ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:お米 ( 107 ) タグの人気記事

菊池水源棚田米 田植えの様子(2018)後編 平成29年度の『菊池水源棚田米』は残りわずか!早いもの勝ち!

FLC日記 2018年6月10日(日) くもりのち雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、水にこだわる匠が、手のかかる棚田で、惜しまぬ手間ひまと愛情たっぷりに育てられた、『菊池水源棚田米』をネット独占販売しています。
a0254656_18033952.jpg


a0254656_17491031.jpg水にこだわる匠が育てた、『菊池水源棚田米』は、一般流通のないこのお米は、ここでしか買うことができない大変貴重なお米です。
平成29年度の『菊池水源棚田米』も、定期購入のお客様分を除くと、残りわずかとなりました。
白米、玄米をそれぞれ、10kg、20kg、30kgで販売中です。
ご注文はお急ぎください!

詳細を知りたい方、今すぐ購入したい方はコチラ!


a0254656_18412699.jpg本日は、昨日に続き、平成30年度の田植えの様子をご紹介いたします。
ここは、熊本県菊池市、菊池水源にある、後藤武臣さんの棚田(田んぼ)です。一昨日(6/8)、平成30年度の後藤さんの田植えが無事に終わりました。
ご覧の通り、ここには四角くてまっすぐな田んぼは1枚もありません。

a0254656_18454642.jpg棚田全体を見下ろす高台からの風景です。曲がりくねった田んぼが広がっています。
後藤さんの棚田(たんぼ)は、中央にある堆肥センターの左手、この棚田の一番南に位置しています。

a0254656_18485057.jpg棚田での米作りは、通常の田んぼの5倍とも10倍とも言われるほど手がかかります。
こちらは、5月上旬のクロ切り(草刈り)の様子です。
あの、急斜面の土手の草刈りだけでも、多くの手間ひまを要します。

a0254656_18541953.jpgではなぜ、そこまで手のかかる棚田で後藤さんは、米作りをしているのしょうか?
それは、この地には、1級河川の菊池川の支流、菊池水源から最初に流れ込む清らかで新鮮な水があるからなのです。

a0254656_18554151.jpg『菊池水源棚田米』生産者の後藤武臣さんです。
「米作りの命は“水”たいね。ここには日本一ともいえる、菊池水源から最初に来る良か~水のあるでしょうが!だけん、あとは俺がどれだけ手をかけるかで、うまか米のできるとたい。」
水にこだわる後藤さんは、いつもそう話します。

a0254656_18583247.jpg菊池水源の水は、「原井手(はるいで)」を通り、高台まで来て、その後は棚田を通る曲がりくねった道に沿って作られた用水路から各棚田へ流れ込みます。
本当に新鮮で清らかな水です。

a0254656_19012608.jpg後藤さんは、その水に負けない土つくりもしています。
稲刈り時の稲ワラに加え、有機肥料の堆肥を与え、さらに、れんげを「緑肥」として田んぼの土に鋤き込みます。
花が咲き終わる5月の上旬以降に、その花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込んで有機肥料とするのです。
清らかな水と、れんげと堆肥の有機肥料で、元気な土を作り続けてきたのです。

a0254656_19065152.jpg清らかな水が流れ込み、後藤さんが作り上げた棚田(田んぼ)に、今年も田植えが行われました。
まずは端まで移動して、そこから田植えを始めるようです。

a0254656_19090672.jpgリズミカルな田植え機の音と共に、田植えが始まりました。
この畔に沿って往復し、最後に手前と奥を往復するという段取りで、田植えを行うようです。

a0254656_19111463.jpg後藤さんが言うには、毎年同じように見える棚田でも、どうしても形が少しずつ異なるので、田植えの段取りも毎年異なるのだそうです。
また、どうしても、田植え機だけでは植えきれないところが出るので、そこは後日、あらためて田んぼにはり手植えをするとのことでした。

a0254656_19150964.jpg「後藤さん、私はこれからどうしても外せない用事があるので、田植えの途中で抜けますが、頑張ってください!そして明日の朝、田植えが終わった田んぼはまた写真を撮りに来ます。」と言うと、
「よかばい。田植えは今日中に終わらせとくけん、いつでも見に来るとよかよ。」と後藤さんに言っていただき、その場を後にしました。

a0254656_19192591.jpg翌日の朝、後藤さんの棚田を訪ねると、後藤さんの姿がありました。
「田植え機ば採りに来たとこたい。好きなだけ写真撮っときなっせ!」

a0254656_19214398.jpg「俺は忙しかけん、もう帰るばい!」後藤さんは、きれいに洗いあげた田植え機を軽トラックに乗せ、手を振りながら帰っていきました。

a0254656_19241092.jpg平成30年の、後藤武臣さんの『菊池水源棚田米』の田植えが無事に終了しました。
この手前の丸く突き出したところなんて、どうやって植えたのか、不思議に感じる匠の技の田植えです。

a0254656_19281183.jpg阿蘇外輪山の西端に位置する、“鞍岳”に見守られながら、後藤さんの惜しまぬ手間ひまで、10月上旬には実りの秋を迎えます。
もちろん今年も、その成長の様子など現地取材でご紹介いたします。

a0254656_19342643.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成30年度も後藤さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売いたします。1級河川「菊池川」の水の源にある菊池水源地区の棚田で育つ『菊池水源棚田米』は、新鮮で清らかな水で育つ安全で美味しいお米です。
平成30年度の『菊池水源棚田米』は、いよいよ残りわずかです!
一般流通のないこのお米をぜひ一度ご賞味ください!
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のホームページよりお急ぎください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-06-10 19:37 | 菊池水源棚田米 | Trackback | Comments(0)

菊池水源棚田米 田植えの様子(2018)前編 平成29年度の『菊池水源棚田米』は残りわずか!早いもの勝ち!

FLC日記 2018年6月9日(土) くもりのち晴れ
『菊池水源棚田米』をご存知ですか?
熊本県菊池市、菊池水源の清らかな水と、安全・安心にこだわった元気な土、さらには生産者の後藤武臣さんの惜しまぬ手間ひまとたくさんの愛情によって育てられた、一般流通のない大変貴重なお米です。
ネット独占販売する、「FLCパートナーズストア」の大人気商品の1つです!!
a0254656_17060097.jpg


a0254656_17092164.jpg昨年(平成29年)の稲刈り直前の様子です。
平成29年度の『菊池水源棚田米』も、定期購入のお客様分を除くと、残りわずかとなりました。
白米、玄米をそれぞれ、10kg、20kg、30kgで販売中です。
もちろん今年も完売間違いなしの大人気商品です。
ご注文はお急ぎください!

詳細を知りたい方、今すぐ購入したい方はコチラ!


a0254656_17132416.jpg本日のブログでは、毎年恒例となっている、田植えの現地取材の様子をご紹介いたします。
ここは、熊本県菊池市、菊池水源にある、後藤武臣さんの棚田(田んぼ)です。

a0254656_17183113.jpgここ、熊本県菊池市原(はる)にある、菊池水源地域は文字通り水の源(みなもと)に位置する地区です。
近くには名水100選にも選ばれた、「菊池渓谷」があります。
後藤さんの棚田(田んぼ)には、通称「原井出(はるいで)」を通る、新鮮で清らかな水が流れ込んでいます。

a0254656_17194605.jpgこちらがその「原井出」です。
「井出」とは、水田(田んぼ)に水を引き入れる用水路のことで、「原井出」は、総延長は11kmにも及びます。
今でこそ、コンクリートで整備されていますが、もともとは江戸時代(元禄)に作られたものです。

a0254656_17224668.jpg当時、河原手永惣庄屋、河原杢左衛門(かわはらもくざえもん)と言う方が、菊池川上流から水を引く井出の計画を立て、4年余りの歳月を経て、元禄14年(1701年)に総延長11kmにおよび、長短の総延長500mを超えるトンネルを掘り進め完成しました。
その功績をたたえ、このような立派な石碑も建てられてました。

a0254656_17241730.jpg一昨年(2016年)4月16日に熊本県を襲った、“熊本地震”で倒壊しましたが、現在は、こうして仮の記念碑を建てています。
写真は昨年、3月中旬撮影のもの。
原井出の崩壊も心配されましたが、記念碑が倒壊するほどの地震に耐え、今年もしっかりとその役目を果たしています。

a0254656_17260737.jpg原井出がきている、高台から棚田一帯を撮影しました。
写真中央にある建物(たい肥センター)の左隣、この高台から見た最も南にある5枚の棚田(田んぼ)が、後藤さんの田んぼです。
原井出を十て来た水は、棚田をぬける中央の曲がりくねった道路に沿って、さらに用水路が伸び、各田んぼへと水を送り込んでいます。

a0254656_17290144.jpg用水路の様子です。
この写真で言うと、ここから右に向かう水が、後藤さんの田んぼに流れ込みます。
水の源から最初に届く、新鮮で清らかな水です。

a0254656_17312560.jpg後藤さんの棚田は5枚です。
すでに、4枚の田植えは終わっています。
もともと19枚あった小さな三日月形の田んぼ(棚田)を区画整理で5枚にしました。
それでも、どれも曲がりくねった田んぼです。

a0254656_17362678.jpg後藤さんが田植え機に乗ってやってきました。
「天気の良くなりよるごたるけん、最後の田んぼの田植えばするけん、写真撮りにきなっせ!」
電話でそう言って、急きょお呼びがかかったのです。

a0254656_17423218.jpg後藤さんは早速苗の準備に取り掛かっています。
こうして、苗箱からあらかじめはがして、田植え機にセットするのです。
「ほう!見てみなっせ!こぎゃんん根のはった、良か苗のでけとるばい!」と後藤さん。

a0254656_17505063.jpg後藤さんはかなり力を入れて、苗箱から苗たちをはずしています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17522237.jpgもちろん、後藤さんの『菊池水源棚田米』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
田植えや稲刈りのみならず、稲刈り後の冬の様子や苗床作り、苗床での苗の成長(写真)、田植え後の稲の成長の段階や、花咲く様子、黄金色に輝く稲穂などその全てです。

a0254656_17564587.jpg「なら、そろそろ始めようかね!」
後藤さんがそう言いながら、田植え機に乗りこみました。
後藤さんは、肥後もっこす(頑固者)の典型的な人なのですが、私にはよくいろんなことを話してくれます。

a0254656_17582475.jpg「昨年の米は売れてしもたかい?」と後藤さん。
「定期購入のお客様の分を確保すると、残りわずかです。」
「なら今年も完売間違いなしだろたい!」後藤さんの顔に一瞬、笑みがこぼれました。

a0254656_18005022.jpg「俺が作った米ば、「うまか!」って食べてくれる人のおるとだけん、俺の目の黒かうちは頑張るばい。」
完売間もないことを聞き、後藤さんは少し照れたのか、そう言いながら田植え機をすすめました。
さぁ、いよいよ田植えの始まりですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介することにいたします。

a0254656_18033952.jpg「FLCパートナーズストア」では、後藤さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売しています。
清らかな水にこだわる後藤さんが、惜しまぬ手間にまで育てた、安全・安心な美味しいお米で、一般流通のないここでしか買えない貴重なお米です。
平成29年度の『菊池水源棚田米』は、いよいよ残りわずかです!
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のホームページよりお急ぎください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-06-09 18:06 | 菊池水源棚田米 | Trackback | Comments(0)

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2018後編)

FLC日記 2018年6月2日(土) 晴れ
「FLCパートナーズストア」では、野中逸雄さんが、無農薬で育てた『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。

a0254656_16544047.jpg日本有数の米どころ、熊本県菊池市七城町の砂田地区で、匠の農家さん野中逸雄さんによって、れんげと米ワラのみを肥料として使って育てられたお米です。
野中さんは、七城町の中でも、砂交じりの独特な田んぼを持つ「砂田地区」で、れんげを有機肥料として育てる、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』の生産者です。

a0254656_16563085.jpgこちらは、昨年の収穫(稲刈り)の様子です。菊池川と迫間(はざま)川の間の地区で、砂の混ざった独特な土壌を持つ『砂田地区』の田んぼで育つ『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と称賛されているお米です。
“天下第一の米”とされ、将軍家や皇室への献上米としての歴史がある大変おいしいお米です。
a0254656_16371309.jpg


a0254656_16591797.jpgその「砂田地区」の中でも、野中さんは“れんげ”を有機肥料として使った、『砂田のれんげ米』を育てています。
秋の稲刈り後、田んぼにれんげの種を撒き、お米を育てる肥料として育てます。

a0254656_17004332.jpg4月下旬の野中さんの田んぼです。
この写真だけ見ると、ここでお米が育てられるとは思いませんよね!
5月上旬、花が咲き終わるころ、れんげはその花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込み、お米を育てる有機肥料とします。

a0254656_16323978.jpg「FLCパートナーズストア」では、その田んぼで、無農薬で育てられた『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。
他では買うことのできない大変貴重なお米です。

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しいお米』


a0254656_17045281.jpg5月上旬のれんげを田んぼに鋤き込む様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17092328.jpgもちろん、野中さんのお米作りももう何年も年間を通して現地取材してきました。
今年(平成30年)は、5月25日に苗床作りが行われました。
お米の種(籾)をまいたトレーを、こうして苗床に並べていきます。

a0254656_17065862.jpg苗床とは、田植えまでの期間、苗を集中して管理して育てる場所のことです。
一般的には、すでに水をはった苗床に苗箱(トレー)を並べますが、野中さんはもう随分以前から、作業効率を上げるため、乾いた苗床で作業をし、後から水を入れるようにして苗床を作っています。

a0254656_17120306.jpg「ちょっと待て!ここばピシャッとならすけん!」
野中さんが息子さんの賢吾さんにそう言って手際よく作業をしています。
できる限り水平に苗箱を置くことが重要なのです。

a0254656_17141729.jpg苗床作りは、野中さんと奥様、2人の息子さん、そして奥様のお兄さんの5名で行われていました。
水をはる前に苗箱を並べると、いくら5名いるとはいえ、作業効率が良くどんどん苗箱が並んでいきます。

a0254656_17195543.jpg「これじゃいかん!土が盛り上がってる時は、苗箱ばおさえて、他んとと同じごつ高さばそろえにゃんたい!」
野中さんがそう言いながら、きれいに高さの調整をしていました。野中さんの熊本弁がわからない方もあると思いますが、なんとかニュアンスで察してください!(笑)

a0254656_17233168.jpg準備していた全ての苗箱を並べ終わると、苗箱には、シートがかけられました。
そうすることで、温度が保たれ、さらには野鳥が籾を食べることから守ることができます。

a0254656_17260088.jpg「よ~し、良かね!なら、水はいれるぞ~!」野中さんはそう言うと、給水口を開けました。
一級河川「菊池川」からきている清らかな水が、田んぼへと勢いよく流れ込んでいきます。

a0254656_17285611.jpgその水は、乾いた田んぼに潤いを与えながら、どんどんと奥へと進んでいきました。
「しっかり水のたまるまでは、1時間くらいかかるだろうけん、後で俺が見に来よう!それじゃ、これだ終わりにしようかね!」野中さんの一言で、苗床作り終了です。

a0254656_17490530.jpg「こんな機会なかなかないので、写真撮っときましょうよ!」
私がそう声をかけ、集合写真を撮りました。
左から、長男の野中賢吾さん、次男の野中剛さん、生産農家の野中逸雄さん、奥様の野中ゆいさん、そして、奥様のお兄さんの吉広満男さんです。
見るからに正直者の様な、この家族で今年も、無農薬栽培の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を育てます。

a0254656_17543258.jpg
野中さんが育てたお米は、『砂田のこだわりれんげ米』として、以前は、有名デパートにて販売していました。
しかし、現在は、生産量を調整し、自分や家族、親せきや知人のためだけに育てています。
ですから、一般流通はほとんどありません。
私は、野中さんのれんげを使った米作り、そして安全・安心で、もちろん美味しいお米に惚れ込み、無理を言って数量限定で弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_16365182.jpg
私はこの、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を、「ご飯がごちそうになるお米」と呼んでいます。
弊社でしか買うことのできない大変貴重なお米です。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
平成30年度の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』の育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまなど、もちろん今年も現地取材してご紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-06-02 17:57 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2018:前編)

FLC日記 2018年6月1日(金) 晴れ
ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も熊本県菊池市七城町砂田地区で、土にこだわる匠の野中逸雄さんが育てた『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売しています。
れんげと稲刈り時の稲ワラを有機肥料として使い、無農薬で育てた、安全で美味しいお米です。
a0254656_16323978.jpg


a0254656_16365182.jpg熊本県七城町砂田で育つお米『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われてきました。
“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。
a0254656_16371309.jpg
ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市七城町の、土にこだわる匠の農家さん、野中逸雄さんがれんげを有機肥料に使い、無農薬で育てた『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売しています。

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しいお米』


a0254656_16391507.jpg本日のブログでは、そんな野中さんのお米作りの種まきから苗床作りまでを紹介します。
こちらは、お米の種つまり、籾です。
一旦水につけ、そのご乾燥させたものを種として使います。

a0254656_16463814.jpg野中さんが、お米の種まき機に、籾を入れています。
機械を使って、流れ作業でトレーに種を撒き、上土をかぶせるのです。

a0254656_16494850.jpg野中さんと奥様、2人の息子さん、そして奥様のお兄さんもお手伝いに来ていました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_16532686.jpg野中さんのお米作りもずっと取材してきました。
田植えや稲刈りはもちろんのこと、種まきや苗床、田植え後の稲の生長、花咲く様子、頭を垂れ色づいた稲穂などなど、その全てです。

a0254656_16553174.jpgそんな私ですが、今年初めて目にするものを見ました。
苗箱(苗を育てるトレー)に、何か板状のものを入れています。
本来なら、苗箱に下土を敷き、その上に籾を蒔き、上土をかけるのですが、下土がなくこうして苗箱に敷き詰めています。
「これはいったい何ですか?」すぐさま尋ねました。

a0254656_16580360.jpg「それだろ?「こめパワーマット」と言うとたい。下土の代わりになるもので、この方が軽かけん、持ち運ぶとも楽になるけん、今年から採用したとたい。肥料も含めたシートだけん、発芽してからの成長も良かごたるばい。」
野中さんの熊本弁わかりました?(笑)

a0254656_17030995.jpgこめパワーシート以外は、いつもの段取りで手際よく種まき作業が進められています。
この苗箱、今までなら上下に土が入るため、結構な重さになるんです。
「今年からは、運ぶ作業も随分と楽になったよ!」と奥様が話されていました。

a0254656_17152699.jpg種を撒いた苗箱は、軽トラックにきれいに積み重ねてありました。
この日は、午前中で種まきをして、午後から苗床に運び苗床作りをするととで、お昼の時間を使って、私は別の取材に行くことにしました。

a0254656_17181762.jpg約束の時間に戻ってくると、すでに苗床作りはスタートしていました。
野中さんは、水をはる前に苗箱を並べ、その後水を入れる手順で苗床を作ります。

a0254656_17240165.jpg“苗床”とは、トレーにお米の種(籾)を発芽させ、田植えまでの期間成長させる田んぼのことです。
ここで集中管理し、苗を育てるのです。
また、この苗床にも田植えをしてお米を育てます。

a0254656_17254397.jpgこちらは、4月中旬の苗床(田んぼ)の様子です。
野中さんはれんげを有機肥料としてお米を育てているので、苗床にだってれんげの種を撒き、初冬から晩春までの期間れんげを育ててます。

a0254656_17282979.jpgまだまだ続く苗床つくりや、野中さんのれんげを使ったこだわりの土つくりについては、まだまだ紹介したいことがありますが、今日のブログは少々長くなりましたので、この続きは明日のブログでまた詳しく紹介いたします。

a0254656_17304812.jpg平成30年度の、野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』の栽培が、苗床作りから本格的にスタートしました。
野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』を、弊社では「ご飯がごちそうになるお米」と称しています。

a0254656_17381661.jpg野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』は、以前は、有名デパートにて販売していました。
しかし、現在は、生産量を調整し、自分や家族、親せきや知人のためだけに育てています。
ですから、一般流通はほとんどありません。
私は、野中さんのれんげを使った米作り、そして安全・安心で、もちろん美味しいお米に惚れ込み、無理を言って数量限定で弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_17392562.jpg平成29年度のお米は、定期購入のお客様分を除くと、販売可能数がいよいよ残りわずかとなってきました。
現在はまだ、玄米及び白米での販売が可能です。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
数量限定商品のため、定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂きます。
ご注文はお急ぎください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-06-01 17:41 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

菊池水源棚田米 数量限定販売中!平成30年度の苗床の様子と惜しまぬ手間ひま!

FLC日記 2018年5月14日(月) 晴れ
『菊池水源棚田米』は、一般流通のない大変貴重なお米です。
熊本県菊池市、菊池水源の清らかな水と、安全・安心にこだわった元気な土、さらには生産者の後藤武臣さんの惜しまぬ手間ひまとたくさんの愛情によって育てられました。
ネット独産販売する、「FLCパートナーズストア」の大人気商品の1つです!!
a0254656_16561335.jpg


a0254656_17021951.jpg熊本県菊池市原(はる)にある、棚田郡の9月下旬、稲刈り前の様子です。
1級河川「菊池川」の水の源(みなもと)にあるこの田んぼは、清らかな水の恵みで美味しいお米が育ちます。

a0254656_17083259.jpg「FLCパートナーズストア」で契約している“わが家の専用農家さん”である後藤武臣さんの田んぼは、この棚田郡の、最も南の斜面に位置しています。
私が立っているところも含め、計5枚です。

a0254656_17113980.jpgどれも、曲がりくねった田んぼです。
もともとは、19枚もの小さな三日月型の田んぼを区画整備で、5枚にしたのです。
「こぎゃん曲がりくねった田んぼばってん、前に比べたら随分と作業のしやすくなったばい!」と田植えの際に後藤さんがお話いただいたことを思い出しました。

a0254656_17172865.jpgこちらは現在の一番上の棚田の様子です。平成30年度の苗床が作られていました。
ここ数年は、この一番上の棚田に苗床を作っています。

a0254656_17190291.jpgこちらは、以前取材した5月下旬の苗床の様子です。
苗床とは、田植えまでの間、お米の苗を集中して管理し育てる場所のことです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17214525.jpgもちろん、後藤さんの『菊池水源棚田米』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
稲刈りのみならず、稲刈り後の冬の様子や苗床作り、苗床での苗の成長、田植え(写真)、稲の成長の段階や、花咲く様子、黄金色に輝く稲穂などその全てです。

a0254656_17234035.jpg今年は、ちょうど他の取材と重なり、後藤さんの苗床作りの様子は取材できませんでしたので、作り終えた苗床を現地取材に伺いました。
すると仮払い機(草刈り機)の音がしています。

a0254656_17260516.jpg上から2段目の田んぼまで下りていきました。
後藤さんが田んぼの周りの草刈りをしていました。
平地で育てる四角い田んぼなら、草刈りも楽なのですが、ここはご覧の棚田です。

a0254656_17275380.jpg「こんにちは!」と声をかけると、私に気が付いた後藤さんは、
「おう!よくマメに取材に来るなぁ~!」と言うなり、また作業を始めました。

a0254656_17294814.jpgしばらく待っていると、やっと手を止め話し始めました。
「こぎゃんして、下んとから順番にクロ切りばしてきたとたい。まぁ~、毎年のことばってん、やおいかんばい!」と後藤さん。後藤さんの熊本弁を解説すると、
「こうして、下の棚田(田んぼ)から順番に、クロ切り(田んぼの畔の草刈り)をしてきたんだよ。まぁ~、毎年のことだけど、簡単なことではないよ。」そう言っています。

a0254656_17334634.jpg後藤さんのお話通り、下の3枚の棚田の周りはきれいに草刈りがしてありました。
棚田特有の土手の部分は、かなりの重労働になると思われます。

a0254656_17370297.jpg「ここには、菊池川の最初に流れ込む良か水のあるけん、あとは俺がどれだけ手ばかけて米ば作るかたいね。今年も美味か米のでくっごつ、頑張りよるばい。今日は忙しかけん、写真は好きなだけ撮って良かけん、話はもう良かろたい!」
それだけ話すと、後藤さんはまた作業を始めました。

a0254656_17401742.jpg菊池水源はその名の通り、水の源の地区です。
生産者の後藤武臣さんは、いつもこう話します。
「お米作りの命は水たいね。ここには水の源(みなもと)の良か水のあるとたい。だけん俺は、どぎゃん手のかかろうがこの棚田にこだわって米作りばしよるとたい。」

a0254656_17422684.jpg菊池川の支流の水の源(みなもと)の水は、通称「原(はる)井出」と呼ばれる用水路を通り、本日のブログの最初に棚田全体を撮影しした高台まで来ています。
そこからは、さらに細い用水路を通り、こうして各田んぼへと流れ込んでいます。
この水は、手足を洗うのはもちろん、収穫した作物を洗ったり、飲むことだってできるほどの、とても新鮮で清らかな水です。

a0254656_17493803.jpg後藤さんは、清らかな水に負けない土作りをするために、れんげの種を蒔き、冬から春にかけてこれらの棚田で育てています。
れんげは収穫を目的として栽培したものではありません。
あくまで、美味しいお米を育てるための土つくりをするための“緑肥”として育てたものです。
花が終わる頃、花も葉も茎も根もすべえこの後田んぼに鋤き込み、そのまま有機肥料とするのです。

a0254656_17571748.jpg後藤さんは、昨年も清らかな水に負けない位の元気な土を作り、惜しまぬ手間ひまをかけ、熊本地震の困難に打ち勝ち、『菊池水源棚田米』を育て上げました。
そして今年も後藤さんは、惜しまぬ手間ひまとたくさんの愛情で、10月上旬には黄金色の稲穂を育て上げることでしょう!
「FLCパートナーズストア」では、今年も後藤さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売いたします。

a0254656_17580687.jpg『菊池水源棚田米』は一般流通のない大変貴重なお米です。
おかげさまで大好評いただき、定期のお客様分を除くと残りわずかとなってきました。
白米と玄米をいずれも10kg、20kg、30kgで販売中です。
菊池水源の清らかな水と手のかかる棚田で、たっぷりの愛情と惜しまぬ手間ひまで育てた、安全・安心な美味しいお米です。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のホームページよりお急ぎください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-05-14 18:00 | 菊池水源棚田米 | Trackback | Comments(0)

砂田米 今年も無農薬栽培の『砂田のれんげ米』です!(れんげの鋤き込み作業2018)

FLC日記 2018年5月13日(日) 雨
『砂田米』は、熊本県菊池市七城町にある、砂田と言う地区で育つ特別なお米です。
江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われた熊本県七城町砂田のお米『砂田米』は、“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。
a0254656_17591144.jpg


a0254656_17590019.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市七城町の、土にこだわる匠の農家さん、野中逸雄さんがれんげを有機肥料に使い、無農薬で育てた『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売しています。

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しいお米』


a0254656_18032385.jpgここは、熊本県菊池市七城町の砂田地区にある野中逸雄さんの田んぼです。
今年の4月27日(金)に撮影した満開のレンゲの田んぼの写真です。

a0254656_18101787.jpgこの様子だけを見ると、知らない方はここがお米を育てる田んぼとは思わないでしょう!
野中さんは、稲刈りを終えた冬の時期に、田んぼにれんげの種を蒔き、5月上旬までれんげを育てています。

a0254656_18032817.jpgれんげは、収穫を目的として育てているのではありません。
美味しいお米を作るための緑肥(有機肥料)とするためだけに、毎年種を蒔き栽培しているのです。
だからこそ、『砂田のこだわりれんげ米』なのです。

a0254656_18125163.jpg野中さんの田んぼのすぐ近くにある田んぼの麦を栽培している様子です。
お米を育てる農家さんの多くは、お米の収穫(稲刈り)から、この春先までの時期を利用して、お米の裏作として様々な作物を育てます。

a0254656_18150478.jpg一般的なのは、麦ですが、その他にもタバコ(写真)や、様々な野菜、畜産や酪農用の牧草を育てる農家さんもあります。
写真の右の田んぼでは、稲刈り後きれいに耕運をしてそのまま何も栽培していないようです。

a0254656_18192338.jpgこちらは『水田ごぼう』です。文字通り、水田(田んぼ)で育てるごぼうで、田んぼのふかふかの土でストレスなしで育ったごぼうは、まっすぐで香り高く柔らかいため、とても美味しいごぼうです。

a0254656_18203900.jpg『水田ごぼう』は菊池市がその発祥の地で、現在も生産量が日本一です。
「FLCパートナーズストア」では、その中でも「牛島農園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた『有機栽培水田ごぼう』をネット独占販売しています。

↓ 興味のある方は、こちらをご覧ください! ↓



a0254656_18223772.jpgしかし、野中さんは自分の田んぼでお米だけを育てています。
それどころか、全く生産性のない“れんげ”の種を購入して蒔いて、手間ひまかけて育て、5月上旬のこの時期にこうしてすべてを田んぼに鋤き込んでしまします。

a0254656_18271199.jpgこちらは、稲ワラを鋤き込みさらに耕運した後に行う、れんげの種まき作業です。
何度も申しますが、このれんげは、収穫を目的に育てるのではありません。

a0254656_18273476.jpgれんげの種はとても小さいため、野中さんが背中にしょっている専用の機材を使って行います。
野中さんは冬から春にかけて、裏作を作り収入を得るどころか、コストや手間ひまのかかるれんげを田んぼにまいているのです。

a0254656_18305040.jpgれんげは、1月上旬に発芽し、成長を杖受け、4月下旬から5月上旬に咲き誇ります。
田んぼには無数の砂や小石があります。
これこそが「砂田」と言う地名の由来で、肥料が効きすぎない良い田んぼの土です。

a0254656_18350678.jpg“れんげ”は、美味しいお米を育てるための土つくりを目的とた「緑肥」のために育てられました。
こうして、花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込むことで、有機肥料となるのです。
野中さんは、この時期に鋤き込む“れんげ”と、収穫(稲刈り)の際に細かく裁断した“稲ワラ”のみを肥料として美味しいお米を育てています。

a0254656_18372780.jpgこちらは10月上旬の稲刈りの様子です。稲刈りをすると同時に、稲ワラは細かく裁断され、そのまま田んぼに蒔いていきます。
その稲ワラも、時期を見て田んぼに鋤き込み有機肥料とするのです。
そんな野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』の栽培の様子を、「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18391937.jpg昨日取材した、れんげの鋤き込み作業の合間に、野中さんにお話をうかがいました。
「今年もこの季節が来たばい!れんげを鋤き込んで、苗床の準備ば始めにゃんたいね!」野中さんがそう笑顔で話しました。

a0254656_18441594.jpg「ここにもいろんな農家さんがおって、それぞれのやり方でお米ば作りよるたいね。俺は、今日鋤き込みよるこのれんげと、稲刈りの時の稲ワラ以外には、なんも足さんし、なんも引かんで米作りばしよるとたい。」

a0254656_18463999.jpg「今年も無農薬で育てるんですか?」私はあらためてそう聞きました。
「そうしようと思ってる。れんげを肥料にするとはコストも手間ひまもかかるし、無農薬だと収量も落ちる可能性があるばってん、やっぱり安全で美味しい米ば食べたかたい。だけん、今年もそうするとたいね。」

a0254656_18493073.jpg野中さんのお米は、以前は「砂田のれんげ米」として、デパートに卸していました。
しかし今は、自分や家族、親せきや知人のためだけにお米を育てています。

a0254656_18502117.jpgそんな中、私は、野中さんの安全なで美味しいお米とその栽培方法に惚れ込み、何とかお願いして「FLCパートナーズストア」で、数量限定で販売しています。
そのお米は、「ご飯がごちそうになるお米」と称しているのです。

a0254656_18540047.jpg「さて、思う存分写真は撮っていくと良かたい。それにしても、毎年ホントマメに取材にくるねぇ~。」
野中さんはそう言うと、また鋤き込み作業に戻っていきました。

a0254656_18565842.jpg本日は、れんげの鋤き込み作業のご紹介でしたが、もちろん今年もこれからの苗床や田植え、そして稲の成長や花咲く様子、もちろん稲刈りまでを現地取材して、このブログで紹介いたします。

a0254656_19000298.jpg「FLCパートナーズストア」では、それぞれのこだわりを持つ農家さんが育てた、熊本の美味しいお米を販売しています。
いずれも、弊社でしか買うことのできない貴重なお米で、数量限定販売です。
平成29年度のお米は、定期購入のお客様分を除くと、販売可能数がいよいよ残りわずかとなってきました。
ぜひ、安全・安心で、美味しい熊本のこだわりのお米をご賞味ください。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
数量限定商品のため、定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂きます。
ご注文はお急ぎください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-05-13 19:03 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

砂田米 熊本県菊池市七城町『砂田のこだわりれんげ米』 れんげの発芽 今年も変わらぬ栽培方法です!

FLC日記 2018年2月11日(日) くもり時々雪
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も、熊本県菊池市七城町の野中逸雄さんが育てた『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売しています。
a0254656_18221313.jpg


a0254656_18245654.jpg土のこだわる米作りの“匠”、野中逸雄さんは今年(平成30年度)も、変わらぬ栽培方法で『砂田のこだわりれんげ米』を育てます。
稲刈りを終えた11月下旬にれんげの種を撒き、今年も1月下旬にれんげが順調に発芽していました。


a0254656_18414887.jpgれんげを有機肥料として田んぼに鋤き込み育てられた、『砂田のこだわりれんげ米』は一般流通のないお米です。
「FLCパートナーズストア」で、数量限定にて販売中!

↓ 今すぐ購入(ご予約)、詳細を知りたい方はコチラ!! ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』


a0254656_18441620.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県菊池市、七城町砂田地区にある野中逸雄さんの『砂田のこだわりれんげ米』の現在の様子です。

a0254656_18462616.jpg『砂田のこだわりれんげ米』生産者の野中逸雄さんです。
写真は、平成29年10月上旬の稲刈りの際に撮影した、生産者の野中逸雄さんです。

a0254656_18504939.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18532963.jpgもちろん、野中さんのお米作りも年間を通してもう何年もその全てを現地取材してきました。
こちらは、11月上旬のれんげの種まき作業の様子です。

a0254656_18562551.jpg野中さんは、自分の田んぼで、お米以外の作物を作りません。
春までのこの時期は、美味しいお米を作るための土つくりの期間です。
熊本県菊池市七城町は、日本有数の米どころです。

a0254656_19015956.jpg菊池川と迫間(はざま)川の間の地区で、砂の混ざった独特な土壌を持つ『砂田地区』の田んぼは、日本一の米を育てます。
この地で育つ『砂田米』は、“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史がります。
『砂田米』は、江戸時代には、美味しいお米の代名詞とされたほどの美味しいお米です。

a0254656_19083002.jpgしかし、その砂田地区でも、農家さんによってお米の育て方は様々です。
こちらでは、お米の裏作として“麦”を栽培しています。
裏作とは、お米を収穫した秋から春にかけて、他の作物を育てることです。

a0254656_19102588.jpg菊池市は、『水田ごぼう』発祥の地で、通常、畑で育てるごぼうを、水田(田んぼ)で栽培し、ふかふかの土でストレスなく育つ『水田ごぼう』は、まっすぐで太く、香りが高いと大人気です。

a0254656_19113216.jpgハウスの中はこんな感じです。
現在も、菊池市は『水田ごぼう』の生産量が日本一です。
この田んぼも、もちろん秋にはお米の収穫が行われていました。
多くの農家さんは、稲刈りを終えて、田植えをするまで、田んぼを有効活用しているのです。

a0254656_19141965.jpgしかし野中さんの田んぼでは、お米以外には何も生産しません。
それどころか、毎年れんげの種を購入し、田んぼを耕運し、種を撒き、転圧作業などの手間ひまをかけ、収穫もしないれんげを田んぼで育てています。
4月下旬の満開のれんげの様子です。
れんげは、美味しいお米を育てるための土つくりのためだけに育てているのです。

a0254656_19162498.jpgれんげは、花が咲き終わる5月上旬に、その花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込み“緑肥”とします。
田んぼに鋤き込まれたれんげは、有機肥料となり元気な土を作るのです。

a0254656_19190973.jpg野中さんの田んぼには、5月に鋤き込むれんげと、10月の稲刈りの際に、こうして細かく裁断しながらまく“稲ワラ”以外に肥料を使用しません。
肥料どころか、農薬さえも使用せずにお米を育てています。

a0254656_19221423.jpg野中さんのお米は、以前は『砂田のれんげ米』として百貨店に卸していました。
しかし、現在は自分や自分の家族、親せきや友人のために、安全でより美味しいお米を育てようと『砂田のこだわりれんげ米』を栽培しています。

a0254656_19225906.jpgもちろん、百貨店に卸していたころ同様に、美味いお米を育てるために、たとえコストや手間ひまがかかっても“れんげ”にこだわっているのです。
ですから、一般流通のない大変貴重なお米を、特別に弊社にだけ卸していただいているのです。

a0254656_19260355.jpg土つくりにこだわり、美味しいお米を育てる匠、野中さんの田んぼでは、今年もこの時期、順調にれんげが発芽していました。
もちろんこれからの野中さんのお米作りの様子は、今年も現地取材にてご紹介いたします。

a0254656_19282493.jpg「FLCパートナーアズストア」では、野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売しています。
白米と玄米での販売で、それぞれ10kg~30kgでお求めいただけます。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
数量限定商品のため、定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂きます。
ご注文はお急ぎください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2018-02-11 19:30 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

菊池水源棚田米 冬の様子(2018) 後編(菊池水源の水に負けない良い土を作る話)

FLC日記 2018年1月31日(水) くもり時々晴れ
「FLCパートナーズストア」では、後藤武臣さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売しています。
『菊池水源棚田米』は、熊本県菊池市菊池水源の清らかな水と、安全・安心にこだわった元気な土、さらには生産者の後藤武臣さんの惜しまぬ手間ひまとたくさんの愛情によって育てられたお米です。
a0254656_17193539.jpg


a0254656_16413610.jpgこちらは、9月下旬の収穫(稲刈り)直前の棚田の様子です。
黄金色に輝く稲穂が、実にきれいですね!
きれいなのは稲穂だけではありません。

a0254656_16470151.jpgここには、1級河川「菊池川」の支流より、最初に流れ込む新鮮で清らかなきれいな水があるのです。
後藤さんは、その水に惚れ込み、この棚田で『菊池水源棚田米』を生産しています。

a0254656_16460780.jpg後藤さんはいつも、口癖のようにこうお話しされます。
「ここは水の源(みなもと)から来る、新鮮で清らかな水があるでしょうが!だけん、あとは俺がどれだけ元気な土を作って、どれだけ手ばかけるかで、美味か米のでくっとたいね!!」

a0254656_16555231.jpg棚田での米作りは、通常の田んぼの5倍とも10倍とも言われるほど手がかかります。
「お米作りの命は水!」
『菊池水源棚田米』は、水にこだわり、この手のかかる棚田でお米を作り続けている、そんな匠のお米です。

a0254656_16562166.jpg『菊池水源棚田米』は、一般流通での販売はありません。
「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品で、白米、玄米とも10kgよりの販売です。
その美味しさと安全性で大好評いただき、おかげさまで、平成28年度の『菊池水源棚田米』は、残りわずかとなってきました。
ご注文は下記をクリックして、お求めください。

詳細を知りたい方、今すぐ購入したい方はコチラ!


a0254656_16585773.jpg本日のブログでは、昨日に続き『菊池水源棚田米』を作る棚田の、現在の様子を中心にこだわりの土つくりについてご紹介いたします。
熊本県菊池市菊池水源にある、『菊池水源棚田米』を育てる棚田です。
曲がりくねった田んぼが広がっています。
後藤さんの棚田(たんぼ)は、中央にある堆肥センターの左手、この棚田の一番南に位置しています。

a0254656_17015121.jpg高台から、急カーブの続く道を進み、堆肥センターに登り後藤さんの棚田を撮影しました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17105261.jpgもちろん、後藤さんの『菊池水源棚田米』の栽培の様子も、苗床や田植え(写真)、稲の成長や花咲く頃、そして稲刈りから本日ご紹介する冬の土つくりの様子など、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17115238.jpg後藤さんの棚田では、お米以外の作物を栽培していません。
この冬の時期は、美味しいお米を育てるための土つくりの時期です。
後藤さんの土つくりは、実は稲刈りと同時にスタートします。

a0254656_17164397.jpgその様子がこちらです。
稲刈りの際に、稲の葉っぱや茎は細かく裁断して、そのまま田んぼにまいていきます。
時期を見て田んぼを耕運して鋤き込み、そのまま有機肥料とするのです。

a0254656_17404956.jpg有機肥料と言えば、堆肥をふんだんに与えます。
こちらは、後藤さんの棚田のすぐ横にある堆肥センターです。
菊池市は近隣の市町村も含め畜産や酪農農家も多く、堆肥を有効利用すべく後藤さんが発起人の1人となり、棚田の高台に堆肥センターを作りました。

a0254656_17442304.jpg毎年冬の時期に、堆肥を散布し、稲ワラと稲の切り株を田んぼに鋤き込み有機肥料としています。
田んぼの土つくりをするのです。
堆肥はほとんど土と変わりません。
きれいに乾燥していて匂いなんて全くありません。
お米つくりに欠かせないたくさんの養分があります。

a0254656_17541549.jpg『菊池水源棚田米』作りの匠、後藤武臣さんです。
「米の命はどぎゃんしたっちゃ“水”たいね!ここは、菊池水源から来るよか~水のあるでしょうが!そらぁほんなこてよか水たいね。」

a0254656_17553805.jpg「それとどうしてもかかせんのが“土”作りたい!堆肥センターの堆肥ばしっかり入れてやって、有機肥料として使いよるとたい。十分に堆肥ば入れて今年の土ば作らにゃん!今年に負けん米ば作りたかけんね!毎年毎年積み重ねて水に負けん土は俺が作りよるとたい。」

a0254656_18000295.jpgさらに後藤さんは、4年前かられんげの種を撒き、花が終わる頃、花も葉も茎も根も、緑肥として田んぼに鋤き込み、さらに美味しいお米を育てる土つくりをしています。
写真は4月下旬のれんげが咲き誇る後藤さんの棚です。

a0254656_18062242.jpg現在はこうして殺風景な後藤さんの棚田ですが、今年もしっかりと水に負けない土つくりをしてきました。
「FLCパートナーズストア」では、後藤さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売しています。

a0254656_18091033.jpg一般流通の無い後藤さんの『菊池水源棚田のれんげ米』は大変貴重なお米です。
ですから、数量限定の販売で、定数になり次第予告なしで締め切らせていただく旨、あらかじめご了承ください。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『熊本のお米』のページへとお進みください。
平成30年度の後藤さんの『菊池水源棚田のれんげ米』の栽培の様子もまた、その全てを現地取材にてご紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-31 18:13 | 菊池水源棚田米 | Trackback | Comments(1)

菊池水源棚田米 冬の様子(2018) 前編(棚田での米作りの苦労と水にこだわる匠の話)

FLC日記 2018年1月30日(火) 雪のちくもり
『菊池水源棚田米』は、FLCパートナーズストアの大人気商品の1つです!!
熊本県菊池市菊池水源の清らかな水と、安全・安心にこだわった元気な土、さらには生産者の後藤武臣さんの惜しまぬ手間ひまとたくさんの愛情によって育てられました。
一般流通のない大変貴重なお米です。
a0254656_16415037.jpg
「FLCパートナーズストア」では、その後藤武臣さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売しています。

a0254656_17193539.jpg平成29年度の『菊池水源棚田米』も、定期購入のお客様分を除くと、残りわずかとなりました。
白米、玄米をそれぞれ、10kg、20kg、30kgで販売中です。ご注文はお急ぎください!

詳細を知りたい方、今すぐ購入したい方はコチラ!


a0254656_16463847.jpg後藤さんは、水の源(みなもと)の菊池水源で、お米作りの命ともいえる“水”にこだわり、通常の田んぼの3倍とも5倍とも言われるほど手のかかる“棚田”で、『菊池水源棚田米』を育てています。
この清らかな菊池水源の水が、最初に流れ込むのが菊池市水源地区です。

a0254656_16523095.jpg10月上旬の稲刈りの頃の棚田の様子です。
中央に見えるのが、堆肥センターです。菊池市は近隣の市町村も含め畜産や酪農農家も多く、堆肥を有効利用すべく後藤さんが発起人の1人となり、棚田の高台に堆肥センターを作りました。

a0254656_16534343.jpgこちらがその堆肥センターです。
手前に写っている石碑には、後藤武臣さんのお名前が最初に記されていました。
もちろんここで作る堆肥(有機肥料)は、後藤さんの米作りにも使用されています。

a0254656_16570119.jpgそして、これが現在(1/26撮影)の棚田の様子です。
各農家さんがそれぞれのやり方で、今年の準米作りの準備を行っています。
後藤さんの田んぼは、堆肥センターの左手、この棚田の一番南にあります。

a0254656_17120842.jpg後藤さんの棚田は、私が立っているところも含め、5枚です。
どれも曲がりくねった田んぼばかりですね。
もともと19枚あった小さな三日月形の田んぼを、区画整理で5枚にしました。

a0254656_17132243.jpg後藤さんの棚田越しに、阿蘇五岳の一つ「鞍岳(くらたけ)」の雄大な姿を望むことができます。
標高1118.6mで、熊本平野の東にある、阿蘇北外輪山の一角を占める山です。
菊池市方面から見る、その山並みは、女性の横顔のように見えませんか?

a0254656_17150461.jpg中央のとがったところが鼻、右がおでこ、左があごあたりです。
時には、大仏様と言われたり、弁天様と言われたりもしています。
この日は晴天でしたが、前日までの雪が残り、白く薄化粧をしているようにも見えますね!

a0254656_17350081.jpg『菊池水源棚田米』の栽培の様子に話を戻しましょう!
こちらは、以前取材した「苗床」を作る様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、後藤さんの『菊池水源棚田米』の栽培の様子を、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17403693.jpg稲刈りの際のみならず、苗床作りも田植えも、稲の成長や花咲く様子、頭を垂れる様などその全てです。
こちらは苗床作業を終えた後の様子で、苗床とはお米の種(籾)を蒔いたトレー並べ育てる場所のことで、ここで発芽させ田植えまで集中管理し育てます。
トレーには大切なお米の種を野鳥から守るように白いシートをかけてありました。

a0254656_17452270.jpgこの頃、田植え前の様々な準備を行います。
田んぼはこれから耕運し、水を入れ代かきをしますが、注目すべきは田んぼの間にある土手の管理です。
この急な斜面の草刈りをしなければなりません。

a0254656_17524082.jpgもちろん、夏になればその作業はかなりの重労働です。
棚田での米作りは、平地の四角い田んぼに比べ、労力を5倍とも10倍とも要すると言われています。

a0254656_18005296.jpg穂が実りだし、頭を垂れ始めた9月中旬の写真です。
ではなぜ、後藤さんはそこまで手のかかるこの棚田にこだわり、毎年『菊池水源棚田米』を作り続けるのでしょうか?
田まわり(田んぼの水管理をすること)をしている後藤さんに尋ねました。

a0254656_18112179.jpg「そぎゃんた、簡単なことたい。米作りの命は“水”たいね。ここには日本一ともいえる、菊池水源から最初に来る良か~水のあるでしょうが!あとは俺がどれだけ手をかけるかで、うまか米のできるけんたい。」

a0254656_18200695.jpg「そのためには、その水に負けない良か土ば作らにゃんたいね。稲刈りの後、田植えまでは毎年ピシャッと土つくりばするとたい。堆肥センターの堆肥ばしっかり入れてやって、有機肥料として使いよるとたい。毎年毎年積み重ねて水に負けん土ば俺が作りよるとたい。」

a0254656_18240313.jpg後藤さんにお話しいただいた、冬の土つくりが現在行われています。
どうやって水に負けない土を作るかご紹介したいところですが、本日のブログは少々長くなりましたので、その様子は明日のブログで詳しく紹介いたします。

a0254656_18292226.jpg手のかかる棚田で、米作りの命ともいえる“水”にこだわる後藤さんは、惜しまぬ手間ひまと匠の技、そして水に負けない土つくりで『菊池水源棚田米』を作り続けています。
一般流通のない『菊池水源棚田米』は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページよりお買い求めいただけます。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、ご注文はお急ぎ下さい。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-30 18:35 | 菊池水源棚田米 | Trackback | Comments(0)

熊本の美味しいお米(七城米、菊池水源棚田米、無農薬砂田のれんげ米)大好評発売中!こだわり紹介 その3

FLC日記 2017年12月12日(火) 雪のちくもり時々雨

a0254656_17010455.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も、3人のこだわりの匠が育て上た、『熊本のお米』を大好評販売中です!!

●七城米 長尾さんのこだわりのお米
●菊池水源棚田米
●無農薬で育てた砂田のれんげ米


↓ 今すぐ購入(ご予約)、詳細を知りたい方はコチラ!! ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』

本日は、一昨日、昨日のブログに続き、弊社の契約農家さんの3名の匠のこだわり、第3弾を紹介します。

a0254656_17254477.jpg

“土”にこだわる匠(野中逸雄さん)が無農薬で育てたお米、『砂田のこだわりれんげ米』です!

a0254656_17000313.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、3人のお米の匠の米作りも、もう何年も年間を通して取材してきました。

a0254656_17030272.jpg野中さんのお米作りも、先ほどの写真の稲刈りの様子はもちろんのこと、種まき、苗床作り、田植え、苗の成長から花咲く様子、頭を垂れ実る過程、稲刈り後の土つくりなど、その全てです。
野中逸雄さんが無農薬で育てる『砂田のこだわりれんげ米』は、熊本県菊池市七城町の砂田地区にあります。

a0254656_17182803.jpg


a0254656_17234910.jpg七城町の砂田のお米、『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われたてきました。
“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史がある、日本で有数の美味い米の産地です。

a0254656_17294709.jpgこの砂田地区は、その名の通り、砂混じりの田んぼの地区です。
菊池川と迫間(はざま)川の間の地区で、砂の混ざった独特な土壌は、日本一の米を育てます。
しかし、同じ砂田地区でも、各農家さんによってお米の育て方は様々です。

a0254656_17331192.jpg多くの農家さんは、稲刈りを終え、田植えをするまでの冬から初夏の時期に、裏作としていろんな作物を育てています。
代表的なものは、“麦”で、その他にも、ゴボウ、タバコ、各種野菜などが栽培されています。

a0254656_17380512.jpg野中さんの田んぼでは、一切裏作を作りません。
栽培し生産するどころか、次の年も美味しいお米を育てるための土つくりをします。
それがこのれんげです。
4月下旬から5月上旬にかけての田んぼは、現在の黄金色に輝く稲穂とはまるで別世界です。
野中さんは、稲刈りを終えた後、その田んぼにれんげの種を蒔き育てます。

a0254656_17410803.jpg11月上旬に行われる、れんげの種まき作業の様子です。
稲刈り後、しっかりと耕運した土に、機材を使って満遍なくれんげの種を撒いていくのです。

a0254656_17464114.jpg種まきを終えると、自作の転圧機をトラクターで引いて、転圧をかけます。
転圧とは、播種後の種を土に押し付ける作業のことで、そうすると、種が土に沈み風で飛ばされず、乾燥にも耐えられ、発芽率も良くなるのです。

a0254656_17535275.jpg4月下旬の咲きほこるれんげを見ると、ここでお米が育てられるとは全く思えません。
れんげの種を撒く準備、れんげの種を買うコスト、そして多くの手間ひまをかけ育てるれんげですが、収穫を目的として栽培しているのではなく、あくまで美味しいお米作りのために毎年育てています。

a0254656_18032610.jpgれんげは、花が終わる5月上旬ころ、その花も葉も茎も根も、こうして全て田んぼに鋤き込み、そのまま有機肥料とするのです。
れんげは、元気な土つくりのための“緑肥”とするのです。

a0254656_18085185.jpgまた、野中さんは稲刈りの際には、「稲ワラ」をこうして細かく裁断して、田んぼにまいていきます。
稲刈り後、時機を見て田んぼに鋤き込みそのまま有機肥料にするのです。
野中さんは、この“稲ワラ”と“れんげ”以外には何も足さず、何も引かずにお米を育てています。

a0254656_18215440.jpgさらに今年は、弊社で販売する『砂田のこだわりれんげ米』の田んぼでは、一切の農薬も使用せずに育てました。
稲わらとれんげのみを肥料に使用した、無農薬栽培の『砂田のこだわりれんげ米』です。

a0254656_18281285.jpg「俺の田んぼでは、米以外にはなんも作らんばい。冬の時期はお米のための土つくりの時間たい。自分が食べるとに、安全で美味か米ば食べたかたい!だけん、田んぼでは“稲ワラ”と“れんげ”にこだわって、お米だけば育てよるとたい。」野中さんは今年の稲刈りの取材の際にも、毎年恒例の言葉を話してくれました。

a0254656_18293470.jpg野中さんのお米は、以前は熊本市内の有名百貨店に『砂田のれんげ米』として卸していました。
しかし、現在は、自分や家族、親せきや知人のためにお米を育てています。
野中さんの米作り、そしてそのお米の美味さに惚れ込み、私は特別に分けていただき、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売しています。
一般流通のないお米を、特別にご提供いただいているのです。

a0254656_18354891.jpgこだわり農家の野中さんが「稲ワラ」と「れんげ」のみを有機肥料として作り上げた元気な土で、惜しまぬ手間ひまをかけ無農薬栽培で育てた、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』は、“ご飯がごちそうになるお米”です。
野中さんの笑顔と共に自信を持ってお勧めいたします。

a0254656_18341749.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も、野中さんの『砂田のれんげ米』をネット独占販売しています。
一般流通のない、ここでしか買うことのできないお米で、今年も完売間違いなし!
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『熊本のお米』のページへとお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-12-12 18:40 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)