人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

株式会社 旬援隊 秋景色・・・

2012年10月15日(月) 晴れ
毎日日が暮れるのが早くなりましたね。
今日は秋晴れの天気にも恵まれ、時間の許す限り外での作業に明け暮れました。
株式会社 旬援隊 秋景色・・・_a0254656_1895016.jpg
「東屋(ずまや)」の横のもみじが色付き始めています。
この夏、北部九州を襲った、あの7.12大水害で、森が1晩で流され、すっかり日当たりが良くなってしまいました。最も日が当たるようになったこの枝から色付き始めたようです。

株式会社 旬援隊 秋景色・・・_a0254656_1812112.jpg「東屋」付近の写真です。「東屋」はここの離れにあるバーベキュー場です。
7.12大水害によって、「東屋」だけは奇跡的に残りましたが、井戸とポンプ、東屋までの地面を流されてしましました。現在はこのように復旧しています。
ただ、そのとき脇によけた瓦礫(流木や倒木など)はまだ片付けることが出来ないでいます。写真の右手、瓦礫のある部分に、あの日までは大きなもみじの木がありました。毎年とても美しく色付いてくれ、今年も楽しみにしていましたが残念です。

株式会社 旬援隊 秋景色・・・_a0254656_1820244.jpg瓦礫の場所も、私が立っている場所も、見上げるとこのように太陽を探さないといけないようなうっそうとした森でした。
その森は、木も土も全てを流され、今では、石ころがゴロゴロしている荒地のようになっています。おそらく、これから森が復旧するには何十年と言う月日が必要なのでしょうね・・・。

株式会社 旬援隊 秋景色・・・_a0254656_18305542.jpgとは言え、変わらぬ秋景色も見られますよ。
道路の脇にかわいらしい白い花を見つけました。キク科の植物・・・、おそらく「ハマギク」かと思います。
この時期に毎年咲く花です。

株式会社 旬援隊 秋景色・・・_a0254656_18333960.jpg敷地内のブルーベリーが紅葉しています。
収穫を終えた木から順に色付いてきました。落葉樹なので、冬は全て葉が落ちてしまいます。
来年もたくさんの実を付けてくれることを期待しています。

株式会社 旬援隊 秋景色・・・_a0254656_18402618.jpgやっと、コスモスが咲き始めました。
フェイスブックやブログなどで、コスモスの便りを見ていて、うらやましく思っていましたがうれしい一輪目です。
この高冷地にしては、コスモスが咲くのが遅いですよね・・・。
夏の終わりに草を刈り込んだせいでしょうか?その際に芽吹いたコスモスも刈り込んでしまったのでしょうね!
赤、白、ピンクのコスモスが咲く予定です。
そんなにたくさんのコスモスはありませんが、とても楽しみです。

株式会社 旬援隊 秋景色・・・_a0254656_18492838.jpgこの週末を使い、薪ストーブの「薪之介」の手入れをしました。
さらに、もう少しサンドがけをして、油を塗りこれから大活躍してくれる「薪之介」をメンテナンスします。

秋が足早に過ぎていき、「薪之介」なしでは耐えられない冬がもうすぐやってきます。「薪之介」は大食漢で、おそらく1冬で軽トラック3台分くらいの薪を消費します。薪割りもそろそろスタートしなければなりません。

でも、その前に・・・。
来週に迫ったお米の発送の準備です。
「FLCパートナーズストア」では、現在2種類の熊本のお米を販売中です。
いずれも数量限定の特別販売です。
『砂田のこだわりれんげ米』と『菊池水源の棚田米』です。
おかげ様で、大変好評につき、まもなく予約受付を終了いたします。
ご要望の方は、お急ぎ下記ホームページよりご注文(ご予約)下さい。
いずれも、この機会を逃すと来年の購入となります。
早い者勝ちですよ!!

冬が来る前に、実りの秋を満喫したいと思います。
ここ(㈱旬援隊)での、実りの秋・・・、また後日ブログでご紹介します。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

# by flcps | 2012-10-15 19:12 | FLC | Trackback | Comments(0)

タネ無しかぼす おかげ様でリピーター続出です

2012年10月14日(日) くもり
「FLCパートナーズストア」で、現在『熊本産高級かぼす(種なし)』を販売しています。おかげ様で、大好評いただき、全国の客様よりリピーターが続出している状況です。
タネ無しかぼす おかげ様でリピーター続出です_a0254656_17272023.jpg
『かぼす』の生産量は、大分県が98%を占めています。
現在販売している『タネ無しかぼす』は熊本県産です。
熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木の、「古川果樹園」さんによって、大切に大切に増やしていったかぼすの果樹によって生産しています。

タネ無しかぼす おかげ様でリピーター続出です_a0254656_17404726.jpg こちらが、「古川果樹園」の古川孝人さんです。
78歳の匠の農家さんです。
「古川果樹園」さんは、『太秋柿』も栽培していて、「FLCパートナーズストア」では、『熊本産太秋柿プレミアム』として、精魂込めて育てた中から、“極選”の『太秋柿』を販売させていただいています。

タネ無しかぼす おかげ様でリピーター続出です_a0254656_1753553.jpg話は、『かぼす』に戻りまして、全国のお客様より、この『熊本産高級かぼす(種なし)』について、もっと知りたいと言うご要望に応えて、本日は再度ブログでご紹介します。

タネ無しかぼす おかげ様でリピーター続出です_a0254656_17554039.jpgここが、「古川果樹園」さんのかぼす園です。
携帯電話も届かないような本当に山あいです。
もともと田んぼだったところを畑に変えて、まずはイチョウの木を植えたとのことでした。

タネ無しかぼす おかげ様でリピーター続出です_a0254656_1758891.jpgイチョウの木はもちろん「銀杏」を収穫する目的で栽培していましたが、1本の「種なしかぼす」の果樹を手に入れてから、そのイチョウの木を減らして、今はかぼす園となっています。
切り倒したイチョウの木の名残が残っていました。

タネ無しかぼす おかげ様でリピーター続出です_a0254656_182913.jpg「おかげ様でね、『一度このかぼすを食べる(使う)と、他のかぼすは使えん!』って言って、毎年注文いただく方もいてね・・・。その要望に応えようと下の段もこうやって増やしてきたとたい!」
古川さんが指差す先には、まだ幼い感じがするかぼすの果樹が並んでいました。山間のきれいな空気と、太陽の光をいっぱい浴びて、元気に成長中です。

タネ無しかぼす おかげ様でリピーター続出です_a0254656_181319100.jpg古くて大きなかぼすの果樹は、古川さんの背丈の2倍以上もあります。
収穫は、脚立に乗って1個1個丁寧に行うとのことでした。
「古川果樹園」さんの『熊本産高級かぼす(種なし)』は、とても日持ちがします。傷をつけないように丁寧に収穫するので、1ヶ月くらいはフレッシュそのままで召し上げれますよ!

タネ無しかぼす おかげ様でリピーター続出です_a0254656_18182779.jpg『かぼす』は、同じような香酸柑橘類(レモンやゆず、すだち等)に比べ、酸味が少ないので、焼き魚やお肉にかけてもその素材の旨みを消すことなく美味しく味わえるのが特徴です。

タネ無しかぼす おかげ様でリピーター続出です_a0254656_18241990.jpg先日、リピート購入を希望されお客様は、「主人が毎日“かぼす入りハイボール”を飲んでいて、ウイスキーが苦手だった私も、“かぼす入り”だと美味しくのめるので、毎晩の晩酌が二人の楽しみになりました!!あと少ししかないので、また送ってください!」とお電話いただきました。

タネ無しかぼす おかげ様でリピーター続出です_a0254656_18364855.jpgまた、60代の奥様よりもお電話をいただき、
「私、『かぼす』ってのを始めて知ったけど、美味しいわね~!だから、私なんにでもかけちゃうの!!先日は、間違ってビールにかけちゃって、『まぁいいか!』って飲んだんだけど、これが意外に合うのよ!笠さんも一度試してみては?」
とお話いただきました。
私もさっそく試してみましたが、これがいいんです!!
もちろん、メキシコの「Coronaビール」は、レモンなどの柑橘系を絞って飲みますので、ビールにも合うんですね!うれしい発見でした。

『かぼす』には、クエン酸やビタミンCが多く含まれています。
クエン酸は、食欲不振に効果的ですし、胃液の分泌を整えてくれます。
筋肉中の乳酸によって引き起こされる肩こりや頭痛にも効果的だといわれています。
また、ビタミンCは風邪の予防にも効果的ですよね。

タネ無しかぼす おかげ様でリピーター続出です_a0254656_1855243.jpg匠の農家さん「古川果樹園」さんが育てた、『熊本産高級かぼす(種なし)』は、「FLCパートナーズストア」で好評販売中です。
香りを楽しみ、健康にもいい『かぼす』を、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。
先ほど、ビールに入れることをおススメいただいたお客様は、「なんたって、“種なし”ってのがいいのよ!いろんなものにかけると、種を取るのが面倒じゃない?これだと、何の迷いも無くかけられちゃうからね!もちろん、ちょっとお高いけどわが家にはもう欠かせないわ!」なんて続けてお話いただきました。

焼き魚、お肉、お鍋、焼酎にウイスキー・・・。
あっ!それからビールにも!
『熊本産高級かぼす(種なし)』ぜひおススメです!
お注文は、下記ホームページよりお待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-10-14 19:03 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その3

2012年10月13日(土) 晴れ
本日も、『砂田のこだわりれんげ米』の稲刈りの取材の続きです。
熊本県菊池市七城町砂田地区で、「野中逸雄」さんは、れんげにこだわり安全で美味しいお米を作っています。
砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その3_a0254656_16394399.jpg
私のブログでは、何度もご紹介していますが、この地で育つ「七城米」は、東京で行われた料理新聞社のコンテストにおいて、“おいしいお米日本一”に輝きました。
また、江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われた熊本県七城町砂田のお米、『砂田米』!“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その3_a0254656_16424420.jpg匠の『砂田のこだわりれんげ米』農家、野中逸雄さんです。
取材に行くと、いつも、冗談ばかり言って私を楽しませてくれると手も気さくな方です。
野中さんの田んぼをバックに写真を撮らせてほしいと言うと、とても照れくさそうに応じてくれました。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その3_a0254656_16475678.jpg軽トラックに乗せた収穫した籾を収集する黄色い袋がそろそろいっぱいになるので、いったん乾燥をしに戻ると言うところまで、昨日お話していたと思います。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その3_a0254656_1650334.jpg 「先に行っといて!」とのことだったので、野中さんのご自宅で待っていると、3分ほどして野中さんの軽トラックがやってきました。
先ほど収穫した籾をいっぱい乗せての帰還です!!

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その3_a0254656_16513231.jpg「こっちこっち!」と案内され着いて行くと、野中さんちのガレージの横に乾燥場はありました。
この乾燥場は野中さんの手作りだそうです。ガレージから延長して建物を作りそこを乾燥場としたとのことでした。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その3_a0254656_16565796.jpgも乾燥機に先ほどの籾がたくさん乗った軽トラックをバックで寄せていきます。
刈りたての稲から収穫した籾を出来るだけ早く乾燥機に入れたいとのことです。自分で乾燥までするのもやはりこだわりの1つですね!!

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その3_a0254656_16595364.jpg定位置に軽トラックを止めると、もみの入った大きな収穫袋から伸びるノズルをセットします。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その3_a0254656_1731234.jpgパネルを操作して、準備万端!!
いよいよ乾燥のスタートです!

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その3_a0254656_1743375.jpgスタートと同時に勢い良く籾が出てきて、どんどん乾燥機の中に入っていきます。少し手にとらせていただきました。1粒1粒がふっくらと丸みがあります。
ここでも、刈りたての稲穂のとても良い香りがしていました。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その3_a0254656_1794433.jpg野中さんもできばえをチェックしています。
自信みなぎる後姿が、今年も安全で美味しいお米が出来たといっているみたいでした。
砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その3_a0254656_17114711.jpg
私は、春先のれんげの芽が出る頃からずっと、野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』を取材してきました。
今日、稲刈りを向かえ、野中さんの背中を見てるとなんだか「ジ~ン」としました。無事にこの日を迎えることが出来た喜びが湧いてきました。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その3_a0254656_17164086.jpg私は、野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』を、「ご飯がごちそうになるお米」と呼んでいます。
熊本県菊池市七城町砂田地区・・・。
この地は、砂の混ざった特殊な土壌で、そのままでも本当に美味しいお米が育つ場所です。
その中で、野中さんはコストのかかる「れんげ米」を育てています。
以前は、有名デパートにも卸していたそうですが、現在は自分や家族のために育てているお米です。
「どうせ食べるなら、やっぱり安全で美味か米ば食べよごたるたい(食べたいでしょ)?だけん、俺はれんげにこだわり、作りよっとたい!」

「FLCパートナーズストア」では、この「ご飯がごちそうになるお米」、野中さんが育てた『七城町砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売中です。
平成24年度の新米の予約販売を受付中です。

野中さんのお米はほとんど一般流通していません。
今回特別に、数量限定の完全予約制で販売させていただいております。
定数になり次第予告なしで締め切らせていただきます。
商品の発送は、10月22日の週(10月4週目)を予定しています。
まもなく締め切ります。
ご予約はお早めに下記ホームページよりお急ぎ下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-10-13 17:29 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その2

2012年10月12日(金) 晴れ
昨日に引き続き、熊本県菊池市七城町砂田で、『砂田のこだわりれんげ米』生産農家の「野中逸雄」さんの稲刈りの様子の取材日記です。
砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その2_a0254656_1622633.jpg

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その2_a0254656_1623333.jpgいつも冗談ばかりおっしゃる野中さんがいつになく真剣な眼差しです。
コンバイン(稲刈り機)にビーチパラソルを自分で取り付けて日よけにしています。
それにしても黄金色の稲穂がとても鮮やかできれいですよね。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その2_a0254656_16251160.jpgお電話をいただいて、私が伺った時には、田んぼの4角(コンバインが入れない部分)は、このように手で鎌を使って刈り取ってありました。
野中さんの田んぼは、区画整備がされていて、きれいな長方形です。4ヶ所のみ手でかれば後はコンバインでの稲刈りです。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その2_a0254656_16335632.jpgコンバインが通れるところは、このようにどんどんと稲刈りをしながら進んでいきます。
それにしても農機具はどれもすばらしいですね。もちろんこのコンバインも、本当に良く出来た稲刈り機です。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その2_a0254656_16362467.jpg 稲を根っこ近くで切り取り、そのまま横になるよう流れていきます。
コンバインの後部で、その稲から籾だけをを収穫していくのです。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その2_a0254656_16392328.jpgちょっとだけ野中さんのコンバインに乗せていただき撮影しました。
運転席の横をこのように稲穂が流れていきます。
稲を刈りたばかりの良い香りが漂っています。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その2_a0254656_16435454.jpg 後部に流れていった稲は、籾のみを収穫し、稲ワラを小さく裁断してどんどんと落としていっています。
野中さんの田んぼでは、この稲ワラも田んぼの肥料としているので、細かく裁断して撒いているのです。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その2_a0254656_16452676.jpg「俺が作る砂田のれんげ米では、基本“れんげ”と稲刈り時の“稲ワラ”のみを肥料としてるとたい。他の肥料は全然入れんとたいね!稲刈りが終わると、ころあいを見てまた耕運して稲も大切な肥料になるとたい!」野中さんがお話いただきました。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その2_a0254656_165138.jpg「じゃぁ、そろそろ軽トラの上の収穫の袋がいっぱいになるけん、いったん乾燥しぎゃ(乾燥をするために)もどろうかね!先でUターンしてくるけん、先に家さんいっときなっせ!!」
「了解しました」と答えて、ご自宅へ先に向かいました。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その2_a0254656_1784548.jpg
野中さんの「砂田のこだわりれんげ米」は、日本一のお米を育てるこの熊本県菊池市七城町の中でも、特殊な土壌の砂田地区に育つお米です。
しかも、れんげを巻き育て、花が咲いた後はそのまま田んぼに巻き込み肥料としています。
4月から5月にかけてはこのように一面れんげの花でした。
今は、黄金色の稲穂が風になびいています。

野中さんは、自分や家族が“安全”で“美味いお米”を食べたいとこの砂田の地区で“れんげ”にこだわりお米を作っています。
私は、野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』を、「ご飯がごちそうになるお米!」と呼んでいます。
自分や家族のために作っているお米で、一般流通のほとんどないお米です。

「FLCパートナーズストア」では、平成24年度の、「砂田のこだわりれんげ米」の新米を、特別に数量限定で、予約販売させていただいております。
「ご飯がごちそうになるお米」をぜひお早めにご予約下さい。
商品の発送は、10月22日の週(10月4週目)を予定しています。
まもなく締め切ります。
ご予約はお早めに下記ホームページよりお急ぎ下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-10-12 17:17 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その1

2012年10月11日(木) 晴れ
『砂田米』の稲刈りを取材してきました。
『砂田米』とは、熊本県菊池市七城町の砂田地区で育てられるお米です。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その1_a0254656_1830293.jpgその中でも『砂田のれんげ米』を作っているのが、匠の農家「野中逸雄」さんです。れんげ米にこだわり続けいます。
砂田の田んぼにれんげを蒔き、そのれんげを花も葉も茎も根も全て田んぼに巻き込み肥料として、「ご飯がごちそうになるお米」を育てています。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その1_a0254656_18314482.jpgここが野中さんの砂田のれんげ米の田んぼです。
この地で育つ七城米は、東京で行われた料理新聞社のコンテストにおいて、“おいしいお米日本一”に輝きました。
また、江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われた熊本県七城町砂田のお米、『砂田米』!“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その1_a0254656_18413651.jpg4月から5月にかけての野中さんの田んぼには、このように一面れんげの花が咲き誇っていました。お隣の田んぼとの違いがお解かりいただけますよね!

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その1_a0254656_1952935.jpg「砂田」地区は特殊な土壌で、その名の通り、砂と土が混ざり合った田んぼです。とても水はけがよく、肥料が効きすぎないことも美味しいお米を作る条件です。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その1_a0254656_1981574.jpgこのお米つくりに合う独特な土地では、れんげを蒔かなくとも美味しいお米が作れます。ですから、コスト面を考え、れんげ米を育てる農家さんは、年々減少しています。
それでも野中さんが、れんげ米にこだわる理由はただ1つ!
「さらに美味い米を作りたいから!!!」

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その1_a0254656_18575524.jpgですから、同じ『砂田米』と言えども、アングルが変わり、左の田んぼの収穫を終えたお米と、野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』では、ある意味全く異なるお米です。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その1_a0254656_19232125.jpg 「あのれんげ一面だった田んぼが、黄金色に輝く稲穂になり、収穫してるんですよね・・・」
私がしみじみと話すと、
「そうね?俺は毎年のことだけんわからんねぇ~!笑」。なんておどけてお話いただきました。
「ただ、今年もよか~米の出来たと思うよ!収穫しよるとわかるもんね!!」と、今までの苦労が、今年のお米の出来で、大きな喜びに変わったかのように笑顔でお話いただきました。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その1_a0254656_1925321.jpg「収穫した籾(もみ)がある程度たまっていっぱいになったら、乾燥させるけんそれも見に来るね?」
軽トラックに乗せた、大きな黄色い収集袋にコンバイン(稲刈り機)から籾を移す作業をしながらお話いただきました。

砂田米 ご飯がごちそうになるお米の稲刈り その1_a0254656_1930579.jpgたった今収穫したばかりの籾が、滝のように落ちてきていました。
「もう2回り位するといっぱいになるけん、一緒に行って乾燥の工程も見ていくとよかたい!」

野中さんにお誘いいただき、見せていただくことにしました。
稲刈りの続きと、乾燥工程の様子はまた後日・・・。

野中さんちの『砂田のこだわりれんげ米』を、私は「ご飯がごちそうになるお米」と呼んでいます。
実際、食の細い私の友人の子供が、私のとこに遊びに来て、このお米を食べさせたところおかわり2杯もしたのだから驚きですよね!!
以前は、デパートと契約し、数量限定で卸していたのだそうで。
現在は、自分や家族が食べるためだけに育てています。
ですから、一般流通はありません。
今回特別に「FLCパートナーズストア」でネット独占販売させていただいております。
平成24年度の新米の予約販売を受付中です。
一般流通のない、野中さんちの『砂田のこだわりれんげ米』は、数量限定発売です!
まもなく締め切ります。
ご予約はお早めに下記ホームページよりお急ぎ下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-10-11 19:42 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)