人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!

FLC日記 2020年3月21日(土) 晴れ

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17050796.jpg熊本県菊池郡大津町にある「株式会社中野畜産」さんの牧場に伺いました。
「中野畜産」代表取締役の中野保明社長がこう話しました。
「牛たちがメインで食べる牧草は、全て自分たちで栽培したものを与えています。手間ひまや労力などを考えると、牧草も購入すればいいことでしょうが、やっぱり自分で育てた牧草を与えたいじゃないですか!現在成長中なので、牧草を刈り取る際にはぜひまた取材に来てください。」

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17085159.jpg

熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の販売に向け全力準備中です!

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17094349.jpgまずは、「中野畜産」さんが育てた黒毛和牛を100%使用した、手ごね、手成形の『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の販売の準備を進めています。
その美味しさを伝えるために、まずはその牛たちが育つ環境を現地取材しています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17312042.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、自らも農業を営みながら、弊社で販売する商品の全ての生産地に年間を通して伺い、その育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまを紹介しています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17323140.jpgもちろん「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』を作る工程も現地取材してきました。
今回は、牧場を現地取材した様子の紹介です。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17161765.jpg「中野畜産」さんの牧場です。
年間出荷する黒毛和牛は、10頭ほど!
その他に、赤牛やホルスタインも飼育しています。
今回の取材では、エサやりの時間帯に伺って、その様子を見て、話を聞いてきました。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17202722.jpg黒毛和牛の繁殖も行っていて、この子はもちろんここで生まれた子牛です。
ですから、子牛、繁殖牛、肥育牛といずれもこの牧場にいます。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17223725.jpg毎日決まった時間にエサを与えます。
まずは、自らが栽培した牧草を与えます。
作業は、この重機を使って行います。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17244915.jpgさすがに毎日行ている作業だけあって、手慣れたものです。
牛たちが仕切られた場所に、順番に与えています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17265133.jpg牛たちは重機の音に慣れていて、むしろその音でエサの時間がわかりエサ場によってきているようです。
自分で育てた牧草なので、自信をもって与えているようです。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17344572.jpgその作業が終わると、
「笠さん!ちょっとこっちによかですか?牛たちのエサは、あくまで牧草がメインです。ただ、それだけでは補えないものは購入したエサで与えるんです。」

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17365053.jpg「牛たちが待っているので、運びながら話しますけど、牛の品種は別として、ここには大きく分けると3種類の牛がいるんです。子牛、繁殖牛、肥育牛です。」

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17431234.jpg「ですから、それぞれにあったエサを与えるんです。子牛は子牛用の栄養補助のエサ、繁殖牛の栄養補助のエサ、肥育牛の栄養補助のエサと言った感じです。」

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17471566.jpg「1頭1頭、その食べっぷりや動きなどを見て、ストレスを感じていないか?体調はいいのか?毛の艶や体の成長具合など日々観察しています。」

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17501128.jpg「以前は年間100頭の黒毛和牛を生産していました。すると、毎日作業に追われて牛たちをしっかり観察するなんて、正直言ってできていませんでした。そうなると、もちろん病気になる牛も出てきました。今はほとんど病気になる牛がいません。しっかりと手をかけて育てることがいかに大事かって痛感しています。」

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17532333.jpg中野社長のお話通り、牛たちは全くストレスを感じず育っているようです。
私がカメラを手に近づいても、むしろ牛たちの方から近寄ってくるほど、のんびりと暮らしています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17552413.jpg出荷数をピーク時の10分の1にまで減らし、現在は年間たったの10頭ほどの黒毛和牛を生産しています。
本当に良い牛を育て、本当に美味しいお肉を提供したいと言う、中野社長の強い思いから一念発起しました。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_17583281.jpg生産数を10分の1にすることと同時に、「中野畜産」さんは直売店を作りました。
安定した品質の牛肉を、お店で販売したり食事の提供も行っています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_18042659.jpg直売所の陳列棚にはお肉が一切ありません。
注文を受けてからカットすると言うことにこだわり販売しています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_18061844.jpgただ、ハンバーグだけはすぐに用意することができないので、まとめて製造し冷凍保存しています。
「FLCパートナーズストア」では、「中野畜産」さんの熊本産黒毛和牛A5ランクのお肉を100%使って作られた『ハンバーグステーキ』をまずは販売しようと準備中です。
その後は、ステーキ用のお肉、すき焼き用のお肉、焼き肉用のお肉の販売も行っていこうと思っています。

熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向けて 「中野畜産」の牧場を現地取材!こだわりのエサについて!_a0254656_18105573.jpg何はともあれ、まずは『ハンバーグステーキ』です。
絶妙な大きさと厚みにこだわっているため、素人の私が焼いてもふっくらとジューシーにできるんです!
その美味しさそのままにお届けするための配送や、スムーズなご注文体制などしっかりと整え販売を開始したいと思っています。
販売スタートまで、もう少々お待ちください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-03-21 18:17 | 黒毛和牛 | Trackback | Comments(0)

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!

FLC日記 2020年3月20日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年(令和2年)もネット独占販売いたします。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17124537.jpg

今年は6月上旬からの出荷予定です。
そしてもちろん、赤果肉、黄色果肉をそろえて出荷いたします。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17151102.jpg赤果肉2玉入り、黄色果肉2玉入り、そして、大好評の赤果肉1玉+黄色果肉1玉の2色セットも販売いたします。
本日のブログでは、6月上旬の出荷に向け、定植直後の様子を現地取材してきましたので紹介いたします。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17335975.jpgここは熊本県山鹿市鹿央町にある、匠の農家さん「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスです。
今回も「岡山農園」の岡山佑大さんに取材協力いただきました。
「この時期はまだ寒いので、ビニールハウスの中に小さなビニールハウスを作り、その中にはさらにキャップをしています。」と佑大さん。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17385300.jpg「笠さん!ちょっとだけなら良いので、中の苗たちも見ていってください!」
佑大さんはそう言うと、ビニールを開けキャップを外してくれました。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17423781.jpgそこには、有機肥料をふんだんに与えた元気な土で育つ、定植したばかりの苗たちがいました。
「昨日定植したんですよ!今年は定植作業の様子の取材ができませんでしたね。」と佑大さん。
「昨年の写真でその様子を紹介することにします。」と答えました。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17470338.jpgその様子がこちらです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17482864.jpgもちろん「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培の様子も、苗床や接木、定植やその後の成長の様子など、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17495904.jpg苗を運んでいたのが佑大さんのお父さんの岡山忠和さんです。
「岡山農園」さんではこの苗たちも自らの苗床で育てています。
ちなみにこの苗たちは冬瓜に接木した『黒小玉スイカ』の苗たちです。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17540888.jpgこちらからは今年の様子です。
根を張る力が強い冬瓜の苗に、『黒小玉スイカ』の苗を接木します。
その証拠に根っこ近くには双葉が2セット(4枚)ありますよね。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17561530.jpg「最初に定植する苗たちは、温度管理がしやすい単棟のハウスで育てます。さらに“キャップ”をかけて、苗の周りの温度と湿度を一定に保つようにするんです。」
「今年も初回発送分から、赤果肉も黄色果肉もあるんですよね?」と尋ねると、
「えぇ!右と左に分けて栽培していますよ。」と佑大さん。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17592910.jpg「『初回発送分で赤と黄色の2色でお願いします!』って、もうメールやお電話で予約頂いていますよ。」と言うと、
「うわぁ!それは嬉しいですね。がぜんやる気が出てきました。」とこの笑顔。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_18063473.jpgこちらは以前取材した5月下旬の『黒小玉スイカ』たちです。
こうして見事に育ち、収穫を迎えるまでには、これからたくさんの惜しまぬ手間ひまが必要です。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_18084372.jpg取材同日に撮影した、先に定植を終えている大玉スイカのつる引き作業の様子です。
佑大さんのお兄さんの岡山和功さんがその作業をしています。
定植後は“芽カギ”や“つる引き”、“交配(受粉)”、“摘果”、“玉返し”などなどたくさんの作業を要しあの至高の『黒小玉スイカ』が出来上がるのです。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_18122451.jpgつる引き作業は別のハウスでも行われていました。
「岡山農園」さんは、岡山和功さん、祐大さんのご兄弟と、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)で、春から夏にかけては、熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』と、高級メロン『肥後グリーン』を生産する匠の農家さんです。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_18130693.jpgお父様、お母様の豊富な経験と高い技術力に、若いお二人の研究心と惜しまぬ手間ひまが大きな力となり、最高級のスイカ・メロンを育てています。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_18153779.jpg『肥後グリーン』の出荷が始まる、6月中旬からとなると思いますが、今年も大人気のスイカとメロンのコンビも販売予定です。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの熊本スイカ『黒小玉bonbon』をネット独占販売いたします。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_18140115.jpg今年も数ヵ所のハウスで、収穫時期をずらしながら栽培しています。
赤果肉、黄色果肉共に、6月上旬からの出荷予定です。
現在、いずれも惜しまぬ手間ひまと匠の技で元気に成長中です。
「岡山農園」さんの熊本スイカ『黒小玉bonbon』に今年もご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-03-20 18:19 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!

FLC日記 2020年3月19日(木) 晴れ一時雨のちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和2年)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、熊本産、幻の白い『長生たけのこ』をネット独占販売いたします。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_17104424.jpg
朝掘り収穫、即日発送の生の『長生たけのこ』は、まもなく予約受付をスタートし、4月上旬より出荷予定です!!

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_17111368.jpgまた幻の白い『長生たけのこ』で作った『干したけのこ』は、現在も数量限定で好評販売中です。
「普通のたけのこじゃん!」と思われたあなた!!
この写真を見てもそうでしょうか?

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_1713015.jpg
幻の白い『長生たけのこ』は、独特な粘土質の赤土と、「小春農園」さんの、年間を通し徹底管理し栽培する“たけのこ畑”で育て上げられたたけのこです。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_17081961.jpgやはり、“幻の”と言われるほどのその白さが目を引きますが、たけのこの穂先(先端の葉っぱ)をご覧ください。
まだ太陽の光を浴びていないので、このように黄色いのです。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_17095334.jpgたけのこの白さも魅力の1つですが、その美味しさがたくさんのリピート購入のお客様を呼んでいます。
100%地中のものを朝掘り、即日発送でお届けしますので、新鮮さはバツグンで、柔らかくて歯ごたえのある食感もお楽しみください!!

まもなく先行予約の受付をスタートいたします。
令和2年の初出荷は4月上旬の予定です。(今年も数量限定の完全予約制での販売です)

詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
幻の白い『長生たけのこ』


幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_17144414.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう。
幻の白い『長生たけのこ』は、熊本県山鹿市鹿北町の長生(ながそ)地区にある、匠の農家さん「小春農園」さんの特別な「たけのこ畑」で生産されています。
ちなみにここは「小春農園」のスタッフの皆さんと、私しか知らない秘密の場所です。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_17154672.jpg「小春農園」さんでは、年間を通して徹底管理し作り上げた竹林を、「たけのこ畑」と称しています。
たけのこができるのではなく、育てているのです。
この微妙に太陽の光が射す空間をプロデュースし、有機肥料と不足しているミネラルを与え作り上げ、完全無農薬栽培で育てているのです。
しかし、どんなに年間を通して徹底管理しても、あの真っ白なたけのこは育ちません。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_1883763.jpgこの地に地中深くまで堆積している、この独特な粘土質の赤土こそが、真っ白なたけのこを育てます。
ここの他にも「小春農園」さんの“たけのこ畑”はありますが、そこではあの真っ白なたけのこはできないのです。
他にないこの土壌こそが、“幻”と称される所以なのです。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_17201619.jpg昨年の初収穫(たけのこ掘り)の際に撮影した、「小春農園」代表の小原正宏さんと、息子さんで専務の小原将輝さんです。
私は、幻の白い『長生たけのこ』を育てる様子も、収穫の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_17234233.jpg「小春農園」さんでは、この2人の“匠”が中心となり、様々な“本物”と呼べる農作物を生産しています。
本日ご紹介している、幻の白い『長生たけのこ』の他にも、現在大好評発売中なのが、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』(写真)、究極の柑橘『せとか』があります。
その他にも『甘熟イチジク』、『ザ・みかん』、『干したけのこ』、『原木しいたけ』、『乾燥原木しいたけ』などを生産していて、いずれも「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_17235590.jpgいずれも、その美味さもさることながら、美しさが大人気です。
特に、この柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』は、数ある弊社の商品の中で、リピート率ダントツ1位の看板商品となっています。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_18205627.jpg『デコポン』の人気に、急接近中のはなまる人気上昇中なのが、『プリンセスせとか』です。
全ての柑橘のいいとこどりし多様なまさに“究極”の美味さをぜひ一度ご賞味ください!
詳細は、「FLCパートナーズストア」のホームページをご覧ください。

ホームページはこちら



幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_18312096.jpg「小春農園」さんでは、“たけのこ畑”で収穫したたけのこを使った『干したけのこ』も生産しています。
『干したけのこ』は、たけのこをカットし乾燥させたもので、全国的には知名度は低いのですが、九州(とりわけ熊本)では、割とポピュラーな食材です。
水またはぬるま湯で戻すだけで、様々な料理に活用できます。

<調理例>
★みじん切り→餃子の具材として
★細切り→チンジャオロース
★短冊切り→メンマ
★千切り→きんぴら
★大きめに切って→煮物
★小口切り→たけのこご飯
クックパッドで検索したら、干したけのこで247件、乾燥たけのこで122件もの調理例が出てきました。


幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_18382694.jpg『干したけのこ』用のたけのこの収穫は、4月下旬ごろに行われます。
このように、ある程度たけのこが伸びた(成長した)ものをで、その最も柔らかい部分をのみを使用します。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_18501974.jpg収穫したその日にすぐに加工に移ります。
皮をむき、きれいに切りそろえて、茹でて、乾燥させるのです。
最後に、天日干しをして、美しいあめ色に仕上げるのです。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_18495735.jpg『干したけのこ』は、食物繊維の塊のようなもので、近年、多くのテレビや雑誌でも取り上げられている、大注目の健康食品です。
一昨年は、販売スタートと同時に、まさに飛ぶように売れ、1年分と予定していた『干したけのこ』が、わずか3週間ほどで完売しました。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_18545665.jpg今年は、「小春農園」さんにお願いして、かなり生産量を増やしていただきましたので、現在も残りわずかとなりましたが販売中です。
さて、令和2年の幻の白い『長生たけのこ』は、現在元気に成長中です。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_17283892.jpg3月上旬に行われた肥料散布の様子も取材してきました。
この時期には、不足しているミネラルと鶏糞(有機樹肥料)を与え、今年のたけのこを仕上げるのです。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_17350205.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「今年はたけのこは早かと思われるばってん、笠さんとこのお客さんにはピシャッと良かとば出したかけん、例年通りの4月上旬からの出荷にするけど良かね?」とのこと。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_17394774.jpg私は「小春農園」さんを100%信じてますので、2つ返事で了解しました。
ちなみに写真は昨年4月上旬の収穫の際の1コマです。
小原将輝専務が掘り上げたたけのこの見事なこと!
こんなたけのこを4月上旬より出荷いたします。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_190741.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんが育て上げた、幻の白い『長生たけのこ』をネット独占販売いたします。
まもなく先行予約受付スタートし、4月上旬より収穫及び出荷の予定です。

幻の白い「長生たけのこ」 今年も順調に成長中!!令和2年は4月上旬からの出荷予定です!_a0254656_1921556.jpgそしてもちろん今年も、もれなく彩りを飾る「山椒の新芽」、下茹でようの「米ぬか」、「唐辛子」をプレゼントしてお届けいたします。
毎年、大好評頂いているたけのこご飯セット(『長生たけのこ』と熊本のお米『七城米』のセット)の販売も致します。
もちろんお買い得な価格での販売です。
幻の白い『長生たけのこ』の初出荷は、あと2週間ほどとなりました。
今年も「小春農園」さんの、幻の白い『長生たけのこ』にもご期待下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-03-19 17:46 | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!

FLC日記 2020年3月18日(水) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」の大人気商品、スイカの匠たちが育てた『熊本産スイカ』の第一弾の先行予約の受付をスタートいたします!
夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_17124007.jpg

まずはスイカの匠「大山ファーム」さんの『夢スイカ』、小玉スイカ『ひとりじめHM』です。
明日(3月19日)、12時よりホームページでの予約受付開始です!

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_16594942.jpgスイカの匠「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめHM』は、弊社の大人気商品です。
令和2年は、3月下旬または4月上旬からの出荷予定です。
実は、まだ初回の出荷予定日が確定していません。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_17172649.jpg毎年、出荷日が確定してからホームページでの受付をスタートしていましたが、昨年同様、なにせお電話やメールで「スイカはまだですか?」「もう予約ができますか?」などと言ったお問合せが多く、電話やメールの対応にてんやわんやで、今年も急きょホームページでも受付を始めることにしたのです。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_17341771.jpg「大山ファーム」さんは小玉スイカ『ひとりじめHM』と大玉スイカ『春のだんらん』を生産していますが、今回、先行予約の受付をスタートしたのは小玉スイカ『ひとりじめHM』のみです。
大玉スイカ『春のだんらん』は、例年通り初回出荷日が決定し次第、予約受付をスタートいたします。
毎週火曜日と金曜日の出荷を予定しています。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_17363525.jpgお電話やメールでのご注文の方も含め、発送はご注文順に行います。
毎回の出荷数を限定しての発送で完全予約販売です。
スイカの匠「大山ファーム」さんの、小玉スイカ『ひとりじめEX』は、今年も、「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です。
明日(3/19)12時より、先行予約の受付をスタートします!!

注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_17203444.jpg通常、スイカは、糖度が11度を超えると美味しいスイカ。
糖度が12度を超えると、とても美味しいスイカと言われています。
「大山ファーム」さんの、昨年の初出荷の小玉スイカ『ひとりじめEX』は、なんと、糖度が14.5度もありました!!
毎年4月中旬位までは、14度を超えていて、スイカでは、驚異的な糖度の高さです。
ですから、いうならば、“めちゃくちゃ美味しいスイカ”なのです。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_17244618.jpgそんな、驚異的な糖度の、めちゃくちゃ美味しいスイカですから、有名フルーツショップの「千疋屋」さんで、最高級スイカとして販売された実績を持っています。
当然、その際はビックリするくらいのお値段で販売されていたらしいです!

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_17200409.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある「大山ファーム」さんのスイカの栽培場(ハウス)の1つです。
ここでは小玉スイカ『ひとりじめHM』が栽培されています。
「大山ファーム」さんでは、土壌微生物活性材『夢』を使って、元気で土壌バランスの良い土を作り、『夢』ブランドの「熊本スイカ」「熊本キュウリ」をハウス栽培で育てています。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_17564296.jpgスイカの横に、様々な色の棒が立てられているのが分かりますか?
それらは、収穫時期の目安とするための“着果棒”と言うものです。
徹底管理し、ベストな状態の出荷をするためのものです。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_17233075.jpgスイカの果実がきちんと着果し成長し始めたことを確認すると、この“着果棒”をたてます。
交配(受粉)をした日をめどに出荷しますが、3日も交配日が違えば、スイカの美味しさが大きく変わってくるため、その種類はなんと10色もあるんです。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_17490535.jpgこちらは大玉スイカ『春のだんらん』の交配作業の様子です。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
「大山ファーム」代表の大山陽一さんが、最も花が元気な午前中の10時から11時の時間帯に、雄花を摘み取り、1つ1つ雌花に受粉していく交配作業を行っています。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_17492974.jpgミツバチを使って交配をさせる農家さんも多いようですが、「大山ファーム」さんは、出荷のタイミングを徹底管理するため、こうして手作業で交配を行うのです。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_18060859.jpgこちらが、交配の様子です。
摘み取った雄花の花粉を、雌花の柱頭につけるのです。
付け終わると、交配を終えた目印に、毛糸を置いていきます。
毛糸の色は、もちろん着果棒の色と同じ10種類です。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_18064335.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_18103260.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
こちらは、『ひとりじめEX』の定植直後の小玉スイカ『ひとりじめHM』の苗たちの様子です。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_18135971.jpg定植後は徹底した温度管理、芽カギやつる引きと言った様々な作業と惜しまぬ手間ひまをかけ育てていきます。
そして、ベストな花の時期に交配(受粉)作業を行うのです。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_18155898.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカは18節目の雌花に、大玉スイカは20節目の雌花に交配させます。
その徹底ぶりが、美味しいスイカを育てるのです。そして、果実が成長し、着果を確認すると、こうして着果棒を立てます。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_18261083.jpgこちらは、まもなく収穫を迎える、小玉スイカ『ひとりじめHM』の栽培ハウスの現在の様子です。
ハウスの中で、中央の通路とハウスの端との間の、最も日が当たる場所に並んで元気に育てられていました。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_18281774.jpg最初に収穫を迎える、赤い着果棒の『ひとりじめEX』です。
すでに、スイカ全体にきちんと色がついていますね。
「大山ファーム」さんでは、満遍なくスイカの果皮に色を付け、スイカ全体が美味しくなるように、1つにつき5回または6回の玉返しを行います。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_18304015.jpg玉返しとは、スイカの果実にまんべんなく日が当たり、黒と緑のストライプがきれいに入り、果肉の糖度も全体的に広がるようにする作業です。
大山さんは、いつもこう話します。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_18465297.jpg「出荷する時に、「あの時もう少し手ばかけてやればよかった・・・」なんて後悔だけは、絶対にしたくなかけんね!!美味しいスイカを育てるためには、俺は絶対に妥協せんよ!!」
いつも、明るく冗談ばかりを言う大山さんが、その時ばかりは匠の表情で話すのです。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_18542516.jpg「笠くん!出荷日は今年も俺に任せてくれんね!まずは小玉スイカ『ひとりじめEX』の試し割りばして、糖度ば測るけん、それで、味と食味ば確かめてからになるたいね!どうしても、納得できんスイカは出したくなかけん、それ次第じゃ当初の予定から、出荷日ばずらしてもらうかもしれんばい!!」
私は、もちろん全てを了解しました。
スイカの匠「大山ファーム」代表の大山陽一さんを私は100%信頼しているので、大山さんの言葉は絶対なのです!

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_18231776.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(令和2年)も「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売いたします。
3月下旬または4月上旬から発送予定の小玉スイカ『ひとりじめEX』の先行予約受付を明日12時よりスタートしす。

夢スイカ 令和2年の熊本産小玉スイカ「ひとりじめHM」明日12時より先行予約受付をスタートです!!_a0254656_18215466.jpg4月中旬からは、同じく「大山ファーム」さんの、大玉スイカ『春のだんらん』も出荷予定です。
スイカの匠は、今年も一切の妥協を許さず、“本物”と呼べるスイカを育てています。
いずれも、数量限定の完全予約制での販売です!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
“本物”と呼べる美味さをぜひご賞味ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-03-18 17:52 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子

FLC日記 2020年3月17日(火) 晴れ時々くもり
昨日(3/16)、熊本県山鹿市久原にある「社方園(しゃかたえん)」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の栽培ハウスに、現在の様子を現地取材に伺いました。
この時期は、芽吹いた新芽の芯を止める作業を行っています。
熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_17050633.jpg


熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_17304124.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、令和2年度もぶどうの匠「社方園」さんが育て上げた、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_17222784.jpg「社方園」さんでは、ボイラーを焚くハウス、加温しないハウス、そして屋根のためのハウスなどで、収穫時期をずらしながらぶどうを栽培しています。
この日伺ったのは、ボイラーを焚き加温する割と成長が早いハウスです。

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_17243966.jpg昨日のブログに続き、その作業の様子を紹介いたします。
伺ったこの日は「社方園」園主の社方武路さんやお父さんで初代園主の社方義武さんは所用で出ていて、武路さんの奥様の社方美里さんが一人で作業を行ていました。
「かなり細かい作業のようですね!」と言うと、

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_17265828.jpg「そうですね!1つ1つ芽吹いた後の成長の具合も違うので、きちんと確認しながら行っています。」と美里さん。
ホコリ防止のためのサングラスとマスクをつけ、手際よく作業を行っています。

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_17291675.jpgこれがぶどうの花芽です。
この後花が咲き、ぶどうの果実が実るのですが、美味しく、大きく、甘く実らせるためには、まだまだたくさんの匠の技が必要です。

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_17343573.jpgそのお話はまた後日詳しく紹介するとして、本日は“芯止め”作業の様子を紹介します。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_17354741.jpg「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「この右手の人差し指で指してるとこが芯(成長点)です。これを切る作業が“芯止め作業”なんです。」と美里さん。

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_17382560.jpg「え!せっかく芽吹いて今元気に成長している“芯”を止めちゃうんですか?」と尋ねると、
「驚きですよね!私も嫁いできて、最初にこの作業を教えてもらった時には、「なんで?」ってびっくりしましたもの!(笑)」

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_17405627.jpg「芯を止めることによって、花芽に成長が行くでしょ?この時期にしっかりと良い花を咲かせるようにするためです。花芽の上に3枚の葉っぱを残して芯を止めるんです。」

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_17464635.jpg「1つ1つ確認しながらですか?」とまた尋ねると、
「そうです。ちょうど笠さんが写真撮っている芽はまだ花芽が芽吹いたばかりで、上に3枚の葉はできてないのでまだ芯を止めません。」

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_17511730.jpg「そうなるとまた別の日に行うんですか?」とさらに尋ねると、
「そうなりますね。1つのハウスで最低でも3回はチェックしながら作業を行いますよ。成長はそれぞれ違うから、私たちがそれらに合わせて作業をしないといけませんからね!」

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_17534622.jpg芯止め作業は時には制法道具の糸切りバサミ、時にはそのまま素手でとそれぞれに応じながら臨機応変の匠の技の惜しまぬ手間ひまで進められていました。

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_18103144.jpg私は収穫の頃を思い浮かべて1つの疑問をいだきました。
1つの新芽から成長した結果枝に1房だけ実っています。
芯を止めたらあのぶどうの先の枝はどうやってできるのだろうか?

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_18122742.jpgさて、その答えはこの後の成長を現地取材して、また後日詳しく紹介することとしましょう!
私はぶどうの匠「社方園」さんの、ぶどう栽培において一切の妥協を許さないその姿勢と、数々の匠の技、そしてもちろん育てられたぶどうの美味しさに惚れ込んで弊社でネット独占販売させていただいています。

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_18171954.jpg今年の成長の様子や匠の技はもちろん現地取材で紹介します。
「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の代名詞ともいえる、黒ぶどうの『ピオーネ』と並ぶ、大人気商品が『シャインマスカット』です。
『シャインマスカット』は、数ある果物をおさえて、なんと今年も売れ筋ランキングで1位(8年連続)となった、大人気フルーツなんです!!(日本農業新聞トレンド調査より)

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2020 後編:芽吹き後の芯止め作業の様子_a0254656_18195039.jpgこちらは現在、人気はなまる急上昇中の赤ぶどう『クイーンニーナ』です。
ぶどうは糖度が18度ほどと、フルーツの中でも高い糖度を誇りますが、『クイーンニーナ』はなんと22度も糖度がり、酸味はほとんど感じられず、とにかく甘~い!んです。
「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』は、もちろん今年も、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売いたしす。
今年も、初回発送は7月7日の予定です。
今年の『山鹿のぶどう』にも、ぜひご期待ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-03-17 18:27 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)