人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!

FLC日記 2022年11月21日(月) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和4年度)も、3人のこだわりの匠が育て上た『熊本のお米(新米)』を大好評販売中です!!

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_16504450.jpg

いずれも、ここでしか買うことのできない貴重なお米で、白米、玄米を10kgから販売しています。

<商品ラインナップ>
●菊池水源棚田米
●砂田のれんげ米
●七城米 長尾さんのこだわりのお米


今すぐ購入したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』



令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17060413.jpg本日のブログでは、弊社の契約農家さんの3名の匠のこだわりのお米、第1弾『菊池水源棚田米』を紹介します。
『菊池水源棚田米』は、熊本県菊池市の水の源(みなもと)菊池水源地区にある棚田で育てらえた、大変貴重なお米です。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17001491.jpgここは、熊本県菊池市原(はる)にある、後藤武臣さんの『菊池水源棚田米』を生産する棚田(田んぼ)です。
こちらは、9月下旬の収穫(稲刈り)前に撮影したものです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17010583.jpg後藤さんの棚田越しに、「鞍岳(くらたけ)」の雄大な姿を望むことができます。
「鞍岳」は、標高1118.6mで、熊本平野の東にある、阿蘇北外輪山の一角を占める山です。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17030695.jpgこの棚田には、水の源(みなもと)菊池水源から、最初に流れ出す水が送られてきています。
この用水路は通称「原井手(はるいで)」と呼ばれるもので、作られたのは、なんと江戸時代、将軍徳川綱吉のころです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17042736.jpg水の便が悪かったこの地域一帯を救うべく、河原杢左衛門(かわはらもくざえもん)が、菊池川の上流から水を引く井出を計画し、4年余りの歳月をかけ、総延長11kmにもなる「原井出」を作り、現在はコンクリートで整備され使用しています。
後藤さんの田んぼへは、棚田の中央を走る道路沿いの用水路を通り流れ込みます。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17045467.jpg絶えることのない、菊池川源流からの水は、とにかく透き通っています。
清らかな新鮮な水で、こうして手を浸すと、源流らしくとてもヒンヤリとしていて、もちろんこのまま飲むことさえできます。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17062249.jpgこの水は、熊本県を横断し、有明海へと流れる、1級河川「菊池川」の源流、菊池水源から流れ込んできたものです。
後藤さんは、この水に惚れ込み、手のかかる棚田でお米を育てています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17134644.jpg今年の7月下旬の棚田の様子です。
全体を見下ろせる高台から撮影しました。
中央を走る曲がりくねった道沿いに、原井出からの用水路が整備されていて、それぞれの棚田へと新鮮な水が流れ込んでいます。
後藤さんの田んぼは、中央の堆肥センターの左側、最も南の斜面にあります。
ここには、四角い田んぼがありません。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17131265.jpg全てこのような“棚田”と呼ばれている、曲がりくねった田んぼです。
棚田での米作りは、通常の四角い田んぼに比べ、5倍とも10倍とも手がかかると言われています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17151345.jpg例えばこちら!
5月上旬の田植え前の様子です。
中央で草刈りをしているのは生産者の後藤武臣さんです。
田んぼと田んぼの間は、もはや畔(あぜ)とは呼べない、土手で区切られていて、その草刈りだけでもかなりの重労働です。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17162582.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17201267.jpgもちろん、後藤さんの『菊池水源棚田米』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
苗床や田植え(写真)、稲の生長、花咲く様子や色づき首を垂れる様、稲刈り、稲刈り後の冬の土つくり、草刈りなどその全てです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17173432.jpg今年の田植えの様子です。
今年、私が取材に行った日は、午前中後藤武臣さんが田植えをして、午後からは長男さんが田植えをしました。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17211266.jpg生産者の後藤武臣さんが口癖のように話すことを紹介します。
「米作りの命は“水”たいね。この田んぼに来よる水は、名水百選にも選ばれた菊池川の源流の水たいね!俺はこの水に惚れ込んどるとたい!この良か~ぁ水のあるけん、どぎゃん手のかかろうが、俺はこの棚田で米ば育てよるとたい!」

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17230429.jpg後藤さんは、その水に負けない土つくりもしています。
写真は9月中旬の稲穂が頭を垂れ始めたころの様子。
後藤さんの棚田のすぐとなりにある写真の奥に見える建物は、後藤さんが発起人の一人となって作った「堆肥センター」です。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17260193.jpg『菊池水源棚田米』は、有機肥料をふんだんに与えた元気な土と、後藤さんがこだわりぬいている菊池水源の清らかで新鮮な水、そして後藤さんのたっぷりの愛情の惜しまぬ手間ひまで育てられています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17495183.jpgさらに、後藤さんは、こだわりの水に負けない土作りをしようと、冬の間に“れんげ”の種を蒔きました。
これは4月下旬の後藤さんの田んぼにれんげが咲き誇る様子です。
このれんげは、「緑肥」と言って、花が咲き終わる5月の中旬以降に、その花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込んで有機肥料とするのです。
清らかな水と、れんげと堆肥の有機肥料で、元気な土を作り続けてきたのです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17273258.jpg後藤さんが惚れ込んだ清らかで新鮮な菊池水源の水と、後藤さんが作り上げた元気な土、そして後藤さんの惜しまぬ手間ひまと愛情で育ったお米は、今年も丸々と膨らみ大きく頭を垂れています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17290191.jpg「今年も良か米のでけたばい!日本一ともいえるこの菊池水源の水に負けんごつ、しっかり手ばかけて育ててきたけんね。俺の自慢の米たい!」
写真は以前取材した稲刈りの際に撮影したものです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_17304969.jpg今年も後藤さんは、こだわりぬく菊池水源の清らかで新鮮な水と、れんげと堆肥の有機肥料、そして惜しまぬ手間ひまで、この黄金色に輝くの菊池水源の棚田でのお米をを作り上げました。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その1:水にこだわる匠の菊池水源棚田米の紹介!_a0254656_18040361.jpg「FLCパートナーズストア」では、令和4年度も後藤さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売しています。
一般流通の無い後藤さんの『菊池水源棚田のれんげ米』は大変貴重なお米で、数量限定での販売です。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『熊本のお米』のページへとお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-11-21 17:32 | 菊池水源棚田米 | Trackback | Comments(0)

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!

FLC日記 2022年11月20日(日) 晴れのちくもり
「秋晴れの続いて、たいぎゃ甘もうなっとるばい。今の『太秋柿』が一番甘かとじゃなかろうかね!」
『太秋柿プレミアム』生産農家の「古川果樹園」の古川孝人さんが、笑顔でお話しいただきました。
「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』は「FLCパートナーズストア」のネットショップにて、大好評販売中です!!

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_16340926.jpg


『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_16350454.jpg『太秋柿』は、そのシャキシャキっとした食感と、デザートのような甘さが大人気で、“秋の果実の王様”と称されています。
現在は4商品をすべてそろえて販売中です。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_16390966.jpg「FLCパートナーズストア」では、『太秋柿』の匠「古川果樹園」さんが育て上げた『太秋柿』から、さらに選びに選び抜いた、“極選の”『太秋柿プレミアム』をネット独占販売しています。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_16415379.jpg匠の判断で最も美味しくなった『太秋柿』を朝採り即日発送でお届けするため、数量限定の完全予約制販売です。
間違いなく今年も完売が予想される大人気商品です!
ご注文(ご予約)はお急ぎください!

今すぐ注文(予約)したい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『太秋柿プレミアム』



『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_16463143.jpg生産地と生産者を紹介しましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培場の1つです。
惜しまぬ手間ひまと匠の技で育て上げられた『太秋柿』が収穫のころを迎えています。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_16491282.jpg最高級の糖度を誇る『太秋柿プレミアム』を生産するのが、「古川果樹園」さんの古川孝人さんとアツ子さんの仲良しご夫婦です。
“本物”と呼べる『太秋柿』を育て上げる、太秋柿の“匠”です。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_16521242.jpg取材に伺ったこの日も、秋晴れの中『太秋柿』の収穫が行われていました。
「古川果樹園」さんでは、匠の判断でベストなタイミングの『太秋柿』を受注分のみ早朝から収穫をし即日出荷しています。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_16541272.jpg切り取った枝で他の『太秋柿』をキズつけないように収穫は2度切りで行います。
『太秋柿』は、熊本県が生産量日本一で、全体の約半分を占めています。
その熊本県山鹿市で「古川果樹園」さんは、もう25年以上『太秋柿』を育てている、まさに『太秋柿』の“匠”です。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_18101360.jpgこちらはまた別の日の収穫作業の様子です。
のどかな山里に、「古川果樹園」さんの柿園はあります。
山々の紅葉と共に、『太秋柿』の葉も色づき始めました。
でも、この写真で「このネットは何?」「なぜたくさんのひもが下がっているの?」とお思いになりませんでしたか?

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_17224624.jpgこれぞ、「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園で、「古川栽培法」と言われる、匠の技なのです。
「古川果樹園」さんでは、長年『太秋柿』を育てていく中、試行錯誤を繰り返し、惜しまぬ手間ひまをかけ、最高級の『太秋柿』を育てる方法を生み出したのです。
収量(収穫数)ではなく、美味しさにこだわり、甘くてシャキシャキの美味い『太秋柿』を育てるための栽培方法です。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_1829298.jpg10月中旬、お隣の田んぼは稲刈りが終わり、収穫した稲の天日干しがされていました。
その奥にある、全体をネットで覆ったところが、「古川果樹園」さんの柿園です。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_18305724.jpg柿園全体をネットで覆っているのには、大きな理由が3つあります。
野鳥や野生動物の侵入を防ぎ、台風などの強風から果実を守り、『太秋柿』が実る枝1本1本を全てひもで吊るすためのネットなのです。
なぜそこまで手をかけるのかは、選び抜いた半分以下の『太秋柿』を大切に育て上げるからです。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_17405720.jpg5月上旬の『太秋柿』の花が咲き始めたころの様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_17422595.jpgもちろん「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培の様子も、もう何年も、年間を通して現地取材してきました。
写真者6月上旬の着果のころの様子です。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_18445587.jpg6月下旬、『太秋柿』は、ゴルフボールほどの大きさになっていました。
今年も、元気な花が咲き、たくさんの『太秋柿』が着果し育っていました。
「笠さん!足元ば見てみなっせ!!」
古川さんにそう言われ見てみると・・・

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_18492315.jpgそこには、おびただしい数の、小さくて青い『太秋柿』が落ちています。
「古川果樹園」さんでは、着果した『太秋柿』のなんと6割をも摘果しこうして落としていくのです。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_17261319.jpgその作業は主に、奥様のアツ子さんの担当です。
果樹のバランスを見ながら、美味しく、大きく実るであろう『太秋柿』を見極め、約6割を徹底的に摘果していきます。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_18563895.jpg摘果した『太秋柿』は、全て拾い集め処分します。
それらを1つでも残しておくと、病気や害虫の原因となるからです。
こうした惜しまぬ手間ひまこそが、匠たる所以なのです。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_17274137.jpgそのころ、古川さんは果樹の幹をひもでつる作業をしていました。
「摘果作業ば終えた『太秋柿』の実る細か枝ば、この7月、8月に1本1本すべて吊るしていくとたいね!」
徹底的な摘果作業により、わずか4割だけを残された『太秋柿』を、そうして大切に育て上げていくのです。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_17313762.jpg『太秋柿』が実る全ての枝をこうして丁寧にひもで吊るしていました。
柿園全体をネットで覆っているとはいえ、台風などの強風で、枝が折れる恐れがあるからです。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_1972690.jpg成長の途中で、他の果実や枝葉に『太秋柿』がぶつかって、キズが付かないように、その配置を考えながら見事に吊るしてあります。
途方もない手作業、惜しまぬ手間ひまの繰り返しで、「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、毎年育てられます。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_17373975.jpgそして、今年も一切の妥協を許さない、こだわりの「古川栽培法」で、至高の太秋柿が育て上げられました。
しかし、「古川果樹園」さんのこだわりはこれだけでは終わりません。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_19181459.jpg手塩にかけ育て上げ収穫した『太秋柿』から、さらに選びに選び抜いた“極選”の『太秋柿』を、「FLCパートナーズストア」には、『太秋柿プレミアム』としてご提供いただいています。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_19324452.jpg「笠さんのとこば介して、俺たちが会ったこともない全国のお客様たちが買ってくれて、「美味しかった!」とか、「来年もよろしくお願いします」って声ば聞けるけん、それが何よりの励みたいね!」
古川さんは、今回の取材の最後に、そうお話しいただきました。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_17443880.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売しています。
「古川果樹園」の古川孝人さん、アツ子さんの仲良しご夫婦により、惜しまぬ手間ひまによる「古川栽培法」で、大切に大切に育て上げられた『太秋柿』の中から、さらに選び抜かれた“極選”の『太秋柿プレミアム』です。

『太秋柿』令和4年度もカウントダウン開始!今ならたいぎゃ甘か(とってもあまい)太秋柿をお届けします!_a0254656_16340370.jpg「しっかり手ばかけると、必ず美味しさになって返してくれるとたい。だけん、その分一切妥協はできんたいね。今年もそぎゃんして大切に育ててきたばい。」
こだわりの“匠”のその言葉が、私の頭の中でリフレインしていました。
「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』を購入できるのは、ネットショップ「FLCパートナーズストア」だけです!!
数量限定の完全予約販売です!!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-11-20 17:45 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!

FLC日記 2022年11月19日(土) 雨のち曇り
「『デコポン(肥後ポン)』の果実の肥大は十分だし、もう色づいて来とるけん、年内(12月)下旬には収穫及び出荷ができると思うよ!」
匠の農家さん「小春農園」代表の小原正宏さんがそう話しました。ハウスに入るとデコポンが美しく色づき始めていました!

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_16164534.jpg


デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_16232960.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウス(右)です。
左に見えるのは同じく「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_16244307.jpg「小春農園」さんでは自然豊かなこの地の日のあたる山の斜面を利用した木造の栽培ハウスで、2種類のデコポン(肥後ポン)を栽培しています。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_16485932.jpgまずは、12月下旬~3月下旬まで販売する樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』(写真)です。『ひのゆたか』は、熊本限定栽培品種のデコポンです。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_1652018.jpgそして、4月上旬~6月中旬まで販売する、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』(写真)です。
『不知火』は、収穫後、昔ながらの土壁の“蔵”の中でゆっくりと、じっくりと追熟させ出荷します。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_16315004.jpg通常、デコポンとは『不知火』と言う品種のことを称します。
『不知火』は収穫後すぐは、とても酸味がきついです。
追熟させ、酸味と糖度のベストバランスになるのを待ち出荷します。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_16284888.jpg一方、熊本限定栽培品種の『ひのゆたか』は、樹上で完熟し収穫後すぐに食べられる特別なデコポンです。
もう何年もこうして現地取材をしてきましたが、私にはその見た目で両者の違いを見分けることはできません。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_15364769.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和4年度)も匠の農家さん「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』をネット独占いたします。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_17262534.jpg流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_16384427.jpgさて、今回の取材の様子に話を戻しましょう!
「おはようございます」と声をかけハウスにつかづくと、小原さんが作業をしていました。
「今日はね、ハウスのビニールば張り替えよるとたい。キリの良かところまでするけん先に入って取材して良かばい!」と小原さん。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_16415047.jpgまずは『不知火』の栽培ハウスに入りました。
しっかりと日の光を浴びながら、デコポンたちは元気に成長しています。
熊本の旬の食材を販売している「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_16453967.jpg「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』の栽培の様子も、収穫の時のみならず、もう何年もこうして年間を通して現地取材してきました。
この時期にしっかり色づいているのを見ると、今年も順調だと言うのがはっきりとわかります。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_16473436.jpg「小春農園」さんでは惜しまぬ手間暇をかけ、果皮にキズがない美しいデコポンを育てるため、デコポンの果実をこうして1玉1玉全てひもでつるしながら栽培しています。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_16495710.jpg「毎年見てきた笠さんから見て今年はどぎゃんね?」と小原さん。
「いつものごとく素晴らしいですよ!玉太りもこの時期の色づきもかなりいいんじゃないですか!」と言うと、
「そうだろ!『ひのゆたか』も良かばい。一緒に入ってみようか!」と、この笑顔!

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_16524073.jpgこちらは隣接している隣の『ひのゆたか』の栽培ハウスです。
「この時期にここまで色の来とるけん、年内に出荷の出来るごつしっかり日ば当てにゃんけん今日はハウスのビニールば張り替えよったとたい。」とのこと。
小原さんはとてもやさしい眼差しでデコポンを見ています。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_16550701.jpg「ほら!まだでこのとこは少し緑が残っとるたいね。それに笠さんがいつも収穫の時に見る“デコポン色”にはなっとらんばってん、かなり順調ばい。」と小原さん。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_16575473.jpg「来年、果実をつける新芽も良いようですね!」と言うと、
「ホント笠さんも詳しくなってきたねぇ~。この辺がその新芽たいね!ここに花が来て来年実るとばってん、春先にはもちろんしっかりと剪定を施すけん、これらの良か芽に来年もしっかりと実るとじゃなかろうかね!」

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_17030651.jpg「いつも言うように果樹栽培はその年、1年だけ良くてもいかんとたい。毎年毎年コンスタントに良か果実ば実らせて初めて評価されるけんね!」と小原さん。
その言葉通り、来年実るその枝たちもしっかりと充実していました。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_17051201.jpg昨年の12月21日に撮影した、デコポン『ひのゆたか』の初収穫の際の匠の親子の3ショットです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年デコポンを育ててきた豊富な経験と、卓越した技術、奥さまの美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらには大学で専門的に果樹栽培を学んだ、専務の将輝さんの新たな知識が重なり、“本物”と呼べる農作物を毎年育てています。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_17064527.jpg将輝さんは、熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか』を開発した大学の先生から、直接指導を受けた愛弟子です。
いわば、デコポンのスペシャリストと言ったところです。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_17083548.jpg『ひのゆたか』のハウス取材を終えたころ、将輝さんがちょうどハウスの資材をもってやってきました。
「すみません今日はちょっとバタバタで!」と将輝さん。
「いえいえとんでもないです。今年もかなり順調みたいで楽しみにしてますよ!」と言うと、
「えぇ!期待していいですよ!」と自信の笑顔で応えてくれました。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_17120527.jpg「小春農園」さんの惜しまぬ手間ひまと匠の技、徹底管理によって育て上げられた柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』は、「FLCパートナーズストア」の数ある商品の中で、リピート率ナンバーワンを誇る大人気商品です。
すでに今年の分も、多数のご予約を頂戴しているほどです!

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_17104691.jpg令和4年度の『デコポン(肥後ポン)』は、果実が十分に肥大し、そして色づき始めていました。
12月27日(火)を、今年の弊社の最終発送日としていますので、なんとか年内に数量限定で出荷できると思います。

デコポン(肥後ポン)今年も大きく、美しく育ち順調に色づき始めています!12月中の出荷も可能なようですよ!_a0254656_17134346.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの“柑橘王”ことデコポン(肥後ポン)をネット独占販売いたします。
お電話でのみ先行予約の受付を行っておりますが、ホームページからの受注はもう少々お待ちください。
さらに色づき、収穫を迎えるまでもその後も、今後もしっかりと現地取材してこのブログで紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-11-19 17:19 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)

FLC日記 2022年11月18日(金) くもり時々晴れ
弊社の大人気商品、大津甘藷『からいも(サツマイモ)』は、11月24日(木)より出荷開始です!
『からいも(サツマイモ)』の品種は大人気の「紅はるか」です。
毎回の出荷数限定で、現在、先行予約の受付を行っています!

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_16500019.jpg


熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17173495.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、からいも栽培50年の匠の農家さん「中野農園」さんの、熊本県大津町平川産の大津甘藷『からいも(サツマイモ)』を令和4年度もネット独占販売いたします。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_16405300.jpg昨年も大好評いただき、今期もすでにたくさんのご予約を頂戴しています。
「紅はるか」は、安納芋にも負けない甘さのとろける食感で、スイーツにも最適とされ、多くのメディアでも取り上げられる大人気の品種です。
S、M、Lサイズ(写真)を、5kg入りでの販売です。
用途に応じお選び下さい。
ご注文は下記をクリックして、ホームページへお進みください。

詳細を知りたい方、購入(予約)したい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』』



熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_16424604.jpgこちらは収穫(芋ほり)の様子です。
実は、収穫作業は8月下旬よりより始まっていて、11月上旬まで行われます。
8月に収穫を始めるのに、なぜ出荷は11月24日からなのか?
その理由を本日のブログでは詳しく紹介いたします。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_16463334.jpgまずは生産地と生産者を紹介します。
熊本県菊池郡大津町平川にある「中野農園」さんの『からいも(サツマイモ)』の畑のほんの一部で、植え付け間もない5月下旬の様子です。
畝(うね)を立て、マルチビニールを張り、そこにサツマイモの苗を植え付け栽培します。
このころはまだ、畝もマルチビニールもはっきりわかりますよね!

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_16490091.jpgこちらは7月中旬の様子。
このころには畝もマルチビニールもわからないほど葉が茂って元気に成長しています。
生産者は「中野農園」の中野実さん、中野タツ子さんご夫妻です。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_16523953.jpg5月上旬『からいも(サツマイモ)』の植付作業の際に撮影したツーショットです。
笑顔の絶えない仲良し夫婦の二人三脚で『からいも(サツマイモ)』を50年以上も栽培し続けているまさに匠の農家さんです。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17020912.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
「中野農園」さんの『からいも(サツマイモ)』の栽培の様子も、こうして年間を通して現地取材してきました。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17034972.jpg植え付け作業は専用の農業機材に乗って行います。
手作業で1本1本植えていくのです。
この植えている苗は「中野農園」さん自らが育てあたものです。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17071102.jpg2月に行う種まき作業の様子です。ビニールハウスの苗床で、まずは溝を掘り、前年収穫した『からいも』の一部を親芋としてとっていたものを並べます。その後丁寧に土をかけ、この苗床でその年の苗を育てます。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17111339.jpg種イモから新芽が芽吹き、一定の大きさまで成長すると、こうして摘み取り、その苗を栽培地に植え付けて『からいも(サツマイモ)』を育てます。
先ほど紹介した植え付けた苗は、約4~5ヶ月栽培し収穫を迎えます。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17144796.jpg収穫は植え付けた順番の畑から行います。
まず根と茎とを切り離し(写真参照)、マルチビニールをはいで、その下の土の中の『からいも』たちを掘り上げるのです。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17183508.jpg『からいも』たちを掘り上げる作業は機械が行いますが、土と一緒に上がってきた『からいも』は1つ1つ切り離し、土をつけたままコンテナに入れていきます。
それから、あえて土をつけた状態のまま貯蔵庫へしまい込みます。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17234405.jpgこちらが「中野農園」さんの貯蔵庫です。
土に覆われたような形状で、その中は年間を通してあまり室温が変わりません。
その中で『からいも(サツマイモ)』たちをゆっくりと追熟させるのです。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17211843.jpg貯蔵庫の中の様子です。収穫された『からいも(サツマイモ)』がコンテナに入れられ積み込まれています。
収穫した順番にきちんと管理し、熟成させるのです。
掘り上げてすぐは、まだデンプンが糖へと変わっていません。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17240868.jpg一定期間を過ぎると熟成しあの極上の甘さの『からいも(サツマイモ)』へと変わるんです。
匠が育て上げた『からいも』たちは、こうして掘り上げた土をそのままに貯蔵庫で追熟させています。
その方が傷むことが無いからです。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17254948.jpg出荷前には洗浄機できれいに水洗いし乾かし、大きさや形で選別を行い箱詰めして出荷します。
ですから、軽く水洗いするだけで、すぐに調理できる『からいも』たちの状態で皆様にお届けします。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17272069.jpg8月下旬に収穫した『からいも』たちが、こうやってやっとこの時期から出荷を迎えるのです。
匠の判断で、今年は満を持して11月24日から出荷をスタートすることとしました。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17304946.jpgその頃には、デンプンがしっかりと糖に変わり極上の甘さをお楽しみいただけると思います。
ちなみに表皮にある黒いものは『からいも』特有のヤラピンという成分です。
収穫の際に、つるの切り口からヤラピンが分泌されて、固まったものが皮に付着し黒くなる場合がありますが、食べても問題ありません。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17483671.jpg「FLCパートナーズストア」では「中野農園」さんの熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』を今年もネット独産販売いたします。
『からいも』を極めた、50年栽培し続けた“匠”のからいもを、匠の判断でしっかりと追熟させ、美味しさを詰め込んで出荷します。

熊本産『からいも(サツマイモ)』令和4年度の先行予約受付開始!熟成させ11月12日からの出荷開始(後編)_a0254656_17541519.jpg先行予約の受付をスタートしました。
初出荷は11月24日(木)です。
当面は熟成を待ち計画的に出荷していきますので、2回目の出荷日は12月9日を予定しています。
「中野農園」さんの熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』は用途に応じて、S、M、Lサイズを、5kg入りでの販売です。
長期保存も可能なので、5kg入りで出荷します。
年間を通して現地取材を重ねてきた私が、絶対の自信をもって販売する「中野農園」さんの熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』をぜひご賞味ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-11-18 17:36 | 大津甘藷(からいも/サツマイモ) | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!

FLC日記 2022年11月17日(木) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和4年度)も匠の農家さん「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』を大好評発売中です!

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_18002633.jpg


種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_17013734.jpg秋深まり、現在はこの様に黄金色に色づいた『種なしかぼす』を、朝採り即日発送でお届けしています。
しっかり色づくと、さらに香りが際立つため、こうして色づくのを待ってからご注文を頂くお客様もいるほどの大人気商品です!

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_17024115.jpg弊社で販売しているカボスはご覧の通り『種なしかぼす』です。
色付いても種はありません。
12~16玉入りまたは、多少キズがあるものもあり、サイズも少々ばらつきがありますが、大変お買い得な4kg入りでの販売です。

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_18192247.jpg朝採り、即日発送でお届けするため、完全予約制(火曜日と金曜日の出荷)で、毎回の出荷数を限定しての販売です。
昨年もかなりのハイペースでご注文いただきましたが、今年はさらにそれを上回るハイペースで、出荷予定数(収穫量)になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
ご注文は、お急ぎください!

今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』




種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_17070867.jpgここは「古川果樹園」さんのかぼすの栽培場の一部です。
「FLCパートナーズストア」で販売している『種なしかぼす』は、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、自然豊かでとてものどかな山あいで大切に育てられています。

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_17182733.jpgこちらは本日現地取材し撮影した写真です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_18365217.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の栽培の様子も、もう何年も年間を通し現地取材して、このブログで紹介していきました。
こちらは5月上旬の花咲く頃の写真です。

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_18452148.jpg農薬や化学肥料を一切使用せずに栽培しているので、たくさんの虫たちがさわやかな香りに誘われ集まっていました。
写真はカナブンです。
花に頭を突っ込みみつを求めてるのでしょうね!

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_17295549.jpg今年の収穫の様子も取材しています。
「古川果樹園」の古川孝人さんです。
一定の大きさのものを収穫するのですが、今年は全体的に玉太りが良すぎるんです。
「笠さん!見てみなっせ!今年はこぎゃんふとなっとるとたい。」

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_17325042.jpg「今年は柑橘類が全体的にいかんもんな。うちのかぼすだけじゃなくて、みかんも柚子も収量はかなり減るらしかばい。どうも昨年の花芽ば作る時期に極端に雨の少なかったとが原因だろうなぁ~。だけん、花の少なかと当然、着果数も少なくなって、その分1玉1玉はこぎゃんしてふとなる(大きくなる)とたいね。」と古川さん。

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_17453306.jpg奥様の古川アツ子さんです。
「大きいのがいいって方もあるけど、大きすぎるのもねぇ~」と話しながら収穫を行っていました。
「古川果樹園」さんは、仲良し夫婦の二人三脚で、様々な“本物”と呼べる農作物を育てる匠の農家さんです。

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_19023128.jpgかぼすは、スダチや柚子と並ぶ、香酸柑橘類です。
スダチほど酸味がきつくなく、柚子ほどに独特な香りはなく、お鍋のみならず、魚料理や肉料理にも合う万能の調味料です。

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_17194137.jpg一般的なカボスには、たくさんの種が入っています。
一般的なカボスと、弊社の『種なしかぼす』を比較してみました。
やはり、様々なお料理にかけ食したり、お酒に入れて飲んだりする際に厄介なのがこの種です。
でも、弊社で販売する「古川果樹園」さんのかぼすは、『種なしかぼす』で、ご覧の通り種がありません。
ですからその分果汁はたくさん入っています。

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_17241342.jpgただし、ミツバチなどによる他の柑橘類(庭先のみかんや柚子など)との自然交配(受粉)で、一般的なかぼすに比べると少ないのですが、小さい種がある場合もございますので、予めご了承ください。(写真参照)

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_17264966.jpg「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』は、県内外の有名料亭やレストランからもご注文を頂戴している大人気商品です。
“種なし”と言う、使い勝手の良さと、さらには、完全無農薬、無化学肥料で栽培された安全性が高く評価されています。

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_17290417.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの、無農薬で育てた山あいの『熊本産高級種なしかぼす』をネット独占販売しています。
定数になり次第、予告なしで完売とさせて頂く旨、あらかじめご了承ください。

種なしかぼす数量限定にて販売中!秋深まりかぼすも色付き香り際立つ“ゴールド”種なしかぼすを出荷中です!_a0254656_17311931.jpgこの時期以降は、この様に色づいたかぼすですが、1ヶ月くらいは常温で保管していても、果皮は若干しぼんできますが、その果汁は全く変わりませんので、売切れる前に、まとめ買いをおススメします。
お買い求めは、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください!
早い者勝ちですよ!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-11-17 17:56 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)