人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:アスパラ ( 29 ) タグの人気記事

「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』 立茎を終え大好評発売中です!

FLC日記 2017年7月12日(水) 雨のちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「古川果樹園」さんの、なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』を大好評発売中です。
a0254656_16380079.jpg


a0254656_16403715.jpg現在は、立茎の期間を終え、朝採りの新鮮な「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」を、全国のお客様へ大好評販売中です。
2Lサイズ(数量限定)、Lサイズ(写真)、Mサイズとご利用方法に応じた商品をそろえています。
ぜひ、ホームページをのぞいてみてください。

↓ 今すぐご注文したい方、詳細を知りたい方はこちら!! ↓



a0254656_16453570.jpgここは、熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんの、なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』の栽培ハウスです。
とてものどかな里山で、なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』は育てられています。

a0254656_16470465.jpgハウスと言えども、入り口や両サイドは開いています。
ハウスは、言わば屋根替わりで、あくまで雨風から大切なアスパラを守るための設備で、加温をして育てているのではありません。

a0254656_16485147.jpgこれがアスパラ?とお思いになった方も多いはず!
では足元を見てみましょう!
アスパラガスはユリ科の多年生の植物で、春から夏にかけて出てくる新芽を食べる野菜です。

a0254656_17062544.jpgこちらは、3月下旬のアスパラガスが立ち始めたころの様子です。
地面から芽吹いた新芽が、私たちが食すアスパラガスになるのです。
イメージとしては、たけのこのような感じですね!

a0254656_17202005.jpg5月上旬になると、一時収穫はストップです。
「立茎」と言って、芽吹いたアスパラをそのまま成長させ親にするのです。
一定の高さまで成長したら、芯(生長点)を止めます。

a0254656_17395205.jpgこちらが現在の様子。
こうしてしっかりと親が育ち、葉っぱも茂ってきたころからは、また新たに芽吹いたアスパラたちの収穫を再開します。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_17430926.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」も、こうして年間を通して現地取材してきました。
「古川果樹園」の古川孝人さん、アツ子さんご夫妻です。

a0254656_17481618.jpg安心、安全そしてもちろん美味しいにこだわり、とことん手をかけて様々な作物を育てています。
ご覧ください!
日々の収穫と同時に草をとっていくので、ホント草1本生えてません。

a0254656_17543666.jpg本日ご紹介している、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』の他にも、『種なしかぼす』(8月中旬より出荷)、『太秋柿プレミアム』、『山竹たけのこ』と言った、弊社の大人気商品も生産しています。
いずれも、こだわりの栽培方法で作り上げる“本物”と呼べる逸品です。

a0254656_17553772.jpgとりわけ、『太秋柿プレミアム』は、「古川果樹園さんの『太秋柿』を食べたら、もう他のは食べれません!」と、すでに今年の10月の販売分をご予約されているほどの大人気商品です。

a0254656_17565547.jpg「この時期は、朝と夕方の2回アスパラば収穫するとたい!“朝採りアスパラ”の方が、断然うまかけん、笠さんところには、商品名に〝朝採り”てしとるわけたい。必ず朝採りのアスパラば出しよるばい!」

a0254656_18090125.jpg「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんが育て上げた、なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』をネット独占販売しています。
ただし、古川さんのこだわり「朝採り」のアスパラを、その日のうちに即日発送するため、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-07-12 18:09 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

アスパラ 「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」大好評販売中!この後は立茎の時期!数量限定の販売となります!

FLC日記 2017年5月4日(木) 晴れ

a0254656_16485005.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんのなごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』をネット独占販売いたします。
朝採り新鮮そのものの『グリーンアスパラガス』を、即日発送いたします!
a0254656_16492873.jpg


a0254656_16512263.jpgここは、熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんのアスパラの栽培ハウスです。
のどかな田園風景の中で、『なごみの里の朝採りグリーンアスパラ』を生産しています。

a0254656_16541294.jpg『アスパラガス』は、古代ギリシャ時代には、薬用植物とされていたほどの、栄養価の高い食材です。
栄養ドリンクにも使われるアスパラギン酸を多く含み、疲労回復や新陳代謝を高める効果があるとされています。
穂先に含まれるルチンは血管を強くして、血圧を下げる働きがあります。
カロチンやビタミンB1、B2、Eなども豊富に含まれています。
また、ガンなどの病気の原因をつくる活性酸素を抑える働きをもつグルタチオン、動脈硬化を防ぐ葉酸も含まれていて、健康に!美容効果に!大変注目されている食材です。

↓ 今すぐご注文したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』


a0254656_16572675.jpgなごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』の収穫の様子です。
「古川果樹園」の古川孝人さん、アツ子さんが、夜明けと同時に収穫を始めていました。
慣れた手つきでとても手際よく行っています。

a0254656_17572466.jpgアスパラガスは多年生の植物です。
冬の間は、地中にて冬眠しています。
春先には、地中にため込んだ養分で、こうして芽吹いてくるのです。
私たちが通常食べるアスパラガスは、その新芽の部分です。

a0254656_17115645.jpgちなみに、芽吹いたアスパラを収穫せずにそのまま育てると、こんな感じになるんです!
これは、6月下旬の立茎後の写真です。
立茎とは、親とするアスパラを育てることです。

a0254656_17173838.jpgこちらがその様子です。
5月中旬ころから、親とするアスパラを育てます。
親とするアスパラを残すため、その頃は収量が減ってしまいますが、毎年きちんと育てていくために必要なことなのです。

a0254656_17233182.jpg「こぎゃんして、できるだけ満遍なく親ば立てるようにして残すとたいね。新しく出てきた分は、親にしたととの距離が近すぎるといかんけん、それは収穫するとたいね。春の立ち始めた時は、全部収穫するばってん、この頃はピシャッと考えながら収穫せにゃんたい。」
古川さんがその取材の際にそう話してくれたのを思い出しました。

a0254656_17415447.jpgさてこちらは、先日取材に伺った収穫の様子です。
「笠さんは、ずっと俺たちのアスパラ栽培ば見てきとるけん分かるだろうばってん、今年は立ち始めるののほんと遅かったもんなぁ~。」と古川さん。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17461356.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」の栽培の様子も、もう何年も現地取材してきました。
「毎年4月上旬から笠さんとこにも出荷しよったばってん、今年はずいぶん遅くなったね。でも、これくらい収量があれば良いけど、収穫した中から、良いのだけを笠さんとこのお客さんには出したいからねぇ~。」アツ子さんがそう話しながら手際よく収穫しています。

a0254656_17502315.jpg「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』として笠さんとこに出しよるでしょ?夜の間に成長したとの方が、柔らかくて美味しかとたい。こしこ太くても柔らかくてとてもうまかばい!」
古川さんが、収穫したての自慢のアスパラを見せてくれました。

a0254656_17541875.jpg収穫用のハサミに取り付けた、目印の長さ以上のものだけを収穫します。
そして、下の部分を切りそろえ、大きさ(太さ)に分けて出荷します。
現在は、2L、L、Mと、ご希望のサイズをお届けしています。

a0254656_18090736.jpgまぁ、それにしても、いつ伺ってもしっかりと手をかけてある栽培ハウスです。
古川ご夫妻が、惜しみない手間ひまをかけ、大事に育てているのです。
また、ハウスと言えども加温するのではなく、あくまで雨風からアスパラを守るための、いわば屋根のようなもので、ハウスの両サイドや入り口は開いています。

a0254656_18114505.jpg「笠さんとこのお客さんは、『古川さんとこアスパラを!』って注文もらうわけだけん、しっかり良かとば出しよるばい。それに、全国のお客さんから『美味しい!』のお声をいただくと、やっぱ張り合いもあって、頑張ろうって思えるたい!」
古川さんご夫妻は、そんな話をしながらツーショット写真の撮影に応じてくれました。

a0254656_18155774.jpg「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラガス』を、今年もネット独占販売しています。
朝採りの新鮮さはもちろんのこと、有機肥料をふんだんに使った元気な畑、古川さんご夫妻の愛樹たっぷりの惜しまぬ手間ひまで育ったアスパラは、味わい深い甘味があり、“本物”と呼べる逸品です。

a0254656_18164493.jpgとりわけ、2Lサイズのアスパラ(写真)は、この時期だけのとても貴重な商品となってます。
「古川果樹園」さんのなごみの里の『朝採りグリーンアスパラガス』のご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-04 18:20 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」 今年は桜も遅かったごつ、アスパラもだいぶ遅れとるばい!

FLC日記 2017年4月10日(月) 雨(強風)

a0254656_17415097.jpg「今年は、熊本の桜の開花も10日くらい遅かごつ、うちのアスパラたちもだいぶ遅れとるばい。まだ、数えるしこしか立たんとたいね。例年なら、この4月の中旬ころは、いっぱい立っとかんといかんとばってんなぁ・・・。」匠の農家さん「古川果樹園」の古川孝人さんが、そう話しました。
a0254656_17440067.jpg
ここは、熊本県玉名郡和水町(なごみまち)三加和(みかわ)にある、「古川果樹園」さんの、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』の栽培ハウスです。

a0254656_17463440.jpg1週間前の、4月4日に現地取材に伺いました。
「古川果樹園」さんの、アスパラのハウスは、言わば屋根替わりで、あくまで雨風から大切なアスパラを守るための設備で、加温をして育てているのではありません。
ハウスと言えども、入り口や両サイドは開いています。

a0254656_17544355.jpgこちらは、例年のこの4月上旬の様子です。
毎年、3月の終わりには立ち始めます。そして、この時期になるとこうして乱立していたのですが、今年はなかなか芽吹いてくれません。

a0254656_17572879.jpgこちらは、同日の出荷場にて撮影したもの!
この時期は、このような2Lサイズの太めのアスパラが収穫でき、きれいに切りそろえ束ねて次々に出荷されていました。

a0254656_18053491.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、、「古川果樹園」さんの、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」を毎年ネット独占販売しています。

a0254656_18093390.jpgなごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』は、商品名にあえて“朝採り”と入れるこだわりの新鮮さと、柔らかさと美味しさで、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
今年もすでにたくさんのご予約を頂戴していますが、まだ初出荷ができていません。

a0254656_18124894.jpg「古川果樹園」の古川孝人さんです。「もう20年以上もここでアスパラば育てよるばってん、こぎゃん遅かこつは初めてばい!」
「確かのそうですよね!私もずっとその栽培の様子を見てきましたが、今年のようなことはなかったですもんね!」

a0254656_18174742.jpg私は、古川さんの言葉にそう答えながら、写真を撮りました。
ここに1本見事なアスパラが立っているだけで、その向こうには全く見えません。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18214246.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」の栽培の様子も、もう何年も現地取材してきました。
収穫の様子だけではなく、その全てを取材しています。
こちらは、12月~1月に行われる、親株を片付けている様子です。
アスパラガスはユリ科の多年生の植物で、春から夏にかけて出てくる新芽を食べる野菜です。

a0254656_18284363.jpg例えるならば、今が旬の「たけのこ」のような感じですね!
こうして芽吹いたものを一定の長さまで成長させ収穫します。
5月中旬から6月中旬には、“立茎”と言って、収穫せずにそのまま成長させ、親株を立てていきます。

a0254656_18315761.jpg立茎を終えた夏の栽培ハウスは、春の時期とは一変します。
青々と茂っているのが、親として立てたアスパラガスです。
収穫せずに成長させると、このようになるのです。

a0254656_18394631.jpg毎日「古川果樹園」さんでは、収穫する際に雑草を取り除いているので、いつ伺ってもこうしてきれいな栽培地です。
先ほど、たけのこに例えましたが、親として立てたものは、たけのこが成長した竹とは異なり、冬になると枯れてしまいます。

a0254656_18462230.jpgその枯れたものをそのまま放置しておくと、病気の原因になるので、冬にすべて取り除くのです。
夏の間に茂った親が、地下茎にたくさんの養分をため込み、冬の間は冬眠し、春になるとこうして芽吹いてくるのです。

a0254656_19000992.jpgさて、こちらは4月4日現地取材した様子です。
古川孝人さんと奥様のアツ子さんが作業をしています。
「本来なら、朝早くからアスパラの収穫でてんてこ舞いしてるとこだけど、今年はねぇ~。だから、通路のマルチビニールを張り替えていたとこなの。」とアツ子さん。
「古川果樹園」さんは、この仲良しご夫婦で、惜しまぬ手間ひまをかけ、様々な“本物”と呼べる農作物を育てる匠の農家さんです。

a0254656_19042611.jpg本日紹介している、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」をはじめ、匠が育てる『太秋柿』(写真)、熊本産高級『種なしかぼす』、『山竹たけのこ』などを生産しています。
いずれも、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売している大人気商品です。

a0254656_19085872.jpg「まだ、数えるほどしか立ってこんもんだけん、出荷はもうちょっと待って!笠さんとこのお客さんは、毎年楽しみにしてくれとるけん、ある程度収量が増えて、その中からしっかり良かとだけば選んで出したかけんね!」
古川さんが取材の最後のそう話してくれました。

a0254656_19150526.jpg「古川果樹園」さんの、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』を、楽しみにされているお客様も多いこととは思いますが、初出荷はもう少々お待ちください。
必ず今年も、柔らかく、甘く、みずみずしいまさに“本物”と呼べる味わいのアスパラガスをお届けいたします。
出荷準備ができ次第、ホームページにアップいたしますので、「FLCパートナーズストア」のホームページもお見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-04-10 19:19 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」 不要な葉っぱや種を焼き払って元気なアスパラを育てます!

FLC日記 2016年1月10日(火) くもり

a0254656_17195752.jpg「なるべく消毒はしたくなかけんなぁ~、こぎゃんして冬の間にバーナーで落ち葉や種ば焼き払うとたい。すると、病気も出らんし、害虫の駆除にもなるとたいね。この手間ひまばかけよるけん、同じ株でやがて20年育てるばい。しっかり手ばかけるけん、連作障害も株の弱ることもなかたいね!」

a0254656_1721776.jpgここは、熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんの、なごみの里の『グリーンアスパラ』の栽培ハウスです。
「古川果樹園」の古川孝人さんが、私にそう説明すると手際よく作業を始めました。
バーナーのものすごいごう音と熱です!
恐る恐る後ろから写真を撮っている私に、「どうせなら、前から写すたい!」と古川さん。
回り込み、前から撮影しました!
a0254656_1726786.jpg

a0254656_1734475.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、、「古川果樹園」さんの、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」をネット独占販売しています。

a0254656_17483796.jpg「FLCパートナーズストア」で販売しているのは、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」です。
商品名にあえて“朝採り”と入れています。
前日に芽吹いたアスパラが、その日と翌日の朝までに成長し、収穫の長さにまで育ったものだけを、朝採り即日発送でお届けしています。
販売期間は、3月中旬から8月下旬までで、新鮮さと美味しさで弊社の大人気商品です。

a0254656_17514587.jpgこちらは、現在の栽培ハウスの様子です。
とてものどかな山あいで、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」は育てられています。
ハウスと言えども、入り口や両サイドは開いています。

a0254656_1754151.jpgハウスの中はこんな感じです。
ハウスは、言わば屋根替わりで、あくまで雨風から大切なアスパラを守るための設備で、加温をして育てているのではありません。
アスパラガスはユリ科の多年生の植物で、春から夏にかけて出てくる新芽を食べる野菜です。
冬の時期は、地中で冬眠している状態です。

a0254656_17581315.jpgこれは4月上旬に撮影した写真です。
アスパラガスは、例えるならタケノコのように、こうして地面から芽吹いてくるのです。
一定の長さまで成長したものを収穫します。
5月中旬から6月中旬までの1か月ほどは、“立茎”と言って、アスパラの収穫せずに、そのまま成長させ、親株を立てていきます。

a0254656_1802426.jpg8月中旬の様子です。
親株が青々としてとても元気ですね。
この親株が貯めた栄養で、また次の年の春には新しく芽吹いてくるのです。
もちろんこの時期も、根元には、次々にアスパラが芽吹いています。

a0254656_1851640.jpg親株は、冬になるとこうして色づき枯れていきます。
枯れた親株は、全て摘み取り処分します。
しかし、その際にどうしても枝葉が落ちてしまうのです。

a0254656_18115852.jpgその撤収作業の様子がコチラです。
古川孝人さんと奥様のアツ子さんの仲良しご夫婦の惜しまぬ手間ひまで、1本1本きれいに取り除いていきます。
「しっかり役目をはたして、地下茎に栄養分ばため込んでくれたこの枯れた親株たちば切り取って片付けにゃんとたい。こればピシャッとしとかんと、来年病気の発生する可能性が出てくるとたいね。」
古川さんがそう説明してくれました。

a0254656_18153289.jpg摘み取った親株はトラックで積み出し処分しますが、アスパラの葉っぱはとても細かく、このように落ちてどうしても栽培場に残ってしまいます。
それを、冬の時期にバーナーで焼き払うのです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_1819944.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」の栽培の様子も、もう何年も現地取材してきました。
そして本日、バーナーを使って焼き張る作業を、現地取材してきたのです。

a0254656_18232228.jpg「良か作物ば作ろうと思うなら、しっかり手ばかけんとでけんとたい。」古川さんがそう笑顔で話しました。
「古川果樹園」さんは、今日ご紹介する「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」をはじめ、匠が育てる『太秋柿』(写真)、熊本産高級『種なしかぼす』(写真)、『山竹たけのこ』などを生産する匠の農家さんです。

a0254656_18253490.jpgいずれも、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
現在は、無農薬・無化学肥料で育てられた『種なしかぼす』(黄金色に色づいたかぼす)を大好評販売中です。

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』


a0254656_18314025.jpg「お父さんが一人で頑張って、全部焼いてしまうでしょ?「何もそこまでせんでも!」なんていう人もおるばってん、やっぱりこうして徹底して毎年作業場してきたけん、良かアスパラのできるたいね。笠さんとこのお客さんからも、毎年たくさんお褒めのメールやお電話をいただくから、すごくやりがいもあるのよ!」アツ子さんがそう笑顔で話しました。

a0254656_1840264.jpg焼却作業が終わると、石灰をまきその後有機肥料をふんだんに与えます。
時期を見て、潅水(作物に水を与えること)をして、3月上旬からまたアスパラが芽吹いてきます。
私も楽しみでなりません。
今年の「古川果樹園」さんの、なごみの里の『グリーンアスパラ』にもぜひご期待ください!
これからも、現地取材で惜しまぬ手間ひまや成長の様子などご紹介していきます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-01-10 18:44 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」 こだわりの朝採りアスパラはやっぱり美味い!大好評販売中!!

FLC日記 2016年8月15日(月) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、、「古川果樹園」さんの、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」を大好評発売中です!!
a0254656_17461673.jpg

a0254656_17523416.jpgアスパラガスには緑色の「グリーンアスパラガス」と、白い「ホワイトアスパラガス」がありますが、「FLCパートナーズストア」で販売しているのは、「グリーンアスパラガス」です。
ホワイトアスパラガスは、日光が当たらないように栽培したもので、品種が異なるわけではありません。
アスパラガスは、その栄養価が注目され、中国でも古くから、高血圧やスタミナ増強、血液の浄化といった作用があるとされていたスーパーフードです。

a0254656_1825880.jpgアスパラガスは、例えるなら「竹の子」のように、地面から芽吹いた新芽(茎)を食する食べ物です。
地面から芽吹いたばかりは、このように白いのですが、太陽の光を浴び、あの鮮やかな緑色になります。

a0254656_1810292.jpg「FLCパートナーズストア」で販売しているのは、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」です。
商品名にあえて“朝採り”と入れています。
前日に芽吹いたアスパラが、その日と翌日の朝までに成長し、収穫の長さにまで育ったものだけを、朝採り即日発送でお届けしています。
朝採り、新鮮な『グリーンアスパラガス』を、ぜひ一度ご賞味ください!

↓ 今すぐご注文したい方、詳細を知りたい方はこちら!! ↓
「FLCパートナーズストア」
なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』


a0254656_18142819.jpgここは、熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんのアスパラのハウスです。
のどかな里山の中にある栽培ハウスで、有機肥料をふんだんに与えて元気にアスパラを育てています。

a0254656_18153696.jpgハウスと言えども、入り口や両サイドは開いています。
ハウスは、言わば屋根替わりで、あくまで雨風から大切なアスパラを守るための設備で、加温をして育てているのではありません。

a0254656_18205779.jpgハウスの中に入ってみましょう!
これがアスパラガスを栽培している圃場です。
この時期は、“立茎(りっけい)”と言って、親となるアスパラガスを立て、新たに芽吹く新芽を収穫する時期です。

a0254656_18232464.jpgちなみにこれは、4月上旬の様子。
親を立て始める5が上旬までは、出てくるアスパラガスは採り放題です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_1826574.jpg生産農家の「古川果樹園」さんの、古川孝人さん、アツ子さんご夫妻です。
私は、もう何年も、こうして年間を通して、「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」の栽培の様子を現地取材してきました。

a0254656_18284257.jpg「古川果樹園」さんは、今日ご紹介する「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」をはじめ、匠が育てる『太秋柿』(写真)、熊本産高級『種なしかぼす』(写真)、『山竹たけのこ』などを生産する匠の農家さんです。

a0254656_18293990.jpgいずれも、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
現在は、無農薬・無化学肥料で育てられた『種なしかぼす』も大好評販売中です。

a0254656_18314488.jpg大きさ、色合いをそろえた、特選の16~20玉入りと、お買い得な4kg入りの2商品をご用意しております。
ただし、1玉1玉その大きさを確認しながらの収穫のため、数量限定の完全予約制販売とさせていただいています。
毎年、高級料亭や有名レストラン、有名旅館からの注文も多い大人気商品です。
無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』は、弊社ホームページにて大好評発売中です。

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』


a0254656_18355821.jpgさて、アスパラガスに話を戻しましょう!
現在、「FLCパートナーズストア」では、大きさ(太さ)が異なる3種類の「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』を販売しています。

a0254656_18365427.jpg2Lサイズが100gで6~8本(数量限定)、Lサイズが、1束が100gで4~5本、いずれも2束からの販売です。
一番人気が高いのは、Lサイズのようです。

a0254656_18394165.jpgMサイズは、1束が同じく100gで、6~8本、こちらも2束からの販売です。
これは、私個人の好みですが、Mサイズのアスパラが柔らかさのバランスがとてもよく、塩コショウでさっと炒めれば、最もおいしいように感じます。

a0254656_1844126.jpg先日、2Lアスパラを頂いたので、美味しく調理してみました。
アスパラガスの豚バラ肉巻き上げです。
付け合わせは、私が栽培したトマトとピーマン!

a0254656_18464447.jpg最初は、お塩のみでいただき、その後はオーロラソース(ケチャップ&マヨネーズ)で食べたのですが、いやはや、やはり新鮮な朝採りの『グリーンアスパラ』だと、素材の美味さが引き立ち、旨いのなんのって!
アスパラがメインディッシュになりました。

a0254656_18551950.jpg「古川果樹園」さんは、とことん手をかけ、しっかり管理しながら様々な作物を育てる、まさに“匠の農家さん”です。
ご覧ください!
アスパラガスが育つ圃場には、草1本生えていません。
これは、もちろん除草剤などを使ったのではなく、手作業で草を取り続け作り上げているのです。
徹底的に手をかけ、管理し、手入れを施してこの美しい圃場を維持しています!

a0254656_1855566.jpg「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」は、完全予約制の販売です。
朝採り新鮮そのままを、産地直送でお送りし、遅くとも翌々日にはお客様のところへお届けいたします。
ですから、スーパーなどに並ぶ「アスパラガス」とは、新鮮さがぜんぜん違います!
柔らかく、甘く、みずみずしいまさに“本物”と呼べる味わいです!!
「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」のご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-08-15 18:57 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

アスパラ 「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』 立茎を終え大好評発売中です!

FLC日記 2016年6月26日(日) くもりのち晴れ
「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」を大好評発売中です!!

a0254656_1852412.jpg「この時期は、朝と夕方の2回アスパラば収穫するとたい!1日でビャンビャン伸びるけんな!出荷する時の値段は一緒!!ばってんね、“朝採りアスパラ”の方が、断然うまかもんなぁ・・・。だけん、笠さんところには、商品名に〝朝採り”てしとるけん、必ず朝採りのアスパラば出しよるばい!(笑)」
「古川果樹園」の古川孝人さんが、そう笑顔でお話しいただきました。
a0254656_18103411.jpg

こちらが、「古川果樹園」さんのアスパラガスの栽培場です。
ご覧の通り、草1本生えていない、本当にしっかりと手をかけられているアスパラ畑です。

a0254656_1816327.jpgなごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』は、毎年3月上旬より出荷をスタートし、5月上旬から6月中旬までしばらくの間出荷をお休みします。
それは、“立茎(親を立てること)”の期間中で、収穫をしないためです。

a0254656_18195100.jpg現在は、立茎の期間を終え、朝採りの新鮮な「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」を、全国のお客様へ大好評販売中です。
2Lサイズ(数量限定)、Lサイズ、Mサイズとご利用方法に応じた商品をそろえています。
ぜひ、ホームページをのぞいてみてください。

↓ 今すぐご注文したい方、詳細を知りたい方はこちら!! ↓
「FLCパートナーズストア」
なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』


a0254656_1826099.jpgここは、熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんの、なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』の栽培ハウスです。
とてものどかな里山で、なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』は育てられています。

a0254656_1831774.jpgハウスと言えども、入り口や両サイドは開いています。
ハウスは、言わば屋根替わりで、あくまで雨風から大切なアスパラを守るための設備で、加温をして育てているのではありません。

a0254656_18371980.jpgこれがアスパラガスですよ。
普段、食するアスパラガスからは、想像がつかない方も多いと思います。
アスパラガスはユリ科の多年生の植物で、春から夏にかけて出てくる新芽を食べる野菜です。

a0254656_18425630.jpgこちらは、3月下旬のアスパラが立ち始めたころの様子です。
イメージとしては、たけのこのような感じですかね!
こうして芽吹いた新芽が、私たちが食するアスパラなのです。

a0254656_18462958.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。
もちろん、「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」も、こうして年間を通して現地取材してきました。

a0254656_1850216.jpg5月上旬の“立茎”の様子を古川孝人さんに見せて頂きました。
「この時期は、収穫せんでこぎゃんしてそのままアスパラば伸ばすとたい。すると、それが成長して、芽吹いて葉っぱがしこってくる(茂ってくる)とたいね。」

a0254656_18545558.jpg一定の高さまで成長したら、芯(生長点)を止めます。
すると、アスパラがどんどんと脇芽を出して、葉っぱが茂ってくるのです。
親とするアスパラは、太くて元気なものをできる限り等間隔に残していきます。

a0254656_18582553.jpgそうして、6月中旬にはこのような立派な親が立ち、その時期から新たに芽吹いたアスパラの新芽は、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」として出荷していくのです。

a0254656_1924654.jpg「古川果樹園」さんは、古川孝人さんアツ子さんの仲良しご夫婦で、様々な安心・安全で美味しいにこだわる作物を育てています。
私が伺うと、いつもこの笑顔で迎えてくれる、とっても素敵なご夫婦です。

a0254656_1934197.jpg本日ご紹介している、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』の他にも、『種なしかぼす』(8月中旬より出荷)、『太秋柿プレミアム』、『山竹たけのこ』と言った、弊社の大人気商品も生産しています。
いずれも、こだわりの栽培方法で作り上げる“本物”と呼べる逸品です。

a0254656_1962955.jpgとりわけ、『太秋柿プレミアム』は、「古川果樹園さんの『太秋柿』を食べたら、もう他のは食べれません!」と、すでに今年の10月の販売分をご予約されているほどの大人気商品です。

a0254656_1993529.jpg「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんが育て上げた、なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』をネット独占販売しています。
ただし、古川さんのこだわり「朝採り」のアスパラを、その日のうちに即日発送するため、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-06-26 19:11 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

アスパラ 「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」予約受付スタート!!2016

FLC日記 2016年3月24日(木) 晴れ

a0254656_1721175.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんのなごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』をネット独占販売いたします。
朝採り新鮮そのものの『グリーンアスパラガス』を、即日発送いたします!
a0254656_1723724.jpg

a0254656_17242737.jpg『アスパラガス』は、古代ギリシャ時代には、薬用植物とされていたほどの、栄養価の高い食材です。
栄養ドリンクにも使われるアスパラギン酸を多く含み、疲労回復や新陳代謝を高める効果があるとされています。
穂先に含まれるルチンは血管を強くして、血圧を下げる働きがあります。
カロチンやビタミンB1、B2、Eなども豊富に含まれる。
また、ガンなどの病気の原因をつくる活性酸素を抑える働きをもつグルタチオン、動脈硬化を防ぐ葉酸も含まれていて、健康に!美容効果に!大変注目されている食材です。

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』


a0254656_1728228.jpgここは、熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんのアスパラの栽培ハウスです。
のどかな田園風景の中で、『なごみの里の朝採りグリーンアスパラ』を生産しています。

a0254656_17311441.jpgアスパラガスは多年生の植物です。
冬の間は、地中にて冬眠しています。
春先には、地中にため込んだ養分で、こうして芽吹いてくるのです。
私たちが通常食べるアスパラガスは、その新芽の部分です。

a0254656_17344219.jpg「古川果樹園」さんでは、ハウス栽培と言えども、ハウスを閉めきり温度を上げたり、ボイラーを焚いて加温するわけではありません。
ハウスはあくまで雨風からアスパラガスを守るためのもので、言わば屋根の役割です。

a0254656_17391134.jpgそれにしても、いつ伺っても見事に手が行き届いた栽培場です。
この時期は特に、草1本生えていません。
有機肥料をふんだんに与えた元気な土で育てています。

a0254656_17471989.jpgこちらは、毎年2月から3月に行う、堆肥(有機肥料)散布の際の様子です。
私は、もう何年も年間を通して「古川果樹園」さんのアスパラガス栽培をこうして現地取材してきました。

a0254656_17493098.jpg「古川果樹園」の古川孝人さんです。
「アスパラ作りは、何が大変かっていうと、この堆肥やりがおおごつ(大変)たいね!ばってん、こうして毎年ピシャッと肥料ば与えてこそ、良かアスパラの育つとたい!」
「古川果樹園」さんでは、契約している酪農農家さんから大量の堆肥を購入し、ハウスに散布しています。

a0254656_17553914.jpgしっかりと発行が終わったとてもいい堆肥です。
堆肥を散布する前には、石灰を投与しています。
石灰が落ち着いたころ、こうして堆肥を袋に入れ、一輪車で運びハウスに満遍なく散布するのです。

a0254656_17595627.jpg「アスパラは連作障害だなんだっていうて、5年ほどで栽培地ば変えるもんもおるばってん、俺はこのハウスでやがて15年アスパラば育てよるばい。」と古川さん。

a0254656_18103899.jpgこちらは、8月上旬のハウスの様子です。
アスパラは、春先は芽吹いたものを全て収穫しますが、5月にはしばらくの間、収穫を中断して“親”とするこのようなアスパラの苗を育てます。

a0254656_18133891.jpgその工程を“立茎”と言い、立茎が終わると、こうして芽吹いたアスパラはまた収穫していくのです。
収穫は、春先と、5月の中断(立茎時期)を経て、夏の終わりまで行われます。

a0254656_18162098.jpgこちらは、12月の様子です。
あれだけ青々としていたアスパラの苗たちは、すっかり黄金色に紅葉していました。
この役目を果たしたアスパラの苗たちは、すべて手作業で取り除いていきます。

a0254656_18183395.jpgもちろんその様子も現地取材してきました。
古川孝人さんアツ子さんの仲良しご夫婦は、本当に一切の妥協を許さない惜しまぬ手間ひまをかけアスパラを育てています。

a0254656_1821054.jpg「どんなに丁寧に取り除いていっても、どうしてもアスパラの細かい枝や葉っぱがこうして落ちるのよね。だから、この作業がおったら、お父さん(古川さん)が、それを全部ガスバーナーを使ってきれいに焼いてしまうのよ。この枝や葉っぱを残しておくと、来年病気になる恐れがるからね!それと、アスパラの種も残さないようにね!」

a0254656_18262872.jpg9月上旬のある農家さんのアスパラ栽培ハウスの様子です。
赤い実はアスパラの果実(種)です。
アスパラは、多年生の植物で、冬の間地中で冬眠し、春の訪れでまた芽吹いてきますが、当然種子も作ります。

a0254656_18301613.jpg同時期、「古川果樹園」さんのアスパラには全く赤い実がありません。
実がなった段階で、手作業で取り除いているのです。
種子を残して、それからでた新しい芽からは良いアスパラが育たないし、何より病気になる危険性があるからです。
しかし、どうしても見逃し落ちてしまうこともあるので、それらはすべてガスバーナーで焼いてしまうのです。

a0254656_18341193.jpg春先の芽吹くまでも、徹底管理を行ってきました。
これは潅水の様子です。
潅水とは作物に水を与えることで、「古川果樹園」さんでは、ハウスの様子を見て定期的に潅水を行ってアスパラの芽吹きを待ってきました。

a0254656_1838860.jpg3月中旬には、収穫がスタートします。
「まだ、収量がすくなかけん、笠さんとこには、数が出るようになってその中からしっかり選んで、ホント良かとば出したかけん、3月下旬からの販売にしようか!」
お二人はそう話してくれました。

a0254656_19341467.jpg「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラガス』を、今年もネット独占販売しています。
朝採りの新鮮さはもちろんのこと、有機肥料をふんだんに使った元気な畑、古川さんご夫妻の愛樹たっぷりの惜しまぬ手間ひまで育ったアスパラは、味わい深い甘味があり、“本物”と呼べる逸品です。

a0254656_19324426.jpgとりわけ、2Lサイズのアスパラ(写真)は、春先だけのとても貴重な商品です。
「古川果樹園」さんの『なごみの里の朝採りグリーンアスパラガス』のご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページよりお待ちしてます。
朝採りそのままを農家直送でお届けいたします!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-03-24 19:37 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

アスパラ 「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」 親株を片付けて春まで冬眠です

FLC日記 2015年12月31日(木) 雨のちくもり

a0254656_17124798.jpgこれが、何の栽培ハウスかわかりますか?
役目を果たした親株が冬になりすっかり枯れています。
「古川果樹園」の古川孝人さんとアツ子さんが親株をきれいに片づけていました。
この植物から育つ作物は・・・
a0254656_17132498.jpg
アスパラガスです!!
「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』をネット独占販売いたしました。

a0254656_17161640.jpgアスパラガスはユリ科の多年生の植物で、春から夏にかけて出てくる新芽を食べる野菜です。
冬になると、アスパラガスの茎や葉っぱは枯れて、このように茶色く色づきます。
これらは、親株として残していたもので、夏から秋にかけてしっかりと栄養分を地下茎にため込み、春になるとアスパラガスが芽吹いてきます。

a0254656_172051100.jpgその様子がこちらです。
これは4月上旬に撮影した写真です。
アスパラガスは、例えるならタケノコのように、こうして地面から芽吹いてくるのです。
一定の長さまで成長したものを収穫します。

a0254656_17255046.jpg5月中旬から6月中旬までの1か月ほどは、“立茎”と言って、アスパラの収穫せずに、そのまま成長させ、親株を立てていきます。
「古川果樹園」の古川孝人さんにその様子を見せていただきました。

a0254656_17281117.jpg「収穫がなくても毎日来にゃんとたい。アスパラはどこに出てくるかわからんけん、その様子ば見て、バランスよく親株を立てんといかんとたいね。その親株が来年のアスパラを育ててくれるとだけんね。」

a0254656_17311472.jpg“立茎”を終えたハウスの様子がこちらです。
とてもバランスよく親株が立っています。
「古川果樹園」さんでは、ハウスといえどもあくまで雨風からアスパラを守るためのもので、ボイラーを焚き加温しているのではありません。

a0254656_17341452.jpgハウスの入り口やサイドにはビニールは張らず、開いています。
夏の時期、アスパラの葉や茎はこのように青々としていて、これだけ見ると、けっしてアスパラの栽培ハウスとは思えないでしょ?

a0254656_17374623.jpgでも、地表を見るとこうしてアスパラが次々に出てきているんです。
それにしても、いつ伺ってもきちんと手入れが行き届いた、とてもきれいな圃所です。
ご覧ください!
草1本生えていませんよね。
これは、すべて手作業で雑草の1本1本を取り除いているからなのです。
徹底的に手をかけ、管理し、手入れを施してこの美しい圃場を維持しています!

a0254656_17422980.jpgそうして大切に大切に育てられた朝採りのアスパラですから、もちろん「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
そして、来年の春の出荷に向け、今年も親株の片付け作業が行われたのです。

a0254656_17463385.jpg「しっかり役目をはたして、地下茎に栄養分ばため込んでくれたこの枯れた親株たちば切り取って片付けにゃんとたい。こればピシャッとしとかんと、来年病気の発生する可能性が出てくるとたいね。」
古川さんがそう説明してくれました。

a0254656_17513710.jpg「こうして1本1本剪定はさみで切ってね、ハウスの外に出して、トラックに全部積んで運んで処分するとよ。」
アツ子さんがそう言いながらとても手際よく作業を進めています。

a0254656_17525088.jpg「ほら!アスパラの葉っぱは、こうしてとても細かでしょ?ここまで枯れてると、ボロボロ落ちるけん、それらを吸い込まないように、今日はお父さんも私もマスク姿で頑張ってるとよ(笑)。それとね、この残った落ち葉は、この後全部焼いてしまうとたい。」
「焼くってどうやってするんですか?」と尋ねると、

a0254656_1756745.jpg古川さんが作業の手を休め説明してくれました。
「ガスバーナーで、残った落ち葉を全部焼いていくとたい。そこまでしとくと、来年病気になる心配はなかもんな!まぁ、普通のアスパラ農家さんはそこまではせんばい!(笑)」

a0254656_17592677.jpg「そらぁ~、たいぎゃおおごつばい!潅水チューブの焼けんごつ、全部上さん押し上げてピシャットせんといかんけんな。」
熊本弁→標準語
「それは、とても大変なんだよ。潅水チューブが焼けないように、全て上に押し上げて、徹底的にしないといけないからね。」

a0254656_1863432.jpg「まだまだたいぎゃあるけん、焼いてしまう作業は年明けでも良かばってん、どぎゃんか年内に親株の片付けだけは終わるぞ!っていうて、母ちゃんと頑張りよったとこだったとたい。」
古川さんはそう言いながらまた作業に戻っていきました。

a0254656_1895739.jpgここは、熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんのアスパラのハウスです。
のどかな里山の中にある栽培ハウスで、一切の妥協を許さない惜しまぬ手間ひまをかけて、アスパラを育てています。

a0254656_1813376.jpg「古川果樹園」さんでは、これから冬の間に、有機肥料をふんだんに与え、元気な土を作ります。
そして、3月下旬にはこうしてアスパラがまた元気に立ち始めます。
来年の「古川果樹園」さんの、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』にもご期待ください。
これからも、現地取材で成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技をご紹介いたします。
お楽しみに!!

< ご挨拶 >
いつも、「FLC日記」をごらんいただきありがとうございます。
本年度のブログは、これで最後となります。

来年も、現地で取材をした“わが家の専用農家さん”の様々な情報や、ここ(㈱旬援隊)での田舎暮らしの様子、熊本や菊池の情報などご紹介していきます。
来年もよろしくお願いいたします。

みなさま、良いお年をお迎え下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-12-31 18:17 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

アスパラ 「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」 来年の収穫へ向け、秋の様子を現地取材

FLC日記 2015年11月4日(水) 晴れ時々くもり
熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんのアスパラのハウスに伺いました。
「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』をネット独占販売しています。
a0254656_17261962.jpg
販売期間は、3月下旬から8月下旬までで、今期(平成27年度)の販売は終了しています。

a0254656_17432830.jpg本日は、収穫を終えたアスパラ栽培ハウスの秋の様子を、2回にわたり取材しましたので、ご紹介いたします。
ここは、熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんの、なごみの里の『グリーンアスパラ』の栽培ハウスです。
のどかな田園風景の中、「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」の栽培ハウスはあります。

a0254656_174742.jpgこの日は、10月中旬、「古川果樹園」の古川孝人さんが、田んぼを耕運していました。
「稲刈りの終わったけん、耕運しよったとたい。それよりか、イノシシのハウスに入ってなぁ・・・。困ったもんばい。」

a0254656_17545920.jpg「え?イノシシですか?今までそんなことありましたっけ?」と尋ねると、
「今年は台風15号で落ちてしもたけん、山に栗のなかとたい。だけん、イノシシのここまで降りてきて、悪さばかりするとたい。」とのこと。

a0254656_181554.jpg8月25日熊本県に上陸した台風15号は、その強風で多大なる被害をもたらしました。
その中でも、熊本県の栗は、枝が折れ実が落ちてほとんど収穫ができなかった農家さんもあるほどです。

a0254656_1843250.jpgこれはその直後の、古川山地へ向かう1本道の様子。
大きな杉の木が倒れ、電線にかかっています。
そのせいで、古川さんちは台風後、4日間も電気が来ませんでした。

a0254656_1883446.jpg「ところで、イノシシはどんな悪さをしたのですか?」と尋ねると、
「母さん(古川さんの奥さん)が、今、それば修復しよるけん、見てみなっせ!このアスパラのハウスの土のところば、なんさま(とにかく)掘り返しとるとたい!」とのこと!
これがその様子です。
明らかに、動物が掘り返したような跡が、ハウスの中には無数にありました。

a0254656_18132275.jpg「こんにちは!お母さん!!入りますよ!!」
そう声かけて、ハウスの中に入りました。
私は古川さんの奥さまのアイ子さんを“お母さん”と呼んでいます。
「あらぁ!笠さん!!ほら見て!イノシシが掘り返してしまっとるとたい!」

a0254656_18152283.jpg「ほらこれよ!せっかく元気に伸びてる大切な根っこを引っ張り上げて食べてるとたい。だけん、残ってる分だけでも、きちんと土をかけてあげてたとこなのよ。あらあら、これはダメみたいね!」

a0254656_18185427.jpgそう言うお母さんの手には、掘り返し切られていたアスパラの根っこがありました。
「私たちは、もう15年もここでアスパラを育ててるけど、こんなことは初めてよ!」

a0254656_18223637.jpg「古川果樹園」さんは、この畑で15年以上もアスパラを作り続けています。
惜しまぬ手間ひまの徹底管理で、3年ほどで連作障害がおきると言われるアスパラをずっと同じ畑で育てるづけているのです。

a0254656_18251923.jpgこの時期は、しっかりと養分を地下茎にため込ませる時期です。
その養分を使って、来年3月中旬ごろからアスパラが芽吹いてくるのです。
11月いっぱいまでは、この状態で茎や葉を保ち、12月になるとすべて刈り取って来年のアスパラ作りの準備をします。

a0254656_18274210.jpg「昨日お父さんと二人で、急いで電気柵を張り巡らしたとよ!だから今朝は来てなかったみたいだけど、とにかくむき出しになっている根っこにきれいに土をかけてあげようと思ってね・・・。」
お母さんはそう言いながら、また作業に戻りました。

a0254656_18343522.jpg「大体なら、この時期は『太秋柿』で大忙しだけん、田んぼの耕運もアスパラのハウスに来ることも千だったとばってん、こぎゃんして来てみたけん良かったたい。そのまま気づかんでおったら、来年のアスパラはなかったとこだったばい!」

a0254656_18373983.jpg「古川果樹園」さんは、本日ご紹介している「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」をはじめ、匠が育てる『太秋柿』(写真)、熊本産高級『種なしかぼす』、『山竹たけのこ』などを生産する匠の農家さんです。

a0254656_18413926.jpg今年の『太秋柿』は完売しました。
と言うよりは、台風15号の影響で、果実にキズが多く、選び抜かれた『太秋柿プレミアム』の出荷を制限したのです。

a0254656_1840998.jpg現在は、無農薬・無化学肥料で育てた山あいの『種なしかぼす』を出荷しています。
タネ無しの使いげっての良さ、無農薬の安全性、そしてジューシーな果汁で大人気の商品です。
秋が深まり少しづつ色付いてきましたが、その分香りが際立ってきています。

↓ 『種なしかぼす』のご注文、詳細を知りたい方はこちら!! ↓
「FLCパートナーズストア」
無農薬で育てた『種なしかぼす』



a0254656_1852348.jpgイノシシのことがどうしても気になった私は、10月下旬に再度「古川果樹園」さんのアスパラの栽培ハウスを尋ねました。
この日も、車が止まっているので、お二人で何かの作業をしているようです。

a0254656_1854343.jpg「こんにちは!」と声をかけると、
「笠さん!こっちこっち!ぐるっと回って来てみて!」とお母さんの元気な声が聞こえました。
案内されるまま近づくと、この様子!
「あれ!もしかしてまたイノシシの被害ですか?」と尋ねる私に、
「電気柵のおかげで、イノシシは大丈夫よ!今日は草取りをしてたのよ!」とのこと。

a0254656_1901013.jpg「古川果樹園」さんは、こうした惜しまぬ手間ひまで、草1本生えていないような畑で、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』を育てているのです。
収穫を終えたこの時期も、アスパラがしっかりと養分をとれるように手作業で、雑草を取り除いていたのです。

a0254656_1923848.jpg「笠さん!イノシシば心配して見ぎゃきたとだろ?(見に来たとだろ?)」と古川さん。
「おかげで、その後はイノシシは入っとらんけん、これからピシャット手ばかけて、来年も良かアスパラば育てるばい!」

a0254656_1951070.jpgこちらは3月中旬のアスパラの立ち始めたころの写真です。
有機肥料をふんだんに与えた元気な土は、ご覧の通り草1本生えていません!!
この状態を作り上げるべく、この秋から冬にかけてお二人はしっかりと手をかけていくのです。

a0254656_198181.jpg「古川果樹園」さんは、古川孝人さんと奥様のアイ子さんの笑顔の絶えない仲良しご夫婦の2人3脚で、様々な“本物”と呼べる食材を育てています。
イノシシの侵入があったものの、来年もきっと最高の『アスパラガス』を育て上げることでしょう!

a0254656_19113977.jpg「FLCパートナーズストア」では、来年も「古川果樹園」さんのなごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』をネット独占販売いたします。
3月下旬の出荷スタートまで、これからも現地取材にてその惜しまぬ手間ひまや匠の技をご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-11-04 19:14 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

アスパラ 「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」 朝採り即日発送で大好評販売中!!

FLC日記 2015年8月3日(月) 晴れ時々曇り
「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」を大好評発売中です!!
a0254656_1765610.jpg

a0254656_17121225.jpg「この時期は、朝と夕方の2回アスパラば収穫するとたい!1日でビャンビャン伸びるけんな!出荷する時の値段は一緒!!ばってんね、“朝採りアスパラ”の方が、断然うまかもんなぁ・・・。だけん、笠さんところには、商品名に〝朝採り”てしとるけん、必ず朝採りのアスパラば出しよるばい!(笑)」

a0254656_17132322.jpgここは、熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんのアスパラのハウスです。
のどかな里山の中にある栽培ハウスで、有機肥料をふんだんに与えて元気にアスパラを育てています。

a0254656_17162497.jpg「古川果樹園」さんは、今日ご紹介する「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」をはじめ、匠が育てる『太秋柿』、熊本産高級『種なしかぼす』(写真)、『山竹たけのこ』などを生産する匠の農家さんです。

a0254656_17184412.jpgいずれも、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
無農薬・無化学肥料で育てられた『種なしかぼす』は、弊社の大人気商品です。
毎年決まって、8月中旬(お盆過ぎ)からの販売ですが、すでにたくさんご予約をいただいています。
まもなく、『種なしかぼす』の予約受付をスタートいたします。

a0254656_1730364.jpgさて、アスパラガスに話を戻しましょう!
アスパラは、例えるならタケノコのように、こうして地面から出てきた新芽を食す野菜です。
一定のに長さにまで成長したものを、1本1本収穫するのです。

a0254656_17343736.jpgちなみに、地表に出ると、太陽の光を浴びて緑色になりますが、そのまま地中で育てると「ホワイトアスパラガス」になります。
弊社で販売しているのは、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』です。

a0254656_1743653.jpgしっかりと太陽の光を浴びたアスパラガスを出荷しますが、夜の間にゆっくりと伸びた朝採りのアスパラガスは、そのみずみずしさが全く違うんです。
さらには、ほんのりと甘みがあり、とても柔らかいんです。

a0254656_1745232.jpg現在、「FLCパートナーズストア」では、大きさ(太さ)が異なる2種類の「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』を販売しています。
こちらは、Lサイズで、1束が100gで4~5本、2束からの販売です。

a0254656_17481036.jpgそしてこちらは、Mサイズ。
1束が同じく100gで、6~8本、こちらも2束からの販売です。
これは、私個人の好みですが、Mサイズのアスパラが柔らかさのバランスがとてもよく、最もおいしいように感じます。

a0254656_184734.jpgもちろん、最も大事なのは、その新鮮さです。
こうして朝採りで収穫したものを即日発送して、お客様には翌日または翌々日にお届けします。
新鮮さに勝る美味しさはないですよね。

a0254656_1875382.jpg収穫されたアスパラは、ご自宅にある出荷場でアスパラガスの出荷のための専用機材を使って、同じ長さに切りそろえられ、重さ(大きさ)によって次々に振り分けられていきます。

a0254656_18133781.jpg「古川果樹園」さんは、古川孝人さんとアツ子さんの仲良しご夫婦の2人3脚で、様々な作物を育てています。
アツ子さんが作業をしながら、
「もう、20年くらいこの作業をしてるでしょ?だから、計らなくてもだいたいわかるのよ。でも、もしもってことがあるといけないから、必ず計りに乗せて確認するのよ!」と話されました。

a0254656_18175790.jpg1束の重さをきちんとそろえ、これまた専用の機械で、テープで止めて商品の出来上がりです。
古川さんご夫妻の、手際のよい流れ作業で、次々にアスパラガスが商品へとなっていきました。

a0254656_18235886.jpgそれにしても、見事にそろったきれいなアスパラガスたちですよね!
なんとも美味しそうです。
塩コショウでサッと炒めるだけで、ごちそうに変身する美味さなのが、このなごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』なんです。

a0254656_18262893.jpg私は、「古川果樹園」さんのこのなごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』の栽培の様子を、年間を通して現地取材してきました。
これは、3月上旬のアスパラガスが立ち始めたばかりのころのお二人です。

a0254656_1831296.jpgそして、お二人の惜しまぬ手間ひまをかけて、大切に大切に育ててきました。
ご覧ください!
アスパラガスが育つ圃場には、草1本生えていません。
これは、もちろん除草剤などを使ったのではなく、手作業で草を取り続け作り上げているのです。
徹底的に手をかけ、管理し、手入れを施してこの美しい圃場を維持しています!

a0254656_18364640.jpg「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」は、完全予約制の販売です。
朝採り新鮮そのままを、産地直送でお送りし、遅くとも翌々日にはお客様のところへお届けいたします。
ですから、スーパーなどに並ぶ「アスパラガス」とは、新鮮さがぜんぜん違います!
柔らかく、甘く、みずみずしいまさに“本物”と呼べる味わいです!!

「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」のご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページよりお待ちしてます。
朝採りそのままを農家直送でお届けいたしますよ!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-08-03 18:37 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)