ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

<   2018年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 シャキッとした食感!ほんのり甘い!激旨スナップエンドウ大好評発売中

FLC日記 2018年3月31日(土) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も匠の農家さん「稲田農園」さんの激旨スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』をネット独占販売しています!
a0254656_17052328.jpg


a0254656_17074043.jpg現在、朝採り即日発送で、大好評販売中です!
収穫後すぐに選別し、選び抜かれたスナップエンドウを即日発送いたします。
そのため、数量限定の完全予約制販売です!

a0254656_17115467.jpgその名の通り、シャキッとした食感と、スナップエンドウが本来持つ甘さで、リピーターが後を絶たない大人気商品です。
この写真からも“シャキ甘”感がお分かり頂けますよね!!

a0254656_17130264.jpgヘタとスジを取ったら、お塩を少し入れたお湯でサッと茹でて、そのままの旨さを味わうもよし!
マヨネーズをちょっとつけて食べるもよし!
そうなると、もうビールが止まりません!(笑)
もちろん、様々なお料理にもご活用ください。
最近は、「お子さんのおやつにしています!」と言ったお客様も増えています。
野菜嫌いのお子様が、このスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』だと、ビックリするほど食べるのだとか!
子供の舌は美味しいものに敏感ですからね~!
a0254656_17160217.jpg

スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』は、「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です。
熊本産 スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』
生産者:熊本県菊池市赤星「稲田農園」さん
●スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』500g 1,296円(内税)
●スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』1kg 2,160円(内税)
※送料、チルド代は上記金額に含まれていません。

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ!! ↓




a0254656_17220365.jpg生産者と生産地の紹介をします。
ここは、熊本県菊池市赤星にある、「稲田農園」さんのスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』の栽培ハウスです。

a0254656_17272400.jpg有機肥料をふんだんに与えた元気な土と、「稲田農園」さんの惜しまぬ手間ひまと徹底管理で育てられた、まさに“本物”と呼べる激旨スナップエンドウです。

a0254656_17301175.jpg生産者の「稲田農園」稲田光児さんです。
「この冬は例年にない寒さで成長の遅なって、初出荷が少し遅れたばってん、今の時期からはビャンビャン出せるばい!」熊本弁で力強くそう話してくれました。

a0254656_17354537.jpgスナップエンドウの花です。
4枚の花びらで構成されたとてもかわいらしい花で、スイートピーの花に似ていますよね。
スナップエンドウは開花後、約25日で収穫を迎えます。

a0254656_17432696.jpgこちらは、12月中旬の“芽カギ”と呼ばれる作業をしている頃の写真です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

「稲田農園」さんのスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、芽カギをする前のスナップエンドウの苗たちです。

a0254656_17462519.jpgそしてこちらが、芽カギ作業後の苗たちです。
「稲田農園」さんでは、スナップエンドウの下から8節位までは、葉っぱも花も脇芽も全て摘みとってしまいます。

a0254656_17532660.jpg芽カギ作業で、脇芽を摘んでその頃はまだ上へ上へと成長させます。
また、こうして足元をスッキリとさせることで、風通しを良くして病気や害虫から苗を守るのです。

a0254656_17552501.jpgそして、9節目、10節目に咲く花には、まだスナップエンドウを実らせないように、全ての花を摘んでいくのです。
収穫するスナップエンドウは、11節目以降に咲いた花からだけです。

a0254656_17574560.jpg花が咲き終わり、スナップエンドウが実り始めたころの様子です。
役目を終えた花は自然と落ちるのですが、気温や湿度等で残る場合があります。

a0254656_18065597.jpg花びらが残ると、そこには水分がたまり病気になる恐れがあります。
稲田さんは、そのころ惜しまぬ手間ひまをかけるのです。
なんと、残った花びらを1枚1枚手作業で取り除くのです。

a0254656_18074905.jpg「できたのの中から、良いものだけを出荷すればいい!」と考える農家さんも多いようですが、私は稲田さんのそのこだわりに惚れ込み、「稲田農園」さんのスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』を販売しています。

a0254656_18142311.jpg収穫したスナップエンドウたちが、美しいこと!
しかし、これらをそのまま商品するのではありません。
ここからさらに1つ1つをチェックして選び抜いたものだけを、弊社のお客様に出荷いただいています。

a0254656_18174112.jpg有機肥料をふんだんに与えた土と、惜しまぬ手間ひまで、しっかりと育て上げ収穫したスナップエンドウの中から、出荷の際にはさらに厳しくチェックして、美しいものだけをそろえて出荷いただいているのです。

a0254656_18223914.jpg「FLCパートナーズストア」では、「稲田農園」さんのスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』をネット独占販売しています。
朝採り、厳選、即日発送のため、数量限定の完全予約制販売です。
ご注文(ご予約)は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページから、「熊本新鮮野菜」のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-31 18:24 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

熊本梨 本藤果樹園 新高の花咲く様子 最後に収穫を迎える新高が最初に咲きます!

FLC日記 2018年3月30日(金) 晴れ
「今年は、桜(ソメイヨシノ)の開花も早かった様に、梨の花の咲き始めも昨年に比べ随分早かね!今は、最後に収穫を迎えるジャンボ梨『新高』の花が咲いとるばい!」
梨の匠、「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんにそう連絡をいただき、さっそく取材に行ってきました。
今年も梨の花が、元気に咲き始めました!
これが梨の花ですよ!!
a0254656_16593817.jpg


a0254656_17035885.jpgここは、熊本県菊池市戸豊水(とりうず)で、こだわりの『樹上完熟梨』を生産する匠の農家さん「本藤果樹園」さんの梨園の1つです。
この梨園では、主にジャンボ梨『新高』を生産しています。

a0254656_17063526.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、「本藤果樹園」さんの、こだわりの『樹上完熟梨』を、今年もネット独占販売いたします。

a0254656_17091429.jpg「本藤果樹園」さんでは、収穫順で、写真の7月下旬より出荷する『幸水』をはじめ『豊水』、『秋麗』、『秋月』、『新高』、『新興』と6種類の梨を生産していて、その中で、『秋月』『新興』をのぞく4種のこだわりの樹上完熟梨を「FLCパートナーズストア」で販売しています。

a0254656_17151624.jpg「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんです。
「本藤果樹園」さんでは、現園主の猪一郎さんと、猪一郎さんのお父さんで、初代園主の本藤賢一さん、奥様の郁代さんの親子の匠で、“本物”と呼べるこだわりの『樹上完熟梨』を栽培しています。

a0254656_17264145.jpg「今年もやっぱり、桜(ソメイヨシノ)の花と同じころになりましたね。」と言うと、
「そうねぇ!今年の冬は例年になく寒かったけん、昨年みたいに花も遅れるかなぁ~と思いよったばってん、例年より少し早かみたいね。」と猪一郎さん。

a0254656_17301737.jpgこちらは、同日(3/26)の菊池公園の満開の桜の様子です。
毎年、開花は数日桜の方が早いようです。
ちなみに、昨年は梨の開花が凄く遅く、4月10日過ぎでした。

a0254656_17344073.jpg桜の花のアップの写真です。
先ほど紹介した梨の花と桜の花、なんだか形がよく似てると思いませんか?
実は、それもそのはずなんです。

a0254656_17373841.jpg梨も桜も同じバラ科の植物です。
ですから、花の形はホントによく似ています。
ただ、梨の花はご覧の通り真っ白で、桜のようにピンクではありませんけどね。

a0254656_17433932.jpgそんな中、淡いピンクの蕾を見つけました。
「あれ?これも梨の花ですよね?」と尋ねると、
「そうそう!それは、秋月の花たいね。ピンクの蕾でかわいかでしょ?ばってん、開花すると他の品種と同じように真っ白だけどね。」と猪一郎さん。

a0254656_18003396.jpg「ここは新高がメインですけど、秋月、豊水、新興なんかも、受粉樹としてありましたよね!」と言うと、
「おぉ!さすがにもうかなり詳しくなったねぇ~!梨は、単一品種だけだと受粉がうまくいかんことが多いけん、混植しとるとたいね。きちんと誘引している枝は、収穫するための結果枝たいね。」

a0254656_18044022.jpg「この、ごちゃごちゃさせてるのは、今、笠くんが言った受粉樹用の枝たい。だけん、花の時期が終われば、それらの枝は切ってしまうけどね!」と猪一郎さん。

a0254656_18081711.jpgこちらは、昨年の5月上旬、摘果作業をしている本藤賢一さんと郁代さんです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18103510.jpgもちろん「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
今回紹介している花の様子や、着果後の摘果作業、成長の過程、もちろん収穫の様子、収穫後のお礼肥えや冬の剪定などその全てです。

a0254656_18131168.jpgだから猪一郎さんは「さすがにもうかなり詳しくなったねぇ~!」と言ったのです。
ちなみに、この斜めに伸びている枝は、“待ち枝”と呼んでいるものです。
勢いが強すぎる真上に伸びた枝を、こうして斜めに誘引して勢いを落ち着かせ、来年、結果枝とするための枝です。
あたかも、私の知識のように話していますが、“待ち枝”についても、現地取材で教えていただいたことです。

a0254656_18201982.jpgさて、今年はほぼ例年通りの開花時期に、こうして元気な花が咲きました。
しばらくは好天が続くとの予報なので、虫たちが飛び回りしっかりと受粉をしてくれると思います。

a0254656_18234979.jpg着果するといよいよ本格的な梨の栽培シーズンへと突入です。
摘果作業が始まる頃からは、収穫を終えるまで休みなしの作業が続きます。
もちろん今年も、その様子を現地取材で紹介していきます。

a0254656_18272510.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』を、朝採り即日発送で販売いたします。
7月下旬より、毎年最初に出荷する『幸水』からの販売スタートです。

a0254656_18304832.jpg「全種類を初回出荷で送ってください!」と、「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』の美味さを知るお客様からは、すでに今年のご予約を頂戴しているほどの大人気商品です。
これからも梨たちの成長の姿や、惜しまぬ手間ひまや匠の技を、現地取材にてご紹介します。
今年の「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』にもぜひご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-30 18:33 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

2018年3月29日 KKT熊本県民テレビの大人気番組「テレビタミン」放送終了!昨日生出演してきました!

FLC日記 2018年3月29日(木) 晴れ
本日(3月29日)をもって、KKT熊本県民テレビの夕方の大人気情報番組、「テレビタミン」が、メインキャスターの“モッちゃん”こと、本橋馨さんと村上美香さんの卒業と共に、21年の歴史に幕を下ろします。
a0254656_16392810.jpg
こちらは、昨日の放送前のリハーサル中に撮影した、本橋馨さんと村上美香さんです。

a0254656_16452173.jpg昨日の放送では、21年間の歴史を振り返る特別番組が放送されました。また、スタジオには、熊本県下の各地域の特派員さんが集まり、生出演しました。

a0254656_16502688.jpg熊本の旬を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)も、菊池市の特派員です。

a0254656_17044519.jpgこちらは、生放送の休憩中の1コマです。
私もスタジオに伺い、生出演しました。
本橋さんのすぐ後ろ、特派員が並ぶど真ん中の空いている椅子が私の席です。

a0254656_17304750.jpgさすがに生放送中は写真は撮れません。
こちらは、昨日の放送のテレビ(録画してたもの)を撮影した写真で、なんと本橋さんのすぐ左、ほぼ中央にいるのが私です!

a0254656_17333735.jpg昨日、熊本市大江にある、株式会社熊本県民テレビの本社に、15時に伺いました。
新社屋に来るのは、今回が初めてです。
特設スタジオをぬけ、控室に案内されました。

a0254656_17350235.jpg私が伺った時には、すでにたくさんの特派員の方が集まっていました。
この日は、40名の特派員さんたちが出演されるとのことでした。
私は特派員になり、まだ4年目ですが、多くの方は10年以上のベテランぞろいです。

a0254656_17501760.jpg熊本の旬の情報を紹介する「特派員のコーナー」は、「テレビタミン」が始まって以来、唯一継続されている大人気コーナーです。
いつもはビデをを送り、放送中に電話でコメントを伝えますが、昨日の放送では生出演と言うことで、リハーサルが行われていました。

a0254656_17512491.jpgこの日は、2本立てで最初は、菊池市(七城町)の特派員で、ずば抜けた名物特派員の芦刈美千子さんです。
とにかく明るく元気な方で、コメントも面白く、リハーサルだと言うのに、本橋さんも美香ちゃんも吹き出しています(笑)。

a0254656_17463279.jpgそして、本日の2本目、特派員コーナーのおおとりを飾るのは、熊本市の特派員の永井喜久美さんです。
本番でも、原稿を見ることなく、自分の言葉で熊本地震についての情報を見事に紹介してくれました。

a0254656_19070791.jpg本番が始まるまでの時間は、スタジオの中を見て回ったり、記念撮影をしたりなど自由に過ごしました。
こちらは、出演者の芸人さんの「もっこすファイヤー(左:のりをさん、右:拓さん)」のお2人です。

a0254656_19120048.jpg「テレビタミン」を引き継ぐ番組の「てれビタ」のメインキャスターの上野聡行さんとのツーショット。
上野さんは以前テレビタミンの中継で弊社にお越しいただいたこともあるんです。
新番組の「てれビタ」もぜひ頑張っていただきたいと思います。

a0254656_19152759.jpg本橋さんと美香ちゃんとの3ショットも撮らせていただきました。
サラリーマン時代、私が熊本に帰省した時には、夕方テレビをつけるとこのお2人の笑顔があり「熊本に帰ってきたぁ~!」と思っていたので、今回のお2人の卒業はすごく残念でなりません。

a0254656_19252309.jpg前半の生放送が終わり、東京からの放送の休憩時間、本橋さんは一人メインテーブルにいました。
21年間の思いが、こみ上げるものをこらえているようにも見えました。

a0254656_19272971.jpg写真を撮っている私に気が付くと、「笠さん!一緒に撮りましょう!」と声をかけていただき、こんなツーショットを撮らせていただきました。
私もひげさえそれば、メインキャスターでいけるかもしれませんね(笑)。

a0254656_19320722.jpg後半の本番が始まる直前まで、お2人は写真撮影に応じていただき、終始笑顔です。
本番では、特派員の方が思わず涙ぐむ場面もありましたが、「テレビタミン」らしいとても明るい放送ができたと思います。

a0254656_19340183.jpg放送終了と同時に、スタッフさんや私たち特派員から、大きな拍手と歓声が上がりました。
やはり21年の大長寿番組の「テレビタミン」は、本当に多くの方に愛された番組です。

a0254656_19370685.jpg本番終了後も、みんな笑顔笑顔の記念撮影が続きます。
このお2人がいてこその「テレビタミン」ですし、ともに番組を作ってきたのが特派員の皆さんだったのだと思います。

a0254656_19403010.jpgちょっと余談ですが、本番中にモニターを見るスタッフに少しざわめきが・・・。
「この二人似てない?」とのことだったようです。
せっかくなので、のりをさんとツーショット撮影!
どうですか?私たち似てます?(笑)

a0254656_19434615.jpgお天気キャスターの北島茂さん、中村絵奈さんと共に、菊池、合志、大津地区の特派員の皆さんと記念撮影。
あらあら!芦刈さんがいませんでした。

a0254656_19592227.jpgテレビでは拝見することがあっても、特派員同士の横のつながりは、全くと言って良いほどありませんでした。
今回、みんなで生出演と言うステージをご用意いただいたKKT熊本県民テレビの皆さんに心より感謝です。

a0254656_20231902.jpg本日の放送を持ちまして、「テレビタミン」は21年の歴史に幕を下ろします。
本橋さん、村上さん、本当にお疲れさまでした。
そして、心よりありがとうございました。

a0254656_20170449.jpgこれからも、お二人のことをずっと応援していきます。
もちろん、本橋さんの新番組「もっちゃんTV」、「テレビタミン」後任番組、上野聡行さんと村上めぐみさんの「てれビタ」にも大いに期待しています。
本日のブログは、昨日の「テレビタミン」生出演の裏話をご紹介しました。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-29 20:25 | 田舎暮らし | Trackback | Comments(0)

東京新宿の「うたごえ喫茶ともしび」さんが、今年も菊池にやってきました!

FLC日記 2018年3月28日(水) 晴れ
今年も、東京新宿の「うたごえ喫茶ともしび」さんが、菊池にやってきました!
一昨日の3月26日(月)、会場は熊本県菊池市原(はる)にある、きくちふるさと交流館内の特設会場(食堂)です!
a0254656_18422750.jpg


a0254656_18472795.jpg昨年は、熊本震災復興支援事業で『うたごえ喫茶 in 菊池』が開催されました。
今回も主催したのは、NPO法人「きらり水源村」さんです。
昨年に続き、2回目の方、今回初めての方も含め、県内外からたくさん来場いただき、歌って笑ってとても楽しい時間を過ごしていました。

a0254656_19064417.jpg


a0254656_18542698.jpg開演前の会場の様子です。
ここは、熊本県菊池市原(はる)にある、きくちふるさと交流館内の食堂を使った特設会場です。
「きくちふるさと水源交流館」は、廃校となった「菊池東中学校」跡地を利用した菊池水源地域の活性を目的とした施設です。

a0254656_19031818.jpg「きくちふるさと水源交流館」は、NPO法人「きらり水源村」が、指定管理者として事業企画し、管理運営しています。
レストランや宿泊施設もあり、菊池地域のみならず、全国より多くの方が利用している施設です。

a0254656_19082975.jpg「きらり水源村」は、『地域活性化(=まちづくり)』、『都市山村交流(=グリーンツーリズム)』、『子どもの生活圏づくり(=スローライフ)』の3つのキーワードを軸に、校区民を中心に構成されたNPO法人です。
「きらり水源村」は、「平成24年度地域づくり総務大臣賞」を受賞し、全国的にも注目されています。

ホームページはこちら
↓ ↓ ↓


a0254656_19213624.jpg14:30の開演前には、たくさんの方々が来場していました。
受付で参加費の500円を払うと、レンタルの歌詞カードと、おやつのよもぎ団子を皆さんにプレゼントされていました。

a0254656_19250641.jpgまた、入り口付近では、菊池産の新鮮野菜を大特価で販売されていました。
ニンジンにキャベツ、ほうれん草、旬のたけのこなどなど、どれも朝採りの新鮮野菜です。

a0254656_19282900.jpgお茶を飲みながら、よもぎ団子を食べ開演の時を待ちます。
リクエストカードも準備されていたので、早く来た方は歌詞カードを見ながら、歌いたい曲をリクエストしていました。

a0254656_19311432.jpg開演を前に、発声練習と体操が始まりました。
今回も、昨年に続き、東京新宿の「うたごえ喫茶ともしび」さんから3名の方にお越しいただいています。

a0254656_19340129.jpgピアノ:田口さん、男性:金指(かなさし)さん、女性:行貝(なめがい)さんです。
昨年は体育館での開催でしたので、グランドピアノでの演奏でしたが、今回はエレクトーンです。

a0254656_20010047.jpgうたごえをご披露いただくお2人は、その歌唱力もさることながら、トークも実に面白いんです。
金指さんの自己紹介の「私、英語で言うと「ゴールドフィンガー」です!」を皮切りに、ユーモアたっぷりにお話しいただき皆さんの心をつかみます。

a0254656_20071208.jpg来場者の方々は、自然と笑みがこぼれています。
開演後は、あっという間に会場が一体となっていました。
今回、ご披露いただいた演目は、リクエストの曲も含みこれらの曲目です。

・あざみの歌
・切手のないおくりもの
・青い山脈
・大きな古時計
・たんぽぽ
・学生時代
・芭蕉布
・埴生の宿
・お誕生日の歌
・翼をください

~韓国の伝統楽器「伽耶琴(かやごと)」の演奏~
・さくら
・そばに
・チンドアリラン

・花は咲く
・花(すべての人との心に花を)
・世界にひとつだけの花
・遠い世界に
・いい日旅立ち
・さんぽ(映画「トトロ」より)
・あの素晴らしい愛をもう一度
・見上げてごらん夜空の星を
・今日の日はさようなら


a0254656_20211616.jpg「うたごえ喫茶ともしび」さんとは関係ないのですが、今回のイベントには、韓国の伝統楽器「伽耶琴(かやごと)」の演奏もありました。
演奏いただいたのは、伽耶琴奏者のユン・ヘジンさんです。

a0254656_20251313.jpg片言の日本語と、通訳さんを交えたおしゃべり、そして「チンドアリラン」は、みんなで合唱しました。
ヘジンさんはとても明るい笑顔の素敵な方でした。

a0254656_20300672.jpgおそらくほとんどの方が初めて歌う曲だと思います。でも、音程や歌詞なんて全く関係なく、笑顔&笑顔の大合唱で、みなさん本当にとても楽しそうでした。

a0254656_20354992.jpgさて、後半の部になると、みなさんの声の調子もどんどん良くなってきたようです。
会場の雰囲気にもなられたようで、大きなうたごえが響いています。

a0254656_20470574.jpg前半の曲紹介の際に、小声で「この歌知ってる!」と言った小学生の声を聞き逃さず、ステージに招き一緒に歌うなど、子供も大人もとても楽しめる良いイベントでした。

a0254656_20490174.jpgそうそう!こちらの女性!!
昨年に続いての参加なのですが、なんと今回も福山市から来られたとのことでした。
菊池にうたごえ喫茶が来ると聞いて、今回もこれを目的とした実家のある合志市に帰省をしたとのことでした。

a0254656_20524421.jpg私は、所用があり残念ながら最後まで会場似ることはできませんでしたが、多くの方のあの笑顔は、イベントが大成功だったことを物語っていると思います。

a0254656_21043483.jpg私は、「きらり水源村」の広報部長をしています。
本業は、株式会社旬援隊の代表取締役です。
私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、この熊本県菊池市、菊池水源で、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、熊本の旬の食材を販売しています。

a0254656_21055448.png私自らが育てた農作物に加え、契約している匠の農家さんたちが、育てあげた“本物”と呼べる食材で、ここでしか手に入れることができないものばかりを販売しています。
下記ロゴをクリックして、「FLCパートナーズストア」のホームページも、ぜひのぞいてみてください!
本日は、一昨日開催された『うたごえ喫茶 in 菊池』の紹介でした。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-03-28 12:12 | FLC | Trackback | Comments(0)

樹上完熟の朝採りトマト 平成30年度の栽培に向け苗床と定植準備の様子

FLC日記 2018年3月27日(火) 晴れ
「トマトの苗たちは、いつでも定植できるまでに成長してるので、今日は、有機肥料を与えながら土つくりをしてたとこです。6月上旬からの出荷に向け、今年もしっかりと育てていきますよ!」
『樹上完熟朝採りトマト』生産農家の早野徹さんが、そう話してくれました。
a0254656_16433286.jpg
写真は、まもなく定植を迎えるトマトの苗です。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、早野徹さんの『樹上完熟朝採りトマト』の栽培ハウスの苗床です。

a0254656_16460024.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、早野徹さんが栽培する、こだわりの『樹上完熟朝採りトマト』を、今年(平成30年)もネット独占販売いたします。

a0254656_16512460.jpg一般流通でのトマトは、ここまで完熟したものを出荷しません。
流通の期間を考慮し、青みが残る段階で収穫し出荷するのです。
しかし、弊社の『樹上完熟朝採りトマト』は、発送日の朝に完熟したものを収穫し、産地直送で即日発送し、お客様のもとには翌日、もしくは翌々日に配達することで、トマト本来の美味しさをお届けしています。

a0254656_16563982.jpgただし、樹上完熟のこだわりゆえに、完全予約制での数量限定販売です。
昨年は、毎回の出荷予定数が常に完売する大人気商品となりました。

a0254656_17123705.jpg今年も本格的なトマトの栽培がスタートしました。
4日前の3月23日に、その様子を現地取材してきました。
熊本の旬を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17141132.jpgもちろん、早野さんのトマト栽培の様子も、苗床の様子から土つくり、成長の過程や収穫の様子など、その全てを現地取材しています。
畝を立ててあるのかと思いましたが、そうではなく溝を掘ってあるようです。

a0254656_17173965.jpgそしてそこには、何かを散布してありました。
生産農家の早野徹さんにお話をうかがいました。
「掘った溝に有機肥料を散布しています。散布が終わるとそこに土を寄せて畝を立てます。」

a0254656_17195879.jpg「毎年決まって、この菜種油かすを肥料にしています。トマトは生で食べることが多いので、ここで使用するのは有機肥料のみです。しっかりと土を作ることで、やはり元気な苗が育ちます。」

a0254656_17250452.jpg「これは、トマトの苗たちですよね。」と言うと、
「えぇ!そうです。土つくりと同時に、苗床で苗たちも成長してきました。もういつでも定植できる大きさになっています。」と早野さん。

a0254656_17342463.jpg「肥料散布が終わって、畝を立てたら定植ですか?」と尋ねると、
「笠さんはご存知の通り、それからマルチビニールをはって、誘引用の支柱を立てないといけないので、もう少し準備が必要ですね。」と早野さん。
それにしても、すごく元気な苗たちです。

a0254656_17381416.jpgこちらは、昨年の4月中旬の様子です。
定植した苗は、元気に成長し、早いものは花を咲かせ始めていました。
「私が伺ったので、作業を中断させてしまいましたね。どうぞ、作業に戻ってください。」と言うと、

a0254656_17405793.jpg「ハハハッ!お気遣いありがとうございます。でも、こうして苗床や土つくりからきちんと取材していただくので、私も安心、安全なトマトを提供できていることを、お客様にアピールできてうれしいです。今年も美味しいトマトを育てますので、期待していてください!」
早野さんはそう笑顔で話してくれました。

a0254656_17431948.jpg早野さんは、肥料散布作業に戻っていきました。
私はトマトが大好きです。
ただ、近年の甘さを求めるトマトではなく、昔ながらのトマトらしいトマトが好きなんです。

a0254656_17512828.jpg今年も、早野さんが育てる、酸味とうま味のバランスの取れた美味しさの『樹上完熟朝採りトマト』を販売していきます。
販売期間は、6月上旬から7月中旬の限られた期間です。

a0254656_17541350.jpg今年も、「小4玉入り」「大4玉入り」そして「箱入り4kg」(写真)の3商品を出荷予定です。
今年も、しっかりと現地取材を重ねて、このブログでまたご紹介していきます。
早野さんのこだわり『樹上完熟朝採りトマト』に、今年もぜひご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-27 17:58 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

菊池公園、菊池神社の桜photoコレクション 2018

FLC日記 2018年3月26日(月) 晴れ
今年も、恒例の熊本県菊池市、菊池神社、菊池公園(白山公園)の桜のphotoコレクションです!
そこには、約3,000本のソメイヨシノがあります。
a0254656_18183779.jpg


a0254656_18184508.jpg平成30年の熊本県の桜(ソメイヨシノ)の開花は、3月17日と、昨年よりなんと15日も早い開花となりました。
また、満開も3月26日で、13日も早く現在満開となっています。
例年に比べると、開花、満開とも6日ほど早いようです。

a0254656_18204950.jpg本日、菊池公園と菊池神社の咲き誇る桜の様子を撮影してきました。
雲一つない青空と、満開の桜をぜひお楽しみください。
まずは、菊池公園の様子からご紹介いたします。

a0254656_18243563.jpg菊池公園は、多目的グラウンド、テニスコート、アスレチック広場、遊具広場などなどを含む、菊池市を代表する桜の名所です。
本日も、平日にもかかわらず、県内外から、多くの方々が訪れていました。

a0254656_18270069.jpg
↑ 高台から見た、遊具広場付近。
写真では収まりきれないほどの、一面の咲き誇る桜です。

a0254656_18295234.jpg
↑ この時期は、公園内の車の乗り入れが規制されていて、いたるところ桜のトンネルです!

a0254656_18342563.jpg
↑ 広場に向かう階段も、両サイドあから覆われる桜が見事!

a0254656_18330629.jpg
↑ 青空をバックに見上げるのもインスタ映えしますよね!

a0254656_18363062.jpg
↑ 様々なアスレチックの施設もあり、お子様連れでも十分に楽しめますよ!

a0254656_18405617.jpg
↑ またまた桜のトンネルを抜け、白山公園方面(私が子供のころはそう呼んでいた)へ向かいます。
ちなみに、右側にはバーベキューをしても良いとされるスペースも用意されています。

a0254656_18433468.jpg
↑ 観月楼展望所からの眺め!
菊池神社の横を通る、急カーブ付近は絶対見ておきたいビューポイントです。

a0254656_18481136.jpg
↑ 菊池市は、日本の最後の内戦と言われる“西南の役”の舞台ともなりました。
ぜひ歴史探索もしてみてください!

a0254656_18533749.jpg
↑ 土日は難しいかもしれませんが、平日だと、備え付けのベンチとテーブルで、桜の下でゆっくりとお弁当を楽しむこともできそうですね!
a0254656_18493649.jpg
↑ 桜の期間中は、出店もあります。
焼きそばや焼き鳥、佐世保バーガー、はしまきもありました。

a0254656_18514626.jpg
↑ 駐車場もたっぷりとありますよ。
期間中は警備員さんもいて、きちんと誘導してくれます。

a0254656_19225852.jpg
↑ 菊池公園から、市民広場や菊池神社の参道方面へ降りてみました。
観月楼展望所から見える急カーブの眺めを今度は見上げることができます。

a0254656_19250496.jpg
↑ 急カーブ手前には、両サイドに駐車スペースがあるので、ちょっと車を降りてぜひ桜を眺めてください。

a0254656_19264224.jpg
↑ 菊池市内の町並みや、市民広場を見下ろすことができるビューポイントです。

a0254656_19275457.jpg
↑ 市民広場の駐車場に車を置き、まず見ておきたいのが、菊池武光公の勇ましい銅像です。
桜をバックに見る武光公は圧巻です!

a0254656_19305298.jpg
↑ 菊池武光公の銅像は、夜間はライトアップされます。
菊池武光公は、元寇(蒙古襲来)に際して一族を挙げて戦い、が『蒙古襲来絵詞』に描かれていほどの活躍を残しています。

a0254656_19320683.jpg
↑ 菊池の桜と言えば、菊池公園とこの菊池神社の参道は、絶対に抑えておきたいとこです。

a0254656_19334212.jpg
↑ 参道に沿って、桜並木が3本あります。
ですから、桜のトンネルは2本立てなんです!!
夜になると、参道から白山公園は、提灯に灯がともります。
夜桜見物も良いですよ!

a0254656_19352136.jpg
↑ 偶然、結婚式の前撮り写真の撮影に出くわしました。
この満開の桜のように、これからの2人の人生に幸多かれ!

a0254656_19405881.jpg
↑ 気温が高いことが少し気になりますが、雨の予報は当分ないようです。
まだまだ、菊池市の桜を十分に楽しめると思います。

a0254656_19421899.jpg
↑ ぜひ、菊池神社、菊池公園へお花見にお越しください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-26 19:45 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

熊本地震を乗り越えて2018年3月24日(土)菊池渓谷オープンしました!!

FLC日記 2018年3月25日(日) 晴れ
2016年4月16日に発生した「熊本地震」で被災し、菊池渓谷は全面入場禁止、及び県道45号線は不通となりました。
昨年からは、県道45号線は、時間帯制限の片側交互通行が可能となりましたが、菊池渓谷の入場規制はあの日以来ずっと続いたままでした。
しかし、昨日(2018年3月24日(土))、菊池渓谷への入場が再開し、オープンしました!!
a0254656_18352050.jpg
本日、さっそく菊池渓谷に伺い、癒しコースを廻ってきました。
写真は、観光名所の1つ、“黎明の滝”です。

a0254656_18393769.jpg熊本県菊池市から阿蘇方面へ進み、県道45号線沿いにある「菊池渓谷」は、夏の避暑地として、また紅葉狩りの名所として、県内外から多くの方観光客がが訪れる、菊池市を代表する観光スポットです。

菊池渓谷は、
◆日本森林浴の森百選
◆日本名水百選
◆日本の滝百選
◆水源の森百
◆くまもと緑の百景
◆熊本の自然百選
◆新くまもと百景
などに選ばれています。


a0254656_18551487.jpg菊池渓谷には、入場料(施設整備料)100円を支払い、四季折々の大自然の中を散策できる2つのコースがあります。
癒しコースは、往復1kmほどを約30分で気軽に楽しめるコース、またマイナスイオン満喫コースは、往復2kmを約1時間かけてじっくり楽しめるコースです。

a0254656_19055964.jpgこちらは、いずれのコースものスタート地点となる、赤いつり橋から撮影した上流の様子です。
この透き通った美しい清流が、あの熊本地震発生後は、一変していました。地震による地盤の揺れが、菊池渓谷へと流れ込む水が茶色く濁りました。
その様子は、売店のレストランにディスプレーされていました。

a0254656_19031351.jpg右上や下の段右側の写真がそれらです。
渓谷内にも大きな石が落ちてきて、遊歩道も落石でふさがれています。
また、菊池渓谷へと向かう、県道45号線の被害は甚大で、全面通行止めを余儀なくされたのです。

a0254656_19141512.jpg全面通行止めの表記の先しばらくは、問題ないのですが、菊池渓谷付近は土砂崩れで道路が完全にふさがれていました。
懸命の復旧作業が行われ、昨年からは昼間の時間だけの片側交互通行が可能となりました。

a0254656_19173745.jpgその様子がこちら!
菊池渓谷へ向かう道路の右側斜面が大きく崩壊し、土留めを設けての片側交互通行です。
さらに普及工事が進み、昨日より全面通行可能となったのです。

a0254656_19224107.jpg最も被害が大きかった、菊池渓谷の駐車場付近も、このようにしっかりと補強工事が完了しました。
崖崩れの被害の大きさがよくわかると思いますが、現在は安心して通行することができ、本日も県内外から多くの観光客が訪れていました。

a0254656_18420868.jpg菊池渓谷は、四季を通して楽しむことができます。
春の新緑の頃、夏の避暑地として、秋の紅葉狩り、冬の雪景色もとてもきれいです。
しかしそれらも、安全あってのことなのです。

a0254656_19295489.jpg菊池渓谷の2つの遊歩コースは、いずれもこの赤いつり橋を渡りスタートします。
橋を渡り、上流へ向け森の中の遊歩道を進むのです。

a0254656_19322848.jpg地震直後には、この遊歩道は道をふさぐほどの落石があったとのことでした。
現在は、しっかりと安全を確保し整備されています。
菊池渓谷の美しい水を眺めながら、森林浴を楽しむことができます。

a0254656_19394088.jpg
渓谷を流れるいくつもの滝を、こうして間近で見ることができるのも魅力の一つです。

a0254656_19421295.jpg遊歩道は、ところどころをこうして木片チップを敷き詰め整備されていました。
落石による被害で、大きな穴が開いていたのをきちんと埋め、その上に木片チップを敷き、歩きやすくしたのです。
木漏れ日の中を歩くのは、実に気持ちが良かったです。

a0254656_19453906.jpgここは、癒しコースとマイナスイオン満喫コースの分岐点です。
今日、私は分岐点を右に進み、癒しコースへと進み橋を渡ります。
マイナスイオン満喫コースの方も、この橋だけはぜひ行ってみてください。

a0254656_19491821.jpg橋の上から見える景色がこちら!
「天狗滝」と「竜ヶ渕」です。
この渕は、かつて竜が住んでいたと言う村人の伝説から、「竜ヶ渕」と名付けられました。
また、山伏の修練場としても利用された洞窟や天狗岩もあり、この滝を「天狗滝」と命名されたようです。

a0254656_19513376.jpg橋を渡ると、アスファルトで整備された帰路を、下流に向かって進みます。
先ほど対岸の遊歩道から見た滝や川の流れを眺めながら、のんびりとスタート地点へ戻ることができます。

a0254656_19542558.jpgスタート地点には、お土産を販売する売店やレストランもあります。
写真は地鶏の串焼きと、ヤマメの塩焼きを販売する様子です。
手前のおじさんはマイクをつけしゃべりながら調理もする、名物の販売員ですよ。
その快調なトークも楽しみの1つなんです。

a0254656_19583300.jpg本日のブログでは、熊本地震を乗り越え、昨日オープンした菊池渓谷の様子をご紹介いたしました。
四季折々の様子を楽しめると思いますので、ぜひ多くの方にお越し頂きたく思います。

a0254656_20053582.jpg私は、「菊池渓谷」から車で10分ほどの菊池水源の山奥で、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
裏の敷地のキウイ棚の様子です。

a0254656_20041985.jpgこちらは、本社社屋の様子です。
自らの農業体験を活かしながら、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる作物を消費者と生産者目線で紹介して、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売しています。

a0254656_20073122.jpg
“最旬”の熊本の美味かもんをたくさんご紹介しています。
ここでしか買えないものばかりです。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページものぞいて見て下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-25 20:09 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

東京新宿の「うたごえ喫茶ともしび」さんが、3月26日(金)熊本県菊池市にやってきます!

FLC日記 2018年3月24日(土) 晴れ
2018年3月26日(月)、東京新宿の「うたごえ喫茶ともしび」さんが、熊本県菊池市にやってきます!!
会場は、熊本県菊池市原(はる)にある、きくちふるさと交流館内の体育館です。
a0254656_18460724.jpg


a0254656_19594315.jpgこちらは、昨年3月24日(金)の「うたごえ喫茶 in 菊池」の様子です。
昨年は、2016年に発生した「熊本地震」の熊本震災復興支援事業として開催されました。
その際、「ぜひまた来てほしい!」と、多くの方々にお声をいただき、今回の開催のはこびとなりました。

a0254656_20151339.jpg

うたごえ喫茶 in 菊池
と き:平成30年3月26日(月) 午後2時30分開演
ところ:きくちふるさと水源交流館
参加費:500円

※参加予約は基本的に不要ですが、グループでの参加の場合は事前にお知らせください。
当日は韓国の伝統楽器「伽耶琴(かやごと)」の演奏も行われます!

<ご予約・お問い合わせ先>
NPO法人きらり水源村
熊本県菊池市原1600番地(きくちふるさと水源交流館内)
TEL0968-23-4011 FAX0968-27-0107

ホームページはこちら
↓ ↓ ↓


a0254656_20315723.jpg昨年の様子と共に、「うたごえ喫茶」を紹介します。
昨年は、男性:金指(かなさし)さん、女性:行貝(なめがい)さんと、ピアノの田口さんにお越し頂きました。

a0254656_20353398.jpgまずは、ユーモアを交えた快調なトークで、お客さんのハートをがっちりつかみ、みんなで楽しく発声練習です。
それから、だれもが口ずさめる歌を、みんなで歌っていきます。

昨年の曲目(抜粋)
・四季の歌
・上を向いて歩こう
・青春時代
・高原列車は行く
・夏の思い出
・365歩のマーチ
・昴
・学生時代
・見上げてごらん夜空の星を
・翼をください
・今日の日はさようなら

a0254656_20473675.jpg曲目は、その日の会場の雰囲気などを考慮しながら、毎回変わるとのことでした。
また、リクエスト曲も受付けます。
レンタルの歌詞カードもありますので、気軽に安心して楽しめるのも良いですね。

a0254656_17130848.jpg途中、休憩をはさみ「うたごえ喫茶」は進みます。
その休憩中にカメラを向けると、みなさんこの笑顔です。
「本当に楽しいわね。これなら毎日でもいいわ!」
そんな話をされました。

a0254656_18463844.jpgこの方々は、数日前の「ホテル日航熊本での「うたごえ喫茶」に参加し、とても楽しかったのでこの菊池の会場にも来ました!」とお話しされていました。

a0254656_18482280.jpgまた、こちらの方は、なんと福山市から来られたのだそうです。
「熊本に「うたごえ喫茶」が来るとのことで、合志市にある実家に帰ってきました。帰省が目的じゃなくて、「うたごえ喫茶」のために帰ってきたんですよ。主人と母と3人で来ています!」と笑顔でお話しいただきました。

a0254656_18511341.jpg「うたごえ喫茶」を主催したのは、NPO法人「きらり水源村」です。
廃校となった菊池東中学校を、当時の面影そのままで、「きくちふるさと水源交流館」と名称を変え、NPO法人「きらり水源村」が、指定管理者として事業企画し、管理運営しています。
「きくちふるさと水源交流館」は、レストランや宿泊施設もあり、菊池地域のみならず、全国より多くの方が利用している施設です。

a0254656_18565710.jpg「きらり水源村」は、『地域活性化(=まちづくり)』、『都市山村交流(=グリーンツーリズム)』、『子どもの生活圏づくり(=スローライフ)』の3つのキーワードを軸に、校区民を中心に構成されたNPO法人です。
「きらり水源村」は、「平成24年度地域づくり総務大臣賞」を受賞し、全国的にも注目されています。

a0254656_18571190.jpg「きらり水源村」では4年前から、菊池水源を流れる用水路「原井出(はるいで)」を利用し、カヤックで井出を下る、九州で唯一の井出を使ったアトラクション『イデベンチャー』も行っています。

a0254656_18591872.jpg橋をくぐり、トンネルを抜け、時には急流にカヤックを任せて進みます。
大人も子供も楽しめ、昨年も1,000名を超える参加者がありました。
私も毎年参加し、スリル満点の『イデベンチャー』を体験しています。
詳しくは、ホームページをご覧ください。

a0254656_19045319.jpg私は、「きらり水源村」の広報部長をしています。
本業は、株式会社旬援隊の代表取締役です。
私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、この熊本県菊池市、菊池水源で、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、熊本の旬の食材を販売しています。

a0254656_19073621.png私自らが育てた農作物に加え、契約している匠の農家さんたちが、育てあげた“本物”と呼べる食材で、ここでしか手に入れることができないものばかりを販売しています。
「FLCパートナーズストア」のホームページものぞいてみてください!


a0254656_19095649.jpg随分と話が脱線しましたが、ぜひ3月26日に熊本県菊池市で開催される、 東京・新宿のうたごえ喫茶”ともしび”の「うたごえ喫茶」にお越しください!
みんなが自然と笑顔になる、とても楽しい時間を過ごすことができると思います。
男女を問わず、お子さんからご年配の方までお気軽にご参加ください。
私も参加予定です。
ぜひ当日、会場でお会いしましょう!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-24 19:20 | FLC | Trackback | Comments(0)

熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』お急ぎ下さい!レギュラーパック3月30日発送分、平積みパック4月中旬まで!

FLC日記 2018年3月23日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』を、ネット独占販売しています。
a0254656_16405374.jpg


a0254656_16544891.jpgあえて、商品名に“完熟”と入れるほど、最も美味しいタイミングにこだわり収穫された、朝採りイチゴを即日発送でお届けしています。
毎回の出荷予定数は、常に完売する大人気商品です。

a0254656_17285299.jpg『紅ほっぺ』の名にふさわしい、しっかりと完熟したイチゴだけを朝摘みで収穫し、選別、即日発送で全国のお客様にお届けしています。
そのこだわりゆえ、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』は数量限定、完全予約制での販売です。

a0254656_17303857.jpg現在は、大変お買い得な、写真のレギュラーパック(280g×4パック)¥4,104円(税込)と、平積みの(200g×4パック3,024円(税込)の2商品を販売中です。

a0254656_17322471.jpgイチゴが最も美味しい“完熟”にこだわって収穫し出荷する「牛島農園」さんでは、2段重ねになる「レギュラーパック」は、3月末までの発送といたします。
クール便でのお届けとはいえ、重ねることで輸送中のイチゴの破損を心配してのことです。
レギュラーパックの今期の発送は、残すところ3月27日、30日の2回(予定)となりました。
ご注文(ご予約)はお急ぎください!!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』


a0254656_17360312.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう。
ここは、熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスです。
「牛島農園」さんは、減農薬栽培の安全性と完熟の美味しさにこだわった匠の農家さんです。

a0254656_17370547.jpg次に果実を着ける5番花には、ミツバチが蜜を求めて飛び回っていました。
栽培ハウスに定植して以降、もちろんこの時期も、農薬は一切使用していないので、ミツバチたちも安心して元気に飛び回っているようです。

a0254656_17403484.jpg「牛島農園」代表の牛島武文さんです。
「俺が育てるキャベツや白菜、水田ゴボウは、無農薬・無化学肥料の“有機栽培”。ばってん、あくまでイチゴは“減農薬栽培”たいね。そこは、お客様に必ずわかるように伝えにゃんばい!!」」
牛島さんは常々そう話します。

a0254656_17465514.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、有機栽培に取り組み、キャベツ、白菜、水田ゴボウなどを、完全無農薬・無化学肥料のこだわりの有機栽培で育てています。
今シーズンの「牛島農園」さんの『有機栽培キャベツは』の販売はありません。

a0254656_17480646.jpg5月上旬からは、有機栽培で育てた『水田ごぼう』の出荷がスタートします。
写真は、牛島さんの息子さんの牛島修さんです。
『水田ごぼう』は熊本県菊池市が発祥の地で、今でも生産量は日本一です。

a0254656_18022802.jpgもちろん、本来は、イチゴも無農薬栽培で育てたいのですが、どうしてもやむなく農薬を使わざるおえません。
それは、イチゴが多年生植物だからなのです。
こちらは、昨年の4月中旬の苗床の様子です。

a0254656_18035749.jpg右のプランターにあるのが、イチゴ(紅ほっぺ)の親株で、親株はランナーを伸ばし、新しい株作ります。
左の小さなポットで成長しているものが子株たちです。
こうして、次の年に定植する苗を育てるのです。

a0254656_18085364.jpgこちらは夏の苗床の様子です。
春先に育てた子株たちを、夏になると大きなポットに移し替え、それらをさらに親株として、また新しい子株をつくり育てます。
その子株たちを、毎年9月20日前後にハウスに定植し栽培します。

a0254656_18111904.jpgしかし、夏の時期の幼い苗たちは、どうしても病気になりやすいので、「牛島農園」さんでは、苗床にある夏の時期にだけ、元気な株を育てるため、最低限の農薬(慣行栽培の農薬の量の半分)を使います。

a0254656_18141994.jpg定植作業の様子です。
栽培ハウスに定植後は、一切の農薬を使用しません。
ハウスでの栽培期間も、もちろん収穫を迎えた時期も農薬は使用しませんが、たとえ夏の時期にだけとはいえ、農薬を使うことには変わりないので、イチゴはあくまでも“減農薬栽培”とお客様に伝えてほしいというのです。

a0254656_18171654.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。

a0254656_18185135.jpg収穫期間中に取材に行くと、こうして採りたてのイチゴを頂いています。
その場で、洗うこともせずに食べてるんです。
ずっと取材を重ねてきた私は、その安全性をよく知っているので、その場で食べています。

a0254656_18230883.jpg完熟紅ほっぺの美味いこと!
甘さも香りもやはりこうして完熟させた後に収穫したものはひと味違います!
もちろん、ご購入いただいたお客様は、埃などを落とすため、さっと水洗いしてお召し上がりください。

a0254656_18261807.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「牛島農園」さんの朝採り『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売しています。
「牛島農園」さんの、完熟朝採り即日発送の美味しさと、減農薬栽培の安全性との強いこだわりゆえ、熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』は、数量限定、完全予約制での販売です。

a0254656_18284354.jpg


a0254656_18322717.jpgその1粒1粒の大きさと、紅色の果実の美しさ、イチゴ本来の酸味と糖度13度の甘さで、全国的にも大変人気の高い品種です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
今期の出荷も残すところわずかとなってきました。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、早い者勝ちです!!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-23 18:34 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

完熟アップルマンゴー 開花の様子と惜しまぬ手間ひまの花吊り作業

FLC日記 2018年3月22日(木) 雨のちくもり時々みぞれ
「こんなに大きな花が咲くけど、着果させて収穫できるのは1つあれば良い方なの。だから大事な花が折れたりしないように、こうして1本1本全てひもで吊っていくのよ。」
「上野マンゴー園」の上野秀子さんが、そう言いながらとても優しい手つきでマンゴーの花の枝吊り作業を行っていました。
a0254656_17203462.jpg


a0254656_17352205.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成30年度もマンゴーの匠「上野マンゴー園」さんの、樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』をネット独占販売いたします。
6月中旬から8月にかけての販売予定です!

a0254656_17221711.jpg熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟マンゴー』の栽培ハウスに伺いました。
マンゴーの花が咲き始めたとの連絡をいただいたからです。

a0254656_17262169.jpgちょうど咲き始めの花がありました。
これがマンゴーの花です。小さな花をたくさん咲かせるマンゴーは、多いものでは1枝で2,000個もの花をつけます。
満開の様子をご覧いただきましょう!
これがマンゴーの花です!

a0254656_17332378.jpg


a0254656_17340345.jpgこれらの写真の花は、昨年の3月下旬に撮影したものです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17382834.jpgもちろん、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材を重ねてきました。
今回は花が咲き始めたとの連絡をいただき、3日前にこうして現地取材に伺ったのです。

a0254656_17413576.jpg「おはようございます!」と声をかけながら、広い広い連棟建ての栽培ハウスを進むと、奥からいつもの明るい声が返ってきました。
「おはようございます。笠さん!こっちよ!」
そう言って迎えてくれたのは、「上野マンゴー園」園主の上野幸伸さんの奥様、上野秀子さんです。

a0254656_17562612.jpg「主人は別の圃場で作業をしてて、私とパートさんだけなの。」と秀子さん。
「今日はどんな作業をしていたのですか?」と尋ねると、
「ハウスの中を順番に回って、花を吊るす作業をしてたのよ。」

a0254656_17585074.jpg「もう吊るさないといけないほど成長しているのもあるんですか?」と言う私に、「そうなのよね!まだ数は少ないから、それを探すのも大変なんだけど、きちんと吊るしてあげないと折れたりしたら大変だからね!」
秀子さんとパートさんは、手際よく作業を進めています。

a0254656_18004900.jpg振り向くと、すでに吊るされた花がありました。
先ほど紹介したように、マンゴーはたくさんの花を咲かせますが、2,000個もの花が咲いても、収穫できるマンゴーは1つあれば良い方なんです。
ですから、咲いた花は大事に大事に吊るしながらけっして折れることのないように育てるのです。

a0254656_18053605.jpgこうしてまだ花芽が芽吹いたばかりのものもありました。
すでに花が咲いているもの、こうしてこれから蕾を芽吹かせるもの、それらは、これから匠の温度管理で元気な花を咲かせていきます。

a0254656_18082792.jpg「花吊り作業が始まると、なんだか今年もいよいよって気がしますね!」と言うと、「笠さんは知ってると思うけど、これからが大変なのよ!」と秀子さん。

a0254656_18123856.jpgちょっとだけその様子を紹介します。
こちらは、4月上旬から始まる不要な花を剪定する作業の様子です。
その作業を行っているのは、マンゴーの匠「上野マンゴー園」の上野幸伸さんです。

a0254656_18144840.jpgマンゴーが着果したのを確認すると、不要な花を摘んでいきます。
果樹に無駄な体力を使わせないためです。
さらに果実が成長していくと、次は摘果作業です。

a0254656_18195124.jpg大きく育ち、色づき始めると、枝にフックをかけ最終的には果実に袋をかけて、完熟しその袋に自ら落ちるのを待ち収穫です。
もちろんその間には、今期の収穫のための作業のみならず、来年以降のための作業も行っていきます。

a0254656_18224849.jpgそれらの様子や様々な作業は、また後日現地取材をして紹介するとして、本日はマンゴの開花の様子を枝吊り作業をご紹介いたしました。
今年も「上野マンゴー園」さんは、惜しまぬ手間ひまと徹底管理、そして匠の技で、『樹上完熟アップルマンゴー』を育てていきます。

a0254656_18253721.jpg「FLCパートナーズストア」では、「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』と、大変お買い得な『ファミリータイプ』を、今年もネット独占販売いたします。

a0254656_18272471.jpg『ファミリータイプ』とは、その香り、形、大きさ、味わいは全く変わらないのですが、唯一、果皮の色合いだけが、選び抜かれた特選の『煌(きらめき)』にはなれなかったマンゴーです(写真)。
『煌(きらめき)』及び『ファミリータイプ』とも、毎年決まって完売する大人気商品で、すでに初回発送分では多数のご予約を頂戴しているほどです。
今年の成長の様子などは、もちろん現地取材でご紹介していきます。
平成30年度も「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』に、ぜひご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-22 18:33 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)