人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼!

FLC日記 2022年5月21日(土) 晴れ
『菊池水源棚田米』は、一般流通のない大変貴重なお米です。
熊本県菊池市、菊池水源の清らかな水と、安全・安心にこだわった元気な土、さらには生産者の後藤武臣さんの惜しまぬ手間ひまとたくさんの愛情によって育てられました。
ネット独産販売する、「FLCパートナーズストア」の大人気商品の1つです!!

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_16561335.jpg
現在販売中の令和3年の『菊池水源棚田米』も、大変好評いただき、定期購入のお客様分を除くと完売しました。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_17583222.jpgそして令和4年度の『菊池水源棚田米』の栽培が本格的に始まっています。
栽培地はこちら!
熊本県菊池市原(はる)にある、棚田郡です。
こちらは現在の様子です。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18001032.jpgこの写真は9月下旬、稲刈り前の様子です。
1級河川「菊池川」の水の源(みなもと)にあるこの田んぼは、清らかな水の恵みで美味しいお米が育ちます。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_17083259.jpg「FLCパートナーズストア」で契約している“わが家の専用農家さん”である後藤武臣さんの田んぼは、この棚田郡の、最も南の斜面に位置しています。
私が立っているところも含め、計5枚です。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18043801.jpg一番上にある田んぼ越しには、阿蘇外輪山の一角を占める「鞍岳」の雄大な姿を望むことができます。
後藤さんの田んぼは、どれも、曲がりくねった棚田です。
もともとは、19枚もの小さな三日月型の田んぼを区画整備で、5枚にしたのです。
「こぎゃん曲がりくねった田んぼばってん、前に比べたら随分と作業のしやすくなったばい!」と後藤さんがいつもお話いただいたことを思い出しました。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18095737.jpgこちらは現在の様子です。令和4年度の米作りに向け、一番上の棚田に苗床が作られていました
ここ数年は、この一番上の棚田に苗床を作っています。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18103093.jpg苗床とは、田植えまでの間、お米の苗を集中して管理し育てる場所のことです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18121935.jpgもちろん、後藤さんの『菊池水源棚田米』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
稲刈りのみならず、稲刈り後の冬の様子や苗床作り、苗床での苗の成長(写真)、田植え、稲の成長の段階や、花咲く様子、黄金色に輝く稲穂などその全てです。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18142620.jpg棚田でのお米作りは、平地の田んぼより、5倍とも10倍とも言われるほど手がかかります。
ご覧ください!
この急な土手の草刈りだけを考えても、かなりの重労働です。
田植えだって、まるでパズルを埋めるかのように曲がりながら植えていかねばなりません。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18151154.jpg後藤さんはいつもこう話します。
「ここには、菊池川の最初に流れ込む良か水のあるとたいね。他にも田んぼはいっぱいあろうけど、この水はここにしかなかとたい。米作りに水は欠かせんものでしょ?やっぱ、良か水が良いわけたいね。だけん俺はその水にこだわって、どぎゃん手のかかろうがこの棚田で米ば作りよっとたい。」

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_17384327.jpg菊池水源はその名の通り、水の源の地区です。
1級河川の菊池川の支流にある地区で、菊池川に流れ込む前の水をこの田んぼに使用しています。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_17422684.jpg菊池川の支流の水の源(みなもと)の水は、通称「原(はる)井出」と呼ばれる用水路を通り、本日のブログの最初に棚田全体を撮影しした高台まで来ています。
そこからは、さらに細い用水路を通り、こうして各田んぼへと流れ込んでいます。
この水は、手足を洗うのはもちろん、収穫した作物を洗ったり、飲むことだってできるほどの、とても新鮮で清らかな水です。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_17493803.jpg後藤さんは、清らかな水に負けない土作りをするために、れんげの種を蒔き、冬から春にかけてこれらの棚田で育てています。
れんげは収穫を目的として栽培したものではありません。
あくまで、美味しいお米を育てるための土つくりをするための“緑肥”として育てたものです。
花が終わる頃、花も葉も茎も根もすべえこの後田んぼに鋤き込み、そのまま有機肥料とするのです。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_17571748.jpg後藤さんは、昨年も清らかな水に負けない位の元気な土を作り、惜しまぬ手間ひまをかけ、熊本地震の困難に打ち勝ち、『菊池水源棚田米』を育て上げました。
そして今年も後藤さんは、惜しまぬ手間ひまとたくさんの愛情で、10月上旬には黄金色の稲穂を育て上げることでしょう!
「FLCパートナーズストア」では、今年も後藤さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売いたします。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_17580687.jpg『菊池水源棚田米』は一般流通のない大変貴重なお米です。
おかげさまで今期も大好評いただき、定期のお客様分を除くと完売となってしまいました。
白米も玄米もいずれも完売です。
菊池水源の清らかな水と手のかかる棚田で、たっぷりの愛情と惜しまぬ手間ひまで育てた、安全・安心な美味しいお米『菊池水源棚田米』。
これからも、しっかりと現地取材して、その栽培の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技を紹介していきます。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18431290.jpg


菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18213943.jpg熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本の美味しいお米以外にも、旬のフルーツや採れたて新鮮野菜などを販売中です。
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ぜひホームページもご覧ください!
ご来店お待ちしております。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-05-21 18:24 | 菊池水源棚田米 | Trackback | Comments(0)

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!

FLC日記 2022年5月20日(金) くもり一時雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年もネット独占販売いたします。
昨日より、先行予約の受付をスタートしました。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_16544311.jpg


熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_16574534.jpg黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の最大の特徴は、スイカ特有の果皮のシマシマがわからないほど黒い果皮です。
赤果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、小玉スイカならではの高い糖度と、大玉スイカのようなシャリッとした食感で、小玉スイカと大玉スイカの良いとこどりをしたようなスイカです。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17032481.jpg昨年も大好評いただいた、黄色い果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』も販売いたします。
赤果肉に比べ若干ソフトな食感ですが、こちらも高い糖度が人気のスイカです。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17063242.jpg今年も、赤果肉2玉入り、黄色果肉2玉入り、そして赤果肉1玉と黄色果肉1玉の2色入り(写真)の商品を販売しています。
ただし、いずれも毎回の出荷数限定で、完全予約制での販売です。
5月31日(火)より出荷をスタートし、その後は毎週火曜日と金曜日に出荷いたします。

詳細を知りたい方、注文(ご予約)したい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』



熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17355161.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは熊本県山鹿市鹿央町にある、まず最初に黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を収穫する単棟建てのハウスです。
温度管理をしやすい単棟のハウスで、まずは最初に出荷する分を栽培しています。
収穫を待つ黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』が元気に成長しています。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17413357.jpg生産者の「岡山農園」さんは、岡山和功さんと祐大さんのご兄弟と、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)で、最高級のスイカやメロン、様々な野菜を育てる、まさに“匠”の農家さんです。
お父様、お母様の豊富な経験と、若いお二人の研究心、新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べる農作物を育てています。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17465922.jpg今年の2月上旬の苗床の様子です。
「岡山農園」さんでは栽培する作物を種を撒き苗から育てています。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17491775.jpgもちろん「岡山農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培の様子も、もう何年も年間を通してこうして現地取材してきました。
この日は和功さんが、苗の脇芽を摘み取る作業をしていました。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17562624.jpg4月上旬の定植直後のハウスです。
苗床で育てた苗を栽培するハウスに定植しています。
この時期まだ気温が低いため、キャップと呼ばれる白いピラミッド状の紙でできた農業資材で温度と湿度を保っています。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17593653.jpg特別に許可を頂いたので、キャップを外し苗の様子を見てみました。
早いものは、キャップからはみ出すほどに成長しています。
実はこのスイカの苗、2つの植物からできています。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_18014728.jpg「岡山農園」さんではスイカを“接木”と言う栽培方法を使って育てます。
根を張る力が強い冬瓜やかんぴょうの苗にスイカの苗を接いで育てるのです。
小玉スイカは冬瓜に次ぐので、この写真の双葉から下は冬瓜です。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_18125025.jpg4月上旬の花咲く頃の様子です。
定植後、芽かぎやつる引きと言った様々な作業を経て、花の時期を迎えています。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_18525061.jpgこちらは雌花の写真です。
自然界では、昆虫たちが雄花と雌花の間を飛び回り、受粉するのですが、美味しいスイカを育てるためには、手作業で受粉させる必要があります。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_18552488.jpg至高の1玉を作り上げるために、元気な雄花の花粉を雌花に着けていきます。
「岡山農園」さんでは、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の場合、20節目に咲いた雌花に交配させます。
その作業は、最も花が元気な午前10~11時の間にのみ行われます。
交配を1つ1つ手作業で行うのには、理由があります。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_19011231.jpg以前取材した収穫前の様子です。
スイカの前に色の違う棒が立っていますよね。
その棒を“着果棒”と言います。
同じように育てても、それぞれの成長も異なり、もちろん交配も時期も変わってきます。
スイカは、交配した日から数えた日数により収穫の時期を迎えるため、色の違う着果棒で収穫時期を管理しているのです。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_19040617.jpg収穫前にはフルーツパットと呼ばれるいわば座布団のようなものに乗せ育てます。
そして、何度も何度も満遍なく日が当たるように玉返しをします。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_19071501.jpg特に、黒小玉スイカの場合、通常のスイカより多くの玉返し作業が必要です。
せっかくの真っ黒な果皮が、玉返しを怠るとムラになってしまうからです。
惜しまぬ手間ひまをかけ育てるからこそ、黒小玉スイカが育つのです。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_18191969.jpg本日のブログでは、栽培の流れをざっくりと紹介しましたが、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を育て上げるためには「岡山農園」さんの惜しまぬ手間ひまたたくさんの匠の技があるのです。
それも含めた成長の様子を毎年こうして見てきたからこそ、私は自信をもってお勧めしています。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_18254581.jpg「FLCパートナーズストア」にご提供いる「岡山農園」さんのスイカもメロンも、出荷日の朝に収穫したものです。
しかも、一般流通用に出荷するのよりも、数日間長く実らせたものを出していただいています。
実は、その数日間でスイカやメロンの糖度はグッと上がるんです。
一般流通だと、店頭に並ぶまで1週間ほどかかるので、少し早めに収穫しますが、弊社では出荷後、翌日もしくは翌々日にお客様のところに届くので、しっかり完熟したものを出せるんです!

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_18265645.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』をネット独占販売いたします。
同じく「岡山農園」さんが育てた大人気商品の熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』とのセットもございます。
朝採り、即日発送のため、数量限定の完全予約制販売です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂く場合がございます。
ご注文(ご予約)は、お急ぎください!!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-05-20 18:30 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です!

FLC日記 2022年5月19日(木) 晴れ時々くもり
熊本の旬を販売する「FLCパートナーズストア」では、令和4年度も匠の農家さん「岡山農園」さんの熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』をネット独占販売いたします。
本日より先行予約受付をスタートしました!

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16420465.jpg
熊本限定栽培品種のマスクメロン『肥後グリーン』は、はなまる人気急上昇中の高級フルーツです。
毎年楽しみにしていただいているお客様も多く、すでにたくさんのご注文(ご予約)を頂戴しています。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16361961.jpg『肥後グリーン』の人気の秘密は、なんと言ってもそのバツグンの甘さです!!
糖度17度にもなるさわやかな果汁が、口いっぱいに広がると至福の喜びを感じます。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16374726.jpg最大の特徴は、シャキシャキの食感でそのさわやかな甘さを味わうことができる新感覚のマスクメロンです。
収穫後、約4~5日程度でまず1回目の食べごろを迎えます。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16383073.jpgもちろん、さらに追熟させると、トロトロの食感で味わえる、皆さんが良くご存じのマスクメロンの食感でも美味しくいただけます。
翡翠(ひすい)色の美しい果肉は、厚い肉質、豊富な果汁、上品な甘さが人気です!

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16523580.jpg2玉入りでの販売ですので、ぜひ、1玉はシャキシャキの食感で、そしてもう1玉はトロトロの食感でご賞味ください!
ただし、毎回の出荷数を限定しての、数量限定、完全予約制での販売とさせて頂いておりますので、ご注文はお早めに!!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産メロン』



肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16410042.jpg生産地と生産者の紹介をします。
こちらは以前取材した、まもなく収穫を迎える、熊本県山鹿市鹿央町にある、「岡山農園」さんの、『肥後グリーン』の栽培ハウスです。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16534529.jpg「岡山農園」の岡山佑大さんです。
単棟建てのハウスや広い連棟建てのハウスで、収穫時期をずらして『肥後グリーン』の栽培を行っています。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_17431663.jpg「岡山農園」さんは、岡山忠和さん、岡山文代さんご夫妻とその息子さんたちとで、毎年高品質の様々な作物を育てる匠の農家さんです。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_17451004.jpg岡山さんご夫妻の豊富な経験を活かし、さらに、2人の息子さん(右:兄の岡山和功さん、左:弟の岡山祐大さん)の兄弟の惜しまぬ手間ひまと向上心で、今年も“本物”と呼べる『肥後グリーン』を育てあげます。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16424804.jpgこちらは、3月下旬の定植間もない頃の様子です。
白いピラミッド型の紙の農業資材の中に、『肥後グリーン』の苗があります。
この頃はまだ気温が低いので、温度管理をしやすい単棟のハウスであえて栽培します。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16435839.jpgキャップの中の様子も見せて頂きました。
『肥後グリーン』の苗がイキイキと成長していました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_17024480.jpgもちろん「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は、5月上旬の連棟建ての栽培ハウスで、芯を止め実らせる場所の花に交配し着果が始まった頃の様子です。
通路に落ちているツルと葉は、芽カギと言って不要な芽を摘んだものです。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_17090674.jpg以前取材した、収穫直前の6月中旬ごろの様子です。
「岡山農園」さんでは肥後グリーンをたてに伸ばしながら、収穫する果実はこうしてひもで吊って育てます。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_17115056.jpgそして収穫は、交配(受粉)から何日目と言うのを目安にして、最後は匠の判断で行います。
実らせる果実のすぐ上の葉っぱの色の変化や、果実の茎(アンテナ)の部分の黄色いリンクなどを見て判断します。
そこは全て匠の目と判断に100%の信頼をよせ任せています。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_18050165.jpg収穫された朝採りの『肥後グリーン』は、ご出荷場に持ち帰り、大きさ、形、マスクの入り方などなどの厳しいチェックをして、選び抜かれたものだけを「FLCパートナーズストア」の商品として出荷いただいています。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_18061451.jpg「FLCパートナーズストア」では、大きさによって2商品の『肥後グリーン』を販売してます。
右が約2.5~2.8kgの通常サイズ。
そして左が、「大玉」とさせていただいている、約3.0~3.5kgのサイズの『肥後グリーン』です。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_17203157.jpg糖度はいずれも17度以上の最高級です。
定植の時期、着果の時期、収穫日は同日発送の商品は全て同じです。
全てを同様に育てていても、1本1本の株の違いが出てきます。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_17235157.jpg植物それぞれの個体差によって果実のサイズが異なってくるのです。
最初の栽培地ではまだ寒さが残っているため、大玉は実りません。
大玉の肥後グリーンは、6月中旬よりの出荷予定です。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16484090.jpg「FLCパートナーズストア」では、「おかやま農園」さんの匠の判断に100%の信頼をよせ、商品の選果をお任せしています。
収穫された中から選びに選び抜いた“極選”の『肥後グリーン』です。
本日より、先行予約の受付をスタートしました。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページよりお買い求めください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-05-19 16:56 | 熊本メロン(肥後グリーン) | Trackback | Comments(0)

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編)

FLC日記 2022年5月18日(水) 晴れ
昨日のブログに続き、現在最盛期を迎えている『菊池水源茶』の茶摘みの様子を紹介いたします。
熊本県菊池市原(はる)の菊池水源地区にある伊牟田区は、『菊池水源茶』発祥の地です。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_17180105.jpg

写真は、伊牟田区にある茶畑とお茶の加工工場です。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_16460450.jpg熊本県菊池市、菊池水源は、その名の通り水の源(みなもと)にある地区です。
1級河川の「菊池川」の支流に位置し、標高が高く霧深い場所にあり、朝夕や年間を通した寒暖の差で、美味しいお茶が育つ名産地です。
伊牟田地区の公民館近くには、このような立派な石碑が立てられています。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_17204870.jpg茶摘みの目安とされる八十八夜は、5月2日ですが、この地は高冷地のため、今年も1週間ほど遅く茶摘みが始まりました。
そして今は茶摘みの最盛期です。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_17215096.jpg茶摘みは専用の機材で行います。
手前はすでに茶摘み済みで、機材が進んでいるところが茶摘みを行っているところです。
お茶の高さが違うのがお分かりいただけますか?

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_17362435.jpgこの機材は、3月中旬お茶の選定作業でも使用します。
その時は、高さを72cmに固定して剪定し、茶摘はそれより約1.5cm高くして行われます。
この春に芽吹いた新芽の部分だけを、次々に茶摘(収穫)して、機材の後部の収納部分に納められていきます。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_17444566.jpg茶摘みを終えたところからは、とても良いお茶の香りがしています。
毎年のことですが、私は何度もそこに顔を近づけ、思いっきり新鮮なお茶の香りを楽しみました。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_17473326.jpgこちらは10月中旬に取材した、お茶の列の側面を切りそろえる作業の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_17493620.jpg「川口製茶園」さんの『菊池水源茶』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「茶摘みや剪定の機材とは別に、この側面を切りそろえる機材も必要たいね。」と川口さんが話されたのを思い出しだしました。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_17530852.jpgお茶栽培にはたくさんの農業機材が必要なんです。
切りそろえたところは、この様に見事にまっすぐに開いています。
そこを剪定や茶摘みの時の機材が通るんです。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_17543263.jpgさて、今回の茶摘みの様子に話を戻しましょう!
一定量まで収穫すると、左右3袋づつ、計6袋に分けて収穫されたお茶は、急いで別の袋に移しかえられます。
茶摘みは、スピードが大事なんです。
収穫したお茶はすぐに次の工程へと進めていかねばなりません。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_17561875.jpg「今年も思いっきりお茶の香りを楽しみながら取材しています!今年も良い出来のようですね!」と言うと、
「そうね!しっかり手をかけて育ててきたけん、良いお茶になるんじゃないかな!」川口さんはそう笑顔で答えました。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_17585777.jpg摘み取り機材から袋に移された茶葉からは、さらに良い香りが漂っています。
茶葉の色も濃く、本当に良い茶葉のようです。
「笠さんはそんなに香りがするの?」川口さんの奥様の川口美恵子さんが話しかけてきました。
菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_18015860.jpg「私たちは毎日のことだから、もうそんなに香りがわからなくなっちゃってるのよ。でも、笠さんのお茶の香りを楽しむ嬉しそうな顔を見てると、今年も良いお茶ができたんだなと思うわ!」
美恵子さんが笑顔でそう話しました。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_18040485.jpgこちらはこの日お手伝いに来ていた李京俊さんです。
「今日はお手伝いがいつもより2人も少なく大変だと思ってましたが、笠さんが楽しそうに取材しているので、私たちも楽しく仕事で来てます。」と話しました。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_18115695.jpg茶摘みはどんどんと進められています。
まもなく、軽トラック2台にいっぱいのお茶が摘み取られようとしています。
そうなったらすぐに移動です。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_18163811.jpg「お疲れじゃないですか?」と声をかけると、
「疲れてるよ!ばってん、この時期は仕方なかけんね!昨日は、いや今朝になるたいね!工場の工程が終わったのが朝3時だったばい(笑)。」と川口さん。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_18182744.jpg「え?もしかして今日もそれくらいになるんですか?」と尋ねると、
「今日の分は、なんとか今日中には終わろうかと思ってる。天気が良くないと茶摘みはできんし無理しながらでも頑張るよ!」川口さんはそう力強く答えました。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_18211087.jpgその後、本日のブログの最初の写真で紹介した、川口さんが所有するお茶の加工工場に移動し、摘んだばかりのお茶を移し替えます。
ここで、生茶を“荒茶”と呼ばれるところまで加工するのです。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_18233498.jpg「もう一回茶摘みに戻るけん、その間にお茶が蒸れんように下からファンを回し水分も与えよるとたい。できるだけ均等にならしたら、また茶摘みの戻るよ!」とのことでした。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_18252774.jpg収穫された生茶は、緑茶の原料となる「荒茶」へと加工します。
その製造工程の様子は、以前取材しこのブログで紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

「FLCパートナーズストア」オフィシャルブログ「FLC日記」
菊池水源茶
生茶から荒茶へ(製茶工場)



菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(後編) _a0254656_18045765.jpg「FLCパートナーズストア」では、幻の一品、菊池水源有機抹茶『雲上の白』、ティーパック緑茶『オフィスティー』などの『菊池水源茶』を取り扱っています。
そして、令和4年度の新茶は、6月からの販売予定です(一部商品のぞく)。
ぜひご賞味ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-05-18 18:30 | 菊池水源茶 | Trackback | Comments(0)

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)

FLC日記 2022年5月17日(火) 晴れ
熊本県菊池市原(はる)の菊池水源地区は、その名の通り水の源(みなもと)にある地区です。
1級河川の「菊池川」の支流に位置し、標高が高く霧深い場所にあり、朝夕や年間を通した寒暖の差で、美味しいお茶が育つ日本有数の茶どころです。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)_a0254656_17203823.jpg
ブランド茶の『菊池水源茶』が、今年も青々と新芽が芽吹き、茶摘みの季節となりました。
本日のブログでは、最盛期を迎えた今年の茶摘みの様子をご紹介いたします。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)_a0254656_17215020.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源の伊牟田地区にある、川口荘一さんの茶畑です。
ここの茶畑だけでも、まぁ~、とにかく広く、私の後ろ、そして茶摘みの機械の奥にも茶畑が広がっています。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)_a0254656_17245138.jpgとても1枚の写真ではおさめることができないほどの広さです。
茶摘み用の専用機材で茶摘みが行われています。
あたり一面には、生茶のさわやかな香りが漂っていて、とても清涼感にあふれています。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)_a0254656_19493597.jpg川口さんの茶畑がある、この伊牟田地区は、『菊池水源茶』の発祥の地です。
伊弁田地区の公民館のすぐ横には、こうして記念碑も建てられています。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)_a0254656_19514556.jpgこの地域独特の製茶法で作られた『玉緑茶』をはじめ、有機栽培(無農薬・無化学肥料)の抹茶(雲上の白)など、いずれも大変人気の高い商品です。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)_a0254656_19531287.jpg緑茶や抹茶のみならず、安心・安全の無農薬・無化学肥料で育てた、“有機栽培”茶葉使用の『菊池水源紅茶』も作っていて、「FLCパートナーズストア」では、『菊池水源茶』、『菊池水源紅茶』をネット販売しています。

『菊池水源茶』を購入したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「FLCパートナーズストア」
「菊池水源茶」


『菊池水源紅茶』を購入したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「FLCパートナーズストア」
「菊池水源紅茶」



菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)_a0254656_17443184.jpg茶摘みが始まる前の様子を少し紹介します。
こちらは今回取材した茶畑とは別の茶畑で、ここでは有機栽培のお茶を栽培しています。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)_a0254656_17461597.jpg「川口製茶園」さんの『菊池水源茶』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「この時期に切りそろえて、ここから芽吹いた新芽だけを収穫(茶摘み)するとたい。」と川口さん。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)_a0254656_17361664.jpg芽吹いたお茶の様子です!
今回取材した茶畑の4月24日の様子です。
春に芽吹いた新芽は、この様にまだ淡い緑色をしていますね!
そこで、茶摘みの時期を逆算して、最後の仕上げをします。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)_a0254656_2034130.jpgその様子がこちら!
芽吹いたお茶の新芽を、鮮やかなグリーンに仕上げるため、この黒いシート(寒冷紗)をかけて、あえて日光をさえぎるようにして、茶摘みまではその状態を保ちます。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)_a0254656_17382997.jpg今回茶摘みの取材を行った茶畑も、こうしてお茶の葉を全て、寒冷紗で覆っていました。
私も始めて見た時は、「どうして光をさえぎるの?」と持っていました。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)_a0254656_17531686.jpgしかしご覧ください!
茶摘み当日、寒冷紗をはずした茶葉です。
濃い緑色へと仕上がっていました。
茶摘の機材を使って、いよいよ茶摘のスタートです。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)_a0254656_18004520.jpgその様子を詳しく紹介したいところですが、本日のブログは少々長くなりましたので、その様子は明日のブログで紹介することにします。
水の源(みなもと)菊池水源で、澄んだ空気と肥沃な土壌によって育て上げられた、『菊池水源茶』と『菊池水源紅茶』。

菊池水源茶 2022年の茶摘み最盛期です!まもなく新茶の販売開始です!(前編)_a0254656_18045765.jpg「FLCパートナーズストア」では、幻の一品、菊池水源有機抹茶『雲上の白』、ティーパック緑茶『オフィスティー』などの『菊池水源茶』を取り扱っています。
そして、令和4年度の新茶は、6月からの販売予定です(一部商品のぞく)。
明日は茶摘みの様子を紹介いたします。
お楽しみに‼

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-05-17 18:12 | 菊池水源茶 | Trackback | Comments(0)