ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:熊本スイカ( 51 )

熊本スイカ『黒小玉(ひとりじめbonbon)』平成30年の販売スタート!赤&黄色い果肉を6月1日より出荷!

FLC日記 2018年5月20日(日) 晴れ
『黒小玉スイカ』をご存知ですか?
名前の通り、黒い果皮の小玉スイカです。
a0254656_17262490.jpg


a0254656_17290026.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年(平成30年)もネット独占販売いたします。
先行予約の受付をスタートしました!!

a0254656_17304245.jpg今期の初回発送日は、6月1日(金)です。
以降、毎週火曜日と金曜日に、数量限定の完全予約制で受注し出荷していきます。
そして、なんと今年は、初回発送から黄色い果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』も出荷いたします!
商品は、赤果肉のみ2玉入り、黄色果肉入り2玉入り、赤と黄色の果肉それぞれ1玉ずつの3パターンです。

生産者:岡山農園さん
生産地:熊本県山鹿市鹿央町
商品名:熊本産 黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』
1玉 2.5~3kg×2個入り  糖度12度以上
4,968円(税込)
※数量限定!完全予約制での販売です!!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら! ↓
「FLCパートナーズストア」
『黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』


a0254656_17394726.jpg夏のイメージが強いスイカですが、日本一のスイカの産地、熊本県産のスイカの旬は、4月~6月なんです。
熊本の旬を販売する「FLCパートナーズストア」では、今年も4月上旬からスイカを販売しました。

a0254656_17474426.jpg生産者は、熊本県山鹿市鹿央町の匠の農家さん、「岡山農園」さんです!!
親子2代の匠による、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、毎年変わらぬ美味しさの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を育てています。

a0254656_17500863.jpg元気に成長中の栽培ハウスに5月8日に伺いました。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17525467.jpgもちろん「岡山農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫まで約1ヶ月!
これからまだまだ出をかけて育てていきます。

a0254656_17553782.jpg「岡山農園」の岡山佑大さんが、取材協力してくれました。
「これから、フルーツパットを敷いて、玉返しを繰り返していきます。」と佑大さん。

a0254656_17592518.jpgこちらは、以前取材した“玉返し”作業の様子です。
満遍なく日を当て、果皮を均等に色づかせ、果実も全てが美味しくなるように、5回~6回ほどスイカの向きを変えながら育てるのです。

a0254656_18020236.jpg「フルーツパット」と呼ばれる、いわば座布団に乗せられて成長していきます。
キズを付けないように大切に育て上げているのです。
「特に黒小玉スイカは、果皮の黒さも魅力の1つなので、この作業は大切ですね!」
佑大さんがそう話してくれたのを思い出しました。

a0254656_18044988.jpg「岡山農園」さんは、佑大さんのお父様(忠和さん)、お母様(文代さん)と、和功さん(兄)、佑大さん(弟)のご兄弟で、“本物”と呼べるスイカやメロン、様々な野菜を育てる、まさに“匠”の農家さんです。

a0254656_18073892.jpgこちらは熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』の栽培ハウスで撮影した兄弟のツーショットです。
『肥後グリーン』は、6月20日前後からの予定です。

a0254656_18111535.jpg熊本限定栽培品種の、高級マスクメロン『肥後グリーン』は、糖度17度を超える甘さを、シャキシャキの食感で味わえる新感覚のマスクメロンです。
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の商品ラインナップを紹介しましょう!

a0254656_18130266.jpg今年も、3パターンの『黒小玉スイカ(ひとりじめbonbon』をご用意いただきました。
まずは、スイカの定番の赤い果肉の2玉セット!
スイカとしては最高級の12度以上の高い糖度と、スイカならではのシャキシャキっとした食感が、多くのスイカ好きをうならせる絶品です!!

a0254656_18131103.jpg次に、黄色い果肉の2玉セット!
今年は6月1日の初回出荷日より出荷します。
昨年、数量限定で黄色の果肉の『黒小玉スイカ(ひとりじめbonbon』を販売したところ、大好評で、今年は出荷数を増やしての販売です。
黒い果皮に黄色の果肉のダブルインパクトが人気です。

a0254656_18130729.jpgそして最後は、赤果肉1玉、黄色果肉1玉の2色セット!!
両方の果肉の色をお楽しみいただけるので、2色セットがやはり一番人気ですね!
ご贈答やギフトとしても大変喜ばれる商品です。

a0254656_18202566.jpg朝採り、新鮮そのもののスイカを、その新鮮さがわかるようにこうしてアンテナ(つる)付きで出荷いたします。
しっかりと完熟させた甘さも人気で、皮が薄いので、色の着いたギリギリのところまで美味しくいただけます。

a0254656_18222917.jpg赤果肉に比べ、黄色い果肉の『ひとりじめbonbon』は、食感が少し柔らかい感じですが、それもまた美味しいんです!
「FLCパートナーズストア」では、たくさんの愛情で、大切に育てられた、「おかやま農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年もネット独占販売しています。
a0254656_18233263.jpg
朝採り、即日発送のため、数量限定の完全予約制販売です。定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂く場合がございます。
ご注文(ご予約)は、お急ぎください!!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-05-20 18:24 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本産!大玉スイカ『祭りばやし777』平成30年の初回出荷は5月22日に決定!先行予約受付中!

FLC日記 2018年5月10日(木) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産大玉スイカ『祭りばやし777』をネット独占販売いたします。
a0254656_16230471.jpg

今期より商品名を『祭りばやし777』としました。
昨年までと変わらぬ同じ品種ですが、正式名称が『祭りばやし777』と言うことなので、商品名も同様にいたしました。

a0254656_16263736.jpg予約販売の受付をスタートしました!
収穫した中から、選びに選び抜いた“極選”の『祭りばやし』を出荷するため、毎回の出荷数を限定した、完全予約制での販売です。
初回の出荷日は5月22日(火)です!
以降、毎週金火曜日と金曜日の出荷です。

a0254656_16292657.jpgありがたいことにすでにたくさんのご要約を頂いている大人気商品です!
もちろん今年も、朝採り即日発送でお届けいたします。
1玉入りと、お買い得な2玉入りでの販売です。
大玉スイカならではのあのサクッとした食感と、糖度12度を超えるみずみずしい果汁をご賞味ください!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方はこちら! ↓

「FLCパートナーズストア」
「熊本産スイカ」



a0254656_16491221.jpg生産地と生産者の首魁をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿央町の匠の農家さん「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし777』の栽培ハウスの1つです。
「岡山農園」さんでは、定植時期をずらして収穫時期を長期にわたり行えるよう、数ヵ所のハウスで『祭りばやし777』を栽培しています。

a0254656_16521700.jpg太陽の光と、大地の恵、「岡山農園」さんのたくさんの愛情を受け、現在とても元気に成長中です!
生産者の「岡山農園」の岡山佑大さんに今回も取材協力いただきました。

a0254656_16561559.jpg「岡山農園」さんは、岡山忠和さんと文代さんご夫婦の豊富な経験と高い技術と、和功さん、祐大さんの息子さんたちで、最高級のスイカやメロン、様々な野菜を育てる、まさに“匠”の農家さんです。

a0254656_16572793.jpgご両親の豊富な経験と高い技術は全て息子さんたちに伝えています。
さらに、若いお二人の研究心が大きな力となり、“本物”と呼べるスイカを育てています。

a0254656_17034457.jpgこちらは、以前取材した「苗床」の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17054274.jpgもちろん、「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「岡山農園」さんでは、スイカを育てるにあたり、かんぴょうの苗に接木して栽培します。

a0254656_17072759.jpgその様子がこちら!
1週間ほど早く播種をし育ててきたかんぴょうに、スイカの苗を接木しています。
かんぴょうはスイカより根を張る力が強いため、良く育ち美味しいスイカができるのです。

a0254656_17104228.jpg一定期間、苗床で集中管理しながら育て、時期を見て栽培ハウスに定植します。定植の頃はまだ寒さ厳しいので、キャップと呼ばれる紙でできたピラミッド状の農業資材を使って、保温と保湿をします。
これは、「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の定植間もない頃の写真です。

a0254656_17135521.jpg双葉が4枚あるのがわかりますか?
下の大きめの双葉はかんぴょうで、その上にある双葉はスイカのものです。
つまり、根っこから下の双葉まではかんぴょう、それから上はスイカとなっているのです。

a0254656_17250070.jpgこちらは、交配作業と着果の様子を取材に伺った際のもの。
スイカの栽培は、播種や接木、定植、つる引き、芽カギ、交配、玉返しなどなど、多くの手間ひまを要します。
それらを全て、ベストなタイミングで、ベストな方法で行ってこそ、美味しいスイカになるのです。

a0254656_17271792.jpg例えばこの交配作業。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
本来なら、ミツバチなどがその間を飛び回って、受粉します。

a0254656_17284010.jpgしかし、ここは締め切ったハウスの中です。
雄花を摘み取りその花粉を、20節目の雌花に手作業で付け受粉させます。
それは、最も花が元気な10時~11時に毎日行います。

a0254656_17343313.jpg交配作業から、35日をめどに出荷します。
しかし、それは一般流通の場合です。
弊社へ出荷いただく『祭りばやし』は、さらに5日伸ばししっかりと糖度を上げていただいています。

a0254656_17353355.jpg収穫を待つスイカたちの1玉1玉には、着果棒といって、色分けされた目印の棒を横に立てています。
徹底管理されたスイカは、ベストな出荷日を待ち収穫されるのです。

a0254656_17375693.jpg「岡山農園」さんでは、1本の苗から3本のつるを伸ばしスイカを育てます。
でも、実らせるのは、たったの1玉です。
その1株が全力で、たった1玉の至高のスイカを育て上げるのです。

a0254656_17424621.jpg「ホームページで受付をスタートする前から、もうお電話で予約をたくさんいただいています!」そう言うと、
「それは嬉しいですね!今年もしっかりと手をかけて育ててきたので、美味しいスイカになりますよ!お任せください!!」
佑大さんは、自信に満ちた笑顔でそう話しました。

a0254656_17384065.jpg一般流通でスーパーなどで販売されるスイカは、収穫後、約1週間ほどたってから店頭に並びます。
しかし、この『祭りばやし』は、出荷する朝に収穫し即日発送でお届けいたします。
しかも、収穫した中から、選びに選びぬかれた“極選”のスイカのみの数量限定、完全予約制の販売です!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『熊本産スイカ』のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-05-10 17:40 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

黒小玉スイカ今年も順調に成長中!つる引き&交配作業!初出荷は6月上旬です!

FLC日記 2018年4月25日(水) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年(平成30年)もネット独占販売いたします。
a0254656_16312011.jpg
今年も6月上旬からの出荷予定です。

a0254656_16342607.jpg今年は、初回出荷分から、昨年も大好評いただいた黄色い果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』も数量限定で出荷いたします。
スイカらしからぬ黒い果皮で、切ってみると黄色い果肉と言うダブルインパクトで、プレゼントやご贈答にも大好評いただいている商品です。

a0254656_16543353.jpgここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「おかやま農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスの1つです。
4月13日に撮影した、つる引き作業の後の様子です。

a0254656_16585553.jpg以前取材した、「岡山農園」の岡山佑大さんのつる引き作業の様子です。
つる引き作業とは、ハウスの中央から外側に向かって伸びたスイカのつるを、一度中央付近に引き戻す作業のことです。

a0254656_17050996.jpg「この作業の目的は大きく2つあります。実らせるスイカをハウスのベストポジションで育てるためと、もう一つはこうして不要なツルや脇芽をしっかりとかいで(取り除いて)あげるためです。」
そう佑大さんが説明していただいたことを思い出しました。

a0254656_16410800.jpg現在は、交配(受粉)を終えた黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』がこうして元気に成長中です。
黒小玉スイカと言えども、最初はこの様に緑色の果皮をしています。

a0254656_16431754.jpgこちらは、交配作業の様子です。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
本来なら、ミツバチなどがその間を飛び回って、受粉するのですがここは締め切ったハウスの中なので、こうして手作業で交配(受粉)させるのです。

a0254656_16524331.jpg「黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、苗の20節目前後の元気な雌花に交配(受粉)させるのがベストなんです。これは交配を終えたいわばスイカの赤ちゃんです。ハウスの中央と端の間のこの最も適した場所で育てるために、つる引き作業を施してたんです。」と、佑大さん。

a0254656_17281905.jpgまた、交配作業はベストな場所の花に、ベストな時間に行わねばなりません。
それは、花が最も元気な10~11時の時間帯です。
同じように育てても、成長はそれぞれなので、この時期は毎日その時間にハウスに入り交配作業を行います。

a0254656_17432593.jpgこちらは収穫直前の様子です。
見事に1列に黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』が、ハウスの中のベストポジションに並んで成長しています。
その横に立っているのは“着果棒”と言います。
色分けされていて、いつ交配し着果したかがわかるように目印にし、収穫を管理するためのものです。

a0254656_17495405.jpgまた、収穫の時期はスイカ自身も教えてくれます。
収穫のタイミングが来ると、スイカはマグネシウム欠乏により、果実のすぐ上の葉っぱがこのように黄色く色付いてくるのです。

a0254656_17514391.jpg『黒小玉(ひとりじめbonbon)』 は、スイカの黒い果皮も魅力の1つです。
「岡山農園」さんでは、スイカの下にフルーツパットを敷き傷つけないようにしながら、幾度となくまめに玉返しをして、全体に万遍なく日が当たるようにして色むらがないように大事に大事に育てます。

a0254656_17541393.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、そんな「岡山農園」さんのスイカ栽培も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
だからこそ、自信をもってお勧めできるのです。
「岡山農園」さんは、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)と、和功さん佑大さんのご兄弟で、最高級のスイカを育てる、まさに“匠”の農家さんです。

a0254656_17580529.jpgお父様、お母様の豊富な経験と、若いお二人の研究心、新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べるスイカを育てています。

a0254656_17593726.jpg今年も、6月上旬より出荷いたします。
多くのお客様のお声に応え、初回から赤果肉と黄色果肉を、今年からは同時販売いたします。
これからも、惜しまぬ手間ひまと匠の技を、現地取材を重ねご紹介いたします。
「岡山農園」さんの熊本スイカ『黒小玉bonbon』に、今年もぜひご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-04-25 18:02 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本産!大玉スイカ『祭りばやし』今年もネット独占販売!着果と交配作業を現地取材!初回出荷は5月22日

FLC日記 2018年4月19日(木) 晴れ

a0254656_16402441.jpg「この子は着果ができていますね。まもなく着果棒を立てます。これからどんどん大きくなりますよ。最初の着果分は、5月22日(火)の出荷予定です。交配(受粉)作業をしながら、不要な脇芽をきちんと摘んで、手をかけて育てていきますので、今年の『祭りばやし』にも期待して良いですよ!」

a0254656_16424411.jpg1週間前の4月13日、「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』の栽培ハウスを現地取材しました。
「岡山農園」の岡山佑大さんが、着果したスイカを手にそう話してくれました。
a0254656_16435569.jpg


a0254656_16442659.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産大玉スイカ『祭りばやし』をネット独占販売いたします。

a0254656_16463064.jpg熊本県は日本一のスイカの産地です。
「FLCパートナーズストア」では、スイカの匠が育てた、小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』、大玉スイカ『祭りばやし』、そして黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を今年も販売いたします。

a0254656_16495154.jpgここは、熊本県山鹿市にある「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』の栽培ハウスです。
今回も「岡山農園」の岡山佑大さんに取材協力いただきました。

a0254656_16513455.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「岡山農園」さんのスイカ栽培も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_16533463.jpgハウスの奥付近では、佑大さんのお母さんの文代さんが、芽カギ作業を行ていました。
芽カギとは、脇芽を摘み取る作業のことで、そうすることでスイカの株が、スイカの果実に全力を注げるようにするのです。

a0254656_17182878.jpg「岡山農園」さんでは、大玉スイカの場合、3本のツルを伸ばし、1玉のスイカを栽培します。
至高の1玉を育て上げるのです。
ちなみに、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、3本のつるで2玉の栽培です。

a0254656_17081420.jpgスイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
こちらは雄花です。
本来なら、ミツバチなどがその間を飛び回って、受粉します。

a0254656_17103044.jpgしかし、ここは締め切ったハウスの中です。
交配(受粉)は、手作業で行います。
写真はスイカの雌花です。
花の下には小さなスイカが見れますが、このままでは実りません。

a0254656_17120625.jpg雄花を摘み取り、こうして雄花の花粉を、直接雌花につけ受粉させていくのです。
その作業は、最も花が元気な10時~11時に毎日行います。

a0254656_17210059.jpg「大玉スイカの場合、20節目の雌花に交配して着果させるんです。スイカがハウスの中のベストポジションで育つように、つる引きをしているので、中央の通路とハウスの端の真ん中あたりに、収穫前はずらりとスイカが並びますよ!」
佑大さんが着果したてのスイカを手にそう話してくれました。

a0254656_17263524.jpg収穫前の様子がこちらです!
佑大さんのお話通り、ずらりとスイカが並んでますよね!
スイカの横に立っているのは着果棒と言って、色分けされた棒を目印として立て、収穫日をわかるように管理してあります。

a0254656_17302548.jpgその間には、何度も玉返しを行います。
スイカの果実全体に満遍なく日が当たるように、スイカの向きを変える作業です。
そうすることで、スイカ全体が色づき、果実もどこを食べても美味しくなるのです。

a0254656_17371136.jpg大玉スイカ『祭りばやし』は、果肉はしっかりしていて、大玉スイカならではのシャリシャリした食感が楽しめます。
どちらかと言えば、シャリシャリより、サクサクの方がぴったりではないでしょうか!
また、スイカの形状は豊円型で割った時の空洞がないのも特徴の一つです。

a0254656_17394361.jpg「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』は、糖度も12度を超え、スイカの糖度としては最高級です。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの熊本産大玉スイカ『祭りばやし』をネット独占販売いたします。
もちろん今年も、出荷する朝に収穫し即日発送でお届けいたします。
ただし、収穫した中から、選びに選びぬかれた“極選”のスイカのみの数量限定、完全予約制の販売です!
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技を現地取材でご紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-04-19 17:46 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

黒小玉スイカ定植後の様子(2018) 6月上旬からの出荷に向け元気に成長中!

FLC日記 2018年3月19日(月) 雨
「今年(平成30年)は、黒小玉スイカを6月上旬から出荷予定です。赤い果肉の黒小玉スイカと、その分は数は少ないですが黄色い果肉の黒小玉スイカも出せますよ!第1段は定植も終わり、これからしっかり育てていくので、今年もよろしくお願いします。」
匠の農家さん「岡山農園」の岡山佑大さんが、そう力強く話してくれました。
a0254656_16425254.jpg
こちらは、定植5日目の、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の苗です。

a0254656_16445437.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、ネット独占販売いたします。

a0254656_16533342.jpg黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、スイカらしからぬ黒い果皮と、小玉スイカならではの高い糖度、さらには大玉スイカに似たシャキシャキの食感で、大変人気の高いスイカです。

a0254656_16503182.jpgそして今年も、黄色い果肉の黒子玉スイカ『ひとりじめbonbon』も生産しています。
赤果肉の『ひとりじめbonbon』に比べ、食感は若干ソフトですが、スイカらしからぬ黒い果皮で、切ってみると黄色い果肉と言うダブルインパクトで、プレゼントやご贈答にも大好評いただいている商品です。

a0254656_16545242.jpgスイカのシマ模様がわからないほどの黒い果皮で、果肉は赤と黄色の2色をそろえます。
赤果肉のみ、黄色果肉のみでの販売も行いますが、とりわけ、2色の果肉をセットにした商品は大人気で、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
今年は、6月上旬よりの出荷予定です。

a0254656_17010331.jpg3月2日のブログで、苗床で育つ黒小玉スイカの苗たちの様子を、こうして育つまでの接木作業も含め紹介しました。
その様子は、大玉スイカ『祭りばやし』も含め、こちらからご覧いただけますので、ぜひ下記をクリックして見て下さい。

a0254656_17062800.jpgさて本日は定植直後の栽培ハウスの様子を紹介します。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「岡山農園」さんのスイカ栽培も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17092305.jpgここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「岡山農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスの1つです。
始めて見る方は、「この白いピラミッドみたいなのは何?」と思われたことでしょう!

a0254656_17111074.jpgこれは、通称「キャップ」と呼ばれる農業機材で、キャップをかけることで、定植後の苗の保温と保湿ができます。
「岡山農園」の岡山佑大さんに、今年も特別にその中の様子を見せて頂きました。
「苗たちはここに引っ越してきて間もないし、まだ幼いのでこうして守ってあげるんです。」と佑大さん。

a0254656_17262941.jpgこれが定植したばかりの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の苗です。
苗床で育つ様子から見てきた私には、幼いなりにもなんだか力強く見えました。

a0254656_17294447.jpg「この子はキャップからはみ出てますよ!大丈夫ですか?」と言う私に、
「ハハハっ!大丈夫です。むしろそこまで元気に成長していってことですよ!」と佑大さんが笑てます。

a0254656_17313899.jpg「この時期に多少の成長の差があっても、最終的には交配(雌花に雄花の花粉をつけること)して何日目とわかるように管理して出荷するので、スイカの美味しさはきちんとそろうと思います。」と佑大さん。

a0254656_17362134.jpgその様子がこちらです。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界では、ミツバチなどがその間を飛び回って受粉するのですが、ここはハウスの中なので、手作業で交配を行います。

a0254656_17380765.jpg逆の考え方をすると、手作業で交配を行うことで、いつ受粉したかがわかり、収穫日の目安をつけることができるのです。
でも、花が咲き、交配を行い、着果し成長して収穫を迎えるまでは、多くの手間ひまと匠の技が必要です。

a0254656_17474025.jpg「岡山農園」さんは、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)と、和功さん佑大さんのご兄弟で、最高級のスイカを育てる、まさに“匠”です。
お父様、お母様の豊富な経験と、若いお二人の研究心、新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べるスイカを育てています。

a0254656_17543319.jpg「佑大さん!そう言えば今年もすでにスイカもメロンも、昨年購入いただいたお客様から予約が入っていますよ!」と言うと、
「それは嬉しいですね!」と、佑大さん。

a0254656_17563228.jpg「岡山農園」さんでは、熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』も栽培しています。
ですから、黒小玉スイカの赤と黄色のセットや、『肥後グリーン』とのセットも出荷いただいているのです。

a0254656_17583220.jpg『肥後グリーン』は、現在、苗床で元気に成長中です。
もちろん、その様子も取材してきましたし、まもなく行う定植の様子などもきちんと取材しこのブログで紹介していきます。

a0254656_18000384.jpg「スイカの苗が「寒いから早くキャップをかけてよぉ~!」って言ってますよ!」と言うと、
「そうですね!」と佑大さんは笑いながらキャップを元のように丁寧にかけていました。

a0254656_16471379.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの熊本スイカ『黒小玉bonbon』をネット独占販売いたします。
ベストサイズ(2.5kg)位に成長したものの中から特別に選りすぐりの一品を厳選していただきお届けいたします。
これから、惜しまぬ手間ひまと匠の技でしっかりと育てていきます。
その様子はまた現地取材を重ねご紹介いたします。
「岡山農園」さんの熊本スイカ『黒小玉bonbon』に、今年もぜひご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-03-19 18:06 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本産スイカ!苗床の様子を現地取材!今年も「かんぴょうからスイカ」なんです!

FLC日記 2018年3月2日(金) 晴れ時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、大玉スイカ『祭りばやし』と、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年もネット独占販売いたします。
a0254656_16581312.jpg


a0254656_17020664.jpg大玉スイカ『祭りばやし』は、5月20日頃からの出荷予定です。
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、まず赤果肉を6月初旬から出荷します。

a0254656_17034953.jpgそしてさらに、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の赤果肉に加え、昨年も大好評いただいた黄色果肉は、6月20日頃からの出荷予定です。

a0254656_17104890.jpg本日のブログでは、栽培ハウスへの定植に向け、苗床で元気に育つスイカの苗たちを、現地取材してきた様子をご紹介いたします。
ここは、昨日、現地取材した熊本県山鹿市にある「岡山農園」さんの苗床です。

a0254656_18100467.jpg「岡山農園」の岡山佑大さんが、スイカの苗たちの成長の様子をチェックしています。
ここにいるのは、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の赤果肉と黄色果肉たちの苗で、あと1ヶ月半ほどは苗床で育てていきます。

a0254656_18195628.jpg2枚上の写真と違い、こちらはまだ幼い苗です。
クリップで止めてあるのがわかりますか?
実はこの苗たち、根っこと茎、下の双葉までと、その上とでは別の植物なんですよ!

a0254656_18253329.jpgそうなる前の様子を紹介しましょう!
こちらが下の部分となる、「かんぴょう」の苗たちです。
これに、スイカの苗を接木して育てるので、上と下とでは別々の植物となるのです。
かんぴょうは根を張る力が強く、寒さにも強いためその特性をスイカ栽培に活かしています。

a0254656_18282107.jpgこちらが同日に撮影したスイカの苗たちで、かんぴょうより1週間から10日ほど遅らせて播種をして育てます。
それぞれが接木に適した時期まで育て、1本1本惜しまぬ手間ひまをかけ接木するのです。

a0254656_18392779.jpgその様子がこちらです。
佑大さんのお父さんの岡山忠和さんが、接木作業を行ています。
「岡山農園」さんは、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)と、和功さん佑大さんのご兄弟で、最高級のスイカやメロンなどを育てる、まさに“匠の農家さん”です。

a0254656_18425195.jpgお父様、お母様の豊富な経験と、若いお二人の研究心、新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_18444773.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀:写真中央)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18492816.jpgもちろん「岡山農園」さんのスイカ栽培も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
そして時には、こうしてお手伝いをしながら、作物を育てる苦労や喜びをともに感じてきました。

a0254656_18505965.jpg私がお手伝いした接木作業の様子で、その手順を説明しましょう!写真撮影は、佑大さんにお願いしました。
まずは、スイカの苗をカミソリを使って斜めに切ります。

a0254656_18514308.jpg次に、台木となるかんぴょうの双葉より上のところを摘み取り、そこに穴を開けます。
まっすぐに入れないといけないので、とても慎重な作業です。

a0254656_18533475.jpgそして、そこに先ほど斜めに切ったスイカの苗を差し込んでいきます。
そこがうまくできないと、かんぴょうからスイカへ養分が行きません。

a0254656_18551162.jpg最後に、そのつなぎ目あたりを、クリップを使って丁寧に固定し終了です。
「岡山農園」さんでは、この作業を、1シーズンで何千個と行うのです。

a0254656_18580017.jpg私は、たった1つできただけで、思わずピースサイン!
お手伝いをしているのかどうだかわかりませんね(笑)。
もちろん、この1つをスタートに、時間の許す限りお手伝いをしましたよ。

a0254656_19025065.jpgそうして、1つ1つ接木した苗たちを、この時期苗床で集中管理しながら育てています。
ハウスへの定植は、大玉スイカ『祭りばやし』が3月10日前後の予定です。

a0254656_19063846.jpgこちらは、以前取材した定植直後の様子です。
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の第1陣の赤果肉は3月中旬、第2陣の赤果肉と黄色果肉は4月中旬の定植予定です。
「白いピラミッドみたいなのは何?」と思われた方もあることでしょう。
それにつきましては、また後日、今年も定植の様子を現地取材した際に詳しく紹介いたします。

a0254656_19185608.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの、大玉スイカ『祭りばやし』と、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』(赤果肉、黄色果肉)をネット独占販売いたします。

a0254656_19202388.jpg大変ありがたいことに、すでに今年の初回発送分のご注文(ご予約)を頂戴しているほどの大人気商品です。
これからも、その成長の様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまなど、現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-02 19:22 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本産!黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」赤、黄色果肉とも残りわずか!マスクメロンとのコンビも大好評!

FLC日記 2017年7月3日(月) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年もネット独占販売中です!
今年も、赤果肉、黄色果肉の2色のスイカをご用意して、選べる3パターンの商品で、大好評販売中です!
a0254656_18583772.jpg

平成29年度の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の出荷予定日は、残すところわずか3回のみとなりました!

a0254656_18511938.jpgスイカのシマシマ模様がわからないほどの黒い果皮が特徴の黒小玉スイカ。
赤い果肉の『ひとりじめbonbon』は、糖度は、12度以上とスイカとしては大変甘く、さらにはシャリッとした食感が人気です。
小玉スイカが持つ高い糖度と、大玉スイカのようなスイカならではのシャキシャキの食感で、小玉スイカ、大玉スイカの良いトコどりをしたようなスイカなのです。

a0254656_18540839.jpg黄色い果肉の『ひとりじめbonbon』は、スイカらしからぬ黒い果皮で、切ってみると黄色い果肉と言うダブルインパクトで、プレゼントやご贈答にも大好評いただいている商品です。
赤果肉に比べソフトな食感となりますが、糖度はさらにたくなって甘さを求めるならぜひこちらをお選びください!

a0254656_18470090.jpg両方の美味しさを楽しみたい!と思う方には、こちらをおススメ!
赤果肉1玉+黄色果肉1玉の『2色セット』です。
お中元の商品としても今、一番人気です!

<出荷予定>
※平成29年度の出荷予定も残り3回のみです!

平成29年7月7日(金)発送→7月5日17時締め切り
平成29年7月11日(火)発送→7月9日17時締め切り
平成29年7月14日(金)発送→7月12日17時締め切り※今期最終発送!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら! ↓
「FLCパートナーズストア」
『黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』


a0254656_19185002.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、生産農家の「岡山農園」さんに全面協力いただき、出荷日の朝に収穫し即日発送にこだわっています。
ですから、その新鮮さは言うまでもありません。
そのために発送日を決めての完全予約制販売です。
スイカのつるを見ると、その新鮮さは一目でお分かりいただけると思います。

a0254656_19234792.jpgここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「岡山農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスの1つです。
集荷の時期をずらすため、数ヵ所のハウスで栽培しています。

a0254656_19274331.jpg収穫を待つ『黒小玉スイカ』は、フルーツパットと言っていわば座布団のようなものに乗せられ何度も何度も満遍なく日が当たるように玉返しをして育てていきます。
特に、黒小玉スイカの場合、通常のスイカより多くの玉返し作業が必要です。

a0254656_19305721.jpg生産農家の「岡山農園」の岡山佑大さんです。「岡山農園」さんでは、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)の豊富な経験と、息子の岡山和功さん、祐大さんのご兄弟の惜しまぬ手間ひまと向上心、父から子へ受け継がれる“匠の技”で、至高の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』、『肥後グリーン』などなどの農作物を育てるを育てる匠の農家さんです。

a0254656_19385570.jpgこちらは、熊本限定栽培の高級マスクメロン『肥後グリーン』の収穫前の成長のチェックをする佑大さんのお兄さんの和功さんです。
『肥後グリーン』は、高い糖度(17度前後)とシャキッとした食感が人気の高級マスクメロンです。

a0254656_19420339.jpg「岡山農園」さんの『肥後グリーン』は、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
この時期、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』と人気を2分する、超売れ筋の商品です!

a0254656_19445194.jpg2玉入りでの販売で、1玉目はお届けから4~5日ほどで、シャキシャキの食感で味わい、もう1玉は、お届けから1週間ほど待ち追熟させ、マスクメロンらしいトロトロの食感でお召し上がりいただくことをお勧めしています。

a0254656_19492326.jpg「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』、『肥後グリーン』の両方をご堪能いただくため、夏のフルーツ最強コンビの販売も行っています。
ただし、数量限定での、完全予約制販売です。
今年も、完売間違いなしの大人気商品のため、ご注文はとにかくお急ぎください!
a0254656_19595231.jpg

「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』をネット独占販売しています。
今期の出荷予定日は、残すところ3回のみです。
誠に勝手ながら、定数になった場合、予告なしで締め切らせていただきます。

a0254656_19564021.jpg特に黄色果肉の『黒小玉スイカbonbon』は、はなまる人気急上昇中のため、残りがわずかとなってきました!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページの「熊本産スイカ」のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-07-03 20:01 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 赤い果肉と黄色い果肉を本日より発送スタート!

FLC日記 2017年6月20日(火) 晴れのち雨
お待たせしました!
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、本日より、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の出荷をスタートしました!
今年も、赤果肉、黄色果肉の2色のスイカをご用意して、大好評販売中です!
a0254656_16232835.jpg


a0254656_16325419.jpg黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、なんといっても“魅惑の黒小玉”と称される、スイカのシマシマの模様がわからないほどの、黒い果皮が最大の特徴です。

a0254656_16304992.jpg赤い果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、スイカの良いとこどりをしたようなスイカで、小玉スイカならではの高い糖度、さらには大玉スイカに似たシャキシャキの食感で、大変人気の高いスイカです。

a0254656_16390113.jpgそして今年も、黄色い果肉もご用意いたしました。
赤果肉に比べ、若干ソフトな食感ですが、スイカらしからぬ黒い果皮で、切ってみると黄色い果肉と言うダブルインパクトで、プレゼントやご贈答にも大好評いただいている商品です。

<商品ラインナップ>
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』
※2色の果肉の黒小玉スイカをご用意しました!
●赤果肉2玉入り
●黄色果肉2玉入り
●赤果肉1玉+黄色果肉1玉入り
毎回の出荷数を限定した、完全予約制での販売です!

今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!


a0254656_16560839.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「岡山農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスの1つです。

a0254656_16593282.jpgこちらは、昨日の様子で、本日朝一の収穫及び出荷に向け、万全の体制が整えられていました。
収穫するのは、同じ色の“着果棒”を立てられていたスイカです。

a0254656_17015766.jpg着果棒とは、スイカの花の交配(受粉)後、スイカの果実の成長を始める着果を確認した際に、収穫日の目印として立てる色のついた棒のことです。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。

a0254656_17290992.jpgこちらは、雌花に雄花の花粉をつける交配作業の様子です。
自然界では、昆虫たちが雄花と雌花の間を飛び回り、受粉するのですが、ここはハウスの中のため、手作業で受粉させる必要があります。

a0254656_17311178.jpg「岡山農園」さんでは、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の場合、20節目に咲いた雌花に交配させます。
その作業は、最も花が元気な午前10~11時の間にのみ行われます。

a0254656_17371446.jpgスイカの果実が肥大をはじめ、着果が確認できると、その確認できた日で、異なる色の着果棒を立てます。
それから何日後の収穫という目印にするのです。

a0254656_17424406.jpg同じ着果棒のスイカだけを、同じ日に収穫するのです。
果実が一定の大きさになると、フルーツパットと言っていわば座布団のようなものに乗せられ何度も何度も満遍なく日が当たるように玉返しをして育てていきます。

a0254656_17442995.jpg特に、黒小玉スイカの場合、通常のスイカより多くの玉返し作業が必要です。
せっかくの真っ黒な果皮が、玉返しを怠るとムラになってしまうからです。
スイカが実るすぐ上の葉っぱが、収穫前にはマグネシウム不足で枯れてきます。
美味しいスイカが育った証拠でもあるんです。

a0254656_17500336.jpgこちらは、スイカの苗をハウスに定植するまでに育てる苗床の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18031566.jpgもちろん「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
定植直後の黒小玉スイカの苗です。
定植してしばらくは、キャップと呼ばれる白いピラミッド型の農業器材を使って、保温と保湿をします。
特別に外していただいた苗をよく見て下さい!
実は、双葉の下の根っこはかんぴょうの苗なのです。

a0254656_18071673.jpg「笠さんはよくマメに取材に来られますよね!苗床から定植、交配や成長の様子、収穫まで!私たちもこうして手をかけて育てている様子を消費者の皆さんに知っていただいて嬉しいんです!」
「岡山農園」の岡山佑大さんがそう笑顔で話してくれました。

a0254656_18112609.jpg「岡山農園」さんは、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)と、和功さん佑大さんのご兄弟で、最高級のスイカを育てる、まさに“匠”です。
お父様、お母様の豊富な経験と、若いお二人の研究心、新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べるスイカを育てています。

a0254656_18135039.jpgスイカの他には、熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』も栽培しています。
『肥後グリーン』は、抜群の甘さで、はなまる人気急上昇中の高級フルーツです。
糖度17度を超える、メロンの果汁を存分に味わうことがでいます。

a0254656_18174962.jpg最大の特徴は、シャキシャキの食感で味わえる新感覚のマスクメロンと言うことなんです。
昨日、和功さんにお話をうかがいながら、元気に成長する『肥後グリーン』の様子を取材してきましたので、その様子は、また後日あらためて紹介したいと思っています。

a0254656_18205345.jpg平成29年は、6月23日(金)からの出荷です。
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon(赤果肉)』と『肥後グリーン』のセットでの販売も行っています。
スイカはすぐに食べれますし、メロンは数日間の追熟を要しますので、いずれも最旬を食すことができる大人気の商品です。

a0254656_18332012.jpg「FLCパートナーズストア」にご提供いる「岡山農園」さんのスイカもメロンも、出荷日の朝に収穫したものです。
しかも、一般流通用に出荷するのよりも、数日間長く実らせたものを出していただいています。

a0254656_18344151.jpg実は、その数日間でスイカの糖度はグッと上がるんです。
一般流通だと、店頭に並ぶまで1週間ほどかかるので、少し早めに収穫しますが、「FLCパートナーズストア」だと、翌日もしくは翌々日にお客様のところに届くので、しっかり完熟したものを出せるんです!

a0254656_18391512.jpg「FLCパートナーズストア」の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、出荷日の朝に収穫し即日発送しているので、その新鮮さは言うまでもありません。
そのために発送日を決めての予約制としてるわけですから!スイカのつるを見ると、その新鮮さは一目でお分かりいただけると思います。
ですから、数量限定の完全予約制販売なんです!
誠に勝手ながら、定数になった場合、予告なしで出荷予定日の受注を締め切らせていただきます。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページの「熊本産スイカ」のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-20 18:44 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

魅惑の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』、熊本限定栽培高級マスクメロン『肥後グリーン』予約販売受付スタート!

FLC日記 2017年6月7日(水) 雨(昨日より梅雨入り)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年)も、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』、熊本限定栽培の高級マスクメロン『肥後グリーン』を、ネット独占販売いたします。
いずれも、本日より予約販売の受付をスタートしました!
a0254656_17013096.jpg
<出荷予定>
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』
※2色の果肉の黒小玉スイカをご用意しました!
●赤果肉2玉入り
●赤果肉1玉+黄色果肉1玉入り
●黄色果肉2玉入り
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、上記いずれも、6月20日(火)より発送スタート

a0254656_17015246.jpg
<出荷予定>
高級マスクメロン『肥後グリーン』
●1玉 2.5~2.8kg×2個入り 
●特選大玉!1玉3~3.5kg×2個入り
高級マスクメロン『肥後グリーン』は、上記いずれも6月23日(金)より発送スタート!

a0254656_17393572.jpgまた、昨年もこの大人気2商品をセットにした、熊本メロン『肥後グリーン』×1個+熊本黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』×1個のセットの販売も行います。
こちらは、肥後グリーンの出荷と同じ、6月23日(金)よりの発送です。

a0254656_17492146.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!ここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「岡山農園」さんの栽培ハウスです。このハウスでは、大玉スイカ『祭りばやし』、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を栽培しています。このような連棟建ての広い広いハウスで、スイカやメロン、キュウリなどを栽培する農家さんです。

a0254656_18023588.jpg「岡山農園」さんでは、岡山忠和さんの長年の経験と高い技術力、奥様の文代さんの惜しまぬ手間ひま、さらに息子の和功さん佑大さんのご兄弟の研究心新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べるスイカやメロンを育てる匠の農家さんです。

a0254656_18074623.jpg現在大好評販売中の大玉スイカ『祭りばやし』も、毎回の出荷予定数が常に完売する人気で、本日より予約受付をスタートした『ひとりじめbonbon』、『肥後グリーン』も、すでに昨年よりご予約を頂戴しているほど、リピート率の高いスイカやメロンを毎年育て上げます。

a0254656_18205424.jpgこちらは、1週間ほど前の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスの様子です。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18255399.jpg「岡山農園」さんの各作物の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
これは11月下旬のスイカの接木作業と苗床の様子で、中央に写っているのは私です。
時にはこうして作業のお手伝いも行っています。

a0254656_18272417.jpgこちらも1週間ほど前に取材した『肥後グリーン』の成長の様子で、岡山佑大さんにまもなくネットが入り始める旨を説明頂きました。
高級マスクメロン『肥後グリーン』については、先日のブログで詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください!


a0254656_18335165.jpg黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、スイカらしからぬ黒い果皮と、小玉スイカならではの高い糖度、さらには大玉スイカに似たシャキシャキの食感で、大変人気の高いスイカです。

a0254656_18355842.jpgそして今年も、黄色い果肉の黒子様スイカ『ひとりじめbonbon』もご用意いたしました。
赤果肉の『ひとりじめbonbon』に比べ、若干ソフトな食感ですが、スイカらしからぬ黒い果皮で、切ってみると黄色い果肉と言うダブルインパクトで、プレゼントやご贈答にも大好評いただいている商品です。

a0254656_18392899.jpgスイカのシマしま模様がわからないほどの黒い果皮で、果肉は赤と黄色の2色をそろえています。
とりわけ、2色の果肉の商品は大人気で、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。

a0254656_18412957.jpg美味しいスイカを育て上げるには、多くの手間ひまと高い技術力、さらには徹底した管理能力が必要です。
こちらは、接木作業の様子です。
「岡山農園」さんでは、かんぴょうや冬瓜の苗にスイカを接木して栽培しています。

a0254656_18485847.jpg現地取材は主に、岡山佑大さんに協力いただいています。
「基本的には、大玉スイカはかんぴょう、小玉スイカは冬瓜に接木をしてスイカを育てるんです。かんぴょうや冬瓜の根っこは、スイカより根っこが伸びる力が強いので、それを利用して育てています。ですから、この苗は、2つの植物が合体したものなんですよ!」と佑大さん!
こんな話、苗床に伺わないと、なかなか聞けませんよね!

a0254656_18525061.jpgスイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界では、昆虫たちが雄花と雌花の間を飛び回り、受粉するのですが、美味しいスイカを育てるためには、手作業で受粉させる必要があります。

a0254656_18552488.jpg至高の1玉を作り上げるために、元気な雄花の花粉を雌花に着けていきます。
「岡山農園」さんでは、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の場合、20節目に咲いた雌花に交配させます。
その作業は、最も花が元気な午前10~11時の間にのみ行われます。
交配を1つ1つ手作業で行うのには、理由があります。

a0254656_19011231.jpg以前取材した収穫前の様子です。
スイカの前に色の違う棒が立っていますよね。
その棒を“着果棒”と言います。
同じように育てても、それぞれの成長も異なり、もちろん交配も時期も変わってきます。
スイカは、交配した日から数えた日数により収穫の時期を迎えるため、色の違う着果棒で収穫時期を管理しているのです。

a0254656_19040617.jpg収穫前にはフルーツパットと呼ばれるいわば座布団のようなものに乗せ育てます。
そして、何度も何度も満遍なく日が当たるように玉返しをします。

a0254656_19071501.jpg特に、黒小玉スイカの場合、通常のスイカより多くの玉返し作業が必要です。
せっかくの真っ黒な果皮が、玉返しを怠るとムラになってしまうからです。
惜しまぬ手間ひまをかけ育てるからこそ、黒小玉スイカが育つのです。

a0254656_19192039.jpg「FLCパートナーズストア」にご提供いる「岡山農園」さんのスイカもメロンも、出荷日の朝に収穫したものです。
しかも、一般流通用に出荷するのよりも、数日間長く実らせたものを出していただいています。
実は、その数日間でスイカやメロンの糖度はグッと上がるんです。
一般流通だと、店頭に並ぶまで1週間ほどかかるので、少し早めに収穫しますが、弊社では出荷後、翌日もしくは翌々日にお客様のところに届くので、しっかり完熟したものを出せるんです!

a0254656_19293796.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』及び熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』をネット独占販売いたします。
朝採り、即日発送のため、数量限定の完全予約制販売です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂く場合がございます。
ご注文(ご予約)は、お急ぎください!!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-07 19:32 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

大玉スイカ『祭りばやし』 今年も「岡山農園」さんの『祭りばやし』をネット独占販売!本日より受注スタート!

FLC日記 2017年5月18日(木) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年)も、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産大玉スイカ『祭りばやし』をネット独占販売いたします。
a0254656_17283380.jpg
本日より、予約販売の受付をスタートしました!
収穫した中から、選びに選び抜いた“極選”の『祭りばやし』を出荷するため、毎回の出荷数を限定した、完全予約制での販売です。
初回の出荷日は5月26日(金)です!
以降、毎週火曜日と金曜日の出荷です。

a0254656_17321226.jpg朝採り新鮮そのものを、即日発送でお届けいたします。
1玉入りと、お買い得な2玉入りでの販売です。
大玉スイカならではのあのサクッとした食感と、糖度12度を超えるみずみずしい果汁をご賞味ください!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方はこちら! ↓

「FLCパートナーズストア」
「熊本産スイカ」



a0254656_17395411.jpgここは、熊本県山鹿市鹿央町の匠の農家さん「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』の栽培ハウスです。
太陽の光と、大地の恵、「岡山農園」さんのたくさんの愛情を受け、現在とても元気に成長中です!

a0254656_17450400.jpgスイカの1玉1玉には、着果棒といって、色分けされた目印の棒を横に立てています。
交配(受粉)の時からスイカ達は管理され、出荷する日にちの目安にするのです。

a0254656_17503174.jpgこちらは、この時期に行われる、最後の作業“玉返し”の作業の様子です。
玉返しとは、スイカの成長の過程で、果実に満遍なく陽が当たり全体的にしっかりと色づき、スイカを丸々全て甘く育てるために、スイカの向きを変える作業のことです。
「岡山農園」さんでは、1玉のスイカを育て上げるのに、5回か6回ほどは玉返しをします。

a0254656_17534804.jpg「岡山農園」さんは、岡山和功さん、岡山祐大さん(写真)のご兄弟と、お父様の忠和さん、お母様の文代さんの惜しまぬ手間ひまと徹底管理で、最高級のスイカやメロン、様々な野菜を育てる、まさに“匠”の農家さんです。

a0254656_18052172.jpgこちらは、苗床の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18081839.jpgもちろん、「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
元気に芽吹いていますが、実はこれスイカではなく、かんぴょうの苗なんです。

a0254656_18104866.jpg同時期のスイカの苗はコチラ。
よく見ると、スイカの黒い種があるのがわかると思います。
かんぴょうより1週間ほど遅らせて種を撒きます。
スイカなのになぜかんぴょう?
せっかく芽吹いてるのになぜ切り取られてるの?

a0254656_18132868.jpgそう思われた方も多いはず!
実は、スイカは、かんぴょうの苗に接木して育てるのです。
スイカの苗を斜めに切り、かんぴょうの苗の双葉の間に穴をあけ、そこにスイカの苗を接いで育てます。

a0254656_18151837.jpg双葉までがかんぴょうで、その先はスイカです。
根を張る力が強いかんぴょうにスイカを接いで育てることで、スイカは元気に育ちます。
先ほど、年間を通して現地取材していると申しましたが、時にはお手伝いもしています。

a0254656_18210869.jpgその様子がコチラ!
和功さんにご指導いただきながら、スイカの接木作業を行っています。
こうしてお手伝いをしながら、作物を育てる苦労や喜びをともに感じてきました。

a0254656_18251696.jpg苗床で一定期間育て、栽培ハウスに定植します。
「もしかしたらこの苗は、笠さんが継いだものかもしれませんね!」
佑大さんがそう言いながら笑っています。

a0254656_18365376.jpg定植後は様々な作業が待っています。
芽カギ、つる引き、交配(受粉)(写真)、摘果、着果棒立て、玉返しなどなどです。
それらの作業を、ベストなタイミングで、的確な方法で行ってこそ、美味しいスイカになるのです。

a0254656_18423210.jpg「岡山農園」さんでは、1本の苗から3本のつるを伸ばしスイカを育てます。
でも、実らせるのは、たったの1玉です。
その1株が全力で、たった1玉の至高のスイカを育て上げるのです。

a0254656_18413177.jpgちなみに、スイカの果皮にある白い粉のようなものは、ブルーム(bloom:果紛)です。
ぶどうやキュウリ、リンゴなどではよく見かけますよね。
果実の水分蒸発を防ぎ、病気などから果実を保護するために、果実から自然に分泌されている天然物質で、人体には全く無害なものなんですよ。

a0254656_18491234.jpg全く問題ないブルームですが、「岡山農園」さんではスイカをきれいにふきあげ、緑と黒のシマシマがきちんとわかるようにして出荷します。
もちろん、その新鮮さがよくわかるように、こうしてツルをつけたままでの出荷です。

a0254656_18572299.jpg大玉スイカ]『祭りばやし』は、豊円型で割った時の空洞がないのも特徴の一つです。
果肉はしっかりしていて、大玉スイカならではのシャリシャリした食感が楽しめます。
どちらかと言えば、シャリシャリより、サクサクの方がぴったりではないでしょうか!
糖度も12度を超え、スイカの糖度としては最高級です。

a0254656_19033118.jpg一般流通でスーパーなどで販売されるスイカは、収穫後、約1週間ほどたってから店頭に並びます。
しかし、弊社の『祭りばやし』は、出荷する朝に収穫し即日発送でお届けいたします。
しかも、収穫した中から、選びに選びぬかれた“極選”のスイカのみの数量限定、完全予約制の販売です!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『熊本産スイカ』のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-18 19:06 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)