人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)

FLC日記 2024年2月19日(月) 雨のちくもり
「FLCパートナーズストア」では、熊本県産匠が育てた究極の柑橘『せとか』を大好評販売中です!
今期は例年より少し早く、2月16日(金)より『プリンセスせとか』の令和6年の出荷をスタートしました。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_17064064.jpg

熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和6年)も、匠の農家さん「小春農園」さんが育てた、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします!

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_16353130.jpg現在出荷しているのは、収穫した究極の柑橘『せとか』から、選びに選び抜いた“極選”の『せとか』です。
その名も『プリンセスせとか』(写真)です!
大事に大事に育て上げた中で、その美味さはもちろんのこと、見た目の美しさも兼ね備えた最高峰の『せとか』です。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_16371457.jpgまた、その選びに選び抜いた“極選”の『プリンセスせとか』は、パッケージや個数を変えての商品もご用意しています。
写真はくまモンの手提げ箱入りの6~8玉入りで、その他には2玉入り×4袋の4玉と言った商品もございます。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_17503767.jpgさらには『プリンセスせとか』と、同じく「小春農園」さんが生産した、弊社のリピート率ナンバーワンの商品、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』とのセット(プレミアムオレンジ)も大人気です。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_16433228.jpg「小春農園」さんの『プリンセスせとか』は弊社の大人気商品で、初回発送分と2回目の発送分は早々に完売しました。
美味しさがベストになったものから順に出荷していきますので、毎回の出荷数限定の商品です。
お届け希望日がある方や、まとめ買いを希望される方はできるだけ早くご予約することをお勧めします。

<発送予定>
※基本的に、完全予約制で毎週火曜日と金曜日の出荷です!
令和6年2月16日(金)→先行予約分にて完売しました!

令和6年2月20日(火)→先行予約分にて完売しました!


令和6年2月23日(金)→ご予約承り中(※残りわずか!)


令和6年2月27日(火)→ご予約承り中(2月25日17時締め切り)

令和6年3月1日(金)→ご予約承り中(2月28日17時締め切り)



匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_16495579.jpg何度も申しますが、毎回の出荷数限定、完全予約制での販売とさせて頂いております。
上記の締め切り日時前でも、出荷予定数に達した際はその日の出荷分は完売となるため、ご注文(ご予約)はお急ぎください!

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_16510202.jpg弊社で販売する「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』は、収穫前のデータに基づき、その時に最も美味しいものだけを完全予約制の数量限定で販売とさせていただいています。
毎回の出荷予定数は常に完売する大人気商品です。
ご注文(ご予約)はお急ぎ下さい!
※出荷予定量が完売となるまでは、毎週火曜日と金曜日の出荷です!

今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
究極の柑橘『せとか』



匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_16495234.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の“良いとこどり”をした、非の打ちどころのない美味しさから、“究極の柑橘”と呼ばれています。
果実が大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_16504406.jpgしかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。
『せとか』の初物は、毎年1玉2,000円の値が付くこともある高級フルーツです。
すでに各地からたくさんの『せとか』が出荷されていますが、「FLCパートナーズストア」では、「本当の美味さになった時に、しっかり選び抜いたものだけを『プリンセスせとか』として出荷したい!」と「小春農園」さんは常に話します。
今期は仕上がりが非常によく、例年より少し早い2月16日より出荷を開始しました。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_17020037.jpgそんな美味しさへの強いこだわりを持つ、生産者と生産地を紹介します。
まずは生産地から!
ここは熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの『せとか』の栽培ハウスの中です。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_16564694.jpg「小春農園」さんでは大自然に囲まれた、のどかな山里の日の当たる斜面を利用した連棟建ての栽培ハウスで、究極の柑橘『せとか』を栽培しています。
この写真は9月中旬、「小春農園」さんのみかん畑から撮影しました。
ちなみに右側に見える木造のハウスは、同じく「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスです。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_17034569.jpg『せとか』は、究極の柑橘と呼ばれるだけあって、“本物”と育て上げるには、匠の技と惜しまぬ手間ひまが必要です。
4月中旬の花芽剪定の際に撮影した「小春農園」代表の小原正宏さんです。
長年の経験による卓越した技術と豊富な知識を持つ匠の農家さんです。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_17051520.jpg「もう、早かとはこぎゃんして着果の始まりよるばい。同じように育ててもその果樹1本1本の特性があるけん、しっかり管理して以下にゃんたいね!」
その取材の際に小原さんがそう話してくれたことを思い出しました。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_17073643.jpgこちらは、小原さんの息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんです。
将輝さんは、大学で柑橘類を専門に学び専門的な知識を持つスペシャリストです。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_17085082.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_17104821.jpg収穫の様子はもちろんのこと、収穫後のお礼肥え、花芽剪定や花咲く様子、着果の頃、匠の技の夏芽剪定、摘果作業(上記写真)、ひも吊り作業、果実が成長する過程(写真)、その間の温度と水管理などなどその全てです。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_17170643.jpg1月上旬の完着した『せとか』です。
「笠さん!しっかり色は来てますが、収穫は早くて2月中旬です。その頃には完ぺきに仕上げてデータに基づいて出荷しますので楽しみにしていてください!」
将輝さんがその際そう話してくれたことを思い出しました。
「小春農園」さんは収穫前のデータをに基づき収穫を行います。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_17191380.jpgこちらは今回取材した令和5年の収穫の順番を決めるデータの早見表です。
この表にあるデータに合わせ、収穫する果樹の順番が決まり、毎回の『せとか』の出荷数が決まっていきます。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_17202273.jpg今年の初収穫の際の様子です。
収穫する果樹の順番や収穫前のデータのことなど、まだまだ初収穫の現地取材で紹介したいことはたくさんありますが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで詳しく紹介いたします。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_19091627.jpg「FLCパートナーズストア」では、令和6年も「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』をネット独占販売しています。
2月16日の初出荷は、たくさんのご注文が予想されるため、選び抜かれた『プリンセスせとか』の化粧箱入りのみを、全国のお客様へ発送いたしました。

匠が育てた究極の柑橘『せとか』大好評販売中!令和6年の出荷をスタートしました!(前編)_a0254656_17400871.jpg明日の発送分からは、全ての商品を数量限定にて発送していきます。
匠の農家さん「小春農園」さんが育て上げた『せとか』の溢れる果汁、濃厚な甘さ、とろける食感、柑橘類の良いとこどりをし全てを満たした究極の美味しさをぜひご賞味ください。
匠の判断で、ベストな美味しさになっているものだけを出荷いたします。
間違いなく、“本物”と呼べる美味しさです!!
明日もまた、初収穫の現地取材の様子を中心に、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』を紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2024-02-19 17:22 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!

FLC日記 2024年2月18日(日) 晴れ
熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本の大地と、熊本の水、そして、農家さんたちのたくさんの愛情で育て上げられた、『熊本の美味しいお米』をネット独占販売中です。
いずれも“わが家の専用農家さん(契約農家さん)”が育て、「FLCパートナーズストア」でしか手に入らない貴重なお米です。

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_16581660.jpg

『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』
→店長イチオシのお米数量限定!
『砂田のこだわりれんげ米(ひのひかり)』
→数量限定販売中!
『若木水源の湧水で育てた無農薬のお米(にこまる)』
→残りわずか


今すぐ購入(ご予約)、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』


本日は、その中でも、“店長イチオシ”の『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』をご紹介いたします。

●七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)
●生産者:長尾千行さん
●生産地:熊本県菊池市七城町

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_17000377.jpg「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』は、熊本県菊池市七城町で育てられます。
七城町は、日本有数の米どころでこの地で育つ「七城のお米」は、“おいしいお米日本一”に輝いた実績を持っています。

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_16463818.pngそんな七城町でも、農家さんによってお米の作り方は様々です。
私は、「長尾農園」さんの、一切の妥協を許さないお米作りとその美しさ、そして何よりその美味さに惚れ込み、2年がかりでお願いして弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_17194029.jpg「長尾農園」代表の長尾千行さんと、とも子さんの仲良しご夫婦で、『七城米(長尾さんちのお米)ひのひかり』は育てられました。
長尾さんの徹底管理と、惜しまぬ手間ひまで作り上げられた田んぼを、私は、敬意を表して「美しすぎる田んぼ」と呼んでいます。

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_17213531.jpg先ほどの写真とこちらの写真は、昨年10月上旬の稲刈りの様子を現地取材した際の写真です。
今年も、例年同様、長尾さんの田んぼの稲は、同じように育ち、同じように稲穂が頭をたらしました。
こちらも毎年のことながら、稲が1本たりとも倒れていません。
美しすぎる田んぼで、元気いっぱいに育ったお米です。

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_17412040.jpg同じように成長させ、同じように実らせるには、田植え前から徹底管理をして田んぼを作ります。
これは田植え前の代かきの様子です。あぜ道ギリギリまで、きれいに田んぼを均しています。

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_17422848.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
こちらは、お米の種を苗箱に撒く様子です。

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_17435765.jpgもちろん、「長尾農園」さんの米作りも、種まきから、苗床作り(写真)、苗床での成長、田植え、苗の成長の様子や、頭を垂れる様、稲刈り、稲刈り後の田んぼの土つくりまで、その全てをもう何年も年間を通して現地取材してきました。

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_17485341.jpgお米作りに関し、長尾さんは口癖のようにいつもこう言います。
「稲はどれも同じように成長するように育てにゃんとたい。ダイコンやニンジンのような野菜や果物類と違って、その1つ1つを見極めながら収穫するわけじゃないたい。稲刈りは一斉にするでしょ?だけん、どれだけ同じように育て、同じように実らせるかが美味い米の良し悪しになるとたいね!」

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_17505655.jpg苗床に種を撒いた苗箱を並べる数日前、「長尾農園」さんでは苗床に惜しまぬ手間ひまをかけていました。
“地ならしペタペタ”と呼ぶ作業で、種を蒔いた苗が、同じように発芽し、同じように成長するために苗床を均等にしています。

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_18112953.jpg苗床の高さを均等にそろえたことで、水の管理も徹底して行うことができ、発芽した苗は各籾ごとに同じように育つのです。
ですから、田植え後も同じように成長していきます。

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_18141425.jpg満遍なく徹底的に均された田んぼに、惜しまぬ手間ひまをかけ苗床で同じように育った苗だからこそ、田植え後の苗たちはこうして一様に成長するのです。
上手く(きれいに)仕事が出来たとき、近所の方々は、「千行さんがしたとのごたるね!(千行さんがした仕事のように美しいね!)」と例えられるほど、長尾千行さんの仕事は美しいのです。

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_18162647.jpg出穂の頃の様子です。
同じように育った稲たちが、実に美しいですよね!
私が言う“美しすぎる田んぼ”とは、こうして一様にそろって育てられた田んぼのことなんです。

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_17214929.jpg長尾さんの田んぼのある、この菊池市七城町一帯は農業用用水の水路がきちんと整備されています。
日本の名水100選にも選ばれた『菊池渓谷』を支流に持つ、菊池川の清らかな水を使い、様々な作物を育てています。
菊池川から流れてくるこの清らかな水が七城米を育みます!

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_18202386.jpg長尾さんちのお米の味に惚れ込み、私は販売スタートまで、2年がかりで取材しながら販売をお願いして、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しているのが『七城米(長尾さんちのお米)ひのひかり』です。

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_18232762.jpg『七城米(長尾さんちのお米)ひのひかり』は、ばらつきが無く、甘みがあり、ふっくらとしたお米で、それだけでごちそうになるお米です。
私が惚れ込んだ『七城米 長尾さんちのこだわりのお米(ひのひかり)』は、一番のおススメ、今年も゛店長一押し”として販売しています。

熊本の豊かな自然が育む、惜しまぬ手間ひまで育てられた美味しいお米「七城米」数量限定にて発売中!!_a0254656_18264886.jpg『七城米(長尾さんちのお米)ひのひかり』は、他ではけっして手に入らない、数量限定の大変貴重なお米です。
白米、玄米共に10kg入りからの販売です。
定期購入は、1割引での特別販売とさせていただいております。
定数になり次第、完売とさせて頂きます。
数にかぎりがございます。
本当に“美味い!!”と思えるお米を食べてみませんか?
ご注文はお急ぎ下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2024-02-18 16:49 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中

FLC日記 2024年2月17日(土) 晴れ
熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源で完全無農薬・完全無化学肥料で育てられた、エゴマで作った『えごま油』『焙煎えごま粒』を大好評販売中です!
大変リピート率の高い商品で、超ハイペースで出荷中です。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_18081658.jpg

「FLCパートナーズストア」のホームページで購入できます。
数量限定商品のため、ご注文はお急ぎ下さい!

今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
菊池水源産『エゴマ』



無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_16411960.jpg令和5年度産のエゴマ粒で作った菊池水源産『えごま油』の2回目の搾油分の出荷を開始します。
2月19日(月)より、ご注文(ご予約)順に随時発送していきます。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_16444053.jpgそもそもこの『えごま油』や『焙煎えごま粒』は、「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私こと笠泰紀が田舎暮らしをする中、本当に品質の良い『えごま油』や『焙煎えごま粒』を自ら栽培して作ろうと初めてものです。
写真は定植作業の様子です。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_16460090.jpgそのきっかけとなったのが、ある地方ではえごまを「ジュウネン(十年)」と呼ばれていて、えごまを摂取することで10年長生きすると言われているのを聞いたからです。
それなら、なおさら自分で安全で良いえごまを作ろうと栽培を始めました。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_16502188.jpgこちらは9月上旬の白エゴマの花の様子です。
農薬を一切使用せずに育てているのでミツバチが安心して蜜を求めやってきていました。
『えごま油』や『エゴマ粒(実)』は、シソ科の植物“エゴマ”の種子から作られてものです。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_16510118.jpg『えごま油』や『焙煎えごま粒』に含まれる、オメガスリーの“α-リノレン酸”は、私たちが生きていくうえで欠かせない必須脂肪酸です。
しかし、“α-リノレン酸”は、体内で生成することができないため、食品として接種する必要があるんです。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_16523150.jpgオメガスリーの“α-リノレン酸”を多く含む食材として注目されているのが『えごま』なんです。
“α-リノレン酸”は、脳や血管に良いと言われ、テレビでも「血管の救世主」、「パーキンソン病やアルツハイマーなどの脳疾患の予防に良い」と多くのテレビ番組やメディアで紹介されています。
さらには、癌の予防・制御や、アレルギー体質の改善、ダイエットやメタボ対策にも効果的だと言われています。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_16550602.jpg毎年変わらぬ公邸で、まずは収穫し乾燥させ(写真)、脱穀し、ふるいにかけ、唐箕がけをし、洗って、さらに乾燥させ、選別したえごま粒を定期的に搾油工程へ送り出し『えごま油』を作っていました。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_16563465.jpg『えごま油』に加工すると、少なからずそこから酸化が始まるので、より新鮮な『えごま油』をお届けしたく、1月、3月、5月・・・と、計画的な搾油を行っていました。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_17003479.jpgしかし、とにかくご注文が多く、3月分を前倒しして今回搾油し商品化したものです。
次回の搾油は未定にしています。
ですから、すぐに『えごま油』をお求めであるなら、ぜひこの機会にご購入下さいませ。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_16591062.jpgこちらは弊社で販売している『焙煎えごま粒』です。
もちろん完全無農薬、完全無化学肥料で栽培したエゴマです。
現在は、白えごま粒も黒えごま粒も販売中です。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_18124153.jpg弊社で販売している『えごま粒』は、真空パックでお届けし、開封後すぐにお召し上がれる『焙煎えごま粒』です。
ゴマと同じような一般的な使い方をしていただいてかまいません。
ぜひ、日々の食卓で健康作りにお役立てください。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_17001363.jpg健康作りに役立つわけをご説明します。
『えごま油』や『焙煎えごま粒』に入っているエゴマの主成分であるオメガスリーの“α-リノレン酸”は、NHKの「ためしてガッテン」以外にも、テレビや雑誌などの各種メディアで、数多く取り上げられ、“血管の万能薬!”“脳の救世主!”などと紹介されています。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_16584449.jpg血管をやわらかく若返らせるのに効果的なのが、エゴマに多く含まれる“α-リノレン酸”です。
『えごま油』の主成分は、“α-リノレン酸”です。
菊池水源産『えごま油』には、なんと59.8%も入っています。

α-リノレン酸の主な体への働きは・・・

●血管を強く、しなやかにし若返らせる
●心臓のリズムを整える助けをする
●動脈硬化を遅らせる
●LDLコレステロール値と中性脂肪値を下げる
●血液の粘度を下げる
●血圧を下げる
●免疫システムを強化する
●皮膚炎など様々な炎症を抑える
●関節炎の痛みを緩和する
●腎臓病を防ぐ
●美肌効果
●脳を活性化させ認知症の予防効果
●うつ病の改善効果
●視力回復

などがあげられ、脳・神経の正常な機能に必要不可欠なものなのです。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_18495862.jpgしかし、“α-リノレン酸”は、人間の体内で作り出すことはできません。
あくまで、食物として取り込む必要があるのです。
しかも、熱を加えるとその成分がなくなってしまうので、食物に後からかけることをお勧めします。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_17214144.jpgちなみに私は、毎朝、お味噌汁に小さじ1杯程度を入れて食べています。
さらに!!
“α-リノレン酸”は、なんと油を分解して脂肪を体にたまりにくくする働きがあるというのですから、多くのメディアでも取り上げられるはずです!
なにせ「太らない油」、むしろ、脂肪を分解する油なのですから!!

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_17132300.jpg


無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_17031687.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、菊池水源産『エゴマ油』は、熊本県菊池市、菊池水源で、完全無農薬、無化学肥料で育てられた、エゴマの粒(種子)より搾油したものです。
こちらのの写真と下の写真は、弊社の敷地内の畑の9月下旬の様子です。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_18460825.jpg農薬を一切使用しないので、葉っぱはご覧の虫食いだらけです。
ちなみに、すぐ隣で栽培している『利平栗』も完全無農薬栽培で、弊社で自然栽培で育てた『利平栗』として販売する大人気商品です。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_18210766.jpg弊社で販売している『えごま油』の原材料のエゴマは、NPO法人『きらり水源村』の「エゴマ部会」の皆さんと一緒に育てました。
こちらは、以前、エゴマ部会の皆さんと一緒に撮影した写真です。
実は、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)も生産者の一人です(左端)。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_18250395.jpgこちらは、私が育てたエゴマ畑のほんの一部で9月上旬の様子です。
株式会社旬援隊は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にあります。
敷地は、2000坪ほどあり、この山奥の地で、15種類の果樹や様々な野菜、原木しいたけを完全無農薬で育て、烏骨鶏を飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_18280522.jpgそんな中、ここの敷地内の畑に加え、近所の農家さんから、畑を借りて『エゴマ』の生産をしています。
写真は上記と同じ時期の白エゴマで、すでに花が咲いています。
黒えごまより播種が1カ月早い白エゴマは、花が咲き(9月上旬)、その後、実を収穫するのは、10月の上旬で、そのエゴマより『エゴマ油』や『焙煎えごま粒』を出荷できるのは、早くて12月下旬からです。

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_17385361.jpg本来なら、えごま粒で保管し、計画的に搾油し商品化していますが、とにかくご要望(ご注文)が多く、現在、3月に搾油予定だった分を前倒しし出荷しています。
ですから、数量限定の商品の早い者勝ちです!

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』2回目の搾油分を出荷開始します『焙煎えごま粒』も大好評販売中_a0254656_18312213.jpg『えごま油』に加え、『焙煎えごま粒(黒、白)』も数量限定で販売中で、毎年早々に完売する弊社のオリジナルブランド商品、白えごま油『ピュアホワイト』も、今年は作付面積をかなり増やしたおかげで販売できています。
「FLCパートナーズストア」では、本当に体に良い『えごま油』『焙煎えごま粒』を、安心・安全の裏付けをもって販売しています。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2024-02-17 17:09 | エゴマ | Trackback | Comments(0)

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼

FLC日記 2024年2月16日(金) 晴れ
熊本県産デコポン(肥後ポン)の先行予約の受付を開始しました!
こちらは眠りから覚めた柑橘王こと、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)の「不知火」です。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_16464838.jpg


熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_16215056.jpgまた、今期も、熊本限定栽培品種の樹上完熟デコポン(肥後ポン)の『ひのゆたか』は完売となりました。
ご予約いただいている分を2月20日に今期の最終発送いたします。
たくさんのご注文を頂き、誠にありがとうございました。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_16554699.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和6年)も匠の農家さん「小春農園」さんの蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』をネット独占いたします。
昨日より、先行予約の受付をスタートしました!!

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_16565966.jpg昨日よりご注文のお客様からは『不知火』の出荷となり、令和6年の初回出荷は、2月23日(金)です。
「小春農園」さんの、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』は、ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の、リピート率ダントツ1位の、大人気商品です。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_16241066.jpgすでにご注文を頂戴していましたお客様には、もちろん『ひのゆたか』をお届けいたします。
今年は例年以上にご注文が多く、予定よりもはるかに早く完売となりました。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17015004.jpg『デコポン』は、“柑橘王”と称される、大変人気高いの柑橘類です。
甘さと酸味のベストバランスが、その称号に値するフルーツです!!
昨日より先行予約の受付をスタートした、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』は、熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんにより、大切に育て上げられ、昔ながらの土壁の蔵で、ゆっくりと、じっくりと追熟させた、眠りから覚めた柑橘王なのです!

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17030198.jpg人気の秘密は、もちろんなんといってもその美味さ!
甘さと酸味のベストバランスのみずみずしい果汁をぜひお楽しみください!
さらに、箱を開けた瞬間に、その美しさにだれもが圧倒されます!

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_16531591.jpg


熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17064299.jpgそれもそのはず「小春農園」さんでは『デコポン(肥後ポン)』を、木造のビニールハウスの中で、1玉1玉をひもで吊り下げて、大切に育てています。
果皮にキズが付くのを防ぐためです。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17082478.jpgさらには収穫時と箱詰め時の2回だけしか『デコポン(肥後ポン)』に触れることなく、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』を出荷しているのです。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17100035.jpg昨日より、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』の予約販売の受付をスタートしました!!
キズ一つない見た目の美しさ、さらには糖度と酸味の絶妙なバランスの美味さ!
まさに、“柑橘王”の名にふさわしい“本物”と呼べる逸品をぜひご賞味ください!
令和6年の初回出荷は、2月23日(金)です。
ぜひご賞味ください!!

今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
蔵出し完熟デコポン『不知火』



熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17021034.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの『デコポン』の栽培ハウスです(9月中旬撮影)。
右の木造のハウスが、『デコポン』、左は究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
「小春農園」さんのみかん畑の登り口から撮影しました。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17040804.jpgこちらは、収穫直前の『デコポン』の栽培ハウスの中です。
「小春農園」さんでは、大自然に囲まれた山の南側の斜面を利用して、様々な農作物を栽培しています。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17042580.jpgハウスと言えども、ボイラーを焚き、加温をして育てるのではありません。
あくまでハウスは、雨風から大切な『デコポン』を守り、害虫や病気の侵入を防ぐためのものです。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17203007.jpgこちらは、1月上旬の収穫の際の写真です。
「小春農園」さんでは、デコポンを1玉1玉こうして、ひもで全て吊るしながら傷をつけないように育ててきました。
『デコポン』は、1玉が300gを優に超える、大変大きな果実の柑橘類です。
その重さに成長の過程で枝が折れたり、デコポン同士がぶつかってキズがつかない様に、絶妙なバランスで1玉1玉ひもで吊り下げて育てられます。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17211705.jpg一般的に『デコポン』と呼ばれるのは、「不知火」と言う品種です。
こうして色付いても、収穫してすぐに食べることはできません。
果実の“酸”がきつすぎるのです。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17463140.jpg収穫後、一定期間追熟させることによって、糖度と酸味の絶妙なバランスになるのです。
唯一、樹上完熟でベストバランスになるデコポンが、熊本限定栽培品種の『ひのゆたか(肥の豊)』です。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17472860.jpg「小春農園」さんでも栽培していて、今年も「FLCパートナーズストア」ネット独占販売しました。
「小春農園」さんの『デコポン』の人気は、年々増すばかりで、今年度はかなり収量も増え対応しましたが『ひのゆたか』は、多くのリピート購入もいただき、今年も完売しました。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17541371.jpgその間『不知火』は、出荷の時を待ち追熟していました。
収穫された『不知火』は、「小春農園」さんの昔ながらの土壁の“蔵”の中で追熟されます。
蔵の中は、1年を通してほとんど温度の変化がありません。
追熟をさせるには、最高のコンディションです。
熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17572688.jpg
昔ながらの土壁の“蔵”の中で、、大事に大事に完熟の時を待ち、眠りから覚めた柑橘王!『蔵出し完熟デコポン』です。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17125924.jpgデコポンの匠「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに果樹栽培を大学で専門的に学んだ、、息子さんで専務の小原将輝さんのスペシャリストの知識が重なり、毎年変わらぬ味の“本物”と呼べるデコポン(肥後ポン)を作り上げています。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17171762.jpg「この子たち(不知火)は、これから約2か月半、土壁の蔵の中でゆっくりと追熟に入るとたい。収穫時に少しでもキズをつけたら、絶対にそれから傷みが出るとたいね。」

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17175630.jpg「だけんね、収穫するためのカゴも、こうしてプチプチばして、絶対にキズつかんようにしとるとよ。もちろん、デコの部分が重なり合わんようにして、大事に大事に扱うとたいね。」と小原さん。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17184347.jpg「小春農園」さんでは、デコポンの果樹に通し番号をつけて管理しています。
同じように育てても、それぞれ果樹の特徴がります。
そこで、収穫前にそれぞれの果樹からのデコポンのデータを取って、糖度、酸味のバランスをチェックします。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17213414.jpg収穫された『不知火』は、「小春農園」さんの昔ながらの土壁の“蔵”の中で、1本の果樹から採ったデコポンは、同じコンテナ(箱)に入れて追熟されます。
「どの順番で出荷するのかは、全て管理ができています。」

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17234089.jpg2段以上には重ねず、もちろんデコがぶつからないように、丁寧にコンテナの中に配置してありました。
「出荷前には、もう一度、デコポンの糖と酸味のバランスを必ずチェックして、合格したものだけを出すんです。」将輝さんがそう説明してくれました。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17260222.jpg大切に育て上げ、昔ながらの土壁の“蔵”で、大事に大事に追熟させたデコポンだからこその、見た目の美しさ、味わいの美味さなのです。
出荷時には、その中から選びに選び抜いた“極選”のデコポンを化粧箱に入れて出荷します。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17242538.jpg「小春農園」さんでは、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)の『不知火』を、収穫時と出荷時の2回だけしか触れずに出荷しています。
ちなみにこの時、手にしたデコポンはこうして触れたので、将輝さんと私とで美味しくいただきました。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17301865.jpg本日のブログでは、主に収穫や出荷に関することのみ紹介しましたが、「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんのデコポンの栽培の様子を、収穫の時期のみならず、剪定や花が咲く様子、着果から成長の過程など、その全てを年間を通して、もう何年も現地取材してきました。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17321946.jpg上の写真とこちらの写真は摘果作業を行う6月中旬の様子です。
摘果作業が終わると、1玉ずつひも吊り作業を施します。
こうして常に現地取材し、このブログで紹介していますので、私は自信をもってお勧めできるのです。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_17312393.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの蔵出し完熟デコポン『不知火』をネット独占販売いたします。
今期の初出荷は、2月23日(金)です。
「FLCパートナーズストア」のリピート率ナンバー1の大人気で、弊社の看板商品と呼べる逸品です!!
ただし、「小春農園」さんの徹底管理のもと、毎回、完全予約制の数量限定での販売です。

熊本県産!デコポン(肥後ポン)2024年の『不知火』の予約販売受付スタート!『ひのゆたか』は今年も完売御礼_a0254656_1835070.jpg美しさと、美味しさを兼ねそろえた、私が知る限り最高級のデコポン、それが「小春農園」さんが育て上げた『肥後ポン』です。
“柑橘王”の名にふさわしい逸品ですよ!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ご来店、お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2024-02-16 16:51 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す

FLC日記 2024年2月15日(木) くもり一時雨

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_17551538.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、令和2年度も匠農家さん「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』をネット独占販売いたします。

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_17552825.jpg今年も、「幸水(こうすい)」(上記写真)の8月上旬からの発送スタートで、次いで「豊水(ほうすい)」、「秋月(あきつき)」(写真)、そして、ジャンボ梨「新高(にいたか)」と続きます。

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_17530133.jpg「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』は、甘さにこだわる“無袋栽培”で、旬の美味しさにこだわる“樹上完熟”朝採り発送でお届けするため、「すべての品種を毎年贈ってください!」と言う注文を多数いただくほどの大人気商品です。
※写真はジャンボ梨『新高』です。

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_17550138.jpg
熊本県菊池市野瀬にある「岩永農園」さんの梨園に、冬の剪定及び誘引作業の様子を、先日、現地取材に伺いました。

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_18045486.jpg昨日に続き、その様子をご紹介いたします。
この時期は、1日も休むことなく、選定と誘引作業の真っ最中です。
必要な枝、不要な枝、待たせる枝を判断し剪定と誘引を行うのです。

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_18092618.jpg待たせる枝とは何ぞや?とお思いの方もあることでしょう!
これが剪定よ誘引作業を終えた待たせる枝、通称“待ち枝”です。
以前の取材で、それらのことを詳しく紹介していますので、今日のブログはそれを引用し紹介します。

ここからは以前のブログの引用です!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_16282746.jpg「強すぎる枝には、梨は実らんとたいね。でも、弱すぎると、今度は良か梨のでけんとたい。それらを見極めて、残す枝、切る枝を選択せにゃんたいね。最低でも、3年先まで見据えて剪定していかんと、毎年コンスタントに良か梨を作ることはできんたいね。」

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_16503376.jpg梨の匠「岩永農園」の岩永敏行さんがそう話しました。
続けて作業をしながら、
「基本的には1年目の枝にしか梨を実らせんとたい。同じ枝に2年、3年と実らせると、良か梨はできんとたい。毎年毎年しっかりと剪定して若返らせることで、毎年高品質の梨になるし、樹勢も保てるとたいね。」

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_16385782.jpg「これは“待ち枝”にしようかね!このあたりは防風林があってちょっと日当たりの悪かけん、来年、いや再来年結果枝になるかな~。」と岩永さん。
「あの、45度に誘引する枝ですか?」と尋ねると、

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_16440939.jpg「そうそう!さっきのはあまりに弱かけんそのまま伸ばすばってん、ある程度強かとは以前も見せた45度くらいに誘引して少し弱らせて結果枝に育てるとたい。」と岩永さん。
その様子がこちらの写真です。

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_16513023.jpg「梨は割と強かけん、皮1枚残っとけばつながるとたいね。ばってん、あまり強引に誘引して折ってしまうと、やっぱりよか梨は作れんけん、太か枝ば誘引する時はまず縦に切り込みば入れるとたい。」

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_16315028.jpg「そして少しねじるようにして倒していくとうまく誘引できるたいね。聞きよきなっせ!もうすぐ良か音のするばい。」
岩永さんがそう言った瞬間に「パン!」と言う乾いた音がしました。
「鈍い音のした時は、もう完全に折れとるとたい。今のごたる乾いた音の時は上手く倒せた証拠たいね。」

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_16573021.jpg岩永さんはそうして倒した結果枝を、梨園内に張り巡らせているワイヤーに、2ヶ所誘引して固定しました。
「剪定と誘引して枝ば配置していくのには3つの目的があるたいね。」

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_16594238.jpg「1つ目は万遍なく陽の光を当てるように配置すること。2つ目は、ワイヤーにしっかり固定して、枝がゆれて実った梨をキズ着けさせないようにすること。そして3つ目は、この枝を弱らせて、しっかりと果実が実る枝にすることの3つたいね。」

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_17035148.jpg「この枝もしっかりと結果枝になるごつ、誘引するとばってん花咲く頃、葉が茂るころ、果実が実るころば頭に描いて作り上げよるとたい。」と岩永さんは話しました。

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_18163372.jpgこちらは今年の剪定作業の様子です。
今年も縦に切り込みを入れる匠の技で、自らが思い描く方向に枝を倒し誘引していました。
誘引後にはさらにもうひと手間をかけていました。

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_18183405.jpg「この新芽は花芽が3つも出よるたい。そぎゃんないらんとたいね。おそらくこの芽から実らせる梨の果実は1つあるかないかたいね。だけん、こぎゃん時には一番太か芽ば残して、残りは敵蕾(てきらい)するとたい。」

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_18221331.jpgそう言うと岩永さんは、小さな芽を2つ、とてもやさしい手つきで摘み落としました。
「笠くんは毎年取材に来よるけん、良く知っとるだろうけど、3つ共に花ば咲かせて着果してもそのほとんどは摘果せにゃんたい。」

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_18241880.jpg「だけん、一番太か芽ば傷つけんようにしながら、もうこの時点でそれ以外は落としとくとたいね。」とのこと。
「私もやってみていいですか?」と言うと、

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_18264622.jpg「ちょうどその目の前にあるけん、してみなっせ!」
そう言っていただき、3つある新芽の小さな2つを摘み落としました。
それから、しばらくは2つの新芽や3つの新芽を見つけては敵蕾作業をお手伝いしました。

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_18295162.jpgこれで、岩永さんの摘果作業における手間ひまが、ほんのちょっとだけ軽減されたと思います。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_18313275.jpg「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は先ほどの話にも出てきた、以前取材した5月上旬の摘果作業の様子です。

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_18354145.jpgこの時期、丸くて太い元気な花芽が順調に芽吹いてきていました。
3月下旬から4月上旬にかけて、梨の花は咲き誇ります。
もちろん、その様子も今年もきちんと現地取材して、このブログで紹介いたします。

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!(2024) 後編:剪定、誘引後にひと手間をかけ良い芽だけを残す_a0254656_18365679.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』を、ネット独占販売いたします。
7月下旬の『幸水』からスタートし、8月中旬からの『豊水』(写真)、そして、『秋月(あきづき)』、さらに、9月中旬からは、いよいよジャンボ梨『新高』と続きます。
昨年は、樹上完熟の数量限定での販売のため、2週間以上もお待ちいただき出荷したほどの大人気商品です!!
令和6年の「岩永農園」さんのこだわりの『樹上完熟梨』にも大いにご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2024-02-15 18:41 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)