人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!

FLC日記 2021年10月5日(火) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、「FLCパートナーズストア」では、今年(令和3年度)も太秋柿の匠、「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売しています。
すでにたくさんの先行予約を頂いていて、現在は受注調整中で売り切れとしています!
本日、今期の初出荷をいたしました!

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_18384526.jpg


太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_18393534.jpg毎年、ほぼ10月10日より出荷をスタートしていましたが、今年は例年よりも5日早い初出荷です。
ご注文(ご予約)順に、毎週火曜日と金曜日に出荷し、翌日もしくは翌々日のお届けです。

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_17432194.jpg『太秋柿』は、梨のようなサクサクっとした食感!ぶどうのような糖度18度をも超える甘さ!で、秋のフルーツの王様と呼ばれています。
とりわけ、「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』は、さらに糖度が高く、今年もすでに、予約受付スタートと同時に、全国のお客様からたくさんのご注文(ご予約)を頂戴している大人気商品です。

詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『太秋柿プレミアム』


太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_17340739.jpg『太秋柿』は、熊本県が生産量日本一です。
全国生産量の約半分を占めています。
『太秋柿』の“本場”と言える大産地の”熊本県”にある、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の「古川果樹園」さんは、『太秋柿』を育てて25年にもなる、まさに『太秋柿』の匠の農家さんです。

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_17404558.jpg惜しまぬ手間ひまをかけ、一切の妥協を許さず育てられた『太秋柿』は、至高の逸品です!
その甘さは、なんと驚きの糖度18度以上にもなりますが、その爽やかな甘さは絶品です!!

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_17541920.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している『太秋柿』は、『太秋柿』の匠「古川果樹園」さんが育て上げた『太秋柿』から、さらに選びに選び抜いた、“極選の”『太秋柿プレミアム』です。

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_18061414.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の「古川果樹園」さんの柿園です。
『太秋柿』を栽培する農家さんはたくさんありますが、その栽培方法は様々です。

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_18462103.jpgこちらは、下の段と称している「古川果樹園」さんの柿園の8月下旬の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_18472070.jpgもちろん「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培の様子も、もう何年も、年間を通して、現地取材してきました。
「古川果樹園」さんはいずれの柿園も、全体をネットで覆っています。

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_18475005.jpgそれには、大きな理由が3つあります。
野鳥や野生動物の侵入を防ぎ、台風などの強風から果実を守り、『太秋柿』が実る枝1本1本を全てひもで吊るすためのネットなのです。

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_19005599.jpg「古川果樹園」さんでは、着果した太秋柿のなんと6割以上も摘果で落とし、残りのたった4割だけを大事に大事に育て上げます。
『太秋柿』を実らせる枝、1本1本全てをひもで吊るし育てるのです。
写真は真夏に行う、摘果と枝吊り作業の様子です。

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_18493809.jpg惜しまぬ位手間ひまをかけ、今年も大事に大事に育ててきました。
今年は花の時期も早く、例年より5日ほど早い初出荷となりました。

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_19113522.jpg「古川果樹園」の古川孝人さん、アツ子さんご夫妻です。
仲良しご夫婦の二人三脚で、徹底的に手をかけた、他に類を見ない栽培方法で育てられるからこそ、あの美味しさが生み出せるのです。

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_18335279.jpg「FLCパートナーズストア」に出荷いただく『太秋柿』は、匠の目で選び抜かれた『太秋柿プレミアム』です。
この傷のようなものは、太秋柿特有の“縄文”と呼ばれるものです。

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_18365496.jpgこれが“縄文”です。
太秋柿の果皮を取り囲むように出てきて、一説には縄文がある方が美味しい!などと言われますが、どうしても熟すのが早いので、その“縄文”ができるだけ少ないものを、弊社のお客様へと出荷いただいています。

太秋柿プレミアム 令和3年度の初出荷をしました!例年より5日早い出荷スタートです!_a0254656_1953646.jpg「FLCパートナーズストア」で、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
今年も先行予約の受付スタートと同時に、リピート購入いただくお客様分で注文が殺到し現在は受注調整中となっています。
また、ご注文(ご予約)頂いたお客様には、順次発送中です。
朝採りの『太秋柿』から選び抜き、お届けしています。
現在のご予約状況と、これからの収穫数を考慮し、ご注文をさらに承ることができる際には、ホームページにアップします。
これからも、このブログ及び「FLCパートナーズストア」のホームページを要チェックですよ!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2021-10-05 18:57 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!

FLC日記 2021年10月4日(月) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた、熊本県菊池市、菊池水源産のエゴマの実を使用した『えごま油』、白エゴマ油『ピュアホワイト』及び『焙煎えごま粒(実)白・黒』を販売しています!

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_16475381.jpg
令和2年度産の白エゴマ油『ピュアホワイト』及び『焙煎えごま粒(実)白・黒』は、すでに完売しています。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_18334183.jpg現在は、同じく完全無農薬・完全無化学肥料で育てた、熊本県菊池市、菊池水源産のエゴマの実を使用した『えごま油』のみを数量限定で販売中です。
定数になり次第、予告なしで完売となりますので、ご注文はとにかくお急ぎ下さい!

今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
菊池水源産『えごま』


令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_18361640.jpg大変ありがたいことに、令和3年産のエゴマから作る『えごま油』『エゴマ粒(実)』ともに、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
とりわけ、弊社のオリジナルブランド商品、白エゴマ油『ピュアホワイト』は、α-リノレン酸の含有量が、65.3%と非常に高いため、かなりの人気商品となっています。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_18375828.jpgこちらは、9月上旬の白エゴマの花の様子です。
『えごま油』や『エゴマ粒(実)』は、シソ科の植物“エゴマ”の種子から作られてものです。
『えごま油』や『焙煎えごま粒』に含まれる、“α-リノレン酸”は、私たちが生きていくうえで欠かせない必須脂肪酸です。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_17002928.jpgしかし、“α-リノレン酸”は、体内で生成することができないため、食品として接種する必要があるんです。
“α-リノレン酸”を多く含む食材として注目されているのが『えごま』なんです。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_17003790.jpg“α-リノレン酸”は、脳や血管に良いと言われ、テレビでも「血管の救世主」、「パーキンソン病やアルツハイマーなどの脳疾患の予防に良い」と多くのテレビ番組やメディアで紹介されています。
さらには、癌の予防・制御や、アレルギー体質の改善、ダイエットやメタボ対策にも効果的だと言われています。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_17033591.jpg「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源産の無農薬・無化学肥料で育てた『エゴマ油』と、『焙煎エゴマ粒(白・黒)』を毎年販売しています。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_18411955.jpg現在、秋の実りを迎え、まずは中生品種の白エゴマの収穫を行っています。
これからしっかりと乾燥させ、脱穀→唐箕がけ→洗浄→乾燥→選別の工程を経て、『えごま油』は搾油工程へ、『焙煎えごま粒』は焙煎工程へ進み、平成30年度の『えごま油』や『エゴマ粒(実)』の出荷となります。
順調に進めば、来年1月上旬には出荷予定です。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_17082807.jpg昨日のブログで、収穫の様子と収穫後の工程についてお話ししました。
写真は以前の収穫の様子。
本日のブログでは、こだわりの無農薬栽培のこだわりと8月の予期せぬ長雨の被害についてお話いたします。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_18462010.jpgまずは、生産地と生産者を紹介しましょう!
ここは、熊本県菊池市、菊池水源にあるえごまの圃場(栽培場)の1つです(9月上旬撮影)。
1級河川菊池川の源流付近の、水の源の地区でエゴマを栽培しています。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_1841506.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、菊池水源産『エゴマ油』、『焙煎えごま粒』は、NPO法人『きらり水源村』の「エゴマ部会」のみなさんと一緒に生産しています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)も生産者の一人です。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_17263938.jpg「エゴマ部会」で生産しているのは、黒エゴマの実のため、白エゴマは、私及び有志の皆さんと共にこの菊池水源で生産しています。
写真は以前の白エゴマの収穫作業を行っていいる私です。
黒エゴマも白エゴマも、無農薬、無化学肥料栽培で育てることを前提としています。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_18472540.jpgですから、葉っぱは虫食いだらけです。
写真は、定植直前の苗床での苗の様子です。
葉っぱは様々な虫たちにかじられています。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_18485421.jpg黒エゴマの定植後1ヶ月ほどの様子です。
写真手前に幼い苗がありますが、それはヨトウムシにより定植後に苗を切られてところに、補植をしたため遅れているものです。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_18544631.jpg葉っぱをかじられようが、ヨトウムシに倒されようが、しっかり手をかけ大事に育ててきました。
今年は夏の長雨のため、背丈は例年より少し低いようですが、とても順調に育っていました。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_18560199.jpgしかし、その長雨は降雨量も含め、想像をはるかに超えました。
エゴマの栽培地はこのようにすっかり水につかってしまいました。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_19031474.jpg排水できるように畔を切り水はけを試みましたが、山から染み出てくる水が切れることなくたまり、こうして一部、根腐れで枯れてしましました。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_19053001.jpg長雨にも耐え頑張ったえごまたちを、今年も大事に収穫市営ます。
現在は白エゴマの収穫中で、黒エゴマはちょうど1ヶ月ほど後に収穫です。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_17544967.jpg私たちは、まずは自分たちが「安全で美味しいえごまを食べたい!」と言う思いから、完全無農薬、無化学肥料のエゴマの栽培をしています。
そしてそれらを、エゴマ油、エゴマ粒へと加工しているのです。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_17585066.jpg不純物を取り除いたエゴマの粒のみで、えごま油も焙煎エゴマ粒も商品へと加工しています。
無農薬、無化学肥料栽培の安全性と、それだけの手間ひまをかけ作るえごま油や焙煎えごま粒だからこそ、多くのリピート購入を頂く大人気商品となっているのです。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_18214095.jpg農薬や化学肥料を使用しない安全性にこだわり、不純物を取り除く手間ひまをかけた、エグミがなくとてもクリアな美味しいえごま油です。
「FLCパートナーズストア」で販売している『えごま油』『焙煎えごま粒』をぜひお選びください。
令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(後編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中! _a0254656_18030460.jpg
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページの『菊池水源産えごま』のページをご覧ください!
自信をもって販売している商品です。
今年は、作付面積を増やしていますので、一部枯れてしまいましたが、昨年同様の収量は見込めると思います。
令和3年度の『えごま油』『エゴマ粒(実)』にも、大いにご期待下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2021-10-04 19:09 | エゴマ | Trackback | Comments(0)

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!

FLC日記 2021年10月3日(日) 晴れ
令和3年産の『白エゴマ』の収穫をスタートしました!
例年より1週間ほど早い、9月30日からの収穫スタートです!

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18061666.jpg


令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18105339.jpg現在収穫を行っているのは、中生品種の『白エゴマ』です。
この小さな種子を集め、弊社のオリジナルブランド商品の白えごま油『ピュアホワイト』や『焙煎えごま粒(白)』に加工します。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_16475381.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた、熊本県菊池市、菊池水源産のエゴマの実を使用した『えごま油』、白エゴマ油『ピュアホワイト』及び『焙煎えごま粒(実)白・黒』を販売しています!

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18161705.jpg令和2年度産の白えごま油『ピュアホワイト』及び『焙煎えごま粒(実)白・黒』は、すでに完売しています。
現在は、黒えごまから搾油した菊池水源産『えごま油』のみを販売中です。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18161306.jpg熊本県菊池市、菊池水源で無農薬、無化学肥料で育てたエゴマから作った『えごま油』で、こちらも毎年完売する大人気商品です。
令和2年度産の最後の搾油分を販売中で、定数になり次第、予告なしで完売となりますので、ご注文はとにかくお急ぎ下さい!

今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
菊池水源産『えごま』

『白えごま』の収穫の様子に話を戻しましょう!
まずは生産地と生産者の紹介から!

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18420530.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源にある「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)が栽培している白エゴマ畑の1つです。
9月中旬の花の頃に撮影。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18435624.jpgこちらは一昨日の収穫中の様子で、生産者のネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)です。私も生産者の一人として、完全無農薬、完全無化学肥料で、中生品種の白エゴマと、晩生品種の黒エゴマの2種類のエゴマを栽培していています。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18464353.jpg真っ青だったえごまの穂が、こうして色づき始めたら収穫のタイミングとなります。
今年も、ベストな時期に収穫をスタートすることができました。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18512573.jpgこちらは以前の収穫の様子です。
収穫の仕方は様々あるようですが、その頃は剪定ばさみを使ってできるだ揺らさないようにして切り、6本ほどを軽くひもで縛りながら収穫していました。
かなり根気のいる手作業です。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18523680.jpg今年の様子です。収穫の頃になると、少しの振動でもエゴマの粒(種子)が、がくから飛び出すので、縛らずにそのまま運搬する軽トラックの荷台のブルーシートに乗せました。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18545505.jpg乾燥場ではあらかじめ青竹で棚を作り、そこにエゴマを茎や葉ごと水平に置いて乾燥させます。
しっかりと風通しが良いように、かなりふわっと置いています。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18570829.jpgえごまの生産は、収穫後がかなりの手間ひまを要します。
しっかりと乾燥させ、脱穀し、唐箕にかけて、洗浄し、さらに乾燥させ、選別作業を行い出荷です。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18405747.jpg特に、選別作業は、気の遠くなるような手作業です。
1kgに約2時間ほどをかけながら、全て選別したえごま粒だけを商品へと加工します。
しかし、このような手間ひまをかけているからこそ、毎年多くのお客様にリピート購入を頂く大人気商品となっているのです。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18435107.jpg白えごまより作った、えごま油『ピュアホワイト』(写真)は、弊社のオリジナルブランド商品です。
異物が全く入っていない、エゴマの実だけを大事に搾油して作った『えごま油』です。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18453109.png毎年、品質検査を行っています。
α-リノレン酸の含有量に驚きの数字が出たのです!“α-リノレン酸”は、脳や血管に良いと言われ、テレビでも「血管の救世主」、「パーキンソン病やアルツハイマーなどの脳疾患の予防にも良い」と紹介されています。
弊社の白エゴマ油『ピュアホワイト』のα-リノレン酸は、なんと、65.3%も含まれています。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18511343.pngちらは、一昨年のデータ結果です。
いずれも65.3%のα-リノレン酸の含有量です。
これは、国民生活センターさんが、過去に品質テストをしたえごま油20品目の中の、対象銘柄3番のあるえごま油の65.4%に次ぐ2番目の数値です!
トップクラスのα-リノレン酸含有量のえごま油と言えます!

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18542775.jpg


令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18545467.jpgこちらは商品となる『白えごま』の種子です。
いかがですか?きれいでしょ?
この種子(粒)を使って、搾油し『白えごま油(ピュアホワイト)』とし、焙煎したものを『白えごま油(ピュアホワイト)』として「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

令和3年の「白エゴマ」の収穫スタート(前編) 無農薬で育てた菊池水源産『えごま油』は数量限定評販売中!_a0254656_18594989.jpg令和3年産のエゴマが、上記の写真のようになるまでは、まだまだ多くの手間ひまを要しますが、今年も一切の妥協を許さずしっかりと収穫からの工程を行っていきます。
写真の最も広い畑の収穫は終わりましたので、次の畑の収穫に移っていますが残り3圃場あるので明日からもまた頑張ります。
明日のブログでは、こだわりの無農薬、無化学肥料栽培についてと、今年の大雨の被害についてお話ししたいと思っています。
明日のブログもお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2021-10-03 19:03 | エゴマ | Trackback | Comments(0)

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です

FLC日記 2021年10月2日(土) 晴れ

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_16522736.jpg令和3年度の栗の王様『利平栗』は、大好評に付、今年も完売いたしました。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も自社オリジナルブランド商品の、自然栽培で育てた『利平栗』を、毎年ネット独占販売いたしました。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_16590035.jpg生産地は、熊本県菊池市原(はる)伊牟田にある栗林です。
ここは菊池水源地区の最も高いとこにある山奥で、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の敷地内にあります。
手前の畑では、こちらも同じく無農薬で栽培している「エゴマ」と自給自足用の里いもが元気に育っています。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_17002562.jpg上の写真とこちらの写真は、今年の初出荷前日の9月11日の様子です。
今年は、花が咲き始めた時期も早く、例年より1週間ほど早い初出荷でした。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_17002545.jpgオリジナルブランド商品の、自然栽培で育てた『利平栗』は、毎年、決まって完売する大人気商品です。
その訳は、まずは農薬を一切使用しない安全性と、なんといっても『利平栗』本来の美味しさです。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_17025940.jpg『利平栗』は“栗の王様”、“幻の和栗”などと称されていて、ホクホクとした食感がとてもよく、さらには栗本来が持つ甘味も強く、とても美味しい栗です。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_17022384.jpgとても大きなイガにも関わらず、中に入っているのは、栗の実が1つだけのことも多々あります。
その生産効率の悪さも、栽培農家さんの減少の要因のようです。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_17102697.jpgもちろんここでも、たくさんの量は収穫できません。
しかも、弊社で販売しているのは、完全無農薬、完全無化学肥料で育てた、大変貴重な『利平栗』です。
さらに、収穫した中から、虫食いや病気があるものなどを抜き出し、選び抜いて出荷するので数量限定となっています。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_17045544.jpg8月下旬の、『利平栗』のイガがまだ青々とした色付き始める前の様子です。
今年は、大きなイガがかなりたくさんの実っていたので、収量は増えると大いに期待していました。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_17053148.jpg冬の剪定をしっかりと適切に施し、栗園に陽が射し込み、風が通るようにして、害虫や病気にも強くなりました。
1つ1つの『利平栗』のイガも、こんなにも大きく成長しました。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_17310448.jpg農薬や化学肥料を使用しない分、しっかりと手をかけ育ててきました。
ところが、ここでの『利平栗』栽培には、他にも天敵がいるんです。
これは、野生のイノシシが『利平栗』を食べた後です。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_18424165.jpgこれは、株式会社旬援隊の本社社屋です。
エントランスには薪ストーブがあり、室内には囲炉裏があるような、ログハウス調の建物です。
私は、この自然豊かな菊池水源の山奥で、自給自足の生活を目指しながら、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、匠の農家さんが育てた“本物”と呼べる食材を販売しています。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_18460651.jpgここは、本当に山奥で、目の前を通る1本道は、さらに山の奥へと続くのですが、途中からは砂利道となり、その先は行き止まりです。
約2,000坪の広い敷地を利用して、ここでも様々な作物を育てています。
また、周りは有機栽培の茶畑で、私が農薬や化学肥料を使用すると、その影響が出る恐れがあるので、ここでは一切農薬や化学肥料は使用していません。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_17085882.jpgオリジナルブランド商品として、本日ご紹介している『利平栗』の他に、『水源キウイ』(写真)、『タラの芽』、『ふきのとう』、そして『えごま油』などがありますが、全て完全無農薬・無化学肥料で育てたものです。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_17400386.jpg本社前のここへ来る唯一の舗装道路です。
敷地内に電柱が見えますが、電線はここまでしか来ていません。
ここより上には誰も住んでいないからです。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_18165464.jpgそんな山奥ですから、ここにはたくさんの野生動物がいます。
タヌキ、キツネ、シカ、野ウサギ、イタチ、テン、ハクビシン、アナグマ(写真)などなど!
そして、最も厄介なのがイノシシです。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_18185221.jpgこれは、うちの敷地内で捕獲された野生のイノシシです。
数年前には、あまりの被害のひどさを心配して、知り合いの猟師さんがわなを仕掛け捕獲してくれました。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_17144781.jpgイノシシは超グルメです。
『利平栗』と他の栗が落ちていても、イノシシは決まって栗の王様『利平栗』だけを食べるんです。
イノシシは、『利平栗』の美味しさを知ってるんですね!

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_17161727.jpgイノシシに食べられっぱなしと言うわけにはいきません。
お客様にお届けする分は、確保せねばなりません。
写真は4月中旬の様子で、イノシシ対策として電気柵を張り巡らせました。
手前に写っているのは、電気柵用のソーラーパネルです。
その甲斐あって、今年は収量を増やすことができましたが、大変ありがたいことにご注文(ご予約)で、今年も早々に完売でした。

栗の王様『利平栗』令和3年度も完売御礼! 熊本県菊池市の山奥で無農薬、無化学肥料で育てた『利平栗』です_a0254656_18282222.jpg今年もご注文を頂いたお客様には、きちんとお届けすることができました。
気の早いお客様は、来年の予約をすでに頂戴しています。
収穫を終えると、お礼肥えを行い、今年もきちんと冬の剪定を施し、来年もまた良い『利平栗』を育て上げます。
本日のブログは、オリジナルブランド商品の、自然栽培で育てた『利平栗』の販売終了と完売御礼の報告でした。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村
# by flcps | 2021-10-02 17:30 | FLC | Trackback | Comments(0)

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!

FLC日記 2021年10月1日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、“米・食味鑑定士”で、雑穀エキスパートの堤公博さんが育てた、無農薬・無化学肥料栽培の『雑穀米』、『発芽玄米』を、ネット独占販売しています。

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_16370042.jpg


健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_18520812.jpgその無農薬・無化学肥料栽培の『雑穀米』、『発芽玄米』に使用されるお米(ひのひかり)は、今年もこうして見事に成長し、まもなく稲刈りを迎えます。

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_16403250.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している無農薬・無化学肥料栽培の『雑穀米』は、堤さんに特別にブレンドしていただいてものです。
この中には、5種の雑穀が入っていて、割合が多い順に、発芽玄米、緑米、黒米、胚芽押麦、赤米となっています。

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_16422831.jpgこちらは、『発芽玄米』です。
“米・食味鑑定士”で、雑穀エキスパートの堤公博さんが育てた、無農薬・無化学肥料栽培の「ヒノヒカリ」を100%使用し、発芽玄米としています。

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_16464968.jpg召し上がり方はいたって簡単です。
『雑穀米』や『発芽玄米』だけで食べるのもいいのですが、白米一合に対して、『雑穀米』や『発芽玄米』を大さじ1杯入れて普通に炊いて召し上がってください。
雑穀米の場合、白米にも、ほんのり色がついていて、美味しそうですよね!

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_16525571.jpg同様に『発芽玄米』を、白米1合に大さじ1杯入れて普通に炊いたものです。
これくらいの分量だと、白米とあまり違和感なく召し上がって頂くことができます。
玄米は、白米にない、ビタミンB1やミネラルを豊富に含んでいます。
さらに『発芽玄米』にすると栄養豊富なうえ、普通の玄米より消化も味も良いんです。
また『発芽玄米』は、ギャバやビタミン、アミノ酸、ミネラル、鉄、カルシウムが豊富です。

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_16502926.jpgちなみに私は、毎日、朝食のご飯を発芽玄米入りにしています。
日々の元気の源は、ここにあるような気がしています。
いずれも、美味しいだけではなく、とっても健康に良いんです!
『雑穀米』『発芽玄米』とも、安全性に加え、何よりその美味しさで、発売開始以来、多くのリピート購入のお客様を持つ、大人気商品となってます。

今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『無農薬雑穀米・発芽玄米』


健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_17412832.jpg生産者と生産地の紹介をします。
生産者の「健康農園」代表の堤公博さんです。
堤さんは、“米・食味鑑定士”で、雑穀エキスパートです!!
また、九州米粉食品普及推進協議会の会長などたくさんの役職をしながら、自らも無農薬でお米を育てています。

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_18555643.jpg生産地はコチラ!
日本有数の米ところ熊本県菊池市七城町の砂田地区で、完全無農薬・完全無化学肥料でお米を育てています。
こちらは現在の様子です。
今年は花の時期も早く、稲穂が色づくのも少し早いようで、まもなく稲刈りが始まります。

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_18010889.jpgこちらは、6月中旬の苗床の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_18591738.jpgもちろん堤さんの米作りの様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
苗床作り、苗床での成長、代かき(写真)、田植え、稲の成長の過程、花咲く様子、頭を垂れた稲の収穫(稲刈り)、冬の土つくりの様子など、その全てを見てきました。

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_19010191.jpgまた『雑穀米』に入れる、発芽玄米以外の緑米、黒米、胚芽押麦、赤米は、堤さんが信頼をおいている農家さんに依頼して、『雑穀米』も無農薬・無化学肥料で育てています。
写真は、収穫(稲刈り)前の赤米の田んぼの様子です。
赤米などは、現在では“古代米”と呼ばれています。

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_17510504.jpg古代米が白米に比べてタンパク質やビタミン、ミネラルを多く含むということがあきらかになり、健康食として注目されています。
しかし、古代米だけを食べてもボソボソとしていて、美味しくありません。
そこで、“米・食味鑑定士”で、雑穀エキスパートの堤さんにお願いして、特別なブレンドの『雑穀米』を作っていただき販売しています。

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_18220319.jpgまた、堤さんがこの菊池市七城町砂田地区の田んぼで育てたお米は、食味コンテストにおいて、“日本一”の称号を得ました。
しかも、2回も受賞した実績があります!!

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_18265713.jpgですから、何年も先まで予約でいっぱいで、作付面積を増やしたら、販売をさせていただくという約束で、現在は弊社での販売にいたっていません。
そこで、そのお米で作った無農薬栽培の『発芽玄米』を販売しています。

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_19024134.jpg昨年の稲刈りの際に撮影した師弟のツーショットです。
堤さんは現在、お弟子さんの野田哲詩さんと共に米作りをしています。
もちろん、今年も稲刈りの様子はまた現地取材して紹介いたします。

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_19090439.jpg
堤公博さんの、無農薬・無化学肥料で育てた『雑穀米』、『発芽玄米』は、「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です。

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評販売中!令和3年度の稲刈りはまもなくです!_a0254656_18115734.jpgまた、堤さんは、九州米粉食品普及推進協議会の会長でもあり、米粉のスペシャリストなんです。
そんな堤さんが、自らが育てた無農薬、無化学栽培のお米(ひのひかり)を100%使用して作った『米粉』も弊社で大好評販売中です。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2021-10-01 19:10 | 無農薬雑穀米・発芽玄米・農薬不使用の米粉 | Trackback | Comments(0)