ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

肥後グリーン 花と着果の様子 ベストな場所に実らせます

FLC日記 2018年5月12日(土) 晴れ
熊本県山鹿市鹿央町にある、「岡山農園」さんの熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』の栽培ハウスに伺いました。
花と着果の様子を現地取材するためです。
a0254656_16061167.jpg
広い広い連棟建ての栽培ハウスで、今年も元気に成長しています。

a0254656_16071702.jpgこの黄色いのがメロンの花です。
ミツバチが飛び回り交配(受粉)を行っています。
しかし、現在咲いている花にはメロンを実らせません。

a0254656_16104774.jpg受粉し、果実が着果し成長させるのは、下から8節目に咲いた花です。
着果した赤ちゃんメロンが元気に成長していました。
「岡山農園」さんでは、1株からたった1玉の『肥後グリーン』を育てます。

a0254656_16125865.jpg熊本の旬を販売する、「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、今年もネット独占販売いたします。

a0254656_16154732.jpg熊本限定栽培品種の、高級マスクメロン『肥後グリーン』は、糖度17度を超える甘さを、シャキシャキの食感で味わえる新感覚のマスクメロンです。

a0254656_16162640.jpgもちろん、さらに追熟させると、マスクメロンならではの、トロトロの食感でも味わうこともできます。
1箱、2玉入りなので、2度おいしい特別なメロンです!

a0254656_16190238.jpg今年は3月23日に定植しました。
こうして元気に成長し、現在は不要な脇芽を摘み取る“芽カギ作業”の真っ只中です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16214564.jpgもちろん、「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
写真は収穫時期をずらすため、4月11日に定植した直後の苗と「岡山農園」の岡山佑大さんです。

a0254656_16233116.jpg佑大さんのお兄さんの岡山和功さんが、潅水を行っていました。
「マルチビニールの下には潅水チューブを通してますが、定植直後はそこまで根が伸びていないので、こうして直接水を与えるんです。」と、和功さん。
この様な惜しまぬ手間ひまが、あの至高の『肥後グリーン』を育てるのです。

a0254656_16255472.jpgこちらは現在の様子です。
「岡山農園」さんでは、ハウス内に設置された支柱で伸ばしたワイヤーから降りるひもに巻きつけながら、上へ上へと成長させてながら栽培します。
タテに伸ばして育てることで、1本1本の苗を徹底管理するのです。
すでに芯(生長点)を止めてありました。

a0254656_16284680.jpg芯を止めたすぐ下の葉っぱを“天葉”と言います。
美味しいメロンを育てるために、とても重要な葉っぱです。
下から8節目の花に着果させると、今日のブログの前半で説明しましたよね。

a0254656_16314158.jpgこちらは、収穫直前の様子です。
「岡山農園」さんでは、このようにメロンの果実を宙に吊るしながら栽培します。
下の8節分の葉っぱが果実を大きくし、上の8節分の葉っぱが果実を甘くするのです。

a0254656_16341983.jpg現在はまだ着果したばかり!
これから惜しまぬ手間ひまをかけ、至高の1玉を育て上げます。
今期の初出荷は、6月20日前後からの予定です。

a0254656_16353843.jpg「岡山農園」さんでは、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)の豊富な経験と、2人の息子さん達の岡山和功さん、祐大さんのご兄弟の惜しまぬ手間ひまと向上心、父から子へ受け継がれる“匠の技”で、至高の『肥後グリーン』、大玉スイカ『祭りばやし777』、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』などを育てる匠の農家さんです。

a0254656_16370697.jpg大玉スイカ『祭りばやし777』は、5月22日(火)からの出荷で、すでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。
ちなみに、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、赤果肉、黄色果肉をそろえ、6月1日からの出荷予定、まもなく先行予約の受付をホームページでもスタートします。

a0254656_16424181.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、ネット独占販売いたします。
これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技などなど、現地取材でご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
# by flcps | 2018-05-12 16:43 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)

デコポン(肥後ポン)大好評発売中!いよいよカウントダウン!早い者勝ち!元気な花と着果の様子

FLC日記 2018年5月11日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「小春農園」さんの蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』をネット独占しています!
a0254656_16563796.jpg
この時期にありがちな、「訳ありデコポン」ではありません!

a0254656_16594588.jpg昔ながらの土壁の“蔵”の中でじっくりと追熟させ、今まさに旬を迎えた『蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)』なんです!
キズ1つない輝く美しさで、数ある弊社の商品の中でリピート率ナンバー1の大人気商品です。

a0254656_17022309.jpgこの時期にこうも美しいデコポンは、そうそうないと思います。
なぜここまで美しいのか?
なぜその美味さが人気なのか?
それは後程ゆっくりお話しすることとしましょう!

a0254656_17042735.jpg流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。
ギフトにも大人気の、くまモンのイラスト入り手提げ箱を含めた、3商品を販売中です。

a0254656_17055380.jpg今期もかなりのハイペースでご注文いただき、いよいよ出荷予定数のカウントダウンが始まりました。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
ですから、とにかくご注文はお急ぎ下さい!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア」
蔵出し完熟デコポン『不知火』



a0254656_19015993.jpg生産地と生産者の紹介をししょう!
ここは熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』の栽培ハウスの現在の様子です。
4月下旬から5月上旬にかけてのこの時期、デコポンは花を咲かせます。
今年も、花びらが反り返った、本当に元気な花が咲きました。

a0254656_19024741.jpg熊本の旬を販売している「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17115189.jpgもちろん「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』の栽培の様子も、収穫の時のみならず、もう何年もこうして年間を通して現地取材してきました。
1月上旬の収穫時に撮影した写真です。

a0254656_17125419.jpg「小春農園」さんでは、デコポンを木造のハウスで栽培しています。
1玉1玉ひもで吊り下げながら、果皮にキズが付かない様、徹底して手をかけ育てます。

a0254656_17221931.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんと奥様の小原美子さん、そして息子さんで専務の小原将輝さんの匠の3ショットです。
小原さんの長年の経験と卓越した技術、美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに果樹栽培を大学で専門的に学んだ将輝さんのスペシャリストの知識が重なり、毎年変わらぬ味の“本物”と呼べるデコポン(肥後ポン)を作り続けています。

a0254656_17234194.jpg「ここまで大事に育ててきて、ハサミ傷でもつけようものなら商品にできんけん、絶対傷つけんように丁寧に収穫するとたい。」
小原さんは手際よく収穫しながらそう話しました。

a0254656_17280642.jpg収穫は“2度切り”と呼ばれる工程で行っています。
まずはデコポンが実る枝ごと切り取り、そこから果実のギリギリのところで再度枝を切り取るのです。

a0254656_17315183.jpg先が反り返った、専用のハサミを使い行います。
デコポンの大きな特徴である“デコ”の部分にある枝を、デコから飛び出さないようにしっかり深く切り取ります。

a0254656_17333268.jpg「枝が飛び建ていると、運ぶ際に他のデコポンを傷つける可能性があるので、これだけはホント徹底していますね。収穫後も絶対に傷つけないよう、プチプチをつけたカゴに入れて運びます。」と将輝さんが話してくれました。

a0254656_17555909.jpg「小春農園」さんでは、デコポンの果樹1本1本に通し番号をつけて管理しています。
収穫前に、それぞれの果樹の糖度と酸味のデータをとります。
同じように育てても、果樹の特性やその年の機構などがあり、品質が異なるからです。
これは、収穫時に使う手書きの早見表です。

a0254656_17570219.jpg一般的に「デコポン」と呼ばれているこの『不知火』と言う品種は、追熟を要します。
収穫直後はまだ酸がきついため、その酸が糖度に変わる頃合いを見て出荷するのです。

a0254656_18011416.jpg〇はわりと酸抜けが良いもの、△は中間、×は酸が残っているもので、×→△→〇の順で収穫していきます。
収穫したデコポンは、「小春農園」さんの昔ながらの土壁の“蔵”の中でじっくりと追熟させます。

a0254656_18033310.jpgさんがきついものほど、追熟期間が長くなります。
もちろん出荷も最後になりるので、×の分を奥につめて置いて管理するのです。
そうなると、デコポンが傷まないか心配される方もあると思いますが、ご安心ください。

a0254656_18093358.jpg収穫の際に、徹底的にチェックして、キズ一つないものだけをこうしてコンテナに入れてあるので、この時期でもホント美しいデコポンです。
これは、やはり昔ながらの土壁の“蔵”が、年間を通してほぼ室温も湿度も変わらず保てるからなのです。

a0254656_18125558.jpg「小春農園」さんの蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』は、収穫時と出荷時の2回だけしか触れることはありません。
出荷の際に、さらに厳しく品質チェックをして、選び抜かれたものだけに「柑橘王」のシールを貼り、全国のお客様へと届けられます。

a0254656_18171074.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』を、今年もネット独占販売しています。
この時期にありがちな、「訳ありデコポン」とは異なる、美しいデコポンをぜひご賞味ください。
今期の出荷予定数は、残り少なくなってきました。
数量限定のため、とにかくご注文(ご予約)はお急ぎ下さい!!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!
ご来店、お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
# by flcps | 2018-05-11 19:03 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

熊本産!大玉スイカ『祭りばやし777』平成30年の初回出荷は5月22日に決定!先行予約受付中!

FLC日記 2018年5月10日(木) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産大玉スイカ『祭りばやし777』をネット独占販売いたします。
a0254656_16230471.jpg

今期より商品名を『祭りばやし777』としました。
昨年までと変わらぬ同じ品種ですが、正式名称が『祭りばやし777』と言うことなので、商品名も同様にいたしました。

a0254656_16263736.jpg予約販売の受付をスタートしました!
収穫した中から、選びに選び抜いた“極選”の『祭りばやし』を出荷するため、毎回の出荷数を限定した、完全予約制での販売です。
初回の出荷日は5月22日(火)です!
以降、毎週金火曜日と金曜日の出荷です。

a0254656_16292657.jpgありがたいことにすでにたくさんのご要約を頂いている大人気商品です!
もちろん今年も、朝採り即日発送でお届けいたします。
1玉入りと、お買い得な2玉入りでの販売です。
大玉スイカならではのあのサクッとした食感と、糖度12度を超えるみずみずしい果汁をご賞味ください!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方はこちら! ↓

「FLCパートナーズストア」
「熊本産スイカ」



a0254656_16491221.jpg生産地と生産者の首魁をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿央町の匠の農家さん「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし777』の栽培ハウスの1つです。
「岡山農園」さんでは、定植時期をずらして収穫時期を長期にわたり行えるよう、数ヵ所のハウスで『祭りばやし777』を栽培しています。

a0254656_16521700.jpg太陽の光と、大地の恵、「岡山農園」さんのたくさんの愛情を受け、現在とても元気に成長中です!
生産者の「岡山農園」の岡山佑大さんに今回も取材協力いただきました。

a0254656_16561559.jpg「岡山農園」さんは、岡山忠和さんと文代さんご夫婦の豊富な経験と高い技術と、和功さん、祐大さんの息子さんたちで、最高級のスイカやメロン、様々な野菜を育てる、まさに“匠”の農家さんです。

a0254656_16572793.jpgご両親の豊富な経験と高い技術は全て息子さんたちに伝えています。
さらに、若いお二人の研究心が大きな力となり、“本物”と呼べるスイカを育てています。

a0254656_17034457.jpgこちらは、以前取材した「苗床」の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17054274.jpgもちろん、「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「岡山農園」さんでは、スイカを育てるにあたり、かんぴょうの苗に接木して栽培します。

a0254656_17072759.jpgその様子がこちら!
1週間ほど早く播種をし育ててきたかんぴょうに、スイカの苗を接木しています。
かんぴょうはスイカより根を張る力が強いため、良く育ち美味しいスイカができるのです。

a0254656_17104228.jpg一定期間、苗床で集中管理しながら育て、時期を見て栽培ハウスに定植します。定植の頃はまだ寒さ厳しいので、キャップと呼ばれる紙でできたピラミッド状の農業資材を使って、保温と保湿をします。
これは、「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の定植間もない頃の写真です。

a0254656_17135521.jpg双葉が4枚あるのがわかりますか?
下の大きめの双葉はかんぴょうで、その上にある双葉はスイカのものです。
つまり、根っこから下の双葉まではかんぴょう、それから上はスイカとなっているのです。

a0254656_17250070.jpgこちらは、交配作業と着果の様子を取材に伺った際のもの。
スイカの栽培は、播種や接木、定植、つる引き、芽カギ、交配、玉返しなどなど、多くの手間ひまを要します。
それらを全て、ベストなタイミングで、ベストな方法で行ってこそ、美味しいスイカになるのです。

a0254656_17271792.jpg例えばこの交配作業。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
本来なら、ミツバチなどがその間を飛び回って、受粉します。

a0254656_17284010.jpgしかし、ここは締め切ったハウスの中です。
雄花を摘み取りその花粉を、20節目の雌花に手作業で付け受粉させます。
それは、最も花が元気な10時~11時に毎日行います。

a0254656_17343313.jpg交配作業から、35日をめどに出荷します。
しかし、それは一般流通の場合です。
弊社へ出荷いただく『祭りばやし』は、さらに5日伸ばししっかりと糖度を上げていただいています。

a0254656_17353355.jpg収穫を待つスイカたちの1玉1玉には、着果棒といって、色分けされた目印の棒を横に立てています。
徹底管理されたスイカは、ベストな出荷日を待ち収穫されるのです。

a0254656_17375693.jpg「岡山農園」さんでは、1本の苗から3本のつるを伸ばしスイカを育てます。
でも、実らせるのは、たったの1玉です。
その1株が全力で、たった1玉の至高のスイカを育て上げるのです。

a0254656_17424621.jpg「ホームページで受付をスタートする前から、もうお電話で予約をたくさんいただいています!」そう言うと、
「それは嬉しいですね!今年もしっかりと手をかけて育ててきたので、美味しいスイカになりますよ!お任せください!!」
佑大さんは、自信に満ちた笑顔でそう話しました。

a0254656_17384065.jpg一般流通でスーパーなどで販売されるスイカは、収穫後、約1週間ほどたってから店頭に並びます。
しかし、この『祭りばやし』は、出荷する朝に収穫し即日発送でお届けいたします。
しかも、収穫した中から、選びに選びぬかれた“極選”のスイカのみの数量限定、完全予約制の販売です!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『熊本産スイカ』のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2018-05-10 17:40 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

山竹たけのこ 最旬食材!数量限定&期間限定で平成30年度の『山竹たけのこ』の販売スタート!!

FLC日記 2018年5月9日(水) 晴れ
「来週くらいから、『山竹たけのこ』の出荷のでくっごたるばい!販売ば初めて良かよ!!」
「古川果樹園」の古川孝人さんが、笑顔でそうお話しいただきました。
a0254656_16505795.jpg

熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も「古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた、『山竹たけのこ』をネット独占販売いたします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました‼

↓今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!↓

「FLCパートナーズストア」
「山竹たけのこ」



a0254656_16525059.jpgこちらが『山竹たけのこ』です。
『山竹たけのこ』は、“究極のたけのこ”と称されています!!
一般的には、“コサンチク”と呼ばれています。
“虎攅竹”または、“鼓山竹”と表記するようです。

a0254656_16573124.jpg「寒山竹」や「大名竹」に似ていますが、正確にはホテイチク(布袋竹)という種類で、節が膨れて布袋腹のようになるのが名前の由来のようです。

a0254656_17045572.jpg「FLCパートナーズストア」では、『山竹たけのこ』と表記して販売いたします。
それは、生産農家の「古川果樹園」さんが、『山竹(サンチク)』と呼ばれているので、『山竹』だけだとわからないと思い、『山竹たけのこ』と表記することにしたのです。

a0254656_17062212.jpg『山竹たけのこ』は、“究極のたけのこ”、 “やみつきたけのこ”、“たけのこの王様”などとも呼ばれています。
柔らかな食感と、たけのこから出るうま味が、そのような賞賛の名称となったのです。

a0254656_17083498.jpg一般的な「たけのこ」と違い、下茹で(あく抜き)の必要がありません。
それどころか、下茹でしてしまうと、せっかくのうま味と言いますか“ダシ”が逃げちゃいます。

a0254656_17101601.jpg少し包丁を使えば、この様に簡単に手で皮がむけ、お好きなサイズにカットすれば、そのまま調理できるんです。
『山竹たけのこ』の皮むきの手順は、以前のブログで詳しくご紹介していますので、ぜひそちらをご覧ください。

「FLCパートナーズストア」オフィシャルブログ『FLC日記』
絶品たけのこ『山竹』 下茹でいらずの簡単皮むき!!美味しさの秘密に迫る!!


a0254656_17020799.jpgこちらは『山竹たけのこ』のきんぴらです。
ブログで紹介した剥き方で準備して、食べやすい大きさに切りそのまま炒めました。
ビールにもよく合いますし、もちろんご飯のおかずとしてもバツグンです!

a0254656_17322453.jpgこちらは「古川果樹園」さんの取材に伺い、お昼ご飯をごちそうになった際の「山竹たけのことじゃがいもの煮物」です。
あまりの美味しさに、ご飯を3杯も食べたほどなんです(笑)。

a0254656_17361946.jpg「古川果樹園」さんは、その屋号でもお解りの様に、果樹をメインにしています。
その代表が、『熊本産太秋柿プレミアム』と『熊本産高級種なしかぼす』です。
こちらは、11月上旬の、『太秋柿プレミアム』の収穫の際に撮影した、「古川果樹園」の古川孝人さんとアツ子さんご夫婦です。

a0254656_17402924.jpg「太秋柿」は、熊本県が生産量日本一で、梨のような食感、ぶどうのような甘さで、秋の果実の王様と呼ばれています。
その中でも「古川果樹園」さんの『熊本産太秋柿プレミアム』は、甘さが際立っていて、すでに今年のご予約を多数頂戴しているほどの大人気商品です。

a0254656_17412825.jpg8月中旬からは、『熊本産高級種なしかぼす』の出荷も致します。
本日も、その栽培地に伺い、たくさんの元気な花の写真を撮ってきました。
その様子はまた後日、このブログでご紹介いたします。
「古川果樹園」さんの商品は、いずれも「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_17435079.jpgそんな中、古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた、『山竹たけのこ』は、ホームページでご予約を承り始める前から、お電話でご注文を多数頂戴する大人気商品です。
期間限定、数量限定の完全予約販売で、とっても希少なたけのこです。

a0254656_17453750.jpg私も今年はもちろんまだ食べていません。
写真は、昨年「山竹たけのこ三昧」をした際の写真で、炊き込みご飯、お吸い物、豚肉とのコチジャン炒めで、思う存分『山竹たけのこ』堪能しました。

a0254656_17532444.jpg本日より「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた、『山竹たけのこ』の先行予約の受付をスタートしました!
今期の初出荷は、5月15日(火)です!
以降、期間中は毎週火曜日と金曜日の出荷です。
期間限定、数量限定の完全予約販売で、とってもレアな商品です!
この時期だけの販売で、もちろん、朝採り新鮮そのものを即日発送致します。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ショップページから『熊本産新鮮野菜』のページへお進みください。
この時期だけの最旬食材をぜひご賞味ください!
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
# by flcps | 2018-05-09 17:55 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

有機栽培の水田ごぼう お待たせしました!平成30年の販売スタート!5月11日(金)より発送します!!

FLC日記 2018年5月8日(火) 雨
熊本の旬を販売する「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も「牛島農園」さんが無農薬・無化学肥料の“有機栽培”で育だてた『水田ごぼう』を、ネット独占販売いたします。
a0254656_16004221.jpg

5月11日(金)より、全国発送いたします!
毎回の出荷量を決めての、数量限定完全予約制での販売です!!
すでに初回発送分では、たくさんのご注文(ご予約)を頂戴している大人気商品です!

a0254656_16015398.jpg『水田ごぼう』とは、その名の通り、水田(田んぼ)で育てるごぼうです。
田んぼを深く掘り返し育てることで、まっすぐで、香りがきわだち、味も良いごぼうが育ちます。
熊本県菊池市は、その『水田ごぼう』発祥の地で、生産量も日本一です!!
その菊池市で、「牛島農園」さんは、無農薬・無化学肥料で育てる、有機栽培の『水田ごぼう』を育てています。

a0254656_16053281.jpg朝採りの新鮮な『水田ごぼう』を、あえて土つきのままで、美味しさを閉じ込めての発送です。
カットタイプの300g(写真)と、箱入り2kg、同じく箱入り5kgでの販売定です。

↓今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ↓

「FLCパートナーズストア」
牛島さんちの有機栽培『水田ごぼう』



a0254656_16091716.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんの『水田ごぼう』を栽培する田んぼの中の1ヶ所です。
通常、畑で栽培するごぼうを、水田(田んぼ)で育てています。

a0254656_16124004.jpgちょっとアングルが違いますが、こちらは8月中旬の様子です。
収穫(ごぼう掘り)を終えると、田植えの準備をして同じ圃場でお米を育てるのです。

a0254656_16151360.jpg田んぼとして使用しながら、水をはることで病気や害虫を駆除することができます。
稲刈りを終えると、有機肥料をふんだんに与え、今年も無農薬、無化学肥料で『水田ごぼう』を栽培しました。

a0254656_16264354.jpgこれは以前取材した、収穫(ごぼう掘り)の様子です。
「牛島農園」代表の牛島武文さんが、ごぼう掘り専用の機械を使って、次々に掘り上げています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16373792.jpgもちろん、「牛島農園」さんの有機栽培『水田ごぼう』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫の様子はもちろんのこと、種まき前の畝立てや、成長の過程などその全てです。

a0254656_16393097.jpg「牛島農園」代表の牛島武文さんです。
「牛島農園」さんでは、40年ほど前から、安全な食を追い求めて、こだわりの有機栽培、減農薬栽培で様々な作物を育てています。

a0254656_16421506.jpg有機栽培では、本日ご紹介する『水田ごぼう』の他に、『キャベツ』、『白菜』も栽培しています。
JASも取得しています。
また、減農薬栽培のイチゴ、『完熟紅ほっぺ』も栽培しています。

a0254656_16482567.jpgごぼう掘りの際に、牛島さんとこんなやり取りをしました。
「こうしてちょっと土をよけると見てごらん!ごぼうは白かとばい!それだけじゃなか!水田ごぼうは柔らかかとたいね!」

a0254656_16500144.jpg「ほら!こぎゃんしなるほど柔らかかとだけん。それに、田んぼのふかふかの土で育てると、ストレスのなかけん、香りも際立ってうまかごぼうのでくっとたい。」
牛島さんの言葉(熊本弁)をそのまま書きましたがお分かりいただけましたか?(笑)

a0254656_16531499.jpgしかし、ただ単に水田で育てたからと言って、こんなにもまっすぐで、柔らかく、香りが際立ち、美味しいごぼうができるのではありません。
そこには、長年の経験と惜しまぬ手間ひま、そして匠の技があるのです。

a0254656_16571843.jpgその中の作業の1つを簡単に説明します。こちらは、11月中旬のごぼうの種まき前の耕運と畝立ての際の様子です。
専用の機材を使って、地中深くまで掘り返しながら畝を立てています。

a0254656_16592297.jpg畝の部分から、掘り返したところまで合わせると、約70cmほどがふかふかな土になっています。
その土の中で、ストレスなく育つごぼうだからこそ、まっすぐで柔らかく、香り高い美味しいごぼうとなるのです。

a0254656_17014388.jpg「牛島農園」さんの無農薬、無化学肥料で育てた、有機栽培の『水田ごぼう』は、ぜひ、素揚げで召し上がって頂きたいです。
ゴボウの香り、食感、旨さが最大限に活かされると思います。
この時は、ちょっと気取って抹茶塩を用意しましたが、食べやすい大きさに切り、素揚げにして軽く塩をふれば、お酒にも会いますしご飯のおかずにもなりますよ。

a0254656_17044025.jpgもちろん、定番のきんぴらごぼうや肉巻きごぼう、お肉との甘辛煮(写真手前)、酢ごぼう(写真奥)などなど、バリエーション多くお召し上がりください。
水田を深くまで掘り返した土で、ストレスなく育ったごぼうだからこその美味さがあります!

a0254656_17085353.jpg「FLCパートナーズストア」では、「牛島農園」さんの、完全無農薬・完全無化学肥料の有機栽培で育てた『水田ごぼう』を、平成30年度もネット独占販売しています。
ただし、毎回の出荷量を制限した、完全予約制、数量限定での販売です。
「牛島農園」さんの有機栽培『水田ごぼう』のご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
# by flcps | 2018-05-08 17:11 | 有機栽培の水田ごぼう | Trackback | Comments(0)