人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

<   2019年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り

FLC日記 2019年11月30日(土) 晴れ
こちらは、熊本県菊池市原(はる)の伊牟田地区にある、「文殊菩薩堂」です。
文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_16483590.jpg


文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_16514738.jpg伊牟田地区は、ブランド茶の『菊池水源茶』の発祥の地でもちろん現在も生産地です。
ここには約480年ほど前に、四国より伊牟田地区に持ち帰られたと伝えられ、ここに祀られた「文殊菩薩像」があります。
“文殊”とは、「3人寄れば文殊の知恵」と言う、有名なことわざで知られる、文殊菩薩(もんじゅぼさつ)様のことです。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_16534396.jpgこの地に鎮座される、文殊菩薩様を、私たちは親しみをこめ、“文殊さん”と呼び、毎年11月29日を「文殊さん祭り」としています。
花を飾り、お酒とお団子などのお供えをしみんなでお参りをします。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_16555514.jpgこの社(やしろ)を建築した11月29日を記念して、「文殊さん祭り」の日に定められました。
まずは、敷地周辺の草刈りをして、社とその周りを清掃掃除しました。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17572042.jpg平成25年2月7日に、この文殊菩薩堂が有形文化遺産として、“菊池遺産”に認定されました。
日本には、「文殊菩薩」の像は、この伊牟田の文殊さん以外には、3体しかないとのこと!!

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17592820.jpg奈良の興福寺東金堂の坐像(定慶作、国宝)や安倍文殊院の五尊像(快慶作、重要文化財)、高知の竹林寺の五尊像(重要文化財)の3体です。
もしかしたら、伊牟田の“文殊さん”も国宝級かもしれませんね!!
文殊菩薩様は、智慧(知恵)を司る仏様です。
お釈迦様と同時代の実在の人物で、一説によると釈迦十大弟子とも親しく仏典結集にも関わったとされています。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_16580444.jpgとても優しいお顔立ちで、私たちを温かく見守ってくれています。
もちろん、知恵を司る仏様ですから、学問の仏様でもあるのです。
この伊牟田に来られてから480年ほどですから、作られたのはもっと前になるでしょう。
その歴史がお顔にも出ています。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_16591982.jpg文殊さん祭りのこの日は、午後1時より文殊菩薩堂の周りの草刈りや、選定作業、お堂の掃除などをしいったん解散して、3時に公民館に集まりました。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17013965.jpg公民館から文殊菩薩堂までは歩いてすぐです。
みんなでお参りに行きます。
伊牟田地区は、12戸ほどのとても小さな村ですが、とても長寿の村でそのみなさんがとても温かい方ばかりです。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17034478.jpg「俺たちが子供のころは、書初めを奉納したりもしよったたい。頭のよくなるごつ!っていうて、しっかりお参りしよったばい!」

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17054017.jpgそんな昔話をしながら、今年一年温かく見守っていただいた文殊さんに村のみんなでお参りをしました。
秋晴れのとても気持ちの良い午後です。
天気同様しっかりお参りをしてとても晴れやかな気持ちになりました。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17081133.jpg熊本県菊池市伊牟田地区は、九州熊本とはいえ、標高500mを超える高冷地で、霧深く朝夕の寒暖差が激しいところです。
主な産業は、ブランド茶の「菊池水源茶」の生産です。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17090714.jpg村の中にはいたるところに茶畑が広がっています。
大きな建物は、収穫した生の茶葉を加工する工場です。
阿蘇外輪山の豊な自然に恵まれ、澄んだ空気ときれいな水、肥沃な大地のこの地で、『菊池水源茶』は育ちます。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17101477.jpg文殊さんの社のすぐ横には、この様な記念碑がたてられています。
標高が高く、朝夕の寒暖差が非常に激しく、霧深いこの地は、お茶の栽培にとても適しています。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_18254169.jpgこのあたり独特の製茶方法の丸いぐりっとした形状に仕上がったお茶のことを「玉緑茶」と呼びます。
清涼感がありさっぱりとしていつつ、ほど良い渋みがあるということで人気が高くなっています。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_18305327.jpgまた、化学肥料や農薬を使用せずに育てた茶葉で作られた、有機抹茶『雲上の白』は、熊本のある有名お菓子メーカーでも使用されている大人気商品で、大変希少な抹茶のため“幻の逸品”と呼ばれています。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_1834379.jpgまた、現在人気急上昇中なのが、有機紅茶ティーバック『菊池水源紅茶』です。
“有機JAS”のマークがしっかりと入ったた、無農薬・無化学肥料で育てられたお茶を厳しい基準で商品化した紅茶です。
「FLCパートナーズストア」で、『菊池水源茶』『菊池水源紅茶』の販売をしていますので、ぜひそちらもご覧ください。

↓ 今すぐ注文したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『菊池水源茶』


「FLCパートナーズストア」 
『菊池水源紅茶』



文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17143367.jpgお参りの後は、恒例の「伊牟田区の忘年会」です。
区長の赤星明穂さんが「みなさんのご協力で文殊菩薩堂もきれいになり今年も良いお参りができました。」と挨拶をし、すぐに乾杯です。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17173676.jpg楽しい忘年会の始まりです!!
今年も婦人部の皆さんに美味しいお料理をご用意いただきました。
メインのお鍋は3種類!
サラダやお団子も用意してありました。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17230618.jpg伊牟田地区は、全部で12戸ほどの小さな村です。
みなさんとても気さくで心の清らかな方々ばかりです。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17244209.jpgお鍋もお酒もとても美味しかったです。
でも、やっぱり皆さんとの交流のひと時がとても楽しかったです。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17255890.jpg楽しかった尾と言えば、同じ村の方が寄付?されたカラオケがあり、昔懐かしい曲ばかりですが、みんなで歌い大いに盛り上がりました。
余りに楽しく、今回も私は少し飲みすぎちゃいましたけどね!(笑)

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17275266.jpg私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、この伊牟田地区に移り住み、株式会社旬援隊を立ち上げました。
自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_17291522.jpg自らの農業体験を活かしながら、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる作物を、すべて生産される作付地に伺い、現地取材をして、消費者と生産者目線で紹介して、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売しています。
文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_191519.jpg
「FLCパートナーズストア」では、契約農家さん(わが家の専用農家さん)の、とっておきの“最旬”食材をご案内しています。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_193819.jpg現在のおすすめ最旬食材は、先行予約の受付をスタートした朝採りの『新鮮イチゴ』です。
その他にも、熊本の美味しいお米、野菜、タマゴ、乾物、などなどを販売しています。
いずれも、ここでしか買えない貴重な商品ばかりです。

文殊さん祭り(2019) 熊本県菊池市原(はる)伊牟田地区の文殊菩薩像と文殊さん祭り_a0254656_1963092.jpgまた、12月22日の冬至用の『香り高きゆず』も大好評販売中です。
数量限定の完全予約制販売ですので、ご注文(ご予約)はお急ぎください。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページににお進みください。
ぜひ一度、ご来店ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村
by flcps | 2019-11-30 17:32 | FLC | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!!

FLC日記 2019年11月29日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の、今年(令和元年度)の予約受付を本日よりスタートしました!
熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_18535402.jpg


熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_18570134.jpg「FLCパートナーズストア」の、数あるフルーツの中でも、常に人気が高いのがイチゴです。
本日紹介する「紅ほっぺ」は、なんといってもこの紅色の鮮やかな果肉が特徴のイチゴです。
美しい色合い、甘そうな果肉。
普通のイチゴと、一線を画すと言われる高級イチゴなんです。

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_18580602.jpg完熟の紅ほっぺを朝採り即日発送でお届けします。
ですから、毎回の出荷数を限定し、数量限定の完全予約制での販売です。
令和元年度の予約の受付をスタートしました。
初回出荷は、12月10日(火)です。
その後は、火曜日と金曜日の週2回発送します。

先行予約の受付をスタートしました!
今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_19015575.jpg生産者と生産地、そしてそのこだわりを紹介しましょう!!ここは、熊本県菊池市にある「牛島農園」さんの高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスです。

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_19042592.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、完全無農薬・無化学肥料の有機栽培でキャベツ、白菜、水田ゴボウを育てています。
しかし、イチゴだけは無農薬栽培ではありません。
こだわりの“減農薬栽培”です。
栽培ハウスに定植して以降は、全く農薬は使用しません。

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_1730513.jpgまた、ボイラーを焚くなどして加温することなく、ハウスの開閉だけで温度管理し、無加温栽培でイチゴを育てています。
私は、栽培ハウスの取材に伺うと、いつもこうして採りたてのイチゴを、その安全性を知っているので、全く洗うことなくその場で試食させていただいています。

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_19090476.jpgではなぜ、その場で洗うこともせずに食べてもいいほどのイチゴが、無農薬栽培ではなく“減農薬栽培”なのかというと、その理由は隣の苗床のハウスにありました。

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_18452812.jpgイチゴは、多年生植物で、親株からランナーで新しい株を増やし、それをハウスに定植し育てるのです。
苗床とは、定植までの苗を集中して管理する場所のことです。

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_18461820.jpgこれらは、夏の時期の苗を増やし育てているころの様子です。
どうしても夏の苗床の時期だけに、害虫や病気が出る恐れがあるので、最小限(慣行栽培の半分だけ)の農薬を使用します。

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_18461820.jpgしかし、収穫時期とは全く異なる、夏の苗床での農薬を使用だとしても、農薬を使うこと間違いないので、無農薬栽培ではなく、あくまで“減農薬栽培”としているのです。

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_18484421.jpg今年の9月中旬、栽培ハウスので撮影した、「牛島農園」代表の牛島武文さんです。
「牛島農園」さんでは、様々な“本物”と呼べる食材を育てています。

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_18495411.jpg「いつも言うこつばってん、俺が育てるキャベツや白菜、水田ゴボウは、無農薬・無化学肥料の“有機栽培”。ばってん、あくまでイチゴは“減農薬栽培”たいね。そこは、お客様に必ずわかるように伝えにゃんばい!!」」
牛島さんは常々そう話します。

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_182695.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。
もちろん「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
「生産者は正直であれ!」牛島さんの口ぐせです。

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_18513543.jpg私は、牛島さんのその言葉通りの、正直な栽培への取り組みと、自分が育てた農作物への、絶対的な責任に感銘し、弊社でネット独占販売をさせていただいています。

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_18515200.jpg「牛島農園」さんでは、安全性へのこだわりのみならず、“美味しさ”へのこだわりも強く持っています。
商品名を決める際に、『完熟紅ほっぺ』としました。
しっかりと“完熟”したイチゴだけを、朝採り即日発送で出荷するお約束をいただいたからです。

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_19244887.jpg「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』は、こだわりの完熟イチゴを朝採りで収穫し、さらに選びに選び抜いた“極選”のイチゴです。
安全に作り、美味しく育てあげてるからこそ、毎年多くのリピート購入をいただく大人気商品です。

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!! _a0254656_19260096.jpg「FLCパートナーズストア」では、こだわり農家の「牛島農園」さんが、減農薬栽培で育て上げた『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
12月10日(火)よりの発送予定です。
以降、毎週火曜日と金曜日の出荷です。
ただし、“完熟”、“朝摘み”にこだわる、「牛島農園」さんゆえの、完全予約制の数量限定販売とさせて頂きます。
お届けは、遅くとも出荷の翌々日ですので、朝摘みの新鮮さ、完熟の美味さを存分にご堪能いただけると思います。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-29 16:40 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!

FLC日記 2019年11月28日(木) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和元年度)も「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴをネット独占販売いたしす。
明日12時よりより、熊本限定オリジナル品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』の先行予約の受付をスタートします!!
熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_17532618.jpg


熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_17501872.jpg『熊紅(ゆうべに)』は熊本県のオリジナル品種で、現在、熊本県でのみ栽培及び出荷されている希少品種のイチゴです。
円錐形の整った形をしていて、名前の由来となった果肉皮の全体的な赤さも特徴です。
果肉はわりとしっかりしていて、中まで色づきがみられます。
甘みと酸味のバランスが良く、香りも十分に楽しめます。

令和元年12月6日(金)より発送開始いたします!
その後は、火曜日と金曜日の週2回発送します。
※数量限定のため、受注順に発送していきます。
(お届け日の希望日がある方は早めにご予約下さい)

明日12時より、先行予約の受付をスタートしす!
今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

生産者の「杉本農園」さんと生産地の紹介しましょう!!

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_18023384.jpgここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんの連棟建ての広い広いイチゴの栽培ハウスです。
とてもとても、1枚の写真ではおさまりきれないほどの広大なハウスで、『熊紅(ゆうべに)』は栽培されています。

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_18062651.jpg「杉本農園」さんは、今年で19年目を迎える、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。
写真は「杉本農園」の杉本憲治さんです。

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_18080895.jpgこちらは以前取材した、玉出し様のひもをはる作業をする息子さんの杉本一博さんです。
「杉本農園」さんでは、お父さんの杉本憲治さんと、お母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、大学で専門的にイチゴ栽培を学んだ、息子さんの一博さんが、さらに進化させ、最高級のイチゴを育てる匠の農家さんです。

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_18102182.jpg先日、現地取材した際に、みなさんより一足早く、今年の『熊紅』を試食してきました。
やはり、販売する私が今年の味を知っておかないといけませんからね!(言い訳です(笑))

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_18120596.jpg私はいつもこうして、水洗いさえもすることなく、その場で試食させていただいています。
それだけ「杉本農園」さんの安全性に自信を持っているからです。

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_18142710.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
写真は、7月下旬のイチゴ(熊紅)の苗床の様子です。

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_18164618.jpg「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
イチゴは、多年生植物で、初夏から秋口にかけ、親株から伸びたランナーで、新しい株を増やし、それをハウスに定植し育てるのです。
奥様の洋子さんがその為の作業をしていました。

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_18212011.jpg毎年9月20日前後に行われるイチゴの苗の定植作業の様子です。
この時は、多くの方がお手伝いに来てくれて、一気に作業を進めます。
私も取材のみならず、お手伝いをさせていただきました。

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_18321282.jpg惜しまぬ手間ひまをかけ育ててきたイチゴたちが、今年も収穫の時期を迎えました。
「杉本農園」さんでは、安全なイチゴ作りに強いこだわりを持ち取り組んでいます。
イチゴ栽培で最も怖いのは、“ハダニ”と呼ばれる害虫ですが、「杉本農園」さんでは、安心・安全な方法でそれらを駆除しています。
“チリカブリダニ”を使って、イチゴの生育に悪影響を及ぼすハダニを駆除しているのです。

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_18333245.jpg以前は、農薬を散布することで害虫駆除をしていましたが、今は安全・安心なイチゴを育てる為に、“チリカブリダニ”を使用しています。
ハダニもチリカブリダニも口に入っても全く問題ないものですが、ハダニはイチゴに害を及ぼし、その害を及ぼすハダニを食べてくれるのがチリカブリダニと言うわけです。

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_18203858.jpgその安全性を知る私は今回の試食も、こうして水洗いさえもすることなく、その場で美味しく食べています。
今年の『熊紅』も、文句なしの美味さでした!!もちろん、ご購入いただいたお客様は、埃などを落とすため、さっと水洗いしてご賞味ください。

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_18360280.jpg美味しさに加え、安全性にとことんこだわる「杉本農園」さんだからこそできることです。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんが、安全にこだわり、美味しさにこだわった熊本限定栽培品種の高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売いたします。

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!_a0254656_18372101.jpg本日より先行予約の受付をスタートしました。
初回出荷は、12月6日(金)よりで、以降は毎週火曜日と金曜日の出荷です。
ただし、朝採り即日発送のため、完全予約制の数量限定での販売です。
ご予約多数により出荷調整中のため、現在は3Lサイズのみの受注を行っています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-28 18:25 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました

FLC日記 2019年11月27日(水) くもり時々霧雨ここは、熊本県合志市にある、マンゴーの匠「上野マンゴー園」さんの栽培ハウスです。
マンゴーの果樹を皆さんは見たことがありますか?
これが、11月下旬(現在)のマンゴーの果樹たちです!
樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_17341024.jpg


樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_17361539.jpg現在は、10月末をめどに剪定作業を終えた後の状態です。
そのころまでは、栽培ハウスのビニールをかけていません。
一旦、マンゴーの果樹たちに寒さを感じさせ、その後は寒さから守るためにビニールを張り温めるのです。
さらに寒さが厳しくなるころには、ハウスの内張りのビニールもはります。

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_16522093.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟アップルマンゴー』を、今年もネット独占販売いたしました。

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_16585120.jpg今年も6月中旬から8月にかけて販売した、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
熊本で最初にマンゴーを栽培し始めた「上野マンゴー園」さんのマンゴーは、糖度がなんと18度以上!!

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_17002654.jpg樹上完熟にこだわりぬいた、とろける食感と、芳醇な香り、さらにはこの美しさ!
おかげ様で、今期の予定出荷分は、毎回”完売”と言う人気ぶりでした。
マンゴーの匠は、来期の収穫へ向け早くも動き出しています。

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_17583329.jpg10月中旬の栽培ハウスの様子です。
この頃は、ご覧の通りハウスにビニールを張っていません。
その中では、匠の剪定作業が行われています。

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_17111540.jpgこちらは、以前取材した新芽の剪定作業の様子です。
上野幸行さんの奥様、秀子さんに作業の様子を見せて頂きました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_17121800.jpgもちろん、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材を重ねてきました。
「こうして、たくさんの新芽が出ているでしょ?これを剪定していくのよ。」と秀子さん。。

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_17133505.jpgマンゴーの果樹は、複数の新芽を芽吹かせていました。
その新芽を1本にして、元気な花を咲かせるための作業が新芽剪定作業です。
その作業を、全ての新芽に対し、1本1本行うとても根気のいる手作業です。

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_17165579.jpg匠の判断で選び抜かれた、1本が残されました。
その際に剪定した枝葉や、落葉した葉っぱをこの11月上旬にすべてハウスから撤去します。

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_18084250.jpgさて現在の様子はこちらです。
ハウスの外にはきちんとビニールが張られ、温度管理を行っています。

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_18095919.jpgまもなく、ハウスの中の内側のパイプに沿って、内張のビニールもはられ、さらに寒さ対策を行います。
もちろん、真冬の間はボイラーを焚き、マンゴーたちが育つ環境を整えるのです。

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_18120214.jpgこれから芽吹く花芽を見てみました。
中央に見えるものがそうです。
これから匠の温度管理で、2月下旬から3月上旬に花芽が芽吹きます。

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_18145875.jpg以前取材した3月上旬の花芽の様子です。
これがさらに成長し、マンゴーの花が咲きます。
マンゴーの花を皆さんは見たことがありますか?

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_18173574.jpgこれがマンゴーの花です。
1本の花芽から咲いたものですが、私の手と比べているので、その全体の大きさがよくわかると思います。
全体は大きくても、1つ1つの花はとても小さいものです。
この全体の花から、マンゴーが1つ収穫できれば良いと言うほど、良いものを育てるには花の数からするととても確率の低い果実なのです。

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_18180535.jpg全体的にはとても大きな花なで、そのどこにマンゴーが実るかわかりません。
「上野マンゴー園」さんでは、花の枝を全て1本1本を、折れることが無いようにこうしてひもで吊って栽培します。
元気な花をそろえて咲かせるために、これからの時期は徹底した温度管理を行います。

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_18183924.jpg私は、「上野マンゴー園」代表の上野幸伸さんを、敬意を表して「マンゴーの仕事人」と呼んでいます。
来年、25回目の収穫を迎える匠は、一切の妥協を許さぬ惜しまぬ手間ひまをかけ、こだわりの『樹上完熟アップルマンゴー』を育てるからです。

樹上完熟アップルマンゴー ハウスにビニールを張り匠の温度管理が始まりました_a0254656_17514056.jpg収穫を迎えてからも、あらかじめ用意しておいたネットの中に自ら落ちた樹上完熟のものだけを収穫します。
出荷するマンゴーは全て自らが判断し、「自信を持って出せるマンゴーしか出さない!」と、頑固なまでのこだわりが、信頼と実績を築き上げてきました。
次回は、来年(令和元年)の6月下旬より出荷予定です。
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技など現地取材を重ねていきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-27 18:23 | Trackback | Comments(0)

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!

FLC日記 2019年11月26日(火) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、セロリの匠「大島農園」さんの、熊本セロリ『清正人参』の令和元年度の先行予約受付をスタートしました!!

↓ ご注文(ご予約)はコチラ!! ↓
「FLCパートナーズストア」
熊本セロリ『清正人参』

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_17204806.jpg
初回出荷は、令和元年12月3日(火)です。
以降、毎週火曜日と金曜日に、数量限定、完全予約制で販売いたします。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_18303369.jpgセロリの栄養素について少しご紹介いたします。
セロリは、カリウム、ビタミンA、ビタミンU、そして食物繊維を豊富に含む食材です。
カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_18303701.jpgビタミンAは免疫力を高め抗酸化作用があると言われ、ビタミンUは、「キャベジン」とも呼ばれ、胃酸の分泌を抑えたり、胃腸粘膜を修復するなどの働きがあります。
さらに、お通じにも良いとされる食物繊維については、あらためてお話しする必要もありませんよね!

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_16520507.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も丸々1株ごとでの販売です。
小:1株(約1kg、10本前後)と、大1株(約2kg、10本前後)(写真)をご用意しました。
ぜひ、余すことなく召し上がってください。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_17254356.jpgこちらは、以前、現地取材した「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の収穫の様子です。
包丁を使って1株1株収穫していきます。
「FLCパートナーズストア」では、朝採り即日発送でお届けいたします。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_17301793.jpg包丁を使って株ごと切り離したら、商品とすべく中央のセロリたちを育ててくれた、周りの茎を惜しげもなく取り除きます。
本当に美味しいとこだけを食べてほしいという、強いこだわりです。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_17323051.jpg根っこの部分をきれいに切りそろえたら、収穫作業完了です!
収穫してすぐにビニールに入れ、新鮮そのままでお送りいたします!!
朝採りの新鮮セロリを即日発送です!!

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_17363279.jpgお届けは、収穫後すぐに袋詰めした状態です。
セロリの茎はもちろんのこと、葉っぱも全て食べちゃってください。
特に、中心部にある若い茎のセロリは、一味違いますよ!!

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_17384515.jpgこの部分です!
この写真は、以前、テレビ取材を受けた際に撮影したもので、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』は、こうして度々、テレビや雑誌などでも紹介されています。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_17421795.jpg野菜ソムリエの資格をを持つ、レポーターの丸井純子さんが、、中心部の若い茎を丸かじり!
「セロリが甘いなんて信じっれない!」と言いながら、その部分をペロリと食べてました!
数本の茎のみの一般的な販売と違う、丸々1株だからこそ味わえる美味さです!

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_17460555.jpg同じくレポーターの山内要さんも
「セロリをこんな花束みたく渡されたのは生まれて初めて!このボリューム、そしてこの美味さ!『清正人参』最高!!」と太鼓判を押されました。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_16560835.jpg生産地と生産者の紹介をします!
ここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の現在の栽培ハウスの様子です。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_16582119.jpgまだ朝焼けの残る早朝に取材しましたが、鮮やかに輝いています。
今年も初収穫をするのは単棟建てのハウスで、より温度調整を徹底してできるからです。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_17010502.jpgその後は、広い広い連棟建てのハウスで栽培しています。
定植の時期をずらしながら、長期にわたり収穫できるよう計画的に栽培しています。
今年も1月下旬までは出荷していく予定です。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_17531385.jpg「大島農園」さんは、熊本セロリ『清正人参』を育て続けて18年!
セロリの匠、大島忠さんと奥様、そして、その匠の技を受け継ぎつつ、研究心と分析による徹底管理で、さらに高みを目指す息子さんの大島徹也さんと奥様で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、日本一のセロリ作りを目指す匠の農家さんです。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_17570193.jpg「ところで、先ほどからたびたび出てきている『清正人参』って何?」と思われた方も多いことでしょう!
「大島農園」さんはセロリ(セルリー)を『清正人参』として販売しています。
『清正人参』は、セロリの古称です。
現在は、「セロリ」と称されていますが、戦国時代後から近年までは、『清正人参』と呼ばれていました。
それは、戦国武将の加藤清正公の名前に由来しています。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_17045666.jpg加藤清正公は、豊臣秀吉の日本統一後、肥後藩(現在の熊本県)の統治を任された戦国武将です。
現在において、熊本では加藤清正公のことを「せいしょこさん」と読んでいます。
「清正公」を「せいしょこ」と音読みし、戦国の武将加藤清正公のことを、更に親しみを込め、「さん」付けし呼んでいるのです。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_18005429.jpg3年前のの熊本地震で、大きな被害を受けましたが、日本3大名城の1つの「熊本城」を築きました。
城作りの名人で、治水工事にも秀でた才能を発揮しています。
朝鮮出兵の際の“虎退治”の逸話は有名ですが、その朝鮮出兵の際に、日本に初めて「セロリ」の種を持ち込みました。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_18030344.jpg一説によると、清正公は「これはニンジンの種だ!」と騙され、熊本に持ち帰ったのだそうです。
しかし、育ててみるとニンジンとは明らかに異なるこの植物に、名称をつけるとき、「清正公が持ち帰ったニンジンの種からできたもの」つまり、『清正人参』と呼ばれ、熊本県が日本におけるセロリ栽培発祥の地と言われています。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_18122295.jpgこちらは、セロリ栽培において欠かすことのできない作業の1つ、“芽カギ作業”の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_18145563.jpgもちろん「大島農園」さんの『清正人参』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
芽カギ作業とは、不要な脇芽をかぎ取る作業のことで、美味しいセロリを育てるには、欠かすことのできない重要な作業です。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_18163424.jpg足元をスッキリさせることは、病気や害虫の予防にもつながります。
残した芽が栄養を作り、新しい芽を芽吹かせます。
そして、これから成長する新しい芽が、いずれセロリの商品となる部分となるのです。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_18230326.jpg日本におけるセロリ栽培発祥の地と言われている、この熊本県で匠の親子は、今年も“本物”と呼べる熊本セロリ『清正人参』を育て上げました。
もちろん数ヵ所のハウスで、収穫時期をずらしながらの栽培です。
「FLCパートナーズストア」では、今年もその『清正人参』をネット独占販売いたします。

熊本セロリ「清正人参」 お待たせしました!令和元年度の予約販売受付スタート!!匠が育てた熊本セロリ!!_a0254656_17075160.jpgセロリの1株そのままのお届けです。
朝採りの新鮮セロリをお送りするため、毎回の出荷数を制限しながら、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「新鮮野菜」のコーナーへお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-26 17:10 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)

FLC日記 2019年11月25日(月) くもりのち晴れ
昨日に続き、家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」の紹介をします。
毎年恒例となった「水源 食の文化祭」は、今回でなんと15回目を迎えました。
本日は、各地区や団体から出品された、心温まる家庭料理と熊本県警察音楽隊の演奏の様子を中心にご紹介します。
家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_16164025.jpg

昨日のブログもぜひご覧ください!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_16184962.jpg「水源 食の文化祭」とは、熊本県菊池市菊池水源の各地域や団体が、自慢の家庭料理を毎年秋に年1回行う振舞うイベントで、毎年たくさんの来場者が訪れます。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_16224921.jpg会場は、熊本県菊池市、菊池水源にある「きくちふるさと水源交流館」の体育館です。
今年(2019年)は、11月24日(日)に開催され、菊池市内はもとより、熊本県内外から大勢のお客様にご来場いただきました。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_16385659.jpg受付を終えると、当日のしおりと、お箸、それから手作りの“入場パス”を受け取ります。
“入場パス”を首から下げておけば、会場を自由に出入りできます。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_16412832.jpgちなみに、入場料は大人1,000円。
小学生:300円、未就学児:無料です。
しおりの裏面には、出品地区や団体の配置図と一緒に、出品料理が紹介されています。
ご飯もの、汁もの、お惣菜やおかず、甘味、デザートまで、手作り料理が盛りだくさんです。
どのお料理も、心温まる自慢の手料理です。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_16450314.jpg会場入り口付近では、菊池水源の地元の新鮮野菜、果物、乾物などが大特価で販売されています。
ダイコン、白菜、ニンジン、生椎茸などが人気の様でした。
私も、私が無農薬で栽培し、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で問題人気の『水源キウイ』を出品しました。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_16472198.jpg会場の体育館に入るとすぐに、各地域から出品された自慢の家庭料理がディスプレーされています。
いくら食べ放題とはいえ、全部は食べきれません。
どの料理を食べるか、ここで品定めです。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_16485524.jpg全て、地元の食材を使ったお料理なんですよ。
ご飯もの、汁もの、お惣菜に、手作りデザートまでり、なんだかフルコースって感じです。
どれも本当に美味しそうですね!

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_16504628.jpg私が暮らし、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊がある「伊牟田地区」からは、毎年恒例の『栗万十』も出品しました。
ちょと自慢していいですか?
この「栗万十」は、私のおば(氏森由井子)が考案し、この伊牟田地区で広め、今ではすっかり伊牟田地区の名物となったものです。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_16535085.jpg開会式では、各地区や団体からの自慢のお料理の紹介があります。
各地区や団体の自慢のお料理をいくつか紹介しましょう!

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_16551041.jpgこちらは日生野(ひよの)地区から出品された「山菜おこわ」です。
みなさんが取りやすいように、1つずつホイルケースに入れてありすごく人気でしたよ。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_16572685.jpgこちらは、塚原地区の「のっぺ汁」です。
大根、人参、ごぼう、ちくわ、こんにゃく、鶏肉などを大きさをそろえ醤油ベースで煮込んだ熊本の郷土料理です。
この日は雨も降っていて、肌寒かったので、熱々の「のっぺ汁」は最高でした。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_17010673.jpg水源MISO味噌団からは、スティックみそチーズケーキと米みそアイスクリームが出品されていました。
女性やお子様を中心に大人気でした。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_17091221.jpgいすやテーブルも洋視されています。
畳を敷いてあるスペースもあり、家族連れでも安心です。
男女を問わず、お子様から年配の方まで、それぞれのお好みの料理を好きなだけ食べることができます。
ご飯もおかずも汁物もデザートも、みなさん何度もおかわりをして召し上がっていました。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_17081018.jpgその後、ステージで演奏いただく熊本県警察音楽隊の皆さんも美味しそうに召し上がっていました。
笑顔満点なのですが、みなさん礼儀正しく正座されていたことが少し感動でした(笑)。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_17244541.jpg今年の「水源 食の文化祭」の司会をしていただいたのは、平山留美子さんです。平山さんはこの菊池市水源地区出身のフリーMC、TVリポーターで、透きとおる声ととても流ちょうなおしゃべりで、会場を盛り上げてくれました。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_17220332.jpgみなさんのお腹が満たされたころ、平山さんがステージイベントの紹介をしました。
今年は、熊本県警察音楽隊の演奏で、みなさんお待ちかねです。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_17324840.jpg最初はディズニーの曲に合わせ、マーチングフラッグの披露されました。
素晴らしい音楽と、目を引きつける演舞で会場を圧倒します。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_17345465.jpgそれから、子供たちにも大人気の「パプリカ」の演奏がありました。
踊りも披露され、子供たちは大盛り上がりです。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_17361514.jpg


家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_17431912.jpg曲の間には、警察音楽隊らしく、防犯のお話もありました。
振り込め詐欺に気をつけましょうと言うことを、より具体的にお話しいただきました。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_17442926.jpgそれから、「火の国旅情」「美空ひばりメドレー」「世界にひとつだけの花」などの演奏をいただきました。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_17474354.jpg来場されたみなさんや、美味しいお料理を提供いただいた各地区や団体の皆さんも、見事な演奏に聞きほれています。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_17494399.jpg今回、初めて熊本県警察音楽隊の皆さんに演奏いただきましたが、多くの方が
「ぜひまた来てほしい!」「毎年来てくれないかなぁ~」などの声が上がっていました。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_17561373.jpg定刻となり、熊本県警察音楽隊の皆さんへのお礼と、閉会の挨拶を城副理事長が述べました。
本来は「ふるさと」をみんなで合唱して挨拶となりますが、今年は生演奏いただくことになりました。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_17590285.jpg


家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_18003825.jpg毎年恒例となっていますが、今年はみなさん特に声高々に合奏しているようです。
今年の『水源 食の文化祭』でも、たくさんの美味しい家庭料理をおなかいっぱい食べて、たくさんの笑顔に出会うことができました。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_18043589.jpg昨日、無事に終わったばかりですが、もう来年の『水源 食の文化祭』が待ち遠しくてなりません。
これからも、ずっとずっとこのイベントが開催されることを願っています。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_18064296.jpg本日は、「水源 食の文化祭」の紹介をさせていただきましたが、本業はネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営しています。
熊本で育つ、“本物”と呼べる最旬食材をインターネットで販売しています。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_18251627.jpg現在は、冬至の日の柚子風呂用の柚子(ゆず)が大人気です。
その他にも、熊本の安全で美味しいお米、新鮮野菜、旬のフルーツ、えごま油などなどを販売中です。
家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(後編)_a0254656_18280713.jpg

ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、たくさんの農家さんの“本物”と呼べる作物を販売しています。
それらのほとんどが、ここでしか、買うことのできないものばかりです!
ぜひ、「FLCパートナーズストア」のホームページもご覧ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2019-11-25 18:11 | FLC | Trackback | Comments(0)

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)

FLC日記 2019年11月24日(日) 晴れ
本日、2019年11月24日(日)待ちに待った家庭料理大集合!「水源食の文化祭」が開催されました。
「水源食の文化祭」毎年楽しみにしている、“美味しいイベント”にです!
家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_18071145.jpg


家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_18084815.jpg「水源 食の文化祭」とは、熊本県菊池市菊池水源の各地域や団体が、自慢の家庭料理を毎年秋に年1回行う振舞うイベントで、毎年たくさんの来場者が訪れます。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_18111326.jpg入場料の、大人1000円、小学生500円、未就学児無料で、ご飯もの、汁もの、お惣菜やおかず、甘味、デザートまで、手作り料理が盛りだくさんのお料理が食べ放題です。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_18114792.jpg“入場パス”を首から下げておけば、会場を自由に出入りすることもできます。
この入場パスは、毎年竹を切り出し手作りで作られています。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_18491622.jpg会場は、熊本県菊池市原(はる)にある、「きくちふるさと水源交流館」の体育館です。
「きくちふるさと水源交流館」は、廃校となった「菊池東中学校」跡地を利用した菊池水源地域の活性を目的とした施設です。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_19261897.jpgその「きくちふるさと水源交流館」は、NPO法人「きらり水源村」が、指定管理者として事業企画し、管理運営しています。
当時の校舎をそのまま活かしたノスタルジックな雰囲気も良いですよね。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_19273517.jpg「きらり水源村」は、『地域活性化(=まちづくり)』、『都市山村交流(=グリーンツーリズム)』、『子どもの生活圏づくり(=スローライフ)』の3つのキーワードを軸に、校区民を中心に構成されたNPO法人です。
「きらり水源村」は、「平成24年度地域づくり総務大臣賞」を受賞し、全国的にも注目されています。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_16324685.jpg「きらり水源村」では毎年夏の期間に、菊池水源を流れる用水路「原井出(はるいで)」を利用し、カヤックで井出を下る、九州で唯一の井出を使ったアトラクション『イデベンチャー』も行っています。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_19303533.jpg橋をくぐり、トンネルを抜け、時には急流にカヤックを任せて進みます。
大人も子供も楽しめ、今年も2000名を超える参加者がありましたよ。
私も毎年、スリル満点の『イデベンチャー』を体験しています。
夏の期間のみの開催なので、詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

きくちふるさと水源交流館ホームページ
http://www.suigen.org/



家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_18123221.jpgさて、家庭料理大集合『水源食の文化祭』に話を戻しましょう!開催時刻の12:00の前にはすでに、たくさんお方が来ていました。
受付では、本日のしおりと、お箸、それから手作りの“入場パス”を受け取ります。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_18131237.jpg会場の体育館に入るとすぐに、各地域から出品された自慢の家庭料理がディスプレーされています。懐かしいおばあちゃんの田舎料理もあり、どれもすごく美味しそうです!

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_18140908.jpgもちろん、すべて食べたいのですが、そんなにはお腹に入りません。ですから、このディスプレーと、しおりを見て、その場所や内容を確認して、何を食べるか考えるのも楽しみの一つです。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_18144782.jpg12時の定刻となり、まずは「きらり水源村」理事長の岩崎良美さんの開会の挨拶がありました。
その後、ご来賓の方の紹介、挨拶へと移ります。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_18153656.jpg今回は、菊池市副市長の芳野勇一郎様にご挨拶いただきました。
「美味しい香りが漂っています!楽しみにしてきました。本日は美味しい料理をたくさん食べて、皆さんと楽しい時を過ごしたいと思います。」その他にも、木下雄二菊池市議、田中教之菊池市議にも来賓としてお越しいただきました。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_18411652.jpgさてさて、芳野副市長の挨拶にもありましたように、会場は良い香りが漂い、みなさん食事をお待ちかねですが、各地区や団体から、今回の出品料理の紹介があります。
パンフレットだけではなく、この紹介でさらにテンションが上がるんです!

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_18443160.jpg会場には、お皿、お椀、カップが用意されています。それを各自もって、お好きなものを食べるのですが、注意点が3つ!
・お料理はみんなで分け合います
・出品料理の持ち帰りはしません
・食べ残しがないようにします

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_18490236.jpgそして、いよいよみんなで「いただきます!」と唱和して、試食のスタートです!
どんなお料理が並んでいたのか気になりますよね!
でも、本日は少々長くなりましたので、この続きはまた明日のブログでご紹介します。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_18492345.jpg私が暮らし、株式会社旬援隊がある「伊牟田地区」からは、毎年恒例の『栗万十』も大人気!
毎年、この『栗万十』を食べたくてご来場いただくお客様も多いんです。

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2019に行ってきました!心温まる家庭料理が目白押し!(前編)_a0254656_19004447.jpg今年も、家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」は大盛況でした。
明日は、美味しい家庭料理の数々と、水源地区の農産物を販売する特設コーナー、そして、ステージイベントの熊本県警察音楽隊の皆さんの素晴らしい演奏など、会場の様子を詳しく紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2019-11-24 19:01 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!

FLC日記 2019年11月23日(土) 晴れ
本日(11/23)、熊本県菊池市泗水町において、第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されました。
本日のブログでは、現地取材したその様子を紹介いたします。
第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_16534670.jpg


第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_16573285.jpg会場はこちら!熊本県菊池市泗水町にある、泗水公民館です。
九州のお米食味コンクールは、1回から今回の3回までいずれも菊池市で開催されています。
また昨日は、同会場で第7回菊池米食味コンクールが開催されました。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_16595330.jpg米食味コンクールは、色・艶、香り、粘り、食感、食味で審査・評価することにより、安全性や糧食性を求め、「良質な米作り」に日々精進する生産者・生産団体を支援し、さらにこれを認めることを目的とした大会です。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17023551.jpg2016年には、熊本県菊池市において、第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in菊池市が開催されました。
写真は、その時の開会式の様子です。
今年の21回大会は、11月30日・12月1日の両日、千葉県木更津市で開催されます。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17051035.jpgさて、第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催された、泗水公民館のすぐ横には「泗水孔子公園」が隣接しています。
なぜ?熊本県菊池市泗水町に孔子公園?とお思いになった方も多いことでしょう!

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17094826.jpg孔子は中国の春秋時代の学者で思想家、哲学者でもあります。
儒教の祖とも言われています。
ここ泗水町の町名と、孔子について少し紹介します。
日本で市制・町村制が公布された明治22(1889)年、各地で市町村の名前を決めることになりました。
現在泗水町と呼ばれるこの地域は、かつて合志(ごうし)郡と言われる地域でした。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17160367.jpg初代村長となる西佐一郎氏は、孔子をとても尊敬していました。
合志→ごうし→こうし→孔子と言うことで孔子の出身地である泗水(しすい)を拝借して泗水村としよう!となりました。
また、鞍岳川、矢護川、若木川、小原川の4本の川が合流する場所であったことも決め手となり、正式に泗水村(当時)となりました。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17193734.jpg今では孔子にちなんだ祭が開催されたり、超本格派な中国宮廷建築を取り入れた孔子公園が作られたりして町おこしに一役買っています。
入場料は無料で、その中には本場中国の石材が使われた孔子像などもありますが、孔子公園の紹介はこのあたりで!

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17285653.jpgさて、第3回九州のお米食味コンクールin菊池に話を戻しましょう!
開会宣言の後、坂本哲志衆議院議員のご挨拶、祝電、来賓紹介などがあり、いよいよコンクールが始まります。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17314930.jpg九州各県から、1168の検体が出品され、あらかじめ一次審査が行われました。
一次審査では、全て機械による検体の検査を行い、最終審査にノミネートされたお米を、本日、食味鑑定士の方々の試食による厳正なる審査を行います。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17334198.jpgこちらがその審査を行う機械です。
水分、タンパク、アミローズ、脂肪酸度などが測られ、それらの数値に伴い、それぞれのスコアが出されます。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17355526.jpgスコアの良かった、上位30検体がノミネートされ、食味の審査が行われるのです。
ちなみに、今回の予選でのハイスコアは88で、上位30位までに入るには83が必要だったようです。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17390074.jpg機械審査による、上位30名の農家さんたちが育てたお米(白米のご飯)が、機械審査の順番とは関係なくランダムにやってきます。
審査員はそれらを食し上位5品目を投票します。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17432497.jpg色・艶、香り、粘り、食感、食味で審査・評価します。
もちろんそれらが誰のお米なのかは審査員も全く分かりません。
厳正なる審査で、公平を期するためにこの様に見て回ることもできました。
ちなみに手前の方は、私の米作りの師匠の米食味鑑定士で審査長の堤公博さんです。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17473185.jpg一昨年の九州のお米食味コンクールin菊池の際に撮影した写真です。
米・食味鑑定士協会の鈴木秀之会長(右)と、米・食味鑑定士の堤公博さんです。
堤公博さんは、“米・食味鑑定士”で、雑穀エキスパートです!!

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17534834.jpgまた、九州米粉食品普及推進協議会の会長などたくさんの役職をしながら、自らもこの菊池市七城町で、無農薬でお米を育てています。
稲刈りの取材に行った際に撮影した堤公博さん(左)とお弟子さんの野田哲詩さん(右)です。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17465152.jpg堤さんが育てたお米は、この米・食味分析鑑定コンクール:国際大会において、2度も日本一に輝きました。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、堤さんのお米を販売しています。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_18391626.jpgしかし、堤さんが育てるお米は、もうすでに何年も先まで予約でいっぱいのため、弊社では無農薬・無化学肥料で育てた『雑穀米』、『発芽玄米』、『米粉』の販売を行っています。
無農薬栽培の『発芽玄米』と『雑穀米』を今すぐ購入したい方、
詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



無農薬栽培の『米粉(微細粒米粉)』を今すぐ購入したい方、
詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17565218.jpg第3回九州のお米食味コンクールin菊池の総合司会をしていただいたのは、昨年に続き平山留美子さんです。
平山さんは菊池市在住のフリーMC、TVリポーターで、透きとおる声ととても流ちょうなおしゃべりで、会場を盛り上げてくれました。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_17582420.jpgまた、会場には南北朝時代に活躍した菊池市の武将、菊池武時公と菊池武光公に扮した鎧姿のお2人がいました。
「すごく暑いですが、皆さんに菊池をアピールしようと頑張ってます」と話してました。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_18004421.jpgこんな出会いもありました!
このおそろいの法被を着た、とてもかわいらしい女性たちは、鹿児島県立伊佐農林高等学校の生徒さん達です。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_18061514.jpg伊佐米、かごしま湧水米、そして伊佐農林高等学校のPRのために来たとのことでした。
「自慢のお米です。冷えてもすっごく美味しいんですよ!」と、話していました。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_18093853.jpg私が会場を後にするときまた会うと、3人で決めのポーズ?で撮影に応じてくれました。
私も農業を営む一人として、この3名の笑顔に、なんだか明るい未来が見えた気がしました。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_18120130.jpg厳正なる食味審査は続き、この表にて発表されます。
私は、自分の農作業があるので、最終結果を待たずに会場を後にしました。
最後に私のことを少し紹介させてください。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_18182471.jpg私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥で、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
写真は菊池渓谷から菊池市街方面へ下り、最初の左へ進む道路を進んだ先にある景色です。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_18173031.jpg昨年は見様見真似で、そして今年からは自給自足を目指し本格的に米作りも始めました。
そのお米は昨日開催された第7回菊池米食味コンクールに出品しましたが、結果はもちろんまだまだでした。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_18372990.jpgこれが株式会社旬援隊の本社社屋です。
ここを拠点として、熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」の営業活動をしています。

第3回九州のお米食味コンクールin菊池に行ってきました!_a0254656_18313276.jpg自らの農業体験を活かしながら、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる作物を消費者と生産者目線で紹介して、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売しています。
とっておきの“最旬”食材をご案内しています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページものぞいてみてください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2019-11-23 18:33 | FLC | Trackback | Comments(0)

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! 

FLC日記 2019年11月22日(金) くもり
本日(11/22)、熊本県菊池市泗水町で、第7回菊池米食味コンクールが開催されました!!
明日は、第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!!
第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_16324677.jpg


第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_16331282.jpg会場は、熊本県菊池市泗水町にある泗水町公民館です。
今年の菊池米食味コンクールは、平日開催と言うこともあり、さらには会場も変わって、来場者は昨年に比べ少なかったようです。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_16424130.jpg出品数は246検体です。
そして、なんとその中の1つは私が育てたお米なんです!
本格的にお米栽培を始めたのは今年が初めてで、その分析結果を知りたかったので出品しました。
もちろんノミネートなんてされません(笑)。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_16455423.jpg出品された検体(玄米2kg)は、まず機械による分析が行われます。
水分、たんぱく質、アミローズ、脂肪酸度をデータ化し、上位に入ったものだけがノミネートされ、大会中に当日開催される「官能審査」へと進むことができます。
ちなみに、私のスコアは67点で、今回の予選でのトップは82点でした。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_16515670.jpg受付潤の132番が私(笠泰紀)です。
まぁ、参加することに意義があると言いますか、昨年、苗を頂き始めて育てたお米は散々でしたが、今年は苗から作り稲刈り(収穫)までを行った初めてのお米で、出品できるお米を作れたことが何より嬉しいんです。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_16561769.jpg今年分析頂いたデータをもとに、来年はスコアを伸ばせるよう、様々な工夫をしながらお米作りに挑みたいと思います。
私の話はここで一旦置いといて、本日の会場の様子を紹介いたします。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_17002382.jpg会場の熊本県菊池市にある泗水町公民館です。
旧菊池市、旧菊池郡泗水町、旧菊池郡七城町、旧菊池郡旭志村が平成17年に合併して現在の菊池市になっています。
菊池市七城町で育つ『七城の米』は、全国的にも高い評価をされ、菊池市は日本有数の米どころです。
第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_17122240.jpg

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_17130652.jpg熊本県菊池市七城町砂田のお米、『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われたたお米で、“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_17184476.jpgそんな菊池市ですから、現在も多くの農家さんが米作りを行っています。
会場には明日の第3回九州のお米食味コンクールin菊池の出品のお米も含め展示されていました。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_17204265.jpg開会式では、江頭実菊池市長が挨拶されました。
日本一ともいえるこの菊池市のお米を育てる環境作りにも益々菊池市をあげて取り組んでいきたいとのお話でした。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_17255696.jpg開会式後、いよいよ個人総合部門の官能審査に入ります。
審査に先立ち、米食味鑑定士審査長の堤公博さんより、審査方法、審査基準等の説明がありました。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_17282883.jpg審査基準は色・ツヤ、香り、粘り、食感、食味の5項目。
それぞれ良い、普通、悪いの評価があり審査員みなさんの点数の合計が評価となります。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_17310260.jpg第7回菊池米食味コンクールにおいては、江頭菊池市市長、堤さんも含め、30名が審査員として選ばれていました。
写真は、私の菊池南中学校の同級生の後藤秀夫菊池市議です。
神妙な顔をしていますが、本当はとても気さくないいやつですよ(笑)。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_17365775.jpg同条件にて炊飯されたご飯を容器にれ、ランダムに番号をつけて審査員に配膳されます。
もちろん何番が誰のものかなどは一切わかりません。
先ほど紹介した5項目の審査基準で、審査員みなさんが評価をつけるのです。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_17405243.jpg米食味コンクールは、色・艶、香り、粘り、食感、食味で審査・評価することにより、安全性や糧食性を求め、「良質な米作り」に日々精進する生産者・生産団体を支援し、さらにこれを認めることを目的とした大会です。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_17445843.jpg写真は3年前、菊池市で開催された第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in菊池市の様子です。
今年の21回大会は、11月30日・12月1日の両日、千葉県木更津市で開催されます。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_17565765.jpgさて、本日の第7回菊池米食味コンクールを現地取材し紹介している私のことも少しだけお話しします。
写真は今年のキウイの収穫の様子です。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_17582108.jpgこちらは、今年の稲刈りの様子。
私は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥で、会社を運営しながら、自ら農業も営み、自給自足の生活を目指しています。
昨年から本格的な自給自足に向け、米作りも始めました。
まだまだ何とかコンクールに出品できたほどのお米でしたけど!

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_18024134.png株式会社旬援隊の本業は、匠の農家さんたちが育てる、“本物”と呼べる食材のネット販売です。
各種フルーツ、新鮮野菜、お米、加工品などなどを「FLCパートナーズストア」と言うショップ名で販売しています。
第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_18044762.jpg
特に、熊本の最旬フルーツは弊社の大人気商品です。
弊社で販売する、商品は全て、私がその栽培地に伺い、年間を通してその成長の様子や、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、毎日更新するこのブログを中心に紹介しています。

第7回菊池米食味コンクール!明日(11/23)は第3回九州のお米食味コンクールin菊池が開催されます!! _a0254656_18042569.jpgまた、弊社が契約しているそれぞれのこだわりを持った、3人の匠の農家さんの熊本の美味しいお米の令和元年度新米も大好評販売中で、毎日、全国のご購入いただいたお客様に出荷しています。
詳細は、下記ホームページよりチェックしてみてください!
ご来店お待ちしてます。
FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-22 18:08 | FLC | Trackback | Comments(0)

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!

FLC日記 2019年11月21日(木) 晴れ
2019年(令和元年)の冬至は12月22日(日)です。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、冬至の柚子(ゆず)風呂用の柚子を、数量限定でご予約承り中です!!
令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_16534490.jpg


令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_16245729.jpg「冬至」は、24節期(気)の1つで、1年で1番昼の長さが短い日ですね。
昔から、「冬至」には、「かぼちゃを食べて、『柚子湯』にはいると無病息災!風邪なんてひかない!」なんて言われていますよね。
「FLCパートナーズストア」では、熊本県山鹿市鹿北町の「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子『あっぱれ』を好評発売中です。
「鬼塚農園」さんでは、日のあたる山の斜面を利用して、『柚子』を生産しています。
柚子(ゆず)を作り続けて、20年以上のまさに“匠”です。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_16575187.jpg今年はかなりのハイペースでご予約を頂いています。定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます!!
とりわけ、銭湯や温泉、ホテルや旅館、ゴルフ場と言った大量注文のお客様は、ご注文(ご予約)は早い者勝ちです!!

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』



令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_1634915.jpg『香り高きゆず』は、「鬼塚農園」さんの壮大なゆず畑で生産されています。
その広さは、なんと7反(2100坪)ほどあり、柚子畑と言うよりも、“柚子山”と言った広大な広さです。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_1636873.jpg「鬼塚農園」の鬼塚敬治さんです。
鬼塚さんは、標高が500mほどあるこの地で、以前はみかんを育てていました。
しかし、高冷地のこの土地は、柚子の栽培に適していると、20年以上前に一念発起して、柚子栽培に変えてしまいました。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_16403912.jpgミカン栽培の頃の石垣はそのまま利用しています。
これは、5月中旬、柚子の花咲く頃の写真です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_16431525.jpgもちろん、「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』の栽培の様子も、もう何年も現地取材を重ねてきました。
花咲く様子、着果の頃、果実の成長、色づき、収穫、お礼肥えや剪定まで、その全てです。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_16452596.jpg「FLCパートナーズストア」で販売する『冬至用ゆず』は、弊社では『キズあり柚子』として販売しているものと同様の商品です。
1箱5kg入り、10kg入りで販売しています。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_16472652.jpg『キズあり柚子』と称して、販売していますが、これらは、一般的な普通の柚子です。
「『柚子は表皮にキズやへこみがあって当たり前!』と言われる果実です。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_17174238.jpg柚子の果樹は、同じ柑橘類の中でも、鋭いトゲがたくさんある植物です。
このトゲはもちろん、枝や葉っぱ他の果実との果実の成長中の接触で、どうしても果皮にキズやへこみが入ってしまいます。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_16531545.jpgではなぜ、あえて『キズあり柚子』としているか?と言うと、それは、キズがほとんどない、香り高きゆず『あっぱれ』との違いを明確にするためです。
『あっぱれ』は、収穫した柚子から選びに選び抜かれた、“極選”の美しい柚子です。
令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_1656560.jpg

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_1658317.jpg『あっぱれ』ほどキズの無い柚子は、奇跡の柚子と言われています。
収量のわずか1割にも満たないからです。
手前から、香り高きゆず『あっぱれ』の大玉(1箱2kg前後 12~13玉)、中玉(1箱2kg前後 15~16玉) 、小玉(1箱2kg前後 17~19玉) です。
利用目的によってご購入いただいています。
ただ、数量限定商品のため、今期の『あっぱれ』はすでに完売とさせていただいています。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_171395.jpg香り高き柚子『キズあり柚子』には、もちろんキズやへこみなどがあり、大きさも不ぞろいですが、その香りやフレッシュな果汁は『あっぱれ』と全く変わりません。
『キズあり柚子』は、フレッシュな果汁はもとより、香り高き果皮も思う存分ご利用ください。
柚子風呂(湯)や加工用としては最適な商品です。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_1732356.jpg昨年も、大手ホテルや老舗旅館、ゴルフ場、ケアハウスなどなどから、『冬至用ゆず』のたくさんのご注文をいただきました。
そしてその多くは、今年もリピート購入(ご予約)を頂戴しています。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_17852100.jpgもちろんご家庭でも、ぜひ「柚子風呂」をお楽しみください。
5kg入りで、30玉前後ありますので、5個ほど浮かべれば1週間位は、毎日柚子風呂を楽しめますよ。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_17115140.jpgすぐに、香り高きゆずの『キズあり柚子』をご購入いただいても、冷暗所(乾燥をさける)で保管すれば、冬至の12月22日にも変わらぬ品質でご利用いただけると思います。
数量限定の商品ゆえ、ご注文はとにかくお急ぎください。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_17154731.jpg現在、「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は、ほとんどの収穫を終え、きちんと管理したうえで、こうしてコンテナに入れて貯蔵庫に保管されています。
この時期くらいまでに収穫を終えないと、霜が降りると、柚子は完全に傷んでしまうからです。
柚子の保管は、直射日光、高温、氷点下を避けなければなりません。
風通しの良いところも避け、乾燥させないことも重要です。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_17191621.jpg「鬼塚農園」さんは、鬼塚敬治さん、紀美代さんの笑顔の絶えない仲良しご夫婦で、今年も惜しまぬ手間ひまをかけ『香り高き柚子』を育ててきました。
そして、収穫した『香り高き柚子』は、1年で最も『柚子』の需要が多い、12月中旬の出荷に向け、徹底管理で保管しています。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_17293928.jpg今年は、大変ありがたいことに、昨年以上のハイペースでのご注文を頂戴しています。
今シーズンご利用いただいたお客様が、もうすでに何度もリピート注文されるほどの大人気商品です。

令和元年度の冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず)ご予約承り中!数量限定につき、お急ぎください!_a0254656_17305883.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用柚子』をネット独占販売しています。
『あっぱれ』は今季すでに完売となりました。
『冬至用ゆず』も、今年も間違いなく完売する種尾品なので、ご注文はお急ぎください!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-21 17:32 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)