ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

菊池水源棚田米 冬の様子(2018) 後編(菊池水源の水に負けない良い土を作る話)

FLC日記 2018年1月31日(水) くもり時々晴れ
「FLCパートナーズストア」では、その後藤武臣さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売しています。
『菊池水源棚田米』は、熊本県菊池市菊池水源の清らかな水と、安全・安心にこだわった元気な土、さらには生産者の後藤武臣さんの惜しまぬ手間ひまとたくさんの愛情によって育てられたお米です。
a0254656_17193539.jpg


a0254656_16413610.jpgこちらは、9月下旬の収穫(稲刈り)直前の棚田の様子です。
黄金色に輝く稲穂が、実にきれいですね!
きれいなのは稲穂だけではありません。

a0254656_16470151.jpgここには、1級河川「菊池川」の支流より、最初に流れ込む新鮮で清らかなきれいな水があるのです。
後藤さんは、その水に惚れ込み、この棚田で『菊池水源棚田米』を生産しています。

a0254656_16460780.jpg後藤さんはいつも、口癖のようにこうお話しされます。
「ここは水の源(みなもと)から来る、新鮮で清らかな水があるでしょうが!だけん、あとは俺がどれだけ元気な土を作って、どれだけ手ばかけるかで、美味か米のでくっとたいね!!」

a0254656_16555231.jpg棚田での米作りは、通常の田んぼの5倍とも10倍とも言われるほど手がかかります。
「お米作りの命は水!」
『菊池水源棚田米』は、水にこだわり、この手のかかる棚田でお米を作り続けている、そんな匠のお米です。

a0254656_16562166.jpg『菊池水源棚田米』は、一般流通での販売はありません。
「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品で、白米、玄米とも10kgよりの販売です。
その美味しさと安全性で大好評いただき、おかげさまで、平成28年度の『菊池水源棚田米』は、残りわずかとなってきました。
ご注文は下記をクリックして、お求めください。

詳細を知りたい方、今すぐ購入したい方はコチラ!


a0254656_16585773.jpg本日のブログでは、昨日に続き『菊池水源棚田米』を作る棚田の、現在の様子を中心にこだわりの土つくりについてご紹介いたします。
熊本県菊池市菊池水源にある、『菊池水源棚田米』を育てる棚田です。
曲がりくねった田んぼが広がっています。
後藤さんの棚田(たんぼ)は、中央にある堆肥センターの左手、この棚田の一番南に位置しています。

a0254656_17015121.jpg高台から、急カーブの続く道を進み、堆肥センターに登り後藤さんの棚田を撮影しました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17105261.jpgもちろん、後藤さんの『菊池水源棚田米』の栽培の様子も、苗床や田植え(写真)、稲の成長や花咲く頃、そして稲刈りから本日ご紹介する冬の土つくりの様子など、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17115238.jpg後藤さんの棚田では、お米以外の作物を栽培していません。
この冬の時期は、美味しいお米を育てるための土つくりの時期です。
後藤さんの土つくりは、実は稲刈りと同時にスタートします。

a0254656_17164397.jpgその様子がこちらです。
稲刈りの際に、稲の葉っぱや茎は細かく裁断して、そのまま田んぼにまいていきます。
時期を見て田んぼを耕運して鋤き込み、そのまま有機肥料とするのです。

a0254656_17404956.jpg有機肥料と言えば、堆肥をふんだんに与えます。
こちらは、後藤さんの棚田のすぐ横にある堆肥センターです。
菊池市は近隣の市町村も含め畜産や酪農農家も多く、堆肥を有効利用すべく後藤さんが発起人の1人となり、棚田の高台に堆肥センターを作りました。

a0254656_17442304.jpg毎年冬の時期に、堆肥を散布し、稲ワラと稲の切り株を田んぼに鋤き込み有機肥料としています。
田んぼの土つくりをするのです。
堆肥はほとんど土と変わりません。
きれいに乾燥していて匂いなんて全くありません。
お米つくりに欠かせないたくさんの養分があります。

a0254656_17541549.jpg『菊池水源棚田米』作りの匠、後藤武臣さんです。
「米の命はどぎゃんしたっちゃ“水”たいね!ここは、菊池水源から来るよか~水のあるでしょうが!そらぁほんなこてよか水たいね。」

a0254656_17553805.jpg「それとどうしてもかかせんのが“土”作りたい!堆肥センターの堆肥ばしっかり入れてやって、有機肥料として使いよるとたい。十分に堆肥ば入れて今年の土ば作らにゃん!今年に負けん米ば作りたかけんね!毎年毎年積み重ねて水に負けん土は俺が作りよるとたい。」

a0254656_18000295.jpgさらに後藤さんは、4年前かられんげの種を撒き、花が終わる頃、花も葉も茎も根も、緑肥として田んぼに鋤き込み、さらに美味しいお米を育てる土つくりをしています。
写真は4月下旬のれんげが咲き誇る後藤さんの棚です。

a0254656_18062242.jpg現在はこうして殺風景な後藤さんの棚田ですが、今年もしっかりと水に負けない土つくりをしてきました。
「FLCパートナーズストア」では、後藤さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売しています。

a0254656_18091033.jpg一般流通の無い後藤さんの『菊池水源棚田のれんげ米』は大変貴重なお米です。
ですから、数量限定の販売で、定数になり次第予告なしで締め切らせていただく旨、あらかじめご了承ください。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『熊本のお米』のページへとお進みください。
平成30年度の後藤さんの『菊池水源棚田のれんげ米』の栽培の様子もまた、その全てを現地取材にてご紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-31 18:13 | 菊池水源棚田米 | Trackback | Comments(1)

菊池水源棚田米 冬の様子(2018) 前編(棚田での米作りの苦労と水にこだわる匠の話)

FLC日記 2018年1月30日(火) 雪のちくもり
『菊池水源棚田米』は、FLCパートナーズストアの大人気商品の1つです!!
熊本県菊池市菊池水源の清らかな水と、安全・安心にこだわった元気な土、さらには生産者の後藤武臣さんの惜しまぬ手間ひまとたくさんの愛情によって育てられました。
一般流通のない大変貴重なお米です。
a0254656_16415037.jpg
「FLCパートナーズストア」では、その後藤武臣さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売しています。

a0254656_17193539.jpg平成29年度の『菊池水源棚田米』も、定期購入のお客様分を除くと、残りわずかとなりました。
白米、玄米をそれぞれ、10kg、20kg、30kgで販売中です。ご注文はお急ぎください!

詳細を知りたい方、今すぐ購入したい方はコチラ!


a0254656_16463847.jpg後藤さんは、水の源(みなもと)の菊池水源で、お米作りの命ともいえる“水”にこだわり、通常の田んぼの3倍とも5倍とも言われるほど手のかかる“棚田”で、『菊池水源棚田米』を育てています。
この清らかな菊池水源の水が、最初に流れ込むのが菊池市水源地区です。

a0254656_16523095.jpg10月上旬の稲刈りの頃の棚田の様子です。
中央に見えるのが、堆肥センターです。菊池市は近隣の市町村も含め畜産や酪農農家も多く、堆肥を有効利用すべく後藤さんが発起人の1人となり、棚田の高台に堆肥センターを作りました。

a0254656_16534343.jpgこちらがその堆肥センターです。
手前に写っている石碑には、後藤武臣さんのお名前が最初に記されていました。
もちろんここで作る堆肥(有機肥料)は、後藤さんの米作りにも使用されています。

a0254656_16570119.jpgそして、これが現在(1/26撮影)の棚田の様子です。
各農家さんがそれぞれのやり方で、今年の準米作りの準備を行っています。
後藤さんの田んぼは、堆肥センターの左手、この棚田の一番南にあります。

a0254656_17120842.jpg後藤さんの棚田は、私が立っているところも含め、5枚です。
どれも曲がりくねった田んぼばかりですね。
もともと19枚あった小さな三日月形の田んぼを、区画整理で5枚にしました。

a0254656_17132243.jpg後藤さんの棚田越しに、阿蘇五岳の一つ「鞍岳(くらたけ)」の雄大な姿を望むことができます。
標高1118.6mで、熊本平野の東にある、阿蘇北外輪山の一角を占める山です。
菊池市方面から見る、その山並みは、女性の横顔のように見えませんか?

a0254656_17150461.jpg中央のとがったところが鼻、右がおでこ、左があごあたりです。
時には、大仏様と言われたり、弁天様と言われたりもしています。
この日は晴天でしたが、前日までの雪が残り、白く薄化粧をしているようにも見えますね!

a0254656_17350081.jpg『菊池水源棚田米』の栽培の様子に話を戻しましょう!
こちらは、以前取材した「苗床」を作る様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、後藤さんの『菊池水源棚田米』の栽培の様子を、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17403693.jpg稲刈りの際のみならず、苗床作りも田植えも、稲の成長や花咲く様子、頭を垂れる様などその全てです。
こちらは苗床作業を終えた後の様子で、苗床とはお米の種(籾)を蒔いたトレー並べ育てる場所のことで、ここで発芽させ田植えまで集中管理し育てます。
トレーには大切なお米の種を野鳥から守るように白いシートをかけてありました。

a0254656_17452270.jpgこの頃、田植え前の様々な準備を行います。
田んぼはこれから耕運し、水を入れ代かきをしますが、注目すべきは田んぼの間にある土手の管理です。
この急な斜面の草刈りをしなければなりません。

a0254656_17524082.jpgもちろん、夏になればその作業はかなりの重労働です。
棚田での米作りは、平地の四角い田んぼに比べ、労力を5倍とも10倍とも要すると言われています。

a0254656_18005296.jpg穂が実りだし、頭を垂れ始めた9月中旬の写真です。
ではなぜ、後藤さんはそこまで手のかかるこの棚田にこだわり、毎年『菊池水源棚田米』を作り続けるのでしょうか?
田まわり(田んぼの水管理をすること)をしている後藤さんに尋ねました。

a0254656_18112179.jpg「そぎゃんた、簡単なことたい。米作りの命は“水”たいね。ここには日本一ともいえる、菊池水源から最初に来る良か~水のあるでしょうが!あとは俺がどれだけ手をかけるかで、うまか米のできるけんたい。」

a0254656_18200695.jpg「そのためには、その水に負けない良か土ば作らにゃんたいね。稲刈りの後、田植えまでは毎年ピシャッと土つくりばするとたい。堆肥センターの堆肥ばしっかり入れてやって、有機肥料として使いよるとたい。毎年毎年積み重ねて水に負けん土ば俺が作りよるとたい。」

a0254656_18240313.jpg後藤さんにお話しいただいた、冬の土つくりが現在行われています。
どうやって水に負けない土を作るかご紹介したいところですが、本日のブログは少々長くなりましたので、その様子は明日のブログで詳しく紹介いたします。

a0254656_18292226.jpg手のかかる棚田で、米作りの命ともいえる“水”にこだわる後藤さんは、惜しまぬ手間ひまと匠の技、そして水に負けない土つくりで『菊池水源棚田米』を作り続けています。
一般流通のない『菊池水源棚田米』は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページよりお買い求めいただけます。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、ご注文はお急ぎ下さい。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-30 18:35 | 菊池水源棚田米 | Trackback | Comments(0)

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業に同行取材!(2018 後編)

FLC日記 2018年1月29日(月) 雪のちくもり時々雪

a0254656_17511115.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成30年度も匠農家さん「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』をネット独占販売いたします。
今年も、「幸水(こうすい)」(写真)の8月上旬からの発送スタートで、次いで「豊水(ほうすい)」、「秋月(あきつき)」、そして、ジャンボ梨「新高(にいたか)」と続きます。

a0254656_17530133.jpg「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』は、甘さにこだわる“無袋栽培”で、旬の美味しさにこだわる“樹上完熟”朝採り発送でお届けするため、「すべての品種を毎年贈ってください!」と言う注文を多数いただくほどの大人気商品です。
※写真はジャンボ梨『新高』です。
a0254656_18010049.jpg
熊本県菊池市野瀬にある「岩永農園」さんの梨園に、冬の剪定及び誘引作業の様子を、先日、現地取材に伺いました。

a0254656_18060854.jpg昨日に続き、その様子をご紹介いたします。
この時期は、1日も休むことなく、選定と誘引作業の真っ最中です。
右側が、剪定→誘引を終えた枝で、左側にはまだまだこれから作業をする果樹たちが待っています。

a0254656_18114193.jpg2つ前の写真で「岩永農園」の岩永敏行さんが、匠の判断で切り落とした(剪定した)枝です。
この枝は結果枝で、果実を実らせていましたが、古くなったので剪定したのです。

a0254656_18143284.jpg必要な枝(今年果実を実らせる枝)は、こうして枝が平行になるよう誘引して満遍なく陽を当て美味しい果実を実らせます。
「岩永農園」さんでは、基本的には結果枝は1年だけしか使いません。

a0254656_18173960.jpg「さっきのは、そこにちょうど良か結果枝がなかったけん、3年くらい使ったばってん、これ以上は病気になる恐れのあるとたい。」と岩永さん。
a0254656_18222193.jpg「このあたりはまだ手を付けとらんとたい。強すぎる枝には、梨は実らんし、でも弱すぎると、今度は良か梨のでけんとたい。それらを見極めて、残す枝、切る枝を選択せにゃんたいね。」

a0254656_18335728.jpg「でもそれだけじゃいかんとたい。ところどころに、しっかり切ってもない!誘引もしてない!中途半端な長さの枝があるとがわかるね?それば“待ち枝”って言うとたい。」

a0254656_18361194.jpg「例えばこれは、今年果実を実らせるには細すぎるわけたい。だけん、今年は枝を伸ばして来年使うわけたい。1年末枝、つまり“待ち枝”たいね。」

a0254656_1726069.jpg「逆に真上にビャンビャン伸びる強すぎる枝も待ち枝にすることもあるとたい。そぎゃん枝は、こうして、斜め45度くらいに誘引して、枝の勢いを止めるとたいね。そうすることで、来年は良か梨を実らせる枝になるとたい。こうして、3年先くらいまでを見据えながら選定作業ばしよるとばい。」

a0254656_18511012.jpg「先々のことも考えながら、今年ピシャッと良か梨ば作り上げるために、結果枝ば誘引してあげるとたい。その辺は、右と左のそれぞれの果樹から伸びた結果枝ば平行になるように誘引しとるたい。それぞれの枝の葉っぱはもとより、果実にもしっかり陽ばあててやることが大事たいね。」

a0254656_18533355.jpgこの辺りはすでに剪定と誘引を終えた場所です。
すっきりとした空間で、この時期には青空が見えています。
しかし、これは匠が作り上げた、美味しい梨が育つ最高の空間へとなっていくのです。

a0254656_18560196.jpgその様子がこちら!
7月中旬のまもなく収穫を迎えるころの様子です。
地面に微妙に太陽の光が差し込んでいますね!
この空間を私は、梨たちが最高の状態で育つ。“木漏れ日のステージ”と呼んでいます。
また、「岩永農園」さんでは、最後に収穫する「新興」以外は、このように梨の果実に袋をかけない“無袋栽培”で育てています。

a0254656_18593075.jpg“無袋栽培”で育てるには、台風などの強風で果実が揺れることによるキズ、病気や害虫、成長の過程での割れ(梨のお尻の部分が割れること)などのリスクを伴います。

a0254656_19015375.jpgそんなリスクを負いながらも、“無袋”栽培にこだわる理由はただ一つ!『甘い梨を作り上げるため!!』です。
袋をかけずに育てると、果実が太陽の光をいっぱい浴びて、甘く美味しく育つのです。
「木漏れ日のステージ」でこそ育つ最高の梨になるのです。

a0254656_19040849.jpg梨の匠「岩永農園」の岩永敏行さんは、今日も匠の判断で不要な枝を切り落とし、必要な枝を誘引し、そして先を見据えた待ち枝を残しながら、「木漏れ日のステージ」を作り上げる、冬の剪定と誘引作業を行っています。

a0254656_19090867.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岩永農園」さんの、こだわりの『樹上完熟梨』をネット独占販売いたします。
まずは、8月上旬の『幸水』からのスタートです。
a0254656_19131234.jpg
冬の剪定と誘引作業を終え、3月下旬から4月上旬には、梨の花が咲き誇ります。

a0254656_19160174.jpg剪定と誘引作業を終えても、1日も休むことなく、摘蕾、摘花、摘果作業などなど、惜しまぬ手間ひまをかけて、今年も“本物”と呼べる至高の梨を育て上げます。
その様子は、もちろん今年もきちんと現地取材をしてこのブログでご紹介いたします。
これからの「FLC日記」もお見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-29 19:18 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(1)

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業に同行取材!(2018 前編)

FLC日記 2018年1月28日(日) 雪のちくもり
今年も梨の匠「岩永農園」さんの、冬の剪定と誘引作業を現地で同行取材してきました。
「岩永農園」代表の岩永敏行さんの、パチン!と言う心地よい剪定ばさみの音が響いています。
a0254656_16475849.jpg


a0254656_16495175.jpg「それぞれの果樹のバランスを見ながら、残してかじるを実らせる枝、不要な枝、そして来年のために新芽を芽吹かせる枝を見極めることが大事たいね。」
岩永さんがそう言いながら、作業を進めています。

a0254656_16523953.jpgここは、熊本県菊池市野瀬にある「岩永農園」さんの梨園です。
今年も剪定と誘引作業の様子を現地取材に伺いました。
毎年、11月下旬から1日も休むことなく、梨園の枝の剪定と誘引作業が行われています。

a0254656_16562545.jpg「岩永農園」さんは、こだわりの樹上完熟梨を育てる匠の農家さんです。果実に袋をかけない“無袋栽培”で、熊本産『幸水(こうすい)』『豊水(ほうすい)』『秋月(あきつき)』『秀麗(しゅうれい)』ジャンボ梨『新高(にいたか)』を栽培しています。
最後に収穫を迎えるのみ袋かけをして育てます。『新興(しんこう)』以外の4品種は、ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。

a0254656_17005471.jpgすでにたくさんお枝が剪定作業で切り落とされていました。
私が伺ったこの日は、とにかく寒く、朝からちらついた雪が少し積もっていました。

a0254656_17045485.jpg「おはようございます!朝早くから行ってるんですか?」と声をかけると、
「今日は寒かねぇ~。こぎゃんして完全防備して早くから頑張りよったばい。」

a0254656_17063405.jpg「今年も、しっかりと良か芽の出てきよるけんね。果樹の成長は待ったなしだけん、どぎゃん寒くても、毎日作業ばして、この時期にきちんと剪定してやらんといかんとたい!」」とのこと。

a0254656_17453249.jpg「今年もサングラスが決まってますね!(笑)」と言うと、
「ハハハッ!これだろ?上向いて作業するけん、目にゴミが入らんごつたい!色も選定の際の基準だけん、あんまり暗くならんとばしとるとたい。そぎゃんからかいなすな!(笑)」

a0254656_17494042.jpg匠が手をかけ、剪定と誘引を施した枝は、この様に見事に平行に並んでいました。
収穫の際の果実が実るイメージをしっかりと描きながら、この様に満遍なく陽が当たるように枝を配置してます。

a0254656_17524623.jpgこちらは4月上旬の花咲く頃の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17541786.jpgもちろん「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』のこだわりの栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地樹材を重ねてきました。
収穫後のお礼肥えや冬の剪定と誘引作業、花の頃、着果し摘果作業の様子などなどその全てです。

a0254656_18013408.jpgですから、その長いお付き合いの中で、すっかり冗談も言えるような仲になっています。
「そんなに太い枝も切るんですか?」と尋ねると、
「これはもう3年目だけん使わんね!」

a0254656_18042102.jpg「ちょうどそこに良か枝のなかったけん、昨年までは使ったけど、長く使うとやっぱり良か果実は実らんし、病気になる恐れもあるたいね。ここにちょうど良か枝があるけん、これば誘引して今年は実らせるとたい。」

a0254656_18062613.jpg岩永さんはそう言うと、倒した結果枝を果樹園内に張り巡らしているワイヤーにきちんとくくりつけ誘引しました。

a0254656_18080858.jpg「良か花芽の来よるばってん、この上向きの花芽はいらんとたい。ここに花が咲いて、実らせても上向きだと果実の成長中にどうしても折れるとたいね。無駄な養分を使わせんように、上向きの花芽はこの時期に落とさにゃんたいね。」

a0254656_18101591.jpgそう言うと岩永さんは、丸く膨らんだ元気な花芽をパチンと切り落としました。
「今の花芽の話は、今年のことたいね。ばってん、剪定は、2年先、3年先ば見据えてせんといかんとたい。」

a0254656_18220110.jpg「不要な枝は切る!必要な枝をきちんと誘引し果実を実らせる!それと、来年、再来年を見越して枝を育てる!この3つが剪定作業にとって大事なことになるとたい。」と、岩永さん。
大変興味深い話が出てきましたが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで詳しく紹介いたします。

a0254656_18262434.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』を、ネット独占販売いたします。
「本当の美味しさを食べてもらいたいから、”樹上完熟”の梨を出したいとたい!!」と言う岩永さんのこだわりで、朝採り即日発送でお送りいたします。
7月下旬の『幸水』(写真)からスタートし、8月中旬からの『豊水』、そして、昨年より新しく販売をスタートした『秋月(あきつき)』(写真)、さらに、9月中旬からは、いよいよジャンボ梨『新高』と続きます。
昨年は、樹上完熟の数量限定のため、2週間待ちでの販売を余儀なくされた大人気商品です!!
それでは、この続きはまた明日!
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-28 18:28 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

七城米大好評発売中!長尾農園さんは平成30年度の米作りをスタートしました!天地返しの様子(2018後編)

FLC日記 2018年1月27日(土) 晴れ
昨日のブログに続き「FLCパートナーズストア」の、、“店長イチオシのお米”として大好評販売中の、匠の農家さん「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんちのこだわりのお米』の冬の土つくり(天地返し)の様子をご紹介いたします。
a0254656_18324853.jpg
「FLCパートナーズストア」では、「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんちのこだわりのお米』を、今年もネット独占販売しています。

a0254656_16305055.jpgこちらは、熊本県菊池市七城町にある、「長尾農園」さんの七城米 長尾さんちのこだわりのお米』を育てる田んぼの様子です。
深く土を掘り返す、“天地返し”が行われていました。
“天地返し”とは、農作業用語の1つで、その名の通り、天地をひっくり返すほど深く土を掘り返すことです。

a0254656_16363640.jpgおそらく、40cmほどは掘り返されていると思われます。
昔から「春先に深く掘り返した田んぼでは美味しいお米が育つ!」と言われてきました。

a0254656_16401076.jpg比較に出して恐縮ですが、こちらは近隣の田んぼで、一般的にはこの時期の田んぼは、こうして耕運しならしはするものの、「長尾農園」さんのような“天地返し”を行わないことが多いようです。

a0254656_16421943.jpgこちらは両方とも「長尾農園」さんの田んぼで、左は“天地返し”を行った田んぼ、右はこれから“天地返し”を行う、稲刈り後まだ何も手を付けていない状態で、この様に稲刈りを終えそのままにしてある田んぼも見うけられます。

a0254656_16470315.jpgまた、稲刈り後、田植えまでの時期を利用して裏作を作る農家さんも多いようです。
こちらは代表的な裏作の1つの「麦」を栽培している田んぼです。
ご覧のように、お米を育てる農家さんも、その栽培方法はそれぞれの農家さんで様々です。

a0254656_17161589.jpg熊本県菊池市七城町は、日本有数の米どころです。
肥沃な大地と、日本の名水100選にも選ばれた『菊池渓谷』を支流に持つ菊池川の清らかな水が美味しいお米を育てる大穀倉地帯です。

a0254656_17331902.jpgこの地で育つ「七城のこめ」は、“おいしいお米日本一”に輝いた実績があります。
そんな七城町でも、上記で述べましたように、農家さんによってお米の作り方は様々です。

a0254656_17125470.jpg私は、「長尾農園」さんの、一切の妥協を許さないお米作りとその美しさ、そして何よりその美味さに惚れ込み、2年がかりでお願いして弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、“店長イチオシのお米”として、ネット独占販売しています。

a0254656_16513622.jpgこちらは以前取材した「長尾農園」さんの“天地返し”の作業の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「長尾農園」さんの米作りの様子を、種まきから、苗床、田植え、苗の成長の様子や、頭を垂れる様、稲刈り、稲刈り後の田んぼの土つくりまで、その全てをもう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17054672.jpg「長尾農園」代表の長尾千行さんにお話をうかがいました。
「米作りは農家さんによって様々だけん、それぞれの方法を否定する気は全くなかばい。毎年決まってこの時期に、この作業はばずっと繰り返してきたとたい。そうやって大切な田んぼの土を、毎年毎年大事に大事に作り上げてきたとたい。」

a0254656_17115878.jpg「やっぱりこぎゃんして、他とは違うひと手間をかけることで、美味か米のでくっとだと思うばい!!」
長尾さんは、長年繰り返してきた匠ならではのひと手間を、当然のごとくサラリとお話しいただきました。

a0254656_17123698.jpg昔から言われてきた、「春先に天地返しをした田んぼでは美味しいお米が育つ!」という言い伝えは、現在ではきちんと実証されています。
作物(とりわけ稲)を育てるためには、根っこが深くまで進むような土つくりをしなければなりません。
“天地返し”は、そのために必要なまず最初の作業です。

a0254656_17171319.jpgまた、寒気に耕地の表層と深層を入れ替えることで、深層で越冬しようとしていた害虫や雑草の根、土壌病害の原因となる病原菌を寒さで退治することができます。
さらに、前回の耕作で使った堆肥が深層に溜まってしまうため、その堆肥を表層に出すことで均一化するのです。

a0254656_17242522.jpgそうして作られた土で深く根をはり育つお米は、稲刈り前の9月下旬の頭を垂れた時期でも、全く倒れることはありません。
長年取材してきて、「長尾農園」さんの田んぼで稲が倒れていることを、私は1度たりとも見たことがありません。
「長尾農園」さんの田んぼを、私は敬意を表して“美しすぎる田んぼ”と称しています。

a0254656_17271327.jpgそれは、「長尾農園」さんのどの田んぼでも同じです。
私が“美しすぎる田んぼ”と称しているのは、稲が倒れることなく育つさまだけではなく、成長の過程においても同じように育つさまを見てそう称しているのです。

a0254656_17313004.jpgちなみに、これは田植え前の「苗床」の様子です。
千行さんは、「美しく育ててこそ、美味しい作物ができる」と言う信念のもと、田んぼはおろか苗床もこのように見事に美しく作ります。

a0254656_17330125.jpgお米は、一斉に収穫(稲刈り)をするので、どれも同じように均一に育てなければなりません。
そうすることで、ばらつきのないお米になるのです。
ばらつきがないお米は、美味しいお米の絶対条件の1つです。

a0254656_17365964.jpg“天地返し”は、この後、春先まで2回目、3回目と行われます。
掘り返した部分が今度は下になるように、また“天地返”しをこの後2回行うのです。
毎年繰り返されている、一切の妥協を許さない“匠の技”なのです。

a0254656_17411904.jpg「FLCパートナーズストア」では、「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんちのこだわりのお米(ひのひかり)』を、ネット独占販売しています。
一般流通のない、専用農家さんが安全・安心を第一に、惜しまぬ手間ひまで育て上げたお米です。

a0254656_17451022.jpg「長尾農園」さんが育てた、ばらつきのないお米の、艶、風味、そして独特の甘さ・・・。
ぜひ、一度その美味さを味わってみてください!!
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-27 17:48 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)

七城米大好評発売中!長尾農園さんは平成30年度の米作りをスタートしました!天地返しの様子(2018前編)

FLC日記 2018年1月26日(金) くもりのち晴れ

a0254656_17125470.jpg「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんちのこだわりのお米』を、“店長イチオシのお米”として、今年もネット独占販売しています。
本日は、お米作りにおける大切な作業の1つ“天地返し”を紹介し、そのお米の旨さの秘密に迫ります!!
a0254656_17161589.jpg
熊本県菊池市七城町は、日本有数の米どころです。
「長尾農園」さんはその七城米地で『七城米 長尾さんちのこだわりのお米』を作ています。

a0254656_17255179.jpg熊本県菊池市七城町は、肥沃な大地と、日本の名水100選にも選ばれた『菊池渓谷』を支流に持つ菊池川の清らかな水が美味しいお米を育てる大穀倉地帯です。


a0254656_17315626.jpgこの地で育つ「七城のこめ」は、“おいしいお米日本一”に輝いた実績があります。
「七城の米」は、日本穀物検定協会食味ランキングで、2001年産から11度目の最高位の「特A」獲得!!
2016年度も最高評価の「特A」に輝き、9年連続の受賞です。

a0254656_17331902.jpgそんな七城町でも、農家さんによってお米の作り方は様々です。
私は、「長尾農園」さんの、一切の妥協を許さないお米作りとその美しさ、そして何よりその美味さに惚れ込み、2年がかりでお願いして弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_17455363.jpgこちらは以前取材した稲刈りの様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17500614.jpgもちろん、「長尾農園」さんの米作りも、種まきから、苗床、田植え(写真)、苗の成長の様子や、頭を垂れる様、稲刈り、稲刈り後の田んぼの土つくりまで、その全てをもう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17434538.jpgそんな中、「長尾農園」さんの田んぼで稲が倒れているのを1度たりとも見たことがありません!
「長尾農園」さんの田んぼを、私は敬意を表して“美しすぎる田んぼ”と称しています。

a0254656_17554878.jpg7月下旬の成長する稲の様子です。
私が“美しすぎる田んぼ”と称しているのは、この様にまっすぐにきれいに植えられていることだけではなく、稲がそろって同じように育つさまを見てそう称しているのです。

a0254656_17581545.jpgまるで、1株の苗をコピーして貼ったかのような写真ですよね。
しっかりと根をはり、同じように育つ苗たちが本当に美しすぎるんです。

a0254656_18022005.jpg花が咲き、稲穂が実り稲穂はじめ、こうべを垂れても、このように全く倒れていません。
倒れるどころか、風を押し返すような強さを感じます。
それほどまでに、しっかりと根をはった元気な稲穂を育て上げるのが、「長尾農園」さんです。

a0254656_18074387.jpgしっかりと根を張るための土つくりの最初の作業が、本日紹介する“天地返し”です。
こちらは、本日の「長尾農園」さんの田んぼの様子です。
“天地返し”とは、農作業用語の1つで、その名の通り、天地をひっくり返すほど深く土を掘り返すことです。

a0254656_18173735.jpg『天地返し』でできた溝は、掘り返され積まれた部分まで、おそらく40cmほどはあろうかと思われます。
右側にあるのは田んぼの畔(あぜ)ですが、高くなっているのではないでしょうか!

a0254656_18231145.jpg昔から「春先に深く掘り返した田んぼでは美味しいお米が育つ!」と言われてきました。
その言い伝えは、現在ではきちんと実証されています。
その理由をお話ししたいとこですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで詳しく紹介したいと思います。

a0254656_18312628.jpg「長尾農園」の長尾千行さんととも子さんの仲良しご夫婦が育てる、七城米(長尾さんのお米)の美味しさとその惜しまぬ手間ひまの栽培方法に私は惚れ込み、2年がかりでお願いして、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売をさせて頂いています。

a0254656_18324853.jpgばらつきがないこのお米は、ふっくらとして甘く、お米の香りも際立つ最高のお米です。
このお米は、冷えても美味しいので、おにぎりにしてもバツグンの美味しさです。
もちろん炊き立ては、お米自体がご馳走になります!!
ぜひ一度ご賞味ください!
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます。
明日のブログもお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-26 18:35 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)

熊本ぶどう 社方園 剪定作業2018(後編 樹勢が良いので剪定した枝は良い音、良い色、重いんです)

FLC日記 2018年1月25日(木) 雪のちくもり時々雪

a0254656_16340885.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成30年度もぶどうの匠「社方園」さんが育て上げた、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。

a0254656_16384830.jpgこちらは、昨年もダントツの1番人気だった、5房の3色詰め合わせです。
1粒1粒の大きさもさることながら、その美味さ!その輝き!

a0254656_16382238.jpg口にほおばると、ぶどうの甘味が口の中で爆発する!と言う表現がぴったりの、まさに“本物”と呼べる最高級のぶどうなんです。
「社方園」さんでは、毎年7月7日にその年のぶどうを初出荷します。
本日のブログでは、昨日に続き、ぶどうの匠「社方園」さんの、冬の剪定作業の様子をご紹介いたします。
a0254656_16411576.jpg
ここは、熊本県山鹿市にある「社方園」さんの、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の栽培ハウス(ブドウ畑)です。

a0254656_16423936.jpgこの辺りはこれから冬の選定作業を行う果樹たちです。
冬の剪定は、昨年果実を実らせた結果枝を切り落とす作業です。
「社方園」園主の社方武路さんが、剪定作業を行っています。

a0254656_16450395.jpg「社方園」さんは、親子2代のぶどうの匠により、“本物”と呼べるぶどうを生産しています。
息子さんで「社方園」園主の社方武路さんが、1本1本丁寧にぶどうの枝の剪定作業をしていました。

a0254656_16482052.jpg剪定作業を施すこの冬の時期は、なんだかとても殺風景なハウスも、収穫前の6月中旬ころには、この様に葉が青々と茂り、ぶどうの果実がずらりと並ぶとてもワクワクする空間になるのです。
「社方園」さんでは、こうしてぶどうがしっかりと色付いたのを確認して、収穫前の最後の作業の袋かけをします。

a0254656_16520282.jpgそして、なんと夏が始まる7月7日に毎年決まって初出荷を迎えるのです。
数ヵ所の連棟建ての栽培ハウスで、収穫のタイミングをずらしながら育て、7月7日から9月下旬までの長期にわたり、最高給のぶどうを出荷しているのです。
写真は昨年も大人気だった赤ぶどうの『クイーンニーナ』です。
毎年7月7日に、黒、白、赤の3色のぶどうをきちんとそろえ出荷できる農家さんは、全国的にみてもそうそうないと思います。

a0254656_17284069.jpg剪定作業の様子に話を戻しましょう!
社方さんがパチン!と言った、とてもいい音を立てながら1本1本剪定を施しています。
この乾いたパチン!と言う音で、きちんと樹勢が保たれていることがわかります。

a0254656_17325036.jpgこちらは、昨年の剪定作業の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の栽培の様子を、収穫時期のみならず、年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17351893.jpgその中で、剪定においては、切る時のパチン!と言った良い音がすると、きちんと樹勢が保たれている証拠だということを聞きました。
切っている枝は、けっして枯れているのではなく、冬眠しているだけです。

a0254656_17391656.jpgここからは、昨日のブログの続きです。
「笠さんが毎年聞いている剪定のパチン!と言う音に加え、今年はさらに樹勢が保たれていることが私にははっきりわかるんです。」と、社方さん。

a0254656_17400073.jpg「どんなことなんですか?」と尋ねると、
「剪定としている枝は、冬眠しているんですよ。要は生きているってことです。この剪定した枝がずっしりと重いんです。だから、樹勢がしっかり保たれているってことになります。」

a0254656_17452300.jpg「まぁ、それは毎年こうして選定をしている私にしかわからないことですけどね!はっきりと見てわかることもお教えしましょうか!切り落とした枝の色に注目してください。」

a0254656_17473533.jpg「ぶどうの品種によって多少異なりますが、枝の色がイキイキとした茶色をしているでしょ?これもきちんと樹勢が保たれてい証拠になりますね。」
「となると、逆にあまりよくない色はどんなのですか?」と尋ねると、

a0254656_17503129.jpg「ちょうどこれなんかは、あまり樹勢が保たれていない枝ですね。切った時の音が違ったし、他のに比べやはり軽いです。それと色の違いが分かりますか?」

a0254656_17535894.jpg「ほら、イキイキとした茶色ではなく、黒っぽいでしょ?切り口を見ればはっきりとわかると思いますが、おそらくこれは、何らかの要因で傷がついたか、病気の一歩手前ってとこですかねぇ~。」

a0254656_17564291.jpgこれは元気な枝の切り口です。
刈れているのではないので、中央に芯があり、薄いグリーンの部分が丸く満遍なく覆っています。
「笠さん!今切った枝の切り口を見てみましょう!」

a0254656_18000835.jpg「やはり手前の方が茶色く変色していますね!」と社方さん。
ぶどうの匠、社方武路さんは、剪定する時の音、切った枝の重さ、それに色を判断し、その枝の健康状態までをも見抜いているのです。

a0254656_18103864.jpg「今となっては、想像でしかありませんが、おそらくこの枝にはぶどうの果実を実らせてないと思います。実らせたとしても、摘房して落としているはずです。」と、社方さん

a0254656_18125573.jpgその様子がこちら!
これは6月中旬の写真で、同じ果樹では同じように色づくはずが、この様に遅れていたので、そのブドウの房ごと落としてしまうんです。

a0254656_18153490.jpg社方さんはいつもこう話します。
「数(量)じゃないんですよ!高品質のものをしっかりと作り上げることが大事です。どのお客様が、いつ食べても同じような美味しさのものだけを作り上げないといけないんです。」
社方さんのその話は、弊社ではきちんと実証されていて、もうすでに今年の『山鹿のぶどう』の予約を多数頂戴しています。

a0254656_18215776.jpg「社方さん!この若い果樹は何ですか?」と尋ねると、
「植え替えるんですよ!人気のシャインマスカットとクイーンニーナを増やす予定なんです。」

a0254656_18244170.jpg「新しいハウスにも植えてますが、このハウスの種類のバランスを変えようと思ってます。今年はまだ実らせませんが、来年からはシャインマスカットとクイーンニーナをもっと出せるようになりますよ!」と社方さん。

a0254656_18281585.jpg「シャインマスカット」とは、皮ごと食べられる夢のような白ブドウです。
『シャインマスカット』は、数ある果物をおさえて、なんと今年も売れ筋ランキングで1位(5年連続)となった、大人気フルーツなんです!!
(日本農業新聞トレンド調査より)

a0254656_18303064.jpg「社方園」さんでは、こうして大人気になるずいぶん前から、その栽培に取り組んできました。
もちろん「FLCパートナーズストア」でも大人気の商品で、「社方園」さんでは苗を植えたり、接木で増やしたりして、さらに栽培数を増やしていこうとしています。

a0254656_18370143.jpg社方さんは、今日もあのパチン!と言う音を響かせながら、剪定作業を行っていると思います。
今年も、7月7日の初出荷に向け、「社方園」さんの惜しまぬ手間ひまでをかける、けっして妥協を許さない、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の栽培が本格スタートしました。

a0254656_18402578.jpgぶどうの匠、社方さんの頭の中には、すでに7月のぶどうが美しく実る姿を、強くイメージできていることでしょう!
これからも、現地取材にてその成長の様子から収穫までご紹介していきます。
平成30年度の「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』にも大いにご期待ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-25 18:43 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(2)

熊本ぶどう 社方園 剪定作業2018(前編 主幹を補う)

FLC日記 2018年1月24日(水) 雪のちくもり時々雪
熊本県山鹿市にある「社方園」さんのブドウ畑に、剪定作業の様子を昨日、現地取材に伺いました。
「社方園」さんは、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を作る、匠の農家さんです!
a0254656_16453270.jpg


a0254656_16474403.jpgこちらは、剪定作業をする前のぶどうの果樹たちです。
昨年、たくさんのぶどうの果実を実らせた結果枝を切り落とす作業が冬の剪定作業です。

a0254656_17080163.jpgこちらは昨年6月下旬の「社方園」さんの袋今朝行目の『山鹿のぶどう』(ピオーネ)の様子です。
「社方園」さんでは、こうしてしっかりと色づいたのを確認して収穫前の最後の作業(袋かけ作業)を行います。

a0254656_17055694.jpgこちらは赤ぶどうの『クイーンニーナ』です。
1本の結果枝に1房を実らせるかどうかなので、先ほどの「たくさんのぶどうの果実」と言うのは正しくありませんね!

a0254656_17090623.jpg正確には「昨年、1本の結果枝に1房実らせたかどうかの、役目を終えた結果枝を切り落とす」が正しい表現のようです。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17121382.jpgもちろん、「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の栽培の様子も、もう何年も収穫時期のみならず、年間を通して現地取材してきました。
こちらは、前回の「社方園」さんを紹介したブログのハウスを建てる作業の様子です。
収穫後のお礼肥えやハウスを建てる様子、今回の剪定作業、新芽の芽吹きや成長、そして蕾、花、果実の成長の過程で行う様々な惜しまぬ手間ひまや匠の技など、それらの全てを現地で見て、このブログで紹介しています。

a0254656_17225743.jpgさて、冬の剪定作業の様子に話を戻しましょう。
「社方園」さんでは、この様な連棟建てのボイラーを焚き加温するハウス、加温しないハウス、トンネル状のハウスと言った3パターンの栽培ハウスで『山鹿のぶどう』を育てています。

a0254656_17255785.jpg度のハウスも本当に広く、剪定作業をしている音は聞こえますが、その場所にたどり着くまで一苦労です(笑)。
「社方園」園主の社方武路さんが剪定作業を行っています。

a0254656_17364466.jpg「おはようございます。今年も良い音で剪定をしていますね!」と言うと、
「ハハハッ!さすがに笠さんは毎年見に来てるから、音のこともよくわかりますね!」と社方さん。

a0254656_17390200.jpg社方さんが、ハサミを入れるたびに、“パチン”ととても良い音が響いています。
今年もきちんと樹勢が保たれている証です。
この切り落としている枝は、枯れているのではありません。
眠っているだけなんです。

a0254656_17412605.jpg社方さんに説明頂きました。
「これらは昨年役目を終えた枝なんです。主枝から結果枝を毎年芽吹かせて、そこにぶどうを実らせるんです。役目を終えた枝の剪定を終え、これから芽吹く新しい枝に花を咲かせぶどうを作り上げるんですよ。」

a0254656_17461577.jpg「剪定した枝の切り口は青々としてるでしょ?ちょっとわかりづらいかもしれませんが指さしている先の突起物のようなとこから新芽が芽吹き成長して結果枝になるんです。」と、社方さん。

a0254656_17484493.jpgちなみにこちらは、3月上旬の芽吹いたばかりの新芽の様子です。
的確な時期に、的確な方法で剪定をすると、毎年同じとこにまた芽吹いてくるのです。

a0254656_18073364.jpg「結果枝は全てを剪定して今うわけではないんですよね!」と言うと、
「そうです。昨年、話したこともちゃんと覚えてるんですね!」と社方さん。

a0254656_18092398.jpg「確かこのあたりに・・・。ありましたよ!主幹でまれに芽が飛ぶことがあるので、その際は前年の結果枝を使って補うんです。」
芽が飛ぶとは、本来芽吹くはずの場所から新芽が芽吹かないことです。

a0254656_18120639.jpg「これですね!太い幹(主幹)から芽吹かない場所があったので、その前の年の結果枝を誘引して、主幹と同じように仕立て、誘引した枝から結果枝を芽吹かせたんです。」

a0254656_18171419.jpg「こんなケースもありますよ!主幹の先端の結果枝を残して、次の果樹の主幹につながるよう仕立てる場合もあります。今切っている結果枝は、仕立て方では結果枝を生み出す主幹にもなりえるんです。」
と社方さんがわかりやすく説明してくれました。

a0254656_18290219.jpg「そうそう!今年は、さっき笠さんも話された、剪定する時のパチンと言う音以外にも、樹勢の良さの手ごたえを感じてるんですよ!」と社方さん。
「おぉ!今年も最高のぶどうができる条件として、それはかなり良いことですね!ぜひそれも聞きたいです。」と言うと、

a0254656_18322543.jpg「それではまず、そこの切り落とした枝の写真を1枚撮っておいてください。」と社方さんが意味深なことを良い始めました。
その手ごたえについては、もちろんきちんと紹介したいのですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介したします。

a0254656_18370303.jpg「FLCパートナーズストア」では、「社方園」さんの高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を、今年(平成30年)も、ネット独占販売いたします。
これからも、「社方園」さんの匠の技、惜しまぬ手間ひま、果樹の変化や成長の様子など、“本物”と呼べる『山鹿のぶどう』ができるまでを、現地取材しご紹介いたします。
明日は、今回の取材の様子の続きを紹介予定です!
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-24 18:39 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)

山あいの南高梅 冬の剪定(2018)その2(匠の剪定作業)

FLC日記 2018年1月23日(火) くもりのち雨時々雪
自然派農業で育てる「小春農園」さんの『山あいの南高梅』の冬の剪定作業の様子の取材に伺いました。
今年も、大きな『南高梅』を実らせるための、匠の技を見せて頂きました。
a0254656_17263886.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も匠の農家さん「小春農園」さんの、『山あいの南高梅(青梅、完熟梅)』をネット独占販売いたします。

a0254656_17311677.jpg有機肥料をふんだんに与え、惜しみない手間ひまをかけ育てられた『山あいの南高梅』は、弊社の大人気商品です。
『山あいの南高梅(青梅)』は、6月上旬からの出荷予定です。

a0254656_17372099.jpg『山あいの南高梅(完熟梅)』完熟梅は、6月中旬からの出荷予定です。青梅も完熟梅も、朝採り手選別の『南高梅』をお届けするため、数量限定の完全予約制での販売です。
今年も、すでに多くのピート購入のお客様から、たくさんのご予約を頂戴しています。
本日は、昨日に続き匠の剪定作業の様子をご紹介いたします。

a0254656_17454727.jpg
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの『山あいの南高梅』の梅林のほんの一部です。

a0254656_17471444.jpg自然豊かな山あいの、日の当たる山の斜面を利用して、『南高梅』を栽培しています。
「小春農園」専務の小原将輝さんに、冬の剪定作業の様子を見せて頂きました。

a0254656_17484926.jpg足元を見ると、すでに選定された枝がたくさん落ちていました。
「今朝もそんなに早くから始めたのですか?」と尋ねると、
「それは今日のではなくて昨日のです。昨日(1/18)から選定を始めたんですよ。」と将輝さん。

a0254656_18005741.jpg小原将輝さんは、大学で専門的に果樹栽培を学んだ、いわばスペシャリストです。
「まずは果樹全体を見て、理想の樹形をイメージすることから始めます。満遍なく日を当てることがとても大事なんです。」と将輝さん。

a0254656_18040312.jpg「このあたりは、昨日すでに選定を終えたとこですね!この細い枝に『南高梅』の果実は実るんですよ。」
「毎年しっかりと手をかけて、かなり樹勢も良く、1本1本が大きくなったから大変ですね!」と言うと、

a0254656_18070374.jpg「そうなんですよ!間伐をして1本1本を充実させたので、剪定は1日4本が限界ですね!一度ハサミを入れるともう取り返しは付かないので、きちんと判断しながら、不要な枝のみを剪定していかないといけないからですね!」

a0254656_18115158.jpgこちらは平成27年10月2日に現地取材して際の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、「小春農園」さんの『山あいの南高梅』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18141948.jpgより高品質の『山あいの南高梅』を育てるために、果樹がそれぞれしっかりと枝を伸ばせるように、間の果樹を間伐したのです。
そんな様子も全て現地取材をしてきました。

a0254656_18201620.jpg剪定作業が始まりました。
「まずはこの様に上向きに伸びている強い枝(徒長枝)を切ります。この枝には今年絶対に果実は実らないし、残しておくとこれにばかり栄養を取られちゃうんです。」

a0254656_18231205.jpg「このような、空間をふさぐ枝もしっかりと根元から切ります。」
「それも徒長枝ですか?」と尋ねると、
「ん~、徒長枝とは言えないかもしれませんね。」

a0254656_18254487.jpg「ここを空けてあげたんです。あのまま残していたら、しっかりと葉も茂り、ここに陽が射すのを遮るんです。全体的なバランスを考えれば、先ほどの枝は不要ってことになります。」

a0254656_18291099.jpg「そこまで終えたら先端を剪定していきます。基本的に先端には強い枝を1本残せばいいんです。この場合、低めに伸ばしたいので、右の枝を残します。」

a0254656_18363469.jpg「残した枝は、今年どの方向に、どれくらい伸ばしたいかを考えて切ります。剪定の基本ですが、上向きに伸ばしたかっらた上の芽を残して切り、下向きだったら下の芽を残して切ります。もちろん左右も同じです。」

a0254656_18385966.jpg「この場合だと、低めに伸ばしたいけど、これ以上は隣の果樹と重なってしまうので、ここからは上に伸びるようにと、上の芽を残して切りました。」
「どれくらい伸ばすかはどうやって決めるんですか?」と尋ねると、

a0254656_18404736.jpg「残した長さに反比例するんです。短く切ることを「強く切る」と言いますが、こうして残したところが短いと、逆に強い芽が芽吹き長く伸びるんです。あまり伸ばしたくなければ、弱く(長く)切ると良いんですよ。」

a0254656_18430792.jpg「これがわかりやすいですね!太い方はこの主となる枝なので、短く切って強い芽を芽吹かせます。細い方はそう長く伸ばしたくないので、長めに切って弱い芽を芽吹かせるんです。」
「なるほど!よくわかりました。」

a0254656_18453334.jpg「最後に、剪定を終えた枝あたりの全体をしっかりと見て、果実が実った時をイメージしながら、重なっている枝を切って果実がぶつからないようにしていきます。基本的にはこの繰り返しです。」
将輝さんは、私に解説をしながら、匠の判断で剪定作業を行っていました。

a0254656_18500698.jpg「今年も花芽には良い蕾がたくさんできていますから、きっと元気な花が咲き誇りますよ!」と将輝さん。
ここでは、毎年2月中旬ごろから咲き始め、3月上旬に満開を迎えます。
もちろんその様子は、今年も現地取材でご紹介いたします。

a0254656_18551843.jpg「今年も「小春農園」さんの『山あいの南高梅』に期待して良いですか?」と尋ねると、
「もちろんお任せください!しっかりと手をかけ、自信をもって出荷できるものを育て上げます!!」
将輝さんは、この日一番の自信に満ちたベストスマイルでそう答えてくれました。

a0254656_19045188.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も「小春農園」さんの『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』をネット独占販売いたします。
「青梅」は、6月上旬から、「完熟梅」は6月中旬からの出荷予定です。

a0254656_19045721.jpg選定作業が終わると、梅の花が開花します。
梅の花咲く姿や、着果後の成長の様子、惜しまぬ手間ひま、匠の技などなど、もちろん現地取材して、このブログで全てご紹介していきます。
「小春農園」さんの『山あいの南高梅』は、今年も売り切れ必至の大人気商品です。
今年の『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』に、ぜひご期待下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-23 19:06 | 山あいの南高梅 | Trackback | Comments(0)

山あいの南高梅 冬の剪定(2018)その1(収穫後からつぼみが膨らむまで)

FLC日記 2018年1月22日(月) 雨時々みぞれのちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「小春農園」さんの、『山あいの南高梅(青梅、完熟梅)』をネット独占販売いたします。

a0254656_16425485.jpg「小春農園」さんの『山あいの南高梅』は、収穫した中から手選別で選び抜いた、大粒で、とても美しく、弊社の大人気商品で、今年もすでにたくさんのご予約を頂戴しています。

a0254656_16481296.jpg昨年出荷した『山あいの南高梅(青梅)』を、弊社男性スタッフの手のひらに載せて撮影しました。
その大きさがよくわかると思います。
有機肥料をふんだんに与え、惜しみない手間ひまをかけ、匠の技で育てられました。
青梅は毎年6月上旬の出荷です。

a0254656_16502525.jpg6月中旬からは、山あいの『南高梅(完熟梅)』も販売いたします。
青梅よりさらに一回り大きくなった完熟梅は、とてもいい香りです。
青梅、完熟梅とも朝採り即日発送でお届けいたします。
自然派農業で育てる「小春農園」さんの『山あいの南高梅』の冬の剪定作業の様子を現地取材に伺いました。
a0254656_16530011.jpg
熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの山あいの『南高梅(青梅・完熟梅)』の栽培場(梅園)です。

a0254656_16534815.jpg自然豊かな山あいの、日の当たる山の斜面を利用して、『南高梅』を栽培しています。
「小春農園」専務の小原将輝さんに梅園の現在の様子を案内していただきました。

a0254656_16551129.jpg「朝早くから取材ありがとうござます。樹勢も良くなって頑張ってやっていかないと、1日4本くらいしかできないので、こんなにも朝早くから剪定作業を行ってるんです。」と将輝さん。

a0254656_17020110.jpgこちらは以前取材した青梅の収穫の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17135117.jpgもちろん、「小春農園」さんの『山あいの南高梅』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫の様子はもちろんのこと、その後のお礼肥え、夏の剪定、紅葉の様子や落葉する様、冬の剪定、つぼみが膨らみ花が咲き、成長し実るまでのその全てです。

a0254656_17164785.jpgこちらは、6月下旬のお礼肥えの様子です。
収穫を終えると、ベストなタイミングで、有機肥料を与え樹勢をしっかりと保ちます。
すると、元気なあまり徒長枝もたくさん伸びます。

a0254656_17200224.jpg「小春農園」さんでは、強く伸びすぎた徒長枝を、夏の間に剪定します。
将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんがその作業を行っています。

a0254656_17233135.jpg「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに果樹栽培を大学で専門的に学んだ、、息子さんで専務の小原将輝さんのスペシャリストの知識が重なり、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_17311932.jpg『南高梅』は落葉樹です。
夏の間、青々としていた葉っぱは、秋の訪れとともに色付き、冬になると全て落葉します。
こちらは、10月下旬の様子で、この頃までこうして青々と葉っぱが茂っているのが、きちんと樹勢が保たれている証拠なんです。

a0254656_17390287.jpgそして、11月下旬ごろから紅葉が始まります。
紅葉と言っても、もみじやカエデのように葉っぱが赤くなるのではありません。
どちらかと言えば、色が落ち黄色くなると言った感じです。

a0254656_17425582.jpg本格的な寒さとなる、12月中旬ごろには、すっかりと葉っぱが落ちてしまいます。
梅の果樹の栽培の基本は、盃(さかずき)のような樹形(盃状形)にして育てることで、果樹全体に満遍なく陽が差し込めるようにします。

a0254656_17491502.jpgその作業を、今回取材した“冬の剪定”で施すのです。
果樹全体の樹形を整えながら、必要な枝を見極め、不要な枝を切り落としていくのです。
そこにはたくさんの匠の技がありました。

a0254656_17470040.jpgその様子は明日のブログで詳しく紹介したいと思います。
寒さが厳しい1月中旬ですが、『南高梅』は春の準備を確実に行っています。
こうして花の蕾が膨らみ始めているのです。

a0254656_18010019.jpg剪定後には花が咲き、着果し成長して6月上旬には青梅の収穫です。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』を、ネット独占販売いたします。
安心・安全な南高梅を育てるべく、除草剤などは一切使わず、有機肥料を使いながら減農薬の自然派農業にこだわり育て上げられた“本物”と呼べる『南高梅』です。
今年の「小春農園」さんの『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』にもご期待ください!!
明日は冬の剪定作業の様子を詳しくご紹介いたします。
お見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-22 18:04 | 山あいの南高梅 | Trackback | Comments(0)