ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:ゆず ( 57 ) タグの人気記事

香り高きゆず 収穫の様子(2018) 後編:本日よりご注文順に発送をスタートしました!

FLC日記 2018年11月9日(金) 雨のち晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成28年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用柚子』をネット独占販売しています。
a0254656_18420537.jpg


a0254656_17455313.jpgそして、本日より香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』、『キズあり柚子』の出荷をスタートしました。
ご準備できた商品をご予約を頂戴していた順に発送していきます。
※写真は『あっぱれ』の大玉です。

a0254656_17573045.jpg柚子は「キズがあって当たり前!」と言われる果実です。
写真は弊社で『キズあり柚子』として販売している商品の写真です。
一般的に店頭で販売されている柚子と変わりないものだとお考えください。
しかし、あえて『キズあり柚子』と商品名をつけているのには、『あっぱれ』と明確に区別するためなんです。

a0254656_18030171.jpg『あっぱれ』は、そのあまりの美しさから命名された名前です。
全体の収穫量の、わずか1割ほどしかない、傷がほとんどない“奇跡の柚子”とも言われているものが、この香り高き柚子『あっぱれ』なんです。

a0254656_18060690.jpgまた“冬至”に合わせて出荷するのが、完全予約制の『冬至用ゆず』です。
2018年(平成30年)の冬至は12月22日(土)です。
商品は弊社で販売する『キズあり柚子』と同じものとなり、5kg入り、10kg入りでの販売ですが、冬至に合わせて出荷するため、数量限定での販売です。
今年も、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、とにかくご注文(ご予約)はお急ぎください!

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』


a0254656_18084749.jpg本日のブログでは、昨日に続き収穫の様子と、収穫から選別そして商品になるまでのお話をいたします。
「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は、黄色く色づき収穫の時を迎えています。

a0254656_18111776.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培場(柚子畑)です。
自然豊かな、日の当たる山の斜面を利用して「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は栽培されています。
その広さは、なんと7反(2100坪)もあります。

a0254656_18134129.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
これは、柚子の花が咲く5月上旬の写真です。

a0254656_18152408.jpg花が終わった後の着果の様子も、柚子の果実の成長の過程も、もちろん収穫やその後の冬の様子も全て、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
だからこそ、自信をもってお勧めできるのです。

a0254656_18164376.jpg生産者の「鬼塚農園」の鬼塚啓治さんと紀美代さんご夫妻です。
笑顔の絶えない仲良しご夫婦で、20年以上も柚子を栽培し続けている匠の農家さんです。

a0254656_18211262.jpg収穫は、柚子の果樹に実る果実を一気に行います。
果実の収穫と同時に、「鬼塚農園」さんでは剪定作業も施します。

a0254656_18250894.jpgですから、収穫を終えた果樹の地面には、このように剪定した枝がたくさん落ちていました。
収穫を終えて、収穫した果実の全ての選別を終了した冬の時期に、この枝葉は全て手作業で積み出し処分します。

a0254656_1881645.jpg柚子の収穫は、専用のハサミを使って、2度切りで行います。
以前の収穫の取材の際の写真をもとに紹介しましょう!
まずは、幹から伸びた枝の根元から切り取ります。

a0254656_1895959.jpgなぜなら、この枝には例年は果実が実らないからです。
剪定作業もかねて、枝ごと切るのです。
そして、その枝を果実のギリギリのところで切ります。

a0254656_18112686.jpgこのように、果実のギリギリのところで、枝を残さず切り取らないと、収穫後の移動や保管時に、残った枝で他の果実をキズつけてしまうのです。

a0254656_18133487.jpg“2度切り”は、柑橘類の収穫の際にはほとんど用いられる収穫方法です。
柑橘類専用のハサミもあるんです。
一般的な剪定バサミと違い、刃の部分が反っているのがわかりますよね。

a0254656_18374736.jpgそれで、果実のギリギリで枝を切り落とすことができるのです。
収穫は本格的な寒さが来る前に一気に行いますので、枝が飛び出していないことは、その後の貯蔵においてとても大事です。

a0254656_18470279.jpg収穫した柚子は、「鬼塚農園」さんの貯蔵庫に運び込みます。
柚子の保管は、直射日光、高温、氷点下を避けなければなりません。
風通しの良いところも避け、乾燥させないことも重要です。

a0254656_18523077.jpg貯蔵庫に運び込まれた柚子は、すぐに傷むような傷があるようなものを取り除きながら、『あっぱれ』にできる可能性があるものと『キズあり柚子』とに選別をして、きちんと貯蔵していきます。
しかし、現在は選別作業よりも収穫が最優先です。
霜が降りると、柚子は完全に傷んでしまうからです。

a0254656_18554342.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子『あっぱれ』、『訳あり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売しています。
収穫を全て終えるまでは、出荷数の制限がありますが、本日より平成30年度の『香り高き柚子』の出荷をスタートしました。

a0254656_18583781.jpg数量限定の完全予約制での販売です。
とりわけ、『冬至用柚子』はかなりのハイペースでご注文いただいているので、昨年より完売が早まるかもしれませんので、早い者勝ちですよ!
全ての商品、出荷予定の定数になり次第、予告なしで売り切れとさせて頂きますので、ご注文(ご予約)は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお急ぎください!!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-11-09 19:01 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

香り高きゆず 収穫の様子(2018) 前編:今年もトゲと戦いながらの収穫です!

FLC日記 2018年11月8日(木) くもり時々晴れ
『香り高き柚子』は「FLCパートナーズストア」の大人気商品です!
今年も黄色く色づいた『香り高き柚子』の収穫スタートの連絡をいただき、現地取材に行ってきました!
a0254656_18353830.jpg


a0254656_18420537.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売しています。

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』


a0254656_18401924.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、柚子の匠「鬼塚農園」さんの広い広い柚子畑です。
その広さは、なんと7反(2100坪)もあります。

a0254656_18400458.jpg中央を走る道路を挟んで、両サイドはほとんどが柚子の果樹たちです。
ところどころに小高い気が見えると思いますが、それらは防風林として植えている杉やヒノキです。
自然豊かな、日の当たる山の斜面を利用して「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は栽培されています。

a0254656_18384094.jpg柚子を栽培し続け、20年以上にもなる“柚子の匠”「鬼塚農園」さんの、『香り高き柚子』は、その名通り香りがよく、収穫の際のハサミの音と共に、さわやかな柚子の香りが漂ってきました。

a0254656_18524626.jpgハサミの音がする方向へ、柚子畑の中を進んでいきました。
朝焼けの残る中、「鬼塚農園」の鬼塚啓治さんが収穫を行っていました。
「おはようございます!」と声をかけました。

a0254656_18543247.jpg「笠さんおはよう!」と鬼塚さん。
「あれ?ヘルメットをかぶってないんですか?」と尋ねると、
「ちょうど今、脚立を使ってここまで登ったけん、はずしたとこたい!」と鬼塚さん。

a0254656_19000133.jpgこちらは、昨年の収穫の取材時に撮影した「鬼塚農園」の鬼塚啓治さんと奥様の紀美代さんです。
鬼塚さんは柚子畑に入る際はヘルメットを着用しています。

a0254656_19044685.jpgそれは、柚子にはこの鋭いトゲがあるからなんです。
柚子は柑橘類の中でも、鋭いトゲを多く持つ植物です。
果樹の中に入り込み作業を行うことが多い鬼塚さんは、ヘルメット着用で作業を行っているのです。

a0254656_19142896.jpg「その辺はまだ収穫の終わっとらんけん良かばってん、収穫の終わったとこには入るといかんばい!うちでは剪定もかねてしよるけん、手をついたりひざをついたりしたら、剪定した枝のトゲが刺さるかもしれんけんね!」
鬼塚さんがそう気遣ってくれました。

a0254656_19164653.jpg「高くなりすぎてる枝は、枝ごと切って収穫するとたい。この枝の葉っぱで、果樹全体に日が入らんごつなるけんね。」と鬼塚さん。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19193983.jpgもちろん「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず』もこうしてもう何年も現地取材を重ねてきました。
昨年は花の時期の天候不順で、収穫量が少なかったのですが、今年は昨年に比べ収穫量は増えると思われます。

a0254656_19230257.jpg収穫の様子に話を戻しましょう!
柚子はその鋭いトゲで野鳥から果実を守ります。
しかし、柚子の果皮はとてもデリケートで、そのトゲはおろか、枝や葉、果実同士が成長の過程で触れたりしても、果皮にはキズやへこみとなってしまいます。
写真の果実は風で揺れ、トゲが当たり傷がついたようです。

a0254656_19251611.jpgですから「柚子はキズがあって当たり前!」と言われています。
「FLCパートナーズストア」では、それらの柚子を『キズあり柚子』として、5kg入り、10kg入りで販売しています。

a0254656_19264537.jpg『キズあり柚子』として販売していますが、これらは、一般的に販売される普通の柚子なのです。
ではなぜ、あえて『キズあり柚子』としているかと言うと、キズがほとんどない、香り高きゆず『あっぱれ』との違いを明確にするためです。
a0254656_174236.jpg


a0254656_17433654.jpg『あっぱれ』は、収穫した柚子から選びに選び抜かれた、“極選”の美しい柚子です。
『あっぱれ』ほどキズの無い柚子は、奇跡の柚子と言われています。
収量のわずか1割にも満たないからです。
今年も、大玉、中玉、小玉の3商品を販売しています。

a0254656_19320974.jpgまた、柚子の消費が最も多い、“冬至”に合わせて出荷するのが、完全予約制の『冬至用ゆず』です。
2018年(平成30年)の冬至は12月22日(土)です。
できる限り、ご希望に合わせてお届けいたします。

a0254656_19325124.jpg商品は弊社で販売する『キズあり柚子』と同じものとなりますが、冬至に合わせて出荷するため、数量限定での販売です。
今年も出荷予定数は、間違いなく完売すると思われます。
定数になり次第完売とさせていただくため、とにかくご予約はとにかくお急ぎ下さい!

a0254656_19390142.jpg収穫の様子はまだまだ話したいことがたくさんですが、この続きは、明日のブログで収穫とその後の出荷までを含めて紹介予定です。
お見逃しなく!

a0254656_19460296.jpg豊かな自然の中、陽の当たる山の斜面を利用し、「鬼塚農園」さんの惜しまぬ手間ひまで育てられた『香り高き柚子』は、「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-11-08 19:48 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子(ゆず) 平成30年度の青柚子は残りわずか!10月19日(金)が今期最終発送です!

FLC日記 2018年10月16日(火) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』の『青柚子』をネット独占販売しています。
もちろん、産地直送でお届けいたします。
a0254656_17095352.jpg


a0254656_17111813.jpg当初、10月下旬までの出荷予定でしたが、今年は色づきの時期が例年より早く、10月19日(金)分を今期の最終発送といたします。
数量限定、完全予約制の販売です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、ご注文(ご予約)は、お急ぎください!

a0254656_17122072.jpg『青柚子』は、一定の大きさになったものだけを、大きさを重視して収穫し出荷するため、果皮にキズがあるものも多いこと、予めご了承ください。
もちろん、多くの方にご利用いただく“柚子こしょう”を作るのには全く問題ありません。
販売をスタートした、9月上旬はそのような判断で収穫していましたが、現在は大きさは問題なく、色づいていない青いものをと言う基準で収穫します。

a0254656_17132244.jpgこの時期にしかない、期間限定、数量限定の商品です。
完全予約制での販売となっております。
今年も、2kg入り(写真)と、お買い得な5kg入りで、大好評販売中です。

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』


a0254656_17342743.jpg柚子(ゆず)と言えば、みなさんやはりこうして色づいたものを想像されることが多いと思います。
これは、昨年、11月上旬の収穫の取材に伺った際の写真で、撮影しながらさわやかな柚子の香りを存分に楽しみました。

a0254656_17383583.jpgもちろん、黄色く色づいたゆずも、「FLCパートナーズストア」で販売いたします。
商品名は『香り高き柚子』です。
今年も、例年通りの11月上旬からの出荷予定です。

a0254656_17392950.jpg現在、販売中の、香り高き柚子『青柚子』は、“柚子こしょう”を作るのにご利用いただくことが多いようです。
また、様々な料理の香りづけにも大人気です。
※青柚子はあまり果汁は取れません。

a0254656_1917182.jpg「こちらは、「鬼塚農園」代表の鬼塚敬治さんの奥さま、紀美代さんが手作りした「柚子こしょう」です。
青唐辛子と塩、そして『香り高きゆず』の皮があれば、絶品「柚子こしょう」はできるんです。
柚子の匠の「柚子こしょう」のレシピは、以前のブログで紹介していますので、興味のある方はご覧ください!

↓ 「柚子こしょう」のレシピをのせたブログ ↓
FLC日記
香り高き柚子(ゆず)
柚子の匠!生産農家さんが作る手作り
「柚子こしょう」のレシピ!!



a0254656_17465992.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、柚子の匠「鬼塚農園」さんの広い広い柚子畑です。
10月上旬に撮影した写真です。
この広大な栽培地は、もはや柚子畑と言うより「柚子山」と言った方がピッタリの気がします。

a0254656_17485544.jpg道路を挟んだ両サイドを中心に、日の当たる自然豊かな山の斜面を利用して、『香り高き柚子』は栽培されています。
7反(2100坪)もある広大な柚子畑です。

a0254656_17542502.jpg近づいてみると、早くも色付き始めた柚子もありました。
やはり今年は、寒さを感じ色づき始める時期が例年に比べ少し早いようです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17564607.jpgもちろん「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は昨年の収穫時の取材時に撮影した、「鬼塚農園」の鬼塚啓治さんと奥様の鬼塚紀美代さんです。

a0254656_18401553.jpg「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さは、柚子の栽培を始めて、20年以上の匠の農家さんです!
匠が育てた柚子は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
柚子栽培は、“トゲとの戦い”と言われています。

a0254656_1845969.jpg柚子は、同じ柑橘類の中でも、鋭く長いトゲを持つ植物です。
これなんかは、まだ短い方です。
このトゲは、もちろん果樹自身を守るためのものですが、実る果実も傷つけてしまいます。

a0254656_18471964.jpgお分かりいただけますか?
私は男性の中でもかなり手は大きい方ですが、私の指の長さほどもあるトゲがあるんです。
ですから、鬼塚さんは柚子畑に入る際は常にヘルメットを着用し、鉄板が入った安全靴をはいて作業します。

a0254656_18022005.jpg柚子は「キズやへこみがあって当たり前!」と言われる果実です。
強そうに見える果皮は、実はとてもデリケートで、葉っぱや枝、果実同士、そしてあのトゲで、成長の過程でどうしても傷がつくのです。

a0254656_18060528.jpgですから、現在、販売中の、香り高き柚子『青柚子』もこのようにキズやへこみがあるものを商品としています。
もちろん、多くの方にご利用いただく“柚子こしょう”を作るのには全く問題ありません。

a0254656_18090189.jpg青柚子の予約受付は明日(10/17)が最終日で、今期は10月19日を最終発送日といたします。
色づいた、香り高き柚子『あっぱれ』の収穫及び出荷は、今年も11月上旬からの予定です。
明日より、ホームページでも先行予約の受付をスタートします。

a0254656_18102936.jpgまた、『冬至用ゆず』の受付も同時にスタートいたします。
2018年(平成30年)の冬至は12月22日(土)です。
毎年、売り切れ必至の大人気商品です。
ご注文(ご予約)はお早めに!

a0254656_18132322.jpg今期の『青柚子』注文は明日がラストチャンスです!
数量限定の完全予約制での販売で、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただく旨、あらかじめご了承ください。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「香り高き柚子」のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-16 18:15 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子(ゆず) 青柚子大好評販売中!今年は色づき始めが早く期間限定数量限定の販売です!

FLC日記 2018年10月5日(金) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高きゆず『青柚子』『あっぱれ』『キズあり柚子』『冬至用ゆず』をネット独占販売いたします。
もちろん、産地直送でのお届けです。
a0254656_17384105.jpg


a0254656_17393316.jpg9月中旬より、香り高き柚子『青柚子』を数量限定で販売しています。
全国のお客様から、「とても香りが良くて美味しい柚子こしょうができました!」とたくさんのメールをいただくほど大好評です。

a0254656_16312914.jpgただし、今年は急な寒さが来て、柚子が色づき始めるのが早く、青柚子としての販売期間は短くなると予想されます。
数量限定、期間限定で完全予約制での販売です。
ご注文はお急ぎ下さい。
まずは、『青柚子』からの販売です。

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』


a0254656_16385476.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、柚子の匠「鬼塚農園」さんの広い広い柚子畑です。
柚子畑と言うより、柚子山と言った方がピッタリの気がします。

a0254656_16411303.jpg道路を挟んだ両サイドを中心に、日の当たる自然豊かな山の斜面を利用して、『香り高き柚子』は栽培されています。
その広さは、なんと7反(2100坪)も青柚子るんです。

a0254656_16442872.jpgこちらが、『香り高き柚子』を栽培している、柚子の果樹です。
果実が少し色付き始めているものもありますが、まだ、パッと見た感じでは、青い柚子と緑の葉っぱが重なり、どこにどう実っているのかわかりませんよね。
これが、収穫を迎える11月上旬になると、鮮やかな景色になるんです。

a0254656_16490555.jpgその様子がこちらです。
過去の取材で、11月10日に撮影したものです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16513057.jpgもちろん、「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず』もこうして現地取材をしています。
以前の取材で撮影した「鬼塚農園」の鬼塚啓治さん紀美代さんご夫妻です。

a0254656_17043646.jpgこちらは、5月中旬の花咲く頃の様子です。
こうして、収穫の様子はもちろん、その後のお礼肥えや剪定、花咲く様子、着果から成長の過程など、全て現地取材してきました。

a0254656_17060622.jpg実はこの地では、以前みかんを栽培していました。
このあたりは、標高500mほどの高さにあります。
標高が高いことはみかんより柚子に適していると判断し、20数年前に一念発起して全て柚子に植え替えたのです。
ミカン栽培を始めた際に、山を切り開き平らにするために組まれた石垣は、今もなおこうして活用しています。

a0254656_18081845.jpg「みかんから柚子に変えて、何が大変だったかってそれは何より“トゲ”たいね。」
柚子の匠「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんが以前そう話されたことを思い出しました。

a0254656_18111752.jpgこれが柚子のトゲです。
鬼塚さんは柚子畑に入る時は、必ずヘルメット着用で、靴底に鉄板の入った靴を使用します。
このトゲは、鳥類や野生生物から自らを守るものですが、果実が成長する過程で風に揺れてぶつかると、果皮にキズを作ってしまいます。

a0254656_18174647.jpgですから、「柚子はキズがあって当たり前!」と言われています。
弊社で販売する『青柚子』にも、もちろん傷やへこみがありますが、しっかり洗うと落ちる場合もありますし、気になる方はそこを取り除いてご使用ください。

a0254656_18343860.jpg「FLCパートナーズストア」では、もちろん「鬼塚農園」さんの黄色く色づいた『香り高き柚子』も販売いたします。
しかし「キズがあって当たり前!」の柚子を、あえて『キズあり柚子』と称しています。

a0254656_18381627.jpgそれは、『キズあり柚子』とは明確に差別化をし特別な柚子として販売している、香り高き柚子『あっぱれ』を販売しているからです。
『あっぱれ』は、収穫した柚子から選びに選び抜かれた、キズやへこみがほとんどない“奇跡の柚子”です。

a0254656_18393177.jpg香り高き柚子『あっぱれ』は、大、中、小の3商品を今年も販売予定です。
すでに、高級料亭からの注文(予約)を頂いていて、今年も間違いなく完売する大人気商品です。
なにせ、収穫した中からほん1割ほどの大変貴重な柚子ですから!

a0254656_18420306.jpgまた、冬至の“柚子風呂”にご利用いただく『冬至用柚子』の販売も行います。
『冬至用柚子』は、『キズあり柚子』同様の商品でもちろん果皮にはキズがあります。
5kg入り、10kg入りでの販売です。

a0254656_18131529.jpg2018年(平成30年)の冬至は12月22日(土)です。
現在、お電話予約のみで、『冬至用ゆず』の受付も行っています。
こちらは早い者勝ちの、売り切れ必至商品です。
ご注文(ご予約)はお早めに!

a0254656_18185350.jpg今年も現在は、朝採り、即日発送でお届けする、香り高き柚子『青柚子』を大好評販売中です。
今年は、例年より色づきだす時期が早く、販売期間は短いことが予想されます。
香り高き柚子『青柚子』は、期間限定、数量限定、完全予約制での販売です。
今年も売り切れ必至の大人気商品です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-05 18:24 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子(ゆず) 平成30年度の『青柚子』本日より出荷をスタートしました!

FLC日記 2018年9月14日(金) くもり時々晴れ一時雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』の、『青柚子』をネット独占販売しています。
もちろん、産地直送でお届けいたします。
a0254656_16354817.jpg


a0254656_19571511.jpgこの時期にしかない、期間限定、数量限定の商品で、完全予約制での販売とさせていただいてます。
今年も、2kg入り(写真)と、大変お買い得な5kg入りでの販売です。

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』


a0254656_16383365.jpgもちろん、“青”柚子ですから、色づき始める前までの期間限定販売で、本日(9/14)から今年度の出荷をスタートしました。
しばらくは、毎週金曜の出荷で、数量限定の完全予約制販売です。

a0254656_16472139.jpg柚子(ゆず)と言えば、みなさんやはりこうして色づいたものを想像されることが多いと思います。
これは、11月上旬の収穫の取材に伺った際の写真で、撮影しながらさわやかな柚子の香りを存分に楽しみました。

a0254656_16494395.jpgもちろん、黄色く色づいたゆずも、「FLCパートナーズストア」で販売いたします。
商品名は『香り高き柚子』です。
今年も、例年通りの11月中旬からの出荷予定です。

a0254656_18113175.jpgこちらは、11月上旬の様子です。
寒さの訪れとともに、柚子はこうして色付いてきます。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18145234.jpgもちろん「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
柚子の花咲く、5月上旬に撮った写真です。

a0254656_16535339.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、「鬼塚農園」さんの柚子畑です。
日の当たる自然豊かな山の斜面を利用して、7反(2100坪)もの敷地で、『香り高き柚子』は栽培されています。

a0254656_16545047.jpg中央を走る道路の両サイドに広がる柚子畑は、“柚子山”と言った方が正しい表現かもしれません。
この電柱と電線は、ここより少し上にある、茶畑の霜よけ用のファンを回すために配線されたもので、この辺り一帯には、民家はありません。

a0254656_16570220.jpgこれが柚子の花です。
柚子は、みかんやデコポン、せとかやカボスと同じ柑橘類で、それらと同じような白くてかわいらしい花を、4月下旬から5月中旬にかけ咲かせます。

a0254656_18401553.jpg「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんです。
柚子の栽培を始めて、20年以上の匠が育てた柚子は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
柚子栽培は、“トゲとの戦い”と言われています。

a0254656_1845969.jpg柚子は、同じ柑橘類の中でも、鋭く長いトゲを持つ植物です。
これなんかは、まだ短い方です。
このトゲは、もちろん果樹自身を守るためのものですが、実る果実も傷つけてしまいます。

a0254656_18471964.jpgお分かりいただけますか?
私は男性の中でもかなり手は大きい方ですが、私の指の長さほどもあるトゲがあるんです。
ですから、鬼塚さんは柚子畑に入る際は常にヘルメットを着用し、鉄板が入った安全靴をはいて作業します。

a0254656_17042855.jpg柚子は「キズやへこみがあって当たり前!」と言われる果実です。
強そうに見える果皮は、実はとてもデリケートで、葉っぱや枝、果実同士、そしてあのトゲで、成長の過程でどうしても傷がつくのです。

a0254656_1955218.jpgですから、現在、販売中の、香り高き柚子『青柚子』もこのようにキズやへこみがあるものを商品としています。
もちろん、多くの方にご利用いただく“柚子こしょう”を作るのには全く問題ありません。

a0254656_1917182.jpg「こちらは、「鬼塚農園」代表の鬼塚敬治さんの奥さま、紀美代さんが手作りした「柚子こしょう」です。
青唐辛子と塩、そして『香り高きゆず』の皮があれば、絶品「柚子こしょう」はできるんです。
柚子の匠の「柚子こしょう」のレシピは、以前のブログで紹介していますので、興味のある方はご覧ください!

↓ 「柚子こしょう」のレシピをのせたブログ ↓
FLC日記
香り高き柚子(ゆず)
柚子の匠!生産農家さんが作る手作り
「柚子こしょう」のレシピ!!



a0254656_19252945.jpg色づいた、香り高き柚子『あっぱれ』の収穫及び出荷は、今年も11月中旬からの予定です。
10月中旬からは、ホームページでも先行予約の受付をスタートします。

a0254656_19264832.jpgまた、お電話予約のみで、『冬至用ゆず』の受付も行っています。
2018年(平成30年)の冬至は12月22日(土)です。
こちらも早い者勝ちの、売り切れ必至商品です。
ご注文(ご予約)はお早めに!

a0254656_17161031.jpgまた、今年も収量のわずか1割ほどのキズがほとんどない奇跡の柚子を香り高き柚子『あっぱれ』として販売いたします。
そのあまりの美しさに、高級料亭や有名和食店からも毎年注文いただく、大人気商品です。

a0254656_17202120.jpg色付いた柚子の話はまた後日あらためてするとしまして、現在は、『青柚子』を大好評発売中です。
先日は、フランス料理のお店からも、ご注文(ご予約)をいただきました。

a0254656_17241212.jpg数量限定の完全予約制での販売で、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただく旨、あらかじめご了承ください。
※現在は、2kg入りの商品の箱を変更させていただいています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「香り高き柚子」のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-09-14 17:27 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子(ゆず) 香り高き『青柚子』平成30年度の予約販売スタート!柚子こしょうを手作りしませんか!

FLC日記 2018年9月7日(金) くもりのち雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』の、『青柚子』をネット独占販売いたします。
お待たせしました!
大人気の香り高き『青柚子』は本日より、予約販売の受付をスタートです!!
a0254656_16180143.jpg

a0254656_1814597.jpg「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』で、「柚子こしょう」を作りたいので、ぜひ青柚子を販売してください!!
と、本当に多くのお声を頂戴し、商品化しました。
この時期にしかない、期間限定、数量限定の商品なので、完全予約制での販売です。
今年も、2kg入り(写真)と5kg入りをご用意しました。

a0254656_1810287.jpgなお、色づいた柚子は、毎年11月中旬よりの販売です。
こちらも、すでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。
まずは、『青柚子』からの販売です。

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓

「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』


a0254656_16234256.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
熊本県山鹿市鹿北町多久にある、柚子の匠「鬼塚農園」さんの広い広い柚子畑です。
日の当たる自然豊かな山の斜面を利用して、7反(2100坪)もの敷地で、『香り高き柚子』は栽培されています。

a0254656_16243403.jpg本日、まもなく収穫を迎える『青柚子』の様子を、現地取材してきました。
ところどころにある、杉やヒノキは防風林として植樹しているもので、この高台からでも、栽培地全体を1枚の写真に収めることは、到底できません!

a0254656_16262151.jpg中央を走る道路の両サイドに、「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培地は広がっています。
ですから、柚子園や柚子畑と言うより、“柚子山”と言った感じです!!

a0254656_16301678.jpg5月中旬に現地取材に伺った際に撮影した「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんです。
「鬼塚農園」さんでは、以前はこの地で、みかんを栽培していました。

a0254656_16323068.jpgしかし、標高が高いこの地はみかんより『柚子(ゆず)』栽培に適していると判断し、20数年前に一念発起して全て柚子に植え替えたのです。
この石垣は、みかんを栽培を始める際に組んだもので、現在も柚子の栽培地の中でしっかりとその役目を果たしています。

a0254656_16370285.jpg終わりかけの花をチェックする鬼塚さんです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16395198.jpgもちろん、「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』の栽培の様子も、もう何年も現地取材を重ねてきました。
写真は、5月上旬の咲き誇る花の様子です。

a0254656_1834674.jpg6月上旬の、着果直後の様子です。
この様に、花や着果の様子、果実の成長、収穫、収穫後の剪定作業など、もう何年も年間を通して取材を重ねてきました。

a0254656_16424863.jpg昨年、11月上旬、収穫の際に撮影した、「鬼塚農園」の鬼塚啓治さん、紀美代さんご夫妻です。
「鬼塚農園」さんでは、安全で新鮮な、香り高いジューシーな柚子にこだわり、もう20年以上も栽培し続けているまさに“柚子の匠”なんです。

a0254656_1841243.jpg「柚子はキズがあって当たり前!」と言われる柑橘類です。
そのキズの大きな要因の1つが、この鋭いトゲです。
成長の過程において、このトゲはもちろん、果実同士でぶつかったり、葉っぱや枝にあたっても、果皮にキズが付くんです。

a0254656_16473360.jpg本日、私が現地取材で見てきた青い柚子たちにも、すでにこのような傷があるものもありました。
弊社で販売する、香り高き柚子『青柚子』にも、キズがあると言うことはあらかじめご理解いただきたく思います。

a0254656_1901833.jpgさて、「FLCパートナーズストア」で販売している、「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は、大きく分けると3種類です。
まずは、本日ご紹介している『青柚子』です。※写真は5kg入り

a0254656_18571641.jpgそして、『キズあり柚子』と称し販売している、一般的な柚子。
店頭に並んでいる柚子と変わらないものだとお考えいただいて構いません。
それらは、冬至の柚子風呂の『冬至用ゆず』としても販売しています。

a0254656_1935546.jpg2018年(平成30年)の冬至は12月22日(土)です。
冬至に間に合うよう発送するため、数量限定での販売を行っています。
今年もすでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。

a0254656_1965351.jpgそして最後に、『キズあり柚子』とは明確に差別化をし特別な柚子として販売しているのが、香り高き柚子『あっぱれ』です。
『あっぱれ』は、収穫した柚子から選びに選び抜かれた、キズやへこみがほとんどない収量の1割ほどの“奇跡の柚子”です。

a0254656_16542913.jpg本日より予約をスタートした『青柚子』は、一定の大きさになったものだけを、大きさを重視して収穫し出荷するため、果皮にキズがあるものも多いこと、予めご了承ください。
もちろん、多くの方にご利用いただく“柚子こしょう”を作るのには全く問題ありません。

a0254656_19171691.jpg「こちらは、「鬼塚農園」代表の鬼塚敬治さんの奥さま、紀美代さんが手作りした「柚子こしょう」です。
『香り高きゆず』で作った「柚子こしょう」は、1度使うともう他のものは使えないほどの絶品なんです!!

a0254656_19183952.jpgでも、実はこの「柚子こしょう」は、黄色く色づいた柚子の皮を使って作られてものなんです。
青唐辛子と塩、そして『香り高きゆず』の皮があれば、絶品「柚子こしょう」はできるんです。
柚子の匠の「柚子こしょう」のレシピは、以前のブログで紹介していますので、興味のある方はご覧ください!

↓ 「柚子こしょう」のレシピをのせたブログ ↓
FLC日記
香り高き柚子(ゆず)
柚子の匠!生産農家さんが作る手作り
「柚子こしょう」のレシピ!!


a0254656_16553409.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず(青柚子)』をネット独占販売いたします。
大変お待たせしました。
本日より、予約販売の受付をスタートしました。

a0254656_19251733.jpg「柚子こしょう」はもちろん、「柚子塩」、「青柚子ゼリー」にもご活用ください。
スライスして焼酎やウイスキーに入れるのもいいですよね。
様々な料理の風味つけに、皮をすりおろしてかけると、料理のグレートがアップしますよ!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「香り高き柚子」のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-09-07 17:10 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子(ゆず) 平成30年の青柚子の出荷予定と現在の様子 今のうち青唐辛子を購入しておいて下さい

FLC日記 2018年7月31日(火) くもり時々晴れ
今年も、柚子の匠「鬼塚農園」さんは、有機肥料をふんだんに与えた元気な土と惜しまぬ手間ひまで、『香り高き柚子』を栽培しています。
本日、その生産地に現在の成長の様子を現地取材に伺ってきました。
a0254656_17532111.jpg


a0254656_17542087.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、「鬼塚農園」さんの柚子(ゆず)の栽培場です。
「鬼塚農園」さんは、陽のあたる山の斜面を利用して、香り高き柚子『あっぱれ』を生産している、柚子の匠です。

a0254656_17554614.jpg中央を走る道路の両サイドに、柚子の栽培地は広がっています。
その広さは、7反(2100坪)ほどもあり、柚子園や柚子畑と言うより、“柚子山”と言った感じです!!

a0254656_17590950.jpg「鬼塚農園」さんでは、以前はこの地で、みかんを栽培していました。
しかし、標高が高いこの地はみかんより『柚子(ゆず)』栽培に適していると判断し、20数年前に一念発起して全て柚子に植え替えたのです。

a0254656_18014075.jpg今年も、順調に着果し、青々とした元気な柚子が育っていました。
ゴルフボールほどの大きさです。
しかし、柚子らしいあのさわやかな香りは、まださほどしませんでした。

a0254656_18073445.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』の、『青柚子』を平成30年度もネット独占販売いたします。
今年も出荷予定は、9月中旬ごろからです!!

a0254656_18133428.jpg『青柚子』は、主に「柚子こしょう」を作るのに用いられています。
「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんの奥様紀美代さんに、ご自宅で「柚子こしょう」の作り方を教えていただいた際に撮ったものです。

a0254656_18154947.jpg実はこの「柚子こしょう」は、黄色く色づいた柚子の皮を使って作られてものなんです。
青唐辛子と塩、そして『香り高きゆず』の皮があれば、絶品「柚子こしょう」はできます。
しかし、それが『青柚子』で作るとなお一層、鮮やかなグリーン色になります。

a0254656_18184670.jpg柚子はきれいに洗って、ピーラーで皮を取ります。
刻んでおくとミキサーの時間が省けるとのことです。
大事なのは、生(冷凍可)の唐辛子を使用することです。
紀美代さんも、自ら栽培していた青唐辛子を、冷凍保存していたものを使用していました。

a0254656_18223475.jpg赤く色づいているものもありますが、乾燥させた唐辛子でなければ問題ありません。
今の時期なら、青唐辛子が店頭に並んでいると思うので、ぜひ手作り「柚子こしょう」を作りたい方は、今のうちに購入し冷凍保存しておいてください!
柚子の匠の「柚子こしょう」のレシピは、以前のブログで紹介していますので、興味のある方はご覧ください!

↓ 「柚子こしょう」のレシピをのせたブログ ↓



a0254656_18283772.jpg「FLCパートナーズストア」では、もちろん今年もこうして色付いた柚子も販売いたします。
ほとんどキズがない奇跡の柚子『あっぱれ』、『キズあり柚子』、そして『冬至用柚子』の3商品を販売予定です。


a0254656_18324929.jpg写真は収穫の様子を現地取材に伺った際の、柚子の匠のツーショットです。
「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんと奥様の鬼塚紀美代さんです。
仲良しご夫婦の二人三脚で、20年以上も柚子を作り続けているまさに匠の農家さんです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』の栽培の様子を、もう何年も現地取材を重ねてきました。

a0254656_18365955.jpg収穫の様子はもちろんのこと、花咲く様子(写真)、着果の頃、本日紹介している成長の様子、時には、草刈りや剪定した枝の片付け作業などその全てです。

a0254656_18441148.jpg本日の取材の帰り、作業中の紀美代さんと会いました。
「今日は田んぼの電気柵の手入れをしてたとこなの。柚子畑を見てきたの?草が凄かったでしょ?(笑)」と紀美代さん。

a0254656_18461382.jpg「でも、下の方はずいぶんと草刈りされてましたよ。今年は下から順にしてるんですね!」と言うと、
「ハハハッ!ホントよく見てるわね。そうなのよ。今年は下から順番にやってるの!」

a0254656_18482178.jpg「だいぶ柚子は大きくなってたでしょ?でも、いくら青柚子とは言え、しっかり香りが出るようになってからが良いので、やっぱり今年も9月中旬からの出荷が良いと思うのよね!」
「了解です!もうすでに予約を頂いているので、その方々にはそう連絡しておきます!」と言うと、

a0254656_18512867.jpg「いやぁ~!それは嬉しいけど、そうならもっと早くから草刈り初めて、きれいにしとけばよかった!(笑)」と紀美代さん。
「大丈夫ですよ。うちのお客様たちは、鬼塚さんたちの頑張りは知ってらっしゃるので、今年もお任せします!って先日もお電話で話されてましたよ。」と言うと。
「まぁ嬉しい!今年もしっかり育て上げなきゃね!」と、とてもうれしそうに笑いました。

a0254656_18291129.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『青柚子』、ほとんどキズがない奇跡の柚子『あっぱれ』(写真)、『キズあり柚子』、『冬至用柚子』をネット独占販売いたします。

a0254656_18304398.jpg今年もまずは、朝採り、即日発送でお届けする、『青柚子』からの販売です。
9月中旬より出荷いたしますが、現在はお電話またはメールでのみご予約を承っております。

a0254656_18582496.jpg「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『青柚子』は、期間限定、数量限定、完全予約制での販売です。
今年も売り切れ必至の大人気商品です。
美味しい柚子こしょうを作りたい方は、弊社へのご予約と、青唐辛子(生)の準備をお忘れなく!
これからも、成長の様子など現地取材で紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-07-31 19:00 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子(ゆず) 着果後の成長の様子と「青柚子」の販売時期について(2018)

FLC日記 2018年7月7日(土) 雨のちくもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、『香り高き柚子(ゆず)』をネット独占販売いたします。
現在の成長の様子を、昨日、現地取材してきました!
a0254656_11310192.jpg


a0254656_11331380.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培場(柚子畑)です。
西日本一帯を襲う梅雨の豪雨の切れ間をぬっての撮影です。

a0254656_11352697.jpg中央を走る道路を挟み両サイドに広がる柚子畑は、なんと7反(2100坪)ほどあります。
日の当たる山の斜面を利用した栽培地は、柚子畑と言うより、「柚子山」と言った感じです。

a0254656_11363278.jpg着果後、柚子たちは元気に成長していました。
柚子は、みかんやカボス、デコポンなどと同じ柑橘類で、4月下旬から5月中旬に花が咲き、その後着果し果実が成長します。

a0254656_11395138.jpg5月上旬の花咲く頃の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_11415268.jpgもちろん、「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』の栽培の様子も、もう何年も現地取材を重ねてきました。
花咲く様子、着果の頃、果実の成長、色づき、収穫、お礼肥えや剪定まで、その全てです。

a0254656_11475222.jpg6月中旬頃になると、しっかりと着果したことが見て撮れます。
ただし、この時期はまだ、ビー玉を少し大きくしたほどの大きさです。

a0254656_11484029.jpgこちらは、昨日撮影した、現在(7月上旬)の様子です。
随分と大きくなりましたが、まだ大きなものでも、ゴルフボールほどの大きさでした。

a0254656_11530279.jpg昨年、11月上旬の、色付いた柚子の収穫時に撮影した、生産農家の「鬼塚農園」の鬼塚啓治さん、鬼塚紀美代さんご夫妻です。
仲良しご夫婦の二人三脚で、20年以上も柚子を作り続けているまさに匠の農家さんです。

a0254656_11552270.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は、大きく分けると2種類です。
色付いた柚子(写真)と、青柚子です。
色づいた柚子は、毎年11月中旬よりの出荷です。

a0254656_11595817.jpg「柚子は表皮にキズやへこみがあって当たり前!」と言われる果実です。
果皮は割とかたいのですが、実はとてもデリケートで、柚子特有の鋭いトゲはもちろんのこと、枝や葉っぱ他の果実とぶつかっても、果実の成長の過程で、どうしても果皮にキズやへこみが入るのです。

a0254656_12041006.jpg一般的に販売されている、キズやへこみがある柚子を、弊社ではあえて『キズあり柚子』と称し、5kg入り、10kg入りで販売しています。
『冬至用柚子』として販売しているものも、この商品と同じものです。

a0254656_12061612.jpgではなぜ、弊社では、店頭に並んでいるのと変わらないものを、わざわざ『キズあり柚子』として販売しているかと言うと、同じく弊社で販売する、香り高き柚子『あっぱれ』との差別化を図るためなんです。

a0254656_12071597.jpgその、香り高き柚子『あっぱれ』がこちらです!!
そのあまりの美しさに、高級料亭や有名和食店からも毎年注文いただく、大人気商品です。
収量のわずか1割ほどの、“あっぱれ”の名にふさわしい大変貴重な特別な『柚子』です。

a0254656_12100095.jpgそして、もう一つの商品がこちらの、香り高き柚子『青柚子』です。
昨年は花の時期が遅く、「香り高き柚子」として販売するなら、しっかりと香りが出るころにしたいと、例年の8月下旬をずらし、9月上旬より販売しました。

a0254656_12123525.jpg今年は、花の時期が例年と変わらなかったので、8月下旬からの出荷予定で順位しています。
今年も、2kg入りと5kg入り(写真)での販売予定で、この様に果皮には多少キズがあります。
主に皮を使って「柚子こしょう」の材料に用いられていて、今年もすでに多数のご予約を頂戴している人気商品です。

a0254656_12171059.jpg昨日、現地取材をしたあと、鬼塚紀美代さんとお電話で話しました。
「あの大雨の中柚子畑に行ったと?大丈夫だったね?」と紀美代さん。
「ちょうど雨が切れたのでうかがいました。今年はかなり順調そうですね!」と言うと、

a0254656_12185022.jpg「昨年は全国的に柚子が不作だったけど、今年は良いみたいよ。これからまだまだ手をかけて育てて、青柚子も色付いた柚子もしっかり出荷できるよう頑張るわね!」といつもの明るい声で話してくれました。

a0254656_12213386.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『青柚子』、『あっぱれ』(写真)、『キズあり柚子』、『冬至用柚子』をネット独占販売いたします。
私がこうして現地取材を重ね、自信を持ってお勧めしている商品です。
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技など現地取材にて紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-07-07 12:22 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず) 平成29年度要は残りわずか!!ご注文はお急ぎください!

FLC日記 2017年12月6日(水) くもり
冬至の柚子風呂用の柚子の準備はお済ですか?
2017年(平成29年)の冬至は12月22日(金)です。
「FLCパートナーズストア」では、冬至の柚子(ゆず)風呂用の柚子を、数量限定でご予約承り中です!!
いよいよ残りわずか!
ご注文は、とにかくお急ぎ下さい!!
a0254656_17335445.jpg

↓今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ↓

「冬至」は、24節期(気)の1つで、1年で1番昼の長さが短い日ですね。

a0254656_17421025.jpg昔から、「冬至」には、「かぼちゃを食べて、『柚子湯』にはいると無病息災!風邪なんてひかない!」なんて言われていますよね。
「FLCパートナーズストア」では、熊本県山鹿市鹿北町の「鬼塚農園」さんの、『香り高き柚子』を好評発売中です。

a0254656_17381641.jpg「鬼塚農園」さんでは、日のあたる山の斜面を利用して、『柚子』を生産しています。
柚子(ゆず)を作り続けて、20年以上のまさに“匠”です。

a0254656_17400068.jpgこちらは、今年(平成29年)の収穫スタート時期に、現地取材をした際に撮影した写真です。
「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんが、1玉1玉丁寧に収穫しています。

a0254656_17440481.jpg奥様の鬼塚紀美代さんです。
「鬼塚農園」さんでは、仲良しご夫婦の二人三脚で、毎年多くのリピート購入を頂く、弊社の大人気商品『香り高き柚子』を生産しています。
「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17480099.jpgもちろん、「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』の栽培の様子も、もう何年も現地取材を重ねてきました。
花咲く様子(写真)、着果の頃、果実の成長、色づき、収穫、お礼肥えや剪定まで、その全てです。

a0254656_17531936.jpg今年は全国的にみても、柚子が不作の年だと言われています。
今期の収穫を終えてみると、「鬼塚農園」さんでも、例年に比べ半分ほどの収量しかありませんでした。

a0254656_17593140.jpg収穫の取材の際に、「例年なら、次から次に収穫せにゃんだったばってん、今年はこぎゃんして1つ1つば探しながらせんといかんもんなぁ~」と、鬼塚さんが話されていたのを思い出しました。

a0254656_18041400.jpg年間を通して最も柚子の消費の多いのは、冬至の日です。
私も毎年お風呂に柚子を浮かべて、その香りを楽しんでいます。
「FLCパートナーズストア」で販売する『冬至用ゆず』は、弊社では『キズあり柚子』として販売しているものと同様の商品です。

a0254656_18073389.jpg『キズあり柚子』と称して、販売していますが、これらは、一般的な普通の柚子です。
「『柚子は表皮にキズやへこみがあって当たり前!』と言われる果実です。

a0254656_18134105.jpg柚子の果樹は、同じ柑橘類の中でも、鋭いトゲがたくさんある植物です。
このトゲはもちろん、枝や葉っぱ他の果実との果実の成長中の接触で、どうしても果皮にキズやへこみが入ってしまいます。

a0254656_18110587.jpgではなぜ、あえて『キズあり柚子』としているか?と言うと、それは、キズがほとんどない、香り高きゆず『あっぱれ』との違いを明確にするためです。
『あっぱれ』は、収穫した柚子から選びに選び抜かれた、“極選”の美しい柚子です。

a0254656_18153309.jpg『あっぱれ』ほどキズの無い柚子は、奇跡の柚子と言われています。
収量のわずか1割にも満たないからです。
一般家庭はもちろん、高級料亭や有名ホテルからのご注文も毎年頂戴しています。

a0254656_18183756.jpg左から、大玉(1箱2kg前後 12~13玉)、中玉(1箱2kg前後 15~16玉) 、小玉(1箱2kg前後 17~19玉)で販売していましたが、今年度は早々に完売となり、現在は売り切れとしています。

a0254656_18210369.jpg香り高き柚子『キズあり柚子』には、もちろんキズやへこみなどがあり、大きさも不ぞろいですが、その香りやフレッシュな果汁は『あっぱれ』と全く変わりません。
『キズあり柚子』は、フレッシュな果汁はもとより、香り高き果皮も思う存分ご利用ください。
柚子風呂(湯)や加工用としては最適な商品です。

a0254656_18230119.jpg『冬至用柚子』は当時の日に合わせて、もしくはご希望日に合わせてお届けするため、『キズあり柚子』とは別商品としています。
昨年も、大手ホテルや老舗旅館、ゴルフ場、ケアハウスなどなどから、『冬至用ゆず』のたくさんのご注文をいただきました。
そしてその多くは、今年もリピート購入(ご予約)を頂戴しています。

a0254656_18353639.jpg現在、「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は、収穫を終え、きちんと管理したうえで、こうしてコンテナに入れて貯蔵庫に保管されています。
霜が降りると、柚子は完全に傷んでしまうからです。
柚子の保管は、直射日光、高温、氷点下を避けなければなりません。
風通しの良いところも避け、乾燥させないことも重要です。

a0254656_18354738.jpg「鬼塚農園」さんと契約させていただいている出荷予定量(受注量)は、いよいよ残りわずかとなってきました。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。

a0254656_18363747.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も柚子の匠「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』をネット独占販売しています。
現在は『キズあり柚子』、『冬至用柚子』のみの販売です。
今期分は残りわずかです!
ご注文はとにかくお急ぎ下さい!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-12-06 18:39 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

平成29年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!

FLC日記 2017年11月16日(木) くもり時々晴れ
平成29年(2017年)の冬至は12月22日(金)です。
熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、柚子の匠「鬼塚農園」さんの、『香り高き柚子』をネット独占販売しています。
a0254656_16351818.jpg


a0254656_16361536.jpgこの時期、収穫の真っ只中です!
商品は、大きく分けると4種です。
香り高き柚子『あっぱれ』、、『キズあり柚子』、『冬至用ゆず』、そして今季の販売を終了した『青柚子』となっています。
今年(平成29年度)は、全国的に柚子が不作と言われているようです。

a0254656_16465030.jpg1年で最も柚子の消費が多い「冬至の日」の柚子風呂用の柚子も不足しているようで、「まだありますか?」とのお問い合わせと共に、全国からたくさんのご注文(ご予約)を頂いています。

a0254656_16494763.jpg出荷予定数をあらかじめ決めての販売を行っています。
今年は、例年にないハイペースでのご予約を頂いていて、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、とにかくお急ぎください!!
とりわけ、銭湯や温泉、ホテルや旅館、ゴルフ場と言った大量ご注文のお客様は、ご注文(ご予約)は早い者勝ちです!!

↓今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ↓

生産地と生産者の紹介をします。

a0254656_16553912.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培場(柚子畑)です。
生産者の「鬼塚農園」さんは、日のあたる山の斜面を利用して、『柚子』を栽培しています。
柚子(ゆず)を作り続けて、20年以上のまさに“柚子の匠”です。
こちらは、今年の収穫の様子を現地取材に伺った際の写真です。

a0254656_17033315.jpg中央を走る道路を挟み両サイドに広がる柚子畑は、なんと7反(2100坪)ほどあります。
日の当たる山の斜面を利用した栽培地は、柚子畑と言うより、「柚子山」と言った感じです。

a0254656_17125354.jpg「今年はホント柚子が少なかばい。春先の天候不順の影響で、全国的にそうみたいだもんなぁ~」
「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんがそう話しました。

a0254656_17214396.jpg「農作物を栽培しよると、こぎゃん年もあるたいね。まぁ、しょんなかたいね(仕方ないね)。ばってん、笠さんと毎年約束してる分は、ちゃんと出すけん心配せんでも良かよ。」
鬼塚さんは、いつもこの笑顔で明るく話す前向きな方です。

a0254656_17270259.jpg収穫された柚子は、きちんと管理したうえで、こうしてコンテナに入れて貯蔵庫に保管されます。
柚子の保管は、直射日光、高温、氷点下を避けなければなりません。
風通しの良いところも避け、乾燥させないことも重要です。

a0254656_17295605.jpg「柚子は表皮にキズやへこみがあって当たり前!」と言われる果実です。
しかし、保管中に傷むようなキズの柚子はあらかじめ取り除いています。
柚子は、果皮が割とかたいのですが、実はとてもデリケートなんです。

a0254656_17314423.jpg柚子の果樹は、同じ柑橘類の中でも、鋭いトゲがたくさんある植物です。
このトゲはもちろん、枝や葉っぱ他の果実との果実の成長中の接触で、どうしても果皮にキズやへこみが入るのです。

a0254656_17341455.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、『冬至用柚子』の5kg入り、10kg入りは、同じく弊社で販売している『キズあり柚子』と同様の商品です。

a0254656_17325243.jpg名前こそ『キズあり柚子』としていますが、一般流通して、店頭に並んでいる柚子と変わらないものだとお考えください。
フレッシュな果汁はもとより、香り高き果皮も思う存分ご利用ください。
柚子風呂(湯)や加工用としては最適な商品です。

a0254656_17363854.jpgなぜ弊社では、店頭に並んでいるのと変わらないものを、わざわざ『キズあり柚子』として販売しているかと言うと、同じく弊社で販売する、香り高き柚子『あっぱれ』との差別化を図るためなんです。
その、香り高き柚子『あっぱれ』がこちらです!!

a0254656_17374075.jpg
↑香り高き柚子『あっぱれ』大玉(1箱2kg前後 12~13玉)

a0254656_17414844.jpg大玉、中玉、小玉とサイズ別で販売しています。
そのあまりの美しさに、高級料亭や有名和食店からも毎年注文いただく、大人気商品です。
収量のわずか1割ほどの、“あっぱれ”の名にふさわしい大変貴重な特別な『柚子』です。

a0254656_17480104.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』の栽培の様子も、もう何年も現地取材を重ねてきました。
花咲く様子、着果の頃、果実の成長、色づき、収穫、お礼肥えや剪定まで、その全てです。

a0254656_17494704.jpg「笠さんは毎年見てるかわかると思うけど、今年は全体の収量が少ないから『あっぱれ』もあまり出せないかもよ!」鬼塚さんの奥様の紀美代さんが心配してそう話しました。
「笠さんはわかっとるけん、ちゃんと数ば決めてから出せる分だけ出すと良かとじゃ?」鬼塚さんはそう笑顔で話しています。

a0254656_17530725.jpg「鬼塚農園」さんは、鬼塚敬治さん、紀美代さんの笑顔の絶えない仲良しご夫婦で、今年も惜しまぬ手間ひまをかけ「香り高き柚子」を育ててきました。
ちなみに、鬼塚さんのヘルメットやお二人のぶあつい手袋は、柚子のトゲから守るためのものです。

a0254656_17563680.jpg今年も、例年と変わらず愛情たっぷりに、匠の技をもって育ててきたので、その品質は例年と変わりません。
しかし、今年は収量の絶対数が少ないのです。

a0254656_17573644.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用柚子』をネット独占販売しています。
毎年決まってリピート注文されるお客様が本当に多い大人気の商品です。
数に限りがございます!
今年は特に早い者勝ちですよ!
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-11-16 18:03 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)