人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!

FLC日記 2022年11月26日(土) くもりのち晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和4年度)も、熊本県山鹿市鹿北町の匠の農家さん「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』を、ネット独占販売いたしました。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_17275434.jpg

おかげさまで今期も大好評!
昨日の出荷分を持ちまして、今期の発送はすべて終了しました。
完売御礼です。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_17134059.jpg『太秋柿』は、熊本県が生産量日本一で、全国生産量の約半分を占めています。
『太秋柿』の“本場”と言える大産地の”熊本県”にある、「古川果樹園」さんは、『太秋柿』を育てて25年以上!
まさに『太秋柿』の匠の農家さんです。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_17154905.jpg「FLCパートナーズストア」では、『太秋柿』の匠「古川果樹園」さんが育て上げた『太秋柿』から、さらに選びに選び抜いた、“極選の”『太秋柿プレミアム』です。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_17183401.jpg『太秋柿』は、その美味さを、「梨のような食感、ぶどうのような甘さ」と例えられ、そのシャキシャキっとした食感と、デザートのような甘さが大人気で、秋の果実の王様と称されています。
「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』へのたくさんのご注文、誠にありがとうございました。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_17505303.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培場の1つです。
今期の収穫を終えた栽培地を現地取材してきました。
落葉樹の『太秋柿』の葉がこうしてたくさん落ちていました。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_17533539.jpg生産者はこのお二人!
「古川果樹園」の古川孝人さんと奥様の古川アツ子さんです。
笑顔の絶えない仲良し夫婦の二人三脚で『太秋柿』をはじめ様々な作物を育てる匠の農家さんです。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_17561461.jpg上の写真とこちらの写真は、以前、11月上旬ごろ収穫の様子を取材した際の写真です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_17590826.jpgもちろん「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
春の芽吹き(写真)も、花咲く頃も着果の様子の、その後の摘果作業や枝吊り作業や、もちろん収穫の様子などその全てです。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_18022310.jpgこちらは6月上旬の着果したころの様子です。
「古川果樹園」さんでは、とことん手をかけて『太秋柿』を育て上げます。
柿を育てる多くの農家さんにはまねできないほどの手のかけようで、独自の方法で育てています。
その惜しまぬ手間ひまこそが、毎年変わらぬ美味しさの至高の『太秋柿』になるのです。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_18101499.jpgその中の1つが、7月から8月にかけて行うこの摘果作業です。
「古川果樹園」さんでは、着果した『太秋柿』のなんと約6割を摘果して、残した約4割を大切に育て上げます。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_18133504.jpg残した4割の『太秋柿』が実る、全ての枝1本1本を、こうしてひもで吊るして育てるのです。
毎年同じ枝に実るわけではないので、毎年繰り返される惜しまぬ手間ひまで大切に育てているのです。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_18153476.jpg台風などの強風で枝が折れることなく、また果実もこうして大きく美しく育て上げます。
他に類を見ない栽培方法なのです。
ですから今年も、見事な『太秋柿』が実りました。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_18201816.jpg古川さんはいつもこう話します。
「農作物は手ばかければかけるしこ、ピシャっと良か作物になって帰ってくるとたい。だけん、絶対に手ば抜くことはでけんたいな!」

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_19550176.jpg「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、毎年10月10日をめどに出荷をスタートします。
大変ありがたいことに、来年(令和5年度)もすでにたくさんご予約を頂いているほどの大人気商品です。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_19582041.jpg「今年もたくさんの注文をいただき、たくさんの美味しいというお客様の声も頂戴しました。本当にありがとうございました。来年もまた変わらぬ美味しさをお届けしますので、よろしくお願いします。」とのコメントをいただいています。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_18264567.jpg「古川果樹園」さんでは、本日紹介している『太秋柿』の他にも、現在好評発売中の無農薬で育てた『高級種なしかぼす』(写真)、さらには6月に販売した『山竹たけのこ』などを栽培していて、それらは弊社の大人気商品です。

『熊本産高級種なしかぼす』のご注文(ご予約)は、「FLCパートナーズストア」のホームページより受付中です!

今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』



令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_18290590.jpg現在の「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培地では、色づいた葉と古川さんが惜しまぬ手間暇をかけた枝吊りのひもだけが残っています。
全ての果実は収穫及び出荷を終えました。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_18344598.jpg今期の「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』の出荷は、11月25日分まででした。
ほぼ例年通りの最終出荷日となりました。
今期もたくさんのご注文、誠にありがとうございました。

令和4年度の『太秋柿プレミアム』は完売御礼!匠が育てた“本物”と呼べる美味しさをお届けしました!_a0254656_18332383.jpg令和4年度の「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』は完売いたしました。
「古川果樹園」さんは、来年もまた惜しまぬ手間ひまで、“本物”と呼べる太秋柿を育てることでしょう!
これからも、冬の選定作業、花咲く様子や着果の様子、枝釣り作業、摘果作業などなど、成長の過程や、匠の技など、現地取材をしてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-11-26 18:40 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』

FLC日記 2022年11月25日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和4年度)も熊本県産朝採りイチゴ販売いたします。
まずは匠の農家さん「杉本農園」さんの、熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』の先行予約の受付をスタートしました!!

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_17532618.jpg


熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_17393456.jpg『熊紅(ゆうべに)』は熊本県のオリジナル品種で、現在、熊本県でのみ栽培及び出荷されている希少品種のイチゴです。
円錐形の整った形をしていて、名前の由来となった果肉皮の全体的な赤さも特徴です。
果肉はわりとしっかりしていて、甘みと酸味のバランスが良く、香りも十分に楽しめます。

令和4年12月13日(火)より発送開始いたします!
その後は、火曜日と金曜日の週2回発送します。
※朝採り即日発送でお届けするため、毎回の出荷数を限定しています。
毎回の分が定数になった際はご受注(ご予約)順に次の発送時の発送となります。(お届け日の希望日がある方は早めにご予約下さい)


先行予約の受付をスタートしました!
今すぐご注文したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓  ↓  ↓


「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』



生産者の「杉本農園」さんと生産地の紹介しましょう!!

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_17531095.jpg熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんの連棟建ての広い広いイチゴの栽培ハウスに現地取材に伺いました。
とてもとても、1枚の写真ではおさまりきれないほどの広大なハウスで、『熊紅(ゆうべに)』は栽培されています。

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_17554107.jpg「杉本農園」さんは、今年で23年目を迎える、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。
写真は収穫の様子を取材した際に撮影した「杉本農園」の杉本憲治さんです。

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_17574353.jpgこちらは息子さんの杉本一博さんです。
「杉本農園」さんでは、お父さんの杉本憲治さんと、お母さんの杉本洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、大学で専門的にイチゴ栽培を学んだ、息子さんの一博さんが、さらに進化させ、最高級のイチゴを育てる匠の農家さんです。

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_17023599.jpg収穫を行う取材の際には、いつも『熊紅』の試食させていただいています。
やはり、販売する私がその時の味を知っておかないといけませんからね!(言い訳です(笑))

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_18120596.jpgいつもこうして、水洗いさえもすることなく、その場で試食しています。
それだけ「杉本農園」さんの安全性に自信を持っているからです。
取材を行っているのは、なにも収穫をしている頃だけではありません。

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_17121024.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
写真は、8月上旬のイチゴ(熊紅)の苗床の様子です。

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_17135008.jpg「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
イチゴは、多年生植物で、初夏から秋口にかけ、親株から伸びたランナーで、新しい株を増やし、それをハウスに定植し育てるのです。
この日、奥さもの洋子さんは、新しい株のポットに肥料を与えていました。

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_18135751.jpg年9月20日前後に行われるイチゴの苗の定植作業の様子です。
今年は台風の影響で、少し遅く9月27日に行われました。
定植作業は、毎年多くの方がお手伝いに来てくれて、一気に作業を進めます。
私も取材のみならず、お手伝いをさせていただきました。

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_18153213.jpg惜しまぬ手間ひまをかけ育ててきたイチゴたちが、今年も収穫の時期を迎えました。
「杉本農園」さんでは、安全なイチゴ作りに強いこだわりを持ち取り組んでいます。
イチゴ栽培で最も怖いのは、“ハダニ”と呼ばれる害虫ですが、「杉本農園」さんでは、安心・安全な方法でそれらを駆除しています。
“チリカブリダニ”を使って、イチゴの生育に悪影響を及ぼすハダニを駆除しているのです。

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_17310444.jpg以前は、農薬を散布することで害虫駆除をしていましたが、今は安全・安心なイチゴを育てる為に、“チリカブリダニ”を使用しています。
ハダニもチリカブリダニも口に入っても全く問題ないものですが、ハダニはイチゴに害を及ぼし、その害を及ぼすハダニを食べてくれるのがチリカブリダニと言うわけです。

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_18360280.jpgその安全性を知る私は毎回試食の際には、水洗いさえもすることなく、その場で美味しく食べています。
もちろん、ご購入いただいたお客様は、埃などを落とすため、さっと水洗いしてご賞味ください。

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_17225737.jpg美味しさに加え、安全性にとことんこだわる「杉本農園」さんだからこそできることです。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんが、安全にこだわり、美味しさにこだわった熊本限定栽培品種の高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売いたします。

熊本県産朝採りイチゴ!令和4年度の先行予約受付スタート!第1弾!熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』_a0254656_18372101.jpg本日より先行予約の受付をスタートしました。
初回出荷は、12月13日(火)よりで、以降は毎週火曜日と金曜日の出荷です。
ただし、朝採り即日発送のため、完全予約制の数量限定での販売です。
ご予約多数により出荷調整中のため、現在は3Lサイズのみの受注を行っています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-11-25 18:17 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!

FLC日記 2022年11月24日(木) 晴れ
「現在、みかんの収穫を行っています。採れたてよりも少し追熟をさせると、“本物”の味になるので、それを見越して今年は12月中旬より出荷したいと思っているんですよ!」
匠の農家さん「小春農園」の小原将輝専務がそう話しました。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17174279.jpg


ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17222473.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和4年度)も匠の農家さん「小春農園」さんの『ザ・みかん』をネット独占販売いたします。
写真はMorLサイズの10kg入りです。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17214464.jpg今年は12月中旬からの出荷予定で、みかんの品種は熊本限定栽培品種の『ひのみらい』からスタートです。
現在はこうして太陽の光を浴びながら、美味しさを閉じ込めています。
色づき収穫を待つ『ザ・みかん』たちを、先日現地取材してきましたので、本日のブログではその様子を紹介いたします。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17241470.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんのみかん畑のほんの一部です。
大自然に囲まれた、陽のあたる山の斜面を利用して、「小春農園」さんは、『ザ・みかん』を栽培しています。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_18372777.jpg以前の取材で撮影した「小春農園」代表の小原正宏さんと奥様の小原美子さんです。
「小春農園」さんでは、長年の経験に基づく知識と高い技術を持つ代表の小原さん、惜しまぬ手間ひまをかける奥様の美子さん、そして、大学で果樹栽培を学んだ専門知識を持つ息子さんの将輝さんの、3人の匠が中心となり、様々な農作物を育てています。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17332684.jpg着果後の成長の様子を取材した9月上旬にみかん畑で撮影した「小春農園」専務の小原将輝さんと奥様の小原しおりさんです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17283396.jpg「小春農園」さんの『ザ・みかん』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
みかんの花咲く様子です。
今年も5月上旬にはこうして元気な花がたくさん咲きました。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17371754.jpg6月中旬の様子です。
花は受粉後、果実を実らせます。
着果し育つ様子もこうして現地取材してきました。
「小春農園」さんの『ザ・みかん』は弊社の創業以来すぐから販売したロングセラーの商品です。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17411324.jpg「小春農園」さんでは、有機肥料で育てた安全で美味しいみかんを、“飾ることなく味で勝負できる!”と『ザ・みかん』と命名し販売しています。
みかんは、とても乾燥に強い果樹です。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17423593.jpg水を極力与えずに育てると、そのストレスで果実は甘く育ちます。
多くのみかん農家さんは、果樹園全体にマルチビニールを敷き、みかんに水を極力与えずに栽培しますが、「小春農園」さんはその方法を採用していません。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17502799.jpgそれどころか、むしろ自由に水を与えみかんを育てているのです。
では、「小春農園」さんでは、どうやってみかんを甘く育てているのでしょう?
その答えが、果樹の足元にありました。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17490599.jpgご覧ください!
このおびただしい、摘果されたみかんたちを!
「小春農園」さんでは、中世みかんの『ひのみらい』はタイミングを見計らって、実る果実を3分の1にまで摘果するのです。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17522558.jpgこれは、8月上旬の摘果作業の様子です。
「小春農園」代表の小原正宏さんが、匠の技でみかんの摘果を行っています。
「小春農園」さんでは、みかんに水を与えずにストレスをかけてみかんを甘くするのではなく、たくさんの果実を実らせ、「水が足りない!」とみかんがより元気に根を伸ばし、頑張る力を利用してみかんを甘く育てています。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17550723.jpg小原さんはお話しいただきました。
「水も有機肥料もたっぷり与えて、元気なみかんの果樹ば育てるとたいね。たくさん着果させて、この時期まで「水が無い!」じゃなくて、「水が足りない!」ってどんどん根を伸ばして、頑張るようにするとたい。」
ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17562405.jpg根の張った元気な果樹だと、この時期に一気に摘果してあげれば、残ったみかんたちが大きく甘く育つとたいね。」
これこそが、「小春農園」さんの元気な果樹で育った、匠のみかんなのです。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_17580758.jpg“匠の技”によって選び抜かれ、3分の1にまで摘果された選抜のみかんたちは、夏から秋の太陽の日差しを浴びて、大きく甘く育っています。
そして、12月上旬には『ひのみらい』の収穫を迎えます。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_18001427.jpgそしてその後、晩生みかんの『青島』『金峰』へと切れることなく続いていきます。
写真は収穫作業の様子です。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの匠が育てた『ザ・みかん』をネット独占販売いたします。

ザ・みかん 令和4年度の出荷は12月中旬から!収穫後甘く濃い味に仕上げ出荷です!_a0254656_18052716.jpgこちらは今回取材した現在の様子で、本日、電話取材したところ、しっかりと色づいたみかんの収穫を初めているとのこと!
現在は、受注を受け付けていませんが追熟を待ち「小春農園」さんの匠の判断の出荷開始日の決定が出たらすぐに、先行予約の受付をスタートいたします。
先行予約の受付は、このブログやホームページにてご案内しますので、これからもお見逃しなく!
みかんが持つ本来の力を信じ、元気な果樹と匠の技で育てられた『ザ・みかん』をお楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-11-24 18:10 | ザ・みかん | Trackback | Comments(0)

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!

FLC日記 2022年11月23日(水) 雨のちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和4年度)も、3人のこだわりの匠が育て上た『熊本のお米(新米)』を大好評販売中です!!

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_16504450.jpg

いずれも、ここでしか買うことのできない貴重なお米で、白米、玄米を10kgから販売しています。

<商品ラインナップ>
●菊池水源棚田米
●砂田のれんげ米
●七城米 長尾さんのこだわりのお米


今すぐ購入したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』



令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_16300161.png本日のブログでは、弊社の契約農家さんの3名の匠のこだわりのお米の中で、その3でトリを務める“店長一押しのお米”『七城米 長尾さんのこだわりのお米』を紹介します。


令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_16351852.jpg生産者はこのお二人!
「長尾農園」の長尾千行さんと長尾とも子さんの仲良しご夫婦です。
「長尾農園」さんは一切の妥協を許さずとことん手をかけお米を育てる匠の農家さんです。
こちらの写真は今年の田植えの取材の際に撮影したお二人のツーショットです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17053927.jpg熊本県菊池市七城町は、日本有数の米どころです。
この地で育つ「七城のお米」は、“おいしいお米日本一”に輝いた実績を持っています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17084747.jpg「七城のお米」は、日本穀物検査協定が行う、食品ランキングで『特A』を獲得しました。
『特A』を獲得は、なんと、11年連続13回目の受賞です。「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんちのこだわりのお米』は、そんな熊本県菊池市七城町で育てられています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_16532445.jpgそんな七城町でも、農家さんによってお米の作り方は様々です。
私は、「長尾農園」さんの、一切の妥協を許さないお米作りとその美しさ、そして何よりその美味さに惚れ込み、2年がかりでお願いして弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_16565741.jpgこちらは、6月上旬の、「長尾農園」さんの苗床の様子です。
実に美しい苗床ですね!
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_16570193.jpgもちろん、「長尾農園」さんの米作りも、種まきから、苗床、田植え、稲刈り、稲刈り後の田んぼの土つくりまで、その全てをもう何年も年間を通して現地取材してきました。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17030287.jpg5月下旬の、お米の種(籾)を蒔いたトレーを、苗床に並べる際に撮影した写真です。
今年は息子さん夫婦や、娘さん夫婦がお手伝いに来て、とても賑やかな苗床作りでした。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17043065.jpg実に美しく丁寧に並べていますよね。
「長尾農園」さんは、とにかく徹底的に手をかけてお米を育てています。
こうも水平に美しくトレーが並ぶのは、その前の惜しまぬ手間ひまがあったからなんです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17064327.jpgそれは“地ならしペタペタ”と呼んでいる作業で、種を蒔いた苗が、同じように発芽し、同じように成長するために苗床を均等にしています。
「長尾農園」さんは「美しく育ててこそ、美味しい作物が育つ!」の信念で農業を行っています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17080414.jpg特にお米は、同じように発芽し、同じように育ち、同じように実っることで、粒がそろったばらつきがない、美味しいお米になるのです。
お米を育てる田んぼの準備も一切の妥協を許しません。
代かきと呼ばれる作業で、土を水平にならすのですが、苗を植えない畔のギリギリまでをもこうして自分が納得いくまでならすのです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17181103.jpg均等に育った元気な苗は、見事にならされた田んぼに、田植え機で田植えをする際、全く欠株が起こりません。
惜しまぬ手間ひまで、同じように育った苗は、一斉にそろって成長していくのです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17104529.jpg7月下旬の田んぼの様子です。
まるで、1株の苗をコピーして貼ったかのような写真でしょ?
同じように育つ苗たちが本当にきれいでした。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17152763.jpg9月上旬の稲の花が咲きおえ稲穂がふくらみ始めたころの様子です。
一様に育ち、一様に花を咲かせ、そしてこれからいよいよ実りの秋を迎えます。
穂はしっかりと膨らみ、頭を垂れ、黄金色の輝きを放つのです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17182931.jpg「長尾農園」代表の長尾千行さんはいつもこう話します。
「お米以外にもいろいろな野菜ば育てよるたいね。ダイコンやほうれん草なんかの野菜は、同じように育てても、収穫の時にその1つ1つば判断して収穫の出来るたい。ばってん、お米はそうはいかんとたいね。田んぼ1枚を一斉に収穫するとだけん、いかにその1枚の田んぼを均等に育てるかが大事たいね!」

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17203723.jpg9月中旬には、長尾さんの言葉通り、今年も同じように成長し、一斉に花を咲かせ、こうしてそろって稲穂が頭を垂れてきています。
これから約1ヶ月後の10月10日をめどに今年も稲刈りをスタートしました。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17294983.jpg稲刈りの様子も毎年、現地取材しています。
黄金色に輝く稲穂を「長尾農園」代表の長尾千行さんが、コンバインで稲刈りをしています。
見事に真直ぐに並び、見事に同じように育った、きれいな田んぼです。
私は、「長尾農園」さんの田んぼを、敬意を表し「美しすぎる田んぼ」と呼んでいます。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17215548.jpg「長尾農園」さんは、笑顔の絶えない仲良しご夫婦の二人三脚で、一切の妥協を許さぬ、惜しまぬ手間ひまをかけ、まさに“本物”と呼べる美味さのお米を育てています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17232444.jpg今年の『七城米 長尾さんちのこだわりのお米(ひのひかり)』の出来も最高です。
日本有数の米どころ、熊本県菊池市七城町でも、生産農家さんでお米作りの方法は様々です。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その:とことん手をかけて育てる匠のこだわり七城米の紹介!_a0254656_17573358.jpgそんな中、私が惚れ込んだ『七城米 長尾さんちのこだわりのお米(ひのひかり)』は、一番のおススメ、今年も゛店長一押し”として販売しています。
お米の艶、風味、そして独特の甘さ・・・。
ぜひ、『七城米 長尾さんちのこだわりのお米(ひのひかり)』を味わってみてください!!
ご贈答用としても大変喜ばれる商品です。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ご来店お待ちしています。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-11-23 17:27 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!

FLC日記 2022年11月22日(火) くもりのち雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和4年度)も、3人のこだわりの匠が育て上た『熊本のお米(新米)』を大好評販売中です!!

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_16504450.jpg

いずれも、ここでしか買うことのできない貴重なお米で、白米、玄米を10kgから販売しています。

<商品ラインナップ>
●菊池水源棚田米
●砂田のれんげ米
●七城米 長尾さんのこだわりのお米


今すぐ購入したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』



令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_17123024.jpg本日のブログでは、弊社の契約農家さんの3名の匠のこだわりのお米、第2弾『砂田のれんげ米』を紹介します。
『砂田のれんげ米』は、日本有数の米どころ熊本県菊池市七城町の砂田地区にある田んぼで育てられたお米です。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_17190294.jpg生産者はこのお二人!
右が兄の野中賢吾さん、左が弟の野中剛さんです。
“土”にこだわる匠(野中兄弟)が、れんげを有機肥料として作り上げた元気な土で育てたお米が『七城町砂田のれんげ米』です!

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_15423438.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、3人のお米の匠の米作りも、もう何年も年間を通して取材してきました。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_15432148.jpg野中兄弟のお米作りも、稲刈りの様子はもちろんのこと、種まき、苗床作り、田植え(写真)、苗の成長から花咲く様子、頭を垂れ実る過程、稲刈り後の土つくりなど、その全てを現地で見て、話を聞いて、取材してきました。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_16250324.jpg平成30年度までは、生産者を野中逸雄さん(野中兄弟の父)としていましたが、野中さんは野中さんは、2018年7月に病で倒れ、闘病生活を送っていましたが、翌年1月30日に永遠の眠りについたのです。
享年72歳でした。
写真は昨年の田植えの際のもので、私が現地で取材した最後の写真です。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_16280723.jpg野中さんのこだわりの米作りは、2人の息子さんたちに継承されました。
野中さんの米作りを、一番そばで見て、共に『砂田のこだわりれんげ米』を育ててきた野中兄弟です。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_16311671.jpgそして現在も、そのころの米作りと同じ方法で『砂田のれんげ米』を育てています。
野中兄弟が育てる『砂田のれんげ米』は、熊本県菊池市七城町の砂田地区にあります。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_17182803.jpg


令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_17231510.jpg七城町の砂田のお米、『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われたてきました。
“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史がある、日本で有数の美味い米の産地です。
弊社では「ご飯がごちそうになるお米」と称しています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_17262266.jpgこの砂田地区は、その名の通り、砂混じりの田んぼの地区です。
菊池川と迫間(はざま)川の間の地区で、砂の混ざった独特な土壌は、日本一の米を育てます。
しかし、同じ砂田地区でも、各農家さんによってお米の育て方は様々です。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_16375942.jpgもっとも異なるのが、秋から春先にかけての「裏作」です。
多くの農家さんは、稲刈りを終え、田植えをするまでの冬から初夏の時期に、裏作としていろんな作物を育てています。
写真は野中兄弟の田んぼのすぐそばにある田んぼで、裏作として水田ごぼうを栽培しています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_16364377.jpg代表的なものは、“麦”(写真左奥)で、その他にも、白菜、タバコ(写真右手前)、各種野菜、牧草などが栽培されています。
この2枚の写真の田んぼでも、裏作を終えるともちろんお米を栽培するのです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_16414551.jpg野中兄弟の田んぼでは、一切裏作を作りません。
栽培し生産するどころか、次の年も美味しいお米を育てるための土つくりをします。
それがこのれんげです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_16421743.jpg4月下旬から5月上旬にかけての野中兄弟の田んぼは、本当にこれが田んぼ?と思うほどの別世界です。
野中兄弟は、稲刈りを終えた後、田んぼにれんげの種を蒔き育てます。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_16433547.jpgれんげの種まきの様子です。
毎年11月中旬に行います。
稲刈り後、しっかりと耕運した土に、機材を使って満遍なくれんげの種を撒いていくのです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_16460101.jpgれんげは年明けごろには発芽し成長します。
れんげの種を撒く準備、れんげの種を買うコスト、そして多くの手間ひまをかけ育てるれんげですが、収穫を目的として栽培しているのではなく、あくまで美味しいお米作りのために毎年育てています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_16470020.jpgれんげは、花が終わる5月上旬ころ、その花も葉も茎も根も、こうして全て田んぼに鋤き込み、そのまま有機肥料とするのです。
れんげは、元気な土つくりのための“緑肥”とするのです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_18042454.jpgまた、野中兄弟は稲刈りの際には、「稲ワラ」をこうして細かく裁断して、田んぼにまいていきます。
稲刈り後、時機を見て田んぼに鋤き込みそのまま有機肥料にするのです。
父の野中逸雄さんが行っていたように、息子さん二人で行う稲刈りでも、ワラを刻んでまいていました。
野中兄弟は、この“稲ワラ”と“れんげ”以外には何も足さず、何も引かずにお米を育てています。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_16573209.jpg私はことあるたびに、野中さんに同じ質問をしてきました。
「どうしてれんげにこだわるのですか?」
「自分が食べるとに、安全で美味か米ば食べたかたい!だけん、田んぼでは“稲ワラ”と“れんげ”にこだわって、裏作は作らんで、お米だけば育てよるとたい。」
野中さんは常にそう答えてきました。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_18072071.jpgその野中さんのこだわりは、もちろん2人の息子さんたちに継承され、野中さんと変わらぬ方法でお米を育てています。
そして、今年も土にこだわる匠の『砂田のれんげ米』が実り収穫されました。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_18092104.jpg野中さんのお米は、以前は熊本市内の有名百貨店に『砂田のれんげ米』として卸していました。
しかし、現在は、自分や家族、親せきや知人のためにお米を育てています。
それは野中兄弟になってからも同じです。
野中さんの米作り、そしてそのお米の美味さに惚れ込み、私は特別に分けていただき、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売してきました。
一般流通のないお米を、特別にご提供いただいているのです。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_16520070.jpg土にこだわる野中さんの米作りは、きちんと二人の息子さんに受け継がれました。
「稲ワラ」と「れんげ」のみを有機肥料として作り上げた元気な土で、惜しまぬ手間ひまをかけ、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を育てていくのです。
写真は以前の稲刈りの際の、しっかりと実った稲穂と、阿蘇外輪山の一角を占める『鞍岳』をバックに満面の笑みのお二人です。

令和4年の熊本の美味しい新米を大好評発売中!その2:土にこだわる匠の砂田のこだわりれんげ米の紹介!_a0254656_18111174.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(令和4年度)も、野中兄弟の『砂田のれんげ米』をネット独占販売しています。
白米、玄米共に10kg、20kg、30kgでの販売です。
一般流通のない、ここでしか買うことのできないお米で、今年も完売間違いなし!
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『熊本のお米』のページへとお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-11-22 16:58 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)