ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

栗の王様「利平栗」 今年も無農薬で育てました!平成30年度出荷スタート!予約受付は残りわずか!!

FLC日記 2018年9月18日(火) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も自社オリジナルブランド商品の、自然栽培で育てた『利平栗』をネット独占販売しています。
昨日より、今期の出荷をスタートしました!!
a0254656_17394498.jpg


a0254656_17434183.jpg今年も、収穫した中から、大きなものだけを選び抜いた“大粒”の2kg入りと、大変お買い得な“中粒”の2kgをご用意しました。
ご予約いただいている順に、毎日収穫し随時発送していきます。

a0254656_17430379.jpg毎年、必ず完売する大人気の商品です。
今年も昨年を大きく上回るハイペースでご注文(ご予約)いただいていますが、昨年に比べ収量が増えることが予想され、現在もご注文をうけたまわっています。
ただし、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
ご注文(ご予約)はお急ぎ下さい。

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『自然栽培で育てた利平栗』


a0254656_17505380.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
『自然栽培で育てた利平栗』は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の敷地内で育てています。
こちらは、本社社屋です。

a0254656_17515038.jpgどれくらい山奥かと言うと、ここへ来るには、この1本道しかありません。
敷地内に電柱が立っていますが、電線はここまでしか来ていません。
ここより山奥には誰も住んでいないからです!(笑)

a0254656_17523378.jpgこの時期、彼岸花が咲き始めます。
それとほぼ同時に、毎年『利平栗』は落ち始め収穫のスタートです。
毎年ほぼ変わることが無いので、自然と言うものは、実に面白いものです。

a0254656_17550778.jpg生産者は、株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)です。
私は、この山奥で自然と共に生き、自ら畑を耕し野菜を作り、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
こちらは現在の上の段の畑と栗林の写真で、自家用の野菜を栽培している畑と、奥はエゴマの栽培地、右は『利平栗』の栗林でたくさんの実がついています。

a0254656_17581366.jpg収穫はスタートしたばかり!
この大きなイガが大きく割れて、『利平栗』の粒が落ちるか、イガごと落ちたら収穫です。
絶対に『利平栗』の果樹に残っているものを落として収穫などしません。

a0254656_17584245.jpgきちんと落ちたものでないと、味が全く違うからです。
ちなみに、こちらも本日の様子ですが、このように栗の実だけ落ちる場合と、イガごと落ちる場合があります。
『利平栗』は、管理が難しく、生産量も年々減少している“幻の栗”とも言われる大変貴重な栗です。

a0254656_18014450.jpg『利平栗』はもちろんのこと、私はここで育てる全ての作物を完全無農薬、完全無化学肥料栽培で育てています。
もちろん、除草剤も一切使用していません。
ですから『利平栗』の葉っぱもご覧の通り虫食いだらけです。
私がすべての作物を、無農薬、無化学肥料で育てるには理由があります。

a0254656_18063462.jpgここ熊本県菊池市、菊池水源は日本有数の茶どころです。
弊社の敷地の周りは、「有機栽培のお茶」を生産する茶畑が隣接しています。
写真は、5月下旬の茶摘みの様子で、その奥には『利平栗』の花が咲き誇ってます。
お茶を有機栽培をするには、農薬・化学肥料の厳しい基準があり、もしそのようなものが検出されると、その茶畑は3年間は有機栽培として認められません。

a0254656_18243138.jpgそこで、ここ(株式会社旬援隊の敷地内)では、全ての作物を無農薬、無化学肥料で栽培しています。
8月下旬の写真ですが、エゴマの葉っぱもご覧の通り虫食いだらけです。

a0254656_18260241.jpg自給自足のための野菜や果樹たち、そして生産し出荷を目的としている『利平栗』や『水源キウイ』、『えごま』なども全て完全無農薬、無化学肥料で育てています。
ですから、『利平栗』は収穫してからが大変です。

a0254656_18283283.jpg虫食いがないか?
炭疽病にやられていないか?
などを、全て選別して出荷しています。
ごくまれに見落としている場合がある旨、完全無農薬の『利平栗』ゆえとなにとぞご理解ください。

a0254656_18120023.jpgみなさんより一足早く私が育てた『利平栗』の味見をします。
毎年、栗おこわを作りますが、これが楽しみでなりません!
栗の王様と称される利平栗は、他の栗に比べ甘みが強く、噛んだ時のあのホクホクとした食感と広がる甘味はたまりません!!
ぜひ多くの方に、この美味さを味わっていただきたいものです。

a0254656_18335942.jpg「FLCパートナーズストア」では、弊社オリジナルブランド商品の『自然栽培で育てた利平栗』を今年度も販売し、昨日より出荷をスタートしました。
ご注文(ご予約)を頂いた順番に、随時発送してまいりますので、ご注文(ご予約)いただいている方は、お届けまでもう少々お待ちください。

a0254656_18203569.jpgまた、今期の販売は、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
特に、大粒サイズは残りわずかとなってきました。
ご注文(ご予約)はお急ぎ下さい!
早い者勝ちですよ!

a0254656_18393922.png熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、本日紹介した自然栽培で育てた『利平栗』以外にも、たくさんの熊本の旬の食材を販売しています。
それぞれのこだわりがあり、ここでしか買えないものばかりです!
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをのぞいてみてください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2018-09-18 18:22 | FLC | Trackback | Comments(0)

敬老会2018 今年も元気なおじいちゃん、おばあちゃんたちと敬老のお祝いをしました!

FLC日記 2018年9月17日(月) 晴れのちくもり
本日9月17日は敬老の日です。
株式会社旬援隊があり、私が住む熊本県菊池市、菊池水源の伊牟田地区でも、昨日敬老の日のお祝い会(敬老会)を行いました。
私は、すっかりこの地区に慣れ親しみ、みなさんにかわいがっていただいています。
a0254656_18260959.jpg


a0254656_18275656.jpg熊本県菊池市、菊池水源にある井牟田地区は、12戸のとても小さな村です。
そんな小さな村ですが、今年も14名の方々の敬老のお祝いをしました。
昨日の敬老会には、7名にご参加いただき、敬老を祝って楽しい食事会をしました。

a0254656_17452426.jpg熊本県菊池市原(はる)にある、伊牟田地区は、ブランド茶の『菊池水源茶』発祥の地です。
高冷地の寒暖の差を利用して、多くの農家さんが、美味しい茶を育てています。
収穫したお茶を加工する大きな製茶工場が2棟もあるんですよ。

a0254656_18315053.jpg今回の敬老会の会場となった伊牟田地区の公民館のすぐそばには、立派な記念碑が建てられています。
伊弁田地区は、ブランド茶の『菊池水源茶』発祥の地です。

a0254656_1871911.jpgご覧ください!
5月上旬の地牟田地区にある、「川口製茶園」さんの代表川口荘一さんの茶摘みの様子です。
その広いこと広いこと!
とても1枚の写真では収まり切れません。
実に美しい茶畑ですよね。
伊弁田地区はいたるところにお茶畑が広がっています。

a0254656_1884749.jpg朝夕の寒暖差が非常に激しく、霧深いこの地は、お茶の栽培に適していて、日本有数のお茶どころとして知られています。
もちろん、「FLCパートナーズストア」でも販売しています。
有機栽培(無農薬・無化学肥料)で育てられたお茶や抹茶は特に大人気です!!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
 『菊池水源茶』


a0254656_1893734.jpgさらには、川口荘一さんが育てた有機栽培(無農薬・無化学肥料)の茶葉を使用した『菊池水源紅茶』も今年より販売を始めました。
茶葉が広がりやすい、三角のティーパックに一つづつ入っています。

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
 『菊池水源紅茶』


a0254656_17501612.jpg熊本県菊池市菊池水源は、まさに水の源(みなもと)にある地区です。
1級河川の菊池川の支流に位置し、清らかで新鮮な川が流れています。
私も含め、ここで暮らす全12戸の水道は、山から湧き出る清水と井戸水を利用しています。

a0254656_18441837.jpgその水が良いのでしょう!
ここは本当に長寿の村なんです。
今回ご参加いただいた最高齢、85歳の赤星孝子さんです。
でも、今回ご参加いただけませんでしたが、100歳のおばあちゃんもいるんですよ!

a0254656_17553426.jpgこれは、株式会社旬援隊の本社所在地。
この伊牟田地区でも最も山奥にあります。
私がここで暮らし、株式会社旬援隊を設立して、まもなく丸7年になろうとしています。

a0254656_18483469.jpgここにはもともと私の叔父と叔母が、叔父の定年退職を機会に、田舎暮らしをしたいと住んでいました。
25年暮らし、その後叔父の実家に引っ越したのでその後を私が譲り受け暮らしています。
この地で様々な果樹や野菜、原木しいたけを完全無農薬で育て、烏骨鶏を飼育しながら、自給自足の生活を目指しながら、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、匠の農家さんが育てた“本物”と呼べる食材を販売しています。

a0254656_18491506.png株式会社旬援隊が運営する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、全国のお客様に、インターネットを通じ、熊本の最旬食材をご紹介し販売しています。
写真の弊社HPのショップのページでは、最旬の食材をたくさんご案内しています。

a0254656_1822570.jpg現在は、山あいの『甘熟いちじく』、『山鹿のぶどう』、『自然栽培で育てた利平栗』、無農薬で育てた『種なしかぼす』、こだわりの『樹上完熟梨』、などを好評発売中です!
いずれも、ここでしか買えないものばかり!
ホームページものぞいてみてください!!

ホームページはこちら!
↓ 「FLCパートナーズストア」のロゴをクリック!! ↓


a0254656_18521812.jpgさて、敬老会に話を戻しましょう!
私は、割と早くにじいちゃんもばあちゃんも失くしたので、言葉は悪いかも知れませんが、“じじ・ばば孝行”をあまりできていません。

a0254656_18532999.jpg年齢からすると、じいちゃんばあちゃんと言うより、親父やお袋といった方が近いのですが、この日は“敬老の日”なので、あえておじいちゃん・おばあちゃんとさせてください。
今、この村に移り住み、たくさんのおじいちゃん・おばあちゃんに囲まれて暮らしています。
写真の挨拶をする区長さんと、村の婦人部の皆さん(写真手奥)と共に私も準備をしました。

a0254656_18564234.jpg本当にありがたいことに、この村の皆さんから可愛がられています。
皆さんといろんな話をするのが楽しくて仕方ありません!
この時も、私が知らない昔話や、ここで暮らすための様々な知識を話してくれました。

a0254656_19003249.jpg熊本県菊池市水源の伊牟田地区は、清らかな水と、心温まる人の良さで、みなさんとっても長寿の村なんです。
伊牟田地区は、12世帯の小さな村ですが、村の方々は本当に心のきれいな優しい方ばかりです。
私は、この伊牟田地区とここの皆さんが大好きです。
最後にみんなで記念撮影をしようとしましたが、「あらぁ!もう帰ったもんもおるばい!いつも撮ってもらうばかりだけん、笠さんも入んなっせ!」とのこと。

a0254656_19022248.jpg右端が私です。
私は、この伊牟田地区とここの皆さんが大好きです。
この、笑顔あふれる長寿の村で、これからもがんばっていきます。
最後になりましたが、敬老の日のお祝いを迎えた、私が大好きなこの村のおじいちゃま、おばあちゃま、心よりお祝い申し上げます。
これからも、元気に長生きしていただき、私の話し相手(笑)になって、たくさんの情報を教えてください!!
本日は、伊牟田地区の敬老会のお話でした。
FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村

# by flcps | 2018-09-17 19:05 | FLC | Trackback | Comments(0)

熊本産!太秋柿 平成30年度の『太秋柿プレミアム』は10月10日初回発送(予定)です!!

FLC日記 2018年9月16日(日) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」の大人気商品、『太秋柿プレミアム』の平成30年度の初回発送日(予定)が決定しました。
今年も、10月10日(水)に、全国へ向け、初出荷いたします。
以降は、毎週火曜日と金曜日の発送予定です!
a0254656_18193905.jpg
『太秋柿』を育て続けて25年の匠の農家さん「古川果樹園」さんの収穫した太秋柿から、選びに選び抜いた“極選”の『太秋柿プレミアム』です。

a0254656_1734020.jpg「梨のような食感!ぶどうのような甘さ!!」と称される、『太秋柿』は、シャキシャキした食感と、糖度18度以上の甘さで、“秋の果実の王様”と呼ばれています。
あるテレビ番組では、数ある秋のフルーツの中で、ダントツの1位となり、昨年も、ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」でも、最長3週間待ちの大人気商品となりました。

a0254656_18242855.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培場です。
自然豊かなこの地の、田園風景の中に、こつ然と現れるネットで覆ってあるところが柿園です。

a0254656_18260667.jpgこちらはもう1ヶ所の「上の段」と呼んでいる柿園です。もちろんこちらも、全体をネットで覆ています。
「古川果樹園」さんの太秋柿の美味さを野生の動物達は知っていて、まだ青いうちから、狙っています。

a0254656_18270930.jpg空から来る野鳥たち、そして野生動物(イノシシ、タヌキ、アナグマなど)から、大切な『太秋柿』を守るために、柿園全体をネットで覆っているのです。

a0254656_17234933.jpg「古川果樹園」さんは、古川孝人さんと奥様のアツ子さんの仲良しご夫婦で、様々な作物を育てています。
私が伺うと、いつもこの笑顔で迎えてくれます。

a0254656_17272647.jpg本日ご紹介する『太秋柿』の他にも、現在好評発売中の無農薬で育てた『高級種なしかぼす』(写真)、『なごみの里の朝採りグリーンアスパラ』、さらには6月に販売した『山竹たけのこ』など、全てが人気商品です。

『熊本産高級種なしかぼす』のご注文(ご予約)は、「FLCパートナーズストア」のホームページより受付中です!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』


a0254656_18310455.jpgこちらは現在の柿園の様子です。
「古川果樹園」さんでは、とことん手をかけて、『太秋柿』を育て上げます。
その惜しまぬ手間ひまこそが、至高の『太秋柿』を育て上げるのです。
柿を育てる多くの農家さんにはまねできないほどの手のかけようで、独自の方法で育てています。

a0254656_17373293.jpg『太秋柿』が実る、全ての枝1本1本を、こうしてひもで吊るして育てるのです。
毎年同じ枝に実るわけではないので、毎年繰り返される手作業で大切に育てているのです。

a0254656_18345577.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17465924.jpg枝吊り作業は、毎年7月、8月の猛暑の中行う過酷な手作業です。
雨の日もカンカン照りの日も、脚立を何度も上り下りしながら、1本ずつ丁寧に吊るしていくのです。
「一番怖かとは、台風たいね!こぎゃんしてしっかり枝ば吊るしてやることで、落果ば防ぐとたい。同時に、他の枝や葉に『太秋柿』のあたって、キズのつかんごつしていくとたい。」

a0254656_17531384.jpgそこまでするには、理由があります。
「古川果樹園」さんでは、着果した『太秋柿』の6割もを摘果して、残りの4割だけを大切に育てるのです。

a0254656_17572871.jpg6月中旬の摘果作業の様子です。
アツ子さんが、匠の判断で次々に摘果しています。
「これなんか惜しかねぇ!って思う時もあるけど、しっかり摘果して、残りを大事に育てるけん、美味しくなるとよ!」
アツ子さんがそう言いながら手際よく作業を進めていました。

a0254656_18375022.jpg今年はさらにもうひと手間を施しました。
収穫を迎える1ヶ月ほど前までには、全ての太秋柿に袋をかけました。
もちろんその様子も現地取材していきました。

a0254656_18405664.jpg「俺が育てたかとは、大きくてきれいで、美味か『太秋柿』たい。数じゃなかとたいね!昨年食べて頂いたお客さんが、あの味を求めてくれてるわけでしょ?だけん、今年も負けんごつしっかり育てていかにゃんとたい!!」
古川さんは、その取材の際にそう力強く話してくれました。

a0254656_18433552.jpg袋をかけ、これから、約1ヶ月育てます。
もう一回り大きくなり、しっかりと色付き、糖度18度を超える甘さになっていくのです。
10月10日の初収穫及び初出荷が楽しみでなりません!

a0254656_18425280.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
写真は、『太秋柿プレミアム』の化粧箱入りです。

a0254656_18462613.jpg大切に育て上げた『太秋柿』の中から、さらに選び抜かれた“プレミアム”の『太秋柿』です。
写真は、大玉のものだけを詰め合わせた『太秋柿プレミアム“極(きわみ)”』(10月下旬より出荷予定)です。
まもなく、先行予約の受付をスタートいたします。
数量限定の完全予約制での販売です。
これからも、このブログ、「FLCパートナーズストア」のホームページをお見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2018-09-16 16:25 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

栗の王様「利平栗」平成30年度はまもなく出荷!予約受付は残りわずか!無農薬栽培の「利平栗」です!

FLC日記 2018年9月15日(土) くもり一時雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も自社オリジナルブランド商品の、自然栽培で育てた『利平栗』をネット独占販売いたします。
無農薬、無化学肥料で育てた栗の王様『利平栗』を、産地直送でお届けいたします!!
a0254656_17161694.jpg


a0254656_16312913.jpg毎年、決まって完売する大人気商品で、今年も、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
『利平栗』は“栗の王様”、“幻の和栗”などと称されていて、ホクホクとした食感がとてもよく、さらには栗本来が持つ甘味も強く、とても美味しい栗です。
今年もいよいよ『利平栗』が落ち始めましたので、来週あたりから、ご注文(ご予約)順に発送していきます。

a0254656_17103525.jpg今年も、収穫した中から、大きなものだけを選び抜いた“大粒”の2kg入りと、大変お買い得な“中粒”の2kgをご用意しました。
ただし、数量限定の完全予約制販売!!
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
早い者勝ちですよ!

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ!
「FLCパートナーズストア」
『自然栽培で育てた利平栗』


a0254656_16555081.jpg『利平栗』は、管理が難しく、生産量も年々減少している“幻の栗”とも言われる大変貴重な栗です。
とても大きなイガにも関わらず、中に入っているのは、栗の実が1つだけのことも多々あります。

a0254656_16574227.jpgその生産効率の悪さも、栽培農家さんの減少の要因のようです。
もちろんここ(株式会社旬援隊)でも、なかなかたくさんの量は収穫できません。
しかも、弊社で販売しているのは、完全無農薬、完全無化学肥料で育てた、大変貴重な『利平栗』です。

a0254656_17070321.jpg『利平栗』は、“栗の王様”と呼ばれるだけあり、香りも強く、茹で栗でも絶品ですが、渋皮煮にするとバツグンの美味しさです。
私は、栗おこわを毎年楽しみにしています(笑)。

a0254656_17164215.jpg『自然栽培で育てた利平栗』は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の敷地内で育てています。
こちらは、本社社屋です。

a0254656_17301731.jpg株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)は、この山奥で自然と共に生き、自ら畑を耕し野菜を作り、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_17305683.jpgこちらはエゴマを栽培している畑と、『利平栗』の栗林です。
ここには、5反(1500坪)の敷地があり、さらに近隣の畑も借り、様々な作物を育てていますが、それらは全て完全無農薬、完全無化学肥料栽培で、除草剤も一切使用していません。

a0254656_17402643.jpg私がすべての作物を、無農薬、無化学肥料で育てるには理由があります。
ここ熊本県菊池市、菊池水源は日本有数の茶どころです。
こちらは、5月下旬に行われた、茶摘みの際に撮影したものです。

a0254656_17324821.jpg弊社の敷地の周りは、「有機栽培のお茶」を生産する茶畑が隣接しています。
茶畑のすぐとなりには、私が栽培している野菜の畑、エゴマの栽培地、そして『利平栗』の栗林もあるのです。
お茶を有機栽培をするには、農薬・化学肥料の厳しい基準があり、もしそのようなものが検出されると、その茶畑は3年間は有機栽培として認められません。

a0254656_17315107.jpgそこで、ここ(株式会社旬援隊の敷地内)では、全ての作物を無農薬、無化学肥料で栽培しています。自給自足のための野菜や果樹たち、そして生産し出荷を目的としている『利平栗』や『水源キウイ』、『えごま』なども全て完全無農薬、無化学肥料で育てています。
写真は、花がほぼ咲き終えた『白えごま』です。
葉っぱは虫食いだらけです(笑)。

a0254656_17352069.jpgもちろん、農薬や化学肥料は一切使用しませんし、消毒も行いませんので、ここの『利平栗』の葉っぱも、ご覧の通り虫食いだらけです。

a0254656_17235874.jpg昨日、弊社の敷地内にある白の彼岸花(写真)が咲き始めました。
毎年決まってのことですが、この白の彼岸花が咲き始めると同時に、ここの『利平栗』が落ち始めます。
自然とはホント不思議なものです。

a0254656_17173928.jpg昨日より、利平栗の収穫(栗拾い)を始めました。
まだ、数えるほどしか落ちていませんでした。
栗は、落ちたものでないと、本当の美味しさになりません。
落ちてくるのを待つしかないのです。

a0254656_17454081.jpg『利平栗』は、とても大粒で丸みを帯びた形状をしています。
鬼皮の果頂部にうっすらと毛が生えていて、外観でもすぐにほかの栗と区別することができます。
しかし、果皮がとても固く、剥きにくいため、加工用としては使用されることは少なく、業務用として出荷してもむしろ通常の栗より安かったりもするのです。

a0254656_17411843.jpgでも、皮のむきにくさなんて、一度食べたら関係なくなっちゃいますよ!
栗の王様と称される利平栗は、他の栗に比べ甘みが強く、噛んだ時のあのホクホクとした食感と広がる甘味はたまりません!!

a0254656_17425974.jpg生産効率が悪く、管理も難しいため、生産量は年々減少して“幻の栗”とさえ言われています。
しかし、その美味さはまさしく“栗の王様”で、その『利平栗』を弊社では、完全無農薬、無化学肥料で育てているのですから、毎年完売する大人気商品となっているのです!

a0254656_17461423.jpg「FLCパートナーズストア」では、弊社オリジナルブランドの『自然栽培で育てた利平栗』を、今年も販売大好評販売中です。
大粒、中粒共に定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、ご注文(ご予約)はお急ぎ下さい!

a0254656_17475243.png熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、本日紹介した自然栽培で育てた『利平栗』以外にも、たくさんの熊本の旬の食材を販売しています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをのぞいてみてください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2018-09-15 17:49 | FLC | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子(ゆず) 平成30年度の『青柚子』本日より出荷をスタートしました!

FLC日記 2018年9月14日(金) くもり時々晴れ一時雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』の、『青柚子』をネット独占販売しています。
もちろん、産地直送でお届けいたします。
a0254656_16354817.jpg


a0254656_19571511.jpgこの時期にしかない、期間限定、数量限定の商品で、完全予約制での販売とさせていただいてます。
今年も、2kg入り(写真)と、大変お買い得な5kg入りでの販売です。

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』


a0254656_16383365.jpgもちろん、“青”柚子ですから、色づき始める前までの期間限定販売で、本日(9/14)から今年度の出荷をスタートしました。
しばらくは、毎週金曜の出荷で、数量限定の完全予約制販売です。

a0254656_16472139.jpg柚子(ゆず)と言えば、みなさんやはりこうして色づいたものを想像されることが多いと思います。
これは、11月上旬の収穫の取材に伺った際の写真で、撮影しながらさわやかな柚子の香りを存分に楽しみました。

a0254656_16494395.jpgもちろん、黄色く色づいたゆずも、「FLCパートナーズストア」で販売いたします。
商品名は『香り高き柚子』です。
今年も、例年通りの11月中旬からの出荷予定です。

a0254656_18113175.jpgこちらは、11月上旬の様子です。
寒さの訪れとともに、柚子はこうして色付いてきます。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18145234.jpgもちろん「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
柚子の花咲く、5月上旬に撮った写真です。

a0254656_16535339.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、「鬼塚農園」さんの柚子畑です。
日の当たる自然豊かな山の斜面を利用して、7反(2100坪)もの敷地で、『香り高き柚子』は栽培されています。

a0254656_16545047.jpg中央を走る道路の両サイドに広がる柚子畑は、“柚子山”と言った方が正しい表現かもしれません。
この電柱と電線は、ここより少し上にある、茶畑の霜よけ用のファンを回すために配線されたもので、この辺り一帯には、民家はありません。

a0254656_16570220.jpgこれが柚子の花です。
柚子は、みかんやデコポン、せとかやカボスと同じ柑橘類で、それらと同じような白くてかわいらしい花を、4月下旬から5月中旬にかけ咲かせます。

a0254656_18401553.jpg「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんです。
柚子の栽培を始めて、20年以上の匠が育てた柚子は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
柚子栽培は、“トゲとの戦い”と言われています。

a0254656_1845969.jpg柚子は、同じ柑橘類の中でも、鋭く長いトゲを持つ植物です。
これなんかは、まだ短い方です。
このトゲは、もちろん果樹自身を守るためのものですが、実る果実も傷つけてしまいます。

a0254656_18471964.jpgお分かりいただけますか?
私は男性の中でもかなり手は大きい方ですが、私の指の長さほどもあるトゲがあるんです。
ですから、鬼塚さんは柚子畑に入る際は常にヘルメットを着用し、鉄板が入った安全靴をはいて作業します。

a0254656_17042855.jpg柚子は「キズやへこみがあって当たり前!」と言われる果実です。
強そうに見える果皮は、実はとてもデリケートで、葉っぱや枝、果実同士、そしてあのトゲで、成長の過程でどうしても傷がつくのです。

a0254656_1955218.jpgですから、現在、販売中の、香り高き柚子『青柚子』もこのようにキズやへこみがあるものを商品としています。
もちろん、多くの方にご利用いただく“柚子こしょう”を作るのには全く問題ありません。

a0254656_1917182.jpg「こちらは、「鬼塚農園」代表の鬼塚敬治さんの奥さま、紀美代さんが手作りした「柚子こしょう」です。
青唐辛子と塩、そして『香り高きゆず』の皮があれば、絶品「柚子こしょう」はできるんです。
柚子の匠の「柚子こしょう」のレシピは、以前のブログで紹介していますので、興味のある方はご覧ください!

↓ 「柚子こしょう」のレシピをのせたブログ ↓
FLC日記
香り高き柚子(ゆず)
柚子の匠!生産農家さんが作る手作り
「柚子こしょう」のレシピ!!



a0254656_19252945.jpg色づいた、香り高き柚子『あっぱれ』の収穫及び出荷は、今年も11月中旬からの予定です。
10月中旬からは、ホームページでも先行予約の受付をスタートします。

a0254656_19264832.jpgまた、お電話予約のみで、『冬至用ゆず』の受付も行っています。
2018年(平成30年)の冬至は12月22日(土)です。
こちらも早い者勝ちの、売り切れ必至商品です。
ご注文(ご予約)はお早めに!

a0254656_17161031.jpgまた、今年も収量のわずか1割ほどのキズがほとんどない奇跡の柚子を香り高き柚子『あっぱれ』として販売いたします。
そのあまりの美しさに、高級料亭や有名和食店からも毎年注文いただく、大人気商品です。

a0254656_17202120.jpg色付いた柚子の話はまた後日あらためてするとしまして、現在は、『青柚子』を大好評発売中です。
先日は、フランス料理のお店からも、ご注文(ご予約)をいただきました。

a0254656_17241212.jpg数量限定の完全予約制での販売で、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただく旨、あらかじめご了承ください。
※現在は、2kg入りの商品の箱を変更させていただいています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「香り高き柚子」のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2018-09-14 17:27 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)