人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

山あいの南高梅(青梅・完熟梅)令和元年の予約受付を明日(5/17)スタート!数量限定!早い者勝ちです!

FLC日記 2019年5月16日(木) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も「小春農園」さんの『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』を、ネット独占販売いたします!
自然派栽培で育てた、熊本産『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』は、今年も完売間違いなしの大人気商品です。
明日(5月17日(金))、12時より、ホームページでの先行予約受付をスタートします。
a0254656_17044538.jpg


a0254656_17062045.jpg今シーズンも『山あいの南高梅(青梅)』は、6月上旬の出荷予定です。
ベストなタイミングでの収穫にこだわる「小春農園」さんの匠の判断で、朝採り即日出荷のため、発送日はまだ決定していません。

a0254656_17115594.jpg『山あいの南高梅(完熟梅)』(写真)は、青梅の出荷から約2週間ほど遅れての出荷予定です。
その2週間で、完熟する共に、さらに一回り大きさをましていきます。
もちろん、青梅、完熟梅ともに、手選別で選び抜いた“極選”の南高梅のみを朝摘み即日発送でのお届けです。

a0254656_17143087.jpgまた、あまりにも大きすぎるため、「小さめの南高梅がほしい!」と言う、たくさんのお客様のご要望で商品化し、昨年も大好評いただいた中粒(Lサイズ)も販売いたします。
a0254656_17160031.jpg


a0254656_17163095.jpg後ほどこのブログでその理由を説明しますが、毎年完売している大人気商品にもかかわらず、今年は収量が少なく早々に完売が予想されます。
数量限定の完全予約制での販売ゆえ、ご注文は早い者勝ちとなっています!
明日(5月17日(金))、12時より、ホームページでの先行予約受付をスタートします。

注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『山あいの南高梅』




a0254656_17274317.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの梅園です。
「小春農園」さんでは、豊かな森に囲まれた、澄んだ空気と清らかな水の自然豊かな鹿北町の、陽のあたる山の斜面を利用して、自然派農業で「山あいの南高梅(青梅・完熟)」を育てています。

a0254656_17284166.jpg完熟梅収穫の昨年6月中旬ごろの様子です。
ちなみに、中央の建物は、現在大好評販売中の「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスです。

a0254656_17434625.jpgさてこちらは現在の様子です。熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。

a0254656_17450034.jpgもちろん、「小春農園」さんの山あいの『南高梅』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
今年も順調に育っています。
しかし、おそらく収量は昨年に比べかなり減少することが予想されるんです。

a0254656_17495949.jpgこちらは2月上旬の『南高梅』の花咲く様子です。
例年なら、2月下旬から3月上旬に咲くのですが、今年はかなり開花が早まりました。
2月上旬ですでに五分咲きでした。

a0254656_17532694.jpg今年も元気で良い花が咲いたのですが、受粉に必要な虫たちがまだ寒いためあまり飛び廻っていません。
例年通りの3月上旬であるなら、ミツバチたちが花から花へかなり飛び廻っているはずなんです。

a0254656_17575892.jpg4月下旬の様子です。
虫たちの活躍が少なく、着果した数が今年は極端に少ないようで、実っている『南高梅』たちも、このようにまばらなんです。

a0254656_18010781.jpgその分、1粒1粒はしっかりと充実していました。
もちろん、青梅での収穫の6月上旬までには、さらに2回りも3回りも成長し大きくなっていきます。

a0254656_18133546.jpgさて、こちらは夏の剪定作業をする「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「小春農園」さんは、長年の経験に基づく卓越した技術を持つ、代表の小原さんと、大学で専門的な知識を学んだ息子さんで専務の小原将輝さんの2人の匠が中心となり、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_18192242.jpg収穫直前、『南高梅』の成長の度合いをチェックする将輝さんです。
その時、「収穫のタイミングは、南高梅たちが教えてくれる」と話していました。
『南高梅』の果実には、短い産毛のようなものが生えています。

a0254656_18220529.jpgその産毛のようなものは、実るにつれ上の方からなくなってきます。
そして、指さしていただいている『南高梅』の肩口くらいまで、産毛がなくなった頃が青梅の収穫時期です。

a0254656_18250558.jpgですから収穫は、出荷日の朝からその一つ一つを判断しながら手摘みで収穫します。
この日は小原さんの奥様の美子さんと将輝さんとで収穫作業をしていました。

a0254656_18271877.jpg収穫後はさらに惜しまぬ手間ひまをかけ出荷します。
傷の有無や大きさなどを手選別で分けていくのです。
この写真の矢印の『南高梅』は、小さな黒い点があるので、商品から外されます。
この手選別の徹底作業も、「小春農園」さんの『山あいの南高梅』の人気の秘密です。

a0254656_18312196.jpgそうして選び抜かれた“極選”の『南高梅』だけが、「FLCパートナーズストア」の箱に入れられ出荷されるのです。
ちなみにこれは全て青梅で、赤く色づいているのは、直射日光が当たっていた部分で『南高梅』の特徴の一つです。

a0254656_18364083.jpg完熟梅となっても、その赤く色づいたところは変わりません。
それにしても、本当にきれいですよね!
『南高梅』は、その大きさこそ最大の魅力です。
しかし、お客様からこんな声を多数いただきました。

a0254656_18403033.jpg「「小春農園」さんの『山あいの南高梅』は、とってもきれいで毎年楽しみにして買ってますが、できれば少し小さなものがほしいのですが・・・」
その旨を「小春農園」さんに伝え、昨年より小粒の商品をご用意いただきました。

a0254656_18455669.jpgそれがこちら!『山あいの南高梅(完熟梅)中粒(Lサイズ)』です。
ただし、数量限定での販売です。
昨年も、販売とほぼ同時に完売しましたので、ぜひご注文はお急ぎください!

a0254656_18131707.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』をネット独占販売いたします。
自然豊かな大地で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で愛情たっぷりに育てられた『南高梅』たちです。
今年も、完売間違いなしの大人気商品で、まさに“本物”と呼べる逸品ですよ!
ご注文(ご予約)は、お早めに!!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2019-05-16 18:14 | 山あいの南高梅 | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす 花咲く様子(2019) 今年も農薬を使用せず元気に育てます!

FLC日記 2019年5月15日(水) 晴れ
熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』は、熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
今年も、8月中旬からの出荷に向け、元気な花が咲きました!
a0254656_15030328.jpg


a0254656_15045493.jpg写真は4日前の様子です。
まだ、こうしてたくさんのつぼみもありました。
毎年4月下旬から5月中旬にかけて咲きますが、今年は全体的には少し遅いようです。

a0254656_15174802.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の栽培場です。
とてものどかな山あいの栽培地で、「古川果樹園」さんは、無農薬・無化学肥料で『種なしかぼす』を栽培しています。

a0254656_17122348.jpg「かぼす」は、スダチや柚子(ゆず)と言った香酸柑橘類です。
お鍋の薬味として、お魚やお肉に搾ってその美味さをさらに引き立たせます。
また、焼酎やウイスキー、最近私がはまっている“かぼすビール”も人気急上昇中です!!
でも、写真中央の様に、半分に切ると種がぎっしり詰まっているものだと思っていませんか?

a0254656_17151666.jpgしかし、「古川果樹園」さんの、山あいの『種なしかぼす』は、ご覧のように種がありません。
入っていても小さいのが1~2個程度!
ですから、思う存分果汁をギュ~っと搾れるんです!!

a0254656_15222657.jpgかぼすは、ご存じの通り「種があるのが当たり前!」の柑橘類です。
「古川果樹園」さんは、特別な種のないかぼすの品種を、古川さんが長年、手塩にかけてこの地で増やしてきました。

a0254656_15232322.jpgその際、この近くに他に柑橘類の栽培がないことから、無農薬で育てることにしたのです。
ですから、甘い香りに誘われて、カナブンが花に潜り込んでいましたよ。
病気や害虫の心配は少ないのですが、ここには思わぬ敵(?)がいたのです。

a0254656_17325652.jpgそれは、この里山に住む野生動物です。
とりわけ、イノシシがやっかいです。
カボスはすっぱいので野生動物は食べないのですが、イノシシは土を掘り根っこを荒らします。
そこで、栽培地のすべてをこうしてフェンスで囲って対策を施しています。

a0254656_17381880.jpgさて、かぼすの花は、同じ柑橘類のみかんや柚子、デコポンやせとかと言ったものと同様、このような白くてかわいらしい花を咲かせます。
私は「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の栽培の様子をもう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_15340155.jpg写真は、以前取材した12月上旬の剪定作業の様子です。
1本1本を見極めながら、「古川果樹園」の古川孝人さんが、満遍なく日が当たるように、丁寧に選定作業を行っていました。

a0254656_17544758.jpgこれは、8月中旬から始まる収穫の際の様子です。
「古川果樹園」の古川孝人さんが、1つ1つ丁寧に収穫しています。
カボスは、色付いたり甘くなったりして収穫するフルーツの柑橘類とは異なり、「古川果樹園」さんが定めた大きさになれば収穫です。

a0254656_1854317.jpg奥様のアツ子さんも大きさを見極めながら、手際よく収穫しています。
「古川果樹園」さんでは、この仲良しご夫婦の2人3脚で、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_1895890.jpg収穫された『種なしかぼす』は、大きさをそろえた“特選”と、大きさに多少のばらつきがあり、果皮に少しキズがあるようなお買い得の4kg入りとに分けて出荷されます。

a0254656_15371858.jpg冬の時期に、きちんと剪定作業をしました。
果樹を若返らせ、今年も元気な花を咲かせました。
これは、新芽で、来年元気な花を咲かせてくれる大事な枝ですね!

a0254656_15393295.jpg「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』には、まだまだたくさんのつぼみがありました!
これから開花し果実を実らせます。
そして、8月中旬からは、待ちに待った出荷のスタートです。

a0254656_18191749.jpg「古川果樹園」さんの、無農薬で育てた『種なしかぼす』は、全国にたくさんの愛好者を持つ「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
その中には、高級料亭や旅館、有名レストランなどもあるんですよ!
種がないことと、完全無農薬・無化学肥料の安全性もその人気の秘密のようです。

a0254656_18283542.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『高級種なしかぼす』をネット独占販売いたします。
11月上旬までは、青い果実で、11月中旬以降は色付いた『種なしかぼす』です。
どちらも、香り高く、溢れ出すほどの果汁が大人気の商品です。
もちろん、朝採り即日出荷の新鮮なかぼすですよ。
これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひまなど、現地取材してこのブログでご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2019-05-15 15:41 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

熊本スイカ『黒小玉(ひとりじめbonbon)』令和元年の予約受付スタート!まずは赤果肉を5月24日より出荷

FLC日記 2019年5月14日(火) 雨のちくもり時々雨
『黒小玉スイカ』をご存知ですか?
名前の通り、黒い果皮の小玉スイカです。
a0254656_17412580.jpg


a0254656_17433736.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年(令和元年)もネット独占販売いたします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました!!

今すぐ注文(ご予約)したい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』



a0254656_18324166.jpg今期(令和元年)の初回発送日は、5月24日(金)を予定しています。
以降、毎週火曜日と金曜日に、数量限定の完全予約制で受注し、お届け日のご希望がない場合は、ご注文順に出荷していきます。

a0254656_17503159.jpgもちろん今年も、昨年も大好評頂いた、黄色い果肉の『黒小玉スイカひとりじめbonbon』も販売いたします。
ただし、出荷予定は6月中旬からとなています。
現在、元気に成長中です。

a0254656_18092590.jpg元気に成長中の栽培ハウスに、本日、現地取材に伺いました。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18105551.jpgもちろん「岡山農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培の様子も、もう何年も年間を通してこうして現地取材してきました。

a0254656_18240281.jpg「岡山農園」の岡山佑大さんとお兄さんの岡山和功さんです。
この写真は先日マスクメロンの『肥後グリーン』の定植後の様子を取材した際に撮影したものです。

a0254656_18263980.jpg「岡山農園」さんは、岡山和功さんと祐大さんのご兄弟と、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)で、最高級のスイカやメロン、様々な野菜を育てる、まさに“匠”の農家さんです。
お父様、お母様の豊富な経験と、若いお二人の研究心、新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べる農作物を育てています。

a0254656_17592518.jpgこちらは、以前取材した“玉返し”作業の様子です。
満遍なく日を当て、果皮を均等に色づかせ、果実も全てが美味しくなるように、5回~6回ほどスイカの向きを変えながら育てるのです。

a0254656_18311607.jpg「フルーツパット」と呼ばれる、いわば座布団に乗せられて成長していきます。
キズを付けないように大切に育て上げているのです。
「特に黒小玉スイカは、果皮の黒さも魅力の1つなので、この作業は大切ですね!」
佑大さんがそう話してくれたのを思い出しました。
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の商品ラインナップを紹介しましょう!

a0254656_17471886.jpg今年も、3パターンの『黒小玉スイカ(ひとりじめbonbon』をご用意いただきました。
まずは、スイカの定番の赤い果肉の2玉セット!
スイカとしては最高級の12度以上の高い糖度と、スイカならではのシャキシャキっとした食感が、多くのスイカ好きをうならせる絶品です!!

a0254656_18131103.jpg次に、黄色い果肉の2玉セット!
今年は6月中旬より出荷予定です。
昨年、数量限定で黄色の果肉の『黒小玉スイカ(ひとりじめbonbon』を販売したところ、大好評で、今年は出荷数を増やしての販売です。
黒い果皮に黄色の果肉のダブルインパクトが人気です。

a0254656_18130729.jpgそして最後は、赤果肉1玉、黄色果肉1玉の2色セット!!
両方の果肉の色をお楽しみいただけるので、2色セットがやはり一番人気ですね!
ご贈答やギフトとしても大変喜ばれる商品です。

a0254656_18202566.jpg朝採り、新鮮そのもののスイカを、その新鮮さがわかるようにこうしてアンテナ(つる)付きで出荷いたします。
しっかりと完熟させた甘さも人気で、皮が薄いので、色の着いたギリギリのところまで美味しくいただけます。

a0254656_18222917.jpg赤果肉に比べ、黄色い果肉の『ひとりじめbonbon』は、食感が少し柔らかい感じですが、それもまた美味しいんです!
「FLCパートナーズストア」では、たくさんの愛情で、大切に育てられた、「おかやま農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年もネット独占販売いたします。
a0254656_18233263.jpg
朝採り、即日発送のため、数量限定の完全予約制販売です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂く場合がございます。
ご注文(ご予約)は、お急ぎください!!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2019-05-14 18:37 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本ぶどう 社方園 順調に育つ様子と熊本農業大学の実習生(2019) 後編:最後の収穫ハウスの花セット

FLC日記 2019年5月13日(月) くもり時々晴れ
熊本県山鹿市の「社方園」さんは、親子2代の匠によって、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を生産しています。
a0254656_17120065.jpg

「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)もぶどうの匠「社方園」さんの『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。

a0254656_17091544.jpg「社方園」さんは、毎年決まって7月7日にその年の初出荷をします。
7月7日には、黒、赤、白の3色のぶどうがそろうんです!!
こちらは、1番人気の3色の詰め合わせセットです!!
濃厚な味わいの黒ぶどう、甘みが強い赤ぶどう、さらには皮ごと食べられる白ぶどうの3種類で、早くも今年のご予約をいただいている大人気商品です。

a0254656_17130541.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年は7月7日が日曜日のため、1日ずらして7月8日(月)よりの出荷予定です!!
もちろん今年も大人気の白ぶどう『シャインマスカット』も初日より出荷予定です!

a0254656_17170028.jpg本日のブログでは、昨日に続き「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の現在の様子を紹介いたします。
こちらは最初に収穫を迎えるハウスです。

a0254656_17174614.jpgこちらのハウスでは「社方園」園主の社方武路さんが、ぶどうの摘粒作業を行っています。
その様子は昨日のブログで詳しく紹介していますのぜひご覧ください!

昨日のブログ
FLC日記 2019年5月12日(日)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


a0254656_17325549.jpg昨日、現地取材に伺うと、2人の若人が頑張っていました。
彼らは、熊本県立農業大学から来た実習生です。
「社方園」さんでは、毎年、泊まり込みで実習生を受け入れています。

a0254656_17360909.jpg2人が行っているのは「花セット」と呼ばれる作業です。
こちらは、熊本県立農業大学1年生の洞田貫史也(どうたぬきふみや)くんです。

a0254656_17373231.jpgこちらは、同じく熊本県立農業大学1年生の坂本真熙(さかもとまひろ)くんです。
2人とも、すごく一生懸命に作業に打ち込んでいました。
作業をしながらでかまわないからと断って、2人に少しだけ話を聞きました。

a0254656_17395777.jpg「火曜日までらしいね!どう?きつかった?」と尋ねると、
「そうですね!初めてのことも多く戸惑いましたが、きつさよりも面白さの方が上回った感じです。社方さんも気を使っていただいて、いろんな作業をさせてくれたので、楽しく頑張ることができました。」とのこと。

a0254656_17460142.jpg「今日の作業の様子を見せてよ!」と、坂本くんにお願いし、花セットを見せてもらいました。
「不要なつぼみをこれから切り落とします。」

a0254656_17482937.jpg「こんな感じです。」
「おぉ!手際が良いねぇ~。実は俺は毎年この花セットも取材しよるとたいね。だけんわかるとだけど、良いかんじぃじゃない!」と言うと、

a0254656_17495308.jpg「え?そうなんですか?早く行ってくださいよ!緊張するなぁ~!これで出来上がりです。」そう言ってわかる安く見せてくれました。
しっかり作業ができたようです。

a0254656_17560133.jpgちなみに二人が作業を行っているのは、最後に収穫を迎える圃場です。
「社方園」さんでは、収穫時期をずらすために加温をするハウス、加温をしないハウス、そしてトンネル(雨よけ)のための路地の圃場と、大きく分けると3パターンの圃場で『山鹿のぶどう』を栽培しています。

a0254656_17584808.jpg洞田貫くんも真剣な良い表情で作業を進めています。
「2人は将来農業をすると?」と尋ねました。
「農業をしたいと思っています。私は地元の阿蘇に帰って農業に取り組みます。」と、洞田貫くんは即答しました。

a0254656_18023236.jpg「私も農業をします。大学の中では卒業後就職をする人たちもいますが、私は和水町で農業をしたいです。」とのこと。
「おぉ!それなら「その農作物をうちの会社で販売させてください!」って、俺が言いたくなるような作物をぜひ作ってね!」と二人と約束しました。

a0254656_16223869.png私(笠泰紀)が代表を務める、株式会社旬援隊では、匠の農家さんたちが育てる、“本物”と呼べる食材のネット販売を行っています。
各種フルーツ、新鮮野菜、お米、加工品などなどを「FLCパートナーズストア」と言うショップ名で販売しています。
a0254656_18044762.jpg
特に、熊本の最旬フルーツは弊社の大人気商品です。
弊社で販売する、商品は全て、私がその栽培地に伺い、年間を通してその成長の様子や、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、毎日更新するこのブログを中心に紹介しています。

a0254656_18085905.jpg「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』は、全国に多くのファンを持つ弊社の大人気商品です。
2人が花セットを施したぶどうたちを、これから収穫まで匠の農家さん「社方園」さんが“本物”と呼べる美味さに仕上げていきます。

a0254656_18124991.jpgさて、今年、熊本農業大学から実習に来た洞田貫史也くんも、坂本真熙くんも、すごくさわやかで好感の持てる好青年でした。
少しの時間でしたが、ブログでは紹介できないような内緒話もしましたが、もちろんここで紹介することはやめておきます(笑)

a0254656_18165710.jpg取材の最後には、2人のこんな素敵な笑顔のツーショットを撮ることができました。
洞田貫くん!坂本くん!
いつかまた再開して、ゆっくり酒でも飲もう!

a0254656_18194371.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。
今年は7月7日が日曜日のため、7月8日(月)に初出荷予定です。
今年も初出荷まで、これからの成長の様子や、惜しまぬ手間ひま、匠の技を現地取材しご紹介していきます。
お楽しみに!!

# by flcps | 2019-05-13 18:21 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)

熊本ぶどう 社方園 順調に育つ様子と熊本農業大学の実習生(2019) 前編:匠の摘粒作業

FLC日記 2019年5月12日(日) くもり一時雷雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、令和元年度もぶどうの匠「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。
a0254656_16340660.jpg
「社方園」さんでは、毎年7月7日にその年のぶどうを販売開始します。
「FLCパートナーズストア」では、今年は7月7日が日曜日のため、翌日の7月8日(月)よりの出荷予定です!!

a0254656_16402901.jpg毎年販売初日から、濃厚な味わいの黒ぶどう、甘さが際立つ赤ぶどう、皮ごと食べられる白ブドウの、3色のぶどうをそろえての出荷です。
毎年コンスタントに3色のぶどうを7月上旬に出荷できるぶどう農家さんは、全国にも数少ないと思います。
「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の美味しさは、度々いろんなメディアで取り上げられています。

a0254656_16431145.jpg以前取材した7月7日、シーズン初出荷を記念して、「社方園」さんから、テレビ生中継された際の様子です。
くまモンも来たんですよ!
もちろん、『山鹿のぶどう』は、ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」でも大人気の大看板商品です。

a0254656_16442262.jpgこちらは、毎年ずっと1番人気の「5房3色(黒赤白)の2kg詰め合わせ (400g×5房) 」です。
しっかりとした大粒のぶどうの果実は、1粒食べるとジューシーな果汁が、口いっぱいに広がりまさに“本物”と呼べる味わいです。

a0254656_16341558.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市久原の「社方園(しゃかたえん)」さんの、『山鹿のぶどう』の栽培ハウスの1つです。
本日、現在の成長の様子を、現地取材してきました。

a0254656_16363588.jpg最も成長が早いハウスの現在のぶどうです。
こちらは大人気の白ぶどう『シャインマスカット』です。
この時期、匠の技で摘粒作業が行われています。
なんだかスカスカのように見えるでしょうが、収穫を迎えるころにはこうなるんです!

a0254656_16393893.jpgまるで石垣の様にびっしりと詰まったぶどうの粒たち!
匠は、収穫までの時期にこれから育つ1粒1粒をイメージして、的確な摘粒作業を施しています。

a0254656_16440597.jpgその匠を紹介しましょう!
「社方園」園主の社方武路さんです。
坊主頭にサングラスで、匠の真剣モードで作業をしていますので、おっかなく見えるでしょうが、実は気が優しくてとても気さくな方なんですよ。

a0254656_16475864.jpgこちらは色づいたぶどうの様子を取材に伺ったときの写真です。
惜しまぬ手間ひまと匠の技で育て上げたぶどうを見つめる目なんてホント優しいでしょ!

a0254656_16513283.jpg現在の作業の様子に話を戻しましょう!
「それだけびっしり実がついている中から、何をどう選んで摘粒をしてるんですか?」と尋ねると、

a0254656_17565756.jpg「まずはこの着果枝の樹勢を見て、どれくらいの大きさの房にするか決めるんです。その中で、それぞれの粒を見て、大きさ、形、粒の実っている向き、それと内側に入り込んでいないかを判断して摘粒しています。何度も摘粒作業を行う方もいらっしゃいますが、私はほぼこの1回で仕上げています。」と社方さん。

a0254656_18004958.jpgこの房を匠は様々な判断をしながら、あの石垣の様なブドウの房に仕上げているんです。
「そうそう!笠さん!!農大から今年も実習生が来てるんで、隣のハウスに行ってみてくださいよ!」と社方さん。

a0254656_18062760.jpg「おぉ!そうだったんですか!今年も良いタイミングで取材に来ましたね!さっそく行ってみます!」
私はそう言ってハウスを移動しました。
「おはようございます!」と声をかけると、

a0254656_18080394.jpg「おはようございます!」と、すぐにとてもさわやかな挨拶が返ってきました。
「社方園さんのぶどうをネット販売している笠です!」と、私の紹介をして取材をさせてもらうことにしました。

a0254656_18094481.jpgそこにはなんだかまぶしいくらいに目がキラキラと輝いている好青年が2人いました。
「社方園」さんでは毎年この時期に、熊本県立農業大学の1年生の、農業実習を泊まり込みで受け入れています。

a0254656_18123869.jpg「花セットの作業をしてたのかな?」と尋ねると、
「はい!今日はこの作業をお手伝いさせていただいています。」と二人が答えました。
「俺は「社方園」さんの栽培の様子をもう何年も年間を通して現地取材してブログで紹介してるとたい。写真を撮らせてもらって、今日のブログで紹介したいけど良い?」と言うと、
「はい!よろしくお願いします!」とまたまたさわやかな返事が返ってきました。

a0254656_18152298.jpgこちらは、熊本県立農業大学1年生の坂本真熙(さかもとまひろ)くんです。
なんだか、とても今どきの、シュッとした顔をしているナイスガイです!

a0254656_18184005.jpgこちらは、同じく、熊本県立農業大学1年生の洞田貫史也(どうたぬきふみや)くんです。
良い笑顔の高青年です。
カメラを向けるとすぐにピースサイン!
明るい性格のようですね!

a0254656_18232066.jpg二人はこの日、ぶどう栽培においてとても大切な作業の1つ、“花セット”を行っていました。
二人の頑張る様子やその花セットのことを紹介したいとこですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログでまた詳しく紹介したいと思います。→ブログアップしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


a0254656_19195084.jpg熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を、ネット独占販売いたします。
輝きを放つこの美しさ!
至高の旨さ!
まさに“本物”と呼べる逸品です。

a0254656_18284425.jpg本日社方武路さんが摘粒作業をしていたこの『シャインマスカット』は、数ある果物をおさえて、なんと8年連続で売れ筋ランキングで1位の大人気フルーツなんです!!
(日本農業新聞トレンド調査より)

a0254656_18313880.jpg社方園」さんの高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』は、もちろん今年も、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売いたします。
黒ぶどうの『ピオーネ』、白ぶどうの『シャインマスカット』、赤ぶどうの『クイーンニーナ』を中心に、今年も販売していきます。
今年の初回発送は7月8日(月)の予定です。
今年の『山鹿のぶどう』にも、大いにご期待ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2019-05-12 18:34 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)