人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!

FLC日記 2020年9月18日(金) 雨のちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和2年度)もぶどうの匠「社方園」さんの、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたしました!

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_18071968.jpg

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_17525954.jpg人気の高い、白ぶどうの『シャインマスカット』(写真)、安定した人気の黒ぶどうの『ピオーネ』、はなまる人気急上昇の赤ぶどう『クイーンニーナ』など、おかげさまで、今期も完売御礼です。
本日の発送分をもって、今期の出荷を終了しました。

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_17571519.jpg今年もやはり、商品ごとの一番人気は、一番人気の3色の詰め合わせ(2kg入り)(写真)でした。
ご自宅用としてももちろんのこと、お中元などのギフトにも大変ご利用いただいた商品です。

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_18082223.jpg「社方園」さんでは、20種類以上のぶどうを生産しています。
毎年、7月7日に初出荷し、今年も9月中旬くらいまで、収穫時期をずらしながら、コンスタントに出荷してきました。
生産するぶどうのすべてが、“種なしぶどう”です。
大まかに分けると、黒ぶどう、白ぶどう、赤ぶどうがあります。

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_16220445.jpg人気の秘密は、朝採りの新鮮さはもちろんのこと、なんといってもその甘くてジューシーな美味しさにあります。
1粒1粒がとても大きく、ひとたび口にすると、その美味しさに感動さえおぼえる高級ぶどうです。
さわやかな甘い果汁が、口の中にいっぱいに広がります。

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_16241957.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市久原にある、“ぶどうの匠”「社方園(しゃかたえん)」さんの熊本『高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の栽培ハウスです。

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_16245922.jpgただしこれらの写真は、6月下旬のもので、こうしてしっかりと色が来るのを待ち、その後、洗浄、袋かけ作業をして、収穫まで仕上げていきます。

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_16265696.jpg「社方園」園主の社方武路さんです。
「社方園」さんは、現園主の武路さんと、初代園主の武路さんのお父さんの社方義武さんの親子の匠が中心となり、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、毎年変わらぬ美味しさの至高のぶどうを育て上げる匠の農家さんです。

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_16274154.jpg上の写真とこちらの写真は、袋かけ作業の頃のものです。「社方園」さんは、今年からより美味しく仕上げるために、ぶどうにかける袋をこのような笠(かさ)のタイプにしました。

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_18520092.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「社方園」さんのぶどう作りも、もう何年もこうして年間を通して現地取材をしてきました。
写真は3月上旬、新芽の芽吹く様子を現地取材に伺った際の社方義武さんです。

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_16301074.jpg今期も収穫を終えると、お礼肥えを施します。
写真は昨年のその様子で、鹿本農業高校の実習生と共に作業を行っていました。
この様に、私は年間を通して「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の栽培の様子をずっと現地取材してきたのです。

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_16313729.jpgそしてもちろん、今年も来月のお礼肥え、冬の剪定、芽キズ作業や芽吹く様子、花や着果、摘粒作業(写真)などの成長の過程での惜しまぬ手間ひまなど、全て現地取材してこのブログで紹介いたします。

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_16384459.jpg「社方園」さんの惜しまぬ手間ひまと匠の技で育て上げられた、高級感あふれるぶどうは、県内外を問わず大人気です。
度々テレビや情報誌に取り上げられています。
(2013年8月29日KKT熊本県民テレビ「テレビタミン」生中継の際の写真)

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_16395906.jpgこちらは、2016年7月7日の販売初日に「社方園」さんから生中継された、TKUテレビ熊本の朝の情報ワイド 英太郎の「かたらんね」の一コマです。
くまモンも「社方園」さんの栽培ハウスにやってきて生中継されたんですよ!

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_16404339.jpg「社方園」さんの『山鹿のぶどう』は、本日の出荷をもって、今期の発送を全て終了しました。
次回は来年7月7日の発送分となるわけですが、すでにそのご予約を多数頂戴しているほどの人気です。

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_18372702.jpgぶどうの匠「社方園」園主の社方武路さんと奥様の美里さんです。
お2人からメッセージを預かっています。
「今年も全国のお客様からたくさんのご注文をいただきありがとうございました。注文が重なり、少しお待たせさせてしまったこともありましたこと、この場を借りてお詫びいたします。来年も変わらぬ美味しさ、いや、今年以上の美味しいぶどうを育てます。これからもよろしくお願いします。」

熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』 令和2年度の『山鹿のぶどう』は、本年度も完売御礼です!_a0254656_16431817.jpg旬の食材を販売していると、こうして毎回それらの商品がその年々で完売となることはやむおえないことですが、最も残念がり、来年の販売を待ち遠しく思っているのは、「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の美味しさを誰よりも知っているこの私かもしれません。
本日のブログは、「社方園」さんの『山鹿のぶどう』完売御礼のお話でした。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-09-18 16:44 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!

FLC日記 2020年9月17日(木) 雨のちくもり
ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、日本有数の米どころ、熊本県菊池市七城町の砂田地区で、土にこだわる匠の農家さん、野中兄弟の『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売しています。
令和2年度の『砂田のこだわりれんげ米』は順調に成長しています。
毎年、10月10日前後に稲刈りを迎えます。現在は、稲穂が膨らみ頭(こうべ)を垂れ始めていました。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_16350365.jpg


砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_19191423.jpg「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市七城町砂田地区で育てられた、野中兄弟の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。
令和元年度の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』は定期購入のお客様分を除いて完売となりました!
ここでしか買えない大変貴重なお米で弊社の大人気商品です。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_16392002.jpgここ(七城町砂田地区)で育つ『砂田米』は、“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。
『砂田米』は、江戸時代には、“美味しいお米”の代名詞とされていました。
砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_19250562.jpg


砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_16413033.jpgこちらは、昨年の稲刈りの取材の際に撮影した生産農家の野中兄弟です。
兄の野中賢吾さん(左)と弟の野中剛さん(右)で、一昨年より、父(野中逸雄さん)より引き継ぎ、変わらぬ栽培方法で、兄弟だけで米作りをしています。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_19263140.jpgこちらは、数年前の稲刈りの取材の際に撮影した野中兄弟の父の野中逸雄さんです。
野中逸雄さんは、2018年7月に病で倒れ、闘病生活を送っていましたが、2019年1月30日に永遠の眠りについたのです。
享年72歳でした。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_19290326.jpg野中逸雄さんがこだわり作り続けてきた『れんげ米』とは、稲刈りを終えた田んぼにれんげの種を撒き、秋から春にかけ育て、花が咲き終わる5月上旬にその花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込み、そのまま有機肥料とした元気な土で育てたお米です。
4月下旬にはこうして一面にれんげが咲き誇り、お米を育てる田んぼとは思えないような光景を見ることができます。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_19381021.jpgれんげを有機肥料として作り上げた元気な土で育った、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』は、“ご飯がごちそうになるお米”です。
定期購入のお客様分を確保し、一般販売できる分は今年も完売しました!
現在はお電話でのみ、令和2年度のご予約を承っています。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_17504163.jpgこちらは現在の稲の様子です!
今年もしっかりと稲の株が分けつして、力強く元気に成長中です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_17532875.jpgもちろん、野中兄弟のお米作りも、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、5月中旬に行われる、種まきの様子です。
野中兄弟の米作りに関する、全てのことをこうして現地取材してきたのです。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_19581522.jpgこちらは田植え後に撮影した、田んぼの様子です。
“砂田”の地名の由来となっている、この独特な砂交じりの土壌が美味しいお米を育てるベースとなっています。
野中兄弟は土つくりにとことんこだわる“匠”です!

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_20025383.jpg砂交じりの独特な田んぼでは、あまり肥料が効きすぎず、美味しいお米が育つのです。
ですから、この『砂田米』は、江戸時代には、“美味しいお米”の代名詞とされていたのです。
これは、稲刈り時の様子です。
野中兄弟は、その独特な砂田の田んぼに、稲刈り時に細かく裁断した“稲ワラ”と、“れんげ”だけを有機肥料として、それら以外には何も足さず、何も引かずにお米を育て続けています。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_17564105.jpg稲刈り時に裁断した“稲ワラ”は時期を見て田んぼに鋤き込み、その後きれいに整地します。
そして、11月上旬にはれんげの種を撒くのです。
この砂田地区でも、農家さんによってお米の栽培方法は様々です。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_20124553.jpgちなみに、お隣の田んぼでは、冬の時期牧草用の植物を植えていました。
野中さんの田んぼにれんげが咲き誇る4月下旬には、その牧草は刈り取られ、きれいに整地してありました。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_17581182.jpg現在、いずれの田んぼでも稲は順調に育っています。
しかし、お米を作るための土つくりに関しては、先ほど紹介したように全く異なっているのです。
また、多くの農家さんは、稲刈りを終えた田んぼで、裏作を育てています。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_20225116.jpgその代表的なものは、写真右側に写る“麦”です。
その他にも、ゴボウ、タバコ、各種野菜などが栽培しているようです。
しかし、野中兄弟は田んぼでお米以外に作物を作りません。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_20260013.jpgしかし、野中兄弟の田んぼでは、今年ももちろん裏作はしていません。
こちらは、先ほどの写真と同じ日のれんげの鋤き込み作業の様子です。
秋から春にかけ、裏作を作り収入を得るどころか、コストや手間ひまのかかる“れんげ”の種を蒔きそれを鋤き込み、お米を育てるためだけの土を作り上げます。
父の遺志を引き継ぎ、野中兄弟は毎年変わらぬ、“稲ワラ”と“れんげ”を有機肥料とする米つくり(土つくり)で『砂田のこだわりれんげ米』を作り続けています。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_18003052.jpg今年、野中兄弟は大きな決断をしました。
農薬を使用せずに作り続けてきましたが、今年は“ウンカ警報”が出て、稲作にとって大きな害虫となるウンカの被害が大きく予想されました。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_18065065.jpgこちらは野中兄弟の田んぼとは全く関係のない田んぼで、8年ほど前もウンカがひどかった年の稲刈りの頃の様子です。
ウンカの被害にあうと、この様に実る前に枯れてしまい、お米としての収穫はできません。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_18093953.jpgそこで今年は、最低限の防除(消毒)をすることにしました。
野中兄弟の田んぼで防除を行わないと、その被害は近隣の田んぼにまで広がる恐れがあったからです。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_18142605.jpg最低限の防除を行った野中兄弟の田んぼは、今年もこうして実りの秋を迎えようとしています。
父の代から「れんげと稲ワラ以外には何も足さない!何も引かない!」と、無農薬で育ててきましたが、上記のような理由で、今年は減農薬栽培となりました。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_18245582.jpg今回行った防除は、多くの農家さんが行う一般的なもので、もちろん稲作りにおいて認められている方法です。
収穫時はおろか、お米となった頃には残留農薬が一切残らない様な時期に、最低限の防除だけを行いました。
しかし、最低限であろうが農薬を使用したことには変わりないので、あくまで“減農薬栽培”となります。

砂田のこだわりれんげ米 順調に色づき始め頭を垂れてきています!今年は無農薬ではなく“減農薬栽培”です!_a0254656_18174833.jpg父から引き継いだ、れんげを有機肥料として使うこだわりの土つくりをした野中兄弟の田んぼでは今年も実りの秋を迎えようとしています。
一般流通のない大変貴重な貴重な『砂田のこだわりれんげ米』を、「FLCパートナーズストア」では、特別にお譲り頂き、ネット独占販売しています。
10月下旬には出荷をスタートする令和2年度の『砂田のこだわりれんげ米』は定期購入のお客様分を確保し、一般販売を現在はお電話でのみ予約承り中です!
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ご覧ください。
ご来店お待ちしております。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-09-17 18:35 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!

FLC日記 2020年9月16日(水) 雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、完全無農薬・完全無化学肥料で育てられた、熊本県菊池水源産のエゴマで作った『えごま油』を数量限定で大好評販売中です!

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16252210.jpg


熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16333839.jpg今期(令和元年産)の『えごま油』は、最終搾油分を現在販売中で、次の『えごま油』は早くとも12月下旬か1月上旬の入荷予定となっています。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16360260.jpg先日、テレビでも『えごま油』が紹介されたこともあり、現在、注文が殺到しています。
『えごま油』は「体に良い油」です。
エゴマに含まれるα-リノレン酸こそが、体に良いとされる成分です!!

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16381578.jpg『えごま油』『焙煎えごま粒』の主成分、“α-リノレン酸”は、脳や血管に良いと言われ、テレビでも「血管の救世主」、「パーキンソン病やアルツハイマーなどの脳疾患の予防にも良い」と紹介されています。
エゴマ油やエゴマ粒の主成分、α-リノレン酸の主な身体への働きは・・・

●血管を強く、しなやかにし若返らせる
●心臓のリズムを整える助けをする
●動脈硬化を遅らせる
●LDLコレステロール値と中性脂肪値を下げる
●血液の粘度を下げる
●血圧を下げる
●免疫システムを強化する
●皮膚炎など様々な炎症を抑える
●関節炎の痛みを緩和する
●腎臓病を防ぐ
●美肌効果
●脳を活性化させ認知症の予防効果
●うつ病の改善効果
●視力回復

などがあげられ、脳・神経の正常な機能に必要不可欠なものなのです。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16403683.jpgしかも「FLCパートナーズストア」で販売している『えごま油』『焙煎えごま粒』は、熊本県菊池市、菊池水源で、無農薬、無化学肥料栽培で育てたエゴマを100%使用し作られたものです。
現在販売中の令和元年度産のエゴマを使用した『えごま油』『焙煎えごま粒』は、定数になり次第、予告なしで完売とさせていただきます。
ご注文は、お急ぎください!

今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
菊池水源産『エゴマ』




熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16262069.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、『えごま油』、『焙煎エゴマ粒(実)(白・黒)』は、熊本県菊池市、菊池水源地区で、NPO法人『きらり水源村』の「エゴマ部会」の皆さんと共に、無農薬・無化学肥料で栽培したエゴマから作ったものです。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16360691.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)も「えごま部会」の一員で、菊池水源産『えごま油』や『焙煎えごま粒(実)白・黒』の生産者の一人です。
こちらは、7月下旬の黒エゴマの定植作業の様子です。
一切の農薬や化学肥料を使用せずに、しっかり手をかけて育てています。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16342802.jpgエゴマは、大きく分けると黒エゴマと白エゴマに分けられます。
こちらは9月上旬の、私が育てているエゴマ畑の1つで、先ほど定植の様子を紹介した晩生品種の黒エゴマです。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16354382.jpg農薬を使用せず、消毒も一切行わないので、葉っぱは虫食いのものもあります。
エゴマの葉の商品化も考えていますが、さすがにこの虫食い状態ではちょっと難しいですよね!(笑)
でも、これこそが、農薬を一切使用していない証ですよね!

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16400536.jpg同じく9月上旬には、中生品種の白エゴマは、このような花を咲かせていました。
エゴマは、シソ科の植物なので、シソの花によく似ています。
農薬を使用していないので、ミツバチたちも安心して花の間を飛び回っていました。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16433961.jpg開花後、約1ヶ月で収穫です。
エゴマの粒が入っている、がくが色づき始めたころに行います。
収穫後は風通しを良くしながらしっかりと乾燥させます。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16452655.jpgこの小さな額の1つ1つに、えごまの粒が4つずつ入っています。
乾燥を終えた後は、脱穀し、唐箕にかけ、洗浄し、さらに乾燥させ、葉っぱやがく、虫などを選別します。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16500396.jpgエゴマの栽培は、定植までと収穫後にとても手間ひまがかかります。
特に、選別作業は、気の遠くなるような手作業です。
1kgに約2時間ほどをかけながら、全て選別したえごま粒だけを商品へと加工します。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_17083336.jpg『焙煎えごま粒(白、黒)』としても販売しているので、異物の混入はあってはなりません。
だからこそ、『えごま油』にする加工前のエゴマ粒も、徹底して選別したものを使用しています。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16571306.jpgですから、とてもクリアでエグミなどもなく、大変味も良いえごま油となっています。
もちろん、『焙煎えごま粒』も、とても香ばしく多くのリピート購入をいただく大人気商品となっています。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_17105912.jpg


熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_17132725.jpg血管をやわらかく若返らせるのに効果的なのが、エゴマに多く含まれる“α-リノレン酸”です。
『えごま油』の主成分は、“α-リノレン酸”です。
菊池水源産『えごま油』には、なんと64.0%も入っています。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_18495862.jpg“α-リノレン酸”は、人間の体内で作り出すことはできません。
あくまで、食物として取り込む必要があるのです。
しかも、熱を加えるとその成分がなくなってしまうので、食物に後からかけることをお勧めします。
ちなみに私は、毎朝、お味噌汁に小さじ1杯程度を入れて食べています。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_16454705.jpg現在販売している『えごま油』『焙煎えごま粒』は、令和元年に栽培し収穫したえごまの実から作ったものです。
現在販売しているロットで、今期の販売予定は終了となります。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_18003738.jpgもろん今年(平成31年度)も、白エゴマは5月末の播種→10月上旬の収穫、黒エゴマは6月末の播種→11月上旬の収穫で、栽培を行っていきます。
そのエゴマより『エゴマ油』や『焙煎えごま粒』を出荷できるのは、早くて12月下旬からです。
現在販売している『えごま油』『焙煎えごま粒』は、出荷予定の定数になり次第、予告なしで締め切らせていただく旨、予めご了承ください。

熊本県菊池水源産『えごま油』今期最終搾油分を数量限定で販売中!早い者勝ち!_a0254656_18053580.jpg『えごま油』『焙煎えごま粒』は数量限定で販売中!
「FLCパートナーズストア」では、本当に体に良い『えごま油』『焙煎えごま粒』を、安心・安全の裏付けをもって販売しています。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-09-16 16:47 | エゴマ | Trackback | Comments(0)

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!

FLC日記 2020年9月15日(火) 晴れ
お待たせしました!
栗栽培50年の栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』の新規販売をスタートしました!

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_17412813.jpg


栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_17443005.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市の、栗の匠、坂本誠行さんの『美玖里(みくり)』のネット独占販売いたします。
ホームページでの受付(予約販売)を開始しました!

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_17440144.jpg『美玖里(みくり)』は、栗の女王と呼ばれています。
美しい褐色の果皮に加え、果肉は黄色みがとても鮮やかで、甘みが強くホクホクした食感です。
栗を栽培し続けて50年の、“栗の名人”坂本誠行さんの、『美玖里(みくり)』を数量限定で販売いたします。

詳細を知りたい方、購入(予約)したい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
栗名人の『美玖里(みくり)』



栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_17514330.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県菊池市にある“栗の名人”坂本誠行さんの『美玖里(みくり)』を栽培する栗林です。
写真は昨年10月中旬に撮影したものです。

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_17532974.jpg栗は下から見上げても、実っているかどうかはわかりません。
栗の果樹の外側に、こうして実るからです。
また、栗は自ら落ちたものでないと美味しくないので、落果するのを待って収穫します。

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_17551924.jpgその様子がこちら!
この頃は、収穫大詰めの頃で、しっかりと熟れた『美玖里(みくり)』がたくさん落ちていました。
『美玖里(みくり)』は、栗の中で割と遅くに収穫を迎える品種です。

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_17580689.jpg現在の様子はコチラ!
しっかりと大きく成長した『美玖里(みくり)』たちは、これから色づき、しっかりと熟し、自ら落ちて収穫の時を迎えます。

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_17594234.jpg生産者の坂本誠行さんです。
現在83歳の坂本さんは、年間を通して現在は栗だけを生産する栗専門の農家さんです。
栗を栽培し続けて、50年のまさに栗の匠です。

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_18102338.jpg先日、早生の品種の収穫(栗拾い)をしている際に現地取材に伺いました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_18150238.jpg今回、新規販売をスタートした“栗の名人”坂本誠行さんの『美玖里(みくり)』の栽培の様子も、こうしてきちんと現地取材を行って、ブログで紹介しています。
写真は、栗の花から着果の頃(6月中旬)の様子です。

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_18244601.jpg坂本さんの栗林は、いつ伺っても本当にきれいに整備されています。
坂本誠行さんは、栗だけを栽培する農家さんで、徹底的に手をかけて至高の栗を育て上げる名人です。

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_18265123.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、栗の女王『美玖里(みくり)』を弊社で販売したく、生産農家さんを探していました。
そこで出会ったのが、坂本誠行さんです。
でも、栗の名人の栗はもちろん引く手あまた!
全ての販路はすでに決定していました。

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_18301755.jpgその中で、和栗の最高峰とも称される『美玖里(みくり)』を、なんとか数量限定で販売頂くようお願いし、今年より新規販売することとなりました。
栗の名人が育て上げた、『美玖里(みくり)』の商品ラインナップを紹介します。

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_18382812.jpgまずは、大粒2kg入りです。
『美玖里(みくり)』は全体的に大粒の栗なので、こちらが主な商品となります。
約80粒ほど入っています。

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_18342101.jpg中粒の2kg入りです。
皮をむくのは大粒に比べると手間がかかりますが、実際の栗の実としては、大粒よりもたくさんとれるので、大変お買い得な商品となっています。

栗名人が育て上げた、和栗の最高峰『美玖里(みくり)』新規販売スタート!_a0254656_18422540.jpgいずれも、朝採りの『美玖里(みくり)』から選び抜いた“極選”のものだけを、即日発送で出荷いたします。
お届けは早ければ翌日、遅くとも翌々日なので、新鮮そのもの『美玖里(みくり)』がお手元に届くと思います。
ただし、数量限定の完全予約制販売です。
出荷予定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、とにかくご注文はお急ぎ下さい!
“栗の名人”坂本誠行さんの、『美玖里(みくり)』は、絶対の自信をもって今回新規販売をスタートする商品です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「栗名人の『美玖里(みくり)』」のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-09-15 18:49 | 美玖里(みくり) | Trackback | Comments(0)

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!

FLC日記 2020年9月14日(月) 晴れ
「FLCパートナーズストア」の大人気商品、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の、令和2年9月度の出荷日が決定しました!

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_17591002.jpg

9月23日(水)に出荷いたします。
できたてそのものをすぐに冷凍し、即日発送でお届けするために、完全予約制販売です。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_17582839.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』をネット独占販売しています。

詳細を知りたい方、購入(予約)したい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『黒毛和牛ハンバーグ』



熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_18083228.jpgこのハンバーグと出会ったのは、今から約2年前。
「株式会社中野畜産」代表取締役の中野保明社長を含む異業種懇親会でのことでした。
私は「中野畜産」さんの牛肉、そしてこのハンバーグの美味しさに惚れ込み、どうしても弊社で販売させてほしいとお願いしました。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_18092022.jpgそれから、何度も何度も生産地や製造場所を現地取材し、やっと販売をスタートすることができました。
ですから、私の“悲願の商品”と言っても過言ではないものです。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_18123765.jpg現在は、月1回ペースで、数量限定で販売し、過去2回とも出荷予定数は完売しています。
前回の出荷予定数に間に合わなかった方、すでにご賞味いただきリピート購入を頂く方を中心に、今回(9月23日出荷)分も、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
今回の出荷予定数も完売間違いなし!
早い者勝ちですよ!

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_18173067.jpg「月1回の数量限定販売なんてしなくて、もっとたくさん作ればいいじゃん!」と思われる方もあることでしょう!
『黒毛和牛ハンバーグステーキ』は、年間たったの10頭ほどしか生産しない、熊本県産A5ランクの黒毛和牛を100%使用したものなので、これでもかなり無理を言って生産していただいているんです。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_18242401.jpg月1回の数量限定販売とするわけをきちんと説明します。
まずは、生産地と生産者の紹介をします!
熊本県菊池郡大津町にある「株式会社中野畜産」さんの牧場です。
夕方のエサをあげる時間に取材に伺い、写真撮影をさせていただきました。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_18235881.jpgこちらが生産者の「株式会社中野畜産」社長の中野保明さんです。
「中野畜産」さんでは、年間出荷する“黒毛和牛”は、手塩にかけた10頭ほど!
その他に、赤牛やホルスタインも飼育しています。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_19371740.jpg以前は年間100頭を超える“黒毛和牛”を育てていました。
出荷数をピーク時の10分の1にまで減らし、現在は年間たったの10頭ほどの黒毛和牛を生産しています。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_18265944.jpgとことん手をかけ、本当に良い牛を育て、本当に美味しいお肉を提供したいと言う、中野社長の強い思いから一念発起したのです。
家計を支える奥様とは大げんかとなっても、その思いを貫き通しました。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_19455215.jpg中野社長は、生産数を10分の1にすることと同時に直売店を作りました。
それが「精肉問屋 焼肉本舗 なかの・畜産」さんです。
安定した高品質の牛肉を、お店で販売したり食事の提供も行っています。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_18274257.jpg中野社長が育て上げた『黒毛和牛』は余すことなく全て店舗で販売及びお食事用のお肉となります。
そうして安定した価格で出荷ができることで、生産量を10分の1にまで減らしても、なんとかやっていけるのだとお話しいただきました。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_19502638.jpg店舗運営は中野社長の姉の中野明実店長が行っています。
「弟夫婦が大事に育て上げた黒毛和牛は、焼き肉やステーキならそのまま提供することが一番ですが、ハンバーグはとことんこだわったんです。」と話しいただきました。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_18301358.jpg赤身と脂身のバランスにまずはとことんこだわりました。
調味料やつなぎは、かなり控えめです。
熊本県産のA5ランクの黒毛和牛のお肉の美味しさを、最大限に活かすために、何度も何度も試行錯誤を繰り返し、中野店長が作り出した黄金比です。
作り上げるまでの時間や温度にも細心の注意を払います。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_18305259.jpgそして最後に、美味しさをそのまま閉じ込めるハンバーグの大きさにもこだわりぬきました。
もちろんすべて手作りの、手ごね、手成形のハンバーグですから、多少のばらつきはありますが、理想とするハンバーグになりました。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_16523575.jpg私は、その美味さに惚れ込み、どうしても販売をさせて欲しいと頼み込み込んで、その美味しさや安全性を伝えるべく、牧場や店舗を何度も現地取材し、このブログで紹介してきました。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_20072675.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、自らも農業を営みながら、弊社で販売する商品の全ての生産地に年間を通して伺い、その育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまを紹介しています。
それにしても、いつ伺ってもきれいに整備された、実に清潔感ある牧場です。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_20095861.jpg「中野畜産」さんの『黒毛和牛』を販売するにあたり、もちろんその生産地に伺い、生産者の声を聞き、育つ様子をきちんと取材しています。
この『黒毛和牛ハンバーグステーキ』ができるまではもちろんのこと、『黒毛和牛』の生産地もです。
だからこそ自信をもってお勧めできるのです。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_18374674.jpg「笠さん!姉から聞いてますよ!1回目も2回目も出荷予定数は完売で、3回目ももうたくさん予約頂いてるんでしょ?いやぁ、ほんと嬉しいですね!」
その話をしながら中野社長からは笑顔がこぼれています。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_18434701.jpg「繁殖から肥育、出荷までの全てのことを、ここで一切の妥協をせずに取り組んできた中野社長の思いが形になっているんですよ!」と言うと、
「ありがとうございます。生産数は増やしたいんですが、そうなるととことん手をかけるってことができなくなるからですね!」と中野社長。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_19002391.jpgでも、それでいいと思います。
多頭飼いすることなく、1頭1頭と真剣に向き合いながら、まさに手塩にかけて育てているからこそ、私は「中野畜産」さんの、黒毛和牛を販売したいと思ったのです。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_19091065.jpg年間、たったの10頭ほどしか生産しない黒毛和牛のお肉を100%使用したハンバーグですから、大量生産ができるはずはありません。
もちろんすべて手作りの、手ごね、手成形のハンバーグですから、多少のばらつきはありますが、黒毛和牛が持つ美味しさをそのまま閉じ込めたハンバーグです。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_19113830.jpg今回も、化粧箱に入った120g×6個入りと10個入りは、ギフト用の梱包も承ります。
熨斗や包装紙はもちろんのこと、風呂敷に包んで、弊社の配送用の箱に入れてお届けいたします。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_19144070.jpgご家庭でこの美味しさを味わいたいのなら、ファミリータイプがおすすめです。
化粧箱用と同じ商品を特別価格で販売しています。
ただし、4個以上の購入となります。

熊本県産の黒毛和牛を100%のハンバーグステーキ!次回出荷日決定!9月23日(水)に数量限定で出荷です!_a0254656_19133739.jpg「FLCパートナーズストア」では「中野畜産」さんの年間10頭ほどの生産数の熊本産黒毛和牛A5ランクのお肉を100%使って作られたハンバーグステーキをネット独占販売しています!
次回は9月23日(水)の出荷で、大変貴重な商品ですので、もちろん今回も出荷数限定となっています。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「黒毛和牛ハンバーグ」のページにお進みください。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、ご注文はお急ぎ下さい。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-09-14 19:18 | 黒毛和牛 | Trackback | Comments(0)