人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!

FLC日記 2022年6月21日(火) 雨(豪雨)のちくもり
お待たせしました!
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」の大人気商品!
熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の先行予約の受付を本日よりスタートいたしました!

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_16382042.jpg

「FLCパートナーズストア」では、今年(令和4年)も、ぶどうの匠「社方園」さんの、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_16553001.jpg熊本県山鹿市のぶどうの匠、「社方園」さんは、毎年決まって、7月7日に、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を“初出荷”します!!
しかも、黒ぶどう、白ぶどう、赤ぶどうの3色のぶどうを取り揃えての出荷です!

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_17495668.jpg大変ありがたいことに、あまりの美味しさからリピート率が大変よく、ホームページでの予約受付を待ちきれないお客様は、お電話ですでにたくさんのご予約を頂戴しているほどの大人気商品です。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_17505843.jpg特に人気が高いのは、2色詰め合わせと白ぶどうの『シャインマスカット』です。
毎回の出荷数を限定した完全予約制販売ですので、昨年は、3週間待ちが当たり前となった大人気商品なので、ホームページでのアップ前にお電話でご予約を頂くのも無理はありませんね!

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_17525185.jpg朝採り、即日発送でお届けするため、数量限定の完全予約制販売です。
濃厚な黒ぶどう、皮がごと食べられる白ぶどう、甘さ際立つ赤ぶどうの3色のぶどうを、出荷初日より取り揃え、豊富なラインナップよりお選びいただけます。
今年は初回出荷日より、選りすぐりの15商品の豪華ラインナップです!
きっとお望みのぶどうが見つかるはず!
ご贈答(お中元)にも、ぜひご利用ください。

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!

ここをクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産ぶどう』
種なしぶどう



熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_17542883.jpg「社方園」さんのぶどうは、宝石箱を開けたかのような輝きを放つ、美しさも人気の秘密です!
さらには、大粒のぶどうをほおばると、口の中で甘さが爆発します!!
1粒1粒の大きさ、その甘さとコク、朝採り新鮮なみずみずしさ、これぞ“本物”と呼べる味わいの最高級の種なしぶどうが、「社方園」さんの『山鹿のぶどう』なんです!!

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18085027.jpg絶対の自信をもってお勧めする理由を紹介します。
まずは、生産地と生産者です。
ここは、熊本県山鹿市久原にある、ぶどうの匠「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の、本日撮影した栽培ハウスのほんの一部です。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18105780.jpg「社方園」さんでは、親子2代の“匠”が中心となり、“本物”と呼べる至高のぶどうを、数ヵ所の広い広い連棟建ての栽培ハウスで、温度や水管理を匠の技で行い、出荷時期をずらしながら、20種類以上も栽培しています。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_17120271.jpg生産者の「社方園」園主の社方武路さんです。
こちらは以前取材した際の写真で、このハウスのこのあたりでは、大人気の白ぶどう『シャインマスカット』を栽培しています。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18140395.jpgこちらは、武路さんのお父さんで、「社方園」初代園主の社方義武さんです。
義武さんのぶどうの高い栽培技術を学びたいと、全国から研修にやってくるほどのまさにぶどうの匠です。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18163967.jpg今年の3月中旬の芽吹きの様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培の様子や、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の栽培の様子も、収穫の時期のみならず、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18190346.jpg収穫後のお礼肥え、冬の剪定、芽キズをつける作業、温度管理や潅水、春の芽吹きや摘花、摘蕾作業、摘粒作業(写真)などなど、それらの全てを私は現地で見て、聞いて取材しこのブログで紹介してきました。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18195654.jpgそんな私が、今年はさらに自信をもってお勧めしています。
それは摘粒する社方さんが「笠さん!今年は1粒1粒を例年以上に大きく育てようと思っています。」という取材の際の一言によるものです。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18212468.jpgこちらは本日現地取材してきた『シャインマスカット』です。
まさに有言実行!
この一粒一粒の充実ぶりは、圧巻の仕上がりです!
今年は大人気の白ぶどう『シャインマスカット』を増産していただいています。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18231902.jpg白ぶどうの『シャインマスカット』は、皮ごと食べることができるぶどうで、皮がはじける爽快感と共に、マスカットならではのさわやかな風味が広がります。
そして糖度20度を超える至高の甘さの果汁を、存分に楽しむことができます!

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18115190.jpg『シャインマスカット』も、もちろん出荷初日の7月7日から出荷いたします。
『シャインマスカット』とは、数ある果物をおさえて、今年も売れ筋ランキングで1位(12年連続)となった、大人気フルーツなんです!!(日本農業新聞トレンド調査より)
おそらく『シャインマスカット』を上回るフルーツは、当分出ないだろうとさえ言われています。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18261628.jpgさらには、昨年も大人気だった、赤ぶどうの『クイーンニーナ』も1粒の大きさ、色づき、この時期としては最高です(写真は本日撮影)。
『クイーンニーナ』の最大の特徴は、1粒の大きさで500円玉を優に上回るほど大きいのです。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18170705.jpg糖度は22度を上回るほどで、酸味の少ないバツグンの甘さです。
ひとたび口にすると、甘い果汁が口の中で爆発しますよ(笑)。
今年はさらに生産量を増やし対応いただいていますが、間違いなく完売する大人気商品です!

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18272951.jpgそして忘れてはいけないのが、ぶどうの定番、黒ぶどうです。
黒ぶどうは『ピオーネ』を中心に出荷いたします。
他にない、深いうま味とコクをお楽しみください。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18260124.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします!!
本日より、先行予約の受付をスタートしました。
今年は7月7日(木)からの出荷で、9月上旬まで(品種によっては8月末まで)、“本物”と呼べる最高級のぶどうをお届けいたします。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18242558.jpg黒、白、赤のそれぞれや、2色、3色と言った豊富な商品ラインナップで今年も15商品をご用意しました。
ぶどうの匠が育て、収穫した中からぶどうの匠が選び抜いた“極選ぶどう”の豪華ラインナップです。

熊本ぶどう 社方園 令和4年度の山鹿のぶどうの先行予約の受付開始!7月7日(木)よりご注文順に出荷開始!_a0254656_18272936.jpgきっとご満足いただける商品をお選びいただけると思います。
お中元やご贈答にも、大変喜ばれている商品です!!
7月7日以降は、毎週火曜日と金曜日の出荷です。
ただし、毎回の出荷数は数量限定で、完全予約制での販売です!!
美味しいぶどうを食べたい方、最高級のぶどうを贈りたい方、ぜひ下記「FLCパートナーズストア」のホームページよりお選び下さい。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-06-21 18:30 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!

FLC日記 2022年6月20日(月) くもりのち雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源で無農薬で育てた「中丸農園」さんの『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて、現在全力準備中です!

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_16403697.jpg

令和4年の7月上旬よりの出荷開始予定で、本日、その育つ様子を現地取材してきました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_16505766.jpgブルーベリーは、健康食材として大注目の食品なんです。
日々、科学の世界ではブルーベリーの真の健康効果と栄養面での利点が発表されています。
その多くは、ブルーベリーに多く含まれる「アントシアニン」による効果です。
一般的によく知られる効果としては、目の疲労をやわらげ、視力低下を防ぐということ、視力を向上させることがあげられますよね。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_16210733.jpg実は弊社では、3年前まで同じ熊本県菊池市の「安藤農園」さんが育てた『おしどり夫婦が無農薬で育てたフレッシュブルーベリー』を販売していました。
ご主人の安藤博人さんが体調を崩し、2人で農作業をすることができないという申し出があり、やむなく販売を中止しました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_16255305.jpg現在、博人さんは体調も回復し、趣味の野鳥の写真を撮ることにさらに夢中になっています。
もちろん、体調と相談しての話ですが!
こちらの写真は野鳥の写真の個展を開かれた時に来場者に配られたカードです。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_16312441.jpg個展は度々開催されてきました。
ご覧の通り、プロ顔負けのとても素晴らしい野鳥の写真が展示されていました。
私が一番好きだったのは夕焼けの中をたくさんの野鳥が飛んでいるこの写真です。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_16323987.jpgまた、奥様の則子さんは、俳句や書をたしなまれています。
さらには絵画の腕も素晴らしく、私が見に行った際は、ご夫婦で「花よ鳥よ展」と言う名前での個展を開かれていました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_16383864.jpg先日、ご自宅に遊びに行きましたが、現在はブルーベリー栽培から身を引き、おしどり夫婦らしく、夫婦仲良くお互いの体調を見ながら、それぞれの趣味に没頭されているようです。
(写真は以前収穫の様子を現地取材した際のものです)

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_17051166.jpg長々と以前『フレッシュブルーベリー』の栽培し弊社で販売をしていた「安藤農園」さんのお話をしましたが、これから新規販売する「中丸農園」さんとのつながりがあるからなんです。ここは、熊本県菊池市原(はる)、菊池水源にある「中丸農園」さんのブルーベリー畑です。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_17062580.jpg先ほどの写真のプラムの木の向こう側に、こうしてブルーベリー畑が広がっています。
この時期は、たくさんのブルーベリーの果実が実り、色づき始めていました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_17554512.jpg実はこのブルーベリーの苗木は、「安藤農園」さんから以前譲り受けたものです。
ですから、同じブルーベリーをこの度、販売及び出荷することになります。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_17580657.jpg生産者はこのお2人!
「中丸農園」の中丸薫さん、中丸ひとみさんご夫妻です。
本日、現地取材した際に撮影しました。
安藤ご夫妻に負けないくらい、とっても仲良しのご夫婦です。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18015071.jpg写真は4月中旬の「中丸農園」さんのブルーベリーの花咲く様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18031964.jpg今回、新規販売する「中丸農園」さんの無農薬栽培の『フレッシュブルーベリー』もこうして花咲く様子も含め、現地取材を重ねてきました。
中丸さんご夫婦は、安藤さんご夫婦と同じく、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と言う理由で栽培を始めました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18100255.jpg昨年の収穫の頃の様子です。
しっかりと色づきを見極めて、こうして1粒1粒収穫します。
そのブルーベリーを、私は頂く機会がありました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18122302.jpgそれがこちら!
「昨日採って冷蔵庫に入れていたんだけど、笠さん良かったら食べる?」と言って頂き、持ち帰りスタッフと食べました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18165633.jpgそれが美味しいのなんのって!
100gほど入ったブルーベリーの1パックなんてあっという間でした。
私はすぐに「中丸農園」さんに戻り、弊社での販売をお願いしました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18235963.jpg「いや実はね!他の農作物を市場に出してるでしょ!すると「ブルーベリーも出してもらえないか?」って、市場の方から言われて、主人と「私たちだけで食べれる量じゃなくなってきたから出してみようか!」って話してたとこなのよ!」とのこと。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18274187.jpg「それだったらぜひうちで販売させてください!」とお願いすると、
「そうね!笠さんとのお付き合いも長いし、来年からで良いのであれば!」と言って頂き、今年からの販売が決定したのです。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18304541.jpgお2人の安全性へのこだわり、美味しさの秘密など、話したいことはまだまだありますが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きはさらに現地取材を重ねあらためて紹介したいと思っています。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18323550.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源で無農薬で育てた「中丸農園」さんの『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて、現在全力準備中です!
7月中旬からの販売及び出荷を予定しています。
一度販売を中止した、無農薬栽培の『フレッシュブルーベリー』を、弊社でまた販売することができます。
数量限定での販売となりますが、ぜひたくさんの方々にこの美味しさを味わっていただきたいです。
「中丸農園」さんの『フレッシュブルーベリー』に大いにご期待下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-06-20 18:46 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!

FLC日記 2022年6月19日(日) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和4年度)も匠の農家さん「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_16551316.jpg


甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_16580535.jpgこだわりの樹上完熟で、朝採りで収穫し、即日発送いたします。
毎年8月中旬からの出荷です。
こだわりの樹上完熟での収穫で、最も甘さが乗り、最高に美味しいいちじくを、完熟ならぬ『甘熟いちじく』と命名した、「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17300596.jpg本日のブログでは今年も元気に育つ『山あいの甘熟いちじく』の様子を現地取材してきましたので紹介します。
結果枝に、こうしてきちんと1節目から果実が実っています。
大きなものはピンポン玉くらいの大きさに成長していました。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17333170.jpg私たちが食するイチジクは、正確に言うと花の部分を食べています。
ですからこれは蕾の状態なんです。
本日のブログのタイトルで“着果の様子”と表現していますが、果実ではないので正確には“着果”ではないのかもしれません。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17034394.jpgいずれにしても今年もかなり順調に育っています。
約2ヶ月後の、8月中旬にはこんな大きさにまで成長するんですよ。
1節目、2節目くらいまでの果実は、ここまで大きくなるので、もう今期の初回発送分はリピーターのお客様から予約を頂いているほどの大人気商品です。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17362381.jpgあらためて生産地の紹介をします。ここは、熊本県山鹿市鹿北町の自然豊かな山あいにある「小春農園」さんの『甘熟いちじく』の栽培ハウスです。
ハウスは、あくまで雨風からイチジクの果樹や果実を守るためのもので、いわば屋根と言った感じで加温をするためのものではありません。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17375418.jpgですから入り口や両サイドは、このように大きく開いています。
とてものどかな山あいの田園風景の中、「小春農園」さんの『甘熟いちじく』の栽培ハウスはあります。
隣りの「小春農園」さんの田んぼは、田植えの準備が進められていました。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17424141.jpg生産者の「小春農園」代表の小原正宏さんと息子さんで専務の小原将輝さんです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正弘さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で果樹栽培を専門的に学んだ、息子さんで専務の小原将輝さんの3人の匠が中心となり、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17495728.jpg本日紹介している『山あいの甘熟いちじく』の他には、弊社のリピート率ナンバーワンの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』(右写真)、究極の柑橘『せとか』、『ザ・みかん』、『原木しいたけ』、幻の白い『長生たけのこ』などなど、どれも“本物”と呼べるものばかりです。
それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17463712.jpg『甘熟いちじく』に話を戻しましょう!
「小春農園」さんでは、「一文字整枝法」と言う栽培方法で『甘熟いちじく』を育てています。
1本の果樹から両サイドに主幹を伸ばし、それを1列になるよう仕立てて管理する栽培方法です。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17270236.jpgこちらは以前取材した収穫を迎えた8月中旬ごろの様子です。
「小春農園」さんでは、“草生栽培”と言って、下草をあえて生やしながら様々な果樹を育てています。
下草は、時期を見て手作業で刈り、そのまま有機肥料とします。
ただし、便宜上、いちじくの栽培ハウスだけは、通路のみマルチビニールを敷いています。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17301645.jpg以前取材した6月上旬の様子です。
毎年この時期そのマルチビニールを張り替えます。
そのタイミングで、有機肥料の散布を行い通路のマルチビニールをはるのです。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17530855.jpg「1節目からきちんと果実が実るように育てていかにゃんとたい。」と小原さんはいつも話しますが、その言葉通りどの結果枝も1節目から実っていました。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17554573.jpgこちらは3月上旬の剪定作業の様子です。
剪定と芽かぎ作業の匠の技で、きちんと1節目から実るよう仕立てるのです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17351832.jpgもちろん「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』も、収穫時期のみならず、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は5月下旬から、6月上旬に行う、枝吊り作業の様子です。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17361511.jpg小原さんの奥様、小原美子さんが、惜しまぬ手間ひまをかけ、全ての結果枝の“枝吊り作業”を行いました。
ハウス内に張り巡らせたワイヤーやパイプを使って、いちじくの結果枝を1本1本ひもで吊るす作業を行っています。
いちじくが風で揺れて傷ついたり、枝が折れたりするのを防ぐためです。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17594727.jpg現地取材をしていると、ちょうど将輝さんがやってきました。
「今年も順調に育ってますよ。収穫までしっかり仕上げていきますね!」と将輝さん。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_18030475.jpg「えぇ!ホント良い感じですよね!しっかり見て、いっぱい写真も撮らせていただきました。今年もすでに初回発送分からたくさんのご予約を頂戴していますのでよろしくお願いします。」と言うと、
「お任せください!」と自信の笑顔で答えてくれました。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17530334.jpg『山あいの甘熟いちじく』は、「小春農園」さんの数ある作物の中で、最後に商品化した商品です。
「こだわりの樹上完熟で収穫し出荷するため、輸送のリスクが高いため、ネット販売には向かないだろう!」と言う小原さんの見解があったからです。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_17563819.jpgそこで、弊社の配送を使って、『山あいの甘熟いちじく』を小原さんに送ってみました。
届いたいちじくを見て、「この状態で届くなら販売してもいいだろう!」とお許しをいただき、商品化したのです。
すると、またたく間に大人気商品となったのです。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_18004221.jpgいちじくは、絶対に樹上完熟させないと、本当の美味しさになりません。
「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』は、このように樹上で完熟したものを朝採り即日発送でお届けするため、いちじく本来の美味しさを楽しむことができるのです。
甘さを追求し、商品名を“完熟”ならぬ“甘熟”と命名するほどのこだわりの商品なのです。

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_18142804.jpg“甘熟”にこだわった、朝採りのいちじくを収穫したその日に即日発送し、翌日、もしくは翌々日には全国のお客様へお届けします。今年も、いちじくの本当の美味しさをご堪能ください!

甘熟いちじく 着果の様子を現地取材!今年も惜しまぬ手間ひまと匠の技で本物と呼べる美味しさに育てます!_a0254656_18151978.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
8月上旬から、10月中旬位までの出荷を予定しています。
これからも、さらに大きく成長し、色付いてくる様子もまた現地取材してご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-06-19 18:10 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!

FLC日記 2022年6月18日(土) くもりのち雨(夕立)のち晴れ
フルーツの王様と言えばやはり“マスクメロン”ですよね!
この美しいマスク(ネット)と、果肉の甘~い香り!
さらには、糖度15度を超えるトロットロの食感は、ひとたび口にすると至福の喜びを与えてくれます。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_17183903.jpg


熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_17210702.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「きもと農園」さんの熊本産高級マスクメロン『アールスメロン』を令和4年度もネット独占販売いたします!

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_17104512.jpg今年も7月下旬からの収穫及び出荷に向け、ご覧の通り順調に育っていて、もうすぐマスク(ネット)が入り始めます。
早い方の圃場(栽培地)は、摘果作業を終えまもなく玉吊り作業が始まります。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_17144223.jpgこちらは昨年の7月中旬の様子です。
「きもと農園」さんでは、熊本産高級マスクメロン『アールスメロン』を上に伸ばしながら育て、果実は宙に浮かせて育てます。
その際に枝が折れたりしないように、またメロンのアンテナ(つる)がきれいにできるように、フックをかけます。
それが“玉吊り作業”です。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_17181166.jpg生産地と生産者を紹介します。
ここは熊本県山鹿市鹿央町にある、匠の農家さん「きもと農園」さんの熊本産高級マスクメロン『アールスメロン』の栽培ハウスです。
ハウスに入るとすぐにカメラのレンズが曇るほど、外気との温度差がありました。
カメラのレンズを拭きながら現地取材を続けました。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_17232901.jpg生産者はこちら!
「きもと農園」代表の木本洋利さんと奥様の木本晴子さんです。
この写真は弊社で販売を始めるはるか前の、2018年6月中旬に撮影したものです。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_17260217.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_17265437.jpg「きもと農園」さんの高級マスクメロン『アールスメロン』の栽培の様子も、もう何年も現地取材を重ねてきました。
弊社で販売をスタートしたのは2020年の7月からで、取材は2017年よりスタートしています。
この日はメロンのつるをあらかじめ用意していたひもに巻き付けながら上に伸ばす作業と、不要な脇芽の“芽カギ作業”が行われていました。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_17305393.jpgこうして日々行われる、惜しまぬ手間ひまや匠の技を紹介することで、本当の意味での「生産者の顔が見える商品」の販売にこだわっています。
さて、現在の様子に話を戻しましょう。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_17322763.jpg連棟建ての広い広い栽培ハウスで、高級マスクメロン『アールスメロン』は育てられています。
こちらはハウスの左サイドで、先に定植をし、7月下旬より収穫を迎える『アールスメロン』たちです。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_17353164.jpg一方こちらは右サイドの8月上旬より収穫を迎える『アールスメロン』たちです。
左の苗と比べて、明らかに成長が異なるのが一目でわかりますよね!
こうして播種から定植時期をずらしながら、長期にわたり収穫及び出荷を行います。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_17375883.jpgそれにしても実に美しい栽培ハウスです。
こちらは左サイドの先に収穫を迎える『アールスメロン』たちですが、見事にそろって育っています。私が言う“美しい”とは、この様にきれいにそろって育つ様のことです。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_17455301.jpg「きもと農園」さんでは、1本の『アールスメロン』から、たった1玉の至高のマスクメロンを育て上げます。
12~14節に3玉着果させ、その中の1つを選び抜き残りを摘果し育て上げるのです。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_17512839.jpgその様子ももちろん取材しています。「まず、大前提として果実に傷がないことを見極めるとたい。そのうえで、形や大きさで判断するけど、絶対に間違うことができない決断になるたいね!摘果してしまったらもう元には戻らんとだけんね!」
木本さんがそう話してくれたことを思い出しました。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_18090137.jpgこれからの話をしましょう!
摘果作業で選び抜かれた1玉に、“玉吊り作業”を施します。
こうしてフックをかけ吊るして栽培するのです。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_18102144.jpgあらかじめハウス内に支柱を立てワイヤーをはりまぐらしているので、フックから伸ばしたひもをそこに結び付け果実を吊るします。
1玉1玉に施す、途方もない手作業です。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_18113945.jpg「こうして愛情をもって丁寧に吊るしてあげることで、やっぱりいいメロンができるのよ。笠くんがよく“惜しまぬ手間ひま”ってブログで書いてるけど、やっぱりそれは大事なことよね。」
晴子さんが以前の玉吊り作業の取材でそう話しました。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_18150434.jpgこのようなたくさんの惜しまぬ手間ひまや匠の技があって、「きもと農園」さんの高級マスクメロン『アールスメロン』は収穫の時を迎えるのです。
1株からたったの1玉の至高のメロンを今年も育て上げます。

熊本産!匠が育てた高級マスクメロン 令和4年も7月下旬から出荷です!摘果作業を終え次は玉吊り作業です!_a0254656_18173057.jpg熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「きもと農園」さんの熊本産高級マスクメロン『アールスメロン』を令和4年度もネット独占販売いたします。
こうして現地取材を重ねながら、絶対の自信をもって送り出す商品です。
大いにご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-06-18 18:21 | 熊本産 高級マスクメロン | Trackback | Comments(0)

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気!

FLC日記 2022年6月17日(金) くもりのち雨(夕立)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和4年度)も匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、ネット独占販売しています!
今年も、赤果肉、黄色果肉の2色のスイカをご用意して、選べる3パターンの商品で、大好評販売中です!

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_16315124.jpg


黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_16463660.jpg黒小玉スイカは、スイカの果皮ならではのシマシマ模様がわからないほどの黒い果皮が特徴のスイカです。
赤い果肉の『ひとりじめbonbon』は、糖度は、12度以上とスイカとしてはとても甘く、さらにはシャリッとした食感が人気です。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_16471498.jpg小玉スイカが持つ高い糖度と、大玉スイカのようなスイカならではのシャキシャキの食感で、小玉スイカ、大玉スイカの良いトコどりをしたようなスイカです。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_16491974.jpg黄色い果肉の『ひとりじめbonbon』も大好評です。
スイカらしからぬ黒い果皮で、切ってみると黄色い果肉と言うダブルインパクトで、プレゼントやご贈答にも大好評いただいている商品です。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_16503412.jpg赤果肉に比べソフトな食感となりますが、糖度はさらに高くなって甘さを求めるならぜひこちらをお選びください!
黄色い果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の今期の出荷は6月24日(金)が最終日です!!
締め切りは、6月22日(水)17:00ですが、定数になり次第締め切らせていただく場合がございます。
ご注文はお急ぎ下さい!

今すぐ注文(ご予約)したい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』


黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_16520468.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿央町の匠の農家さん「岡山農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』栽培ハウスの1つです。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_16530597.jpg「岡山農園」さんは、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)と、和功さん佑大さんのご兄弟で、最高級のスイカを育てる、まさに“匠”の農家さんです。
お父様、お母様の豊富な経験と、若いお二人の研究心、新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べるスイカやメロン、様々な野菜などを育てています。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_16570122.jpgこちらは3月中旬の単棟ハウスの定植作業の様子です。
「岡山農園」さんでは、栽培にあたり、自ら作物の種を撒き、苗床で育てた苗をハウスに定植し栽培します。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_16582586.jpg定植直後からしばらくは、“キャップ”と呼ばれる白い紙でできたピラミッド状の農業資材をかぶせておきます。
そうすることで、その中の温度や湿度が一定に保たれスイカの成長に良い環境が作れます。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_17585109.jpg「岡山農園」さんでは、出荷の時期をずらすため、単棟のハウス、連棟建てのハウスなど、数ヵ所のハウスで、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を育てています。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_17004661.jpg収穫を待つ『黒小玉スイカ』は、フルーツパットと言っていわば座布団のようなものに乗せられ何度も何度も満遍なく日が当たるように玉返しをして育てていきます。
特に、黒小玉スイカの場合、通常のスイカより多くの玉返し作業が必要です。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_17013603.jpg「笠さんはずっと取材してきているので、ご存知と思いますが、収穫近くになると、その時期をスイカが教えてくれるんです。果実のすぐ上の葉っぱがマグネシウム欠乏となり色が変わるんですよ!」
そう話してくれたのは「岡山農園」の岡山和功さんです。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_18151340.jpg和功さんの弟の岡山佑大さんが教えてくれました。
「次に出荷するのはこの着果棒のスイカたちです!しっかり玉返しをしたので満遍なく果皮に色がついて全体的に甘いはずですよ。」

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_17285182.jpg「惜しまぬ手間ひまの匠の技ですね!」と言うと、
「やるべきことを徹底して行っていて、私たちにとっては当たり前ですが、匠の技と言って頂くと照れくさいですね!」佑大さんはそう言って笑っていました。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_17035861.jpg先ほど話に出てきた着果棒についてお話しします。
着果棒とは、スイカの花の受粉後、スイカが着果した日の目印として立てる棒のことです。
こちらは、交配(受粉)作業の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_17044447.jpgもちろん、「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「岡山農園」さんでは、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の場合、20節目に咲いた雌花に交配させます。
その作業は、最も花が元気な午前10~11時の間にのみ行われます。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_17343189.jpg着果まもなくはその大きさで、いつ交配したものかがわかりますが、この写真のように成長するとわからなくなります。
同じように見えるスイカですが、収穫日は異なるのです。
それぞれに、左から青、青、黄色の着果棒が立てられていました。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_18344122.jpg弊社で販売している、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、「岡山農園」さんの全面協力のもと、出荷日の朝に収穫し即日発送にこだわっています。
ですから、その新鮮さは言うまでもありません。
そのために発送日を決めての完全予約制販売です。
スイカのつるを見ると、その新鮮さは一目でお分かりいただけると思います。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_18384736.jpgまた「岡山農園」さんでは、この時期、熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』も生産しています。
『肥後グリーン』は、高い糖度(17度前後)とシャキッとした食感が人気の高級マスクメロンです。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_18411628.jpg「岡山農園」さんの『肥後グリーン』もまた、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
この時期、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』と人気を2分する、超売れ筋の商品です!

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_18421549.jpg2玉入りでの販売で、1玉目はお届けから4~5日ほどで、シャキシャキの食感で味わい、もう1玉は、お届けから1週間ほど待ち追熟させ、マスクメロンらしいトロトロの食感でお召し上がりいただくことをお勧めしています。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_18431663.jpgその両方をご堪能いただくため、夏のフルーツ最強コンビの販売も行っています。
ただし、数量限定での、完全予約制販売です。
今年も、完売間違いなしの大人気商品のため、ご注文はとにかくお急ぎください!

肥後グリーンの注文(ご予約)はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産メロン』



黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_18511071.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』をネット独占販売しています。
毎回の出荷数を限定してのこだわり発送です。
誠に勝手ながら、定数になった場合、予告なしで締め切らせていただきます。

黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」令和4年の黄色果肉は6月24日が最終発送!赤果肉、メロンとのコンビも大人気! _a0254656_19014622.jpg特に黄色果肉の『黒小玉スイカbonbon』は、はなまる人気急上昇中のため、残りがわずかとなってきました!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページの「熊本産スイカ」のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-06-17 17:38 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)