ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:大島農園 ( 45 ) タグの人気記事

熊本セロリ「清正人参」 平成30年度の出荷スタート!今年も最高のセロリを株ごと出荷します!!

FLC日記 2018年12月2日(日) くもりのち雨
「今年もこうして大きくて立派なセロリができました!これが熊本セロリ『清正人参』です。1株ごとお届けしますので、ぜひ中心部の甘い茎の部分も楽しんでもらいたいですね!」
「大島農園」の大島徹也さんが、収穫したてのセロリを手に、満面の笑みでそう話しました。
a0254656_17575347.jpg


a0254656_18021546.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「大島農園」さんの親子の匠の惜しまぬ手間ひま、匠の技によって育てられた、熊本セロリ『清正人参』を今年(平成30年度)もネット独占販売しています。
もちろん、朝採りの新鮮セロリを、即日発送、産地直送でお届けします。

今すぐ注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!! ↓
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
熊本セロリ『清正人参』


一昨日(11/30)より、今期の出荷をスタートしました!

a0254656_18042860.jpg熊本県合志市の「大島農園」さんは、親子2代で日本一のセロリ作りを目指し、約7ヶ月もの間、大切に大切に熊本セロリ『清正人参』を育ててきました。
こちらは、最初に収穫を迎える単棟のハウスです。

a0254656_17153359.jpg「大島農園」さんでは、セロリを『清正人参』と称し販売しています。
「セロリ」は、戦国武将の「加藤清正公」が日本に持ち込んだと言われていて、その当時『清正人参(きよまさにんじん)』と呼ばれていたそうです。
加藤清正公は、現在の熊本県(当時の肥後藩)を統治していたので、日本では熊本が発祥の地と言えると思います。

a0254656_18101964.jpg日本のセロリ発祥の地熊本の、清らかな水と大地で育つ、親子2代で作り上げた「大島農園」さんの、熊本セロリ『清正人参』を、「FLCパートナーズストア」では、ネット独占販売しています。

a0254656_18112281.jpgこちらは、一昨日今期の最初の収穫を迎えたハウスの様子です。
おびただしい数のセロリの葉と茎が落ちているのがわかりますか?

a0254656_17291847.jpg収穫を迎えたセロリは、最初に伸びた外側の茎は、商品として出荷する部分を育てるためのもので、その役目を終えこうして黄色く色付いています。
収穫し、商品として出荷するのは、中央部分の成長著しい新鮮なところのみです。

a0254656_18153645.jpg初収穫の様子を現地取材に行ったこの日は、みなさん収穫及び出荷準備でてんてこ舞い!
以前、取材した収穫の様子を元に、「大島農園」さんのこだわりを紹介します。

a0254656_18175114.jpgその様子を見せてくれたのは「大島農園」の大島徹也さんです。
まずは、ナイフ(包丁)を使って、根本からバッサリと切ります。

a0254656_18214696.jpgそれからまず、役目を終えた黄色く色付いた葉っぱの茎をドンドンと落としていきます。
「この最初に伸びて役目を終えた茎があるからこれだけのセロリができたんです。だからいつも『ありがとう!』って気持ちで落とすんですよ!」と徹也さん。

a0254656_18224364.jpg次に、青々としている茎も惜しげもなく削いでいくのです!!
「そこも落としちゃうんですか?」と思わず口にすると、
「そうですね!横に伸びた茎はこの後ビニールに入れる時どうしても折れるんですよ!それに、本当に美味しいところだけを食べていただきたいからですね!」

a0254656_18243139.jpgその後、セロリを育ててくれた土のついた部分を落とします。
この土は、「大島農園」さんが、有機肥料をふんだんに与え作り上げた、命の土です。
『清正人参』を育てあげてくれたとても元気な土なんです。

a0254656_18261363.jpgそれから、できるだけはやく、専用の袋に入れます。
この袋に入れることで、鮮度を長く保つことができるんです。
その手際よく、スピーディーな作業振りに感心していると、「これからビニールに入れて、箱詰めして出荷でしょ?新鮮さが命だからどんどん進めないとね!」と笑顔でお話いただきました。

a0254656_17531385.jpg「大島農園」さんは、熊本セロリ『清正人参』を育て続けて19年!
セロリの匠、大島忠さんと奥様、そして、その匠の技を受け継ぎつつ、研究心と分析による徹底管理で、さらに高みを目指す息子さんの大島徹也さんと奥様で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、日本一のセロリ作りを目指す匠の農家さんです。

a0254656_18320821.jpgこちらは今回収穫を迎えたハウスの10月上旬の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18344880.jpgもちろん、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培の様子も、苗床から土つくり、定植、成長の過程の間の惜しまぬ手間ひま、収穫などその全てをもう何年もこうして現地取材してきました。
特に今年は、夏の異常な暑さでしっかり育つのかと心配しましたが、そこは“セロリの匠”!

a0254656_1837653.jpg惜しまぬ手間ひまと、匠の技により、今年も最高のセロリができました。
いえ、今年は、しっかりと手をかけ、じっくりと育った分、例年以上のセロリになったと思われます。

a0254656_18380910.jpg「FLCパートナーズストア」では、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』をネット独占販売中です。
“有機肥料”をふんだんに使い、元気な土壌で育てた新鮮セロリです!
採れたて新鮮セロリは、セロリの香り、セロリの旨み、さらには“甘味”も加わり格別の味わいです。

a0254656_18394246.jpg1株丸々をお送りいたします。
ビッグサイズはさらに食べごたえ十分!シャキシャキの食感をさらに楽しめます!!
繊維質が筋ばってない、シャキシャキとした食感があるのに柔らかいセロリを是非ご賞味ください。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!
ご来店、お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-12-02 18:40 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)

熊本セロリ『清正人参』 平成30年度の予約販売受付スタート!!朝採り即日発送でお届けします!

FLC日記 2018年11月23日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「大島農園」さんの親子の匠の惜しまぬ手間ひま、匠の技によって育てられた、熊本セロリ『清正人参』を今年(平成30年度)もネット独占販売いたします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました!
a0254656_16312606.jpg
初回出荷は、平成30年11月30日(金)です。
以降、毎週金曜日に、数量限定、完全予約制で販売いたします。※写真は、以前、収穫の様子を取材した際に撮ったものです!

a0254656_17375270.jpg朝採りの新鮮セロリを即日発送でお届けいたします。
しかも、この大きなセロリの株を、丸々1株でのお届けですよ。
収穫してすぐにビニールに入れ、新鮮そのままでお送りいたします!!
セロリの茎はもちろんのこと、葉っぱも全て食べちゃってください。
特に、中心部にある若い茎のセロリは、一味違いますよ!!
なんと、甘いんです!!
通常販売では味わえないその甘さは、1株丸々購入でなければ、なかなか味わうことはできません。
ぜひご堪能ください!

今すぐ注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!! ↓
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
熊本セロリ『清正人参』



a0254656_16370415.jpg生産地と生産者の紹介をします!
ここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培ハウスです。
ここは、今シーズンは2番目に収穫を迎えるハウスです。

a0254656_16403033.jpg「大島農園」さんでは、数ヵ所のこのような連棟建てのハウスや単棟ハウスで、収穫時期をずらしながら、『清正人参』を育てています。
「おはようございます!」と声をかけると、
「笠さん!おはようございます。ここにいます!」と遠くから声がしました。

a0254656_16424464.jpg声がした方へ進んでいくと、ずっと奥に声の主の姿がありました。
生産者のセロリの匠「大島農園」の大島徹也さんです。
「切りのいいところまで終わらせますので、笠さんちょっと待っててください!」と徹也さん。

a0254656_17531385.jpg「大島農園」さんは、熊本セロリ『清正人参』を育て続けて19年!
セロリの匠、大島忠さんと奥様、そして、その匠の技を受け継ぎつつ、研究心と分析による徹底管理で、さらに高みを目指す息子さんの大島徹也さんと奥様で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、日本一のセロリ作りを目指す匠の農家さんです。

a0254656_16465829.jpg写真は9月上旬の、セロリの苗を定植したハウスに、遮光ネットを張る徹也さんです。
苗床から定植、脇芽カギ、成長の様子、もちろん収穫にいたるまで、その全てを現地取材してきまし。

a0254656_16491747.jpg「大島農園」の大島徹也さんです。
「葉の色も良く、今年もかなり順調に育ってますよね!」と言うと、
「この2番目に収穫を迎える連棟ハウスはバツグンに良いですよ!」

a0254656_16505894.jpg「今、商品となる部分が今元気に成長していますよ!」と徹也さん。
「あれ?さっきこの2番目に収穫を迎えるハウスは!!とおっしゃいました?」と言うと、

a0254656_16541633.jpg「そうですね!ここのハウスは色もしっかりしていて、ホントそろって成長してるんです。最初の単棟のハウスは、この夏の極端な暑さで、ここまではないんですよね!笠さん!そこに見に行きましょうよ!」と徹也さん。

a0254656_16563335.jpg「大島農園」さんでは、毎年、温度管理がしやすい単棟のハウスに最初に定植を行い栽培します。
もちろん、収穫も最初に迎えるのです。
ハウスに入ると、私が大好きなあのセロリの香りが広がっていました。

a0254656_16584785.jpgそこには、先ほどの連棟建てのハウスより、一回り大きなセロリたちが育っていました。
「ハウスのサイドを開けてあるので、今風と共にセロリの良い香りがしました!めちゃくちゃ元気で、良い感じにしか見えませんが、何か問題があるのですか?」と尋ねると、
「よ~く見ると、少し成長にばらつきがあり、葉の色も若干薄いところがあるんです。」

a0254656_17015589.jpg「今、笠さんが撮った小松菜が終わるあたりからがそうなんです!」と徹也さん。
「え?そこに何か違いがあるんですか?」と私は目を丸くしました。
正直、その違いが私には全く分かりません。

a0254656_17032266.jpg「この時期になり追いついてきてくれたんですが、成長の過程では少し差が出てたんですよ。ずっとそういう風に見てきたからそう思うのかもしれませんけどね!」
徹也さんは優しい目でセロリたちを見つめながらそう話しました。

a0254656_17055141.jpg「やはり、こちらから見てもこの時点ではわかりませんが、セロリの匠をもってしても、この夏の極端な暑さは厳しかったんですね!でも、やはりそのこだわりが、日本一のセロリを目指す匠なんですね!」と言うと、

a0254656_17074680.jpg「日本一!ですか?良い響きですよね!もちろん、まだまだそこまでとは言えませんが、この熊本はセロリ栽培発祥の地ですから、日本一を目指して頑張っているということで良いですか?」
徹也さんは、少し照れながらそう話しました。

a0254656_193433.jpgこちらは以前取材した収穫の際のワンシーンです。
セロリの匠、大島忠さんが、きびしい目でセロリの出来をチェックしています。
そして収穫では、匠たちの美味さを追求するこだわりを見ることができました。

a0254656_1965775.jpgその様子を首魁します。
収穫は、包丁を使って1株1株を丁寧に行っていきます。
まずは、セロリの根元に包丁を入れ、根っこと茎の部分を切り離すのです。

a0254656_199255.jpg切り離したセロリの周りの茎を、惜しげもなくどんどんとそぎ落としていきます。
「徹也さん!そこは食べられないのですか?」と尋ねると、
「いやいや、もちろん食べられますよ。でも、食べられることと、美味しいことは違いますからね!」

a0254656_1912277.jpg「半年以上も大切に育ててきたセロリたちです。やっぱり美味しいところを食べてもらいたいので、そこを育てるために頑張ってきてくれた周りの葉っぱは、全部そぎ落としちゃうんです。そうして初めて、私たちが育てた熊本セロリ『清正人参』として出荷するんです。」
徹也さんが、嬉しそうにそう話してくれたことを思い出しました。

a0254656_19183334.jpg「FLCパートナーズストア」では、「大島農園」さんの熊本セロリを『清正人参』と称して販売しています。
『清正人参』は、セロリの古称です。
現在は、「セロリ」と称されていますが、戦国時代後から近年までは、『清正人参』と呼ばれていました。

a0254656_17173631.jpg「セロリ」は、戦国武将の「加藤清正公」が、朝鮮出兵から帰国する際に、日本にその種を持ち込んだと言われています。
しかし、それがセロリだとわかっていてその種を持ち帰ったのではないようなく、「これはニンジンの種だ!」と騙されていたようなのです。

a0254656_17205250.jpg育ててみると、明らかにニンジンとは異なるこの植物を、「清正公が持ってきたニンジン」、つまり『清正人参』として栽培したようです。
そこで、この熊本県が、日本におけるセロリ栽培発祥の地と言われています。

a0254656_17184221.jpg「FLCパートナーズストア」では、日本におけるセロリ栽培発祥の地と言われている、この熊本県で匠の親子によって育てられた、熊本セロリ『清正人参』を、今年もネット独占販売いたします。
セロリの1株そのままをお届けいたします。
朝採りの新鮮セロリをお送りするため、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「新鮮野菜」のコーナーへお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-11-24 08:52 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)

熊本セロリ「清正人参」 定植後の様子 今年は早ければ11月下旬より出荷します!

FLC日記 2018年10月7日(日) 晴れ
「今年(平成30年度)は、早ければ11月下旬から出荷ができると思います。定植を早めたんです。しっかり育てていきますので、今年も楽しみにしていてください!」
セロリの匠「大島農園」の大島徹也さんが、電話取材に応えそう話してくれました。
a0254656_16470222.jpg


a0254656_16484761.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大島農園」さんの、熊本セロリ『清正人参』の栽培ハウスです。
最初に定植を行った、単棟の栽培ハウスです。
定植から約1ヶ月が過ぎました。

a0254656_16520005.jpg定植から約3ヵ月、惜しまぬ手間ひまと、徹底管理、さらには匠の技によって、熊本セロリ『清正人参』は、11月下旬にはこのように成長し出荷を迎えます。
セロリは、種まきから収穫まで約6か月をも要する、野菜の中ではとても栽培期間の長い作物です。

a0254656_16555766.jpg収穫を迎えたころの熊本セロリ『清正人参』の根元の写真です。
これを包丁を使って収穫し、周りの茎を惜しげもなくそぎ落とし、本当に美味しい部分だけを出荷します。

a0254656_16575850.jpgその様子がこちら!
セロリの匠「大島農園」の大島徹也さんが、手際よく商品とするセロリを用意しています。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「大島農園」さんの親子の匠の惜しまぬ手間ひま、匠の技によって育てられる、熊本セロリ『清正人参』を今年(平成29年度)もネット独占販売いたします。
a0254656_16595692.jpg


a0254656_17304105.jpgこちらは、以前取材した苗床の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17315696.jpgもちろん、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培の様子も、苗床から土つくり、定植、成長の過程の間の惜しまぬ手間ひま、収穫などその全てをもう何年もこうして現地取材してきました。
収穫の時期を長くする、播種の時期をずらしてセロリの苗が育てられていました。

a0254656_17353124.jpgこちらは、9月中旬の定植して間もない頃の様子です。
この小さなセロリが、たくさんの惜しまぬ手間ひまと匠の技を費やし、定植後3ヶ月の栽培期間を経て、あの大きなセロリに育つのです。


a0254656_17554066.jpg「大島農園」さんでは、セロリの匠、大島忠さんと奥様、そして、その匠の技を受け継ぎつつ、研究心と分析による徹底管理で、さらに高みを目指す息子さんの大島徹也さんと奥様で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、日本一のセロリ作りを目指す匠の農家さんです。

a0254656_18104087.jpg「大島農園」さんはセロリ(セルリー)を『清正人参』として販売しています。
『清正人参』とは、セロリの古称で、実は熊本県は日本におけるセロリ栽培発祥の地と言われています。

a0254656_17451350.jpgセロリは、戦国武将の加藤清正公が、豊臣秀吉の日本統治後、秀吉の命により朝鮮出兵をした際に、その種子を持ち帰り栽培を始めたと言われています。
「新種のニンジンの種だ!」と騙されて持ち帰ったとも言われています。当時まだ、日本に無い植物で、同じせり科のニンジンに例えて、セロリのことを清正公が持ってきたニンジンつまり『清正人参』と言われるようになったようです。

a0254656_18131159.jpg当時、清正公は肥後藩(現在の熊本県)を統治していましたので、熊本が、日本におけるセロリ発祥の地となっているのです。
もちろん、熊本城内では栽培されていないと思いますが・・・。

a0254656_17525261.jpgさて、現在の様子に話を戻しましょう!
こちらは、2番目に収穫を迎える、連棟建てのハウスです。
最初は、温度管理をしやすいように単棟のハウスで栽培し、2番目以降はこのような広い広い連棟建てのハウスで栽培します。

a0254656_17561569.jpg「FLCパートナーズストア」で販売する熊本セロリ『清正人参』は、朝採り新鮮そのものを、大きなセロリの株のまま販売します。
今年は、早ければ11月下旬からの出荷予定です。
これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技など現地取材し、このブログでご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-07 17:57 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)

熊本セロリ「清正人参」 平成30年1月16日(火)より再出荷スタート!朝採り新鮮そのものを届けます!!(後編)

FLC日記 2018年1月9日(火) 雪時々くもり
お待たせしました!
「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』は、平成30年1月16日(火)より、再出荷いたします!
a0254656_18202662.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県合志市の「大島農園」さんの、匠の親子による惜しまぬ手間ひま、匠の技によって育てあげられた、熊本セロリ『清正人参』を、今年もネット独占販売しています。

↓今すぐ注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!↓
「FLCパートナーズストア」
熊本セロリ『清正人参』

※平成30年1月16日(火)の出荷以降は、2月上旬(予定)の収穫時期が終わるまで、毎週金曜日と火曜日の出荷予定です。

a0254656_18104087.jpg熊本セロリ『清正人参』は、日本におけるセロリ栽培発祥の地、“熊本県”の合志市にある、セロリの匠「大島農園」さんによって育てられた“本物”と呼べるセロリ(セルリー)です。

a0254656_17173014.jpgあえて完全予約制とし、発送日の朝に収穫し、即日発送で、全国どこでも翌日、もしくは翌々日にはお届けするため、その新鮮さの人気は言うまでもありません。

a0254656_17183356.jpgまた、1株まるごとでの販売のため、セロリの茎はもちろんのこと、葉っぱも全て食べちゃってください。
特に、中心部にある、若い茎のセロリは、一味違いますよ!!
その中心部が食べたくて、何度もリピート購入を頂くお客さんが後を絶たないのです!

a0254656_17322814.jpgその何度も食べたくなる、熊本セロリ『清正人参』の本当の人気の部分がこちらです!
写真左側、右手に持っていただいている部分なんです。
この写真は、以前、テレビ取材を受けた際に撮影したものです。
「大島農園」さんの、熊本セロリ『清正人参』は、こうして度々、テレビや雑誌などでも紹介されています。

a0254656_17352699.jpg野菜ソムリエの資格をを持つ、レポーターの丸井純子さんが、中心部の若い茎を丸かじり!
食べたとたんに「甘~い!」って叫んでいました。
丸井さんは「セロリが甘いなんて信じっれない!」と言いながら、その部分をペロリと食べてました!
数本の茎のみの一般的な販売と違う、丸々1株だからこそ味わえる美味さです!

a0254656_17375634.jpg同じくレポーターの山内要さんも
「セロリをこんな花束みたく渡されたのは、生まれて初めて!このボリューム、そしてこの美味さ!『清正人参』は日本一だぁ!!」と話していました!

a0254656_17484166.jpgそんな“日本一”ともいえる、「大島農園」さんの、熊本セロリ『清正人参』の栽培の様子を、熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も年間を通して現地取材を重ねてきました。
写真は、8月中旬の苗床の様子です。

a0254656_17523253.jpg苗を育て、栽培ハウスに定植し(写真)、温度管理、水管理を徹底しながら育て、収穫までには約半年もの歳月を要します。
もちろん、その間には、様々な匠の技と惜しまぬ手間ひまをかけていきます。

a0254656_17564001.jpgこちらは、セロリ栽培において欠かすことのできない作業の1つ、“芽カギ作業”の様子です。
「大島農園」さんでは、一切の妥協を許さず、安全で美味しいセロリを作ると強いこだわりを持ち、とことん手をかけて『清正人参』を育て上げます。

a0254656_18073177.jpgセロリ栽培発祥の地の熊本県ですが、全国からすると大産地とは言えません。
『熊本産』と言うだけで、セロリの値段が安くなる傾向にあるります。

a0254656_18203517.jpgしかし、「大島農園」さんの『熊本セロリ「清正人参」』は、その品質の良さで、毎年出していく中で、その良さをわかって頂き、毎年毎年価格が上昇しています。
生産量だけで言うなら、長野県と静岡県で日本の生産量の約7割を占めています。
夏~秋にかけては長野県、冬~春にかけては静岡県と季節を分けて生産していて、その2県でほぼ独占状態です。
ちなみに熊本県は、全国の第10位です。

a0254656_18275800.jpg「大島農園」さんでは、セロリの匠、大島忠さんと奥様、そして、その匠の技を受け継ぎつつ、研究心と分析による徹底管理で、さらに高みを目指す息子さんの大島徹也さんと奥様で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、美味しさにこだわる日本一のセロリ作りを目指す匠の農家さんです。

a0254656_18371082.jpgその美味しさ、その品質の良さは、収穫時の匠の技にも見ることができます。
収穫はまず、根本から包丁で切り話します。
ぎっしりと詰まったセロリの中央部は、片手では持ちきれないほどの大きさになっています。

a0254656_18393887.jpg次に、惜しげもなくその周りの茎をバンバンとそぎ落としていくのです!
その落とす部分でさえも、スーパーなどでは十分に商品として扱われるほどの立派な茎です。

a0254656_18412098.jpg最後に、最初に切った根っこに近い部分を再び包丁で切り落としきれいにそろえ、収穫は終了です。
その間、わずか20秒ほど!
驚きのスピードで収穫作業は進んでいきます。
新鮮さを保つ為の、匠の技です!

a0254656_18433363.jpg収穫されたセロリは、その場ですぐに専用の袋に入れていきます。
新鮮さをそのまま閉じ込める為です。
そうして袋に入れられたセロリは、約1週間ほどは新鮮さそのものです。

a0254656_18510111.jpgおそらく、一般流通を経て、店頭に並んでいるセロリは、ちょうどその頃のものになるのではないでしょうか?
「大島農園」の大島徹也さんはこう話します。

a0254656_18460852.jpg「ここまで新鮮さにこだわって出荷しても、消費者の皆さんの食卓に並ぶのはどうしても1週間後くらいになるんですよ。本当は収穫後すぐに食べてほしかとですよね。そぎゃんすると、もっと美味さがわかります!シャキシャキしててやわらかく、甘味も楽しんでいただけます!笠さんとこお客様には、遅くとも中1日で届くんですよね?絶対にこの美味さをわかってもらえると思いますよ!!」

a0254656_18531510.jpg「FLCパートナーズストア」では、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』をネット独占販売しています。
朝採り新鮮さを、そのまま閉じ込めたセロリを農家直送でお届けいたします。
セロリ好きをうならせた、熊本セロリ『清正人参』は、筋張ってなくシャキシャキとした食感でいて、とてもやわらかい最高級のセロリです。
もちろんセロリは、食物繊維が豊富で、美容やお通じにも効果的だといわれています。

a0254656_18571126.jpgぜひ、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の“本物”と呼べる美味さをご賞味ください!
朝採りの新鮮セロリをお送りするため、毎回の出荷数を制限しながら、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「新鮮野菜」のコーナーへお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-09 19:00 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)

熊本セロリ「清正人参」 平成30年1月16日(火)より再出荷スタート!朝採り新鮮そのものを届けます!!(前編)

FLC日記 2018年1月8日(月) 雨

a0254656_16453596.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県合志市の「大島農園」さんの、匠の親子による惜しまぬ手間ひま、匠の技によって育てあげられた、熊本セロリ『清正人参』を、今年もネット独占販売しています。
大変お待たせいたしました。
平成30年は、1月16日(火)からの出荷スタートです!
a0254656_16503461.jpg


a0254656_16530364.jpgただし、とことん鮮度にこだわりお届けしたいため、朝採り即日発送いたします。
よって、完全予約制、毎回の出荷数限定での販売です。
繊維質が筋ばってない、シャキシャキとした食感があるのに柔らかいセロリを是非ご賞味ください。

↓ ご注文(ご予約)はコチラ!! ↓
「FLCパートナーズストア」
熊本セロリ『清正人参』

※平成30年1月16日(火)の出荷以降は、2月上旬(予定)の収穫時期が終わるまで、毎週金曜日と火曜日の出荷予定です。

a0254656_16585113.jpg収穫してすぐの熊本セロリ『清正人参』をビニールに入れ、それを梱包し、即日発送の新鮮そのままでお送りいたします!!
弊社では、この様に1株丸ごとでの販売です。

a0254656_17032693.jpgセロリの茎はもちろんのこと、青々とした葉っぱも全て食べちゃってください。
特に、中心部にある若い茎のセロリは、一味違いますよ!!
なんと、セロリが甘いんです!!
1株丸ごとの購入でないと、絶対に味わうことのできないその甘さを、ぜひご堪能ください!

a0254656_17270335.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培ハウスの1ヶ所です。

a0254656_17293881.jpgこちらは、以前取材した単棟の栽培ハウスです。
「大島農園」さんでは、数ヵ所の単棟のハウスと、数ヵ所の広い広い連棟ハウスで、収穫時期をずらしながら、熊本セロリ『清正人参』を育てています。

a0254656_17330888.jpgまもなく収穫を迎えるハウスの成長の様子をチェックする「大島農園」の大島徹也さんです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17365093.jpgもちろん、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材を重ねてきました。
写真は、9月中旬の定植したばかりのセロリたちと徹也さんです。

a0254656_17504508.jpg徹也さんのお父さんの「大島農園」の大島忠さんが、定植したばかりの苗たちに1つ1つとても優しく潅水を行っています。
忠さんは、セロリを育てて18年目を迎えています。
セロリ栽培に関して知らないことはないと言わしめる、まさに“セロリの匠”です。

a0254656_17554066.jpg「大島農園」さんでは、セロリの匠、大島忠さんと奥様、そして、その匠の技を受け継ぎつつ、研究心と分析による徹底管理で、さらに高みを目指す息子さんの大島徹也さんと奥様で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、日本一のセロリ作りを目指す匠の農家さんです。

a0254656_18104087.jpg「大島農園」さんはセロリ(セルリー)を『清正人参』として販売しています。
『清正人参』とは、セロリの古称で、実は熊本県は日本におけるセロリ栽培発祥の地と言われています。

a0254656_18121195.jpgセロリは、戦国武将の加藤清正公が、朝鮮出兵の際にその種子を持ち帰り栽培を始めたと言われています。
まだ、日本に無い植物で、同じせり科のニンジンに例えて、清正公が持ってきたニンジンつまり『清正人参』と言われるようになったようです。

a0254656_18131159.jpg当時、清正公は肥後藩(現在の熊本県)を統治していましたので、熊本が、日本におけるセロリ発祥の地となっているのです。
もちろん、熊本城内では栽培されていないと思いますが・・・。

a0254656_18193539.jpg日本におけるセロリ栽培発祥の地と言われている、この熊本県で匠の親子は、今年も“本物”と呼べる熊本セロリ『清正人参』を育て上げました。
もちろん数ヵ所のハウスで、収穫時期をずらしながらの栽培です。
「FLCパートナーズストア」では、今年もその『清正人参』をネット独占販売いたします。

a0254656_18202662.jpgセロリの1株そのままのお届けです。
朝採りの新鮮セロリをお送りするため、毎回の出荷数を制限しながら、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「新鮮野菜」のコーナーへお進みください。
ご来店お待ちしてます!!
明日のブログでは、こだわりの収穫作業の様子を中心に美味しさの秘密に迫りたいと思います!
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-08 18:23 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)

熊本セロリ「清正人参」 平成29年の年内出荷は12月26日(火)まで!年明けは1月16日(火)より再出荷!

FLC日記 2017年12月21日(木) 晴れ
「FLCパートナーズストア」では、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』を大好評販売中です!
平成29年の年内の発送は12月26日(火)まで!
年明けは、新しい圃場の収穫スタートの1月16日(火)より、朝採り、即日発送でお届けいたします!
a0254656_17131753.jpg


a0254656_17190026.jpgセロリの1株を、そのまま丸ごとをお届けしています。
熊本セロリ『清正人参』は、シャキシャキとした食感がなんともやわらかいんです!
矛盾しているかのように聞こえるでしょうが、わかりやすく言うならば、繊維質が筋ばっていないってことなんです。
ですから、シャキシャキしててやわらかいんです。

a0254656_17252574.jpg忘年会やお正月の集まりの際にも、ニンジンやキュウリと共に野菜スティックなんていかがですか?
茎の部分はもちろんのことながら、葉っぱも全部食べちゃって下さい!

a0254656_17291311.jpg葉っぱは、食べやすい大きさに切って、お鍋に入れるのも良いですね!
春菊に似た感じになり、お鍋のアクセントとしてはバツグンです。
ピクルスにしても美味しいですよね!

a0254656_17404077.jpg忘れてならないのが、セロリの中心部の若い茎の部分です。
写真は「大島農園」さんが以前、テレビの取材を受けた際の、その中心部分の別撮りの様子です。
この部分は、葉っぱも茎もぜひ生で食べてみてください!
なんと!
セロリが甘いんです!
この中心部の甘さを味わってほしくて、弊社ではセロリを1株丸のままで販売しています!

a0254656_17370552.jpg

「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』は、熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です!
数量現地の完全予約制販売です!
ご注文はお早めに!

↓ ご注文(ご予約)はコチラ!! ↓
「FLCパートナーズストア」
熊本セロリ『清正人参』


a0254656_17454960.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!ここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培ハウスです。写真は、その中のほんの一部!

a0254656_17500621.jpg「大島農園」さんでは、収穫時期をずらすため、数ヵ所の単棟ハウスや連棟建てのハウスを定植のタイミングよく利用しながら、『清正人参』を栽培しています。

a0254656_17534209.jpg「ところで『清正人参』って何?セロリのこと?」なんてお思いの方も多いはず!
『清正人参』は、セロリ(セルリー)の古称です。
セロリは戦国時代後から近年までは、『清正人参』と呼ばれていました。

a0254656_17581015.jpg『清正人参』とは、戦国武将の加藤清正公の名前に由来しています。
加藤清正公は、豊臣秀吉の日本統一後、肥後藩(現在の熊本県)の統治を任された戦国武将です。
朝鮮出兵の際にその種子を「ニンジンの種!」と言われ、持ち帰り栽培を始めたと言われています。

a0254656_17594604.jpg育ててみると、明らかにニンジンとは異なります。
日本に無い植物でなので、もちろん名称もなく、清正公が持ってきたニンジンつまり『清正人参』と言われるようになったようです。
ですから、熊本県は、日本におけるセロリ(清正人参)の生産の発祥の地と言えるのです。

a0254656_18025633.jpgその熊本県で、「大島農園」さんでは、セロリの匠、大島忠さんと奥様、そして、その匠の技を受け継ぎつつ、研究心と分析による徹底管理で、さらに高みを目指す息子さんの大島徹也さんと奥様で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、日本一のセロリ作りを目指しています。

a0254656_18051126.jpgそんな「大島農園」さんの『清正人参』の栽培の様子を、私はもう何年も年間を通して現地取材してきました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しているのです。

a0254656_18094177.jpg苗床の様子や仮植作業(上記写真)、セロリのための土つくり、定植作業やその後の成長(写真)、惜しまぬ手間ひまの芽カギ作業、徹底した温度と湿度の管理、そして収穫の様子などなど、その全てを現地で見てきました。

a0254656_18210290.jpg「大島農園」さんは、徹底して手をかけ育てます。
一切の妥協を許さないのです!
なにせ、「日本一のセロリ」を目指しているのですから!

a0254656_18252201.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』をネット独占販売しています。
朝採り、即日発送で、セロリの1株そのままをお届けです。

a0254656_18270027.jpgセロリ発祥の地、熊本で、日本一のセロリを目指す、セロリ栽培18年の“匠の親子”が育て上げた“本物”と呼べるセロリです!
朝採りの新鮮セロリをお送りするため、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「新鮮野菜」のコーナーへお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-12-21 18:30 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!平成29年度の予約販売受付スタート!!

FLC日記 2017年12月4日(月) 雨のちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「大島農園」さんの、熊本セロリ『清正人参』の先行予約受付をスタートしました!!

↓ ご注文(ご予約)はコチラ!! ↓
「FLCパートナーズストア」
熊本セロリ『清正人参』

a0254656_17204806.jpg
初回出荷は、平成28年12月12日(火)です。
以降、毎週火曜日と金曜日に、数量限定、完全予約制で販売いたします。

a0254656_17254356.jpgこちらは、以前、現地取材した収穫の様子です。
包丁を使って1株1株収穫していきます。
「FLCパートナーズストア」の熊本セロリ『清正人参』は、1株丸々での販売です。

a0254656_17301793.jpg包丁を使って株ごと切り離したら、商品とすべく中央のセロリたちを育ててくれた、周りの茎を惜しげもなく取り除きます。
本当に美味しいとこだけを食べてほしいという、強いこだわりです。

a0254656_17323051.jpg根っこの部分をきれいに切りそろえたら、収穫作業完了です!
収穫してすぐにビニールに入れ、新鮮そのままでお送りいたします!!
朝採りの新鮮セロリを即日発送です!!

a0254656_17363279.jpgお届けは、収穫後すぐに袋詰めした状態です。
セロリの茎はもちろんのこと、葉っぱも全て食べちゃってください。
特に、中心部にある若い茎のセロリは、一味違いますよ!!

a0254656_17384515.jpgこの部分です!
この写真は、以前、テレビ取材を受けた際に撮影したもので、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』は、こうして度々、テレビや雑誌などでも紹介されています。

a0254656_17421795.jpg野菜ソムリエの資格をを持つ、レポーターの丸井純子さんが、、中心部の若い茎を丸かじり!
「セロリが甘いなんて信じっれない!」と言いながら、その部分をペロリと食べてました!
数本の茎のみの一般的な販売と違う、丸々1株だからこそ味わえる美味さです!

a0254656_17460555.jpg同じくレポーターの山内要さんも
「セロリをこんな花束みたく渡されたのは生まれて初めて!このボリューム、そしてこの美味さ!『清正人参』最高!!」と太鼓判を押されました。

a0254656_17474994.jpg生産地と生産者の紹介をします!
ここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培ハウスです。

a0254656_17531385.jpg「大島農園」さんは、熊本セロリ『清正人参』を育て続けて18年!
セロリの匠、大島忠さんと奥様、そして、その匠の技を受け継ぎつつ、研究心と分析による徹底管理で、さらに高みを目指す息子さんの大島徹也さんと奥様で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、日本一のセロリ作りを目指す匠の農家さんです。

a0254656_17570193.jpg「ところで、先ほどからたびたび出てきている『清正人参』って何?」と思われた方も多いことでしょう!
「大島農園」さんはセロリ(セルリー)を『清正人参』として販売しています。
『清正人参』は、セロリの古称です。
現在は、「セロリ」と称されていますが、戦国時代後から近年までは、『清正人参』と呼ばれていました。
それは、戦国武将の加藤清正公の名前に由来しています。

a0254656_18004940.jpg加藤清正公は、豊臣秀吉の日本統一後、肥後藩(現在の熊本県)の統治を任された戦国武将です。
現在において、熊本では加藤清正公のことを「せいしょこさん」と読んでいます。
「清正公」を「せいしょこ」と音読みし、戦国の武将加藤清正公のことを、更に親しみを込め、「さん」付けし呼んでいるのです。

a0254656_18005429.jpg昨年の熊本地震で、大きな被害を受けましたが、日本3大名城の1つの「熊本城」を築きました。
城作りの名人で、治水工事にも秀でた才能を発揮しています。
朝鮮出兵の際の“虎退治”の逸話は有名ですが、その朝鮮出兵の際に、日本に初めて「セロリ」の種を持ち込みました。

a0254656_18030344.jpg一説によると、清正公は「これはニンジンの種だ!」と騙され、熊本に持ち帰ったのだそうです。
しかし、育ててみるとニンジンとは明らかに異なるこの植物に、名称をつけるとき、「清正公が持ち帰ったニンジンの種からできたもの」つまり、『清正人参』と呼ばれ、熊本県が日本におけるセロリ栽培発祥の地と言われています。

a0254656_18122295.jpgこちらは、セロリ栽培において欠かすことのできない作業の1つ、“芽カギ作業”の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18145563.jpgもちろん「大島農園」さんの『清正人参』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
芽カギ作業とは、不要な脇芽をかぎ取る作業のことで、美味しいセロリを育てるには、欠かすことのできない重要な作業です。

a0254656_18163424.jpg足元をスッキリさせることは、病気や害虫の予防にもつながります。
残した芽が栄養を作り、新しい芽を芽吹かせます。
そして、これから成長する新しい芽が、いずれセロリの商品となる部分となるのです。

a0254656_18303369.jpgセロリの栄養素について少しご紹介いたします。
セロリは、カリウム、ビタミンA、ビタミンU、そして食物繊維を豊富に含む食材です。
カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。

a0254656_18303701.jpgビタミンAは免疫力を高め抗酸化作用があると言われ、ビタミンUは、「キャベジン」とも呼ばれ、胃酸の分泌を抑えたり、胃腸粘膜を修復するなどの働きがあります。
さらに、お通じにも良いとされる食物繊維については、あらためてお話しする必要もありませんよね!

a0254656_18230326.jpg日本におけるセロリ栽培発祥の地と言われている、この熊本県で匠の親子は、今年も“本物”と呼べる熊本セロリ『清正人参』を育て上げました。
もちろん数ヵ所のハウスで、収穫時期をずらしながらの栽培です。
「FLCパートナーズストア」では、今年もその『清正人参』をネット独占販売いたします。

a0254656_18261914.jpgセロリの1株そのままのお届けです。
朝採りの新鮮セロリをお送りするため、毎回の出荷数を制限しながら、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「新鮮野菜」のコーナーへお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-12-04 18:32 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)

熊本セロリ「清正人参」 匠の徹底した芽カギ作業で、今年も順調に成長中!初出荷は今年も12月上旬から!

FLC日記 2017年11月4日(土) 晴れのちくもり
「今の時期は、まだハウスにビニールをはっていませんが、まもなくビニールをはって冬支度です。それからはビニールハウスの中で、温度と水をきちんと管理しながら、収穫までしっかりと育てていきます。」
a0254656_17313553.jpg
ここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大島農園」さんの、熊本セロリ『清正人参』を栽培する数ヵ所のハウスの中の1つの圃場です。

a0254656_17333102.jpg6月に種を撒き、約3ヵ月苗床で育て、9月に定植をした熊本セロリ『清正人参』が、こうして元気に成長していました。
「大島農園」さんでは、日本でのセロリ栽培発祥の地「熊本」で、日本一のセロリつくりを目指しています。

a0254656_17394243.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「大島農園」さんの親子の匠の惜しまぬ手間ひま、匠の技によって育てられる、熊本セロリ『清正人参』を今年(平成29年度)もネット独占販売いたします。

a0254656_17414004.jpgこちらが、熊本セロリ『清正人参』です。
「普通のセロリじゃん!」とお思いでしょ?
そうなんです。
現在は、「セロリ」と称されていますが、戦国時代後から近年までは、『清正人参』と呼ばれていました。
セロリは、戦国武将の加藤清正公が日本に持ち込み、熊本で最初に栽培された野菜です。

a0254656_17432845.jpg朝鮮出兵の際に、その種子を「ニンジンの種だ!」と言われ持ち帰り、栽培を始めたと言われています。
まだ、日本に無い植物で、清正公が持ってきたニンジンつまり『清正人参』と言われるようになったようです。

a0254656_17450975.jpg当時、清正公は肥後藩(現在の熊本県)を統治していましたので、熊本が、日本におけるセロリ発祥の地となっているのです。
もちろん、熊本城内では栽培されていないと思いますが・・・。

a0254656_17520120.jpgちなみに、熊本セロリ『清正人参』の根っこはこんな感じです。
当時、「ニンジンの種だ」と言われ栽培して方々は、この根っこを見てさぞかしびっくりしたことでしょうね!

a0254656_17542921.jpgだって、葉っぱはこんなにも茂っているのに、食べるつもりだった根っこはほんのちょっと!
根っこはほとんど食べるとこはありませんよね!
ただ、西洋には、根っこを食べるセロリもあるとのことです。

a0254656_17564201.jpgさて、話を現在に戻しましょう!
こうして元気に育つ『清正人参』たちは、匠の惜しまぬ手間ひまによって元気に育てられています。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17583443.jpgもちろん、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培の様子も、苗床から土つくり、定植、成長の過程の間の惜しまぬ手間ひま、収穫などその全てをもう何年もこうして現地取材してきました。
元気に育つ『清正人参』たちは、こうして足元スッキリで育てられています。

a0254656_18000736.jpgこのハウスでは、10月に行われた“芽カギ”作業の様子です。
「大島農園」さんは、親子2代に渡り、すでに15年も熊本セロリ「清正人参」』を生産しています。

a0254656_18032107.jpg「セロリの芽は、どれも自分が一番成長しようとするとたい!だけん、こぎゃんして不要な芽の“芽カギ”作業ばして、必要な芽だけ残してあげるとたい。そして今から出てくる新芽を伸ばして、ピシャッと商品に仕上げていかにゃんとたいね。」
お父さんの大島忠さんの熊本弁わかりました?

a0254656_18054569.jpg「笠さん!今のをそのまま文章にしても、ブログを読んでる方は絶対にわかりませんよ!(笑)」と息子さんの大島徹也さんが笑っています。
徹也さんの作業を見せて頂きながら、わかりやすく説明します。

a0254656_18074607.jpgまずこれが、不要な脇芽です。
芽カギ作業には2つの目的があります。
まずは、不要な芽に栄養を取られないように取り除くことです。
1株ごとチェックしながら、1本1本脇芽を取り除いていきます。

a0254656_18112975.jpg脇芽をかぐことで、商品とすべくこれから育てる新しい芽が、しっかりと成長していくのです。
この時期、回りに伸びている芽をかいであげ、必要な芽に栄養が行き届くようするのが、芽カギの最初の目的です。

a0254656_18135175.jpg芽カギを終えしばらく成長したのが今現在のこちらの様子です。
セロリの苗の足元は、こんなにもすっきりとしています。
現在成長中のセロリは、株の中の周りにある大きめな茎と葉っぱで栄養を作り出し、中央の新芽を大きく育て商品とするのです。
こうして、地面から近い部分をすっきりさせ、風通しを良くし、病気からセロリの苗をことが、二つめの目的です。

a0254656_18173904.jpgセロリ栽培において、もう1つ重要なことが土つくりです。
有機肥料をふんだんに与えた元気な土でなければ、かなりたくさんの栄養を必要とするセロリは上手く育ちません。
そんな元気な土だからこそ、畝の合間に育てられていたダイコンもこんなに元気に成長していました。

a0254656_18220842.jpg日本のセロリ生産は、長野県と静岡県でその7割以上を占め、熊本県は全体の約1%で第10位です。
そんな中、日本のセロリ発祥の地、熊本県の「大島農園」さんは、惜しまぬ手間ひまをかけ日本一のセロリを目指し『清正人参』を育てています。

a0254656_18233152.jpg「FLCパートナーズストア」では、セロリの匠、「大島農園」さんが育て熊本セロリ『清正人参』を今年もネット独占販売いたします。
大(2kg)(写真)、小(1kg)で、それぞれ1株ごとの販売です!!
もちろん朝採り即日発送でお届けいたします!
昨年、ご購入頂いたお客様からは、すでに今年のご予約を頂いているほどの人気商品です!!
今年の発送は、12月上旬からの予定です。
「大島農園」さんの、今年の『清正人参』にもご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-11-04 18:28 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)

熊本セロリ「清正人参」 今年(平成29年度)も12月上旬よりの出荷!定植後の様子を現地取材&匠の土つくり!

FLC日記 2017年9月6日(水) くもり一時雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「大島農園」さんの親子の匠の惜しまぬ手間ひま、匠の技によって育てられる、熊本セロリ『清正人参』を今年(平成29年度)もネット独占販売いたします。
a0254656_17054591.jpg


a0254656_17070361.jpg出荷するその日の、朝採り新鮮セロリを、1株を株ごと丸のままでの販売です。
今期も初出荷は、12月上旬(10日以降)の予定です。
苗床から栽培地に定植され、これから約3ヵ月を要して育てていきます。
本日は、定植後のハウスと苗床、こだわりの土つくりについてご紹介いたします。

a0254656_17140323.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大島農園」さんの、熊本セロリ『清正人参』を栽培する数ヵ所のハウスの中の1つの圃場です。
一昨日、現地取材に伺いました。
「大島農園」さんでは、収穫時期を長くために、播種や定植の時期をずらして、数ヵ所のハウスで熊本セロリ『清正人参』を栽培しています。

a0254656_17172368.jpgこちらは、同日の「苗床」の様子です。
苗床とは、栽培地に苗を定植するまでの期間、集中管理をしながら苗を育てる場所のことです。
これらの苗は、きちんと計画している時期に、栽培ハウスに定植します。

a0254656_17293815.jpgこちらは、以前(7月中旬)取材した苗床での仮植作業の様子です。
6月に播種をして、発芽後、2回の仮植をしてセロリの苗は育てられます。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17342540.jpgもちろん、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培の様子も、苗床から土つくり、定植、成長の過程の間の惜しまぬ手間ひま、収穫などその全てをもう何年もこうして現地取材してきました。
こちらは、定植前に堆肥(有機肥料)を畑にまく様子です。

a0254656_17384703.jpgそんな私ですから、一昨日の現地取材で、2つのことに気づきました。
1つ目は、定植しセロリの苗たちが少し元気がないように思えたことです。
でも確か、3年前も同じようなことがあった気がします。

a0254656_17415828.jpgこちらがその時の様子です。
この夏は、今年同様の暑さが続き、苗の発育が思わしくなかったのですが、そこは“セロリの匠”!
もちろん、収穫時には例年と変わらぬ大きさ、美味さに育て上げました。

a0254656_17563176.jpg一昨日の取材では、「大島農園」の大島徹也さんにお会いできなかったので、帰社後電話取材しました。「3年前と同じような感じになってますが、その時もそう話したと思いますが、こんな時こそ腕の見せ所です。」

a0254656_17590302.jpg「その時の状況を思い出しながら、私と父、母とでしっかり手をかけてますので、お任せください!」と徹也さん。
「もちろん!100%の信頼をよせてますので、今年もよろしくお願いします。それから、苗床から道路を挟んだハウスはまだ定植の準備が進んでませんし、あそこに植えているのは“緑肥”ですか?」と尋ねると

a0254656_18051700.jpg「さすが笠さん!よく見てるし、よくご存じですね!あのハウスは今年はセロリを作りません。より良いセロリを育てるために、土つくりからもう一度やっていこうと父と話し、今、緑肥を植えています。」と徹也さん。

a0254656_18094439.jpg「大島農園」さんは、20年以上もセロリを育て続けるセロリの匠、大島忠さんと奥様、そして、その匠の技を受け継ぎつつ、研究心と分析による徹底管理で、さらに高みを目指す息子さんの大島徹也さんと奥様とで、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、日本一のセロリ作りを目指す匠の農家さんです。

a0254656_18182011.jpgこの植物は、収穫を目的としたものではなく、あくまで肥料とするために育てています。
時期を見て、葉も茎も根も全てを鋤き込み、そのまま有機肥料とするのです。
徹也さんは続けてこう話しました。

a0254656_18223130.jpg「毎年コンスタントに良いセロリを作ることはできてると思います。でも、もっといいセロリを作りたいんです。だから、全てのハウスをそうするのではなく、今年はそこを土つくりをもう一度やるためのハウスにしました。セロリはかなり肥料が必要な作物なので、元気な土はその基本となるものだと考えています。」

a0254656_18261334.jpg上の写真とこちらは、収穫の際の様子です。
ほれぼれするほどに美しく大きなセロリですよね!
しかし、「大島農園」さんはさらなる高みを目指し、新たに土つくりをしているのです。

a0254656_18303896.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年もこの大きな『熊本セロリ「清正人参」』を、ネット独占販売いたします。
すでに初出荷のご予約を頂戴している大人気商品です。
本日お話ししたようなことで、今年は作付面積が少なくなり、出荷予定数も減少する旨なにとぞご理解ください。
これからも、成長の様子や「大島農園」さんの惜しまぬ手間ひま、匠の技、新たな土つくりの取り組みなど現地取材し、このブログでご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-09-06 18:35 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)

熊本セロリ「清正人参」 大好評販売中!朝採り新鮮そのものをお届けします!!

FLC日記 2017年1月8日(日) 雨のちくもり

a0254656_1884421.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「大島農園」さんの親子の匠の惜しまぬ手間ひま、匠の技によって育てられた、熊本セロリ『清正人参』を今年もネット独占販売しています。
ただし、鮮度にこだわりお届けしたいため、完全予約制での販売です。
繊維質が筋ばってない、シャキシャキとした食感があるのに柔らかいセロリを是非ご賞味ください。
a0254656_18121441.jpg

↓ ご注文(ご予約)はコチラ!! ↓
「FLCパートナーズストア」
熊本セロリ『清正人参』


a0254656_18135738.jpg熊本産の朝採りセロリを即日発送で、全国へ向け好評発売中です。
収穫してすぐにビニールに入れ、新鮮そのままでお送りしています!!
もちろん、1株丸ごとでの販売です。

a0254656_18153014.jpgセロリの茎はもちろんのこと、葉っぱも全て食べちゃってください。
特に、中心部にある若い茎のセロリは、一味違いますよ!!
1株ごとの購入でないと味わえないその甘さを、ぜひご堪能ください!

a0254656_18183090.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培ハウスです。
こちらは、まもなく収穫を迎えるハウスです。
「大島農園」さんでは、数ヵ所の単棟建てのハウスや広い広い連棟ハウスで、収穫時期をずらしながら、『清正人参』を育てています。

a0254656_18262658.jpg以前収穫の取材に伺った際の写真です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18302892.jpg「大島農園」さんでは、セロリの匠、大島忠さんと奥様、そして、その匠の技を受け継ぎつつ、研究心と分析による徹底管理で、さらに高みを目指す息子さんの大島徹也さんと奥様で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、日本一のセロリ作りを目指す匠の農家さんです。

a0254656_18331972.jpg「大島農園」さんはセロリ(セルリー)を『清正人参』として販売しています。
『清正人参』は、セロリの古称です。
現在は、「セロリ」と称されていますが、戦国時代後から近年までは、『清正人参』と呼ばれていました。
それは、戦国武将の加藤清正公の名前に由来しています。

a0254656_18343684.jpg加藤清正公は、豊臣秀吉の日本統一後、肥後藩(現在の熊本県)の統治を任された戦国武将です。
現在において、熊本では加藤清正公のことを「せいしょこさん」と読んでいます。
「清正公」を「せいしょこ」と音読みし、戦国の武将加藤清正公のことを、更に親しみを込め、「さん」付けし呼んでいるのです。

a0254656_1836318.jpg昨年の熊本地震で、大きな被害を受けましたが、日本3大名城の1つの「熊本城」を築きました。
城作りの名人で、治水工事にも秀でた才能を発揮しています。
朝鮮出兵の際の“虎退治”の逸話は有名ですが、その朝鮮出兵の際に、日本に初めて「セロリ」の種を持ち込みました。

a0254656_1840713.jpg一説によると、清正公は「これはニンジンの種だ!」と騙され、熊本に持ち帰ったのだそうです。
しかし、育ててみるとニンジンとは明らかに異なるこの植物に、名称をつけるとき、「清正公が持ち帰ったニンジンの種からできたもの」つまり、『清正人参』と呼ばれるようになったようです。

a0254656_1848139.jpg「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』は、テレビでも紹介されました。
これはその収録時に撮影した写真です。
『清正人参』の中で最も美味しいと言われている、中心部の若い茎の甘い美味しさを紹介したのです。

a0254656_18504529.jpgレポーターの丸井純子さんが、、中心部の若い茎の「別撮り」に協力しています。
丸井さんは、なんと野菜ソムリエの資格をお持ちとのこと!
そして、無事に撮影を終えると・・・

a0254656_1853423.jpg一般的には販売されることのない、その中心部の若い茎をさっそく味見しています。
「いやぁ~!ビックリ!本当に甘いんですね!!セロリが甘いなんて初めて知った!」
丸井さんは、大きくてとてもかわいらしい瞳を、さらに大きく見開いて話していました。

a0254656_1857638.jpg同じくレポーターの山内要さんも
「セロリをこんな花束みたく渡されたのは生まれて初めて!このボリューム、そしてこの美味さ!『清正人参』最高!!」と太鼓判を押されました。

a0254656_1913064.jpgセロリの栄養素について少しご紹介いたします。
セロリは、カリウム、ビタミンA、ビタミンU、そして食物繊維を豊富に含む食材です。
カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。
ビタミンAは免疫力を高め抗酸化作用があると言われ、ビタミンUは、「キャベジン」とも呼ばれ、胃酸の分泌を抑えたり、胃腸粘膜を修復するなどの働きがあります。
さらに、お通じにも良いとされる食物繊維については、あらためてお話しする必要もありませんよね!

a0254656_19412100.jpg「FLCパートナーズストア」では、日本におけるセロリ栽培発祥の地と言われているこの熊本県で、「大島農園」さんの、匠の親子の惜しまぬ手間ひまと匠の技によって育てられた、熊本セロリ『清正人参』を、今年もネット独占販売しています。

a0254656_1954828.jpgセロリの1株そのまま1本ををお届けいたしますので、ぜひ中央の甘い部分も味わってみてください。
朝採りの新鮮セロリをお送りするため、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「新鮮野菜」のコーナーへお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-01-08 18:05 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)