人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき

FLC日記 2022年6月26日(日) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市の、こだわりの3人の匠が育てた『くまもとの美味しいお米』を大好評販売中です!

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_15200696.jpg


七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_15203195.pngその中で、「長尾農園」さんが惜しまぬ手間ひまをかけ、“美しすぎる田んぼ”で育てた、『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』は店長一押しのお米として、大好評販売中です。

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_16560291.jpg「長尾農園」さんの田んぼがある、ここ、熊本県菊池市七城町は、日本有数の米どころです。肥沃な大地と、日本の名水100選にも選ばれた『菊池渓谷』を支流に持つ菊池川の清らかな水が美味しいお米を育てる大穀倉地帯です。

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_15234149.jpgこの地で育つ「七城のこめ」は、“おいしいお米日本一”に輝いた実績があります。
しかし、同じ七城町で育つお米でも、各農家さんによって、お米の作り方は様々です。
私は「長尾農園」さんの“美しすぎる田んぼ”でのお米作り、その美味さに惚れ込み、2年の歳月をかけお願いして、弊社でネット独占販売しています。

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_15252128.jpg定期購入のお客様の分を除くと、いよいよ残りわずか!
食べればわかる納得の美味さのお米を、ぜひご賞味ください!
白米、玄米とも定数になり次第、締め切らせていただきます。
ご注文はお急ぎください!!

今すぐ購入したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』


七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_15262975.jpgこちらは、昨年7月23日の「長尾農園」さんの田んぼの1つです。
私は「長尾農園」さんの田んぼを、“美しすぎる田んぼ”と称しています。
それは、まっすぐに植えられていることもさることながら、稲たちが一様に育つさまを見てそう呼んでいるのです。

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_15271813.jpgまるで、画像をコピーして貼ったかのように、本当に同じように成長しています。
同じように育てば、同じように実り、粒ぞろいのお米ができます。
そこにこそ、『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』の美味さの秘密があるのです。

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_15295217.jpg令和4年のお米作りもスタートしています。
こちらは6月10日の苗床の様子です。苗床で田植えに向け元気に成長中です。
長尾さんの米作りは、苗床だって美しすぎるんです。

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_15293549.jpgそしてこちらは、田植え直前の3日ほど前の様子です。毎年見ていますが、ホント惚れ惚れする美しさです。
まっすぐに並べられた苗箱も実に美しいのですが、注目すべきは、苗箱のこの水平感です。
苗床とは、田植えまでの期間、種を撒いたトレーで発芽させ、こうして集中管理しながら育てる場所です。
ですから、水平をとことん保つことで、水管理が徹底でき、苗がこうして一様に育つのです。

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_15323600.jpg5月22日に行われた苗床作りの様子です。
「長尾農園」代表の長尾千行さんはいつもこう話します。
「俺たちが他にも作りよる、ダイコンでもニンジンでも、野菜ならその1本1本ば確認して収穫できるたい。ばってん、米はそう言うわけにはいかんでしょ?同じように育てて、同じように実らせんと、いっぺんに収穫(稲刈り)するとだけん!!」

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_15343752.jpg「長尾農園」さんでは、苗箱を並べる前にひと手間かけ徹底的に苗床をならし水平にします。
そうすることで、水の管理が徹底でき、お米の種(籾)が一様に芽吹き、一様に成長するのです。

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_15365552.jpg苗が育つ田んぼも、徹底的に水平にならして準備をします。
代かきと呼ばれる作業です。
長尾さんの代かきは、とにかく長尾さん自身が納得するまで行われます。

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_15374859.jpg一様に育った苗たちが、この田んぼに来てからも、そろって成長し、花を咲かせ、同じように実り頭を垂れるように、長尾さんはこだわりぬき惜しまぬ手間ひまをかけるのです。

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_15392873.jpg昨日、「いよいよ今年も田植えば始めるばい。これからしばらく続くけん、時間のある時にまた見においで~」とお電話をいただきました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_15405450.jpgもちろん「長尾農園」さんの“美しすぎる田んぼ”での米作りも、稲刈りの時のみならず、その全てをもう何年も現地取材してきました。
本日、今年の田植えの様子も、現地取材してきましたので、その様子は明日のブログで紹介いたします。

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_18295982.jpg「長尾農園」の長尾千行さんとも子さんご夫妻は、笑顔の絶えない仲良しご夫婦の二人三脚で、長尾ブランドと呼ばれる様々な野菜やお米を育てる匠の農家さんです。
それらの“本物”と呼べる農作物は、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

七城米 長尾農園 令和4年の田植えスタート 前編:美しすぎる苗床と匠の代かき_a0254656_18302516.jpgその中でも、“美しすぎる田んぼ”で育てられた、『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』は、大人気の看板商品です!
令和3年度の「長尾農園」さんの『長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』は、定期購入のお客様分を確保すると、残りが少なくなってきました。
ぜひ一度、“美しすぎる田んぼ”で育てられた、店長一押しのお米をご賞味ください。
今年も、これからの長尾さんの稲たちの成長の様子や、惜しまぬ手間ひまなどなど、すべて取材してご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-06-26 15:45 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ!

FLC日記 2022年6月25日(土) 雨(雷雨)
熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も熊本県山鹿市鹿央町の「岡山農園」さんの『肥後グリーン』をネット独占販売しています。
今、まさに最旬のフルーツが『肥後グリーン』です!

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_16530886.jpg


熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_16554232.jpg熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』は、17度を超えるその高い糖度と、2つの食感で楽しめる美味しさで、人気急上昇中のフルーツです!
高級メロンをお手頃価格で購入できるので、ご家庭用としても、お中元やご贈答用としても、大人気なんです!

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_14482407.jpg『肥後グリーン』の人気の秘密は、なんと言ってもそのバツグンの甘さです!!
糖度17度を超えるさわやかな果汁が、口いっぱいに広がると至福の喜びを感じます。
また、最大の特徴は、シャキシャキの食感でそのさわやかな甘さを味わうことができる新感覚のマスクメロンです。
収穫後、約4~5日程度でまず1回目の食べごろを迎えます。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_14491543.jpgもちろん、さらに追熟させると、皆さんが良くご存じのマスクメロンの食感のトロトロでも味わえるんです。
翡翠(ひすい)色の美しい果肉は、厚い肉質、豊富な果汁、上品な甘さが人気です!

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_17035300.jpg「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、ネット独占販売しています。
1箱からのご注文で、1箱2玉入りとなっています。
ぜひ、1玉はシャキシャキの食感で、そしてもう1玉はトロトロの食感でご賞味ください!

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_14502476.jpg現在は、収量も増えて、あまりお待たせすることなく発送が可能です!!
ただし、毎回の出荷数を限定しての、数量限定、完全予約制での販売とさせて頂いておりますので、ご注文はお早めに!!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産メロン』



熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_14513163.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿央町の「岡山農園」さんの、高級マスクメロン『肥後グリーン』の栽培ハウスです。
「岡山農園」さんでは、親子の匠が“本物”と呼べる様々な作物を育てる、まさに匠の農家さんです。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_17473863.jpg単棟のハウスや連棟建ての広い広いハウスを使って、定植の時期や温度管理をしながら、長期にわたって出荷できるよう『肥後グリーン』を栽培しています。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_14461612.jpg「岡山農園」さんでは、お父さん(岡山忠和さん)、お母さん(岡山文代さん)の豊富な経験と卓越した技術に加え、その技術を伝承しつつ、2人の息子さん(兄:岡山和功さん、弟:岡山佑大さん)が惜しまぬ手間ひまと徹底管理、さらなる研究心で進化させ、最高級のマスクメロン『肥後グリーン』やスイカなどなどを育てています。
写真はスイカのつる引き作業の際に撮影した集合写真です。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_17292554.jpgこちらは、4月中旬の定植間もない頃の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_17301145.jpgもちろん「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらの写真は、6月上旬の2期目に収穫を迎える『肥後グリーン』たちを、ひもで吊るす作業をしている、和功さん、佑大さんの兄弟です。
「岡山農園」さんでは、『肥後グリーン』のツルを、1本1本タテに伸ばして栽培しています。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_17315644.jpg『肥後グリーン』の果実は、1玉1玉ひもで吊るしながら育てるのです。
1本の苗から、たった1玉の至高の『肥後グリーン』を育て上げるため、惜しまぬ努力を繰り返しています。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_17385863.jpg収穫を迎える直前の様子がこちらです。
まるで熱帯雨林のジャングルのようですよね!
この時期の『肥後グリーン』は“遊びツル”を伸ばして最終調整をします。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_17463622.jpgタテに伸ばして栽培し『肥後グリーン』の株の芯(成長点)を止めるまでは、徹底的に脇芽や巻きつる、不要な花などを摘んで、その株が作り上げるたった1玉の果実に、株全体が全精力を注げる環境を作ります。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_17481971.jpgそして、最後の脇芽を“遊びツル”として残し、収穫前の最終調整をするのです。
それぞれ成長のスピードや樹勢が異なるので、メロンの果実や葉の様子を判断して、それぞれの株で遊びツルを切ったりそのまま伸ばしたりします。
それは、毎日、この株たちと真摯に向き合ってきた匠だからこその判断です。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_17584054.jpg匠の判断は、収穫の時期でも行われます。
収穫直前には、実らせた果実のすぐ上の葉っぱがこうして変色してきます。
これが、収穫のサインの1つです。
果実に栄養を送り込むため、その直前の葉っぱはマグネシウムが不足し、黄色く変色してくるのです。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_18013570.jpg『肥後グリーン』の果実の茎(アンテナ)の部分の黄色いリンクもサインの1つです。
その見極めをしながら、1玉1玉収穫していくのです。
しかし、その判断は、匠をもってしても非常に難しいのです。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_17533248.jpgほんの1日その判断を誤っただけで、『肥後グリーン』はこうして割れてしまいます。
すぐに食べれば、全く味も変わらないのですが、もちろん商品には出来ません。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_18050165.jpg収穫された朝採りの『肥後グリーン』は、ご自宅の出荷場に持ち帰り、大きさ、形、マスクの入り方などなどの厳しいチェックをして、選び抜かれたものだけを「FLCパートナーズストア」の商品として出荷いただいています。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_18061451.jpg「FLCパートナーズストア」では、大きさによって2商品の『肥後グリーン』を販売してます。
右が約2.5~2.8kgの通常サイズ。
そして左が、「大玉」とさせていただいている、約3.0~3.5kgのサイズの『肥後グリーン』です。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_18090225.jpg糖度はいずれも17度以上の最高級です。定植の時期、着果の時期、収穫日は同日発送の商品は全て同じです。
全てを同様に育てていても、1本1本の株の違いが出てきます。
植物それぞれの個体差によって果実のサイズが異なってくるのです。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_18103048.jpg「FLCパートナーズストア」では、「おかやま農園」さんの匠の判断に100%の信頼をよせ、商品の選果をお任せしています。
収穫された中から選びに選び抜いた“極選”の『肥後グリーン』です。

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_14570226.jpg美味しいメロンを食べたい方!
“本物”と呼べるメロンを贈りたい方!
ぜひ、「岡山農園」さんが育て上げ、収穫した中から選び抜いた、「FLCパートナーズストア」の『肥後グリーン』をお選びください!

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』はお中元にもおすすめ!シャキ甘とトロ甘の2つの甘い食感をぜひ! _a0254656_14575525.pngただし、毎回の出荷数を決めての、完全予約制、数量限定販売です。
とりわけ、大玉の『肥後グリーン』は、数も少なく早い者勝ちとなっています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-06-25 15:01 | 熊本メロン(肥後グリーン) | Trackback | Comments(0)

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!

FLC日記 2022年6月24日(金) くもり時々雨
「やっぱり今年は花も遅かったから、落ち始めるのは7月になってからかなぁ~。と主人と話してたとこなのよ。ちょっとお待たせするけど、しっかり熟した朝採りの『樹上完熟マンゴー』を今年もしっかりお届けするわね!」
こうして色づきお始めたマンゴーたちを前に「上野マンゴー園」の上野秀子さんがそう話してくれました。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_16385522.jpg

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_17311463.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』と、大変お買い得な『ファミリータイプ』を、ネット独占販売いたします。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_16421797.jpg6月下旬から8月中旬までの発送予定でしたが、今年は花の時期がいつもより少し遅く、7月中旬から8月いっぱいの販売及び出荷予定となりました。
こだわりの樹上完熟で、完熟しネットに落ちてきたものだけの出荷のため、数量限定の完全予約制での販売とさせて頂いています!!

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_16425594.jpg6月下旬より先行予約の受付を開始する予定でしたが、本日の現地取材で、予約受付開始及び出荷を少し遅らせることとなりました。
生産地と生産者を紹介します。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_16461710.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんのマンゴーの栽培ハウスです。
「上野マンゴー園」さんは熊本県で最初にマンゴー栽培を始め今年で27年目となります。
豊富な経験と匠の技で、糖度が18度以上にもなる最高級のマンゴーを育てる“匠”の農家さんです。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_16495142.jpg生産者の「上野マンゴー園」園主の上野幸伸さんと奥様の上野秀子さんです。
こちらは以前、12月下旬に現地取材に伺った際の、仲良しご夫婦のツーショットです。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_16513532.jpg本日現地取材に伺った時には、上野さんは田植えの準備でマンゴーの栽培ハウスにはいませんでした。
今回の取材は、奥様の秀子さんが取材協力してくれました。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_16544924.jpg「このあたりはまだ色が来てないでしょ?笠さんはずっと毎年取材に来てるから、今年の花が遅かったことも知ってるわよね?同じように育てても、やはりその年の気候によって出荷開始も変わるのよね!」と秀子さん。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_16570085.jpgこちらは今年の3月上旬のマンゴーの花の咲き始めの頃の様子です。
本来なら咲き誇るマンゴーの花の様子を取材するはずでした。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_17001829.jpg「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培の様子ももう何年も現地取材を重ねてきました。
中にはこうして咲き誇る花もありましたが、例年に比べ花の時期が遅いのは、私でもはっきりと見てとれました。
1つが40~50cmにもなるマンゴーの花ですが、収穫できるマンゴーの果実は良くて1つです。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_17055448.jpgこちらは着果の様子です。
あえてたくさん着果している写真をお見せしていますが、ここからキズや形などを見極め匠の判断で摘果作業を施し、1つは残すかどうかなんです。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_17081540.jpg選び抜かれたマンゴーたちは、成長の過程でその枝が折れたりしないように、ハウス内に張り巡らされているワイヤーから下したひもにフックをかけ育てます。
1つ1つ全てに施すのですから、とんでもない惜しまぬ手間ひまの手作業です。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_17131573.jpgさらに色づきを判断して収穫前の最後の作業のネットかけを施します。
「こうして下に余裕を持たせてネットをかけるのよね!すると、笠さんも知ってるように完熟すると、ネットにポトッって落ちて、それを収穫するの!」と秀子さん。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_19251353.jpgこれは、以前取材した収穫を迎えた際の様子です。
ネットに落ちたマンゴーは、遠くからでもはっきりとわかるように煌いています!!
「上野マンゴー園」さんの最高級マンゴー『煌(きらめき)』の名前の由来の一つでもあります。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_17244531.jpg「こうしてネットをかけてるけど、マンゴーが完熟して自ら落ちてくるまで収穫はできないでしょ?じれったくてまだかなまだかなと思うけど、本当に樹上完熟してネットに落ちてくれたものしか出荷しないという主人のこだわりもあるから、お客様をお待たせするかもしれないけど理解してね!」と秀子さん。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_17280848.jpg「購入いただくお客様にはしっかり伝えますし、私はそのこだわりに惚れぬいて、どうしても「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』を販売しているのだから、むしろありがたいです。」

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_17293614.jpg「そう言ってくれると嬉しいわ!」と秀子さんは目を細めました。
「ところでハウス取材ではいつも秀子さんはマスク姿ですが、良いんですか?」と言うと、
「良いの良いの!私はこのままで!」と秀子さん。
もう長い付き合いですが、恥ずかしがり屋の秀子さんは、ハウスではなかなかお顔を見せてくれません(笑)。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_17404778.jpgマンゴーの匠「上野マンゴー園」さんのこだわりの『樹上完熟アップルマンゴー』は、今年は出荷開始の時期が少々遅くはなりますが、こうして順調に成長しています。
きっとご満足いただける商品をお届けできると思っています。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_17394128.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』を今年もネット独占販売いたします。
写真は、収穫したマンゴーから、匠の目で選び抜かれた、わずか1割ほどの、『煌(きらめき)L×3玉入り(1kg以上)』です。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_2014086.jpg今年も、果皮の色合いで『煌(きらめき)』にはなりきれないものの、香り、大きさ、形、糖度、味は、文句のつけようがない美味さの、お買い得なファミリータイプも販売し、豊富なラインナップをそろえています。

熊本県産!樹上完熟アップルマンゴー 平成4年は例年より少し遅く7月中旬以降の出荷開始予定です!_a0254656_205549.jpg「俺が色合いだけちょっと納得いかんで、『煌(きらめき)』には出来んだったけど、美味しさは絶対的な自信があるけん、かなりお得な商品になるんじゃなかかなぁ!」と、上野さんも太鼓判を押す『『樹上完熟アップルマンゴー』です。
ある程度の収量が見込める様になったら、ホームページでの受付もスタートします。
ご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-06-24 17:52 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます

FLC日記 2022年6月23日(木) くもり一時雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和4年度)も匠の農家さん「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』をネット独占いたします。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17080081.jpg


デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17083920.jpg令和3年度の「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』は、熊本限定栽培品種の樹上完熟デコポン『ひのゆたか』、蔵出し完熟デコポン『不知火』ともに、出荷予定数を今年も全て完売しました。
「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』は、熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」の数ある商品の中で、リピート率ナンバーワンを誇る大人気商品です。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17092834.jpg流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売を行っています。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17180894.jpg本日のブログでは、昨日に続き摘果作業の様子を紹介いたします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスの1ヶ所です。
先日、摘果作業の様子を現地取材に伺うといつもの笑顔で迎えてくれました。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17142423.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんが手際よく摘果作業を施しています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17163301.jpgもちろん「小春農園」さんのデコポンの栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は4月上旬に行う、“花芽剪定”作業の様子です。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17194244.jpg「毎年見てきた光景とはいえ、今年も見事に着果してますね!」と言うと、
「えぇ!父と二人でしっかりと花芽剪定ができたので、良い花が咲き、しっかり着果してますね!」と将輝さん。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17225527.jpg「まずは果樹の赤道面あたりまでの、手の届く範囲を摘果します。」
将輝さんはそう言うなり、摘果作業を始めました。
「まずは!と言うことは、摘果する順番があるのですか?」と尋ねると、

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17265365.jpg「果樹の下の方に実っていたり、内側に実っているものは、しっかりバランスを考えて残さないと、小さいものになってしまいます。だから、まずは赤道面までの下の方や内側から摘果するんです。今年も樹勢がしっかり保たれてるので、昨年より若干多めに残す予定ですが、1割も増やすことはないですね!」

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_16521642.jpg「数ではなく、品質なんです。いつも父が言うように、「毎年コンスタントに良いものを作って、果樹栽培は初めて評価される!」と言うことを念頭に置いて摘果のを判断しています。」

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17291241.jpg「例えばこの枝!これだけの枝に対して、ここには4個ものデコポンが着果しています。そのままだと小さなものしかできません。だからこの枝で実らせるのは1玉だけですね!」

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17312516.jpg「上の方にはたくさん実っていますが、あまり早く摘果しすぎると、勢いが良すぎるので、デコポンの果皮がゴツゴツした果実になるんです。ですから後で摘果作業を施します。その判断も極めないと高品質のデコポンを毎年作り上げるのは難しいですね。」と将輝さん
そうこうしていると、バイクの音がしました。
「小原さんですか?」と尋ねると、
「いや違うと思いますよ!」と将輝さん。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17345017.jpgハウスの外に出に出てみると、そこにいたのは将輝さんの奥様の、小原しおりさんでした。
「あれ?どうしたんですか?」と言うと、
「今日はデコポンのハウスの中の草取りをします。」といつものこの笑顔で答えました。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17374264.jpgハウスの中には潅水(農作物に水を与えること)用のパイプが通っています。
そこにスプリンクラーがあるのですが、草刈りの際に間違って切ったりしないように、あらかじめその周りだけを手作業で草をとるのです。
除草剤を使わず、草は草刈り機で刈りそのまま有機肥料とするので、そのための惜しまぬ手間ひまです。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17400153.jpg「将輝さんは摘果、しおりさんは草刈りなので、作業は異なりますが、結婚式のキャンドルサービス以来の夫婦共演ですね!」と言うと、2人は思わず吹き出していました(笑)。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17431335.jpg匠の摘果作業はまだ始まったばかりです。
そこは匠の判断の匠の技にお任せするとして、少しこれからのことを紹介します。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17404229.jpg摘果作業を終えると、次にデコポンの玉吊り作業が行われます。
こちらは、以前取材した、玉吊り作業の際の、「小春農園」代表の小原正宏さんと、将輝さんの親子の匠のツーショットです。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17421836.jpg「小春農園」さんでは『デコポン』を、1玉1玉全てひもで吊り下げて育てます。
成長の過程で、枝が折れたり、果実がぶつかってキズつくのを避けるためです。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17460117.jpgひも吊り作業は、小原さんの奥様の美子さんが中心となり行います。
真夏のハウスの中で行う、かなり過酷な手作業です。
もちろんその様子もまた、現地取材し紹介したいと思います。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17454995.jpg「小春農園」さんでは、「小春農園」代表の小原正宏さんの豊富な経験と卓越した栽培技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらには、大学で果樹栽培を専門に学んだ、将輝さんの新たな知識が重なり、3人の“匠”を中心として、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17463659.jpg「小春農園」さんのデコポンは、今年も順調に成長中です。
まだまだ、ピンポン玉より少し大きなくらいの果実ですが、毎年見てきた私には、12月にはデコポン色に輝くハウスの様子がしっかりとイメージできています。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 後編:実る場所で摘果する順番を変えます_a0254656_17492708.jpg「小春農園」さんのデコポンは、熊本限定栽培品種の、樹上完熟デコポン『ひのゆたか』、続いて、3月下旬からは蔵出し完熟デコポン『不知火』と切れることなく12月下旬から5月下旬までの販売予定です。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの“柑橘王”ことデコポン(肥後ポン)をネット独占販売いたします。
これからも、その成長の様子、惜しまぬ手間ひまや匠の技などを、現地取材にてご紹介していきます。
お見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-06-23 17:56 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下

FLC日記 2022年6月22日(水) 雨のちくもり
「この時期になると、もう、生理落下する果実がはっきりとしてきます。着果している果実はどんどん果実が肥大していきます。生理落下する果実が確定したら摘果作業の時期です。デコポンは頑張り屋さんなので、そのままでたくさんの果実を実らせようとするので、大きく、甘く育てるためにこうして摘果作業を施すんです。」
「小春農園」専務の小原将輝さんが、そう話しながら匠の判断で摘果作業を行っています。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_17342101.jpg


デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_17410614.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんのデコポンの栽培ハウスの1つです。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和4年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』をネット独占いたします。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_17431591.jpg『デコポン』は、熊本を代表する柑橘類の1つです。
独特なかわいらしい形状に加え、酸味と糖度のバランスの良い果汁の美味さは、“柑橘王”と称されています。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」の数ある商品の中で、リピート率ナンバーワンを誇るのが、本日紹介する「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』です。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_17443898.jpg流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売を行っています。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_18411311.jpg「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』は、“柑橘王”と称される、甘さと酸味のベストバランスの美味しさもさることながら、この見た目の美しさでも大変に気が高い商品です。
現在、大きくて美しいデコポンに仕上げるための、匠の摘果作業が行われていました。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_17474207.jpg5月上旬のデコポンの花咲く様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_17490428.jpg「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』の栽培の様子も、収穫の時のみならず、もう何年もこうして年間を通して現地取材してきました。
4月上旬のつぼみの様子です。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_17501593.jpgそのころに行うのが“花芽剪定”です。
将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんが、匠の目で判断し剪定作業を行っています。
「俺たちは「命を吹き込む花芽剪定」って呼びよるとたいね。」

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_17530264.jpg「この花芽剪定作業でその年のデコポンの出来の7割以上は決まると言っても過言じゃなかばい!」
「小春農園」さんでは、小原さんの長年の経験と卓越した技術、美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに果樹栽培を大学で専門的に学んだ将輝さんのスペシャリストの知識が重なり、毎年変わらぬ味の“本物”と呼べるデコポン(肥後ポン)を作り続けています。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_17555463.jpg小原さんや将輝さんの、匠の技の“花芽剪定”で、今年も元気な花が咲き、5月中旬ころからはこうしてビー玉ほどの小さなデコポンが着果していました。
しかし、まだこの時点では、きちんと着果しているとは言い切れないのです。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_17570919.jpgこちらは、現在の様子です。
先ほどの写真から1ヶ月以上もたっていますが、あまり大きさが変わらない果実がありました。
しかも、黄色くなっています。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_18021434.jpgそれらはいずれ果実に栄養を与えるのをやめ、こうして自ら落ちていきます。
その現象を「生理落下」と言います。
再び、将輝さんにお話をうかがいました。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_18002071.jpg「着果している果実は、この時期、ピンポン玉くらいの大きさになってます。今の時期まで待つと、生理落下はほぼ終わっています。ただ、デコポンは頑張り屋さんなので、そのままでたくさんの果実を実らせようとするんです。」

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_18011613.jpg「そうなると、果実は小さなものがたくさん実ることになるんです。そこで、大きくてきれいで美味しいデコポンに仕上げるための作業が、この摘果作業と言うことになるんです。」

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_19203493.jpg「この時期まで待つと、着果しているかどうかは毎年取材している笠さんならもお解りですよね?」と将輝さん。
「果実の茎のシマシマですよね!」と言うと、
「そう!その通りです。」

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_19183458.jpg「きちんと着果している果実の茎の部分は、こうしてグリーンから色が変わって、シマシマになっています。ここまではっきりしていると、確実に着果しているという証拠になります。」と将輝さん。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_18062087.jpg「きちんと着果していても、将輝さんが匠の判断をして摘果するんですよね?その基準はどこにあるのですか?」と尋ねると、
「枝ぶりにおける着果数を決めないといけないんです。それから摘果をどこからするかも重要なんです。」と大変興味深い話をしてくれました。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_18102628.jpgその残す果実の数、そしてどこから摘果作業をするのかなど、実践いただいた様子を詳しく紹介したいところですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介することとします。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_19301602.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの“柑橘王”ことデコポン(肥後ポン)をネット独占販売いたします。
弊社の数ある商品の中で、リピート率がナンバー1なのが、「小春農園」さんのデコポン(肥後ポン)です。

デコポン(肥後ポン) 大きく甘く育てるための匠の摘果作業(2022) 前編:着果と生理落下_a0254656_19315490.jpg12月下旬には、今年もこの“デコポン色”に輝くハウスを見ることができると思います。
今年も、12月下旬より、熊本限定栽培品種の、樹上完熟デコポン『ひのゆたか』からの収穫及び出荷予定です。
続いて、蔵出し完熟デコポン『不知火』と切れることなく1月上旬から6月中旬までの販売予定です。
これからも、その成長の様子、匠の技などを取材しご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-06-22 18:13 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)