人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:ふきのとう ( 5 ) タグの人気記事

熊本産「天然ふきのとう」 平成31年度の予約受付スタート!(2019)

FLC日記 2019年2月5日(火) 晴れ時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成31年度)も弊社の敷地内で育つ、オリジナルブランドす商品『天然ふきのとう』をネット独占販売いたします!
a0254656_18400747.jpg
熊本県菊池市、菊池水源産の天然の『ふきのとう』で、数量限定・完全予約制での販売です。

↓ 今すぐ購入(予約)したい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
菊池水源『天然ふきのとう』



a0254656_18415483.jpg「熊本県なのに雪?」と思われた方も多いことでしょう!
でも、弊社で販売する天然の『ふきのとう』は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥で育ったもので、九州の熊本県と言えども、毎年、積雪があるんです。

a0254656_18453143.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、菊池水源産の天然の『ふきのとう』は、株式会社旬援隊の敷地内に自生しているものを、毎年少しずつ増やしてきました。
写真はその栽培地で、栗林の中にあります。
春の山菜の中で最も早くから収穫できるのがふきのとうです。

a0254656_18483114.jpg冬眠から目覚めたクマは最初にふきのとうを食べると言われています。
新陳代謝を活性化して目覚めさせてくれるのです。
株式会社旬援隊は、熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営している会社です。

a0254656_18531369.jpgこちらが本社社屋の写真です。
ふきのとうの栽培地は、この建物の奥にあります。
ちなみに、ここは本当に山奥で、ここより山の上には、誰も住んでおらず、電線がここまでしか来ていないほどなんです。

a0254656_18544376.jpgそんな山奥なので、毎年雪も降り、こうして積雪もあるんです。
今年はわりと温かく、今年の初積雪は1月25日でした。
この地で経験した最低気温は、-16℃。
積雪が最も多かったのは、積雪量が45cmにもなりました。

a0254656_18572362.png弊社が運営するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、“わが家の専用農家さん”と称している、契約農家さんたちが育てた“本物”と呼べる、最旬フルーツ、朝採り新鮮野菜、熊本の安全で美味しいお米など、様々な食材を販売しています。
いずれも、弊社でしか買うことのできないものばかりです。

a0254656_18585561.jpgまた、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)も、生産者の一人として、ここで育てる様々な作物を「オリジナルブランド商品」として販売しています。
自然栽培で育てた『利平栗』(写真)、『水源キウイ』、『春の山菜』、『烏骨鶏のタマゴ』などです。

a0254656_18594182.jpgまた、私が菊池水源産の無農薬、無化学肥料で育てられたエゴマの種子から作った、『えごま油』『焙煎えごま粒』の販売も行っています。
おかげさまで今年も大好評で、一部完売となった商品も有るほどです。

a0254656_19033353.jpg敷地は1500坪ほどあります。
さらに近隣にお借りしている畑などを加えると、3000坪ほどで様々な作物を栽培しています。
写真は昨年9月中旬の弊社の敷地内のエゴマの畑と『利平栗』の栗林の様子です。
この地で私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、四季折々の花々と、季節の野菜、13種類の果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自ら田畑を耕し、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_192449.jpgそんな暮らしの中で、この時期、私が楽しみにしているのが、この『天然ふきのとう』です。
『ふきのとう』には、冬の間にたまった体内の脂肪を流す効果も期待できるのだそうです。

a0254656_1951721.jpg毎年早ければ、1月下旬より芽吹き始めますが、最初に芽吹いたものは、そのまま花開かせ、新葉を芽吹かせます。
来春も、出来るだけ早く『ふきのとう』が芽吹くように、あえて早いものは取っておくのです。

a0254656_19093358.jpgそして、出荷数も制限していて、来年以降もふきのとうが芽吹くように調整しながら出荷しています。
つぼみが開く前の状態のほうが食味がよく、つぼみが開くと苦味が強くなります。
やはり、天ぷらが最高ですよね!

a0254656_19303324.jpgふきのとうは、ふきの花のつぼみです。
ふき本体よりも栄養価が高く、ふきには微量しか含まれてないβ-カロテンは約8倍、カリウムも2倍含まれているようです。
限られた時期でしか食べられませんが、ビタミンB群やカリウム、リンなどを含む栄養満点の山菜です。
昔から、胃もたれの回復にも良いとされ、ふきのとうのみそ汁を毎日飲めば病気にならないと言われたほどなのです。

a0254656_1934210.jpgこの時期だけの、まさに最旬食材!
熊本県菊池水源産の『天然のふきのとう』をぜひご賞味ください。
数量限定、完全予約制度の販売です。
ご注文(ご予約)はお早めに!
早い者勝ちですよ!!

a0254656_19110636.jpgさて、最旬食材と言えば、現在「FLCパートナーズストア」で、大好評販売中なのが、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』です。
糖度と酸味のベストバランスの美味しさで、弊社のリピート率ナンバー1の商品です。

a0254656_19403098.jpgこの時期、熊本産の朝採り新鮮イチゴも大人気です。
『完熟紅ほっぺ』、熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』の2品種を販売中で、いずれもこだわり農家さんの“本物”と呼べる美味さです。

a0254656_19431160.jpgその他にも、『熊本産新鮮野菜』、3人の匠が育てた『熊本のお米』、『にんにくたまご』、無農薬栽培の『発芽玄米』『雑穀米』『米粉』などなど、ここでしか買えないものばかりを取り揃えています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村

by flcps | 2019-02-05 19:14 | FLC | Trackback | Comments(0)

2018年の2月は雪のスタート!しかし1日でこうも変わったんです!!株式会社旬援隊の冬の様子

FLC日記 2018年2月1日(木) 雪(積雪9cm)のちくもり時々晴れ
株式会社旬援隊の2018年2月は、雪の中でのスタートとなりました!ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の本社所在地は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にあります。
今朝の雪で、朝7時には一面の銀世界です。
a0254656_17371794.jpg


a0254656_17413689.jpg朝5時の時点では、3cmほどの積雪量でしたが、そこから降雪量がどんどんと増え、とうとう9cmほど積もりました。
写真は、朝7時半ごろのもので、この頃はまだ4cmほど積もっていました。
今日のはフワフワとした雪で、庭木の枝にもこのようにきれいに積もるような雪です。

a0254656_17460391.jpg敷地の裏にあるキウイ棚もこの様子!
明日からここの剪定作業をするはずでしたが、それどころじゃないなと思っていたんです。
ところが!

a0254656_17472767.jpgこちらは、今日の4時ごろの写真です。
あれだけ積もっていた雪は、ほとんど溶けちゃいました。
これが同じ日の朝と夕方の写真とは思えないでしょ?

a0254656_17500831.jpg本日のブログの冒頭で紹介した、本社社屋の様子も、ご覧の通り!
「あの雪はいったい何だったの?夢でも見てた?」って感じになっちゃいました。
本日のブログでは、ここの冬の様子を中心に、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」についてご紹介します。
毎年完売する大人気の旬の食材の情報も紹介しますので、最後までお見逃しなく!

a0254656_18000702.jpg株式会社旬援隊の本社所在地は、熊本県菊池市原(はる)の菊池水源の山奥にあります。
こちらは今朝の様子で、この雪に覆われた道が、ここに来るための唯一の舗装道路です。
ここは、本当に山奥で、ここより先には誰も住んでいません。
ですから、電線もここまでしか来ていません。

a0254656_18034942.jpg雪が溶けたわかりやすい写真で説明しましょう!
ここの敷地内には電柱が立っていますが、電線はここまでなんです。
つまりこれは、“電柱の果て!”と言ったところでしょうか!

a0254656_18092664.jpgちなみに、この道路はさらに山奥へと続きますが、しばらく進むと砂利道となり、いずれは行き止まりとなってしまいます。
現在は、砂防工事があっていて、わりと車が通るのですが、普段はほとんど車が通ることはありません。

a0254656_18111928.pngそんな山奥で私が何をしているかと言うと、株式会社旬援隊を立ち上げ、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、契約農家の「わが家の専用農家さん」が育てる、“本物”と呼べる旬の食材、農作物を販売しています。

a0254656_19074120.jpgまた、私も弊社で販売している農作物の生産者の一人です。
こちらは弊社のオリジナルブランド商品の自然栽培で育てた栗の王様『利平栗』です。

a0254656_18200983.jpgこちらは上の段の畑と『利平栗』の栗林です。
私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、この地で、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
もちろん冬の間は、度々ご覧の景色になり、なかなか作物は育ちませんが・・・。

a0254656_1812528.jpgしかし、春は確実に訪れます。
『ふきのとう』が芽生え始めてきました。
これは、天然のふきのとうで、栗林に自生していたものを少しずつ増やしてきたのです。

a0254656_18304357.jpgこのオリジナルブランド商品の『天然のふきのとう』は、毎年出荷予定数を完売する大人気商品です。
今年もすでに多数のご予約を頂戴しています。

a0254656_1951721.jpg毎年早ければ、1月下旬より芽吹き始めますが、最初に芽吹いたものは、そのまま花開かせ、新葉を芽吹かせます。
来春も、出来るだけ早く『ふきのとう』が芽吹くように、早いものは取っておくのです。

a0254656_19708.jpg花を咲かせる分が育ち、次に収穫するふきのとうたちが芽吹く数がそろったころ、予約の受付をスタートしたいと思っています。
現在は、ホームページ上では完売としていますが、お電話でのみご予約を承っています。
フリーダイヤルにお気軽にご連絡くさい。

a0254656_18535212.jpgさて、今朝はあの雪の中でしたが、どうしても山を下らねばなりませんでした。
契約農家さんおところに、現地取材に伺う約束をしていたからです。
この写真は、4月より販売予定の小玉スイカ『ひとりじめEX』の本日の栽培地の様子です。

a0254656_19001659.jpgこちらは、2月20日ころから出荷予定の、スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』の栽培ハウスの様子です。
私は、弊社で販売する、全ての商品が育つ現場に伺って、私の目で成長の様子を見て、私の耳で生産農家さんの話を聞いています。
だからこそ、全ての商品を自信をもっておススメできるのです。

a0254656_19024493.jpg本日は上記の他に、樹上完熟アップルマンゴー(写真)や、水耕栽培の野菜など、6件の農家さんを回り現地取材してきました。
それらの様子はまた後日このブログで紹介したいと思っています。

a0254656_19050200.jpg
弊社では、「FLCパートナーズストア」で販売する食材を生産する、契約農家さんのことを、「わが家の専用農家さん」と称しています。

a0254656_19081059.jpgお客様である消費者のみなさんが、安心して食して頂けるように、「自分のために作ってくれている!」と思っていただけるように、そう呼んでいるのです。
「FLCパートナーズストア」のホームページには、熊本の最旬食材が目白押しです!

a0254656_19074486.jpgまもなく出荷予定の、究極の柑橘『プリンセスせとか』(写真)は、今年も完売間違いなしの大人気商品です。
その他にも、熊本の美味しいお米、朝採りの新鮮野菜、最旬フルーツなどなどを販売中です。
ぜひ、下記ロゴをクリックして、ホームページもご覧ください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-02-01 19:14 | FLC | Trackback | Comments(0)

熊本産「天然ふきのとう」先行予約受付スタート!

FLC日記 2017年2月5日(日) 雨のちくもり一時みぞれ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も弊社の敷地内で育つ、オリジナルブランドす商品『天然ふきのとう』をネット独占販売いたします!
a0254656_18304357.jpg
数量限定・完全予約制での販売です。
熊本県菊池市、菊池水源産の天然の『ふきのとう』をぜひご賞味ください。

↓ 今すぐ購入(予約)したい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
菊池水源『天然ふきのとう』



a0254656_18351230.jpg春の訪れを告げる、『ふきのとう』が芽生えました!
ここは、熊本県菊池市原、菊池水源の山奥にある、株式会社旬援隊の敷地内です。
これは、天然のふきのとうで、栗林にあるものを少しずつ増やしてきました。

a0254656_18391995.jpgここがその栽培地です。
春の山菜の中で最も早くから収穫できるのがふきのとうです。
独特な苦味が味覚を刺激して気分を引き締めてくれますよ。
冬眠から目覚めたクマは最初にふきのとうを食べると言われています。
新陳代謝を活性化して目覚めさせてくれるのです。
株式会社旬援隊は、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営している会社です。

a0254656_18435378.png「FLCパートナーズストア」では、“わが家の専用農家さん”と称している、契約農家さんたちが育てた“本物”と呼べる、最旬フルーツ、朝採り新鮮野菜、熊本の安全で美味しいお米など、様々な食材を販売しています。
いずれも、弊社でしか買うことのできないものばかりです。

a0254656_18451794.jpgまた、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)も、生産者の一人として、ここで育てる様々な作物を「オリジナルブランド商品」として販売しています。
自然栽培で育てた『利平栗』(写真)、『水源キウイ』、『春の山菜』、『烏骨鶏のタマゴ』などです。

a0254656_18484922.jpg株式会社旬援隊の本社社屋です。
熊本県菊池市原の菊池水源の山奥にあります。
これは、今年の1月1日の日本晴れの朝に撮影した写真です。
ここより山の上には、誰も住んでおらず、電線がここまでしか来ていないほどの山奥です。

a0254656_1852313.jpg1月21日のお昼前に撮影した写真です。
ここは九州、熊本と言えども標高の高い山奥で、毎年雪が積もります。
私が経験した最低気温は、-16℃。
積雪が最も多かったのは、積雪量が45cmにもなりました。

a0254656_18562133.jpg敷地は1500坪ほど、近隣にお借りしている畑などを加えると、3000坪ほどあります。
これは昨年夏のエゴマの畑と『利平栗』の栗林の様子です。
この地で私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、四季折々の花々と、13種類の果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自ら畑を耕し、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_192449.jpgそんな暮らしの中で、この時期、私が楽しみにしているのが、この『天然ふきのとう』です。
『ふきのとう』には、冬の間にたまった体内の脂肪を流す効果も期待できるのだそうです。

a0254656_1951721.jpg毎年早ければ、1月下旬より芽吹き始めますが、最初に芽吹いたものは、そのまま花開かせ、新葉を芽吹かせます。
来春も、出来るだけ早く『ふきのとう』が芽吹くように、早いものは取っておくのです。

a0254656_19708.jpgそして、出荷数も制限していて、来年以降もふきのとうが芽吹くように調整しながら出荷しています。
つぼみが開く前の状態のほうが食味がよく、つぼみが開くと苦味が強くなります。
やはり、天ぷらが最高ですよね!

a0254656_19241019.jpgふきのとうは、キク科フキ属の山菜です。
ふきのとうはずいぶん昔から食されていた食材のようです。
冬眠から目覚めたクマは最初にふきのとうを食べると言われています。
新陳代謝を活性化して目覚めさせてくれるのです。

a0254656_19303324.jpgふきのとうは、ふきの花のつぼみです。
ふき本体よりも栄養価が高く、ふきには微量しか含まれてないβ-カロテンは約8倍、カリウムも2倍含まれているようです。
限られた時期でしか食べられませんが、ビタミンB群やカリウム、リンなどを含む栄養満点の山菜です。
昔から、胃もたれの回復にも良いとされ、ふきのとうのみそ汁を毎日飲めば病気にならないと言われたほどなのです。

a0254656_1934210.jpgこの時期だけの、まさに最旬食材!
熊本県菊池水源産の『天然のふきのとう』をぜひご賞味ください。
数量限定、完全予約制度の販売です。
ご注文(ご予約)はお早めに!
早い者勝ちですよ!!

a0254656_193924100.jpgさて、最旬食材と言えば、現在「FLCパートナーズストア」で、大好評販売中なのが、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』です。
糖度と酸味のベストバランスの美味しさで、弊社のリピート率ナンバー1の商品です。

a0254656_19403098.jpgこの時期、熊本産の朝採り新鮮イチゴも大人気です。
『完熟紅ほっぺ』、『さがほのか』の2品種を販売中で、いずれもこだわり農家さんの“本物”と呼べる美味さです。

a0254656_19431160.jpgその他にも、『熊本産新鮮野菜』、3人の匠が育てた『熊本のお米』、『にんにくたまご』、『烏骨鶏のたまご』などなど、ここでしか買えないものばかりを取り揃えています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-02-05 19:46 | FLC | Trackback | Comments(0)

天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています

FLC日記 2016年2月17日(水) 雪のちくもり時々雪
「FLCパートナーズストア」では、天然の『ふきのとう』の販売をスタートしました。
数量限定・完全予約制での販売です。
熊本県菊池市、菊池水源産の天然の『ふきのとう』をぜひご賞味ください。
a0254656_1757222.jpg


↓ 今すぐ購入(予約)したい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
菊池水源『天然ふきのとう』



a0254656_19142110.jpg山菜の中で最も早くから収穫できるのがふきのとうです。
独特な苦味が味覚を刺激して気分を引き締めてくれます。
冬眠から目覚めたクマは最初にふきのとうを食べると言われています。
新陳代謝を活性化して目覚めさせてくれるのです。

a0254656_191759100.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、菊池水源産の天然の『ふきのとう』は、株式会社旬援隊の敷地内に自生しているものです。
こちらは、今朝の様子です。

a0254656_19202918.jpg株式会社旬援隊は、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営している会社です。
昨夜から降り続いた雪が、今朝にはうっすらと積もりました。
ここは九州、熊本と言えども標高の高い山奥で、毎年雪が積もります。

a0254656_19252052.jpgこちらが同じ敷地内にある、株式会社旬援隊の本社社屋です。
ここは山奥の高冷地で、私が経験した最低気温は、-16℃。
積雪が最も多かったのは、積雪量が45cmにもなったことがあるほど寒い山奥です。

a0254656_19322132.jpgその様子がこちらです。
2014年2月14日の朝の様子です。
まぁ、こうなっちゃうと、3日ほどは山を下りれません。
完全に、陸の孤島です。
ここは本当に熊本?って言いたくなるでしょ?
ここまで積もることは、めったにありませんが、それくらいの山奥なのです。
ここで私は、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_19355785.jpgそして、この地に株式会社旬援隊を立ち上げ、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、契約農家の「わが家の専用農家さん」が育てる、“本物”と呼べる旬の食材を販売しています。
a0254656_19405398.jpg

弊社では、「FLCパートナーズストア」で販売する食材を生産する、契約農家さんのことを、「わが家の専用農家さん」と称しています。

a0254656_19435879.jpgお客様である消費者のみなさんが、安心して食して頂けるように、「自分のために作ってくれている!」と思っていただけるように、そう呼んでいるのです。
そのために私は、弊社で販売するすべての食材の作付地に伺い取材をして、その成長の様子や農家さんたちの苦労や手間ひま、匠の技を毎日更新するこのブログで紹介しています。

a0254656_1945031.jpg上の写真は、現在好評発売中の『完熟紅ほっぺ(いちご)』生産農家の「牛島農園」さんに取材に伺った際の一コマです。
例えば、イチゴであるなら収穫後の苗床の様子や、定植作業、マルチ張り作業、そして収穫の様子も全て、年間を通して現地取材しています。
匠の農家さんが育てた“本物”と呼べる食材を、きちんと取材ご紹介していますので、ぜひホームページをのぞいてみてください。

ホームページはこちら


a0254656_1952586.jpgまた、自らも農業を営み、この地で育てた作物を、オリジナルブランド商品として販売しています。
写真は、自然栽培で育てた『利平栗』で、毎年、予定数を完売する大人気商品です。

a0254656_19533242.jpg今年も、良い栗を育てるべく、この時期は毎日、栗の剪定作業をしています。
しかし、本日は雪解けで地面がぬかるみ、剪定作業はできませんでした。
この栗林は、敷地の最も奥にある場所です。
ここに、天然『ふきのとう』が育つんです。
もともと、自生していたフキを少しずつ増やし、ふきのとうが出荷できるまで育てたのです。

a0254656_19571133.jpg最初に芽吹いたものは、そのまま花開かせ、新葉を芽吹かせます。
来春も、出来るだけ早く『ふきのとう』が芽吹くように、早いものは取っておくのです。
そして、出荷数も制限していて、来年以降もふきのとうが芽吹くように調整しながら出荷しています。

a0254656_201314.jpg『ふきのとう』には、冬の間にたまった体内の脂肪を流す効果も期待できるのだそうです。
ふきのとうはずいぶん昔から食されていた食材のようです。
それは、クマと同じように、人間の本能が春を迎えた体の健康維持に必要な食べ物を見出してきたからではないでしょうか。
この時期だけの、まさに最旬食材の菊池水源産の天然の『ふきのとう』をぜひご賞味ください。

a0254656_2091180.jpgさて、最旬食材と言えば、現在「FLCパートナーズストア」で、大好評販売中なのが、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』です。
こちらは、弊社が契約する「わが家の専用農家さん」の1つ、「小春農園」さんが育て上げた、まさに“本物”と呼べる逸品です。
果実は見とれるほどに美しく、何より糖度と酸味のベストバランスの美味しさで、弊社のリピート率ナンバー1の商品です。

a0254656_20142551.jpgこの他にも、こだわり農家さんが育てた『熊本のお米』、究極の柑橘『せとか』、『熊本産朝採りイチゴ』、『熊本産新鮮野菜』などなどを販売しています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-02-17 20:16 | FLC | Trackback | Comments(0)

山奥にも春の訪れ!!春の山菜「天然ふきのとう」出荷スタート!オリジナルブランド商品の紹介!!

FLC日記 2015年2月16日(月) 雨時々くもり
春の訪れを告げる、『ふきのとう』が芽生えました!
本日より、「FLCパートナーズストア」では、天然『ふきのとう』の販売をスタートしました。
a0254656_1731535.jpg

a0254656_17343273.jpg山菜の中で最も早くから収穫できるのがふきのとうです。
本来なら、雪の下からほんの少し顔を出している写真で、春の訪れを感じさせたかったのですが、そうそう上手く雪も降りません。
独特な苦味が味覚を刺激して気分を引き締めてくれますよ。
冬眠から目覚めたクマは最初にふきのとうを食べるとか???
ここは九州の熊本県なので、野生のクマはいませんが、自然豊かな山の中の天然『ふきのとう』です。

↓ 今すぐ購入(予約)したい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
菊池水源『天然ふきのとう』



a0254656_17505050.jpgその天然『ふきのとう』は、株式会社旬援隊の敷地内に自生しています。
これが株式会社旬援隊の本社所在地があり、私(笠泰紀)が住む、熊本県菊池市、菊池水源の山奥です。

a0254656_17533147.jpgどれくらい山奥かと言いますと、ここの目の前の舗装道路は、さらに山奥へと続いていますが、舗装されているのは途中までで、いずれは行き止まりとなっています。
当然この上には誰も住んでいません。

a0254656_17542060.jpgここへは、この1本道を登ってくるしか方法はありません。
敷地内には電柱がありますが、電線はここまでしか来ておらず、いわば“電線の果て”と言ったところでしょうか(笑)。
今一つ、山奥感が伝わっていないと思いますので、1年前の2月14日の朝の写真をお見せしましょう!
a0254656_1832618.jpg
ほぼ同じようなアングルの写真ですが、45cmの積雪で、もう何が何やらわかりませんよね(笑)。

a0254656_1854374.jpgまぁ、こうなっちゃうと、3日ほどは山を下りれません。
完全に、陸の孤島です。
ここは本当に熊本?って言いたくなるでしょ?
ここまで積もることは、めったにありませんが、それくらいの山奥なのです。
そんな山奥で、私が一体何をしているかと言うと、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
そして、この地に株式会社旬援隊を立ち上げ、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、契約農家の「わが家の専用農家さん」が育てる、“本物”と呼べる旬の食材を販売しています。
a0254656_18112478.jpg

ホームページはこちら


a0254656_18121539.jpg自らも農業を営み、この地で育てた作物を、オリジナルブランド商品として販売しています。
写真は、自然栽培で育てた『利平栗』で、昨年も予定数を完売した人気商品です。

a0254656_18164877.jpg今年も、良い栗を育てるべく、この時期は毎日、栗の剪定作業をしています。
この栗林は、敷地の最も奥にある場所です。
ここに、天然『ふきのとう』が育つんです。

a0254656_1823573.jpgこうして、自生している天然の『ふきのとう』なんですよ。
私たち人間も、昔からふきのとうを食して来ました。
それは、クマと同じように、人間の本能が春を迎えた体の健康維持に必要な食べ物を見出してきたからではないでしょうか。

a0254656_18263866.jpg『ふきのとう』には、冬の間にたまった体内の脂肪を流す効果も期待できるのだそうです。
ここまで開いた『ふきのとう』は食べません。
最初に芽吹いたものは、そのまま花開かせ、新葉を芽吹かせます。
来春も、出来るだけ早く『ふきのとう』が芽吹くように、早いものは取っておくのです。

a0254656_18331931.jpg『ふきのとう』が、春を告げる山菜なら、これは“春の山菜の王様”と呼ばれるものですが、なんだかわかりますか?
この写真にある、ひょろひょろっと伸びている植物ですよ。

a0254656_1835323.jpgその先端部分の発芽した芽を食べるんです。
天ぷらにしたら最高ですよ!!
まだこの時期は、こうして全く発芽の気配はありませんね。
おそらく、収穫は3月下旬から4月上旬ってとこでしょう。

a0254656_18393618.jpg正解はこちら!
春の山菜の王様こと、『タラの芽』です。
こちらも、「FLCパートナーズストア」のオリジナルブランド商品として、天然の『タラの芽』を販売しています。

a0254656_18423399.jpg敷地内に自生していたものを、少しずつ増やしてきました。
この芽は、春に2回芽吹きますが、2回とも『タラの芽』を採ってしまうと、そのタラの木は枯れてしまうので、天然のものですが、きちんと管理して収穫するようにしています。
天然ものなので、香り、苦味、コクとも非常にバランスが良く、栄養的にも価値がとても高いため人気のある山菜です。
海老とよく似た味がするため“山海老”とも言われています。
『タラの芽』を味わえるのは、まだ1ヶ月半ほど先の話ですね!

a0254656_18592218.jpgここでは、天然の『ふきのとう』、『タラの芽』の他にも、オリジナルブランド商品として、「烏骨鶏」も育てていて、『菊池水源の烏骨鶏の新鮮タマゴ』を販売しています。
『烏骨鶏のタマゴ』は、栄養価が非常に高く、古来中国では、食することで、「不老不死」になると言われ、大変重宝されていました。

a0254656_1942470.jpg現在、効用としては、強精疲労回復、高血圧・中気の予防、心臓病の予防、糖尿の予防、老化防止、免疫力の向上などが具体的に言われているようです。
ただ、年間に約40個ほどのタマゴしか産みません。

a0254656_1963916.jpgですから、天然ものの『ふきのとう』、『タラの芽』同様、あまり力を入れて販売しても供給が追い付きません。
ホームページをご覧いただくとお解りなのですが、あまり力を入れずこっそりと販売しています。
『烏骨鶏のタマゴ』は売り切れのことが多く、販売しているのでれば超~ラッキーです!
その際はすぐに、お買いもとめ下さい!!

a0254656_19115775.jpgさて、弊社オリジナルブランド商品の紹介はこのあたりにして、現在「FLCパートナーズストア」で、大好評販売中なのが、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』です。
こちらは、匠の農家さん「小春農園」さんが育て上げた、まさに“本物”と呼べる逸品です。
果実は見とれるほどにきれいで、何より糖度と酸味のベストバランスの美味しさで、弊社のリピート率ナンバー1の商品です。

a0254656_1916139.jpg3月までは、熊本限定栽培品種の、樹上完熟デコポン『ひのゆたか』を販売いたします。
4月からは、蔵出し完熟デコポン『不知火』の販売です。
この他にも、究極の柑橘『せとか』、『熊本産朝採りイチゴ』、『熊本のお米』、『熊本産新鮮野菜』などなどをご案内しています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2015-02-16 19:20 | FLC | Trackback | Comments(0)