人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:古川果樹園 ( 181 ) タグの人気記事

太秋柿プレミアム!先行予約受付スタート!平成30年度は10月10日(水)より発送開始!早い者勝ちです!!

FLC日記 2019年10月9日(水) 晴れ
大変お待たせしました!
本日より、「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』の販売(予約販売)の受付をスタートしました!!

a0254656_13360188.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
もちろん、産地直送でお届けいたします!!
今年は予約受付のスタートが随分遅くなりましたが、その訳は後程お話いたします。
a0254656_17364504.jpg


a0254656_16455000.jpg熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の、「古川果樹園」さんは、惜しまぬ手間ひまで『太秋柿』を育て続けて25年の匠の農家さんです!その「古川果樹園」さんが育て上げた、至高の『太秋柿プレミアム』は、今年も間違いなく完売する大人気商品です!

a0254656_17403260.jpg『太秋柿』は、「梨のような食感!ぶどうのような甘さ!!」と称される、“秋の果実の王様”と呼ばれています。
シャキシャキした食感と、糖度18度以上の甘さで、あるテレビ番組では、数ある秋のフルーツの中で、ダントツの1位となり、昨年も、ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」でも、3週間待ちの大人気商品となりました。

a0254656_17424588.jpg「FLCパートナーズストア」で販売する『太秋柿』は、ただの『太秋柿』ではありません。
今年も「古川果樹園」さんが、惜しまぬ手間ひまで育て、収穫した中から選びに選び抜いた“極選”の『太秋柿プレミアム』です。
2kg前後(5玉~6玉)の『太秋柿プレミアム化粧箱入り』(写真)、3kg前後(10玉~11玉) の『太秋柿プレミアム』、の2商品をまずは出荷予定です。
※上記2商品は10月11日(金)からの出荷予定!
(以降、毎週火曜日と金曜日の発送予定です!)

a0254656_17523778.jpgまた、大玉サイズだけを詰めた3kg前後(8~9玉) の『太秋柿プレミアム 極(きわみ)』は、予約多数のため、出荷が見込めるようになってからあらためてご案内します。
こちらは10月中旬より、ご注文順に発送いたします!

a0254656_14102743.jpgいずれも数量限定の完全予約制販売です。
今年もすでに、たくさんのご予約を頂戴しています。
間違いなく今年も完売が予想される、大人気商品なので、早い者勝ちですよ!!
ご注文(予約)を頂戴したお客様から順番に出荷していきます。

今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓




a0254656_14143694.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培場の1つです。
この様な広い広い柿園で、『太秋柿プレミアム』は育てられています。

a0254656_14160335.jpg「上の段」と呼ばれている柿園です(中央のネットの中)。
とてものどかな田園風景の中に、その栽培場はあります。
自然豊かなこの地の、澄んだ空気と清らかな水、匠の惜しまぬ手間ひまで、「古川果樹園」さんの『太秋柿』は育てられています。

a0254656_14165676.jpgこちらは「下の段」と呼んでいる柿園で、青いネットの部分です。
ご覧の通り、「古川果樹園」さんでは、いずれの柿園も柿園全体をネットで覆って、『太秋柿』を栽培しています。

a0254656_13414363.jpg『太秋柿』たちは、こうして色づき収穫の時を待っています。
「古川果樹園」さんでは、匠の目で1つ1つを判断し、ベストなタイミングで収穫し即日発送いたします。

a0254656_16584558.jpgこちらは、夏の時期に行う、摘果作業と枝吊り作業の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17001939.jpgもちろん「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培の様子も、もう何年も、年間を通して、収穫後の剪定も、花咲く様子も、夏の摘果や枝吊り作業(写真)も全て現地取材してきました。

a0254656_17052922.jpg匠の判断で行う、摘果作業の様子です。
「古川果樹園」さんは、古川孝人さん、アツ子さんの笑顔の絶えない仲良しご夫婦の、惜しまぬ手間ひまで『太秋柿』を育てています。

a0254656_17014226.jpg「古川果樹園」さんでは、着果した約6割の『太秋柿』の果実を摘果して落とします。
残したたったの4割を実る枝1本1本をひもで吊るし、大切に大切に育て上げ、あの大きくて甘い『太秋柿』ができるのです。

a0254656_17075372.jpg『太秋柿』は5月に開花し、収穫までには5ヶ月ほどを要します。
その間に、たったの4割しか残さない果実を、果実の重みで枝が折れたり、果実が揺れてぶつかり傷ついたり、強風(とりわけ台風)で、落果したりしないように、「古川果樹園」さんでは、果実が実るすべての枝をこうしてひもで吊るしながら育てています。

a0254656_14371990.jpgところが、9月中旬に現地取材に伺うと、せっかくひもで吊ってある枝に『太秋柿』が実っていないものがたくさんありました。
古川さんに話を聞くと

a0254656_14390525.jpg「今年はね、時季外れの長雨と、その後の日照りでおかしかとたい。色づきもせんで太秋柿が落ちてしまうとたいね。」とのこと。
古川さんも25年以上も栽培してきて、私もずっと見てきてこんなことは初めてです。

a0254656_14424483.jpg「今年も同じようにしっかり手ばかけて育ててきたとになぁ~。笠さんとこにはしっかり選んで出したかけど、収量がすくなかけん出すとばやめようかとも思いよるとたい。」と古川さん。

a0254656_18393311.jpg今まではずっと、収穫した中からしっかりと選びぬき「FLCパートナーズストア」のお客様用として出荷いただいていました。
ですから、“極選”の太秋柿、すなわち『太秋柿プレミアム』として販売していますが、収量が少ないとしっかり選びぬけないと言うのです。

a0254656_14480254.jpgしかし昨日、また現地取材し、「昨年ほどは出せんばってん、ある程度の収量は見込めるけん、今年は数量限定で出そうかね!」と、やっと販売のOKを頂くことができました。

a0254656_18595394.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
同じ太秋柿でも、1味も2味も違うと、私も、絶対の自信をもってお勧めしている商品です。
ただし、今年は出荷予定数をかなり限定させていただきます。

a0254656_19014341.jpg梨のような食感、ぶどうのような甘さの『太秋柿プレミアム』をぜひ一度ご賞味ください!
まちがいなく、今年は早々に完売いたします。
ご注文はお急ぎください!
早い者勝ちですよ!
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『太秋柿』のページへお進みください。
ご来店、お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-10-09 14:55 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

無農薬栽培の種なしかぼす!青い果実は10月中!その後色が抜け始め、色づいた種なしかぼすは11月中旬から!

FLC日記 2019年9月29日(日) くもりのち雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』を大好評発売中!
a0254656_18344990.jpg


a0254656_18363887.jpg種がないので、果汁を思いっきり絞っちゃって、様々な用途にご利用ください!
今年は、例年以上のハイペースで出荷中!
数量限定商品のため、ご注文(ご予約)はお早めに!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』



a0254656_18422174.jpgこれが『種なしかぼす』です!!
外見は、一般的なかぼすと、全く変わりありません。
『かぼす』は「すだち」と同じく柑橘系の調味料として使用されることが多い果実です。
同じ柑橘類のミカンやデコポンなどは、色づきと共に甘くなりますが、かぼすは完熟させても、甘くなりません。
この様に青いまま収穫されその果汁を使用します。

a0254656_18470630.jpgしかし、一般的なかぼすは、ご覧のように種がぎっしりと詰まっています。
「古川果樹園」さんのかぼすは『種なしかぼす』なんです。
ただし、小さなものが1、2個入っている場合もございます。

a0254656_18530592.jpgそれがこちらです。
しかし、通常のカボスに比べると、その違いは一目瞭然です!
果汁を全てギューッと絞り切れるのが人気の秘密!!
「一度、種なしかぼすを使うと、もう普通の種があるかぼすには戻れない!」なんて、リピート購入が大変多い大人気商品です。

a0254656_1734932.jpg現在は、青々とした『種なしかぼす』を販売中です。
11月上旬になると、色がぬ行け始め、11月中旬からは黄色く色付いた『種なしかぼす』になります。

a0254656_18400548.jpgもちろん、黄色く色づいても種はありません。
「黄色く色づいた方が香りが際立つから!」と、すでに黄色く色づいたものを予約頂いているお客様もあるほどの人気です。

a0254656_18584591.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの、山あいの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培場です。
「古川果樹園」さんでは、とてものどかな自然豊かな山あいで、無農薬で『種なしかぼす』を栽培しています。
「古川果樹園」さんは、古川孝人さんと奥様のアツ子さんの仲良しご夫婦で、様々な“本物”と呼べる作物を育てる匠の農家さんです。

a0254656_19030251.jpg本日紹介している『種なしかぼす』の他にも、『山竹たけのこ』(写真)、匠が育てた『太秋柿プレミアム』などなどを生産する農家さんです。
それらはいずれも、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。

a0254656_17523025.jpgとりわけ、『太秋柿プレミアム』は、弊社を代表する超人気商品で、昨年も「3週間待ちは当たり前!」となった売れ行きでした。
3週間待って、お届けできたのであればまだ良かったのですが、あまりの人気ぶりに、後半はずいぶんとご注文をお断りせザおえませんでした。
今年も、2kg前後(5玉~6玉)の『太秋柿プレミアム化粧箱入り』(写真)、3kg前後(10玉~11玉) の『太秋柿プレミアム』、そして大玉サイズだけを詰めた3kg前後(8~9玉) の『太秋柿プレミアム 極(きわみ) 』の3商品をご用意しています。

a0254656_17573873.jpg間違いなく今年も完売が予想される、大人気商品なので、とにかくご注文はお急ぎください!
早い者勝ちですよ!!
ご注文(予約)を頂戴したお客様から順番に出荷していきます。
ただし、今年は出荷予定数が確定していないために、現在予約を承っていません。
決定し次第、ホームページでの受付もスタートします。

a0254656_1805510.jpgさて、『種なしかぼす』に話を戻しましょう!
こちらは収穫の様子です。
「かぼすは色づいても甘くはならんとたい。まだ、果実は肥大しよるけん、出荷できるサイズにまで大きくなったものから収穫するとたい。」

a0254656_1824134.jpg「古川果樹園」の古川孝人さんがそう言いながら、手際よく収穫をしています。
出荷の日の朝、ご注文(ご予約)分をこうして収穫して、即日発送にて全国のお客様にお届けしています。

a0254656_19094632.jpg古川さんの奥様の古川アツ子さんです。
収穫は、2度切りで行います。
まずは枝ごと切り、その後果実のすぐ上の枝を短くカットします。

a0254656_19150733.jpg収穫後に他の果実を傷つけないようにするためです。
こちらは、大変お買い得な4kg入りです。
多少のキズや大きさにばらつきがありますが、多くのお客様がこの商品をご利用いただいています。
出荷の日の朝、ご注文(ご予約)分をこうして収穫して、即日発送にて全国のお客様にお届けしています。

a0254656_18194581.jpgこちらは、5月上旬のカボスの花の時期の栽培場の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18223461.jpg花の時期も、成長の過程も、収穫も、色づいた果実も、そして冬の剪定も全て年間を通して現地取材してきました。
そんな私が、お勧めのカボスの利用方法があるんです。

a0254656_18253416.jpg「かぼすビール」と「かぼす生絞りギョウザ」です。
「ビールにかぼす??」とお思いでしょ?
でもこれが合うんですよ!
レモンやライムを入れて飲む、メキシコの“Coronaビール”の日本版!ってとこですね!!
グラスに注いだビールに、お好みの量かぼすを絞って、ぜひ一度飲んでみてください!

a0254656_1828343.jpg“かぼす生搾りギョウザ”もぜひお試しください!
人気番組の「しゃべくり007」で紹介され、ためしにやってみたら、実に美味い!
付けタレは全く必要ありません。
しかもそれが種なしかぼすだったら、種を気にせず絞れちゃいますね!

a0254656_18524572.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの無農薬・無化学肥料栽培の『種なしかぼす』を大好評販売中です。
毎週、火曜日、金曜日の出荷で、数量限定での販売です。
まだまだ、こうしてたくさん実っていますが、今年はかなりのハイペースで出荷しています。

a0254656_18583133.jpgまれに、小さな種が入っている場合もございますが、それは、花の時期に、虫たち(とりわけミツバチ)が、飛び回り、近所の庭先にある、柚子やミカンの花粉を運びできたものですが、通常のカボスに比べると、その違いは一目瞭然です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『種なしかぼす』のページにお進みください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-09-29 18:48 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

令和元年度の『太秋柿プレミアム』は10月10日から出荷予定!!ただし販売スタートは少々お待ちください

FLC日記 2019年9月25日(水) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
a0254656_17084038.jpg


a0254656_18425137.jpg今年も、10月10日前後からの出荷予定です。
例年なら、この時期、10月10日の出荷に向け、先行予約の受付を行っていますが、今年はまだホームページでの販売をスタートしていません。
その理由は、後ほど詳しく紹介いたします。
写真は、『太秋柿プレミアム』です。
太秋柿の匠「古川果樹園」さんが、大切に大切に育て上げた『太秋柿』から、さらに選び抜いた“極選”の太秋柿を「FLCパートナーズストア」では、『太秋柿プレミアム』として販売いたします。

a0254656_18465289.jpg『太秋柿』は、梨のようなサクサクっとした食感!ぶどうのような糖度18度をも超える甘さ!で、秋のフルーツの王様と呼ばれています。
とりわけ、「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』は、さらに糖度が高く、すでに今年もお電話にてご予約を頂戴している大人気商品です。

a0254656_17122886.jpg「FLCパートナーズストア」では、毎年9月中旬より先行予約の受付をスタートしてきました。
ところが今年は「出荷できる予定数がわからんけん、販売スタートを待ってほしい!」と連絡をいただき、さっそく現在の様子を現地取材してきました。

a0254656_18521302.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培場(柿園)です。
こちらは、“下の段”と呼ばれている柿園で、ここの他にももう1ヶ所の柿園があります。

a0254656_18532055.jpg自然豊かなのどかな田園風景の中にある、ネットに囲まれたところが「古川果樹園」さんの柿園です。
古川さんにお許しをいただき、今回も柿園の中に園地取材に伺いました。

a0254656_18544171.jpgこちらが柿園中の様子です。
いつ伺っても、本当にきれいに整備されています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18555124.jpgもちろん「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
今回の収穫前の様子や収穫はもちろんのこと、収穫後のお礼肥えや選定作業、花咲く頃も着果の様子、その後の摘果作業や枝吊り作業や、もちろん収穫の様子などその全てです。

a0254656_18583115.jpg「古川果樹園」さんでは、『太秋柿』が実る枝、1本1本を全てひもで吊るしながら栽培します。
『太秋柿』の成長の過程で果実に傷がつくことから守り、そして台風などの強風から、果実が落ちることを防ぐのです。
なぜ、そこまでするかと言うと、着果した『太秋柿』の6割をも摘果で落とし、たったの4割を収穫まで育て上げるためなんです。
まさに、惜しまぬ手間ひまをかけ育てています。

a0254656_19001863.jpg「古川果樹園」さんでは、柿園全体をネットで覆っています。
そのネットやワイヤーを使いながら、結果枝を1本1本吊るすのですが、今年は様子が違います。

a0254656_19014229.jpgすでにそのひもを切り離してあるものもあれば、こうしてひもで吊ってあるにもかかわらず、その先には『太秋柿』が実ってない枝がたくさん見受けられたのです。

a0254656_19030761.jpg収穫できるほどの色に色づいているものもありますが、触ってみるとすでに柔らかくなっていました。
本来なら、この時期にこんなに色づき、こんなに柔くなるはずはないのです。

a0254656_19052186.jpg足元を見ると、見事な『太秋柿』が落ちていました。
しかし、これらは風で落ちたものではないようです。
早く熟れ過ぎたり、成長の過程でなぜか落ちているのです。

a0254656_19072079.jpg柿園の取材を終えた私は、この時期収穫の最盛期を迎えている「古川果樹園」さんの栗園に、古川孝人さんをたずねました。
「おはようございます!」と声をかけると、
「笠さんだろ?ちょっと待ってな!」と古川さん。

a0254656_19092624.jpg「今は栗が忙しくてなぁ~。太秋柿ば見てきたとだろ?今年はなんだかいかんごたるばい!」と古川さん。
「きちんと成長しているものもありましたが、落ちていたり、早く熟しているものもたくさんありましたよ。」と言うと、

a0254656_19111384.jpg「そぎゃんたい。俺も太秋柿ば25年以上も育ててきたばってん、こぎゃんこつは初めてばい。どうも、夏の今までにない長雨で太秋柿の果実がいかんごたるとたい。」

a0254656_19132708.jpg「笠さんは毎年見てきたけん、この時期にちょうど良か色んともあったろ?ばってんね、他の落ちたり早く熟したりしよるとば見よると、それらももしかするなら同じごつなりゃせんかて思ってな。だけん、今年は収量が全く見当のつかんけん、こないだ電話で「販売スタートば待ってくれ!」って伝えたとたい。」とのこと。

a0254656_19200351.jpg私は今年も現地取材を重ねてきたので知っていますが、「古川果樹園」さんは今年も例年通りに惜しまぬ手間ひまと匠の技で『太秋柿』を育ててきました。
あの長雨がこのようなことになるとは予想がつかなかったとも話されました。
それほど、ここ最近の天気や気温などはおかしいのだそうです。

a0254656_19171875.jpg「『今年も楽しみにしてます!』って書いた手紙も笠さんに読ませてもろて、しっかり良かとば送り出さにゃんって思いよったばってん、本当に収穫のできるかさえ分からんとたい。それに、選び抜いたものだけば出したかし、納得できんものは出したくないとたいね。だけん、今年は本当に出荷できるか判断するまでちょっと待ってほしかとたい。」と古川さん。

a0254656_19251870.jpg現地を見てきて、こうして例年通りに育ちそうな『太秋柿』もありました。
しかし、私は「古川果樹園」さんに100%の信頼をよせていますので、出荷の判断は全て匠にお任せしようと思いました。

a0254656_19274109.jpg令和元年度の「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』は10月10日前後より出荷予定ですが、もしかするとこだわりの匠の判断で、今年は出荷しないということもあり得ますし、出荷するとしてもかなりの数量限定になると思われます。
ですから、今年の先行予約の受付スタートは、匠の判断が下されるまで私を信じ「古川果樹園」さんを信じ、もう少々お待ちください。
よろしくお願い申し上げます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-09-25 19:31 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

太秋柿 古川果樹園 今年(令和元年)も順調に成長中!しかし、収量は今年は激減しそうです(後編)

FLC日記 2019年9月4日(水) 晴れ一時雷雨
昨日に続き、「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』の、現在の栽培地の様子を紹介します。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
a0254656_1733313.jpg
「古川果樹園」さんは、"太秋柿の匠”!
『太秋柿』を育て続けて25年以上の「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』は、すでにたくさんのご予約を頂戴している、弊社の大人気商品です。

a0254656_17375177.jpg『太秋柿』は、「梨のような食感!ぶどうのような甘さ!!」と称される、“秋の果実の王様”と呼ばれています。
シャキシャキした食感と、糖度18度以上の甘さで、あるテレビ番組では、数ある秋のフルーツの中で、ダントツの1位となり、昨年は、ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」でも、3週間待ちの大人気商品となりました。

a0254656_17391574.jpg大切に育て上げ、収穫した『太秋柿』から、選びに選び抜いた"極選"の『太秋柿プレミアム』です。
写真は、その中でも、さらに大きな『太秋柿プレミアム"極"』です。
a0254656_1815699.jpg

a0254656_184853.jpg毎年、10月10日前後に初収穫及び初出荷を行います。
今年も、『太秋柿プレミアム』、『太秋柿プレミアム"極"』、『太秋柿プレミアム化粧箱入り』(写真)での販売です。
「FLCパートナーズストア」では、9月中旬より先行予約の受付をスタートします。
現在は、お電話でのみ、先行予約の受付を行っています。

さて、本日のブログは、昨日の続きなので、その内容を簡単にご説明します。

a0254656_16460909.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培場(柿園)です。
「古川果樹園」さんでは、柿園全体をネットで覆い、さらに、『太秋柿』が実る枝を1本1本ひもで吊り下げながら、至高の『太秋柿』を育てています。
昨日、現在の様子を取材に伺いました。

a0254656_16585629.jpg「古川果樹園」さんでは、着果後の『太秋柿』を、匠の判断でその約6割を摘果し、選び抜いた4割の『太秋柿』を、惜しまぬ手間ひまをかけ1本1本の結果枝をひもで吊り下げながら大事に育てていきます。

a0254656_17082201.jpg成長の過程で、果皮にキズがついたり、結果枝が折れたり、台風などの強風で果実が落ちないようにするためです。
甘く、美味しく、大きな『太秋柿』を、数ではなく高品質に育て上げるのです。

a0254656_17334152.jpgそうして育てられた『太秋柿』は、まさに匠の逸品と呼べる“本物”の美味さです。
写真は収穫直前の様子です。
こうして、選ばれた『太秋柿』が、たくさん実っています。

a0254656_17413000.jpgしかし、今年は明らかに様子が異なります。
しっかりと吊っていたひもがすでに切られているヶ所がたくさんあり、実っている数も少ないのです。

a0254656_17455598.jpg今年、8月は雨続きで、例年にない日照時間の少なさでした。
そして、ニュースでもご存知の方も多いと思いますが、長崎、佐賀、福岡などを未曽有うの降水量が襲う極端な雨も降りました。
同じ九州北部の熊本県山鹿市も雨が続き、その影響でこうして大事に育ててきた『太秋柿』の果実が落ちてしまったのです。

a0254656_17502256.jpg「8月のこの長雨は俺も『太秋柿』ば25年も育ててきて初めてばい。あぎゃんして果実の落ちるとは思わんだったばい。だけん、吊っとたひももだいぶ切ったり取り除いたりしたとたいね。今年の収量は例年になくすくなかと思うばい。」

a0254656_17542536.jpg以前取材した、『太秋柿』を収穫する「古川果樹園」の古川孝人さんです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17561082.jpg「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は奥様の古川アツ子さんです。
花咲く頃も着果の様子の、その後の摘果作業や枝吊り作業や、もちろん収穫の様子などその全てです。

a0254656_17594748.jpg「古川果樹園」さんでは、古川孝人仁さんと奥様のアツ子さんのとっても仲良しご夫婦の二人三脚で、本日紹介した『太秋柿』をはじめ様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_185402.jpg特に、この『種なしかぼす』は、無農薬、無化学肥料で育てられた安全性と、ご覧の種のないとても珍しいかぼすゆえに、現在、注文多数につき出荷調整も行うほどの、大人気商品となっています。

↓ 詳細を知りたい方、今すぐ注文(予約)したい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』


a0254656_18075251.jpg今年のまさに異常気象ともいえる8月の長雨は、『太秋柿』を育て続け25年にもなる「古川果樹園」さんをもってしても、全く予想できない収穫前の果実の落果と言う状況を引き出してしまいました。

a0254656_18122816.jpgしかし、安心してください。
果実の全てが落ちたのではありません。
大半は、こうしてしっかりと成長しています。
ただ、例年に比べると、収量はかなり減少すると思われるということです。

a0254656_18151542.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
今年も、初出荷は10月10日前後の予定です。
9月中旬以降には、本格的なホームページでの受け付けスタートをスタートする予定です。

a0254656_18170660.jpg収穫した中から、選び抜いた“極選”の太秋柿を今年も『太秋柿プレミアム』として販売いたします。
現在はお電話でのみ、ご予約を承っております。
これからも、現地取材を行いながら、今期の大まかの出荷予定数がわかり次第ホームペーでの販売もスタートいたします。
今期も間違いなく完売する大人気商品です。
早い者勝ちですので、これからもこのブログやホームページを要チェックですよ!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-09-04 18:20 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

太秋柿 古川果樹園 今年(令和元年)も順調に成長中!しかし、収量は今年は激減しそうです(前編)

FLC日記 2019年9月3日(火) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
a0254656_17084038.jpg
今年も、10月10日前後からの出荷予定です。

a0254656_17105110.jpg]写真は、『太秋柿プレミアム』の化粧箱入りです。
太秋柿の匠「古川果樹園」さんが、大切に大切に育て上げた『太秋柿』から、さらに選び抜いた“極選”の太秋柿を「FLCパートナーズストア」では、『太秋柿プレミアム』として販売いたします。

a0254656_19111489.jpg『太秋柿』は、梨のようなサクサクっとした食感!ぶどうのような糖度18度をも超える甘さ!で、秋のフルーツの王様と呼ばれています。
とりわけ、「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』は、さらに糖度が高く、すでに今年も、全国のお客様からたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。

a0254656_17122886.jpg「FLCパートナーズストア」では、9月中旬より先行予約の受付をスタートします。
今年もすでに、待ちきれないお客様がお電話でご予約を頂戴しているほどの人気ぶりです。

a0254656_17143173.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培場(柿園)です。
本日、現在の成長の様子を現地取材してきました。
こちらは、“下の段”と呼ばれている柿園で、ここの他にももう1ヶ所の柿園があります。
自然豊かなのどかな田園風景の中にある、ネットに囲まれたところが「古川果樹園」さんの柿園です。

a0254656_17191158.jpg『太秋柿』の果実はしっかりと肥大し元気に成長していました。
もちろんまだ果皮の色は変わっていません。
今年も匠はしっかりと手をかけて育ててきました。

a0254656_17242337.jpg『太秋柿』の匠「古川果樹園」さんでは、『太秋柿』が実る枝、1本1本を全てひもで吊るしながら栽培します。
『太秋柿』の成長の過程で果実に傷がつくことから守り、そして台風などの強風から、果実が落ちることを防ぐのです。

a0254656_17263648.jpgこちらは、7月~8月に行われる、枝吊り作業の様子です。
「古川果樹園」の古川孝人さんが、惜しまぬ手間ひまをかけ育てるのです。

a0254656_17312158.jpgなぜそこまでするのかと言うと、「古川果樹園」さんでは、着果した『太秋柿』のおよそ6割をも摘果して落としてしまいます。
同時期、古川さんの奥様のアツ子さんの摘果作業の様子です。

a0254656_17392736.jpg着果した『太秋柿』のたったの4割だけを残し、大きく甘く育つよう大事に大事に育て上げるために「古川果樹園」さんでは、こうして残した『太秋柿』の枝を全てひもで吊るしているのです。

a0254656_17480183.jpg5月上旬の『太秋柿』の花咲く頃の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17502964.jpgもちろん「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
花咲く頃も着果の様子の、その後の摘果作業や枝吊り作業や、もちろん収穫の様子などその全てです。

a0254656_17523607.jpgそんな私ですから、収穫まで1ヶ月ほどとなった現状を見てあることにきがつきました。
明らかに、今年は実らせている『太秋柿』の数が少ないのです。
私はすぐに古川さんに尋ねました。

a0254656_17590213.jpg「やっぱ、笠さんもそうぎゃん思うな!今年は少なかばい。例年通りにはとてもとても出せんばい。」とのこと。
その理由も現地取材してきましたが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで詳しく紹介いたします。

a0254656_18033934.jpg「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの『太秋柿』を、今年もネット独占販売いたします。
詳細は明日のブログで紹介しますが、今年は出荷量は激減すると思われます。
早めのご予約をお願いいたします。
本格的なホームページでの受け付けスタートは、9月中旬以降を予定しています。
それでは、明日のブログもお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-09-03 18:08 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす 安心、安全の無農薬栽培!今ならあまりお待たせすることなくお届け可能です!

FLC日記 2019年8月31日(土) くもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』をネット独占販売しています!
ご覧ください!
これが、『種なしかぼす』ですよ!!
a0254656_17125741.jpg
左のかぼす!
よ~く見ると、小さな種が入っていますよね!

a0254656_17191136.jpg花の時期に、虫たち(とりわけミツバチ)が、飛び回るので、近所の庭先にある、柚子やミカンの花粉を運び、まれに小さな種が入っている場合もあります。
でも、通常のカボスに比べると、その違いは一目瞭然です!

a0254656_15341181.jpg一般的なカボスと比べてみました。かぼすは本来、1つの果実の中に10個ほどの種が入っている果実です。
この様に通常のカボスには、たくさんの種があるかぼすですが、「古川果樹園」さんのかぼすは『種なしかぼす』なんです。
果汁を全てギューッと絞り切れるのが人気の秘密!!
リピーターがとても多い大人気商品です。

a0254656_15352550.jpgしかも、農薬や化学肥料は一切使用せずに栽培された『種なしかぼす』ですから、毎年、高級料亭や有名レストラン、有名旅館からの注文も多数頂戴している人気ぶりです。

a0254656_1713388.jpg現在は、青々とした『種なしかぼす』を大好評販売中です。
11月上旬になると、お待ちかねの色付いた『種なしかぼす』になります(写真右上)。

a0254656_17362746.jpgここ最近の雨で、玉太りも良くなり、出荷調整中だったお買い得の4kg入りもお待たせせずに出荷が可能です。
ただし、毎週火曜日と金曜日の出荷です。朝採り、即日発送でお届けするため、毎回の出荷数限定での、完全予約制販売のため、ご注文はお急ぎください!
『熊本産高級種なしかぼす』のご注文(ご予約)は、「FLCパートナーズストア」のホームページより受付中です!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』



a0254656_15383401.jpg『かぼす』は、「すだち」と同じく柑橘系の調味料として使用されることが多い果実です。
同じ柑橘類のミカンやデコポンなどは、色づきと共に甘くなりますが、かぼすは完熟させても、甘くなりません。
(写真は以前、11月上旬の取材時に撮影したもの)

a0254656_15380922.jpg現在は、この様に青いまま収穫されその果汁を使用します。
「すだち」は1玉約30~40g程度と言うのに比べ、『かぼす』は約100~150gと大きいので、用途の幅はかなり広く使用されています。

a0254656_17394072.jpg生産地と、生産者の紹介をします!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの、山あいの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培場です。
とてものどかな自然豊かな山あいで、無農薬で『種なしかぼす』を栽培しています。
これからはちょうど1年前の取材時のやり取りです。

a0254656_17480817.jpg生産農家の「古川果樹園」さんの、古川孝人さん、古川アツ子さんご夫妻です。
この日、私が現地取材に伺うと連絡したところ、栗の消毒をしている中、『種なしかぼす』の栽培地にかけつけてくれました。

a0254656_17531497.jpg「こぎゃん、汗だくの姿ば乗せても良かとかい?」と古川さん。
「いえいえ、その汗こそが、美味しい作物を育てる源になってるんで、ぜひそのままお願いします。」と私が言うと、

a0254656_17551297.jpg「ハハハッ!ほんなこつなぁ~!作物は手ばかければかけるほど、必ず良かとになって答えてくれるけんな!」と古川さん。
古川さんの熊本弁、わかりましたか?(笑)
「うちのかぼすは農薬ば使わんけん、どぎゃんしたっちゃこうしてキズのあるとのできるたいね。この傷は、花の時期にハチなんかよりももっとこまか(小さい)虫が来てできたとだもんな!」

a0254656_18005827.jpg「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』を、12~16玉入りできた、大きさや形を揃えた“特選”かぼすでの販売をしています。
商品は、6~8玉入りを2袋です。

a0254656_18054824.jpgまた、多少のキズや大きさにもばらつきはありますが、特別割り引きで大変お得な、4kg入り(箱入り)での販売も行っています。
常温である程度の長期保存も可能なので、現在は圧倒的にこの商品を購入いただくお客様が多くなっています。

a0254656_18081829.jpgこちらは、冬の剪定作業の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

a0254656_18093229.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の栽培の様子も、こうしてもう何年も現地取材してきました。
こちらは、早朝より行われる、収穫作業の様子です。
年間を通して、現地取材してきたゆえに、私は自信をもってお勧めしています。

a0254656_18341624.jpgお勧めと言えば、私が声を大にしてお勧めしているかぼすの利用法として、人気に火が付き始めたのが、「かぼすビール」と「かぼす生絞りギョウザ」です。
「ビールにかぼす??」とお思いでしょ?
でもこれが合うんですよ!

a0254656_18172617.jpgレモンやライムを入れて飲む、メキシコの“Coronaビール”の日本版!ってとこですね!!
グラスに注いだビールに、お好みの量かぼすを絞って、ぜひ一度飲んでみてください!
実に美味いんです!

a0254656_18152714.jpgビールに限らず、お料理や様々の酒にかぼすを利用する際、弊社で販売している「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』(写真左)と、一般的なカボス(写真右)では、使い勝手はかなり異なりますよね。
やはり、タネを気にすることなく、思いっきり絞れるのが実に良いんです!

a0254656_18391444.jpg“かぼす生搾りギョウザ”もぜひお試しください!
人気番組の「しゃべくり007」で紹介され、ためしにやってみたら、実に美味い!
付けタレは全く必要ありません。
しかもそれが種なしかぼすだったら、種を気にせず絞れちゃいますね!

a0254656_18415472.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『高級種なしかぼす』をネット独占販売しています。
おかげさまで、今年も大好評!

a0254656_15475319.jpg8月中旬の販売スタート時には、出荷が追いつかず少々お待たせすることがありましたが、現在はほぼお待たせすることなく出荷ができています。
無農薬、無化学肥料の安全性と、種なしの使い勝手の良さは、「もう、このカボスしか使えない!」と、たくさんのリピート購入を頂戴しています。
お買い求めは、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『種なしかぼす』のページにお進みください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-08-31 15:49 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす 無農薬栽培の『種なしかぼす』 一昨日(8/13)今期初出荷!令和元年度もネット独占販売中!

FLC日記 2019年8月15日(木) 雨(台風10号)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』をネット独占販売しています。
令和元年度は一昨日(8月13日(火))に初出荷しました!
まずはご覧ください!
これが、『種なしかぼす』ですよ!!
a0254656_16323517.jpg

よ~く見ると、左のかぼすには小さな種が入っています!
花の時期に、虫たち(とりわけミツバチ)が、飛び回るので、近所の庭先にある、柚子やミカンの花粉を運び、まれに小さな種が入っている場合もあります。
でも、通常のカボスに比べると、その違いは一目瞭然ですよ!

a0254656_16010832.jpgかぼすは本来、1つの果実の中に10個ほどの種が入っている果実です。
この様に通常のカボスには、たくさんの種があるかぼすですが、「古川果樹園」さんのかぼすは『種なしかぼす』なんです。
果汁を全てギューッと絞り切れるのが人気の秘密!!
リピーターがとても多い大人気商品です。

a0254656_15580401.jpg種がないことに加え、農薬や化学肥料は一切使用せずに栽培された『種なしかぼす』ですから、毎年、高級料亭や有名レストラン、老舗旅館からの注文も多数頂戴している超売れ筋人気商品です。

a0254656_16394413.jpg初回出荷から10月下旬までは、青々とした『種なしかぼす』をお届けします。
11月上旬になると、お待ちかねの色付いた『種なしかぼす』になります。
黄色く色付いても甘み阿ありません。色付いた『種なしかぼす』は、「香りが際立つから!」と既にご予約を頂いているほどの人気ぶりなんです。

a0254656_16445468.jpgただし、朝採り、即日発送でお届けするため、毎週火曜日と金曜日発送に、毎回の出荷数限定、完全予約制販売とさせていただいています。ご注文はお急ぎください!
『熊本産高級種なしかぼす』のご注文(ご予約)は、「FLCパートナーズストア」のホームページより受付中です!
今期もホームページでの予約受付スタート前から、たくさんのご予約(注文)を頂いていたほどなんです。

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』




a0254656_16591776.jpg『かぼす』は、「すだち」と同じく柑橘系の調味料として使用されることが多い果実です。
同じ柑橘類のミカンやデコポンなどは、色づきと共に甘くなりますが、かぼすは完熟させても、甘くなりません。
この様に青いまま収穫されその果汁を使用します。
「すだち」は1玉約30~40g程度と言うのに比べ、『かぼす』は約100~150gと大きいので、用途の幅はかなり広く使用されています。

a0254656_17005070.jpgお盆過ぎのこの時期になり、一定の大きさまで成長したら収穫です。
この頃には、あのさわやかな果汁があふれんばかりになっています。
生産地と生産者を紹介しましょう!

a0254656_16045856.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの、山あいの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培場です。
のどかな自然豊かな山あいで、無農薬で『種なしかぼす』を栽培しています。

a0254656_17080063.jpg生産農家の「古川果樹園」さんの古川孝人さんです。
「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』の栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、もう何年も年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログにて紹介してきました。

a0254656_17210119.jpg「笠さんこれば見てみなっせ!どぎゃんしたっちゃ果皮にキズがつくとのあるとたいね。これは、着果の頃にこまか(小さい)虫が、花の頃に子房に入り込んでできた傷たいね。農薬ば使って駆除することもできるとばってん、うちではそれはしよらんとたい。」
と、古川さん。

a0254656_17275996.jpg古川さんのお話を分かりやすく説明しましょう!
こちらは、4月下旬から5月上旬にかけて咲く、かぼすの花です。
柑橘類らしい白くてとてもかわいらしい花を咲かせます。
この頃、柱頭に花粉が付き受粉し、その後、着果します。

a0254656_17312329.jpg花咲く頃には、たくさんの虫たちが、その香りに誘われやってきます。
写真のカナブンやミツバチ、マルハナバチなどは大きいのでそのような傷をつけることはありませんが、もっと小さな虫は花の奥へと入り込み子房を傷つけるのです。

a0254656_17342735.jpg花が咲き終わる頃、受粉した果実は着果し成長していきます。
この時点で、その傷はあまりわかりませんが、成長と共に次第に現れてくるのです。
もちろん、その後の成長の過程で、枝や葉に触れ傷つく場合もあります。

a0254656_17364909.jpg「果皮はこぎゃんして傷のあっても、その中身の果汁はいっちょん変わらんばい。まぁ、見た目だけの問題ばってん、それらはお買い得な4kg入りの方に入れよるたいね。」と古川さん。
「ご家庭でご利用いただくお客様は、ほとんど傷が多少ある4kg入りをお求めになりますよ!」と言うと、

a0254656_17430079.jpg「この辺には、他に柑橘類ば栽培しよるとこがなかけん、あまり病気の心配もいらんとたい。だけん、どうせなら農薬も化学肥料も使わんで育てようと思ってな。果皮に傷のついてもそれがむしろ無農薬の証ってとこかな。」

a0254656_17463997.jpgこちらは、以前取材した、出荷日の朝の様子です。
古川さんの奥様の古川アツ子さんが、かぼすの大きさを1つ1つ確認しながら収穫しています。
「古川果樹園」さんは、古川孝人さんと奥様のアツ子さんの仲良しご夫婦で、様々な“本物”と呼べる作物を育てる匠の農家さんです。

a0254656_18141683.jpg「今日の出荷分は、これで良いと思うから、急いで戻って出荷の準備をしないとね!」
出荷の日の朝、ご注文(ご予約)分をこうして収穫して、即日発送にて全国のお客様にお届けしています。

a0254656_16093649.jpg花の時期も、成長の過程も、収穫も、色づいた果実も、そして冬の剪定も全て年間を通して現地取材してきました。
そんな私が、お勧めのカボスの利用方法があるんです。

a0254656_18253416.jpg「かぼすビール」と「かぼす生絞りギョウザ」です。
「ビールにかぼす??」とお思いでしょ?
でもこれが合うんですよ!
レモンやライムを入れて飲む、メキシコの“Coronaビール”の日本版!ってとこですね!!
グラスに注いだビールに、お好みの量かぼすを絞って、ぜひ一度飲んでみてください!

a0254656_1828343.jpg“かぼす生搾りギョウザ”もぜひお試しください!
人気番組の「しゃべくり007」で紹介され、ためしにやってみたら、実に美味い!
付けタレは全く必要ありません。
しかもそれが種なしかぼすだったら、種を気にせず絞れちゃいますね!

a0254656_18001588.jpgさて、話が随分と脱線しましたが、「古川果樹園」さんの、山あいの『種なしかぼす』は、今年も順調に育ち、今期の出荷がスタートしました。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの山あいの『種なしかぼす』をネット独占販売いたします。
無農薬、無化学肥料の安全性と、種なしの使い勝手の良さは、「もう、このカボスしか使えない!」と、たくさんのリピート購入を頂戴しています。
お買い求めは、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『種なしかぼす』のページにお進みください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-08-15 16:12 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

太秋柿 古川果樹園 今年も順調に成長中!摘果作業と枝吊り作業の惜しまぬ手間ひまをかけ育ています!

FLC日記 2019年8月8日(木) 晴れ

a0254656_18115816.jpg『太秋柿』は、「梨のような食感、ぶどうのような甘さ」と称される、秋の果実の王様です。
その『太秋柿』は、生産量は熊本県が日本一で、全体の約50%を占めています。

a0254656_17145211.jpg熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の「古川果樹園」さんは、今年で栽培25年にもなる『太秋柿』の匠の農家さんです。
「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培場に、現在の成長の様子を現地取材に行ってきました。
a0254656_17153934.jpg
朝早くに伺ったので、まだ朝露が『太秋柿』の果実に残っていました。

a0254656_17171643.jpg今年も匠らしい惜しまぬ手間ひまをかけ至高の『太秋柿』を育てています。
こちらは“上の段”と呼んでいる柿園です。
「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園は、山あいののどかな田園風景の中にあります。

a0254656_17200823.jpgこちらは、“下の段ん”と呼んでいる柿園です。
「古川果樹園」さんでは、いずれの柿園も、柿園全体をネットで覆い、大切に大切に『太秋柿』を育て上げています。

a0254656_17222979.jpg柿園全体をネットで覆うのには、大きく2つの理由があります。
まずは、果実を野生動物(とりわけ野鳥)から守るため。
「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、まだ真っ青な頃から、すでに甘くそのうまさを知る野鳥たちは放っておかないのです。
もう一つは、台風などの強風から果実や枝を守るためです。

a0254656_17262326.jpgネットがあることで、強風はかなり和らぎますが、さらにこうして『太秋柿』が実るの果樹の枝1本1本を、こうしてひもでつるしながら栽培します。

a0254656_18512315.jpgこれは、以前取材した枝つり作業の様子です。
「古川果樹園」の古川孝人さんが、真夏の時期に何度も何度も脚立を上り下りしながら、果実が実る1本1本の枝をこうして細いひもでつるしていきます。
「まぁ、普通のもんはここまでは絶対せんどなぁ~。ばってん、人がせんこつばして、こうしてしっかり手ばかけて育てるけん、うまか『太秋柿』のでくっとたい。」
匠は、こうして惜しまぬ手間ひまをかけて大切に育て上げるのです。

a0254656_18583569.jpgそこまでするにはきちんと理由があります。
これは、主に奥様のアツ子さんが行う摘果作業の様子です。
「古川果樹園」さんでは、着果した『太秋柿』のおよそ6割をも摘果して落としてしまいます。

a0254656_191732.jpg地面には、次々に摘果された『太秋柿』が落ちてきました。
これらはすべて、作業終了後拾い集め処分します。
そうすることで、病気や害虫から育てる『太秋柿』を守るのです。

a0254656_19194268.jpg年間を通して、柿園を徹底管理し、この時期に匠の目で判断して、わずか4割だけを残し、惜しまぬ手間ひまをかけ枝を1本1本つりながら大切に大切に育て上げるからこそ、「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、糖度が18度を超える至高の『太秋柿』になるのです。
今年も、10月上旬にはこのように実り、収穫が始まります。

a0254656_17362142.jpgでも、それはまだまだ先のこと!
この真夏の最も暑い時期に、古川さんとアツ子さんは何度も脚立を上り下りして、摘果作業とひもつり作業をしていきます。
下の段はその作業が終わりましたので、上の段の枝吊りと摘花作業の様子は、また後日現地取材をしてこのブログでご紹介いたします。

a0254656_17401039.jpg今回の取材を終え車に戻ろうとしていると
「笠さん!来とったとかい!」と古川さん。
「こんなに早くから作業するんですか?」と尋ねると、
「ちっとでん、涼しかうちにしようと思ってな!」

a0254656_17453758.jpg「ふ(カメムシのこと)のつく前に、最低限の消毒だけはしとかにゃんとたい。消毒はなるべくしよごつはなかばってん、これだけはしとかんと収穫前に全部落ちてしまうとたい。」と古川さん。

a0254656_17445545.jpgこちらは9月下旬の様子です。
赤く色づいた太秋柿は、カメムシが吸っていたので熟れる時期を前にして先に色づき落ちてしまいます。
それを防ぐために、どうしても最低限の消毒(予防)をこの時期に行います。

a0254656_19291982.jpg「古川果樹園」さんでは、古川孝人仁さんと奥様のアツ子さんのとっても仲良しご夫婦の二人三脚で、本日紹介した『太秋柿』をはじめ様々な“本物”と呼べる作物を育てています。
まもなく出荷を迎える、山あいの『種なしかぼす』、今年も大好評のうちに完売した『山竹たけのこ』は、農薬や化学肥料を一切使用せずに育てています。

a0254656_17550720.jpg無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』は、現在、弊社のホームページにて、先行予約の受付を行っています。
数量限定の完全予約制とさせていただき、発送日の朝採り、即日発送でお届けいたします!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』




a0254656_1938087.jpg「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、弊社の大看板商品です。
しかも、ただの『太秋柿』ではありません。
「古川果樹園」さんが大切に大切に育て上げ、収穫した『太秋柿』からさらに選び抜いた“極選”の『太秋柿プレミアム』です。

a0254656_19514381.jpg特に、1玉が300gを超える大玉の『太秋柿プレミアム“極”』は、昨年は2週間待ちが当たり前の大人気で、今年もすでにたくさんの予約を頂戴しています。

a0254656_17571549.jpg今年も、初出荷は10月10日前後の予定です。
ただし、『太秋柿プレミアム“極”』は、その1週間後からの出荷となります。
これからも、「古川果樹園」さんの『太秋柿』の成長の様子や、匠の技、惜しまぬ手間ひまなど現地取材を重ね、このブログでご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-08-08 18:03 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす 令和元年の先行予約の受付を、本日よりスタートしました!8月13日(火)より発送します!

FLC日記 2019年8月6日(火) 雨(台風8号)のちくもり
お待たせしました!
令和元年度の『種なしかぼす』の予約受付をスタートしました!
a0254656_17550720.jpg


a0254656_16551568.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も「古川果樹園」さんの、無農薬で育てた山あいの『熊本産高級種なしかぼす』をネット独占販売いたします。

今期は、8月13日(火)からの出荷です!
※以降、毎週火曜日と金曜日に、数量限定・完全予約制販売にて出荷します。(ただし、8月16日はお盆休みのため出荷はありません。)

a0254656_16393987.jpg『かぼす』は、「すだち」と同じく柑橘系の調味料として使用されることが多い果実です。
青いまま収穫されその果汁を使用します。
「すだち」は1玉約30~40g程度と言うのに比べ、『かぼす』は約100~150gと大きいので、用途の幅はかなり広く使用されています。
しかし、一般的なかぼすは、たくさんの種がある果実です。

a0254656_16413330.jpg一般的なカボスと、弊社で販売している『熊本産高級種なしかぼす』と比較してみましょう!
果実を水平に切ってみました。
ご覧のように、一般的なかぼすには、たくさんの種が入っています。
このカボスには、8個の種が入っていました。
多いものは、10個以上もの種が入っていました。
しかし、弊社で販売する『熊本産高級種なしかぼす』には、種が入っていません。

a0254656_16440600.jpg入っていたとしても、小さいものが1つか2つほどです(写真)。
果汁を絞る際に、たくさんの種を気にすることなく思いっきり絞れることが、何よりの人気の秘密なのです。

a0254656_17143755.jpgこちらは、現在(昨日)の様子です。
かぼすは色づいても甘くなりません。
ですから、一定の大きさにまで成長したら収穫です。
毎年、お盆過ぎに初出荷を行っていましたが、今年は玉太りも良く、お盆前の8月13日(火)より出荷いたします。

a0254656_16514466.jpg大きさ、色合いをそろえた、特選の16~20玉入りと、お買い得な4kg入りの2商品をご用意しております。
ただし、1玉1玉その大きさを確認しながらの収穫のため、数量限定の完全予約制販売とさせていただいています。
すでに、たくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。
無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』は、ホームページにて、本日より先行予約の受付をスタートしました。
数量限定の完全予約制とさせていただき、発送日の朝採り、即日発送でお届けいたします!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』




a0254656_17182830.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの、山あいの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培場です(8月2日早朝撮影)。
この辺りには、かぼす以外に柑橘類の栽培がないため、農薬を一切使用せずに栽培しています。
とてものどかな山あいで、取材に伺うとなんだか時間がゆっくりと過ぎているような気がします。

a0254656_17255927.jpgこちらは以前取材した12月上旬の剪定作業の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』の栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、もう何年も年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログにて紹介してきました。

a0254656_17270702.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材し、その惜しまぬ手間ひまも匠の技も全て見てきました。

a0254656_17060997.jpgこちらは、5月中旬の花咲く頃の様子です。
農薬を一切使用せずに育てているので、カナブンやミツバチ、マルハナバチなどの昆虫がさわやかな香りに誘われたくさん集まっていました。

a0254656_17085323.jpgこの辺りには柑橘類の栽培がないと言っても、庭先には柚子やミカンなどは栽培されていて、それらの花粉を『種なしかぼす』にミツバチやマルハナバチ(写真)などが運んでくるので、どうしても小さな種が入る場合もございます。

a0254656_17382594.jpg今年は花の時期に天気にも恵まれ、その後梅雨入りが随分と遅れ、果実が肥大するころには雨が多かったため、かぼすの果実の肥大がかなり進んでいます。

a0254656_17425601.jpgこちらは以前取材した収穫の様子です。
収穫始めの頃は特に、1つ1つの大きさを判断して一定の基準の大きさに成長したものだけを収穫します。

a0254656_17453625.jpgこちらは、11月中旬の色付いたかぼすたち!
こうして熟してきても、ミカンの様に甘くなったりはしません。
ただ、色づいたかぼすは香りが際立ってくるので、色づきを待って購入いただくお客様もいる人気ぶりなのです。

a0254656_18541747.jpg「古川果樹園」の古川さんご夫妻です。
とっても仲良しのおしどり夫婦で、二人三脚で様々な“本物”と呼べる作物を育てています。
「古川果樹園」さんの大人気商品『太秋柿プレミアム』の収穫の際に撮影した写真です。

a0254656_17434199.jpgそんな私がその全てを現地取材し、自信を持ってお勧めする「古川果樹園」さんの熊本産高級『種なしかぼす』は、県内外の有名料亭や老舗旅館、日本料理、ふぐ専門店、有名レストランからもご注文を頂戴している大人気商品です。
“種なし”と言う、使い勝手の良さと、さらには、完全無農薬、無化学肥料で栽培された安全性が高く評価されています。
ログにて紹介してきました。

a0254656_17525789.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの熊本産高級『種なしかぼす』を、ネット独占販売いたします。
本日(8月6日)より先行予約の受付をスタートしました。
初回発送は8月13日(火)で、以降、毎週火曜日と金曜日の出荷です。
もちろん、朝採り、即日発送にてお届けいたします。

a0254656_17574269.jpg無農薬、無化学肥料で栽培した『種なしかぼす』は、他にはありませんよ!
焼き魚、お肉料理、お鍋、そして、焼酎やウイスキー、ビールなど様々なお酒にも試してください!
『熊本産高級種なしかぼす』は、絶対にお勧めです!
種が無いので、果汁を思いっきり搾っちゃってください!!
本日より、下記「FLCパートナーズストア」ホームページにてご予約を受付ています。
数量限定の完全予約販売です!
ぜひ一度、ご賞味下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-08-06 17:57 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

太秋柿 古川果樹園 着果の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技

FLC日記 2019年7月10日(水) くもりのち雨
熊本の旬の食材を販売する、「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
今年度も初出荷は、毎年10月10日前後の予定です。
a0254656_18014118.jpg


a0254656_18161659.jpg『太秋柿』は秋のフルーツの王様と称されています。
その特徴は、なんと言ってもその食感です!!
梨にも似たサクサクッとした食感と、糖度18度を超えるブドウのような甘さが大人気です。
「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』は、糖度が20度を超えるものもあるのです。
その『太秋柿プレミアム』を、ネット独占販売している弊社のネットショップ、「FLCパートナーズストア」の看板商品ともいえます!!

a0254656_17125091.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園(下の段)です。
とてものどかな山あいの田園風景の中に、『太秋柿』の栽培場はあります。
『太秋柿』は、熊本県が生産量日本一で、全体5割以上を占めています。

a0254656_17185827.jpg「古川果樹園」の古川孝人さん、古川アツ子さんご夫婦です。
こちらは、以前収穫の様子を取材に伺った際の写真です。
「古川果樹園」さんは『太秋柿』を25年以上も作り続ける匠の農家さんです。

a0254656_17225197.jpg「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園は2ヶ所あり、こちらは“上の段”と称している柿園です。
そのいずれも柿園全体をネットで覆っています。
それには、大きな理由が3つあります。
野鳥や野生動物の侵入を防ぎ、台風などの強風から果実を守り、『太秋柿』が実る枝1本1本を全てひもで吊るすためのネットなのです。

a0254656_17264202.jpg“下の段”の柿園の現在の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17280013.jpg「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培の様子も、もう何年も、年間を通して現地取材してきました。
病害虫を防ぐため太秋柿の幹の皮をむいてあります。
その作業の様子も収穫作業、収穫後の落ち葉拾いも、冬の剪定や誘引も、蕾、花、着果後の摘果の様子も全てです。

a0254656_17121482.jpg現在『太秋柿』の果実は、着果してまだ青々としています。
現在は、生理落下がおきる時期です。
“生理落下”とは花が終わりた着果した後、果樹の自らの体力以上に果実が実った際に起こる現象です。

a0254656_18093640.jpgですから、この時期、足元には小さな『太秋柿』がたくさん落ちていました。
しかし、太秋柿はとても頑張り屋さんで、自分の地力に見合う100%の果実を残します。

a0254656_18182595.jpgこの時点で残っている果実たちは、その果樹が育てようと頑張ります。
しかし、それを果樹まかせにしていると、大きくて甘い『太秋柿』は育ちません。
そこで匠は、「摘果作業」を施すのです。

a0254656_18184160.jpg生理落下を終えると、これから匠がしっかりと手をかけ、惜しまぬ手間ひまと匠の技で『太秋柿』を育てます。
それが、これから行う摘果作業と枝吊り作業です。

a0254656_18200966.jpgこの様に、まとまって実ると、それぞれの果実は大きく育ちません。
匠の判断で、その枝に見合った数にまで摘果作業を施していきます。
それは、なんと6割ほどにもなり、残すのはたったの4割なのです。

a0254656_18205659.jpg「古川果樹園」さんでは、その残したたったの4割の『太秋柿』を惜しまぬ手間ひまをかけ大事に大事に育て上げます。
それが、枝吊り作業です。
7月、8月の最も暑い時期に行われる、気の遠くなるような手作業です。

a0254656_18214756.jpg「まぁ、脚立ば何べんも上り下りせにゃんけん、シャツは汗じっくりたい。1日に最低でも3回は着替えるばい(笑)。ばってん、しっかり手ばかけんなら、良か作物はでけんけんなぁ~!」
以前の取材の際に、古川さんがそう笑いながら話されたことを思い出しました。

a0254656_18250712.jpg残したたった4割を収穫まできれいに大きく育てるべく、匠は1枝1枝を全てひもで吊って、風(とりわけ台風)で揺れ、果実に傷がついたり、ましてや落果したりしない様惜しまぬ手間ひまをかけていきます。

a0254656_18234527.jpg匠の摘果作業も枝吊り作業も毎年見てきているのです。
一度ハサミを入れてしまったら、もちろんもう戻すことはできません。
匠たちは、的確な判断をしながら摘果作業を繰り返します。

a0254656_18273103.jpg果樹が自ら生理落下をして、10の体力に見合う果実を実らせ、匠がそれをわずか4割にまで落とします。
そのわずか4割を果樹が10の体力で全力で育てるのですから、大きくて甘い太秋柿になるのです。

a0254656_18292290.jpgこちらは、現在の様子です。これから、匠の摘果作業が行われます。
次回は、摘果作業と枝吊り作業が行われている頃に取材に伺いその様子はまた、今年もきちんとブログで紹介いたします。

a0254656_18341776.jpg「FLCパートナーズストア」で販売する太秋柿は、『太秋柿プレミアム』です。「古川果樹園」さんが大切に育て上げ、丁寧に収穫した中から、選びに選び抜いた“極選”の太秋柿だけを、弊社のお客様用に『太秋柿プレミアム』として出荷いただいているのです。

a0254656_18355415.jpg『太秋柿』の“本場”と言える熊本県で、25年以上の栽培歴を持つ匠の『太秋柿』は、糖度がなんと、驚きの18~20度!!最高級です!!
スイーツのような甘さと、シャリシャリの食感がたまりません!!

a0254656_18413973.jpg今年も『太秋柿プレミアム』と、大玉のものだけをそろえた『太秋柿プレミアム極(きわみ)』、そして『太秋柿プレミアム(化粧箱入り)』()写真の、3商品の出荷予定です。
これからも、その惜しまぬ手間ひまや、成長の様子など現地取材にてご紹介していきます。
今年は、10月10日(木)の初出荷を予定しています。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-07-10 18:39 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)