ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:FLC( 357 )

栗の王様「利平栗」 今年も無農薬で育てました!平成30年度出荷スタート!予約受付は残りわずか!!

FLC日記 2018年9月18日(火) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も自社オリジナルブランド商品の、自然栽培で育てた『利平栗』をネット独占販売しています。
昨日より、今期の出荷をスタートしました!!
a0254656_17394498.jpg


a0254656_17434183.jpg今年も、収穫した中から、大きなものだけを選び抜いた“大粒”の2kg入りと、大変お買い得な“中粒”の2kgをご用意しました。
ご予約いただいている順に、毎日収穫し随時発送していきます。

a0254656_17430379.jpg毎年、必ず完売する大人気の商品です。
今年も昨年を大きく上回るハイペースでご注文(ご予約)いただいていますが、昨年に比べ収量が増えることが予想され、現在もご注文をうけたまわっています。
ただし、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
ご注文(ご予約)はお急ぎ下さい。

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『自然栽培で育てた利平栗』


a0254656_17505380.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
『自然栽培で育てた利平栗』は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の敷地内で育てています。
こちらは、本社社屋です。

a0254656_17515038.jpgどれくらい山奥かと言うと、ここへ来るには、この1本道しかありません。
敷地内に電柱が立っていますが、電線はここまでしか来ていません。
ここより山奥には誰も住んでいないからです!(笑)

a0254656_17523378.jpgこの時期、彼岸花が咲き始めます。
それとほぼ同時に、毎年『利平栗』は落ち始め収穫のスタートです。
毎年ほぼ変わることが無いので、自然と言うものは、実に面白いものです。

a0254656_17550778.jpg生産者は、株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)です。
私は、この山奥で自然と共に生き、自ら畑を耕し野菜を作り、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
こちらは現在の上の段の畑と栗林の写真で、自家用の野菜を栽培している畑と、奥はエゴマの栽培地、右は『利平栗』の栗林でたくさんの実がついています。

a0254656_17581366.jpg収穫はスタートしたばかり!
この大きなイガが大きく割れて、『利平栗』の粒が落ちるか、イガごと落ちたら収穫です。
絶対に『利平栗』の果樹に残っているものを落として収穫などしません。

a0254656_17584245.jpgきちんと落ちたものでないと、味が全く違うからです。
ちなみに、こちらも本日の様子ですが、このように栗の実だけ落ちる場合と、イガごと落ちる場合があります。
『利平栗』は、管理が難しく、生産量も年々減少している“幻の栗”とも言われる大変貴重な栗です。

a0254656_18014450.jpg『利平栗』はもちろんのこと、私はここで育てる全ての作物を完全無農薬、完全無化学肥料栽培で育てています。
もちろん、除草剤も一切使用していません。
ですから『利平栗』の葉っぱもご覧の通り虫食いだらけです。
私がすべての作物を、無農薬、無化学肥料で育てるには理由があります。

a0254656_18063462.jpgここ熊本県菊池市、菊池水源は日本有数の茶どころです。
弊社の敷地の周りは、「有機栽培のお茶」を生産する茶畑が隣接しています。
写真は、5月下旬の茶摘みの様子で、その奥には『利平栗』の花が咲き誇ってます。
お茶を有機栽培をするには、農薬・化学肥料の厳しい基準があり、もしそのようなものが検出されると、その茶畑は3年間は有機栽培として認められません。

a0254656_18243138.jpgそこで、ここ(株式会社旬援隊の敷地内)では、全ての作物を無農薬、無化学肥料で栽培しています。
8月下旬の写真ですが、エゴマの葉っぱもご覧の通り虫食いだらけです。

a0254656_18260241.jpg自給自足のための野菜や果樹たち、そして生産し出荷を目的としている『利平栗』や『水源キウイ』、『えごま』なども全て完全無農薬、無化学肥料で育てています。
ですから、『利平栗』は収穫してからが大変です。

a0254656_18283283.jpg虫食いがないか?
炭疽病にやられていないか?
などを、全て選別して出荷しています。
ごくまれに見落としている場合がある旨、完全無農薬の『利平栗』ゆえとなにとぞご理解ください。

a0254656_18120023.jpgみなさんより一足早く私が育てた『利平栗』の味見をします。
毎年、栗おこわを作りますが、これが楽しみでなりません!
栗の王様と称される利平栗は、他の栗に比べ甘みが強く、噛んだ時のあのホクホクとした食感と広がる甘味はたまりません!!
ぜひ多くの方に、この美味さを味わっていただきたいものです。

a0254656_18335942.jpg「FLCパートナーズストア」では、弊社オリジナルブランド商品の『自然栽培で育てた利平栗』を今年度も販売し、昨日より出荷をスタートしました。
ご注文(ご予約)を頂いた順番に、随時発送してまいりますので、ご注文(ご予約)いただいている方は、お届けまでもう少々お待ちください。

a0254656_18203569.jpgまた、今期の販売は、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
特に、大粒サイズは残りわずかとなってきました。
ご注文(ご予約)はお急ぎ下さい!
早い者勝ちですよ!

a0254656_18393922.png熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、本日紹介した自然栽培で育てた『利平栗』以外にも、たくさんの熊本の旬の食材を販売しています。
それぞれのこだわりがあり、ここでしか買えないものばかりです!
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをのぞいてみてください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-09-18 18:22 | FLC | Trackback | Comments(0)

敬老会2018 今年も元気なおじいちゃん、おばあちゃんたちと敬老のお祝いをしました!

FLC日記 2018年9月17日(月) 晴れのちくもり
本日9月17日は敬老の日です。
株式会社旬援隊があり、私が住む熊本県菊池市、菊池水源の伊牟田地区でも、昨日敬老の日のお祝い会(敬老会)を行いました。
私は、すっかりこの地区に慣れ親しみ、みなさんにかわいがっていただいています。
a0254656_18260959.jpg


a0254656_18275656.jpg熊本県菊池市、菊池水源にある井牟田地区は、12戸のとても小さな村です。
そんな小さな村ですが、今年も14名の方々の敬老のお祝いをしました。
昨日の敬老会には、7名にご参加いただき、敬老を祝って楽しい食事会をしました。

a0254656_17452426.jpg熊本県菊池市原(はる)にある、伊牟田地区は、ブランド茶の『菊池水源茶』発祥の地です。
高冷地の寒暖の差を利用して、多くの農家さんが、美味しい茶を育てています。
収穫したお茶を加工する大きな製茶工場が2棟もあるんですよ。

a0254656_18315053.jpg今回の敬老会の会場となった伊牟田地区の公民館のすぐそばには、立派な記念碑が建てられています。
伊弁田地区は、ブランド茶の『菊池水源茶』発祥の地です。

a0254656_1871911.jpgご覧ください!
5月上旬の地牟田地区にある、「川口製茶園」さんの代表川口荘一さんの茶摘みの様子です。
その広いこと広いこと!
とても1枚の写真では収まり切れません。
実に美しい茶畑ですよね。
伊弁田地区はいたるところにお茶畑が広がっています。

a0254656_1884749.jpg朝夕の寒暖差が非常に激しく、霧深いこの地は、お茶の栽培に適していて、日本有数のお茶どころとして知られています。
もちろん、「FLCパートナーズストア」でも販売しています。
有機栽培(無農薬・無化学肥料)で育てられたお茶や抹茶は特に大人気です!!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
 『菊池水源茶』


a0254656_1893734.jpgさらには、川口荘一さんが育てた有機栽培(無農薬・無化学肥料)の茶葉を使用した『菊池水源紅茶』も今年より販売を始めました。
茶葉が広がりやすい、三角のティーパックに一つづつ入っています。

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
 『菊池水源紅茶』


a0254656_17501612.jpg熊本県菊池市菊池水源は、まさに水の源(みなもと)にある地区です。
1級河川の菊池川の支流に位置し、清らかで新鮮な川が流れています。
私も含め、ここで暮らす全12戸の水道は、山から湧き出る清水と井戸水を利用しています。

a0254656_18441837.jpgその水が良いのでしょう!
ここは本当に長寿の村なんです。
今回ご参加いただいた最高齢、85歳の赤星孝子さんです。
でも、今回ご参加いただけませんでしたが、100歳のおばあちゃんもいるんですよ!

a0254656_17553426.jpgこれは、株式会社旬援隊の本社所在地。
この伊牟田地区でも最も山奥にあります。
私がここで暮らし、株式会社旬援隊を設立して、まもなく丸7年になろうとしています。

a0254656_18483469.jpgここにはもともと私の叔父と叔母が、叔父の定年退職を機会に、田舎暮らしをしたいと住んでいました。
25年暮らし、その後叔父の実家に引っ越したのでその後を私が譲り受け暮らしています。
この地で様々な果樹や野菜、原木しいたけを完全無農薬で育て、烏骨鶏を飼育しながら、自給自足の生活を目指しながら、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、匠の農家さんが育てた“本物”と呼べる食材を販売しています。

a0254656_18491506.png株式会社旬援隊が運営する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、全国のお客様に、インターネットを通じ、熊本の最旬食材をご紹介し販売しています。
写真の弊社HPのショップのページでは、最旬の食材をたくさんご案内しています。

a0254656_1822570.jpg現在は、山あいの『甘熟いちじく』、『山鹿のぶどう』、『自然栽培で育てた利平栗』、無農薬で育てた『種なしかぼす』、こだわりの『樹上完熟梨』、などを好評発売中です!
いずれも、ここでしか買えないものばかり!
ホームページものぞいてみてください!!

ホームページはこちら!
↓ 「FLCパートナーズストア」のロゴをクリック!! ↓


a0254656_18521812.jpgさて、敬老会に話を戻しましょう!
私は、割と早くにじいちゃんもばあちゃんも失くしたので、言葉は悪いかも知れませんが、“じじ・ばば孝行”をあまりできていません。

a0254656_18532999.jpg年齢からすると、じいちゃんばあちゃんと言うより、親父やお袋といった方が近いのですが、この日は“敬老の日”なので、あえておじいちゃん・おばあちゃんとさせてください。
今、この村に移り住み、たくさんのおじいちゃん・おばあちゃんに囲まれて暮らしています。
写真の挨拶をする区長さんと、村の婦人部の皆さん(写真手奥)と共に私も準備をしました。

a0254656_18564234.jpg本当にありがたいことに、この村の皆さんから可愛がられています。
皆さんといろんな話をするのが楽しくて仕方ありません!
この時も、私が知らない昔話や、ここで暮らすための様々な知識を話してくれました。

a0254656_19003249.jpg熊本県菊池市水源の伊牟田地区は、清らかな水と、心温まる人の良さで、みなさんとっても長寿の村なんです。
伊牟田地区は、12世帯の小さな村ですが、村の方々は本当に心のきれいな優しい方ばかりです。
私は、この伊牟田地区とここの皆さんが大好きです。
最後にみんなで記念撮影をしようとしましたが、「あらぁ!もう帰ったもんもおるばい!いつも撮ってもらうばかりだけん、笠さんも入んなっせ!」とのこと。

a0254656_19022248.jpg右端が私です。
私は、この伊牟田地区とここの皆さんが大好きです。
この、笑顔あふれる長寿の村で、これからもがんばっていきます。
最後になりましたが、敬老の日のお祝いを迎えた、私が大好きなこの村のおじいちゃま、おばあちゃま、心よりお祝い申し上げます。
これからも、元気に長生きしていただき、私の話し相手(笑)になって、たくさんの情報を教えてください!!
本日は、伊牟田地区の敬老会のお話でした。
FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-09-17 19:05 | FLC | Trackback | Comments(0)

栗の王様「利平栗」平成30年度はまもなく出荷!予約受付は残りわずか!無農薬栽培の「利平栗」です!

FLC日記 2018年9月15日(土) くもり一時雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も自社オリジナルブランド商品の、自然栽培で育てた『利平栗』をネット独占販売いたします。
無農薬、無化学肥料で育てた栗の王様『利平栗』を、産地直送でお届けいたします!!
a0254656_17161694.jpg


a0254656_16312913.jpg毎年、決まって完売する大人気商品で、今年も、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
『利平栗』は“栗の王様”、“幻の和栗”などと称されていて、ホクホクとした食感がとてもよく、さらには栗本来が持つ甘味も強く、とても美味しい栗です。
今年もいよいよ『利平栗』が落ち始めましたので、来週あたりから、ご注文(ご予約)順に発送していきます。

a0254656_17103525.jpg今年も、収穫した中から、大きなものだけを選び抜いた“大粒”の2kg入りと、大変お買い得な“中粒”の2kgをご用意しました。
ただし、数量限定の完全予約制販売!!
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
早い者勝ちですよ!

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ!
「FLCパートナーズストア」
『自然栽培で育てた利平栗』


a0254656_16555081.jpg『利平栗』は、管理が難しく、生産量も年々減少している“幻の栗”とも言われる大変貴重な栗です。
とても大きなイガにも関わらず、中に入っているのは、栗の実が1つだけのことも多々あります。

a0254656_16574227.jpgその生産効率の悪さも、栽培農家さんの減少の要因のようです。
もちろんここ(株式会社旬援隊)でも、なかなかたくさんの量は収穫できません。
しかも、弊社で販売しているのは、完全無農薬、完全無化学肥料で育てた、大変貴重な『利平栗』です。

a0254656_17070321.jpg『利平栗』は、“栗の王様”と呼ばれるだけあり、香りも強く、茹で栗でも絶品ですが、渋皮煮にするとバツグンの美味しさです。
私は、栗おこわを毎年楽しみにしています(笑)。

a0254656_17164215.jpg『自然栽培で育てた利平栗』は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の敷地内で育てています。
こちらは、本社社屋です。

a0254656_17301731.jpg株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)は、この山奥で自然と共に生き、自ら畑を耕し野菜を作り、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_17305683.jpgこちらはエゴマを栽培している畑と、『利平栗』の栗林です。
ここには、5反(1500坪)の敷地があり、さらに近隣の畑も借り、様々な作物を育てていますが、それらは全て完全無農薬、完全無化学肥料栽培で、除草剤も一切使用していません。

a0254656_17402643.jpg私がすべての作物を、無農薬、無化学肥料で育てるには理由があります。
ここ熊本県菊池市、菊池水源は日本有数の茶どころです。
こちらは、5月下旬に行われた、茶摘みの際に撮影したものです。

a0254656_17324821.jpg弊社の敷地の周りは、「有機栽培のお茶」を生産する茶畑が隣接しています。
茶畑のすぐとなりには、私が栽培している野菜の畑、エゴマの栽培地、そして『利平栗』の栗林もあるのです。
お茶を有機栽培をするには、農薬・化学肥料の厳しい基準があり、もしそのようなものが検出されると、その茶畑は3年間は有機栽培として認められません。

a0254656_17315107.jpgそこで、ここ(株式会社旬援隊の敷地内)では、全ての作物を無農薬、無化学肥料で栽培しています。自給自足のための野菜や果樹たち、そして生産し出荷を目的としている『利平栗』や『水源キウイ』、『えごま』なども全て完全無農薬、無化学肥料で育てています。
写真は、花がほぼ咲き終えた『白えごま』です。
葉っぱは虫食いだらけです(笑)。

a0254656_17352069.jpgもちろん、農薬や化学肥料は一切使用しませんし、消毒も行いませんので、ここの『利平栗』の葉っぱも、ご覧の通り虫食いだらけです。

a0254656_17235874.jpg昨日、弊社の敷地内にある白の彼岸花(写真)が咲き始めました。
毎年決まってのことですが、この白の彼岸花が咲き始めると同時に、ここの『利平栗』が落ち始めます。
自然とはホント不思議なものです。

a0254656_17173928.jpg昨日より、利平栗の収穫(栗拾い)を始めました。
まだ、数えるほどしか落ちていませんでした。
栗は、落ちたものでないと、本当の美味しさになりません。
落ちてくるのを待つしかないのです。

a0254656_17454081.jpg『利平栗』は、とても大粒で丸みを帯びた形状をしています。
鬼皮の果頂部にうっすらと毛が生えていて、外観でもすぐにほかの栗と区別することができます。
しかし、果皮がとても固く、剥きにくいため、加工用としては使用されることは少なく、業務用として出荷してもむしろ通常の栗より安かったりもするのです。

a0254656_17411843.jpgでも、皮のむきにくさなんて、一度食べたら関係なくなっちゃいますよ!
栗の王様と称される利平栗は、他の栗に比べ甘みが強く、噛んだ時のあのホクホクとした食感と広がる甘味はたまりません!!

a0254656_17425974.jpg生産効率が悪く、管理も難しいため、生産量は年々減少して“幻の栗”とさえ言われています。
しかし、その美味さはまさしく“栗の王様”で、その『利平栗』を弊社では、完全無農薬、無化学肥料で育てているのですから、毎年完売する大人気商品となっているのです!

a0254656_17461423.jpg「FLCパートナーズストア」では、弊社オリジナルブランドの『自然栽培で育てた利平栗』を、今年も販売大好評販売中です。
大粒、中粒共に定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、ご注文(ご予約)はお急ぎ下さい!

a0254656_17475243.png熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、本日紹介した自然栽培で育てた『利平栗』以外にも、たくさんの熊本の旬の食材を販売しています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをのぞいてみてください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-09-15 17:49 | FLC | Trackback | Comments(0)

米作りへの挑戦!実るほど首を垂れる稲穂かな!になり始めました!初の米作りにしては順調ですが課題も!

FLC日記 2018年9月13日(木) くもり一時雨
人生初の米作り!
出穂後、早いものは、稲穂が頭を垂れ始めました!
a0254656_18105369.jpg


a0254656_18121896.jpgここは、熊本県菊池市原(はる)、伊牟田地区にある、今年より私が米作りに挑戦している山奥の田んぼです。
棚田の一枚をお借りして、平成30年より、完全無農薬、完全無化学肥料栽培で、米作りを始めました。

a0254656_18133900.jpgここは、本当に山奥で、イノシシやアナグマなどの野生動物もたくさんいます。
イノシシは、ドロ浴びに田んぼに侵入したり、稲穂が膨らみ始めると、その稲穂を食べに来ます。

a0254656_18145289.jpgそこで、電柵をはり、夜間は電流を流してイノシシ対策をしました。
少しでも、草などが電線に触れると、漏電し電流が流れません。
昨日、再度、下草を刈り、イノシシ除けの電線がしっかり機能するよう施しました。

a0254656_18165188.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私こと笠泰紀は、今年から、初めての米作りに挑戦しています。
こうして見ると、順調に育っているように見えますが、ここは熊本県菊池市、菊池水源の山奥です。

a0254656_18191734.jpgその名の通り、水の源(みなもと)にある地区で、1級河川の菊池川へと流れ込む、山から湧き出る水が田んぼのすぐ横にもあるんです。
ですから、とにかく水が冷たいんです!

a0254656_18214011.jpgこちらは水口(みなぐち:給水口)の様子です。
この田んぼへはすぐ横を流れる井手からパイプを使って給水しています。
冷たいままの水を入れているのです。

a0254656_18290927.jpg水口付近は、水が冷たすぎ、稲がうまく成長していません。まず、分けつが少なく、成長も遅いんです。
この写真で見ても、手前の水口付近と、奥の方とでは明らかに稲穂の成長、勢いが異なります。
本日のブログの冒頭で、稲穂が頭を垂れ始めているとお伝えしましたが、この辺りはまだなんです。

a0254656_18323817.jpg今、やっと花が咲き始めています。
しかも、籾がぎっしりとついているとは決して言えない状況なんです。
来年への課題その1
水口の冷たい水対策です!

a0254656_18415960.jpgこの田んぼは、本来は右側の三日月の部分まであるんです。
しかし、ここに今年は田植えをしませんでした。
この部分が湿地帯となっているからです。

a0254656_18435987.jpgこちらは反対側から撮った写真です。
田んぼとその湿地帯とは畔なみで仕切っていますが、田んぼと同じくらい水が溜まっています。
左側を先ほど紹介したのとは別の井出が流れていて、田んぼとの境はブロックを積み上げ仕切ってあるのですが、熊本地震の影響で亀裂が入り、水がしみ出してきています。
来年は、きちんと整備して、この部分でもお米が育てられるようすること!
これが2番目の課題です。

a0254656_18590505.jpgこちらは「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の本社社屋です。
1500坪ほどの敷地に加え、近隣の農家さんに農地も借り、オリジナルブランド商品として販売するための作物に加え、自らの自給自足のために、様々な作物を育てています。

a0254656_19084759.jpg敷地内の自給自足用の畑の一部と利平栗の栗林、左奥はえごまを栽培している畑です。
えごまはその種子からえごま油を作り、販売しています。
今年も順調に成長しています。

a0254656_19113645.png本日のブログでは、私の米作り1年目の現在の様子を紹介しましたが、株式会社旬援隊の本業は、匠の農家さんたちが育てる、“本物”と呼べる食材のネット販売です。
各種フルーツ、新鮮野菜、お米、加工品などなどを「FLCパートナーズストア」と言うショップ名で販売しています。

a0254656_19125757.jpg特に、熊本の最旬フルーツは弊社の大人気商品です。
弊社で販売する、商品は全て、私がその栽培地に伺い、年間を通してその成長の様子や、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、毎日更新するこのブログを中心に紹介しています。

a0254656_19153731.jpgそして今年も、弊社のオリジナルブランド商品!自然栽培で育てた『利平栗』の出荷もまもなくスタートします。
写真は本日のもので、少しづつ落ち始めました。
農薬や化学肥料を一切使用せずに育てているので、ある程度の収量があってから、その中から選び出し出荷します。
栗の王様と呼ばれる『利平栗』を、無農薬で栽培しているのは少なく、毎年必ず完売する大人気商品です。

a0254656_19183626.jpgぶどう、梨、いちじく、そして種なしかぼす(写真)など、いずれも、“匠”と呼べる農家さんが育てた逸品です。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページものぞいてみてください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村
by flcps | 2018-09-13 19:21 | FLC | Trackback | Comments(0)

菊池水源の夏満喫!(2018その1) 井手ベンチャー&囲炉裏で宴会、大場堰(おおばぜき)での川遊び!

FLC日記 2018年9月3日(月) 晴れ

a0254656_17270864.png熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊は、匠の農家さんたちが育てる“本物”と呼べる食材を、インターネットを通じ、全国のお客様にご紹介する会社です。
また、弊社の敷地内で、無農薬・無化学肥料で育てる農作物や、烏骨鶏のタマゴも同じく販売しています。
a0254656_19191455.jpg
株式会社旬援隊は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にその本社所在地があります。
写真は、本社社屋です。

a0254656_17295909.jpg一昨日、昨日(9/1~9/2)と、この山奥に、私(株式会社旬援隊代表取締役 笠泰紀)の熊本県立鹿本高校の同窓生がやってきて、菊池水源を満喫する楽しい時間を過ごしました!

a0254656_17341584.jpgこちらは、8月14日に開催した、熊本県立鹿本高等学校大同窓会1988の際の集合写真です。
この時だけでは、飲み足りない仲間たちが、家族と共にやってきたのです。

熊本県立鹿本高等学校大同窓会1988の様子はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


a0254656_17394658.jpgこちらが社屋内にある囲炉裏です。
実は、9月4日が私の誕生日で、クラッカーと黒霧島(芋焼酎)で、ちょっと早めのお祝いをされてしまいました。
全く予想していなかったことで、めちゃくちゃ、すごく、たいぎゃ(熊本弁:とても)嬉しかったです!

a0254656_17533099.jpg集合時間になると、続々と集まってきます。
この星子聡志さん、真智子さん(同窓生)、喬介くん、絢香さんファミリーは、実は6年前にも来ています。
6年の月日は、子供たちを大きく成長させるものです。

a0254656_17563760.jpgその後、場所を移動して、水源地区を流れる、通称「原井手(はるいで)」を、カヤックで下る井手川下り『井手ベンチャー』です。
先ほどまでの土砂降りが嘘のように雨が上がり、まずまずのコンディションとなりました。

a0254656_18010291.jpg九州で唯一の井出を使ったアトラクション、原井出下り『井手ベンチャー』は、NPO法人『きらり水源村』が、運営しています。
橋をくぐり、トンネルを抜け、時には急流にカヤックを任せて進みます。
大人も子供も楽しめる、超人気アトラクションです。
そのスピード感をご覧ください!!
a0254656_19441144.jpg

詳しい情報は、きくちふるさと交流館のホームページをご覧ください!


a0254656_18081243.jpgきらり水源村に集合後は、スタート地点まで、10分ほど歩きます。参加者は14名。
星子ファミリー4名、田上ファミリー3名、詠ちゃん、宇都宮さん、斎藤さん、純子ちゃんとそのご主人(福原洋一郎さん)、木村圭介くん、圭志くん親子です。

a0254656_18121013.jpg今回のこのイベントで、囲炉裏を囲んでの宴会のための買い出しから準備を手伝ってくれ、私に誕生日のサプライズをしてくれたのが、田上誠子さんとその娘さんたち(琉花ちゃん、仁菜ちゃん)、そして原賀詠子さんです。
本当にありがとうございました。

a0254656_18191620.jpgヘルメットにライフジャケットを身に着け、NPO法人『きらり水源村』の松崎勝己さんが、丁寧に注意事項を説明しています。
しっかりと安全面も考慮された、大人も子供も大いに楽しめるアトラクションです。

a0254656_18232749.jpg
▲1番艇/星子聡志さん、星子喬介くん

a0254656_18251290.jpg
▲2番艇/星子真智子さん、星子綾香さん

a0254656_18264819.jpg
▲3番艇/斉藤美香さん、宇都宮勝美さん

a0254656_18303141.jpg
▲4番艇/木村圭介くん、木村圭志くん

a0254656_18321321.jpg
▲5番艇/原賀詠子さん、田上仁菜ちゃん

a0254656_18341283.jpg
▲6番艇/田上誠子さん、田上琉花ちゃん

a0254656_18345782.jpg
▲7番艇/福原洋一郎さん、山下純子さん夫妻
※名前は旧姓で表記しています。

a0254656_20560725.jpgもう何度も「井出ベンチャー」を体験している私は今回、宴会場の囲炉裏の準備のため、参加しませんでしたが、戻ってきたみんなの顔を見ると、大満足の様子!
すごく面白く、楽しかったとのことでした。

a0254656_18372730.jpg大急ぎで戻ると、そこに同窓生の佐々木三枝子さんがすでに到着していました。
「本当にここなのか不安だったよぉ~!」とのこと!

a0254656_18440066.jpg8月14日の大同窓会には参加できなかったのですが、今回のこの会のことを伝えると、福岡からお越しいただいたのです。
「来てもらって早々に悪いけど、宴会の準備手伝って!」と私。
同窓生はなんでも話したり頼めたりできて、ありがたいし、心地良いですね!

a0254656_18482321.jpg井手ベンチャー組が帰ってきたころには、続々と宴会から参加の同窓生が!
右から2番目は、森本昌資くんです。
集まった者から、どんどんと乾杯が繰り返されています。

a0254656_18574064.jpg
▲メイン会場!囲炉裏の部屋!

a0254656_18591164.jpg
▲サブ会場!たこ焼き製造チーム!

a0254656_19013593.jpg
▲井上智行、中島由紀子夫妻、長迫貴もやっと来場!
なんで、智行は腹出してんの?(笑)

a0254656_19040111.jpg
▲まだまだ、お料理や片づけを手伝てくれている4名!

a0254656_19055252.jpg
▲たこ焼きも良い感じに焼けてます!
後はイケメン男子中学生とピースサインをしている広瀬美佐さん!

a0254656_19112472.jpg
▲遅れてきた分、俺たちがジャンジャン焼くけん、ジャンジャン食べて!

a0254656_19133093.jpg
▲さらに遅れて、木庭睦美さんも来てくれました!

a0254656_19335920.jpg
山崎栄介くんも来ました!
大同窓会に参加できなかった佐々木さんも、最初は緊張していましたが、本当に楽しんでくれていたようです。
これで、全員集合!(計21名!)

a0254656_19185562.jpg
▲「俺、まだたこ焼き食べとらんけんよろしくぅ~」
この一言が悲劇の始まりでした。

a0254656_19195199.jpg
▲タバスコ入りのたこ焼きに悶絶する私!

a0254656_19232698.jpg
▲それを救ってくれたのが、このチーズケーキ!
真智子さんの娘さんの絢香ちゃんが、なんと、ここにあった材料で、作ってくれました。
あまり甘いものを食べない私も、すごく美味しくいただきました。

a0254656_19263549.jpg
▲やっと、ゆっ子ちゃんの正面の写真発見!

a0254656_19280405.jpg
▲ん?椅子の数と人の数が合わないんですが・・・
どうやって座ってんの?(笑)

a0254656_19292411.jpg
▲いつも、楽しく、良い飲みっぷりの2人!
この日も完全燃焼です!(笑)

a0254656_19421007.jpg
▲この日初めて会った、同窓生のご主人や子供たちともすぐに打ち解けあい良い感じです!

a0254656_19410780.jpg
▲みんな思い思いに、楽しい時間を過ごしました。

写真はありませんが、最後は大ジャンケン大会でさらに盛り上がり、お開きとなりました。
楽しすぎて、ホントあっという間の時間でした。
またぜひ開催しよう!

a0254656_19504916.jpgその日、子供たちと一緒に来てた田上ファミリーと、詠ちゃん、そして星子ファミリーはそのままここに泊まりました。
私が7時には烏骨鶏たちにエサをあげて戻ってくると、朝食の準備をしてくれていました。
ホント感謝です!

a0254656_19551590.jpg星子ファミリーも起きてきました。
朝食は、ご飯と豚汁、たのちゃんとこの娘たちが作ってくれた玉子焼き!
真智子さんは、まだ寝とくぅ~!とのこと(笑)。

a0254656_2024502.jpgそれから、みんなで大場堰(おおばぜき)に川遊びに行きました。
エメラルドグリーンの天然のプールがあります。
無茶をしなければ、あまり危ないとこもないので、子供も十分に楽しめます。
なんといってもメインはこのつり橋!
水面までは、7mほどもあるんですが、みんな橋を乗り越え水面にダイブすんですよ!!

a0254656_19573794.jpg問題は、川の水の冷たさです!
ここは、菊池水源!
1級河川、菊池川の川の源の地区です。
とにかく、川の水が冷たすぎるんです!

a0254656_20035012.jpgそれでも、一緒に行った大人は誰も泳がないのに、一番はしゃいでいるまもなく49歳となる私!(笑)
もちろん、あの橋からもダイブしましたよ!

a0254656_20052073.jpg
残念ながら、水しぶきしか写っていません!

a0254656_20061047.jpg
喬介くんも続きました!

a0254656_20135551.jpg
絢香ちゃんも見事なダイブ!

a0254656_20080125.jpgさすがに、たのちゃんとこの娘ちゃんたち2人は、橋の上からは飛べませんでしたが、初めての川遊びを楽しんでくれたようです。
いつかまたぜひ来て、その時はぜひダイブしよう!

a0254656_20573875.jpg
橋の上のたのちゃん!

a0254656_20150062.jpg
橋の上の詠ちゃん!
「私たちも水着さえ持って来とったら、飛ぶのにねぇ~!」と、強がり、その体の写真だけをとっていたようです。

a0254656_20180289.jpgさすがに、年甲斐もなくはしゃぎ過ぎました。
一度、川から上がると、寒くてもう入れません!
震える身体をひなたぼっこで温めています。

a0254656_20201648.jpgさてさて、みんなで川遊びを満喫した後は、そろって食事に行くことにしました。
菊池の隠れた名店!
本格的な溶岩石窯焼きピザ専門店「マローネ・ストラーダ」です。

a0254656_20280760.jpg
本格的なイタリアンピッツァは、文句なしの美味さ!
(pyoto by AYAKA)

a0254656_20285077.jpg
パスタも始めました!
(pyoto by AYAKA)

a0254656_20325262.jpgさて、食事を終えると、星子ファミリーとは、再会を誓いここでお別れです。
ハハハッ!
真智子さん!良い笑顔です!
喬介くんと絢香ちゃんがいてくれたんで、俺も大場堰ではしゃぐことができ、感謝です!(笑)

a0254656_20320003.jpg夏休みの最後の2日間を、楽しく過ごすことができたかな?
まぁ、でも、今回も一番楽しんでいたのは、間違いなくこの私でしょう!
たのちゃん、琉花ちゃん、仁菜ちゃん、そして詠ちゃん!

a0254656_20435697.jpg準備から後かたずけまで、ホントにありがとうございました。
次回開催の際も、ぜひよろしくお願いします(なんちゃって!)
最後はお気に入りのこの一枚で!
本日のブログは、鹿本高校の同窓生と菊池水源の夏満喫!の様子でした。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-09-03 20:46 | FLC | Trackback | Comments(0)

利平栗 無農薬・無化学肥料で育てた栗の王様「利平栗」 平成30年度の先行予約受付スタート!!

FLC日記 2018年8月31日(金) くもり時々雨
本日より、平成30年度の栗の王様『利平栗』の先行予約の受付をスタートしました。
「FLCパートナーズストア」のオリジナルブランド商品の『自然栽培で育てた利平栗』は、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた『利平栗』です。
※但し、出荷は9月中旬以降の収穫ができ次第、ご注文順となる旨、予めご了承ください!
a0254656_16500489.jpg


a0254656_16510457.jpg大変ありがたいことに、今までの弊社の『利平栗』をご購入いただいたことのあるお客様からは、ホームページでの受付をスタートする前から、多久団のお電話を頂戴しご予約を賜っています。
弊社の電話対応が遅れる場合がありますので、今年は8月中にホームページでの受付をスタートしました。

a0254656_16400815.jpg毎年、完売する大人気商品で、今年もすでにたくさんのご予約を頂戴しています。
とてもリピート率が高いのは、やはりその美味しさと、無農薬・無化学肥料の安全性からのようです。
ですから、葉っぱはご覧の通り虫食いだらけですけどね!(笑)

a0254656_17593901.jpg『利平栗』は、食感がとてもホクホクとしていて良い上に、“栗”本来が持つ甘味も強く、とても美味しい栗で、「栗の王様」と呼ばれています。
香りも強く、茹で栗でも絶品ですが、渋皮煮にしてもバツグンの美味しさです。
しかも、完全無農薬、完全無化学肥料で育てられた、大変貴重な『利平栗』です。

a0254656_16435816.jpg今年も、収穫した中から、大きなものだけを選び抜いた“大粒”の2kg入りと、大変お買い得な“中粒”の2kgをご用意しました。
ただし、数量限定の完全予約制販売!!
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
早い者勝ちですよ!

↓今すぐ購入(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!↓
「FLCパートナーズストア」
『自然栽培で育てた利平栗』


a0254656_16574496.jpgこちらが現在の様子です。
『自然栽培で育てた利平栗』は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の敷地内で育てています。
現在はまだ、イガも青々としています。

a0254656_17083706.jpg『利平栗』は“栗の王様”、“幻の和栗”などと称されていて、ホクホクとした食感がとてもよく、さらには栗本来が持つ甘味も強く、とても美味しい栗です。
茹でた栗の皮をむき、そのまま食べるのも美味しいですが、栗おこわ(栗ご飯)、渋皮煮、栗きんとんなどでも抜群の美味しさです。

a0254656_17105789.jpg『利平栗』は、管理が難しく、生産量も年々減少しています。
その大きな要因は、生産効率の悪さです。
『利平栗』のイガは、一般的な栗に比べて、2回りほど大きくなります。

a0254656_17150739.jpgこちらは、収穫を迎えたころの様子です。とても大きなイガにも関わらず、中に入っているのは、栗の実が1つだけのことも多々あります。
もちろんここ(株式会社旬援隊)でも、なかなかたくさんの量は収穫できません。

a0254656_17210715.jpgしかも、弊社で販売しているのは、完全無農薬、完全無化学肥料で育てた、大変貴重な『利平栗』です。
こちらは、10日ほど前に、同じく弊社で栽培している『エゴマ』の土寄せ作業をした際の写真です。
右側にあるのが『利平栗』の栗林です。
ここには、5反(1500坪)の敷地があり、さらに近隣の畑も借り、様々な作物を育てていますが、それらは全て完全無農薬、完全無化学肥料栽培で、除草剤も一切使用していません。

a0254656_17164215.jpg『自然栽培で育てた利平栗』は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の敷地内で育てています。
こちらは、本社社屋です。

a0254656_17344016.jpg私がすべての作物を、無農薬、無化学肥料で育てるには理由があります。
ここ熊本県菊池市、菊池水源は日本有数の茶どころです。
こちらは、5月下旬に行われた、茶摘みの際に撮影したものです。

a0254656_17351121.jpg弊社の敷地の周りは、「有機栽培のお茶」を生産する茶畑が隣接しています。
茶畑のすぐとなりには、私が栽培している野菜の畑、エゴマの栽培地、そして『利平栗』の栗林もあるのです。
お茶を有機栽培をするには、農薬・化学肥料の厳しい基準があり、もしそのようなものが検出されると、その茶畑は3年間は有機栽培として認められません。

a0254656_17375011.jpgそこで、ここ(株式会社旬援隊の敷地内)では、全ての作物を無農薬、無化学肥料で栽培しています。
『利平栗』もイガは元気に成長していますが、葉っぱはご覧の通り、虫食いだらけです。

a0254656_18101242.jpg『利平栗』は、とても大粒で丸みを帯びた形状をしています。
鬼皮の果頂部にうっすらと毛が生えていて、外観でもすぐにほかの栗と区別することができます。
しかし、果皮がとても固く、剥きにくいため、加工用としては使用されることは少なく、業務用として出荷してもむしろ通常の栗より安かったりもするのです。

a0254656_18115777.jpgでも、皮のむきにくさなんて、一度食べたら関係なくなっちゃいますよ!
栗の王様と称される利平栗は、他の栗に比べ甘みが強く、噛んだ時のあのホクホクとした食感と広がる甘味はたまりません!!

a0254656_18091088.jpg『利平栗』の美味しさは、誰よりもここの近隣に住む、野生動物が知っているようです!!
ここは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥なので、様々な野生動物がいます。
『利平栗』は、やはり美味しさが違うので、この辺りに生息する野生動物(特にイノシシ)が放っておきません。
イノシシは超グルメで、『利平栗』と他の栗が落ちていても、イノシシは決まって『利平栗』だけを食べるんです。
イノシシは、『利平栗』の美味しさを知ってるんですね!

a0254656_18124488.jpgこれが野生のイノシシです。
数年前には、あまりの被害のひどさを心配して、知り合いの猟師さんがわなを仕掛け捕獲してくれました。
今年もイノシシに食べられないように、夜中も栗拾いをして、きちんと出荷分は確保しようと思っています。

a0254656_18180337.jpg生産効率が悪く、管理も難しいため、生産量は年々減少して“幻の栗”とさえ言われています。
しかし、その美味さはまさしく“栗の王様”で、その『利平栗』を弊社では、完全無農薬、無化学肥料で育てているのですから、人気があるのもお解りいただけますよね!

a0254656_18205703.jpg「FLCパートナーズストア」では、弊社オリジナルブランドの『自然栽培で育てた利平栗』を、今年も販売大好評販売中です。
大粒、中粒共に定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、ご注文(ご予約)はお急ぎ下さい!

a0254656_17460512.png熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、本日紹介した自然栽培で育てた『利平栗』以外にも、たくさんの熊本の旬の食材を販売しています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをのぞいてみてください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-31 17:49 | FLC | Trackback | Comments(0)

米作りへの挑戦!出穂の様子!初めての米作りで花咲く様子は感動です!

FLC日記 2018年8月29日(水) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私こと笠泰紀は、今年から、初めての米作りに挑戦しています。
8月24日(金)私の田んぼの稲が、出穂しました。
a0254656_17361818.jpg
苗より穂が出てきて、花が咲きました。
この白い糸のようなものが、お米の花です。

a0254656_17373963.jpg正確に言えば、今見えている、先ほど紹介した白い糸くずのようなものは、雄しべです。
お米の花の開花時間は非常に短く、午前中に開花し、お昼頃には閉じてしまいます。

a0254656_17484625.jpg籾(もみ)はそうやって閉じてしまうので、この白いものは閉じたあとに残された雄しべです。
開花している間に、穂の先から、小さな花が咲いて、 葯(やく)から花粉が飛び出します。
柱頭にくっついた花粉が発芽し、花粉管を伸ばし、花粉の中の核を子房内の卵に届けます。
そうして受精したお米が大きく成長していくのです。

a0254656_17504401.jpgここは、熊本県菊池市原(はる)、伊牟田地区にある、今年より私が米作りに挑戦している田んぼです。
棚田の一枚をお借りして、平成30年より、米作りを始めました。

a0254656_18041685.jpg田んぼや会社がある、このあたり一帯は、「菊池水源」と呼ばれていて、1級河川の菊池川の支流で、まさに“水の源(みなもと)”!
菊池川に最初に流れ込む清らかで新鮮な水がある地域です。

a0254656_18172802.jpg株式会社旬援隊は、そんな菊池水源のさらに山奥にあります。これが本社社屋です。
目の前にある舗装道路は、まもなく砂利道となり、いずれは行き止まりとなるほどの山奥です。
ですから、ここより山奥には誰も住んでいません。

a0254656_18201624.jpg敷地は1500坪ほどあり、その中でオリジナルブランド商品として販売するための作物に加え、自らの自給自足のために、様々な作物を育てています。

a0254656_18214774.jpg今年もたくさんの夏野菜が採れました。
トマトにゴーヤ、キュウリにナス、ピーマンです。
でも、野菜だけでは自給自足はできません。
主食が必要です。
ですから、どうしてもお米を作りたかったのです。

a0254656_18242792.jpg田植えの様子です。
近隣の農家さんにこの棚田を借りることができ、今年から米作りを始めました。
田植え機はないので、なんと手植えでの田植えです。

a0254656_18270027.jpgここは標高が高いため、本来なら6月上旬に田植えを行うのですが、急に米作りをすることになり、7月上旬に田植えをしました。
1ヶ月ほど遅いので新派でしたが、なんとか分けつを繰り返し、8月中旬には随分と田んぼらしくなりました。

a0254656_18301438.jpg毎日、田廻りを行い、水の管理をしながら日々稲たちに話しかけながら育ててきました。
私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_18403978.jpg弊社で販売している熊本の美味しいお米、や雑穀米や発芽玄米、それに米粉などを生産する農家さんたちの米作りの様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18393691.jpgこちらは、私に今年苗を提供いただき、米作りをご指導いただいている、「健康農園」の堤公博さんの田んぼの現在の様子です。
種まきから苗床作り、田植えや稲の成長の様子、出穂、頭を垂れ実る様、稲刈りなどなど、しっかり取材してきましたが、やはり“見る”と“する”では大違いです。

a0254656_18472557.jpgここは水の源の地域で、極端に水が冷たいため、給水口あたりの発育が思うようにいきませんでした。
今年は、まずやってみる!でスタートしましたので、来年は田植えの時期、水の管理などなども今年の経験を活かして反映させていきたいと思っています。

a0254656_18565225.jpg1年目の米作りで、こうして元気に花が咲いているのを毎日見ていると、なんだかとてもうれしくなりすごく感動します!
まだ花が咲いたばかりで、これから収穫(稲刈り)まで、きちんと育てていかねばなりませんのでこれからも頑張ります。

a0254656_18342775.png本日のブログでは、私の米作り1年目のお米の花咲く様子を紹介しましたが、株式会社旬援隊の本業は、匠の農家さんたちが育てる、“本物”と呼べる食材のネット販売です。
各種フルーツ、新鮮野菜、お米、加工品などなどを「FLCパートナーズストア」と言うショップ名で販売しています。
a0254656_18044762.jpg
特に、熊本の最旬フルーツは弊社の大人気商品です。
弊社で販売する、商品は全て、私がその栽培地に伺い、年間を通してその成長の様子や、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、毎日更新するこのブログを中心に紹介しています。

a0254656_19293197.jpg大人気の、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』は、いよいよ今年の販売予定が少なくなってきました。
ご注文はお急ぎ下さい!
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、早い者勝ちです!

a0254656_19040537.jpgその他には、無農薬で育てた朝採りの『フレッシュブルーベリー』、こだわりの『樹上完熟梨』、山あいの『甘熟いちじく』も大好評販売中です。
いずれも、“匠”と呼べる農家さんが育てた逸品です。
梨のサラブレッド『あきづき(秋月)』(写真)の販売もスタートしました!
ぜひ、下記ホームページよりチェックしてみてください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-29 19:06 | FLC | Trackback | Comments(0)

利平栗 無農薬栽培の『利平栗』 生理落果がはじまり収穫及び出荷は今年も9月中旬から!(2018)

FLC日記 2018年8月18日(土) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、熊本県菊池市、菊池水源で、こだわりの無農薬・無化学肥料栽培で育てた、弊社オリジナルブランド商品の栗の王様『利平栗』をネット独占販売いたします。
a0254656_16491497.jpg


a0254656_17223229.jpg収穫及び出荷スタートは、今年も9月中旬からの予定です。
現在は、ホームページでの受付を行っていませんが、すでにお電話でのご予約を多数頂戴していますので、本日のブログでは、現在の成長の様子を中心に紹介いたします。

a0254656_17374980.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、株式会社旬援隊の敷地内にある栗林です。
今年も順調に着果し、成長しています。
現在は生理落下の真っ最中です。

a0254656_17381987.jpg8月上旬の時期から、毎年、生理落下が始まります。
この時期の生理落下は、後期の生理落下です。
生理落果とは、風や病害虫など果実の外側からの原因により落果するのではなく、果実側の原因によって落果してしまうというものです。

a0254656_18194761.jpgここは、熊本県と言えども標高の高い寒冷地です。
6月の下旬に栗の花が満開となります。
栗の花は、独特な香りがするので、苦手な方も多いかもしれませんね!
でも、その香りに誘われて、多くの虫たちがやってきて、受粉ができ栗が実るのです。
花が咲き終わると着果です。

a0254656_17412569.jpg7月上旬の着果間もないころにおこる早期落果は、雌花が小さかったり、その枝が細かったり、梅雨時期の日照時間の短さで起こりますが、後期落果は果実が上手くできない栗におこる現象です。
(写真中央のイガの色が抜けているもの)

a0254656_17391772.jpgこちらは現在の様子です。
今年も、順調に成長しています。
現在は大きなもので、ソフトボールほどの大きさになっています。
ちょっと足元を見てみましょう!

a0254656_17401805.jpgこれらが、生理落下で落ちた栗のイガたちです。
栗の生理落下する果実は、落ちるべきして落ちるもの!
むしろ、きちんと落ちてもらわないと困るのです。
そうでなければ、小さな栗がたくさん実ることになるので、果樹の判断でしっかり落としてもらい、美味しくて大きな栗を育てたいと思っています。

a0254656_17412795.jpgこの時期に生理落下で落ちている栗は、ご覧の通り小さいです。
毎年の経験からして、テニスボールほどの大きさまで成長しているものだと、生理落下は起きないように感じています。

a0254656_17422548.jpg現在、栗たちの樹勢は元気に保たれています。
的確な時期に、的確な量の肥料を与えないと、樹勢が弱り生理落下も起きやすいので、農薬や化学肥料を一切使用しない分、有機肥料をその的確な時期に、的確な量与えてきたので、今年も樹勢はとても良いようです。

a0254656_17432463.jpgここでは、農薬や化学肥料を一切使用せずに、『利平栗』をはじめ全ての作物をを栽培しています。
それにはきちんとした理由があるんです。
弊社の利平栗の栗林や畑は、ブランド茶の『菊池水源茶』の茶畑と隣接しています。

a0254656_18341641.jpgこちらは茶摘みの様子です。
この茶畑は、「碾茶」と言って、抹茶の原料となるお茶を栽培しています。
有機栽培のお茶には、とても厳しい基準があり、農薬・化学肥料・除草剤などの使用ができません。
もし、何かしら検査で検出されたなら、それから3年間は有機栽培のお茶としての出荷ができないのです。

a0254656_18355262.jpg弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」でも好評発売中の菊池水源茶、有機抹茶『雲上の白』が、有機抹茶として販売できるように、茶畑に隣接しているここの敷地では、一切農薬も化学肥料も除草剤も使わずに、『利平栗』をはじめ様々な作物を育てています。

a0254656_17442406.jpgちなみに、本日、土寄せ作業を行った、『利平栗』のすぐ横の畑で栽培する『エゴマ』も完全無農薬、完全無化学肥料栽培です。
ですから、当然葉っぱは虫食いだらけです。
エゴマのお話は、また後日詳しく紹介いたします。

a0254656_18292153.jpg『利平栗』は、とても大粒で丸みを帯びた形状をしています。
鬼皮の果頂部にうっすらと毛が生えていて、外観でもすぐにほかの栗と区別することができます。
しかし、果皮がとても固く、剥きにくいため、加工用としては使用されることは少なく、業務用として出荷してもむしろ通常の栗より安かったりもするのです。
でも、皮のむきにくさなんて、一度食べたら関係なくなっちゃいますよ!

a0254656_17205158.jpg栗の王様と称される利平栗は、他の栗に比べ甘みが強く、噛んだ時のあのホクホクとした食感と広がる甘味はたまりません!!
シーズンになると、栗ご飯は私にとって何よりのごちそうです(笑)。

a0254656_18585327.jpg1粒が大きくても、イガの中にはたった1粒だけしか入っていないことも多く、生産効率が悪いため栽培している農家さんも年々減少しているようです。
そのため、「幻の栗」と言われることも増えてきました。
その「幻の栗」を、完全無農薬、無化学肥料で育てているのですから、人気があるのもお解りいただけますよね!

a0254656_19003608.jpg「FLCパートナーズストア」では、毎年、大粒サイズと小粒サイズの無農薬、無化学肥料で栽培した『利平栗』を販売しています。
大変ありがたいことに、毎年ご購入いただくお客様も多く、決まって毎年完売する大人気商品です。

a0254656_19013196.jpg『利平栗』の販売(出荷)は、毎年9月中旬からで、予約の受付は、8月下旬よりホームページで行っています。
※現在は、ホームページは“完売”とさせていただいていています。

a0254656_19022521.jpgしかし、「今年も、どうしてもあの『利平栗』が食べたいから!」と、早々にお電話を頂戴し、予約をいただくお客様も多く、お電話でのみ受注(予約)を承っている状態です。
詳しい情報は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページより『自然栽培の利平栗』のページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村
by flcps | 2018-08-18 17:47 | FLC | Trackback | Comments(0)

熊本県立鹿本高等学校 同窓会1988 卒業30年目の大同窓会!

FLC日記 2018年8月15日(水) 晴れ時々くもり一時雨

a0254656_16334945.jpg熊本県立鹿本高等学校の1988年卒の、大同窓会を昨日開催しました。
本当に、よく飲んで、よく笑った、最高の同窓会になりました。
本日は、その様子を写真を中心にご紹介します。
※株式会社旬援隊やFLCパートナーズストアとは関係ない、個人的なブログとなりますので、今日のブログは興味のある方だけご覧ください!!

日時:2018年8月14日(火) 18:00~
場所:熊本県山鹿市 「ゆとりろ山鹿」さん
a0254656_16363677.jpg
▲参加者全員での集合写真
参加人数:126名(内先生方6名)

受付~開演までの様子
写真のキャプションは、私が勝手につけました。
無礼講と言うことで、お許しください!
a0254656_16393727.jpg
▲受け付け その1
a0254656_16433227.jpg
▲ハイハイ!並んで~! その1(あっ!林さん!隠れたなぁ~)
a0254656_16425942.jpg
▲きたぁ!これで盛り上がること間違いなし!
a0254656_16463798.jpg
▲どうせなら上から撮ってよ!と、3段ほど階段を降りる4名(笑)
a0254656_16434794.jpg
▲ハイハイ!並んで~! その2
a0254656_13393913.jpg
▲早めに来た野球部とマネージャー!(ごめんピントずれてる!)
a0254656_16480884.jpg
▲はい!その笑顔頂きました! その1
a0254656_16452664.jpg
▲受け付け その2
a0254656_16502014.jpg
▲男子にお尋ねします!みっちゃん派?てる派?
a0254656_16504070.jpg
▲え?!私たちは?とのこと(ジョーク) みはる派?のじゅん派?
a0254656_16511372.jpg
▲同窓会に大輪の花が咲きました!
a0254656_19050469.jpg
▲金屏風の前でポーズをとるコアラマスクと美女軍団!(笑)
a0254656_16524328.jpg
▲はい!その笑顔頂きました! その2
a0254656_16544213.jpg
▲隙あり!なんとも不自然な表情の2人!(笑)
a0254656_16533017.jpg
▲俺の8組男子の参加率、少なッ!写真+平野と俺(笠)
a0254656_13385099.jpg
▲お待たせしました!まもなく大同窓会のスタートです!

▼開会あいさつ(笠泰紀)
a0254656_16575401.jpg

▼乾杯(山川高風)
a0254656_16582903.jpg


1次会の様子
a0254656_17480846.jpg
▲かんぱぁ~い!
a0254656_17030093.jpg
▲1組 ※ごめんピントずれてる!
河村二郎、坂口浩、園村潤司、寺田拓央、長迫貴、山崎公彦、泉純子、小川直美、蒲島綾、木庭睦美、坂本さゆり、芹川尚子、高松和代、戸上真由美、古川奈美、辺春正顕先生
a0254656_17553211.jpg
▲2組 ※ごめんピントずれてる!
上川泰昭、江口靖志、山川高風、池崎綾、酒井奈都美、田中陽子、中村祐子、稗島真由美 、福山敦子、松本葉子、草尾文隆先生
a0254656_18013904.jpg
▲3組
池上秋広、坂本剛、坂本隆治、新堀孝典、瀬田浩明、立山三雄、続誠一朗、中原寿郎、平嶋明武、野中淳子、森智美、荒木孝洋先生
a0254656_18123365.jpg
▲4組 ※西もっちゃんの顔が・・・!後ほどあらためて!
功能宇治、坂口美治、仲田信也、中西浩司、西本朗、原誠也、廣田浩之、前田繁寿、森本幸弘、山部元司、小林弘恵、田中トモ子、原賀詠子
a0254656_18221235.jpg
▲1時間時間を間違えてやってきた、4組担任の池上英夫先生と鹿本高校イメージキャラの『シカもん』
a0254656_19071506.jpg
▲写真中央が西もっちゃん!
a0254656_18362242.jpg
▲5組 東登美子さんがいない!
石原史博、佐藤栄倫、仁田原武、丸山幸仁、宮脇英寿、森本昌資、浦田由美、角口佐由美、田上誠子、角田照代、中原美紀、中村史、野田奈美江、林和代、東登美子、松尾光子、瀬口富雄先生
a0254656_19074521.jpg
▲見つけました!写真中央が東登美子さん!
a0254656_18464937.jpg
▲6組
石井知甲矢、樺誠一郎、田木祐一郎、益田兼利、松山健太、山崎栄介、大塚美代、原留美、瀬口富雄先生
a0254656_19291085.jpg
▲7組
緒方一臣、木村圭介、原裕一、堀田英臣、松本神仁朗、三浦元信、宮野秀一、上原佐和子、宇都宮勝美、黒田基容子、阪本美智子、広瀬美佐、前田治美
a0254656_19341976.jpg
▲8組
津田誠、平野孝浩、前田洋和、笠泰紀、有働奈美、鬼塚和美、鴫山陽子、園木博美、高木良美、鳥巣里美、中満さとみ、信国美春、林真日ろ、福永江里、星子真智子、山下純子
a0254656_19371114.jpg
▲9組 ※ごめんピントずれてる!
岡田雅彦、片山新、前渕伸久、安藤浩美、上妻美紀
a0254656_19393980.jpg
▲10組 渕上裕樹くんがいない!!
石貫希生、稲富健一、井上智行、上原栄作、岡山聖志、吉良修一、小池秀一郎、香山純、田口健二郎、立山芳郎、渕上秀昭、渕上裕樹、古江敬一
a0254656_19075851.jpg
▲渕上裕樹くん発見!
左端!横顔しかも小さくてすみません!
a0254656_19454983.jpg
▲クラス写真には森川俊一先生がいなかったので紹介します。
a0254656_19552043.jpg
6名の先生方に参加いただきました。
高校生当時、大変お世話になった先生方へのお礼と、今回ご出席頂きました感謝の意を込め、花束とフルーツの贈呈

1次会のスナップ写真!
a0254656_19571709.jpg
▲先生!一緒に写真良いですか!
a0254656_19573217.jpg
▲会いたかったよ!平野~!30年ぶりの再会!
a0254656_19574843.jpg
▲めざましジャンケンポン!チョキとパーどっちでしょう?
a0254656_19584107.jpg
▲私が答えます!正解はチョキでした!(なんのこっちゃ!)
a0254656_19592287.jpg
▲そうよ!チョキよ!チョキ!文句あんの?(笑)
a0254656_19593855.jpg
▲おっ!懐かしいツーショット!
a0254656_19595634.jpg
▲お話し中すみません!笑顔頂いていいですか!
a0254656_20042319.jpg
▲さりげない1次会の様子
a0254656_22332858.jpg
▲鹿本中学校出身の中の4名がそろってたのをパシャリ!
a0254656_20043884.jpg
▲私たちはべっぴんピース!おいらはグー!
a0254656_13432555.jpg
▲ダメです!写真は事務所通してもらって良いですか?
a0254656_13295935.jpg
▲高校卒業後すぐはよく一緒に遊んでました!
a0254656_20045869.jpg
▲それにしても、昌資!黒ッ!
a0254656_20050925.jpg
▲みんないい顔してるぅ!!
a0254656_13411543.jpg
▲シカもん(中身は実は同窓生!)と一緒に!本当にありがとう!!

校歌斉唱
a0254656_20064428.jpg
▲オペラ歌手(山川光風)と音楽の草場先生&合唱部!
a0254656_20070927.jpg
▲みんなで大合唱!
a0254656_20074779.jpg
▲繁ちゃんはやっぱり盛り上げてくれるぅ~!
a0254656_20102947.jpg
▲校歌斉唱よりカメラ目線!&密談?
a0254656_20084783.jpg
▲仁田原!ちゃんと歌ってよぉ~!(笑)

閉会の挨拶と万歳三唱
a0254656_20123998.jpg
閉めは俺に任せとけぇ!
当日の挨拶指名にもかかわらずバシッと閉めてくれた続っくん!
a0254656_20131901.jpg
▲鹿本高校大同窓会1988にご出席いただいた皆さんと、
残念ながら出席できなかった同窓生みんなの、これからますますのご健勝と、
私たちの母校の鹿本高校の、ますますの発展を祈念しまして、
万歳!(万歳!) 万歳!(万歳!) 万歳!(万歳!)

a0254656_20134839.jpg
▲ホント、あっという間の2時間半でした!

退場までの間
a0254656_20162803.jpg
▲先生!もう一枚良いですか!!
a0254656_20172653.jpg
▲鹿本中学軍団?
a0254656_20175680.jpg
▲私たちを撮って!と言ってる様子を私撮る!

2次会の様子
「ティーチャーズ」さん、「バル&ダイニング 蔦」さん
※隣同士の2店舗、同時貸し切り!
a0254656_20184517.jpg
▲乾杯!上原栄作(それにしてもその腹すごいな!)
a0254656_20191578.jpg
▲早く飲もう!まだまだ話し足りません!
a0254656_20193011.jpg
▲カメラにすぐ反応するオペラ歌手!(笑)いいねぇ!!
a0254656_20204553.jpg
▲ちょっと!なんでこぎゃんすみっこで飲みよっと?
席のなかとたい!
a0254656_20210041.jpg
▲秋ちゃんめっちゃ楽しそう!
a0254656_20214657.jpg
▲さりげなく!パシャリ! その1
a0254656_20220175.jpg
▲2次会の司会は長迫貴と私(笠泰紀)
a0254656_20260867.jpg
▲隆治も盛り上げてくれてありがとう!
a0254656_20264197.jpg
▲テーブルを廻って! その1
10組の集合写真でいなかった、渕上裕樹くん!
右手前、正面の写真ありました。
a0254656_20265603.jpg
▲テーブルを廻って! その2
a0254656_20271153.jpg
▲テーブルを廻って! その3 ん?蒲島さん泣いてる?
a0254656_20280010.jpg
▲またまたすみっこで飲んでる!
a0254656_20274641.jpg
▲テーブルを廻って! その4
a0254656_20282001.jpg
▲テーブルを廻って! その5
a0254656_20284389.jpg
▲貴!めっちゃさわやかイケメンじゃねぇ?
a0254656_20284613.jpg
▲1次会の司会の廣田くんが、高校時代に比べて変わったで賞のグランプリを受賞!
廣田くん!1次会の司会ありがとうね!
a0254656_20290453.jpg
▲今ならいえる!あの当時好きでした!に名前が挙がった中の、丸山くんと真智子さん!
え?私を好きだった人がいるの?ご愁傷さま!(笑)と真智子さん!
a0254656_20292923.jpg
▲テーブルを廻って! その6
a0254656_20303298.jpg
▲テーブルを廻って! その7
a0254656_20304677.jpg
▲テーブルを廻って! その8
a0254656_20312515.jpg
▲テーブルを廻って! その9
a0254656_20314495.jpg
▲3-1ミーティング?
a0254656_20314716.jpg
▲笑顔頂きました!
a0254656_20320260.jpg
▲なんだかダブルデート?って感じ!(笑)
a0254656_20321263.jpg
▲テーブルを廻って! その9 山崎栄ちゃん起きてますか?(笑)
a0254656_20321568.jpg
▲テーブルを廻って! その6 の続き!
a0254656_20323741.jpg
▲秋ちゃん!楽しく歌ってるぅ!その横でウケてるたかちゃん!
a0254656_20324641.jpg
▲テーブルを廻って! その10 ごめんフラッシュいらんだった?(笑)
a0254656_20330686.jpg
▲テーブルを廻って! その11 良かった蒲島さん泣いてない!(笑)
a0254656_20331074.jpg
▲さりげなく!パシャリ! その2
a0254656_20352157.jpg
▲さりげなく!パシャリ! その3
栄ちゃんと岡田くんはカメラに反応!
a0254656_20353017.jpg
▲テーブルを廻って! その6 の続きの続き!
a0254656_20354200.jpg
▲きたぁ!繁ちゃんがいよいよマイクを握ったぁ!
a0254656_20362017.jpg
▲オーディエンスの期待も高まる!
a0254656_20363773.jpg
▲いよいよ、2次会もお開きの時間が近くなり!
a0254656_20365414.jpg
▲さすが繁ちゃん!最後にもうひと盛り上がり!
a0254656_20373738.jpg
▲そして、2次会の閉めは中西くん!
a0254656_20381007.jpg
▲2次会も、サイコーに楽しく終えました!
a0254656_20382516.jpg
▲ブラック&ホワイト!まるでオセロ!(笑)
昌資!まだまだそれくらいの黒さじゃ、カブトムシには勝ててないぞぉ~!
a0254656_20384031.jpg
▲なんとダーリンをお迎えに古村亜貴さんがぁ!
その後ろで野球部のマネージャーとの再会に満面の笑みの岡田くん!

3次会の様子
ミーティングの2次会でよく使っていたなじみのお店の「一梅」さんと
お隣の「BICTH」さんを2店貸し切り
※他、2店舗にも分かれて3次会スタート!
a0254656_20403200.jpg
▲私もママとはすっかり馴染みに!
家庭的な雰囲気の良いお店です!
a0254656_20393661.jpg
▲笠くん!飲んでるの?と、奥からむっちゃん!
a0254656_20402446.jpg
▲同窓会に来ることさえ悩んでいたというこの2人も3次会まで来てくれました!
a0254656_20410315.jpg
▲おいおい!どうした?盛り上がってる?
a0254656_20414964.jpg
▲真智子さん!何があった?
オレ!もうこの手を放さんけん!(by続っくん!(笑))
a0254656_20415627.jpg
▲秋ちゃんと飲むのは、ホント楽しいなぁ~!
a0254656_20421393.jpg
▲ハハハッ!なんだぁ~、ちゃんと盛り上がってるじゃん!
a0254656_20422187.jpg
▲やっぱりカメラにすぐ反応してくれるオペラ歌手!(笑)
a0254656_20425921.jpg
▲じゃぁ、そろそろプロのうたごえ聞かせていただきましょう!
a0254656_20431683.jpg
▲さすがぁ!ついついうっとり!
a0254656_20433565.jpg
▲さらに熱唱する、本木モードのオペラ歌手!
a0254656_20442924.jpg
▲プリンス&プリンセス
a0254656_20450916.jpg
▲さすがに手は放したけど、美女に囲まれご満悦の様子です(笑)
a0254656_20451291.jpg
▲真智子ねーさんに聞いてみよう!のコーナー!(笑)
a0254656_20452396.jpg
▲白に挟まれて、真ん中の黒が白に変わるぅ!って変わるか!(笑)
a0254656_20453877.jpg
▲平野のこの表情!(笑)
a0254656_18002582.jpg
▲どっちのお店も、盛り上がってるぅ!
a0254656_20460264.jpg
▲何があったの古江くん?(笑)
a0254656_20462053.jpg
▲オペラ歌手とツーショット その1
a0254656_20463452.jpg
▲オペラ歌手とツーショット その2
a0254656_20464177.jpg
▲俺たちのツーショットも撮って! その1
たかちゃんのこの表情、俺好きなんだよねぇ~!
a0254656_20465661.jpg
▲俺たちのツーショットも撮って! その2
a0254656_20475230.jpg
▲ツーショットはこうとるんだよぅ!
a0254656_20480296.jpg
▲それじゃぁ、俺たちも!
a0254656_20505568.jpg

鹿本高校を卒業以来初めて会う同窓生も多く、東京からもかけつけてくれました。
たくさんの笑顔でみんなに元気をもらいました。
やっぱり同窓生は良いねぇ~!!
今回参加してくれたみんな!本当にありがとう!!
参加できなかったみんなも、次回はぜひ!!

それではまた会える日まで!
アディオス!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-15 20:53 | FLC | Trackback | Comments(0)

米作りへの挑戦!田植えから1ヶ月後の様子!成長に差が出てるんです・・・

FLC日記 2018年8月6日(月) 晴れ時々くもり一時にわか雨
人生初の田植えから、約1ヶ月が過ぎました。
稲たちはここまで成長しました!
a0254656_17100194.jpg
ここは、熊本県菊池市原(はる)の伊牟田地区にある、今年から私が栽培を始めた田んぼです。

a0254656_17113465.jpg毎日見ていると、あまり成長していないように思えましたが、2週間ほど前の同じようなアングルの写真と比べると、かなり成長したことがわかりました。

a0254656_17180022.jpg本来なら、ここはかなりの山手の場所にあるので、田植えも6月上旬に行わなければならないのですが、急きょ米作りを始めることにしたので、7月2日に田植えが終わりました。
しかも手植での田植えでした。

a0254656_17145288.jpg田植え直後からすると、ホントよくここまで成長していくれたなぁ~!と思います。
あの頃、黄緑色だった苗たちは、今ではこのように青々としてとてもきれいです。

a0254656_17240201.jpgこちらは、私が運営する株式会社旬援隊の本社社屋です。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、平成30年度よりお米作りに挑戦しています!

a0254656_17291272.jpgここの敷地は1500坪ほどあります。
栗林や畑、キウイ棚、烏骨鶏の鶏舎などがあります。
15種類の果樹を栽培していて、畑では季節の野菜も育てていて、写真の奥の畑には、今年もエゴマを栽培します。
自らの敷地の他にも、近隣の畑を借りて、エゴマを栽培していますが、田んぼはありませんでした。

a0254656_18112582.jpg正確には、棚田(田んぼ)もありますが、エゴマを栽培する畑として使っていました。
写真は、エゴマの畝に管理機を入れて除草と土寄せをしている様子です。

a0254656_18130290.jpg先ほどの写真のすぐ下には、4枚の棚田(田んぼ)があり、昨年まではこうして近所の農家さんがお米を作っていました。
しかし、今年から米作りをしないとのことで、私がそのうちの3枚を借りることにしたのです。

a0254656_18192788.jpg田植えから1ヶ月が過ぎ、順調に育っているように見える田んぼですが、実は、成長にかなりのムラが出てきました。
この写真中央奥の部分です。

a0254656_18212735.jpgその辺りには給水口があり、川から配管して直接田んぼへと入れています。
ここは標高の高い菊池水源です。
飲むにはとても冷たく美味しい水なのですが、給水口あたりの水は稲にとっては冷たすぎるようです。
この写真は7月中旬に撮影したものです。

a0254656_18241669.jpgこちらは現在の様子です。
明らかに給水口あたりの稲たちは成長が遅いんです。
昨年までお米作りをしていた農家さんから、
「夜の間にいっぱい水ばためて、昼間は水を入れずに排水口を閉めて、田んぼの水ば温めなっせ!」とアドバイスいただき、毎日そうしています。

a0254656_18274929.jpg写真中央が給水口あたりです。
明らかに成長が遅いですが、米作り1年目からそうそう完璧にはできないので、これも勉強と思って毎日水管理をしながら見守っています。

a0254656_18303632.jpg私はこの地で、自給自足の生活を目指して、様々な作物を育てています。
今年からお米の栽培も始めたので、自給自足にさらに1歩近づけると思います。

a0254656_18342775.png本日のブログでは、私の米作り1年目の現在の様子を紹介しましたが、株式会社旬援隊の本業は、匠の農家さんたちが育てる、“本物”と呼べる食材のネット販売です。
各種フルーツ、新鮮野菜、お米、加工品などなどを「FLCパートナーズストア」と言うショップ名で販売しています。
a0254656_18044762.jpg
特に、熊本の最旬フルーツは弊社の大人気商品です。
弊社で販売する、商品は全て、私がその栽培地に伺い、年間を通してその成長の様子や、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、毎日更新するこのブログを中心に紹介しています。

a0254656_19293197.jpg現在の、イチオシ商品は、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』です。
大人気の『シャインマスカット』も含め、現在は選べる16商品の豪華ラインナップで販売しています。

a0254656_18390164.jpgその他には、無農薬で育てた朝採りの『フレッシュブルーベリー』、こだわりの『樹上完熟梨』も大人気です。
そして、山あいの『甘熟いちじく』の販売もスタートしました。
いずれも、“匠”と呼べる農家さんが育てた逸品です。
お中元やご贈答用にも大変喜ばれています。
ぜひ、下記ホームページよりチェックしてみてください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村
by flcps | 2018-08-06 18:40 | FLC | Trackback | Comments(0)