ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

砂田米 れんげ米の田んぼは今・・・

FLC日記 2012年3月21日(水) 晴れ
透き通った空のとてもさわやかな朝です。
久しぶりの日本晴れって感じで、ここ(㈱旬援隊)にある、“スイセン”のつぼみも今日一気に開花しそうです。

昨日はお隣の茶畑の剪定のお話をブログでご紹介しましたが、その前に、2件の農家さんを訪ねました。
今日は、そのうちの1件、熊本県菊池市七城町砂田の『れんげ米農家』野中さんの田んぼのお話です。
a0254656_10152241.jpg

熊本県菊池市七城町砂田地区
砂田=菊池川と迫間(はざま)川の間の地区で、砂の混ざったこの田んぼの七城町の砂田米は日本一の実績があります。
そこで、れんげを肥料として使ったれんげ米を栽培されています。
12月にれんげの種をまき、花が咲きミツバチがれんげの蜜を集めるとその後は肥料として田んぼに巻き込みます。
その肥料と独特のこの地区の田んぼが日本一のお米を育てるのです。

a0254656_10192037.jpgれんげが順調に育っていました。
でも、撒いた種の約7割しか発芽しません。この効率の悪さがレンゲ米を育てる上での一番の問題点です。
それでもレンゲを撒く理由はただ1つ!美味い米を作るため!!
野中さんは以前このようにお話いただきました。
「自分が食べて『美味かぁ!』と思える、しかも安全なお米を育てたい!だから俺はレンゲにこだわっているんだよ。」

a0254656_103213100.jpg田んぼのあぜ道にはさまざまな花が咲いていました。
“菜の花”はもちろんのこと、この写真の花は“ムラサキケマン”と言う花です。
茎の上部に10~20個位ラッパの様な紫色の花を付けます。

a0254656_10371226.jpgとても鮮やかな黄色のこんな花も咲いていました。
名前はわかりません(すみません)。
水色の小さな花は“いぬふぐり”です。とてもかわいらしい花で、ここ(㈱旬援隊)の庭にも咲いていました。

a0254656_10461281.jpg“菜の花”は本当にたくさん咲いていましたが、この1本だけがぽつんと咲いていて、うしろの白い“なずな”の花とのコントラストが良い感じだったので、この写真をアップします。

今はまだまだ田んぼの土つくりのためのレンゲの成長を待つ時期です。
以前はデパートにも卸していたそうですが、現在はそのほとんどが自家消費もしくは親戚や知人用と言うことで、野中さんのレンゲ米はほとんど一般流通していません。
大切に手間ひまかけて育てた七城町砂田の『レンゲ米』を、このたび特別に「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
出荷できるのは収穫後の10月と言うことになりますが、現在予約受付中です。もちろん数に限りがあるので、限定数になり次第締め切らせていただきます。
詳しくはブログの右にある「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、弊社ホームページをご覧ください。

今後も、レンゲの成長や田んぼの様子などはブログでご紹介していきます。

           FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-03-21 11:00 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

FLC日記 お茶の選定

2012年3月20日(火) くもり
先日ご紹介しました赤星さんの茶畑の選定作業を取材しました。
気温は12℃くらいあるものの、冷たい風の吹く肌寒い今日の出来事です。
a0254656_1525043.jpg
お茶の選定の機械に乗りそれはそれは見事な操作で、手際よく選定作業をされていました。
秋口に一度選定をして、今回の選定で1番茶を摘むまでの最後の選定作業とのことでした。

a0254656_1565457.jpg選定作業が進んでいるところを境に、右側の作業が終わっているお茶と、左側のこれから選定をするお茶の違いがお解かりいただけますでしょうか?

a0254656_1511311.jpg72と言う数字が示すように、全てを同じ高さに設定して選定していきます。機械のキャタピラ部分が通るとこが仮にデコボコになっていても、次回お茶摘みする時にも同じようにデコボコするので、伸びたぶんをきちんとつめるのだそうです。

a0254656_1538425.jpgこの機械、600万円ほどするのだそうです!!!牽引しているトラクターは別で!!!
この機械があることで、選定から茶摘まで全てできるとのことですが、やはり農業機械は本当に高い!とあらためて驚きました。

a0254656_1523368.jpg見てくださいこの見事な?虫食いっぷり!!これこそが無農薬の証ですね。
ただ、無農薬で育てると言うことは手もかかるし、収穫量も少ないのでかなり厳しいとのことでした。
肥料は有機肥料をきちんと検査基準を通したものだけを与え、大事に大事に育てられます。

今回の選定で、1番茶を摘むまでは最後の選定です。
約10cmほど伸びた新しい葉っぱを1番茶として5月に摘むとのことです。
ここはやはり寒いので、『夏も近づく88夜・・・♪』にはなかなか摘めないとのことでした。
また、無農薬栽培では、2番茶の収穫もなかなかできないとのこと、1番茶の収穫の1発勝負にこれからの全精力を費やしていきます。
お茶を育てるということはかなりの手間とお金と時間がかかるのだとあらためて知りました。
その苦労をかみしめながら、先日いただいたお茶を今日も美味しくいただきます。
取材にご協力いただきまして、本当にありがとうございました。

           FLCパートナーズストア 笠 泰紀

さまざまな食材の情報もごらんいただけるサイトです。
もちろん無料なので、ぜひクリックしてみてください。
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-03-20 15:46 | 菊池水源茶 | Trackback | Comments(0)

FLC日記 カメラ発明記念日

2012年3月19日(月) くもり
3月19日今日が何の日だかご存知ですか?
今朝車の中で、今日がカメラ発明記念日だと言うことを知りました。
1839年のこの日、フランスのルイ・マンデ・ダゲールが写真機を発明したとのこと。
この写真機は「ダゲレオタイプ」と呼ばれ、長時間露光させるため写真機の前で長い間じっとしていなければなりませんでしたが、大変な人気を集めたのだそうです。

実は私、先日カメラを購入しました。
a0254656_10223629.jpg
カメラに詳しい友人に選んでもらって、コンパクトで使いやすい初心者向けのカメラです。
このブログやHP用の取材に使っていこうとがんばって購入しちゃいました。
ただ、本当にカメラにど素人だった私は、SDカードを入れないと使えないことさえわかっていなくて、カメラだけを購入しその後あわててSDカードを買いに行った次第です(笑)。

a0254656_102685.jpg大学時代の友人とフェイスブックで最近連絡を取るようになり、その友人がカメラマンをしていて、簡単なアドバイスもくれたので、『習うより慣れろ!』を基本に撮りまくろうと思います。アドバイスと言っても「理論よりも気持ち!何を撮りたいのかっていう気持ちが大事やと思うよ。」って言う超シンプルな、でも奥の深い言葉ですが・・・。

a0254656_10373173.jpgSDを購入して実家によったので、その時に撮った記念すべき1枚目の写真です。
愛犬の柴犬“なな”ちゃんです。いつもと様子の違う私に、少々変な顔をしていますがむちゃくちゃ人なつっこくかわいいやつです。
本当にしょうもない写真ですが、記念すべき1枚目なのでアップさせていただきました(すみません)。

たまたま今日が“カメラ発明記念日”と言うことでこんなブログになっちゃいました。
ちなみに、“カメラの日”と言うのは11月30日だとのことです。
1977(昭和52)年のこの日、小西六写真工業(後のコニカ)が世界初の自動焦点(オートフォーカス)カメラ「コニカC35AF」を発売したとのこと。
「ジャスピンコニカ」という愛称で呼ばれ、誰でもピンぼけせずに撮れるということで、それまでカメラに縁のなかった女性や中高年層の市場を開拓した日をカメラ記念日と制定されています。

明日以降もまた、たくさんの農家さんにも取材に行くので、必ず同行させ体の一部にしていこうと思います。
もちろん、菊池のこと、熊本のこと、私が見たもの・感じたこと、これからもどんどん紹介していきます。
カメラ・・・、本当に面白いです。

そのほかの菊池の情報が見れるブログです。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

# by flcps | 2012-03-19 10:51 | FLC | Trackback | Comments(0)

FLC日記 あらためて山奥なんですね

2012年3月18日(日) 雨
今朝もすごい雨です。
土砂降りが昨夜から続いています。
明け方は雷もなり、春の嵐ってとこですね。

昨日、雨の切れ間を待って写真を撮りました。
すごい霧でしたが、写真にするとあらためて「ここは本当に山奥だなぁ・・・」と思います。
a0254656_894015.jpg
ここ(㈱旬援隊)を右に出たとこの写真です。
道の左側は川です。右には昨日ご紹介した赤星さんの茶畑があります。
ここを登っていっても舗装道路が無くなり、そのまま進んでも行き止まりで、もちろん誰も住んでません。
このあたりの山林を管理している近所の川口さんの軽トラックか、山林伐採の山のプロの方々の車が登っていくことはありますが、めったに車も通りません。

a0254656_815788.jpgここを左に出たとこの写真です。すごい霧で見えませんがガードレールがありそこには、バーベキューができる『東屋(あずまや)』と呼んでいる場所や、養殖池があります。

a0254656_8203795.jpgガードレールから登ってきた右側、ここの敷地の境の路地です。路地の左側がここの敷地になり約1500坪ほどあります。こうやってみると本当に山奥だとあらためて思いますね。

a0254656_825056.jpg敷地内を散策していたら、やっと梅の花が咲き初めていることに気がつきました。
くもの巣も見えるように写してみましたけど、いらなかったですかね(笑)。
本当にやっと咲き始めました!ようやくここにも春が来ている感じです。

今日の午前中で雨はあがるとの予報ですが、山の天気はわかりません。
自然と仲良く付き合いながら暮らしていくしかないのでのんびりいきます。
自然に囲まれたここの周りは、時間がゆっくり流れている感じがしますが、今の私にとっては1日が短すぎます。土日も無くフル稼働中です!
多くの農家さんたちと会い、さまざまな努力と苦労、匠の技を見てきました。本当に良い物をたくさん作られています。
その思いの詰まった作物をしっかりとご紹介できるよう今日もがんばります!

           FLCパートナーズストア 笠 泰紀

いろいろな田舎暮らしをご紹介したブログ!ぜひクリックしてみてください。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

# by flcps | 2012-03-18 08:45 | FLC | Trackback | Comments(0)

FLC日記 赤星さんちのお茶

2012年3月17日(土) 雨
先日近所の赤星さんが「お願いがある!」と言って訪ねてこられました。
赤星さんはお茶農家さんです。
本当に美味しいお茶を作っていてとても有名です。
赤星さんが育てたお茶は、専属の販売店がまさに首を長くして待っています。「よろしければ、全てを私どもに・・・!」って感じなんです。
a0254656_1095034.jpg
この写真は、ここ(㈱旬援隊)のすぐ隣の赤星さんの茶畑です。
右奥にはここの建物が写ってますし、左側はここの畑と鶏小屋です。
黄色いのは、ここの畑と鶏用の水のタンクです。川の水を引いてきています。

赤星さんのお願いと言うのは、「この茶畑を『無農薬・無化学肥料』で育てているので、それに協力してほしい!」とのことでした。
専属の販売店さんが厳しい基準を設けていて、もちろん毎年農薬や化学肥料の検査をして出荷されます。それに合う方法で育てていて、すぐ隣の私の畑でも協力してほしいとのことです。
うちの畑はあくまで自家用で、農薬や化学肥料は使っていません。
それに、もし、もしもですよ、仮に使ったとしても、畑と茶畑の間も規定で定められている距離がありますので、問題無いのですが、それに協力していると言う書面を書いてほしいとのことでした。
以前ここに住んでいたおじとおばもそれに協力して、書面を残していました。もちろん私も快く引き受けました。

a0254656_1031383.jpg見てください。葉っぱに虫が大きな穴を空けてますよね。農薬を使わないのでこれが当然なんです。お茶は摘み取られた後、製品に加工され出荷されるので問題ないです。

a0254656_1192845.jpgお礼にとお茶をいただきました。ただこれは先ほど紹介したここの隣の茶畑のお茶ではありません。赤星さんはたくさんの茶畑を持っていて、無農薬での栽培とは別の、もちろん規制内の農薬を使った通常の茶畑もあり、その通常栽培のお茶です。でも本当に本当に美味しくて良いお茶です。

『無農薬=良いもの』みたいな思い、誰しも持っていると思います。
でも、全てを無農薬で作ることは難しいです。
赤星さんのお茶も、完全無農薬で育てたお茶と、規制範囲内の農薬を使って育てお茶・・・。どちらがいいもので、どちらが悪いなんて言えません。
必要な農薬を散布することで、害虫や病気にならない元気で美味しい食物を育てることができます。
日本はとても農薬の規制が厳しく、安全性が保障されていると言っても過言じゃないと思います。
私たち人間がインフルエンザの予防接種をするように、農作物も害虫や病気の害になる前に、最低限の農薬散布をすることも必要だと思います。
生産者がきちんと区別をして育て、消費者がきちんと理解して購入することが大切ですよね。
私は、無農薬栽培も、必要な農薬を使って育てた食材もいずれもきちんと消費者にお伝えして販売していこうと思います。

今回いただいたお茶は、ちょっとぬるめのお湯でじっくり入れて美味しくいただこうと思います。
もちろん、必要最低限の農薬を使っていることを理解したうえで・・・。

           FLCパートナーズストア 笠 泰紀

食材についてさまざまなブログのサイトです。
興味のある方はぜひクリックしてみてください。
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-03-17 12:26 | 菊池水源茶 | Trackback | Comments(0)