人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:小春農園 ( 576 ) タグの人気記事

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)

FLC日記 2020年1がつ14日(火) くもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和2年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、“柑橘王”ことデコポン(肥後ポン)をネット独占販売しています。
デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17231457.jpg


デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17243109.jpg現在販売中のデコポン(肥後ポン)は、熊本限定栽培品種の『ひのゆたか』です。
『ひのゆたか』は、一般的にデコポンと称される『不知火』とは異なり、収穫後の追熟を必要とせず、樹上で完熟しデコポンの糖度と酸味のベストバランスになる特別なデコポンです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17275164.jpg見た目で『ひのゆたか』と『不知火』を見分けることはできません。
しかし、収穫から出荷までの工程は全く異なります。
3月下旬まで出荷予定の『ひのゆたか』は、収穫前のデータに基づき、ベストな時期に果樹ごとに収穫し出荷します。
「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』は、その見た目の美しさと、もちろん極上の美味しさで弊社の数ある商品の中で、リピート率がナンバーワンです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17332806.jpg収穫した中から選び抜いた“極選”のデコポンに「柑橘王」のシールを貼り出荷するため、毎回の出荷予定数を限定しての完全予約制販売とさせていただいています。
ぜひ一度ご賞味ください!

今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『樹上完熟デコポンひのゆたか』



デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17373148.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
こちらは熊本県山鹿市鹿北町にある匠の農家さん「小春農園」さんのデコポンの栽培ハウスです。
こちらのハウスでは、現在収穫真っ最中の『不知火』を生産しています。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17395239.jpgこの美しさはもはや“デコポン色”と表現しても良いのではないでしょうか!
流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17425092.jpg「不知火」の中で、糖度13度以上で、クエン酸1.0以下と言う基準を満たしたものだけが、名称を「デコポン」として出荷されました。
柑橘類のなかで唯一全国統一された基準「全国統一糖酸品質基準」を満たさなければ「デコポン」とされ、日園連に加盟する全国のJAさんだけがこの『デコポン』という商標を使用できるのです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17442528.jpgですから、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」では、柑橘王『肥後ポン』として販売しています。
もちろん匠の農家さん「小春農園」さんが育て上げた『肥後ポン』は、『デコポン』のベストバランスの糖度13度以上、クエン酸は1.0以下に仕上げられています。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17460076.jpg毎年コンスタントにその極みの美味しさに作り上げるのが、匠の農家さん「小春農園」さんです。
デコポンの匠「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の小原美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに果樹栽培を大学で専門的に学んだ小原将輝さんのスペシャリストの知識が重なり、この3名が中心となり、毎年変わらぬ美味さの“本物”と呼べるデコポン(肥後ポン)を作り上げてきました。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17505165.jpgこの2枚の写真は、今期の『ひのゆたか』の初収穫の際に撮影しました。
小原さんが、その完熟具合を1つ1つ確かめながら収穫をしています。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17582430.jpg一方こちらは、1月11日より始まった『不知火』の収穫の様子です。
熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんのデコポン(肥後ポン)の栽培の様子を、収穫のみならず、剪定や花が咲く様子、着果から摘果作業、その後の成長の過程などその全てを、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_18010118.jpg「今年も良い色になりましたね。」と言うと、
「そうですね!でも、笠さんは毎年見てるからご存知ですが、この『不知火』はしばらく追熟させてからの出荷になります。」と将輝さん。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_18065054.jpgこちらは数年前の『ひのゆたか』の初収穫の取材の際の一コマです。
毎年『ひのゆたか』の初収穫の取材の際は、採れたての『ひのゆたか』を試食させていただいています。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_18083828.jpgデコポンは簡単に手で皮がむけるのも良いですよね!
さっそく食べてみると、糖度と酸味のベストバランスの果汁が口いっぱいに広がりました。
一方、『不知火』は、そうはいきません。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_18240311.jpg奥様の美子さんが『不知火』を収穫してコンテナのとこに戻ってきました。
「形の良し悪しや、傷の有無を見極めてコンテナに分けて入れないとね。この子たちはこれからしばらく追熟に入らないといけないからねぇ~。」と美子さん。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_18242469.jpg「小原さん!もう、〇(まる)の収穫を始めたのですか?」と尋ねると、
「いや、まだ△(さんかく)ば収穫しよるばい。」と小原さん。
みなさんは何のことかわかりませんよね?
でも、毎年こうして取材してきた私と生産農家の小原さんとでは成り立つ会話なのです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_18243854.jpg「小春農園」さんのデコポンの収穫作業は、果樹ごとに徹底して行われます。
それは収穫前に取ったデータに基づいて行われるのです。
その匠の収穫作業や収穫後の追熟についてなどまだまだ紹介したいことは盛りだくさんですが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きはまた明日のブログで紹介することとします。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_18233106.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんが育てた柑橘王こと『デコポン』をネット独占販売しています。
現在は、樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』を大好評発売中です!

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17201183.jpg匠の手により、“柑橘王”の称号にふさわしい至高の美味さに仕上げられたデコポンは、まさに“本物”と呼べる逸品です。
樹上完熟の朝採り即日出荷でお届けするため、毎回の出荷数を制限した、数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-01-14 18:29 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)

FLC日記 2020年1月8日(水) 雨のちくもり
デコポン(肥後ポン)は、愛くるしい見た目と、糖度と酸味のベストバランスの美味しさで、“柑橘王”と呼ばれています。
令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_16465030.jpg


令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_16483039.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和2年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、デコポン(肥後ポン)をネット独占販売しています。
昨日、今期の初収穫&初出荷をしました!

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_16263831.jpgデコポンは、“柑橘王”と称されています。
甘さと酸味のベストバランスが、その称号に値するフルーツです!!
熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか(肥の豊)』は、追熟を待たずして、樹上完熟でそのベストバランスになり、もぎたてフレッシュそのものを味わえます。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_16495462.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか(肥の豊)』を大好評発売中です。
毎回の出荷数を限定し、完全予約制での販売となっています。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_16274559.jpg


今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『樹上完熟デコポンひのゆたか』


※次回は1月10日(金)の出荷となります。
 以降、毎週火曜日と金曜日の出荷です!



令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_16525921.jpg昨日に続き本日は「小春農園」さんの熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか(肥の豊)』の初収穫の様子と、その美味しさと、見た目の美しさの秘密をご紹介いたします。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_16531799.jpg収穫を行っているのは「小春農園」代表の小原正宏さんです。
今年のデコポンも惜しまぬ手間ひまと匠の技で育て上げ、その満足できる出来に、思わず笑みがこぼれています。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_16562385.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある匠の農家さん、「小春農園」さんのデコポンの栽培ハウスです。
「小春農園」さんでは、惜しみない手間ひまをかけ、デコポンを1玉1玉ひもで吊るしながら育てています。
果実がとても大きくなるデコポンが、成長の過程で枝が折れたり、果実が枝や葉っぱ、果実同士でぶつかったりしてキズがつかないようにするためです。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_16565313.jpg惜しまぬ手間ひまをかけ育てられ収穫を迎えたデコポンの美しいこと!
朝焼けに照らされ、デコポン色に輝いています。
収穫された中から、さらに選びに選び抜かれた“極選”のデコポンのみが、「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』として出荷されます。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_16573007.jpg小原さんの息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんが丁寧に“2度切り”で収穫を行っています。
現在収穫しているのは、熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか(肥の豊)』です。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_16423460.jpg一般的に『デコポン』と呼ばれるものは『不知火(しらぬい)』と言う品種です。
『不知火』は、収穫してすぐには、酸がきついので、一定期間の追熟が必要です。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_16441353.jpg「小春農園」さんでも、『不知火』を生産していて、それらは昔ながらの土壁の蔵で大切に追熟させ、3月下旬または4月上旬から、『蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)』として出荷します。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_16461037.jpgまた、「デコポン」と言う名称は、熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
そのかわいらしい独特な“デコ”がある形状から名づけられたものです。
熊本果実連では、糖度13度以上、酸味1.0~1.2のものだけを、『デコポン』として出荷しています。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_17012429.jpg「笠さん!今年も恒例のあれをしましょうよ!」と将輝さん。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんのデコポンの栽培の様子を、収穫のみならず、剪定や花が咲く様子、着果から成長の過程などその全てを、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_17030267.jpgそんな中、毎年恒例となっているのが「試食(味見)」です。
将輝さんは生産者として、私は販売者として、お客様に提供する今年の味を知っておく必要がるという口実(笑)で、毎年もぎたてのデコポンを試食しています。
内皮(じょうのう膜)がとても薄くやわらかいので1つ1つに分けてると破れちゃうほどです。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_17035820.jpg簡単に手で皮がむけるため、そのまま食べれます。
さっそくいただきました。
さわやかな香りと同時に、甘さと酸味の絶妙なバランスの果汁が口いっぱいに広がります。
やはり弊社のリピート率ナンバーワンの商品で、文句のつけようがありません!

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_17181312.jpgそれもそのはず!
この日収穫しているデコポンは、「小春農園」さんの美味しさへのこだわりと、徹底管理と分析によって選ばれた果樹から、匠の技にひょって収穫されたものなのです。
「小春農園」さんでは、デコポンの果樹に通し番号をつけています。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_17135810.jpg同じように育てても、それぞれの果樹の特性があり、完熟の進み方が異なるのです。
収穫前に、1本1本の果実のデータをとり、糖度、酸味を見て、果樹ごとに収穫する果樹の順番を決めています。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_17193283.jpgこの日、収穫するのは二重丸の果樹だけです。
また、同じ果樹の中でも、実る場所で、その一つ一つの果実の熟れ方は異なるので、そこは匠の目で判断し、“完熟”となったものだけを選び出し収穫するのです。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_17205916.jpg「理想とする果皮の色に全体がなっていても、デコの部分がまだ青いともあるとたい。特に内なりの果実(果樹の内側に実った果実)にはその傾向が多いたいね。だけん、そこは俺たちがしっかり見極めて収穫せにゃんたいね。」
小原さんがそう話してくれました。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_17230961.jpgデコポンの匠「小春農園」さんは、小原さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに果樹栽培を大学で専門的に学んだ将輝さんのスペシャリストの知識が重なり、毎年変わらぬ味の“本物”と呼べるデコポン(肥後ポン)を作り上げてきました。
そして、昨日、今期の初収穫を迎えたのです。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_17264031.jpg収穫した中から選びに選び抜いた“極選”のデコポンを、弊社の商品としてご提供いただいています。
ですから、「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』は、美味しさもさることながら、その見た目の美しさも大好評いただいている商品なのです。
ご家庭用はもとより、ご贈答としても大変喜ばれています。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_17283851.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんが育てた柑橘王こと『デコポン』をネット独占販売しています。
現在は、熊本限定栽培品種の樹上完熟デコポン『ひのゆたか』の販売です。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(後編)_a0254656_17312855.jpg樹上完熟の『ひのゆたか』を、朝採り即日発送でお届けするため、毎回の出荷数を制限した、数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-01-08 17:26 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)

FLC日記 2020年1月7日(火) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和2年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、デコポン(肥後ポン)をネット独占販売しています。
本日、今期の初収穫&初出荷をしました!
令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_17314578.jpg

デコポン(肥後ポン)は、この愛くるしい見た目と、糖度と酸味のベストバランスの美味しさで、“柑橘王”と呼ばれています。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_17345437.jpg「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』は、「FLCパートナーズストア」の数ある商品の中で、リピート率が、ダントツ№1の、大人気商品です!
見た目の美しさと、甘みと酸味のベストバランスをぜひご堪能ください!

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_17354662.jpg本日、今期の初収穫&初出荷が行われました。
早朝より行われた、初収穫の様子を今年も現地取材してきました。
まずは、熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか』を出荷していきます。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_17461957.jpg『ひのゆたか』は、収穫後の追熟を必要としない、樹上完熟する特別なデコポンです。
毎回の出荷数を制限しての、数量限定、完全予約制販売です。
樹上完熟の朝採りデコポンのみずみずしい果汁をぜひご堪能ください!

今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『樹上完熟デコポンひのゆたか』


※次回は1月10日(金)の出荷となります。
 以降、毎週火曜日と金曜日の出荷です!



令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_17422461.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある匠の農家さん、「小春農園」さんのデコポンの栽培ハウスです。
「小春農園」さんでは、自然豊かな山あいの日の当たる山の斜面を利用して、ハウス栽培でデコポンを育てています。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_17444451.jpg木造の栽培ハウスの中には、収穫を待つ熊本限定栽培品種の樹上完熟デコポン『ひのゆたか』が、デコポン色に輝き、収穫の時を待っていました。
デコポンは、ハウスと言えどもボイラーを焚き加温して育てているのではありません。
ハウスはあくまで雨風や冷え込み、そして害虫、病気からデコポンたちを守るための設備です。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_17454322.jpgまた「小春農園」さんでは、惜しみない手間ひまをかけ、デコポンを1玉1玉を全てひもで吊るしながら育てています。
果実がとても大きくなるデコポンが、成長の過程で枝が折れたり、果実が枝や葉っぱ、果実同士でぶつかったりしてキズがつかないようにするためです。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_18085811.jpgそして、収穫した中から選びに選び抜いた“極選”のデコポンを出荷するため、初めてご購入いただいたお客様は、そのあまりの美しさに感嘆の声をあげるほどです!

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_18115552.jpg「デコポン」と言う名称は、熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
そのかわいらしい独特な“デコ”がある形状から名づけられたものです。
熊本果実連では、糖度13度以上、酸味1.0~1.2のものだけを、『デコポン』として出荷しています。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_17462638.jpg一般的に『デコポン』と呼ばれるものは、この写真の『不知火(しらぬい)』と言う品種です。
こちらは、本日の『不知火』の収穫時に撮影した写真です。
正直、私にはその見た目で、本日出荷した『ひのゆたか』と『不知火』の違いを判断することはできません。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_18521569.jpgしかし、収穫から食すまでは、『ひのゆたか』と『不知火』とでは大きく異なるのです。
『不知火』は、収穫してすぐには、酸がきつすぎて美味しく食べることができません。
収穫後保管して“追熟”させた後に出荷されます。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_18533295.jpg「小春農園」さんでも、『不知火』を生産していて、それらは昔ながらの土壁の蔵で大切に追熟させ、3月下旬または4月上旬から、『蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)』として出荷します。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_17483279.jpg本日、『ひのゆたか』の初収穫を迎えた、「小春農園」の皆さんです。
デコポンの匠「小春農園」さんは、小原さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに果樹栽培を大学で専門的に学んだ将輝さんのスペシャリストの知識が重なり、毎年変わらぬ味の“本物”と呼べるデコポン(肥後ポン)を作り上げてきました。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_18573063.jpgこちらは、4月中旬の花咲く様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、収穫のみならず、剪定や花が咲く様子、着果から成長の過程などその全てを、年間を通して現地取材してきました。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_19050776.jpg一切の妥協を許さぬ惜しまぬ手間ひま、毎年コンスタントに至高のデコポンを育て上げる匠の技、私が今年もその全てを現地で見てきました。
だからこそ、自信をもってお勧めできるんです。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_17500809.jpg本日、令和2年度の「小春農園」さんの熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか』の初収穫を迎えました。
将輝さんも「1年間頑張ってきてこうして良いものができると、やっぱり収穫は楽しいですね!」と笑顔で収穫を行っています。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_17514232.jpg本日の収穫作業においても、たくさんの匠の技と、様々な強いこだわり、徹底管理が見られました。
その1つがこの表です。
大変気になるところでしょうが、少々長くなりましたので、この続きは明日のブログでご紹介いたします。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_19143502.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの熊本限定品種、樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』をネット独占販売しています。
樹上完熟の芳醇な香りとみずみずしさ、そして黄金比ともいえる糖度と酸味のベストバランスをぜひご堪能ください。

令和2年の熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』本日初収穫&初出荷!!(前編)_a0254656_19161256.jpg「FLCパートナーズストア」の数ある商品の中で、リピート率がナンバー1の大人気で、弊社の看板商品と呼べる逸品です!!
毎回の出荷数を決めて、数量限定、完全予約制での販売とさせていただいております。
私が、絶対の自信をもっておススメしている「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』です!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-01-07 17:54 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!

FLC日記 2020年1月6日(月) くもり
大変お待たせしました!!
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和2年)の、清流の里の『原木しいたけ』の予約受付をスタートしました!
令和2年、1月10日(金)から出荷いたします!
※以降、毎週金曜日、週1回の出荷です!!
清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_17173902.jpg
匠の農家さん「小春農園」さんの、清流の里の『原木しいたけ』は、「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です!

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_15312794.jpg匠の農家さん「小春農園」さんが、無農薬、無化学肥料栽培で育て上げた、自然に最も近い形の『原木(げんぼく)生しいたけ』です!
森の旨みを詰め込んだ美味しさを、ぜひご賞味ください!

今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『原木生しいたけ』




清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_17343898.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんの、『原木しいたけ』の栽培地の本日の様子です。
これは、全体の栽培地の、ほんの一部です!

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_17445016.jpg『原木しいたけ』とは、主にクヌギやナラノ木を原木とし、そこにしいたけの菌(コマ)を打ち込み、最も自然に近い形で栽培する方法です。
農薬や化学肥料は一切使用しません。
「小春農園」さんが『原木しいたけ』を育てる、熊本県山鹿市鹿北町は、清流の里として知られている自然豊かな町です。

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_17491743.jpg栽培地のすぐ近くには、なんと“ワサビ”が自生しています。
清らかな水でなくては決して育たないワサビがこうして育つほどに、この地は、清らかな水と豊かな森なのです。

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_17504288.jpg自然に最も近い方法で、大切に育てられた『原木しいたけ』は、国内生産量のわずか2割ほどだと言われています!
しかも、生の『原木しいたけ』となると、ほんの1割程度なんです!

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_17540911.jpg一般流通する生しいたけの約9割は、「菌床しいたけ」と表記されていると思います。
「菌床しいたけ」とは、おがくず等と肥料を使い“菌床”として栽培する方法です。
ハウスや建物の中で栽培され、温度や湿度管理をすることで、1年を通して収穫が可能です。
※写真は「小春農園」さんの『原木しいたけ』です。

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_18001608.jpg『原木しいたけ』の生産量は、年々減少しています。
それは多くの手間ひまと、収穫まで長い年月を要するからです。
写真は、11月中旬に行われる原木となるクヌギやナラノ木の“伐採作業”の様子です。

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_18055274.jpg伐採した原木は、“葉枯らし”と言って、倒したまま春先まで乾燥させます。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_19053662.jpg「小春農園」さんの『原木しいたけ』の栽培の様子も、こうしてもう何年も年間を通して取材してきました。
栽培の流れを順を追って説明すると、伐採→葉枯らし→玉切り(写真)→コマ打ち→仮伏せ→本伏せ→ボタ起こし→栽培→収穫となります。

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_18203706.jpgこちらは、以前、収穫の様子を取材に行った際の写真です。
「小春農園」代表の小原正弘さんと奥様の美子さんです。
安心・安全な美味しい食材を作り上げることにこだわりぬく“匠”の農家さんです。

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_18242535.jpg息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんです。
この親子の匠が中心となり、「小春農園」さんでは、本日紹介している、清流の里の『原木しいたけ』以外にも、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_18322081.jpg清流の里の『原木しいたけ』の他には、柑橘王『デコポン(肥後ポン)』(写真)、究極の柑橘『せとか』、『ザ・みかん』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『干したけのこ』、『原木乾燥しいたけ』、山あいの『甘熟いちじく』などがあり、それらのすべてがネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の看板商品となっています。

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_18475542.jpg『原木しいたけ』から作る、『原木乾燥しいたけ』も大人気商品です。
あまりの人気ぶりに、在庫がなくなり、今年は収穫した『原木しいたけ』を、生ではなく乾燥し加工することからスタートしました。

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_18423271.jpg清流の里の『原木生しいたけ』は、今年も当初は11月上旬からの出荷予定でした。
しかし、どうしても『原木乾燥しいたけ』を優先せざるおえなかったのです。

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_16450469.jpgその理由を将輝さんが話してくれました。
「今こうして育ち始めた『原木しいたけ』たちは笠さんとこに生で出します。今までは、全部を乾燥しいたけにしてたんです。学校給食用への提供もあって、どうしても欠品するわけにはいかなかったので、ホントお待たせしてすみませんでした。」

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_19015732.jpg「小春農園」さんの『原木乾燥しいたけ』は、その安全性で学校給食用の食材としても、提供を行っています。
もちろん、子供たちが本当の美味しさを知ることにつなげるためです。

清流の里の原木しいたけ予約受付開始!令和2年1月10(金)より出荷スタート!_a0254656_16260950.jpg「FLCパートナーズストア」では、今期も「小春農園」さんの『原木しいたけ』をネット独占販売いたします。
本日より、令和2年の清流の里の『原木しいたけ』の予約受付をスタートしました。
朝採りの新鮮な『原木しいたけ』の中から、選び抜いた“本物”と呼べる極選の『原木しいたけ』を出荷するため、数量限定の完全予約制での販売です。
注文多数の場合は、ご予約を頂いた順に発送してまいります。
詳細はホームページをご覧ください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-01-06 16:46 | しいたけ 原木しいたけ | Trackback | Comments(0)

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!

FLC日記 2019年12月30日(月) 雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和元年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、デコポン(肥後ポン)をネット独占販売しています。
デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_17271665.jpg


デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_17275034.jpg現在、熊本限定栽培品種のデコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』の先行予約の受付を行っています!!
もちろん、産地直送でお届けです!!
※初回出荷は令和2年1月7日(火)です。

今すぐ購入(予約)したい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
 『樹上完熟デコポンひのゆたか』



デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_17321358.jpgデコポンは、1玉が300g前後と非常に大きい柑橘類です。
その大きさにもかかわらず、手で皮をむくことができ、種がなく、内皮(じょうのう膜)が薄くそのまま食べられます。
さわやかな香りと、糖度と酸味のベストバランスは、まさに“柑橘王”と呼べる逸品です。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_17331873.jpg流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_16312075.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある匠の農家さん、「小春農園」さんのデコポンの栽培ハウスです。
「小春農園」さんでは、惜しみない手間ひまをかけ、デコポンを1玉1玉ひもで吊るしながら育てます。
果実がとても大きくなるデコポンが、成長の過程で枝が折れたり、果実が枝や葉っぱ、果実同士でぶつかったりしてキズがつかないようにするためです。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_16324679.jpg現在成長中のデコポンたちの見事なこと!
匠の技によって、絶妙なバランスで、デコポンの果実を実らせていますね!
1玉1玉にしっかりと太陽の光が当たり、大きく、甘く成長させていくのです。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_17505286.jpg現在、先行予約の受付を行っているのは、熊本限定栽培品種の樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』です。
デコポンとは、一般的に『不知火(しらぬい)』と言う品種のことを称しています。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_16344727.jpg『不知火』は、収穫後すぐに食べることができません。
収穫間もないころは、酸がきつくて食べられないのです。
そのため、“追熟”が必要とされます。
一定期間置くことで、酸が糖に変わっていくのです。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_17552177.jpgもちろん「小春農園」さんでも『不知火』を生産しています。
弊社では、その『不知火』を、『蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)』として販売しています。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_17565853.jpg「小春農園」さんでは、収穫した『不知火』を年間を通してほとんど温度の変わらない、昔ながらの土壁の“蔵”の中で、大切に眠らせ追熟させます。
3月下旬もしくは4月上旬からの出荷予定です。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_16370130.jpg一方こちらは、以前取材した『ひのゆたか』の収穫の様子です。
「小春農園」代表の小原正宏さんが、その1つ1つを見極めながら、丁寧に手際よく収穫しています。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_16382135.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんのデコポン(肥後ポン)の栽培の様子を、収穫のみならず、剪定や花が咲く様子、着果から成長の過程などその全てを、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_16394887.jpg長年現地取材を重ねてきた私ですが、それらの見た目は『ひのゆたか』も『不知火』も区別がつきません。
しかし、同じデコポンですが、その果実の特性は全く異なるのです。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_16404232.jpg熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか』は、こうして樹上で完熟を迎え、あの糖度と酸味のベストバランスになるのです。
『不知火』のように追熟が必要なく、もぎたてのデコポンを食べることができます。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_16423365.jpg毎年やっていることですが、収穫の取材に行くとその場で『ひのゆたか』を試食しています。
小原さんの奥様の小原美子さんが、試食と称しデコポンを渡してくれました。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_18275330.jpgたった今収穫したばかりの『ひのゆたか』をさっそくいただきます。
内皮(じょうのう膜)が薄く中の果実が透きとおって見えています。
もちろん種はありません。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_18293264.jpg一口食べるなり、私は宮川大輔ばりに「うま~い!」と叫んでいました。
匠たちにより育て上げられた、毎年変わらぬこの美味さが、そう叫ばせるのです。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_16445553.jpgその様子を見ていた、小原さんご夫妻の息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんが笑っています。
「笠さんはホント美味しそうに食べますね!」
いえ違います!
美味しそうに食べるのではなく、本当に美味しいんです!!

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_16462121.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの豊富な経験と卓越した栽培技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、そしてさらに『ひのゆたか』を開発した先生に、大学で直接学んだ専務の小原将輝さんの3人の“匠”が中心となり、毎年至高の『デコポン』を育てあげています。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_16472744.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんは、私にいつもこう話します。
「果樹栽培はその年1年が良くても絶対にいかんとたい。毎年毎年コンスタントに高品質の果実を実らせて、初めて評価されるとたい!」

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_16483510.jpg私は毎年、こうして初収穫時の『ひのゆたか』の試食を行っています。
匠の言葉通り、もちろん毎年、高品質の果実ができ、文句のつけようのない美味さです。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_19423898.jpg現在、令和元年度の「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の先行予約の受付を行っています。
初回出荷の1月7日(火)出荷分は、残りわずかです。
その後も、毎週火曜日と金曜日の出荷予定です。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_16532546.jpg「自分が納得できる味にならないと絶対に出さない!」とデコポンの匠の強いこだわりと誇りで、“本物”と呼べる美味しさのデコポンをお送りしますので、毎回の出荷数を制限しての完全予約制での販売です。

デコポン(肥後ポン)樹上完熟デコポン『ひのゆたか』令和2年の先行予約受付中!!『不知火』との違い!_a0254656_1958161.jpg「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』は、「FLCパートナーズストア」の数ある商品の中で、リピート率がナンバー1の、弊社の看板ともいえる大人気商品です。
今年も、毎回の出荷予定数は常に完売が予想されます。
“本物”と呼べる「小春農園」さんの柑橘王『デコポン(ひのゆたか)』を、ぜひご賞味下さい!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-12-30 16:55 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019

FLC日記 2019年12月27日(金) 晴れ
12月25日の朝、いちじくの葉っぱが一気に落葉しました。
今年は例年より10日ほど遅い落葉です。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』の栽培ハウスです。

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_18052187.jpg


甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_18085624.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたしました。

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_18101881.jpg完熟ならぬ、“甘熟”にこだわり、朝採り即日発送でお届けする、山あいの『甘熟いちじく』は、毎回の出荷予定数を常に完売する、弊社の大人気商品です。

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_18203481.jpg毎年8月上旬より10月中旬位までの出荷です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_18244205.jpgもちろん「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』も、収穫時期のみならず、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫は当然のことながら、落葉の様子や選定作業、新芽の芽吹きや芽カギ作業、成長の過程などその全てです。

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_17261435.jpgそして、今年も落葉の様子を現地取材に伺ったのです。
こちらが、「小春農園」さんの『山あいの甘熟イチジク』の栽培ハウスです。
ハウスと言えども、ボイラーを炊き、加温をして栽培するわけではありません。

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_17270415.jpgハウスのサイドは開いたままで、このビニールは、あくまで雨風から果樹や果実を守るためのもので、より自然に近い形で、安全で美味しいイチジクを育てています。

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_17280880.jpg「笠さん!今年も落葉の取材に来たとだろ?」
そう、声をかけていただいたのは、『山あいの甘熟いちじく』生産農家の「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「ホント、マメに取材に来てくれるねぇ~」と小原さん。

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_17324503.jpg「ハハハッ!ありがとうございます。今年は例年より少し落葉が遅いですよね!」と言うと、
「そうね!12月の中旬まで暖かかったけん、10日位は遅いかな。でも、想定内やね!」

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_17332962.jpg前回取材した12月3日のいちじくの葉が高揚したころの写真です。
この頃、色づき落葉が少しずつ始まっているものの、まだまだ青くて残っている葉っぱもあります。
いちじくは落葉樹です。
こうして、ギリギリまで栄養を蓄えるために頑張っていたのです。

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_17392741.jpgこちらは現在の様子です。
落葉したいちじくの果樹は、これから冬眠の時期に入ります。
結果枝には、いちじくの果実が残っていました。
正確に言えば、収穫をせずに残したままにしていたと言った感じですね。

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_18364470.jpg8月上旬の収穫前の写真です。
「小春農園」さんでは、1本の結果枝から、14~15個のいちじくを収穫します。
それ以上の果実が実りますが、あえてそれらは収穫しないのです。
8月上旬から収穫を始めて、10月中旬位までの間に育つ、本当に自信を持ってお勧めできるものだけを収穫し出荷します。

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_18405377.jpg小原正宏さん、将輝さんの親子の匠です。
「小春農園」さんでは、代表の小原正弘さんの長年の経験と卓越した技術、さらに大学で果樹栽培を専門的に学んだ、息子さんで専務の小原将輝さんの2人の匠が中心となり、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_18445290.jpg「小春農園」さんでは、、本日紹介している『甘熟いちじく』の他にも、無農薬栽培の『原木生しいたけ』(写真)、『原木しいたけ(乾燥)』、『ザ・みかん』、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』、究極の柑橘『せとか』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『干したけのこ』、などを育てていて、それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_17402963.jpgそのいずれもが、超1級品!まさに“本物”と呼べる食材です。
特に、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』は、「FLCパートナーズストア」の数ある商品の中で、リピート率がダントツ1位の大人気商品です。
現在、熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか』の先行予約を受け付け中です。
数量限定の完全予約販売です!
ぜひ一度ご賞味ください!!

『デコポン(肥後ポン)』のご注文(ご予約)はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『熊本産デコポン』



甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_18545961.jpgいちじくに話を戻しましょう!
こちらは、以前取材した冬の剪定作業の様子です。
毎年、こうして選定を施し、新しい芽を芽吹かせ、そこに着果させます。
小原さんはいつもこう話します。
「特に果樹栽培は、その年1年だけ良くてもダメとたいね。毎年毎年コンスタントに美味しいものを作り上げて、初めて評価されるとたい。」

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_18575410.jpg5月には、こうして新しい芽が芽吹きます。
その為に施す、匠の剪定作業の様子は、もちろんまた現地取材してご紹介したいと思います。

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_19001085.jpg「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』の果樹たちは、今年も本格的な冬の訪れとともに、一気に落葉し冬眠の時期へと入りました。
寒さに耐えながら、ゆっくりと休んで、また8月にはあの至高の『甘熟いちじく』を実らせてくれることでしょう!

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!今年は例年より少し遅めのいちじくの落葉2019_a0254656_19031407.jpg「FLCパートナーズストア」では、来年(平成30年度)も「小春農園」さんの山あいの『甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
これからも、山あいの『甘熟いちじく』の成長の様子、匠の惜しまぬ手間ひまなど、現地取材をしてこのブログでご紹介いたします。
来年の山あいの『甘熟いちじく』にもご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-12-27 17:52 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!

FLC日記 2019年12月23日(月) くもり
熊本限定栽培品種!樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか(肥の豊)』の予約受付を、明日(12月24日)12時よりホームページで受付いたします。
匠の農家さん「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』は、熊本の旬の食材を販売する、「FLCパートナーズストア」の、ネット独占商品です。
デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18554516.jpg


デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_17313317.jpg「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』は、「FLCパートナーズストア」の数ある商品の中で、リピート率が、ダントツ№1の、大人気商品です!
見た目の美しさと、甘みと酸味のベストバランスをぜひご堪能ください!

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18235142.jpg今期(令和元年度)は、令和2年1月7日(火)からの出荷です。
美味しさにこだわりぬく「小春農園」さんが、しっかり熟した美味しいものをお届けしたいと、今期は年明けからの出荷となりました。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_17201838.jpg「FLCパートナーズストア」では、今期も、「小春農園」さんが育て上げた、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』をネット独占販売いたします。
弊社の商品の中で、人気、リピート率共にナンバー1の商品です。
毎回の出荷数量限定、完全予約制での販売です。

12月24日(火)12時より先行予約受付スタート!!
今すぐ購入(予約)したい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
 『樹上完熟デコポンひのゆたか』


流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。


デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_17065412.jpg『デコポン』は、この愛らしい“デコ”の部分が特徴の、熊本県が発祥の地の柑橘類です。
今回出荷するのは、熊本限定栽培品種の樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』です。
一般的なデコポン(不知火と言う品種)とは異なり、収穫後の追熟を必要としません。
不知火は収穫してすぐは、酸がきついため追熟させてから出荷しなければなりません。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18373821.jpgこちらは現在の『ひのゆたか』の栽培地の様子です。今回出荷する熊本限定栽培品種の樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』は、樹上で完熟し、あの甘さと酸味のベストバランスのデコポンを味わうことができるんです。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_17154409.jpg『デコポン(肥後ポン)』は、1玉が約300g前後ととても大きいのにもかかわらず、果皮を手でむくことができ、種がなく、内皮(じょうのう膜)が薄くそのまま食べられます。
みずみずしい果汁は、糖度と酸味のバランスがとてもよく、“柑橘王”と称されるフルーツです。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18402022.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある匠の農家さん、「小春農園」さんのデコポンの栽培ハウス(右)です。
左は、究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
「小春農園」さんでは、大自然に囲まれた山の南側の斜面を利用して、様々な農作物を栽培しています。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18543740.jpgこちらがハウスの中の様子です。
デコポンは木造のハウスで、ボイラーを焚くことなく無加温で栽培しています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18422497.jpgもちろん「小春農園」さんのデコポンの栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材しています。
こちらは、4月中旬の花芽が芽吹き、蕾がはっきりしてきたころの様子です。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18415524.jpg花咲く頃、着果の時期、摘果作業、ひも吊り作業、成長の様子、色が抜けそして色ずく様、もちろん収穫作業などなど、その全てです。
デコポンの花は4月下旬から5月上旬にかけて咲き、収穫までには約8ヶ月を要します。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18440307.jpg着果後、摘果作業を終えると、「小春農園」さんでは、デコポンの果実を1玉1玉、丁寧にひもで吊るして栽培しています。
この頃は、ハウスのサイドを開け、風邪を通し外気と同じ温度にしています。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18444430.jpgデコポンの果実のひも吊り作業は、最も暑い7月、8月に行われます。
何度も何度も脚立を上り下りしながら行う、匠の技、惜しまぬ手間ひまです。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18452402.jpgデコポンは、果実が400gを超えるほどに大きくなります。
10月中旬の様子です。
成長の過程で、枝が折れたり、果実がぶつかってキズつくのを避けるため、惜しまぬ手間ひまをかけ、美しいデコポンを育て上げるのです。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18460936.jpg昨年の収穫の様子です。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さん(写真)の長年デコポンを育ててきた豊富な経験と、卓越した技術、奥さまの美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらには大学で専門的にデコポン栽培を学んだ、専務の将輝さんの新たな知識が重なり、最高級のデコポンを毎年育てています。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18120408.jpg「小春農園」さんでは、毎年、収穫前にはそれぞれの果樹からデータをとり、糖度と酸味のバランスをリストアップします。
果樹には通し番号がつけられています。
データに基づき、収穫する順番を決めていくのです。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18482228.jpg同じように育てても、果樹の特性や育つ場所によりどうしても個体差が出るからです。
また、同じ果樹の中でも、実る場所により成長が異なるので、その1玉1玉を匠の目で判断し収穫します。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18495407.jpg2度切りを行い、果実に着いた枝は短く切り詰めます。
そして、絶対に傷つけないように、養生(通称プチプチ)を施した収穫かごに入れて運びます。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18503508.jpgその中からさらに選び抜いた“極選”のデコポンを出荷するのです。
私は、『ひのゆたか』の収穫の取材の際には、いつもみなさんより一足先に味見をしています。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18200942.jpg一般的なデコポンと異なり、追熟を必要としないもぎたての樹上完熟デコポン『ひのゆたか』は、至高の味わいです!
芳醇な香り、もぎたてのみずみずしさ、そして何より糖度と酸味のベストバランスが最高に美味いんです!

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18465852.jpg「笠さんはホント美味しそうに食べますよね!」と将輝さん。
「美味しそうじゃなくて、美味しいんです!!」と言うと、
「毎年その顔を見るだけでも、頑張ってきたかいがありますよ!」将輝さんはそう言って笑っています。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18251816.jpg今年もまもなく、皮をむいた瞬間のあの香り、口に入れた時のあのみずみずしさ、そして、溢れ出す果汁のあの爽やかな酸味と心ときめく甘さを堪能できそうです。
平成29年度は、12月29日(金)より、朝採り収穫及び即日発送をスタートします。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18292563.jpg樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』は、熊本限定栽培品種で、樹上で完熟し、その場ですぐに食べることができる特別なデコポンです。
樹上完熟の芳醇な香りとみずみずしさ、そして黄金比ともいえる糖度と酸味のベストバランスをぜひご堪能ください。

デコポン予約受付開始します!熊本限定樹上完熟デコポン「ひのゆたか」を満を持して1月7日からの出荷です!!_a0254656_18322995.jpg「FLCパートナーズストア」では、今期も「小春農園」さんの“柑橘王”ことデコポン(肥後ポン)をネット独占販売いたします。
「FLCパートナーズストア」のリピート率ナンバー1の大人気で、弊社の看板商品と呼べる逸品です!!
年内の発送は、数量限定の完全予約制とさせていただきます。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-12-23 18:57 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介

FLC日記 2019年12月21日(土) くもり
令和元年度の熊本県産『干したけのこ』を大好評販売中です。
『干したけのこ』は、健康志向の女性を中心に、人気急上昇中の食材です。
しかも、水またはぬるま湯で戻すだけで、竹の子のおいしさをこの時期に味わえます!!
「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの『干したけのこ』を、ネット独占販売しています。
干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_16591078.jpg


干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_17321209.jpgこれが、『干したけのこ』です。
朝採りの新鮮なたけのこを収穫し、その日のうちに『干したけのこ』へと加工します。
皮をむき、切って、茹でて、乾燥させる!
何も足さず、何も引かず、うま味を凝縮させた健康食品です!!
『干したけのこ』は、食物繊維の塊のようなもので、しかも、低カロリー!!

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_17342186.jpg便秘の改善や大腸がんの予防にも効果的だと、人気急上昇中の食材です!!
しかも、この『干したけのこ』は、水で戻すとお好きなサイズにカットできて、様々な調理法でいただけちゃいます。

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_17352518.jpg弊社で販売している「小春農園」さんの『干したけのこ』は、水でもどすとこんな感じになります。
大きくて、平らなことから、お好みの様々な大きさにカットして利用できると、とっても人気なんです!!

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_17365636.jpg独特な食感(コリコリ感)が残っています。もちろん、もう少しやわらかくするためには、10時間ほどつけていてもいいと思います。
毎日水を替えれば、1週間ほどは水に戻した状態で日持ちもすると思います。
お料理好きな方なら、これを見ただけでたくさんのレシピが思い浮かぶことでしょうが、少し調理例を紹介しますね!

<調理例>
★みじん切り→餃子の具材として
★細切り→チンジャオロース、春巻きの具材として
★短冊切り→メンマ
★千切り→きんぴら
★大きめに切って→煮物
★小口切り→たけのこご飯
※まだまだたくさんのお料理に活用できますよ。


干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_17461899.jpg「FLCパートナーズストア」では、熊本県山鹿市鹿北町の匠の農家さん「小春農園」さんが、無農薬で育てたたけのこから作る『干したけのこ』をネット独占販売しています。
数量限定の商品で、間違いなく今年も完売する大人気ですので、ご注文はお急ぎください!
長期保存も可能です!
まとめ買いもおススメします!

今すぐ注文したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「干したけのこ」


干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_17515828.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!ここは、熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんが、1年を通して管理した有機栽培の“たけのこ畑”です。
「小春農園」さんでは、年間通して竹林を徹底管理し、有機肥料とミネラルを与えて、たけのこを栽培しています。
もちろん除草剤なんて一切使いません。
ですから、徹底管理したけのこを生み出すこの竹林のことを、“たけのこ畑”と呼んでいます。

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_172596.jpgこれは、「小春農園」さんが育て上げた、幻の白い『長生(ながそ)たけのこ』です。
穂先(たけのこの先端の葉っぱ)が、まだ地中にある間に掘り出し収穫します。
この幻の白い『長生(ながそ)たけのこ』は、そのまま生のたけのことして、4月上旬から約1ヶ月間の販売です。

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_1733373.jpg「幻の白いってホント?」そう思われる方も多いはず!
見てください!!この驚きの白さ!って、どこかの洗剤のコマーシャルみたいですね!笑
この白いたけのこは、たけのこの皮にも着いている、独特な“赤土”が生み出したものです。

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_17365250.jpg「小春農園」さんのたけのこの栽培地は、熊本県山鹿市鹿北町の長生地区です。
この独特な赤土の土壌が、驚きの白さのたけのこを育てます。
「小春農園」さんでは、この赤土を活かし、有機肥料とミネラルを与えてたけのこ畑を作り上げるのです。

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_17424778.jpg 「小春農園」代表の小原正宏さんと、息子さんで専務の小原将輝さんです。
これは、1月下旬、竹林の伐採作業の際に撮影しました。
この美しい“たけのこ畑”をこうして作り上げ、至高の幻の白い『長生(ながそ)たけのこ』を育て上げる、まさに“匠”です。

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_18162352.jpg『干したけのこ』用のたけのこの収穫は、生で出荷する土の中から掘り出すたけのこの収穫後です。
毎年、4月下旬~5月の上旬です。
これくらいに伸ばした竹の、成長著しい部分のみを使用します。

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_1820912.jpg収穫したたけのこは、すぐに『干したけのこ』へと加工されます。
たてに半分に切って、皮をむきます。そこから、「小春農園」さんならではの匠の技で、とっても使いやすい大きさのそろった、平らな『干したけのこ』になるのです。
自在にカットして調理したお料理の例を紹介します。

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_17573450.jpg
↑定番中の定番!メンマです!!

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_17582432.jpg
↑少し細めに切って、きんぴらも最高です!

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_17591307.jpg
↑私が一番好きなのは、この青椒肉絲(チンジャオロースー)です!!

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_18012673.jpg
↑鶏肉と甘辛く煮れば、おかずにもおつまみにもバツグンです!

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_18025860.jpg
↑春巻きは、様々な具材との相性もバッチリ!

干したけのこ 無農薬栽培で育てられた“たけのこ畑”で育った、安心・安全なたけのこ 調理例を紹介_a0254656_18133573.jpgいかがですか?これらの調理例はほんの一部!
ぜひ様々なお料理にご利用ください!
『干したけのこ』は、食物繊維の塊のような食材で、美容効果や健康食品としても今大変注目されている食材です。
名脇役にも、もちろん主役にもなる万能食材です!!
しかも、弊社で販売する原材料のたけのこは、有機栽培で手間ひまかけて育てたもの!
安全・安心のお墨付きです!
「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんが、無農薬の有機栽培で育てたたけのこから作った、『干したけのこ』を、ネット独占販売中です。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!
お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-12-21 18:15 | 干したけのこ | Trackback | Comments(0)

甘熟いちじく いちじくの紅葉!まもなく一気に冷え込んだ朝に一斉に落葉します!

FLC日記 2019年12月12日(木) 晴れ熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も、完熟ならぬ“甘熟”にこだわりぬいた、匠の農家さん「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』をネット独占販売いたしました。
甘熟いちじく いちじくの紅葉!まもなく一気に冷え込んだ朝に一斉に落葉します!_a0254656_14153385.jpg


甘熟いちじく いちじくの紅葉!まもなく一気に冷え込んだ朝に一斉に落葉します!_a0254656_14221893.jpg朝採りの樹上完熟いちじくを『甘熟いちじく』と命名して販売しています。
その甘さは、一般流通される、完熟前に収穫されたいちじくとは全く異なり、多くのリピート購入を頂く、弊社の大人気商品です!!
毎年、8月中旬より出荷をスタートし、10月上旬までの販売です。

甘熟いちじく いちじくの紅葉!まもなく一気に冷え込んだ朝に一斉に落葉します!_a0254656_14251211.jpg樹上で完熟した『甘熟いちじく』を朝採り、即日発送でお届けするため、発送日を火曜日と金曜日に定め、数量限定、完全予約制での販売ですが、出荷予定数は毎回完売するほどの人気です。

甘熟いちじく いちじくの紅葉!まもなく一気に冷え込んだ朝に一斉に落葉します!_a0254656_14295690.jpgこちらは、収穫が始まったばかりの8月中旬の様子です。
いちじくの葉はどれも青々と元気で、樹勢の良さがうかがえます。

甘熟いちじく いちじくの紅葉!まもなく一気に冷え込んだ朝に一斉に落葉します!_a0254656_14322402.jpg現在は、こうしていちじくの葉が紅葉しています。
いちじくは落葉樹ですから、あの青々とした葉々は、冬が近づくにつれ色づています。
そして、寒さが一気に訪れた日に、色づいた葉々は、一斉に落葉するのです。

甘熟いちじく いちじくの紅葉!まもなく一気に冷え込んだ朝に一斉に落葉します!_a0254656_14350586.jpgその様子がこちらです。
毎年、12月中旬の急な寒さが着た朝にこうして一気に落葉するのです。
今年もまもなくその時期がやってきます。
その様子もまたきちんと現地取材したいと思っています。

甘熟いちじく いちじくの紅葉!まもなく一気に冷え込んだ朝に一斉に落葉します!_a0254656_14364981.jpg現在、いちじくの結果枝には複数のいちじくの果実(正確には花)が残っています。
これらは、あえて収穫を行わなかった果実たちです。

甘熟いちじく いちじくの紅葉!まもなく一気に冷え込んだ朝に一斉に落葉します!_a0254656_14384686.jpg「小春農園」さんでは、その匠の技でいちじくの結果枝の1節目から実らせ、1本から14~15個ほどのいちじくを収穫します。
16個目以降は収穫をせず、先ほどの写真のようにそのままにしています。
美味しさをとことん追求する「小春農園」さんならではのこだわりです。

甘熟いちじく いちじくの紅葉!まもなく一気に冷え込んだ朝に一斉に落葉します!_a0254656_14444627.jpg毎年、出荷予定数を完売する大人気商品を作り上げるには、「小春農園」さんの惜しまぬ手間ひまと匠の技の高い技術があるのです。
私は毎年いちじくの成長と共にその匠の技も現地取材してきました。

甘熟いちじく いちじくの紅葉!まもなく一気に冷え込んだ朝に一斉に落葉します!_a0254656_14465893.jpg以前取材した、いちじくの初収穫日の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

甘熟いちじく いちじくの紅葉!まもなく一気に冷え込んだ朝に一斉に落葉します!_a0254656_14493822.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原さんの長年の経験に基づく知識と高い技術、奥様の美子んさんの惜しまぬ手間ひま、さらに、大学で果樹栽培を学んだ専門知識を持つ将輝さんの、3人の匠が中心となり、様々な農作物を育てています。

甘熟いちじく いちじくの紅葉!まもなく一気に冷え込んだ朝に一斉に落葉します!_a0254656_14525766.jpg本日紹介している『甘熟いちじく』の他には、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』(写真)、究極の柑橘『せとか』、無農薬栽培の『原木しいたけ(乾燥・生)』、『ザ・みかん』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『干したけのこ』、などを育てていて、それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
そのいずれもが、超1級品!まさに“本物”と呼べる食材です

甘熟いちじく いちじくの紅葉!まもなく一気に冷え込んだ朝に一斉に落葉します!_a0254656_14510983.jpg本日のブログでは、「小春農園」さんの山あいの『甘熟いちじく』の紅葉の様子を中心に紹介いたしました。
そして、落葉したいちじくは3月に匠の剪定作業を施していきます。
来年8月の収穫まで、一切の妥協を許さぬ惜しまぬ手間ひまと匠の技で育てていく様を、今年もしっかりと現地取材して紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-12-12 14:57 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!

FLC日記 2019年12月9日(月) 晴れ
ここは熊本県山鹿市鹿北町にある、匠の農家さん「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスの現在の様子です。
究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16533312.jpg
今年も順調に色づき、今にも食べられそうですが、収穫及び出荷はこれから美味しさを閉じ込めるように仕上げ、毎年同様2月上旬からの予定です!

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16552413.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16561289.jpg今年も徹底管理された栽培ハウスの中で、『せとか』の果実を1玉1玉吊り下げながら、大事に育てています。
『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをしたようなまさに究極の柑橘です。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_17005139.jpg果実がこのように大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。
トロトロの食感と、このみずみずしさ!そこで、「究極の柑橘」を筆頭に、「柑橘の大トロ」、「柑橘の女王」、「幻のみかん」、「大人の柑橘」、「柑橘のダイヤモンド」などなど、『せとか』を讃える表現は数知れません!!

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_17040799.jpgさらに、「FLCパートナーズストア」で販売するのは、大切に大切に育て上げた『せとか』から、「小春農園」さんこの、究極の柑橘『プリンセスせとか』は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品で、もう何年も出荷予定数は、毎年完売する大人気商品です。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_17082538.jpgさて、現在の栽培地の様子に話を戻しましょう!
「小春農園」さんのみかん畑から見た究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
ちなみに、右は同じく弊社社の大人気商品の柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16523667.jpgいずれも、ハウスと言えども、ボイラーを焚き加温して育てているのではありません。
ビニールの開閉で温度調節を行っています。
ハウスはあくまで雨風や害虫、病気から大切な『せとか』を守るためのものです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_17153220.jpg『せとか』は“究極”とまで呼ばれるがゆえに、その栽培には、専門知識と高度な技術、惜しまぬ手間ひまが必要不可欠です。
この様に果皮も美しい『せとか』が実っているのは、樹勢に見合った数に摘果してきたからです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16292858.jpgその様子がコチラです。
7月中旬ごろに行う、摘果作業です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16280873.jpgもちろん、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、こうしてもう何年もこうして現地取材してきました。
5月上旬に花が咲き、6月には着果し、その中から7月になり樹勢に応じた適正な場所に実る『せとか』のみを残すのです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16331705.jpgそうして匠の判断により残された果実だけを、こうして1玉1玉ひもで吊るしながら収穫まで栽培していきます。
その作業は、真夏の最中何度も何度も脚立を上り下りしながら行う、過酷な手作業です。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16355087.jpg9月中旬の様子です。
1玉が300gにもなる『せとか』の果実が、成長の過程で枝が折れたり、風で揺れて果実に傷がつかないように、1玉1玉ひもで吊るして育てるのです。
また、この頃は、ハウスにビニールをはらずに、栽培しその後の寒さを、きちんと感じさせなければなりません。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16385924.jpg10月下旬の土砂降りの雨の中の現地取材の様子です。
ハウスのは、害虫を防ぐための網をはってありますが、この時期はまだビニールをかけていません。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16405006.jpg『せとか』の果実は、きちんとひもで吊られながら、冷たい雨に打たれていました。
寒さを感じることにより、果実の熟成が始まります。
こうして色づきながら、果実を甘く育てていく準備を始めるのです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16444949.jpgそして、本格的な寒さが始まる前の11月上旬には、ハウスにビニールをかけ温度管理を行っていきます。
ビニールをかけることで、雨はもう栽培地に降り注ぎません。きちんと潅水(農作物に水を与えること)も行っていかねばなりません。
4月下旬の開花からすると、9か月以上もかけ果実を成長させ、2月上旬に収穫を迎えます。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_17255799.jpg今年2月上旬の初収穫の取材の際に撮影した、親子の匠の3ショットです。
「小春農園」さんでは、長年の経験と豊富な知識、卓越した技術を持つ小原さんと、惜しまぬ手間ひまをかける奥様の美子さん、そして、大学で柑橘類を専門に学んだ技術を持つ将輝さんが中心となり、本日ご紹介した究極の柑橘『せとか』など、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_17065336.jpg「FLCパートナーズストア」で販売するのは、普通の『せとか』ではありません。
大切に大切に育て上げた『せとか』から、「小春農園」さんの“匠の目”で選び抜かれた“極選”の『プリンセスせとか』です。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_17085426.jpgその実績は高く評価され、毎年決まって出荷予定数は完売する大人気商品です。
大変ありがたいことに、気の早いお客様からは、来年2月上旬からの出荷予定分で、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
収穫までの様子は、また現地取材にてこのブログで紹介していきます。
「FLCパートナーズストア」のホームページには、ここでしか買えない「熊本の旬」が目白押しです。
ぜひホームページものぞいてみてください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-12-09 17:31 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)