ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

フレッシュブルーベリー 世界がその効能に注目するブルーベリーを朝採り産直でお届けしてます!!(後編)

FLC日記 2018年7月10日(火) 晴れ時々くもり
美味しいフレッシュブルーベリーを食べていますか?熊本の旬の食材を販売する「FLCパートナーズストア」では、「安藤農園」さんが無農薬栽培で育てた、おしどり夫婦の『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売しています。
a0254656_17085975.jpg


a0254656_16304821.jpg毎週火曜日と金曜日に、朝採りのブルーベリーを完全予約制で大好評販売中です!こちらの100g入りを6パックからの販売です。
「安藤農園」さんが無農薬で育てた『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』は、その安全性と美味しさで、弊社の大人気商品!
先日までは、2週間待ち当たり前でしたが、現在は終了が増えてきたので、あまりお待たせすることなく出荷できています。
a0254656_18031257.png


a0254656_16372587.jpgその熟れ具合を1粒1粒判断し、丁寧に摘み取ったブルーベリーを、朝採り即日発送でお届けいたします。
毎回の出荷数を限定した、完全予約制での販売となっています。
ご注文順に、順次発送していきますので、とにかくご注文(ご予約)はお急ぎください!

↓ 今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
無農薬・無化学肥料で育てた
『フレッシュブルーベリー』


a0254656_16402615.jpg昨日のブログに続き、熊本県菊池市大平にある「安藤農園」さんの無農薬で育てるブルーベリーの栽培場の現在の様子と、ブルーベリーの世界が注目する効能について紹介いたします。

a0254656_16591759.jpgこの時期は、左側の赤いネットをかけてある、極早生品種、早生品種の収穫を終え、中生品種の収穫の真っ只中です。
軽トラックの右側にあるのが中生品種で、全体では20種類以上400株のブルーベリーを栽培しています。

a0254656_17020508.jpg生産者の「安藤農園」、安藤博人さん安藤則子さんご夫妻です。
生産したブルーベリーに“菊池おしどり夫婦の”と言う、サブタイトルをつけて販売するほどのとっても仲良しな素敵なご夫婦です。
「安藤農園」さんは、もともと、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから」と、栽培を始めました。

a0254656_17062256.jpgそのブルーベリーは、無農薬栽培の安全性と、何よりその美味しさでまたたく間に、口コミで評判となり販売を始めたのです。
写真の糸は、野鳥除けのテグスです。
あまりの美味しさに、自然豊かなこの地の野鳥たちもブルーベリーを放っておかないのです。

a0254656_17085502.jpg博人さんは、野鳥を撮影するのが趣味で、その腕前は個展を開くほどのプロ並みです。
「野鳥たちがきてくれて写真も撮りたいけど、あまりにも被害が凄いから、ネットをかけたりテグスをはったりしてるんだよねぇ~。」
博人さんがそう話しました。

a0254656_17111722.jpg「笠さんあれ見た?今年から導入した新兵器よ!」
則子さんが笑いながらそう話しました。
指さす方向を見てみると!

a0254656_17123056.jpg大きな鳥の形をしたタコの様なものが揺れています。
「効果あるんですか?」と尋ねると、
「慣れるまでは良いのかもよ!むこうの電線に野鳥が止まって(その時はカラスとのこと)、どうしよう?って感じで様子をうかがってたもの!」

a0254656_17142627.jpg「これなんか、対策をする前にすごく甘く熟してたのよね!だから、1日で全部食べられちゃった!ホント、野鳥たちは美味しい時を知ってて、ベストなタイミングで食べちゃうから嫌になるわね!(笑)」

a0254656_17173567.jpg「うちのお客様に出す分がなくなっちゃうんじゃないですか?」と言うと、
「そうならないように対策をしてるのよ!だから安心して!ほら!こんなに大きなのもこの時期はあるから、これもミックスして1パックを作るわね!」と則子さん。

a0254656_17193708.jpg私も味見をさせていただきました。
私の手は男性の中でもかなり大きな方ですが、1粒の大きさが十分に伝わると思います。
「これはめっちゃ甘いですよ!」と言うと、

a0254656_17213334.jpg「そうでしょぉ~!でも、こればかりを1パックにしてもダメなのよね!同じ味だと飽きちゃうから、少し酸味があったり、香りが良かったり、1パック全体のバランスが大事なのよ!」と則子さん。

a0254656_17233208.jpg「安藤農園」さんのブルーベリーは、品種による味の違いを知り尽くした則子さんが、1パック全体のバランスを考えて、数種類のブルーベリーをミックスして1パックにしています。
ですから、ひとたび食べ始めたら、1パックなんてあっという間なんです!

a0254656_17280562.jpgブルーベリーは、健康食材として、大注目の食品です。
日々、科学の世界ではブルーベリーの真の健康効果と栄養面での利点が発表されています。
ブルーベリーに多く含まれる「アントシアニン」による効果です。
「アントシアニン」は、目への効果、血管を強くしなやかにする効果、抗酸化作用などがすでに実証されています。

a0254656_17292929.jpg具体的には、視力回復、白内障、眼精疲労、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞などなど、数え出したらきりがありません。
しかも「安藤農園」さんのブルーベリーは、農薬や化学肥料を一切使用せずに育てられているのです。

a0254656_17392332.jpgそんな「安藤農園」さんのブルーベリー栽培の様子を、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫の時期のみならず、お礼肥えや冬の剪定(写真)、芽吹き花咲く様子、着果から色づく様などその全てです。

a0254656_17422079.jpg剪定作業の際に、袋を持ち歩いていたので、見せて頂くと大量のミノムシでした。
農薬を使用しないので、害虫となるミノムシはこうして手作業で駆除していました。

a0254656_17461679.jpg今回の取材の際に、ミノムシのことを思い出しその話をすると、
「ホントそこまでしなくてもねぇ~と思う時もあるよ。でも、自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいからと始めたことだからね!」と二人が話します。

a0254656_17513051.jpg「ちょっと!私が取材に来てるのに、ブルーベリーの茂みに入って何してるんですか!」と言うと、
「ハハハッ!何言ってんのよ!枝を吊るのにお父さんにちょっと手伝ってもらってるだけよ!(笑)」則子さんの明るい声が返ってきました。

a0254656_17532972.jpg中世のブルーベリーたちは、まだまだこれからこうして色づくものがたくさんありました。
しっかりと色づき熟したものだけを、1つ1つ収穫し、即日発送でお届けいたします。

a0254656_17564788.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売しています。
今まさに旬を迎えた、朝採りのブルーべりをお届けいたします。
ただし、惜しまぬ手間ひまゆえの、出荷数を制限しての数量限定、完全予約制での販売で、ご注文順の発送とさせていただいています。
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「無農薬ブルーベリー」のページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2018-07-10 17:59 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

フレッシュブルーベリー 世界がその効能に注目するブルーベリーを朝採り産直でお届けしてます!!(前編)

FLC日記 2018年7月9日(月) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する「FLCパートナーズストア」では、「安藤農園」さんが無農薬栽培で育てた、おしどり夫婦の『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売しています。
おかげさまで、今年も大好評!
現在、出荷調整をしながら、ご注文順に全国のお客様へ、朝採り即日発送でお届けしています。
a0254656_16541032.jpg


a0254656_17011986.jpgブルーベリーを食べると、以前から「目への効果期待できること!」が有名ですよね!
でも、それ以外にも、フルーツの中で食物繊維の含有量が最も多く、「おなかスッキリ効果」も期待できます。
さらには、「血液トラブルの改善効果」や、「抗酸化効果」でアンチエイジングのために食する方も多いようです。

a0254656_17042640.jpg科学の世界ではブルーベリーの真の健康効果と栄養面での利点が次々に発表されています。
それゆえに、たくさんのサプリメントも販売されています!

a0254656_17053570.jpgサプリメントでの接種を否定するつもりは全くありませんが、でも、この時期、生のブルーベリーが旬を迎えているのですから、しっかりと美味しく健康的に味わいたいものです。

a0254656_17085975.jpg「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市大平にある「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売しています。
ただし、朝採り、即日発送でお届けするため、数量限定の完全予約制販売です。
ご注文順に、順次、発送していきますので、ご注文(ご予約)はお急ぎください!

↓ 今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
無農薬・無化学肥料で育てた
『フレッシュブルーベリー』


a0254656_17120674.jpg本日、熊本県菊池市大平にある「安藤農園」さんの無農薬で育てるブルーベリーの栽培場に行ってきました。
自然豊かな地の、棚田(田んぼ)をブルーベリー畑へと改良し、無農薬で栽培しています。

a0254656_17144429.jpgここには、約400本!
極早生から、早生、中生、晩生と、20種類以上ものブルーベリーが栽培されています。
「おはようございます!」と声をかけると、
「ここにいるわよ!」と安藤則子さんのいつもの明るい声が聞こえてきました。

a0254656_17181712.jpg「やっとお天気になったわね。全国各地で豪雨の大変な被害が出てるけど、笠さんとこは大丈夫だった?」と則子さん。
「何とか無事でした。ここは大丈夫だったんですか?」と尋ねると、

a0254656_17220700.jpg「ここは、水はけよく土壌改良しているから大丈夫だったけど、朝一で収穫を終えて、今は雨や風で下がってきた枝吊り作業をしてたとこよ。」と則子さん。
私たちの声を聞きつけて、ご主人の安藤博人さんもやってきました。

a0254656_17240351.jpgこちらは、2月下旬の「安藤農園」さんのブルーベリー畑の様子です。
この地はもともとお米を作る田んぼでした。
お米を育てるにはとても良い土でも、ブルーベリー栽培には適しません。

a0254656_17251737.jpgそこで「安藤農園」さんでは、毎年大量の“木片チップ”を投与し、土壌改良してブルーベリーを育てています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17280604.jpgもちろん「安藤農園」さんのブルーベリー栽培の様子も、もう何年も年間を通し現地取材してきました。
写真は、冬の剪定作業の様子です。
さて、話を現在に戻しましょう!

a0254656_17312673.jpg「あれ?カメラを持ってきてるってことは、今日も野鳥ですか?」と尋ねると、
「鳥たちもそうだけど、今日はチョウチョを撮ろうと思ってね!」
安藤さんご夫妻は、笑顔の絶えない仲良しご夫婦です。

a0254656_17343036.jpg博人さんは「野鳥」の写真、則子さんは「短歌」「絵画」の趣味を持ち、いずれも個展を開くこともあるほどの、趣味の域を超えたプロや名人と言った域の腕前なんです。

a0254656_17405669.jpg「明日の出荷分は、このあたりの大きな粒も入れる予定よ!もちろん、いつも通り全体のバランスを考えて、1パックを作るんだけどね!」と則子さん。

a0254656_17465137.jpgこのような容器に入れ、6パック入りで販売しています。
数種類の品種をミックスしています。
お二人で種類ごとに分けて摘んだブルーベリーを、則子さんが絶妙な配合でパックに詰めます。
こちらを3粒、これは5粒、と言った感じで!
1パック全体で、最も美味しくご賞味いただけるような絶妙なバランスです。

a0254656_17494888.jpgですから、1度開けると全く飽きずに1パックくらい平気で食べちゃいますよ!
しかも、完全無農薬栽培の安全性も人気の秘密なんです。

a0254656_17531545.jpg「安藤農園」さんは、もともと、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから」と、栽培を始めました。
そのブルーベリーは、無農薬栽培の安全性と、何よりその美味しさでまたたく間に、口コミで評判となり販売を始めたのです。

a0254656_17570226.jpg本日取材した「安藤農園」さんの栽培地の様子はまだまだご紹介したいことがたくさんありますが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介することとします。

a0254656_17593746.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた菊池おしどり夫婦の『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売しています。
商品名に“おしどり夫婦”と入れるほどの、仲良しご夫婦が、完全無農薬栽培で愛情たっぷりに育てたブルーベリーです。
a0254656_18031257.png

今まさに、“最旬”の美味しさですよ!
惜しまぬ手間ひま、美味しさへのこだわりゆえの、出荷数を制限しての数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「無農薬ブルーベリー」のページへお進みくさい。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2018-07-09 18:05 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』今が旬!シャキシャキとトロトロ!2つの食感を楽しめます!

FLC日記 2018年7月8日(日) 雨のちくもり時々雨
熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』は、はなまる人気急上昇中の高級フルーツです。
ご家庭用でも、お中元やご贈答としても、大人気です!
熊本の旬の食材を販売する「FLCパートナーズストア」では、「岡山農園」さんの『肥後グリーン』をネット独占販売しています。
今、まさに最旬の食材が『肥後グリーン』です!
a0254656_16362357.jpg


a0254656_16394989.jpg『肥後グリーン』の人気の秘密は、なんと言ってもそのバツグンの甘さです!!
糖度17度にもなるさわやかな果汁が、口いっぱいに広がると至福の喜びを感じます。
最大の特徴は、シャキシャキの食感でそのさわやかな甘さを味わうことができる新感覚のマスクメロンです。
収穫後、約4~5日程度でまず1回目の食べごろを迎えます。

a0254656_16450530.jpgもちろん、さらに追熟させると、トロトロの食感で味わえる、皆さんが良くご存じのマスクメロンの食感でも美味しくいただけます。
翡翠(ひすい)色の美しい果肉は、厚い肉質、豊富な果汁、上品な甘さが人気です!

a0254656_16455198.jpg「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、ネット独占販売しています。

a0254656_16473254.jpg2玉入りでの販売ですので、ぜひ、1玉はシャキシャキの食感で、そしてもう1玉はトロトロの食感でご賞味ください!
現在は、収量も増えて、あまりお待たせすることなく発送が可能です!!
ただし、毎回の出荷数を限定しての、数量限定、完全予約制での販売とさせて頂いておりますので、ご注文はお早めに!!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産メロン』


a0254656_17224912.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿央町の「岡山農園」さんの、高級マスクメロン『肥後グリーン』の栽培ハウスです。
「岡山農園」さんでは、親子の匠が“本物”と呼べる様々な作物を育てる、まさに匠の農家さんです。

a0254656_17235852.jpg上の写真とこの写真は、5月上旬の花と着果したころの写真です。
「岡山農園」さんでは、お父さん(岡山忠和さん)、お母さん(岡山文代さん)の豊富な経験と卓越した技術に加え、その技術を伝承しつつ、2人の息子さん(兄:岡山和功さん、弟:岡山佑大さん)が惜しまぬ手間ひまと徹底管理、さらなる研究心で進化させ、最高級のマスクメロン『肥後グリーン』を育てています。

a0254656_17261082.jpgこちらは、4月中旬の定植間もない頃の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_17285999.jpgもちろん「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらの写真は、6月上旬の2期目に収穫を迎える『肥後グリーン』たちを、ひもで吊るす作業をしている、和功さん、佑大さんの兄弟です。
「岡山農園」さんでは、『肥後グリーン』のツルを、1本1本タテに伸ばして栽培しています。

a0254656_17315644.jpg『肥後グリーン』の果実は、1玉1玉ひもで吊るしながら育てるのです。
1本の苗から、たった1玉の至高の『肥後グリーン』を育て上げるため、惜しまぬ努力を繰り返しています。

a0254656_17385863.jpg収穫を迎える直前の様子がこちらです。
まるで熱帯雨林のジャングルのようですよね!
この時期の『肥後グリーン』は“遊びツル”を伸ばして最終調整をします。

a0254656_17463622.jpgタテに伸ばして栽培し『肥後グリーン』の株の芯(成長点)を止めるまでは、徹底的に脇芽や巻きつる、不要な花などを摘んで、その株が作り上げるたった1玉の果実に、株全体が全精力を注げる環境を作ります。

a0254656_17481971.jpgそして、最後の脇芽を“遊びツル”として残し、収穫前の最終調整をするのです。
それぞれ成長のスピードや樹勢が異なるので、メロンの果実や葉の様子を判断して、それぞれの株で遊びツルを切ったりそのまま伸ばしたりします。
それは、毎日、この株たちと真摯に向き合ってきた匠だからこその判断です。

a0254656_17584054.jpg匠の判断は、収穫の時期でも行われます。
収穫直前には、実らせた果実のすぐ上の葉っぱがこうして変色してきます。
これが、収穫のサインの1つです。
果実に栄養を送り込むため、その直前の葉っぱはマグネシウムが不足し、黄色く変色してくるのです。

a0254656_18013570.jpg『肥後グリーン』の果実の茎(アンテナ)の部分の黄色いリンクもサインの1つです。
その見極めをしながら、1玉1玉収穫していくのです。
しかし、その判断は、匠をもってしても非常に難しいのです。

a0254656_17533248.jpgほんの1日その判断を誤っただけで、『肥後グリーン』はこうして割れてしまいます。
すぐに食べれば、全く味も変わらないのですが、もちろん商品には出来ません。

a0254656_18050165.jpg収穫された朝採りの『肥後グリーン』は、ご自宅の出荷場に持ち帰り、大きさ、形、マスクの入り方などなどの厳しいチェックをして、選び抜かれたものだけを「FLCパートナーズストア」の商品として出荷いただいています。

a0254656_18061451.jpg「FLCパートナーズストア」では、大きさによって2商品の『肥後グリーン』を販売してます。
右が約2.5~2.8kgの通常サイズ。
そして左が、「大玉」とさせていただいている、約3.0~3.5kgのサイズの『肥後グリーン』です。

a0254656_18090225.jpg糖度はいずれも17度以上の最高級です。定植の時期、着果の時期、収穫日は同日発送の商品は全て同じです。
全てを同様に育てていても、1本1本の株の違いが出てきます。
植物それぞれの個体差によって果実のサイズが異なってくるのです。

a0254656_18103048.jpg「FLCパートナーズストア」では、「おかやま農園」さんの匠の判断に100%の信頼をよせ、商品の選果をお任せしています。
収穫された中から選びに選び抜いた“極選”の『肥後グリーン』です。
a0254656_18113657.jpg

美味しいメロンを食べたい方!
“本物”と呼べるメロンを贈りたい方!
ぜひ、「岡山農園」さんが育て上げた、「FLCパートナーズストア」の『肥後グリーン』をお選びください!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
# by flcps | 2018-07-08 18:16 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子(ゆず) 着果後の成長の様子と「青柚子」の販売時期について(2018)

FLC日記 2018年7月7日(土) 雨のちくもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、『香り高き柚子(ゆず)』をネット独占販売いたします。
現在の成長の様子を、昨日、現地取材してきました!
a0254656_11310192.jpg


a0254656_11331380.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培場(柚子畑)です。
西日本一帯を襲う梅雨の豪雨の切れ間をぬっての撮影です。

a0254656_11352697.jpg中央を走る道路を挟み両サイドに広がる柚子畑は、なんと7反(2100坪)ほどあります。
日の当たる山の斜面を利用した栽培地は、柚子畑と言うより、「柚子山」と言った感じです。

a0254656_11363278.jpg着果後、柚子たちは元気に成長していました。
柚子は、みかんやカボス、デコポンなどと同じ柑橘類で、4月下旬から5月中旬に花が咲き、その後着果し果実が成長します。

a0254656_11395138.jpg5月上旬の花咲く頃の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_11415268.jpgもちろん、「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』の栽培の様子も、もう何年も現地取材を重ねてきました。
花咲く様子、着果の頃、果実の成長、色づき、収穫、お礼肥えや剪定まで、その全てです。

a0254656_11475222.jpg6月中旬頃になると、しっかりと着果したことが見て撮れます。
ただし、この時期はまだ、ビー玉を少し大きくしたほどの大きさです。

a0254656_11484029.jpgこちらは、昨日撮影した、現在(7月上旬)の様子です。
随分と大きくなりましたが、まだ大きなものでも、ゴルフボールほどの大きさでした。

a0254656_11530279.jpg昨年、11月上旬の、色付いた柚子の収穫時に撮影した、生産農家の「鬼塚農園」の鬼塚啓治さん、鬼塚紀美代さんご夫妻です。
仲良しご夫婦の二人三脚で、20年以上も柚子を作り続けているまさに匠の農家さんです。

a0254656_11552270.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は、大きく分けると2種類です。
色付いた柚子(写真)と、青柚子です。
色づいた柚子は、毎年11月中旬よりの出荷です。

a0254656_11595817.jpg「柚子は表皮にキズやへこみがあって当たり前!」と言われる果実です。
果皮は割とかたいのですが、実はとてもデリケートで、柚子特有の鋭いトゲはもちろんのこと、枝や葉っぱ他の果実とぶつかっても、果実の成長の過程で、どうしても果皮にキズやへこみが入るのです。

a0254656_12041006.jpg一般的に販売されている、キズやへこみがある柚子を、弊社ではあえて『キズあり柚子』と称し、5kg入り、10kg入りで販売しています。
『冬至用柚子』として販売しているものも、この商品と同じものです。

a0254656_12061612.jpgではなぜ、弊社では、店頭に並んでいるのと変わらないものを、わざわざ『キズあり柚子』として販売しているかと言うと、同じく弊社で販売する、香り高き柚子『あっぱれ』との差別化を図るためなんです。

a0254656_12071597.jpgその、香り高き柚子『あっぱれ』がこちらです!!
そのあまりの美しさに、高級料亭や有名和食店からも毎年注文いただく、大人気商品です。
収量のわずか1割ほどの、“あっぱれ”の名にふさわしい大変貴重な特別な『柚子』です。

a0254656_12100095.jpgそして、もう一つの商品がこちらの、香り高き柚子『青柚子』です。
昨年は花の時期が遅く、「香り高き柚子」として販売するなら、しっかりと香りが出るころにしたいと、例年の8月下旬をずらし、9月上旬より販売しました。

a0254656_12123525.jpg今年は、花の時期が例年と変わらなかったので、8月下旬からの出荷予定で順位しています。
今年も、2kg入りと5kg入り(写真)での販売予定で、この様に果皮には多少キズがあります。
主に皮を使って「柚子こしょう」の材料に用いられていて、今年もすでに多数のご予約を頂戴している人気商品です。

a0254656_12171059.jpg昨日、現地取材をしたあと、鬼塚紀美代さんとお電話で話しました。
「あの大雨の中柚子畑に行ったと?大丈夫だったね?」と紀美代さん。
「ちょうど雨が切れたのでうかがいました。今年はかなり順調そうですね!」と言うと、

a0254656_12185022.jpg「昨年は全国的に柚子が不作だったけど、今年は良いみたいよ。これからまだまだ手をかけて育てて、青柚子も色付いた柚子もしっかり出荷できるよう頑張るわね!」といつもの明るい声で話してくれました。

a0254656_12213386.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『青柚子』、『あっぱれ』(写真)、『キズあり柚子』、『冬至用柚子』をネット独占販売いたします。
私がこうして現地取材を重ね、自信を持ってお勧めしている商品です。
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技など現地取材にて紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
# by flcps | 2018-07-07 12:22 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

熊本ぶどう 社方園 本日(7/6)初出荷!朝採りの高級種なしぶどうを大好評販売中!

FLC日記 2018年7月6日(金) 雨(豪雨)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)もぶどうの匠「社方園」さんの、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売しています!
a0254656_17234501.jpg

明日、7月7日は、一般的には“七夕”ですね!
でも、7月7日は、私や弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」にとって、毎年決まった特別な日。
“約束の日”なんです。

a0254656_17310715.jpg熊本県山鹿市のぶどうの匠、「社方園」さんは、毎年決まって、7月7日に、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を“初出荷”します!!
しかも、濃厚な『黒ぶどう』、皮ごと食べられる『白ぶどう』、甘さ際立つ『赤ぶどう』の3色のぶどうをそろえての出荷です!

a0254656_17353958.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売していて、ご予約を頂戴していたお客様に、本日7月6日(金)に初出荷しました!
※今年は7月7日が土曜日のため、7月6日(金)からの出荷です。

a0254656_17295920.jpg今年も、あの皮ごと食べられる大人気の『シャインマスカット』も、本日より朝採り即日発送したのです!
芳醇な香りと、そのストレートな甘さに加え、種無しで皮ごと食べられるので、幅広い層に人気の高級ぶどうです!

美味しいぶどうを食べたい方・・・
最高級のぶどうを贈りたい方・・・


a0254656_18443045.jpg『シャインマスカット』を含めた、豪華18商品のラインナップをそろえ、自信をもっておススメします!!
「FLCパートナーズストア」では、『山鹿のぶどう』を完全予約制で大好評販売中です!!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!

↓ ここをクリック!! ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産ぶどう』
種なしぶどう



a0254656_17500245.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!熊本県山鹿市久原にある、“ぶどうの匠”「社方園(しゃかたえん)」さんの熊本『高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の栽培ハウスの1つです。
「社方園」さんでは、数ヵ所の連棟建てのハウスで、温度や水管理を匠の技で行い、出荷時期をずらして、20種類以上の種なしブドウを栽培しています。

a0254656_17504868.jpgこの辺りは、黒ぶどうの『ピオーネ』のようです。
これは、6月中旬の写真で、「社方園」さんでは、こうしてしっかりと色づいたのを確認して、収穫前の最後の作業袋かけを行います。

a0254656_18000107.jpgそして、出荷日の朝、1房1房を見極め収穫し、さらに出荷場で選びに選び抜いた“極選”の、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を、即日発送するのです。

a0254656_18133038.jpg
「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の美味しさは、口コミで広がり、評判が評判を呼び、今では度々テレビや雑誌などで紹介されています。

a0254656_18175063.jpg一昨年の販売初日、7月7日の様子です。
なんと、「社方園」さんの初出荷の様子を、TKUテレビ熊本の、朝の情報ワイド 英太郎の「かたらんね」で、大人気の“くまモン”も一緒に、生中継されたんです。
「社方園」園主の社方武路さんが、3種のぶどうの美味しさの違いを話しています。

a0254656_18232285.jpgその中継の中でも、紹介されましたが、『山鹿のぶどう』のシャーベット(冷凍ぶどう)は、その高い糖度がゆえに、冷凍庫で凍らせてもこうしてつまようじが刺さるほどの、まさにシャーベット状の食感で味わえますよ。

a0254656_18302479.jpg高い糖度と言えば、こちらの赤ぶどう『クイーンニーナ』を語らないわけにはいきません。
ぶどうは糖度が18度ほどと、フルーツの中でも高い糖度を誇りますが、『クイーンニーナ』はなんと22度も糖度がり、酸味はほとんど感じられず、とにかく甘~い!んです。

a0254656_18351296.jpgFLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の栽培の様子を、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
先日も台風に備えハウスのビニールを巻き上げている中行われた“袋かけ作業”を現地取材していきました。

a0254656_18373193.jpgそんな私は、「社方園」さんに100%の信頼をよせ、出荷の際にその時最も美味しく旬なぶどうを、20種類以上の中から選び、朝採り即日発送で商品としていただいています。
もちろん、お送りしたぶどうの品種が、きちんとわかるように、商品には資料を同梱しています。

a0254656_18393974.jpgそんな中、どうしても単独商品の販売をさせてほしい!とお願いしたのが、先ほど紹介した白ぶどうの『シャインマスカット』と、この赤ぶどうの『クイーンニーナ』なんです。
『シャインマスカット』は、3年前から、『クイーンニーナ』は、昨年から単独商品の販売を行っています。

a0254656_18451573.jpg『クイーンニーナ』は、黒の社方園箱で販売する700g入り、600g入り、500g入りの3商品を、今年もご用意しました。
ただし、数量限定商品のため、今年も完売間違いありません!
早い者勝ちですよ。

a0254656_18482934.jpgもちろんぶどうの定番、「黒ぶどう」もやはり安定した人気です。
今年も大人気の『ピオーネ』を中心に出荷します。
その他にも、様々なバリエーションの商品をご用意しています。

a0254656_18530573.jpgただし、全て朝採りで収穫したぶどうから、選びに選び抜いた“極選”のぶどうのため、毎回の出荷数を限定した、完全予約制販売です。
今年も、15商品のラインナップをご案内しています。
きっとご満足いただける商品をお選びいただけると思います。

a0254656_18553979.jpgお中元やご贈答にも大変喜ばれているのが「社方園」さんの『山鹿のぶどう』です!!
美味しいぶどうを食べたい方、最高級のぶどうを贈りたい方、ぜひ下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページよりお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2018-07-06 18:58 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)