人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:砂田米(熊本県七城町)( 106 )

熊本の美味しいお米2019(七城米、菊池水源棚田米、砂田のれんげ米)大好評発売中!こだわり紹介 その3

FLC日記 2019年11月9日(土) 晴れ

a0254656_17411087.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、3人のこだわりの匠が育て上た、『熊本のお米』を大好評販売中です!!

●七城米 長尾さんのこだわりのお米
●菊池水源棚田米
●砂田のれんげ米


今すぐ購入(ご予約)、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』



a0254656_17254477.jpg本日は、一昨日、昨日のブログに続き、弊社の契約農家さんの3名の匠のこだわり、第3弾『砂田のれんげ米』を紹介します。
“土”にこだわる匠(野中兄弟)が、れんげを有機肥料として作り上げた元気な土で育てたお米『砂田のこだわりれんげ米』です!

a0254656_15404291.jpg
左が兄の野中賢吾さん、右が弟の野中剛さんです。

a0254656_15422917.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、3人のお米の匠の米作りも、もう何年も年間を通して取材してきました。

a0254656_15431718.jpg野中兄弟のお米作りも、稲刈りの様子はもちろんのこと、種まき、苗床作り、田植え、苗の成長から花咲く様子、頭を垂れ実る過程、稲刈り後の土つくりなど、その全てを現地で見て、話を聞いて、取材してきました。

a0254656_16250324.jpg平成30年度までは、生産者を野中逸雄さん(野中兄弟の父)としていましたが、野中さんは野中さんは、昨年7月に病で倒れ、闘病生活を送っていましたが、今年1月30日に永遠の眠りについたのです。
享年72歳でした。
写真は昨年の田植えの際のもので、私が現地で取材した最後の写真です。

a0254656_16274870.jpg野中さんのこだわりの米作りは、2人の息子さんたちに継承されました。
野中さんの米作りを、一番そばで見て、共に『砂田のこだわりれんげ米』を育ててきた野中兄弟です。

野中兄弟が育てる『砂田のこだわりれんげ米』は、熊本県菊池市七城町の砂田地区にあります。

a0254656_17182803.jpg


a0254656_17231510.jpg七城町の砂田のお米、『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われたてきました。
“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史がある、日本で有数の美味い米の産地です。
弊社では「ご飯がごちそうになるお米」と称しています。

a0254656_17262266.jpgこの砂田地区は、その名の通り、砂混じりの田んぼの地区です。
菊池川と迫間(はざま)川の間の地区で、砂の混ざった独特な土壌は、日本一の米を育てます。
しかし、同じ砂田地区でも、各農家さんによってお米の育て方は様々です。

a0254656_17293821.jpgもっとも異なるのが、秋から春先にかけての「裏作」です。多くの農家さんは、稲刈りを終え、田植えをするまでの冬から初夏の時期に、裏作としていろんな作物を育てています。

a0254656_17313099.jpg代表的なものは、“麦”で、その他にも、ゴボウ、タバコ、各種野菜などが栽培されています。
この2枚の写真の田んぼでも、裏作を終えるともちろんお米を栽培するのです。

a0254656_17373709.jpg野中さんの田んぼでは、一切裏作を作りません。
栽培し生産するどころか、次の年も美味しいお米を育てるための土つくりをします。
それがこのれんげです。

a0254656_17365500.jpg4月下旬から5月上旬にかけての野中さんの田んぼは、本当にこれが田んぼ?と思うほどの別世界です。
野中さんは、稲刈りを終えた後、田んぼにれんげの種を蒔き育てます。

a0254656_16302053.jpg11月上旬に行われる、れんげの種まき作業の様子です。
稲刈り後、しっかりと耕運した土に、機材を使って満遍なくれんげの種を撒いていくのです。

a0254656_17460531.jpg年明けのれんげが発芽した頃の様子です。
れんげの種を撒く準備、れんげの種を買うコスト、そして多くの手間ひまをかけ育てるれんげですが、収穫を目的として栽培しているのではなく、あくまで美味しいお米作りのために毎年育てています。

a0254656_17493434.jpgれんげは、花が終わる5月上旬ころ、その花も葉も茎も根も、こうして全て田んぼに鋤き込み、そのまま有機肥料とするのです。
れんげは、元気な土つくりのための“緑肥”とするのです。

a0254656_17520581.jpgまた、野中兄弟は稲刈りの際には、「稲ワラ」をこうして細かく裁断して、田んぼにまいていきます。
稲刈り後、時機を見て田んぼに鋤き込みそのまま有機肥料にするのです。

a0254656_16362510.jpg野中さんが行っていたように、今年の息子さん二人で行った稲刈り時も、ワラを刻んでまいていました。
野中さんは、この“稲ワラ”と“れんげ”以外には何も足さず、何も引かずにお米を育てています。

a0254656_18062170.jpg私はことあるたびに、野中さんに同じ質問をしてきました。
「どうしてれんげにこだわるのですか?」
「自分が食べるとに、安全で美味か米ば食べたかたい!だけん、田んぼでは“稲ワラ”と“れんげ”にこだわって、裏作は作らんで、お米だけば育てよるとたい。」
野中さんは常にそう答えてきました。

a0254656_16393053.jpgその野中さんのこだわりは、もちろん2人の息子さんたちに継承され、野中さんと変わらぬ方法でお米を育てています。
そして、今年も土にこだわる匠の『砂田のれんげ米』が実り収穫されました。

a0254656_18143834.jpg野中さんのお米は、以前は熊本市内の有名百貨店に『砂田のれんげ米』として卸していました。
しかし、現在は、自分や家族、親せきや知人のためにお米を育てています。
それは野中兄弟になってからも同じです。
野中さんの米作り、そしてそのお米の美味さに惚れ込み、私は特別に分けていただき、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売してきました。
一般流通のないお米を、特別にご提供いただいているのです。

a0254656_16435316.jpg土にこだわる野中さんの米作りは、きちんと二人の息子さん(野中賢吾さん(兄/写真右))と野中剛さん(弟/写真左)に受け継がれました。
「稲ワラ」と「れんげ」のみを有機肥料として作り上げた元気な土で、惜しまぬ手間ひまをかけ、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を育てていくのです。

a0254656_18183895.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も、野中兄弟の『砂田のれんげ米』をネット独占販売しています。
白米、玄米共に10kg、20kg、30kgでの販売です。
一般流通のない、ここでしか買うことのできないお米で、今年も完売間違いなし!
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『熊本のお米』のページへとお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-09 16:45 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

砂田米 七城町『砂田のれんげ米』の稲刈り2019 頑固おやじから引き継いだ息子さんたちが育て上げたお米

FLC日記 2019年10月18日(金) くもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、令和元年度も、野中兄弟の『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売いたします。
日本有数の米どころ、熊本県菊池市七城町の独特な土壌を持つ砂田地区で育つ『砂田のこだわりれんげ米』は、ここでしか買うことのできない、大変貴重なお米です。
a0254656_16595210.jpg


a0254656_17021492.jpgここ(七城町砂田地区)で育つ『砂田米』は、“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。
その地で、野中兄弟は父(野中逸雄さん)の遺志を引き継ぎ、こだわりのれんげ米を育てています。

a0254656_17055196.jpg4月下旬の同じようなアングルの写真です。
『れんげ米』とは、稲刈りを終えた田んぼにれんげの種を撒き、秋から春にかけ育て、花が咲き終わる5月上旬にその花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込み、そのまま有機肥料とした元気な土で育てたお米です。

a0254656_17084783.jpg同じ七城町砂田地区でも、農家さんによってお米の育て方は異なります。
右の農家さんの田んぼでは、牧草を春先までに育てています。
一方、野中兄弟の田んぼはこうしてれんげが咲き誇っています。
れんげは、収穫を目的として育てるのではなく、美味しいお米を育てる大事な土を作るためだけに育てられる、“緑肥”です。
花が咲き終わる、5月中旬、れんげは全て田んぼに鋤き込んでしまいます。

a0254656_17111541.jpgれんげを有機肥料として元気な土つくりをした田んぼで育てた稲の収穫(稲刈り)が行われました。
令和元年度の『砂田のこだわりれんげ米』は、稲刈り後の乾燥、籾摺りを終えた、10月21日から出荷予定です。

a0254656_18411119.jpg野中兄弟の『砂田のこだわりれんげ米』を、私は、“ご飯がごちそうになるお米”と呼んでいます。
稲刈り時の“稲ワラ”と緑肥の“れんげ”のみを有機肥料として与えたこだわりの土で育てられたお米です。
a0254656_18432958.jpg
「FLCパートナーズストア」では、令和元年度の新米の予約受付をスタートしています。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、ご注文(ご予約)は、お急ぎください!

今すぐ注文(ご予約)、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』


a0254656_17234605.jpg生産者の野中逸雄さんです。
ただし写真は2017年の稲刈り時に撮影したものです。
野中さんは、昨年7月に病で倒れ、闘病生活を送っていましたが、今年1月30日に永遠の眠りについたのです。
享年72歳でした。

a0254656_17501905.jpg野中さんの頑固なまでの米作りは、2人の息子さんたちに継承されました。
野中さんの米作りを、一番そばで見て、共に『砂田のこだわりれんげ米』を育ててきた兄弟(左が兄の野中賢吾さん、右が弟の野中剛さん)です。
写真は、野中兄弟二人だけで“稲ワラ”と“れんげ”を有機肥料とする土つくりで育て上げた、今年の稲刈り時に撮影した写真です。

a0254656_18033143.jpgこちらは5月中旬の苗床作りの様子です。
野中兄弟のおじさんの吉広満男さんと共に行いました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_18060590.jpg野中さんの米作りも、野中兄弟のみとなった米作りも同じようにずっと取材してきました。
冬の土つくりや種まき、苗床、田植え(写真)、稲の生長、花が咲き稲穂が実る様子、そして稲刈りなどその全てです。

a0254656_18080649.jpg野中さんのこだわりの土つくりそのままを、2人の兄弟は見事に継承し、今年も元気に育った稲たちは、8月下旬にはこうして花をつけました。
そこから、稲穂がふくらみ頭を垂れ、黄金色に輝く頃に稲刈りです。

a0254656_18122720.jpg稲刈り前に台風17号の強い風で、若干傾きはしましたが今年もたわわにお米が実っています。
この実りを最も喜んでいるのは、天国にいる野中逸雄さんだと思います。

a0254656_18144646.jpg弟の剛さんにお話をうかがいました。
「父と一緒にしている頃は、仮に2人だけになっても何とかなると思っていました。でも、実際2人だけでやってみると、父の偉大さがよくわかります。」

a0254656_18191305.jpg「台風17号は、このあたりの田んぼを軒並み倒していきましたが、もし父がいたらここまでにはしなかったかもしれませんね!でも、父が作り続けてきた土がこうして稲を守ってくれたのだと思います。」と剛さん。
「そうかもしれませんね!確かにこのあたりでも、稲刈りができないほど寝倒してるとこもありますもんね!」と言うと、

a0254656_18400494.jpg「あのあたりの田んぼもすごかったでしょ?べたーって寝てしまったら、おそらく稲刈りは無理でしょうね!2人だけの米作りはまずまずと言うとこかもしれませんが、来年はもっといい米を作りますよ!」
賢吾さんがそう力強く話しました。

a0254656_19062526.jpg野中兄弟の令和元年の米作りは、こうして稲刈りを終え、現在、その後の乾燥、籾摺りの作業に移っています。
稲刈り時に裁断した稲ワラは、また来年の土つくりのために、まもなく田んぼに鋤き込まれていきます。

a0254656_18375408.jpg野中さんが育てたお米は、以前は熊本市内の有名百貨店に『砂田のれんげ米』として卸していました。
しかし、現在は、自分や家族、親せきや知人のためにお米を育てています。
それは野中兄弟が作るようになっても変わることはありません。

a0254656_19124422.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も、野中さんの、いえ、野中兄弟が育てた『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売いたします。

a0254656_18585366.jpg白米または玄米での販売となりますが、自信をもっておススメしているため、お試しなどは一切なく、10kgからの販売となっています。
もちろん今年も、数量限定での販売ですので、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、ご注文はお急ぎ下さい!
お得な定期購入は、メールまたはお電話で承ります。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「熊本のお米」のページへお進み下さい。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-10-18 19:22 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

砂田米 今年も稲穂が頭を垂れ黄金色に色づきました!台風の影響で少し傾きましたが元気に実っています!

FLC日記 2019年10月7日(月) くもり
今年も、まもなく収穫(稲刈り)を迎えます。
令和元年度の『砂田のこだわりれんげ米』は順調に成長しています。
今年も、10月10日前後に稲刈りを迎える田んぼは、稲穂が膨らみ頭(こうべ)を垂れていました。
a0254656_17130661.jpg


a0254656_17144478.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」では、日本有数の米どころ、熊本県菊池市七城町の砂田地区で、土にこだわる匠の野中兄弟の『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売しています。

a0254656_17211137.jpgここ(七城町砂田地区)で育つ『砂田米』は、“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。
『砂田米』は、江戸時代には、“美味しいお米”の代名詞とされていました。
写真は、9月上旬の稲穂がふくらみ頭を垂れ始めたころの『砂田のこだわりれんげ米』の様子です。
a0254656_19250562.jpg


a0254656_17232724.jpgこちらは、昨年の稲刈りの取材の際に撮影した生産農家の野中兄弟です。
昨年までの生産者、父(野中逸雄さん)の栽培方法と遺志を引き継ぎ、今年から2人だけで米作りを行っています。

a0254656_19290326.jpg『れんげ米』とは、稲刈りを終えた田んぼにれんげの種を撒き、秋から春にかけ育て、花が咲き終わる5月上旬にその花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込み、そのまま有機肥料とした元気な土で育てたお米です。
4月下旬にはこうして一面にれんげが咲き誇り、お米を育てる田んぼとは思えないような光景を見ることができます。

a0254656_19381021.jpgれんげを有機肥料として作り上げた元気な土で育った、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』は、“ご飯がごちそうになるお米”です。
平成30年度の『砂田のこだわりれんげ米』は、完売しています。
令和元年度の新米は、稲刈り、乾燥、脱穀を終えた10月下旬より発送予定です。

↓ 詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しいお米』


a0254656_17340140.jpg野中さんの田んぼの稲刈りまでは、あと10日ほどです。
こちらは現在の稲の様子!
9月22日から23日にかけ、九州北部を通過した台風17号によって、稲穂がこうして傾いていますが、それでも元気に実っています。

a0254656_17363924.jpg台風17号は、ものすごい強風をもたらし、日本有数の米の産地熊本県菊池市七城町も襲いました。
お隣の田んぼも、同じ方向に稲が傾いていますね。

a0254656_17383933.jpg道路を挟んだ反対側の田んぼも同じです。
ただ、これらは十分に収穫(稲刈り)ができる範囲で、被害がひどかったところは、完全に倒れて、稲穂が水を吸って収穫できないほどにまでなっていました。

a0254656_17471862.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17453409.jpgもちろん、野中兄弟のお米作りも、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
ですから、今年のように稲穂が少し傾いているのであれば、それはそれをきちんとお伝えしようとしています。

a0254656_17484507.jpg野中兄弟のお米作りに関する、全てのことをこうして現地取材し紹介してきました。
こちらは、6月28日9に行った、田植えの様子です。
田植え機に乗っているのは、長男の野中賢吾さんです。

a0254656_19581522.jpgこちらは田植え後に撮影した、田んぼの様子です。
“砂田”の地名の由来となっている、この独特な砂交じりの土壌が美味しいお米を育てるベースとなっています。
野中兄弟は土つくりにとことんこだわる“匠”です!

a0254656_17560344.jpg砂交じりの独特な田んぼでは、あまり肥料が効きすぎず、美味しいお米が育つのです。
ですから、この『砂田米』は、江戸時代には、“美味しいお米”の代名詞とされていたのです。

a0254656_17575453.jpgこれらは、昨年の稲刈り時の様子でコンバインを操縦しているのは弟の野中剛さんです。
野中兄弟の父、野中逸雄さんは、その独特な砂田の田んぼに、稲刈り時に細かく裁断した“稲ワラ”と、“れんげ”だけを有機肥料として、それら以外には何も足さず、何も引かずにお米を育て続けてきました。

a0254656_18015034.jpgこちらは昨年の田植えの取材時に撮影した野中逸雄さんです。
私が田んぼで野中さんを取材したのはこの時が最後となりました。
野中さんは、昨年7月に病で倒れ、闘病生活を送っていましたが、今年1月30日に永遠の眠りについたのです。
享年72歳でした。

a0254656_18070260.jpg野中さんの米作りは、2人の息子さんたちに継承されました。
野中さんの米作りを、一番そばで見て、共に『砂田のこだわりれんげ米』を育ててきた兄弟です。
野中兄弟二人だけで“稲ワラ”と“れんげ”を有機肥料とする米つくり(土つくり)のおかげで、今年も元気に育ちました(8月下旬出穂の頃)。

a0254656_18161421.jpg父の遺志を引き継ぎ、れんげを有機肥料として使うこだわりの土つくりをした野中兄弟のお米は、実りの秋を迎えまもなく稲刈りです。
野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』は、以前は有名百貨店にも卸していました。

a0254656_18192889.jpgしかし、現在は、自分や家族、親せきや知人のために育てていて、それは野中兄弟の代になっても変わりません。
ですから、一般流通はありません。
一般流通のない大変貴重な貴重な『砂田のこだわりれんげ米』を、「FLCパートナーズストア」では、特別にお譲り頂き、今年もネット独占販売いたします。
令和元年度の新米は、まもなく先行予約の受付をスタートします。
これからも、このブログ、また「FLCパートナーズストア」のホームページをお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-10-07 18:24 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

砂田米 花から頭を垂れ始めるまで!今年も順調に黄金色に色づき始めました!

FLC日記 2019年9月10日(火) 晴れ
ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、日本有数の米どころ、熊本県菊池市七城町の砂田地区で、土にこだわる匠の農家さん野中兄弟の『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売しています。
a0254656_17531973.jpg


a0254656_16545568.jpgおかげさまで、平成30年度の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』は、定期購入のお客様分を除けば、白米も玄米も完売いたしました。
令和元年度の『砂田のこだわりれんげ米』(新米)は、稲刈り、乾燥、もみすりを終えた、10月下旬からの出荷です。

a0254656_16583095.jpgこちらは、本日の『砂田のこだわりれんげ米』の様子です。
出穂、開花、受粉を終え、籾がしっかりと膨らみ頭を垂れながら、黄金色に色づき始めています。
本日のブログでは、花咲く様子から、現在にいたるまでを紹介いたします。

a0254656_17015191.jpg8月30日、お米の花咲く頃の野中兄弟の田んぼの様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、野中兄弟の『砂田のこだわりれんげ米』の米作りの様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。

a0254656_17044004.jpg正確に言えば、昨年の田植えまでは野中兄弟のお父さん(野中逸雄さん)が中心となった米作りを取材してきました。
野中さんは、昨年7月に病で倒れ、闘病生活を送っていましたが、今年1月30日に永遠の眠りについたのです。
享年72歳でした。

a0254656_17073542.jpg昨年の稲刈りの際の野中兄弟のツーショットです。
野中逸雄さんの米作りは、2人の息子さんたちに継承されました。
野中さんの米作りを、一番そばで見て、共に『砂田のこだわりれんげ米』を育ててきたお2人(右:兄の野中賢吾さん、左:弟の野中剛さん)が、そのこだわりの土つくり、こだわりの無農薬栽培をそのままで、今年も米作りをしています。

a0254656_17100784.jpgこちらは8月30日に撮影したお米の花の写真です。
『砂田のこだわりれんげ米』の田んぼでは、この時期、今年も順調に出穂(しゅっすい)した稲穂に、花が咲きました。
この白い糸のようなものがお米の花です。
正確に言えば、今見えているのは雄しべです。

a0254656_17121612.jpgお米の花の開花時間は非常に短く、午前中に開花し、お昼頃には閉じてしまいます。
籾(もみ)はそうやって閉じてしまうので、この白いものは閉じたあとに残された雄しべなのです。

a0254656_17134661.jpg朝早く、開花の様子も撮影しました。
開花している間に、穂の先から、小さな花が咲いて、 葯(やく)から花粉が飛び出します。
柱頭にくっついた花粉が発芽し、花粉管を伸ばし、花粉の中の核を子房内の卵に届けます。
そうして受精したお米が大きく成長していくのです。

a0254656_17184712.jpgこちらは現在の様子です。
左が野中兄弟の田んぼで、右は別の農家さんの田んぼです。
同じように育っているように見えますが、実は栽培方法は全く異なります。

a0254656_17294892.jpg4月下旬の様子です。
野中さんの田んぼはれんげが満開に咲き誇っていました。
れんげは、収穫を目的として育てるのではなく、美味しいお米を育てる大事な土を作るためだけに育てられる、“緑肥”です。
花が咲き終わる、5月中旬、れんげは全て田んぼに鋤き込んでしまいます。

a0254656_17355384.jpg右の農家さんの田んぼでは、牧草を春先までに育てています。
しかし野中さんは、美味しいお米を育てる肥料としてれんげを栽培してきました。
もちろんそれは、野中兄弟も同じです。

a0254656_20373977.jpg野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』は、以前は有名百貨店にも卸していました。
しかし、現在は、自分らや家族、親せきや知人のために育てています。
ですから、一般流通はありません。

a0254656_20411332.jpg野中さんの写真と共に、生前よく話されたことを紹介します。
「この砂田地区でも、お米の育て方は様々たいね。裏作でいろんな作物を育てる農家さんも多かたいね。もちろんそれを否定する気は全くなかばい。ただ俺は、自分が美味いお米を食べたかけん、毎年れんげば植えるとたい。」

a0254656_17521637.jpgれんげを有機肥料として使うこだわりの土つくりをした野中さんの田んぼは、野中兄弟が同じように育て、今年も実りの秋を迎えようとしています。
一般流通のない大変貴重な貴重な『砂田のこだわりれんげ米』を、「FLCパートナーズストア」では、特別にお譲り頂き、ネット独占販売しています。
令和元年度の『砂田のこだわりれんげ米』の新米は、10月下旬からの出荷予定です。
黄金色に輝く田んぼ、稲刈りの様子や予約の受付は、このブログでまた紹介いたします。
お見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-09-10 17:53 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』令和元年度も元気に成長中!まもなく出穂です!

FLC日記 2019年8月23日(金) 雨のちくもりのち雨
「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市七城町砂田地区で育てられた、野中賢吾さん、野中剛さんの兄弟の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。
平成30年度の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』はいよいよ残りわずか!
ここでしか買えない大変貴重なお米です!
a0254656_1864022.jpg


a0254656_19325482.jpgこちらは、昨年の稲刈りの様子です。
昨年の稲刈りからは、父(野中逸雄さん)より引き継ぎ、息子さん達だけで行っています。
熊本県菊池市七城町にある、砂田地区は、菊池川と迫間(はざま)川の間に位置してます。

a0254656_19355886.jpg遠くには、阿蘇北外輪山の一角を占める“鞍岳(くらたけ)”の雄大な姿を望むこともできます。
砂の混ざった独特な土壌を持つこの砂田地区の田んぼで育つ『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と称賛されているお米です。
a0254656_1825303.jpg

a0254656_18323951.jpg『砂田米』は、“天下第一の米”とされ、将軍家や皇室への献上米としての歴史がある大変おいしいお米です。
その七城町砂田で、野中逸雄さんは、れんげを有機肥料として育てた、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を生産しています。
「FLCパートナーズストア」でネット独占販売している、他では買えない大変貴重なお米です。

a0254656_19380428.jpgこちらは、この秋収穫(稲刈り)を迎える、令和元年度の現在の田んぼの様子です。
今年も、しっかりと分けつが終わり、まもなく出穂を迎えます。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19403506.jpgもちろん、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』も、年間を通してこうして現地取材を重ねてきました。現在は穂ばらみ期で、まもなく出穂を迎えます。

a0254656_19452694.jpg5月下旬の田植え直後の苗たちは、こんなにも幼かったんですよ!
それにしても、本当に砂混じりの田んぼですね!
この砂が混ざった独特な土壌の田んぼが、美味しいお米を育てるまさに土台となります。

a0254656_19480901.jpgこちらは以前取材した、稲刈りの際の野中逸雄さんです。
野中さんは、昨年7月に病で倒れ、闘病生活を送っていましたが、今年1月30日に永遠の眠りについたのです。
享年72歳でした。

a0254656_19512340.jpg野中さんの田んぼでは、お米以外に何も栽培しません。
しかも、稲刈り時に裁断した稲ワラと、稲刈り後に種を撒き緑肥とするれんげ以外には、何も足さず、何も引かずにお米を育て続けてきました。

a0254656_19524244.jpg野中さんの米作りは、2人の息子さんたちに継承されました。
野中さんの米作りを、一番そばで見て、共に『砂田のこだわりれんげ米』を育ててきたお2人(右:兄の野中賢吾さん、左:弟の野中剛さん)が、そのこだわりの土つくり、こだわりの無農薬栽培をそのままで、今年も米作りをしています。

a0254656_19555948.jpg稲刈りを終えた田んぼは、10月下旬に裁断した稲ワラも稲の根っこも全て鋤き込み有機肥料とし、そこを整地して11月上旬には、毎年れんげの種を撒きます。
多くの農家さんたちは、稲刈り後、田植えまでの期間を利用し、様々な裏作を育てています。
しかし、野中さんは、その期間は美味しいお米を育てるための、大事な土つくりの期間としてきたのです。

a0254656_1918128.jpg「れんげの種は、こぎゃんこまか(小さい)とばい。だけん、満遍なく蒔けるごつあの機材ば使いながら歩いて種まきすっとたい。種もコストがかかる、こぎゃん手間ひまもいる、ばってんれんげは緑肥だけん、全く収穫はせんとたいね!」

a0254656_19242629.jpg上の文章は、以前野中さんが話された言葉です。
野中さんの熊本弁、わかりました?(笑)
11月に種を撒いたれんげたちは、年明け頃から発芽し、4月中旬から下旬にかけて、満開に咲き誇ります。
しかし、このれんげは、美味しいお米を作るための土つくりをするためだけに栽培されているのです。
それを“緑肥”と言います。
れんげを育てることは、いろんなコストや手間ひまがかかっても、全く収入にはなりません。

a0254656_19284016.jpg5月中旬、れんげの花が咲き終わる頃、れんげはその花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込まれ、そのまま有機肥料とするのです。
野中さんは、稲刈り時の“稲ワラ”と、このれんげの緑肥のみでお米を育てています。

a0254656_19381512.jpg野中さんは、以前こんな話をしてくれました。
「ここは、やっぱり土の良かけん、れんげばしゃんむり(どうしても)使わんちゃ美味か米のでくっとたいね。現に、裏作で麦や野菜、たばこば育てても、やっぱり『砂田米』なら美味かとたい。」

a0254656_19422053.jpg「もちろん、それぞれの農家さんのやり方ば否定する気は全くなかばい!そん中で、俺がれんげにこだわるのは、どぎゃんコスト(費用)のかかったっちゃ、こぎゃんして手間ひまのかかったっちゃ、俺がやっぱうまか米ば食べたか!ただそれだけたい。」

a0254656_19463043.jpg野中さんのお米は、以前は「砂田のれんげ米」として、デパートに卸していました。
しかし今は、自分や家族、親せきや知人のためだけにお米を育てています。
「自分や家族が食べる米だけん、やっぱり美味しくて安全が一番だろ?」と野中さん。

a0254656_19593804.jpg野中さんの思い、野中さんの米作りはそのまま2人の息子さんたちが引き継いでいます。
そして、「FLCパートナーズストア」では、そんな野中賢吾さん、野中剛さんの兄弟の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を特別に数量限定で分けていただき、ネット独占販売しているのです。
令和元年度の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』はこうして元気に成長しています。
これからも、現地取材を重ねこのブログで紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-08-23 20:04 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

熊本県菊池市七城町『砂田のこだわりれんげ米』 父から子へこだわりの無農薬栽培です。成長の様子2019

FLC日記 2019年7月29日(月) くもり時々雨
ここは熊本県菊池市七城町砂田にある、野中賢吾さん、野中剛さんの兄弟の『砂田のこだわりれんげ米』の田んぼです。
a0254656_16545645.jpg

今年から、父(野中逸雄さん)より引き継ぎ、変わらぬ栽培方法で、兄弟だけで米作りをしています。

a0254656_16590688.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も熊本県菊池市七城町砂田地区で、土にこだわる匠の野中兄弟が、“れんげ”と稲刈り時の“稲ワラ”の有機肥料で作り上げた元気な土で、無農薬栽培をする『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売いたします。

a0254656_17000564.jpg毎年大好評いただき、平成30年度の『砂田のこだわりれんげ米』は、白米、玄米共に、定期購入のお客様分を除くと、すでに完売いたしました。

a0254656_17025658.jpg本日のブログでは、令和元年度の『砂田のこだわりれんげ米』の現在の成長の様子を、現地取材してきましたの紹介いたします。
今年も順調に元気に稲たちは育っていました。

a0254656_17043597.jpg私が朝早く取材に行くと、ちょうど野中賢吾さんが田廻り(水の管理)に来ていました。
「おはようございます!今年も順調に度だっていますね!」と言うと、

a0254656_17073425.jpg「稲たちは順調ですが、ちょっと雑草が生えてきちゃって!」と健吾さん。
「どのあたりですか?」と尋ねると、
「あのあたりですね!おそらく代かきの際にどうもその辺りが高かったようで、雑草が生えちゃってるんです。」とのこと。

a0254656_17121332.jpgこちらは5月中旬の苗床作りの様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。
もちろん、『砂田のこだわりれんげ米』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材していきました。

a0254656_17143732.jpg稲刈りはもちろんのこと、その後の冬の土つくり(れんげの種まきから鋤き込むまで)、苗床、田植え(写真)、成長の過程、花が咲き頭を垂れ収穫を迎えるまでなど、それらの全てです。

a0254656_17172433.jpg話を現在の様子に戻します。
「笠さん!草が生えてるとこを見に行きましょうか!」
賢吾さんにそう言われ2人であぜ道を進みました。

a0254656_17182858.jpg「あのあたりの株間に生えてるでしょ?うちじゃ農薬や除草剤は使用しないので、ジャンボタニシに草を食べさせることで除草してますが、どうもあのあたりは浅く、ジャンボタニシたちが活躍してくれなかったようなんです。」

a0254656_17230645.jpgジャンボタニシが雑草を食べている様子です。
基本的には芽吹いてすぐの柔らかい草を食べます。
ただ、水が浅いところがあると、ジャンボタニシがいけないばかりか、雑草も生えやすくなるのです。

a0254656_17252984.jpg「田植え前の代かきもだいぶ頑張って、平らにならしたつもりでしたが、雑草が生えたとこもあるばかりか、その辺りは深すぎてジャンボタニシに田植えしたばかりの苗を食べられちゃったみたいです。」と健吾さん。

a0254656_17311032.jpgこちらは以前取材した賢吾さんのお父さんの野中逸雄さんの田植えの様子です。
野中さんは、昨年7月に病で倒れ、闘病生活を送っていましたが、今年1月30日に永遠の眠りについたのです。
享年72歳でした。

a0254656_16171569.jpgこちらは、4月下旬の野中さんの田んぼの様子です。
この一面に咲き誇るれんげは、花が咲き終わる5月上旬ごろに、その花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込み、緑肥(有機肥料)とするために育てられたものです。

a0254656_18111154.jpg生産農家の野中逸雄さんです。
昨年の10月上旬、稲刈りの取材時に撮影しました。
野中さんは、基本的に自分や家族、親せきや知人のためだけにお米を作っています。
ですから、安全で美味しいお米にこだわるのです。

a0254656_16310034.jpg野中さんの米作りは、2人の息子さんたちに継承されました。
野中さんの米作りを、一番そばで見て、共に『砂田のこだわりれんげ米』を育ててきたお2人(右:兄の野中賢吾さん、左:弟の野中剛さん)が、そのこだわりの土つくり、こだわりの無農薬栽培をそのままで、今年も米作りをしています。

a0254656_17432383.jpg「父がメインで様々な作業をしていましたので、いざ自分たちだけですると、やはり父のすごさがわかりますね!まだ至らない点もありますが、その分しっかり手をかけて育てます。まずは今日、明日で田んぼに入り手作業で除草しますよ!」
賢吾さんはそう力強く話してくれました。

a0254656_19022351.jpg私は、野中さんのこだわりの栽培法と、そのお米の美味しさに惚れ込み、特別に分けていただき、弊社でネット独占販売しています。
私は、野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』を、ご飯がごちそうになるお米と呼んでいます。
一般流通のない大変貴重なお米です。

a0254656_17525277.jpg息子さん達だけでの『砂田のこだわりれんげ米』栽培は、少し雑草が生えたりジャンボタニシに稲を食べられたりはしてますが、父の栽培方法そのままで今年も順調に育っています。
令和元年度の新米の発売は、今年も稲刈り後の、乾燥、もみすりを終えた早くても10月下旬よりの販売となります。
もちろん今年もそれまでの栽培の様子は現地取材してまたご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-07-29 18:04 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

砂田のこだわりれんげ米 田植えの様子(2019)後編 野中兄弟だけの初めての田植え無事終了!

FLC日記 2019年6月29日(土) 雨(一時豪雨)
『れんげ米』とは、れんげを有機肥料として鋤き込んだ田んぼで育てられるお米のことです。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も熊本県菊池市七城町砂田地区で、土にこだわる匠の野中兄弟が、“れんげ”と稲刈り時の“稲ワラ”の有機肥料で作り上げた元気な土で、無農薬栽培をする『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売いたします。
a0254656_17065123.jpg


a0254656_16171569.jpgこちらは、4月下旬の野中さんの田んぼの様子です。
この一面に咲き誇るれんげは、花が咲き終わる5月上旬ごろに、その花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込み、緑肥(有機肥料)とするために育てられたものです。

a0254656_18111154.jpg生産農家の野中逸雄さんです。
昨年の10月上旬、稲刈りの取材時に撮影しました。
野中さんは、基本的に自分や家族、親せきや知人のためだけにお米を作っています。
ですから、安全で美味しいお米にこだわるのです。

a0254656_16201735.jpgこちらは昨年6月22日の田植えの様子です。
野中逸雄さんが田植えを行っています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。
もちろん、野中さんの米作りの様子も、もう何年も年間を通して現地取材していきました。

a0254656_16222415.jpgこちらは今年の田植えの様子です。
野中さんの息子さん(長男)の、野中賢吾さんが田植え機に乗り田植えを行っています。
今年の田植えに野中逸雄さんの姿はありません。

a0254656_16284279.jpg昨年の田植えは次男の野中剛さんがサポートし、田植えを行いました。
野中さんは、昨年7月に病で倒れ、闘病生活を送っていましたが、今年1月30日に永遠の眠りについたのです。
享年72歳でした。

a0254656_16310034.jpg野中さんの米作りは、2人の息子さんたちに継承されました。
野中さんの米作りを、一番そばで見て、共に『砂田のこだわりれんげ米』を育ててきたお2人(右:兄の野中賢吾さん、左:弟の野中剛さん)が、そのこだわりの土つくり、こだわりの無農薬栽培をそのままで、今年も米作りをしています。

a0254656_17031783.jpgさて、今年の田植えの様子を紹介しましょう!
今年は、6月28日よりスタートしました。
昨年より、5日ほど遅いわけは、九州地方の梅雨入りが遅く、水を田んぼに入れる時期が遅れたためで、ほぼ例年通りと言って良いでしょう!

a0254656_17134061.jpg「田植えを始めます!」と事前に連絡をいただいていたので、取材に伺うと、すでに賢吾さんが田植え機で田植えを始めていました。
自分らだけで行う田植えは今年が初めてです。

a0254656_17153103.jpgん?
さすがに、長年田植えをしてきた野中逸雄さんに比べると、少し曲がっているようですね!(笑)
でも、きちんと欠株もなく、順調に植えているようです。

a0254656_17171327.jpg「頑張ってますね!」と声をかけると、
「やはり見るとするとじゃ違いますね!どうですか私の田植えは?」と健吾さん。
「途中が欠株してますよ!田植え機に苗が引っかかってるんじゃないですか?」と言うと、

a0254656_17213958.jpg「ありゃ!ほんとですね!ちょっとバックで戻って植えなおしてきます。」
賢吾さんはそう言うと、上着を脱ぎ捨て補植のために田植え機をバックさせました。

a0254656_17233257.jpg今度は慎重に、苗がきちんと植えられていることを確認しながら、その2列だけを植えています。
こういうトラブルはたまに起こることで、長年野中さんの田植えを見てきた賢吾さんも、きちんと対応ができているようです。

a0254656_17260131.jpg「後ろを気にし過ぎたので、ちょっと曲がっちゃいましたね!」と健吾さん。
「まだ欠株してるとこはどうします?」と尋ねると、
「補植用の苗を用意したので、その近くで降りてその列を補植します。」とのこと。

a0254656_17281637.jpg賢吾さんは田植え機を途中で止め、田んぼに下り、補植作業を行いました。
それを終えると、また田植え機に乗り込み田植えを続けました。

a0254656_17304847.jpg田植えは、1年に1回の作業です。
田植え機の操作の勘も随分と戻ってきて、最初の1列に比べると、随分と曲がりが少なくなってきたようです。

a0254656_17324801.jpg「この4列分はまぁまぁいいんじゃないですか!」と言うと、
賢吾さんは振り向き、「まだまだですが、確かに赤点ではないですね!(笑)」と笑顔で話しました。

a0254656_17352664.jpg「では、一応合格点と言うことで、ピースサインいただいときましょうか!」と私が行って、いわば強引に笑顔のピースサインの写真をいただきました。
「今日は弟の剛は所用があっていませんが、父がずっとこだわりぬいて育ててきた田んぼですから、私も剛も思い入れも強いし、父の遺志を引き継いでしっかり育てていきます。」

a0254656_17405684.jpg「稲刈り時の稲ワラとれんげを鋤き込むそれらの有機肥料だけを使って、農薬を使用することなく今年も育てます。秋には父に「今年も良い米ができたよ!」って胸張って報告したいですね!」
取材の最後に、賢吾さんはそう力強く話してくれました。

a0254656_17434893.jpg本日、田植えを終えた田んぼを取材してきました。
ところどころに賢吾さんの悪戦苦闘ぶりが見うけられましたが、立派に田植えを終えていました。

a0254656_17452408.jpg野中逸雄さんがこだわりぬいて作り上げてきた土を、2人の息子さんたちがそのままの方法で継承し、その元気な土に今年も稲の苗たちが植えられています。
もちろん、私は今年もその成長の様子や稲刈り、冬の土つくりなどきちんと現地取材して紹介いたします。
お楽しみに!
そして、令和元年の『砂田のこだわりれんげ米』に大いにご期待下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-06-29 17:49 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

砂田のこだわりれんげ米 田植えの様子(2019)前編 頑固おやじのこだわりの土つくりを継承し育てます

FLC日記 2019年6月28日(金) 雨のちくもり

a0254656_17062617.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も熊本県菊池市七城町砂田地区で、土にこだわる匠の野中兄弟が、“れんげ”と稲刈り時の“稲ワラ”の有機肥料で作り上げた元気な土で、無農薬栽培をする『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売いたします。
a0254656_17065123.jpg


a0254656_17040186.jpg熊本県菊池市七城町にある、砂田地区は、菊池川と迫間(はざま)川の間に位置してます。
七城町は、日本有数の米どころで、砂の混ざった独特な土壌を持つこの砂田地区の田んぼで育つ『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と称賛されているお米です。
a0254656_17043913.jpg


a0254656_17113691.jpg『砂田米』は、“天下第一の米”とされ、将軍家や皇室への献上米としての歴史がある大変おいしいお米です。
その七城町砂田で、野中逸雄さんは、れんげを有機肥料として育てた、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を生産してきました。

a0254656_16225606.jpgおかげさまで、今期(平成30年度)も完売御礼です!
『砂田のこだわりれんげ米』は、白米も、玄米も販売予定分は全て出荷が完了し、現在は定期購入のお客様分のみを保管しています。

a0254656_17160248.jpg先ほど、生産者を野中逸雄さんと紹介しました。
こちらは昨年の田植えの写真です。
これが、野中さんの最後の田植えとなりました。
野中さんは、昨年7月に病で倒れ、闘病生活を送っていましたが、今年1月30日に永遠の眠りについたのです。

a0254656_17183090.jpg野中さんが育てたお米は、以前は、百貨店へも卸していましたが、現在は、野中さんの『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』は、基本、自分や家族、親せきや友人のために育てているお米です。
ですから、一般流通はなく、大変貴重なお米で、特別に分けていただき弊社でのみ販売しています。
野中さんの米作りは、2人の息子さんたちに継承されました。

a0254656_17314527.jpg野中さんの米作りを、一番そばで見て、共に『砂田のこだわりれんげ米』を育ててきたお2人(右:兄の野中賢吾さん、左:弟の野中剛さん)が、そのこだわりの土つくり、こだわりの無農薬栽培をそのままで、今年も米作りをしています。

a0254656_17412800.jpg本日より、令和元年度の田植えがスタートしました。
こちらは、その田植えの様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。
本日は、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』の美味しさの秘密を、土にこだわる匠の田植えの様子と共にご紹介いたします。

a0254656_17422855.jpg田植えを終えたところを見てみました。
砂田地区は、その名の通り、砂交じりの独特な土壌の田んぼです。
砂交じりの田んぼでは、肥料が効きすぎず美味しいお米を育てると言われています。

a0254656_17433688.jpg同じ「砂田地区」でも、お米の育て方は、農家さんによって10人10色です。
野中兄弟は、この砂田地区に数枚の田んぼを持っています。
ちなみに、右の田植えを終えた田んぼや左奥の田植え前の田んぼは、他の農家さんの田んぼです。

a0254656_17450963.jpg同じようなアングルの、4月下旬ころの写真です。
その頃、野中さんの田んぼでは、れんげの花が咲き誇っています。
野中兄弟は、稲刈りを終えた後、次の年の土つくりのためにれんげを栽培します。

a0254656_17485407.jpg同じころの、近隣の田んぼの写真です。
秋に収穫を終えると、お米の裏作として様々な作物を育てる農家さんも多いようです。
代表的なのは、麦で、その他にも水田ごぼうや、たばこ(写真)、様々な野菜を栽培したり、牧草を育てたりしています。

a0254656_17512753.jpgこちらは、稲刈りの際に撮影した写真です。
野中兄弟の田んぼでは、裏作を作りません。
冬から春にかけては、美味しいお米を育てるための土つくりを行うのです。

a0254656_17513738.jpg野中兄弟の田んぼでは、稲刈り時に稲ワラをこうして細かく裁断して田んぼにまいています。
時期を見て鋤き込み、そのまま有機肥料とするのです。

a0254656_17535844.jpgこだわりの、土つくりはさらに続きます。
こちらは、11月上旬のれんげの種まきの様子です。
稲ワラを鋤き込み整地した田んぼに、れんげの種を撒くのです。

a0254656_18022942.jpgれんげの種を購入するコスト、種を撒き、転圧をかける労力がかかるうえ、その間にその田んぼで収益をあげることはできません。
れんげは、年が明けたころ発芽し成長していきます。

a0254656_18123131.jpg4月下旬から5月上旬にかけて、野中さんの田んぼは「れんげ」の花が満開です。
その光景だけを見た方は、けっして、ここでお米が育てられるとは思えません。

a0254656_18134309.jpgれんげは、収穫を目的として育てるのではなく、美味しいお米を育てる大事な土を作るためだけに育てられる、“緑肥”です。
花が咲き終わる、5月中旬、れんげは全て田んぼに鋤き込んでしまいます。

a0254656_17563173.jpg野中兄弟は、稲刈りを終えた田んぼを、父の野中逸雄さんがしてきたように、今年も田植えに向け土つくりをしてきました。
他の田んぼと何も変わらないように見える、この野中兄弟の田んぼですが、今年も“稲ワラ”と“れんげ”で、しっかりと元気な土を作り上げた田んぼなのです。

a0254656_18010072.jpg本日は、令和元年度の田植えの様子を紹介する予定でしたが、父から継承した野中兄弟のこだわりの土つくりを詳しく紹介して、少々長くなりましたので、その様子、この続きは明日のブログで紹介することとしましょう。

a0254656_18072631.jpg野中兄弟の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』は、基本、自分たちや家族、親せきや友人のために育てているお米です。
ですから、一般流通はなく、大変貴重なお米で、私が無理を言って分けていただき、弊社で販売しています。
父から子供たちへと継承されたこだわりの土つくりで、今年も田植えが始まりました。
明日のブログでの田植えの様子や、これからの成長の様子など、今年もきちんと現地取材して紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-06-28 18:13 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

平成30年度の七城町『砂田のれんげ米』完売御礼!令和元年の米作り本格スタート!種まきと苗床作り(後編)

FLC日記 2019年6月6日(木) 晴れ
「FLCパートナーズストア」では、野中逸雄さんが、無農薬で育てた『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。
a0254656_16231181.jpg


a0254656_16244813.jpg日本有数の米どころ、熊本県菊池市七城町の砂田地区で、匠の農家さん野中逸雄さんによって、れんげと米ワラのみを肥料として使って育てられたお米です。

a0254656_16282477.jpg野中さんは、七城町の中でも、砂交じりの独特な田んぼを持つ「砂田地区」で、れんげを有機肥料として育てる、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』の生産者です。

a0254656_16292162.jpgただし、これらの写真は2年前(平成29年)の稲刈りの様子です。
野中さんは、昨年7月に病で倒れ、闘病生活を送っていましたが、今年1月30日に永遠の眠りについたのです。

a0254656_16225606.jpgおかげさまで、野中さんが最後に育てた、今期(平成30年度)も完売御礼です!
『砂田のこだわりれんげ米』は、白米も、玄米も出荷予定分は全て出荷が完了し、現在は定期購入のお客様分のみを保管しています。

a0254656_16332405.jpg野中さんの米作りは、2人の息子さんたちがきちんと受け継いでいます。
この写真は、昨年の稲刈りの際に野中さんを元気付けようと、目一杯笑って撮影したものです。
野中さんの米作りを、一番そばで見て、共に育ててきたお2人が、そのこだわりのまま今年も米作りを始めました。

a0254656_16434751.jpg野中さんは“れんげ”を有機肥料として使った、『砂田のれんげ米』をずっと育ててきました。
秋の稲刈り後、田んぼにれんげの種を撒き、お米を育てる肥料として育てます。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16473189.jpg野中さんのお米作りも、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
そして2人の息子さんたちの米作りを継続して取材しています。
写真は、苗床を作る田んぼの咲き誇るれんげの様子です。

a0254656_17001419.jpgさて、随分とまえおきが長くなりましたが、本日のブログでは、2日前に続き今年の苗床作りの様子を紹介いたします。
れんげが咲き誇っていた田んぼは、苗床用に整地され、苗箱がきれいに並べてあります。
この写真は苗床作りがほぼ終わった終盤の写真です。
お米の種(籾)をまいたトレーを、苗床に並べて育てます。

a0254656_17075519.jpg苗床とは、田植えまでの期間、苗を集中して管理して育てる場所のことです。
一般的には、すでに水をはった苗床に苗箱(トレー)を並べますが、野中さんはもう随分以前から、作業効率を上げるため、乾いた苗床で作業をし、後から水を入れるようにして苗床を作っています。

a0254656_17092662.jpgところが今年は、給水口が数日前に開いていたらしく、そのご止水しましたがまだ乾ききっていない状態での苗床作りとなりました。

a0254656_17124393.jpg長男の野中賢吾さん、次男の野中剛さん、そしてお母さんのお兄さんである叔父の吉広満男さんとで、ゆるい土に足をとられながらも、苗箱を並べ終わることができました。

a0254656_17152284.jpg苗箱には、シートをかけます。
そうすることで、温度が保たれ、さらには野鳥が籾を食べることから守ることができます。
その作業も兄弟と叔父さんとで息ピッタリに進められました。

a0254656_17445841.jpgさて個の日、私は次の取材があり、全て終わるのを見れずに移動しましたが、先日苗床を見に行ってきました。苗たちはしっかり成長し、シートを押し上げるほどになっていました。
今年から、野中さんの意思を継いだ2人の息子さんによって、無農薬栽培の『砂田のれんげ米(野中さんちのこだわりのお米)』を育てます。

a0254656_17543258.jpgこのお米は、『砂田のこだわりれんげ米』として、以前は、有名デパートにて販売していました。
しかし、現在は、生産量を調整し、自分や家族、親せきや知人のためだけに育てています。
ですから、一般流通はほとんどありません。
私は、このれんげを使った米作り、そして安全・安心で、もちろん美味しいお米に惚れ込み、無理を言って数量限定で弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_16365182.jpg私は『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を、「ご飯がごちそうになるお米」と呼んでいます。
弊社でしか買うことのできない大変貴重なお米です。
令和元年度の『砂田のれんげ米(野中さんちのこだわりのお米)』の育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまなど、もちろん今年も現地取材してご紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-06-06 17:46 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

平成30年度の七城町『砂田のれんげ米』完売御礼!令和元年の米作り本格スタート!種まきと苗床作り(前編)

FLC日記 2019年6月3日(月) くもり時々雨

a0254656_16290829.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も熊本県菊池市七城町砂田地区で、土にこだわる匠の野中逸雄さんが育てた『砂田のこだわりれんげ米』を平成30年度分もネット独占販売いたしました。

a0254656_16255696.jpgおかげさまで、今期も完売御礼です!
『砂田のこだわりれんげ米』は、白米も、玄米も出荷予定分は全て出荷が完了し、現在は定期購入のお客様分のみを保管しています。

a0254656_16331851.jpgそして新元号となった令和元年の『砂田のこだわりれんげ米』の本格的な栽培がスタートしました。
写真は、5月25日に行われた「苗床作り」の様子です。

a0254656_16352706.jpgこちらは昨年の6月中旬の苗床の様子です。
「苗床」とは、田植えまでの期間、お米の苗を集中的に管理しながら育てる場所のことです。

a0254656_16411835.jpg『砂田のこだわりれんげ米』生産農家の野中逸雄さんです。
土にこだわる匠の野中さんは、れんげを有機肥料としお米を作り続けてきました。

a0254656_16514634.jpg熊本県菊池市七城町は、日本有数の米どころです。
その中の砂田地区で、匠の農家さん野中逸雄さんによって、れんげと米ワラのみを肥料として使って育てられたお米が『砂田のこだわりれんげ米』です。
しかし今年の苗床作りに野中逸雄さんの姿はありません。
2019年1月30日『砂田のこだわりれんげ米』生産者の野中逸雄さんは、永遠の眠りにつきました。
享年72歳でした。

a0254656_16563737.jpg写真は昨年の稲刈り時に、病と闘う野中さんを勇気づけようと撮った写真です。
野中さんの米作りは2人の息子さんたちに引き継がれました。
その米作りをずっと見てきた共に作ってきた2人が、今年も全く同じ米作りをします。

a0254656_16591511.jpg野中さんはれんげを田んぼの有機肥料とし米作りをしてきました。
今年も弟の野中剛さんが稲刈り後の田んぼを鋤き込み、兄の野中賢吾さんがそこに種を撒き、4月下旬の田んぼはれんげの花が咲き誇っていました。

a0254656_17043806.jpgさて、前置きが随分と長くなりましたが、苗床作り話を戻しましょう!
ここは野中さんちの駐車場兼倉庫です。
毎年ここでまずは種まきを行います。

a0254656_17041628.jpg奥様の野中ゆいさん、奥様のお兄さんの吉広満男さん、そして、野中さんの2人の息子さんたちが手際よく作業を行っていました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17101407.jpg野中さんのお米作りもずっと取材してきました。
冬の土つくりや種まき、苗床、田植え、稲の生長、花が咲き稲穂が実る様子、そして稲刈りなどその全てです。
今年も苗床作りをこうして取材に伺ったのです。

a0254656_17232522.jpg私が伺った時にはすでに、種まきはずいぶんと終っていました。
この苗箱と呼ばれるトレーに、基本的には土敷き、種を撒き、土をかぶせるのです。

a0254656_17251959.jpg昨年より、野中さんは下土の代わりに、「こめパワーマット」と言う肥料を含ませたシートを採用しています。
土ではない分持ち運びも楽になり、きちんと肥料も苗たちが吸収できます。

a0254656_17302711.jpg賢吾さんが種まき機を操作しています。
苗箱にシートを乗せたものをが流れていくと、お米の種(籾)が蒔かれ、その上に上土がかけられます。
「あれ?賢吾さん!この籾は長粒米ですか?」と尋ねました。

a0254656_17334372.jpg「そうなんですよ!さすがに気が付きましたね。今種まきしてるのは、畜産農家さんと契約している資料米で、収穫せずに青い頃に刈り取って、牛たちのエサにするものなんです。これも親父が契約していたのをそのまま引き継ぎました。」と健吾さん。

a0254656_17354284.jpg「籾が違うだけで、種まきや苗床、田植えなどはいつものお米と同じですよ!ただ、砂田のれんげの種を撒いたおの田んぼじゃなくて、違う場所の田んぼで栽培しますけどね!」とのこと。

a0254656_17401354.jpgさて、苗箱作り(種まき)が終わると、次に苗床にその苗箱を並べて苗床つくりです。
その様子も紹介したいとこですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介いたします。
→急ぎで紹介しないといけないブログができましたので、この続きは2日後(6/6)に紹介いたします!!

a0254656_17304812.jpg令和元年度の、野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』の栽培が、苗床作りから本格的にスタートしました。
野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』を、弊社では「ご飯がごちそうになるお米」と称しています。

a0254656_17381661.jpg野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』は、以前は、有名デパートにて販売していました。
しかし、現在は、生産量を調整し、自分や家族、親せきや知人のためだけに育てています。
ですから、一般流通はほとんどありません。
私は、野中さんのれんげを使った米作り、そして安全・安心で、もちろん美味しいお米に惚れ込み、無理を言って数量限定で弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_17392562.jpg平成31年度のお米は、定期購入のお客様分を除くと、販売可能数は全て出荷いたしました。
現在は、新たな購入の受付を行ておりません。
今年から、野中さんの意思をしっかり受け継いだ2人の息子さんたちが同じ製法で『砂田のこだわりれんげ米』を育てます。
定期購入を希望される方は、お電話かメールにてご連絡ください。
今年も完売間違いなしの貴重なお米ですよ!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-06-03 17:48 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)