人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

<   2018年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

種なしかぼす 朝採り即日発送で大好評発売中!!少しずつ色付き始め香りも際立ってきました!

FLC日記 2018年10月21日(日) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も匠の農家さん「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』を大好評発売中です!
a0254656_18222562.jpg


a0254656_18231059.jpg現在は、青々とした『種なしかぼす』を出荷中ですが、秋の深まりと共にだんだんと色づき始めてきました。
11月中旬からは、しっかりと色づいたゴールドかぼすの販売です。
今年は、例年以上のハイペースで出荷中です。
朝採り、新鮮そのものを、即日発送するため、出荷は毎週火曜日と金曜日に定め、数量限定、完全予約制での販売です。

a0254656_17295687.jpg「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』は、無農薬栽培の安全性と、朝採りの新鮮さ、そして何より“種なし”と言う使いよさで、県内外の有名料亭やレストランからもご注文を頂戴している大人気商品です。

a0254656_17342977.jpg※ミツバチなどによる他の柑橘類との交配(受粉)で、一般的なかぼすに比べると少ないのですが、小さい種がある場合もございますので、予めご了承ください。(写真参照)

a0254656_17365784.jpg『かぼす』には、クエン酸やビタミンCが多く含まれています。
クエン酸は、食欲不振に効果的ですし、胃液の分泌を整えてくれます。
筋肉中の乳酸によって引き起こされる肩こりや頭痛にも効果的だといわれています。
「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』は、「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です。

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』


a0254656_18274425.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの、山あいの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培場です。
大自然の中、とても空気が澄み渡った環境にあります。

a0254656_18292770.jpg「古川果樹園」さんでは、農薬や化学肥料を一切使用せずに、『種なしかぼす』を栽培しています。
「古川果樹園」さんは、古川孝人さんと奥様のアツ子さんの仲良しご夫婦で、様々な“本物”と呼べる作物を育てる匠の農家さんです。

a0254656_18315226.jpg「古川果樹園」さんは、本日ご紹介している『種なしかぼす』をはじめ、秋の果物の王様『太秋柿プレミアム』、『山竹たけのこ』などを育てる、匠の農家さんです。
こちらは、以前取材した『太秋柿』の収穫の際のお二人のツーショットです。

a0254656_18355203.jpgお2人が育て上げ、選び抜かれた『太秋柿プレミアム』は、今年は早々に完売しました。
さらには来年度の予約まで早々に頂戴しているほどの超人気商品です!

a0254656_17501634.jpgさて『種なしかぼす』に話を戻しましょう!
かぼすは、大分県を原産とする柑橘類です。
青いまま収穫し、その酸味と爽やかな香りを調味料として使います。
しかし、一般的なかぼすには、たくさんの種が入っているのです。
だましたようで恐縮ですが、この写真、実は種が入っている一般的なかぼすなんです。
正直、外見だけでは全く分かりません。
そこで、比較してみましょう!

a0254656_17554228.jpg右が先ほどの写真のかごの中から半分に切ったカボスで、左が「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』です。
一般的なカボスには、多いもので、10個以上の種が入っている場合もあります。

a0254656_1801454.jpgかぼすはみかんやデコポン、せとかと同じ柑橘類ですから、果実は1つ1つの房になっています。
その房の中に、多いものでは3つも種が入っているのもありました。
そうなると、果汁を絞っても、どうしても種が気になっちゃいます。

a0254656_1865440.jpgこちらは、私がおススメしている“かぼすビール”!
グラスに注いだビールに、カボスの果汁を軽く絞って飲むと、これが実に美味い!
ライムやレモンを入れて飲む、メキシコのCoronaビールの日本版ってとこでしょうか!
ぜひ一度お試しあれ!

a0254656_1894144.jpg種がない分、もちろん果汁も多いんです!
『種なしかぼす』は、種を気にすることなく、果汁全部をギューッっと搾りきれることも、人気の秘密のようです!!
でも、この『種なしかぼす』には、小さな種が2つほどあるようですが、この違いは明白ですね!

a0254656_18172935.jpg「古川果樹園」の古川孝人さんです。
「このあたりには、他に柑橘類ば育てよる農家さんが無かけん、病気や害虫のおらんけん、消毒もなんもせんで良かとたい。それだけの田舎ってことばってん、ホント良か環境ばい(笑)!ただ、この村の家の庭には、柚子ば育てたりしよらすけん、その花粉ばミツバチが持ってきてかぼすに種の入ることはあるばってんね。」

a0254656_18411133.jpgこちらは以前取材した収穫の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の栽培の様子をもう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18434728.jpg収穫の様子はもちろんのこと、冬の剪定や春の芽吹く様、花咲く様子(写真)、着果し成長し、収穫を迎えるまでの過程など、その全てです。
だからこそ、こうして自信をもっておすすめできるのです。
朝採り即日発送でお届けしていることも人気の秘密のようです。

a0254656_18272872.jpg2種類の商品を販売しています。
選びぬかれた8~10玉入りの『種なしかぼす』です。
できる限り、大きさをそろえキズがあるようなものは全て選別されます。
「FLCパートナーズストア」では、それを2袋を1セットとして、無農薬で育てた熊本産高級種なしかぼす(16~20玉入り)として販売しています。

a0254656_183237100.jpgこちらはお買い得な4kg入り。
大きさに少しばらつきがあり、果実が葉っぱの陰になった色付きムラや多少のキズもありますが、そこから痛んでいくような傷のあるかぼすは、もちろん絶対に出しません!
2週間ほどは、多少果皮が乾燥してきても、果汁はほとんど変わらないため、リピーターの多くの方がこちらを購入されるようです。

a0254656_18582152.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの無農薬・無化学肥料栽培の『種なしかぼす』を大好評販売中です。
毎週、火曜日、金曜日の出荷で、数量限定での販売です。

a0254656_192535.jpgまた、11月中旬になると、柑橘類であるかぼすは、こうして色付き、ゴールドかぼすでの販売となります。
色付いても、果汁には全く問題なく爽やかな酸味と香りが好評です。
中には、「色付いたかぼすの方が、香りが際だつから好きなのよね!」と言われるお客様もあるくらいです。

a0254656_18492040.jpg秋の味覚には『種なしかぼす』が良く合いますよ!
“サンマ”に搾って、“かぼすビール”を頂くなんて、最高の贅沢ですね!!
下記「FLCパートナーズストア」のホームページより、ご注文(ご予約)お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-21 18:50 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

完熟紅ほっぺ 平成30年も12月上旬からの出荷に向けて、定植後の様子を現地取材!

FLC日記 2018年10月20日(土) 晴れ

a0254656_16293591.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』を、ネット独占販売いたします。
本日は、12月上旬からの出荷に向け、元気に育つ『完熟紅ほっぺ』の現在の様子をご紹介いたします。
a0254656_17485440.jpg
ここは、熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスです。

a0254656_17495710.jpg春先から秋まで、苗床で大切に育てられたイチゴの苗たちは、9月下旬にこの栽培ハウスにこうして畝(うね)をたて定植しました。
潅水(農作物に水を与えること)用のチューブもきちんと配置されています。

a0254656_17515203.jpg「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスに現地取材に行くと、ちょうど生産農家の牛島武文さんが、コンバインに乗ってやってきました。

a0254656_17532802.jpg「おはようございます!」と声をかけると、
「定植後のイチゴたちの写真ば撮りに来たとだろ?今日は稲刈りせにゃんけん、好きなように撮っていくと良かばい。」と牛島さん。

a0254656_17590181.jpg「あれ?イチゴは今年は1棟だけにしたのですか?」
と尋ねると、
「そうたい!ちょっと手の廻らんだったけん、1棟だけばい!」

a0254656_18005034.jpg「今年はその1棟だけにして、量より質!欲張って品質ば落とすより、集中してしっかり手ばかけて育てるけん、安心しなっせ!」とのこと。
牛島さんは、美味しさと安全性にこだわる匠の農家さんです。

a0254656_1737890.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、有機栽培に取り組み、キャベツ、白菜、水田ゴボウなどを、完全無農薬・無化学肥料のこだわりの有機栽培で育てています。

a0254656_17375121.jpgそれらの有機栽培の野菜たちは、ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
しかし、イチゴだけは、“減農薬栽培”で育てています。

a0254656_1744379.jpgイチゴは、苗を育てる夏の時期、どうしても病気になりがちなので、やむおえず農薬を使用します。
様々な研究をし、慣行栽培の農薬の量の半分で元気なイチゴを育てています。

a0254656_18094720.jpgこちらは、現在のイチゴの苗床の様子です。
来年度用の苗たちを栽培していました。
イチゴは多年生の植物で、ランナーと呼ばれるツル伸ばし、そこに新しい株ができて増えていくのです。
そうして増やした苗たちを、夏の間苗床で集中管理し育てます。

a0254656_18065435.jpgその際に、最低限の農薬のみを使用し育てているので、定植した苗は、虫にかじられていました。
夏の間だけの農薬使用ですが、使用することには変わりがないので、あくまで減農薬栽培のイチゴとして出荷しています。

a0254656_18111687.jpg「定植した苗にはもう花の咲きよるばい。それも見とくと良かたい。ただ、それらは全部摘果してしまうけん、今年も例年通りの12月上旬からの出荷になるだろうね!」
牛島さんはそう言いながらコンバインに乗り込みました。

a0254656_18135391.jpg「稲刈りが終わったら、イチゴのハウスにマルチビニールばはって、いよいよ本格的な栽培の始まるばい。今日は稲刈りで忙しかけん、またゆっくり取材に来なっせ!」とのことでした。
「了解です!ありがとうございました。」と言って、私はイチゴのハウスへ向かいました。

a0254656_18145740.jpgこちらが牛島さんが話していたイチゴの花の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18165804.jpgもちろん「牛島農園」さんのこだわりイチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、苗床から定植、マルチ張りや花咲く様子、成長と収穫など、その全てを年間を通して取材して、このブログで紹介しています。
写真は、昨年の12月の収穫を始めたころのハウスの様子です。

a0254656_18192126.jpgその一番花から実るイチゴの果実たちは、現在は苗の中央から芽吹き始めたこの新芽から育ちます。
こだわりの減農薬栽培のイチゴを『完熟紅ほっぺ』として、今年も出荷いただく予定です。

a0254656_18231024.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
減農薬のこだわり!完熟のこだわり!で育てられた、安心・安全な『完熟紅ほっぺ』にご期待ください!!
12月上旬よりの発送予定です。
これからも、現地取材にて成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技などをご紹介します。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-20 18:24 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

砂田米 七城町『砂田のれんげ米』の稲刈り2018 平成30年度の新米の先行予約受付をスタート!!(後編)

FLC日記 2018年10月19日(金) くもり時々晴れ一時雨
「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市七城町の砂田地区で、匠の農家さん野中逸雄さんがれんげを使ったこだわりの土で育てる、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。
平成30年度の新米の予約受付をスタートしました!
a0254656_16432097.jpg


a0254656_16543992.jpg熊本県菊池市七城町は、日本でも有数の米どころです。
平成29年度の「七城のこめ」は、日本穀物検査協定が行う、食品ランキングで『特A』を獲得しました。
なんと、10年連続11回目の受賞です。
江戸時代から旨いお米の代名詞と言われた熊本県七城町砂田のお米、『砂田米』!
“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。

a0254656_16492189.jpgその七城町砂田で、野中逸雄さんは、れんげを有機肥料として育てた、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を、無農薬栽培で生産しています。
「FLCパートナーズストア」では、今年も『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。

a0254656_16563199.jpg現在は、平成30年度の新米の収穫(稲刈り)を終え、乾燥、脱穀の工程へと進んでいます。
野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』は、ここでしか買うことのできない、大変貴重なお米です。

a0254656_17032741.jpg白米も玄米でも販売していますが、自信をもっておススメしているため、お試しなどは一切なく、10kgからの販売となっています。
お得な定期購入は、メールまたはお電話でご注文下さい。

今すぐ注文(ご予約)、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』

a0254656_17051718.jpg昨年(2017年)の稲刈りの取材の際に撮影した生産農家の野中逸雄さんです。
野中さんは、『砂田のこだわりれんげ米』を、毎年変わらぬやり方で育てています。
稲刈り時の稲ワラと、れんげだけを有機肥料にした元気な土の田んぼで、それ以外には、なにも足さずに、なにも引かずにこだわりのお米を栽培しています。

a0254656_17090238.jpg今年は、野中さんが病気療養中のため、2人の息子さんによって稲刈りが行われました。
本日のブログでは、昨日に続き、現地取材したその様子を紹介いたします。

a0254656_17110122.jpg長男の野中賢吾さんがコンバインを操作しながら稲刈りを行っています。
「今までは、稲刈りの段取りも含め、父に任せていましたが、今年は剛(弟さん)と二人で、稲刈り前のコンバインの整備から収穫後の乾燥の準備も含めやってきました。すごくいい天気で、稲刈り日和ですね!」
賢吾さんはそう話しました。

a0254656_17173140.jpg弟の野中剛さんです。
「やはり微妙な操作が難しいですね!」と話していましたが、いえいえ、初めてにしてはなかなかのコンバイン操作だと思いながら私は見ていましたよ。
苗床や田植え、稲刈りの際には、野中さんと共に手伝っていてよく顔を合わせていたので、私は2人ともすっかり仲良しなんです。

a0254656_17221332.jpgこちらは、今年の5月25日に行われたお米の種まきの様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_17240176.jpg野中さんのお米作りもずっと取材してきました。
冬の土つくりや種まき、苗床、田植え、稲の生長、花が咲き稲穂が実る様子、そして稲刈りなどその全てです。
写真は種まきと同日に行われた、苗床作りの様子です。

a0254656_17282055.jpg苗床作りは、生産農家の野中逸雄さんと奥様のゆいさん、奥様のお兄さんの吉広満男さん、そして二人の息子さん(賢吾さんと剛さん)で行われました。
こうして2人の息子さんとも、毎年何度も顔を合わせていたので、稲刈りの連絡も直接頂き、現地取材に伺ったのです。

a0254656_17375428.jpgさて、稲刈りに話を戻しましょう!
野中さんが行っていた時同様、外周から稲刈りを進めています。
それにしても本当に良い天気で、取材していてもすごく気持ちが良かったです。

a0254656_17400416.jpg「賢吾さん!すごく様になってますよ!」と言うと、
「父と比べても、良い感じでしょ?(笑)」と健吾さんが笑顔で答えました。
「そろそろいっぱいになるけん、籾を移すよ!」賢吾さんが剛さんにそう指示しました。

a0254656_17431909.jpg賢吾さんに代わり、剛さんが収穫した籾を荷台に移す作業を行いました。
大きなトラブルもなく、今年も順調に稲刈りが行われています。
賢吾さんが稲刈りを進めている間に、剛さんにもお話をうかがいました。

a0254656_17463522.jpg「おかげさまで、父も回復に向かってるんですよ。その父が大事に育ててきた稲なので、俺たち二人でしっかり収穫しないといけないと思ってます。もちろん、収穫後の土つくりや来年以降も、父と同じやり方でお米の栽培も続けていきたいですね!」

a0254656_17520403.jpg野中さんは、この砂田の田んぼで、土にこだわりお米を作り続けてきました。
4月下旬の咲き誇るれんげの様子です。
ここは、本日紹介している稲刈りを行っている田んぼです。

a0254656_17545569.jpgれんげは、花が咲き終わる頃、その花も葉も茎も根も田んぼに鋤き込み、有機肥料とするために育てられています。
稲刈り時の稲ワラと、このれんげのみを肥料とし元気な土を作りお米を育てているのです。

a0254656_17592998.jpg土にこだわる野中逸雄さんが育てたお米は、今年もこうして実りの秋を迎えました。
野中さんがまたお米作りに戻るまでは、2人の息子さんたちがきちんと変わらぬ栽培方法で育ててくれることでしょう!

a0254656_18125645.jpg「稲を刈り終わる前にツーショットをお願いします!」そう言って撮影した写真がこちらです。
2人とも野中さんに負けないほどの良い笑顔です。
来年の稲刈りの際には、野中さんも含めた稲穂をバックのスリーショットを撮りたいと思いました。

a0254656_18195005.jpg「FLCパートナーズストア」では、野中さんの『砂田のれんげ米』をネット独占販売しています。
こだわりの土で育てられたそのお米を、私は、“ご飯がごちそうになるお米”と呼んでいます。
定期購入のお客様に加え、すでに平成30年度の新米のご予約を多数頂戴しています。
弊社にだけ特別にお譲りいただいていいる、一般流通のないこの大変貴重なお米は、数量限定での販売です。
まもなく出荷をスタートします。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、お進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-19 18:32 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

砂田米 七城町『砂田のれんげ米』の稲刈り2018 平成30年度の新米の先行予約受付をスタート!!(前編)

FLC日記 2018年10月18日(木) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成30年度も、野中逸雄さんの『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売いたします。
日本有数の米どころ、熊本県菊池市七城町の独特な土壌を持つ砂田地区で育つ『砂田のこだわりれんげ米』は、ここでしか買うことのできない、大変貴重なお米です。
a0254656_16492189.jpg


a0254656_17112487.jpg野中さんは、毎年10月10日前後に、『砂田のこだわりれんげ米』の稲刈りをします。
今年は稲刈り日和となった10月13日より、2人の息子さんによって稲刈りをスタートしました。

a0254656_17133690.jpgご覧ください!
今年も実に美しい黄金色に実りました。
稲刈り後、乾燥やもみすりなどを経て、10月下旬から“平成30年度の新米”の出荷予定です。

a0254656_18411119.jpg野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』を、私は、“ご飯がごちそうになるお米”と呼んでいます。
稲刈り時の“稲ワラ”と緑肥の“れんげ”のみを有機肥料として与えたこだわりの土で育てられたお米です。
a0254656_18432958.jpg
「FLCパートナーズストア」では、平成30年度の新米の予約受付をスタートしています。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、ご注文(ご予約)は、お急ぎください!
10月下旬よりの発送予定です。

今すぐ注文(ご予約)、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』

a0254656_17323479.jpg生産農家の野中逸雄さんです。
こちらは、昨年の稲刈りの取材時に撮影した写真で、野中さんは現在、病気療養中で、今年は2人の息子さんたちが稲刈りを行っています。

a0254656_17372919.jpgコンバインを操作しているのは、長男の野中賢吾さんです。この地で育つ『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われていました!
熊本県菊池市七城町の砂田地区で育つ『砂田米』は、“天下第一の米”と称され、将軍家や皇室への献上米としての歴史がある、日本で有数の美味い米の産地です。

a0254656_17455492.jpg野中さんは、砂田地区にある数枚の田んぼでお米を育てています。
この砂田地区は、その名の通り、砂混じりの田んぼの地区です。
菊池川と迫間(はざま)川の間の地区で、砂の混ざった独特な土壌は、日本一の米を育てます。

a0254656_17522814.jpgしかし、この砂田地区でも、各農家さんによって、お米の育て方は様々です。
こちらは、今回稲刈りの取材をした田んぼの4月下旬の様子です。
そのころ、野中さんの田んぼはれんげが満開に咲き誇っていました。

a0254656_17543728.jpgれんげは、収穫を目的として育てるのではなく、美味しいお米を育てる大事な土を作るためだけに育てられる、“緑肥”です。
花が咲き終わる、5月中旬、れんげは全て田んぼに鋤き込んでしまいます。

a0254656_19174166.jpg野中さんは、稲刈りを終えた後、その田んぼにれんげの種を蒔き育てます。
しかし収穫を目的として育てるのではありません。
あくまでれんげは、美味しいお米を作るための土つくりとして育て、5月の中旬に花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込み、有機肥料として元気な土を作るのです。
れんげを育てるには、れんげの種のコストや、多くの手間ひまを要します。

a0254656_18204840.jpg野中さんの土つくりは、稲刈りと同時にスタートしています。
稲刈り時に稲ワラを細かく切り田んぼにまいているのです。
時期を見て鋤き込み、そのまま有機肥料とするためです。

a0254656_18143284.jpgその作業がこちら、11月上旬にこうして鋤き込みます。
さらに、整地を行いれんげの種を撒くのです。
私は毎年同じ質問を野中さんに繰り返してきました。

a0254656_18335315.jpg「どうして“れんげ”にこだわりお米を育てるのですか?」
「そぎゃんた、簡単なこつたい!俺が、より美味か米ば食おごたるけんたい!(笑)」熊本弁
→「それは、簡単なことだよ!俺が、より美味しいお米を食べたいからだよ!(笑)」標準語

a0254656_18375408.jpg野中さんのお米は、以前は熊本市内の有名百貨店に『砂田のれんげ米』として卸していました。
しかし、現在は、自分や家族、親せきや知人のためにお米を育てています。

a0254656_18422321.jpgそんな野中さんの米作りの様子を、「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
冬の土作りやれんげの咲く様、苗床や田植え、苗の成長、花が咲き頭を垂れ黄金色に輝く稲刈りなどなどその全てです。

a0254656_18453477.jpg稲がこうして元気に成長している8月のことでした。長男の賢吾さんから連絡をいただきました。
「実は父(野中逸雄さん)が、病気療養のため入院することとなりました。田んぼは俺と弟の剛とでしっかりと作っていきます。ただ、今年は最低限の農薬だけ使用したいと思うんです。どうしても自分たちの仕事があり、手をかけることができない場合、稲がダメになる恐れがあるので・・・。」

a0254656_18522302.jpg今年の野中逸雄さんの『砂田のこだわりれんげ米』は、無農薬栽培ではなく、最低限の農薬のみを使用した“減農薬栽培”のお米になります。
そのことはきちんとお客様に伝えてほしいと野中さんも話していたとのことでした。

a0254656_18332252.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も、野中さんの『砂田のれんげ米』をネット独占販売いたします。
病気療養中の野中さんに代わり、2人の息子さん(野中賢吾さん(右:長男)、野中剛さん(左:次男))が、しっかりと育て上げたお米です。

a0254656_18585366.jpg白米も玄米でも販売していますが、自信をもっておススメしているため、お試しなどは一切なく、10kgからの販売となっています。
お得な定期購入は、メールまたはお電話でご注文下さい。
発送は10月下旬からの予定です。
数量限定での販売です。
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、お急ぎご注文(ご予約)下さい。
ご来店お待ちしてます。
明日は、兄弟2人の稲刈りの様子を中心に、稲刈りの現地取材の様子を紹介予定です。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-18 19:02 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子(ゆず) 平成29年度の予約受付スタート!!商品ラインナップ紹介!

FLC日記 2018年10月17日(水) 晴れ時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売いたします。
もちろん、産地直送でお届けいたします!
a0254656_17244109.jpg

お待たせしました!
平成30年度の『香り高き柚子』の先行予約受付をスタートしました!!
※今期も初出荷は11月上旬よりの予定です!
基本的に、毎週火曜日と金曜日の出荷となります!!


数量限定、完全予約制での販売のため、ご注文(ご予約)はお急ぎください!

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』


a0254656_17274448.jpg『香り高き柚子』は、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、柚子の匠「鬼塚農園」さんの広い広い柚子畑で育てられています。
自然豊かな、日の当たる山の斜面を利用して栽培されていて、柚子畑と言うよりも“柚子山”と言った感じです。
その広さは、なんと7反(2100坪)もあり、とても1枚の写真では収まりきれません!

a0254656_17313488.jpgこれらは、昨年の収穫時に現地取材に伺った際に撮影した写真です。
「鬼塚農園」さんでは、安全で新鮮な、香り高いジューシーな柚子にこだわり、もう20年以上も栽培し続けている“柚子の匠”です。

a0254656_17364143.jpgこちらは、5月の柚子の花咲く様子!
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17405599.jpgもちろん「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず』もこうしてもう何年も現地取材を重ねてきました。
花が咲き終わった後の着果の様子も、成長の過程も色づく様も、収穫後の様子もその全てです。

a0254656_17450694.jpgそんな私が、弊社の商品のラインナップを紹介するにあたり、柚子についてどうしてもお話ししておかねばならないことがるんです。
それは、「柚子はキズがあって当たり前!」と言われる果実だということです。

a0254656_17460876.jpg柚子は柑橘類の中でも、鋭いトゲを多く持つ植物です。
柚子はそのトゲで野鳥から果実を守ります。
しかし、柚子の果皮はとてもデリケートで、そのトゲはおろか、枝や葉、果実同士が成長の過程で触れたりしても、果皮にはキズやへこみとなってしまいます。

a0254656_17520276.jpgキズがあって当たり前の柚子を、弊社ではあえて『キズあり柚子』と命名して販売しています。
でもそれらは、一般的に販売されている柚子と変わりないものとお考えいただいて構いません。
果汁を絞ったり、果皮を使ったり、柚子風呂用としても、ぜひご利用ください。

a0254656_17543669.jpgでは、なぜ弊社ではあえて『キズあり柚子』と命名して販売しているかと言うと、それは、収穫した柚子から、選びに選び抜かれた、キズがほとんどない、香り高きゆず『あっぱれ』との差別化を明確にするためなのです。

a0254656_13585594.jpg『あっぱれ』は、そのあまりの美しさから命名された名前です。
全体の収穫量の、わずか1割ほどしかない、傷がほとんどない“奇跡の柚子”とも言われているものが、この香り高き柚子『あっぱれ』なんです。

a0254656_14013765.jpgまた、柚子の消費が最も多い、“冬至”に合わせて出荷するのが、完全予約制の『冬至用ゆず』です。
2018年(平成30年)の冬至は12月22日(土)です。
できる限り、ご希望に合わせてお届けいたします。

a0254656_14031802.jpg商品は弊社で販売する『キズあり柚子』と同じものとなりますが、冬至に合わせて出荷するため、数量限定での販売です。
5kg入り、10kg入りでの販売です。
今年も、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、とにかくご注文(ご予約)はお急ぎください!
a0254656_14043783.jpg
平成30年度の「香り高きゆず」の商品ラインナップをご紹介いたします。
まずは、収穫した柚子から、選びに選び抜かれた、キズがほとんどない香り高きゆず『あっぱれ』です。

a0254656_14065326.jpg●香り高き柚子 あっぱれ 大玉(1箱2kg前後 12~13玉)
3,456円(税込)
大変希少な厳選大玉サイズ!
これだけきれいで大きな柚子は少なく、昨年は最初に売り切れとなった大人気商品です!!

a0254656_14065739.jpg●香り高き柚子 あっぱれ 中玉(1箱2kg前後 15~16玉)
3,240円(税込)
数も大きさも大満足の中玉サイズ!
もちろん果汁たっぷりで、ご満足いただける逸品です。
収穫数も多いのですが、今年も完売間違いなし。

a0254656_14070341.jpg●香り高き柚子 あっぱれ 小玉(1箱2kg前後 17~19玉)
3,024円(税込)
数も多く使い勝手の良い小玉サイズ!
美しい小玉の柚子は、料理の器としての人気も高く、有名料亭や高級和食店でも使用されています。

a0254656_13581714.jpgまた、『香り高きゆず』を、加工用や柚子風呂用として、たくさん使い方、もっと安く求めたい方には、この香り高きゆずの『キズあり柚子』をお勧めいたします。
何度も申しますが、一般的な柚子とご理解いただいてかまいません!

a0254656_14093435.jpg今年も、5kg入り、10kg入りの2商品をご用意しました。
●香り高き柚子 訳あり柚子5kg(1箱5kg 30玉前後)3,240円(税込)
●香り高き柚子 訳あり柚子10kg(1箱10kg 60玉前後) 5,832円(税込)

a0254656_14110888.jpgそして、“冬至”に合わせて出荷する、完全予約制販売の『冬至用ゆず』です。
こちらも5kg入り、10kg入りでの販売です。
ただし、発送日が集中するため、完全予約制・数量限定での販売です。
ご注文(ご予約)は、お早めにお願いいたします。

a0254656_18060606.jpg生産農家の「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんと奥様の鬼塚紀美代さんの、昨年の収穫の取材時に撮影した、匠のツーショットです。
毎年、変わらぬ品質の『香り高き柚子』を生産しています。

a0254656_18080878.jpg今年も「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず』は、こうして色づき、まもなく収穫の時を迎えます。
今年は色づき始めるのが例年より少し早いように感じています。

a0254656_18094287.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子『あっぱれ』、『訳あり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売いたします。
しっかり色づいた『香り高き柚子』の収穫の様子は、もちろん今年も現地取材にてご紹介いたします。

a0254656_18132007.jpg『香り高き柚子』は今年も完売すること間違いなしの大人気商品です。
柚子の果汁をご利用いただく場合は、とにかく早めにご購入いただいた方が、みずみずしい果汁がたくさんとれますので、お急ぎください!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-17 18:17 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子(ゆず) 平成30年度の青柚子は残りわずか!10月19日(金)が今期最終発送です!

FLC日記 2018年10月16日(火) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』の『青柚子』をネット独占販売しています。
もちろん、産地直送でお届けいたします。
a0254656_17095352.jpg


a0254656_17111813.jpg当初、10月下旬までの出荷予定でしたが、今年は色づきの時期が例年より早く、10月19日(金)分を今期の最終発送といたします。
数量限定、完全予約制の販売です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、ご注文(ご予約)は、お急ぎください!

a0254656_17122072.jpg『青柚子』は、一定の大きさになったものだけを、大きさを重視して収穫し出荷するため、果皮にキズがあるものも多いこと、予めご了承ください。
もちろん、多くの方にご利用いただく“柚子こしょう”を作るのには全く問題ありません。
販売をスタートした、9月上旬はそのような判断で収穫していましたが、現在は大きさは問題なく、色づいていない青いものをと言う基準で収穫します。

a0254656_17132244.jpgこの時期にしかない、期間限定、数量限定の商品です。
完全予約制での販売となっております。
今年も、2kg入り(写真)と、お買い得な5kg入りで、大好評販売中です。

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』


a0254656_17342743.jpg柚子(ゆず)と言えば、みなさんやはりこうして色づいたものを想像されることが多いと思います。
これは、昨年、11月上旬の収穫の取材に伺った際の写真で、撮影しながらさわやかな柚子の香りを存分に楽しみました。

a0254656_17383583.jpgもちろん、黄色く色づいたゆずも、「FLCパートナーズストア」で販売いたします。
商品名は『香り高き柚子』です。
今年も、例年通りの11月上旬からの出荷予定です。

a0254656_17392950.jpg現在、販売中の、香り高き柚子『青柚子』は、“柚子こしょう”を作るのにご利用いただくことが多いようです。
また、様々な料理の香りづけにも大人気です。
※青柚子はあまり果汁は取れません。

a0254656_1917182.jpg「こちらは、「鬼塚農園」代表の鬼塚敬治さんの奥さま、紀美代さんが手作りした「柚子こしょう」です。
青唐辛子と塩、そして『香り高きゆず』の皮があれば、絶品「柚子こしょう」はできるんです。
柚子の匠の「柚子こしょう」のレシピは、以前のブログで紹介していますので、興味のある方はご覧ください!

↓ 「柚子こしょう」のレシピをのせたブログ ↓
FLC日記
香り高き柚子(ゆず)
柚子の匠!生産農家さんが作る手作り
「柚子こしょう」のレシピ!!



a0254656_17465992.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、柚子の匠「鬼塚農園」さんの広い広い柚子畑です。
10月上旬に撮影した写真です。
この広大な栽培地は、もはや柚子畑と言うより「柚子山」と言った方がピッタリの気がします。

a0254656_17485544.jpg道路を挟んだ両サイドを中心に、日の当たる自然豊かな山の斜面を利用して、『香り高き柚子』は栽培されています。
7反(2100坪)もある広大な柚子畑です。

a0254656_17542502.jpg近づいてみると、早くも色付き始めた柚子もありました。
やはり今年は、寒さを感じ色づき始める時期が例年に比べ少し早いようです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17564607.jpgもちろん「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は昨年の収穫時の取材時に撮影した、「鬼塚農園」の鬼塚啓治さんと奥様の鬼塚紀美代さんです。

a0254656_18401553.jpg「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さは、柚子の栽培を始めて、20年以上の匠の農家さんです!
匠が育てた柚子は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
柚子栽培は、“トゲとの戦い”と言われています。

a0254656_1845969.jpg柚子は、同じ柑橘類の中でも、鋭く長いトゲを持つ植物です。
これなんかは、まだ短い方です。
このトゲは、もちろん果樹自身を守るためのものですが、実る果実も傷つけてしまいます。

a0254656_18471964.jpgお分かりいただけますか?
私は男性の中でもかなり手は大きい方ですが、私の指の長さほどもあるトゲがあるんです。
ですから、鬼塚さんは柚子畑に入る際は常にヘルメットを着用し、鉄板が入った安全靴をはいて作業します。

a0254656_18022005.jpg柚子は「キズやへこみがあって当たり前!」と言われる果実です。
強そうに見える果皮は、実はとてもデリケートで、葉っぱや枝、果実同士、そしてあのトゲで、成長の過程でどうしても傷がつくのです。

a0254656_18060528.jpgですから、現在、販売中の、香り高き柚子『青柚子』もこのようにキズやへこみがあるものを商品としています。
もちろん、多くの方にご利用いただく“柚子こしょう”を作るのには全く問題ありません。

a0254656_18090189.jpg青柚子の予約受付は明日(10/17)が最終日で、今期は10月19日を最終発送日といたします。
色づいた、香り高き柚子『あっぱれ』の収穫及び出荷は、今年も11月上旬からの予定です。
明日より、ホームページでも先行予約の受付をスタートします。

a0254656_18102936.jpgまた、『冬至用ゆず』の受付も同時にスタートいたします。
2018年(平成30年)の冬至は12月22日(土)です。
毎年、売り切れ必至の大人気商品です。
ご注文(ご予約)はお早めに!

a0254656_18132322.jpg今期の『青柚子』注文は明日がラストチャンスです!
数量限定の完全予約制での販売で、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただく旨、あらかじめご了承ください。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「香り高き柚子」のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-16 18:15 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

七城米 長尾農園 平成30年度の稲刈りスタート!新米の出荷は10月下旬からの予定です!(後編)

FLC日記 2018年10月15日(月) くもりのち晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、3人のこだわりの匠が育て上た、『熊本の美味しいお米』を販売いたします。
いずれもここでしか買うことのできない、ネット独占販売のお米です!
a0254656_16370329.jpg


a0254656_16380273.jpg本日のブログでは、昨日のブログに続き惜しまぬ手間ひまをかける匠の農家さん「長尾農園」さんの“美しすぎる田んぼ”の稲刈りの様子を紹介しながら、どのようにこの“美しすぎる田んぼ”を毎年育て散るのかをご紹介いたします。

a0254656_16394243.jpgここは熊本県菊池市七城町にある、「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんちのこだわりのお米』を育てる田んぼの一ヵ所です。
七城町は、日本有数の米どころでこの地で育つ「七城のお米」は、“おいしいお米日本一”に輝いた実績を持っています。

a0254656_17540673.jpg「七城の米」は、日本穀物検定協会食味ランキングで、最高位の「特A」獲得しています!
2017年度も9年連続11度目の最高位『特A』を受賞しました。

a0254656_16455805.jpgそんな中、「長尾農園」さんは、惜しまぬ手間ひまをかけ、粒ぞろいの美味しいお米を育てる匠です。
こちらは、先ほどとは別の田んぼです。
私は敬意を表して「長尾農園」さんの田んぼを“美しすぎる田んぼ”と称しています。
私が取材に行ったこの日は、風がありましたが、惜しまぬ手間ひまをかけ育てられた稲たちは、風に揺れながら力強く立っていました。

a0254656_16520791.jpg“美しすぎる田んぼ”と呼んでいる理由は、お米の苗(稲)が、実に同じようにそろって育つからです。
もちろん、この稲刈りを迎えた収穫期も、ご覧の通り同じように実りました。

a0254656_16530381.jpgこの七城町のお米作りも、各農家さんによって育て方は様々です。
そんな中、「長尾農園」さんは、とにかく徹底的に手をかけてお米を育ててきました。
同じように育ち、同じように実ったお米は、粒がそろったばらつきがないことで、お米(ご飯)が大好きな方々が、一目置くほどの最高のお米です。

a0254656_16565903.jpg比較に出して大変恐縮なのですが、こちらは、取材同日の近隣の田んぼの様子で、かなりの稲が倒れていました。
これは私の予想なのですが、おそらく裏作でお米以外の作物を育てるので、肥料が効きすぎて、根を強くはらないため倒れているのだと思います。

a0254656_16594940.jpg「長尾農園」さんでは、お米以外の作物を田んぼで育てません。
稲刈りを終え、田植えまでの間は、裏作を育てることなく、美味しいお米を育てるための土つくりに徹します。

a0254656_17024334.jpg来年の米作りのための土つくりは、稲刈りの時から始まっています。
稲刈りと同時に、細かく裁断された稲ワラが、田んぼにきれいにまかれています。

a0254656_17083253.jpgこちらは以前取材した、稲刈りを終えた長尾さんの別の田んぼの様子です。
稲ワラは、田んぼに鋤き込み有機肥料とするのです。
田んぼの栄養を使って育てられた稲の収穫するのは籾(お米になるところ)のみで、それ以外の葉っぱや茎、根っこは、田んぼに鋤き込んで返して、次の年の肥料となるのです。
もちろん多くの農家さんたちがその方法で土つくりをしています。

a0254656_17144221.jpgしかし、徹底的に手をかけてお米を育てる「長尾農園」さんは、その鋤き込み方が違います。
これは3月上旬に行われる“天地返し”と呼ばれる耕運作業の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17150067.jpgもちろん、「長尾農園」さんのお米作りも、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
掘り返された土と溝との高さの差は、30cmいや、もっとあると思います。
その名の通りまさに“天地返し”で、深く深く稲ワラを鋤き込みながら土を掘り返していくのです。

a0254656_17151113.jpg土を深くまで掘り返すことで、稲ワラも深くまで鋤き込まれ、さらには空気を含んだ土に稲が深くまで根を伸ばすことができるのです。
田んぼのどの場所も均等になるように、この作業は、1枚の田んぼに3回行います。
徹底的に惜しまぬ手間ひまをかけ、お米を育てるのです。

a0254656_17194151.jpg惜しまぬ手間ひまと言えば、この苗床の様子もぜひ紹介したいです。
5月下旬の苗床作りを取材に伺った際のもので、苗床に種まきをしたトレーを並べた後の様子です。
まっすぐに、しかもとことん水平に並んでいますよね。

a0254656_17224950.jpgこの苗床は「長尾農園」の長尾千行さんとも子さんご夫婦の、惜しまぬ手間ひまの徹底作業によって作られました。
“地ならしペタペタ”と呼ぶ作業で、トレーが水平に並ぶようならしているのです。
種が同じように発芽し、同じように成長するために苗床を均等にしています。

a0254656_17262378.jpg苗床の高さを均等にそろえたことで、水の管理も徹底して行うことができます。
その徹底管理で、苗はこうも同じように育つのです。
「長尾農園」さんは、田んぼのみならず、苗床だって“美しすぎる苗床”です。

a0254656_17295315.jpg田植え前の代かき作業の様子です。
「長尾農園」代表の長尾千行さんは、「美しく育ててこそ、美味しい作物ができる!」と言う強い信念を実践して農業を行っています。

a0254656_17305739.jpgその為には一切の妥協を許しません。
あぜ道のギリギリまで、徹底的にならします。
稲を植えないこのギリギリの場所も、こうしてくまなくならすことが、同じように稲が育つ秘訣でもあります。

a0254656_17323750.jpg長尾さんが納得いくまで何度も繰り返され代かきをした田んぼへの田植えです。
同じように発芽し成長させ、徹底的にならした田んぼに田植えをして、均等に育つ苗(稲)を育てていくのです。

a0254656_17344397.jpgこれは、7月下旬の田んぼの様子です。
徹底的に手をかけて育ててきた苗は、田んぼに植えられてからも同じように育っていきます。
同じように育つ苗たちが本当にきれいでした。
この育つさまも、私が言う“美しすぎる田んぼ”なのです。

a0254656_17505082.jpg一様に育ち、一様に花を咲かせ、そしていよいよ実りの秋を迎えました。
私は、「長尾農園」さんの田んぼを、こうしてもう何年も年間を通して現地取材してきたからこそ、「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんちのこだわりのお米』を自信を持ってお勧めできるのです。

a0254656_17520449.jpg今回の稲刈りの取材の際に、「長尾農園」代表の長尾千行さんに尋ねました。
「今年のお米の出来はどうですか?」
「今年も変わらんようにしっかり手をかけて育ててきたけん、良かと思うよ!」
長尾さんは、そう笑顔で答えました。

a0254656_17541962.jpg「今年も長尾さんのお墨付きをいただきましたよ!」
奥様の長尾とも子さんにそう話すと、
「笠さんは、ず~とうちの田んぼば見てきとるけん、笠さんの方が良か出来と言うことがわかるとじゃないと!」
とも子さんは、いつもの明るい声と笑顔でそう話しました。

a0254656_17592565.jpg私は、「長尾農園」さんの米作りの美しさ、そして育て上げた『七城米 長尾さんこだわりのお米(ひのひかり)』の味に惚れ込み、2年の歳月をかけてお願いにお願いし、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_17590257.jpg平成27年度も、仲良しご夫婦が徹底的に手をかけて育て上げたお米は、最高の出来になっています。
ばらつきなく育てられたお米は、甘味が強く、ふっくらとして、お米の香りも際立つ最高のお米です。
現在、毎日稲刈り作業が行われています。

a0254656_17593297.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も『七城米 長尾さんちのこだわりのお米(ひのひかり)』を、ネット独占販売いたします。
一般流通のない、専用農家さんが安全・安心を第一に育て上げたお米です。
お米の艶、風味、そして独特の甘さ・・・。
ぜひ、新米の美味さを味わってみてください!!
今年も白米、玄米とも10kg入りからの販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
平成30年度新米希望と明記ください!
ご来店お待ちしてます。
ご注文(ご予約)をお待ちしています。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-15 18:02 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)

七城米 長尾農園 平成30年度の稲刈りスタート!新米の出荷は10月下旬からの予定です!(前編)

FLC日記 2018年10月14日(日) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市七城町の「長尾農園」さんが、惜しまぬ手間ひまをかけ、“美しすぎる田んぼ”で育てた『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』を、ネット独占販売しています!
一昨日、平成30年度の稲刈りがスタートしました!
a0254656_17422348.jpg


a0254656_17434281.jpgこちらが、“美しすぎる田んぼ”です!
「長尾農園」さんの“美しすぎる田んぼ”は、今年も全く倒れることなく、稲穂が黄金色に輝き頭を垂れ、実に美しい光景です。

a0254656_17474543.jpg今年(平成30年度)は、例年通より3日遅いの10月13日より稲刈りがスタートしました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17503661.jpg「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
お米の花咲く8月下旬の、先ほどとほぼ同アングルの写真です。

a0254656_17540673.jpg「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんちのこだわりのお米』は、熊本県菊池市七城町で育てられます。
七城町は、日本有数の米どころでこの地で育つ「七城のお米」は、“おいしいお米日本一”に輝いた実績を持っています。

a0254656_17530910.jpgこの地で育つ「七城の米」は、日本穀物検定協会の食味ランキングにおいて、2017年度も9年連続11度目の最高位『特A』を受賞しました。
しかし、同じ七城町でも、農家さんによってお米の育て方は様々です。

a0254656_17571230.jpg生産農家の「長尾農園」代表の長尾千行さんと奥様のとも子さんです。
私は、「長尾農園」さんの惜しまぬ手間ひまをかけたその米作りと、育て上げたお米の美味しさに惚れ込み、2年がかりで口説き落とし、弊社でネット独占販売しています。

a0254656_18013649.jpg私が敬意を表し“美しすぎる田んぼ”と呼んでいる理由は、お米の苗(稲)が、実に同じようにそろって育つからです。
7月下旬の成長の様子です。
同じように育った稲は、ご飯の美味ししあの秘訣!ばらつきのないお米になるのです。

a0254656_18030701.jpgこちらは田植え前の6月中旬の苗床の様子です。
「長尾農園」さんでは、このように苗床だって“美しすぎる苗床”なんです。「長尾農園」の長尾千行さんは、米作りについていつもこう話します。「米は、俺が育てる「ダイコン」や「ニンジン」なんかと違って、収穫(稲刈り)ば、いっぺんに(同時に)するでしょ?ダイコンやニンジンはその1本1本を見極めて収穫ができるばってん、米はそうはいかんたいね。」

a0254656_18091751.jpg「だけん、ピシャッときれいに同じように育てて、ばらつきのない米にする!それが美味しさにつながるとじゃなかろうかね!!」
こちらは7月下旬の出穂前の稲たちの様子です。

a0254656_18120017.jpgさて、平成30年の稲刈りの様子に話を戻しましょう!
私は、黄金色に輝く田んぼをコンバインで稲刈りをする長尾さんの姿を見るのが毎年楽しみです!

a0254656_18151037.jpgコンバインで稲刈りができない田んぼの角の部分は、長尾さんの奥様の長尾とも子さんがあらかじめ手刈りで稲を刈り取っていました。
仲良し夫婦の阿吽の呼吸と共に、稲刈りのスタートです。

a0254656_18204984.jpg毎年見ている光景ですが、稲刈りは田んぼの外側から中心に向かって回りながら進めていきます。
私は長年、「長尾農園」さんの田んぼを見てきましたが、こうして稲穂が頭を垂れるころになっても、稲が倒れているのを見たことがありません!

a0254656_18262878.jpg比較に出して大変恐縮なのですが、こちらは長尾さんの稲刈りがスタートした同日の近くの田んぼの様子です。
2週続いた台風の影響でしょうか、大きく稲が倒れています。
同じ七城町で育てるお米でも、生産農家さんによりお米の品質は変わるように感じています。

a0254656_18335812.jpg
「長尾農園」さんがどのようにしてこの美しすぎる田んぼを作り上げるのかを知りたい方も多いことともいますが、本日のブログは少々長くなりましたので、稲刈り後の様子、苗床から田植え、成長の過程、稲刈り直前までなど、惜しまぬ手間ひまを明日のブログで詳しく紹介します。

a0254656_18351713.jpg
「長尾農園」さんが“美しすぎる田んぼ”で育てたお米は、ばらつきがなく、甘味が強く、ふっくらとして、お米の香りも際立つ最高のお米です。
「FLCパートナーズストア」では、今年も『七城米 長尾さんちのこだわりのお米(ひのひかり)』を、「店長一押しのお米」としてネット独占販売いたします。

a0254656_18315333.jpg
稲刈り後、乾燥、もみすりを終え、新米の出荷は10月下旬からの予定です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
注文時に「平成30年度新米の予約です」と明記してご注文下さい!
予定数になり次第、誠に勝手ながら、予告なしで締め切らせていただきます。
早い者勝ちです!
ご注文(ご予約)をお待ちしています。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-14 18:37 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)

平成30年産『白エゴマ』の収穫の様子(後編:今年も無農薬、無化学肥料栽培&収穫前の台風の被害)

FLC日記 2018年10月13日(土) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた、熊本県菊池市、菊池水源産のエゴマの実を使用した『えごま油』、白エゴマ油『ピュアホワイト』及び『焙煎えごま粒(実)白・黒』を販売しています!
a0254656_16475381.jpg
平成29年度産の『えごま油』及び『焙煎えごま粒(実)白・黒』は、すでに完売しています。

a0254656_16494716.jpg大変ありがたいことに、平成30年産のエゴマから作る『えごま油』『エゴマ粒(実)』ともに、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
とりわけ、弊社のオリジナルブランド商品、白エゴマ油『ピュアホワイト』は、α-リノレン酸の含有量が、65.3%と非常に高いため、かなりの人気商品となっています。

a0254656_16573110.jpgこちらは、9月上旬の白エゴマの花の様子です。
『えごま油』や『エゴマ粒(実)』は、シソ科の植物“エゴマ”の種子から作られてものです。
『えごま油』や『焙煎えごま粒』に含まれる、“α-リノレン酸”は、私たちが生きていくうえで欠かせない必須脂肪酸です。

a0254656_17002928.jpgしかし、“α-リノレン酸”は、体内で生成することができないため、食品として接種する必要があるんです。
“α-リノレン酸”を多く含む食材として注目されているのが『えごま』なんです。

a0254656_17003790.jpg“α-リノレン酸”は、脳や血管に良いと言われ、テレビでも「血管の救世主」、「パーキンソン病やアルツハイマーなどの脳疾患の予防に良い」と多くのテレビ番組やメディアで紹介されています。
さらには、癌の予防・制御や、アレルギー体質の改善、ダイエットやメタボ対策にも効果的だと言われています。

a0254656_17033591.jpg「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源産の無農薬・無化学肥料で育てた『エゴマ油』と、『焙煎エゴマ粒(白・黒)』を毎年販売しています。

a0254656_17042122.jpg現在、秋の実りを迎え、まずは中生品種の白エゴマの収穫を行いました。
これからしっかりと乾燥させ、脱穀→唐箕がけ→洗浄→乾燥→選別の工程を経て、『えごま油』は搾油工程へ、『焙煎えごま粒』は焙煎工程へ進み、平成30年度の『えごま油』や『エゴマ粒(実)』の出荷となります。
順調に進めば、12月中には出荷予定です。

a0254656_17082807.jpg昨日のブログで、収穫の様子と収穫後の工程についてお話ししました。
本日のブログでは、こだわりの無農薬栽培と台風の被害についてご紹介いたします。

a0254656_17212702.jpgまずは、生産地と生産者を紹介しましょう!
ここは、熊本県菊池市、菊池水源にあるえごまの圃場(栽培場)の1つです。
1級河川菊池川の源流付近の、水の源の地区でエゴマを栽培しています。

a0254656_1841506.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、菊池水源産『エゴマ油』、『焙煎えごま粒』は、NPO法人『きらり水源村』の「エゴマ部会」のみなさんと一緒に生産しています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)も生産者の一人です。

a0254656_17263938.jpg「エゴマ部会」で生産しているのは、黒エゴマの実のため、白エゴマは、私及び有志の皆さんと共にこの菊池水源で生産しています。
写真は以前の白エゴマの収穫作業を行っていいる私です。
黒エゴマも白エゴマも、無農薬、無化学肥料栽培で育てることを前提としています。

a0254656_17324457.jpgですから、葉っぱは虫食いだらけです。
写真は、定植直前の苗床での苗の様子です。
葉っぱは様々な虫たちにかじられています。

a0254656_17355443.jpg定植後1ヶ月ほどの様子です。
写真中央には成長が遅れているような小さな苗がありますが、それはヨトウムシにより定植後に苗を切られてところに、補植をしたため遅れているものです。

a0254656_17394060.jpg葉っぱをかじられようが、ヨトウムシに倒されようが、しっかり手をかけ大事に育ててきました。
今年は夏の雨量が少なかったため、背丈は例年より少し低いようですが、とても順調に育っていました。

a0254656_17444045.jpgしかし、2週連続で日本列島を襲った台風24号、25号により、たくさんのエゴマたちが倒れました。
エゴマの栽培は、強風(とりわけ台風)の影響をもろに受けるのです。

a0254656_17473433.jpg今年台風が襲ったのは、白エゴマは花の後、黒エゴマは花咲く頃でした。
とりわけ、白エゴマの被害は大きく、ねじれ切れ飛んで行っているエゴマもたくさんありました。

a0254656_17490310.jpg完全に切れてしまっているものはどうしようもありません。ただ、写真のように少しでも残っていればエゴマたちは頑張って成長してくれます。
あえてそのままにしておいた方が良いようです。

a0254656_17521510.jpg台風に負けずに頑張ったえごまたちを、今年も大事に収穫しました。
白エゴマは収穫を終え、黒エゴマはちょうど1ヶ月ほど後に収穫です。

a0254656_17544967.jpg私たちは、まずは自分たちが「安全で美味しいえごまを食べたい!」と言う思いから、完全無農薬、無化学肥料のエゴマの栽培をしています。
そしてそれらを、エゴマ油、エゴマ粒へと加工しているのです。

a0254656_17585066.jpg不純物を取り除いたエゴマの粒のみで、えごま油も焙煎エゴマ粒も商品へと加工しています。
無農薬、無化学肥料栽培の安全性と、それだけの手間ひまをかけ作るえごま油や焙煎えごま粒だからこそ、多くのリピート購入を頂く大人気商品となっているのです。

a0254656_18214095.jpg農薬や化学肥料を使用しない安全性にこだわり、不純物を取り除く手間ひまをかけた、エグミがなくとてもクリアな美味しいえごま油です。
「FLCパートナーズストア」で販売している『えごま油』『焙煎えごま粒』をぜひお選びください。
a0254656_18030460.jpg
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページの『菊池水源産えごま』のページをご覧ください!
現在は、お電話でのみご注文(ご予約)を承っております。
自信をもって販売している商品です。
平成30年度の『えごま油』『エゴマ粒(実)』に、大きくご期待下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村
by flcps | 2018-10-13 18:04 | エゴマ | Trackback | Comments(0)

平成30年産『白エゴマ』の収穫の様子(前編:エゴマの栽培は収穫とその後の作業が大変なんです!)

FLC日記 2018年10月12日(金) 晴れ
平成30年産の『白エゴマ』の収穫をスタートしました!
今年は、台風25号が過ぎ去っるのを待ち、10月7日(日)よりのスタートで、例年からは1週間ほど遅い収穫のスタートでした。
a0254656_17460047.jpg


a0254656_17481247.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源にある『白えごま』の栽培場です。
写真は、20日ほど前のもので、2週連続で週末を襲った台風が来る前の写真です。
そのころはまだ、穂が青々としていますが、ご覧の通り、今年も、こんなにも大きく充実した穂が育ちました。

a0254656_17535242.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた、熊本県菊池市、菊池水源産のエゴマの実を使用した『えごま油』及び『焙煎えごま粒(実)白・黒』を販売しています!

a0254656_17545482.jpg大変ありがたいことに、毎年購入いただくお客様が増え、平成29年度産の『えごま油』及び『焙煎えごま粒(実)白・黒』は、すでに完売しています。

a0254656_17581360.jpg収穫を行っているのは、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)です。
私も生産者の一人として、完全無農薬、完全無化学肥料で、中生品種の白エゴマと、晩生品種の黒エゴマの2種類のエゴマを栽培していています。

a0254656_17594496.jpg真っ青だったえごまの穂が、こうして色づき始めたら収穫のタイミングとなります。
今年も、ベストな時期に収穫をスタートすることができました。

a0254656_18023472.jpg収穫の仕方は様々あるようですが、私の場合、剪定ばさみを使ってできるだ揺らさないようにして切り、6本ほどを軽くひもで縛りながら収穫します。
かなり根気のいる手作業です。

a0254656_18044591.jpgこの頃になると、少しの振動でもエゴマの粒(種子)が、がくから飛び出すので、その作業はブルーシートの上で行います。
もちろん、その後運搬する軽トラックの荷台にもブルーシートを使用します。

a0254656_18275663.jpgえごまの生産は、収穫後がかなりの手間ひまを要します。
しっかりと乾燥させ、脱穀し、唐箕にかけて、洗浄し、さらに乾燥させ、選別作業を行い出荷です。

a0254656_18405747.jpg特に、選別作業は、気の遠くなるような手作業です。
1kgに約2時間ほどをかけながら、全て選別したえごま粒だけを商品へと加工します。
しかし、このような手間ひまをかけているからこそ、毎年多くのお客様にリピート購入を頂く大人気商品となっているのです。

a0254656_18435107.jpg白えごまより作った、えごま油『ピュアホワイト』(写真)は、弊社のオリジナルブランド商品です。
異物が全く入っていない、エゴマの実だけを大事に搾油して作った『えごま油』です。

a0254656_18453109.png毎年、品質検査を行っています。
α-リノレン酸の含有量に驚きの数字が出たのです!“α-リノレン酸”は、脳や血管に良いと言われ、テレビでも「血管の救世主」、「パーキンソン病やアルツハイマーなどの脳疾患の予防にも良い」と紹介されています。
弊社の白エゴマ油『ピュアホワイト』のα-リノレン酸は、なんと、65.3%も含まれています。

a0254656_18511343.pngちらは、一昨年のデータ結果です。
いずれも65.3%のα-リノレン酸の含有量です。
これは、国民生活センターさんが、過去に品質テストをしたえごま油20品目の中の、対象銘柄3番のあるえごま油の65.4%に次ぐ2番目の数値です!
トップクラスのα-リノレン酸含有量のえごま油と言えます!
(※昨年は熊本地震の影響で、検査機関を変更しています。)
a0254656_18542775.jpg


a0254656_18545467.jpgこちらは商品となる『白えごま』の種子です。
この種子(粒)を使って、搾油し『白えごま油(ピュアホワイト)』とし、焙煎したものを『白えごま油(ピュアホワイト)』として「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_19030347.jpg平成30年産のエゴマが、上記の写真のようになるまでは、まだまだ多くの手間ひまを要しますが、今年も一切の妥協を許さずしっかりと収穫からの工程を行っていきます。
明日で、この収穫作業は終了予定です。
明日のブログでは、こだわりの無農薬、無化学肥料栽培についてと、今年の台風の被害についてお話ししたいと思っています。
明日のブログもお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-12 19:13 | エゴマ | Trackback | Comments(0)