人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

<   2019年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

長尾ブランドの新鮮野菜!大人気の朝採りダイコンに続き、朝採りニンジン、朝採りほうれん草販売スタート!

FLC日記 2019年11月19日(火) 晴れ時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本産の朝採り新鮮野菜を販売しています。
どれも、こだわりの農家さんが育てた、ここでしか手に入らない商品ばかりです。
a0254656_17201622.jpg


a0254656_17211790.jpgその中でも、匠の農家さん「長尾農園」さんが育てる野菜たちは大人気商品です。
現在、大好評販売中の『長尾さんちのダイコン(葉付き、葉切り)』に続き、さらに2商品を本日より販売スタートしました!!
a0254656_17235014.jpg


a0254656_17251934.jpgまずは、『長尾さんちのニンジン』です。
熊本新鮮野菜『長尾さんちのニンジン』(約700g 4本前後)は、農薬を使用せず、惜しまぬ手間ひまをかけ育てられた安心、安全な美味しさです。
a0254656_17273721.jpg


a0254656_17281708.jpg次に『長尾さんちのほうれん草』です。
「長尾農園」さんが育てあげた、肉厚なほうれん草は、シャキ!を通り超えてもはパリッ!としていると表現が正しいのではないでしょうか?
もちろん農薬不使用のほうれん草です。

「長尾さんちの新鮮野菜」や熊本産の新鮮野菜のご注文、
詳細を知りたい方はコチラ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮野菜』



a0254656_17390709.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!ここは熊本県菊池市にある「長尾農園」さんの野菜たちの栽培ハウス(写真はニンジン)です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17425528.jpgもちろん、「長尾農園」さんの野菜作りももう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は芽吹き成長しているホウレン草たちの様子です。

a0254656_17392959.jpg「長尾農園」さんは、長尾千行さん、とも子さんの仲良しご夫婦で、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。
とりわけ、『七城米 長尾さんちのこだわりのお米(ひのひかり)』は、店長一押しのお米として大人気です。

a0254656_17484964.png令和元年度の“新米”の発送をスタートしました。
とにかく、私がその味に惚れ込み、2年の歳月をかけてお願いにお願いし、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しているお米です。
ぜひ一度ご賞味ください!!

今すぐ購入したい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『七城米 長尾さんこだわりのお米(ひのひかり)』



a0254656_18000351.jpgさて、野菜作りに話を戻しましょう!
「長尾農園」さんの野菜たちの美味しさの秘密は、土、水、そして惜しまぬ手間ひまにあります。
作付前にきれいにならされた、「長尾農園」さんの畑です。
この土は、太古の昔、阿蘇山の噴火によりもたらされた火山灰をベースとする黒土です。

a0254656_18105152.jpgその黒土に、有機肥料(堆肥)をふんだんに与え、元気な土で「長尾農園」さんの野菜たちは育てられます。
この土こそが、「長尾農園」さんが育てる様々な至高の野菜たちのベースとなるのです。

a0254656_17471070.jpgそして水!
これは、ダイコンに潅水(農作物に水を与えること)をしている写真です。
新鮮な水を、十分に与えています。
この水が、どこから来てるかと言うと・・・

a0254656_17494817.jpg熊本県菊池市龍門にある「竜門ダム」から来ています。
菊池川水系の迫間(はざま)川上流の日本で有数のダムです。
高さが約100mあります。(正確には、堤高99.5m、堤頂長620m、総貯水量4250万m3です)

a0254656_1753512.jpg重力式コンクリート・フィル複合ダムの野中では、高さ(堤高順)が日本で一番高いのが竜門ダムです。
菊池川の治水及び熊本県北部地域・福岡県南部地域への利水を目的とした特定多目的ダムで、平成14年に完成しました。

a0254656_17565826.jpg「竜門ダム」からもたらせる新鮮で豊かな水は、様々な作物を育てています。
「長尾農園」さんがお米を育てる田んぼへ供給されている水も、「竜門ダム」からもたらされたものです。

a0254656_17523690.jpg今年の稲刈りの際に撮影した「長尾農園」代表の長尾千行さんととも子さんご夫妻です。
この笑顔からもお解りの様に、とっても仲良しのご夫婦で、愛情あふれるお2人が2人3脚で様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_1822770.jpgこちらは定植間もないダイコンたちの様子です。
「長尾農園」さんの田んぼ同様、とてもきれいな畑です。
ご近所の方たちは、きれいに仕事ができた時に、「千行さんがしたとのごたるね!(千行さんがした仕事のように美しいね!」と言うそうです。

a0254656_18255175.jpg以前、ジャガイモの種まき作業の様子も取材しました。
2人仲良く、とっても楽しそうに作業をされています。
笑顔あふれるお2人が、本当に愛情をこめて育てているのです。

a0254656_18281070.jpg長尾さんは以前こんなお話をされました。
「ダイコンもほうれん草もニンジンもジャガイモも・・・、その品種は数え切れんほどあるとたいね。その中でどの品種がこの土に合うのかを探すのは、本当に苦労して失敗して、必至に野菜たちと向き合って、今は最高と思える品種にめぐり合ったとたい・・・。それをちゃんと手をかけて育てる!それをずっと繰り返して信頼を得てきたのかなぁ・・・。」

a0254656_18315779.jpg「それと、一番大事なのは、収穫のタイミングを見極めることたいね!同じように育ててきても、毎年天気も気温も違うでしょ?何日後にはOKって一概には決められんたいね。もちろん、育つ1本1本の作物たちの特性もあるとだけん、それを見極めて大切に収穫するわけたいね!一番美味しい時を判断して出荷するとたい。」

a0254656_18231692.jpg私は、「長尾農園」さんの愛情に満ちた栽培方法を、『アベック農法』と呼んでいます。
アベックなんて言葉は、今ではもうほとんど使われないですよね(笑)。
まぁ、でもちょっとご説明しますから読んでみて下さい。

『ABEC農法』
A・・・合う品種を探し出し
B・・・ベストな収穫時期を知るお2人が
E・・・笑顔で楽しく働き
C・・・ちゃんと管理して育てた野菜たち
ね!!『ABEC(アベック)農法』でしょ?(笑)


a0254656_18444330.jpg「FLCパートナーズストア」では、本日ご紹介した「長尾農園」さんの新鮮野菜をはじめ、お米、乾物、タマゴなどを販売しています。
毎月新しい商品を出す、季節のフルーツも大人気です。
いずれも、「わが家の専用農家さん」と称している、弊社の契約農家さんが育てた、生産者の顔の見える食材です。
全ての商品の作付地に伺い、その成長の様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまなどを見て、聞いて、こうして毎日更新するブログでご紹介しています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをのぞいてみて下さい。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-19 18:25 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

完熟紅ほっぺ 順調に育つ栽培ハウスの様子(2019)と減農薬栽培のこだわり 12月上旬からの出荷です!

FLC日記 2019年11月18日(月) くもりのち雨
「今年も最初に咲いた花はイチゴの果実が色づき始めたばい。ばってん、今色づきよるこの子たちはイチゴにとって予行演習みたいなもんだけん、笠くんのお客さんに出すのは数がそろい出してから選び抜いて出したかけん、やっぱり今年も12月になってからだろうな!」
イチゴの匠、「牛島農園」の牛島武文さんがそう話しました。
a0254656_16400943.jpg


a0254656_16411422.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』を、ネット独占販売いたします。

a0254656_16425339.jpg朝採り、完熟、こだわりの減農薬栽培の熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』です。
収穫した中から選び抜いた“極選”のイチゴのため、収穫数が増える12月上旬から出荷予定です。

a0254656_16461587.jpg本日は、元気に育つ現在の栽培ハウスの様子をご紹介いたします。
ここは、熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんのイチゴの栽培ハウスです。
ハウスと言えども、ボイラーを焚き加温して育てているのではありません。
温度調整は、ハウスの開閉のみで行っています。

a0254656_16475733.jpg「牛島農園」代表の牛島武文さんが作業を行っていました。
「おはようございます!何をしてるんですか?」と尋ねると、
「おぉ!笠くん。おはよう!」

a0254656_16493749.jpg「入り口付近のビニールばピシャッと張りよったとこたい。そろそろ冷え込むけん冬支度ってとこかね!ハウスの中ではスタッフたちが頑張りよるけんね!」と牛島さん。

a0254656_16570365.jpg「え?どなたかスタッフを採用したんですか?」と尋ねると、牛島さんはにっこり笑い、
「頑張りよるとはミツバチたちたい!人じゃなかけど、うちの大事な戦力ばい。」と言いながら笑っています。

a0254656_17001061.jpg「なぁ~んだ!そう言うことですね!」と納得しました。
「牛島農園」さんでは、イチゴの収穫を終えるまでの間、契約養蜂農家さんからミツバチを借りて、ハウスの中を自由に飛び回らせています。

a0254656_17013403.jpgミツバチが花と花を飛び回り、蜜を集めることで、イチゴは受粉(交配)します。
もし、ミツバチがいなければ、花の1つ1つに交配をして回らねばなりません。
その作業を一手に引き受けて頑張ってくれているのが、このミツバチたちなので、牛島さんは“スタッフ”と称したのです。

a0254656_9162518.jpg「牛島農園」さんでは、この時期一切の消毒や農薬の使用を行いません。
ですから、ミツバチたちもこうして元気に花から花へ飛び回ることができます。
現在咲き誇る花たちは、2番花と呼ばれるグループです。
イチゴは、花芽が順番に芽吹き、それぞれ30個ほどの花を咲かせます。

a0254656_921475.jpg開花の時期にもよりますが、花が咲きミツバチたちによって交配が済むと、約1ヶ月ほどかけて成長し、イチゴの収穫を迎えます。
30個ほどの花が咲きますが、収穫するのは約3分の1で、成長の間に形や大きさを判断し、3分の2は摘果します。

a0254656_17060039.jpgイチゴの果実が成長する間は、しっかりと日が当たるように、竹串を使って、葉っぱと果実を分けるようにして育てます。
それを“玉出し作業”と言います。

a0254656_17092145.jpgこちらは、以前取材した収穫を始めたころの様子です。しっかりとお日様の光を受け、イチゴはこうして赤く色づいてきます。
「牛島農園」さんでは、美味しさにもこだわり、朝採りの完熟いちごを出荷しています。
まだ、本格的な収穫はできていません。

a0254656_17103461.jpg12月上旬から収量も増え、その中から選び抜かれたイチゴを、熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』として、「FLCパートナーズストア」のお客様にご提供いただいています。
今シーズンも、すでにご予約をいただいている大人気商品です。

a0254656_933268.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、有機栽培に取り組み、キャベツ、白菜、水田ゴボウなどを、完全無農薬・無化学肥料のこだわりの有機栽培で育てています。

a0254656_9333317.jpgそれらの有機栽培の野菜たちもまた、ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
しかし、イチゴだけは、無農薬ではなく、“減農薬栽培”で育てています。

a0254656_17115311.jpgこちらは、7月中旬の苗床の様子です。
イチゴは多年生の植物で、ランナーと呼ばれるツル伸ばし、そこに新しい株ができて増えていくのです。
こうして、親株から伸ばしたランナーで新しい苗を育てるのです。
その時期、どうしても病気になりがちなので、やむおえず農薬を使用します。
様々な研究をし、慣行栽培の農薬の量の半分のみ投与します。

a0254656_17123310.jpg収穫時期ではない、苗を育てる時期に半分の農薬だとは言え、農薬を使うことには変わりないので、あくまでも無の約栽培ではなく、“減農薬栽培”としています。

a0254656_17131019.jpg牛島さんは、必ずそれをお客様にわかるように伝えてほしい!と常々話します。
今年も、「牛島農園」さんのイチゴたちは、こだわりの“減農薬栽培”で、元気に育っています。

a0254656_17171497.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17174374.jpgもちろん「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「今年もすでに、「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』を初回発送分で送ってほしいって予約が入っていますよ!」

a0254656_17214301.jpg「まだホームページでの販売はしていないのですが、昨年も購入いただいたお客様が、待ちきれずにもう何名もお電話で予約いただいたんです。」と言うと、
「ほんとありがたかねぇ~。今年も美味しさと安全性でその期待にしっかり応えんといかんね!」と牛島さんは笑顔で話しました。

a0254656_17261260.jpgずっと現地取材て来た私が保証します!
「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』は、間違いなく安全・安心な、完熟にこだわり収穫する美味しさもイチオシのイチゴです。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
安全・安心、もちろん美味しさへの強いこだわりを持った、『完熟紅ほっぺ』は、12月上旬からの出荷予定です。
まもなく、ホームページにて先行予約の受付をスタートします。
今年の「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』にもご期待ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-18 17:29 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

水源食の文化祭2019は、11月24日(日)の開催です!心温まる家庭料理を食べに来ませんか!!

FLC日記 2019年11月17日(日) 晴れ
今年もまもなくこの大人気のベントが開催されます!
家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」です。
2019年(令和元年)は、11月24日(日)の開催です!
a0254656_16500722.jpg

写真は、昨年(第14回 水源 食の文化祭)の様子を中心に紹介しています。

a0254656_16530240.jpg「水源 食の文化祭」とは、熊本県菊池市菊池水源の各地域や団体が、自慢の家庭料理を振舞うイベントです。
毎年秋に年1回開催され、たくさんの来場者が訪れます。
入り口付近には、こうして各地域や団体から出品される料理がディスプレーされています。

a0254656_16553316.jpgどの地区や団体から、どんな料理が出品されているのかを、まずはぜひ見て(品定め)下さい。
食事は食べ放題(有料)です。
お好きな料理を、お好きなだけ食べることができます(ただしなくなり次第終了)。

a0254656_16563532.jpgお皿やお椀、湯飲みやお箸は、会場に用意されています。
それを手に、それぞれ思考を凝らしたお料理が盛りだくさんです。
みなさんのお目当ての温かい家庭料理を思う存分楽しんでください。

a0254656_16572934.jpgメニューは毎年変わります。
もちろん人気の定番料理もありますよ。
ご飯もの、汁もの、お惣菜やおかず、甘味、デザートまで、手作り料理が盛りだくさんです。
団体のお客様、グループでの参加の方以外は、事前予約の必要はありません。

第15回家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」
<開催内容>
日時:令和元年11月24日(日) 12:00~14:00
   ※11:30受付スタート
場所:菊池ふるさと交流館 体育館
   ※旧、菊池市立菊池東中学校跡
参加費:1000円(小学生500円)
   未就学児は無料です


第15回家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」の詳細は、NPO法人きらり水源村のホームページでもご覧いただけます!

a0254656_17002217.jpg熊本の旬を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)が暮らし、弊社の本社所在地があるのは、熊本県菊池市原(はる)の伊弁田地区にあります。
こちらは、その伊牟田地区の名物料理『栗万十』です。

a0254656_17235243.jpgこちらは昨年(平成30年)の、各地区と団体の出品リストです。
当日、受付の際にいただけます。
受付では、本日のしおりと、お箸、それから手作りの“入場パス”を受け取ります。

a0254656_17264756.jpg“入場パス”を首から下げておけば、会場を自由に出入りできます。
菊池水源産の新鮮な野菜や果物、乾物などを大特価で購入できるのも人気の一つです。

a0254656_17540877.jpg私が、この菊池水源で無農薬栽培で育てた、『水源キウイ』も出品予定です。
昨年は、遅霜に花がやられて『水源キウイ』を出品できませんでしたが、今年はご用意いたします。
もちろん、ホームページで購入するよりかなりお安くさせていただきますよ!

a0254656_17302817.jpg人気と言えば、毎年ステージでは様々な催しも行われてきました。
こちらは、昨年、大いに会場を盛り上げてくれた、「バナナの叩き売り」の様子です。

a0254656_17464253.jpgちなみに、数年前には、くまモンがやってきました。
今回は、熊本県警察音楽隊の皆さんが、素敵な演奏を聞かせていただくことになっています。

a0254656_17331217.jpgでも、やっぱり皆さんのお目当ては、温かい家庭料理です。
子供のころに食べた懐かしい味、おばあちゃんが作ってくれた田舎料理、地元の食材を使った創作料理など、ぜひご堪能いただきたいと思います。

a0254656_17341934.jpg当日は、定刻になると主催者挨拶や、各地区や団体の出品するお料理の紹介があります。
それから、みんなで「いただきます!」を唱和し、試食のスタートです。
おそらく、ご用意いただくお料理は、今年もイベント終了時近くにはすべてなくなると思います。

a0254656_17351588.jpgですから、お時間に余裕がある方は、ぜひ早めに来場してお野菜やフルーツをまずはお求めいただき、その後しっかりお料理をご堪能ください。
また、会場までの公共交通手段はございませんので、マイカーでご来場ください。
もちろん、無料駐車場をご用意しています。

a0254656_17362893.jpg家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」は、毎年1回だけ、この時期に開催される、超~おススメのグルメスポットですよ。
今年ももちろん、私も参加予定です。

a0254656_17371086.png本日は、家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」の紹介をさせていただきましたが、本業はネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営しています。
熊本で育つ、“本物”と呼べる最旬食材をインターネットで販売しています。

a0254656_18062497.jpg


a0254656_17392500.jpg熊本の安全で美味しいお米(新米)、無農薬栽培の『種なしかぼす』、『香り高きゆず』など、他では買えないものばかりを取り揃えています。
採れたて新鮮野菜や大人気の『にんにくタマゴ』も見逃せませんよ!
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2019-11-17 17:41 | FLC | Trackback | Comments(0)

朝採りダイコン発売開始!!(2019)『七城米 長尾さんこだわりのお米』新米も好評発売中!!

FLC日記 2019年11月16日(土) 晴れ
令和元年度の「長尾ブランドの新鮮野菜」熊本産『朝採りダイコン』の販売をスタートしました。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「長尾農園」さんが育てた、“長尾ブランドの野菜たち”をネット独占販売しています。
その中でも長尾さんちの朝採り『ダイコン(葉付き、葉切り)』は大人気商品です!
a0254656_16310565.jpg
▲写真は葉付きダイコンです。
(※葉付きも葉切りも販売価格は同じです!)

a0254656_17235482.jpgここは、熊本県菊池市七城町にある「長尾農園」さんのダイコンの栽培ハウスです。
ハウスと言えども、加温して育てるのではなく、あくまで雨風や病気、害虫から大根を守るためのハウスです。

a0254656_17203080.jpgまだ、朝焼けの残る早朝から、ダイコンの収穫作業は始まります。
朝採りのダイコンを、即日発送で全国のお客様にお届けいたします。
FLCパートナーズストア」では、「長尾農園」さんが育てた、朝採り『ダイコン(葉付き、葉切り)』を完全予約制で販売しています。
新鮮さにこだわり、朝採り即日発送がゆえの“完全予約制”とご理解ください!

「FLCパートナーズストア」の熊本新鮮野菜
長尾さんちの葉付き大根(1.5kg前後) 2本¥600(税込)~
長尾さんちの葉切り大根(1.5kg前後) 2本¥600(税込)~
生産者/熊本県菊池市七城町「長尾農園」さん

長尾さんちのダイコンのご注文はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『長尾さんちのダイコン』



a0254656_17333788.jpgそれぞれのダイコンの株の、成長具合を確かめながら、1本1本丁寧に収穫していきます。
「長尾農園」さんでは、『葉付きダイコン』も葉を切りそろえたダイコンと同様の価格で販売しています。
農薬を使用せずに育てたダイコンの葉っぱもぜひ食べて頂きたいという思いからです。
収穫したばかりのダイコンには、こうして黒い土がついています。

a0254656_17431126.jpgこれは、ダイコンを栽培する前の畑の様子です。
この黒土は、太古の昔、阿蘇山の噴火でもたらされたものです。
その黒土に、有機肥料をふんだんに使い、元気な土壌を作り上げ、「長尾農園」さんでは、様々な野菜を育てています。

a0254656_17564390.jpg「長尾農園」さんが作りだす野菜たちは、道の駅でも販売されていて、お客様は納品されるのを待って買い求めるほどの大人気商品です。
それらは、“長尾ブランドの野菜たち”と呼ばれています。

a0254656_17593439.jpg本日ご紹介しているダイコン(葉付きダイコン、葉切りダイコン)の他にも、ニンジン、ほうれん草、ジャガイモなどなどがあり、いずれも、新鮮で、美しく、安全で美味しいと大評判です。
とりわけ、葉っぱを食べる害虫(特に蝶の幼虫)が少ない、この時期に育てられた『葉付きダイコン』は、もちろん新鮮でみずみずしい葉っぱも食べることができ、入荷と同時に売り切れるほどの大人気です。

a0254656_16384749.png「長尾農園」さんが育てる農作物で、圧倒的な人気を誇るのが、、『七城米 長尾さんこだわりのお米(ひのひかり)』です。
ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の“店長一押し”のお米です。

a0254656_1810958.jpg熊本県菊池市七城町は、ブランド米の七城おこめを生産する、日本有数の米どころです。
その中で、その美味しさ、そのこだわりの育て方に惚れ込み、2年がかりで口説き落として、ネット独占販売をしているのが、『七城米 長尾さんこだわりのお米(ひのひかり)』なのです。

a0254656_16395461.jpg令和元年10月8日に行われた稲刈りの様子です。
私は、「長尾農園」さんの田んぼを、敬意を表し“美しすぎる田んぼ”と呼んでいます。
「長尾農園」代表の長尾千行さんと奥様のとも子さんの仲良しご夫婦によって、徹底的に手をかけて育てられた田んぼです。

a0254656_18223853.jpg田んぼ一面が、同じように成長し、同じように花を咲かせ、同じように頭をたれる、“美しすぎる田んぼ”で育った、『七城米 長尾さんこだわりのお米(ひのひかり)』は、甘味が強く、ふっくらとしていて、お米の香りも際立つ最高のお米で、粒がそろったばらつきがないことで、その美味さをさらに引き立たせます。
お客様の中には、「冷えても美味しいから、おにぎりにして食べるのよ!」と言われるほどの最高級のお米なのです。

a0254656_16412433.jpg令和元年度の“新米”の発送をスタートしました。
とにかく、私がその味に惚れ込み、2年の歳月をかけてお願いにお願いし、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しているお米です。
ぜひ一度ご賞味ください!!

今すぐ購入したい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『七城米 長尾さんこだわりのお米(ひのひかり)』



a0254656_16492738.jpgさて、話をまた、ダイコンに戻しましょう!!
阿蘇の火山灰がもたらした黒土と、有機肥料をふんだんに与え、無農薬で育てたダイコンたちはとても元気に育ってきます。

a0254656_16500429.jpg上の写真とこの写真は、ダイコンが芽吹いた直後の様子(10月上旬)です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、「長尾農園」さんのお米や様々な野菜たちを作る様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_19101561.jpg成長すると、ダイコンは頭を土から出します。
このダイコンは、まだまだ成長の過程で、収穫はまだ先です。
たくさんの葉っぱが付いていますが、一つの疑問が生まれました。

a0254656_19124970.jpgダイコンの葉っぱは、成長の過程で横にも大きく広がっていましたが、収穫されたダイコンの葉っぱは、こうして真上に伸びたものばかり・・・。
いったいどうなっているのでしょうか?

a0254656_19164856.jpg長尾さんにたずねると、
「おもしろかことに気付くね(笑)!まわりの横に伸びた葉っぱたちは、ダイコンば太らせるために頑張ってきた葉っぱたいね。だけん、収穫の時はお役御免にして切ってしまって、新しい元気な葉っぱだけば残して、『葉付きダイコン』にするとたい。」

a0254656_16553266.jpg「ダイコンの真ん中付近の、新鮮な葉っぱだけ付けとるとだけん、美味しさは間違いなかばい!それに農薬ば使わずに育てよるけん、安全性は間違いなかたいね。ただ、これから、春先までの、害虫が少なくて、葉っぱがあまり食べられとらん時期しか、『葉付きダイコン』での販売はできんけどね!」

a0254656_19321987.jpg朝採りで収穫されたダイコンは、すぐに長尾さんのご自宅にある出荷場できれいに洗い土を落とします。
『葉きりダイコン』を希望されるお客様もあり、その際はこの様に葉の茎をテープで止め、葉っぱを切りそろえて出荷します。

a0254656_19371149.jpgダイコンの葉っぱは栄養の宝庫です!
緑黄色野菜に分類され、βカロテン、ビタミンC、ビタミンK、葉酸などのビタミン、カリウム、カルシウムなどのミネラルといった多くの栄養素が含まれています。
血行を促し、体全体をあたためることから冷え症にも効果的とも言われています。

a0254656_19404131.jpgダイコンの葉っぱの食べ方としては、お漬物、お味噌汁の具材、ふりかけに加工してなどがありますが、もちろん炒めてよし、煮てよしの万能食材です。
無農薬で育てられた「長尾農園」さんのダイコンの葉だからこそ、美味しくいただけるのです。

a0254656_19434958.jpg「FLCパートナーズストア」では、「長尾農園」さんの『長尾さんちのダイコン(葉付きダイコン、葉きりダイコン)』をネット独占販売しています。
種まきの時期をずらしながら栽培し、初夏あたりまでの出荷予定です。
冬のこの時期、どちらのダイコンも選べますので、ご用途に応じお求めください。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-16 16:58 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子 令和元年の出荷を本日よりスタート!大人気の「冬至用柚子」のご予約はお急ぎ下さい!!

FLC日記 2019年11月15日(金) 晴れ
本日より「FLCパートナーズストア」の大人気商品『香り高き柚子』の令和元年度の出荷をスタートしました!!
a0254656_17291908.jpg


a0254656_16553052.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和元年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用柚子』をネット独占販売しています。

a0254656_17331019.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培場です。
写真は11月1日の収穫スタートの際に現地取材し撮影した写真です。
秋晴れの青空と、黄金色に輝く柚子がとても美しいですね!

a0254656_17355988.jpg「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培場は、1枚の写真に納まる広さではありません。
柚子の栽培場と言うより、“柚子山”と言った方が正しいかもしれないほどなんです。
栽培地は、7反(2100坪)以上で、日の当たる自然豊かな山の斜面を利用して『香り高き柚子』を栽培しています。

a0254656_16361536.jpgこの時期、収穫の真っ只中です!
商品は、大きく分けると4種です。
香り高き柚子の『キズあり柚子』、『冬至用ゆず』、そして今季の販売を終了した『あっぱれ』と『青柚子』となっています。
収穫は約1ヶ月ほどかかりますが、その間に選果をすすめながら、本日より『キズあり柚子』の出荷をスタートしました。
以降、毎週火曜日と金曜日の出荷予定です!!
数量限定、完全予約制での販売のため、ご注文(ご予約)はお急ぎください!

a0254656_17401485.jpg柚子を栽培し続け、20年以上にもなる“柚子の匠”「鬼塚農園」さんの、『香り高き柚子』は、その名通り香りがよく、みずみずしい果汁が多いことで、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。

a0254656_1863941.jpgとりわけ、今年の冬至の日(12/22)までに届くよう発送する、『冬至用柚子』は、出荷定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、早い者勝ちとなっておりますので、ご注意ください!

a0254656_16494763.jpg出荷予定数をあらかじめ決めての販売を行っています。
今年は、例年にないハイペースでのご予約を頂いていて、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、とにかくお急ぎください!!
とりわけ、銭湯や温泉、ホテルや旅館、ゴルフ場と言った大量ご注文のお客様は、ご注文(ご予約)は早めにお願いします!!

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』



a0254656_18070867.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
これは、柚子の花が咲く5月上旬の写真です。

a0254656_18085664.jpg花が終わった後の着果の様子も、柚子の果実の成長の過程も、もちろん収穫やその後の冬の様子も全て、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
だからこそ、自信をもってお勧めできるのです。

a0254656_18140181.jpg以前収穫の様子の取材の際に撮影した、柚子の匠「鬼塚農園」の鬼塚啓治さんと紀美代さんご夫妻です。
笑顔の絶えない仲良しご夫婦の二人三脚で、『香り高き柚子』を栽培しています。

a0254656_17270259.jpg収穫された柚子は、きちんと管理したうえで、こうしてコンテナに入れて貯蔵庫に保管されます。
柚子の保管は、直射日光、高温、氷点下を避けなければなりません。
風通しの良いところも避け、乾燥させないことも重要です。

a0254656_17295605.jpg「柚子は表皮にキズやへこみがあって当たり前!」と言われる果実です。
しかし、保管中に傷むようなキズの柚子はあらかじめ取り除いています。
柚子は、果皮が割とかたいのですが、実はとてもデリケートなんです。

a0254656_17314423.jpg柚子の果樹は、同じ柑橘類の中でも、鋭いトゲがたくさんある植物です。
このトゲはもちろん、枝や葉っぱ他の果実との果実の成長中の接触で、どうしても果皮にキズやへこみが入るのです。

a0254656_17341455.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、『冬至用柚子』の5kg入り、10kg入りは、同じく弊社で販売している『キズあり柚子』と同様の商品です。

a0254656_17325243.jpg名前こそ『キズあり柚子』としていますが、一般流通して、店頭に並んでいる柚子と変わらないものだとお考えください。
フレッシュな果汁はもとより、香り高き果皮も思う存分ご利用ください。
柚子風呂(湯)や加工用としては最適な商品です。

a0254656_17363854.jpgなぜ弊社では、店頭に並んでいるのと変わらないものを、わざわざ『キズあり柚子』として販売しているかと言うと、同じく弊社で販売する、香り高き柚子『あっぱれ』との差別化を図るためなんです。
その、香り高き柚子『あっぱれ』がこちらです!!

a0254656_17374075.jpg
↑香り高き柚子『あっぱれ』大玉(1箱2kg前後 12~13玉)

a0254656_17414844.jpg大玉、中玉、小玉とサイズ別で販売しています。
そのあまりの美しさに、高級料亭や有名和食店からも毎年注文いただく、大人気商品です。
収量のわずか1%ほどの奇跡の柚子で、“あっぱれ”の名にふさわしい大変貴重な特別な『柚子』です。
令和元年度の『あっぱれ』は、予約分いて完売しました!

a0254656_18554342.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売しています。
収穫を全て終えるまでは、出荷数の制限がありますが、本日より令和元年度の香り高き柚子の『キズあり柚子』の出荷をスタートしました。

a0254656_18251693.jpg『あっぱれ』の出荷は、しっかりと選果をしたのちになるためもう少々お待ちください。
現在は選別作業よりも収穫が最優先です。
霜が降りると、柚子は完全に傷んでしまうからです。

a0254656_18583781.jpg「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は、毎年、数量限定の完全予約制での販売です。
とりわけ、『冬至用柚子』はかなりのハイペースでご注文いただいているので、昨年より完売が早まるかもしれませんので、早い者勝ちですよ!
全ての商品、出荷予定の定数になり次第、予告なしで売り切れとさせて頂きますので、ご注文(ご予約)は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお急ぎください!!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-15 18:30 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

令和元年度の水源キウイ!予約受付スタート!完全無農薬・無化学肥料の国産キウイ!収穫始めました!

FLC日記 2019年11月14日(木) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、弊社のオリジナルブランド商品、熊本県菊池水源産の『水源キウイ』を、平成30年度もネット独占販売いたします。
完全無農薬、完全無化学肥料、もちろん除草剤なんて一切使用せずに育てられた『水源キウイ』です!
a0254656_16424259.jpg
本日より「FLCパートナーズストア」では、完全『水源キウイ』の先行予約受付をスタートしました!!

a0254656_17001316.jpg今年も、2種類の『水源キウイ』の販売です!
甘味が強いゴールド種と、程よい酸味のグリーン種です。
ゴールド種のみ、グリーン種のみ、そして2種類のセットもご用意いたしました。


a0254656_17025162.jpgこちらは、収穫を始めた昨日の写真です。
夏フルーツのイメージが強い『キウイ』ですが、実は秋から冬にかけて収穫を迎えるのです。
まずは、生産地と生産者を紹介しましょう!

a0254656_17045116.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源の“山奥”にある株式会社旬援隊の、『水源キウイ』を育てる、キウイ棚の1つです。
昨日、秋晴れの好天に恵まれ、まずは「ゴールドキウイ」の収穫スタートです。
奥にあるのはここで飼育している『烏骨鶏』の鶏舎で、その手前には薪ストーブ用の薪とする雑木が積まれています。

a0254656_17071708.jpg生産者は私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)です。
昨日は暖かく、このような姿で収穫しましたが、本日はとても寒く完全防寒で収穫を行いました。

a0254656_17091778.jpgここでは、2種類のキウイを栽培しています。
かなり糖度が高い、果肉が黄色のゴールド種と、キウイ本来の酸味を持つキウイらしい緑の果肉のグリーン種です。
これはグリーン種で、果皮が毛羽立っているようなのが特徴です。

a0254656_18492699.jpg「FLCパートナーズストア」では、2種の『水源キウイ』をセットにしての販売も行っています。
グリーン種は開花の時期が若干遅いため、グリーン種のみまたはセットの商品は、グリーン種の収穫を待っての出荷となるため、発送はもうしばらくお待ちください。

a0254656_17182759.jpg本日より、「FLCパートナーズストア」では、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた、熊本県菊池市、菊池水源産の『水源キウイ』の先行予約受付をスタートしました!!

今すぐ購入(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『水源キウイ』




a0254656_18584712.jpg日本国内で販売されているキウイのほとんどが、ニュージーランド産で、輸入キウイの95%を占めています。
しかし、キウイの原産地はなんと中国なんですよ!!
中国生まれのキウイが、ヨーロッパを経由して、ニュージーランドに入り、様々な品種改良を重ね商品化し、アメリカに輸出する際に、ニュージーランドのシンボルの鳥の「キーウィ (kiwi)」に因んで命名されたのです。

a0254656_17130066.jpg昨日の収穫の様子です。
日本国内で収穫し販売される、国産キウイは全体のキウイ流通量のわずかに30%ほどしかありません。
さらに、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた『水源キウイ』の存在は、大変貴重なものだと言えるでしょう。

a0254656_19158100.jpg『水源キウイ』の栽培地、そして完全無農薬・無化学肥料栽培の訳を説明しましょう!
ここは、熊本県菊池市、菊池水源の“山奥”にある株式会社旬援隊の本社所在地です。
株式会社旬援隊は、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営している会社です。

a0254656_17142893.png「FLCパートナーズストア」では、熊本県の契約農家さん(わが家の専用農家さん)が育てた“本物”と呼べる農作物を中心に、旬の食材を販売しています。
現在は、熊本のお米(新米)、香り高きゆず、種なしかぼす、そして『水源キウイ』などなどが最旬の商品です。

a0254656_19114898.jpgまた、ここは、2000坪の敷地と、その他に畑や果樹園があり、株式会社旬援隊の代表取締役である私(笠泰紀)が、ここでで育てる農作物を“オリジナルブランド商品”として販売してます。
『菊池水源の烏骨鶏の新鮮タマゴ』、『自然栽培で育てた利平栗』、春の山菜の『ふきのとう』や『タラの芽』などで、その一つが『水源キウイ』なのです。

a0254656_19142089.jpgここで私は、自給自足の生活を目指しながら、会社を営んでいます。
こちらは、9月の野菜を育てる畑と、エゴマの栽培地、まもなく収穫を終える『利平栗』の林です。
様々な作物や果樹を育てていますが、ここでは一切、農薬や化学肥料を使用していません。

a0254656_19174822.jpg農薬や化学肥料を使用しないことにはきちんと理由があります。
手前に写っているのは、『菊池水源茶』生産農家の川口荘一さんのお茶畑で、先ほど紹介した畑や栗林と隣接しています。

a0254656_19221245.jpgこちらは5月の茶摘みの様子。
ここで育てらているのは、有機抹茶『雲上の白』用の碾茶です。
有機栽培には厳しい基準があり、もし私が農薬や化学肥料を自分の敷地で使用しても、それが検査に出れば、向こう3年間は有機のお茶としての出荷ができないのです。

a0254656_19254174.jpgもし、私が隣接している畑や栗、キウイに農薬を使用するものなら大変です。
ですから、有機栽培のお茶を育てることに協力して、ここでも一切の農薬や化学肥料を使用していないというわけなんです。

a0254656_19265179.jpg農薬や化学肥料を使用しない分、しっかりと手をかけて育ててきました。
そして収穫も、こうして1玉1玉丁寧に手作業で収穫するのです。
人差し指を枝にそえて、キウイの果実を手前にひねると、割と簡単に収穫できます。

a0254656_17164796.jpg収穫したキウイは、きれいに並べてコンテナで保管します。
重ねるのは、2段まで!
落としたり、ぶつけたりすると、キウイはそのストレスで“エチレンガス”を自ら出して、追熟がはじまりますので、収穫も保管もかなり慎重に行います。

a0254656_17171753.jpg今年も、しっかり手をかけて育ててきた、『水源キウイ』が美味しく育ちました。
やっぱり、収穫作業はとても楽しいですね!
ぜひたくさんの方に食べていただきたいです。

a0254656_19344492.jpgキウイフルーツは、ビタミンCや食物繊維が豊富な食物です。
ビタミンCが多いので風邪予防に効果的です。
また、カリウムも多く含んでいて、高血圧や動脈硬化、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、糖尿病の予防効果が期待できるといわれています。
さらには、最近の研究結果では、ガンの要因となる変異タンパク質を抑える効果もあり、がん予防にも期待されています。

a0254656_17192068.jpgご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページより『菊池水源キウイ』のページにお進みください。
健康や美容に!
1日1個のキウイフルーツをいかがですか?
完全無農薬・無化学肥料で育てられた、安心・安全の『水源キウイ』ですよ。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-14 17:20 | 水源キウイ | Trackback | Comments(0)

菊池、阿蘇スカイラインの、2019年の紅葉は今週末が見ごろ!菊池渓谷ビューポイント&穴場スポット紹介!

FLC日記 2019年11月13日(水) くもりのち雨
熊本県菊池市にも、紅葉狩りのシーズンがやってきました。
菊池渓谷、菊池・阿蘇スカイラインも、美しく色づき始めました。
a0254656_17370175.jpg


a0254656_17424399.jpg「菊池渓谷」は、日本を代表する観光スポットの1つです。
夏の避暑地として、またこの時期の紅葉狩りに、県内外から多くの方が訪れます。
熊本県菊池市から阿蘇方面へ進み、県道45号線沿いに「菊池渓谷」はあります。
菊池市街から約17kmほどです。
◆日本森林浴の森百選
◆日本名水百選
◆日本の滝百選
◆水源の森百選
などに選ばれています。

a0254656_17411208.jpgまた、菊池・阿蘇スカイライン」とは、菊池市にある「菊池渓谷」付近から、県道45号線と それに続く阿蘇市を走る県道12号線の名称です。
本日のブログでは、菊池渓谷、菊池・阿蘇スカイライン(菊池方面のみ)に行ってきましたので、現在の様子をビューポイントや穴場スポットと共に紹介します。

a0254656_17555223.jpg菊池市内から、菊池渓谷へ向かい、まず絶対に立ち寄っていただきたい場所が、県道45号線沿いの菊池川第5発電所のある駐車場です。
ここは、「菊池渓谷」まで一番遠い、最も下にある無料駐車場です。
実はこの場所こそが、隠れた観光スポットなんです。
朝早かったことと、まだ少し紅葉に早いことで駐車場はがら空きですが、今週末からはおそらく見事な紅葉のグラデーションが見れると思います。

a0254656_18002558.jpg車を止めたら、絶対にその奥の橋を渡って見て下さい。
菊池川第5発電所の手前までは、自由にはいれる公園です。
そこに、美しい景色があるんです。

a0254656_18023086.jpgこの場所の紅葉は、毎年早めに色づきます。
訪れるなら、ぜひ午前中がお勧めなんです。

a0254656_18042939.jpg午前中だと、橋を渡った先の紅葉を見上げると、こうして木漏れ日が差し込む美しい写真を撮ることができます。
その景色を楽しんだ後は、さらに奥に進んでください。

a0254656_18062564.jpg透きとおた清らかな滝つぼに流れ込む、滝を見ることができます。
本日は滝の水量が少なかったですが、透きとおた滝つぼを見るだけで、見ていると、心が洗われたような気持になれる、私のおすすめスポットです。

a0254656_18091088.jpg滝つぼを見た後は、先ほどの橋のたもとの紅葉を見上げて青空とのコントラストをお楽しみください。
ただし、何度も申しますが、この場所の2本の大きな紅葉は、毎年色づくのが早いので、今週末あたりが最も美しいかもしれませんよ!
また車に乗り込み、菊池渓谷第一駐車場へ向かいましょう!

a0254656_18120269.jpg朝早かったので、待つことなく駐車場に車を止めることができました。
駐車料金は、200円です。
いつも菊池渓谷入り口の売店にある山女魚と鳥串のお店がなぜだかここにありました。

a0254656_18140776.jpgそのお店が、ここにあったわけは、後ほどお話しします。
第一駐車場からは、徒歩で菊池渓谷へ向かいます。
200mほどですが、登り道となっています。

a0254656_18154885.jpg透きとおた空気を思いっきり吸い込みながら、山々の景色を楽しみつつ歩いていくと、右側に菊池渓谷の入り口があります。そこにあった売店と食堂は現在改装工事の様です。

a0254656_18182405.jpg「菊池渓谷ビジターセンター」と言う名称になり生まれ変わるようです。
ですから、ここに店舗を構えていた山女魚と鳥串を販売するマイクパフォーマンスをするおじさんが下の駐車場にいたのですね!

a0254656_18243787.jpg入場料(維持管理協力金)の100円を支払、菊池渓谷内意へと入ると、この赤い橋が左手にあります。
この橋を渡り、2番目の橋を渡って戻る、「癒しコース(約30分)」を巡ってきました。
ここからは、写真をメインでご紹介していきます。

a0254656_18264774.jpg
赤い橋より上流の「黎明の滝」方面の写真です。
名水百選にも選ばれている、透き通った水に心癒されます。

a0254656_18273556.jpg
渓谷を右手に見ながら、木漏れ日が差し込む遊歩道を進みます。

a0254656_18290266.jpg
ビューポイントの一つ「黎明の滝」です。

a0254656_18300983.jpg
「黎明の滝」のすぐ上流付近。
手を伸ばすと、清らかで冷たい水を触ることができます。
もちろん、飲んでもOK!美味しい水ですよ。

a0254656_18310470.jpg
「紅葉ヶ瀬」です。
まもなく対岸の河原には紅葉が落葉して、一面に広がります。

a0254656_18324829.jpg
この辺りには杉が植樹されています。
なんと、江戸時代の文政6年(1823年)に植えられたとのこと!
まもなく200歳を迎える杉の木で、樹高は50mにもなるものもあるとのことです!

a0254656_18363859.jpg
運が良ければ、野生動物を見ることもできます。
この日はサギが水辺にいました。

a0254656_19211266.jpg「癒しコース」の折り返し地点の橋に着きました。
なぜここに、橋がかけられているかと言うと、そのすぐ上流が絶景ポイントだからです!!

a0254656_18393282.jpg
「天狗滝」と「竜ヶ渕」です。

a0254656_19292239.jpgこの渕は、かつて竜が住んでいたと言う村人の伝説から、「竜ヶ渕」と名付けられました。
また、山伏の修練場としても利用された洞窟や天狗岩もあり、この滝を「天狗滝」と命名されたようです。

a0254656_18414635.jpg橋を渡り折り返し、今度は渓谷を右手に実ながら、割と整備された遊歩道を戻ります。
こちらサイドにある「紅葉ヶ瀬」に下りてみるのも良いと思いますよ。

a0254656_18462952.jpg菊池渓谷を後にし、駐車場へと戻りました。
この頃にはたくさんの車が停まっていました。
奥に見えるのは熊本地震で崩壊した山肌で、現在はこの様にしっかりと補強され修復されています。

a0254656_18533771.jpg菊池渓谷から阿蘇方面へ向かい、大きく左に曲がると、この大きな橋が現れます。
橋を渡る際は、左下をご覧下さい。
その様子がこちら!!

a0254656_18571293.jpg左手の谷側は、菊池渓谷の駐車場が見下ろせます。
もちろん駐車禁止のエリアなので、車を止めることはできませんので少し残念な写真になったいましたが、秋の紅葉も春の桜も見下ろせる、ドライブする時に見逃せない場所です。

a0254656_18590598.jpgしばらく進むと左右に大きな駐車場があります。
一昨年までは、この中央駐車場は無料駐車場でしたが、今は有料になったようです。

a0254656_19005058.jpgちょっとだけ車を止めさせてもらい、急いで写真を撮りました。
こちらは阿蘇方面へ向かって左側の駐車場の周りにあるモミジたちです。

a0254656_19022946.jpg毎年そうですが、右側の駐車場のモミジは、色づきが遅く、これから徐々にグラデーションをかけたように色づいていきます。
今週末あたりはおすすめですね!

a0254656_19054284.jpg中央駐車場からさらに阿蘇方面へと進むと、このような橋があります。
ここも隠れた観光スポットです。
橋を渡ると右側にスペースがありますので、車を止めて下さい。

a0254656_19073044.jpg車を止め、菊池渓谷方面へ、左側を歩いて橋を渡りながら眼下に見える滝つぼをお楽しみください。
車を止めてでないと見れない景色です。

a0254656_19065536.jpgその反対側には、毎年、見事に色づくモミジがあるんです。
ただ、つる植物が伸びてきて、少し樹勢が弱っているような気がしたので、来年も美しく見れるか心配です。

a0254656_19110371.jpg車に乗り込み少しドライブを楽しみ、その先でUターンして本日は戻ることにしました。
帰社し、今日もきちんと仕事をせねばなりません。

a0254656_19130547.jpg写真は菊池渓谷から菊池市街方面へ下り、最初の左へ進む道路を進んだ先にある景色です。このあたりから車で約10分ほど登ったところに、弊社があります。

a0254656_18372990.jpgこれが株式会社旬援隊の本社社屋です。
ここを拠点としてネットショップ「FLCパートナーズストア」の営業活動をしています。
まもなく、エントランスにある、薪之介(薪ストーブ)は毎日大活躍するほど、とても寒さの厳しい山奥です。

a0254656_18461077.jpg菊池水源の山奥で、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_18422080.jpg


a0254656_19163831.png自らの農業体験を活かしながら、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる作物を消費者と生産者目線で紹介して、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売しています。
とっておきの“最旬”食材をご案内しています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページものぞいてみてください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2019-11-13 19:18 | FLC | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす お待たせしました!色付いたた!香り際立つ“ゴールドかぼす”出荷始まります!!(2019)

FLC日記 2019年11月12日(火) 晴れ
今年も「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』を大好評発売中です!
今年も秋が深まり、かぼすも順調に色づきました。
お待たせしました!!
色付き、香り際立つ『熊本産高級種なしかぼす』のゴールドの出荷が始まります。
a0254656_17373563.jpg


a0254656_17390929.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』を大好評発売中です!

a0254656_17422257.jpgこちらは、今年の8月中旬、出荷を始めたころの写真です。
かぼすは、スダチや柚子と並ぶ、香酸柑橘類です。
この頃は、一定の大きさにまで成長したものを収穫し出荷していました。

a0254656_18032245.jpgこちらは本日の『熊本産高級種なしかぼす』の栽培地での写真です。
現在は、秋の深まりと共にこうして黄色く色づいています。
ただ、同じ柑橘類でもみかんやデコポンのように、色づいたからと言って甘くはなりません。

a0254656_17462249.jpgもちろん、このみずみずしさ!
種が無い分、思いっきり果汁が絞れるんです。
しっかり色づくと、さらに香りが際立つため、こうして色づくのを待ってからご注文を頂くお客様もいるほどの大人気商品です!

a0254656_17514585.jpg12~16玉入りの大きさをそろえた商品に加え、多少キズがあるものもあり、サイズも少々ばらつきがありますが、大変お買い得な4kg入りでの販売です。
昨年もかなりのハイペースでご注文いただきましたが、今年はさらにそれを上回るハイペースで、出荷予定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。

a0254656_17542327.jpg朝採り、即日発送でお届けするため、完全予約制(火曜日と金曜日の出荷)で、毎回の出荷数を限定しての販売です。
ご注文は、お急ぎください!

今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』



a0254656_17582623.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の栽培場の本日の様子です。

a0254656_18002487.jpg自然豊かな、とてものどかな山あいで、惜しまぬ手間ひまをかけ栽培しています。
このあたりには、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』以外に、柑橘類の栽培はなく、病気や害虫の心配もないので、完全無農薬・無化学肥料で、『種なしかぼす』を育てています。

a0254656_18043268.jpg生産者の「古川果樹園」の古川孝人さんです。
7月下旬に現地取材に伺った際に撮影した写真です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18062762.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の栽培も、もう何年も年間を通し現地取材して、このブログで紹介していきました。
こちらは5月上旬の花咲く頃の写真です。

a0254656_18072092.jpg8月下旬の収穫の様子です。
こうして、花咲く頃も、着果し成長していく様子も、青々としたかバスの収穫も、色づいたころも、収穫を終えた冬の様子も、年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18094961.jpg「古川果樹園」さんは、本日ご紹介している『種なしかぼす』をはじめ、秋の果物の王様『太秋柿プレミアム』、『山竹たけのこ』などを育てる、匠の農家さんです。
こちらは、今年も大好評いただき完売した『太秋柿プレミアム』の収穫の際のお二人のツーショットです。

a0254656_18164133.jpgこうして、栽培の様子を全て現地で見てきたからこそ、私は自信をもってお勧めできるのです。
本日の朝「古川果樹園」さんの栽培場に伺った際には、すでに本日の収穫を終え、ご自宅で出荷の準備をしているとのことでした。

a0254656_17194137.jpg一般的なカボスには、たくさんの種が入っています。
一般的なカボスと、弊社の『種なしかぼす』を比較してみました。
やはり、様々なお料理にかけ食したり、お酒に入れて飲んだりする際に厄介なのがこの種です。
でも、弊社で販売する「古川果樹園」さんのかぼすは、『種なしかぼす』で、ご覧の通り種がありません。

a0254656_17241342.jpgただし、ミツバチなどによる他の柑橘類(庭先のみかんや柚子など)との自然交配(受粉)で、一般的なかぼすに比べると少ないのですが、小さい種がある場合もございますので、予めご了承ください。(写真参照)

a0254656_17264966.jpg「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』は、県内外の有名料亭やレストランからもご注文を頂戴している大人気商品です。
“種なし”と言う、使い勝手の良さと、さらには、完全無農薬、無化学肥料で栽培された安全性が高く評価されています。

a0254656_18200338.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの、無農薬で育てた山あいの『熊本産高級種なしかぼす』をネット独占販売しています。
クモの巣が見えるのは農薬を使用していない証拠ですね!

a0254656_18213920.jpgこの時期以降は、この様に色づいたかぼすですが、1ヶ月くらいは常温で保管していても、果皮は若干しぼんできますが、その果汁は全く変わりませんので、売切れる前に、まとめ買いをおススメします。
今年も、定数になり次第、予告なしで完売とさせて頂く旨、あらかじめご了承ください。
お買い求めは、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください!
早い者勝ちですよ!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-12 18:25 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ『熊紅(ゆうべに)』 早くも色付き試食してきました!令和元年度も12月上旬からの出荷予定!前編

FLC日記 2019年11月11日(月) 雨のちくもり
「今年は早くも色付き収穫できるものもあります。笠さん!試食に来てください!!」
イチゴの匠「杉本農園」の杉本一博さんにそう連絡をいただき、さっそく現地取材に行ってきました!
a0254656_17202969.jpg


a0254656_17213781.jpgここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんのイチゴの栽培ハウスです。
連棟建ての広い広いハウスで、熊本現地栽培品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』が栽培されています。

a0254656_17375703.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売いたします。
写真は、2Lサイズ 1箱/1パック(16玉前後)270g以上×4パック

a0254656_17443196.jpg『熊紅』は、2015年にデビューしたばかりの新しい品種で、熊本県でのみ栽培されているイチゴです。鮮やかな“紅色”と熊本県の“熊”から、『熊紅(ゆうべに)』と名付けられました。
円錐形の割と整った形をしているのも特徴の一つです。

a0254656_17432275.jpg果肉に空洞がが見られるものもありますが、柔らかすぎないしっかりとした食感も人気です。
さらに、糖度は13度前後と、イチゴとしてはトップクラスです。
そんな『熊紅』の現在の栽培地の様子を、現地取材してきました!

a0254656_17254641.jpgハウスに伺うと、連絡をいただいた杉本一博さんが作業を行っていました。
「おはようございます。おぉ!それは、玉出し様のロープはりですね!」と言うと、
「そうです。笠さんもかなりわかってきましたね!」と一博さん。

a0254656_17322927.jpg“玉出し”とは、イチゴが実る枝を、葉っぱと重ならないように配置する作業です。
いちごの果実にしっかりと太陽の光を当て、美味しくきれいに育てるための惜しまぬ手間ひまをかけるのです。

a0254656_17340650.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17502976.jpg一博さんのお父さんの杉本憲治さんの作業の様子も取材しお話をうかがいました。
「杉本農園」さんは、今年で18年目を迎える、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。

a0254656_17543386.jpgお父さんの杉本憲治さん(写真)と、お母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、大学で専門的にイチゴ栽培を学んだ、息子さんの杉本一博さんが、さらに進化させ、最高級のイチゴを育てています。

a0254656_17581534.jpg「毎年見せて頂いていますが、今年は特に葉も青々として元気で、どの株もすごくそろってるように見えます。」そう言うと、
「ハハハっ!そう見えるね!でも俺たちからすると、1つ1つ違うけん、しっかり手ばかけてやらんといかんとたい。」と憲治さん。

a0254656_18071755.jpg「ほら!この子は花芽が遅れとるたいね。同じように定植して、同じように育てていっても、どうしても個体差は出るとたい。そこをしっかり見極めながら、それぞれの株に合う手のかけ方ばせにゃんとたい。」

a0254656_18102039.jpg「具体的にはどうするんですか?」と尋ねると、
「一概には言えんばい。それぞれに応じて判断するけんね。まぁ、この子は少し葉の数を減らして、花芽により栄養を送るようにするたいね。」

a0254656_18123647.jpg「ほら!その子は花芽どころか、花が咲き終わりイチゴの果実が成長し始めよるでしょ?さっき、笠さんはどの株もそろってって言ってくれたけど、こうしてしっかり手をかけながらそれぞれに応じた作業を施しよるとたい。」
憲治さんはそう話しながらも手際よく作業を進めていました。

a0254656_18175361.jpg「すごく甘いイチゴの香りがすると思ったら、もうこんなに色づいているのもあるんですね!出荷はいつごろから可能ですか?」と尋ねると、

a0254656_18193884.jpg「そうねぇ~。おそらく例年通りになると思うけど、その辺りは一博と打ち合わせしてみて!」と憲治さん。
「了解しました。貴重な作業を見せて頂きありがとうございました。」
そう俺を言って、一博さんの方へ向かいました。

a0254656_18222790.jpgさて、今回の取材の目的の、出荷の時期と試食について紹介したいとこですが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで詳しく紹介することとします。

a0254656_18372073.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴをネット独占販売いたします。
今年も、熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』の販売です。
現在はホームページは“完売”としていますが、すでにお電話では初回発送分の予約のご注文をたくさん頂戴しているほどの大人気商品です。
明日のブログでは、今年の『熊紅』の味、そして出荷時期について紹介いたします。
お見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-11 18:27 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

デコポン(肥後ポン)2019 大きく育ち、色がつき始めました!今年度も12月下旬からの出荷予定です!

FLC日記 2019年11月10日(日) 晴れ
「今年もデコポンたちは順調に色づき始めました。果実の肥大も十分ですし、早ければ年内(12月下旬)からの出荷が可能だと思います!」
匠の農家さん「小春農園」の小原将輝専務にそう連絡いただき、さっそく『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスに現地取材に行ってきました。
a0254656_15263415.jpg


a0254656_15274022.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスです。
「小春農園」さんでは、2種類のデコポン(肥後ポン)を栽培しています。

a0254656_16485932.jpgまずは、12月下旬~3月下旬まで販売する樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』(写真)です。『ひのゆたか』は、熊本限定栽培品種のデコポンです。

a0254656_1652018.jpgそして、4月上旬~6月中旬まで販売する、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』(写真)です。
『不知火』は、収穫後、昔ながらの土壁の“蔵”の中でゆっくりと、じっくりと追熟させ出荷します。

a0254656_15331983.jpg通常、デコポンとは『不知火』と言う品種のことを称します。
『不知火』は収穫後すぐは、とても酸味がきついです。
追熟させ、酸味と糖度のベストバランスになるのを待ち出荷します。

a0254656_15343496.jpg一方、熊本限定栽培品種の『ひのゆたか』は、樹上で完熟し収穫後すぐに食べられる特別なデコポンです。
もう何年もこうして現地取材をしてきましたが、私にはその見た目で両者の違いを見分けることはできません。

a0254656_15364769.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も匠の農家さん「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』をネット独占いたします。

a0254656_17262534.jpg流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

a0254656_15384304.jpgこちらは現在の栽培ハウスの様子です。
熊本の旬の食材を販売している「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_15395326.jpg「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』の栽培の様子も、収穫の時のみならず、もう何年もこうして年間を通して現地取材してきました。
この時期にしっかり色づき始めるのを見ると、今年も順調だと言うのがはっきりとわかります。

a0254656_16363530.jpg昨年の12月22日に撮影した、デコポン『ひのゆたか』の初収穫の際の匠の親子の3ショットです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年デコポンを育ててきた豊富な経験と、卓越した技術、奥さまの美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらには大学で専門的に果樹栽培を学んだ、専務の将輝さんの新たな知識が重なり、“本物”と呼べる農作物を毎年育てています。

a0254656_16391440.jpg将輝さんは、熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか』を開発した大学の先生から、直接指導を受けた愛弟子です。
いわば、デコポンのスペシャリストと言ったところです。

a0254656_16414395.jpg「小春農園」さんの惜しまぬ手間ひまと匠の技、徹底管理によって育て上げられた柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』は、「FLCパートナーズストア」の数ある商品の中で、リピート率ナンバーワンを誇る大人気商品です。
すでに今年の分も、多数のご予約を頂戴しているほどです!

a0254656_16515013.jpg
令和元年度の『デコポン(肥後ポン)』は、果実が十分に肥大し、そして色づき始めていました。
12月27日(金)を、今年の弊社の最終発送日としていますので、なんとか年内に数量限定で出荷できると思います。

a0254656_16483276.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの“柑橘王”ことデコポン(肥後ポン)をネット独占販売いたします。
お電話でのみ先行予約の受付を行っておりますが、ホームページからの受注はもう少々お待ちください。
さらに色づき、収穫を迎えるまでもその後も、今後もしっかりと現地取材してこのブログで紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-10 16:52 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)