ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:小春農園 ( 461 ) タグの人気記事

究極の柑橘「せとか」 強い花芽には実らせない!匠の花芽剪定(2018)後編

FLC日記 2018年4月21日(土) 晴れ
『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをした“究極の柑橘”と称されています。
a0254656_16434344.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたしました。

a0254656_17121428.jpg匠が育て上げ、収穫した中から選びに選び抜いた“極選”の『せとか』を、『プリンセスせとか』と称し、化粧箱入り(写真)、くまモン手提げ箱入り(6玉)、お試し4玉、そしてファミリータイプと商品ライナップも充実しています。
おかげさまで今年も大好評いただき、販売可能数は残りわずか(お買い得なファミリータイプのみ)となっています。

a0254656_17170444.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをしたようなまさに究極の柑橘です。
果実がこのように大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

a0254656_17185055.jpgしかし、“究極”とまで呼ばれるがゆえに、『せとか』の栽培には、専門知識と高度な技術が必要です。
その『せとか』を毎年高品質に育て上げる匠が、「小春農園」代表の小原正弘さんと奥様の美子さん、そして息子さんで専務の小原将輝さんです。

a0254656_17244248.jpg本日のブログでは、昨日に続き、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の、“花芽剪定”を現地取材した様子をご紹介いたします。
昨日のブログで、どのような枝を剪定し、どのような枝に着果させ育てていくかをお話していますので、興味のある方はぜひご覧ください!



a0254656_17284479.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材し、このブログで紹介してきました。

a0254656_17323930.jpg収穫の様子はもちろんのこと、収穫後のお礼肥え、花芽剪定や花咲く様子、着果の頃、匠の技の夏芽剪定、摘果作業(写真)、果実の成長の過程の中の温度と水管理などなどその全てです。

a0254656_17361039.jpgこちらは12月上旬のハウスの内張り作業の取材の際に撮った1コマです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で柑橘類を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力で、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

a0254656_17372946.jpg昨日のブログの最後で、“例のアレ”と言うことをお話ししました。
「これさえなければ、もっと生産者も増えるかもしれんし、剪定した枝の片付けもせんで良かとばってんね!」

a0254656_17394642.jpg小原さんがそう言いながら、せとかの果樹に潜り込み1本の枝を剪定してきました。
「すごかでしょ?上向きに落ちてたら長靴ぐらいは簡単に貫通するばい!」
そう言いながらその枝を見せてくれました。

a0254656_17411841.jpg「小春農園」さんでは、剪定したせとかの枝は、“例のアレ”があるからこそ、こうしてコンテナに詰め込み全て持ち出して処分すると言うひと手間をかけています。
例のアレとは鋭いトゲのことなんです。

a0254656_17453809.jpg長いものは10cmほどもある鋭いトゲです。
「これは笠さんに見せようと特に須吾かとば剪定してきたとばってん、笠さんも取材する時はしっかり気をつけにゃんばい!」と小原さん。

a0254656_17531687.jpg「柑橘類では柚子もトゲが凄いですが、『せとか』もほんと凄いですよね!作業をしてると、ひざや手を地面に着くこともあるので、やはり危険防止のために剪定した枝はすべて取り除いてるんです。」と将輝さん。

a0254656_18154457.jpgこちらは、摘果作業後に行う、せとかの果実のひも吊り作業の様子です。
「小春農園」さんでは、ハウス栽培と言えども、締め切って育てるのではなく、ハウスの開閉で温度調整をします。

a0254656_18175018.jpg『せとか』の果実が、成長の過程で枝が折れたり、風で揺れた際に、鋭いトゲで果実に傷がつかないように、1玉1玉ひもで吊るして育てるのです。
究極の柑橘と呼ばれる『せとか』ですが、きれいに美味しく育てるには、たくさんの手間ひまや匠の技を必要としているのです。

a0254656_18214432.jpg将輝さんはいつもの笑顔から一変して、匠の表情でせとかの花芽剪定を行っていました。
収穫後の管理も徹底できていて、今年も本当に良い花芽がきています。

a0254656_18284226.jpgまもなく開花です。
もちろん、花咲く様子もまた現地取材し、紹介いたします。
せとかは開花後、収穫まで約9ヵ月もの栽培期間を要します。

a0254656_18253291.jpg収穫は2月上旬の予定です。
惜しまぬ手間ひまと匠の技で、きっと来年の収穫の際にはこの笑顔が見れると思います。
それまでの期間、これからもしっかりと現地取材を繰り返し、このブログで紹介していきます。
平成31年の、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』にも、ぜひご期待下さい!!
FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-04-21 18:30 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」 強い花芽には実らせない!匠の花芽剪定(2018)前編

FLC日記 2018年4月20日(金) 晴れ

a0254656_16325884.jpg「せとかは、上に伸びた強い花芽には実らせないように剪定するんです。笠さんがさっき見てきた(取材してきた)、デコポンの剪定作業とは明らかに違うでしょ?この強い芽を今から剪定します。」
「小春農園」専務の小原将輝さんが、そう言いながら“花芽剪定”を行っています。

a0254656_16385884.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
ハウスと言えども、ボイラーを焚き、加温をして育てるのではありません。
ハウスはあくまで雨風や病気、害虫から大切な果樹や果実を守るためのものです。
a0254656_16434344.jpg
「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』に中から、選び抜かれた“極選”の『プリンセスせとか』をネット独占販売しています。

a0254656_16465665.jpg『プリンセスせとか』は、大好評につき、昨年をはるかに上回るペースでご注文を頂戴しすでにほぼ完売しました。
現在は、若干小ぶりながらその美味しさは変わらないお買い得な「ファミリータイプ」のみを、残りわずか販売中です!

↓今すぐ購入したい方、詳細を知りたい方はコチラ!↓
「FLCパートナーズストア」
究極の柑橘『せとか』


a0254656_17032348.jpgあらためて生産地と生産者の紹介をします。
「小春農園」さんのみかん畑から撮影した、『せとか』の栽培ハウス(左)と『デコポン』の栽培ハウス(右)です。
自然豊かなこの地の、日の当たる山の斜面にその栽培ハウスはあります。

a0254656_17084828.jpg生産者は「小春農園」さんで、おもに代表の小原正宏さんと息子さんで専務の小原将輝さんの親子の匠が中心となって、様々な“本物”と呼ばれる作物を栽培しています。

a0254656_17133080.jpgこの日私は、2つの取材を目的として「小春農園」さんにうかがいました。
1つ目は、柑橘王こと『デコポン』の花芽剪定の様子(写真)です。
その様子は、4月14日と15日のこのブログ「FLC日記」で詳しく紹介していますので、興味のある方はご覧ください!
そして、2つ目が本日紹介している、究極の柑橘『せとか』の花芽剪定作業の現地取材です。

a0254656_17180678.jpg今年も良い花芽が来ています。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17212791.jpg「小春農園」さんの『デコポン』や『せとか』も、もうな年もその全てを現地取材してきました。
この日は親子の匠がデコポンとせとかのハウスに分かれ花芽剪定をを行っていましたが、私の取材に協力いただき、デコポンのハウスの後にせとかのハウスに集まていただきました。

a0254656_17251099.jpg「剪定すると言われたのは、この枝ですよね!」私がそう言いながら指さすと、
「そうです。その真上に伸びた強い枝は不要です。不要と言うより、良い『せとか』が実らないので、剪定して落とすんです。真上に伸びた強い枝では、『せとか』の果実が大きくなりすぎるとともに、果皮がざらざらなものになってしまいます。」

a0254656_17382634.jpg『デコポン』だと、真上とはいかないにしても、強い芽を残します。そこがデコポンの剪定とは明らかに異なるとこですよね!」
将輝さんはそう言うと、真上に伸びた枝をパチンと言う心地よい音と共に剪定しました。

a0254656_18111207.jpg「では、どこに実らせるのですか?」と尋ねると、「それは良い質問です。斜めに伸びた有葉果に実らせます!どんなに良い花でも、葉っぱを伴わない果実はせとかの場合、美味しくなりません。」

a0254656_18023156.jpg「先ほどの上に伸びた芽を切っても、この斜めに伸びた芽が残っています。いずれも花がきちんと来ていて、若い葉っぱが芽吹いていますよね。この2本に実らせるのか、1本にするのか?1本にするならどちらを残すのか?その辺りの究極の選択を繰り返しながら“花芽剪定”をしてるんです。」と将輝さん。

a0254656_18191844.jpgこちらは、2月上旬の『せとか』の収穫前の様子です。
あの若葉が、美味しい『せとか』を育てるべく、こんなにもたくましい葉っぱとなるのです。
しかしそれは、まだまだ10ヶ月も先の話です。

a0254656_18125847.jpg「『デコポン』も『せとか』も、この花芽剪定は美味しく育つかどうかの重要な作業になるとたい。ただ、それぞれの特徴があるけん、俺はデコポン、将輝はせとかって分かれて剪定しよったわけたい。」

a0254656_18252360.jpg「果樹の本数からすると、デコポンの方がうちでははるかに多かとばってん、せとかは剪定しながら枝ば集めていかにゃんけん、花芽剪定が終わるのはちょうど同じくらいになるとじゃないかな。」と小原さん。

a0254656_18280927.jpg「せとかは枝を集めるのは例のアレのせいですか?」と尋ねると、
「そうそう!解り安かとば見せるけん、写真撮ると良かよ!」そう言いながら小原さんはせとかの果樹に潜り込み、1本の枝を剪定しようとしました。
例のアレについてお話ししたいとこですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで!

a0254656_18312624.jpg収穫の際に撮影した親子の匠の3ショットです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらには大学で柑橘類の栽培を専門に学んだ息子さんで専務の将輝さんの専門知識が加わり、その3人が中心となり、本日ご紹介した究極の柑橘『せとか』など、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_18350776.jpg現在、大好評発売中なのが、幻の白い『長生たけのこ』と、弊社のリピート率ナンバー1商品の、蔵出し完熟『デコポン(肥後ポン)』(写真)です。
6月からは、山あいの『南高梅(青梅、完熟梅)』、8月には『甘熟いちじく』を出荷いたします。
その他には、『原木しいたけ』、『乾燥しいたけ』、『干したけのこ』、『ザ・みかん』なども生産していて、いずれも「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_18384055.jpg「FLCパートナーズストア」では、来年も「小春農園」さんの究極の柑橘『プリンセスせとか』をネット独占販売いたします。
本日は、花芽剪定の様子をご紹介しましたが、これからの花咲く様子や摘果作業、その後の成長の様子など、もちろん今年も現地取材して、このブログでご紹介していきます。
まずは、明日のブログで「例のアレ」も含め紹介しますので、ぜひご覧ください!
お楽しみに‼

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-04-20 18:40 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

幻の白い「長生たけのこ」 平成30年度も残りわずか!お急ぎください!&収穫の様子の番外編

FLC日記 2018年4月17日(火) 雨
今年(平成30年)も「小春農園」さんの、幻の白い『長生たけのこ』は、大好評いただいています。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの、幻の白い『長生たけのこ』をネット独占販売しています。
a0254656_17040720.jpg


a0254656_17054336.jpg「海棠(かいどう)」の花が咲き誇る、今がまさに“最旬”です!
「小春農園」さんでは、完全無農薬で、除草剤も一切使うことなく、安心安全な、幻の白い『長生たけのこ』を生産しています。

a0254656_17065326.jpgこれが、幻の白い『長生たけのこ』です。
熊本県山鹿市鹿北町の「長生(ながそ)地区」にある、粘土質の赤土の特別な土壌でのみ育つたけのこです。
人気の秘密は、その白さもさることながら、とにかくやわらかい食感です!!
まだ、一瞬たりとも太陽の光を浴びていない、完全に地中にあるものを掘りあげています。

a0254656_17154646.jpg今年の初収穫の様子を現地取材に伺った際に撮影した写真です。
こうして、太陽の光を浴びていない穂先(たけのこの先端の葉っぱ)が黄色いたけのこを、特別な土壌の赤土の中から掘り上げています。
太陽の光を一切浴びていないので、エグミがないのはもちろん、たけのこ本来のうま味をギューっと閉じ込めた、朝掘りたけのこを、即日発送でお届けいたします。

a0254656_17303643.jpgしかし、この地で掘り上げたたけのこが全て、幻の白い『長生たけのこ』になるのではありません。
これも丸々と太った良い形状のたけのこですが、すでに穂先が緑色になっていますね。
そうなると、幻の白い『長生たけのこ』としては出荷しません。

a0254656_17353406.jpg掘り上げられ出荷場へと運ぶために集められたたけのこたちです。
この時点で、すでに、幻の白い『長生たけのこ』の、“候補”たちは区別されています。
シダの葉っぱが乗ったコンテナがそうです。

a0254656_17403160.jpg出荷場では、たけのこの根口をきれいに切りそろえ、さらに選びに選び抜いたものだけが、幻の白い『長生たけのこ』として出荷されます。
全体の収穫量のわずか1割程度の、大変貴重なたけのこです。
ですから、数量限定、完全予約制での販売とさせていただいています。
a0254656_17472161.jpg


a0254656_17525398.jpg今期(平成30年度)の出荷は、残すところあと2回!
4月24日(火)、4月27日(金)ですが、24日(火)の発送分はすでに、先行予約にて完売しています。
受注をうけたまわることができるのは、4月27日(金)発送の今期の最終発送分のみです!!

間違いなく出荷予定数を完売する大人気商品です!!
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
とにかくご注文はお急ぎ下さい。

今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
幻の白い『長生たけのこ』


a0254656_18423877.jpgまずは生産地の紹介をします。
幻の白い『長生たけのこ』は、熊本県山鹿市鹿北町の長生(ながそ)地区にある、匠の農家さん「小春農園」さんの特別な「たけのこ畑」で生産されています。
「小春農園」さんでは、年間を通して徹底管理し作り上げた竹林を、「たけのこ畑」と称しています。
たけのこができるのではなく、育てているのです。

a0254656_18445024.jpgこちらは昨年、親竹として残したもの。
毎年、大量の親竹を伐採し、毎年、大量の親竹を立てながら「たけのこ畑」を常に若く維持しています。
また、有機肥料と不足しているミネラルを与え土つくりもして、さらには完全無農薬栽培で育てているのです。

a0254656_18494797.jpgしかし、どんなに年間を通して徹底管理しても、あの真っ白なたけのこは育ちません。
この独特な粘土質の赤土が、真っ白なたけのこを育てます。
他にないこの土壌こそが、“幻”と称されるゆえんなのです。

a0254656_18512088.jpg「小春農園」さんでは、幻の白い『長生たけのこ』を育てるこのたけのこ畑以外にも、4ヵ所のたけのこ畑でたけのこを栽培しています。
もちろんいずれも、同じように年間を通して徹底管理していますが、収穫したたけのこの色合いは全く異なります。
一般的なたけのこに比べると奥のたけのこも白いのですが、手前の幻の白い『長生たけのこ』は、本当に真っ白なんです!

a0254656_19033747.jpg冬の時期に行う、親だけの伐採の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

a0254656_19091384.jpgもちろん「小春農園」さんの幻の白い『長生たけのこ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
「小春農園」代表の小原正宏さんと息子さんで専務の小原将輝さんです。

a0254656_19143425.jpg弊社の契約農家さんの中で、最もお付き合いの長い農家さんで、今では家族同然のお付き合いをさせていただいていて、いつも素敵な笑顔の写真を紹介しています。

a0254656_19330238.jpg笑顔と言えば、今年の初収穫(たけのこ掘り)の際に、こんなに素敵な笑顔の女性にお会いしました。
小原さんの三男の小原寛也(ひろや)さんの奥様のお母さん姉妹とのことでした。
「初めまして!お2人と言う大きな戦力が今日は加わってるんですね!」と言うと、
「戦力だなんてとんでもない。お手伝いに来たのよ。」

a0254656_19204833.jpg「ブログに載せても良いですか?」と尋ねると、
「それならちゃんときれいに写してよ!(笑)」とこの笑顔!
素敵な笑顔をありがとうございました。
その後、お2人は手際よくたけのこを掘り上げていました。

a0254656_19460797.jpg幻の白い『長生たけのこ』は、独特な粘土質の赤土の土壌だけに育つもので、匠の農家さん「小春農園」さんによって、年間を通して徹底管理した“たけのこ畑”で栽培されています。
農薬や除草剤など一切使用せずに育てられた、安心・安全なたけのこです。
地中の中にあるものを、朝掘りで収穫した中から選び抜いた“極選”のものだけをお届けするので、もちろん抜群の美味しさの“本物”と呼べる逸品です。
幻の白い『長生たけのこ』をぜひご賞味ください!!

a0254656_19504892.jpg「FLCパートナーアズストア」では、今年も「小春農園」さんの幻の白い『長生たけのこ』をネット独占販売しています。
ご購入いただいたお客様には全員に、アク抜き用の米ぬか、唐辛子(タカの爪)、山椒の新芽をサービスしています。

a0254656_19532767.jpg熊本の美味しいお米との『たけのこご飯セット』も大人気です。
たくさんの方に食べてもらいたいと今日のブログで紹介しましたが、今期のご注文は最終発送の4月27日分のみとなりました。
早い者勝ちです。
ご希望の方は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、今すぐご注文(ご予約)下さい。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-04-17 19:56 | 幻の白い長生たけのこ | Trackback | Comments(0)

デコポン(肥後ポン) 蔵出し完熟デコポン『不知火』大好評販売中!次の収穫へ向けた選定作業(その2)

FLC日記 2018年4月15日(日) 雨のちくもり時々晴れ
「小春農園」さんの蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』は、今年も大好評!
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「小春農園」さんの蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』をネット独占販売しています。
a0254656_16084153.jpg


a0254656_14004062.jpg現在は、昔ながらの土壁の蔵の中で大切に追熟された、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』が大好評発売中です!
このなんとも愛らしい形状と、糖度と酸味のベストバランスが老若男女を問わず大人気です。

a0254656_16131522.jpg惜しまぬ手間ひまで育て、徹底管理で追熟し、出荷の際に選びに選び抜いた“極選”のキズ一つないデコポンをお届けします。
現在、毎週火曜日と金曜日の発送で、数量限定、完全予約制で販売中です。

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア」
蔵出し完熟デコポン『不知火』

流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

a0254656_16172420.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの木造のデコポンの栽培ハウスです。
もちろん、この時期にデコポンの果実は実っていません。
ではなぜ私がここにいるかと言うと、“花芽剪定”の作業を取材に伺ったのです。

a0254656_16193842.jpg熊本の旬を販売している「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「小春農園」さんの『デコポン()肥後ポン』の栽培の様子も、収穫の時のみならず、もう何年もこうして年間を通して現地取材してきました。

a0254656_16222143.jpg本日は、昨日に続き“花芽剪定”の様子をご紹介いたします。
「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「昨年の夏に芽吹いた夏芽にも花は来るとたい。でも、勢いが良すぎるけん果実がごつごつした感じになるとたいね。」と小原さん。

a0254656_16243892.jpgこれらがおまお話に出てきた夏芽です。果樹全体のバランスを見て、不要な枝を剪定し、良い花芽を残すこの花芽剪定で、デコポンの出来の7割は決まる!と小原さんはいつも話します。

a0254656_16272941.jpg「俺はいつも「命を吹き込む花芽剪定」って言いよるでしょ?絶対に間違うことができない選択をしながら、枝を切り落としよるとたいね。」
小原さんがいつもの優しい芽から、まさに“匠”の芽と変わり、真剣なまなざしで剪定作業を行っています。

a0254656_16371607.jpg「こっちのハウスは『不知火』ばっかりばってん、実はこの子だけは『ひのゆたか』たいね。花芽剪定がちょっと難しかとたい。」と小原さん。
「やはり、『不知火』と『ひのゆたか』では剪定の仕方が違うんですか?」と尋ねると、

a0254656_16394532.jpg「ほら分かる?まだつぼみが見えんでしょ?だけん、違うと言うより『ひのゆたか』は蕾が来るのが遅いけん、今は全体のバランスを見て大まかな剪定をして、細かい花芽剪定は、またあらためてするとたいね。」

a0254656_16434397.jpg「こうして、のこを使って枝ごと落とすこともあるとばってん、残した枝に花が来んこともあるけん、その見極めは大事たいね。」
「え?匠をもってしても、間違うことがあるのですか?」とまた尋ねると、

a0254656_16452946.jpg「ハハハッ!まぁ、めったにはなかばってん、たまにはあるよ(笑)!でも、そうならんように、収穫後も有機肥料もしっかり与えながら管理してきたけん、心配せんでも大丈夫ばい!」と小原さん。

a0254656_16493263.jpgこちらは、収穫の取材の際に撮影した、熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか』です。
「小春農園」さんでは、この『ひのゆたか』と『不知火』と言う2種類のデコポンを栽培しています。
正直、私にはその果実でどちらがどうだと見分けることはできません。

a0254656_16544571.jpgしかし、収穫から出荷までには大きな違いがあるのです。
一般的にはデコポンとは『不知火』と言う品種のこを称しています。
『不知火』は収穫してすぐは酸がきついためすぐに食べることができません。
追熟を必要とし、糖度と酸味のベストバランスになったものだけを出荷します。
今の時期に弊社で販売しているデコポンは、全てこの『不知火』と言う品種です。

a0254656_16515813.jpg一方、『ひのゆたか』は、樹上で完熟し、デコポンの糖度と酸味のベストバランスの美味しさを、追熟を必要とせず収穫後すぐに味わうことができる特別なデコポンなんです。

a0254656_17022788.jpgそうこうしていると、小原さんの息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんが、隣の究極の柑橘『せとか』の剪定作業を中断しやってきました。
「何か声がすると思ったら、やっぱり笠さんでしたか!」と将輝さん。

a0254656_17051949.jpg「今日は、俺はデコポン、将輝はせとかって、2手に分かれて剪定ば行いよったとたい。」と小原さん。
「小春農園」さんでは、この親子の匠を中心として、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_17074923.jpg本日ご紹介している『デコポン』の他には、現在は、幻の白い『長生たけのこ』(写真)や『乾燥しいたけ』を、大好評発売中です。
その他にも、『干したけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、山あいの『甘熟いちじく』、『ザ・みかん』、清流の里の『原木しいたけ』、究極の柑橘『せとか』などすべてが、ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の看板商品となっています。

a0254656_19361077.jpg幻の白い『長生たけのこ』は、数量限定の完全予約制販売で、毎回の出荷予定分は全て完売する大人気商品です。
今年の受注は、残すところ4月20日(金)、4月24日(火)、4月27日(金)の3回分のみとなっています。
ご注文はお急ぎ下さい!

↓今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ↓
FLCパートナーズストア
幻の白い『長生たけのこ』


a0254656_17191822.jpg「今年もほんと良か花芽の来とるばい!」小原さんはそう言いながら、とても優しい眼差しで、デコポンの花芽を見つめていました。
「小春農園」さんの「命を吹き込む花芽剪定」作業は、これからまだまだ続きます。

a0254656_17214464.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原さんの長年の経験と卓越した技術、さらには果樹栽培を大学で専門的に学んだ将輝さんの新たな知識で、今年も間違いなく“本物”と呼べるデコポンを育て上げてくれることを私は確信しています。

a0254656_17402591.jpg「小春農園」さんでは、すでに来シーズンのデコポン栽培がスタートしていました。
現在「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』を、ネット独占販売しています。
この時期にありがちな、「訳ありデコポン」とは異なる、美しいデコポンをぜひご賞味ください。

a0254656_17433729.jpgもちろん、その美味さはには絶対の自信をもっておすすめいたします。
リピート率ナンバー1の大人気商品がこの『デコポン(肥後ポン)』ですよ!!
ご贈答用にも大変喜ばれる、くまモンのデザインボックスに入った商品も大人気です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!
ご来店、お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-04-15 17:44 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

デコポン(肥後ポン) 蔵出し完熟デコポン『不知火』大好評販売中!次の収穫へ向けた選定作業(その1)

FLC日記 2018年4月14日(土) 雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「小春農園」さんの蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』をネット独占しています。
「FLCパートナーズストア」の、リピート率ダントツ1位の、大人気商品です。
a0254656_14004062.jpg


a0254656_14025629.jpg『デコポン』は、“柑橘王”と称される、大変人気高いの柑橘類です。
熊本県が栽培発祥の地とされ、甘さと酸味のベストバランスが、間違いなく“柑橘王”の称号に値するフルーツです!!

a0254656_14063809.jpg流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

a0254656_14050923.jpgリピート率ダントツ1位の人気の秘密は、もちろんなんといってもその美味さ!
甘さと酸味のベストバランスのみずみずしい果汁をぜひお楽しみください!
さらに、箱を開けた瞬間に、その美しさにだれもが圧倒されます!
a0254656_14092690.jpg


a0254656_14134580.jpg現在は、昔ながらの土壁の蔵の中で大切に追熟された、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』が大好評発売中です!
惜しまぬ手間ひまで育て、徹底管理で追熟し、さらに選び抜かれた“極選”の本物の味わいをぜひご堪能ください!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア」
蔵出し完熟デコポン『不知火』


a0254656_14365743.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの熊本限定栽培品種のデコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』の栽培ハウスです。
写真は、4日前の様子で、もちろん今の時期にデコポンの果実はありません。
「小春農園」さんでは、次の収穫へ向け、剪定作業をスタートしたので、その様子を現地取材してきました。

a0254656_14410420.jpg心地よい剪定ばさみの音が、パチン!とハウス内に響いていました。
「小春農園」代表の小原正宏さんが、花芽剪定を行っています。
この春の時期、デコポンの果樹はたくさんの花芽を芽吹かせます。

a0254656_14433965.jpgデコポンの匠「小春農園」の小原正宏さんは、花が咲く前のこの頃に行う剪定を『命を吹き込む花芽剪定』と称しています。
この剪定作業で、次のデコポンの良し悪しの約7割が決まるのです。

a0254656_14490836.jpg「笠さんは毎年見よるけん知ってるかもしれんけど、果樹全体のバランスを見て、不要な枝を剪定し、良い花芽を残すこの花芽剪定こそがホント大事たいね。」と小原さん。

a0254656_14515324.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_14525407.jpgもちろん「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』の栽培の様子も、収穫の時のみならず、もう何年もこうして年間を通して現地取材してきました。

a0254656_15003028.jpg「もう蕾がしっかりと見えていますね!」と言うと、
「今年も良か花芽の来とるばい。だけん、しっかりとさらに良か芽ば残す選択ばしてやらにゃんとたいね。」

a0254656_15043357.jpg「この先にも良い花はあるとばってん、これは切らにゃんね!」
小原さんはそう言いながら、パチン!とハサミを入れました。
「切った先にある花芽ではだめなんですか?いつも先端に実らせているように思っていましたが・・・」と言うと、

a0254656_15044803.jpg「そうね!それは基本たいね。でも、さっきのを切ることで、残したこの花芽が活きてくるとたい!ここにデコポンば実らせようと思って、その先を切ったとたい。ここならしっかりと日が当たるでしょ?」

a0254656_15090351.jpg「そこを先端にしてあげることで、隣の果樹とケンカせんで良かごつするのも大事たいね。上にも横にも、それぞれの果樹のスペースを毎年維持してあげることも大事かな。」

a0254656_15125507.jpg「あと、強すぎる芽にも実らせんようにするね。果実の美しさも大事だから、強すぎると大きな果実はできるけど、果皮がごつごつするし、大味になるけんね。」

a0254656_15161815.jpg「だから、夏芽ではなく、この春に芽吹いた春芽の花に果実を実らせるんですよね!」と言うと、「おぉ!笠さんも毎年見てきたけん、ホント詳しくなってきたねぇ~。まぁ、剪定作業はまだまだ続くけん、また見に来ると良かよ。」と小原さん。

a0254656_15201840.jpgそう言っていただき、私は本日も花芽剪定作業を現地取材に行ってきました。
その様子を紹介したいのですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介します。

a0254656_15245590.jpg現在、「FLCパートナーズストア」で販売しているのは、昔ながらの土壁の“蔵”で追熟させている、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』です。
これは以前の取材で、その蔵の中を特別に見せて頂いた際の写真です。

a0254656_15272922.jpgキズ一つないデコポンのみを、収穫時と出荷時にしか触れることなく大切に貯蔵されています。
そして出荷時には、まさに眠りから覚めた柑橘王が、酸味と糖度のベストバランスの美味となっています。

a0254656_15320406.jpg出荷時にさらに選びに選び抜かれた“極選”のデコポンにのみ、「柑橘王」のシールを貼り弊社のお客様へとご提供いただいています。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの蔵出し完熟デコポン『不知火』をネット独占販売しています。
美しさと、美味しさを兼ねそろえた、私が知る限り最高級のデコポン、それが「小春農園」さんが育て上げた『肥後ポン』です。
“柑橘王”の名にふさわしい逸品ですよ!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ご来店、お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-04-14 15:35 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

山あいの南高梅 着果の様子!今年も6月上旬より出荷しますが、今年からはかなりの数量限定なんです!!

FLC日記 2018年4月11日(水) くもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も匠の農家さん「小春農園」さんが育てた、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』をネット独占販売致します。
本日は、着果の様子を現地取材してきましたのでご紹介いたします。
a0254656_18014877.jpg


a0254656_18044463.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの『山あいの南高梅』の梅園です。
大自然の中、日の当たる山の斜面を利用して、澄んだ空気と清らかな水、大地の恵みで『山あいの南高梅』は育てられています。

a0254656_18060766.jpg私が伺ったのは、朝早かったため、まだ朝日が当たっていないところもありました。
春の下草が随分と伸びているように見えますが、これはこの時期あえて伸ばしているのです。
その栽培方法を“草生栽培”と言います。

a0254656_18082875.jpg下草は、時期を見てすべて手作業で刈り、そのまま有機肥料とします。
また、下草を伸ばすことで、害虫がその草にとどまり果樹に影響を少なくし、さらには害虫を退治してくれる大事な虫も住みつくことができるのです。
取材をしていると、どんどん朝日が当たり始めてきました。

a0254656_18101369.jpgこちらは以前取材した、2月中旬の開花の様子です。
毎年、2月中旬に咲き始め、3月上旬ごろに満開を迎えます。

a0254656_18133732.jpg咲き誇る南高梅の花たちです。本日のブログの2枚目の写真にもあった中央に写る建物は、「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウス、梅園と梅園の間やさらに上部にはみかん畑も見えます。
「小春農園」さんでは、本日ご紹介している『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』の他にも、様々な作物を育てています。

a0254656_18162854.jpg現在、大好評販売中の「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』は、その見た目の美しさと糖度と酸味のベストバランスの味わいで、ネット独占販売する弊社のリピート率ナンバー1の大人気商品です。
a0254656_18181809.jpg
現在は、昔ながらの土壁の蔵の中で大切に追熟された、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』が大好評発売中です!

↓ 詳細を知りたい方、ご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア」
蔵出し完熟デコポン『不知火』


a0254656_18175352.jpg『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』や『デコポン(肥後ポン)』の他にも、『山あいの甘熟イチジク』、『ザ・みかん』、『原木しいたけ』(生しいたけ、乾燥しいたけ)、幻の白い『長生たけのこ』、『干したけのこ』、究極の柑橘『せとか』などなどを栽培していて、今紹介した商品はいずれも「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_18243399.jpg『南高梅』に話を戻しましょう!
出荷の際に撮った写真ですが、この大きさ、お分かりいただけますか?
先ほど花の様子を紹介しましたが、梅は開花から約3ヵ月で収穫を迎える、その間の栽培期間がとても短い作物です。

a0254656_18281263.jpgこちらは現在の様子。
花が終わり着果した南高梅たちです。
ちょうど生理落下が終わった頃です。
それぞれの果樹の体力以上に実ろうとする果実を自ら落とすのが生理落下です。

a0254656_18321124.jpg以前の取材で、「小春農園」専務の小原将輝さんがこんな話をしてくれました。
「梅は開花から収穫までが短いので、草刈りや追肥などそのタイミングはとても重要なんです。」

a0254656_18343526.jpg「着果の頃と同じくして、若葉たちもどんどん成長していきます。その頃、果樹の体力を維持するために、有機肥料を散布するのですが、そのタイミングを間違えると、『南高梅』が成長せずに落ちてしまう可能性があるんです。」

a0254656_18355338.jpg小原将輝さんは、大学で果樹栽培を専門的に学んだ、いわばスペシャリストです。
「実はこの道下の梅園は全て伐採しようと思ってるんです。」と将輝さん。
「え?どうしてですか?」と尋ねると、

a0254656_18401300.jpg「先ほども話したように、開花から収穫までがとても短く、様々な作業を待ったなしで行わないといけないのですが、そのころは、しいたけのコマ打ち、たけのこの収穫、デコポンやせとかの剪定などと、作業が目白押しなんです。」

a0254656_18424821.jpg「南高梅の栽培地をこの道を折り返した先のところだけにして、作業の負担を減らそうと思ってるんです。父とも話したのですが、やはり、しっかり手をかけた高品質のものを作りたいので、苦渋の選択ですがそうするつもりです。」
その言葉通り、この冬、下の段の炭鉱梅たちは全て伐採されました。

a0254656_18454801.jpg着果の取材の当日、デコポンの剪定作業を売る将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんを訪ねました。
「笠さん!伐採した梅園は見てきたね?毎年たくさん注文いただいてきたけん、ほんと申し訳なかとばってん、俺たちも中途半端なものは出したくないとたい。その分、デコポンもしっかり手ばかけるし、もちろん残した南高梅たちは最高に仕上げるけんね。」

a0254656_18511016.jpg下の段の南高梅が咲き誇る頃に撮った親子の匠のツーショットです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18532470.jpgもちろん、「小春農園」さんの『山あいの南高梅』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは夏の剪定作業の際の写真です。
こうして、ずっと取材してきた私は、「小春農園」さんを100%信頼しています。

a0254656_18564731.jpg小原さんの言葉通り、この残した梅園に育つ『南高梅』を、今年も間違いなく“本物”と呼べる『南高梅』に育て上げてくれると思います。
ただし、出荷予定量は昨年の約半分になることをご了承ください。

a0254656_18585245.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も「小春農園」さんの『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』をネット独占販売いたします。
青梅は6月上旬より、完熟梅は6月中旬よりの出荷予定です。

a0254656_19023230.jpg青梅、完熟梅ともに、今年もすでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。
その上、出荷予定量は半分になるのですから、完売間違いなしの早い者勝ちとなります。
現在は、ホームページからのご予約は承っておりませんが、お電話でのみご予約を頂戴しています。
これからも、惜しまぬ手間ひまや匠の技、果樹の成長の様子などなどを取材してこのブログでご紹介していきます。
ぜひご覧ください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-04-11 19:06 | 山あいの南高梅 | Trackback | Comments(0)

幻の白い「長生たけのこ」 平成30年度、本日初出荷!収穫の様子を現地取材!!(後編:収穫における匠の技)

FLC日記 2018年4月7日(土) 雪のちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの、幻の白い『長生たけのこ』をネット独占販売しています。
毎年、発送予定数は必ず完売する大人気商品です。

a0254656_19430311.jpg熊本県山鹿市鹿北町の、匠の農家さん「小春農園」さんによって、年間を通して徹底管理し、農薬や除草剤など一切使用せずに育てられた、安心・安全で、もちろん抜群の美味しさの“本物”と呼べる逸品です。
幻の白い『長生たけのこ』をぜひご賞味ください!!
a0254656_17221924.jpg

今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
幻の白い『長生たけのこ』


a0254656_19524697.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんが、この地の独特な粘土質の赤土のなかから、たけのこを掘りだしています。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町長生(ながそ)地区にある、「小春農園」さんの“たけのこ畑”です。
「小春農園」さんでは、竹林を年間を通し徹底管理し“本物”と呼べるたけのこが育つよう作り上げているので、竹林とは呼ばず、“たけのこ畑”と称しています。

a0254656_19553299.jpg「小春農園」さんの“たけのこ畑”は、計5ヵ所ありますが、ここでのみ真っ白なたけのこが育つのです。
この場所にのみ、独特な粘土質の赤土があります。

a0254656_19594939.jpg「小春農園」さんでは、その土に有機肥料を与え、ミネラルを補いながら、幻の白い『長生たけのこ』を育てています。
しかも、農薬や除草剤などは一切使用していません。

a0254656_20022574.jpg掘り上げたばかりのたけのこです。「ここの“たけのこ畑”以外も、同じように年間を通してピシャっと管理するとばってん、ここでしかあの白いたけのこはできんとたい。」
小原さんがそう話してくれました。

a0254656_20132663.jpgこちらは、この赤土で育った幻の白い『長生たけのこ』と、「小春農園」さんが、この地以外で育てたたけのことを比較した写真です。
奥のたけのこも、一般的なたけのこに比べると白いのですが、手前の幻の白い『長生たけのこ』は、白さが際立っているのがよくわかると思います。

a0254656_20172729.jpgしかし、この地で収穫したたけのこが全て、幻の白い『長生たけのこ』にのあるのではありません。
幻の白い『長生たけのこ』になるポイントは3つ!
1つ目は、もちろんこの特別な土壌で育った白いたけのこであること。
2つ目は、こうして穂先(たけのこの先端の葉っぱ)が、が地表に出る前でまだ黄色いこと。
3つ目は、ずんぐりと太っていて釣り鐘型であること。

a0254656_20193926.jpgシダの葉を載せたたけのこたちが、幻の白い『長生たけのこ』の候補となるものです。
収穫したたけのこのなかから、選びに選び抜いた“極選”のたけのこだけが、幻の白い『長生たけのこ』として出荷されるため、その数は、収量のわずか1割ほど!
いかに“幻”なのかお分かりいただけると思います。

a0254656_20303701.jpg本日のブログでは、昨日に続き、幻の白い『長生たけのこ』の収穫(たけのこ掘り)の様子をご紹介します。
「穂先(たけのこの先端の葉っぱ)がどっちを向いえているかをまず見極めて掘り進めるとたい。たけのこの芯にピシャッとトウガ(たけのこ掘り専用の鍬)を入れると、どぎゃん太かたけのこも掘り上げることができるばい。」

a0254656_11454161.jpg「笠さんは、毎年見てきたけん、掘り上げ方は良く知っとるたいね!今年も丸々と太った良かたけのこのできたばい!」
小原さんは掘り上げたたけのこを見つめながらそう話しました。

a0254656_11513917.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、年間を通してもう何年も「小春農園」さんの幻の白い『長生たけのこ』の栽培の様子を現地取材してきました。
これは、1月下旬から2月上旬に行われる、“たけのこ畑”の管理作業の1つの伐採の様子です。

a0254656_12004709.jpg「小春農園」さんでは、大量の親竹を毎年伐採しながら、大量の親竹を毎年立てて、常に“たけのこ畑”の活性化をしています。
4月中旬から5月上旬にかけては、たけのこの収穫をしながら、計画的に親竹を立てていきます。

a0254656_12020349.jpg出てきたたけのこの横に竹の枝を刺して、目印として収穫せずに残すのです。
こちらは現在の様子。
昨年の収穫時に親竹として残した竹が、こうも立派に成長しています。

a0254656_12131784.jpg小原さんが、たけのこ掘りの美人助っ人(?)を迎えに行ったので、そこからしばらくは小原さんの息子さんの「小春農園」専務の小原将輝さんに同行し、取材を続けました。
美人助っ人のお2人については、また後日、このブログで紹介予定です。
本日は、収穫における匠の技の紹介です。

a0254656_12251974.jpg「笠さん!この下にたけのこがありますよ。」と将輝さん。
「そのひび割れの下ってことですか?」と尋ねると、
「そうですね!これはこの時期にしてはかなり大きいですよ!」と将輝さん。

a0254656_12281393.jpg「え?たけのこがあるかどうかだけではなくて、その大きさもわかるんですか?」と言う私に、
「これだけ大きくひび割れていたら、わかりますね。少し土をよけて、穂先を見れば確定しますが、間違いないです!」と将輝さん。
将輝さんは、自信に満ちた笑みを浮かべました。

a0254656_12320085.jpgトウガを使い土をよけると、黄色い穂先が見えてきました。
「おそらく、これくらいのサイズはあるんじゃないですかね!穂先がこちらを向いているのでこっちを掘りますね。」将輝さんはそう言うと、土を掘り始めました。

a0254656_12400034.jpg将輝さんの話を補足します。
これは別のたけのこですが、穂先が左を向いているのがわかりますか?
向いている方を掘り進めスペースを確保し、そこにトウガを芯に打ち込み収穫するのです。

a0254656_12423532.jpg将輝さんは言葉通りに掘り進めました。
「やはり、先ほど示した位のサイズでしたね!このあたりにトウガを打ち込みますよ!」
まさに匠の技です。
土のひび割れを見て、たけのこの存在はおろか、その大きさまで見事に当てたのです。

a0254656_12454660.jpgそこには、本当に教えていただいたくらいの大きなたけのこがありました。
「カメラの準備は良いですか?1発で決めますよ!」
将輝さんはそう言うと、勢いよくトウガを振り下ろしました。
その瞬間、穂先がピクッと動きました。
「うん。ばっちりですね!」と将輝さん。

a0254656_13035427.jpg将輝さんはトウガを持ち直し、てこの要領で手前に引くと、たけのこがゆっくりと動きました。
見事に掘り上げたのです。
「あれ?ここにあと2本ありますね。」

a0254656_13060288.jpg「こっちは小さいので、すぐ終わりますよ。」
その流れのまま、将輝さんは横にあった小さめのたけのこを掘り上げました。
もう1本は、最初のと同じくらいの大きさでしたが、あっという間に収穫していました。

a0254656_13091895.jpg「穂先が黄色で、丸々としていますが、幻の白い『長生たけのこ』になりますか?」と尋ねると、
「そうですねぇ~、一応、これは候補にはなりますが、出荷前にもう一度選び抜かないといけませんね。」

a0254656_13120927.jpg「小春農園」の皆さんの、土の中のたけのこを探し、掘り上げる高い技術の“匠の技”、さらに、出荷時に本当に良いものだけを選び抜くこだわり、それらが重なり、幻の白い『長生たけのこ』は、毎年多くのリピート購入を頂く大人気商品となっているのです。

a0254656_13194953.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの無農薬で育てた、幻の白い『長生たけのこ』をネット独占販売しています。
今、まさに最旬を迎えた、新鮮たけのこを、朝採り、即日発送で全国のお客様にお届けしています。

a0254656_13284518.jpg幻の白い『長生たけのこ』と、熊本の美味しいお米、さらに、「小春農園」さんの清流の里の『原木しいたけ(乾燥)』をセットにした商品も有りますよ。
現在、ニンジンの販売はありませんが、ぜひそれらでたけのこご飯を作って見て下さい。

a0254656_13320597.jpg幻の白い『長生たけのこ』は、「小春農園」さんの全面協力のもと、収穫したたけのこの中から、選びに選びぬいた“極選”のたけのこを、完全予約制、数量限定で販売しています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
今年も、完売間違いなしの大人気商品です。
幻の逸品をぜひご堪能ください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-04-07 13:36 | 幻の白い長生たけのこ | Trackback | Comments(0)

幻の白い「長生たけのこ」 平成30年度、本日初出荷!収穫の様子を現地取材!!(前編:長生たけのこの条件)

FLC日記 2018年4月6日(金) くもりのち雨
本日、幻の白い『長生たけのこ』を、初出荷しました!
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの、幻の白い『長生たけのこ』をネット独占販売しています。
a0254656_17221924.jpg


a0254656_17264793.jpg幻の白い『長生たけのこ』とは、独特な粘土質の赤土のこの「小春農園」さんの、”たけのこ畑”でのみ育つ、特別なたけのこです。
「小春農園」さんは、年間を通し徹底管理し、たけのこを栽培しています。

a0254656_17275200.jpgご覧ください!
掘り上げられた『長生たけのこ』に、その白さを作り上げる粘土質の赤土がついています。
たけのこが白いなんて信じられない方も多いはず!
それではお見せしましょう!
これが、幻の白い『長生たけのこ』です!

a0254656_17341810.jpg収穫後、出荷のために切りそろえてあります。
幻の白い『長生たけのこ』の、この白さだけに注目が集まりがちですが、その美味さが最大の特徴なんです。
“サクッとしたやわらかさ”と言う表現がピッタリなのですが、歯切れのいいやわらかさと、たけのこが持つ、本来の旨みで、ある有名和食の板前さんに、「これに勝るたけのこはない!!」と言わしめたほどの最高級たけのこなのです。

a0254656_17350899.jpgさらに、完全無農薬栽培で、除草剤なども一切使用せずに育てた、安心・安全なたけのこです。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの、幻の白い『長生たけのこ』をネット独占販売しています。
発送日を決めての、数量限定、完全予約制での販売です。

a0254656_17473043.jpg

今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
幻の白い『長生たけのこ』


a0254656_17515168.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町長生(ながそ)地区にある、「小春農園」さんの“たけのこ畑”です。
「小春農園」さんでは、年間を通しこの“竹林”を徹底管理しています。
ですから、「小春農園」さんは、自らで育て上げてきた“竹林”を、“たけのこ畑”と称しているのです。

a0254656_17555140.jpg「小春農園」さんでは、この“たけのこ畑”以外にも、4ヵ所の“たけのこ畑”を所有し、同じように管理したけのこを生産していますが、ここだけは特別なんです!
この独特な赤土が、あの真っ白なたけのこを作り上げるのです。

a0254656_17583897.jpg左は、「小春農園」さんが、同じように徹底管理で育てた、他の“たけのこ畑”のたけのこです。
その色の違いは歴然!
もちろん、左も美味しいたけのこですが、右の幻の白い『長生たけのこ』は、さらにさらに美味しいたけのこです!

a0254656_18034790.jpg生産者の紹介をしましょう!
「小春農園」代表の小原正宏さんです。
私が現地取材に伺った時には、すでにたけのこの収穫(たけのこ掘り)が始まっていました。
「おはよう笠さん!今年も丸々と太ったたけのこができたばい!ただ、笠さんとこに出す、幻の白い『長生たけのこ』は、昨年と同じ量くらいになるどね!」

a0254656_18220465.jpg「うん。これも良かたけのこばい。ばってんこれは、幻の白い『長生たけのこ』候補ってとこかな!」と小原さん。
幻の白い『長生たけのこ』として出荷するには、大きくは3つの条件がります。

a0254656_18270212.jpgまずは、この長生地区にある、「小春農園」さんのたけのこ畑の、この赤土で育ったものであるということ!
それは、何よりの絶対条件です。

a0254656_18343387.jpgそして次に、まだたけのこの穂先(先端の葉っぱ)が、地表に出てなくて、太陽の光を一切浴びていないものを、地中から掘り上げたものであること!
みなさんは、ここにたけのこがあることがわかりますか?

a0254656_18381512.jpg小原さんに教えていていただいたところの落ち葉をよけると、たけのこの黄色い穂先が見えてきました。
「小春農園」の皆さんは、落ち葉のふくらみや地割れの様子などで、地表に出ていないたけのこを探し出す匠の技を持っています。

a0254656_18431654.jpgたけのこが地表に現れ、穂先が緑色になったものと、このように太陽の光を浴びていない黄色の穂先のものとでは、やはり美味しさに大きな違いがあるのです。
2つ目の条件は、匠の技で地中から掘り上げた、穂先が黄色いものと言うこのです。

a0254656_19013623.jpgそして最後に、ずんぐりむっくりした形状であること!
「小春農園」の皆さんの言葉を借りると「太っている!」ってことになります。

a0254656_19045021.jpg小原さんの息子さんで、「小春農園」専務の小原将輝さんが、幻の白い『長生たけのこ』候補となるたけのこを掘り上げています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

a0254656_19073175.jpgもちろん「小春農園」さんの幻の白い『長生たけのこ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
「ここにあるのは、きっと良いたけのこですよ!大事に掘り上げますね!」と将輝さん。

a0254656_19103113.jpgそう言って示していただいたのが、この部分なんですが、私には、ここにたけのこがあることすらわかりません。
ましてや、良いたけのこかどうかなんての判断なんてできません。
そのたけのこを掘り上げる様子を紹介したいところですが、本日は少々長くなりましたので、この様子は明日のブログで詳しく紹介いたします。

a0254656_19163329.jpg「小春農園」さんの幻の白い『長生たけのこ』となりうる条件、本日のブログでお分かりいただけたでしょうか?
これらは、幻の白い『長生たけのこ』候補のたけのこたちです。

a0254656_19213295.jpg出荷場で根元を切りそろえ、さらに選びに選び抜かれたものだけが、幻の白い『長生たけのこ』となり箱詰めされ出荷されます。
本日、平成30年度の初出荷を無事に終えることができました。

a0254656_19244067.jpg全国のお客様のところへ、明日または明後日にはお届けです。
今年も、下茹で用の「米ぬか」と「鷹の爪(赤唐辛子)」、そして山椒の芽のプレゼント付きで発送しました。
熊本の美味しいお米との『たけのこご飯セット』も大好評販売中です。
幻の白い『長生たけのこ』は、今年も間違いなく完売する大人気商品で、数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページよりお急ぎ下さい!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-04-06 19:30 | 幻の白い長生たけのこ | Trackback | Comments(0)

原木しいたけ コマ打ち作業2018 多くの手間ひまと長い年月をかけ至高のしいたけを育てあげます!(後編)

FLC日記 2018年4月4日(水) 晴れ

a0254656_16442296.jpg「105cmに切りそろえたボタ木(原木)に、千鳥になるように5、4、5、4でドリルで穴ば開けていくとたいね。その作業の際に、枯れ枝のところば削いで、雑菌が入らんようにひと手間かけるわけたい。」
「小春農園」代表の小原正宏さんが、そう言いながら手際よくドリルで穴をあけていきました。
昨日に続き、匠の農家さん「小春農園」さんの、清流の里の『原木しいたけ』のコマ打ち作業についてご紹介いたします。

a0254656_16540301.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんの清流の里の『原木しいたけ』をネット独占販売しています。
おかげさまで、今年度も大好評で、今期の生の『原木しいたけ』の出荷予定分は全て完売しました。

a0254656_16544103.jpg

a0254656_16550329.jpg現在は、森の旨みを詰め込んだ、『原木しいたけ(乾燥)』のみを販売中です。
最も自然に近い栽培法で育てられた、『原木しいたけ』で作った乾燥しいたけをぜひご賞味ください!

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
清流の里の『原木しいたけ(乾燥)』



a0254656_17135954.jpg「小春農園」さんの清流の里の『原木しいたけ』の栽培場です。
春にコマ打ちをし、2梅雨後の秋までは、この場で直射日光を避けながら伏せこみ、しいたけ菌を原木の中で育てます。
そして、今年コマ打ちをした原木ならば、2回の梅雨を越した、来年の秋に栽培地に立てかけしいたけを育てるのです。

a0254656_17191539.jpg熊本県山鹿市鹿北町、清流の里として知られている自然豊かな町です。
「小春農園」さんの清流の里の『原木しいたけ』の栽培地のすぐ近くで見つけました!
これがなんだかわかりますか?
これは、自生している『ワサビ』です。
清らかな水でなければ育たないと言われているワサビがこうして自然に育っているほどの美しい水の里なのです。

a0254656_17325198.jpg『原木しいたけ』とは、主にクヌギやナラの木を原木とし、そこにしいたけの菌(コマ)を打ち込み栽培する方法、つまり、最も自然に近い形で育てられた、しいたけのことです。

a0254656_17522723.jpg11月中旬の原木の“伐採作業”から始まり、乾燥させる“葉枯らし”を経て、同じ長さに切りそろえる“玉切り”、“コマ打ち”、“仮伏せ”、“本伏せ”、そして伐採から約2年後の“ボタ起こし(写真)”で栽培地へ移動させ、しいたけが育ち収穫を迎えます。

a0254656_18003741.jpg本日のブログでは、“コマ打ち”について紹介いたします。
「小春農園」さんでは、分業でコマ打ちを行っています。
小原さんと同じ作業をしているのは、小原さんの息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんです。
まずはドリルで、しいたけ菌を培養したコマを打ち込むための穴をあけていきます。

a0254656_18032601.jpg小原さんのお父さんの小原正法さんがコマ打ち作業をしています。
ちなみに、原木をのせる台は、正法さんがコマ打ち作業をやりやすい形に考え作ったものです。

a0254656_18071183.jpgこちらでは、小原さんの三男の小原寛也(ひろや)さんが、じいちゃんが作った台を活用しながら、手際よく作業を進めていました。
「寛也さんは、じいちゃんと同じ左利きなんですね!」と言うと、
「そうなんですよ。でも俺は完全な左利きですが、じいちゃんは両利きなんですよ!」と寛也さん。

a0254656_18110402.jpg「小春農園」さんでは、105cmの原木に、コマを縦に5個、4個と千鳥(交互)になるように打ち込んでいきます。
「ちょっと“手タレ”をお願いしても良いですか?」と言うと、
「え?手タレですか?良いですけど何をしたらいいんですかね?」と寛也さん。
「打ち込んだコマの幅の違いを縦横で示してほしいんです。」

a0254656_18160811.jpg「こういうことですか?」そう言いながら、寛也さんがコマとコマの広さを示してくれました。
しいたけ菌は原木の繊維に沿って伸びていきます。
ですから、縦方向には広く取っていても良いんです。

a0254656_18174352.jpg一方、横には伸びにくいので、このように縦に比べ、かなり狭くコマを打ち込んでいます。
それが、きれいに千鳥(交互)になるように、ドリルで穴をあける時点で、端から端までで5個穴を開けたら、次にその間に4個開けると言った方法を行っています。

a0254656_18225129.jpgこちらがしいたけの菌を培養した「棒コマ」です。
これを1つずつ、穴に差し込み金づちでたたいて原木に打ち込むのです。
ちなみに昨年は、形成菌も使用していました。

a0254656_18305341.jpgこちらがその「形成菌」です。この小さな1つ1つの容器の中に、おがくずなどで形作ったものにしいたけの菌を培養してあるものです。こちらを使う場合は、金づちは使わずドリルの穴に押し込むという作業になります。

a0254656_18373958.jpg小原さんの奥様の美子さんが、台を使わずにコマ打ち作業をしていました。
その手際の良さは天下一品です!
作業の様子を見るたびに、惚れ惚れするほどの早さなんです。

a0254656_18393432.jpg写真を撮っていると小原さんが、私に声をかけました。
「笠さんはなんば撮りよると?」
「小原さんのひと手間をきちんとブログで紹介しようと思って、枯れ枝をそいだ写真を撮ってました。」と言うと、

a0254656_18413886.jpg「ハハハッ!さすがにもう何年もこうして取材に来てくれとると、いろいろ詳しくなったねぇ~!枯れ枝が残っとると、他の菌が入る可能性があるけん、枯れ枝を残さんようにしよるとたいね。もちろん、将輝もむこうで徹底しよると思うよ。」と小原さん。

a0254656_18463097.jpgこのような小さな枝でも、枯れ枝を残しておくと、最も自然に近い栽培方法で育てる『原木しいたけ』では、しいたけ以外の菌が入る可能性があります。
そこで、ドリルで穴をあける前に、必ずチェックして斧を使って枯れ枝の部分をそいでいくのです。

a0254656_18482654.jpg「今年もベストな時期に伐採をして、十分な乾燥もさせて玉切りばしたとたいね。だけん、良かぁ~原木のできとるとたい。このひと手間ば惜しまんですることが、来年の秋の良かしいたけにつながると思うとたいね。」小原さんは、そこに並ぶ原木を見つめながらそう話しました。

a0254656_18525588.jpgコマ打ちした原木は、すぐに仮伏せと言って、平積みにして置いておきます。
その後、6月中旬の本伏せ作業を行い、伐採から2年後の秋に栽培地に移し(ボタ起こし)て、やっと収穫を迎えるのです。

a0254656_18554483.jpg「原木しいたけ」は、無農薬、無化学肥料で栽培されます。
「小春農園」さんの清流の里の『原木しいたけ』は、惜しまぬ手間ひまと、高い栽培技術で、まさに“本物”と呼べる逸品です。
現在は、森の旨みを、ギューッと閉じ込めた、『原木しいたけ(乾燥)』のみを販売中です。
生の『原木しいたけ』は、11月上旬までお待ちください。
今年も、その栽培の様子を現地取材にてご紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-04-04 18:58 | しいたけ 原木しいたけ | Trackback | Comments(0)

原木しいたけ コマ打ち作業2018 多くの手間ひまと長い年月をかけ至高のしいたけを育てあげます!(前編)

FLC日記 2018年4月3日(火) 晴れ
『原木しいたけ』とは、主にクヌギやナラの木を原木として、しいたけ菌を打ち込み栽培する、最も自然に近い方法で育てられたしいたけです。
a0254656_17000428.jpg


a0254656_17003870.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんの清流の里の『原木しいたけ』をネット独占販売しています。
おかげさまで、今年度も大好評で、今期の生の『原木しいたけ』の出荷予定分は全て完売しました。
a0254656_17043067.png


a0254656_17060654.jpg現在は、森の旨みを詰め込んだ、『原木しいたけ(乾燥)』のみを販売中です。
最も自然に近い栽培法で育てられた、『原木しいたけ』で作った乾燥しいたけをぜひご賞味ください!

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
清流の里の『原木しいたけ(乾燥)』



a0254656_18223630.jpg3月下旬、生産農家の「小春農園」さんの、しいたけの“コマ打ち作業”の様子を、現地取材してきました。
毎年繰り返し行う、惜しまぬ手間ひまで、清流の里の『原木しいたけ』は育てられています。

a0254656_18251642.jpgコマ打ちは、まず原木にドリルで穴をあけ、そこにしいたけ菌を培養したコマを打ち込む作業のことです。
コマ打ち作業の様子を紹介する前に、『原木しいたけ』ができるまでを簡単に紹介します。

a0254656_17140059.jpgこちらは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの清流の里の『原木しいたけ』の栽培場の1ヶ所です(2月下旬撮影)。
この栽培場だけでも、けっして1枚の写真では収まりきれない広さです。
栽培場は、しいたけ菌を打ち込んだ原木をこのように立てて並べて、収穫までを育てる場所です。

a0254656_17185766.jpgしいたけは、原木の中で伸び、時期が来ると発芽し成長します。
直射日光に弱いため、杉やヒノキなどの木立の中で育てられることが多いようです。

a0254656_17232535.jpgこのように成長し、収穫を迎えるためには、約2年もの年月と、多くの手間ひま、匠の技、そしてその間の徹底管理が必要です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17272877.jpgもちろん、「小春農園」さんの『原木しいたけ』の栽培の様子も、こうしてもう何年も年間を通して取材してきました。
写真は『原木しいたけ』栽培における最初の作業、11月上旬の原木となるクヌギの伐採の様子です。

a0254656_17403823.jpg伐採後は、“葉枯らし”と言って、倒したまま春先まで乾燥させます。
乾燥した原木を一定の長さに切る“玉切り作業”(写真)を行い、それから原木にしいたけの菌を打ち込む“コマ打ち”が行われます。

a0254656_17462682.jpgコマ打ちを行った原木は、仮伏せでしばらく落ち着かせ、6月中旬ごろ本伏せをし、それから翌年の秋までその場でしいたけ菌を成長させます。
伐採から2年後の秋に伏せていた原木を積み出し(写真)、ボタ起こしと言って栽培地に原木を運び、しいたけを発芽させ収穫を迎えるのです。

a0254656_17520635.jpg栽培地において、「小春農園」さんでは、原木を立てて並べれるように、たくさんの杭を用意し、割った青竹を杭に渡し準備します。
毎年繰り返し行う、途方もない手間ひまなんです。

a0254656_18274788.jpgさてさて、すっかり前置きが長くなりました。
いよいよコマ打ち作業の様子を紹介したいところなのですが、本日のブログは少々長くなりましたので、明日のブログでその様子は詳しく紹介したいと思います。
もちろんそこにも、惜しまぬ手間ひまや匠の技がありました。

a0254656_18052079.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんと、息子さんで専務の小原将輝さんです。
安心・安全な美味しい食材を作り上げることにこだわりぬく親子の“匠”を中心に、「小春農園」さんでは、本日紹介している、清流の里の『原木しいたけ(生)』、『原木乾燥しいたけ』以外にも、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

a0254656_18095198.jpg現在は柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』(写真)や、究極の柑橘『せとか』、幻の白い『長生たけのこ』も大人気商品で、好評発売中です。
さらに『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『干したけのこ』、山あいの『甘熟いちじく』、『ザ・ミカン』などを育てていて、それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
ぜひ、「FLCパートナーズストア」のホームページものぞいてみてください。

a0254656_18320769.jpg明日のブログでは、コマ打ち作業の様子を詳しく紹介します。
キーワードは「5、4、5」、そしてポイントは親指と小指で示していただいている「間隔」ってとこですね!
それでは、明日のブログ『FLC日記』もお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-04-03 18:36 | しいたけ 原木しいたけ | Trackback | Comments(0)