人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:さがほのか ( 21 ) タグの人気記事

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!

FLC日記 2017年5月3日(水) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年もイチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『さがほのか』をネット独占販売いたしました。
熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_16520038.jpg
昨日(5月2日)の発送分を持ちまして、今期の「FLCパートナーズストア」での発送は、すべて終了しました。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_16550170.jpgおかげさまで、今期も大人気!
熊本産高級いちご『さがほのか』は、とても香りが高く、その甘い香りが最大の特徴です。
さらに、鮮紅色のあざやかな色合いと、美しい円錐形の形状で、最も“苺らしいいちご”とも呼ばれています。
昨日の最終発送分も、予定数を完売し、本日または明日、全国のお客様にお届けできていると思います。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_17045725.jpgここは、熊本県山鹿市にある、「杉本農園」さんの熊本産高級いちご『さがほのか』の栽培ハウスです。
「杉本農園」さんは、イチゴ一筋17年の、まさに匠と呼べる農家さんです。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_17065517.jpgこの日の収穫を終えたハウスに、「杉本農園」の杉本一博さんの姿がありあました。
「おはようございます!」と声をかけると、
「ちょうどよかったです!今、笠さんに差し上げようと思って、イチゴを収穫してたとこなんです。」と一博さん。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_17115379.jpg「うわぁ!ありがとうございます!」と言うと、
「いえいえ、笠さんには今期も本当にお世話になったので、心ばかりのプレゼントですよ!うちで作る最後の『さがほのか』を、スタッフの皆さんと食べて下さい!」とのこと。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_17144681.jpgまだまだたくさんの美味しそうな『さがほのか』が、ハウスにはたくさん育っていました。ハウスの中のイチゴの香りがすごいのなんのって!やはり、香りで言えば『さがほのか』は最強ですね!「これらのイチゴはどうするのですか?」と尋ねると、「収穫して出荷しますよ!この時期のニーズも結構あるんです。」

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_17204432.jpg「ただ、笠さんとこのお客様に出荷する分は、終了ですけどね!暖かくなったこの時期からの分は、成長が早くなりどうしても味が落ちてくるので、本当の美味しさで食べて頂くためには、やはり本日の収穫分が最後ですね。」と一博さん。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_17314336.jpg「杉本農園」さんの美味しさへの強いこだわりゆえとご理解ください。
「FLCパートナーズストア」で販売する熊本イチゴ『さがほのか』は、昨日の発送分を持ちまして、3L、2L、L、Mサイズとも全て“完売”とさせていただいています。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_17410132.jpg「そうそう!最後と言えば、本当にうちで育てる『さがほのか』は今期で終了です。これは、来年から育てる熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』なので、半分ずつくらい入れておきますので、ぜひ食べ比べてみてください!」と一博さん。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_17430626.jpgこちらがその『熊紅』です。
「杉本農園」さんでは、今年大きな決断をしました。
来期からは、この熊本限定栽培品種の『熊紅』のみを生産することにしたのです。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_17565771.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子を、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、9月20日前後に行われる“定植作業”の様子です。
毎年、多くの方にお手伝いいただきながら、一斉に行います。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_18014988.jpgその際に撮影した、一博さんのお父さんの「杉本農園」の杉本憲治さんです。
イチゴ一筋17年の、安全性と美味しさにこだわる、まさに匠の農家さんです。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_18092855.jpg「杉本農園」さんでは、杉本憲治さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の洋子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに、大学で専門的にイチゴ栽培を学んだ一博さんの新しい知識が加わり、“本物”と呼べるイチゴを育てる“匠”なのです。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_18130836.jpg「父や母ともかなり話して、来期からは『熊紅』1本でいこうということに決めました。笠さんは、また1からの取材になり大変だと思いますが、よろしくお願いします。」と一博さん。
「いえいえとんでもないです。来期も仮に『さがほのか』の生産だとしても、もちろん夏の苗床の様子や定植作業、開花や色づく様などもこうして現地取材するつもりだったので、全く問題ないです。」

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_18170506.jpg「私は「杉本農園」さんを100%信頼していますし、熊本限定栽培品種となると、しっかり打っていきたいと気合も入っていますよ!」と言うと、「なんだかホッとしました。」と一博さんは少し照れながら話しました。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_18241055.jpgこちらは、11月下旬の収穫が始まる直前の様子です。
広い広い栽培ハウスの一角に、今期は『熊紅』を試験的に植えて栽培していました。
『熊紅』は、2014年に品種の登録出願されたとても新しい熊本県のオリジナル品種で、現在熊本県でのみ栽培出荷されています。
形は円錐形で整った形をしており、大粒の傾向があるとされています。
果皮色は全体に赤く色付きやすく、中の果肉も赤く色づきます。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_18293880.jpg甘みと酸味のバランスも良いため、これから人気品種となること間違いありません。
ただ、栽培には温度や水管理などの高い技術が必要とされるようです。
そこはイチゴの匠にお任せすることとして、来期からの「杉本農園」さんの『熊紅』に大きく期待を寄せています。

熊本イチゴ『さがほのか』今期の発送終了!そして匠の決断!!来期は『さがほのか』から熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』へ!_a0254656_18354519.jpg本日ご紹介した理由を持ちまして、「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『さがほのか』の販売を終了いたします。
来期からは、熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』の販売をいたします。
もちろん、その育つ様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技は現地取材にてご紹介いたします。
「杉本農園」さんの『熊紅(ゆうべに)』ご期待下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-03 18:39 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!

FLC日記 2017年3月8日(水) くもり時々雪
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『さがほのか』をネット独占販売しています!
熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_17273946.jpg
数量限定、完全予約制販売で、朝採り即日発送の新鮮な『さがほのか』をお届けいたします。
全国のお客様に向け大好評発売中です。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_17291195.jpg熊本産高級いちご『さがほのか』は、とても香りが高く、その甘い香りが最大の特徴です。
さらに、鮮紅色のあざやかな色合いと、美しい円錐形の形状で、最も“苺らしいいちご”とも呼ばれています。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_17321343.jpg果肉は、外観と違いこのように白いんです。
こうしてカットすると、イチゴらしい甘い香りがさらに美味しさを引き立てさせてくれます。
さらに、イチゴによくある果肉の空洞はほとんど見られません。
果肉は食味も良く、割と日持ちがすることも人気の要因のようです。
「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの高級いちご『さがほのか』を大好評発売中です!!

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』


熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_17371098.jpgここは、熊本県山鹿市にある、「杉本農園」さんの熊本産高級いちご『さがほのか』の栽培ハウスです。
「杉本農園」さんは、イチゴ一筋17年の、まさに匠と呼べる農家さんです。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_174125100.jpg栽培ハウスはとにかく広い!
とてもとても1枚の写真では収まりきれません。
ハウスに入った瞬間、『さがほのか』の芳醇な甘い香りが押し寄せてきました!!

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_1746183.jpgイチゴの収穫は朝早くから行われていました。
色付き具合を匠の目で判断して、1つ1つ行うのです。
こうしてきれいに真ん中にイチゴの果実を集中させています。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_17492952.jpg美味しいイチゴを育てる葉っぱ部分と、果実を実らせる部分とは、柵を使ってきれいに分けてあります。
これは“玉出し”と言う作業を施したものです。
イチゴの果実に、きちんと太陽の光が当たるようにしています。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_17533272.jpgこうしてみると、イチゴの色付く様子が一目でわかりますよね!
イチゴは、1本の花芽の枝から、約30個ほどの花を咲かせます。
しっかり交配できてより良いものだけを半分ほどに摘果して栽培していくのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_1756923.jpg最初に実る果実が大きく、以降は少しづつ小さくなっていきます。
ですから、摘果作業をきちんと行わないと、小さなイチゴがたくさん実ることになるのです。
また、収穫は大きさではなくて、果実の色合いを見て行うのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_1821088.jpgこちらは、毎年9月20日前後に行われる、イチゴの苗の定植作業の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_1842012.jpgもちろん、「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
杉本一博さんに根っこの様子を見せて頂きました。
しっかりと根が伸びた良い苗です。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_1884689.jpgそれらの定植するイチゴの苗たちは、もちろん「杉本農園」さんによって育てられました。
こちらは、9月上旬の苗床の様子で、定植に向け苗の準備を行っています。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_18105084.jpg一博さんのお父さんの「杉本農園」の杉本憲治さんにお話をうかがいました。
「イチゴはね、多年生植物で、親株からランナーと呼ばれるものを伸ばして、そこに新しい株ができて数を増やしていくとたいね。ランナーがつながっている間は、親株からも栄養ばもらいよるけん、それば切ってあげて、それぞれの株を独立させて、栽培ハウスに定植するわけたい。」

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_18152657.jpg奥様の洋子さんは、役目を終えた親株の撤去作業を行っていました。
それにしても子株たちの葉っぱが、グリーンで色鮮やかなこと!
しっかり手をかけて育ててきた、良い子株たちのようです。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_1824818.jpgさて、また現在の栽培ハウスに話を戻し、「杉本農園」さんの、イチゴの美味しさともう一つのこだわり“安全性”についてご紹介します。
ハウスの中では、ミツバチたちが飛び回り交配(受粉)を行っています。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_18262545.jpg「杉本農園」さんでは、契約している養蜂農家さんから、この時期ミツバチの巣箱を借りています。
このミツバチたちがいなければ、イチゴは受粉できずに実りません。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_18313751.jpgミツバチたちが、こうして元気に花と花の間を飛び回っているということは、農薬を使用せずにイチゴを育てているということです。
イチゴ栽培で最も怖いのは、“ハダニ”と呼ばれる害虫ですが、「杉本農園」さんでは、安心・安全な方法でそれらを駆除しています。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_18332439.jpgそれが、この葉っぱの上にまいてある、おがくずのようなものにいるんです。
それは、ハダニを食べる“チリカブリダニ”です。
チリカブリダニは、カブリダニの1種で、イチゴの生育に悪影響を及ぼすダニを食べる生物です。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_18371159.jpgこちらは、以前の取材で“チリカブリダニ”を散布する、一博さんの様子です。
ハダニもチリカブリダニも口に入っても全く問題ないものですが、ハダニはイチゴに害を及ぼし、その害を及ぼすハダニを食べてくれるのがチリカブリダニと言うわけです。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_18403785.jpg昨年からは、チリカブリダニに加えて、同じ働きのミヤコカブリダニも散布しました。
それぞれの活動時期が異なるため、長期にわたって農薬を使用せずに元気なイチゴを育てるためです。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_18432981.jpg「イチゴは、皮をむいて食べるのではなく、そのまま口にすることが多いフルーツでしょ?だから、農薬を使用せずに育て、安全・安心も提供したいと考えたんです。」
一博さんが、そう笑顔で話してくれました。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_1846553.jpg「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『さがほのか』をネット独占販売しています。
美味しさにこだわり、安全性にこだわり、惜しまぬ手間ひまをかけ育てられた『さがほのか』です。

熊本イチゴ『さがほのか』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!_a0254656_18455879.jpg3Lサイズ(2パック入り)と、2Lサイズ(写真)、Lサイズ、Mサイズの4パック入りと、商品ラインナップも取り揃えています。
ただし、数量限定の完全予約販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-03-08 18:50 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!

FLC日記 2017年1月24日(火) 雪のちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年もイチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『さがほのか』をネット独占販売しています!
熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_16481980.jpg
数あるフルーツの中でも、常に人気が高いのがイチゴです。
イチゴ一筋17年の、匠と呼べる農家さんの「杉本農園」さんはの、高級イチゴ『さがほのか』は、とてもリピート率の高い人気商品です。

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_16505456.jpg高級イチゴ『さがほのか』は、鮮紅色のあざやかな色合いと、芳醇な香り、イチゴらしい美しい円錐形の形状でとても人気の高いイチゴです。
とりわけ、他のいちごとは比較できないほどの、イチゴの香りの強さは驚きですよ!!

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_16553169.jpgとてもイチゴらしいこの形状で、ケーキのトッピングにもよくご利用いただいています。
バレンタインデー用に出荷する、2月10日(金)発送分は、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
朝採り、新鮮そのものの『さがほのか』を即日発送にて、お届けいたします。

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』


熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_16593848.jpgここは、熊本県山鹿市にある、「杉本農園」さんの熊本産高級いちご『さがほのか』の栽培ハウスです。
取材に伺ったこの日も、朝早くから収穫作業が行われていました。

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_1741219.jpg収穫は、イチゴの熟れ方を見て、1つ1つ行います。
現在色づいているのは、2番花から実った果実たちです。
今、咲き誇っている花が、3番花になります。

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_17104013.jpg11月中旬の、1番花の様子です。
イチゴは、1本の花芽から、こうしてたくさんの花を咲かせます。
最初に芽吹き咲く花たちを、1番花と称しています。

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_17124275.jpg1本から複数の花芽が出て、約30個ほどの花を咲かせますが、最初に咲いた花の果実が最も大きくなり、それ以降は、咲く順番で小さくなっていきます。
そこで、「杉本農園」さんでは、半分ほどに摘花(果)して、美味しくて甘く、大きなイチゴを育てているのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_17164370.jpgちなみに、先ほどの2枚の写真は、3年前まで栽培していた『紅ほっぺ』という品種のイチゴの写真です。
これが、現在栽培している『さがほのか』です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_17193595.jpgもちろん、「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、夏の苗床の様子で、夏の時期にイチゴの苗を育て、それらをハウスに定植して栽培するのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_17251042.jpg以前は、この広い連棟建てのハウスで、数種類のイチゴを栽培していましたが、3年前からこの連棟建てのハウスでは、『さがほのか』だけを栽培しています。
他の品種は、別の場所にある単棟のハウスにて栽培中です。

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_17274657.jpg収穫の手を休め、「杉本農園」の杉本一博さんにお話をうかがいました。
「杉本農園」さんは、お父さんの杉本憲治さんとお母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、息子の一博さんがさらに進化させ、最高級のイチゴを育てる、まさに“匠”の農家さんです。

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_17305716.jpg「杉本農園」さんでは、こうしてイチゴの株の葉っぱと花や果実を柵で仕切っています。
「このハウスを『さがほのか』1本にしたのは、正解だったと思っています。品種が同じだと、温度管理もしやすいですし、何よりしっかりと手をかけることができるんです。『さがほのか』は、他のいちごよりもさらに果実にしっかりと日が当てないと美味しく甘く育たないので、こうしてきちんと「玉出し」をしているんです。」

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_17351170.jpg「玉だし」とは、イチゴの果実にしっかりと日光を当てるために、柵などを利用して花芽が葉っぱに隠れないようにする作業です。
柵から出し中央に集めることで、果実が実るこの中央部にクッションになるネットも配置することができ、高品質の『さがほのか』を育てることができます。

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_1742136.jpg「ところで一博さん!イチゴはどれくらい色付いたら収穫するのですか?」と尋ねると、
「一般流通用のイチゴは、7割か8割色づいたころに収穫して出荷します。笠さんとこのお客様用のイチゴは、すでに収穫したから今日はもうないですよ!」

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_17455716.jpg「笠さんとこのお客様には、今日出せば明日か明後日には届くでしょ?一般流通だと、最低でも5日ほどはかかるんです。その間に傷まないように、また店頭に並んだ時にしっかり色づいているように、7割か8割の色付きで出荷するんです。」

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_17481827.jpg「笠さんのお客様に出すものは、これくらいしっかり色づいたものを、その日の朝に収穫して出荷しています。」
一博さんは、そう言いながら、選んでいただいたイチゴをやさしく手のひらで包みました。

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_1750557.jpgそして次の瞬間!
手首のスナップを使って、一瞬にしてイチゴを収穫しました。
「笠さん!せっかくだから、このイチゴ試食して見て下さい!」
私の、至福の時が訪れました!

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_17531810.jpgたった今収穫したばかりのイチゴを、洗うこともせずその場でいただきました。
「めちゃくちゃ美味しいです!しかもこの香り!!」そういう私に、
「笠さんは、ホント美味しそうに食べますよね!(笑)」と一博さん。

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_17573586.jpg「美味しそうに食べるのではなく、本当に美味しいんですよ!」という私を、一博さんがさらに笑っています。
「今日はそのまま食べていただきましたが、イチゴは、さっと水洗いするだけで、そのまま食べることが多いでしょ?だから、できる限り農薬を使用せずに、安全なイチゴを提供したいと思ってるんです。」と一博さん。

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_1815889.jpgヘタのギリギリのところまで、とても美味しくいただきました。
「杉本農園」さんの安全なイチゴへの取り組みは、以前のブログで詳しく紹介していますので、ぜひそちらものぞいてみてください!

FLC日記 2016年12月6日(火)
熊本産高級イチゴ
平成28年度の予約発売スタート!!
(杉本農園さんのさがほのか編)



熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_1862762.jpg「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『さがほのか』をネット独占販売しています。
「杉本農園」さんの『さがほのか』は、鮮紅色のあざやかな色合いの果皮に対し、果実の中身はこのように白いイチゴです。
果実の食味は割としっかりしていて、こうして切ってみても、イチゴによくある果肉の空洞がほとんどありません。

熊本イチゴ『さがほのか』 2番花の果実の収穫最盛期!安心・安全な朝採りイチゴお届けします!_a0254656_187413.jpg朝摘みの新鮮な『さがのほか』を即日発送致します。
イチゴは新鮮さが命!
そのこだわりゆえの、完全予約制での販売です。
最も人気がある2Lサイズ(写真)、数量限定の3Lサイズ、そして用途に合わせたLサイズ、Mサイズとバリエーションも豊富です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-01-24 18:11 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編)

FLC日記 2016年12月6日(火) くもり
「FLCパートナーズストア」では、今年度も匠の農家さんが育て上げた、熊本産の新鮮イチゴをネット独占販売いたします。
熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_16545168.jpg
本日は、こだわりの栽培と美味しさの秘密を紹介する第2弾!
高級イチゴ!
「杉本農園」さんの『さがほのか』編です!

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_16571311.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」の、数あるフルーツの中でも、常に人気が高いのがイチゴです。
平成28年度は、明日より予約販売を受付し、12月13日(火)から出荷予定です。
本日は、昨日にに続きこだわりの栽培と美味しさの秘密を紹介する第2弾!
「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『さがほのか』をご紹介いたします。

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_1704116.jpg高級イチゴ『さがほのか』は、鮮紅色のあざやかな色合いと、芳醇な香り、イチゴらしい美しい円錐形の形状でとても人気の高いイチゴです。
とりわけ、他のいちごとは比較できないほどの、イチゴの香りの強さは驚きですよ!!

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_1725214.jpg高級イチゴ『さがほのか』を朝採り即日発送でお届けします。
ですから、毎回の出荷数を限定し、数量限定の完全予約制での販売です。
平成28年度の予約の受付は、明日(12/6)の12時よりスタートしました。
初回出荷は、12月13日(火)です。

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』

それでは、生産者の「杉本農園」さんの生産地とこだわりをご紹介しましょう!!

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_1752569.jpgここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんの連棟建ての広い広いイチゴの栽培ハウスです。
こうしてハウスの外にいても、イチゴの甘くて良い香りが漂っています。

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_17796.jpgとてもとても、1枚の写真ではおさまりきれないほどの広大なハウスで、『さがほのか』は栽培されています。
「杉本農園」さんは、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_17113289.jpgお父さんの杉本憲治さんと、お母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、息子さんの杉本一博さん(写真)が、さらに進化させ、最高級のイチゴを育てています。

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_17213795.jpg杉本憲治さんが、『さがほのか』の収穫を行っていました。
「今年は、気温の高かけん、大きく育つ前に先に色づきよるとたいね。だけん、笠さんとこに出すのは、もう少し大きく成長して、収量も増えた中からしっかり選び出してから出したかけん、来週の火曜日からにしようかね!」
収穫へ向けイチゴの葉っぱと果実を分ける“玉出し”と呼ばれる作業をを施し、果実は中央に集められています。

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_17293056.jpg「杉本農園」さんでは、一昨年までは数種類のいちごを育てていました。
その頃は、“玉出し”を、このように竹串とひもを使って行っていました。
イチゴも品種によって、栽培方法は微妙に異なります。

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_17324538.jpgしかし、昨年より『さがほのか』1本に絞り込み栽培しています。
品種を1つに集中することで、さらに徹底管理ができ、最高の『さがほのか』を育てようと取り組んできました。
一昨年まで栽培していた、『紅ほっぺ』や『太陽ベリー』も、本当に良いイチゴでしたが、『さがほのか』の方が日持ちが良く、芳醇な香りが最高なんです!!

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_17364562.jpg「『さがほのか』は、他のいちごよりもさらに果実にしっかりと日が当てないと美味しく甘くならないんです。そのためには、柵を使いしっかりと葉っぱと果実を分けています。」

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_1740790.jpg「また、畝(うね)の中央に実らせるようにすることで、果実が実るこの中央部にクッションになるネットも配置することができ、高品質の『さがほのか』を実らせることができています。」

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_1745426.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。
そして、販売した商品へのお客様の声も直接聞いています。
昨年も、同じお客様が「杉本農園」さんの『さがほのか』を、3度もリピート購入いただいたことでも判断すると、「杉本農園」さんの品種を1つに絞り込んだことは、大成功だったと思われます。

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_182344.jpgまた、「杉本農園」さんでは、安全なイチゴ作りに強いこだわりを持ち取り組んでいます。
イチゴ栽培で最も怖いのは、“ハダニ”と呼ばれる害虫ですが、「杉本農園」さんでは、安心・安全な方法でそれらを駆除しています。
“チリカブリダニ”を使って、イチゴの生育に悪影響を及ぼすハダニを駆除しているのです。

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_189747.jpg以前は、農薬を散布することで害虫駆除をしていましたが、今は安全・安心なイチゴを育てる為に、“チリカブリダニ”を使用しています。
ハダニもチリカブリダニも口に入っても全く問題ないものですが、ハダニはイチゴに害を及ぼし、その害を及ぼすハダニを食べてくれるのがチリカブリダニと言うわけです。

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_18103618.jpgその安全性を知る私は、「杉本農園」さんのイチゴの栽培ハウスに伺うと、いつもこうして水洗いさえもすることなく、その場で試食させていただいています。
もちろん、ご購入いただいたお客様は、埃などを落とすため、さっと水洗いしてご賞味ください。

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_1814698.jpg「杉本農園」さんは、安全で美味しいこだわりのイチゴ『さがほのか』を栽培しています。
果肉は、全体的に白く、中心部の空洞ができにくく詰まっています。
『さがほのか』は、鮮紅色のあざやかな色合いと、芳醇な香り、美しい円錐形の形状、さらにはさわやかな酸味に加え、甘さが前面に出ることでも、とても人気の高いイチゴです。

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(杉本農園さんのさがほのか編) _a0254656_18144448.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんが、安全にこだわり、美味しさにこだわった『さがほのか』をネット独占販売いたします。
今年は、12月13日(火)よりの発送開始です。
ただし、朝採り即日発送のため、完全予約制の数量限定での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-12-06 18:17 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!

FLC日記 2016年11月25日(金) 晴れ時々くもり(初霜)

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_17243379.jpg「今日から少しづつ収穫を始めます。もしよかったら取材に来ませんか?」
イチゴの匠「杉本農園」の杉本一博さんから連絡をいただき、さっそく現地取材に伺いました。
ここは、熊本県山鹿市にある、「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『さがほのか』の栽培ハウスです。
熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_1727934.jpg

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_17281856.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年もイチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『さがほのか』をネット独占販売いたします。
『さがほのか』は、鮮紅色のあざやかな色合いと、芳醇な香り、美しい円錐形の形状でとても人気の高いイチゴです。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_17343773.jpg収穫作業中の杉本一博さんです。
「杉本農園」さんは、イチゴ一筋16年の、匠と呼べる農家さんです。
杉本さんのお父さんの杉本憲治さんと、お母さんの洋子さんご夫婦の長年培ってきた経験と技術、さらには、イチゴ作りを専門的に大学で学んだ息子の一博さんとで、最高級のイチゴを育てています。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_17384647.jpgそれにしても、ハウスの中は、とても甘い香りがしています。
もちろんその正体は、収穫したばかりの『さがほのか』です。
「杉本さん!こうして近づくとさらにすっごい香りですよ!」と言うと、

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_1740361.jpg「ハハハッ!笠さんはいつもここに取材に来ると、そう言われますが、父も母も含め私たちはもうなんだか花がマヒして、そう感じないんですよね!まぁ、まだ今日から収穫を始めたばかりなので、最盛期になると、もっと香りがすごいと思いますけどね!」と杉本さん。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_1747492.jpgこちらは、毎年9月下旬(秋分の日前後)に行われる、イチゴの定植作業の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_1750598.jpgもちろん、「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
定植作業は多くの方にお手伝いに来ていただき、一気に行います。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_17523491.jpg時には、様々な作業を、私も手伝いさせていただきます。
真剣な顔をして、定植作業をしている私です(笑)
定植作業を終えると、それから収穫を終える4月下旬までは、ほとんど休みなしです。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_17573693.jpgこちらは、10月中旬に行われる、マルチ張り作業の様子です。
一般的に農作物を育てる場合、マルチビニールシートを先にはって作物を定植しますが、イチゴは定植後にマルチ張りを行います。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_1804631.jpgイチゴは自然界では、春から初夏にかけて果実を実らせる植物です。
しかし、最もイチゴのニーズの多い12月に出荷できるように育てるには、一度イチゴに寒さを感じさせそれから暖かくして花芽を芽吹かせる必要があるのです。
イチゴのことを知り尽くしている「杉本農園」さんは、その為のベストのタイミングで定植し、マルチビニールをはるのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_1885537.jpgさて、話を本日の現地取材の様子に戻しましょう!
これは、イチゴの花です。
開花の時期にもよりますが、こうして花が咲いてから、約1ヶ月かけ成長し、収穫を迎えます。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_18111448.jpgイチゴの交配(受粉)は、ミツバチたちによって行われます。
このミツバチは、毎年契約している養蜂農家さんからお借りしているものです。
もし、ミツバチがいなければ、交配作業を手作業で行うことになり大変です。
ミツバチは、ある意味「杉本農園」さんのスタッフの一員ですね。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_18232148.jpg現在赤く実っているイチゴたちは、1番花と呼ばれる花からできたイチゴです。
現在、花を咲かせているのが2番花、それから3番花、4番花・・・と続いていきます。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_18272538.jpg「杉本農園」さんの『さがほのか』栽培の場合、イチゴの果実を中央に集めて育てます。
葉っぱとの間には柵を設けています。
これは、イチゴの果実にしっかりと日が当たるようにするためで、この作業を“玉出し”と称しています。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_18305874.jpg「そこを見て下さい!欠株してるでしょ?今年は、イチゴの病気が全国的にはやっているようで、うちでもこうして少しやられたんですよ。だから、ランナーをあえて残して、欠株したところを埋めるように育てているんです。」と杉本さん。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_18361475.jpgこちらは、夏の時期のイチゴの苗床の様子です。
イチゴは、多年生植物で、ランナーと呼ばれるツルを伸ばし、そこに新しい株を作ります。
写真中央にある親株から伸びたランナーで、新しい株を育てているのです。
ハウスに定植し、収穫を迎えるこの時期は、ランナーは全て摘み取り、新しい株を育てることはしませんが、今年は欠株を補うために、あえてランナーで新しい株を作っていたのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_18401588.jpg「イチゴの品種によってその影響は差があるようですが、うちでは、こうして数えるほどしかありませんが、かなりひどいところもあるようで、おそらく今年はイチゴの価格が高騰するかもしれませんよ!」

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_1843927.jpg「今日から収穫を始めたばかりなので、笠さんとこへの出荷は、ある程度の収量があってその中からしっかり選びたいので、12月の中旬からということでいかがでしょうか?」と杉本さん。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_1849518.jpg私は、もう何年もこうして取材をしてきて、「杉本農園」さんのイチゴ栽培に、100%信頼しています。
出荷スタートのタイミングは、今年も「杉本農園」さんにお任せすることにします。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_18514944.jpg『さがほのか』は、食味はしっかりとしていて歯ざわりよく、とてもさわやかな酸味に加え、甘さが前面に出ることも多くの方に好まれる特徴です。
最大の特徴は、なんといってもその芳醇な香りです。

熊本イチゴ『さがほのか』 収穫スタート!本格的な収穫及び販売は12月中旬(予定)より!_a0254656_1857175.jpg果肉は、全体的に白く、中心部の空洞ができにくく詰まっているので、断面を見せてのお菓子(ケーキ)作りなどにも、大変重宝されるイチゴです。
「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『さがほのか』を今年もネット独占販売いたします。
「杉本農園」さんの判断を待ち、まもなく、先行予約受付をスタートします。
今年の『さがほのか』にもご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-11-25 18:59 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子

FLC日記 2016年10月9日(日) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成28年度)も、匠の農家さん「杉本農園」さんの、高級イチゴ『さがほのか』をネット独占販売いたします。
本日は、定植後の様子をご紹介いたします!
熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_182016.jpg
こちらが苗床でそだてられ、栽培ハウスに定植された、熊本産高級イチゴ『さがほのか』の苗です!

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_18223834.jpg熊本産高級イチゴ『さがほのか』は、鮮紅色のあざやかな色合いと、芳醇な香り、美しい円錐形の形状でとても人気の高いイチゴです。
とりわけ、他のいちごとは比較できないほどの、イチゴの香りの強さは驚きですよ!!
果肉は白く、食味は割としっかりしています。
果肉がギュッとしまっているので、他のイチゴの果肉によくある、果肉の空洞はほとんどありません。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_18251259.jpgイチゴの匠、「杉本農園」さんでは、毎年12月上旬から4月下旬まで、朝採り新鮮なイチゴを出荷しています。
とてもさわやかな酸味に加え、甘みが前面に出てくるようなみずみずしい果肉は、お子様からお年寄りの方まで多くの方に大変好まれる高級イチゴです!!

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_18331978.jpg熊本県山鹿市の「杉本農園」さんのイチゴの栽培ハウスに伺いました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_18345072.jpg先日、九州への上陸が心配された、台風18号に備え、ハウスのビニールは全てはいでありました。
「杉本農園」さんでは、毎年ビニールを張り替えるので、この骨組みばかりになったこの時期の光景は毎年のことです。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_18373822.jpgそれにしても、広い!
とてもとても、1枚の写真では、ハウス全体を写すことはできません。
ここには、約1万5千株の『さがほのか』が定植され、この連棟建てのハウスの他にも、単棟ハウスでイチゴを栽培しています。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_18403260.jpgこちらは、昨年、9月20日の定植作業の様子です。
定植を行っているのは、「杉本農園」の杉本一博さんです。
今年は、他の取材と重なり、私はお伺いすることができませんでした。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_18431123.jpg昨年は、取材に伺うと同時に、微力ながら定植作業のお手伝いをさせていただきました。
「杉本農園」さんでは、毎年9月20日前後に、たくさんのお手伝いの方々と共に、一気に定植作業を行っています。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_1847204.jpg朝早くから約20名ほどの方々で、定植作業が行われました。
「杉本農園」さんは、イチゴ一筋16年の、匠と呼べる農家さんです。
杉本さんのお父さんの杉本憲治さんと、お母さんの洋子さんご夫婦の長年培ってきた経験と技術、さらには、イチゴ作りを専門的に大学で学んだ息子の一博さんとで、最高級のイチゴを育てています。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_1854593.jpg休憩中の憲治さんにお話をうかがいました。
「今日、こうして定植したけど、イチゴ栽培は年間を通してのことだけんね・・・。夏の間にしっかり育苗したけん、今日のスタートを切れたとたい!」

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_18571555.jpgこちらは、9月中旬の苗床の様子です。
苗床とは、定植するまでの期間、集中管理しながら苗を育てる場所のことです。
イチゴは多年生の植物です。
ランナーと呼ばれるツル伸ばし、そこに新しい株ができて増えていくのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_1914369.jpg赤いひも状の芽がランナーです。
親株から伸びたランナーの先に、新しい子株が育ちます。
それを、きちんとポットに活着するようにして、さらにそこから伸びたランナーでも、新しい株を育てます。
例えるなら、長男、次男ってとこでしょうか!
親株一株から、三男くらいまでは株を増やします。
そうして増やした苗を、定植するためにずっと準備してきたのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_1945687.jpgさて、こちらは、定植を終えた現在のハウスの様子です。
洋子さんが何かの作業をしていました。
「おはようございます!」と声をかけると、
「あらぁ~、笠さん!いらっしゃい!」と洋子さんのいつもの明るい声です。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_197851.jpg「今日は何をしていたのですか?」と尋ねると、
「ハハハっ!これ?直接イチゴ栽培には関係ないんだけど、水はけの悪い通路に穴をあけて、排水がうまくいくようにしていたとこよ。」と洋子さん。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_19103532.jpg「今年も、順調に育っているみたいですね!」と言うと、
「そうね!早い子は、もう花芽が芽吹き始めて来てるわよ!」
そう言って、1つのイチゴの株を見せてくれました。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_19124230.jpg「ほら!これが花芽よ!10月下旬から咲き始めて、収穫できるのは、今年もやっぱり12月上旬からになるかなぁ・・・。11月下旬からは、少しずつ採れるけど、やっぱりある程度の数が収穫できるようになって、その中からしっかり選んで出したいからね!」と洋子さん。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_1916534.jpgイチゴは、1番花、2番花、3番花・・・と言った形で、花芽がまとまって芽吹き、一度に30個ほどの花を咲かせます。
しかし、収穫するのは、その半分ほどで、残りはイチゴを大きく甘く育てるために、摘果していきます。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_1923534.jpgしかし、イチゴの花が咲き、着果し、成長し、赤く色づき収穫するまでには、これからまだまだたくさんの手間ひまを要します。
当然、ハウスのビニールもはらなければなりませんし、イチゴを育てる畝(うね)には、マルチビニールを敷かねばなりません。
着果後も、摘果作業、玉だし、その間の温度と水の管理などなど、匠の技があっての美味しいイチゴになるのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_1927150.jpg今回は、一博さんは所用で不在していて、お会いすることはできませんでしたが、今年もきっと、親子の匠による惜しまぬ手間ひまと、徹底管理、もちろん匠の技で、美味しいイチゴを育ててくれることでしょう!
収穫の際の一博さんのこの笑顔が待ち遠しいです!

熊本イチゴ『さがほのか』 定植後の様子_a0254656_19285171.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『さがほのか』をネット独占販売いたします。
11月下旬より、数量限定販売をスタートし、12月上旬からは本格販売いたします。
これからもその成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技などなど、現地取材にてご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-10-09 19:30 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!

FLC日記 2016年8月25日(木) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成28年度)も、匠の農家さん「杉本農園」さんの、高級イチゴ『さがほのか』をネット独占販売いたします。
熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_17305643.jpg
本日は、12月上旬からの出荷に向け、苗床での苗作りの様子を現地取材してきましたのでご紹介します。

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_17394159.jpgこれが、現在のイチゴの苗たちです。
9月下旬に栽培ハウスに定植し、そこで育った苗たちは、12月上旬から3月下旬まで、たくさんの美味しい『さがほのか』を実らせます。

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_17441933.jpg高級イチゴ『さがほのか』は、鮮紅色のあざやかな色合いと、芳醇な香り、美しい円錐形の形状でとても人気の高いイチゴです。
とりわけ、他のいちごとは比較できないほどの、イチゴの香りの強さは驚きですよ!!
果肉は白く、食味は割としっかりしています。
果肉がギュッとしまっているので、他のイチゴの果肉によくある、果肉の空洞はほとんどありません。

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_17481844.jpgとてもさわやかな酸味に加え、甘みが前面に出てくるようなみずみずしい果肉は、お子様からお年寄りの方まで多くの方に大変好まれる高級イチゴです!!

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_17491317.jpgここは、熊本県山鹿市の「杉本農園」さんのイチゴの苗床です。
「杉本農園」さんは、イチゴ一筋16年!
親子2代で、“本物”と呼べるイチゴを育てる“匠の農家さん”です。

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_17524695.jpgイチゴは、多年生の植物です。
イチゴの育苗は、親株から伸びる、つる(ランナー)に育つ、子株によって作られます。
親株は、子株が自立できるまで、自分が作り出す栄養をランナーを通して子株に送り込むのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_17585671.jpg古株たちは、1つ1つポットに入れて栽培します。
苗床とは、定植するまでの時期、集中管理して苗を育てる場所です。
右下をご覧ください!
子株からは、さらにランナーが伸びていました。

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_1814438.jpg「杉本農園」の杉本一博さんにお話をうかがいました。
「右に並んでいるのが親株です。そこからランナーを伸ばし、子株を育てます。今日は、不要なランナーや葉っぱを切りながら、子株がきちんと活着できるように作業していたとこです。」
「子株からさらにランナーを伸ばしてあるようですが、その先も株を作るのですか?孫株ってことですかね?」と尋ねると、

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_1881867.jpg「子株たちはまだ1度も果実を実らせていない、つまり人間に例えるなら、成人してないんですよね!だから、あくまでも親株があって、子株があるので、わかりやすく言えば、長男、次男、三男ってとこになりますかね!」

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_18172620.jpg「なるほど!今の説明、めちゃくちゃわかりやすかったです!ところで、今日はどんな作業をしていたのですか?」
杉本さんのお母さんの洋子さんがとても手際よく作業を進めています。

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_18204555.jpg「ランナーの先には、新しい株(子株)ができつつあります。ちょうど曲がったところに少し出っ張りがあるのが分かりますか?そこから根っこが生えてくるんです。こっちだとよりわかりやすいかな・・・」

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_1822319.jpg「この根っこになるところを、きちんと土に固定しながら、不要な葉っぱやランナーを切る作業を進めていたところです。この作業もいよいよこの苗床のみとなりました。苗床であと1ヶ月ほど栽培します。」と杉本さん。

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_1845595.jpg「ほら!笠さんこれ見てわかるかな?1株1株しっかり見て、不要な葉っぱやランナーを剪定ばさみで切って、しっかり土に固定してあげるのよ!」と美子さん。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_18493915.jpg「こんなとこまで写真撮るの?」と美子さん。
「そうですよ!!この、惜しまぬ手間ひまをかけてるからこそ、あのイチゴたちができるのですから、それをきちんと紹介しないと意味ありません!」

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_18514569.jpg「ん?ところで、どうやって固定しているのですか?その三角になっているものは何ですか?」と尋ねると、
「ハハハっ!よくそんなとこまで気が付いたわね!(笑)」

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_18533470.jpg「これは、お米の藁(ワラ)よ。ワラを一定の長さに切っておいて、それを三角に曲げてランナーを固定するのよ。」
美子さんはそう言いながら、その固定するために使うワラを見せてくれました。

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_1856541.jpg「今は、専用の農業機材もあるんですが、それだと活着後また回収しないといけないし、ワラならば、そのまま有機肥料になりますからね!」と杉本さん。
とても良いことだと思いました。
地球にやさしい農業ですね!

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_195619.jpgこちらは、昨年9月20日の定植作業の様子です。
一博さんのお父さんの杉本憲治さんが、お手伝いに来られている方々に笑顔で声をかけながら、苗を配置しています。

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_1995593.jpg一博さんにポットから出した苗の根っこの様子を見せて頂きました。
すごい根の張り様です!
現在は、まだランナーからちょっとだけ飛び出したほどの根っこが、定植時にはこのように成長しているのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_19131238.jpg「今年もたくさんの方が杉本さんのイチゴを待ってらっしゃるので、よろしくお願いします!」と言うと、
「ありがたいことですね!今のところ順調ですので、これからもしっかり手をかけ育てていきます。」
一博さんは、最後にそう力強くカメラ目線で話してくれました。

熊本イチゴ『さがほのか』 12月上旬からの出荷に向け今年も元気な苗を育苗中!_a0254656_19153739.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『さがほのか』をネット独占販売いたします。
これからも、イチゴの子株の成長の過程や、ハウスの土作りの様子、杉本憲治さんと奥様の洋子さん、息子さんの一博さんの親子2代の“匠”による惜しまぬ手間ひまなど、現地取材しご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-08-25 19:17 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!

FLC日記 2016年2月21日(日) 晴れ
「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの高級いちご『さがほのか』をネット独占販売しています。
数量限定、完全予約制販売で、朝採り即日発送の新鮮な『さがほのか』をお届けいたします。
全国のお客様に向け大好評発売中です。
熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_1884691.jpg

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_1813417.jpg熊本産高級いちご『さがほのか』は、とても香りが高く、その甘い香りが最大の特徴です。
さらに、鮮紅色のあざやかな色合いと、美しい円錐形の形状で、最も“苺らしいいちご”とも呼ばれています。

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_18153474.jpg果肉は、外観と違いこのように白いのですが、イチゴによくある果肉の空洞はほとんど見られません。
果肉は食味も良く、割と日持ちがすることも人気の要因のようです。
「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの高級いちご『さがほのか』を大好評発売中です!!

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』


熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_18203989.jpg熊本県山鹿市にある、「杉本農園」さんの熊本産高級いちご『さがほのか』の栽培ハウスに伺いました。
ハウスに入った瞬間、『さがほのか』の芳醇な香りが押し寄せてきました!!

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_18232299.jpg栽培ハウスはとにかく広い!
とてもとても1枚の写真では収まりきれません。
「杉本農園」さんは、イチゴ一筋16年の匠の農家さんです。
お父さんの杉本憲治さんとお母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、息子さんの一博さんがさらに進化させ、最高級のイチゴを育てています。

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_1828108.jpg杉本一博さんにお話をうかがいました。
「おはようございます!それにしてもすっごい香りですね!イチゴ好きな私は最高の場所です!!」と言うと、
「ハハハっ!そんなに香りますか?私たちはもわからないです。(笑)」

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_18301217.jpg大きく鼻を広げて深呼吸をしている私を見て、お母さんの洋子さんが笑っています。
「私ももうあまりわからないから、そんなに感激している笠さんがむしろうらやましいわ!(笑)」

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_18351746.jpg「今収穫しているのが、4番果で、咲き誇っている花は、5番花ってとこですか?」と尋ねると、
「笠さんも、こうして毎年ずっと取材に来てると、随分詳しくなりましたね!でも、早いものは5番果も収穫しています。」とのこと。

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_18362636.jpg「この時期になると、イチゴの成長がそれぞれの株で異なってくるんです。12月の出荷したての頃はもちろん1番花で、それから順に咲いていくのですが、今年は2番花への移行も、その後もとてもスムーズにできて、コンスタントに出荷ができているんですよ。」

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_18403125.jpg収穫はイチゴの果実の色づきを見て1つ1つ行っていきます。
例えば、1番花ならば、それらはまとめて30個ほどの花を咲かせます。
その中から、しっかり交配できてより良いものだけを半分ほどに摘果して栽培していくのですが、最初に実る果実が大きく、以降は少しづつ小さくなっていきます。
ですから、収穫は大きさではなくて、果実の色合いを見て行うのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_1844667.jpg「笠さんとこのお客様には、出荷後、翌日か翌々日までには届くということなので、これくらいしっかり完熟したものだけを選んで出してるんです。でも、市場やJAを経由して店頭に並ぶものはそうはいかないんです。」と一博さん。

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_18472989.jpg「どうしても、完熟で出荷すると、輸送の間に傷んでしまう可能性が出るんですよね。私たちが出荷して店頭に並ぶのは、おそらく早くても5日後くらいじゃないですかね。だから、それらの分は7分か8分の色づきのものを出してほしいって言われてるんですよね・・・。本当は、こうしてしっかり完熟させたものが美味しいに決まってるんですけどね!」

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_18552928.jpg弊社の「FLCパートナーズストア」でネット販売するにあたり、杉本さんは条件を出しました。
それは、必ず朝一で収穫したものを出すので、翌日か翌々日までには届けてほしい!と言うことでした。
最もおいしいイチゴを知っている匠のこだわりです。

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_18587100.jpg収穫は、1玉1玉とても丁寧に行っています。
それと同時に、不要なランナーの除去や、摘果作業なども同時にこなしていました。
収穫する畝を順番に見て回りながら、まず色づきで判断します。
そして、手のひらに包み込むように大事に持って、スナップを返すようにして収穫するのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_192448.jpgその様子を見せていただきました。
手のひらに包み込むようにイチゴを大事に持って・・・

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_1924790.jpg手首をまげてスナップを返す!
パチン!!と、とてもいい音がしてイチゴは収穫されました。

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_199972.jpg朝採り即日発送のこだわり。
しっかりと熟したものだけを「FLCパートナーズストア」のお客様用として選んでいただいているこだわり。
それらが、「杉本農園」さんの熊本産高級いちご『さがほのか』の人気の秘密です。

熊本イチゴ『さがほのか』 朝採り即日発送で販売中!収穫の様子を現地取材!!_a0254656_1911236.jpg「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『さがほのか』をネット独占販売しています。
3Lサイズ(写真)からMサイズまで、商品ラインナップも取り揃えています。
ただし、数量限定の完全予約販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-02-21 19:13 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!

FLC日記 2016年1月12日(火) くもり一時雨

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_16474090.jpg「それにしても、本当にいい香りですね!」そういう私に、
「そうですよね!でも、このハウスの中でずっと作業してると、あまりわからなくなっちゃうんですよ!(笑)」と一博さん。
熊本イチゴ、『さがほのか』生産農家の「杉本農園」さんの栽培ハウスに伺いました。
熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_16483319.jpg
ここは、熊本県山鹿市にある、「杉本農園」さんの熊本産高級いちご『さがほのか』の栽培ハウスです。

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_1651244.jpg熊本産高級いちご『さがほのか』は、甘い芳醇な香りが最大の特徴です。
さらに、鮮紅色のあざやかな色合いと、美しい円錐形の形状で、最も“苺らしいいちご”とも呼ばれています。

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_16565822.jpg「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの高級いちご『さがほのか』をネット独占販売しています。
※写真は2Lサイズ(1箱/1パック(16玉前後)280g以上×4パック)
朝採り即日発送でお届けいたします。
全国のお客様に向け大好評発売中です。

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』


熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_1752946.jpgイチゴの収穫は、1つ1つその色づき具合を見て、手作業で行います。
「杉本農園」さんは、イチゴ一筋16年の匠の農家さんです。
お父さんの杉本憲治さんとお母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、息子の一博さんがさらに進化させ、最高級のイチゴを育てています。

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_1783955.jpg杉本一博さんにお話をうかがいました。
「1月上旬までで1番花からのイチゴの収穫が終わり、今は、2番花から実ったイチゴたちを収穫しています。朝一番で、笠さんとこのお客さんの分を収穫したので、ちょうど一般流通のイチゴを収穫していたところです。」

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_17115143.jpg「若干、果実に白いところが残っているでしょ?でも、一般流通のイチゴはこの状態で収穫するんです。出荷から店頭に並ぶまで、早くても5日はかかるので、その間にイチゴが傷まないように、7分か8分の完熟で出荷してほしいと言われてるからです。」

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_17144668.jpgお父さんの憲治さんとお母さんの陽子さんが、手際よく収穫作業を行っています。
早朝より、「FLCパートナーズストア」用の完熟いちごを収穫し箱詰めして、今は一般流通用の収穫です。
弊社では、朝採りのイチゴを即日発送して、遅くとも中1日ではお客様にお届けしています。
そこで、しっかりと完熟したイチゴをご提供いただいているのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_17225013.jpg「今収穫しているのは、2番花のイチゴたちですよね。そうなると、花が咲いているのが3番花ですね?」と尋ねると、
「えぇ!1番花から2番花、そして3番花への移行もスムーズにでき、間をあけることなく出荷できそうですよ。」と一博さん。

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_17292771.jpgこれは、11月下旬の1番花が咲いているころの様子です。
そのころになると、「杉本農園」さんでは、こうしてイチゴの株の葉っぱと花や果実を柵で仕切っています。
これは、“玉だし”と言って、イチゴの果実にしっかりと日光を当てるために行うものです。
『さがほのか』は、他のいちごよりもさらに果実にしっかりと日が当てないと美味しく甘くなりません。

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_17364895.jpgそのためには、しっかりと柵で葉っぱと果実を分けて花芽を柵から出し中央に集めます。
そうすることで、果実が実るこの中央部にクッションになるネットも配置することができ、高品質の『さがほのか』を育てることができるのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_17393175.jpg1番花の時期も、2番花の時期も、それ以降の3番花、4番花・・・の時期も、1株から複数の花芽が出て、約30個ほどの花を咲かせます。
最初に咲いた花の果実が最も大きくなり、それ以降は咲く順番で小さくなっていきます。
そこで、「杉本農園」さんでは、半分ほどに摘花(果)して、美味しくて甘く、大きなイチゴを育てているのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_17463091.jpgこちらは現在(本日)の様子です。
「これがわかりやすいんじゃないですかね?役目を終えた1番花、実っている2番花、そして3番花は今ちょうど花が咲いていますよ。2番花の果実ももちろんしっかり摘花(果)をしたので、美味しく、甘く、大きく育ってきていますね。この時期に同時進行で行うのが、1番花を摘み取る作業なんです。」

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_17523391.jpg「収穫を終えた1番花の茎や古い葉っぱをきちんと取り除くことで、病気の予防をしているんです。それらを残したままだと、どうしても病気になりやすいので、役目を終えた茎や葉っぱはきちんと取り除き処分してあげるんです。」

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_1754281.jpg「イチゴは、さっと水洗いしてそのまま食べることが多いでしょ?だから、こうして手をかけることで、できる限り農薬を使用せずに、安全なイチゴを提供したいと思ってるんです。ところで、今年のうちの『さがほのか』の評判はいかがですか?」と一博さん。

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_1758657.jpg「今年も、大好評いただいていますよ!12月上旬の初出荷から、すでに3回目のリピート購入を頂いたお客様もありました。「とにかく新鮮で、香りが良くって、子供たちも大喜びです!」って、先日ご注文の際にお電話で話されていました。」と言うと、

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_1805428.jpg「わぁ~!それは嬉しいですね!また頑張ろうって励みになります。こんな、お客様の生の声が聞けるのもホントありがたいですね!」
新鮮さ、美味しさ、そして安全性にこだわる匠の表情が、とても柔らかくなごんだ瞬間でした。

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_1852078.jpg「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『さがほのか』をネット独占販売しています。
「杉本農園」さんの『さがほのか』は、鮮紅色のあざやかな色合いの果皮に対し、果実の中身はこのように白いイチゴです。
果実の食味は割としっかりしていて、こうして切ってみても、イチゴによくある果肉の空洞がほとんどありません。

熊本イチゴ『さがほのか』 芳醇な香りの中、2番果の収穫最盛期!3番花が咲き誇っていました!_a0254656_1874035.jpg朝摘みの新鮮な『さがのほか』を即日発送致します。
イチゴは新鮮さが命!
そのこだわりゆえの、完全予約制での販売です。
とりわけ、写真の3L(1箱/1パック(11~12玉)320g以上×2パック)は、毎回の出荷数に限りがあり、早い者勝ちです!!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-01-12 18:11 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!

FLC日記 2015年12月27日(日) くもり
「FLCパートナーズストア」では、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本イチゴ『さがほのか』を今年もネット独占販売しています!
待望の3Lサイズの『さがほのか』が再入荷いたしました!!
熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_18491626.jpg

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_18514392.jpg『さがほのか』は、鮮紅色のあざやかな色合いと、芳醇な香り、美しい円錐形の形状でとても人気の高いイチゴです。
最大の特徴は、イチゴらしい甘い香りと言えるでしょう!

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_18553044.jpg収穫された『さがほのか』の中から、選びに選び抜かれた“極選”の大粒イチゴが再入荷しました!
大きな一粒の見た目のインパクト、もちろん食べごたえ十分で、ご贈答にも大変喜ばれる商品です。
※収穫量が大変少ないため、完全予約制で、数量限定販売の商品です!!

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』


熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_1901830.jpgここは、熊本県山鹿市にある、「杉本農園」さんの高級いちご『さがほのか』の栽培ハウスです。
連棟建ての栽培ハウスは、けっして1枚の写真では納まりきれないほどの広さです。

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_1933685.jpg今年も、12月上旬から始まった収穫は、毎日行われています。
色づきを判断して、1つ1つ手作業で収穫するのです。
朝早く、その様子を見ようと「杉本農園」さんの栽培ハウスに伺いました。

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_1983785.jpg「杉本農園」さんは、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。
お父さんの杉本憲治さんとお母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、息子の一博さんがさらに進化させ、最高級のイチゴを育てています。
一博さんにお話をうかがいました。
「笠さんとこのお客さんに出すイチゴは、もう収穫が終わりましたよ。」と一博さん。

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_19105361.jpg「これらは、一般流通用のイチゴです。少し白い状態で収穫するんです。この時期、年末年始の需要があり、早目に収穫したものがほしいといわれるんですよね・・・。」

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_1914512.jpg「一般流通して店頭に並ぶまでには、だいたい1週間くらいかかるんですよ。その間にイチゴが傷まないようにと、こんな感じの「7部位の色づきで、完熟していないイチゴを出荷してほしい!」って言われてるんですよ。」

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_19191224.jpg「そうなると味はどうなるんですか?」と尋ねると、
「もちろん甘さは変わりますよね。私たちも最高の状態で出荷したいんですが、傷んでしまっては何にもならないので、そこが難しいとこなんですよね・・・」
一博さんは、思わず苦笑いをしました。

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_19214058.jpg「笠さんとこにさすイチゴたちは、朝一に収穫しています。入り口付近に置いているので、あとで写真撮っとくといいですよ。ただ、手前のいくつかは、完熟じゃないのも入れてますけどね・・・。」

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_1927613.jpgこちらでは、一博さんのお父さんとお母さんが匠の目で判断しながら、『さがほのか』の収穫を行っていました。
収穫用の車輪のついた台に、イチゴが傷つかないように養生したコンテナを乗せ、丁寧に収穫しています。

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_19302523.jpg「おはようございます。いくつもあるコンテナには、どんな基準で収穫したイチゴを振り分けているのですか?」と尋ねると、
「あらぁ!笠さんおはよう!!これね?これはサイズに分けて置いていきよるとたい。後で出荷のためのパック詰めをするときに、あらかじめサイズで分けといたほうが良いでしょ?でもね、本当はできるだけイチゴに触れずに出荷するためたい。」

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_19362140.jpg「できるだけ触れずに出荷と言いますと?」とまた尋ねると、
「ほとんど同じ大きさのイチゴが入っているでしょ?サイズごとに出荷するわけだけん、その中から選んで同じものをそろえれば良いたい?すると、収穫の時と出荷の時の2回しかイチゴに触れんで良いとたいね。」

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_19374655.jpg「バラバラにどれでも入れといたら、出荷の時にそこで仕分けて、さらにパック詰めするけん、どうしても3回は触れんといかんとたい。『さがほのか』は果皮がしっかりしとるばってん、できるだけ触れずに、新鮮さを保って出荷したいけんね!」

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_19422073.jpg高級イチゴ『さがほのか』は、鮮紅色のあざやかな色合いの果皮に対し、果実の中身は白いイチゴです。
その果実の食味は割としっかりしていて、こうして切ってみても、ほとんどイチゴによくある果肉の空洞がありません。
美しい円錐形の形状でとても人気の高いイチゴです。
だからこそ、その美味さをそのままにお届けするため、イチゴの匠はこだわっているのです。

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_19451280.jpgもちろんその収穫と出荷方法は、多くのイチゴ農家さんが行っているやり方です。
でも、それをこうして明言することで、お客様に届くまで2回しか触れていないイチゴを出荷しているというこだわりをお話しいただいたのだと思いました。

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_1947191.jpg「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『さがほのか』をネット独占販売しています。
イチゴは鮮度が命です!
こだわりの、朝摘み、即日発送でお届けいたします。

熊本イチゴ『さがほのか』 3Lサイズ販売再開&収穫の様子!_a0254656_19494837.jpgしっかりと色づいたイチゴを送る条件として、「杉本農園」さんでは、「翌日もしくは翌々日までにはお客様にお届けすること!」という条件を提示され、「FLCパートナーズストア」専用のイチゴを出荷いただいているのです。
3LサイズからMサイズまで、商品ラインナップも取り揃えています。
ただし、数量限定の完全予約販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-12-27 19:52 | イチゴ | Trackback | Comments(0)