人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:スイカ ( 106 ) タグの人気記事

熊本スイカ『黒小玉(ひとりじめbonbon)』令和元年の予約受付スタート!まずは赤果肉を5月24日より出荷

FLC日記 2019年5月14日(火) 雨のちくもり時々雨
『黒小玉スイカ』をご存知ですか?
名前の通り、黒い果皮の小玉スイカです。
a0254656_17412580.jpg


a0254656_17433736.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年(令和元年)もネット独占販売いたします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました!!

今すぐ注文(ご予約)したい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』



a0254656_18324166.jpg今期(令和元年)の初回発送日は、5月24日(金)を予定しています。
以降、毎週火曜日と金曜日に、数量限定の完全予約制で受注し、お届け日のご希望がない場合は、ご注文順に出荷していきます。

a0254656_17503159.jpgもちろん今年も、昨年も大好評頂いた、黄色い果肉の『黒小玉スイカひとりじめbonbon』も販売いたします。
ただし、出荷予定は6月中旬からとなています。
現在、元気に成長中です。

a0254656_18092590.jpg元気に成長中の栽培ハウスに、本日、現地取材に伺いました。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18105551.jpgもちろん「岡山農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培の様子も、もう何年も年間を通してこうして現地取材してきました。

a0254656_18240281.jpg「岡山農園」の岡山佑大さんとお兄さんの岡山和功さんです。
この写真は先日マスクメロンの『肥後グリーン』の定植後の様子を取材した際に撮影したものです。

a0254656_18263980.jpg「岡山農園」さんは、岡山和功さんと祐大さんのご兄弟と、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)で、最高級のスイカやメロン、様々な野菜を育てる、まさに“匠”の農家さんです。
お父様、お母様の豊富な経験と、若いお二人の研究心、新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べる農作物を育てています。

a0254656_17592518.jpgこちらは、以前取材した“玉返し”作業の様子です。
満遍なく日を当て、果皮を均等に色づかせ、果実も全てが美味しくなるように、5回~6回ほどスイカの向きを変えながら育てるのです。

a0254656_18311607.jpg「フルーツパット」と呼ばれる、いわば座布団に乗せられて成長していきます。
キズを付けないように大切に育て上げているのです。
「特に黒小玉スイカは、果皮の黒さも魅力の1つなので、この作業は大切ですね!」
佑大さんがそう話してくれたのを思い出しました。
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の商品ラインナップを紹介しましょう!

a0254656_17471886.jpg今年も、3パターンの『黒小玉スイカ(ひとりじめbonbon』をご用意いただきました。
まずは、スイカの定番の赤い果肉の2玉セット!
スイカとしては最高級の12度以上の高い糖度と、スイカならではのシャキシャキっとした食感が、多くのスイカ好きをうならせる絶品です!!

a0254656_18131103.jpg次に、黄色い果肉の2玉セット!
今年は6月中旬より出荷予定です。
昨年、数量限定で黄色の果肉の『黒小玉スイカ(ひとりじめbonbon』を販売したところ、大好評で、今年は出荷数を増やしての販売です。
黒い果皮に黄色の果肉のダブルインパクトが人気です。

a0254656_18130729.jpgそして最後は、赤果肉1玉、黄色果肉1玉の2色セット!!
両方の果肉の色をお楽しみいただけるので、2色セットがやはり一番人気ですね!
ご贈答やギフトとしても大変喜ばれる商品です。

a0254656_18202566.jpg朝採り、新鮮そのもののスイカを、その新鮮さがわかるようにこうしてアンテナ(つる)付きで出荷いたします。
しっかりと完熟させた甘さも人気で、皮が薄いので、色の着いたギリギリのところまで美味しくいただけます。

a0254656_18222917.jpg赤果肉に比べ、黄色い果肉の『ひとりじめbonbon』は、食感が少し柔らかい感じですが、それもまた美味しいんです!
「FLCパートナーズストア」では、たくさんの愛情で、大切に育てられた、「おかやま農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年もネット独占販売いたします。
a0254656_18233263.jpg
朝採り、即日発送のため、数量限定の完全予約制販売です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂く場合がございます。
ご注文(ご予約)は、お急ぎください!!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-05-14 18:37 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

母の日ギフト2019 至高の最旬フルーツをお届けしませんか?第3弾!:匠が育てた熊本産『夢スイカ』

FLC日記 2019年4月29日(月) 雨
もうすぐ母の日ですね!
今年(2019年)は5月12日(日)、あと13日後です。
母の日のプレゼント(ギフト)はもうお決まりですか?
熊本の旬の食材を販売する「FLCパートナーズストア」のイチオシの母の日フルーツギフトのご紹介です!!
本日は、その第3弾として、匠が育てた熊本産『夢スイカ』を紹介いたします。
a0254656_17024521.jpg


a0254656_16405125.jpg母の日に、「FLCパートナーズストア」の“本物”と呼べるフルーツをプレゼントするのはいかがですか?
最後に、ハッピークローバーカードのプレゼントのご案内もしますので、お見逃しなく!!

ギフト商品のページを今すぐ見てみたい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓



匠が育てた熊本産『夢スイカ』
a0254656_17064560.jpg

今すぐ注文したい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
匠が育てた熊本産『夢スイカ』


匠が育てた熊本産『夢スイカ』
●匠が育てた「夢スイカ」
生産者:熊本県合志市「大山ファーム」さん
商品名:小玉スイカ『ひとりじめHM』
販売価格:2玉入り/4,968円~
商品名:大玉スイカ『春のだんらん』
販売価格:1玉/8kg前後)4,320円、2玉/8kg前後×2)7,776円

a0254656_17161743.jpg熊本県は、日本一のスイカの産地です!
その熊本県のスイカの旬は、4月~6月なんですよ!!
ここ、熊本県合志市にある「大山ファーム」さんのスイカの栽培ハウスの中の1ヶ所です。
ここにも、今こうして出荷を待つスイカたちが元気に育っています。

a0254656_17165185.jpg「大山ファーム」さんでは、土壌微生物活性材『夢』を使って、元気で土壌バランスの良い土を作り育て上げる「夢ブランド」の農作物を育てています。
スイカ、キュウリ、白菜など、いずれも“本物”と呼べる逸品です。

a0254656_16442037.jpg「大山ファーム」さんの「夢スイカ」の美味さは、有名フルーツショップ「千疋屋」さんで“最高級スイカ”として販売された実績を持つことでも証明されています。
今年(平成31年)も、この小玉スイカ『ひとりじめHM』も「母の日ギフト」に合わせて栽培いただきました。

a0254656_17315998.jpg大玉スイカ『春のだんらん』も「母の日ギフト」様に出荷の準備をしています。
ただし、平成31年度の大玉スイカ『春のだんらん』は、すでに「母の日ギフト」としての発送日(5/10発送分)は、先行予約にて完売しています。
5月7日発送で、母の日前にお届け分はまだご注文を承っています。

a0254656_16471862.jpg「大山ファーム」代表の大山陽一さんは、普段はとても気さくな方ですが、こと「スイカ」となると、頑固なまでのこだわりと、自分が出荷するスイカに絶対の自信を持つ、まさにスイカの“匠”です。

a0254656_17420761.jpgスイカは、糖度が11度を超えると「美味しいスイカ」、12度を超えると「とても美味しいスイカ」と言われています。
そんな中、今年の初出荷の小玉スイカ『ひとりじめHM』は、糖度がなんと14.5度もありました!!
現在は13度前後ですが、もちろんそれでもスイカの糖度としてはトップクラスです。

a0254656_17505298.jpgこちらは定植作業を現地取材した際の様子です。
12月に定植し、寒い時期を頑張って乗り越えながら、じっくりと育ったスイカはしっかりと糖度が乗っているのです。

a0254656_17544831.jpgしかし12月に定植したからと言って全てが美味しく育つわけではありません。
スイカの匠「大山ファーム」代表の大山陽一さんの匠の技や惜しまぬ手間ひまがあるからなんです!

a0254656_17595242.jpgそんな大山さんのスイカの栽培の様子を、「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も現地取材していきました。
大山さんは「自分が納得できんスイカは絶対に出さん!」と、強い信念を持っています。
これは収穫を終えたハウスで撮影したものですが、この見事なスイカは大山さんの判断で出荷しないのです。

a0254656_18045146.jpg一切の妥協を許さず、徹底的に手をかけてスイカを育て、納得いくスイカのみを出荷する匠なのです。
そんな匠の、徹底作業の1つを紹介しましょう!
これは“交配”と言って、受粉を行う作業です。

a0254656_18061237.jpgスイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
虫たちが受粉を行えないこのハウスの中の環境では、こうして手作業で受粉を行います。
その作業は、その時期毎日朝の10~11時の最も花が元気な時間帯に行われます。

a0254656_17151756.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカは18節目の雌花に、大玉スイカは20節目の雌花に交配します。
交配を終えると、目印にこうして毛糸を置いていくのです。
交配の日から出荷日を算出するので、2日も違えば味が大きく異なります。

a0254656_17180620.jpgですから、毛糸の色の種類はなんと10種類ほどありました。
交配を終え着果すると、毛糸の色と同じ色の“着果棒”と言う目印を立て、収穫時期を管理していきます。
スイカの匠が知る最もおいしいタイミングで収穫するためです。

a0254656_17241763.jpg「大山ファーム」さんでは、作物を育てるのを、“足し算”ではなく“掛け算”の考えで行っています。
ですから、10点満点で9点の作業をしても、その時は足し算であるなら、たったの1点しか変わりませんが、これが掛け算となると、最終的には大きく異なってくるというのです。

a0254656_18253122.jpgですから、交配作業1つにしても、全力で満点を取りに行って育てられたスイカが、「大山ファーム」さんの“夢スイカ”、小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』なのです。

a0254656_18275434.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売しています。
ただし、匠のこだわりゆえの、数量限定、完全予約制での販売です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
ご注文はお急ぎください!!

ご注文、詳しい情報を知りたい方はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「熊本産スイカ」


■特典のお知らせ!■
「母の日ギフト」の特典として、注文時にご指示いただきますと、「ハッピークローバーカード」をお母様のお名前で用意し商品と一緒に、お送りするプレゼントキャンペーン中です!!
「FLCパートナーズストア」の“FLC”とは、「Four-Leaf Clover」 四つ葉のクローバーです。

a0254656_20331673.jpg弊社の敷地内で探し出した四葉のクローバーをカードにして、「母の日ギフト」と一緒にお届けいたします。
世界で1枚だけのオリジナルカードです!!
お手数ですが、ご注文時に、「母の日ギフト」と明記し、「ハッピークローバーカード希望 氏名:    」とお母様のお名前を併記してください。
いつもと違う、オリジナルプレゼントはいかがですか?

母の日ギフト用の商品は、5月10日(金)に、こちらを発送致します。
母の日の前日の5月11日(土)、または、母の日当日の5月12日(日)の配達予定です。
お届け日のご希望や時間指定などがございましたらお知らせください。

a0254656_2035442.jpg
「FLCパートナーズストア」では、販売するすべての商品の作付地に伺い、匠の農家さんの苦労や喜びをリアルにお伝えし、ご紹介しています。

a0254656_17500876.png弊社の商品はすべて、他では買えないものばかりです。
もちろん、今回紹介した「大山ファーム」さんの匠が育てた熊本産『夢スイカ』も、「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売の商品です。

まずは、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ネットショップだけでものぞいてみてください!
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-04-29 18:29 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本スイカ『黒小玉(ひとりじめbonbon)』 5月下旬の出荷分には着果棒が!次の出荷へ向け交配作業の様子

FLC日記 2019年4月21日(日) 晴れ

a0254656_18190313.jpg「5月下旬より出荷する黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』には、着果後の成長を確認して、着果棒を立てました。
収穫までしっかり育てていきますよ!」
「おかやま農園」の岡山祐大さんが、そう話してくれました。
a0254656_1757298.jpg
熊本の旬の食材を販売する、「FLCパートナーズストア」では、今年(平成31年度)も「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』をネット独占販売いたします。

a0254656_1834596.jpgまずは赤い果肉の『黒小玉(ひとりじめbonbon)』を、5月下旬からの販売予定です。
スイカの果皮のシマシマがわからないほどの黒いスイカです。

a0254656_1852865.jpgもちろん今年も、昨年も大好評いただいた、黄色い果肉の『黒小玉スイカひとりじめbonbon』の生産数を増やし販売いたします。
ただし、黄色い果肉の『黒小玉スイカひとりじめbonbon』は、赤い果肉よりも遅く、6月中旬よりの発送予定となっています。
その頃には、赤い果肉と黄色い果肉の『黒小玉スイカひとりじめbonbon』のセットでの販売も行います。

a0254656_18252609.jpg「岡山農園」の岡山佑大さんです。
「笠さん!すみません。私はこれからちょっと出かけないといけないので、取材は母に協力してくれるよう頼んでおきましたので、栽培ハウスに行ってみてください!」と佑大さん。

a0254656_18271121.jpgここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「おかやま農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスの1つです。

こちらでは、今、交配(受粉)作業が行われています。

a0254656_18311698.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18335418.jpgもちろん「岡山農園」さんのスイカ栽培も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は2月上旬の接木作業の様子です。
接木作業については以前のブログで詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください!

a0254656_18355310.jpg現在の様子に話を戻しましょう!
「おはようございます!着果棒を立てたとのことで取材に来ました。」と言うと、
「私はこっちのハウスで交配をしてるから、隣のハウスに行ってみてください!」
佑大さんのお母さんの岡山文代さんがそう答えてくれました。

a0254656_18382532.jpg「すぐ隣のハウスで良いんですよね?」と言うと、「そうそう!すぐ隣よ!」と文代さん。
この日はお会いできませんでしたが、「岡山農園」さんは、岡山和功さん、祐大さんのご兄弟と、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)で“本物”と呼べる農作物を育てる匠の農家さんです。

a0254656_18421613.jpgお父様、お母様の豊富な経験と高い技術力に、若いお二人の研究心と惜しまぬ手間ひまが大きな力となり、最高級のスイカ・メロンなどなどを育てています。

a0254656_18433180.jpg隣のハウスに伺いました。
小さなスイカの横に、棒が立てられています。
それは着果棒と言って、色分けされた棒を目印として立て、収穫日をわかるように管理していくのです。
今の時期なら、交配をいつ頃して、着果し成長している際にその交配日の違いが分かりますが、収穫前となるとスイカの大きさがそろってくるので、交配の日にちがわからないため、あらかじめ目印を立てているのです。

a0254656_18490420.jpgこの2つのスイカは大きさが異なりますよね。
それは、交配(受粉)の日付が異なるからです。
交配は手作業で行います。

a0254656_18505704.jpgスイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
本来なら、ミツバチなどがその間を飛び回って、受粉するのですがより確実に交配するためにこうして手作業で行ているのです。

a0254656_18523027.jpg黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、苗の20節目前後の元気な雌花に交配(受粉)させます。
雄花を摘み取りしっかりとその花粉を雌花に着けるのです。
その作業は花が最も元気な10~11時にかけて行われます。

a0254656_18554178.jpgそして、着果(果実が受粉して成長が始まること)をしっかり確認すると、こうして着果棒を立てて収穫時期を徹底管理するのです。
今年もこうして交配作業や着果後の様子をしっかりと現地取材しました。「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の出荷が楽しみでなりません!!
a0254656_19171238.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』をネット独占販売いたします。
スイカとしては、最高級の12度以上の高い糖度と、スイカならではのシャキシャキっとした食感が、多くのスイカ好きをうならせる絶品です!!
まずは、5月下旬の赤い果肉、そして、6月中旬の黄色い果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を販売予定です。
これからも、その成長の様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまなど、現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-04-21 19:00 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本産!夢スイカ 大玉スイカ『春のだんらん』出荷スタートします!熊本のスイカの旬は4~6月です!!

FLC日記 2019年4月15日(月) 晴れ
匠の農家さん、「大山ファーム」さんの、熊本産大玉スイカ『春のだんらん』の出荷がいよいよスタートしました!
予定より少し遅れて、明日の4月16日(火)からの出荷です。
「FLCパートナーズストア」では、全国のお客様に、極甘の朝採りのスイカをお届けしています!!
a0254656_16325575.jpg


a0254656_16332336.jpgスイカは、糖度が11度を超えると美味しいスイカ!12度を超えるととても美味しいスイカ!!と言われています。
「大山ファーム」さんの『春のだんらん』は、スイカ本来の、あのシャリシャリッとした食感で、糖度13度前後とバツグンの甘さです!

a0254656_18535111.jpgその美味しさは、有名フルーツショップ「千疋屋」さんで最高級スイカとして販売された実績を持つことでも証明されています。
※写真は「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめHM』です。

a0254656_16354777.jpg現在、「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめHM』は、先行予約分にて1次出荷予定分は完売し、次回は5月中旬からの出荷です。
間もなくご注文(ご予約)の受付を再スタートいたします。

a0254656_16421705.jpg大玉スイカ『春のだんらん』は、明日より出荷をスタートし、現在、それ以降のご注文を受付中です。
毎週、火曜日と金曜日の出荷予定で、朝採り、即日発送いたしますので、数量限定、完全予約制での販売です。

詳細を知りたい方、今すぐ注文(予約)したい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
「熊本産スイカ」




a0254656_17005741.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんの大玉スイカ『春のだんらん』の栽培ハウスです。

a0254656_17033202.jpg着果棒が立てられ、スイカがハウスの中央付近で元気に成長しています。
着果棒とは、交配(受粉)したスイカが、成長し収穫の目安にするための目印の棒です。

a0254656_17072032.jpg夏に収穫を迎えるスイカは、暖かい時期に成長させるため、そこまで糖度が乗りません。
しかし、夏の熱い時期には、甘すぎないスイカが望まれるので、もちろん夏のスイカも美味しくいただけます。しかし、「大山ファーム」さんでは、本当に甘いスイカだけを作るために、夏の時期に収穫するようには栽培ししません。
匠のこだわりです!!

a0254656_17110710.jpgスイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界では、昆虫たちが雄花と雌花の間を飛び回り受粉が行われます。
これは、スイカの雌花です。

a0254656_17131276.jpg2月中旬のスイカの交配(受粉)作業の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
黄色い花の下に、ちっちゃなスイカがあるのがわかりますよね。

a0254656_17144805.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカなら、18節目の雌花に、大玉スイカならば20節目の雌花に交配を行います。
それらが、スイカが最もおいしく育つ花だからです。

a0254656_17181675.jpg交配作業を終えると、そのしるしに毛糸のひも置いていきます。
毛糸のひもの色は、2日ごとに変えています。
交配をした日をめどに出荷しますが、3日もそれが違えば出荷の時期や果実の味が大きく異なるからです。

a0254656_17204080.jpgスイカの果実がきちんと着果し成長し始めたことを確認すると、交配作業の時の毛糸と同じ色の棒をたて、目印にします。
それが着果棒です。
「大山ファーム」さんでは、2日ごとに色を変えるので、着果棒は10色以上ありました。

a0254656_17295899.jpg収穫前の様子です。
「スイカの直前の葉っぱの色が変わっとるたい。これも収穫の目安の1つたいね。収穫時期になるとマグネシウム不足でこういう現象が起こるとたい。」
「大山ファーム」代表の大山陽一さんがそう話してくれました。

a0254656_17413036.jpg「スイカの表皮に白い粉みたいなのがあるのがわかる?これは“ブルーム”って言って、スイカが自らの果実を守るために出すものたいね。ほら、ぶどうなんかにもあるのと同じたいね。全く害のないもので、このブルームがスイカの鮮度ば守ってくれるとたい。」

a0254656_17435759.jpg「鮮度と言えば、笠くんとこのお客様にはあえてスイカの“つる”を残して出しよるとたい。つるば見てもらうと、そのスイカの鮮度はすぐにわかるばい。」
一般的に販売されているスイカは、つるはほとんど切ってあります。

a0254656_19485849.jpgこれは、以前、取材に伺った際に撮影した、スイカの出荷場での様子です。
オートメーション化されたラインに乗り、スイカたちは何度も転んでいくため、スイカのツルは邪魔になってしまします。

a0254656_19535761.jpg出荷場で、大きさや糖度の検査を受け、それぞれに箱に詰められ出荷していきますが、これらのスイカが店頭に並ぶのは、流通の工程を経て、収穫後5日ほどたってからです。

a0254656_17470229.jpg「今年も念のための確認ばってんたい!その日に出荷したスイカは、笠くんとこでは、翌日か翌々日にはお客様のとこに届くとよね?」
「はい!もちろんです!!」と答えると、
「それならよかった!ベストなタイミングで、朝採りで収穫して出しよるとだけん、一番美味か時に食べてもらいたかけんね!!」

a0254656_17484712.jpg大山さんは普段は冗談ばかり言うとても気さくな方ですが、ことスイカとなると、頑固なまでのこだわりを持った“匠”です。
絶対に自分が乗っとくできないスイカは出荷しません!

a0254656_17520206.jpgこれは6月下旬、収穫を終えた大玉スイカのハウスです。
「収穫を終えたのに、この立派なスイカは何?」と思われた方も多いはず!
大山さんは、自分が納得したスイカでなければ、絶対に出しません。
匠の判断で出荷をしないと決めたスイカが、収穫を終えた後ですがゴロゴロとしています。
出荷をしない証拠に着果棒が取り外されています。

a0254656_17571863.jpg
「特に大玉スイカは、シャリっとしたスイカならではの食感があってこそ、美味いわけたい。もちろん、糖度は12度はなかといかんね!スイカは、切って食べてみらんことにはわからんとばってん、俺が判断して、美味い!と思えるのだけしか出さんよ。食べてもらって、もし、「美味しくないね!」なんて思われたら、その信頼を取り返すことはできんけんね。だけん、迷うくらいのスイカなら出さんとたい。」

a0254656_17582312.jpg
頑固なまでのこだわりを持っている“スイカの匠”の大山さんだからこそ、私は100%の信頼で、大山さんが育て、選び抜いたスイカを「FLCパートナーズストア」で販売しているのです。

a0254656_20171215.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売しています。
4月~6月が熊本のスイカの旬!
ぜひ、匠が育てたスイカをご賞味ください!

a0254656_20183448.jpg現在、好評発売中の大玉スイカ『春のだんらん』に続き、5月7日(予定)からは、小玉スイカ『ひとりじめHM』も再出荷いたします。
いずれも、大山さんのこだわりゆえの、数量限定・完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、お進みください!
ぜひ“本物”と呼べる美味さを、ご堪能ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-04-15 18:01 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 小玉スイカ「ひとりじめHM」平成31年度の初出荷日決定!大玉スイカ『春のだんらん』予約受付スタート!

FLC日記 2019年4月4日(木) 晴れ
お待たせしました!!
スイカの匠「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の第一弾!小玉スイカ『ひとりじめHM』の初出荷日が決定しました!
そして!!
同じく「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の第二弾!大玉スイカ『春のだんらん』の先行予約の受付をスタートしました!
a0254656_17322651.jpg


a0254656_18462526.jpg小玉スイカ『ひとりじめHM』は、4月9日(火)より出荷をスタートします。
その前に、試し割り(収穫前に食味や糖度を確かめること)が行われました。
本日はその様子を中心にご紹介いたします。

a0254656_17390800.jpgまた、大玉スイカ『春のだんらん』は、4月12日(金)より出荷することが決定しました!
本日より先行予約の受付をスタートしました!
※数量限定、完全予約制での販売です。

今すぐ注文(予約)したい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
「熊本産スイカ」




a0254656_17550099.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめHM』の栽培ハウスです。
収穫日の目安となる、着果棒が立てられ、スイカたちはまさに収穫の時を待っています。

a0254656_17555242.jpgスイカの匠「大山ファーム」代表の大山陽一さんです。
普段はこの笑顔のとても気さくな方ですが、ことスイカのことになると、一切の妥協を許さないまさに“匠”なのです。

a0254656_18024771.jpgそんな大山さんから昨日お電話を頂きました。
「ここ数日の冷え込みでちょっと遅れたばってん、明日試し割りばするけん来なっせ!今年の初出荷日ば決めるばい!」

a0254656_18143089.jpg本日さっそく取材に伺いました。
「最後の玉返しばして仕上げにゃんとばってん、この状態で糖度と食味ば調べて出荷日ば決めようかね!」
大山さんは試し割りするスイカをすでに用意してくれていました。

a0254656_18345992.jpg大山さんが包丁を入れ、さっそく糖度を計りました。
ご覧の通り糖度は13.1度!
今年も文句なしの糖度です。
「これから5日後に出荷しようか!天気も良かしまだ上がると思うけん、糖度はOK!」

a0254656_18375113.jpgそしてその切り分けたスイカを食べて、食味のチェックです。
私は、スイカを育ててくれた大地と太陽、そして匠の農家さん「大山ファーム」さんに感謝してかぶりつきました!

a0254656_18420849.jpg「甘っ!わっ!美味っ!」糖度を確かめて口にしたはずでしたが、私は思わず叫びました。
甘さも食味も最高です。
「よし!ならば、4月9日(火)から出荷しようか!」と大山さんが決定しました!
小玉スイカ『ひとりじめHM』は、初回発送日以降、毎週火曜日と金曜日に、数量限定、完全予約制で販売いたします!

a0254656_18295210.jpg通常、スイカは、糖度が11度を超えると美味しいスイカ。
糖度が12度を超えると、とても美味しいスイカと言われています。
「大山ファーム」さんの、昨年の初出荷の小玉スイカ『ひとりじめEX』は、なんと、糖度が14.5度もありました!!

a0254656_18303208.jpgスイカでは、驚異的な糖度の高さです。
ですから、いうならば、“めちゃくちゃ美味しいスイカ”なのです。
そんな、驚異的な糖度の、めちゃくちゃ美味しいスイカですから、有名フルーツショップの「千疋屋」さんで、最高級スイカとして販売された実績を持っています。
当然、その際はビックリするくらいのお値段で販売されていたらしいです!

a0254656_18515687.jpg「FLCパートナーズストア」では、スイカの匠「大山ファーム」さんの大玉スイカ『春のだんらん』もネット独占販売いたします。
こちらは本日の栽培ハウスの様子です。

a0254656_18520456.jpgスイカたちの横に、様々な色の棒が立っているのがわかりますか?
それらが“着果棒”です。
“着果棒”とは、収穫時期の目安とするための目印に立てられるもので、交配(受粉)をした日によって、色分けをしています。

a0254656_18542843.jpg「大山ファーム」さんでは、ベストなタイミングで出荷できるよう、10色もの着果棒を使って、徹底管理しています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18561703.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
これは、交配(受粉)作業の様子です。

a0254656_18572463.jpg「大山ファーム」さんでは、雄花の花粉を、小玉スイカは18節目、大玉スイカは20節目に咲く雌花に着けていきます。
全て手作業で行われていて、毎日朝の10~11時の最も花が元気な時間帯に行います。
交配を終えると、毛糸を置いて目印とします。

a0254656_16591758.jpgこれくらいの大きさの時期ならば、着果後何日目かがほぼわかりますが、収穫前になり、果実の肥大が止まった頃には大きさがそろい、いつ着果させたものかがわかりません。

a0254656_17012789.jpgこちらは収穫前にしたころの様子です。
「3日も交配の日が違うなら、出荷の際の糖度、食味がぜんぜん違うとたいね!だけん、交配させた日によって色分けした、10種類以上もの目印の毛糸ば使いよるとたい。」大山さんが以前そう話されたことを思い出しました。

a0254656_19051801.jpg本日の現地取材を終え帰社している私に大山さんから連絡がありました。
「大玉の初出荷日も決めたばい!4月12日(金)からいこうか!」
その連絡をいただき、弊社のホームページでの受付もスタートしました!

a0254656_19102689.jpg「大山ファーム」さんの『春のだんらん』は、スイカ本来の、あのシャリシャリッとした食感で、糖度13度前後とバツグンの甘さ!
「4月にスイカ?」とお思いの方も多いはず!
でも、日本一のスイカの産地、熊本県のスイカの旬は、4月~6月なんです!
寒さに耐えてゆっくりと育ったスイカは、しっかりと糖度がのった最高級のスイカになるんです!
a0254656_19122712.jpg
「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの「夢スイカ」、小玉スイカ『ひとりじめHM』と大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。

a0254656_19114557.jpgいずれも、今年もすでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。
朝採りのスイカを即日発送致します。
「大山ファーム」代表の大山陽一さんは、私が100%の信頼をよせるまさにスイカの匠です。
匠が育てた「夢ブランド」の“本物”と呼べるスイカをぜひご賞味ください。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-04-04 19:15 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』定植作業と定植後の様子(2019)後編:5月下旬からの出荷予定!

FLC日記 2019年3月26日(火) 晴れ
このフルーツは、定植(栽培地に苗を植え替えること)を終えると、まだ寒さの残るこの時期は、キャップと呼ばれる白い紙のピラミッドの様なものの中で育てられます。
a0254656_17064198.jpg

さて問題です!
この白い三角のピラミッドのような紙の中で、育てられている作物はなんでしょう?

a0254656_17080366.jpg正解は、こちら!!
スイカです!
でも、ただのスイカではありませんよ。
魅惑の黒小玉スイカ、『ひとりじめbonbon』です!!
スイカとしては最高級の12度以上の高い糖度と、スイカならではのシャキシャキっとした食感が、多くのスイカ好きをうならせる絶品です!!

a0254656_17093986.jpg黒小玉スイカの果皮は、通常のスイカにみられる、緑と黒の縦じまの模様がわからないほどに黒いのが何よりの特徴です。
さらには、皮がとても薄く、白いところのギリギリまで、美味しく味わうことができます。
平成31年度の出荷は、5月下旬からの予定です。
本日のブログでは、昨日に続き、定植作業と定植後を現地取材した様子を紹介いたします。

a0254656_17115677.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成31年)も、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、ネット独占販売いたします。

a0254656_17143692.jpgそして今年も、黄色い果肉の頃小玉スイカ『ひとりじめbonbon』もご用意いたしました。
赤果肉の『ひとりじめbonbon』に比べ、若干ソフトな食感ですが、スイカらしからぬ黒い果皮で、切ってみると黄色い果肉と言うダブルインパクトで、プレゼントやご贈答にも大好評いただいている商品です。

a0254656_17152262.jpg赤果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は5月下旬から、黄色果肉及び赤果肉と黄色果肉のコンビの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、6月中旬よりの出荷予定です。

a0254656_17193555.jpgここは熊本県山鹿市鹿央町にあるあ、匠の農家さん「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスです。
「岡山農園」の岡山佑大さんが定植の準備を進めています。

a0254656_17223095.jpg有機肥料をふんだんに与えた元気な土に、ビニールを張っています。
その下には潅水チューブが通されていて、それに沿って定植するための穴をあけているのです。
ちょうどその作業が終わる頃、車の音がしました。
佑大さんのお父さんの岡山忠和さんが、苗床から苗を運んできました。

a0254656_17364859.jpg「あら!笠さん!取材に来とったね!」忠和さんはそう言いながら苗を運び始めました。
「2つずつ運ぶんですか?手伝いましょうか?」と言うと、
「ハハハッ!これは軽かけん大丈夫!まだまだ若いもんには負けんばい!」と忠和さん。

a0254656_17394309.jpgハウスに入るとすぐさま一輪車を使って苗を並べ始めました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17411084.jpgもちろん「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培の様子も、苗床や接木、定植やその後の成長の様子など、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17423919.jpg「今、苗床で芯ば止めてきたばい。このあたりから3本芽吹かせて、3本仕立てにして2玉収穫するばい。」と忠和さんが教えてくれました。

a0254656_17451854.jpgこちらは以前取材した4月中旬の様子です。
1本の苗から3本の脇芽を芽吹かせそれを育て、そこに交配(受粉をして)3個の中のより良い2玉を収穫まで育てるのです。

a0254656_17483341.jpg忠和さんが置いていった黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の苗を、息子の佑大さんが手際よく定植しています。
「やはり外向きに少し倒して定植してるんですか?」と尋ねると、

a0254656_17511237.jpg「そうですね!ハウスの中央から、両サイド、外向きに伸ばして栽培するからですね!でも、笠さんもそんなとこが気になるんですね!(笑)」と佑大さん。
「この苗たちにもキャップをかぶせるんでしょ?すぐにはみ出しそうな気がして!」と言うと、
「キャップは根元のとこに合わせて奥から大丈夫ですよ!」

a0254656_18002972.jpg「この時期は、どうしても“花冷え”などもあり、急に気温が下がることもあるので、キャップをしておくと安心です。その中は温度も湿度も一定に保たれるので、スイカたちにとっては良い環境が保たれるんです。」

a0254656_18055307.jpg「すでに今年の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』のご予約をいくつかいただいてるんですよ。」と言うと、
「それは嬉しいですね!今年も期待にそえるスイカを作り上げますよ!」佑大さんは力強くそう話しました。

a0254656_18092700.jpgこちらは以前取材した5月中旬の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の収穫前の様子です。
収穫を迎えるまでには、芽カギやつる引き、交配、摘果、玉返しなどなどまだまだたくさんの手間ひまを要します。
それらを全て匠の技でベストな時期にベストな方法で行わねばなりません。

a0254656_18113639.jpgもちろんそれらの様子は今年も現地取材を重ね、このブログで紹介しいていきます。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの熊本スイカ『黒小玉bonbon』をネット独占販売いたします。

a0254656_18140115.jpg今年も数ヵ所のハウスで、収穫時期をずらしながら栽培しています。
赤果肉は5月下旬から、黄色果肉は6月中旬からの出荷予定です。
現在、いずれも惜しまぬ手間ひまと匠の技で元気に成長中です。
「岡山農園」さんの熊本スイカ『黒小玉bonbon』に今年もご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-03-26 18:16 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』定植作業と定植後の様子(2019)前編:今年もかんぴょうからスイカです

FLC日記 2019年3月25日(月) 晴れのちくもり一時雨熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成31年)も、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、ネット独占販売いたします。
a0254656_17065098.jpg
今年は、5月下旬よりの出荷予定です!
昨年も大好評いただきました、赤果肉と黄色果肉の2色のスイカを販売いたします。

a0254656_17102338.jpg黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、スイカらしからぬ黒い果皮と、小玉スイカならではの高い糖度、さらには大玉スイカに似たシャキシャキの食感で、大変人気の高いスイカです。

a0254656_17120799.jpgそして今年も、黄色い果肉の黒子様スイカ『ひとりじめbonbon』もご用意いたしました。
赤果肉の『ひとりじめbonbon』に比べ、若干ソフトな食感ですが、スイカらしからぬ黒い果皮で、切ってみると黄色い果肉と言うダブルインパクトで、プレゼントやご贈答にも大好評いただいている商品です。

a0254656_17082427.jpgスイカのシマしま模様がわからないほどの黒い果皮で、果肉は赤と黄色の2色をそろえています。
とりわけ、2色の果肉の商品は大人気で、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
今年は、まずは赤果肉を5月下旬より、そして黄色果肉は6月中旬からの出荷予定です。

a0254656_16352512.jpgここは、熊本県山鹿市鹿央町にある匠の農家さん「岡山農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスです。
「岡山農園」の岡山佑大さんが定植を終えたばかりのスイカの苗を見せてくれました。

a0254656_16404519.jpg「今年(平成31年)は、この子たちが5月下旬には出荷の予定です。キャップからはみ出すくらいに成長すると、芽カギやつる引き、そして交配(受粉)と忙しくなりますよぉ~!」と佑大さん。

a0254656_16470387.jpg「もしかしたら私が“接木”をした苗がこの中にあるかもしれませんよね!」と言うと、
「そうですね!その節はお世話になりました。笠さんが接木してくれた苗も元気に育っていましたよ。」と佑大さん。

a0254656_16512324.jpg2月上旬に現地取材に伺った「岡山農園」さんの苗床の様子です。
この時期は、スイカの苗を接木しています。
「岡山農園」さんは、岡山和功さん、祐大さんのご兄弟と、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)で、春から夏にかけては、熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』と、高級メロン『肥後グリーン』を生産する匠の農家さんです。

a0254656_16532249.jpgお父様、お母様の豊富な経験と高い技術力に、若いお二人の研究心と惜しまぬ手間ひまが大きな力となり、最高級のスイカ・メロンを育てています。

a0254656_16552070.jpg「岡山農園」さんでは、大玉スイカはかんぴょう、小玉スイカは冬瓜に、それぞれスイカの苗を接木をして育てます。
根を張る力が強い、かんぴょうや冬瓜にスイカを接いで栽培することで、元気な苗が育ちます。

a0254656_16581625.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16590966.jpgもちろん「岡山農園」さんのスイカ栽培も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
その中で、時にはこうして作業のお手伝いをしています。
微妙なタッチが必要なこの接木作業は、かなり根気のいる手作業でした。

a0254656_17074794.jpg定植するまで苗たちは、苗床で集中管理して育てられます。
そして、3月中旬に栽培をするハウスへと定植するのです。
定植後の現在の様子を紹介しましょう!

a0254656_17172983.jpg最初に芽吹く双葉が2ヶ所あるのがわかりますか?
下の大きめの双葉は「かんぴょう」の双葉です。
そこから上はスイカなんです。

a0254656_17184620.jpg「この子たちは小玉スイカなので本来は「冬瓜」に接木しますが、定植時期が早いので、あえて「かんぴょう」に接木してるんですよ。」と佑大さん。

a0254656_17231316.jpg「芯をすでに止めてあるようですね?今年も小玉スイカは3本仕立ての2玉収穫ですか?」と尋ねると、
「おぉ!その通りです。笠さんも相当詳しくなりましたね。」と佑大さん。

a0254656_17275554.jpg「でも私がどんなに頑張っても「岡山農園」さんが育てるあのスイカやメロンの味にはなりませんよ!」と言うと、
「それはお任せください。私たちは本当に良いものを育てる!笠さんはそれをきちんと案内してお客様に伝え販売する。それでこれからもいきましょうよ!」
佑大さんは自信の笑顔でそう話しました。

a0254656_17313249.jpgそうこう話していると車の音がしました。
「父が苗を運んできたんだと思います。これから隣のハウスの定植です。」と佑大さん。
「その様子も取材させてください!」と言うと、
「えぇ!もちろん!よろしくお願いします。」とのことでした。

a0254656_17334737.jpg佑大さんは、隣のハウスに移ると手際よく定植用の穴を、ビニールの上に開け始めました。
定植作業の様子も紹介したいところですが、今日のブログは少々長くなりましたので、この続きは明日ブログで紹介いたします。

a0254656_16165697.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も2件の匠の農家さんが育て上げる『熊本産スイカ』をネット独占販売いたします。
「岡山農園」さんでは、大玉スイカ『祭りばやし777』、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon(赤果肉・黄色果肉)』を生産します。

a0254656_17372429.jpg大玉スイカ『祭りばやし777』は今年も順調に育っていて、5月中旬からの出荷予定です。
その後、5月末の赤果肉『ひとりじめbonbon』の出荷予定で、次いで6月には赤果肉と黄色果肉の『ひとりじめbonbon』、さらには高級マスクメロン『肥後グリーン』と続きます。
これからも、「岡山農園」さんの匠の技、惜しまぬ手間ひま、それぞれの作物の成長の様子など、現地取材してご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-03-25 17:41 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 平成31年度の極甘の小玉スイカ「ひとりじめHM」本日より急きょ先行予約受付スタートしました!!

FLC日記 2019年3月15日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」の大人気商品、スイカの匠「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の第一弾!小玉スイカ『ひとりじめHM』の先行予約の受付を、本日より急きょスタートしました!!
a0254656_17124007.jpg


a0254656_17253756.jpgスイカの匠「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめHM』は、弊社の大人気商品です。
今期は4月上旬からの出荷予定です。
実は、まだ初回の出荷予定日が確定していません。

a0254656_17295896.jpg毎年、出荷日が確定してからホームページでの受付をスタートしていましたが、なにせお電話やメールで「スイカはまだですか?」「もう予約ができますか?」などと言ったお問合せが多く、電話やメールの対応にてんやわんやで、急きょホームページでも受付を始めることにしたのです。

a0254656_17341771.jpg「大山ファーム」さんは小玉スイカ『ひとりじめHM』と大玉スイカ『春のだんらん』を生産していますが、今回、先行予約の受付をスタートしたのは小玉スイカ『ひとりじめHM』のみです。
大玉スイカ『春のだんらん』は、例年通り初回出荷日が決定し次第、予約受付をスタートいたします。
毎週火曜日と金曜日の出荷を予定しています。

a0254656_17363525.jpgお電話やメールでのご注文の方も含め、発送はご注文順に行います。
毎回の出荷数を限定しての発送で完全予約販売です。
スイカの匠「大山ファーム」さんの、小玉スイカ『ひとりじめEX』は、今年も、「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です。
本日より、先行予約の受付をスタートしました!!

今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


a0254656_17203444.jpg通常、スイカは、糖度が11度を超えると美味しいスイカ。
糖度が12度を超えると、とても美味しいスイカと言われています。
「大山ファーム」さんの、昨年の初出荷の小玉スイカ『ひとりじめEX』は、なんと、糖度が14.5度もありました!!
毎年4月中旬位までは、14度を超えていて、スイカでは、驚異的な糖度の高さです。
ですから、いうならば、“めちゃくちゃ美味しいスイカ”なのです。

a0254656_17244618.jpgそんな、驚異的な糖度の、めちゃくちゃ美味しいスイカですから、有名フルーツショップの「千疋屋」さんで、最高級スイカとして販売された実績を持っています。
当然、その際はビックリするくらいのお値段で販売されていたらしいです!

a0254656_17544904.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある「大山ファーム」さんのスイカの栽培場(ハウス)の1つです。
ここでは小玉スイカ『ひとりじめHM』が栽培されています。
「大山ファーム」さんでは、土壌微生物活性材『夢』を使って、元気で土壌バランスの良い土を作り、『夢』ブランドの「熊本スイカ」「熊本キュウリ」をハウス栽培で育てています。

a0254656_17564296.jpgスイカの横に、様々な色の棒が立てられているのが分かりますか?それらは、収穫時期の目安とするための“着果棒”と言うものです。スイカの果実がきちんと着果し成長し始めたことを確認すると、この“着果棒”をたてます。
交配(受粉)をした日をめどに出荷しますが、3日も交配日が違えば、スイカの美味しさが大きく変わってくるため、その種類はなんと10色もあるんです。

a0254656_18040980.jpgこちらは大玉スイカ『春のだんらん』の交配作業の様子です。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
「大山ファーム」代表の大山陽一さんが、最も花が元気な午前中の10時から11時の時間帯に、雄花を摘み取り、1つ1つ雌花に受粉していく交配作業を行っています。

a0254656_18050165.jpgミツバチを使って交配をさせる農家さんも多いようですが、「大山ファーム」さんは、出荷のタイミングを徹底管理するため、こうして手作業で交配を行うのです。

a0254656_18060859.jpgこちらが、交配の様子です。
摘み取った雄花の花粉を、雌花の柱頭につけるのです。
付け終わると、交配を終えた目印に、毛糸を置いていきます。
毛糸の色は、もちろん着果棒の色と同じ10種類です。

a0254656_18064335.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18103260.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
こちらは、『ひとりじめEX』の定植直後の小玉スイカ『ひとりじめHM』の苗たちの様子です。

a0254656_18135971.jpg定植後は徹底した温度管理、芽カギやつる引きと言った様々な作業と惜しまぬ手間ひまをかけ育てていきます。
そして、ベストな花の時期に交配(受粉)作業を行うのです。

a0254656_18155898.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカは18節目の雌花に、大玉スイカは20節目の雌花に交配させます。
その徹底ぶりが、美味しいスイカを育てるのです。そして、果実が成長し、着果を確認すると、こうして着果棒を立てます。

a0254656_18261083.jpgこちらは、まもなく収穫を迎える、小玉スイカ『ひとりじめEX』の栽培ハウスの現在の様子です。
ハウスの中で、中央の通路とハウスの端との間の、最も日が当たる場所に並んで元気に育てられていました。

a0254656_18281774.jpg最初に収穫を迎える、赤い着果棒の『ひとりじめEX』です。
すでに、スイカ全体にきちんと色がついていますね。
「大山ファーム」さんでは、満遍なくスイカの果皮に色を付け、スイカ全体が美味しくなるように、1つにつき5回または6回の玉返しを行います。

a0254656_18304015.jpg玉返しとは、スイカの果実にまんべんなく日が当たり、黒と緑のストライプがきれいに入り、果肉の糖度も全体的に広がるようにする作業です。
大山さんは、いつもこう話します。

a0254656_18465297.jpg「出荷する時に、「あの時もう少し手ばかけてやればよかった・・・」なんて後悔だけは、絶対にしたくなかけんね!!美味しいスイカを育てるためには、俺は絶対に妥協せんよ!!」
いつも、明るく冗談ばかりを言う大山さんが、その時ばかりは匠の表情で話すのです。

a0254656_18542516.jpg「笠くん!出荷日は今年も漏れに任せてくれんね!まずは小玉スイカ『ひとりじめEX』の試し割りばして、糖度ば測るけん、それで、味と食味ば確かめてからになるたいね!どうしても、納得できんスイカは出したくなかけん、それ次第じゃ当初の予定から、出荷日ばずらしてもらうかもしれんばい!!」
私は、もちろん全てを了解しました。
スイカの匠「大山ファーム」代表の大山陽一さんを私は100%信頼しているので、大山さんの言葉は絶対なのです!

a0254656_18231776.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成31年)も「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売いたします。
4月上旬から発送予定の小玉スイカ『ひとりじめEX』の先行予約受付を本日より急きょスタートしました。

a0254656_18215466.jpg4月中旬からは、同じく「大山ファーム」さんの、大玉スイカ『春のだんらん』も出荷予定です。
スイカの匠は、今年も一切の妥協を許さず、“本物”と呼べるスイカを育てています。
いずれも、数量限定の完全予約制での販売です!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
“本物”と呼べる美味さをぜひご賞味ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-03-15 18:26 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 平成31年度の出荷予定日がほぼ決定!後編:大玉スイカ『春のだんらん』は4月中旬から!

FLC日記 2019年3月12日(火) 晴れ
今年もまもなくスイカの匠「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の先行予約の受付をスタートいたします!!
平成31年度の熊本産、小玉スイカ『ひとりじめHM』の発送開始は、4月上旬からの予定です!
a0254656_17382281.jpg

同じく、平成31年度の熊本産、大玉スイカ『春のだんらん』は、4月中旬からの発送をスタートします!
a0254656_17401413.jpg


a0254656_17500062.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成31年)もスイカの匠「大山ファーム」さんの夢スイカ、小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。

a0254656_17225153.jpg一昨日、熊本県合志市にある、「大山ファーム」さんの「夢スイカ」の栽培ハウスの1つに伺いました。
この様な広い連棟建てのハウスで、収穫時期をずらしながら小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』を育てています。

a0254656_17243652.jpg「大山ファーム」さんでは、土壌微生物活性材『夢』を使って、天然微生物の力で、元気で土壌バランスの良い土を作り、さらに、天然ミネラル海藻エキス『海』で、不足するミネラルを補いながら、様々な作物を育てています。
その土壌微生物活性材『夢』を取って、「大山ファーム」さんのスイカを「夢スイカ」と称しています。

a0254656_17271870.jpg大玉スイカ『春のだんらん』の栽培ハウスの現在の様子です。
この時期は、毎日、交配(受粉)作業を行っています。
ハウスを進み、「大山ファーム」代表の大山陽一さんにその様子を見せて頂きました。

a0254656_17300481.jpgスイカの雌花に雄花の花粉をつける交配作業を、こうして1つ1つ行っているのです。
「大山ファーム」さんでは、小玉スイカなら、18節目の雌花に、大玉スイカならば20節目の雌花に交配します。

a0254656_17332632.jpgスイカの花が最も元気な、10時から11時の時間帯に集中して行います。
大山さんとスタッフのひとみさんとで効率よく行っていました。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界では、虫たちが媒体となって交配が行われますが、ここはハウスの中なので、手作業で交配(受粉)を行います。

a0254656_17364747.jpg交配を終えると、を終えると、目印の毛糸を花のそばに置いていきます。
目印とする毛糸の色は、10色を用意しています。
このハウスの大玉スイカ『春のだんらん』は、オレンジ色の毛糸からスタートしました。

a0254656_17404170.jpg2日おきには色を変えていのです。
2日も違うと、収穫したときの味に大きな差が出るのだとこだわり、ベストなっタイミングで出荷できるよう徹底管理を行っているのです。

a0254656_17535395.jpgこちらは、隣の少し栽培時期が早いハウスです。
すでに、収穫の目印となる着果棒が立てられていました。
今年も順調に成長しています。

a0254656_17585639.jpgスイカの果実がきちんと着果し成長し始めたことを確認すると、交配作業の時の毛糸と同じ色の棒をたて目印にします。
ご覧のように、すっかりとスイカらしく成長しています。

a0254656_18103970.jpg大山さんはその様子を確認すると、次の交配作業を行うハウスへと向かいました。
匠は一切の妥協を許さず、今年も『夢スイカ』を育て上げます。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18141247.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
「交配は時間との勝負だけん、俺はもう行くばい!」
大山さんはそう言うと、足早に軽トラックに乗り込み次のハウスへと移動しました。

a0254656_1871068.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの「夢スイカ」、小玉スイカ『ひとりじめHM』と、大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。

a0254656_188765.jpgスイカの匠、大山陽一さんが、今年もとことん手間ひまをかけて育て上げます。
現在は、毎日の交配作業が行われていますが、これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひま、そして匠の技を現地取材にてご紹介していきます。
そして間もなく先行予約の受付をスタートいたします。
平成31年度も『夢スイカ』にも、大いにご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-03-12 18:34 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 平成31年度の出荷予定日がほぼ決定!前編:小玉スイカ『ひとりじめ』は4月上旬から!

FLC日記 2019年3月11日(月) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成31年)もスイカの匠「大山ファーム」さんの夢スイカ、小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。
a0254656_17170774.jpg
日本一のスイカの産地、熊本県のスイカの旬は4月~6月です!
4月上旬よりの小玉スイカ『ひとりじめHM』、4月中旬よりの大玉スイカ『春のだんらん』の出荷に向け、現在、栽培ハウスで元気に成長中です。

a0254656_17190214.jpgこちらは、本日の「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめHM』の栽培ハウスの様子です。
収穫の目印とする、着果棒を立てたスイカが順調に成長しています。

a0254656_17144955.jpg熊本県合志市(こうしし)の、「大山ファーム」さんは、一切の妥協を許さず、とことん手をかけスイカを育てる匠の農家さんです。
「自分が納得できんスイカは絶対に出さん!」と言う、強い信念でスイカを育てています。
「大山ファーム」さんが育て上げた『夢スイカ』の美味さは、有名フルーツショップ「千疋屋」さんでも販売された実績を持つ、まさに“最高級スイカ”です。

a0254656_17311606.jpgここは、熊本県合志市にあるスイカの匠「大山ファーム」さんのスイカの栽培ハウスの1つです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17331333.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
こちらは12月下旬の定植直後のハウスの様子です。

a0254656_17335937.jpgそのころは、ハウスのビニールを4重にして、さらに“キャップ”と呼ばれる農業資材を用い、スイカが育つ温度と湿度を保っています。
(特別にキャップを外して撮影)

a0254656_17352427.jpg「大山ファーム」さんでは、収穫時期をずらすため、数ヵ所の連棟や単棟の栽培ハウスで、小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』を育てています。

a0254656_17490790.jpgこちらは、2月上旬の小玉スイカ『ひとりじめHM』のつる引き作業後の様子です。
定植後、ある程度成長すると、芽カギやつる引きと言った作業を施します。

a0254656_17561205.jpg今年も大山ファームさんでは、今年も小玉スイカはつるを3本伸ばし、2玉のスイカを収穫をします。
ちなみに大玉スイカの場合は、2本のツルで玉のスイカを収穫します。

a0254656_18160965.jpg収穫するまでは、たくさんの惜しまぬ手間ひまと匠の技を要します。
小玉スイカは18節目、大玉スイカは20節目に咲く雌花に交配(受粉)して、スイカの果実を実らせます。

a0254656_18173315.jpg「大山ファーム」さんでは、スイカの交配作業を手作業で行います。
ハウスにミツバチを入れ交配を行う農家さんもいますが、その後の徹底管理を行うために全て手作業で、交配を終えると目印として毛糸を置いていきます。

a0254656_18215501.jpg交配後、果実が成長し、着果を確認すると毛糸と同じ色の“着果棒”を立てて目印とします。
「大山ファーム」さんでは10色の毛糸と着果棒を使用しています。

a0254656_18230604.jpg本日の小玉スイカ『ひとりじめHM』のハウスの様子です。
着果後まもなくはその大きさで、交配の時期が判断できますが、この頃になり大きさがそろうとなかなか判断はできません。
「大山ファーム」さんでは、ベストな時期に収穫し出荷できるよう、10色の着果棒で徹底管理しているのです。

a0254656_17164418.jpgスイカの匠「大山ファーム」代表の大山陽一さんです。
普段はこの笑顔のとても気さくな方ですが、ことスイカのことになると、一切の妥協を許さないまさに“匠”なのです。

a0254656_18313395.jpg本日私は、「大山ファーム」さんの匠の交配作業の様子を現地取材に行ってきました。
その様子は、明日のブログで大玉スイカの出荷時期と共に際しく紹介いたします。

a0254656_18335575.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめHM』と、大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。

a0254656_18360223.jpg
小玉スイカ『ひとりじめHM』は、4月上旬からの出荷予定で、まもなくホームページでの先行予約の受付をスタートいたします。
これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひま、そして匠の技を現地取材にてご紹介していきます。
まずは、明日のブログの匠の交配作業の様子をお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-03-11 18:38 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)