ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:スイカ ( 87 ) タグの人気記事

熊本産!大玉スイカ『祭りばやし』今年もネット独占販売!着果と交配作業を現地取材!初回出荷は5月22日

FLC日記 2018年4月19日(木) 晴れ

a0254656_16402441.jpg「この子は着果ができていますね。まもなく着果棒を立てます。これからどんどん大きくなりますよ。最初の着果分は、5月22日(火)の出荷予定です。交配(受粉)作業をしながら、不要な脇芽をきちんと摘んで、手をかけて育てていきますので、今年の『祭りばやし』にも期待して良いですよ!」

a0254656_16424411.jpg1週間前の4月13日、「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』の栽培ハウスを現地取材しました。
「岡山農園」の岡山佑大さんが、着果したスイカを手にそう話してくれました。
a0254656_16435569.jpg


a0254656_16442659.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産大玉スイカ『祭りばやし』をネット独占販売いたします。

a0254656_16463064.jpg熊本県は日本一のスイカの産地です。
「FLCパートナーズストア」では、スイカの匠が育てた、小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』、大玉スイカ『祭りばやし』、そして黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を今年も販売いたします。

a0254656_16495154.jpgここは、熊本県山鹿市にある「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』の栽培ハウスです。
今回も「岡山農園」の岡山佑大さんに取材協力いただきました。

a0254656_16513455.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「岡山農園」さんのスイカ栽培も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_16533463.jpgハウスの奥付近では、佑大さんのお母さんの文代さんが、芽カギ作業を行ていました。
芽カギとは、脇芽を摘み取る作業のことで、そうすることでスイカの株が、スイカの果実に全力を注げるようにするのです。

a0254656_17182878.jpg「岡山農園」さんでは、大玉スイカの場合、3本のツルを伸ばし、1玉のスイカを栽培します。
至高の1玉を育て上げるのです。
ちなみに、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、3本のつるで2玉の栽培です。

a0254656_17081420.jpgスイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
こちらは雄花です。
本来なら、ミツバチなどがその間を飛び回って、受粉します。

a0254656_17103044.jpgしかし、ここは締め切ったハウスの中です。
交配(受粉)は、手作業で行います。
写真はスイカの雌花です。
花の下には小さなスイカが見れますが、このままでは実りません。

a0254656_17120625.jpg雄花を摘み取り、こうして雄花の花粉を、直接雌花につけ受粉させていくのです。
その作業は、最も花が元気な10時~11時に毎日行います。

a0254656_17210059.jpg「大玉スイカの場合、20節目の雌花に交配して着果させるんです。スイカがハウスの中のベストポジションで育つように、つる引きをしているので、中央の通路とハウスの端の真ん中あたりに、収穫前はずらりとスイカが並びますよ!」
佑大さんが着果したてのスイカを手にそう話してくれました。

a0254656_17263524.jpg収穫前の様子がこちらです!
佑大さんのお話通り、ずらりとスイカが並んでますよね!
スイカの横に立っているのは着果棒と言って、色分けされた棒を目印として立て、収穫日をわかるように管理してあります。

a0254656_17302548.jpgその間には、何度も玉返しを行います。
スイカの果実全体に満遍なく日が当たるように、スイカの向きを変える作業です。
そうすることで、スイカ全体が色づき、果実もどこを食べても美味しくなるのです。

a0254656_17371136.jpg大玉スイカ『祭りばやし』は、果肉はしっかりしていて、大玉スイカならではのシャリシャリした食感が楽しめます。
どちらかと言えば、シャリシャリより、サクサクの方がぴったりではないでしょうか!
また、スイカの形状は豊円型で割った時の空洞がないのも特徴の一つです。

a0254656_17394361.jpg「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』は、糖度も12度を超え、スイカの糖度としては最高級です。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの熊本産大玉スイカ『祭りばやし』をネット独占販売いたします。
もちろん今年も、出荷する朝に収穫し即日発送でお届けいたします。
ただし、収穫した中から、選びに選びぬかれた“極選”のスイカのみの数量限定、完全予約制の販売です!
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技を現地取材でご紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-04-19 17:46 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本産!匠の『夢スイカ』は今年も大好評!次回は小玉スイカ、大玉スイカとも5月8日(火)からの出荷です!

FLC日記 2018年4月18日(水) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売しています。
a0254656_17560343.jpg


a0254656_18034476.jpgおかげさまで、今年も大好評いただき、小玉スイカ『ひとりじめHM』も、大玉スイカ『春のだんらん』も、初回出荷分から出荷予定数は常に完売している大人気です。

a0254656_18073725.jpg次回は、次の作付分の収穫及び出荷で、5月8日(火)発送分の予約受付をうけたまわっています。
日本一のスイカの産地、熊本県のスイカの旬は4月~6月!
「FLCパートナーズストア」では、全国のお客様に、極甘の朝採りのスイカをお届けしています!!
※数量限定、完全予約制での販売です。

今すぐ注文(予約)したい方はコチラ!
「FLCパートナーズストア」
「熊本産スイカ」


a0254656_18142537.jpgスイカは、一般的には、糖度が11度を超えると美味しいスイカ!
12度を超えるととても美味しいスイカ!!と言われています。
「大山ファーム」さんの大玉スイカ『春のだんらん』は、スイカ本来の、あのシャリシャリッとした食感で、糖度13度前後とバツグンの甘さです!
1玉入りまたは2玉入りでの大玉スイカ『春のだんらん』を、毎回の出荷数量限定、完全予約制での販売です。

a0254656_18163239.jpgまた、今年の初出荷の小玉スイカ『ひとりじめEX』は、糖度がなんと14.5度もありました!!
驚異的な糖度の、めちゃくちゃ美味しいスイカですから、有名フルーツショップの「千疋屋」さんで、最高級スイカとして販売された実績を持っています。
当然、その際はビックリするくらいのお値段で販売されていたらしいです!

a0254656_18350800.jpgではなぜ、そこまで美味しいスイカを作ることができるのか?
こちらは、3月下旬の交配(受粉)作業の様子です。
それは、匠の農家さん「大山ファーム」さんの、一切の妥協を許さない惜しまぬ手間ひまにあるのです。

a0254656_18390298.jpg「大山ファーム」代表の大山陽一さんです。
この笑顔からもわかるように、いつもは冗談ばかりを言うとても気さくな方ですが、ことスイカになると頑固なまでにこだわりぬく匠なのです。

a0254656_18415859.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカなら、18節目の雌花に、大玉スイカならば20節目の雌花に交配を行います。
それらが、スイカが最もおいしく育つ花だからです。
交配作業を終えると、そのしるしに毛糸を置いていきます。

a0254656_18453625.jpg毛糸の色は、2日ごとに変えています。
交配をした日をめどに出荷しますが、3日もそれが違えば出荷の時期や果実の味が大きく異なるからです。
毛糸の色は、10色もありました。

a0254656_18482097.jpgスイカの果実がきちんと着果し成長し始めたことを確認すると、交配作業の時の毛糸と同じ色の着果棒をたて、目印にします。
「大山ファーム」さんでは、小玉スイカは3本に仕立て2玉を育て、大玉スイカは2本に仕立て1玉育て、スイカを収穫します。

a0254656_18495324.jpgこちらは、大玉スイカの先端(生長点)の様子です。
20節目の雌花に交配した後も、スイカのつるを伸ばしています。
そこまではスイカを大きく育てるため、そこから先はスイカを甘く育てるための葉っぱです。

a0254656_18521947.jpg着果棒を立てるころ、ハウスの通路には小さなスイカがゴロゴロしています。
それは、摘果と呼ばれる作業で、大玉スイカの場合、2本に仕立てたツルのより良い方だけを残し、もう1本のツルのスイカはこうして摘んでいくのです。

a0254656_18585603.jpg小玉スイカの場合は、3本の中のより良い2つを残していきます。
選ばれたスイカたちは、中央の通路と端の間のハウスの中で、最も日が当たるベストポジションに1列に並んで育てられます。

a0254656_18591051.jpgそしてその間に、果皮が全体的に色付くように、5回もの玉返し作業を行います。果肉もどこを食べても美味しくなるよう、満遍なく日を当てていくのです。

a0254656_19022419.jpg「俺は、自分が納得できないスイカは絶対に出さん!だけん、『あの時もう少し手をかけてあげればよかった・・・』なんてことは、許されん!それは、俺もうちのスタッフも同じ!しっかり手をかけてきたからこそ、自信をもっておすすめできるスイカになるとたい!」
大山さんが以前そんな話をしたことを思い出しました。

a0254656_19043388.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19083466.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
スイカ栽培における、苗床の様子から定植作業(写真)やその後の温度管理、つる引きや芽カギ作業、交配、着果の様子、玉返しや試し割り、そして収穫などなど、その全てを現地で見てきました。

a0254656_19160664.jpgちなみに、こちらは収穫を終えた大玉スイカ『春のだんらん』のハウスでが、見事なスイカがゴロゴロとしていますよね!
でも、これらは大山さんが「納得がいかないから!」と、出荷しないスイカたちです。
収穫をしないという証拠に、“着果棒”が取り外されています。

a0254656_19213736.jpgそんな大山さんだからこそ、私は100%の信頼をよせ、自信をもって弊社で「大山ファーム」さんの「夢スイカ」、小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』を販売しているのです。

a0254656_19255749.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売しています。
次の作付ハウスの収穫を迎えるまで、出荷は少々お待ちください。

a0254656_19274000.jpg小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』ともに、5月8日(火)より再出荷とし、以降毎週金曜日と火曜日の出荷です。
ただし、匠のこだわりゆえの、数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ぜひ“本物”と呼べる美味さを、ご堪能ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-04-18 19:29 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 小玉スイカ「ひとりじめHM」平成30年度の初出荷に向け試し割りで今年も驚きの糖度!

FLC日記 2018年4月5日(木) くもり一時雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」の大人気商品、スイカの匠「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の第1弾!小玉スイカ『ひとりじめHM』、第2弾!大玉スイカ『春のだんらん』を大好評販売中です!
a0254656_14532025.jpg


a0254656_14541869.jpg小玉スイカ『ひとりじめHM』は、いよいよ明日(4月6日)より出荷をスタートします。
その前に、試し割り(収穫前に食味や糖度を確かめること)が行われました。
本日はその様子を中心にご紹介いたします。

a0254656_15005850.jpg結論から言っちゃいましょう!
ご覧ください!
なんと平成30年度の小玉スイカ『ひとりじめHM』の糖度は、試し割り時点で驚きの13.7度もあったんです。
一般的には、糖度が11度を超えると美味しいスイカ。糖度が12度を超えると、とても美味しいスイカと言われています。

a0254656_16471797.jpgですから、今年の「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめHM』は、めちゃくちゃ甘くて美味しいスイカ!と言わざるおえません!!
朝採りの新鮮でみずみずしいスイカを即日発送、翌日もしくは翌々日にお届け致します。
ぜひご賞味ください!!
※数量限定、完全予約制での販売です。

今すぐ注文(予約)したい方はコチラ!
「FLCパートナーズストア」
「熊本産スイカ」


a0254656_15045009.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめHM』の栽培ハウスです。
収穫日の目安となる、着果棒が立てられ、スイカたちはまさに収穫の時を待っています。

a0254656_15082125.jpgスイカたちの横に、様々な色の棒が立っているのがわかりますか?
それらが“着果棒”です。
“着果棒”とは、収穫時期の目安とするための目印に立てられるもので、交配(受粉)をした日によって、色分けをしています。
「大山ファーム」さんでは、ベストなタイミングで出荷できるよう、10色もの着果棒を使って、徹底管理しています。


a0254656_15133742.jpgこれは、2月中旬に交配作業の現地取材に伺った際に撮った写真です。
交配作業を終えると、目印とする毛糸を置いていきます。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。

a0254656_16484112.jpgこれは、交配(受粉)作業の様子です。
雄花の花粉を、小玉スイカは18節目、大玉スイカは20節目に咲く雌花に着けていきます。
全て手作業で行われていて、毎日朝の10~11時の最も花が元気な時間帯に行います。
交配を終えると、毛糸を置いて目印とします。

a0254656_16521495.jpg「大山ファーム」代表の大山陽一さんと、スタッフのひとみさんが、元気に咲く、スイカの雌花に雄花の花粉をつける、交配作業をしています。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16553677.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
交配後、着果を確認したら、毛糸と同じ色の着果棒を立てます。

a0254656_16591758.jpgこれくらいの大きさの時期ならば、着果後何日目かがほぼわかりますが、収穫前になり、果実の肥大が止まった頃には大きさがそろい、いつ着果させたものかがわかりません。

a0254656_17012789.jpgこちらは収穫前にしたころの様子です。
「3日も交配の日が違うなら、出荷の際の糖度、食味がぜんぜん違うとたいね!だけん、交配させた日によって色分けした、10種類以上もの目印の毛糸ば使いよるとたい。」大山さんが以前そう話されたことを思い出しました。

a0254656_17122001.jpgスイカの匠「大山ファーム」代表の大山陽一さんです。
普段はとっても気さくで楽しい方ですが、ことスイカとなると、一切の妥協を許さぬ“匠”となるのです。
「俺が納得できんスイカは、絶対に出さん!」大山さんの口ぐせです。

a0254656_17133463.jpgそして、今年の試し割りの日を迎えました。
「良かね笠くん!今日試し割りして、俺が納得いかんだったら、たとえどんなに予約の入っとっても俺は出さんけんね!」
大山さんは私にそう言いながら、スイカを切り始めました。

a0254656_17152510.jpgまずは、見た目をチェックしました。
「うん。良かごたるね!果肉のひびはこうなっとるとば持ってきたとだけん、心配せんで良かよ。」
大山さんは試し割り用に、あえて果肉にひびが入っているのを取ってきたのです。

a0254656_17173890.jpg「糖度ば測ってみなっせ!」
大山さんにそう言われ、私が持ってきた糖度計を使ってさっそく糖度を計測してみました。
すぐに結果が出ました!

a0254656_17192186.jpg「13.7度!うん。これなら間違いないね!」
納得した様子で、大山さんに笑みがこぼれました。
「ただ、あとは食感たいね。小玉でもこの品種はわりとしっかりしとるけん、食味もなかといかんけんね。」

a0254656_17213681.jpgさっそく私もいただきました。
めちゃくちゃ甘いです!
大玉スイカほどではありませんが、しっかりと食感もあり、これは本当にめちゃくちゃ甘くて美味しいスイカ!と言えると思います。

a0254656_17244014.jpg「初回出荷の分は、きちんと出すけん安心しなっせ!」と大山さん。
「納得できんだったら出さん!なんて言ってたっけど、本当は自信あったんでしょ?」と言うと、
「まぁね。やるべきことはしっかりやってきたけんね!」大山さんはそう言って自信ある笑顔で答えてくれました。

a0254656_17284479.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売しています。
いよいよ明日より、まずは小玉スイカ『ひとりじめHM』の出荷スタートです。
毎回の出荷予定数は、常に完売する大人気商品です。
ご注文はお急ぎください!

a0254656_17311487.jpg続いて、4月17日からは、大玉スイカ『春のだんらん』の出荷をスタートいたします。
大玉スイカならではのシャキシャキの食感をお楽しみ頂けます!
もちろんいずれも、朝採りの『夢スイカ』を即日発送でお届けいたします。
「大山ファーム」代表の大山陽一さんは、スイカの匠です。
匠が育てた「夢ブランド」の“本物”と呼べるスイカをぜひご賞味ください。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-04-05 17:34 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 小玉スイカ「ひとりじめHM」、大玉スイカ「春のだんらん」本日より先行予約の受付スタート!

FLC日記 2018年3月21日(水) 雨
お待たせしました!
熊本産のスイカの季節到来です!
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」の大人気商品、スイカの匠「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の第1弾!小玉スイカ『ひとりじめHM』、第2弾!大玉スイカ『春のだんらん』の先行予約の受付を、本日よりスタートしました!!
a0254656_18131398.jpg
初回出荷(予定)
小玉スイカ『ひとりじめHM』→4月6日(金)
大玉スイカ『春のだんらん』→4月10日(火)
上記はあくまで予定です。
匠の判断で変更する場合もございます。
以降、毎週火曜日と金曜日に、数量限定、完全予約制で販売いたします!

a0254656_18295210.jpg通常、スイカは、糖度が11度を超えると美味しいスイカ。
糖度が12度を超えると、とても美味しいスイカと言われています。
「大山ファーム」さんの、昨年の初出荷の小玉スイカ『ひとりじめEX』は、なんと、糖度が14.5度もありました!!

a0254656_18303208.jpgスイカでは、驚異的な糖度の高さです。
ですから、いうならば、“めちゃくちゃ美味しいスイカ”なのです。
そんな、驚異的な糖度の、めちゃくちゃ美味しいスイカですから、有名フルーツショップの「千疋屋」さんで、最高級スイカとして販売された実績を持っています。
当然、その際はビックリするくらいのお値段で販売されていたらしいです!

a0254656_18324994.jpg「大山ファーム」さんの『春のだんらん』は、スイカ本来の、あのシャリシャリッとした食感で、糖度13度前後とバツグンの甘さ!
「4月にスイカ?」とお思いの方も多いはず!

a0254656_18334581.jpgでも、日本一のスイカの産地、熊本県のスイカの旬は、4月~6月なんです!
寒さに耐えてゆっくりと育ったスイカは、しっかりと糖度がのった最高級のスイカになるんです!
朝採りの新鮮でみずみずしいスイカを即日発送、翌日もしくは翌々日にお届け致します。
ぜひご賞味ください!!
※数量限定、完全予約制での販売です。

今すぐ注文(予約)したい方はコチラ!
「FLCパートナーズストア」
「熊本産スイカ」


a0254656_18482179.jpg熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんのスイカの栽培場(ハウス)に、現在の様子を取材に行ってきました。
「大山ファーム」さんでは、土壌微生物活性材『夢』を使って、元気で土壌バランスの良い土を作り、『夢』ブランドの「熊本スイカ」、「熊本キュウリ」をハウス栽培で育てています。

a0254656_18520057.jpgスイカの横に、色の付いた棒が立てられているのが分かりますか?
それらは、収穫時期の目安とするための“着果棒”と言うものです。
スイカの果実がきちんと着果し成長し始めたことを確認すると、この“着果棒”をたてます。
交配(受粉)をした日をめどに出荷しますが、3日も交配日が違えば、スイカの美味しさが大きく変わってくるため、その種類はなんと10色もあるんです。

a0254656_18563059.jpgこちらは同日の別のハウスで、定植時期をずらしているため、まさに今、交配作業が行われていました。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。

a0254656_18581582.jpg「大山ファーム」代表の大山陽一さんとパートのひとみさんが、最も花が元気な午前中の時間帯に、雄花を摘み取り、1つ1つ雌花に受粉していく交配作業を行っています。

a0254656_18594236.jpgミツバチを使って交配をさせる農家さんも多いようですが、「大山ファーム」さんは、出荷のタイミングを徹底するため、こうして全て手作業で交配を行うのです。

a0254656_19005578.jpgひとみさんに、交配の瞬間を見せて頂きました。
摘み取った雄花の花粉を、雌花の柱頭につけるのです。
付け終わると、交配を終えた目印に、毛糸を置いていきます。
毛糸の色は、もちろん着果棒の色と同じ10種類です。

a0254656_19021966.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19080100.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
スイカ栽培における、定植の時期やその後の温度管理、つる引きや芽カギ作業、交配、着果の様子、玉返しや試し割り、そして収穫などなど、その全てを現地で見てきました。

a0254656_19221191.jpg写真は、12月下旬に行われた、定植(苗を栽培地に植え替えること)作業の様子を取材に伺った際のものです。
そんな中、大山陽一さんがいつも口にすることがあります。

a0254656_19260417.jpgそれは、「俺は、自分が納得できないスイカは絶対に出さん!」と言う言葉です。
収穫を終えた大玉スイカ『春のだんらん』のハウスです。
収穫を終えたと言っても、見事なスイカがゴロゴロとしていますよね!
でも、これらは大山さんが「納得がいかないから!」と、出荷しないスイカたちです。
収穫をしないという証拠に、“着果棒”が取り外されています。

a0254656_19300187.jpg小玉スイカの収穫時の様子です。
こうして収穫を迎えるスイカは全て大きさや形、たたいた時の音などで匠の判断を下します。
そうして選ばれたものだけが、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』として出荷されるのです。


a0254656_19345310.jpg収穫を迎えた小玉スイカを前に、大山さんは以前こんな話をしました。
「俺は農作物を育てるのは足し算じゃなくて掛け算てとらえとるとたい。10点満点で1点差があるなら、掛けていくと最後には大きな差がつくでしょ?だけん、どの作業においても常に満点ば取りにいくとたい。」

a0254656_19383922.jpg普段の大山さんは、この笑顔からもわかるように、冗談ばかりを言うとても気さくな方です。
しかし、ことスイカに関しては一切の妥協を許さない“匠”なのです。
もう何年も現地取材してきた私は、大山陽一さんに、全幅の信頼をよせてます。
a0254656_19412071.jpg
「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの「夢スイカ」、小玉スイカ『ひとりじめHM』と大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。

a0254656_19430710.jpgいずれも、今年もすでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。
朝採りのスイカを即日発送致します。
「大山ファーム」代表の大山陽一さんは、私が100%の信頼をよせるまさにスイカの匠です。
匠が育てた「夢ブランド」の“本物”と呼べるスイカをぜひご賞味ください。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-21 19:49 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

黒小玉スイカ定植後の様子(2018) 6月上旬からの出荷に向け元気に成長中!

FLC日記 2018年3月19日(月) 雨
「今年(平成30年)は、黒小玉スイカを6月上旬から出荷予定です。赤い果肉の黒小玉スイカと、その分は数は少ないですが黄色い果肉の黒小玉スイカも出せますよ!第1段は定植も終わり、これからしっかり育てていくので、今年もよろしくお願いします。」
匠の農家さん「岡山農園」の岡山佑大さんが、そう力強く話してくれました。
a0254656_16425254.jpg
こちらは、定植5日目の、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の苗です。

a0254656_16445437.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、ネット独占販売いたします。

a0254656_16533342.jpg黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、スイカらしからぬ黒い果皮と、小玉スイカならではの高い糖度、さらには大玉スイカに似たシャキシャキの食感で、大変人気の高いスイカです。

a0254656_16503182.jpgそして今年も、黄色い果肉の黒子玉スイカ『ひとりじめbonbon』も生産しています。
赤果肉の『ひとりじめbonbon』に比べ、食感は若干ソフトですが、スイカらしからぬ黒い果皮で、切ってみると黄色い果肉と言うダブルインパクトで、プレゼントやご贈答にも大好評いただいている商品です。

a0254656_16545242.jpgスイカのシマ模様がわからないほどの黒い果皮で、果肉は赤と黄色の2色をそろえます。
赤果肉のみ、黄色果肉のみでの販売も行いますが、とりわけ、2色の果肉をセットにした商品は大人気で、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
今年は、6月上旬よりの出荷予定です。

a0254656_17010331.jpg3月2日のブログで、苗床で育つ黒小玉スイカの苗たちの様子を、こうして育つまでの接木作業も含め紹介しました。
その様子は、大玉スイカ『祭りばやし』も含め、こちらからご覧いただけますので、ぜひ下記をクリックして見て下さい。

a0254656_17062800.jpgさて本日は定植直後の栽培ハウスの様子を紹介します。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「岡山農園」さんのスイカ栽培も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17092305.jpgここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「岡山農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスの1つです。
始めて見る方は、「この白いピラミッドみたいなのは何?」と思われたことでしょう!

a0254656_17111074.jpgこれは、通称「キャップ」と呼ばれる農業機材で、キャップをかけることで、定植後の苗の保温と保湿ができます。
「岡山農園」の岡山佑大さんに、今年も特別にその中の様子を見せて頂きました。
「苗たちはここに引っ越してきて間もないし、まだ幼いのでこうして守ってあげるんです。」と佑大さん。

a0254656_17262941.jpgこれが定植したばかりの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の苗です。
苗床で育つ様子から見てきた私には、幼いなりにもなんだか力強く見えました。

a0254656_17294447.jpg「この子はキャップからはみ出てますよ!大丈夫ですか?」と言う私に、
「ハハハっ!大丈夫です。むしろそこまで元気に成長していってことですよ!」と佑大さんが笑てます。

a0254656_17313899.jpg「この時期に多少の成長の差があっても、最終的には交配(雌花に雄花の花粉をつけること)して何日目とわかるように管理して出荷するので、スイカの美味しさはきちんとそろうと思います。」と佑大さん。

a0254656_17362134.jpgその様子がこちらです。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界では、ミツバチなどがその間を飛び回って受粉するのですが、ここはハウスの中なので、手作業で交配を行います。

a0254656_17380765.jpg逆の考え方をすると、手作業で交配を行うことで、いつ受粉したかがわかり、収穫日の目安をつけることができるのです。
でも、花が咲き、交配を行い、着果し成長して収穫を迎えるまでは、多くの手間ひまと匠の技が必要です。

a0254656_17474025.jpg「岡山農園」さんは、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)と、和功さん佑大さんのご兄弟で、最高級のスイカを育てる、まさに“匠”です。
お父様、お母様の豊富な経験と、若いお二人の研究心、新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べるスイカを育てています。

a0254656_17543319.jpg「佑大さん!そう言えば今年もすでにスイカもメロンも、昨年購入いただいたお客様から予約が入っていますよ!」と言うと、
「それは嬉しいですね!」と、佑大さん。

a0254656_17563228.jpg「岡山農園」さんでは、熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』も栽培しています。
ですから、黒小玉スイカの赤と黄色のセットや、『肥後グリーン』とのセットも出荷いただいているのです。

a0254656_17583220.jpg『肥後グリーン』は、現在、苗床で元気に成長中です。
もちろん、その様子も取材してきましたし、まもなく行う定植の様子などもきちんと取材しこのブログで紹介していきます。

a0254656_18000384.jpg「スイカの苗が「寒いから早くキャップをかけてよぉ~!」って言ってますよ!」と言うと、
「そうですね!」と佑大さんは笑いながらキャップを元のように丁寧にかけていました。

a0254656_16471379.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの熊本スイカ『黒小玉bonbon』をネット独占販売いたします。
ベストサイズ(2.5kg)位に成長したものの中から特別に選りすぐりの一品を厳選していただきお届けいたします。
これから、惜しまぬ手間ひまと匠の技でしっかりと育てていきます。
その様子はまた現地取材を重ねご紹介いたします。
「岡山農園」さんの熊本スイカ『黒小玉bonbon』に、今年もぜひご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-03-19 18:06 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 平成30年度は小玉スイカを4月上旬、大玉スイカを4月中旬から出荷予定です!後編:着果棒

FLC日記 2018年3月5日(月) 雨(朝/暴風雨)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)もスイカの匠「大山ファーム」さんの夢スイカ、小玉スイカ『ひとりじめEX』、大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。
a0254656_16065534.jpg
日本一のスイカの産地、熊本県のスイカの旬は4月~6月です!
4月上旬よりの小玉スイカ『ひとりじめHM』、4月中旬よりの大玉スイカ『春のだんらん』の出荷に向け、現在、栽培ハウスで元気に成長中です。

a0254656_16024623.jpg本日のブログでは、昨日に続き、「大山ファーム」さんのスイカの栽培の様子をご紹介いたします。
こちらは、着果を確認した“着果棒”を立ててある、小玉スイカ『ひとりじめHM』です。

a0254656_16094029.jpgここは、熊本県合志市にあるスイカの匠「大山ファーム」さんのスイカの栽培ハウスの1つです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16124704.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
こちらは12月下旬の定植直後のハウスの様子です。

a0254656_16180916.jpgそのころは、ハウスのビニールを4重にして、さらに“キャップ”と呼ばれる農業資材を用い、スイカが育つ温度と湿度を保っています。
(特別にキャップを外して撮影)

a0254656_16231228.jpg定植後、ある程度成長すると、芽カギやつる引きと言った作業を施し、小玉スイカは18節目、大玉スイカは20節目に咲く雌花に交配(受粉)して、スイカの果実を実らせます。

a0254656_16321910.jpg「大山ファーム」さんでは、スイカの交配作業を手作業で行います。ハウスにミツバチを入れ交配を行う農家さんもいますが、その後の徹底管理を行うために全て手作業で、交配を終えると目印として毛糸を置いていきます。

a0254656_16342815.jpg交配後、果実が成長し、着果を確認すると毛糸と同じ色の“着果棒”を立てて目印とします。
「大山ファーム」さんでは10色の毛糸と着果棒を使用しています。

a0254656_16414151.jpg以前取材した収穫直前の様子です。
着果後まもなくはその大きさで、交配の時期が判断できますが、この頃になり大きさがそろうとなかなか判断はできません。
「着果が2日も違えば、スイカの味は全然変わってくるとたい。俺は納得できるスイカしか出したくなかけん、ピシャッと管理してベストな時期に出したかけん、毛糸も着果棒も10色そろえて管理しとるとたい。」
「大山ファーム」代表の大山陽一さんがそんな話をしてくれたことを思い出しました。

a0254656_16451580.jpgご覧ください!
大きさも色も同じように見える2玉のスイカ!
でも、着果棒の色が異なります。
きちんと管理された収穫時期まで待ち、それぞれの日に収穫を迎えるのです。

a0254656_17055186.jpg夏のイメージが強いスイカですが、日本一の生産量を誇る熊本県産のスイカの旬は、なんと4月~6月なんです。
寒さに耐えながら、じっくりとゆっくりと、時間をかけて育ったスイカは、糖度が高くなります。

a0254656_17035869.jpgスイカは、一般的には、糖度が11度を超えると美味しいスイカ!12度を超えるととても美味しいスイカ!!と言われています。
「大山ファーム」さんの4月上旬に出荷する小玉スイカ『ひとりじめHM』は、その糖度が昨年もなんと14.5度もありました!
ですから、めちゃくちゃ甘いスイカと言うことになります。

a0254656_16562115.jpg徹底管理と惜しまぬ手間ひま、多くの匠の技で育てられた「大山ファーム」さんが育てたスイカの美味さは、有名フルーツショップの「千疋屋」さんで最高級スイカとして販売されたという実績でも証明されています。

a0254656_17123448.jpg大玉スイカ『春のだんらん』も、スイカとしては最高級の糖度13度前後になります。
小玉スイカのソフトな食感と異なり、スイカならではの、シャキッとした食感も備わり、最も理想に近いスイカと言われています。

a0254656_17164418.jpgスイカの匠「大山ファーム」代表の大山陽一さんです。
普段はこの笑顔のとても気さくな方ですが、ことスイカのことになると、一切の妥協を許さないまさに“匠”なのです。

a0254656_17175774.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売いたします。
4月上旬より小玉スイカ『ひとりじめHM』、4月中旬からは大玉スイカ『春のだんらん』の出荷予定です。
初回の出荷日が決定し次第、ホームページでの受付もスタートしますが、もうすでにお電話にてたくさんのご予約を頂戴している、多くのリピート購入のお客様を持つ大人気商品です。

a0254656_17203853.jpg今年もまた、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の成長の様子や惜しまぬ手間ひま、そして匠の技を、現地取材にてご紹介していきます。
寒さに耐えながら、じっくりと育った甘いスイカにぜひご期待下さい!
でも、だれよりも期待して待ち遠しく思っているのは、スイカが大好きなこの私かもしれません(笑)。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-05 17:29 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 平成30年度は小玉スイカを4月上旬、大玉スイカを4月中旬から出荷予定です!前編:交配作業

FLC日記 2018年3月4日(日) 晴れ
平成30年度の熊本産、小玉スイカ『ひとりじめHM』の発送開始は、4月上旬からの予定です!
a0254656_17382281.jpg

同じく、平成30年度の熊本産、大玉スイカ『春のだんらん』は、4月中旬からの発送をスタートします!
a0254656_17401413.jpg


a0254656_17500062.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」が販売する、スイカの匠「大山ファーム」さんの「夢スイカ」、小玉スイカ『ひとりじめEX』、大玉スイカ『春のだんらん』は、弊社のネット独占販売商品です!

a0254656_18025911.jpgここ熊本県合志市にある、「大山ファーム」さんの「夢スイカ」の栽培ハウスの1つです。
この様な広い連棟建てのハウスで、収穫時期をずらしながら小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』を育てています。

a0254656_18120866.jpg「大山ファーム」さんでは、土壌微生物活性材『夢』を使って、天然微生物の力で、元気で土壌バランスの良い土を作り、さらに、天然ミネラル海藻エキス『海』で、不足するミネラルを補いながら、様々な作物を育てています。
その土壌微生物活性材『夢』を取って、「大山ファーム」さんのスイカを「夢スイカ」と称しています。

a0254656_18141980.jpg大玉スイカ『春のだんらん』の栽培ハウスの現在の様子です。
この時期は、毎日、交配(受粉)作業を行っています。
ハウスを進み、「大山ファーム」代表の大山陽一さんにお話をうかがいました。

a0254656_18183479.jpg「おはようございます!今年も順調そうですね!」と言うと、
「順調と言えば順調ばってん、とにかく今年は寒すぎて、温度管理が大変だったばい。」

a0254656_18210780.jpg「これなんかは、交配したばかりたいね!でも、もう着果棒ば立てて、しっかり成長しよるともあるとたい。あの寒さで、ちょっとばらつきはあるけど、その分しっかり手ばかけて育てにゃんたいね。」と大山さん

a0254656_18244188.jpg大山さんはそう話しながらも、手を休めることはありませんでした。
スイカの雌花に雄花の花粉をつける交配作業を、こうして1つ1つ行っているのです。

a0254656_18280608.jpgスイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界では、虫たちが媒体となって交配が行われますが、ここはハウスの中なので、手作業で交配(受粉)を行い、それを終えると、目印の毛糸を花のそばに置いていきます。

a0254656_18301286.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカなら、18節目の雌花に、大玉スイカならば20節目の雌花に交配します。
目印とする毛糸の色は、なんと10色を用意しています。

a0254656_18372648.jpg2日おきには色を変えていのです。
2日も違うと、収穫したときの味に大きな差が出のだとこだわり、徹底管理を行っているのです。
また、交配作業はスイカの花が最も元気な、10時~11時に集中して行います。

a0254656_18404718.jpg「今年は成長がまちまちで、10色でも足らんで、一回りしてまた最初の色にしよるとたい。最初に交配したとは、もうこうしてしっかり成長していきよるけんね。」

a0254656_18432712.jpg「小玉のハウスも見て良かけん、好きなだけ写真撮っていきなっせ。ちょっと忙しかけん、俺は作業に戻るばい。」
大山さんはそう言うと、また交配作業に戻っていきました。

a0254656_18452574.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。

a0254656_19191977.jpg大玉スイカ『春のだんらん』の栽培ハウスの取材を終え、小玉スイカ『ひとりじめHM』の栽培ハウスに移動しました。
その様子をご紹介したいのですが、本日は少々長くなりましたので、その様子は明日のブログで紹介いたします。

a0254656_19223584.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの「夢スイカ」、小玉スイカ『ひとりじめHM』と、大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。
現在は、毎日の交配作業が行われていますが、これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひま、そして匠の技を現地取材にてご紹介していきます。
明日のブログもお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-04 19:25 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 小玉スイカのつる引き後の様子 今年も甘いスイカを育てます!

FLC日記 2018年2月3日(土) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)もスイカの匠「大山ファーム」さんの夢スイカ、小玉スイカ『ひとりじめEX』、大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。
a0254656_16304845.jpg


a0254656_16320098.jpg熊本県合志市(こうしし)にある「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培ハウスに取材に伺いました。
こちらは、小玉スイカ『ひとりじめEX』の栽培ハウスです。

a0254656_16361308.jpg現在は、“つる引き”と呼ばれる作業を施してある状態です。
“つる引き”とは、スイカの苗の成長の過程で、一度伸びたツルを真ん中の通路の方へ引き寄せる作業のことです。

a0254656_16400071.jpgわかりやすい写真で説明しましょう!手前が通路側です。
伸びたツルを、丸くしながら手前(通路側)に引き戻してあるのがお分かりいただけますか?
もちろん、これにはきちんとした理由があるのです。

a0254656_16540373.jpg3月末の収穫直前の小玉スイカ『ひとりじめEX』の様子です。
定植直後は4重張りのビニールも、気温が上がるこの頃は2重となっています。
スイカが、真ん中にずらりと並んで育っているのが分かりますか?
通路と隣のハウスとの間の、ベストポジションにスイカを実らせているのです。

a0254656_16583144.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカは18節目、大玉スイカは20節目に咲く雌花に交配(受粉)して、スイカの果実を実らせます。
そのスイカたちが育つ環境が、最も日が当たり、温度も安定するハウスの通路と端の間の部分になるように配置するために、いったんツルを引き寄せ育てるのです。

a0254656_17080580.jpgこちらは、12月下旬の小玉スイカの定植直後の様子です。
この頃は、ハウスのビニールを4重にはり、さらに苗にはキャップと呼ばれるピラミッド状の白い紙をかぶせています。

a0254656_17095388.jpg苗が幼く、寒さが厳しいこの頃は、農業機材のキャップをかぶせておくことで、その中の温度や湿度が安定し、苗が育つ良い環境が整えられます。
「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめEX』は、12月に定植して、3月下旬または4月上旬からの収穫を迎えます。

a0254656_17183187.jpg夏のイメージが強いスイカですが、日本一の生産量を誇る熊本県産のスイカの旬は、なんと4月~6月なんです。
では、なぜそんな寒い時期にスイカを育て、夏を迎える前に収穫するのでしょう?

a0254656_17213574.jpgそれは甘いスイカを作り上げるためです。
こちらは、現在の様子です。
寒さに耐えながら、じっくりとゆっくりと、時間をかけて育ったスイカは、糖度が高くなります。
スイカは、一般的には、糖度が11度を超えると美味しいスイカ!12度を超えるととても美味しいスイカ!!と言われています。

a0254656_17240888.jpg「大山ファーム」さんの4月上旬に出荷する小玉スイカ『ひとりじめEX』は、その糖度が昨年もなんと14.5度もあったんですよ!
その美味しさゆえ、有名フルーツショップの「千疋屋」さんで最高級スイカとして販売されたという実績があります。

a0254656_17270494.jpg大玉スイカ『春のだんらん』も、スイカとしては最高級の糖度13度で、シャキッとした食感も備わり、最も理想に近いスイカと言われています。
ただ、寒い時期に育てさえすれば、そんなに甘いスイカになるというものではありません。

a0254656_17345113.jpg「大山ファーム」さんの惜しまぬ手間ひまと、徹底管理、そして数々の匠の技があってこそ、“本物”と呼べる至高のスイカができるのです。
こちらは、昨年2月中旬に取材した、交配(受粉)作業の様子です。

a0254656_17363681.jpg雄花の花粉を、1つ1つ雌花に着けて受粉を行うのです。
その作業は、10~11時の最も花が元気な時間にのみ行います。
もちろん、小玉スイカなので、この花は18節目に咲いた花です。

a0254656_17334579.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。

a0254656_17181789.jpg「大山ファーム」代表の大山陽一さんはいつもこう話します。
「俺は農作物を育てるのは足し算じゃなくて掛け算てとらえとるとたい。10点満点で1点差があるなら、掛けていくと最後には大きな差がつくでしょ?だけん、どの作業においても常に満点ば取りにいくとたい。」

a0254656_17502628.jpg大山さんが話したことを解説するとこうなります。
例えばスイカ栽培において、定植の時期やその後の温度管理、今回取材したつる引き作業、これから取材する交配作業などなど、たくさんの作業工程を経て収穫を迎えるのだが、それを掛け算ととらえることで、満点を取り続けなければ、最後には大きな差が着くのだということなのです。

a0254656_17213389.jpg普段は、この笑顔からもわかるように、冗談ばかりを言うとても気さくな方ですが、ことスイカに関しては一切の妥協を許さない“匠”なのです。
もう何年も現地取材してきた私は、大山陽一さんに、全幅の信頼をよせてます。

a0254656_17573095.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売いたします。
4月上旬より小玉スイカ『ひとりじめEX』、4月中旬からは大玉スイカ『春のだんらん』、小玉スイカ『ひとりじめHM』の出荷予定です。
今年もまた、スイカの成長の様子や惜しまぬ手間ひま、そして匠の技を、現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-02-03 18:00 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

大玉スイカ『祭りばやし』 今年も「岡山農園」さんの『祭りばやし』をネット独占販売!本日より受注スタート!

FLC日記 2017年5月18日(木) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年)も、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産大玉スイカ『祭りばやし』をネット独占販売いたします。
a0254656_17283380.jpg
本日より、予約販売の受付をスタートしました!
収穫した中から、選びに選び抜いた“極選”の『祭りばやし』を出荷するため、毎回の出荷数を限定した、完全予約制での販売です。
初回の出荷日は5月26日(金)です!
以降、毎週火曜日と金曜日の出荷です。

a0254656_17321226.jpg朝採り新鮮そのものを、即日発送でお届けいたします。
1玉入りと、お買い得な2玉入りでの販売です。
大玉スイカならではのあのサクッとした食感と、糖度12度を超えるみずみずしい果汁をご賞味ください!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方はこちら! ↓

「FLCパートナーズストア」
「熊本産スイカ」



a0254656_17395411.jpgここは、熊本県山鹿市鹿央町の匠の農家さん「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』の栽培ハウスです。
太陽の光と、大地の恵、「岡山農園」さんのたくさんの愛情を受け、現在とても元気に成長中です!

a0254656_17450400.jpgスイカの1玉1玉には、着果棒といって、色分けされた目印の棒を横に立てています。
交配(受粉)の時からスイカ達は管理され、出荷する日にちの目安にするのです。

a0254656_17503174.jpgこちらは、この時期に行われる、最後の作業“玉返し”の作業の様子です。
玉返しとは、スイカの成長の過程で、果実に満遍なく陽が当たり全体的にしっかりと色づき、スイカを丸々全て甘く育てるために、スイカの向きを変える作業のことです。
「岡山農園」さんでは、1玉のスイカを育て上げるのに、5回か6回ほどは玉返しをします。

a0254656_17534804.jpg「岡山農園」さんは、岡山和功さん、岡山祐大さん(写真)のご兄弟と、お父様の忠和さん、お母様の文代さんの惜しまぬ手間ひまと徹底管理で、最高級のスイカやメロン、様々な野菜を育てる、まさに“匠”の農家さんです。

a0254656_18052172.jpgこちらは、苗床の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18081839.jpgもちろん、「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
元気に芽吹いていますが、実はこれスイカではなく、かんぴょうの苗なんです。

a0254656_18104866.jpg同時期のスイカの苗はコチラ。
よく見ると、スイカの黒い種があるのがわかると思います。
かんぴょうより1週間ほど遅らせて種を撒きます。
スイカなのになぜかんぴょう?
せっかく芽吹いてるのになぜ切り取られてるの?

a0254656_18132868.jpgそう思われた方も多いはず!
実は、スイカは、かんぴょうの苗に接木して育てるのです。
スイカの苗を斜めに切り、かんぴょうの苗の双葉の間に穴をあけ、そこにスイカの苗を接いで育てます。

a0254656_18151837.jpg双葉までがかんぴょうで、その先はスイカです。
根を張る力が強いかんぴょうにスイカを接いで育てることで、スイカは元気に育ちます。
先ほど、年間を通して現地取材していると申しましたが、時にはお手伝いもしています。

a0254656_18210869.jpgその様子がコチラ!
和功さんにご指導いただきながら、スイカの接木作業を行っています。
こうしてお手伝いをしながら、作物を育てる苦労や喜びをともに感じてきました。

a0254656_18251696.jpg苗床で一定期間育て、栽培ハウスに定植します。
「もしかしたらこの苗は、笠さんが継いだものかもしれませんね!」
佑大さんがそう言いながら笑っています。

a0254656_18365376.jpg定植後は様々な作業が待っています。
芽カギ、つる引き、交配(受粉)(写真)、摘果、着果棒立て、玉返しなどなどです。
それらの作業を、ベストなタイミングで、的確な方法で行ってこそ、美味しいスイカになるのです。

a0254656_18423210.jpg「岡山農園」さんでは、1本の苗から3本のつるを伸ばしスイカを育てます。
でも、実らせるのは、たったの1玉です。
その1株が全力で、たった1玉の至高のスイカを育て上げるのです。

a0254656_18413177.jpgちなみに、スイカの果皮にある白い粉のようなものは、ブルーム(bloom:果紛)です。
ぶどうやキュウリ、リンゴなどではよく見かけますよね。
果実の水分蒸発を防ぎ、病気などから果実を保護するために、果実から自然に分泌されている天然物質で、人体には全く無害なものなんですよ。

a0254656_18491234.jpg全く問題ないブルームですが、「岡山農園」さんではスイカをきれいにふきあげ、緑と黒のシマシマがきちんとわかるようにして出荷します。
もちろん、その新鮮さがよくわかるように、こうしてツルをつけたままでの出荷です。

a0254656_18572299.jpg大玉スイカ]『祭りばやし』は、豊円型で割った時の空洞がないのも特徴の一つです。
果肉はしっかりしていて、大玉スイカならではのシャリシャリした食感が楽しめます。
どちらかと言えば、シャリシャリより、サクサクの方がぴったりではないでしょうか!
糖度も12度を超え、スイカの糖度としては最高級です。

a0254656_19033118.jpg一般流通でスーパーなどで販売されるスイカは、収穫後、約1週間ほどたってから店頭に並びます。
しかし、弊社の『祭りばやし』は、出荷する朝に収穫し即日発送でお届けいたします。
しかも、収穫した中から、選びに選びぬかれた“極選”のスイカのみの数量限定、完全予約制の販売です!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『熊本産スイカ』のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-18 19:06 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 大玉スイカ『春のだんらん』大好評販売中!日本一のスイカの産地熊本のスイカの旬は4~6月です!!

FLC日記 2017年4月25日(火) 晴れのちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売しています。
a0254656_16573647.jpg
現在は、大玉スイカ『春のだんらん』を大好評販売中です!
日本一のスイカの産地、熊本県のスイカの旬は4月~6月!
「FLCパートナーズストア」では、全国のお客様に、極甘の朝採りのスイカをお届けしています!!

a0254656_17001229.jpgスイカは、一般的には、糖度が11度を超えると美味しいスイカ!
12度を超えるととても美味しいスイカ!!と言われています。
「大山ファーム」さんの『春のだんらん』は、スイカ本来の、あのシャリシャリッとした食感で、糖度13度前後とバツグンの甘さです!
1玉入りまたは2玉入りでの大玉スイカ『春のだんらん』を、毎回の出荷数量限定、完全予約制での販売です。

a0254656_17044366.jpg「自分が納得できないスイカは、絶対に出さん!」と頑固なまでにこだわりぬく匠が育てたスイカならではの、数量限定、完全予約制販売です。
特に、母の日ギフトや誕生日など、お届け日の指定がある場合はお早めにご注文下さい!

今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!



a0254656_17141212.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんの大玉スイカ『春のだんらん』の栽培ハウスです。
この様な広い広い連棟建ての数ヵ所のハウスで、出荷時期を長くするため、定植時期をずらしながら『春のだんらん』は育てられています。
ここは、今まさに収穫を迎えている栽培ハウスです。

a0254656_17172612.jpg「大山ファーム」さんでは、土壌微生物活性材『夢』を使って、天然微生物の力で、元気で土壌バランスの良い土を作り、さらに、天然ミネラル海藻エキス『海』で、不足するミネラルを補いながら、様々な作物を育てています。

a0254656_17241887.jpg本日紹介しているスイカの他には、『夢キュウリ』、『夢白菜』などがあり、いずれも“本物”と呼べる美味しさと安全性で、高い評価を得ています。
その中でも、スイカが最も高い評価がつけられています。

a0254656_17275065.jpgその美味しさは、有名フルーツショップ「千疋屋」さんで最高級スイカとして販売された実績を持つことでも証明されています。
写真は千疋屋さんでも販売された「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめEX』です。
※平成29年度の小玉スイカ『ひとりじめEX』の販売は終了しました。

a0254656_17330620.jpgこちらは、大玉スイカ『春のだんらん』の定植の様子を現地取材に行った際の写真です。
「大山ファーム」さんは、毎年12月下旬か1月上旬に最初に収穫するハウスの定植を行います。

a0254656_17372126.jpg「大山ファーム」代表の大山陽一さんです。
「この寒か時期に定植して、寒さに耐えながらじっくりと育つスイカが糖度が上がるとたい。だけん、一般的にスイカの旬と言われる7~8月に収穫を迎えるスイカは俺は作りよらんとたい。」

a0254656_17420170.jpg一切の妥協を許さず、惜しまぬ手間ひまをかけスイカを育てます。
2月中旬のスイカの交配(受粉)作業の様子です。
熊本の旬を販売する「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「大山ファーム」さんのスイカ栽培の様子を、もう何年も年間を通して現地に伺い取材してきました。

a0254656_17480084.jpgスイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界では、昆虫たちが雄花と雌花の間を飛び回り受粉が行われますが、ハウスの中ではそうはいきません。
雄花を摘み取り雌花に花粉をつける交配作業を1つ1つ行うのです。

a0254656_17493583.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカなら、18節目の雌花に、大玉スイカならば20節目の雌花に交配を行います。
それらが、スイカが最もおいしく育つ花だからです。
交配作業を終えると、そのしるしに毛糸を置いていきます。

a0254656_17520385.jpgこちらは、すでに交配作業が終わり、花がしぼみ小さなスイカが成長しています。
毛糸の色は、2日ごとに変えています。
交配をした日をめどに出荷しますが、3日もそれが違えば出荷の時期や果実の味が大きく異なるからです。

a0254656_17585206.jpgスイカの果実がきちんと着果し成長し始めたことを確認すると、交配作業の時の毛糸と同じ色の棒をたて、目印にします。それが着果棒です。
「大山ファーム」さんでは、小玉スイカは3本に仕立て2玉を育て、大玉スイカは2本に仕立て1玉育て、スイカを収穫します。

a0254656_18065201.jpgこちらは、大玉スイカの先端(生長点)の様子です。
20節目の雌花に交配した後も、スイカのつるを伸ばしています。
そこまではスイカを大きく育てるため、そこから先はスイカを甘く育てるための葉っぱです。

a0254656_18112427.jpg着果棒を立てるころ、ハウスの通路には小さなスイカがゴロゴロしています。
それは、摘果と呼ばれる作業で、大玉スイカの場合、2本に仕立てたツルのより良い方だけを残し、もう1本のツルのスイカはこうして摘んでいくのです。

a0254656_18160359.jpg選ばれたスイカたちは、中央の通路と端の間のハウスの中で最も日が当たるベストポジションに1列に並んで育てられます。
そしてその間に、果皮が全体的に色付き、果肉もどこを食べても美味しいように、5回もの玉返し作業を行い、満遍なく日を当てていきます。
「俺は、自分が納得できないスイカは絶対に出さん!だけん、『あの時もう少し手をかけてあげればよかった・・・』なんてことは、許されん!それは、俺もうちのスタッフも同じ!しっかり手をかけてきたからこそ、自信をもっておすすめできるスイカになるとたい!」
大山さんが以前そんな話をしたことを思い出しました。

a0254656_18235316.jpg昨日、最新の様子を取材に行った帰りに、大山さんのご自宅に伺うと、大山さんがこう話しました。
「今年も確認ばってんたい!明日が出荷日でしょ?明日、出荷したスイカは、笠くんとこでは、翌日か翌々日には、お客様のとこに届くとよね?」

a0254656_18341759.jpg「はい!もちろんです!!今年も大山さんとの約束通り、そのスケジュールで届くよう手配しています。」と答えると、
「それならよかった!ベストなタイミングで、朝採りで収穫してよるとだけん、一番美味か時に食べてもらいたかけんね!!」
大山さんは、頑固なまでのスイカにこだわりを持った“匠”です。
ですから、大山さんと販売契約を結ぶとき、「翌日か遅くとも翌々日までには、必ずお客様に届けるよう出荷すること!」と言う約束をしています。

a0254656_18302450.jpg「特に大玉スイカは、シャリっとしたスイカならではの食感があってこそ、美味いわけたい。もちろん、糖度は12度はなかといかんね!スイカは、切って食べてみらんことにはわからんとばってん、俺が判断して、美味い!と思えるのだけしか出さんし、ベストな状態のものを出荷するとたい。食べてもらって、もし、「美味しくないね!」なんて思われたら、その信頼を取り返すことはできんけん、今年も念のため配達スケジュールば確認したとたい。」

a0254656_18374723.jpg大山さんは、普段はとっても気さくで楽しい方ですが、ことスイカに関しては、この話でも分かるように、頑固なまでのこだわりを持っています。
だからこそ、私は100%の信頼で、大山さんが育てたスイカを「FLCパートナーズストア」で販売しているのです。

a0254656_18392390.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売しています。
匠のこだわりゆえの、数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ぜひ“本物”と呼べる美味さを、ご堪能ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-04-25 18:44 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)