ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:古川果樹園 ( 149 ) タグの人気記事

太秋柿 古川果樹園 惜しまぬ手間ひまをかけるからこその本物の美味さ!摘果と枝吊り作業(後編)

FLC日記 2018年8月14日(火) 晴れ時々くもり

a0254656_18560770.jpg「作物を育てるってことは、基本的には数や量の多さじゃなかとたい!やっぱ、良かもんば作り上げんといかんたいね。そのためにはこの『太秋柿』も6割ば摘果して落として、残りの4割ばしっかりと育て上げんといかんとたい。だけん、ピシャッと手ばかけにゃんたいね。手ばかけたらかけただけ、必ず良か作物のできるとたい。だけん俺は、こうして毎年『太秋柿』の実る枝ば全てひもで吊るして育てよるとたいね。」

a0254656_18582168.jpg匠の農家さん「古川果樹園」の古川孝人さんが、摘果と枝吊り作業の休憩の際に、手をかけ吊り下げた枝を見上げながら、私にそう話してくれました。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、匠の農家さん「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
a0254656_18594119.jpg
「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』は、毎年10月10日前後より、収穫及び出荷をスタートします。

a0254656_19012702.jpg今年も、惜しまぬ手間ひまをかけた太秋柿が元気に育っていました!
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19032770.jpgもちろん「古川果樹園」さんも、『太秋柿』の収穫はもちろんのこと、今日紹介する摘果と枝吊り作業など、年間を通して全て現地取材してきました。
「古川果樹園」の古川孝人さんが、匠の目で判断し、摘果を施し、残した『太秋柿』の枝のひも吊り作業を行っています。

a0254656_19045745.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園です。
「古川果樹園」さんでは、2ヶ所ある柿園のいずれも、全体をネットで覆い、大切に大切に至高の『太秋柿』を育て上げています。

a0254656_19165437.jpgこちらは、昨日のブログでも紹介した、摘果作業の様子です。
匠の目で判断しながら、6割をも摘果で落としていきます。
残した4割の『太秋柿』を、収穫まできれいに、大きく、美味しく育てるために枝吊り作業を行うのです。

a0254656_06402679.jpgこのような細い枝にも、大きな『太秋柿』が実ります。
摘果作業を経て、1玉にしていても、成長の過程で枝が折れる場合もあるんです。
ですから、1本1本の枝をこうしてひもで吊って枝が折れないよう施すのです。

a0254656_08274392.jpgこちらは、2015年8月28日の台風一過直後の写真です。
その年、熊本県に上陸した台風15号の50mを超える強風でも、被害を最小限に抑えることができました。

a0254656_08311540.jpg台風が過ぎた後、いてもたってもおれなかった私は、すぐに「古川果樹園」さんの柿園に伺いました。
古川さんは「あっちこっちで電柱が倒れとるけん、家はまだ電気も来とらんばい。ばってん、なんとか柿たちは最小限の被害で食い止めることができたばい。柿園全体をネットで覆い、実る枝ば吊るしとらんだったらそうはいかんだったろうね!」と話していただいたことを覚えています。

a0254656_08392391.jpgしかし、台風被害に対し最大限の準備を施してきた古川さんも、2年前には予想だにしない事態で大きな被害をうけたのです。
「見てみなっせ!こぎゃんして柿の傷だらけになっとるとたい。」

a0254656_08412876.jpg「いったい何が起きたのですか?」と言う私に、
「8月7日に雹が降ってな!それはそれは恐ろしかったばい。ネットがあった分、直撃しとらんでも、こうして傷だらけになったとたいね。」

a0254656_08471906.jpg「こうなったら、ここから必ず傷むけん、もう落とすしかなかね!これもいかん、あっ!こっちもいかん!」
古川さんは、大事に育ててきた『太秋柿』を、8月の思いがけない雹によって失うことになってしまいました。

a0254656_08492024.jpg「農業は太陽、水、風、大地・・・、自然の恵みと共にやっていかにゃんたいね。ばってん、自然の驚異とも戦わんといかんとたい。俺も80年生きてきて8月に雹が降ったとは初めてたいね。」

a0254656_08543735.jpg「うちでは、こぎゃんしてネットばかけとるけん、それもクッションになって幸いしたとばってん、8月に雹なんて予想もせんでしょうが!この近くの、知り合いの梨農家さんは、梨に袋ばかけとっても、ほとんどに傷が入って、今年は収穫も出荷もできんばいって、嘆いとらしたばい。」と古川さん。

a0254656_09002228.jpg過去にはそんな思いがけない雹の被害もありましたが、「古川果樹園」さんはこの時期からの予想されうる台風の被害に対し、今年も『太秋柿』が実る枝1本1本をひもで吊るし備えています。
この惜しまぬ手間ひまが、あのきれいで大きくな甘い『太秋柿』を育てる匠の技なのです。

a0254656_09031985.jpg「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの『太秋柿』を、今年もネット独占販売いたします。
「梨のような食感、ぶどうのような甘さ」と称されて、秋の果実の王様といわれる『太秋柿』。

a0254656_09090762.jpg同じ太秋柿でも、「古川果樹園」の仲良しご夫婦が、惜しまぬ手間ひまと匠の技、そしてたくさんの愛情で育て上げた『太秋柿プレミアム』は、1味も2味も違うと、私も、絶対の自信をもってお勧めしている商品です。

a0254656_09342676.jpg「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』は、もうすでに今年のご予約を多数頂戴しています。
本格的なホームページでの受け付けスタートは、9月中旬以降を予定しています。
現在は、お電話でのみご予約を承っております。
今年の「古川果樹園」さんの『太秋柿』にも大いにご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-14 15:48 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

太秋柿 古川果樹園 惜しまぬ手間ひまをかけるからこその本物の美味さ!摘果と枝吊り作業(前編)

FLC日記 2018年8月13日(月) 晴れ時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、匠の農家さん「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
a0254656_17315500.jpg
今年も、10月10日前後からの収穫及び出荷予定です。
本日は、現在の成長の様子と、匠が一切の妥協を許さず“本物”と呼べる美味さに仕上げるため、しっかりと手をかけてきた摘果作業と枝吊り作業について紹介します。

a0254656_17362834.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園です。
「古川果樹園」さんは、2ヶ所の柿園で『太秋柿』を栽培していて、こちらは「下の段」と呼んでいる柿園です。

a0254656_17405906.jpg『太秋柿』は、「梨のような食感、ぶどうのような甘さ」と称されて、秋の果実の王様と言われています。
生産量は熊本県が日本一で、「古川果樹園」さんは、20年以上も前から『太秋柿』を育てる匠の農家さんです。
「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、サクッとした食感と糖度18度を超える爽やかな甘さが大人気です!

a0254656_17431120.jpg「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園は、山あいののどかな田園風景の中にあります。
写真は、「上の段」と呼んでいる柿園です。
「古川果樹園」さんでは、柿園全体をネットで覆い、大切に大切に至高の『太秋柿』を育て上げています。
柿園をネットで覆うのには、大きく2つの理由があります。

a0254656_17441241.jpg果実を野生動物(とりわけ野鳥)から守るため。
もう一つは、台風などの強風から果実や枝を守るためです。
「古川果樹園」さんでは、2ヶ所ある柿園を、いずれもネットで全体を覆っています。

a0254656_17492186.jpgこの時期、果実が実らせる枝の1本1本を全て、このようにひもで吊るしてあります。
その作業の様子は、7月中旬に取材し紹介しました。

a0254656_17545528.jpgこちらがその様子!
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17570151.jpgもちろん「古川果樹園」さんも、『太秋柿』の収穫はもちろんのこと、冬の剪定、花咲く様子、摘果や枝吊り作業など、年間を通して全て現地取材してきました。

a0254656_17592076.jpg今の時期、『太秋柿』はまだ青々としています。
しかし、「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、もうすでに甘みがあり、野鳥たちが放っておかないので、柿園全体を覆うネットはとても重要です。

a0254656_1918505.jpgこちらは、以前摘果作業の取材に行った際に、古川さんが摘果した『太秋柿』を剪定ばさみを使って起用に向いていただき、「この時期の『太秋柿』の味ばしっ得とも好かろう!食べて見なっせ!」と渡された時の様子です。

a0254656_19171287.jpgさっそく食べてみました。
私はてっきり、「渋い!でもこれがあの甘さになるんですね!」と言うリアクションを期待されているものだと思いましたが、まだ真っ白なこの『太秋柿』が、ほのかに甘いんです。
いただいた白い太秋柿をその場で全部食べたことを覚えています。

a0254656_18114693.jpgその時頂いた、青い柿は摘果作業で落としたものです。
真夏の暑さの中、何度も何度も脚立を上り下りしながら行う、気の遠くなるような手作業です。

a0254656_18134155.jpgしかもその数が半端ないんです!
「古川果樹園」さんでは、着果し成長している『太秋柿』のなんと、6割もを摘果で落としてしまいます。

a0254656_18154685.jpg古川孝人さんは摘果と枝吊り作業を、奥様の古川アツ子さんが、摘果作業を行います。
残した、たったの4割を、収穫まで大切に育て上げていきます。

a0254656_18313680.jpg『太秋柿』は5月に開花し、収穫までには5ヶ月ほどを要します。
その間に、果実の重みで枝が折れたり、果実が揺れてぶつかり傷ついたり、強風(とりわけ台風)で、落果したりしないように、「古川果樹園」さんでは、果実が実るすべての枝をこうしてひもで吊るしながら育てるのです。

a0254656_18332975.jpg10月には、「古川果樹園」さんが育て上げた『太秋柿』はこのサイズにまで成長します。
果実が実る枝を全てひもで吊るす惜しまぬ手間ひまをかけるからこそ、大きな台風が直撃した年も、コンスタントに『太秋柿』を出荷できてきたのです。

a0254656_1958744.jpg「古川果樹園」さんでは、古川孝人仁さんと奥様のアツ子さんの仲良しご夫婦で、“本物”と呼べる『太秋柿』をはじめ様々な作物を育てています。
今年も6月に販売した『山竹たけのこ』も、弊社の大人気商品です。

a0254656_2012051.jpg現在は、無農薬、無化学肥料で育てた『種なしかぼす』のご注文を承っております。
8月17日(金)からの出荷です。
「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』のご注文はコチラ!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓
『種なしかぼす』


a0254656_2061728.jpg「古川果樹園」さんの、惜しまぬ手間ひま、匠の技はまだまだ紹介したいことがたくさんありますが、本日は少々長くなりましたので、この続きはまた後日!
今年も、10月の収穫が待ち遠しいです!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-13 18:39 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす 平成30年の先行予約の受付スタート!8月17日(金)より発送します!

FLC日記 2018年8月8日(水) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』をネット独占販売いたします。
a0254656_18031526.jpg

本日より、先行予約受付をスタートしました!!
平成29年度の初出荷は、8月17日(金)です。
※以降、毎週火曜日と金曜日に、数量限定・完全予約制販売にて出荷します。

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓



a0254656_18063070.jpg弊社で販売するのは『種なしかぼす』です。
一般的な種がぎっしり入っているカボスと異なり、このように種がありません。
入っていても、小さいのが1~2個程度です。
ですから、種が入ることを気にせずに、果汁を思いっきり絞ることができるんです。
『かぼす』は、「すだち」と同じく柑橘系の調味料として使用されることが多い果実です。

a0254656_18095668.jpgこの様に青いまま収穫されその果汁を使用します。
「すだち」は1玉約30~40g程度と言うのに比べ、『かぼす』は約100~150gと大きいので、用途の幅はかなり広く使用されています。
しかし、一般的なかぼすには、たくさんの種が入っています。

a0254656_18150450.jpgしかし、弊社の『熊本産高級種なしかぼす』にはご覧の通り種がありません。
しかも、農薬を一切使用せずに栽培されたものなんです。
では、生産地と生産者の紹介をしましょう!

a0254656_18180193.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの、山あいの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培場です。
この辺りには、かぼす以外に柑橘類の栽培がないため、農薬を一切使用せずに栽培しています。
昨日、収穫直前の様子を、現地取材に行ってきました。

a0254656_18194797.jpgしっかりと手をかけ育ててきた『種なしかぼす』が、今年は天候にも恵まれたくさん実っていました。
かぼすは色づいても甘くなりません。
ですから、一定の大きさにまで成長したら収穫です。

a0254656_18240807.jpg私の手は男性の中でも大きな方なので、その大きさが伝わりにくいかもしれませんが、もう充分に収穫サイズまで成長しているものもありました。
収穫が楽しみで仕方ありません。

a0254656_18305512.jpgこちらは4月下旬から5月中旬ごろにかけて咲く、かぼすの花です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_18343778.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
農薬を使用せずに育てているので、カナブンがさわやかな香りに誘われ、蜜を吸いにやってきていました。

a0254656_18372882.jpgさて、現在の様子に話を戻しましょう!
「笠さんが来るっていうけん、栗に消毒ばしよったばってん、切りの良かとこでこっちに来たたい!」
「古川果樹園」の古川孝人さんと古川アツ子さんご夫婦です。

a0254656_18423012.jpg「お父さん!この枝ばその辺りから吊り下げて!いっぱいなっとるけん、枝の落ちて来よるよ!」とアツ子さんが話しています。
「どれや?」と古川さん。

a0254656_18450717.jpg「吊っとったとの緩んで外れとるとたい。よしよし分かった!すぐにしとくたい。」
古川孝人さんとアツ子さんは、仲良しご夫婦の二人三脚で、様々な“本物”と呼べる作物を育てる匠の農家さんです。

a0254656_18490070.jpgちなみにこちらは、冬の剪定作業の様子です。
剪定と同時に、果実が実る頃に垂れ下がるような枝は、吊り下げて誘引していました。
この様に惜しまぬ手間ひまをかけ育ててきたのです。

a0254656_18504897.jpg「今年もお盆過ぎから出荷できますか?」と尋ねると、
「これくらいのサイズになると良いけどね。17日からなら数量限定で良いと思うよ。」とアツ子さんが答えてくれました。

a0254656_18535640.jpg「実はリピート購入のお客様を中心に、もうすでに今年の「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の注文(予約)がたくさん入っているんですよ!」と言うと、
「そらぁ~嬉しかなぁ!頑張って育ててきた甲斐のあるばい。ばってん、雨の降らんもんだけん玉太りのおそかたいね!だけん、初回からはそぎゃんたくさんは出せんばい!」

a0254656_18565210.jpg「今年も朝採りの『種なしかぼす』ばその日のうちに出すけん、曜日ば決めて、数量限定にしとってな!」と古川さん。
「了解しました。せっかくなのでお2人のツーショット撮りましょうよ!」と言うと、

a0254656_18591798.jpg「うわぁ~汗だくばい!このままで良かろか?」
そう言いながらも、いつもの笑顔で写真を撮らせてくれました。
今年も、無農薬、無化学肥料栽培で、『種なしかぼす』を育ててきたお2人です。

a0254656_19071129.jpg
その新鮮さと、無農薬、無化学肥料栽培の安全性も加わって、「古川果樹園」さんの、『熊本産高級種なしかぼす』は、毎年、高級料亭や有名レストラン、有名旅館からの注文も多いんです!!
もちろん、一般のお客様のリピート購入も多く、昨年度の最終発送と同時に、今年度の注文(予約)を頂くほどの人気商品です。
“種なし”と言う、使い勝手の良さと、さらには、完全無農薬、無化学肥料で栽培された安全性が高く評価されています。

a0254656_19081141.jpg
「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの熊本産高級『種なしかぼす』を、ネット独占販売いたします。
本日(8月8日)より先行予約の受付をスタートしました。
初回発送は8月17日(金)で、以降、毎週火曜日と金曜日の出荷です。
もちろん、朝採り、即日発送にてお届けいたします。

a0254656_19092159.jpg
無農薬、無化学肥料で栽培した『種なしかぼす』は、他にはありませんよ!
焼き魚、お肉料理、お鍋、そして、焼酎やウイスキー、ビールなど様々なお酒にも試してください!
『熊本産高級種なしかぼす』は、絶対にお勧めです!
種が無いので、果汁を思いっきり搾っちゃってください!!
本日より、下記「FLCパートナーズストア」ホームページにてご予約を受付ています。
数量限定の完全予約販売です!
ぜひ一度、ご賞味下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-08 19:11 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

太秋柿 古川果樹園 匠の惜しまぬ手間ひま「枝つり作業」で今年も万全を期し育てます!

FLC日記 2018年7月25日(水) 晴れ

a0254656_17321162.jpg「ほとんど摘果は終わったとたい。今は枝ば吊りよるたいね。ここまでこぎゃん順調に来とっても、台風でやられるならしまいだけん、今年もピシャッと、果実が実る枝は全部吊って回りよったとこたい。」
「古川果樹園」さんの、『太秋柿』の栽培場に伺うと、古川孝人さんが脚立の上からいつもの笑顔でそう話しました。

a0254656_17340313.jpg熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園に現地取材に伺いました。
いつ伺っても、本当にきれいに整備された柿園です。
今年も、秋の果実の王様『太秋柿』が順調に成長しています。
a0254656_17394611.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
毎年、10月10日前後からの出荷です。

a0254656_17411487.jpg『太秋柿』は、「梨のような食感、ぶどうのような甘さ」と言われるフルーツで、熊本県が生産量の約半分を占める一大産地です。
その中でも、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、糖度がなんと、驚きの18~20度!!最高級です!!スイーツのような甘さと、シャリシャリの食感がたまりません!!

a0254656_19080463.jpgそんな「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培の様子を、FLCパートナーズストアを運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_19104649.jpg「おはようございます!」と声をかけ柿園に入っていくと、「笠さんだろ?ちょっと待ってな。キリの良かとこまでするけん!」と古川さんの声!
「古川果樹園」の古川孝人さんと古川アツ子さんは、笑顔の絶えない仲良しご夫婦の二人三脚で、惜しまぬ手間ひまをかけ、様々な“本物”と呼べる農作物を育てる匠の農家さんです。

a0254656_19140932.jpg「ちょうど休憩しようと思いよったとこだったのよ。笠さんもスイカ食べるでしょ?」とアツ子さん。
私を子供のようにかわいがってくれるので、いつの間にか私はアツ子さんを“お母さん!”と呼んでいます。

a0254656_19155453.jpg「暑かけんねぇ~、朝早くから始めて、昼ばゆっくり休んで、また夕方からしよるとたい。今の時点でも、もう汗びっしょりばい!ばってん、農作業は待ったなしだけん、その時その時の仕事ばちゃんとせにゃんけんな!」と古川さん。

a0254656_19203394.jpg「毎年見せてもらってますけど、今年はかなり良いんじゃないですか?」と言うと、
「ハハハッ!そぎゃん見えるね!笠さんも大したもんばい。今年はかなり順調に育ちよるけん、この時期に枝ば吊って、しっかり台風対策ばしとかにゃんとたいね。」

a0254656_19223645.jpg『太秋柿』は5月に開花し、収穫までには5ヶ月ほどを要します。
その間に、果実の重みで枝が折れたり、果実が揺れてぶつかり傷ついたり、強風(とりわけ台風)で、落果したりしないように、「古川果樹園」さんでは、果実が実るすべての枝をこうしてひもで吊るしながら育てるのです。

a0254656_19244081.jpg「スイカば食うたけん、身体のスーとした。ど!始めるぞ!」
古川さんはそう言うが早いか、すでに脚立を動かしながら作業の準備を始めています。

a0254656_19264103.jpg「摘果が一通り終わったけん、今日は、私はお父さんの助手よ。」とお母さんが話します。
摘果作業の様子も、もちろん取材しています。

a0254656_19293921.jpg「古川果樹園」さんでは、着果した『太秋柿』のなんと約6割を摘果して落としてしまいます。
残した、たったの約4割を大切に育て上げます。

a0254656_19321461.jpg古川さんはいつもこう話します。
「手ばかけたらかけただけ、作物は必ず良い実りとなって返してくれるとたい。だけん、手間ひまば惜しんだら、よかつはでけんとたい。」

a0254656_19390818.jpg残した4割の『太秋柿』を大切に育て上げ、収穫を迎えるために、『太秋柿』が実る1本1本の枝を全部ひもで吊り下げていくのです。
毎年この惜しまぬ手間ひまをかけて、大きく甘く、とびっきり美味しい『太秋柿』を育てているのです。

a0254656_19401101.jpgそうして大事に育て上げられた「古川果樹園」さんの『太秋柿は、』大きなものになると、私の手のひらからこぼれ落ちそうなほどのサイズになります。
もちろん、その美味さは最高級です!

a0254656_19423338.jpg大玉のものだけを集めた、熊本産『太秋柿プレミアム』極(きわみ)は、1箱約3kg(8玉前後)入りでの10月下旬からの出荷予定です。数量限定商品のため、すでに今年も多数のご予約を頂戴している大人気商品です。

a0254656_19441576.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿』を、今年もネット独占販売いたします
。惜しまぬ手間ひまで大切に育て、収穫した中から選び抜かれた『太秋柿プレミアム』です。
これからも、その惜しまぬ手間ひまや、成長の様子など現地取材にてご紹介していきます。
今年も10月10日前後の初出荷を予定しています。
「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』に今年も大いにご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-07-25 19:45 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

太秋柿 古川果樹園 平成30年度の着果後の様子と本物と呼べる逸品を作り上げるための惜しまぬ手間ひま

FLC日記 2018年6月14日(木) くもり熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』を、ネット独占販売いたします。
a0254656_17495201.jpg


a0254656_17512445.jpg『太秋柿』は、「梨のような食感、ぶどうのような甘さ」と称される、秋の果実の王様です。生産量は熊本県が日本一で「古川果樹園」さんは、20年以上も前から『太秋柿』を育てるまさに匠の農家さんです‼

a0254656_17525768.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園の1ヶ所です。
今年も、5月上旬から下旬にかけ、順調に花が咲き、その後着果しました。

a0254656_17542126.jpg生理落下が終わったこの時期の、元気に育つ様子を、一昨日、現地取材してきました。
まだ、ゴルフボールほどの大きさですが、本当に良い顔立ちをしています。

a0254656_17563065.jpgこの小さな『太秋柿』の果実が、約3ヵ月後の10月10日ころになると・・・
大きなものは、1玉が400gほどにまで成長します。
シャキッとした、梨のような食感で、糖度18度を超えるぶどうの様な甘さが大人気です!

a0254656_17582486.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成30年度も、大切に育て上げ、丁寧に収穫した『太秋柿』の中から、「古川果樹園」さんの匠の目で選び抜いた、“極選”のものだけを、『太秋柿プレミアム』として販売いたします。
今年も、『太秋柿プレミアム』、『太秋柿プレミアム“極”(大玉)』、『太秋柿プレミアム化粧箱入り』(写真)での販売予定です。

a0254656_18023559.jpgそんな至高の太秋柿、「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』の、現在の栽培場(柿園)の様子をご紹介しましょう!
ここは、通称「下の段」と呼ばれている、「古川果樹園」さんの柿園です。

a0254656_18042782.jpgこちらは、上の段の柿園です。
いずれも、柿園全体をネットで覆っています。
それには、大きな理由が3つあります。
野鳥や野生動物の侵入を防ぎ、台風などの強風から果実を守り、『太秋柿』が実る枝1本1本を全てひもで吊るすためのネットなのです。

a0254656_18074960.jpg5月上旬の花の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18093393.jpgもちろん「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
花の頃はまだ、葉っぱの色が淡い感じがしますね!

a0254656_18123510.jpg「古川果樹園」の古川孝人さんです。
「古川果樹園」さんでは、古川孝人さんと、奥様のアツ子さんの仲良し夫婦の二人三脚で、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_18140261.jpg6月には『山竹たけのこ』、そして8月中旬からは、無農薬・無化学栽培の『種なしかぼす』(写真)も販売いたします。
すでに、今年の初出荷分で“ご予約”を頂戴している大人気商品です。

a0254656_18161071.jpgさて『太秋柿』に話を戻しましょう!
『太秋柿』を栽培するうえで、最も怖いのが台風などによる強風と、野鳥や野生生物による被害です。
こうして、柿園全体をネットで覆うことで、野鳥や野生生物の侵入を防ぎ、強風を和らげる効果があります。

a0254656_18193159.jpg「古川果樹園」さんでは、そのネットを使い、惜しまぬ手間ひまをかけ『太秋柿』を育てるのです。
これは、7月、8月に行われる枝釣り作業の様子です。
『太秋柿』が実る、1本1本の枝をひもで吊っていくのです。

a0254656_18225104.jpgなぜ、そこまで手をかけて育てるのか?
それは、匠の摘果作業の様子を見るとわかるのです。
摘果作業はおもに奥様のアツ子さんが行います。

a0254656_18244035.jpg「古川果樹園」さんでは、着果した『太秋柿』のなんと約6割を摘果して、残した約4割を大切に育て上げます。
「こうしてバランスを見ながら、4割しか残さんとよ!だからこそ、美味しい『太秋柿』ができるとたいね。」
アツ子さんは、何度も何度も脚立を上り下りして、摘果作業をしていました。

a0254656_18261291.jpg残したたった4割の『太秋柿』を大切に育て上げるために、『太秋柿』が実る1本1本の枝を全部ひもで吊り下げていくのです。
毎年この惜しまぬ手間ひまをかけて、大きく甘く、とびっきり美味しい『太秋柿』を育てているのです。

a0254656_18290995.jpg古川さんはいつもこう話します。
「手ばかけたらかけただけ、作物は必ず良い実りとなって返してくれるとたい。だけん、手間ひまば惜しんだら、よかつはでけんとたい。」

a0254656_18370498.jpg約6割を摘果し、たったの4割を収穫まで育てるのですから、大事に育てるため、枝釣り作業と言う惜しまぬ手間ひまをかけるのです。
「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、だからこそ“本物”と呼べる美味しさに育つのです。

a0254656_18325800.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿』を、今年もネット独占販売いたします。
惜しまぬ手間ひまで大切に育て、収穫した中から選び抜かれた『太秋柿プレミアム』です。
これからも、その惜しまぬ手間ひまや、成長の様子など現地取材にてご紹介していきます。
今年も10月10日前後の初出荷を予定しています。
「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』に今年も大いにご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-06-14 18:40 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす 着果後の様子を現地取材

FLC日記 2018年6月12日(火) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』をネット独占販売いたします。
本日、着果後の様子を現地取材してきましたので、ご紹介いたします!
a0254656_18111422.jpg
4月下旬から5月上旬にかけて咲いた花が、こうして着果していました。
現在は、大きなものでビー玉を1周り大きくしたくらいの大きさです。

a0254656_18152780.jpg今年も、元気な花がたくさん咲きましたので、着果率はとても良いように思いました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_18174068.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は、5月上旬のかぼすの花が咲き誇っている頃の様子です。

a0254656_18210195.jpg『かぼす』は、大分県を原産とする柑橘類です。
「すだち」と混同されることが多いのですが、「すだち」の果実は1玉約30~40g程度と言うのに比べ、『かぼす』の果実は約100~150gと大きいので、様々な用途に利用されています。
本来『かぼす』はこの写真の中央のように、タネがぎっしりと入っている果実なんです。

a0254656_18224043.jpgしかし、「古川果樹園」さんの『熊本産高級種なしかぼす』には、種が入っていません。
入っていても、小さいのが1つか2つほどで、種を気にすることなく、果汁を思いっきり絞れるんです!

a0254656_18243866.jpg毎年、8月中旬から出荷します。
今年もすでに、初回発送分で、たくさんのご予約を頂戴しているほどの大人気!
「古川果樹園」さんの『熊本産高級種なしかぼす』は、毎年、高級料亭や有名レストランからの注文も多いんです!!

a0254656_18255103.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの、山あいの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培場です。
自然豊かで、とてものどかな山あいで『熊本産高級種なしかぼす』は育てられています。
この辺りには、かぼす以外に柑橘類の栽培がないため、農薬を一切使用せずに栽培しています。

a0254656_18295074.jpg昨日まで降り続いた雨は上がりましたが、まだ雨つゆが残る朝早くに現地取材に伺いました。
まだこの辺りには、山で朝日が影となり、日が差し込んでいませんでした。

a0254656_18335658.jpg7月下旬の収穫前の取材に伺った際に撮影した、生産者の「古川果樹園」の古川孝人さんです。
「古川果樹園」さんは、本日紹介している『熊本産高級種なしかぼす』の他にも、『太秋柿プレミアム』、『山竹たけのこ』などを生産する匠の農家さんです。

a0254656_18404754.jpg11月上旬の『太秋柿』の収穫の際に撮影した写真です。
「古川果樹園」さんは、古川孝人さんと奥様のアツ子さんの仲良しご夫婦の二人三脚で、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。
私が取材に伺うと、いつもこの笑顔で迎えてくれます。

a0254656_18441924.jpgさて、話を『種なしかぼす』に戻しましょう!
かぼすは同じ柑橘類でも、ミカンやデコポン、せとかなどと異なり、色づいて熟しても甘くなりません。

a0254656_18462035.jpgこちらは、8月中旬の収穫の様子です。
収穫は青いうちから、その大きさを見極めて行います。
今から、2ヶ月ほどで、ビー玉位の大きさから、ゴルフボールより一回り大きなくらいにまで成長します。

a0254656_18501431.jpg収穫は、全て手作業です。
「FLCパートナーズストア」では、出荷日の朝に収穫したかぼすを、すぐに選別して、即日発送で全国のお客様にお届けしています。
ですから、出荷日を決めての完全予約制での販売です。

a0254656_18523617.jpg農薬は一切使用しないため、果皮に多少の傷があるものもありますが、それらは、4kg入りでお買い得商品として販売しています。
たとえキズがあっても、果実は全く変わりません。

a0254656_18564166.jpg農薬を使用していない安全性と、種なしと言う最大の特徴で、毎年完売間違いなしの大人気商品です。
11月上旬までは、青い果実で、11月中旬以降は色づいた『種なしかぼす』です。

a0254656_18581119.jpg色づいてからも、朝採りゆえのこのみずみずしさです。
もちろん種はありません。
焼き魚、お肉、お鍋、焼酎にウイスキーのどなどに、果汁を思いっきり絞って頂けますよ!

a0254656_19024345.jpg私は、ビールにかぼすを絞って飲む、「かぼす生絞りビール」が大好きです。
レモンやライムを絞って飲む、メキシコの『Coronaビール』の日本版って感じですかね!

a0254656_19053607.jpg8月中旬の収穫及び出荷が待ち遠しいかぎりですが、あと2ヶ月ほどなので、その間もしっかりと現地取材を重ねながら、首を長くして待つことにします。

a0254656_19095562.jpg「古川果樹園」さんの無農薬で育てた山あいの『熊本産高級種なしかぼす』は、7月下旬よりホームページで先行予約の受付をスタートします。
お電話でのみ、現在もご予約を承り中です。
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひまなど現地取材で紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-06-12 19:12 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

太秋柿 古川果樹園 元気な花(2018)とつぼみ、着果 これから惜しまぬ手間ひまで育て上げます!

FLC日記 2018年5月24日(木) 晴れ
『太秋柿』は、梨のようなサクサクっとした食感!ぶどうのような糖度18度をも超える甘さ!で、秋のフルーツの王様と呼ばれています。
a0254656_16581830.jpg


a0254656_17015419.jpg『太秋柿』は、熊本県が生産量日本一で、全国生産量の約半分を占めています。
『太秋柿』の“本場”と言える大産地の”熊本県”にある、「古川果樹園」さんは、『太秋柿』を育てて20年以上!
まさに『太秋柿』の匠の農家さんです。

a0254656_17042212.jpg熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園(栽培場)の1つに伺いました。
この時期は、『太秋柿』の花の時期です。
まずは、『太秋柿』の花をご覧ください。
a0254656_17061739.jpg


a0254656_17071248.jpg横から見ると、こんな感じです。
とても小さく、約1cm四方ってとこでしょうか!
あまり、着果率はよくなく、たくさんの花をつけますが、たくさんの花が落ちていました。

a0254656_17215926.jpgこの光景は、毎年見ているので私はあまり驚きませんが、それにしてもおびただしい落ちた花の数ですね!
交配(受粉)は、虫たちが飛び回り行います。

a0254656_17253546.jpgちょっとわかりづらいかもしれませんが、私が伺った時には、「マルハナバチ」が飛び回っていました。
マルハナバチはとても働き者で、私が育てる『水源キウイ』の交配にも大活躍してくれています。

a0254656_17275245.jpgこちらは、開花前のつぼみです。
がくはしっかりしています。
開花し、着果し、成長し収穫巣た時の、『太秋柿』のヘタの部分になるのがここです。

a0254656_17295704.jpg着果しているものもありましたよ!
がくに守られて、わりと四角い果実がとてもかわいらしいですね!
がくと果実の間にある花びらは、自然と落ちていきます。

a0254656_17315649.jpgこの茶色いところが、花びらの残りです。
まもなく、自然に落ちるのですが、せっかくなので取ってあげることにしました。
やさしくそ~っと!

a0254656_17332215.jpg本当に落ちる寸前だったようです。
つまんで、ちょっと引いただけで簡単に取れました。
こんな小さな果実が、5か月後には、あの大きくて甘い『太秋柿』になるのです。

a0254656_17380218.jpgこちらは、収穫の際に撮った写真です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17395407.jpgもちろん「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫の様子はもちろんのこと、冬の剪定や今回の花の様子、着果後の摘果作業や枝吊り作業などなど、その全てです。

a0254656_18004349.jpgでは、これからの話を少ししましょう!
こちらは、以前取材した、6月下旬の着果した『太秋柿』です。
この時期から、匠の摘果作業が始まります。

a0254656_18023433.jpg「古川果樹園」さんは、古川孝人さんと古川アツ子さんの仲良しご夫婦の二人三脚で、『太秋柿』を育てています。
アツ子さんが匠の判断で、次々に摘果作業を行っています。
それと同時に、残した『太秋柿』の果実が実る枝を、古川さんが1本1本ひもで吊り下げていくのです。

a0254656_18062827.jpg「古川果樹園」さんでは、なんと着果した『太秋柿』の約6割を、摘果で落としてしまいます。
残した、たったの4割だけを最後まで育て上げるのです。

a0254656_18052635.jpg「うちでは、4割しか残さんとだけん、その1つ1つば大事に育てるとたい。ひもで枝ばつっとかんなら、果実の揺れてキズもつくし、台風なんかの時には枝ごと折れるけんなぁ!」
古川さんがそう話したことを思い出しました。

a0254656_18095366.jpgこちらは、収穫を迎えたころの様子です。
柿園全体を覆うネット、そしてワイヤーを使ってひもで吊り下げた枝に、『太秋柿』が実っています。
おそらく、『太秋柿』を育てる農家さんはたくさんあれども、ここまで手をかけて育てる農家さんは、そういないと思います。

a0254656_18110838.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿』をネット独占販売いたします。
平成30年度も10月10日前後の初回出荷予定です。
今年も、元気な花がたくさん咲いていました。
収穫を迎えるまで、匠がしっかりと育てていきます。
これからも、成長の様子や、匠の技、惜しまぬ手間ひまを、現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-05-24 18:13 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす 今年も良い花が咲きました!蕾、花、着果の様子を現地取材!

FLC日記 2018年5月19日(土) くもり時々晴れ
毎年、4月下旬から5月中旬にかけ、かぼすは花を咲かせます。
こちらが、かぼすの花です。
a0254656_17085323.jpg


a0254656_17052499.jpg花びらが、大きく反り返った、とても良い花たちです。
かぼすは柑橘系なので、このような白くてとても良い香りがする花です。
しかしこれは、一般的なカボスの花ではありません。
これは、『種なしかぼす』の花なのです!

a0254656_17135221.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』をネット独占販売いたします。

a0254656_17151977.jpg『かぼす』は、大分県を原産とする柑橘類で、スダチや柚子と並ぶ、香酸柑橘類です。
スダチほど酸味がきつくなく、柚子ほどに独特な香りはなく、お鍋のみならず、魚料理や肉料理にも合う万能の調味料です。
本来はこの写真の上部のもののように、タネがぎっしりと入っている果実なんです。

a0254656_17171144.jpgしかし、弊社で販売するのは、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』です。
ご覧の通り種がありません。
入ってたとしても、小さなものが1つか2つ程度です。

a0254656_17215770.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の栽培場です。
ご覧の通り、とてものどかな大自然に囲まれた“山あい”です。
昨日の朝早く、現地取材に伺いました。
昨日は「古川果樹園」の古川孝人さん、古川アツ子さんご夫妻は、お出かけされていましたが、「自由に入って写真撮って良かばい!」と、言っていただいたので、1人で取材をしてきました。

a0254656_17264715.jpgこちらは、今年の3月18日に、古川さんのご自宅前のしだれ梅の満開の際に撮った写真です。
弊社の契約農家さんの中でも、「古川果樹園」さんは、かなり長いお付き合いをしている農家さんです。

a0254656_17284617.jpg私のことをまるで息子のようにかわいがっていただき、いつもこの笑顔で迎えてくれます。
「古川果樹園」さんは、本日紹介している『種なしかぼす』以外にも、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_17305784.jpg現在は、こちらも完全無農薬栽培の『山竹たけのこ』を大好評販売中です。
下茹でいらずのたけのこで、それ自体からうま味と言いますか、ダシが出るので“たけのこの王様”とも称されています。

a0254656_17331636.jpg期間限定、毎回の出荷数限定で、現在「FLCパートナーズストア」で大好評販売中です。柔らかな食感と、たけのこから出るうま味をぜひ一度ご賞味ください!

↓今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!↓

「FLCパートナーズストア」
「山竹たけのこ」



a0254656_17371837.jpgさて、『種なしかぼす』に話を戻しましょう!
冬の剪定作業の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_17391140.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「ピシャッと剪定ばして日当たり良く、風通しよくやると、良か花の咲くとたいね!」

a0254656_17411790.jpg剪定作業の際の古川さんの言葉通り、今年も本当に良い花がたくさん咲きました。
この日は朝早く、小雨もぱらつきまだ気温が上がっていなかったため、あまり虫たちがいませんでしたが、本来は様々な虫が飛び回り交配(受粉)しています。

a0254656_17442850.jpg以前の取材で撮影した写真です。
代表的なのは、ミツバチで、その他にもハナアブ、マルハナバチ、カナブンなどもいました。
農薬を使用せずに栽培しているので、虫たちもすごく元気に飛び回っていました。

a0254656_17464944.jpgこの辺りはとても自然豊かなところなので、虫たちも多いですが、それ以外に思わぬ敵がいるんです。
それはイノシシです。
イノシシは、カボスの果実を食べることはありませんが、土を掘り返しミミズを探したりなど、果樹園を荒らしてしまします。
そこで、果樹園全体をイノシシ除けのフェンスで囲んでいます。

a0254656_17491367.jpg花が咲き終わり、早いものはもう着果が始まっていました。
おそらくこれは、4月中に咲いた花だと思われます。
まだまだ小指の先ほどの大きさです。

a0254656_17510691.jpgまだ開花前の蕾もありました。
植物が花を咲かせるのは、自らの子孫を残すため!
ある程度の期間の中で、早く咲いたり遅く咲いたりをさせて、急な気温変化が起きても、どれかが生き残るようしているのです。

a0254656_17551750.jpgしかし、ここで栽培しているのは『種なしかぼす』です!
この様にごくまれに種も入っていますが、このタネが発芽するとはあまり考えられないので、これらの果樹たちは子孫を残すことはできないかもしれませんね!

a0254656_17583807.jpg今年も8月中旬よりの出荷予定です。「古川果樹園」さんの、無農薬で育てた『種なしかぼす』は、全国にたくさんの愛好者を持つ「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
その中には、高級料亭や旅館、有名レストランなどもあるんですよ!
種がないことと、完全無農薬・無化学肥料の安全性もその人気の秘密のようです。

a0254656_18000081.jpg11月上旬までは、青い果実で、11月中旬以降は色付いた『種なしかぼす』です。
どちらも、香り高く、溢れ出すほどの果汁が大人気の商品です。
もちろん、朝採り即日出荷の新鮮なかぼすですよ。

a0254656_18010693.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『高級種なしかぼす』をネット独占販売いたします。
これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひまなど、現地取材してこのブログでご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-05-19 18:02 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

山竹たけのこ 最旬食材!数量限定&期間限定で平成30年度の『山竹たけのこ』の販売スタート!!

FLC日記 2018年5月9日(水) 晴れ
「来週くらいから、『山竹たけのこ』の出荷のでくっごたるばい!販売ば初めて良かよ!!」
「古川果樹園」の古川孝人さんが、笑顔でそうお話しいただきました。
a0254656_16505795.jpg

熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も「古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた、『山竹たけのこ』をネット独占販売いたします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました‼

↓今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!↓

「FLCパートナーズストア」
「山竹たけのこ」



a0254656_16525059.jpgこちらが『山竹たけのこ』です。
『山竹たけのこ』は、“究極のたけのこ”と称されています!!
一般的には、“コサンチク”と呼ばれています。
“虎攅竹”または、“鼓山竹”と表記するようです。

a0254656_16573124.jpg「寒山竹」や「大名竹」に似ていますが、正確にはホテイチク(布袋竹)という種類で、節が膨れて布袋腹のようになるのが名前の由来のようです。

a0254656_17045572.jpg「FLCパートナーズストア」では、『山竹たけのこ』と表記して販売いたします。
それは、生産農家の「古川果樹園」さんが、『山竹(サンチク)』と呼ばれているので、『山竹』だけだとわからないと思い、『山竹たけのこ』と表記することにしたのです。

a0254656_17062212.jpg『山竹たけのこ』は、“究極のたけのこ”、 “やみつきたけのこ”、“たけのこの王様”などとも呼ばれています。
柔らかな食感と、たけのこから出るうま味が、そのような賞賛の名称となったのです。

a0254656_17083498.jpg一般的な「たけのこ」と違い、下茹で(あく抜き)の必要がありません。
それどころか、下茹でしてしまうと、せっかくのうま味と言いますか“ダシ”が逃げちゃいます。

a0254656_17101601.jpg少し包丁を使えば、この様に簡単に手で皮がむけ、お好きなサイズにカットすれば、そのまま調理できるんです。
『山竹たけのこ』の皮むきの手順は、以前のブログで詳しくご紹介していますので、ぜひそちらをご覧ください。

「FLCパートナーズストア」オフィシャルブログ『FLC日記』
絶品たけのこ『山竹』 下茹でいらずの簡単皮むき!!美味しさの秘密に迫る!!


a0254656_17020799.jpgこちらは『山竹たけのこ』のきんぴらです。
ブログで紹介した剥き方で準備して、食べやすい大きさに切りそのまま炒めました。
ビールにもよく合いますし、もちろんご飯のおかずとしてもバツグンです!

a0254656_17322453.jpgこちらは「古川果樹園」さんの取材に伺い、お昼ご飯をごちそうになった際の「山竹たけのことじゃがいもの煮物」です。
あまりの美味しさに、ご飯を3杯も食べたほどなんです(笑)。

a0254656_17361946.jpg「古川果樹園」さんは、その屋号でもお解りの様に、果樹をメインにしています。
その代表が、『熊本産太秋柿プレミアム』と『熊本産高級種なしかぼす』です。
こちらは、11月上旬の、『太秋柿プレミアム』の収穫の際に撮影した、「古川果樹園」の古川孝人さんとアツ子さんご夫婦です。

a0254656_17402924.jpg「太秋柿」は、熊本県が生産量日本一で、梨のような食感、ぶどうのような甘さで、秋の果実の王様と呼ばれています。
その中でも「古川果樹園」さんの『熊本産太秋柿プレミアム』は、甘さが際立っていて、すでに今年のご予約を多数頂戴しているほどの大人気商品です。

a0254656_17412825.jpg8月中旬からは、『熊本産高級種なしかぼす』の出荷も致します。
本日も、その栽培地に伺い、たくさんの元気な花の写真を撮ってきました。
その様子はまた後日、このブログでご紹介いたします。
「古川果樹園」さんの商品は、いずれも「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_17435079.jpgそんな中、古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた、『山竹たけのこ』は、ホームページでご予約を承り始める前から、お電話でご注文を多数頂戴する大人気商品です。
期間限定、数量限定の完全予約販売で、とっても希少なたけのこです。

a0254656_17453750.jpg私も今年はもちろんまだ食べていません。
写真は、昨年「山竹たけのこ三昧」をした際の写真で、炊き込みご飯、お吸い物、豚肉とのコチジャン炒めで、思う存分『山竹たけのこ』堪能しました。

a0254656_17532444.jpg本日より「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた、『山竹たけのこ』の先行予約の受付をスタートしました!
今期の初出荷は、5月15日(火)です!
以降、期間中は毎週火曜日と金曜日の出荷です。
期間限定、数量限定の完全予約販売で、とってもレアな商品です!
この時期だけの販売で、もちろん、朝採り新鮮そのものを即日発送致します。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ショップページから『熊本産新鮮野菜』のページへお進みください。
この時期だけの最旬食材をぜひご賞味ください!
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-05-09 17:55 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

太秋柿 剪定作業2018 その2(誘引作業とこれからのこと)

FLC日記 2018年2月24日(土) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』を、ネット独占販売いたします。
a0254656_16462825.jpg
『太秋柿』は、熊本県が生産量日本一で、全国生産量の約半分を占めています。

a0254656_16482074.jpg『太秋柿』の“本場”と言える大産地の”熊本県”にある、「古川果樹園」さんは、『太秋柿』を育てて25年!
まさに『太秋柿』の匠の農家さんです。

a0254656_16512295.jpg惜しまぬ手間ひまと匠の技で、大切に育て上げ収穫し、その中から選びに選び抜いた“極選”の『太秋柿プレミアム』は、すでに今年のご予約を多数頂戴し、毎年決まって完売する弊社の大人気商品です。

a0254656_16561353.jpg本日のブログでは、昨日のブログに続き、冬の剪定と誘引作業を現地取材した様子をご紹介いたします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園です。

a0254656_16584072.jpg「古川果樹園」の古川孝人さんが、剪定を終えた『太秋柿』の果樹の枝を誘引しています。
「満遍なく陽の当たるように枝ば引っ張って配置してやるとたい。」

a0254656_17022512.jpg「脚立ば動かして登って、枝にひもば結び付けて、それをもって下りてきて、こうして枝とか支柱とかにくくりつけて誘引するとたい。1回1回大変な作業ばってん、手間ひまば惜しんだらいかん!」

a0254656_17044314.jpg「作物は何でんそぎゃんばってん、お日様の光りがピシャッと当たらんといかんたいね。もちろん『太秋柿』もそれがあって甘くて大きなものになることは基本中の基本たいね。」
古川さんはそう言いながら手際よく誘引作業を行っていました。

a0254656_17075064.jpg収穫の際に撮影した古川孝人さんと奥様の古川アツ子さんご夫妻です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も、収穫の様子はもちろんのこと、「古川果樹園」さんの惜しまぬ手間ひまの様々な作業や、『太秋柿』が育つ様子を年間を通して現地取材しこのブログで紹介してきました。

a0254656_17182826.jpg今年も、仲良しご夫婦の二人三脚の冬の剪定と誘引作業の様子を、昨日取材してきました。
アツ子さんが剪定した枝を片付ける作業をしています。

a0254656_17211030.jpg「お父さんが剪定をして、私が枝を片付ける。この作業をずっと繰り返してきたとよ。お父さんはとにかくきちんとせんと好かんでしょ?1本残らず片付けにゃんとたい。」

a0254656_17233634.jpg「この時期に一気にしとかんと、花が咲いて着果したら摘果作業とひも吊り作業があるけんね。その時に剪定した枝があるとじゃまにもなるし、何より果樹園内に枯れ枝を残しとったら病気になる可能性があるけん、全部処分してしまうとたいね。」
アツ子さんがそう話してくれました。

a0254656_17262071.jpg「笠さんはいつも「仲良しご夫婦」って紹介してくれるばってん、まぁ、ケンカもしながら、思うことは言いあいながら頑張ってきたたい(笑)。これからの夏の摘果と枝吊り作業なんかも2人だけんできるとだけんな!」と古川さん。

a0254656_17325238.jpgさて、これからのことをお話しするとしましょう。
こちらは、5月上旬の様子で、新緑が芽生え、『太秋柿』の花の蕾が膨らんでいる時期です。
それにしても、いつ伺ってもきれいに整備してある柿園です。

a0254656_17351669.jpg満遍なく日が当たるように誘引された枝に、元気な花の蕾がたくさんありました。『太秋柿』はたくさんの花を咲かせる植物です。
花の様子がこちらです!

a0254656_17394401.jpg5月中旬には花が咲き誇り、その間を様々な昆虫が飛び回り交配(受粉)します。
ちょうど、マルハナバチが写っていますね!
しかし、こうしてたくさんの花が咲いても、受粉し着果するのはほんのわずかです。

a0254656_17421528.jpg足元を見ると、大量の花が落ちていました。
だからこそ、剪定の時期にしっかり手をかけ、良い枝の良い芽を残し、しっかりと日が当たるよう誘引することが大切なんです。

a0254656_17485955.jpg「こぎゃんして残した枝に、全部が全部『太秋柿』が実るわけじゃなかとたい。来年も再来年も美味か『太秋柿』のできるごつ、ちゃんと考えながらあえて残す枝もあるとたい。」

a0254656_17521295.jpg「笠さんとこで全国のお客様にうちの『太秋柿』が行くごつなって、そのお客さんたちの直接の声ば笠さんを介して聞かせてもらうとが何より楽しみたい。だけん、今年も昨年に負けんごつ美味か『太秋柿』ば、自信もって出せるよう頑張るけん、期待しとって良かばい。」古川さんは取材の最後に、そう力強く話してくれました。

a0254656_17560171.jpg「FLCパートナーズストア」では、]「古川果樹園」さんの『太秋柿』を、今年もネット独占販売いたします。
これだけ多くのリピート購入を頂く『太秋柿プレミアム』は、甘さがひと味もふた味も違うんです。
これからも、花咲く様子や枝釣り作業、摘果作業などなど、成長の様子や、匠の技など、現地取材をしてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-02-24 17:58 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)