ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

<   2018年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

香り高き柚子(ゆず) 平成30年の青柚子の出荷予定と現在の様子 今のうち青唐辛子を購入しておいて下さい

FLC日記 2018年7月31日(火) くもり時々晴れ
今年も、柚子の匠「鬼塚農園」さんは、有機肥料をふんだんに与えた元気な土と惜しまぬ手間ひまで、『香り高き柚子』を栽培しています。
本日、その生産地に現在の成長の様子を現地取材に伺ってきました。
a0254656_17532111.jpg


a0254656_17542087.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、「鬼塚農園」さんの柚子(ゆず)の栽培場です。
「鬼塚農園」さんは、陽のあたる山の斜面を利用して、香り高き柚子『あっぱれ』を生産している、柚子の匠です。

a0254656_17554614.jpg中央を走る道路の両サイドに、柚子の栽培地は広がっています。
その広さは、7反(2100坪)ほどもあり、柚子園や柚子畑と言うより、“柚子山”と言った感じです!!

a0254656_17590950.jpg「鬼塚農園」さんでは、以前はこの地で、みかんを栽培していました。
しかし、標高が高いこの地はみかんより『柚子(ゆず)』栽培に適していると判断し、20数年前に一念発起して全て柚子に植え替えたのです。

a0254656_18014075.jpg今年も、順調に着果し、青々とした元気な柚子が育っていました。
ゴルフボールほどの大きさです。
しかし、柚子らしいあのさわやかな香りは、まださほどしませんでした。

a0254656_18073445.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』の、『青柚子』を平成30年度もネット独占販売いたします。
今年も出荷予定は、9月中旬ごろからです!!

a0254656_18133428.jpg『青柚子』は、主に「柚子こしょう」を作るのに用いられています。
「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんの奥様紀美代さんに、ご自宅で「柚子こしょう」の作り方を教えていただいた際に撮ったものです。

a0254656_18154947.jpg実はこの「柚子こしょう」は、黄色く色づいた柚子の皮を使って作られてものなんです。
青唐辛子と塩、そして『香り高きゆず』の皮があれば、絶品「柚子こしょう」はできます。
しかし、それが『青柚子』で作るとなお一層、鮮やかなグリーン色になります。

a0254656_18184670.jpg柚子はきれいに洗って、ピーラーで皮を取ります。
刻んでおくとミキサーの時間が省けるとのことです。
大事なのは、生(冷凍可)の唐辛子を使用することです。
紀美代さんも、自ら栽培していた青唐辛子を、冷凍保存していたものを使用していました。

a0254656_18223475.jpg赤く色づいているものもありますが、乾燥させた唐辛子でなければ問題ありません。
今の時期なら、青唐辛子が店頭に並んでいると思うので、ぜひ手作り「柚子こしょう」を作りたい方は、今のうちに購入し冷凍保存しておいてください!
柚子の匠の「柚子こしょう」のレシピは、以前のブログで紹介していますので、興味のある方はご覧ください!

↓ 「柚子こしょう」のレシピをのせたブログ ↓



a0254656_18283772.jpg「FLCパートナーズストア」では、もちろん今年もこうして色付いた柚子も販売いたします。
ほとんどキズがない奇跡の柚子『あっぱれ』、『キズあり柚子』、そして『冬至用柚子』の3商品を販売予定です。


a0254656_18324929.jpg写真は収穫の様子を現地取材に伺った際の、柚子の匠のツーショットです。
「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんと奥様の鬼塚紀美代さんです。
仲良しご夫婦の二人三脚で、20年以上も柚子を作り続けているまさに匠の農家さんです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』の栽培の様子を、もう何年も現地取材を重ねてきました。

a0254656_18365955.jpg収穫の様子はもちろんのこと、花咲く様子(写真)、着果の頃、本日紹介している成長の様子、時には、草刈りや剪定した枝の片付け作業などその全てです。

a0254656_18441148.jpg本日の取材の帰り、作業中の紀美代さんと会いました。
「今日は田んぼの電気柵の手入れをしてたとこなの。柚子畑を見てきたの?草が凄かったでしょ?(笑)」と紀美代さん。

a0254656_18461382.jpg「でも、下の方はずいぶんと草刈りされてましたよ。今年は下から順にしてるんですね!」と言うと、
「ハハハッ!ホントよく見てるわね。そうなのよ。今年は下から順番にやってるの!」

a0254656_18482178.jpg「だいぶ柚子は大きくなってたでしょ?でも、いくら青柚子とは言え、しっかり香りが出るようになってからが良いので、やっぱり今年も9月中旬からの出荷が良いと思うのよね!」
「了解です!もうすでに予約を頂いているので、その方々にはそう連絡しておきます!」と言うと、

a0254656_18512867.jpg「いやぁ~!それは嬉しいけど、そうならもっと早くから草刈り初めて、きれいにしとけばよかった!(笑)」と紀美代さん。
「大丈夫ですよ。うちのお客様たちは、鬼塚さんたちの頑張りは知ってらっしゃるので、今年もお任せします!って先日もお電話で話されてましたよ。」と言うと。
「まぁ嬉しい!今年もしっかり育て上げなきゃね!」と、とてもうれしそうに笑いました。

a0254656_18291129.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『青柚子』、ほとんどキズがない奇跡の柚子『あっぱれ』(写真)、『キズあり柚子』、『冬至用柚子』をネット独占販売いたします。

a0254656_18304398.jpg今年もまずは、朝採り、即日発送でお届けする、『青柚子』からの販売です。
9月中旬より出荷いたしますが、現在はお電話またはメールでのみご予約を承っております。

a0254656_18582496.jpg「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『青柚子』は、期間限定、数量限定、完全予約制での販売です。
今年も売り切れ必至の大人気商品です。
美味しい柚子こしょうを作りたい方は、弊社へのご予約と、青唐辛子(生)の準備をお忘れなく!
これからも、成長の様子など現地取材で紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-07-31 19:00 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

熊本ぶどう 高級種なしぶどう大好評販売中!美味しいぶどうを食べたい方、最高級ぶどうを送りたい方必見です!!

FLC日記 2018年7月30日(月) くもり時々雨
美味しいぶどうを食べたい方、最高級のぶどうを贈りたい方、必見です!!
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)もぶどうの匠「社方園」さんの、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売しています!
a0254656_17185679.jpg


a0254656_17193969.jpg「社方園」さんが作り上げたぶどうは、全て“種なしぶどう”です。
1粒1粒がとても大きく、ひとたび口にすると、その美味しさに感動さえおぼえる高級ぶどうです。
さわやかな甘い果汁が、口の中にいっぱいに広がります。

a0254656_17223930.jpg1番人気は、3色のぶどう(黒、白、赤)を食べ比べる、3色詰めのセットです。
2kg(5房)(写真)、1.6kg(4房)、1kg(3房)と、ラインナップも豊富に販売しています。
いずれも、毎年決まって完売する大人気商品です。ご注文はお急ぎください!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!

↓ ここをクリック!! ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産ぶどう』
種なしぶどう



a0254656_17255780.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市久原にある、“ぶどうの匠”「社方園(しゃかたえん)」さんの熊本『高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の栽培ハウスです。

a0254656_17270812.jpgただしこれらの写真は、6月中旬のもので、こうしてしっかりと色が来るのを待ち、その後、洗浄、袋かけ作業をして、収穫まで仕上げていきます。

a0254656_17363307.jpg「社方園」園主の社方武路さんです。
「笠さん!これなんかはきっと、ビックリするほどの美味しさの1房に最上がりますよ!」そう笑顔で話してくれました。

a0254656_17453437.jpg「社方園」さんの惜しまぬ手間ひまと匠の技で育て上げられた、高級感あふれるぶどうは、県内外を問わず大人気です。
度々テレビや情報誌に取り上げられています。
こちらは、以前7月7日の販売初日に「社方園」さんから生中継された、TKUテレビ熊本の朝の情報ワイド 英太郎の「かたらんね」の一コマです。
くまモンも「社方園」さんの栽培ハウスにやってきて生中継されたんですよ!

a0254656_17521024.jpg「社方園」さんでは、大きく分けると3色(黒、白、赤)のぶどうを栽培しています。
20品種以上のぶどうの中で、その時、最も美味しいそれぞれの色のぶどうを「社方園」園主の社方武路さんが見極めて出荷します。

a0254656_18000889.jpg一番人気は、3色の詰め合わせです。
商品バリエーションも多く、3色のぶどうを食べ比べることができ、ご贈答やお中元、家庭用としても広く購入いただいています。
「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の出荷は、8月下旬か9月上旬までですが、赤ぶどうは8月中旬までになると思います。
3色のセットのご注文は、とにかくお急ぎ下さい!

a0254656_18023687.jpg赤ぶどうは、昨年よりこの『クイーンニーナ』を、単独商品として販売を始めました。
ぶどうは糖度が18度ほどと、フルーツの中でも高い糖度を誇りますが、『クイーンニーナ』はなんと22度も糖度がり、酸味はほとんど感じられず、とにかく甘~い!んです。

a0254656_18060658.jpg昨年は早々に完売しましたが、今年は生産量を増やし対応いただいています。
ただし、定数になり次第予告なしで締め切らせていただくため、早い者勝ちとしか言いようがない大人気商品です。

a0254656_18100807.jpg大人気と言えば、こちらを紹介しないわけにはいきません。白ぶどうの『シャインマスカット』です。
『シャインマスカット』は、数ある果物をおさえて、売れ筋ランキングで、昨年もまた1位を獲得し、なんと8年連続で人気1位のフルーツなんです!!
(日本農業新聞トレンド調査より)

a0254656_18130953.jpg『シャインマスカット』は、皮ごと食べられることに加え、そのストレートな甘さが人気の秘密です!
芳醇な香りとともに味わう果汁は、なんと、驚きの糖度20度越え!
昨年は、3週間待ちが当たり前の大人気でした。
『シャインマスカット』の2kg詰め合わせと、大変お買い得な3パック詰め、さらに大房のシャインマスカットを700g、600g、500gで販売していて、商品ラインナップもかなり充実しています。

a0254656_18153912.jpg「ぶどうは黒!」と言うお声も多く、もっともポピュラーで、人気の高いのが「黒ぶどう」です。
黒ぶどうの王様といわれる「ピオーネ」を主にお届けしています。
香りが高く、強い甘味とさわやかな酸味があり、スッキリした味わいです。
果汁が豊富で、口いっぱいに美味さがおしよせてきます。

a0254656_18190956.jpg「社方園」さんでは、数ヵ所の栽培ハウスの温度、水などなどを管理しながら、ハウスごとに収穫の時期をずらして栽培しています。
毎年決まって7月7日に販売をスタートするのは、全国でも上位に入る早さです!!

a0254656_18213033.jpg「社方園」さんのぶどうは、9月上旬まで(品種によっては8月末まで)、早くから、長きに渡り最高級のぶどうを販売できるのです。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売しています!!

a0254656_18230143.jpg現在は、バリエーション豊かに18種類の商品をご用意させて頂いています。
きっとご満足いただける商品をお選びいただけると思います。
お中元やご贈答にも大変喜ばれている商品です!!
ただし、朝採り即日発送でお届けするため、毎回の出荷数は数量限定・完全予約制での販売です!!
美味しいぶどうを食べたい方、最高級のぶどうを贈りたい方、ぜひ下記「FLCパートナーズストア」のホームページよりお選び下さい。
数量限定!早い者勝ちですよ!!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-07-30 18:26 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)

無農薬栽培の『焙煎えごま粒』まもなく再入荷!只今、焙煎&パッケージ中!平成30年の黒エゴマの定植作業!

FLC日記 2018年7月29日(日) くもりのち雨(台風12号接近)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源産の無農薬、無化学肥料で育てられたエゴマの種子から作った『えごま油』『焙煎えごま粒(実)』を、今年もネット販売しています。
a0254656_17433705.jpg


a0254656_17464258.jpg『えごま油』や『焙煎えごま粒(実)』は、私たちの身体に欠かすことのできない“α-リノレン酸”を多く含んだ食品です。
この写真は撮影用にお皿にたくさん注いでいますが、『えごま油』の場合、1日に小さじ1杯程度を食すと良いと言われています。

a0254656_14490316.jpg『焙煎えごま粒』は、一般的な「ゴマ」と同じように様々なお料理にそのままかけたり、すりつぶしたりしてご利用ください。
焙煎したものをパッケージしているため、開封後、すぐにご利用いただけます。

a0254656_14544897.jpgできるだけ、焙煎してすぐのものを出荷するために、計画的な焙煎とパッケージしています。
「売り切れ」と表示されている場合も、まもなく再入荷となりますので、少々お待ちいただくか、お電話でご予約下さい。

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
菊池水源産『えごま』



a0254656_14580627.jpgおかげさまで、弊社オリジナルブランド商品の白エゴマ油『ピュアホワイト』は、平成29年度分は早くも完売しました!
平成30年度の白エゴマ油『ピュアホワイト』は、12月からの販売予定です。

a0254656_15074097.jpg農薬や消毒を一切使用しないので、ご覧の通り葉っぱは虫食いだらけですが、中生品種の白エゴマは、7月中旬に定植を終え、現在、元気に成長中です。

a0254656_15110792.jpgそして、一昨日より、晩生品種の黒エゴマの定植をスタートしました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)も生産者の一人です。

a0254656_1841506.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、菊池水源産『エゴマ油』、『焙煎えごま粒』は、NPO法人『きらり水源村』の「エゴマ部会」のみなさんと一緒に生産しています。
これは、6月6日に行われた平成28年度の第1回のエゴマ部会会議の際に撮影したもので、ちなみに私は前列に左から2番目です。

a0254656_18444627.jpg『えごま油』は、今でこそ多くのメディアで取り上げられ、健康食材として全国的なブームとなっていますが、『きらり水源村』では、ブームになるずっと前の、2012年より本格的な生産を始めました。
私は、その様子をずっと取材していきました。

a0254656_18494143.jpgNPO法人『きらり水源村』は、廃校となった「菊池東中学校」を利用した、『きくちふるさと水源交流館』で、校区民を中心に構成されたNPO法人です。
『地域活性化(=まちづくり)』、『都市山村交流(=グリーンツーリズム)』、『子どもの生活圏づくり(=スローライフ)』の3つのキーワードを軸に、様々な活動をしています。
その活動の中の一つが「エゴマ部会」です。

a0254656_1854132.jpg平成27年度から、「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役笠泰紀(私)も参加し、エゴマの生産者となりました。
これは、7月下旬行った黒エゴマの定植作業の様子です。

a0254656_18562378.jpg株式会社旬援隊は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にあります。
敷地は、1500坪ほどあり、この山奥の地で、13種類の果樹や様々な野菜、原木しいたけを完全無農薬で育て、烏骨鶏を飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_1857972.png弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」では、ここで育てる作物と育てる「匠の農家さん」たちが育てた、“本物”と呼べる旬の食材を販売しています。
どれも、ここでしか買えない“本物”と呼べる逸品ばかりです。

a0254656_15223100.jpgここ(株式会社旬援隊)では、栗の王様『利平栗』、『菊池水源キウイ』、『烏骨鶏のたまご』、『春の山菜』などをオリジナルブランド商品として生産しています。
これは、敷地内の畑と『利平栗』の栗林です。
敷地内の畑に加え、近所の農家さんから、畑を借りて『エゴマ』の生産をしています。

a0254656_15254315.jpg敷地内のこの畑には、黒エゴマを330本定植します。
さらに今年からは、お借りする農地も増やして、白エゴマも黒エゴマも増産体制をとっています。

a0254656_15313769.jpg本日の午前中にこの畑の定植を終えました。
思いもよらぬ進路をとって接近している、台風12号の影響を考え、しっかりと根元の土を押さえ、定植した苗が倒れないようにしながらの作業でした。

a0254656_15393568.jpg
白エゴマは9月上旬、黒エゴマは10月上旬にそれぞれ開花し、その1ヶ月後に刈り取り(収穫)です。
収穫後も、乾燥、脱穀、唐箕がけ、洗浄、乾燥、そして選別とかなりの手間ひまを要します。
私たちは、まずは自分たちが「安全で美味しいえごまを食べたい!」と言う思いから、完全無農薬、無化学肥料のエゴマの栽培をスタートしました。

a0254656_15403371.jpg
そんな思いの詰まった弊社の『エゴマ油』『焙煎えごま粒』をぜひお選びください。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページの『菊池水源産えごま』のページにお進みください!
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-07-29 15:41 | エゴマ | Trackback | Comments(0)

栗の王様『利平栗』 今年もこだわりの無農薬栽培!順調に着果しまもなく生理落下です!

FLC日記 2018年7月28日(土) 晴れ
栗の王様と呼ばれている、『利平栗』をご存知ですか?
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、熊本県菊池市、菊池水源で、こだわりの無農薬・無化学肥料栽培で育てた、弊社オリジナルブランド商品の栗の王様『利平栗』をネット独占販売いたします。
a0254656_19511089.jpg


a0254656_19534138.jpg『利平栗』は、とても大きなイガにも関わらず、中に入っているのは、このように大きな栗の実が1つだけ!と言うことが多く、管理が難しく、生産量も年々減少している“幻の栗”とも言われる大変貴重な栗です。
イガに対して、栗の収量が少ないため、その生産効率の悪さも、栽培農家さんの減少の要因のようです。
そんな『利平栗』を、今年も栽培しています。

a0254656_19554462.jpg現在は、こんな感じに成長しています。
ここは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、株式会社旬援隊の敷地内にある栗林です。
今年も順調に着果し、成長しています。

a0254656_19592691.jpg毎年、6月中旬に花が咲きます。
これが栗の花ですが、そのほとんどは雄花です。
栗の実になる雌花はどこかと言うと・・・。

a0254656_20015477.jpg写真中央付近!
花の最も下のとこに位置しています。
そこに虫たちが雄花の花粉をつけ、着果するのです。
それにしても、農薬も消毒も使用しないので、葉っぱは見事に虫食いだらけですね!(笑)

a0254656_20053390.jpg現在の様子です。
着果後、現在こうして成長している『利平栗』たちですが、全てが収穫まで育つことはありません。
8月になると、“生理落下”が始まります。

a0254656_20074024.jpgこちらが、以前撮影した“生理落下”の様子です。
“生理落下”とは、『利平栗』の一部が、自然と落ちていく現象です。
それぞれの『利平栗』の果樹が持つ体力に応じた数にだけ、自ら栗の果実をおとして調整するのです。

a0254656_20110604.jpg7月上旬の着果間もないころにおこる早期落果は、雌花が小さかったり、その枝が細かったり、梅雨時期の日照時間の短さで起こりますが、後期落果は果実が上手くできない栗におこる現象です。
この時期の落ちたイガを割ってみると、果実ができている形跡はありませんでした。

a0254656_20123558.jpgこれは、毎年見てきた私の良そうですが、今の時点で、テニスボールほどの大きさ(写真)にまで成長しているものは落ちないようです。
それよりも小さな未成熟のものが落ちることが多いようですね。

a0254656_20173012.jpgその『利平栗』を栽培しているのは、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)です。
これは、株式会社旬援隊の本社社屋です。
エントランスには薪ストーブがあり、室内には囲炉裏があるような、ログハウス調の建物です。

a0254656_18205529.jpg弊社で販売している『利平栗』は、本社のある熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある弊社の敷地内の栗林で栽培しています。
左には、有機栽培の菊池水源茶の茶畑が広がっています。

a0254656_18341641.jpgこちらは茶摘みの様子です。
この茶畑は、「碾茶」と言って、抹茶の原料となるお茶を栽培しています。
有機栽培のお茶には、とても厳しい基準があり、農薬・化学肥料・除草剤などの使用ができません。
もし、何かしら検査で検出されたなら、それから3年間は有機栽培のお茶としての出荷ができないのです。

a0254656_18355262.jpg弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」でも好評発売中の菊池水源茶、有機抹茶『雲上の白』が、有機抹茶として販売できるように、茶畑に隣接しているここの敷地では、一切農薬も化学肥料も除草剤も使わずに、『利平栗』をはじめ様々な作物を育てています。

a0254656_20281263.jpg『利平栗』に関して、もう一つお話しします。
これも『利平栗』の果樹ですが、冬の剪定でカットバックしました。
大きくなりすぎている果樹を、低く仕立て直す方法です。
そうなると当然、その年は果実は実りませんので、計画的に順番にカットバックしています。
新しい芽がたくさん芽吹いているので、冬の剪定できちんと仕立て直したいと思っています。

a0254656_20315205.jpgカットバックした果樹以外は、今年も順調に育っていますが、収穫を迎えるのは9月中旬からです。
収穫まであと2ヶ月あまり!しっかりと手をかけ育て上げなければなりません。
なにせ、すでに今年のご予約を頂戴しているのですから生産及び販売者としての責任があります。

a0254656_20342804.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も完全無農薬・無化学肥料、除草剤も一切使わずに育てた『自然栽培で育てた利平栗』をネット独占販売いたします。
現在は、お電話でのみ先行予約の受付を行っています。
安全・安心な、もちろん美味しい『利平栗』を育てあげます。
今年もぜひ楽しみにしていてください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村

by flcps | 2018-07-28 16:47 | FLC | Trackback | Comments(0)

甘熟イチジク 大人気の“甘熟”いちじく!今年も順調に成長し、8月10日前後からの発送予定です!

FLC日記 2018年7月27日(金) 晴れ

a0254656_18241804.jpg「今年もかなり順調に育ちよるばい!例年通り、8月上旬、お盆前には初出荷ができそうばい!」
匠の農家さん「小春農園」代表の小原正宏さんが、そう言いながら山あいの『甘熟いちじく』の栽培ハウスを案内してくれました。
こちらが、現在の山あいの『甘熟いちじく』の様子です!
a0254656_18254911.jpg


a0254656_18261804.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も、匠の農家さん「小春農園」さんの『山あいの甘熟イチジク』をネット独占販売いたします。

a0254656_18283501.jpg完熟ならぬ、樹上で“甘熟”させた、とびっきりの美味しさです!
この写真は、昨年8月上旬に撮影したものです。
今年の、初出荷は8月10日(金)の予定です。

a0254656_18294963.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』の栽培ハウスです。

a0254656_18302794.jpgハウスといえども、加温をして育てるのではなく、あくまで雨風からいちじくの果樹や果実を守るための〝屋根”と言ったところでしょうか。
ですから、両サイドや入り口付近は大きく開いています。

a0254656_18353335.jpgこちらは、昨年12月8日、早朝のいちじくの落葉の様子です。急に寒くなり、一晩でいちじくの葉っぱがこのように落葉してしまったのです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_18424478.jpgもちろん「小春農園」さんの『甘熟いちじく』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して、現地取材してきました。
こちらは、冬の剪定の様子です。

a0254656_18433236.jpg「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、そして息子さんで専務の小原将輝さん(写真)の、大学で柑橘類を専門に学んだ技術を持つ将輝さんの3人の“匠”が中心となり、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_18460983.jpg本日紹介している『甘熟いちじく』の他には、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』(写真)、究極の柑橘『せとか』、『ザ・みかん』、無農薬栽培の『原木しいたけ(乾燥・生)』、幻の白い『長生たけのこ』、『干したけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』などを育てていて、それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_18510359.jpgいちじくに話を戻しましょう!
5月上旬、いちじくたちはこうして一斉に芽吹いてきます。
「小春農園」さんでは、「一文字整枝法」と言う栽培方法で『甘熟いちじく』を育てています。

a0254656_18553405.jpg1本の果樹から両サイドに主幹を伸ばし、それを1列になるよう仕立てて管理する栽培方法です。
そして今年も、冬の剪定の匠の技で、きちんと果実が実る良い芽が芽吹いていました。

a0254656_18590401.jpg植物は、幹の上部をよりたくさんの水や栄養が通ります。
幹の上の部分から芽吹いた元気な芽は、成長が激しく果実を実らせない傾向にあります。

a0254656_19012796.jpgそこで、「小春農園」さんでは、主幹から伸びた母枝の、下から芽吹く芽を残し、それにいちじくの果実を実らせます。
1節目からきちんと実らせる匠の技です。

a0254656_19021785.jpgそしてこの時期、母枝の下から芽吹いた結果枝のみを残し、不要な新しい芽を全てかいでいきます。
その結果枝に美味しいいちじくを全力で実らせるためです。

a0254656_19045912.jpgそして本日、現地取材に伺うと、こうして今年もきちんと1節目からいちじくの果実が成長していました。
「小春農園」さんでは、こうして毎年コンスタントに美味しいいちじくを実らせています。

a0254656_19083692.jpgなぜそこまで1節目から実ることにこだわるかと言うと、1節目~3節目くらいまでは、こんなに大きないちじくが実るからなんです。
もう何度も「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』をご購入いただいているお客様からは、初出荷から数回のこの大きないちじくが食べたくて、今年もすでにたくさんのご予約を頂戴しています。

a0254656_19131721.jpgでもやはり、人気の秘密は、こだわりの“甘熟”ににこそあるのです。
「いちじくは、絶対に樹上で完熟させんと本当の美味しさにならんとたい。だけん、朝採り、即日発送するけん、遅くとも中1日ではお客様に届けるように!」
これが、弊社と小春農園さんとのいちじくを販売するにあたっての約束です。

a0254656_19153218.jpg一般的に、スーパーなどの店頭に並ぶいちじくは、ここまで完熟したものではありません。
収穫から店頭に並ぶまで1週間ほどかかるので、完熟前に収穫し出荷されるものばかりです。

a0254656_19175974.jpg“甘熟”にこだわった、いちじくを収穫から翌日、もしくは翌々日には全国のお客様へお届けします。
今年もぜひ、いちじくの本当の美味しさをご堪能ください!

a0254656_19171471.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
8月上旬から、10月いっぱいまでの出荷を予定しています。
これからも、さらに大きく成長し、色付いてくる様子もまた現地取材してご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-07-27 19:21 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

無農薬・無化学肥料で育てた熊本産『ステビアにんにく』予約受付スタートしました!!

FLC日記 2018年7月26日(木) 晴れ時々くもりのち雨(夕立)
大変お待たせしました!!
無農薬・無化学肥料で育てた熊本産『ステビアにんにく』予約受付をスタートしました!!
平成30年度は、7月31日(火)からの出荷予定です!
「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』は、「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です!!
a0254656_17223191.jpg


a0254656_17232747.jpg『ステビアにんにく』は、作物品質向上効果に優れる“ステビア”を土作りに利用し、育てられたニンニクです。
“ステビア”とは、南米パラグアイ原産のハーブです。
作物の品質向上効果に優れる“ステビア”を土作りに利用すると、土が微生物豊かで健全な状態へと戻っていきます。
その結果、 農薬や化学肥料の使用量が減り、土が持つ本来の力を呼び戻すことで野菜や果物も本来の 自然の味にしていきます。

a0254656_17250828.jpg『ステビアにんにく』の最大の特徴は、なんと言っても1粒の大きさです!!
さらにとてもみずみずしく、辛さがマイルドで、嫌な香りが少ないと、 にんにくのうまみ成分はそのままに、臭いが少ないにんにくなのです。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』をネット独占販売いたします。

※先行予約の受付をスタートしました!

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
熊本産『ステビアにんにく』


a0254656_17283803.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県菊池市にある、「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』の畑で、4月下旬の“芽カギ”と呼ばれる作業の様子です。

a0254656_17310235.jpgこの頃、にんにくは花芽を芽吹かせ蕾を形成します。
花を咲かせると、栄養が花に行くので、その花芽を摘み取ります。
1本1本手作業で行う、惜しまぬ手間ひまです。

a0254656_17334771.jpgちなみにこちらはにんにくの花です。
紫色以外もあるとのことです。
この花は、「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』とは関係ない、全く別の通りすがりの畑で撮影したものです。

a0254656_17360432.jpg12月下旬のにんにく畑の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。

a0254656_17373910.jpgにんにくは、冬の寒い時期に成長し、5月下旬か6月上旬ごろに収穫を迎えます。
雪や霜に合いながらもたくましく成長するその生命力が、にんにくのパワーの源なのかもしれません。

a0254656_17413568.jpg「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』の収穫は、こうして重機を使て行います。
まずは、葉(茎)をあらかじめ切り落とし、その後重機で掘り上げるのです。

a0254656_17432022.jpg「そんな大掛かりにしなくても、引き抜けばいいのでは?」と、思った方も多いはず!
にんにくには、この様にぎっしりと立派な根っこが生えていて、私も引き抜こうと挑戦しましたが、全く無理でした(笑)。

a0254656_17455257.jpg重機で掘り上げた後は、こうして1つ1つ集めていきます。
収穫後は、しっかりと土を落として、約2か月間、風通しの良い日陰で乾燥させ商品とするのです。

a0254656_17485958.jpg乾燥の様子です。
根っこはきれいに切り落としてありました。
にんにくの1かけら1かけらが、とても丸みをおびていますね。
切り落とした根っこの平らな面と同じように、にんにくのかけらが盛り上がっているのが良いニンニクです。
今年も、良い出来のようです。

a0254656_17533923.jpgにんにくは生でも食すことができますが、乾燥させることで長期保存ができます。
でも、約2ヶ月乾燥させても、このみずみずしさなんですよ。
でも、いやな香りは少ないので様々なお料理に、活用ください。

a0254656_17552687.jpg「本藤果樹園」の本藤賢一さんと本藤郁代さんご夫婦です。
「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』は、すでにたくさんのご予約を頂戴していて、毎年決まって完売する大人気商品です。

a0254656_18073215.jpg大人気!と言えば、「本藤果樹園」さんのこだわりの『樹上完熟梨』です。
梨がメインの作物なので、屋号も「本藤果樹園」としています。
今年も、最初に収穫を迎える「幸水(こうすい)」を、7月31日より出荷いたします。

a0254656_18092181.jpg今年も、くまモンのイラスト入りの箱でお届けいたします。
こだわりの『樹上完熟梨』を朝採り即日発送するため、毎回の出荷量限定の商品です。
a0254656_18105423.jpg


↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら! ↓
「FLCパートナーズストア」
『樹上完熟梨』


a0254656_18225086.jpg「本藤果樹園」さんでは、惜しまぬ手間ひまで徹底的に手をかけて、至高の樹上完熟梨を作り上げる匠です。
息子さんで園主の本藤猪一郎さんが、匠の目で判断し、樹上完熟を見極め、朝採りで即日発送するからこそ美味いのです。

a0254656_18145717.jpg7月末の『幸水』からスタートし、『豊水』、『秋麗』(写真)、そしてジャンボ梨『新高』と続きます。
詳細は、ホームページをご覧ください。

a0254656_18212378.jpg『ステビアにんにく』に話を戻しましょう!
本日は無農薬・無化学肥料で育てた『ステビアにんにく』の予約受付スタートのご案内です。
1袋500g入りで販売いたします。
にんにくは、疲労回復効果、カゼ、インフルエンザの予防効果、さらにはガン予防、動脈硬化予防、アンチエイジングなどなど、様々な体に対する効能が期待できる健康食材です。

a0254656_18240267.jpg無農薬・無化学肥料で育てられた「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』で、夏の暑さを乗り越えましょう!!
数量限定の販売です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂きますので、ご注文はお早めに!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村ご来店お待ちしてます!!

by flcps | 2018-07-26 18:25 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

太秋柿 古川果樹園 匠の惜しまぬ手間ひま「枝つり作業」で今年も万全を期し育てます!

FLC日記 2018年7月25日(水) 晴れ

a0254656_17321162.jpg「ほとんど摘果は終わったとたい。今は枝ば吊りよるたいね。ここまでこぎゃん順調に来とっても、台風でやられるならしまいだけん、今年もピシャッと、果実が実る枝は全部吊って回りよったとこたい。」
「古川果樹園」さんの、『太秋柿』の栽培場に伺うと、古川孝人さんが脚立の上からいつもの笑顔でそう話しました。

a0254656_17340313.jpg熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園に現地取材に伺いました。
いつ伺っても、本当にきれいに整備された柿園です。
今年も、秋の果実の王様『太秋柿』が順調に成長しています。
a0254656_17394611.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
毎年、10月10日前後からの出荷です。

a0254656_17411487.jpg『太秋柿』は、「梨のような食感、ぶどうのような甘さ」と言われるフルーツで、熊本県が生産量の約半分を占める一大産地です。
その中でも、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、糖度がなんと、驚きの18~20度!!最高級です!!スイーツのような甘さと、シャリシャリの食感がたまりません!!

a0254656_19080463.jpgそんな「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培の様子を、FLCパートナーズストアを運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_19104649.jpg「おはようございます!」と声をかけ柿園に入っていくと、「笠さんだろ?ちょっと待ってな。キリの良かとこまでするけん!」と古川さんの声!
「古川果樹園」の古川孝人さんと古川アツ子さんは、笑顔の絶えない仲良しご夫婦の二人三脚で、惜しまぬ手間ひまをかけ、様々な“本物”と呼べる農作物を育てる匠の農家さんです。

a0254656_19140932.jpg「ちょうど休憩しようと思いよったとこだったのよ。笠さんもスイカ食べるでしょ?」とアツ子さん。
私を子供のようにかわいがってくれるので、いつの間にか私はアツ子さんを“お母さん!”と呼んでいます。

a0254656_19155453.jpg「暑かけんねぇ~、朝早くから始めて、昼ばゆっくり休んで、また夕方からしよるとたい。今の時点でも、もう汗びっしょりばい!ばってん、農作業は待ったなしだけん、その時その時の仕事ばちゃんとせにゃんけんな!」と古川さん。

a0254656_19203394.jpg「毎年見せてもらってますけど、今年はかなり良いんじゃないですか?」と言うと、
「ハハハッ!そぎゃん見えるね!笠さんも大したもんばい。今年はかなり順調に育ちよるけん、この時期に枝ば吊って、しっかり台風対策ばしとかにゃんとたいね。」

a0254656_19223645.jpg『太秋柿』は5月に開花し、収穫までには5ヶ月ほどを要します。
その間に、果実の重みで枝が折れたり、果実が揺れてぶつかり傷ついたり、強風(とりわけ台風)で、落果したりしないように、「古川果樹園」さんでは、果実が実るすべての枝をこうしてひもで吊るしながら育てるのです。

a0254656_19244081.jpg「スイカば食うたけん、身体のスーとした。ど!始めるぞ!」
古川さんはそう言うが早いか、すでに脚立を動かしながら作業の準備を始めています。

a0254656_19264103.jpg「摘果が一通り終わったけん、今日は、私はお父さんの助手よ。」とお母さんが話します。
摘果作業の様子も、もちろん取材しています。

a0254656_19293921.jpg「古川果樹園」さんでは、着果した『太秋柿』のなんと約6割を摘果して落としてしまいます。
残した、たったの約4割を大切に育て上げます。

a0254656_19321461.jpg古川さんはいつもこう話します。
「手ばかけたらかけただけ、作物は必ず良い実りとなって返してくれるとたい。だけん、手間ひまば惜しんだら、よかつはでけんとたい。」

a0254656_19390818.jpg残した4割の『太秋柿』を大切に育て上げ、収穫を迎えるために、『太秋柿』が実る1本1本の枝を全部ひもで吊り下げていくのです。
毎年この惜しまぬ手間ひまをかけて、大きく甘く、とびっきり美味しい『太秋柿』を育てているのです。

a0254656_19401101.jpgそうして大事に育て上げられた「古川果樹園」さんの『太秋柿は、』大きなものになると、私の手のひらからこぼれ落ちそうなほどのサイズになります。
もちろん、その美味さは最高級です!

a0254656_19423338.jpg大玉のものだけを集めた、熊本産『太秋柿プレミアム』極(きわみ)は、1箱約3kg(8玉前後)入りでの10月下旬からの出荷予定です。数量限定商品のため、すでに今年も多数のご予約を頂戴している大人気商品です。

a0254656_19441576.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿』を、今年もネット独占販売いたします
。惜しまぬ手間ひまで大切に育て、収穫した中から選び抜かれた『太秋柿プレミアム』です。
これからも、その惜しまぬ手間ひまや、成長の様子など現地取材にてご紹介していきます。
今年も10月10日前後の初出荷を予定しています。
「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』に今年も大いにご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-07-25 19:45 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

熊本県菊池市菊池水源の山奥で、田舎暮らしをしながら最旬食材を全国のお客様に!! 原木しいたけの本伏せ編!

FLC日記 2018年7月24日(火) 晴れのちにわか雨
ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本の旬の食材を販売しています。
a0254656_19121325.png


a0254656_18534258.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にその本社所在地があります。
こちらは本社社屋です。
ここの敷地は1500坪ほどあります。

a0254656_18575591.jpg栗林や畑、キウイ棚、烏骨鶏の鶏舎などがあります。
15種類の果樹を栽培していて、畑では季節の野菜も育てています。
写真は6月中旬のもので、左の茶畑は同じ村の川口製茶園さんの、有機栽培(無農薬)の茶畑です。

a0254656_18553410.jpg自らの敷地の他にも、近隣の畑や田んぼを借りて作物を栽培しています。
こちらがその畑で、現在はエゴマ(白)を定植した後です。
白エゴマは、その種子(粒)を、無農薬栽培の菊池水源産白エゴマ油『ピュアホワイト』や、『焙煎えごま粒』とし、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、オリジナルブランド商品として販売しています。

a0254656_19172633.jpgこの山奥で私(株式会社旬援隊代表取締役 笠泰紀)は、自然と共に生き、自ら畑を耕し、15種類の果樹と原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_19055219.jpg季節の野菜や果物、烏骨鶏のタマゴなどはありますが、自給自足にはどうしても必要なものがあります。
それがお米です!
今年から、お米も育て始めました。
これ、手植えしたんですよ!
ええかっこしい(かっこつけ)なので、きれいに植えることができたとこを載せてますが、かなり味のある田んぼになってます(笑)。

a0254656_19240725.jpgさて、本日は、先日やっと行った『原木しいたけ』の“本伏せ”について紹介します。
『原木しいたけ』とは、主にクヌギやナラの木を原木とし、そこにしいたけの菌(コマ)を打ち込み栽培する方法、つまり、最も自然に近い形で育てられた、しいたけのことです。

a0254656_19282119.jpg『原木しいたけ』の栽培は、私がこの山奥で暮らし始めたすぐから行っています。
原木とする主にクヌギの伐採から、こうして収穫を迎えるまでは、約2年もの歳月を要します。

a0254656_19314396.jpg栽培方法は、弊社の契約農家さんの「小春農園」さんの親子の匠から全て教えていただきました。
「小春農園」代表の小原正宏さんと息子さんで専務の小原将輝さんです。

a0254656_19340983.jpg「小春農園」さんの清流の里の『原木しいたけ』は、夏の時期生の出荷はありません。
現在は『原木しいたけ(乾燥)』のみを販売していて、生での出荷は11月中旬ころからです。
森の旨みを詰め込んだ『原木しいたけ(乾燥)』は弊社のホームページで購入できますので、ぜひご覧ください。

a0254656_19384326.jpg今回行った本伏せ作業は、コマを打った原木を平積みにしてシバ(上に乗せている枝葉)を取り除くことから始めます。
本来は梅雨明け前に行うようにと私の師匠(小春農園)さんからは言われていたのですが、今年から始めた米作りもあり、この時期になっちゃいました。

a0254656_19441345.jpgしいたけ菌が、原木の中で上手く育っているか心配でしたが、まぁまぁの状態です。
原木の切り口に見える、白いものがその原木しいたけの菌です。
原木の中で、さらに成長して、しいたけが立つのは、来年の秋です。
しいたけ菌は、直射日光に弱く、適度な水分と風通しも必要なため、このように平積みに重ねている仮伏せの状態ではよくありません。

a0254656_19461000.jpgそこで、風通しよくきちんと組んでおいておく状態が、今回行った“本伏せ”です。
師匠直伝の組み方を行っていますが、師匠たちはいとも簡単に行いますが、私は何度もやり直しながらなんとかスタートしました。

a0254656_19490321.jpg中央付近に風邪が通るようにしっかりと空間を確保しながら、上に乗せるのと、立てかけるのを繰り返しながら進めていきます。
このサイズの原木だとちょうどいい感じですが、問題はここからなんです。

a0254656_19573468.jpg今回、原木しいたけ用に伐採したクヌギは、同じ村に住む伊賀アイ子さんが、
「笠さんが今年も原木しいたけするなら、うちの敷地にあるあの大きなクヌギを伐採して使って!」
と依頼を受けたものを使用しました。
この写真でその大きさがわかりますか?
最後はあまりの大きさに少し我流も交えながら、なんとか本伏せすることができました。

a0254656_19585689.jpgそれから、直射日光を避けるためのシバをしっかりと乗せて、最後にコマを打っていない原木の丸太を重しに乗せ、本伏せ作業は完了です。
来年の秋にこれらを栽培地に移し(ボタ起こし)、『原木しいたけ』の収穫を迎えます。

a0254656_19254424.jpg本日のブログでは、ここ(株式会社旬援隊)の7月の様子をご紹介しましたが、株式会社旬援隊の本業は、匠の農家さんたちが育てる、“本物”と呼べる食材のネット販売です。
各種フルーツ、新鮮野菜、お米、加工品などなどを「FLCパートナーズストア」と言うショップ名で販売しています。
a0254656_18044762.jpg
特に、熊本の最旬フルーツは弊社の大人気商品です。
弊社で販売する、商品は全て、私がその栽培地に伺い、年間を通してその成長の様子や、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、毎日更新するこのブログを中心に紹介しています。

a0254656_19293197.jpg現在の、イチオシ商品は、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』です。
大人気の『シャインマスカット』も含め、選べる18商品の豪華ラインナップで販売しています。

a0254656_19310759.jpgその他には、無農薬で育てた朝採りの『フレッシュブルーベリー』、熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』も大人気です。
そして、こだわりの『樹上完熟梨』の出荷もスタートしました。
いずれも、“匠”と呼べる農家さんが育てた逸品です。
お中元やご贈答用にも大変喜ばれています。
ぜひ、下記ホームページよりチェックしてみてください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村

by flcps | 2018-07-24 20:05 | FLC | Trackback | Comments(0)

熊本梨 こだわりの樹上完熟梨『幸水』 先行予約の受付をスタート!初回出荷は7月31日(火)です!

FLC日記 2018年7月23日(月) 晴れのち雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、本日より、こだわりの熊本産『樹上完熟梨』の先行予約の受付をスタートしました!
昨年は、8月上旬からの出荷でしたが、
今年は、例年通りの7月下旬より、まずは『幸水』を出荷します。
a0254656_16485511.jpg
平成30年度の初回出荷は、7月29日(金)です。
以降、毎週火曜日と金曜日の出荷予定です。
※樹上完熟熊本梨『プレミアム幸水』(化粧箱入り)は、8月3日(金)からの出荷です。
ご贈答や御中元にも大変喜ばれている商品ですよ!!
a0254656_16595465.jpg

a0254656_17033022.jpg毎年決まって、最初に収穫を迎えるのがこちらの『幸水(こうすい)』です。糖度は11.5度程度と梨としてはそう高くありませんが、とてもみずみずしく食感も良く人気の高い品種です。

a0254656_17033501.jpg夏の盛りの暑さの中で食す、あの清涼感は、近年さらに人気が高まっています。
果汁が多く、風味もあり、この時期にぴったりの味わいです。

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『樹上完熟梨』


a0254656_17081910.jpg「FLCパートナーズストア」が、おおくりするこだわりの『樹上完熟梨』の生産地と、生産者の紹介をしましょう!
生産地は、熊本県菊池市です。
生産者は、弊社の契約農家さん、梨の匠「本藤果樹園」さんと「岩永農園」さんです。
この2件の農家さんは、実は親戚同士で、切磋琢磨しながら、至高の梨を作り続けています。

a0254656_17103980.jpgこちらは、4月上旬の梨の花咲く頃の、花と新芽の様子です。
収穫後のお礼肥え、冬の時期休むことなく繰り返された、匠の技の冬の剪定と誘引作業を経て、今年も元気な花がたくさん咲きました。

a0254656_17150492.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17163931.jpgもちろん「本藤果樹園」さんと「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』の栽培の様子も、年間を通して現地取材してきました。
写真は、着果後の1次摘果の際の様子です。

a0254656_17182470.jpg「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんです。
『幸水』の初収穫を以前取材した際の写真です。
「本藤果樹園」さんは、猪一郎さんのご両親の賢一さんと奥様の郁代さんご夫婦の豊富な経験と卓越した技術を、息子の猪一郎さんが引き継ぎながら、さらに最新の知識と技術を導入し、至高の梨を育てる匠です。

a0254656_17184442.jpgこちらは、10月上旬、最後に収穫する『新高』の収穫の様子を取材した際の「岩永農園」の岩永敏行さんです。
「岩永農園」さんは、岩永敏行さんと哲代さんの仲良しご夫婦で、一切の妥協を許さない、徹底管理と惜しまぬ手間ひまで、本物と呼べる梨を育てる匠です。

a0254656_17295127.jpgいずれもの匠も、梨の本当の美味しさで食べていただきたいと、こだわりの『樹上完熟梨』を、生産しています。
一般流通では、収穫から店頭に並ぶまでの1週間ほどを考慮して、少し青めの状態で収穫します。
a0254656_17310201.jpg


a0254656_17314820.jpgしかし弊社で販売する『樹上完熟梨』は、本当の梨の美味しさを味わっていただくために、朝採りの樹上完熟梨を、即日発送し、翌日または翌々日にお客様に届けるという条件のもと、ネット販売をしています。

a0254656_17350846.jpg匠たちは、それぞれの梨園を、梨が最高に美味しく育つステージと毎年作り上げています。
こちらは現在の様子。
開花後、芽吹いた新芽たちが元気に成長し、地面には絶妙な木漏れ日が降り注いでいます。
私は、梨が美味しく育つこの最高の環境を、“木漏れ日のステージ”と称しています。

a0254656_17400824.jpgこの“木漏れ日のステージ”で、太陽の光を浴びながら育った梨を、匠たちはその目で判断し、樹上完熟を見極め収穫するのです。
そして、即日発送でお客様にお届けします。

a0254656_17430466.jpg毎年、最初に出荷する、こちらの『幸水』は、7月下旬により穫及び出荷を迎えます。
夏の時期にぴったりな、さわやかな甘さとみずみずしい果汁、サクッとした食感が大人気です。

a0254656_17451710.jpgくまモンのイラストの入った箱で出荷される、12~14玉入りが、お買い得で一番人気です。
ご家庭用として購入されることが多いのですが、もちろん、ご贈答やお中元にも大変喜ばれる商品です。

a0254656_17460244.jpgまた、5玉or6玉入りの、化粧箱での販売も行っています。
商品名を、樹上完熟熊本梨『プレミアム幸水』化粧箱入り(5玉or6玉)とし、少し割高にはなっていますが、ギフトにも最適な商品となっています。
8月3日(金)よりの出荷予定とさせていただいています。

a0254656_17483950.jpg樹上完熟『幸水』は、まもなく今期の初収穫を迎えます。
大変ありがたいことに、昨年もご購入いただいたお客様からは、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。

a0254656_17511614.jpg7月31日(火)を初出荷とし、以降、火曜日、金曜日の出荷予定ですが、ご注文(ご予約)は、とにかくお急ぎください!
今年も完売間違いなしの大人気商品です。
こだわりの樹上完熟の美味しさがここにあります!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「樹上完熟熊本梨」のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-07-23 17:53 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

七城米 長尾農園 今年も美しすぎる田んぼで元気に成長中!!現在販売中の『七城米』は残りわずかです!

FLC日記 2018年7月22日(日) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「長尾農園」さんが、惜しまぬ手間ひまをかけ、“美しすぎる田んぼ”で育てた『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』を販売中です!
現在販売中の平成29年度の『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』は残りわずか!
ご注文はお急ぎ下さい!
a0254656_18074957.jpg


↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓

平成30年度の『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』は、大地と太陽の恵みを受け、美しく、元気に成長中です!
a0254656_18101494.jpg


a0254656_18105671.jpg熊本県菊池市七城町にある「長尾農園」さんの田んぼの1つに伺いました。
平成30年度の『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』が美しく育っています。
熊本県菊池市七城町は、日本有数の美味しいお米の名産地です。

a0254656_18132929.jpgこの地で育つ、『七城米』は、「七城のこめ」と言う名前で、“おいしいお米日本一”に輝いた実績を持っています。
その米どころ七城町で、「長尾農園」さんは、とことん減農薬にこだわり、惜しみない手間ひまをかけた、安全な『七城米(長尾さんちのお米)』を育てています。

a0254656_18170759.jpg私は、「長尾農園」さんの田んぼを、“美しすぎる田んぼ”と称しています。
きれいにまっすぐに植えられ育つさまもそうですが、1枚の田んぼの苗たちが、一様にそろって育つさまを見て、私は“美しすぎる田んぼ”と称しているのです。
もちろん、欠株はおろか、風で倒れているような苗は、全く見当たりません。

a0254656_18231913.jpg引き合いに出して、大変恐縮なのですが、こちらは、同じ七城町にある他の農家さんが育てる田んぼです。
まだ稲穂も実っていないのに、今にも倒れそうな感じがします。
おそらく、強い根がしっかりと張りきれていないのではないでしょうか。

a0254656_18251744.jpgすると、稲穂が実り頭を垂れるころ、そこに台風でも来たら、こんな感じに倒れちゃうかもしれませんね。(※この田んぼは、別の地区の全く関係ない田んぼです)

a0254656_18270997.jpg「FLCパートナーズストア」の店長の私(笠泰紀)は、「長尾農園」さんの農業に取り組む姿勢と、そのお米の美味さに惚れ込み、2年がかりでお願いして、『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』を販売しています。
その期間も含め、それからずっと年間を通してそのお米作りの様子を現地取材してきました。

a0254656_18283755.jpg稲刈りの様子はもちろんのこと、その後の冬の田んぼの土つくりの様子、種まき、苗床(写真)、代かき、田植え、本日紹介している青々と成長している様、などなどその全てです。

a0254656_18303372.jpgもう何年も年間を通して現地取材してきましたが、私はこうして黄金色に稲穂が色づき頭を垂れている頃でさえも、1度たりとも「長尾農園」さんの田んぼで、お米が倒れているのを見たことがありません。
それは、台風が直撃した年でさえもです。

a0254656_18331532.jpgそれは、「長尾農園」さんが惜しまぬ手間ひまをかけ、稲が倒れないしっかりと根を張る元気な土を毎年作り上げているからです。
その惜しまぬ手間ひまの1つを紹介しましょう!
これは、“天地返し”と言って、まさに田んぼの土の天と地を入れ替えるかのように、深く深く掘り返して、冬の間に田んぼの土を作り上げている様子です。

a0254656_18341440.jpgさらにもう1つ!
こちらは、田植え前の代かきの様子です。
ご覧の通り、稲を植えない畔のギリギリまで、とことん平らにならしています。
代かきは、長尾さんが納得いくまで何度も繰り返されます。

a0254656_18365125.jpg田植え後の様子です。
美味しいお米の条件の一つとして挙げられるのが、ばらつきがないお米であることです。
地中深くまで掘り返し、徹底的にならした田んぼでは、田植え後稲たちが、同じようにそろって育つのです。

a0254656_18384925.jpg毎年繰り返してきた匠による、その惜しまぬ手間ひまこそが、今年(平成29年度)もこうして均一に稲を育てています。
そうやって、毎年、“美しすぎる田んぼ”は作られているのです。

a0254656_18412573.jpg8月下旬か、9月上旬には、稲の花が咲きます。
もちろん、それらの様子も、今年もしっかりと現地取材をして、このブログでご紹介していきます。

a0254656_18425081.jpg稲刈りは毎年、10月上旬から中旬にかけて行います。
新米の出荷は、稲刈りを終え、乾燥、もみすりを行った後の、10月下旬位からとなります。

a0254656_18434519.jpg「長尾農園」さんは、長尾千行さんと奥様のとも子さんの仲良しご夫婦が育てるお米は、最高級の逸品です!!「FLCパートナーズストア」では、今年も『七城米(長尾さんちのお米)』をネット独占販売いたします。

a0254656_18442120.jpgばらつきがないこの『七城米(長尾さんちのお米)』は、ふっくらとして甘く、お米の香りも際立つ最高のお米です。
平成29年度の『七城米(長尾さんちのお米)』は、定期購入のお客様の分を除くと、いよいよ残りわずかです。
早い者勝ちですよ!
ご注文はお急ぎください。
そして、今年(平成30年度)の『七城米(長尾さんちのお米)』にも、ぜひご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-07-22 18:46 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)