ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:菊池市( 38 )

第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in菊池市(初日)に行ってきました!(前編)

FLC日記 2016年12月3日(土) 晴れ
本日(12月3日(土))、第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in菊池市に行ってきました。
「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」は、国内外のお米を一同に集め、これを審査・評価することにより、安全性や糧食性を求め、「良質な米作り」に日々精進する生産者・生産団体を支援し、さらにこれを認めることを目的とした大会です。
a0254656_1751158.jpg

a0254656_17111768.jpg今回で、第18回目を迎えるこの大会が、熊本県菊池市で開催されました。
会場は、菊池市総合体育館で、メインアリーナを主会場としサブアリーナ、さらには特設会場を設けた広場で行われました。

a0254656_17151454.jpg菊池市は、清らかな水、豊かな大地で、たくさんの農作物が育てられえいます。
菊池市七城町で育つ『七城の米』は、全国的にも高い評価をされ、菊池市は日本有数の米どころです。
七城町砂田のお米、『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われたたお米で、“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。

a0254656_1727650.jpg開会開始を前に、くまモンが場内を盛り上げてくれました。
県内外からたくさんのお客様が訪れています。
この大会を、菊池市はもとより、熊本県も全面バックアップしています。

a0254656_1729328.jpg今回は、全世界からなんと5,671ものお米の出品があり、過去最高の検体数なのだそうです。
機械による全検体の検査を1次審査、2次審査で行い、最終審査にノミネートされたお米を、本日、明日で食味鑑定士の方々の試食による厳正な審査が行われます。

a0254656_17365288.jpgその中のお一人は、熊本県菊池市在住の堤公博さんです。
堤公博さんは、“米・食味鑑定士”で、雑穀エキスパートです!!
また、九州米粉食品普及推進協議会の会長などたくさんの役職をしながら、自らも無農薬でお米を育てています。

a0254656_17451365.png堤さんが育てたお米は、この米・食味分析鑑定コンクール:国際大会において、2度も日本一に輝きました。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、堤さんのお米を販売しています。

a0254656_17394745.jpgしかし、堤さんが育てるお米は、もうすでに何年も先まで予約でいっぱいのため、弊社では無農薬・無化学肥料で育てた『雑穀米』、『発芽玄米』の販売を行っています。

↓ 今すぐ購入)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『無農薬雑穀米・発芽玄米』


a0254656_1753090.jpg大会は、木村菊池市副市長の開会宣言の後、米・食味鑑定士協会の鈴木秀之会長(写真)の主催者挨拶で始まりました。
この度の熊本地震のお見舞い、私たちの人の主食のお米を、より美味しく、そして国際社会にも勝ち抜けるものとして、推進していきたいとのお話をいただきました。

a0254656_17542272.jpgその後、江頭実菊池市長、蒲島郁夫熊本県県知事、坂本哲志衆議院議員、吉永和世熊本県議会議長、森清孝菊池市議会議長のご祝辞を頂戴し、来賓紹介、祝電披露と進み開会式を終えました。

a0254656_2050088.jpgさて、開会式終了後は、いよいよお米の食味分析鑑定に移ります。
初日の今日は、まず国際総合部門の30名の審査員による官能審査が行われました。
審査に基準等は明日のブログで詳しくお話しするとして、本日は会場全体の様子を紹介します。

a0254656_20532898.jpgこちらは、菊池市総合体育館の正面玄関です。
大きな看板が掲げられています。
入館するとまず目にするのが・・・

a0254656_2055419.jpgこちらの“復光”の文字です。
間違っているのではありません。
菊池市では、熊本地震からの「復興」を“復光”として、明るい光を取り戻そうと取り組んでいます。

a0254656_2114922.jpgメイン会場内には、菊池市の一番の観光名所である「菊池渓谷」の震災前と震災後の写真が展示されていました。
現在も、菊池市内から菊池渓谷へ向かう県道45号線は通行止めのままです。

a0254656_2154745.jpgもちろん菊池渓谷内も遊歩道や橋の復旧もできていない状況で、もちろん菊池渓谷には入れません。
県道45号線は、現在、年内の復旧を目指し、全力で工事が進んでいます。
工事が完了し、菊池渓谷内に重機等が入れるようになれば、復旧も進むと思われます。
本来なら、美しい紅葉を見ることができるこの時期には、多くの観光客が訪れるのですが、今年は全く無理のようです。

a0254656_2112223.jpg審査会場となる体育館を出ると、そこには大きなテントが設営してあり、菊池市食の祭典「復光2016」と題し、菊池市のたくさんの美味しいものが販売されていました。

a0254656_21172178.jpg朝採りの野菜や果物は、どれもみずみずしく新鮮そのもの!
大きな白菜にキャベツ、ニンジン、株やダイコン、ホウレンソウもありましたね!
しかも大特価での販売です。
遠方よりのお客様は、「ほしいけど持って帰るのがねぇ~。」と、とても残念そうでした。
七城町の道の駅「メロンドーム」名物のメロンパンも販売されていましたよ。

a0254656_21245239.jpgこちらは、菊池市の名産品のお土産を販売するブースです。
やはり、全国から集まった方々は、せっかくなのでお土産を買って帰りたいものですよね。
もちろん、飲食類の販売も行っています。

a0254656_2127726.jpgひときわ目を引いていたのが、米粉で作りピザの販売です。
このお二人は、先ほど紹介した堤さんの奥様と娘さんです。
米粉を使ったピザ生地に、なんと馬刺しの燻製を乗せたピザを販売していました。

a0254656_21295776.jpg堤さんのご自宅には、私は時々お邪魔するので、このお二人ともすっかり仲良しです。
「焼き立てのピザを提供してるけど、今ずいぶん待ってもらってるの、焼きあがったら声かけるから笠くんも食べにおいで!」と奥様に声をかけていただきました。

a0254656_2129086.jpgすぐ横で、本当にピザが焼かれています。
これは家庭用のピザ窯で、なんと堤さんが大手家電メーカーのタイガーさんに依頼して商品化したものだということでした。

a0254656_21374090.jpgこれが、お世辞抜きで本当に美味いんです!
米粉のピザ生地だからでしょうか、割と厚めの生地ですが、ほんとサックサクで、何枚でも食べれる感じなんです。
明日も取材に行く予定なので、絶対に食べようと思っています。

a0254656_21411862.jpgお昼時には、たくさんの方が食事を楽しんでいます。
やはり、少し肌寒かったせいか、うどん、カレー、ぜんざい、のっぺじるなどが人気の様でした。
食事を楽しむのだけでも、十分に来る価値はあると思います。

a0254656_21451123.jpg農業器材などを紹介するブースにも、たくさんの人がやってきていました。
専門的な機材や、美味しい作物を育てるための、有機肥料などなど、私も興味あるものばかりです。
明日はぜひ、しっかりと見て回りたいと思っています。

a0254656_2148467.jpgコンクール会場では、厳正なる審査が行われています。
新聞やテレビ局など多くのメディアも取材に来ていました。
少々長くなりましたので、この続きはまた明日のブログで紹介いたします。
明日のブログもお見逃しなく!!

↓ 翌日のブログ、アップしました! ↓

FLC日記 2016年12月4日(日) 雨
第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in菊池市(初日)に行ってきました!(後編)



FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2016-12-03 21:52 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

菊池アートフェスティバル in 龍門 に行ってきました!後編

FLC日記 2016年11月7日(月) 晴れ
本日は、昨日に続き、「菊池アートフェスティバル in 龍門」についてご紹介いたします。
a0254656_16371399.jpg

↓ 昨日のブログはコチラ! ↓
FLC日記 2016年11月6日(日)
菊池アートフェスティバル in 龍門
に行ってきました!前編


「菊池アートフェスティバル in 龍門」は、龍門ふるさと祭り30回記念で、菊池アートフェスティバル実行委員会が主催として開催されたイベントで、2016年11月3日(水)~11月6日(日)に開催されました。

a0254656_1638481.jpg会場は、熊本県菊池市、龍門地区にある、廃校となった龍門小学校跡地です。
私が伺った、11月6日(日)は、最終日と言うこともあり、グランドの仮設駐車場は、県内外からの車で満車状態!
主に、各教室でアートの展示があり、中庭やグラウンドでは、マルシェも開催されていました。

a0254656_16443016.jpg昼食を兼ねて伺ったのですが、もちろんその前に、たくさんのアート作品を鑑賞しました。
こちらは、様々な道具や小物、生き物、食材などが暮らす、架空のマンションとのこと!

a0254656_16465483.jpgこうして、1部屋1部屋に、誰かしらが暮らしています。
こちらは、“コマ”さんのお部屋のようです。
ちなみに、お隣は“はなび”さんのお部屋で、“けしゴム”や“ざっそう”、“ねんど”なんて住人もいました。

a0254656_1650816.jpgさらに面白いのが、それぞれの部屋の下には、このような冊子が入っていて、各住人の暮らしぶりを覗くことができるんです。
これは、“シーフードヌードル”さんのある一日。

a0254656_16523844.jpgなんだか疲れた“シーフードヌードル”さんは、海にでも行ってみようとしました。
全てが、このような絵日記風(コメント入りの絵)で、描かれていて、すごく見やすいんです。

a0254656_1656944.jpg海は落ち着く「サイコー」と言うことで、すっかりリフレッシュした“シーフードヌードル”さんは、ついでにご飯を食べていこうと釣りを始めます。
エビ、タコ、イカ、ホタテ貝などを釣り上げていましたが、共食いなのでは?と思っちゃいました。

a0254656_170560.jpgその場で参加できるコーナーもたくさんありました。
こちらは、ワインのコルクに色を塗って、人形にしています。
こんな小さなお子さんたちが参加していました。

a0254656_1722895.jpgうまくできるのかなぁ?と近づいてみると、いやはや、これがなんとも上手なんです。
筆を使って、きちんと色を塗っています。
コルクの形から連想したものを、色を塗って仕上げていきます。

a0254656_1743760.jpgこちらは、見本の作品です。
やはり動物が多いようです。
ワインのコルクでアートができるんですね!
私も、飲むばかりではなく、次回はそんな発想をしてみたいものです。

a0254656_17283257.jpg各教室はもとより、廊下もアート作品の展示場になっていました。
これは、超巨大なブルーベリーパイでしょうか?
私も、ブルーベリーを栽培しているので、こんな大きなブルーベリーなら、収穫が大変だろうな!なんて思いながら眺めていました。

a0254656_17304564.jpg一方こちらは、めちゃくちゃ小さな折り鶴です。
タバコの銀紙を使って折ったのだそうですが、鶴に亀、兜まであります。
タバコの銀紙を使ったものでは、自称「世界一の小ささ」なんだそうです!(笑)

a0254656_1734196.jpgなんだかいい香りに誘われて、教室を覗いてみると、そこには“抹茶”を使ったアート作品が展示されていました。
赤いカーペットに抹茶の濃い緑のコントラストが鮮やかですね!

a0254656_17363871.jpg随分とお腹もすいてきたので、校舎を出て、中庭のマルシェのフードコーナーに行ってみました。
ここでは、本当に様々ないい香りがしています。
ひときわいい香りがしたのはコチラ!

a0254656_17392938.jpgキーマカレーのお店です。
その香りに誘われて、たくさんのお客様が行列に並んでいました。
私も食べたかったのですが、腹ペコで待つのが厳しく断念。

a0254656_17415086.jpg出来上がりの写真だけを撮らせていただきました。
なんともおいしそうです!
味の感想を伝えることはできませんが、十分に美味しさが伝わったことだと思います。

a0254656_1744663.jpgさんざん悩んだあげく、私は「タコライス」と「ハッシュドビーフ」を食べることにしました。
タコライスは、レタスのシャキシャキ感をかみしめながら味わうと、ちょっとだけスパイシーなお肉がジューシーに口の中に広がっていきます。
チーズもトッピングされていて、辛さがマイルドになり私好みでした。
しっかりと煮込まれたハッシュドビーフも文句のつけようがない美味しさでした。

a0254656_17482196.jpgたくさんの子供たちが集まっているショップがありました。
どうやら「かき氷」のお店のようです。
11月と思えない暖かさで、「かき氷」が人気のようです。
ん?でも、そこには自転車がありますよ。

a0254656_17513196.jpg自転車のこぐ動力でかき氷を作る、『自転車かき氷屋さん』とのこと!
先ほどのちびっこもそうでしたが、お客さん自らが自転車をこいでかき氷を作っています。
販売しているのは、「友作農園」です。

a0254656_17544523.jpg『自転車かき氷』にかけるシロップにもこだわっていて、こちらは自家製のイチゴのシロップです。
一般的なシロップと違って、後付けの香りではないイチゴの甘い香りがしています。
「友作農園」さんでは、西村友作さんと奥様の仲良しご夫婦で、熊本県菊池市木庭で、オーガニックの野菜を生産しているとのことです。

a0254656_17593351.jpg行列が途切れるのを待ち、とっても気さくなお二人とついつい話し込んでしまいました。
ぜひ一度、その栽培地に遊びに行ってみたいものです。
「友作農園」さんのフェイスブックがありました。
ぜひのぞいてみてください!

↓ 友作農園さんのフェイスブックページ ↓
友作農園 友作野菜


a0254656_1895254.jpgそうこうしていると、体育館でパフォーマンスが始まりました。
書道とタップダンスを融合させたアートです。
自己紹介の後、タップダンスがあり、その後、見事な書が披露されました。

a0254656_1871064.jpgもちろん、最後には書とタップダンスの共演です。
そこに示された文字は、

再び帰らぬ時なれば このひとときに 命燃やさん
菊池 魂
そして、“感謝”の文字。
熊本地震からの復興を目指し、各地でパフォーマンスをしているとのことでした。

a0254656_18195499.jpgこちらは、あまりにも可愛い赤ちゃんなので、お父さんと一緒にツーショットを撮らせていただきました。
一昨日は、たくさんのアートを鑑賞でき、美味しい食事もいただいて、たくさんの笑顔といろんな出会いもあった、とても有意義な一日でした。

a0254656_1827406.jpg本日は、「菊池アートフェスティバル in 龍門」の様子を昨日に続き紹介しましたが、株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)は、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営しています。
こちらは、本社社屋です。

a0254656_18361844.jpgまもなく収穫を迎える『水源キウイ』です。
私は熊本県菊池市、菊池水源の山奥で、自ら畑を耕し、果樹を育て、原木しいたけを栽培し、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しながら、株式会社旬援隊のネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営しています。

a0254656_18441341.jpg「FLCパートナーズストア」では、契約農家の「わが家の専用農家さん」が育てる“本物”と呼べる様々な旬の食材を販売しています。
他ではなかなか手に入れることのできない、弊社のネット独占販売商品ばかりです。
こちらは現在、大好評発売中の『種なしかぼす』です。

a0254656_18401833.jpgお客様に食材を案内するためには、自らも農業を行って、生産者であり消費者でもある立場から、きちんと紹介したいと考え、この地に会社を作り、自らも農業を営んでいます。
こちらは、エゴマの収穫の様子です。

a0254656_1847889.jpgそして弊社で販売する、全ての商品の作付地に、年間を通して現地取材してこのブログで紹介しています。
こちらは、先ほど紹介した「古川果樹園」さんの無農薬で育てた『種なしかぼす』の収穫の様子です。

a0254656_18492184.png「FLCパートナーズストア」で販売する、『熊本のお米』、最旬フルーツ、新鮮野菜などなどは、他では手に入れることのできない、弊社のネット独占販売商品ばかりです。
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをご覧下さい!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2016-11-07 18:51 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

菊池アートフェスティバル in 龍門 に行ってきました!前編

FLC日記 2016年11月6日(日) 晴れ

a0254656_17465411.jpg2016年11月3日(水)~11月6日(日)に開催された、「菊池アートフェスティバル in 龍門」に行ってきました。
本日は最終日!
ご家族連れや、カップル、たくさんの子供たちもいて、大賑わいです!
a0254656_17481448.jpg
「菊池アートフェスティバル in 龍門」は、龍門ふるさと祭り30回記念で、菊池アートフェスティバル実行委員会が主催として開催されたイベントです。

a0254656_17582821.jpg会場は、熊本県菊池市、龍門地区にある、廃校となった龍門小学校跡地です。
お昼前に伺うと、駐車場は満車でしたが、係の方の誘導で1台分だけ空いていて、ラッキーでした!

a0254656_1805464.jpgさっそくアート作品が迎えてくれました。
これらは、11月3日(水)にチェーンソウアートにより作られた作品たちです。
丸太をチェーンソウ1本で切りつけながら作られた鳥や人や動物たちは、どれも本当に素晴らしいものでした。

a0254656_1834153.jpgこの、木の葉を食べているキリンなんて、今にも動き出しそうです!
ご覧ください!
とても優しいキリンの表情が、製作者の方の美しい心が映し出されているかのようでした。

a0254656_1881349.jpg校舎の中庭や、グランドでは“マルシェ”も開催されていました。
「マルシェ」とは、フランス語で“市場”という意味です。
よく、食品販売のお店が並ぶところだと思われがちですが、食品だけではなく、雑貨や衣服、花などが販売されています。

a0254656_18114417.jpgお腹もすいてきて、販売されている商品もすごく気になるところですが、まずはアートに触れてみることにしました。
多くのアート作品は、校舎の中の教室に展示されているようです。

a0254656_18162039.jpgその前に、菊池市龍門地区と言えば、こちらの「竜門ダム」を紹介しないわけにはいけません。
ダムの上は、車が通れる道路になっていて、歩いて渡ることもできます。

a0254656_1819561.jpgダムの逆サイドは、下をのぞき込むと身震いするような高さです。
それもそのはず!
重力式コンクリート・フィル複合ダムの中では、高さ(堤高順)が日本で一番高いのが、この「竜門ダム」なんです。
その高さは、約100mあります。
(正確には、堤高99.5m、堤頂長620m、総貯水量4250万m3です)

a0254656_18211782.jpg「竜門ダム」によってできたこの湖を「斑蛇口湖」と言います。
ここ斑蛇口湖には2,000 mのボートレース場があります。
国体をはじめ、各種の全国大会など数々の大会が行われると共に練習場としても使用されています。

a0254656_18251829.jpg「竜門ダム」一帯で、2014年の夏、ギネス記録が生まれました!!
世界一長い流しソーメンに挑戦する「菊池世界一プロジェクト」が熊本県立菊池高校の生徒たちの発案で行われ、見事、達成!

a0254656_1830961.jpg記録は なんと3,328.38m!
この記録は、「ギネスブック」に掲載されました。
橋を渡り、トンネルを抜け、壮大な移動距離です!
私もついつい「頑張れそうめん!」と声を出し応援しました。
たった一握りのそうめんが、みんなの力で3,328.38mを流れ着いたのです。
詳しい様子は、以前のブログでご紹介していますので、ぜひご覧ください!!

FLC日記 2014年7月27日(日)
菊池の高校生が世界一達成!!世界一長いそうめん流し「3328.38m」がギネスブックに登録されます!

a0254656_18391133.jpgさて、前置きが随分と長くなりましたが、各教室の中には、アート作品がいっぱいです!
こちらは、まるで写真のようですが、絵画なんですよ!

a0254656_18411144.jpg鎌田雅臣さんと言う方の作品です。
「未来へ」と言う作品名がつけられていました。
表情もさることながら、影の部分なんてすばらしすぎます!
展示作品だけでなく、作者自らが作品を作ったり、紹介したりもしていました。

a0254656_18501127.jpgこちらでは、「竹筆」を使った所が紹介されています。
「竹筆」なるものを私は初めて見ました。
右側に展示販売されているのが、その竹筆です。
来場者の方が、竹筆を使って実際に文字を書いています。

a0254656_18593868.jpg校舎の一部も、アート作品になっていました。
とても懐かしい感じがする、校舎によくある水道ですが、その蛇口から水に例えた感じで木くずを使って何かを表現されているようです。

a0254656_19554100.jpg現在の菊池市一帯を、戦国時代まで統治していた「菊池一族」も、とてもかっこいい今風のイラストで紹介されていました。
15代の菊池武光公は、元寇(蒙古襲来)に際して一族を挙げて戦い、が『蒙古襲来絵詞』に描かれていほどの活躍を残しています。

a0254656_1916505.jpgなんだか、この書は私の今の心に強く響いてしまいました。
私の座右の銘は、「人生前向き!声出していこう!!」なのですが、相通じるものがあるような気がしました。
まだまだ紹介したいことは、たくさんあるのですが、少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介いたします。
グルメコーナーの紹介もしますが、そのさわりを少しだけ!

a0254656_19202540.jpgこちらは、『自転車かき氷』を販売されていた、「友作農園」さん。
オーガニックの野菜を作り、販売されているとのこと!
この日は、手作りのシロップ(ジャム)を使ったかき氷を販売されていました。
すごく気さくなお二人です。
明日のブログで詳しく紹介します。

↓ 翌日のブログアップしました! ↓
FLC日記 2016年11月7日(月)
菊池アートフェスティバル in 龍門
に行ってきました!後編


a0254656_19305418.jpg本日は、「菊池アートフェスティバル in 龍門」の様子を紹介しましたが、私は熊本県菊池市、菊池水源の山奥で、自ら畑を耕し、果樹を育て、原木しいたけを栽培し、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しながら、株式会社旬援隊のネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営しています。
これは9月中旬の上の段の畑の様子です。

a0254656_19255414.png「FLCパートナーズストア」では、契約農家の「わが家の専用農家さん」が育てる“本物”と呼べる様々な旬の食材を販売しています。
お客様に食材を案内するためには、自らも農業を行って、生産者であり消費者でもある立場から、きちんと紹介したいと考え、この地に会社を作り頑張っています。

a0254656_19381358.jpgそして弊社で販売するすべての商品の作付地に、年間を通して現地取材してこのブログで紹介しています。
こちらは、「小春農園」さんの『ザ・みかん』の収穫の様子です。
a0254656_1940227.jpg
『熊本のお米』、最旬フルーツ、新鮮野菜などなど、他では手に入れることのできない、弊社のネット独占販売商品ばかりです。
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをご覧下さい!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2016-11-06 19:41 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

きくちみんなでマルシェ(2016)に行ってきました!

FLC日記 2016年5月22日(日) 晴れ
本日、『きくちみんなでマルシェ』に行ってきました!
とても気持ちのいい晴天と、5月とは思えないほどの日差しの中、県内外から多くの方が訪れていました!
会場は、熊本県菊池市にある、市民広場です!
a0254656_17522741.jpg

a0254656_1805455.jpg「マルシェ」とは、フランス語で“市場”という意味です。
よく、食品販売のお店が並ぶところだと思われがちですが、食品だけではなく、様々なものを売る“マーケット”と言ったところでしょうか。

a0254656_1813863.jpg当初の予定では、4月29日に開催でした。
しかし、4月16日未明に起きた「熊本地震」により、中止も検討されましたが、本日に延期となり開催されたのです。
23日ほど遅れたことで、花を売る店舗には、美しいアジサイの花が販売されていました。

a0254656_1862875.jpg「熊本地震」の支援金のブースも設けられ、多くの方が寄付をしていました。
また、来場するだけでくじ引きがあり、温泉の招待券などの商品も用意されていたようです。

a0254656_1884545.jpgとにかくすごい賑わいです。
30℃を超える暑さで、一番人気は「かき氷」のお店だったようです。
私も食べたかったのですが、あの長蛇の列に並ぶことに耐えられず断念・・・。
でも、水分補給は大事なので、カシスグレープフルーツジュースを飲みましたよ。

a0254656_18133231.jpg子供たちがたくさん集まっているところがありました。
興味津々に近づくと、ヤギです!
子供たちがヤギと楽しそうに触れ合っています。
菊池市袈裟尾にある、「JOkikaku(ジェイオーキカク)」さんのブースです。

a0254656_18171732.jpgこんなにちっちゃなお子さんも、ヤギにおやつのニンジンをあげていました。
代表者の城さんにお話をうかがうと、
「ecoな除草しませんか?」と言うことで、ヤギを使った除草を企画、運営しているとのこと。

a0254656_1824425.jpgいただいたパンフレットには、3種類のヤギのレンタル・販売を行っていて、庭の雑草を食べてくれるヤギを使って、ecoな除草を提案しているとのこと。
とてもおとなしく、人懐っこいので、私も本気で購入(飼育)を始めようかと思っています。

a0254656_18283155.jpgまた、41年間勤務した消防職を退職後は、耐久検査に通らなくなった処分予定の消防ホースを使って、靴のインソールを製造販売していることもうかがいました。
ヤギのレンタル・購入、そして強く、柔軟で、耐熱効果もあるインソール(安心くん)に興味のある方は、ぜひホームページをのぞいてみてください。

JOkikakuホームページ



a0254656_18423364.jpg私が毎年楽しみにしているのが、こちら!
「やまあい村」さんが出店するお店です。
日本テレビのバラエティ番組「どっちの料理ショー」で“特選食材”として紹介された『走る豚』の生産農家さんです。
『走る豚』については、以前のブログで詳しくご紹介していますので、ぜひそちらをご覧ください。
「FLC日記」
『走る豚』


a0254656_18445438.jpg「やまあい村」の武藤勝典さんです。
「笠さん!今年こそはかぼちゃパンツいかがですか?(笑)」
奥様が作った、手作り“かぼちゃャパンツ”が大人気なんです。
今年も、さすがにかぼちゃパンツは買いませんでしたけどね!(笑)

a0254656_1848449.jpgお昼時近くになると、フードコーナーが大人気です。
どれもこれも志向を凝らしたおいしそうな料理で、美味しい香りが食欲をそそります。
どのお店も長い行列が続いています!
今日は、時間がなくどれも食べることなく、残念な思いを秘めたまま、会場を後にしました。

a0254656_18591644.jpg「きくちみんなでマルシェ」は、今年からイベント名も「きくちマルシェ~芝生の上でピクニック~」より変更となり、で3回目の開催です。
たくさんの素敵なお店が集まり、絶好のピクニック日和も重なり、大盛況でしたよ。
これだけたくさんの方が来てくれているので、おそらく来年も開催されると思います。
これからさらに盛り上がり、長く続くイベントになれば良いなと思いました。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2016-05-22 19:02 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

菊池神社、菊池公園の桜photoコレクション 2016

FLC日記 2016年3月30日(水) くもり時々雨
今年も、恒例の菊池神社、菊池公園(白山公園)の桜のphotoコレクションです!
私のスケジュールの都合で、撮影日が今日しかなく、あいにくの曇り空の天気!
しかも、途中で土砂降りにも見舞われましたが、雨に濡れた桜も実にいいものでしたよ!
ぜひご覧ください!
a0254656_19253258.jpg

↓まずは菊池公園から!
階段付近の広場です!!
a0254656_19363240.jpg

↓この階段は絶対に見逃せないスポット!
a0254656_1938447.jpg

↓まさに、桜のトンネルの階段です!
a0254656_19393039.jpg

↓多目的グラウンドは、桜に囲まれた美しいグラウンドです!
a0254656_19404821.jpg

↓高台には体育館があり、公園内には様々な遊具(アスレチック)も完備され、子供たちも楽しそうに遊んでます!
a0254656_19454968.jpg

↓西側の丘に登りました。
ココも絶景スポットですよ。
a0254656_19483479.jpg

↓菊池公園内は、いたるところに桜のトンネルがあります。
a0254656_19512550.jpg

↓つつじも咲き始めていました。
桜が終わると、次は3万本のツツジの花が迎えてくれます!
4月中旬頃からが、見頃です。
a0254656_19534798.jpg

↓またまた桜のトンネルを抜け、白山公園へ移動します!
a0254656_19554284.jpg

↓トンネルを抜けると、桜の海原の向こうには菊池市街の街並みが!
a0254656_195920100.jpg

↓観月楼展望所からの眺め!
毎年思うんですが、電線がちょっと邪魔なんです・・・
a0254656_2002466.jpg

↓観月楼展望所付近の広場は、バーベキュー可能なエリアです。
今日は、雨も降りさすがにバーベキューを楽しむ方々はいませんでした。
a0254656_202217.jpg

↓白山公園を下りると、菊池の方ならだれもが知っている急カーブのところに出ます。
a0254656_2071257.jpg

↓反対側にわたり急カーブを上るとそこもまた絶景ポイントです!
a0254656_20101417.jpg

↓中央グラウンドにある「菊池武光公」の騎馬武者の銅像や「菊池物産館」もあるところに下りてみることにします!
a0254656_20132672.jpg

↓ちょうど赤いバスが走っている付近から先ほどの写真は撮影しました。
a0254656_2016640.jpg

↓菊池武光公の銅像は、夜間はライトアップされます。
菊池武光公は、元寇(蒙古襲来)に際して一族を挙げて戦い、が『蒙古襲来絵詞』に描かれていほどの活躍を残しています。
a0254656_20174316.jpg

↓菊池神社参道入り口にある大鳥居です。
a0254656_20212444.jpg

↓参道の満開の桜のトンネル!
a0254656_2022538.jpg

↓夜になると、参道から白山公園は、提灯に灯がともります。
夜桜見物も良いですよ!
a0254656_20273091.jpg

↓参道横は石畳の道が並走していて、桜のトンネルは2本立てなんです!
a0254656_20292013.jpg

↓結婚式の前撮り撮影が行われていました。
雨降って地固まると言いますので、きっとお幸せになることでしょう!
a0254656_20334069.jpg

↓今年は、曇り空の上に、急な土砂降りで思うような撮影ができませんでしたが、お楽しみいただけましたか?
ご覧の通り、まだつぼみも残っていました。
a0254656_2038689.jpg

↓明日(3月31日)は、晴天の予報!!
昨年のこの写真のような、青空と桜が見れると思いますよ。
a0254656_20441657.jpg
ぜひ、菊池神社、菊池公園の1万本の桜を見に来てください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2016-03-30 20:46 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

春の訪れを告げる「きくち初市」2016

FLC日記 2016年3月1日(火) 雪のち晴れ
今年も、熊本県菊池市に春の訪れを告げる、毎年恒例の『きくち初市』に行ってきました。
「きくち初市」は、毎年3月1日~3月2日に行われる、植木市と陶器市です。
a0254656_18241052.jpg
菊池神社の参道入り口の大鳥居を挟んで、その参道と御所通りで行われています。

a0254656_18263015.jpg参道では、主に植木市が行われ、県内外から出店した植木屋さんが、この2日間のために様々な樹木の苗を販売しています。
ちなみに、本日のブログの冒頭の写真の景色は、3月下旬から4月上旬には圧巻の景色へと変わるのですよ。
ご覧ください!!
a0254656_1834972.jpg

a0254656_18393160.jpgこれぞ「桜のトンネル」と言った感じでしょ?
しかも、その「桜のトンネル」は2本立てなんです。
大鳥居からの参道にはもちろん桜の木が並べて植えてあり、さらに参道と並行して走る道にも同じように並べて植えてあるので、合計3列の桜並木が作り出す、2本の「桜のトンネル」と言うわけなんです。

a0254656_18441420.jpgこの大鳥居付近から菊池神社、そして菊池公園(白山公園)には、1万本ともいわれる桜の木があり、3月下旬から4月上旬にかけては、多くの観光客が訪れます。
その様子は今年もまた取材しご紹介しますが、一足先に見たいという方は、ちらにアクセスしてみて下さい。

「FLC日記」 
『菊池神社、菊池公園の桜photoコレクション』


a0254656_18555617.jpgさて、「きくち初市」に話を戻しましょう。
大鳥居前の道を挟んだ正面は、御所通りと呼ばれています。
菊池神社は、菊池一族の本丸があった場所で、城下町として栄えたこの通りを御所通りと称しているようです。

a0254656_18585132.jpg御所通りでは、陶器市とたくさんの屋台(出店)が並んでいて、この2日間は歩行者天国になっています。
私が子供のころは、もっとたくさんの出店がずっと奥までもあり、本当に楽しみでしたが、現在はかなり規模が縮小されているようでした。

a0254656_192377.jpgそれでもお目当ての商品を求めるお客様でにぎわっていました。
昨年は雨天が予想され、仮設テントも用意してありましたが、今年は本日明日と好天の予報で、青空市のようです。

a0254656_1955738.jpg菊池高校の正門前付近まで進むと、また植木も並んでいました。
様々な出店も見えますね。
定番のわたあめやたこ焼き、クロワッサンたい焼きなんてのもありましたよ。

a0254656_1994894.jpg本日(3月1日)は、高校の卒業式のようです。
大きな希望を胸に、3年間の高校生活を終え、旅立って行ったことでしょう!
熊本県立菊池高校の正門横には、熊本県の天然記念物の「将軍木」があります。

a0254656_19145292.jpg今から約600年前の南北朝時代(14世紀後半)、征西将軍宮(せいせいしょうぐんのみや)・懐良親王(かねながしんのう)が菊池一族を頼り、菊池に「征西府」を置かれたとき、親王がお手植えされた木と伝えられ、このエピソードにちなんで“将軍木”と名付けられました。

a0254656_19175741.jpg樹齢がおよそ600年と推定されており、樹高が16m、幹回りが8m、枝張りが東西24mにもなる熊本県内有数の椋の巨木です。
菊池一族は、鎌倉時代、室町時代、南北朝時代活躍した豪族で、度々、歴史の表舞台に登場しています。
とりわけ、元寇(蒙古襲来)に際して一族を挙げて戦い、が『蒙古襲来絵詞』に描かれていほどの活躍を残しています。

a0254656_19242418.jpgその活躍をたたえ、菊池神社参道横の、菊池中央グラウンドには、菊池一族の第15代城主、菊池武光公の騎馬武者の銅像があります。
その勇ましく雄大な姿で、今も菊池市民を見守ってくれています。

a0254656_1926544.jpg再び大鳥居をくぐり、参道に来た私はお目当ての果樹の苗を購入することとしました。
私は、ここより車で30分ほどの菊池水源の山奥で、株式会社旬援隊を運営しています。

a0254656_19301081.jpgこちらが株式会社旬援隊の本社社屋で、今朝の様子です。
昨日からの雪で、うっすらと雪化粧しています。
ここで私は、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_1932488.jpgそして、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」では、契約農家の「わが家の専用農家さん」や、私がこの地で育てた、熊本県産の“本物”と呼べる旬の食材を販売しています。

a0254656_1939153.jpgここの敷地は1500坪ほどあり、現在は冬の剪定の時期で、日々梯子を上り下りして頑張っていますよ。
こちらは、弊社オリジナルブランド商品の、自然栽培で育てた『利平栗』の林です。

a0254656_19421114.jpg農薬や化学肥料を一切使用せずに育てた『利平栗』は、大人気商品ですでの今年のご予約を多数頂戴しています。
しっかりこの時期に手をかけ剪定して、今年も良い『利平栗』を育てようと頑張っています。
私が今回購入した苗木については、秘密にするわけではありませんが、また後日このブログで紹介することとしましょう!

a0254656_19482856.jpg株式会社旬援隊の、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今の最旬食材は、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』(写真)、究極の柑橘『せとか』、熊本産新鮮『いちご』などがあります。
弊社で販売する商品は、ここでしか買えないものばかりです。
そのほかには、熊本の安全で美味しいお米や、農家直送の新鮮野菜、タマゴなどもあります。

a0254656_1953047.jpgとりわけ、最旬フルーツに力を入れていて、3月下旬からはいよいよ『スイカ』の登場です!
毎月新しい旬のフルーツの販売もしていますので、見逃せませんよ!

a0254656_19551820.jpg本日は、春を告げる「きくち初市」の紹介でしたが、春と言えばこちら!たけのこですね!
でも、普通のたけのこではありません!
幻の白い『長生たけのこ』で、もちろん弊社のネット独占販売商品で、今年も、3月末からの出荷予定です。
最旬フルーツ、お米、たけのこなどの新鮮野菜などの情報は、「FLCパートナーズストア」のホームページをご覧ください!!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2016-03-01 19:59 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

「御願立て」と「どんどや」 熊本県菊池市伊牟田の年行事2016

2016年1月19日(火) 雪
ここは、株式会社旬援隊の本社所在地がある熊本県菊池市伊牟田地区。
今年も、年行事の一つ、地区のお宮さんにお参りする「御願立」が1月17日に行われました。
a0254656_16561286.jpg
この日はあいにくの雨。
午後から予定していた「どんどや」は雨天中止となりました。

a0254656_16585472.jpg熊本県菊池市菊池水源伊牟田の、お宮さんにむかいました。
お宮さんは、村を見下ろす高台にあります。
昔ながらの参道を通りお宮さんにお参りに行くのです。

a0254656_171462.jpg階段を上り、一礼します。
きちんとしめ縄も奉納され、「御願立」の準備万端です。
「御願立」とは、今年一年の無病息災と豊作を祈願して、村のお宮さんに参拝する行事です。
「今年一年元気ですごせますように!今年も豊作でありますように!!」と神様にお願いします。
参拝は、まず、お宮さんの敷地内にある、「猿田彦大神」の石碑から行います。

a0254656_174592.jpg「猿田彦大神」は、道案内を司る道祖神として信仰されています。
もちろん私も、農家さんの取材や商品出荷などで出ることが多いので、無事に戻ってこれるようにしっかりとお参りをしました。

a0254656_1765397.jpg私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、この地で、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_1782947.jpgこの地に株式会社旬援隊を立ち上げ、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、契約農家の「わが家の専用農家さん」が育てる、“本物”と呼べる旬の食材、農作物を販売しています。

a0254656_17104854.jpg最旬食材としては、弊社のリピート率ナンバー1の、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』が大人気です。
そのほかにも、熊本のお米、新鮮野菜、タマゴ、乾物などすべての食材の作付地に取材に行きその育つさまをきちんと見て販売している、自信をもってお勧めする商品ばかりです。
ぜひホームページものぞいてみてください。
a0254656_17133144.jpg
↓ ホームページはこちら ↓


a0254656_1717585.jpg定刻になり、お参りに行くと年行事さん(その年の村の世話人さん)のお二人がすでに来ていました。
お供えをして、お参りに来た方々にお神酒やお料理をふるまいます。

a0254656_1720825.jpg区長の川口荘一さんをはじめ、村の方々が各々お参りに来ました。
私は、昨年欲張ってたくさんお願いしたので、今年はシンプルに「今年1年元気に過ごせますように!」としっかりとお参りしましたよ。

a0254656_17233374.jpgお参りを終えると、お供えをしたお神酒や料理で食事をします。
各家庭から持ち寄ったお米を炊き、美味しいお煮しめ、お漬物などをいただきながら、楽しい座談会です。
みなさんとふれあうことができるので、私も毎回楽しみの一つです。

a0254656_1730352.jpg本来なら、その後、続けて行われる「どんどや」があるのですが、今年は雨風が強く、残念ながらやむなく中止となりました。
これは、昨年の伊牟田地区の「どんどや」の様子です。

a0254656_17374731.jpgここ伊牟田地区は、お茶栽培が盛んで、日本有数のお茶どころとして知られています。
朝夕の寒暖差が非常に激しく、霧深いこの地は、お茶の栽培に適していて、ブランド茶の『菊池水源茶』を生産しています。

a0254656_1740526.jpgこれは、5月の茶摘みの様子です。
伊牟田地区には、このような壮大な茶畑がたくさんあります。
お茶の匠、川口荘一さんが、お茶摘みをしています。

a0254656_1744339.jpg朝夕の寒暖差が非常に激しく、霧深いこの地は、お茶の栽培に適しています。
この地で育つ『菊池水源茶』は、もちろん「FLCパートナーズストア」でも販売しています。

a0254656_1745397.jpg有機栽培の抹茶や煎茶、菊池地区特有の玉緑茶など種類も豊富です。
さらに、有機栽培の『菊池水源紅茶』も販売していて、多くのリピート購入を頂く人気商品です。

a0254656_17501574.jpg伊牟田地区は、大自然の中にあり、空気や水がとてもきれいで、そこに暮らす方々はとても人情あふれる優しい皆さんです。
この地には、私のおじとおばが定年退職後25年間移り住み、そのあとを私が譲り受け、そこに会社を作り暮らしています。

a0254656_17565691.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の本社所在地があり、私が暮らすこの村、伊牟田地区私は大好きです。
これからも、積極的に村の行事にも参加しながら、村の皆さんとの交流を大切にして、この地でがんばっていきます。
この伊牟田地区から全国のお客様に様々な情報をお届けするとともに、弊社でしか販売していない“本物”と呼べる商品をご提供していきたいと思います。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2016-01-19 18:04 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

菊池南中1985年卒 卒業30年目の大同窓会!!

FLC日記 2016年1月3日(日) くもり
菊池南中学校1985年卒の、大同窓会を昨日開催しました。
本当に、よく飲んで、よく笑った、最高の同窓会になりました。
本日は、その様子を写真を中心にご紹介します。
※株式会社旬援隊やFLCパートナーズストアとは関係ない、個人的なブログとなりますので、今日のブログは興味のある方だけご覧ください!!
a0254656_1753264.jpg
2016年1月2日(土) 17:00~
会場/望月旅館
a0254656_17523218.jpg
▲集合写真
出席人数 生徒63名+先生2名

クラス写真
※名前は全て旧姓で表示しています。
a0254656_1855469.jpg
▲3年1組(11名)
岩崎吉晃、中原秀人、西山智浩、林幹仁、宮村健二、吉田和豊、高橋直美、信岡久美子、原川典子、藤本佳代、宮木幸子
a0254656_18294670.jpg
▲3年2組(8名)+宇野達也先生
岩木幹彦、後藤英夫、東俊光、吉岡一郎、衛藤章子、後藤美紀、田中美保子、羽根田雅子
a0254656_18332915.jpg
▲3年3組(6名)
井上顕一、中原大松、藤本修、牛崎陽子、土山裕美、出口佐登美、
a0254656_18273173.jpg
▲3年4組(11名)
江里口慎一、高山知己、村上弘文、吉野誠一、河村真由美、高木美和、堤久子、中田順子、前田由紀子、松永典子、森本紀子
a0254656_18384659.jpg
▲3年5組(16名)+池田勝吉先生
澤山禎章、竹内芳正、中山英章、東徹、船津保広、松原光宏、笠泰紀、岩男徳子、上田ひろ子、木原由加里、黒田清子、佐々昌美、田尻昌子、立山顕子、東由香里、山口広美
a0254656_18432455.jpg
▲3年6組(11名)
赤澤克英、衛藤洋治、岡本勇人、坂本充穂、中村一貴、元村俊雄、渡辺力夫、家入裕子、緒方しおり、北岡恵子、矢島久美

1次会の様子

a0254656_18574317.jpg開会挨拶
笠泰紀

a0254656_1858063.jpg乾杯
吉田和豊

a0254656_18583419.jpg先生と!その1

a0254656_18584876.jpg先生と!その2

a0254656_18592345.jpgガラ悪~!(笑)

a0254656_191616.jpg戸崎小学校出身

a0254656_1913570.jpg花房小学校出身

a0254656_1921761.jpg河原小学校出身

a0254656_1931090.jpg菊之池小学校出身

a0254656_1935381.jpg隈府小学校出身

a0254656_1913179.jpg締めの挨拶
赤澤克英

a0254656_19134133.jpg万歳三唱
中村一貴








一次会終了!!(19:30)

2次会スタート(参加人数39名)
a0254656_19195158.jpg

a0254656_19285786.jpg

a0254656_19303061.jpg
a0254656_19305824.jpg

a0254656_19312769.jpg

a0254656_19314837.jpg

a0254656_19322596.jpg
お店を出てすぐ!幼なじみの2人!!
2次会終了!

3次会スタート(参加人数28名)
a0254656_1934402.jpg

a0254656_1935565.jpg

a0254656_19353782.jpg

a0254656_19355945.jpg

a0254656_19362897.jpg

a0254656_1937495.jpg

a0254656_19372497.jpg

a0254656_1938434.jpg
a0254656_19404648.jpg

a0254656_19411762.jpg

a0254656_194358.jpg

a0254656_1947417.jpg

a0254656_19481844.jpg
大同窓会の乾杯と締めの挨拶をした2人
良い笑顔です!!
3次会終了!!(1月3日 02:30)

中学卒業以来初めて会う同窓生も多く、東京や沖縄からもかけつけてくれました。
たくさんの笑顔でみんなに元気をもらいました。
やっぱり同窓生は良いねぇ~!!
今回参加してくれたみんな!本当にありがとう!!
参加できなかったみんなも、次回はぜひ!!

それではまた会える日まで!
アディオス!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2016-01-03 19:59 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

豊潤橋放水2015(第14回菊池大地用水・豊潤橋放水)を見てきました!!

FLC日記 2015年10月31日(土) 晴れ
本日(10月31日)、熊本県菊池市伊倉にある、「豊潤橋」の放水が行われました。
まずは、その圧巻の景色をご覧下さい!
a0254656_17254854.jpg

a0254656_1727329.jpg菊池台地用水土地改良区が管理する、竜門ダムからの東部幹線水路の点検のため、年に一度、橋中央部から菊池川へ一定の時間放水をします。
放水は橋の両側から行われ、水量は1秒間に約100リットルです。

a0254656_17295293.jpg豊潤橋は、農林水産省と熊本県の共同工事により、昭和62年から平成元年にかけて建設されました。
豊潤橋の上は、車も走る2車線の道路になっていています。
直径が2mある、ステンレス製の水路が通されていて、1秒間に約5㎥の水を流すことができます。
それは、ドラム缶でなんと25杯分にもなるんです。

a0254656_17423094.jpg豊潤橋とは、「“豊”かで“潤い”のある明日を目指して!」意味で命名されたました。
菊池大地用水土改良区この豊潤橋により、竜門ダムから取水し、下流の菊池・鹿本地域の4356haに農業用水の配水操作を行っています。
11時の豊水に向け、たくさんの方々が集まってきました。

a0254656_1747125.jpg豊潤橋への道路からの入り口には、このような看板も設置され、菊池市内からのシャトルバスや、フットパスのツアーもありましたよ。
もちろん、新聞やテレビ、ラジオなどの多くのメディアも取材に来ていました。

a0254656_1751388.jpgその看板付近では、「菊池ふるさと交流館」による、だご汁、おにぎり、からいも万十、栗万十などが販売されていました。
私も、見学前の腹ごしらえにとさっそく購入!

a0254656_1802513.jpg「あらぁ~、笠さん!まだネギが来てないけど良かね?」
そう声をかけてくれたのは、「菊池ふるさと交流館」の皆さんです。
加工部の「水源ばあば」のお姉さま方を中心に、この準備をしていたようです。

a0254656_181683.jpg菊池米の新米のおにぎりと、だご汁をいただきました。
これが、本当にうまいんです!!
この地元の菊池水源でも、豊潤橋がもたらしてくれた、新鮮な水が様々な作物を育てています。

a0254656_1823687.jpg「菊池ふるさと交流館」は、廃校となった「菊池東中学校」を利用した菊池水源地域の活性を目的とした施設で、NPO法人『きらり水源村』が指定管理者として事業企画し、管理運営しています。
『きらり水源村』の理事長の岩崎良美さんは、自らが育てた朝採りレタスを大特価で販売していました。
1玉100円の大きな新鮮レタスなので、思わず2玉も買っちゃいましたよ!

a0254656_18105272.jpg腹ごしらえを終え、豊潤橋を見上げる絶景ポイントへと向かいました。
豊潤橋は車で通ることはあっても、こうして橋の下へ降りてくることは今までなく、初めての見学です。
形式は上路型ランガー橋で、橋下を流れる菊池川の渓流と調和・美観を検討して、アーチを路面の下に配置したとのことです。

a0254656_18165652.jpg豊水を前に、菊池市役所農林整備課の方が、来場の皆さんに説明頂き、上記の説明文はその受け売りです!(笑)
稲刈りを終えたこの時期に、水路の清掃と、水への「感謝の意」も込められた、年に1回の放水です。

a0254656_18274962.jpg江頭実菊池市長も来場されていました。
「いやぁ~、毎年来てるけど、ホント感動する美しさだよ!」と話されていました。
そして、江頭市長の掛け声で、カウントダウンが始まり、いよいよ豊潤橋の放水です。

a0254656_18284657.jpg「それでは、カウントダウンは、10からスタートしましょう!みなさん!ご用意はいいですか?ではいきますよ!10、9、8、・・・3、2、1!放水!!!」
一気に勢いよく飛び出すことを期待していた私は、ちょっと拍子抜けでしたが、いよいよ放水が始まりました。
ほんの、数秒で水の勢いが変わりました!!

a0254656_1833673.jpg放水は、1時間半ほど行われるということで、記念撮影をしてその場を後にしました。
いやはや、高さ38メートルからの豪快な水のアーチは、まさに圧巻の景色でなんだか胸が熱くなりました。

a0254656_18355367.jpg豊潤橋の上からも、放水の様子を見ましたよ。
よく車では通りますが、こうして歩いたことはありませんでした。
ただ、高いところがあまり得意でない私は、このアングルで撮影するのが精一杯!
下をのぞき込むことなどは、全くできませんでした!(笑)
この、豊かな水は、菊池市や山鹿市などの菊池川下流に多いな恵みをもたらしています。

a0254656_18393174.jpgその一つが、熊本の美味しいお米です。
私は、熊本県の“本物”と呼べる農作物を、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売しています。
a0254656_18411762.jpg

a0254656_18445321.jpg株式会社旬援隊は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にその本社所在地がります。
こちらが本社社屋です。
私は、自然の中で暮らし、自ら畑を耕し、果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_18503216.jpgここは、1500坪の敷地面積があり、私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)も、自ら農業を営んでします。
左は収穫を終えた『利平栗』の栗林で、右は収穫を迎えた『エゴマ』の畑です。
生産者と消費者の架け橋になるために、自らも農業を営みながら、農業の苦労、喜びを自ら体験しているのです。

a0254656_1913957.jpgそして、弊社で販売するすべての作物の作付地に伺い、年間を通して取材し、農家さんの声もその育つ様子も、毎日更新するこのブログでご紹介しています。
こちらは、現在大好評販売中の高級マスクメロン『アールスメロン』栽培農家の「嶋村温室」さんの摘果作業の取材時の写真です。

a0254656_1931062.jpg昨日からは、豊かな大自然の中の広大な柚子畑で育てられた、香り高きゆず『あっぱれ』の販売もスタートしました。
本日は、株式会社旬援隊がある菊池市の情報をお届けしましたが、弊社で販売する商品は、ここで育つ食材や、契約農家の“匠の農家さん”が育てる“旬の食材”を販売しています。
いずれも、ここでしか買えないものばかりですよ!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ぜひホームページものぞいてみてください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2015-10-31 19:09 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

熊本県菊池市、菊池水源の夏の“穴場”観光スポットをご紹介!!大場堰(おおばぜき)のふれあいパーク

FLC日記 2015年7月26日(日) 晴れのち雨

a0254656_17384714.jpg熊本県菊池市にある、菊池水源は、まさに水の源(みなもと)の地区です。
1級河川「菊池川」の最上流に位置し、水にまつわる多くの観光スポットがあります。
本日は、その中でも“穴場”の、超~楽しい場所をこっそり教えちゃいます!!
その前に!
やはり、菊池の“水”の観光スポットと言えば、やはりここを紹介しない訳にはいきませんよね!

a0254656_17424076.jpg夏の避暑地として、また秋の紅葉狩りに、県内外から多くの方が訪れます。
熊本県菊池市から阿蘇方面へ進み、県道45号線沿いに「菊池渓谷」はあります。
菊池市街から約17kmほどです。
a0254656_17444378.jpg
最近は、福山雅治さんのビールのコマーシャルにも使われているとのこと!
映像は、CGなのか、本当に菊池渓谷まで福山さんが来てくれたのかは定かでありません。

a0254656_17501724.jpg夏場の天然のクーラーの中の、森林浴、マイナスイオン浴び放題ってのも良いですが、ぜひ、紅葉の季節にも来てほしい場所です。
「菊池渓谷」は、日本を代表する観光スポットの1つです。
◆日本森林浴の森百選
◆日本名水百選
◆日本の滝百選
◆水源の森百選
などに選ばれています。
菊池渓谷の紹介は、超!メジャーなので、このあたりにして、いよいよ“穴場”のご紹介です!!

a0254656_1834149.jpgここは、大場堰(おおばぜき)と言う場所で、菊池渓谷方面から水の駅を過ぎてすぐ左折し、旅館「岩蔵」さんを過ぎて、しばらく進んだ左側に、うっそうと茂った木々に囲まれた大きな淵と高さ7mの吊橋があります。
そこには、「ふれあい広場」と言う子供から大人まで、気軽に水遊びを楽しめる場所があるんです。

a0254656_1881100.jpgエメラルドグリーンの天然のプールがありますよ!
私が伺った時間は、ちょうどお昼時で、食事の後みなさんゆっくりしていたみたいです。
言っておきますが、川の水はむちゃくちゃ冷たいですよ!!

a0254656_18103567.jpg広い広い天然のプールの中央付近には、吊り橋があるんです!!
豪快に水に飛び込む音に誘われて、私も恐る恐る登ってみました!

a0254656_18134691.jpg階段を上ると、目の前には川沿いにい杉の木立があり、そこではたくさんの方々がバーベキューを楽しんでいました。
この天然のプール、吊り橋、杉の木立を含む「ふれあい広場」には、管理協力金として、お1人100円の入場料が必要です。
駐車場、トイレ、水道、簡易更衣室も有ります。

a0254656_18201029.jpg吊り橋は、しっかりした作りで、安全性は大丈夫のようです。
ただ、あまり高いところが得意ではない私には、この高さも恐怖です!
水面までの高さは、7mほどあるのだと、管理人のおじさんが言っていました。
私の前を、2人の少年が歩いています。
「おいおい、あまり揺らすなよ!!」と心の中でつぶやきながらその二人の後を追って、吊り橋の中央へ!

a0254656_1824366.jpg吊り橋の上流も、うっそうと茂った木々に囲まれた大きな淵があり、広い広いプールです。
浮き輪でのんびりと水につかっていると、本当にリラックスできて、いろいろなストレスも飛んでいっちゃいそうですね!
私は、この日水着をもってなくて、泳ぐのは断念!
次回は、絶対に泳ぎたいと思います。

a0254656_18322836.jpg吊り橋の上で、少年たちに声をかけました。
「今から飛び込むの?写真撮っていい?」
「はい!良いですよ!」
そんなやり取りをしていると、友達の少年がもう一人やって来ました。
では、ここからは、ダイジェストでご紹介します。
a0254656_18354254.jpg
まずは、吊り橋を乗り越えます。
「どうせなら、カウントダウンして下さいよ!それに合わせて飛び込みますから!!」
サービス精神旺盛な少年たちです。
a0254656_18371315.jpg
「OK!では3秒前から!!」
a0254656_1838978.jpg
「3、2、1!Go!!!!」
2人の少年は、飛び降りるのではなく、むしろ、そこからさらに高く飛ぶようにダイブしました!
a0254656_18394861.jpg
一瞬の静寂が広がりました。
少年たちは、水に向かって勢いよく落ちています。
a0254656_18414094.jpg
大きな水しぶきと、大きな水の音!
水面には、二人が着水した勢いのまま波が広がりました。

a0254656_18523271.jpgすぐに、水面に顔を出して、悠々と泳いでいます。
「安心して下さい!浮いてます!!」と“とにかく明るい安村”風に言っているような気がしました(笑)。
この後も、「今度は下から撮っていい?」と言う私に、
「はい!良いですよ!何度でも飛びますから、上手く撮って下さいね!」なんて、余裕のコメントも聴けました。

a0254656_18553225.jpgこの少年たちは、中学2ん年生で、菊池市旭志から来たとのこと。
「ダイブしても足はあたらない?小学生でもできるかな?」と尋ねると、
「ぜんぜん大丈夫です。さっきまで小学生もバンバン飛んでましたよ!」と二人が話してくれました。
いやはや、私も大学生の時以来、この橋からのダイブをしていないので、この夏はぜひチャレンジしてみたいと思いました。

a0254656_18585394.jpgそうそう!
一瞬のことで、ちょっと微妙な写真ですが、中には頭から飛び込む人もいました。
さすがに私はここまでのチャレンジはできませんね!(笑)

a0254656_1911534.jpgこの大場堰(おおばぜき)のふれあいパークの入り口はこんな感じです。
この日も、県内外の車がたくさん止まっていて、もう“穴場”と呼べないメジャーな観光スポットになりつつあるようです。

a0254656_1942351.jpg熊本県菊池市重味(しげみ)黒仁田にある大場堰(おおばぜき)のふれあいパークぜひ一度お越しください。
自然の中で、大人も子供も楽しめるスポットです。
堰付近の浅場では、幼い子どももアミで魚をすくったりして川遊びができます。
穏やかですが流れある川では、急に深くなるところもあるので、くれぐれも注意して楽しく遊んでくださいね。
本日は、熊本県菊池市にある大場堰(おおばぜき)の「ふれあいパーク」のご紹介でした。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2015-07-26 19:09 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)