人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本スイカ:スイカの赤ちゃん

FLC日記 2012年3月11日(日) くもり
昨日、熊本スイカの匠の農家さん「石貫農園」に伺いました。
ハウスの外に届くほどの大きな笑い声がしていて、奥さんと二人仲良く作業をされていました。
熊本スイカ:スイカの赤ちゃん_a0254656_1049431.jpg
めばなの下にまだまだ本当にちっちゃなスイカの赤ちゃんが元気に育っていました。
「こんにちは!!どのハウスにいらっしゃるのかすぐにわかるような笑い声でしたよ!!順調ですか?」
とハウスに入っていくと、
「なかなか日照時間が少なくて、ちょっと遅れているとも思うけど、元気に育ってるよ!なんとなくスイカってわかるやろ?」
と言って、見せていただいて撮影したのがこの写真です。
「もうすぐ受粉の作業に移らんといかんね!今日はいつもの脇芽を摘んでいたところたい!!」とのことでした。
こんな年もあるからビニールは全て毎年新品して育てているとのことです。
ビニールが新しいので、その分少しの日照時間でも光が通りやすいのです。石貫さんのスイカに対する決して手を抜かない“こだわり”です。

産毛に守られたほんの1cmほどのまだまだ小さいスイカの赤ちゃんです。
この後は、これにおしべの花粉を受粉させる作業を一つ一つ丁寧にやっていくのです。

熊本スイカ:スイカの赤ちゃん_a0254656_1103275.jpg1本のスイカの苗から3本を伸ばしめしべまでの5つか6つの節からはおしべが出ます。ミツバチを使って受粉させる農家さんもあるとのことですが、石貫農園さんでは一つ一つ手作業で確実に受粉をさせていくとのことでした。
かんぴょうに挿し木したスイカたちは自由に伸びた後、いったん中央よりに引き戻され、またハウスの両サイドに向け伸びていきます。
ハウスの中央から端との間の一番いい中央部分にスイカを育てるためです。
天候、温度、水・・・自然と向き合いながら、美味しいスイカを育てるために1日たりとも休むことのできない作業が続きます。
「水は設備を充実させてるからもし与えるとしても全く問題ないし、温度はこうやって毎日チェックしてるから大丈夫だけど、日照時間だけはね・・・。本当はもっと太陽の光を当ててあげたいけどね・・・。まぁ、こればっかりはどうしようもないので、その分手をかけ大事に育てるとたい!」と笑顔でお話いただきました。

熊本スイカ:スイカの赤ちゃん_a0254656_1111577.jpgふと気づくと、石貫さんが作業を止め私と話をしていただいていたので、奥さんはもうずいぶん先まで作業を進められていました。私と石貫さんの冗談交じりの会話に、奥さんの明るい笑い声が響きます。
熊本スイカ:スイカの赤ちゃん_a0254656_11174664.jpg
私には本当に元気に育っているように見えましたが、毎年、毎日スイカと向き合っている石貫さんには微妙な変化、葉っぱや花の勢いが少し気になるとのことでしたが、そこはスイカのプロ!!
それを補う知識と経験と、毎日の丁寧な作業で「今年も良いスイカを作るよ!」と自信満々にお話いただきました。
5月初旬には3L玉(8kg以上)で糖度が12.5度にもなるこだわりスイカを発送できると思います。
次回は受粉作業の取材をさせていただこうと思います。

            FLCパートナーズストア 笠 泰紀
ホームページはこちら

さまざまな角度からスーパー・青果店の情報が見れますのでぜひクリックしてみて下さい。
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-03-11 11:37 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

FLC日記 つぼみ、ツボミ、蕾

2012年3月10日(土) 晴れ
久々の青空です。
風は強いものの、日差しが暖かく、何だか太陽が少し近くなったような気がします。
春が待ち遠しく、今日はここ(㈱旬援隊)の草花のつぼみの話です。
FLC日記 つぼみ、ツボミ、蕾_a0254656_940529.jpg
スイセンの花のつぼみです。
この日差しと暖かさで、今日あたり一番花が咲くのではないかと期待してます。
スイセンは多年草で、冬から春にかけて白や黄色の花を咲かせます。
この時期になり、いたるところに一気に芽吹いてきて、正直「こんなにたくさんいたんだ!」と驚いています。
その中でも、もっとも早く咲きそうなつぼみを撮ってみました。
ニラとよく似た葉っぱをしていますが、食したら大変です!!!
食中毒どころか、死にいたることもありますのでご注意ください。
もちろん食べなければもちろんまったく問題なく、身近で春を知らせてくれる花なので、一面に咲くのが本当に楽しみです。


FLC日記 つぼみ、ツボミ、蕾_a0254656_9543580.jpg桜のつぼみもご紹介します。
菊池神社や菊池公園に咲く、「ソメイヨシノ」ではなく、『さくらんぼ』ができる桜の花のつぼみです。
おじとおばの話によると、さくらんぼがいい感じで実ると、一気に野鳥が現れて食べつくしてしまうそうです。
今年はなんとか野鳥に負けないようにさくらんぼを食べたいと思っています。

FLC日記 つぼみ、ツボミ、蕾_a0254656_1014669.jpgこれは桃のつぼみです。梅に似ていますが桃なんです!
これも野鳥たちとの激しいバトルが予想されます。野鳥たちも美味しい“旬”な時期を知っているらしく、食べごろになるまで待って食べるそうです。
野鳥たちに少しはおすそ分けするにしても、袋をかぶせて私の取り分を確保したいと思います。

FLC日記 つぼみ、ツボミ、蕾_a0254656_1083489.jpgこれは、ブルーベリーですね。
最近は目に良い健康食品ということで、注目されていますがここにはずいぶん前から植えてあり、ジャムが作れるほど収穫できるそうです。
他の果樹と比べて病害虫がつきにくく、乾燥しないように水を管理してさえあげれば家庭でも育てやすいと思います。
挿し木で比較的簡単に増やすこともできますし、実がなるまでの期間も短いのでぜひお勧めです。秋には紅葉もきれいですよ。

春が待ち遠しくつぼみの写真を並べてみましたが、何だかかなり地味なブログになってしまいましたので、今日はこのあたりで・・・。
花が咲いたらまたご紹介します。

           FLCパートナーズストア 笠 泰紀

下のタブをクリックすると、いろんな地域のブログが見られますよ。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

# by flcps | 2012-03-10 10:25 | 自然 | Trackback | Comments(0)

FLC日記 菊池公園(予告編)

2012年3月9日(金) 雨
菊池神社に登る国道387号線の高台から見下ろした菊池市の写真です。
FLC日記 菊池公園(予告編)_a0254656_10482018.jpg

あいにくの天気で、決して良い写真ではないのですが・・・。
菊池市中央グランドが大きく写っています。
水溜りがひどいですが、ここではサッカーや野球、ソフトボールなどもできます。
グランドゴルフに利用されることが今は一番多いのではないでしょうか?
左側は今はテニスコートとして整備されているのですかね?
子供のころには弓道場もあったように覚えていますが?

きくち夏祭りでは、このグラウンドで花火が上げられます。
もちろん安全のための、立ち入り規制エリアは設けられますが、間近で3000発の花火が上がるので、見ごたえは十分です。

中央のちょっと右側付近には以前ご紹介した「菊池武光公」の騎馬像があります。
こちらからだとうしろ姿になりますし、枝がかぶってわかりづらいですね。
中央の建物は、きくち観光物産館です。
菊池市のさまざまなお土産や特産品が売られています。

右端に写っているのは体育館ですが、ここにはいろんな思い出があります。
中学・高校とバレーボールをしていたので、その練習や試合のこともそうですが、もっとも印象的に覚えているのが、この体育館に、小学生時代、当時人気絶頂の『ピンクレディー』が来たことです。
この片田舎のしかも体育館に来たのですから、それはそれは大変でした。
もちろん体育館は超満員!!
その当時小学校低学年だった私ももちろん見に行きました。
体育館なので、イスではなく床に座ってみてましたが、おそらく『ピンクレディー』について回っている親衛隊(追っかけ?)みたいなグループが、何度も立ち上がっては座るように警備の方に注意されていたのも覚えています。
残念ながら、菊池にコンサートに来た後すぐに解散してしましましたが・・・。

前置きがすごく長くなりましたが、こんなことを書きたかったのではないのです。

FLC日記 菊池公園(予告編)_a0254656_11174486.jpg菊池公園の下の入り口付近です。ちょうど雨もやみ、光が差してきていい感じです。
この湯気は温泉の湯気です。菊池温泉は熊本の奥座敷として約40軒の旅館・ホテルが建ち並ぶ温泉地です。
菊池 一族を祀る菊池神社や菊池公園は桜の名所として知られていて、約1万本の桜がその時期それはそれは見事に咲き誇ります。
ピークは毎年3月下旬から4月にかけてで、期間中はボンボリが設置され、夜間はライトアップされます。

今日はその予告編とでも言いますか、この殺風景な菊池市の写真が様変わりするさまを後日ご紹介しようと思いました。

私は桜の花が大好きです。
お酒が飲めるというのも大きな理由のひとつですが、桜の花の一つ一つではなく、みんなで力を合わせて一斉に咲く姿は、日本人の象徴という感じで、美しさと力強さを感じます。
その姿・・・、後日ブログでご紹介します。
今日はあくまで予告編ということでご了承ください。

まだまだスタートしたばかりで、なかなか思う通りにはいきませんが、この会社も桜の花のようにみんなで力を合わせて力強い会社にしたいと思っています。
そのために、まだ私一人ですが、今日も全力でがんばります。

           FLCパートナーズストア 笠 泰紀

その他の菊池の情報はこちらをクリック!!
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

# by flcps | 2012-03-09 11:54 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

FLC日記 薪之介の焚きつけ用枝拾い

2012年3月8日(木) くもり
昨日に続き、曇り空なので今日はすごく肌寒く感じています。
薪之介(薪ストーブ)を最初に焚きつける時のための焚きつけ用の葉っぱを昨日拾いにいきました。
FLC日記 薪之介の焚きつけ用枝拾い_a0254656_114387.jpg
昨日は雨がやっと上がったので、念願のその作業ができました。
伐採が終わった杉や檜の山がありまして、そこに葉っぱを拾いにいきます。
『拾いに!』といっても、写真のように剪定ばさみで切ったのを集める作業ですが・・・。
15分もすると大きい袋に入りきれないほど集まります。
ただ、これが無いと薪之介に最初に火を入れるとき、なかなか上手く火がつかないのです。

FLC日記 薪之介の焚きつけ用枝拾い_a0254656_11102065.jpg最初新聞紙を1枚丸めるような感じで置いて、その上に檜の葉っぱを敷きます。それから小さく割った薪を置いて、さらにその上に大き目の薪を置いて新聞紙に火をつけます。

FLC日記 薪之介の焚きつけ用枝拾い_a0254656_1115462.jpgこの様に伐採が終わった直後の山には、檜や杉の枝がまだ放置されています。私からするとありがたいことです。杉でもいいのですが、檜のほうが火に勢いがあり良いようです。それと、檜だと最初に燃やしたときに檜風呂に入っているようなさわやかな香りがするのでこれがまた良いんです!
ただ昨日は雨上がりで乾いた葉っぱを選ぶのに少し時間がかがりましたが・・・。

FLC日記 薪之介の焚きつけ用枝拾い_a0254656_11195696.jpg手前の大きな切り株はおそらく100年ものだと思われます。上に乗っている割と小さなものでさえ、50年あるいはもっと生きてきたと思われ、ここで暮す私からすると大先輩たちです。

FLC日記 薪之介の焚きつけ用枝拾い_a0254656_1124963.jpg川の向こうにはこの様に大きな杉の木が力強く並んでいます。これらもおそらく70~80年はたっていると思いますが、見上げると首が痛くなるような高さです(笑)。花粉症の方にはお見せできない写真ですね。すみません。

FLC日記 薪之介の焚きつけ用枝拾い_a0254656_1130148.jpgこの様に次の杉や檜を植樹していきます。
右側はすでに植樹が終わり元気に育っています。
左側が今回伐採が終わった部分です。
今日も大きな重機で次の植樹のための準備が行われています。

杉や檜の森も確かに自然です。
ただ、作られた自然です。
杉や檜の作られた森には食べ物がありません。
山に住む生き物たちは、杉や檜の森ばかりになると食べ物を失い、人里に降りてきます。
ここは人里からは少し離れていますが、動物たちをよく見かけるのはそう言った理由もあるのでしょうね。

これからの時期、ここでもいろんな春の実りを迎えます。
さくらんぼ、ブルーベリー、桃、梅、あんず・・・
森の生き物たちにも少しおすそ分けしたい!
そんな気分になりました。

           FLCパートナーズストア 笠 泰紀

いなか暮らしがいろいろ載ってます。興味のある方はこちらをクリック!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

# by flcps | 2012-03-08 11:50 | 田舎暮らし | Trackback | Comments(0)

FLC日記 はーなが咲いた♪

2012年3月7日(水) くもり
はーなが咲いた、はーなが咲いた真っ赤なバーラーが~♪(古っ!!)
という歌がありましたが、ここ(株旬援隊)にも花が咲きました。
FLC日記 はーなが咲いた♪_a0254656_10561862.jpg

同じバラ?でもこちらはクリスマスローズです。
今までは天狗が持っている扇子のような葉っぱしかなかったので、正直「何じゃこりゃ?」って思っていましたが、昨日花を見つけちゃいました。

多年草の植物で、本来クリスマスのころに開花する「ヘレボルス・ニゲル」だけを指した呼称とのことですが、日本の園芸市場では「レンテン・ローズ」と呼ばれる「ヘレボルス・オリエンタリス」なども「クリスマス・ローズ」の名前で出回っているとのこと。
多くの品種は、クリスマスのころではなく春に開花するのです。

詳しいことはわかりませんが、先日来てくれておばが、「もうすぐ花が咲くよ!」といっていたので、昨日そっと葉っぱをよけてみると咲いていました。
雨に打たれて先に開花した花は少ししおれていますが、次々に開花を待つつぼみが見られます。

FLC日記 はーなが咲いた♪_a0254656_11152534.jpg葉っぱはこんな感じです。
ね!天狗が持つ扇子に似てるでしょ?
玄関脇のキウイの下に、植えてあるのですが、同じとこにあるスイセンのつぼみが先に咲いた『クリスマスローズ』を悔しそうに見てる気がします(笑)。

FLC日記 はーなが咲いた♪_a0254656_112666.jpg
玄関先にはこんな小さな紫色の花も咲いてました。
何の花かずいぶん調べましたがわかりませんでした。
直径2センチくらいの小さな花です。
おそらく、芝桜かな?とは思いますが、どなたかご存知は方はぜひ教えてください。

雪はおそらくもう降らないでしょうが、茶色と緑だけの冬景色を、先日ご紹介した『福寿草』とともに彩ってくれています。
日差しがないので、今日もまだまだ肌寒く、薪ストーブの“薪之介”は本日も大活躍中です!!
ただ、春も近づき、植物たちも花を咲かせその存在価値を伝えているようです。
私もまだまだスタートしたばかりの会社ですが、大きくてきれいな花をたくさん咲かせることができるよう今日もがんばります。

           FLCパートナーズストア 笠 泰紀

囲炉裏や薪ストーブ情報はこちらをクリックしてみて下さい。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

# by flcps | 2012-03-07 11:40 | 自然 | Trackback | Comments(0)