。笠さんは毎年見てるからよくお解りでしょうが、今年も順調に育ってますね!」

a0254656_18392267.jpgこちらは、4月上旬に行う“花芽剪定”作業の様子です。
将輝さんのお父さんで、「小春農園」代表の小原正弘さんが、匠の剪定作業を行っています。

a0254656_18404135.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18414599.jpg「小春農園」さんの『デコポン』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材を重ねてきました。
5月上旬の花咲く様子です。
匠の花芽剪定で、今年ももちろんこうして元気な花が咲きました。

a0254656_18505147.jpg花が咲き終わり、着果後、一定期間の成長を待ち、匠の摘果作業を経て、惜しまぬ手間ひまの枝吊り作業を行い、現在こうしてデコポンの果実は元気に成長中です。
摘果作業や枝吊り作業も現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_18572111.jpg「今の時点でこれくらい成長している夏芽に、来年花が咲きます。これらは大事に育てないといけません。いつも父が言うように、「果樹栽培は毎年コンスタントに高品質のものを作って初めて評価される!」のための大事な夏芽です。」と将輝さん。

a0254656_19020148.jpgこちらも、来年花芽が来る元気な夏芽です。
「小春農園」専務の小原将輝さんは、大学で果樹栽培を学んだ、言わば果樹栽培のスペシャリストです。
特に『デコポン』に関しては、熊本限定栽培品種の『ひのゆたか』を開発した先生から直接指導を受けた愛弟子です。

a0254656_19055156.jpg「なんだか、私は毎年、同じことを言っている気がしますが、今年も果実の成長も順調で、元気な夏芽も芽吹き、かなり良いんじゃないですか?この冬の「小春農園」さんのデコポンにも大いに期待できますね!」と言うと、

a0254656_19081702.jpg「ハハハッ!確かに笠さんは、毎年、今年もかなり良いですね!と言ってくれますね!でも、そうでなければ、いつも父が言う「毎年コンスタントに!」ができないから、当然と言えば当然なんですけどね!」
将輝さんは自信の笑顔でそう話しました。

a0254656_19111808.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの豊富な経験と卓越した技術に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに、息子さんで専務の将輝さんの大学で柑橘栽培を専門的に学んだ知識が重なり、3人の匠が中心となって、毎年変わらぬ美味さのデコポンを育て続けています。

a0254656_19125066.jpg本日ご紹介している『デコポン』の他にも、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。
現在は、山あいの『甘熟いちじく』を、好評発売中です。
完熟ならぬ“甘熟”にこだわったいちじくは、とろけるような食感と、優しい甘さが大人気です。
その他にも、『ザ・みかん』、『原木しいたけ』、『原木しいたけ“トリプル1”』、究極の柑橘『せとか』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『乾燥しいたけ』、『干したけのこ』などすべてが「FLCパートナーズストア」の看板商品となっています。

a0254656_18080226.jpg山あいの『甘熟いちじく』は、現在大好評販売中です。
ただし、毎回の出荷数量限定・完全予約制販売となっておりますので、ご注文(ご予約)はお急ぎください!!
こだわりの『甘熟いちじく』を、朝採りで、即日発送で全国へお届けいたします。

↓ 『甘熟いちじく』のご注文(ご予約)はコチラ!! ↓
FLCパートナーズストア
山あいの『甘熟いちじく』


a0254656_18164717.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年度も「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』をネット独占販売いたします。
12月下旬からは、樹上完熟デコポン『ひのゆたか』、そして3月下旬からは蔵出し完熟デコポン『不知火』の出荷予定です。
これからも、『デコポン(肥後ポン)』の成長の様子、惜しまぬ手間ひまや匠の技などなど、全て現地取材してご紹介していきます。
「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』に、今年度もぜひご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-16 19:17 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」匠は今年も惜しまぬ手間ひまをかけ育てます!果実の玉吊り作業を現地取材!(後編)

FLC日記 2018年8月11日(土) 晴れ時々くもり
『せとか』と言う、“究極の柑橘”究極の柑橘と呼ばれるフルーツをご存知ですか?

a0254656_18534952.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをしたような柑橘で、非の打ち所がないと言われています。
最大の特徴は、やわらかいトロットロの果肉の食感です。
果肉は1粒1粒がトロトロで甘く、爽やかな酸味もあり、種はなく、簡単に手で皮がむけるので、まさに“究極の柑橘”なのです。
a0254656_18575758.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。

a0254656_18585690.jpg収穫及び出荷は、2月中旬から4月下旬位まで!
美味しく、そして見た目も美しく育てるために、生産者の「小春農園」さんが行う、この時期の惜しまぬ手間ひまを現地取材していきましたので、昨日のブログに続き、紹介いたします。

a0254656_19030610.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
『せとか』はこの時期、大きなものはテニスボールほどの大きさまで成長していました。

a0254656_19070043.jpg匠の農家さん「小春農園」さんでは、この時期『せとか』の果実が実る、全ての枝を1本1本ひもで吊るす作業を行います。
それは、気が遠くなるような根気のいる手作業です。

a0254656_19101861.jpg「こうして、脚立の上り下りを繰り返しながら、『せとか』の果実を、1玉1玉ひもで吊るしていくのよ。きれいに、大きくて、美味しく育てるためにね!!」
「小春農園」の小原美子さんが、そう言いながら、手際よく『せとか』の玉吊り作業を行っています。

a0254656_19150147.jpgこれからの果実の肥大を想定して、あえて余裕をもってひもを調整しています。
『せとか』は、果実が300g前後と大変大きくなるので、ひもで吊り下げることで、収穫まで枝が折れることなく育つのです。

a0254656_19170755.jpg収穫の頃には、せとかが実る枝を吊るしたひもが、このように全てピーンとはるのですから、その光景を想定して行うひも吊り作業は、匠の技としか言いようがありません。

a0254656_19193182.jpgさらにひも吊り作業と同時に、2つの惜しまぬ手間ひまをかけています。
『せとか』は、着果してもこうして“柱頭”が残ることがあるので、それをこの時期にきちんと切り落としているのです。

a0254656_19205683.jpgこれも、きれいな『せとか』を育て上げるための大事な作業の1つなんです。
さらに、まだまだ惜しまぬ手間ひまをかけています。
それが、『せとか』が柑橘類ゆえの、美しく育てるためのきびしい戦いです。

a0254656_19233834.jpg『せとか』には、このような鋭いトゲがあります。
そこで、果実の周りにあるものは、この時期に切り落として、長い成長の期間に果実に傷がつかないようにしているのです。

a0254656_19265543.jpg「毎年見せて頂いていますが、ホントこの真夏の時期に大変な作業ですよね!」と言うと、
「ホント大変なのよ(笑)!でもね、こうしてしっかりと手をかけることで、今年もまたあの『せとか』ができると思うと、なんだかわくわくするのよね!」と明るい答えが返っていきました。

a0254656_19294598.jpg『せとか』は4月下旬から5月上旬にかけて、花を咲かせ、それから約10ヵ月もの長きにわたる果実の栽培期間を要します。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19314958.jpgもちろん、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫の様子はもちろんのこと、その後のお礼肥え、花芽剪定や花芽の芽吹き、開花、着果の頃、摘果作業(写真)、ひも吊り作業、果実が肥大し色づく様などその全てです。

a0254656_19432835.jpgだからこそ、自信をもってお勧めできるし、匠の農家さん「小春農園」さんは、毎年コンスタントに最高品質の『せとか』を提供し続けてくれています。
現地取材を終え、将輝さんと共にハウスを出ると、「小春農園」代表の小原正宏さんが除草作業を終えやってきました。

a0254656_19462337.jpg「将輝と母さん(奥様)が、取材の対応はしてくれた?」と小原さん。
「えぇ!ありがとうございました。今回の取材もバッチリです!」と言う私に、
「それは良かった!」といつもの笑顔です。

a0254656_19493767.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で果樹栽培を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力を持つ親子の匠が中心となり、まさに“本物”と呼べる様々な農作物を育てています。

a0254656_19545059.jpg本日紹介した『せとか』の他には、弊社のリピート率ナンバーワン商品柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』をはじめ、『ザ・みかん』、幻の白い『長生たけのこ』、『干したけのこ』、山あいの『南高梅(青梅、完熟梅)』、『原木しいたけ』、『乾燥しいたけ』、なども生産していて、いずれもネット独占販売している「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。

a0254656_19584450.jpg現在は、完熟ならぬ“甘熟”にこだわった、山あいの『甘熟いちじく』を販売していて、朝採り即日発送で全国のお客様へとおお届けしています。
数量限定、完全予約制販売です!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓
山あいの『甘熟いちじく』


a0254656_20042740.jpg本日取材した、究極の柑橘『せとか』の2月中旬の収穫が待ち遠しくてなりません。
「小春農園」さんは、これからも惜しまぬ手間ひまと匠の技で、今年も“本物”と呼べる美味さに仕上げてくれることでしょう!

a0254656_20070259.jpg「小春農園」さんの『せとか』は、バツグンの美味しさもさることながら、見た目の美しさも人気の秘密です。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。
これからも、現地取材にてその成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技を紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-11 16:40 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」匠は今年も惜しまぬ手間ひまをかけ育てます!果実の玉吊り作業を現地取材!(前編)

FLC日記 2018年8月10日(金) 晴れ時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。
a0254656_17461446.jpg


a0254656_17473930.jpg弊社で販売している究極の柑橘『せとか』は、匠の農家さん「小春農園」さんが、惜しまぬ手間ひまと匠の技で育て上げた『せとか』の中から、選びに選び抜いた“極選”の『せとか』を、『プリンセスせとか』と命名し販売しています。
その美味しさはもちろんのこと、見た目の美しさも大人気で、すでに次回(2月中旬ごろ出荷)の初回発送分ではたくさんのご予約を頂戴しているほどなんです。

a0254656_17512545.jpgこれほどまでに美しく育て上げるためには、この時期に一切の妥協を許さぬ、惜しまぬ手間ひまをかけているのです。
その様子を、本日現地取材してきましたので、ご紹介いたします。

a0254656_17541405.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
左が『せとか』の栽培ハウスで、右は柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスです。

a0254656_17551543.jpg雄大な大自然の中、陽の当たる山の斜面を利用したハウスで、『せとか』も『デコポン(肥後ポン)』も栽培されています。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17574851.jpgもちろん、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「小春農園」専務の小原将輝さんと共にハウスの中にお邪魔しました。

a0254656_17592768.jpg「うわぁ!ずいぶん大きくなりましたね!大きなものはテニスボール位あるようですね!と言うことは、枝吊り作業の真っ只中ですか?」と尋ねると、
「そうです!私と父はこの時期、草刈りをしてるので、母が一人で頑張ってくれてます。」と将輝さん。

a0254656_18030678.jpg収穫の取材の際に撮影した匠の親子のスリーショットです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で果樹栽培を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力を持つ親子の匠で、まさに“本物”と呼べる様々な農作物を育てています。

a0254656_18043528.jpg「草刈りとおっしゃいましたが、せとかのハウスの中はまだしないんですね!」と言うと、
「そうですね!潅水は定期的に行っていますが、あまりにも雨が少ないので、保水もかねて今は伸ばしてます。」と将輝さん。
「小春農園」さんでは、“草生栽培”と言って、地面の雑草をあえて伸ばして果樹を育てています。
時期をみて、全て手作業で草刈りをして、それらの草はそのまま有機肥料としています。

a0254656_18102740.jpg4年ほど前の10月上旬の草刈り後の様子です。
草を自由に伸ばすことで、仮にハウス内に病気や害虫が侵入しても果樹に影響することなく草にとどまるという効果もあるのです。
もちろん、草だけでは肥料は足りませんので、時期をみて有機肥料の“ぼかし肥料”を与えています。

a0254656_18125706.jpg「この時期に、きちんと夏芽も伸びてきてますよ!しっかりと樹勢が保たれているという証拠ですね!」と将輝さん。
「これが夏芽ですよね!」と言いながらカメラを向けました。

a0254656_18135452.jpg「これからの夏の剪定で、しっかりと良い芽だけを残します。今はこうして元気に成長していますね!これが来年果実を実らせる枝になるんです。」と将輝さん。
将輝さんは、2年後、3年後を見据えながら『せとか』を育てています。

a0254656_18212644.jpgそして、今年も『せとか』が実る枝を1本1本全てひもで吊るしながら育てていきます。
その作業の際に、もう2手間をかけ、あの美しい『せとか』に育て上げるのです。

a0254656_18283676.jpgその様子がこちら!
主に、将輝さんのお母さんで小原美子さんが、最も暑いこの時期に、脚立を何度も上り下りしながら、惜しまぬ手間ひまをかけ作業を行っていました。
「おはようございます!」と声をかけると、
「あらぁ!笠さんおはよう!今年も取材に来たと?ホントマメに取材に来るね!」と美子さんのいつもの明るい声が返ってきました。

a0254656_18335147.jpgさて、その惜しまぬ手間ひまの様子を詳しく紹介したいところですが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで詳しく紹介したいと思います。

a0254656_18354484.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。
「小春農園」さんの究極の柑橘『プリンセスせとか』は、2月中旬ごろに毎年収穫を迎えます。
究極の柑橘と言われるだけあって、その栽培方法はかなりの技術と、多くの手間ひまを要します。
明日のブログで、その中の1つの枝吊り作業を詳しく紹介します!
お見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-10 18:38 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

甘熟いちじく 平成30年度の先行予約受付スタート!!朝採り即日発送で8月10日(金)より発送いたします!

FLC日記 2018年8月3日(金) 晴れ時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、この時期の大人気商品、山あいの『甘熟いちじく』の先行予約受付を、本日よりスタートしました!
a0254656_17501937.jpg
大変ありがたいことに、こうしてブログやホームページで先行予約受付スタートのご案内をする前に、今年もすでに昨年もご購入いただいたお客様からは、たくさんのご予約を、メールやお電話で頂戴している大人気商品です。

a0254656_17550543.jpg初回から3~4回の発送分をどうしても予約したいとお電話をいただく理由がこちらです!
初回発送から4回ほどは、1パックに2玉しか入らない大玉サイズも出荷します。

a0254656_17561224.jpg毎年購入いただくお客様はそれを知っていて、どうしてもその大きないちじくを注文したく、早い方は昨年の最終発送が終わると同時に、今年の初回発送のご予約をいただくほどの人気なのです!

a0254656_17575209.jpg最初の4回ほどまでの、大きなことは置いといて、やはり人気の秘密は、樹上で完熟させた、甘さにこだわる『甘熟いちじく』だからです。
いちじくは、樹上で完熟させないと、本当のおいしさになりません。
生産農家の「小春農園」さんは、いちじくを育てて、19年の匠の農家さんです。
「小春農園」さんが出荷するいちじくは、しっかりと樹上で完熟させた、さらに上の『甘熟いちじく』なんです。

a0254656_1937670.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年度も「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
写真は、通常サイズの『甘熟いちじく』です。
1パック3~4玉入りを4パックで1箱、12~16玉入りでの販売です。
8月10日(金)の初回発送から4回ほどは、1パックに2玉しか入らない大玉サイズも出荷します。
早い者勝ちですよ!
※以降、毎週火曜日と金曜日の出荷です(8月14日(火)はお盆休みのため出荷はありません)。

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓
山あいの『甘熟いちじく』


a0254656_18090115.jpg生産者と生産地の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、のどかな山あいの里山です。
生産者の「小春農園」さんは、山あいの『甘熟いちじく』を、ハウスで育てています。

a0254656_18092458.jpgハウスといえども、加温をして育てるのではなく、あくまで雨風から果樹を守るための〝屋根”と言ったところでしょうか。
こののどかな山あいには野生動物もたくさん生息しているため、フェンスをはり、イノシシやタヌキから大事ないちじくを守っています。

a0254656_18144842.jpg今紹介した4枚の写真は、昨年の収穫直前に撮影したものです。
毎年、みなさんよりもお先に、その年のいちじくを試食させていただいています。

a0254656_18170778.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんと息子さんで専務の小原将輝さんです。
「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、そして大学で柑橘類を専門に学んびながら、様々な技術を習得している将輝さんの、3人の“匠”が中心となり、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_18201365.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18254107.jpg本日、紹介している、山あいの『甘熟いちじく』も、収穫時期のみならず、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、昨年12月15日の落葉の様子です。
いちじくは、その頃の急な冷え込みと共に、こうして1日で葉を落とすのです。

a0254656_18273208.jpg3月に行われる剪定作業の様子です。
「小春農園」さんでは、「一文字整枝法」と言う栽培方法で『甘熟いちじく』を育てています。
1本の果樹から両サイドに主幹を伸ばし、それを1列になるよう仕立てて管理する栽培方法です。
毎年繰り返される匠の剪定作業で、春には新芽が芽吹き、結果枝を作り上げます。

a0254656_18310015.jpgそうして、作り上げた結果枝は、惜しまぬ手間ひまをかけ育て上げます。これは、5月下旬の芽カギ作業の様子です。
母子から芽吹いている新芽と、結果枝の副梢(脇芽)を徹底的にかいで(摘んで)いくのです。

a0254656_18322000.jpg成長した結果枝は、6月上旬ごろ、ハウス内に張り巡らせたワイヤーから降ろしたひもに、全ての結果枝を巻き付けて栽培していきます。
いちじくの果樹が風で揺れ傷ついたり、ましてや枝が折れたりしないようにするのです。

a0254656_18341479.jpgもちろん枝が揺れないということは、そこに実るいちじくの果実も傷つくことなく育てることができます。
本日のブログでは、こうしてダイジェストで紹介していますが、その都度、惜しまぬ手間ひまや匠の技を詳しく紹介してきました。

a0254656_18392723.jpg年間を通して取材してきたからこそ、自信をもってお勧めしています。
そして、何より人気の秘密はその美味しさです。
樹上完熟にこだわりぬいた、「小春農園」さんの『甘熟いちじく』は、これほどまでの大人気商品になったのです。

a0254656_18410950.jpg一般的に流通しているいちじくの多くは、完熟する前にまだ青さが残るうちに収穫されます。
いちじくは、傷みやすいので、一般流通過程での店頭に並ぶまでの約1週間の間に完熟だと商品として出せなくなるからです。

a0254656_18424818.jpgいちじくは、絶対に樹上完熟させないと、本当の美味しさになりません。
そこで「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの、こだわりの樹上完熟の『甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。

a0254656_18440600.jpgもちろん今年も、朝採りの『甘熟いちじく』を即日発送して、翌日、遅くとも翌々日にはお届けいたします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
“本物”と呼べる、「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』、早い者勝ちですよ!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-03 18:46 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

甘熟イチジク 大人気の“甘熟”いちじく!今年も順調に成長し、8月10日前後からの発送予定です!

FLC日記 2018年7月27日(金) 晴れ

a0254656_18241804.jpg「今年もかなり順調に育ちよるばい!例年通り、8月上旬、お盆前には初出荷ができそうばい!」
匠の農家さん「小春農園」代表の小原正宏さんが、そう言いながら山あいの『甘熟いちじく』の栽培ハウスを案内してくれました。
こちらが、現在の山あいの『甘熟いちじく』の様子です!
a0254656_18254911.jpg


a0254656_18261804.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も、匠の農家さん「小春農園」さんの『山あいの甘熟イチジク』をネット独占販売いたします。

a0254656_18283501.jpg完熟ならぬ、樹上で“甘熟”させた、とびっきりの美味しさです!
この写真は、昨年8月上旬に撮影したものです。
今年の、初出荷は8月10日(金)の予定です。

a0254656_18294963.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』の栽培ハウスです。

a0254656_18302794.jpgハウスといえども、加温をして育てるのではなく、あくまで雨風からいちじくの果樹や果実を守るための〝屋根”と言ったところでしょうか。
ですから、両サイドや入り口付近は大きく開いています。

a0254656_18353335.jpgこちらは、昨年12月8日、早朝のいちじくの落葉の様子です。急に寒くなり、一晩でいちじくの葉っぱがこのように落葉してしまったのです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_18424478.jpgもちろん「小春農園」さんの『甘熟いちじく』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して、現地取材してきました。
こちらは、冬の剪定の様子です。

a0254656_18433236.jpg「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、そして息子さんで専務の小原将輝さん(写真)の、大学で柑橘類を専門に学んだ技術を持つ将輝さんの3人の“匠”が中心となり、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_18460983.jpg本日紹介している『甘熟いちじく』の他には、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』(写真)、究極の柑橘『せとか』、『ザ・みかん』、無農薬栽培の『原木しいたけ(乾燥・生)』、幻の白い『長生たけのこ』、『干したけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』などを育てていて、それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_18510359.jpgいちじくに話を戻しましょう!
5月上旬、いちじくたちはこうして一斉に芽吹いてきます。
「小春農園」さんでは、「一文字整枝法」と言う栽培方法で『甘熟いちじく』を育てています。

a0254656_18553405.jpg1本の果樹から両サイドに主幹を伸ばし、それを1列になるよう仕立てて管理する栽培方法です。
そして今年も、冬の剪定の匠の技で、きちんと果実が実る良い芽が芽吹いていました。

a0254656_18590401.jpg植物は、幹の上部をよりたくさんの水や栄養が通ります。
幹の上の部分から芽吹いた元気な芽は、成長が激しく果実を実らせない傾向にあります。

a0254656_19012796.jpgそこで、「小春農園」さんでは、主幹から伸びた母枝の、下から芽吹く芽を残し、それにいちじくの果実を実らせます。
1節目からきちんと実らせる匠の技です。

a0254656_19021785.jpgそしてこの時期、母枝の下から芽吹いた結果枝のみを残し、不要な新しい芽を全てかいでいきます。
その結果枝に美味しいいちじくを全力で実らせるためです。

a0254656_19045912.jpgそして本日、現地取材に伺うと、こうして今年もきちんと1節目からいちじくの果実が成長していました。
「小春農園」さんでは、こうして毎年コンスタントに美味しいいちじくを実らせています。

a0254656_19083692.jpgなぜそこまで1節目から実ることにこだわるかと言うと、1節目~3節目くらいまでは、こんなに大きないちじくが実るからなんです。
もう何度も「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』をご購入いただいているお客様からは、初出荷から数回のこの大きないちじくが食べたくて、今年もすでにたくさんのご予約を頂戴しています。

a0254656_19131721.jpgでもやはり、人気の秘密は、こだわりの“甘熟”ににこそあるのです。
「いちじくは、絶対に樹上で完熟させんと本当の美味しさにならんとたい。だけん、朝採り、即日発送するけん、遅くとも中1日ではお客様に届けるように!」
これが、弊社と小春農園さんとのいちじくを販売するにあたっての約束です。

a0254656_19153218.jpg一般的に、スーパーなどの店頭に並ぶいちじくは、ここまで完熟したものではありません。
収穫から店頭に並ぶまで1週間ほどかかるので、完熟前に収穫し出荷されるものばかりです。

a0254656_19175974.jpg“甘熟”にこだわった、いちじくを収穫から翌日、もしくは翌々日には全国のお客様へお届けします。
今年もぜひ、いちじくの本当の美味しさをご堪能ください!

a0254656_19171471.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
8月上旬から、10月いっぱいまでの出荷を予定しています。
これからも、さらに大きく成長し、色付いてくる様子もまた現地取材してご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-07-27 19:21 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

無農薬栽培の熊本産たけのこで作った『干したけのこ』平成30年度商品は残りわずか!早い者勝ちです!

FLC日記 2018年7月17日(火) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんが無農薬・有機栽培で育てた「たけのこ」から作った、『干したけのこ』をネット独占販売しています。
a0254656_17380580.jpg


a0254656_17412352.jpg『干したけのこ』とは、たけのこを茹でて乾燥させたもので、スーパーなどでは“乾燥たけのこ”として販売されていることも多いようです。
食物繊維の塊のようなもので、しかも低カロリー!
便秘の改善や大腸がんの予防にも効果的だと言われ、多くのメディアで取り上げている、健康にも良いと言われる万能食材です。
『干したけのこ』は、水またはぬるま湯でもどして使用します。

a0254656_17470866.jpg戻したものがこちら!!
お好きなサイズにカットして、様々なお料理に活用できます。
この写真は、ちょっと見栄え良くしようと屋外で撮影しましたが、もちろんキッチンで普通に水またはぬるま湯でもどしてください!(笑)

a0254656_17500397.jpg黄金色に輝く美しさと、とても平な形状がとても好評で、「小春農園」さんの『干したけのこ』は、毎年決まって完売する大人気商品です。
そこで今年は、生産農家の「小春農園」さんにご協力いただき、昨年より入荷数をかなり増やして販売をしていますが、管理のハイペースで出荷中のため、残りの販売予定数が少なくなてきました。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますいので、とにかくご注文はお急ぎ下さい!

↓ 今すぐ注文したい方、詳細を知りたい方はコチラ! ↓



a0254656_17593085.jpg『干したけのこ』の原材料となる、“たけのこ”は、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの“たけのこ畑”で栽培されています。
「小春農園」さんでは、年間を通し徹底管理し、有機肥料とミネラルを与え、無農薬栽培で除草剤も一切使用しない安心・安全なたけのこを育てるこの竹林を、“たけのこ畑”と称しています。

a0254656_18010957.jpgその中でも、長生地区にある独特な粘土質の赤土の土壌の“たけのこ畑”では、「FLCパートナーズストア」がネット独占販売する、幻の白い『長生たけのこ』が育ちます。
こちらも、毎年完売する大人気商品で、すでに来年のご予約を多数頂戴しているほどなんです。

a0254656_18050949.jpg最大の特徴は、その地の独特な赤土が作り出すたけのこの“白さ”です!
「小春農園」さんが同じように手をかけ、徹底管理する他の“たけのこ畑”では、この白いたけのこは採れません。

a0254656_18064731.jpgしかも、この様に穂先(たけのこの先端の葉っぱ)が黄色いたけのこ!
つまり、まだ全く地表に出ていないものだけを掘り上げ出荷します。
ですから、たけのこがシャキッとしていてやわらかいんです!!
有名日本料亭や、大人気和食店からもご注文いただく、超売れ筋の商品です。

a0254656_18171175.jpg『干したけのこ』日本話を戻しましょう!
地中から掘り上げる、生のたけのこの出荷が終わる5月上旬、“たけのこ畑”では、たけのこが元気に伸びてきています。

a0254656_18191406.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
『干したけのこ』用のたけのこの収穫の様子も現地取材しています。

a0254656_18241091.jpg『干したけのこ』用のたけのこは、成長著しい時の、一番やわらかい部分を使います。
収穫はあっという間でした。
「小春農園」代表の小原正宏さんが包丁を使って一気に収穫しています。

a0254656_18303985.jpgその最も柔らかいたけのこを斜めに切った後は、上の部分を切り落とし、下の方を切りそろえます。
「とにかく新鮮さが大事たいね!家ではもう、お湯も沸かして加工の準備ばしよるとたい。」と小原さん。

a0254656_18312447.jpg小原さんの息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんが大量の『干したけのこ』用のたけのこをモノレールに乗せてやってきました。
すぐに持ち帰り、加工するのです。

a0254656_18350099.jpg加工は、皮をむき、同じ大きさに切りそろえ、茹で上げ、乾燥させるという工程で行います。
その際に、惜しまぬ手間ひまをかけるからこそ、平らで黄金色に輝く『干したけのこ』になるのです。

a0254656_18402800.jpg小原さんの奥様の小原美子さんにその惜しまぬ手間ひまを見せて頂きました。
「包丁の柄の部分を使って、たけのこの節はきれいに落とすのよね。それと、外側の皮の付いていたところも、どうしてもデコボコしちゃうので、きちんとそぎ落として商品にするのよ。このひと手間が、平らな『干したけのこ』にするためのポイントよね!」

a0254656_18434060.jpgゆで上げたたけのこは乾燥機で乾燥させます。
こちらは乾燥機から出てきたばかりのたけのこたちです。
この時点ですでに、黄金色になっていますが、さらにもうひと手間をかけ仕上げるのです。

a0254656_18462515.jpgそれが、この天日干しです。
乾燥器から出てきたばかりとは明らかに色が違いますよね!
太陽の光を十分に浴び、黄金色に輝く、うま味を詰め込んだ『干したけのこ』になるのです。

a0254656_18502871.jpgですから、弊社で販売しているのは“乾燥たけのこ”ではなく『干したけのこ』なんです。
「小春農園」さんの『干したけのこ』の人気の秘密は、この黄金色に輝く美しさと、大きくて平らな形状にあります。
水に戻しカットすれば、お好きなサイズで『干したけのこ』を料理に活用できます。


<調理例>
★みじん切り→餃子の具材として
★細切り→チンジャオロース
★短冊切り→メンマ
★千切り→きんぴら
★大きめに切って→煮物
★小口切り→たけのこご飯
※まだまだたくさんのお料理に活用できますよ。



a0254656_18522410.jpgこちらは「棒鱈と干したけのこの煮物」です。
熊本県では割とポピュラーな料理で、特に私が住む熊本県菊池市では、お盆には欠かせない郷土料理です。
私も、子供のころから、お盆と言えばこの「棒鱈と干したけのこの煮物」を食べていました。

a0254656_18560713.jpg先ほどの調理例で紹介した、チンジャオロースは、私の大好物です。
ご飯のおかずとしても、ビールと一緒にでも美味しくいただけます!!
ピーマンのサクッとした食感と牛肉のジューシーさに『干したけのこ』ならではのシャリコリ感が加わることで、まさにパーフェクトな美味さです!!

a0254656_19001709.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの『干したけのこ』をネット独占販売しています。
長期保存も可能なので、ぜひまとめ買いをおススメします。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!
手軽に利用できる“健康食材”の『干したけのこ』をお求めください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-07-17 19:02 | 干したけのこ | Trackback | Comments(0)

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2018) 後編:大きく、美しく仕上げるための匠の技

FLC日記 2018年 7月1日(日) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も匠の農家さん「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』をネット独占いたします。
a0254656_16343052.jpg


a0254656_16350907.jpg平成29年度の「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』は、熊本限定栽培品種の樹上完熟デコポン『ひのゆたか』、蔵出し完熟デコポン『不知火』ともに、出荷予定数を今年も全て完売しました。
「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』は、熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」の数ある商品の中で、リピート率ナンバーワンを誇る大人気商品です。

a0254656_16390985.jpg本日は、昨日に続き熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』の現在の成長の様子と、匠の摘果作業についてご紹介いたします。
栽培ハウスの1ヶ所に一昨日伺いました。

a0254656_16405127.jpg「毎年見てきた光景とはいえ、今年も見事に着果してますね!」と言うと、
「えぇ!父と二人でしっかりと花芽剪定ができたので、良い花が咲き、しっかり着果してますね!」と「小春農園」専務の小原将輝さん。

a0254656_16422444.jpg「これは摘果の死骸がありますね!(笑)」と言う私に、
「ハハハッ!確かにそうですね!しっかりと判断して摘果していきますよ!」と笑顔で答えてくれました。

a0254656_16460885.jpg将輝さんは秋ほどわたQ氏と談笑していた時とは、表情が一変し、匠の顔となり手際よく摘果作業を始めました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16475672.jpgもちろん「小春農園」さんのデコポンの栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「今日は果樹の赤道面あたりまでの、手の届く範囲をまず摘果します。」と将輝さん。

a0254656_16501844.jpg「果樹の内側に実っていたり、下の方に実っているものは、しっかりバランスを考えて残さないと、小さいものになってしまいます。今年も樹勢がしっかり保たれてるので、昨年より若干多めに残す予定ですが、1割も増やすことはないですね!」

a0254656_16521642.jpg「数ではなく、品質なんです。いつも父が言うように、「毎年コンスタントに良いものを作って、果樹栽培は初めて評価される!」と言うことを念頭に置いて摘果のを判断しています。」

a0254656_16541412.jpg「果樹の内側に実ったり、下の方に実るのは、バランスをきちんと見据えて摘果してあげないと、大きくならないんです。その判断は、毎年やってきたからこそできるのだと思います。」

a0254656_17340345.jpg「上の方にはたくさん実っていますが、あまり早く摘果しすぎると、勢いがり過ぎるので、デコポンの果皮がゴツゴツした果実になるんです。その判断も極めないと高品質のデコポンを毎年作り上げるのは難しいですね。」と将輝さん

a0254656_17364067.jpg「なんか、すごい匠の技をサラリと話しましたね!今年の「小春農園」さんのデコポンには、もちろん期待して良いってことですよね!」と言うと、
「もちろんです。お任せください!」
将輝さんは、自信の笑顔でそう話しました。

a0254656_17404229.jpg匠の判断の摘果作業を終えると、次にデコポンの玉吊り作業が行われます。
こちらは、以前取材した、玉吊り作業の際の、「小春農園」代表の小原正宏さんと、将輝さんの親子の匠のツーショットです。

a0254656_17421836.jpg「小春農園」さんでは『デコポン』を、1玉1玉全てひもで吊り下げて育てます。
成長の過程で、枝が折れたり、果実がぶつかってキズつくのを避けるためです。

a0254656_17460117.jpgひも吊り作業は、小原さんの奥様の美子さんが中心となり行います。
真夏のハウスの中で行う、かなり過酷な手作業です。
もちろんその様子もまた、現地取材し紹介したいと思います。

a0254656_17475902.jpg「小春農園」さんでは、「小春農園」代表の小原正宏さんの豊富な経験と卓越した栽培技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらには、大学で果樹栽培を専門に学んだ、将輝さんの新たな知識が重なり、3人の“匠”を中心として、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_17503190.jpg「小春農園」さんのデコポンは、今年も順調に成長中です。
まだまだ、ピンポン玉より少し大きなくらいの果実ですが、毎年見てきた私には、12月にはデコポン色に輝くハウスの様子がしっかりとイメージできています。

a0254656_17530847.jpg「小春農園」さんのデコポンは、熊本限定栽培品種の、樹上完熟デコポン『ひのゆたか』、続いて、3月下旬からは蔵出し完熟デコポン『不知火』と切れることなく12月下旬から6月中旬までの販売予定です。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの“柑橘王”ことデコポン(肥後ポン)をネット独占販売いたします。
これからも、その成長の様子、惜しまぬ手間ひまや匠の技などを、現地取材にてご紹介していきます。
お見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-07-01 17:56 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2018) 前編:花から着果へ

FLC日記 2018年6月30日(土) 雨のちくもり

a0254656_18261765.jpg「摘果作業は、果実が実る枝の勢いや、その果樹自体の樹勢を判断して決めなければなりません。まずは、果樹の赤道面付近までの下成りや内成りのデコポンから摘果しています。上の方はその後です。果樹の上部に実るデコポンは、あまり早く摘果すると、大きく鼻るのですが、果皮がゴツゴツしたものになるので、上の方の摘果の判断も重要ですね!」

a0254656_18282935.jpgそう話してくれたのは、「小春農園」専務の小原将輝さんです。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんのデコポンの栽培ハウスの1つです。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』をネット独占いたします。
a0254656_18352019.jpg


a0254656_18371926.jpg『デコポン』は、熊本を代表する柑橘類の1つです。独特なかわいらしい形状に加え、酸味と糖度のバランスの良い果汁の美味さは、“柑橘王”と称されています。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」の数ある商品の中で、リピート率ナンバーワンを誇るのが、本日紹介する「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』です。

a0254656_18411311.jpg「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』は、“柑橘王”と称される、甘さと酸味のベストバランスの美味しさもさることながら、この見た目の美しさでも大変に気が高い商品です。
現在、大きくて美しいデコポンに仕上げるための、匠の摘果作業が行われていました。

a0254656_18441708.jpg5月上旬のデコポンの花咲く様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18475816.jpg「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』の栽培の様子も、収穫の時のみならず、もう何年もこうして年間を通して現地取材してきました。
4月上旬のつぼみの様子です。

a0254656_18490444.jpgそのころに行うのが“花芽剪定”です。将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんが、匠の目で判断し剪定作業を行っています。
「俺たちは「命を吹き込む花芽剪定」って呼びよるとたいね。」

a0254656_18533593.jpg「この作業でその年のデコポンの出来の7割以上は決まると言っても過言じゃなかばい!」
「小春農園」さんでは、小原さんの長年の経験と卓越した技術、美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに果樹栽培を大学で専門的に学んだ将輝さんのスペシャリストの知識が重なり、毎年変わらぬ味の“本物”と呼べるデコポン(肥後ポン)を作り続けています。

a0254656_18585184.jpg小原さんや将輝さんの、匠の技の“花芽剪定”で、今年も元気な花が咲き、5月中旬ころからはこうしてビー玉ほどの小さなデコポンが着果していました。
しかし、まだこの時点では、きちんと着果しているとは言い切れないのです。

a0254656_19074804.jpgこちらは、現在の様子です。
先ほどの写真から1ヶ月以上もたっていますが、あまり大きさが変わらない果実がありました。
しかも、黄色くなっています。

a0254656_19094520.jpgそれらはいずれ果実に栄養を与えるのをやめ、こうして自ら落ちていきます。
その現象を「生理落下」と言います。
再び、将輝さんにお話をうかがいました。

a0254656_19120419.jpg「着果している果実は、この時期、ピンポン玉くらいの大きさになってます。今の時期まで待つと、生理落下はほぼ終わっています。ただ、デコポンは頑張り屋さんなので、そのままでたくさんの果実を実らせようとするんです。」

a0254656_19161068.jpg「そうなると、果実は小さなものがたくさん実ることになるんです。そこで、大きくてきれいで美味しいデコポンに仕上げるための作業が、この摘果作業と言うことになるんです。」

a0254656_19203493.jpg「この時期まで待つと、着果しているかどうかは毎年取材している笠さんならもお解りですよね?」と将輝さん。
「果実の茎のシマシマですよね!」と言うと、
「そう!その通りです。」

a0254656_19183458.jpg「きちんと着果している果実の茎の部分は、こうしてグリーンから色が変わって、シマシマになっています。ここまではっきりしていると、確実に着果しているという証拠になります。」と将輝さん。

a0254656_19244699.jpg「きちんと着果していても、将輝さんが匠の判断をして摘果するんですよね?その基準はどこにあるのですか?」と尋ねたところ、本日のブログの冒頭の話になりました。
詳しく紹介したいところですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介することとします。

a0254656_19301602.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの“柑橘王”ことデコポン(肥後ポン)をネット独占販売いたします。
弊社の数ある商品の中で、リピート率がナンバー1なのが、「小春農園」さんのデコポン(肥後ポン)です。

a0254656_19315490.jpg12月下旬には、今年もこの“デコポン色”に輝くハウスを見ることができると思います。
今年も、12月下旬より、熊本限定栽培品種の、樹上完熟デコポン『ひのゆたか』からの収穫及び出荷予定です。
続いて、蔵出し完熟デコポン『不知火』と切れることなく1月上旬から6月中旬までの販売です。
これからも、その成長の様子、匠の技などを取材しご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-06-30 17:20 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

山あいの南高梅 平成30年度完熟梅初出荷!手摘み、手選別で全国へ!!残りわずか!早い者勝ちです!(後編)

FLC日記 2018年6月20日(水) 雨(豪雨、雷)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、熊本産『山あいの南高梅(完熟梅)』をネット独占販売中です。
昨日(6/19)より、今期の出荷をスタートしました。
a0254656_16290780.jpg


a0254656_16334761.jpg『山あいの南高梅』は、匠の農家さん「小春農園」さんが惜しまぬ手間ひまをかけ、熊本県山鹿市鹿北町の雄大な大自然の日の当たる山の斜面を利用して育てられました。

a0254656_16372827.jpg1つ1つ丁寧に手摘みされた『山あいの南高梅(完熟梅)』を、手選別で選び抜き、“極選”のものだけを出荷します。
毎年楽しみにしていただいているお客様も多く、早くも来年のご予約も頂戴しているほどの大人気商品です。

a0254656_16393273.jpg南高梅ならではの、赤く色づいた梅もあり、とにかくこの完熟梅の香りのいいこと!
大粒で、キズ一つない選び抜かれた『山あいの南高梅』は本当に美しく、梅干し、梅酒、梅シロップ、梅ジャムなどなどにご利用いただいているようです。

a0254656_16403937.jpgまた、多くのお客様より「少し小さめの完熟梅がほしい!」との、ご要望に応え、『山あいの南高梅(完熟梅Lサイズ)』も大好評発売中です。
今年も、完売間違いなしの大人気商品です。

a0254656_16421467.jpg数量限定の完全予約制販売のため、定数になり次第、誠に勝手ながら予告なしで締め切りとさせていただきます。
受注可能な発送予定日は、残すところあと1回!
ご注文(ご予約)は、お急ぎください!

『山あいの南高梅(完熟梅)』
<発送日(予定)>
下記いずれも数量限定の完全予約制販売です!
平成30年6月19日(火)→完売御礼!(先行予約分にて完売!)
平成30年6月22日(金)→完売御礼!(出荷予定分完売!)

平成30年6月26日(火)→ご予約承り中(6月24日17時締め切り)
※6月26日発送分が今期の最終発送です!!

↓今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!↓
「FLCパートナーズストア」
『山あいの南高梅』



a0254656_16475597.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。
もちろん、「小春農園」さんの山あいの『南高梅』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_16491932.jpg今年も、一昨日取材した収穫の様子はもとより、その後のお礼肥え、夏の剪定、冬の剪定、花咲く様子から着果の頃、成長の過程など、その全てです。
本日のブログでは、昨日に続き、今年の収穫の様子を紹介します。

a0254656_17005076.jpg生産農家の「小春農園」専務の小原将輝さんです。
「今年も大好評いただいています。青梅に続き、完熟梅も完売間違いなしです!」と言うと、

a0254656_17052086.jpg「嬉しいですねぇ~。こうして笠さんが毎年きちんと現地取材に来て、ブログで紹介していることも、良いんじゃないですかね!お客さんとしては安心感が違うと思いますよ。」と将輝さん。

a0254656_17065660.jpgそうこう話していると、将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんと奥様の美子さんが収穫にやってきました。
「今年もかなり売れてるね!ホント俺たちもやりがいがあるよ!」と笑顔で話しています。

a0254656_17092380.jpg「小春農園」さんでは、本日ご紹介している『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』の他にも、『甘熟いちじく』『原木しいたけ(生、乾燥)』『ザ・みかん』柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』究極の柑橘『せとか』幻の白い『長生たけのこ』『干したけのこ』などなどを作物を生産しています。

a0254656_17125434.jpg「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』(写真)は、その見た目の美しさと糖度と酸味のベストバランスの味わいで、ネット独占販売する弊社のリピート率ナンバー1の大人気商品で、今年も出荷予定分はもちろん完売しました。

a0254656_17134407.jpgデコポンの収穫の際に撮影した親子の匠の3ショットです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正弘さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で果樹栽培を専門的に学んだ、息子さんで専務の小原将輝さん(写真)の3人の匠が中心となり、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_17211849.jpg『山あいの南高梅』に話を戻しましょう!
「今日は“外なり”だけばするとだろ?」
小原さんはそう言うと、先に作業を始めていた奥様と合流し、南高梅の収穫を始めました。

a0254656_17240147.jpg昨日のブログで詳しく紹介していますが、この日は果樹の外側に実っている南高梅のみを収穫しています。
“外なり”の方が、成長も早く、熟すのも進んでいるからです。

a0254656_17264464.jpg収穫は、その色合いを匠の目で判断し、1つ1つ手作業で行います。
この写真の左の2つほど色が違えば私もわかりますが、その判断のスピードと収穫の手際の良さは「さすが匠!」と毎年言いたくなるほどです。

a0254656_17310073.jpg収穫後はコンテナに入れ持ち帰り、ここからさらにひと手間をかけるんです。
1つ1つをチェックして、傷の有無を判断し、手選別で選び分け、その選び抜かれた“極選”の南高梅だけを、「小春農園」さんの『山あいの南高梅』として弊社のお客様へとご提供いただいています。

a0254656_17451411.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』をネット独占販売しています。
現在は、完熟梅のみの販売で、受注可能なのは、6月26日(火)の今期最終発送分のみとなりました。
自然豊かな大地で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で愛情たっぷりに育てられた『南高梅』たちです。
今年も、完売間違いなしの大人気商品で、まさに“本物”と呼べる逸品ですよ!
定数になり次第、予告なしで締め切りますので、とにかくご注文はお急ぎ下さい!!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-06-20 17:50 | 山あいの南高梅 | Trackback | Comments(0)

山あいの南高梅 平成30年度完熟梅初出荷!手摘み、手選別で全国へ!!残りわずか!早い者勝ちです!(前編)

FLC日記 2018年6月19日(火) 雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、本日(6月19日(火))より、平成30年度の、匠の農家さん「小春農園」さんの、熊本産『山あいの南高梅(完熟梅)』の出荷をスタートしました!
a0254656_16410546.jpg


a0254656_16422682.jpg『山あいの南高梅』は、匠の農家さん「小春農園」さんが惜しまぬ手間ひまをかけ、熊本県山鹿市鹿北町の雄大な大自然の日の当たる山の斜面を利用して育てられました。

a0254656_16434493.jpg本来は、朝摘み、即日発送を行っていますが、今日は激しい雨が予想され、ここまで熟していると落ちてしまう可能性があり、今年は昨日収穫し、本日発送となりました。

a0254656_16501185.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの南高梅』をネット独占販売しています。
『青梅』は、今期の発送予定分は早々に完売し、すでに今期の出荷は終えています。

a0254656_16521118.jpg完熟梅は本日より今期の出荷スタートです。
数量限定の完全予約制販売のため、定数になり次第、誠に勝手ながら予告なしで締め切りとさせていただきます。受注可能な発送予定日は、残すところあと2回!
ご注文(ご予約)は、お急ぎください!

『山あいの南高梅(完熟梅)』
<発送日(予定)>
下記いずれも数量限定の完全予約制販売です!
平成30年6月19日(火)→完売御礼!(先行予約分にて完売!)
平成30年6月22日(金)→ご予約承り中(6月20日17時締め切り)
平成30年6月26日(火)→ご予約承り中(6月24日17時締め切り)

↓今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!↓
「FLCパートナーズストア」
『山あいの南高梅』



a0254656_16452984.jpg生産農家の「小春農園」専務の小原将輝さんです。
「今年もたくさんの注文が来ましたね!大事に収穫し選び抜き出荷しますね!」
そう笑顔で話すと、さっそく収穫作業に移りました。

a0254656_16580988.jpg「ほら!見て下さい!今年もこのサイズになりました。生産者の自分が言うのもおかしな話ですが、かなり良いですね!」
将輝さんはそう言うと、最初に収穫した完熟梅を見せてくれました。

a0254656_17031811.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。
もちろん、「小春農園」さんの山あいの『南高梅』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17051177.jpg冬の剪定作業(上記写真)も、花咲く様子(右写真)も、着果の様子や成長の過程、収穫はもちろんのこと、その後のお礼肥えや夏の剪定など、その全てを毎年見て、このブログで紹介してきました。

a0254656_17090388.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんと息子さんで専務の小原将輝さんです。
「小春農園」さんでは、このお二人が中心となり、様々な“本物”と呼べる作物を育あげる、まさに匠の農家さんです。

a0254656_17112858.jpgさて、今年の収穫の様子に話を戻しましょう!
「将輝さん!先ほどから見てると、きちんと選びながら収穫しているようですが、どんな基準で収穫してるのですか?」と尋ねると、

a0254656_17162947.jpg「今日は、基本的には“外なり”のものを収穫してます。果樹の外側に実っている方が成長が早いんです。その中でも、完熟の度合いを見定めて収穫してるんですよ。笠さん!ちょうどそこから果樹の下の方をのぞいてみてください!きっとビックリしますよ!」と将輝さん。

a0254656_17185256.jpgさっそくのぞいてみると、思わず「うわぁ!!」と声が出ました。
そこには、まだまだたくさんの南高梅が実っていました。
果樹の下に身をかがめると、さらに完熟梅の良い香りが漂ってきました。

a0254656_17223693.jpg果樹の外側から内側に向けて撮影した写真です。
左下の方には、まだ青さが残る南高梅もありました。
「まもなく、父と母も合流して一緒に収穫しますよ!」と将輝さん。

a0254656_17253205.jpg収穫した中から手に取り、撮影してみました。
私は男性の中でもかなり手が大きい方ですが、2つ乗せるとこぼれ落ちそうなくらいに大きな南高梅です。

a0254656_17332162.jpg南高梅は、特徴として、直接日が当たったところは、このように色づきます。
本日発送分は、外なりのものをメインで収穫しているので、赤く色づいた完熟南高梅も多かったようです。

a0254656_17374330.jpgちなみに、青梅の段階から、直接日が当たったところは赤くなります。
その証拠に、枝の部分がはっきりと色が違っているのがお分かりですか?
この様な赤い南高梅は、梅酒のテレビCMなどでも度々見かけますよね!

a0254656_17431021.jpg「小春農園」さんの『山あいの南高梅』は、毎年購入いただくお客様が多い弊社の大人気商品です。
青梅は今年も販売スタートして間もなく、出荷予定数は早々に完売しました。

a0254656_17553410.jpg実は、この完熟梅もいったん今年度分を完売としましたが、「よそい以上に、今年の収量が見込める様なので、追加の受注をしましょう!」と将輝さんから連絡いただき、現在も追加分のご予約を承っています。

a0254656_17581662.jpgただし、追加の出荷予定数を決めての受注を行っていますが、「自分らが納得できないものは絶対に出さない!」と言う「小春農園」さんのこだわりゆえ、ご予約を承っても出荷できない場合があることをご了承ください。
受注順に出荷してまいりますので、早い者勝ちですよ!!

a0254656_18083662.jpg今日のブログで紹介したように、大事に大事に手摘みで収穫しています。
そして、収穫した中から手選別した“極選”の『山あいの南高梅(完熟梅)』をお届けします。
ご注文(ご予約)はお急ぎください!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「山あいの南高梅」のページから、ご購入できます。
ご来店お待ちしてます!!
完熟梅の収穫の様子はまだまだ紹介したことがたくさんあるので、この続きは明日のブログで紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-06-19 18:10 | 山あいの南高梅 | Trackback | Comments(0)