人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

烏骨鶏 庭付きの鶏舎にお引越し

FLC日記2012年8月10日(金) 晴れ
烏骨鶏(ウコッケイ)と言う鳥をご存知ですか?
烏骨鶏とは、ニワトリの品種名です。
烏骨鶏は別名を“薬用鶏”とも呼ばれ、中国の千年前の古い文献によると、烏骨鶏の持つ滋養強壮性から宮廷料理や賓客のもてなしの宴会料理に珍重されてきました。
古来中国では食することで、「不老不死」になるとさえもいわれていたほどです。タマゴはもちろんのこと、その肉や内臓、骨にいたるまで、全て栄養価が高くもちろん捨てるところなどないと言われています。
烏骨鶏 庭付きの鶏舎にお引越し_a0254656_1772490.jpg
先日ここ(㈱旬援隊)の、20羽の烏骨鶏をお引越しさせました。
引越しさせたのは、1羽の親鳥と、19羽の若鶏です。
今までいた鶏舎は雛を育てるところなので、庭付きの鶏舎に引越しさせたのです。

烏骨鶏 庭付きの鶏舎にお引越し_a0254656_17195661.jpg上の写真でタマゴらしきものが写っていると思いますが、これ、実はキウイです。キウイ棚の下の庭付きの鶏舎に引っ越したので、先日キウイの摘果をしたのがこのように転がっているのです。

烏骨鶏 庭付きの鶏舎にお引越し_a0254656_17262250.jpg最初は慣れない様子で、みんな1ヶ所に固まっていましたが、5分もするとそれぞれ好きな草を食んでいます。
それまでは鶏用のえさと一緒に草やキャベツ、ニラなどを与えていましたのが、新鮮な草を食べるのに夢中です!

烏骨鶏 庭付きの鶏舎にお引越し_a0254656_1729583.jpgこのように、つい1ヶ月ほど前までは、親鳥と若鳥達の大きさでの区別がはっきりとしていましたが、もうほとんど分からなくなるほどまでに成長しました。

烏骨鶏 庭付きの鶏舎にお引越し_a0254656_17361349.jpg 烏骨鶏は本来、すごくストレスに弱くデリケートでおびえやすい鳥ですが、私にはすごくなれていて、このように直接エサをもらいます。この日はタンポポの葉っぱをあげました。

烏骨鶏 庭付きの鶏舎にお引越し_a0254656_17512922.jpgこの子は、先日「リューバーダム」を一緒に作った、弊社スタッフの息子が名づけた“ポッピ”です。全く人を怖がらずに、ずっと私のそばにいます。
ただ、他の兄弟達より1回り小さくまだあどけなさが残っています。
子供の頃見た「アルプスの少女ハイジ」で、ハイジがユキちゃんというほかのヤギより小さく乳の出が悪いヤギを、大切にお世話していたかのように私もとてもかわいがっています(笑)。
烏骨鶏 庭付きの鶏舎にお引越し_a0254656_17591198.jpg
この子達がタマゴを産むようになるのは、早くても年内・・・、おそらく年明けになると思われます。
烏骨鶏は、年に約40個ほどのタマゴしか産みません。おおよそ9日に1個というペースです。しかしながら、その栄養価はとても高いのでとても高値で取引されています。
その効用としては、強精疲労回復、高血圧・中気の予防、心臓病の予防、糖尿の予防、老化防止、免疫力の向上などがあげられます。

「FLCパートナーズストア」では『烏骨鶏のタマゴ』を好評発売中です。
菊池水源の新鮮で美味しいお水と、自然の草をたくさん食べて元気に育った烏骨鶏です!
数に限りがあり、売切れ必至の大人気商品で、大変ご迷惑をおかけしておりますが、現在販売数に若干の余裕も出てきました。
興味のある方はぜひ弊社ホームページをご覧下さい。

先日もお客様より「いつも売切れになっていますよ!」とお叱りを頂戴しました。
弊社ホームページで販売中の際は、かなりのラッキーです!!!
ぜひお早めにお求めいただきたく思います。
(※発送日は受注後、弊社よりあらためてご連絡させていただきます)

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-08-10 18:11 | 烏骨鶏のたまご | Trackback | Comments(0)

素敵なお姉さま方にご来社いただきました

FLC日記 2012年8月9日(木) くもり
昨日、2人の素敵なお姉さま方が、弊社にご来社いただきました。
フェイスブックで知り合った、熊本県上益城郡甲佐町の農家さんです。
来る途中は本当にこの先に人が住んでるの?とかなり不安になったそうです(笑)。
素敵なお姉さま方にご来社いただきました_a0254656_1547327.jpg
フェイスブックで、共通の知人のコメントに「いいね」をしたことからご縁が始まりました。
私のフェイスブックを見て、弊社やここの様子にすごく興味を持っていただき、ぜひ遊びに来たいということから昨日念願が叶ったわけです。
まずは、先日の水害の現状をお見せしながら敷地内をご案内し、社内(家屋内)も見ていただきました。畑や果樹たちの栽培についてアドバイスもいただきました。すごく勉強になりありがたかったです。

素敵なお姉さま方にご来社いただきました_a0254656_1552259.jpg赤いTシャツを着た田上美恵子さんと最初に知り合うことができました。
本当はもっと前に来ていただく予定でしたが、なにせ、あの水害で水も出ない状況でしたので今になった次第です。
「午前中にお越しいただき、お食事を一緒にしましょうよ!」とお話したところ、「それなら、田舎料理を作っておじゃまします!」といっていただき、たくさんのお料理をごちそうになりました。

素敵なお姉さま方にご来社いただきました_a0254656_1622496.jpgとっても美味しいお料理の数々に、食事も進み話も弾みとても楽しいひと時です。
2種類の巻き寿司、お煮しめ、お漬物、田上さんのお米のおにぎりに卵焼き、栗とお菓子もお土産にいただいちゃいました。お漬物(ぬか漬け)は最高でした!6種類くらいあったでしょうか?その中でも「菊芋」のぬかずけは初めて食べましたが、もう止まりません!田上さんが育てたお米のおにぎりと一緒にいただくとバツグンに美味い!独り占めして食べたいくらいでした(笑)。

素敵なお姉さま方にご来社いただきました_a0254656_1675873.jpg田上さんのお知り合いの淋ニシエさんです。現在甲佐町でさまざまな作物を育てているとのことです。
田上さんの農業の師匠ということです。すごくお元気な方で、今でも農作業はもちろんのこと、水道の配管まで自分でするとのこと・・・。中でも今話題の「アイスプラント」と言う野菜はとてもいいよ!とお話いただきました。「アイスプラント」とは、塩味のするお野菜で、サラダにしてもてんぷらでもとても美味しくいただけ、さらには栄養価にもとても優れた野菜です。
淋さんは、野草にも大変詳しく、ここに自生しているドクダミ草やセンブリなどの活用法も教えていただきました。
さらには調理師の免許も持っているとのことで、まさにスーパーおばあちゃん、改めスーパーお姉さまです(笑)。

素敵なお姉さま方にご来社いただきました_a0254656_16362431.jpg田上さんは、野菜ソムリエの資格を持っている農家さんです。こだわりの野菜、お米、栗などを育てています。
農業の現状のことをいろいろとお伺いしました。甲佐町あたりは雨不足で田んぼの水が足りないとのこと・・・。畑も乾燥しきって秋・冬の野菜の種が蒔けないで困っているとのこと・・・。この笑顔で面白おかしくお話いただくので、本当に楽しく聞き入ってしまいました。本当にパワフルと言う言葉がぴったりの素敵なお姉さまです。
無農薬で野菜を育てているけど、周りの畑ではもちろん農薬を使っているので、農薬が飛んでくることを考えると「無農薬野菜」と表記せずに販売している!と言うこだわりの農家さんです。
野菜ソムリエの資格も持っているので、お野菜のおいしい食べ方をうかがいましたが、『とにかく取れたてが一番!私の育てる野菜たちをできるだけ新鮮な状態でぜひ食べてほしいね!』とお話いただきました。
近々、お二人のところに私も伺って、いろいろ取材をさせていただき、できれば双方プラスになるような形で取引をさせていただければと思っています。

昨日は、お二人の笑顔でとにかく社内がさらに明るく元気になりました。
この出会いに本当に感謝しています。
次回はぜひ甲佐町にお伺いして、また元気をいただきたいと思っています。とても楽しみです!
田上さん、淋さん本当にありがとうございました。

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

# by flcps | 2012-08-09 17:12 | FLC | Trackback | Comments(0)

お勧めレストラン!お食事処「やまの囲炉」

FLC日記 2012年8月8日(水) 晴れのち雷雨
学生時代の同級生って言うのは本当にいいものですよね!
先日、中学時代の同級生の江里口真一君と20数年ぶりに会いました。
「江里口」と聞いて、あれ?と思われた方もあると思いますが、100mのオリンピック選手「江里口匡史」は私の友人の江里口真一君のいとこの子供に当たるそうです。
ちなみに「江里口匡史」選手は中学も高校も私の後輩になります。
(残念ながら私は面識はありませんが・・・)
東京で某有名レコード会社で働いていて、熊本に帰省するとのことで久しぶりの再会です。
フェイスブックで久しぶりに連絡を取り、一緒に江里口君の友人のレストランに食事に行くことにしました。
お勧めレストラン!お食事処「やまの囲炉」_a0254656_15412473.jpg
お食事処「やまの囲炉」です。
熊本県阿蘇郡西原村にある自然派レストランです。観光名所の俵山のふもとにあります。

お勧めレストラン!お食事処「やまの囲炉」_a0254656_15451142.jpg熊本市内から阿蘇に向かう俵山を抜けるコースの、この大きな“X”が目印の橋のたもとにあります。
俵山は阿蘇外輪山の1つで、展望所からの阿蘇方面や熊本市内及び有明海を一望できる眺めは最高です。今は、七曲峠と呼ばれている俵山を越えるコースのみならず、トンネルを有する俵山バイパスが開通し、熊本市内から阿蘇方面へスムーズにいけるようになりました。

お勧めレストラン!お食事処「やまの囲炉」_a0254656_15511639.jpg白い壁がとてもきれいです。
この壁、漆喰(しっくい)といって昔ながらの農家の蔵の壁によく使われていました。
おしゃれな感じと共にとても優しさのある雰囲気です。

お勧めレストラン!お食事処「やまの囲炉」_a0254656_15571880.jpgお店に入ると両サイドにたくさんのサイン色紙が飾られています。
熊本の地元のタレントやアナウンサーはもちろん、有名歌手やタレントさんのものも数多くありました。

お勧めレストラン!お食事処「やまの囲炉」_a0254656_15585329.jpgオーナーのこだわりで天井はすごく高く作られていて、とても開放的な感じです。奥には宴会ができるような座敷席があります。今は大きな七夕飾りがディスプレイされていて、短冊には子供らしいお願いやら、世界平和を願うものなどさまざまなものがあり楽しませてくれました。

お勧めレストラン!お食事処「やまの囲炉」_a0254656_1692758.jpg個室席もあり、私たちはそこで食事をしました。
自然の光が差し込む大きなガラス窓からは、阿蘇の景色を楽しむことができます。ここから見える裏庭には、春には一斉にタンポポが咲き、風に揺れるタンポポはそれはそれは絶景とのこと!それを目当てにご来店いただくお客様もあると、坂本竜二オーナーシェフがお話いただきました。
お勧めレストラン!お食事処「やまの囲炉」_a0254656_16172747.jpg
二人ともおまかせランチ(¥1,050)をオーダーしました。
本日のメインは、阿蘇赤牛のチーズインハンバーグです。
サラダ、スープ、ライス(おかわり自由)、デザート、ドリンク付きでこのお値段!大・大満足です!
しかもこのハンバーグの旨いこと旨いこと!お箸を入れた瞬間のあふれ出る肉汁と、自家製ソースがたまりません!おまけに、ハンバーグの中のチーズが良いアクセントになっています!
久しぶりの再会に、話が盛り上がり、メイン以外の写真を撮り忘れてしまいました。すみません。

お勧めレストラン!お食事処「やまの囲炉」_a0254656_16382064.jpg真ん中が中学の友人江里口君。左が江里口君の高校の同級生坂本竜二オーナーシェフ。右はその奥様です。
坂本オーナーシェフとは友達の友達で、私は初対面でしたが、3人交えていろんな話でついつい盛り上がりました。

坂本オーナーシェフのお父様は農家の民泊もされているとのこと・・・。
・カブトムシやクワガタ採り
・ヤマメつり
・タマゴの収穫
などなどのオプションもあり、田舎体験が満喫できるとのことです!

この夏は、7.12の北部九州大水害の被害が大きい阿蘇地区は観光客が激減しています。
この時期はもっとも阿蘇が楽しめる最高の季節です!
ぜひ多くの方にお越しいただきたいと思います。

大自然を満喫し、美味しい料理と気さくなシェフと奥様の素敵な笑顔!
阿蘇にお越しの際のお食事は、お食事処「やまの囲炉」で決まりですね!

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

# by flcps | 2012-08-08 17:14 | FLC | Trackback | Comments(0)

プライベートリバー!「リューバーダム」その2

FLC日記 2012年8月7日(火) 晴れのち雷雨
昨日に続き、株式会社旬援隊で施工中の「リューバーダム」について書きたいと思います。
「リューバーダム」建設とは、弊社から道向こうにあるプライベートリバー?にダムを作り、遊びに来た子供たちや私が泳げるスペースを作る私が勝手に国家プロジェクトと決めて取り組んでいる取り組みです。
アメリカのコロラド川に建設され、あの「ラスベガス」を生んだ「フーバーダム」からもじって「リュー(笠)バーダム」と命名しました。

プライベートリバー!「リューバーダム」その2_a0254656_17224430.jpg建設を担当しているメンバーは2名!
私と、弊社スタッフの息子(小学1年生)の太陽くん!
今私が立っているところをひざくらいまで水位を上げ、一番深く泳げるところを腰あたりまでにしたいとがんばっています。

プライベートリバー!「リューバーダム」その2_a0254656_17261446.jpg1個1個石を運び積み上げていきます。
手ごろな大きさの石を下流や上流、川底から運んでくるけっこう根気のいる作業です。
100%人力での作業なので、これがホントになかなかハードです!
右下に見えているのが建設中の「リューバーダム」です。今は10cmほど水位を上げることができています。

プライベートリバー!「リューバーダム」その2_a0254656_17322223.jpg大きな石と中くらいの石の配置が終わったので、その隙間を流れ出る川の流れを止めるため、小石や砂利、木の枝や葉っぱで埋めていきます。
現状は、大き目の石の隙間をジャブジャブ水が流れていますよね!この流れを止めないと水位は上がらないので地道な作業を繰り返していきます。

プライベートリバー!「リューバーダム」その2_a0254656_17412471.jpg「リューバーダム」の完成です!
これは翌日に撮影した写真ですが、水位を約30cm上げることができました。

プライベートリバー!「リューバーダム」その2_a0254656_1745427.jpg「リューバーダム」より上流の泳げるスペースです!川底が青く光っているところが、私の腰あたりまでの深さになっています。
小学生が泳ぐにはちょうど良い深さとスペースです!
透き通った水がきれいでしょ?目を開けて泳いでもかまいませんし、水中眼鏡をかけるとホントに遠くまで見ることができます。

プライベートリバー!「リューバーダム」その2_a0254656_175118100.jpg大人の私でもクロールですいすい泳げる深さまで水位を上げることができました。
もちろん私は目を開けて泳いでいます。
ただ、水が冷たすぎると言うのが欠点ですが・・・笑

プライベートリバー!「リューバーダム」その2_a0254656_17543239.jpgさぁ、さっそく太陽くんと泳ぎの練習です!
水泳教室に通っているとのこと!なかなか上手です!でも、プールの安定した水と違いここは流れのある川です。そうそううまくはいきませんので、手を引いてバタ足で泳がせました。
バタ足だけでも川の流れに逆らいながらぐいぐい進みます!キック力がかなり強いので、息継ぎを上手に覚えれば、泳ぎも速くなるかもしれません。
目指せオリンピック!(本人はサッカー選手になりたいそうですが・・・)。

プライベートリバー!「リューバーダム」その2_a0254656_1885915.jpg「リューバーダム」建設も終わり、たっぷり泳いだ太陽くんは、上流にある一番高い岩に登り勝利のポーズ!
この笑顔を見れるだけでも、背中を10ヶ所も蚊とアブに刺されながらがんばった甲斐があるというものです。子供が喜ぶ笑顔は本当にいいですよね!

プライベートリバー!「リューバーダム」その2_a0254656_18121828.jpg
「リューバーダム」の完成を祝い雄叫びを上げました!
前回は同じ場所で同じポーズで、復旧の誓いの雄叫びでしたが、今回は勝利の雄叫びです!
この度の『7.12北部九州大水害』で、自然のすごさ、水の恐ろしさを知りました。
水害で、ここの井戸もポンプも流され、復旧までに18日間の断水生活も経験し、水の大切さやありがたさも身にしみました。

でも・・・、
私は自然が大好きです!
私は農業が大好きです!
本物の食材を育てる“匠の農家さんたち”が大好きです!

だから私は、熊本県菊池市菊池水源の山奥にあえて会社を設立しました。
本物を伝えるには、自らもその体験が必要だと考えたからです。
自然と共に生き、自ら畑を耕し、果樹を管理し、烏骨鶏たちを育てながら、農業の苦労、喜びを自ら体験しながら“匠の農家さん”たちが作る“本物”の食材を全国の方々にご紹介しようとがんばっています。

ぜひ、下記ホームページよりチェックしてみてください!

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

# by flcps | 2012-08-07 18:27 | FLC | Trackback | Comments(0)

プライベートリバー!「リューバーダム」その1

FLC日記 2012年8月6日(月) 晴れのち雷雨
ここ(㈱旬援隊)の前の道の向こうには、川が流れています。
7.12の大水害で氾濫し、大きな被害をもたらした川ですが、普段はとても穏やかに清らかな水が流れる清流です!
プライベートリバー!「リューバーダム」その1_a0254656_1913421.jpg
これは、7.12台水害前の写真です。
清らかな水と森が、とてもきれいでしょ?
しかし、あの大水害以降、森は全て流され、石も大きく動き泳ぐにちょうど良かったスポットもなくなってしまいました。

プライベートリバー!「リューバーダム」その1_a0254656_19104546.jpgそこで、砂利の川原のあるこの場所に、泳げるくらいのプール「リューバーダム」を建設することにしました。
現在は最も深いところで私の太ももくらいです。しかも大きな石がごろごろしていて、クロールでは泳げません。
アメリカ合衆国のアリゾナ州とネバダ州の州境に位置するコロラド川のブラック峡谷にある世界的に有名なダムで、砂漠の地に世界有数の観光地、あの「ラスベガス」を生み出した「フーバーダム」からもじって、「リュー(笠)バーダム」となずけました。

プライベートリバー!「リューバーダム」その1_a0254656_1921050.jpgこの日は日曜日で、弊社スタッフが小学1年生の息子(太陽くん)を連れて遊びに来ていたので、その計画を綿密に説明して、いよいよ「リューバーダム」建設のスタートです。

プライベートリバー!「リューバーダム」その1_a0254656_19235710.jpg最初は、これくらいの石をならべていきました。この大きさの石は、ダムのすぐ近くや川底にたくさん転がっていたので、割とスムーズに工事は進みました。
この時点で、約5cmほどは水位を上げることができました。
でもこれではまだまだジャブジャブ泳ぐことはできません。もっともっと大きな石を配置して本格的なダム建設をしていきます。

プライベートリバー!「リューバーダム」その1_a0254656_19432728.jpg 川底にあった大きな石を運んで、川底を泳ぎやすくすると共に、ダムの石として使います。
人力での作業はかなりハードです!!!
これは国家プロジェクトなんだと自分に言い聞かせ必死の作業です。
清らかな水はとても冷たく、足場も悪い中がんばり続けました。

プライベートリバー!「リューバーダム」その1_a0254656_19452668.jpg石と石の間の大きな水の流れに上手くはめ込み流れをせき止めようとしていますが、そうそう簡単にはいきません。
大きな石を配置すると共に、小さな石でも隙間をふさぐ必要があるからです。

プライベートリバー!「リューバーダム」その1_a0254656_1949820.jpg太陽くんも、この国家プロジェクト「リューバーダム」建設スタッフの一員です!
手ごろの大きさの石を次々に運んできてくれます。頼もしい相棒です!
プライベートリバー!「リューバーダム」その1_a0254656_20173641.jpg
2人っきりの国家プロジェクト?「リューバーダム」建設!
その続きはまた後日・・・。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

# by flcps | 2012-08-06 20:23 | FLC | Trackback | Comments(0)