人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本ぶどう 社方園 最旬!極旨!お任せ下さい!!

2012年7月21日(土) 雨
熊本ぶどう「社方園」さんの極旨ぶどうのご紹介です。
熊本県山鹿市久原にある匠のぶどう園「社方園」さんでは、毎年7月7日のオープンから毎日最旬の極旨ぶどうを販売しています。
秋の味覚の代名詞のぶどうを夏の始まりの7月7日から食べられることにも驚きですが、その品質がまさに最高級です。
a0254656_929545.jpg
朝採りのぶどうたちは、新鮮そのもの!
どれも茎が緑色でとてもきれいなことでも、その新鮮さはお解かりいただけると思います。
茎を持ち上げるとずっしりとした重量感にビックリします。
そのまま揺さぶってもどの粒も落ちそうにない安定感と言うか充実感が感じられます。

a0254656_10583049.jpgグリーンのおしゃれな箱に詰められた『2kgの3色詰め合わせセット』です。
黒ぶどう、赤ぶどう、白ぶどうの3色のセットは、まるで宝石箱を開けたかのような美しさ・・・。
「社方園」さんが最旬のぶどうを選んで、ご購入時の最高の組み合わせで選び抜きます。
20種類以上のぶどうの中からの糖度20度のスペシャルチョイスです。今回は黒ぶどう2種類(ブラックオリンピアとピオーネ)、赤ぶどう1種類(蔵王おとめ)、白ぶどう1種類(ハニービーナス)の組み合わせでした。今回4人で食しましたが、4人とも好みが別れるほどの甲乙つけがたい絶品です。
匠の技で育て、匠の目で極撰してした、こだわりとプライドのスペシャルチョイスなので、全て安心してお任せできます。

a0254656_11155095.jpgこちらは、『化粧箱2房のセット』です。黒ぶどう+赤ぶどうまたは白ぶどうの2房になります。1房驚きの400gオーバー!1粒1粒の大きさもさることながら、手塩にかけたぶどうたちからさらに選び抜かれたエースたちといえるでしょう。
こちらも「社方園」さんのスペシャルチョイスに安心してお任せ下さい。自信を持ってお勧めする、選び抜かれたエースたちを、ぜひご賞味下さい。

a0254656_11295984.jpg『2kgの3色詰め合わせセット』も『化粧箱2房のセット』もお得な、「黒ぶどうのみのセット」もございます。
茎から1粒1粒にしっかりとつながっていますよね!
この写真のアングル・・・なんと、ぶどうが立っているんですよ!こんな表現が正しいかはわかりませんが、「力強い」んです!すごい「迫力」なんです!

a0254656_11445427.jpgもちろん、赤ぶどうも白ぶどうも同じです。赤ぶどうが2房そろって立っています(笑)。
すごいでしょ?
食べようとして、1粒を枝からはずすにも、“負けないぞ!”と言う強い思いではずさないと取れないような感じなんです。
大粒のぶどうをほおばると、果汁が口いっぱいに押し寄せてきます!ぶどうの香りと共に、糖度20度の味覚の波が広がります!
さらには、はじけんばかりの大粒の食味が楽しめ、噛んだ瞬間に糖度20度の味覚の波が、第2波・第3波と迫り来る感じです。

a0254656_11492617.jpgこの輝き!まさに宝石のようでしょ?
太陽の光と大地の恵み、「社方園」さんの愛情がいっぱいに詰まった至高のぶどうです!

ここで、ぶどうの豆知識・・・
ぶどうの白い粉のようなもの、よく農薬やカビだと勘違いされる方が多いのですが、この白い粉の正体は実はぶどうが自ら出す「ブルーム(bloom, 果粉)」と呼ばれるものです。ぶどう自身の水分を保護し新鮮さを保ち、病気から守る働きがある大事な粉で、食べても全く問題ありません。
むしろ、この白い粉がたくさんあるものの方が病気からも守られ新鮮で美味しいぶどうです。
近年、その白い粉からアンチエイジング作用や虫歯菌の増殖抑制効果などがある「オレアノール酸」を人工合成することの研究も進められているすごい成分なのですよ。
もちろん今回私もさっと水で洗って、その白い粉ごと美味しくいただきました。これでもっと若返ったかもしれませんね(笑)。
a0254656_1253281.jpg
このスペシャルチョイスをしていただいた匠のぶどう農家「社方園」さんの、社方武路(しゃかたたけみち)さんご夫婦です。
「FLCパートナーズストア」では、お二人の全面ご協力のもと、全国の皆様方に“極選”最高級のぶどうを予約販売させていただくこととなりました。
「FLCパートナーズストア」のネット独占販売です!!!
“最旬”の朝採りぶどうから、さらにさらにお選びいただいたスペシャルチョイスのため、完全予約制の数量限定販売にさせていただくこと、なにとぞご了承下さい。

プレゼントやご贈答、お中元にも大変喜ばれる「社方園」さんの“極選”最高級ぶどうのご注文(ご予約)は下記ホームページより承っております。
数に限りがあり、さらには『今回「笠さんとこには、良いものだけを選び抜いて出しましょう!」』とお約束いただいた「社方園」さんのこだわりの品質保証のため、定数になり次第、または予告なしで締め切らせていただく場合がございます。
本当に“早い者勝ち!”とです。とにかくご購入(ご予約)はお早めにお願いいたします。
私が惚れ込んだ“極選”最高級のぶどうをぜひご賞味下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-07-21 12:37 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)

熊本梨 本藤果樹園 花と実は逆?&45℃のマジック

2012年7月20日(金) 雨
昨日に続き、本日もこだわりの『樹上完熟の熊本梨』生産農家の「本藤果樹園」さんの取材日記です。
「本藤果樹園」さんでは4種類の梨を育てています。
いずれも「最も美味しいタイミングで食べてほしいから・・・」と言う理由で、樹上で完熟させるこだわりのなしです。
一般流通させることなく、直売所のみで販売されているとても貴重な梨です。
a0254656_14423255.jpg
7月31日に初出荷予定の「幸水(こうすい)」をはじめ、「豊水(ほうすい)」、「秋月(あきづき)」、「新高(にいたか)」の4種類です。

a0254656_14464350.jpg真剣な眼差しで梨の生長の様子をチェックされているのは、匠の梨農家本藤賢一さんです。
作業の手を止めていろいろお話をうかがうことができました。

a0254656_14514544.jpgこれは、「受粉樹」と言って、「新高」の果樹に「豊水」を接いでいるのだそうです。
「新高ばかりじゃ花が咲いても受粉できんとたい!だけん、こぎゃんしてところどころ「豊水」やら「秋月」やらば、接いでやらんといかんとたいね!」

a0254656_14584710.jpg「え?!「新高」に受粉樹として、「豊水」や「秋月」を接ぐのですか?接いだ先はどちらが実るんですか?」と質問すると、
「そらぁ、接いどるとだけん、「豊水」なら「豊水」。「秋月」なら「秋月」が実るたい!」と笑ってお答えいただきました。
「ただね・・・。「新高」に「豊水」だけを接木してた時は「豊水」の実がいっちょん(全然)太らんだったとたい!それが、「秋月」も接いでみたら、「豊水」の実も太ったとたい!面白かでしょうが!」

a0254656_1591329.jpg「もういっちょ面白か話ば教えようか!収穫は、幸水→豊水→秋月→新高の順番たいね!ばってんね、花の咲く順番はその逆ばい!!新高が一番で、幸水が最後に咲くとたい!」
だからこうして、上手く接木をして最初に咲く「新高」に受粉できるよう「豊水」や「秋月」を接木して調整しているのだそうです。これをしなければ、専門業者から梨の花粉を購入し、一つ一つ受粉作業をしていかないといけないのだそうです。「本藤果樹園」さんのまさに匠の技!とても面白く興味のあるお話でした。

a0254656_15294418.jpg 「今日はもう1つ大事な作業ばしよったとたい!」天に向かって真っ直ぐ伸びている枝を45℃に傾ける作業のことでした。「幸水」と「秋月」はその作業をしないと来年の花芽が出ないとのことです。45℃のマジックですね!

a0254656_1531294.jpg来年も同じように美味しい梨を実らせるため、すでにその準備は始まっていました。
1本1本腰に用意した紐を使って、45℃になるように結び付けています。とても根気のいる地道な作業です。
来年の花芽を芽吹かせるための匠の技がここにありました。
a0254656_15385324.jpg
このような手間ひまと、匠の技、本藤さんのたっぷりの愛情で育てられた熊本梨を、「本藤果樹園」さんのこだわりで、食べごろの樹上完熟を待って「FLCパートナーズストア」で予約販売させていただいています。
本来は直売所で全て完売してしまう大人気の熊本梨です。特別に数量限定での販売をお許しいただきました。

「本藤果樹園」さんより、最初に出荷するのは「幸水」です。
●初物:限定5箱(7月31日出荷予定)
●最旬:限定10箱(8月10日出荷予定)
本藤さん自らにより厳選に厳選を重ねた“極選”の梨をお届けさせていただきます。

数に限りがございます。
予定数を上回る場合際は予告なしで受注終了とさせていただきます。ご了承下さい。
ご予約は今すぐ下記ホームページよりお待ちしております。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-07-20 15:48 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

熊本梨 本藤果樹園 予約受付開始します

2012年7月19日(木) 晴れ時々土砂降り
大変お待たせいたしました。
こだわり『樹上完熟の熊本梨』の販売(予約受付)をスタートします。
a0254656_1741946.jpg
熊本県菊池市戸豊水(とりうず)の「本藤果樹園」さんの厳選!『樹上完熟熊本梨』です。匠の梨農家「本藤果樹園」の本藤さんに、やっと“GOサイン”をいただくことができました。

a0254656_17135614.jpgいつお邪魔しても果樹園内は常にきれいに整備されています。
「本藤果樹園」さんは、こだわりの匠の農家さんです。樹上完熟で一番美味しく食べていただくことにこだわりぬいています。
弊社では予約制で受注を受け、商品発送後、翌日もしくは翌々日の配達ができる旨、何度も何度も説明し、何とか販売の許可をいただきました。
「朝採りの梨を、即日発送して、遅くとも翌々日までには届くのであれば・・・」というのが条件でした。
販売に関してどうしても譲れない“こだわり”なのです。
樹上完熟にこだわり、「お客様に一番美味い状態で食べていただきたい!」ただそれだけを願い自信を持っておススメしています。

こだわりの樹上完熟熊本梨
第1弾!『幸水(こうすい)』
●初物:限定5箱(7月31日出荷予定)
●最旬:限定10箱(8月10日出荷予定)


a0254656_1711859.jpgまず最初に完熟及び出荷を迎えるのは、「幸水(こうすい)」です。
とてもみずみずしく、食感を十分に楽しめる梨です。
1玉350g前後で、酸味は少なく、甘味があり、多くの方に好まれる、最もポピュラーな梨です。しっかり樹上で熟したものはまた格別の甘さになりますよ。

a0254656_17305323.jpg「FLCパートナーズストア」では、出荷に際し、「初物」と「最旬」とに分けてこの度出荷をさせていただきます。
「初物」とは、名のとおり平成24年度こだわりの『樹上完熟熊本梨「幸水」』のまさに初出荷の商品です。
「本藤果樹園」さんに無理を言って、7月31日の発送を予定しております。
ただし、あくまでも予定です。
「本藤果樹園」さんの匠の判断で、美味しくご賞味いただくために発送日を変更する場合がございます旨、なにとぞご了承下さい。
限定5箱の貴重な商品となっております。早い者勝ちです。ご予約はお早めにお願いいたします。

「最旬」とは、「本藤果樹園」さんのご判断のもと、もっとも旬のタイミングで出荷する商品です。
こちらもかなり無理を言って、限定10箱のみの予約販売とさせていただきます。
「この時期なら、さらに美味いと思える梨を出せると思うよ!さらに自信があるねぇ~!」とキラキラと輝く目でお話いただきました。


a0254656_17522836.jpg4月の中旬、まだ梨の木に白い花が残っている頃からずっと追いかけ続け、この度販売が決定したこだわりの『樹上完熟熊本梨』です。

a0254656_17542679.jpg「そう言えば、まだ摘果作業ばしよる頃だったろ?いきなり飛び込みで来て・・・。それからあきらめずによく今日まで通い続けてくれたねぇ~。笠君のその想いと、うちの誇りに掛けても最高の梨を出すようにするね!」
摘果作業をしていたことを思い出しながら、本藤猪一郎さんがお話いただきました。

今回も私が自信を持ってお勧めする商品です。

樹上完熟のこだわり・・・
その中でも厳選商品のこだわり・・・

こだわりゆえの数量限定商品となっております。
ご購入(ご予約)は今すぐ下記ホームページよりよろしくお願いいたします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-07-19 18:17 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

菊池水源棚田米 ここにも水害の爪あとが・・・

2012年7月18日(水) 晴れ
熊本県菊池市水源で、水にこだわり『菊池水源棚田米』を生産している、後藤さんの棚田を取材してきました。
a0254656_15421089.jpg
水の源、菊池水源の地に広がる棚田の田園地帯です。
中央の建物(堆肥センター)の左側に後藤さんの棚田があります。
ここから見る景色には、水害の被害はなさそうでほっとしていました。

a0254656_15455123.jpg天気は良かったのですが、台風の影響か、とても風が強かったです。強い風に負けない元気な稲たちが成長していました。
田植えから取材させていただいているので、ずいぶんと大きくなったことがうれしかったです。

a0254656_15491525.jpg後藤さんが育てる5枚の棚田のうち、4枚を移したものです。奥に見える阿蘇五岳の1つ「鞍岳」が雄大な姿を見せてくれています。
下から3枚目の棚田は、苗床に使用していたので、田植えが遅く成長も若干遅いように見受けられましたが、どの棚田も順調に生育している様子でした。

a0254656_15514479.jpgふっつと右に目をやると、驚きの光景が・・・。
棚田に土砂が流れ込んでいました。

a0254656_15532496.jpg高台にある「堆肥センター」脇の斜面が崩れ落ちています。
先日の大雨で崩落した様子です。

a0254656_1558554.jpg崩落現場の上(堆肥センター内)から撮った写真です。
道路はすでに土砂を取り除ききれいにしてありましたが、心配で後藤さんにすぐに連絡をしました。


「そぎゃんたい!参ったね・・・。道路はすぐに片付けてくれたとばってん、田んぼの中は重機ば入れると、他の苗もふんぴしゃぐけん、あそこはあきらめてそのままにしとるとたい!」とのこと。
熊本弁わかります?要約すると、「参った。道路は片付けてくれたけど、田んぼは重機で他の苗を踏む恐れがあるので、被害拡大をさけそのままにしている」と言うことです。

後藤さんは続けてお話いただきました。
「被害はあんだけで済んだけん、まぁ、よかとばってん、あそこに埋まった稲たちが、せっかく元気に育ちよったとにかわいそうでね・・・。」
私は後藤さんの言葉にしびれました。精魂こめて育てている稲たちがこのような被害にあいかわいそうとのこと・・・。
後藤さんのこの棚田、この稲たちに対する深い愛を感じました。


a0254656_161031100.jpg今日も、後藤さんの棚田には菊池川の水の源(みずのみなもと)「菊池水源」から来る新鮮で清らかな水が流れ込んでいます。

a0254656_16204739.jpg

この世話のやける棚田でお米つくりにこだわるのは、この清らかな水があるからなのです。
お米の命・・・「水」。
『菊池水源棚田米』は後藤さんのたくさんの愛情を受け元気に成長しています。

「FLCパートナーズストア」では、『菊池水源棚田米』の平成24年度新米の限定予約販売を好評受付中です。
下記ホームページよりチェックしてみてください。

<水害被害のお見舞いと現状報告>
7.12大水害に見舞われて皆様には心よりお見舞い申し上げます。

ここ(㈱旬援隊)も水害に見舞われ、井戸とポンプが流されいまだに水道が出ない生活を余儀なくされています。
通常業務もこなしながら、復旧に向け全力でがんばっています。
お電話やメール、FAX等で全国よりお見舞いのお言葉、励ましのお言葉頂戴しましたこと、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

本日も、熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』、高級メロン『肥後グリーン』の出荷をさせていただきました。
明日、もしくは明後日には全国のお客様にお届けできると思います。
水道から水の出ない不自由なくらしとではございますが、ある意味、逆境を楽しみながら前向きに取り組んでおります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-07-18 16:31 | 菊池水源棚田米 | Trackback | Comments(0)

熊本ぶどう 社方園 その3

2012年7月17日(火) 晴れ
本日も、熊本県山鹿市久原にある、匠のぶどう栽培農家「社方園(しゃかたえん)」さんをご紹介します。
匠の農家さんが作る、“本物”と呼べる最高のぶどうです。
a0254656_19010100.jpg
見てください!
この宝石のようなぶどうたちを・・・。
黒ぶどうの「ブラックオリンピア」と「ピオーネ」
赤ぶどうの「蔵王おとめ」
白ぶどうの「ハニービーナス」
いずれも甲乙つけがたいぶどう達です。

a0254656_193551.jpg毎年7月7日にオープンする、もぎたてぶどうの直売所「社方園」さんです。
念のため、再度お伝えしておきますね!7月7日にこれだけのぶどうが収穫でき、しかも最高の味なんですよ!夏が始まるこの時期にぶどうが食べられるんですよ!

a0254656_1962852.jpgログハウス調のお店は、とってもおしゃれです!さまざまなところにこだわりがあり、入り口の手作りの看板をはじめ、木のぬくもりと人の温かさに満ちていて、とても癒される空間です。
手書きのウェルカムボードが迎えてくれて、入り口は半自動ドアになっていて、このぶどうのオブジェの重みでが自動的にドアを閉めてくれる仕組みになっています。お店に入った瞬間になんだかワクワクします。

もったいぶるわけではないのですが、ぶどうのお味・・・
とりあえず今日は置いときましょう!
この時期にぶどうが収穫できることについて、お話させてください。


a0254656_19212148.jpg「社方園」さんのブドウ畑は、震岳(ゆるぎだけ)を望む壮大なロケーションの中にあります。
約1丁5反のブドウ畑では20種類以上ものぶどうを育てています。

a0254656_19235543.jpg毎年1月の20日頃にハウスをはり、この時期に収穫できるぶどうを育てています。
そのどれもが、このように見事に整備され管理さています。
匠が育てるぶどう園といった堂々たる雰囲気です。

a0254656_19265466.jpg3月の初旬、ハウスの中にさらにハウスを整備して、ハウスを2重にするのです。そして、この頃からボイラーを炊き、徹底した温度管理のもと7月7日の収穫に向け大事に大事に育てていきます。
その頃は水の管理も大変です。ハウス内にはスプリンクラーが設置されていて、1週間に1回程度散水するのですが、その判断は匠ならではの長年のカンと、毎日ぶどうと会話をしている社方さんだからこそなしえる技です。

a0254656_1935592.jpg先日おじゃました時に、私に今の成長の過程を見せていただいた時の写真です。
大事に大事に袋をはずしてみせていただいたのですが、見てくださいこの優しい眼差しを!!!
本当に熱い想いでぶどうを育て、大切な我が子を扱うような手つきです。
同じようなカットの写真を何枚か撮らせていただきましたが、どれもこの優しい眼差しは同じでした!
「7月7日のオープンに最高のぶどうを収穫できること!それをお客様が美味しい!!!といってくれること!何よりの喜びだよね。」
「燃料代や手間ひまを考えるとなかなか採算に合わないけど、やっぱりお客様の喜ぶ顔が見たいたい!今年も良いぶどうができた。来年ももっといいぶどうを作りたい!そうやって頑張ってるとたい!」
“本物”を育てる匠の農家さんならではの言葉が心にしみました。

「FLCパートナーズストア」では、「社方園」さんの“本物”と呼べる最高のぶどうを販売に向け全力準備中です。
弊社で販売しなくとも、「社方園」さんのぶどうは全て完売していきます。
私が惚れ込み、どうしても!とお願いをして、この度数量限定で販売させていただくことになりました。
ホームページには近日アップ予定です。
「社方園」さんのぶどうを匠の判断のもと“最旬”でお届けする準備を進めています。
全国のお客様に“本物”をお届けできる日が楽しみです。
ぜひ、ご賞味いただきたく思います。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-07-17 19:56 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)