ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:無農薬フレッシュブルーベリー( 32 )

無農薬フレッシュブルーベリー 平成30年度の先行予約受付をスタート!今年も美味しく実りました!

FLC日記 2018年5月29日(火) くもり時々晴れ
お待たせしました!
平成30年度の、「安藤農園」さんが無農薬で育てた『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』の先行予約受付を、本日よりスタートしました!
今年の初回出荷は、6月5日(火)(予定)で、以降、毎週金曜日と火曜日に数量限定で出荷いたします!
a0254656_16331090.jpg
「安藤農園」さんの『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』は、熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です!収穫を迎えた『ブルーベリー』です。

a0254656_16370714.jpg皆さんより一足早く、その美味しさを味わってきました。
収穫は、匠の目で完熟を判断しながら、その1粒1粒を手作業で行います。
まずは、極早生品種の『ブルーベリー』からの出荷です。

a0254656_16424850.jpg「安藤農園」さんが無農薬で育てた『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』は、その安全性と美味しさで、すでに初回発送分は、昨年の内からご予約を頂戴しているほどの弊社の大人気商品です!
a0254656_16450215.png

毎回の出荷数を限定した、完全予約制での販売となっています。
ご注文順に、順次発送していきますので、とにかくご注文(ご予約)はお急ぎください!

↓ 今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓



a0254656_16475235.jpg熊本県菊池市大平にある、「安藤農園」さんのブルーベリー畑に伺いました。
左側に並んでいるのが、最初に収穫を迎える“極早生”の品種のブルーベリーです。

a0254656_17325737.jpg現在は、ブルーベリーの果樹園になっていますが、もともとはお米を育てるための棚田でした。
ブルーベリー畑から見下ろす棚田では、田植えの準備が進められていました。

a0254656_17342300.jpg「こんにちは!」と声をかけお邪魔すると、「安藤農園」の安藤則子さんがいつもの笑顔で迎えてくれました。
「田植えの準備が進んでるみたいですね!ここも元々はあんな感じの土だったんですよね!」と言うと、

a0254656_17373533.jpg「そうね!うちのブルーベリー畑の上の棚田は、まだそのままで、今年もお米を育てるんじゃないかな。お米にとっては良い土でも、ブルーベリーには合わないから、土壌改良は大変だったのよ!」とのこと。

a0254656_17402317.jpgこちらは、2月下旬の様子です。
ブルーベリーの果樹の根元には、大量の「木片チップ」が投与されています。
水はけの良い土を作るため、こうして毎年「木片チップ」を投与し土つくりをしてきました。
そんな「安藤農園」さんのブルーベリー栽培の様子を、私はもう何年も現地取材してきました。

a0254656_17424722.jpg「博人さんは今日は一緒じゃないんですか?」と尋ねると、
「そうなのよ!野鳥の写真展をしてて、今日はそっちに行ってるのよ!」とのこと。

a0254656_17473542.jpgこちらがその会場です。
菊池市の「菊池生涯学習センター2F」にて、5月25日(金)~6月3日(日)の期間で、日本野鳥の会熊本県支部の主催で介されていました。

a0254656_17510797.jpg安藤博人さんの写真もたくさん展示されていました。
こちらは、「水浴び」と紹介されている作品です。
ここまでくると、すっかり趣味の域を超えてますよね!

a0254656_17552204.jpgブルーベリーに話を戻しましょう!
「主人は野鳥が大好きだけど、ブルーベリーにとっては困ったものなのよ!カラスやヒヨドリが食べちゃうからね。だから、今日は網の補修をしてたのよ!」と則子さん。

a0254656_17574474.jpg「今年もこうしてしっかりと実ってくれているのに、鳥たちに食べられたら大変よ!せっかく来たんだから、私が美味しいのを選んであげるから食べてみたら!」と則子さん。

a0254656_17594052.jpg「しっかりと熟したものだけを、1粒1粒見極めて収穫するのよ。甘いもの、少し酸味があるもの、香りが強いものなど、それぞれ違うからね!これは甘実が強いブルーベリーよ!」
そう言って、渡してくれました。

a0254656_18050634.jpg農薬も一切使用していないので、そのまま口にしました。
「めちゃくちゃ美味いです!甘みもしっかりと味わえます!」と言うと、
「ハハハッ!ホント笠さんは美味しそうに食べてくれるから嬉しいわ!」そう言いながら則子さんは笑っていました。

a0254656_18110283.jpgでも私はもっと美味しい食べ方を知っています。
写真は「安藤農園」さんの『フレッシュブルーベリー』です。
同じように見えても、ここには数種類のブルーベリーが入っているのです。
これを3粒、こっちを5粒・・・と言ったように、それぞれの品種の味をふまえて、全体のバランスを考えて1パックにしてあるのです。

a0254656_18145733.jpgですから、1パックの中の5粒ほどを一度に食べると、バランスの良い美味しさで食べることができるんです。
1パックなんて、あっという間に食べちゃいますよ!

a0254656_18194302.jpg1パックを作るのに、かなりの手間ひまと時間を要しますが、「安藤農園」さんでは、「美味しく食べてほしいから!」と言う強いこだわりから、毎回そうやってベストバランスを作り上げています。

a0254656_18230315.jpg4月上旬の、極早生種のブルーベリーの花咲く頃のお二人の笑顔のツーショットです。
お二人はこの様にいつも笑顔の絶えない仲良しご夫婦です。
なにせ、2人で育てたブルーベリーを、『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』と命名するくらいですから!(笑)

a0254656_18241307.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました。
惜しまぬ手間ひまゆえの、出荷数を制限しての数量限定、完全予約制での販売で、ご注文順に随時発送していきます。
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「無農薬ブルーベリー」のページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-05-29 18:25 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

無農薬フレッシュブルーベリー 着果の様子と摘果作業!2018年の初出荷予定日について

FLC日記 2018年5月1日(火) 晴れのち雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「安藤農園」さんが無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を今年(平成30年)もネット独占販売いたします。
a0254656_16583813.jpg
本日は、無農薬で育てる、「安藤農園」さんの『フレッシュブルーベリー』の果実が、元気に着果した様子を、現地種愛してきましたのでご紹介いたします。

a0254656_17061541.jpg熊本県菊池市大平にある「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の栽培地です。
「安藤農園」さんは、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、棚田を改良して、無農薬でブルーベリーを育てています。

a0254656_17082234.jpg「安藤農園」さんの、『フレッシュブルーベリー』は、その安全性と美味しさが口コミで広がり、その一部をこうしてパックに詰めて販売しています。
私は「安藤農園」さんの、ブルーベリー栽培のこだわりと、その美味さに惚れ込み、「FLCパートナーズストア」での販売をお願いしました。
a0254656_17092845.png


a0254656_17101746.jpg「安藤農園」さんでは、極早生から晩生まで、現在20種類以上、約400株のブルーベリーを栽培してます。
こちらは、極早生品種の栽培エリアです。

a0254656_17115099.jpg生産者の「安藤農園」の安藤則子さんが作業をしています。
「おはようございます!今日はご主人は一緒じゃないのですか?」と尋ねると、

a0254656_17130820.jpg「ハハハッ!いくらおしどり夫婦だと言っても、いつも一緒にいるわけじゃないのよ!」
則子さんのいつもの明るい笑顔と声の返事が返ってきました。

a0254656_17145368.jpg「安藤農園」さんは、自分たちが育てたブルーベリーの商品名を、自ら「菊池おしどり夫婦が育てたブルーベリー」と命名するくらい、とても仲良しの素敵なご夫婦です。

a0254656_17184019.jpg6月上旬の収穫が始まった頃に撮影した、お2人の素敵な笑顔のツーショットです。
そんなお2人の栽培の様子を、私はもう何年もこうして現地取材してきました。

a0254656_17214121.jpgこちらは冬の剪定作業を取材に伺った際の写真です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17230536.jpgもちろん「安藤農園」さんのブルーベリー栽培の様子も、もう何年も年間を通し現地取材していますが、最も驚いたのが土つくりです。
毎年こうして大量の木片チップを果樹の根元に投与します。

a0254656_17355480.jpg10月上旬の稲刈りが始まった頃のブルーベリーの栽培場越しの棚田の様子です。
棚田とはお米を育てる田んぼで、このブルーベリー栽培地も以前はお米が育てられていました。

a0254656_17332422.jpg美味しいお米を育てる棚田の土ですが、ブルーベリー栽培には向いていません。
そこで、毎年大量の木片チップを投与し、土壌改良してきました。
言うなれば、腐葉土ならぬ、腐“木片チップ”土です。

a0254656_17373053.jpgそんな惜しまぬ手間ひまをかけ育ててきたブルーベリーが、今年もこうして元気に着果しました。
3月下旬に開花した極早生の品種から着果し実っていくのです。
「その辺りはうまく粒ぞろいになっているからいいわね!」と則子さん。
「ん?と言いますと?」と尋ねると、

a0254656_17422897.jpg「極早生の品種は特に大きく育てたいから、摘果してあげるの。もちろん品種にもよるけど、そうしてあげることで、大きくて甘みもあり美味しいブルーベリーができるのよ。」と則子さん。

a0254656_17444155.jpg「え?こんなにたくさんの果樹たちを1つ1つ見分けながらそうしてるんですか?」とまた尋ねると、
「まぁ、そうなるわね。でも、しっかり手をかけないとやっぱりいいものはできないから、これも楽しみの1つかな!(笑)」
則子さんは、やはりかなりの前向きな方です。

a0254656_17471548.jpg「これなんかちょっと多すぎるのよね。そうなると、数はできても大きくならないし、味も落ちちゃうから摘果するのよ。」
「基本的に小さいものを摘果するのですか?」と尋ねると、

a0254656_17512485.jpg「そこは難しいとこよね。こればっかりは長年の経験がないとできないかもね!」
則子さんはそう話しながら、手際よく摘果作業を行っていました。

a0254656_17525622.jpg「今年も6月上旬からの出荷で良いですか?」と尋ねると、
「5月下旬からは少しずつ収穫するけど、ある程度の量になってから、良いものだけを選んで出したいので、そうしてくれるとありがたいわよね。今年も良い実ができてるから自信もって売っていいわよ!(笑)」
「了解しました!ありがとうございます!」そう言って、栽培地を後にしました。

a0254656_17571681.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたします。
6月上旬からの出荷予定で、5月中旬よりホームページでの先行予約の受付をスタートいたします。
お電話ではご予約を承っているので、すでに初回出荷分から多数のご注文(ご予約)を頂いている大人気商品です。
これからも、ブルーベリーの育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまなどなど、現地取材を重ねてご紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-05-01 18:01 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

無農薬フレッシュブルーベリー 冬の剪定作業(2018) 空間をプロデュースと惜しまぬ手間ひま!

FLC日記 2018年3月3日(土) くもりのち雨
熊本県菊池市大平にある、「安藤農園」さんは、無農薬、無化学肥料で育てる『ブルーベリー』を栽培しています。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「安藤農園」さんが無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を今年もネット独占販売いたします。
a0254656_14591664.jpg
こちらは6月上旬の収穫を始めるころの写真です。
「安藤農園」さんでは、極早生から晩生まで、現在20種類以上、約400株のブルーベリーを栽培してます。

a0254656_15001210.jpg品種により、味や甘さ、香りや酸味が異なるため、品種ごとに1粒1粒その熟れ具合を判断しながら収穫し、1パック全体で味のバランスが良くなるよう、匠の判断で詰め合わせています。
出荷は6月上旬の極早生からスタート(予定)します。
昨年は、8月中旬まで販売しました。

a0254656_15065419.jpg無農薬栽培の安全性と、もちろんそのこだわりの美味しさで、毎年出荷予定数を完売する大人気商品です。本日は、冬の剪定作業の様子を現地取材してきましたのでご紹介いたします。

a0254656_15093460.jpg「安藤農園」さんのブルーベリー畑の昨日の様子です。
ここはもともと棚田の田んぼがあったところです。
田んぼの土を土壌改良し、自分たちが「安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」とここで栽培を始めました。

a0254656_15122697.jpg極早生のブルーベリーは、つぼみがもうずいぶんと膨らんでいました。
おそらく、3月中旬位には開花を迎えると思います。
剪定作業はもちろん、極早生→早生→中世→晩生の順で行います。

a0254656_15165174.jpg先ほど、土壌改良と書きましたが、実はこのブルーベリーの根元にあるのは、腐葉土ならぬ「腐木片チップ土」なんです。水はけの良い酸性の土壌を好むブルーベリーのために作り上げた土です。
その様子はまた後日現地取材をしてご紹介いたします。

a0254656_15200664.jpg「安藤農園」の安藤則子さんが剪定作業を行っています。「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_15220584.jpgもちろん、「安藤農園」さんの無農薬栽培の『フレッシュブルーベリー』を育てる様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
「今年も剪定作業を取材に来ました!」

a0254656_15235280.jpg「ホントにマメよねぇ~!毎年見てるからもういいんじゃないと?(笑)」と則子さん。
「いえいえ、こうして今年もここに来てお話をうかがうと、新たな発見もあるかもしれないじゃないですか!」
「はいはい!思う存分見て下さい!(笑)」と則子さんが笑っています。

a0254656_15310868.jpg「隣は剪定を終えたのですね!」と言うと、
「ちょうど終わったとこよ。どう?うまく光が差し込むように空間プロデュースできてるかしら?」と則子さん。

a0254656_15334945.jpg「今この子に取り掛かったところなの。満遍なく光が当たって、それぞれ実らせる枝が、しっかりと美味しいものになるようにしないとね。それが冬の剪定の最も大事なことよね。」

a0254656_15373207.jpg「強い徒長枝は、収穫を終えた後に切っておいたから、不要な枝や枯れ枝を切りつつ、重なっているところをあけて、それから細かい剪定をするのよ。」
「細かい剪定って何ですか?」と尋ねると、

a0254656_15410655.jpg「ほら!こんなのを切ってあげるの。これにももちろん果実はできるけど、できるのと美味しくするのとは違うのよね。美味しいブルーベリーを育てるためにあえて細かったり短かったりしている枝は切っていくの。」

a0254656_15435149.jpg「そうなんですか?初めて聞きました。」と言うと、
「あらそう?こんな感じの花芽が5cmほど以上ある枝には、美味しいのができるけど、さっきのはきっとあまり大きくならないし、味も良くないと思うの。」

a0254656_16033245.jpgやっぱり今年も来てよかったです。
こうして、新たな発見(匠の技)を知ることができました。
「そう言えば、今日は博人さん(ご主人)は一緒じゃないんですか?」と尋ねると、

a0254656_16062221.jpg「そうなのよ。そこにあるのはほんの一部だけど、昨日、枝集めをしてバテバテで今日はお昼からくるのよ。そうだ!枝集めだけじゃなかった!ほら例の、ミノムシ取りもしてもらって大変だったのよ。」と則子さん。
「なるほどですね!それは大変でしたでしょう!でもそれが無農薬で安全なブルーベリーになるんですよね!」

a0254656_16120549.jpg「安藤農園」さんでは農薬を一切使用しません。
写真の中央にミノムシがいるのがわかりますか?
農薬を使わないので、ミノムシは全て手作業で取り除くのです。

a0254656_16152938.jpg昨年のせんとぃ作業の際に撮った「安藤農園」の安藤博人さん、則子さんの仲良しご夫妻です。
ブルーベリーの商品名に「おしどり夫婦が育てた」とするくらいとても仲良しの素敵なご夫婦です。

a0254656_16193296.jpg取材を終え帰る際に「今年も美味しいブルーベリー期待してます!」と言うと、
「そんなにプレッシャーかけないで!でも頑張るから期待してていいよ!」
則子さんは、そう言いながら笑顔で見送ってくれました。

a0254656_16213252.jpg「FLCパートナーズストア」では、「安藤農園」さんの無農薬で育てた『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』を今年もネット独占販売いたします。
5月中旬より弊社ホームページでも先行予約の受付をスタート予定です。
惜しまぬ手間ひまや、成長の様子など、これからも現地取材でご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-03-03 16:23 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

無農薬フレッシュブルーベリー 平成29年度の『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』は完売しました!

FLC日記 2017年8月23日(水) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市の「安藤農園」さんが無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を今年もネット独占販売いたしました!
おかげさまで、今期も大好評いただき、昨日の発送分を持ちまして、完売いたしました!
a0254656_17120087.jpg


a0254656_17144923.jpgこちらは、6月上旬の極早生のブルーベリーを収穫始めたころの写真です。
熊本県菊池市大平にある、「安藤農園」の安藤博人さん、則子さんご夫妻は、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、棚田を改良して無農薬にこだわりブルーベリーを育て始めました。
すると、そのブルーベリーは、無農薬栽培の安全性と、何よりその美味しさでまたたく間に口コミで評判となり販売を始めたのです。

a0254656_17315325.jpg以前取材した、収穫後の“お礼肥え”の様子です。
収穫を終えたブルーベリーの果樹に、しっかりと有機肥料を与え、来年も美味しいブルーベリーが育つよう手をかけて育てます。

a0254656_17411513.jpg草刈り機を使って除草しますが、ブルーベリーの果樹の根元付近は、果樹を傷つけるといけないので、カマを使って手作業で草刈りです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17433642.jpgもちろん、「安藤農園」さんの無農薬栽培の『フレッシュブルーベリー』を育てる様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
除草を終えると、1本1本に丁寧に肥料を散布していきます。
これから行う収穫後のお礼肥えの様子は、また後日、現地取材してこのブログで詳しく紹介しようと思っています。

a0254656_17531501.jpgさて、収穫を終えたはずの栽培場に伺ってみると、則子さんの姿がありました。
「今シーズンも大変お世話になりました。」と言うと、
「いえいえ、こちらこそありがとうございました。」と則子さん。

a0254656_17575966.jpg「まだ、ブルーベリーはたくさん実ってるけどもう終わりなんですよね?」と言うと、
「そうね!今も収穫してたんだけど、実っているのと美味しいブルーベリーを出荷するのとは別なのよね。これらは、中世の品種でまだ収穫はするけど、笠くんとこのお客様に、生食用としては出さないわ!ほら、1パックにたくさんの品種のブルーベリーを入れて出荷してるでしょ?だから、もうこの時期からはちょっと難しいのよね。」

a0254656_18011012.jpg「安藤農園」さんは、極早生、早生、中世、晩生と、20種類以上、約400株のブルーベリーを栽培しています。
その中で、その時の最旬ブルーベリーを数品種1パックにして販売しているのです。

a0254656_18041810.jpgこちらがそのパックに入れられたブルーベリーです。
同じ品種のように見えるでしょうが、実は5品種ほどのブルーベリーが入っています。
甘みの強いもの、香りが良いもの、ちょっと酸味があるものなど、その全体のバランスを考えて1パックにします。
ですから、1パックなんてホントあっという間に食べちゃいますよ!

a0254656_18083891.jpg「品種ごとに収穫して、それぞれ何粒かずつ入れながら、1パックにしていくのはとても大変な作業だけど、やっぱり美味しく食べてほしいじゃない。1度購入いただいたお客様は、もちろんその味をお求めになるだろうから、それができないと判断したら、パックの生食用では出荷しないのよ。」
こだわりを持って生産し出荷している則子さんならではの言葉ですね。

a0254656_18143269.jpg極早生の果樹の栽培地に行ってみると博人さんがいました。
私の顔を見るなり、
「今シーズンも大変お世話になりました。お客様からの評判はどうだった?」と博人さん。

a0254656_18170014.jpg「もちろん今年も大好評でしたよ。3回もリピート購入いただいたお客様もあったし、すでに、来年の初回発送分でのご予約を、いくつも頂戴してるんですよ!」と言うと、

a0254656_18200448.jpg「いやぁ~、それは嬉しいねぇ!極早生から順番にお礼肥えの準備をしてたんだけど、来年もまた安全で美味しいブルーベリーを育てようと、がぜんやる気になったよ!(笑)」

a0254656_18293336.jpg中世や晩生の品種のブルーベリーの収穫はこれからも行いますが、すでに来年のブルーベリーの収穫へ向けての作業は始まっています。
ちなみに、これから収穫するブルーベリーは、ジャムにして自分たちで食べたり、知り合いに配ったりするそうです。
そのジャムも、いずれは弊社の商品として販売しようと現在準備中です。

a0254656_18344156.jpgFLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんが無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたしました。
本日お話しした理由で、今期の『フレッシュブルーベリー』の販売が終了した旨、なにとぞご理解ください。

a0254656_18341105.jpg昨日、「これで最後だから!」と、少し分けていただいた「安藤農園」さんの『フレッシュブルーベリー』は、ヨーグルトに乗せて、私の今日の朝食になりました。
これからも、ブルーベリーの育つ様子や、「安藤農園」さんの匠の技、惜しまぬ手間ひまなど、現地取材をしてご紹介していきます。
お楽しみに‼

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-08-23 18:40 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

フレッシュブルーベリー大好評発売中!今が最旬!無農薬栽培の朝採りブルーベリーを即日発送でお届けします!

FLC日記 2017年7月25日(火) くもり時々晴れのち雨(夕立)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市の「安藤農園」さんが無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を大好評発売中!
この時期の“最旬”食材で、無農薬、無化学肥料で大切に大切に育てられた『フレッシュブルーベリー』は、数量限定、完全予約制販売です!
a0254656_18035648.jpg


a0254656_18083967.jpgブルーベリーは、健康食材として大注目の食品なんです。
日々、科学の世界ではブルーベリーの真の健康効果と栄養面での利点が発表されています。
その多くは、ブルーベリーに多く含まれる「アントシアニン」による効果です。
一般的によく知られる効果としては、目の疲労をやわらげ、視力低下を防ぐということ、視力を向上させることがあげられますよね。

a0254656_18153004.jpg「アントシアニン」は、目への効果の他にも、血管を強くしなやかにする効果、抗酸化作用などがすでに実証されています。具体的には、視力回復、白内障、眼精疲労、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞などなど、数え出したらきりがありません。

a0254656_18230301.jpgアントシアニンはポリフェノールの一種で、ガンや様々な生活習慣病の原因にもなっている活性酸素を抑制する効果も期待できますよ!
また、骨粗鬆症の予防効果もあることが最近の研究で分かったそうです。
ブルーベリーには、「アントシアニン」意外にも、ビタミンE、食物繊維、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいます。

a0254656_18260328.jpg「FLCパートナーズストア」では、無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を、100g入り×6パックで販売しています。
カロリーが気になる方も多いと思いますが、100gで、約50kcalなので、あまりカロリーを気にせずに食べられるのも良いですよね!
a0254656_18301719.png
現在、「FLCパートナーズストア」では、「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を大好評販売中です!
ただし、数量限定の完全予約制販売です。
ご注文順に、火曜日または金曜日に発送していきますので、ご注文(ご予約)はお急ぎください!

↓ 今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
無農薬・無化学肥料で育てた
『フレッシュブルーベリー』


a0254656_18332708.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県菊池市大平にある、「安藤農園」さんのブルーベリー畑です。
「安藤農園」さんでは、極早生から晩生まで、現在20種類以上、約400株のブルーベリーを栽培してます。

a0254656_18404662.jpg生産者はこのお二人!
「安藤農園」の安藤博人さん、則子さんご夫婦です。
笑顔の絶えないとっても仲良しなまさに“おしどり夫婦”です。
4月上旬の極早生のブルーベリーの花が咲く頃に撮影した写真です。

a0254656_18425701.jpgこちらは「安藤農園」さんのブルーベリー畑から見た現在の様子。
ご覧の通り、すぐ下にはお米を育てる棚田が広がっています。
「安藤農園」の安藤さんご夫婦は、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と言う思いで、棚田を場改良してブルーベリーの栽培を始めました。

a0254656_18485699.jpgその様子がコチラ!
お米を育てるのに適した棚田の土は、水はけの良い土壌を好むブルーベリーには適していません。
そこで、毎年大量の木片チップを投与して、腐葉土ならぬ“腐木片チップ土”を作り、ブルーベリーを栽培しています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_19031258.jpgもちろん「安藤農園」さんのブルーベリー栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、冬の剪定作業の様子です。
2年後、3年後までも見据えて、とことん手をかけて育てます。

a0254656_18590699.jpg「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と栽培を始めたのですが、そのブルーベリーは、無農薬栽培の安全性と、何よりその美味しさでまたたく間に口コミで評判となり販売を始めたのです。

a0254656_19041255.jpgその噂を聞いた私も、現地取材を重ね、その美味しさと安全性に惚れ込み、弊社でネット独占販売しています。
収穫は、出荷予定日の朝から行います。
品種により、味や甘さ、香りや酸味が異なるため、品種ごとに1粒1粒その熟れ具合を判断しながら収穫するので、かなり根気のいる手作業です。
さらに、パック詰めにも強いこだわりがあるんです。

a0254656_19063532.jpg同じように見えるブルーベリーですが、1パック全体で味のバランスが良いように、実は数品種のブルーベリーをミックスしています。
甘いものから、香りが良いもの、さらにはあえて少し酸味があるものなどを、絶妙なバランスで1パックにしています。
ぜひ、4粒か5粒ずつ食べてみてください。
その美味しさのバランスを堪能できますよ!

a0254656_19104057.jpgこの時期私は、ヨーグルトに「安藤農園」さんのブルーベリーをたっぷり乗せていただく朝食にすっかりはまっています。
その美味しさはあらためて言うまでもなく、さらにブルーベリーは、本日のブログの前半で紹介したように、大注目の健康食材です。

a0254656_19120591.jpgしかし、その効果効能よりも、「安藤農園」さんのブルーベリーが、安全で美味しいからと言うことで、「FLCパートナーズストア」では、ネット独占販売しています。
惜しまぬ手間ひま、美味しさへのこだわりゆえの、出荷数を制限しての数量限定、完全予約制での販売です。
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「無農薬ブルーベリー」のページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-07-25 19:14 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

無農薬フレッシュブルーベリー 今年もネット独占販売!先行予約受付をスタート!一足早く試食しました!2017

FLC日記 2017年6月1日(木) 晴れ一時雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』をネット独占販売いたします。
本日(6月1日)より、先行予約の受付をスタートしました!
a0254656_17180421.jpg
今年(平成29年度)の初出荷は、6月9日(金)の予定です。
1つ1つ朝摘みで丁寧に収穫し、選び抜いた『フレッシュブルーベリー』をお届けします。

a0254656_17211461.jpgただし、この時期は極早生の品種で、出荷数を制限しながらの販売のため、ご注文いただいた順番に、商品がそろい次第の発送になる旨、ご了承ください。
完全無農薬、完全無化学肥料で、大事に大事に育て上げました。
ブルーベリーは、その熟れ方を判断して、1粒1粒収穫します。

a0254656_17263739.jpg収穫したブルーベリーは、1パック全体で味のバランスが良いように、数種類のブルーベリーをミックスしています。
とても甘いものから、香りが良いもの、さらには、あえて少し酸味がある藻などを絶妙なバランスで入っているので、この1パックなんかはほんとあっという間に食べちゃいますよ!
そのこだわりが、美味しさと人気の秘密です!
a0254656_17281257.png

ご注文順に、順次発送していきますので、とにかくご注文(ご予約)はお急ぎください!

↓ 今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓



a0254656_17404772.jpg熊本県菊池市大平にある、「安藤農園」さんのブルーベリー畑に伺いました。
左側に並んでいるのが、最初に収穫を迎える“極早生”の品種のブルーベリーです。

a0254656_17443355.jpg現在は、ブルーベリーの果樹園になっていますが、もともとはお米を育てるための棚田でした。
お米を育てるにはとっても良い土ですが、ブルーベリー栽培には適していません。
「安藤農園」さんは、土壌改良をしてブルーベリーに適した土を作り、極早生から晩生まで、20種類以上、約400株のブルーベリーを栽培しています。

a0254656_17482619.jpgちなみにこちらは、「本藤果樹園」の本藤猪一郎さんです。
同じく、無農薬、無化学肥料で育てた『ステビアにんにく』の収穫をしています。
その様子もしっかりと取材してきましたので、また後日ご紹介いたします。

a0254656_17510369.jpgブルーベリーに話を戻しましょう!「安藤農園」の安藤則子さんです。
「今年は桜も遅かったように、例年に比べると、10日ほど遅いけど、良いブルーベリーができたわ!」
そう笑顔で話してくれました。

a0254656_17532624.jpgブルーベリーが色づき始めると、果樹全体にネットをかけます。
自然豊かなこの地の、野鳥対策です。
とりわけ、ヒヨドリ、カラスがこの安全で美味しいブルーベリーを食べちゃうんです。

a0254656_17591241.jpg「ほら!これなんかは、まさに収穫時よね!1つ摘んで食べてみて、きっと美味しいから!」
そう言っていただき、さっそく摘んで手のひらに乗せました。

a0254656_18063000.jpg私は男性の中でもかなり手が大きい方なので、その大きさが伝わりにくいかもしれませんが、たった1粒でもずっしりとした感じがします。
こちらは“スター”と呼ばれる品種で、ご覧の通り星の模様が見えます。
食べてみると、ブルーベリーならではのさわやかな甘みがとてもうまいんです。

a0254656_18105072.jpg「こっちも食べてみて!また違った美味しさがあるから!」と則子さん。
もう一回り大きいようです!
さっそく食べてみると、先ほどより甘さが濃くてホント美味しかったです。

a0254656_18165865.jpg「両方ともめちゃくちゃ美味しいですね!」と言うと、
「ハハハッ!笠さんは本当に美味しそうに食べるのでうれしくなったちゃうわ!」と則子さん。
「美味しそうに手べるんじゃなくて、美味しいんですよ!」と言う私に、

a0254656_18241314.jpg「ありがとう!でもね、どんなに美味しくても、やっぱり1種類だけをパックにしちゃうとダメなのよね!それぞれの品種の味をふまえて、全体のバランスを考えて1パックにしてるのよ!とっても手間のかかる作業だけど、やっぱり美味しく食べてほしいじゃない!」と則子さん。

a0254656_18274501.jpg自らが栽培し、その味を知り尽くした則子さんが、惜しまぬ手間ひまをかけパック詰めするからこそ、口コミだけであれだけのお客様の心をつかんだ秘訣なんでしょうね!

a0254656_18343409.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「安藤農園」さんのブルーベリー栽培の様子を、収穫の時のみならず、年間を通してもう何年も現地取材してきました。
こちらは3月下旬の有機肥料の菜種油粕を散布している様子です。

a0254656_18391464.jpg4月上旬の、極早生種のブルーベリーの花咲く頃のお二人の笑顔のツーショットです。
先日の取材時にはご主人の博人さんは所用で来ていませんでしたが、お二人はこの様にいつも笑顔の絶えない仲良しご夫婦です。
なにせ、2人で育てたブルーベリーを、『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』と命名するくらいですから!(笑)

a0254656_18432938.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました。
惜しまぬ手間ひまゆえの、出荷数を制限しての数量限定、完全予約制での販売で、ご注文順に随時発送していきます。
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「無農薬ブルーベリー」のページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-01 18:47 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

無農薬フレッシュブルーベリー 5月末からの出荷予定!今年もブルーベリー栽培に合う土を作る匠の話!

FLC日記 2017年4月29日(土) 晴れ
「今年も極早生のブルーベリーは、順調に着果してるので、5月下旬には収穫を始める予定よ。ある程度の収量が増えて、しっかり選んで出したいので、笠さんとこのお客様には、今年も5月末あたりから出荷になりそうね!」
「安藤農園」の安則子さんがそう話しながら、極早生のブルーベリーを見せてくれました。
a0254656_17250751.jpg

a0254656_17235204.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も、「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を、ネット独占販売いたします。

a0254656_17294894.jpgこちらは、昨年5月下旬の様子です。
実ったものから匠の判断で、1粒1粒収穫します。
農薬や化学肥料を使用せず、消毒もせずに育てた、『フレッシュブルーベリー』です。

a0254656_17363851.jpgこうしてパックに詰め出荷するのですが、実はこの中には数種類のブルーベリーが入っていて、1パック全体で美味しくいただけるよう詰められています。
今年も、5月中旬よりの受注(予約)受付で、5月末または6月上旬からの出荷予定です。

a0254656_17415017.jpg本日は、現在のブルーベリーの成長の様子と、匠の土つくりについてご紹介いたします。
ここは、熊本県菊池市大平にある、「安藤農園」さんのブルーベリー畑です。

a0254656_17225366.jpgこちらは、本日のブログの冒頭でも紹介した、極早生品種のブルーベリーです。
一切の農薬を使用せず、消毒も行わないので、その左上にはテントウ虫たちが写ってますね!

a0254656_17583702.jpg注目すべきは、ブルーベリーの果樹たちの根元です。
この時期、たくさんの木片チップを入れて、土つくりをします。
その量は、なんと1t近くにもなるのだそうです。
ブルーベリーは、水はけの良い土壌を好みます。
「安藤農園」さんでは、毎年木片チップを投与し、腐葉土ならぬ“腐木片チップ土”で、大切な土を作っています。

a0254656_18052493.jpg「安藤農園」の安藤博人さん、則子さんご夫妻です。
こちらは、2月中旬の冬の剪定作業の際に撮った写真です。
お2人が育てたブルーベリーの商品名を、「菊池 おしどり夫婦が育てたブルーベリー」とするほどの、仲良しご夫婦です。

a0254656_18092046.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、「安藤農園」さんの無農薬栽培の『フレッシュブルーベリー』を育てる様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。

a0254656_18173213.jpgこちらは現在の様子。
左が極早生と早生品種、中央が中世の品種、右に晩生の品種のブルーベリーが栽培されています。
ここは、もともとはお米を作る田んぼ(棚田)だったところです。

a0254656_18203259.jpgお米作りには合う土も、ブルーベリーには合わないため、こうして毎年土壌改良をしながら、元気な土を育てています。
安藤さんご夫妻は、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、棚田を改良して無農薬にこだわりブルーベリーを育て始めました。

a0254656_18252409.jpgすると、そのブルーベリーは、無農薬栽培の安全性と、何よりその美味しさでまたたく間に口コミで評判となり販売を始めたのです。
その噂を聞いた私も、現地取材を重ね、その美味しさと安全性に惚れ込み、弊社でネット独占販売しています。

a0254656_18314470.jpg「この子たちも極早生の品種で、すごく美味しいんだけどちょっと手がかかるのよね!」と則子さん。
「安藤農園」さんは、極早生から晩生まで、20種類以上、約400株のブルーベリーを栽培しています。

a0254656_18342101.jpg「手がかかると言いますと?」と尋ねる私に、
「ほら!この子たちはこうしてたくさんの果実を実らせようとするのよね。そうなると、小さいものしかできないし味も良くならないの。だから、この時期に摘果してあげるのよ。」

a0254656_18373198.jpg「え?この中から判断しながら摘果するんですか?それはむちゃくちゃ大変じゃないですか?」とまた尋ねる私に、
「美味しいものを作るってことはホント大変なのよ!私たちは農薬や化学肥料も使わず、消毒もしないでしょ?だから、その分こうしてしっかりと手をかけようと頑張ってるのよ!」と則子さん。
「安藤農園」さんは、安全で美味しいブルーベリーにこだわり続ける匠なんです。

a0254656_18431357.jpg「じゃぁ、そろそろ俺は行ってくるよ!」と博人さん。
これから、この軽トラックに山積みの木片チップを購入しに行くのです。
「お一人で行かれるんですか?」と私が言うと、「そうだね。俺一人で行ってくるよ!」と博人さん。

a0254656_18461643.jpg「今日の取材の様子も、おしどり夫婦のくだりをたっぷりに紹介する予定なのですが、一緒じゃなくていいんですか?」と言う私に、
「ハハハッ!笠くんはまだ取材もしたかろうし、俺一人で大丈夫だから!いくら仲良しでも、そんなにずっと一緒にいるわけじゃないよ!(笑)」
博人さんは、そう茶目っ気たっぷりに話しました。

a0254656_18521741.jpgらは、現在ほぼ満開に咲き誇っている中生品種のブルーベリーたちです。
この日の取材では、まだまだたくさんのことをお話しいただき、私も見てきました。
まだまだお話ししたいことは盛りだくさんですが、本日は少々長くなりましたので、この続きはまた後日ご紹介することとします。

a0254656_18551814.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたします。
現在、ホームページでは“完売”となっていますが、昨年もご購入いただいたお客様より、お電話ではすでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。
これからも、ブルーベリーの育つ様子や匠の技など、現地取材をしてご紹介していきます。
お楽しみに‼

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-04-29 18:57 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

ブルーベリーの開花2017 今年も極早生ブルーベリーの花が元気に咲きました!

FLC日記 2017年3月30日(木) 晴れ
「極早生ブルーベリーの花が、今年も元気に咲いてるよ!写真撮りにおいで!」
「安藤農園」さんより、そう連絡をいただき、一昨日現地取材に行ってきました。
これがブルーベリーの花です!
a0254656_17564007.jpg

a0254656_18070542.jpgここは、熊本県菊池市大平にある「安藤農園」さんの、無農薬で育てるブルーベリーの栽培場です。
ブルーベリーは落葉樹です。
秋から初冬にかけて色づいた葉っぱが落葉し、この時期には最初に花芽が芽吹き開花します。
もちろん最初に咲くのは、6月上旬から収穫を迎える、極早生品種のブルーベリーたちです。

a0254656_18125389.jpgこちらが、その6月上旬、収穫を迎えたころのブルーベリーです。
「安藤農園」さんでは、20種類以上、約400株のブルーベリーを、完全無農薬、完全無化学肥料で栽培しています。

a0254656_18173436.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も、「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を販売いたします。
販売期間は、6月上旬から8月末まで(予定)です!

a0254656_18201939.jpgブルーベリーは、とても小さく白くてかわいらしい花を咲かせます。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18301580.jpgもちろん、「安藤農園」さんの無農薬栽培の『フレッシュブルーベリー』を育てる様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
開花の連絡をいただき、取材に伺ったこの日は、晩生のブルーベリーに肥料を与えていました。
与えているのは、有機肥料の菜種油粕です。

a0254656_18275502.jpg「安藤農園」の安藤博人さん、則子さんご夫妻です。
安藤さんご夫妻は、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、棚田を改良して無農薬にこだわりブルーベリーを育て始めました。

a0254656_18341198.jpgすると、そのブルーベリーは、無農薬栽培の安全性と、何よりその美味しさでまたたく間に口コミで評判となり販売を始めたのです。
その噂を聞いた私も、現地取材を重ね、その美味しさと安全性に惚れ込み、弊社でネット独占販売しています。
その商品名を、「菊池 おしどり夫婦が育てたブルーベリー」とするほどの、仲良しご夫婦です。

a0254656_18431073.jpgこの地は、もともと棚田で美味しいお米が育てられていました。
そこを、土壌改良して水はけの良い地質に変え、ブルーベリーを栽培しています。
土壌改良の方法がこちらです!

a0254656_18460617.jpg毎年、大量の木片チップを散布して、腐葉土ならぬ、木片チップ土を作ります。
美味しいお米を育てるのに適した田んぼ(棚田)の土は、ブルーベリー栽培には適しません。
木片チップの投入は、現在行っている、肥料散布の後にする、毎年繰り返し行われる作業です。

a0254656_18504025.jpg則子さんが「あなたはホントマメに取材に来るわねぇ~」なんて言いながら、剪定作業を始めました。
「私も少しですが、ブルーベリーを「安藤農園」さんと同じように、無農薬で育てているから、私の師匠だと思っているので、様々な作業を見て、お手本とさせていただいています。でも、この時期に剪定ですか?」と言うと、

a0254656_18553580.jpg「ハハハっ!師匠だなんて!」と笑顔になり、すぐに匠の表情となりました。
「ここのブルーベリーたちは、晩生なのよ。まだつぼみの段階なので、ちょっと気になったところを仕上げ剪定してるのよ。笠さんの、お手本になるように、ちょっと真剣にするわね!」と、茶目っ気たっぷりに話しながら、作業を進めます。

a0254656_19001584.jpg「剪定は、基本、枯れ枝を切って、全体的に日が当たり、風通しを良くするのよね。でも、この子たちは枝に対してちょっと花芽が多く芽吹くので、枝の先端にある蕾を落として、花の数を減らしてるのよ。このままだと、数はたくさんできるけど、小さいものばかりになっちゃうからね!」とのことでした。

a0254656_19041569.jpg博人さんも、仕上げ剪定を行っています。
「私のも、そうした方が良いですか?」と尋ねると、
「確かあなたのとこは中世の品種で、そう多くは花芽が来てないと思うから、おそらく大丈夫よ!でも、枝の大きさに対してあまりにも多い時は、まだ間に合うのでそうした方が良いかもね!」とのことでした。

a0254656_19104596.jpgこれが、私が栽培しているのと同じ品種のブルーベリーですが、栽培しているのは、菊池水源の山奥で、標高が高くまだまださ寒いので、ここまでつぼみが膨らんでいません。「ありがとうございます。帰ったらさっそく見てみて、私も仕上げ剪定をやってみます。」と伝え、この日の取材を終えました。

a0254656_18144478.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたします。
昨年ご購入いただいたお客様からは、早くも初回発送分でのご予約を頂戴しているほどの、大人気商品です!
これからも、ブルーベリーの育つ様子や匠の技など、現地取材をしてご紹介していきます。
お楽しみに‼

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-03-30 19:16 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

フレッシュブルーベリー 今年もしっかり手をかけて、無農薬栽培で育てます!冬の剪定の様子

FLC日記 2017年2月20日(月) 雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も、「安藤農園」さんの、無農薬栽培の『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたします。
a0254656_16522518.jpg
販売期間は、6月上旬から8月下旬まで(予定)です。

a0254656_16543967.jpg「安藤農園」さんの『フレッシュブルーベリー』は、「菊池 おしどり夫婦が育てたブルーベリー」と言う名前です。
完全無農薬、完全無化学肥料の安全性と、もちろんその美味しさで、弊社の大人気商品です。

a0254656_16573545.jpgこちらは、6月上旬に収穫を迎える“極早生”のブルーベリーです。
朝摘み、フレッシュそのものの“生”のブルーベリーをお届けします。
本日は、4日前に「安藤農園」さんのブルーベリー園を現地取材した、現在の様子をご紹介いたします。
a0254656_16593979.jpg

a0254656_1704739.jpg私が取材に伺った、2月16日は冬とは思えない青空の広がるとても気持ちがいいお天気でした。
ここは、熊本県菊池市大平にある、「安藤農園」さんのブルーベリー畑です。
この地は、もともとは、お米を育てるための「棚田」でした。
その棚田を土壌改良して、ブルーベリーの栽培地へとしました。

a0254656_176409.jpgこちらは、10月上旬に撮影した写真で、ブルーベリー畑のすぐ下の棚田には、今でもお米を育てています。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

a0254656_17142924.jpgもちろん、「安藤農園」さんのブルーベリー栽培も年間を通して取材してきました。
こちらは、木片チップを投与した後の写真です。
美味しいお米を育てるのに適したこの棚田の土では、ブルーベリーの栽培には適しません。
こうして木片チップを投与し、水はけの良いブルーベリーの栽培に合う土壌に作り替え栽培しています。

a0254656_17173417.jpg「安藤農園」の安藤博人さん、則子さんご夫婦です。
笑顔の絶えないとっても仲良しなまさに“おしどり夫婦”です。
そのおしどり夫婦ぶりは、筋金入りなんで、自らが育てた商品を「菊池 “おしどり夫婦”が育てたブルーベリー」としているくらいなんです(笑)

a0254656_17213268.jpgこの時期は冬の剪定作業の真っただ中です。
「最初はね。俺たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいからって育えて始めたんだけど、今では、極早生から晩生まで、20種類以上、約400株にもなって大変だよ!(笑)」と博人さん。

a0254656_1724138.jpg「極早生や早生はもう選定作業が終わって、今は中世のブルーベリーをしてるんだけど、ほら、今年もしっかりと花芽が来てるでしょ?作物つくりは、きちんと手をかけると、必ずこうして答えてくれるからホント面白いよね。」

a0254656_17262538.jpg「極早生の方はもうずいぶんとつぼみが膨らんでるから、そっちも見てきたら?」と博人さん。
その様子がコチラ!
確かにまもなく開花しそうなほど膨らんでいました。

a0254656_17284065.jpg則子さんに剪定作業の様子を見せて頂きました。
「全体のバランスを見ながら、古い枝を剪定して、不要な枝も落として、しっかりとまんべんなくおひさまの光が当たって、風通しも良くしてあげることが大事なのよね。」

a0254656_17344275.jpg「この枝は、勢いがなくて、もういい花芽が来ていないし、右の新しい枝と重なっちゃうから落とすわね。基本的には徒長枝も落とさなきゃいけないのよ。でも、来年以降っを考えて残す場合もあるけどね。」

a0254656_17371352.jpg「それから、それぞれの枝に見合る花芽の数にしてあげることも大事ね!この枝は少し弱いから、先端を落としてあげないと、小さなブルーベリーしかできないの。その判断はやっぱり経験としかいいようないわね。」

a0254656_174134100.jpg「そう言えば、今年もミノムシを手作業で駆除したのですか?」と尋ねると、
「そうよ!頑張ったのよ!!あなたが来るとわかっていたなら、集めたミノムシをとっとけばよかったわね!(笑)」
則子さんは茶目っ気たっぷりにそう話しました。

a0254656_1751980.jpgちなみにこれは以前取材した際に見せて頂いた大量のミノムシです。
「安藤農園」さんでは農薬を一切使用しないので、こうして手作業でミノムシを集め駆除しています。
こうしてとことん手をかけ育てるので、安全で美味しいブルーべりーができるのです。

a0254656_1754969.jpg「これは、ほぼ剪定を終えた完成形かな。もちろん、もうひと手間かけて、最後の仕上げ剪定はしないとダメだけどね。うちでは農薬を全く使わないでしょ?だから、これくらい日当たりを良く、風通しも良くしてあげることで、病気や害虫から守るようにしてるのよ。」と則子さん。
やはり、安全で美味しいブルーベリーを育てるためには、このようなたくさんの匠の技や惜しまぬ手間ひまが必要なのです。

a0254656_17591354.jpg笑顔が絶えない、とっても仲良しのおしどり夫婦は、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから」と、栽培を始めました。
しかし、その安全性と美味しさが口コミで評判となり、私も「安藤農園」さんを知るきっかけとなりました。

a0254656_1804243.jpg私は、その栽培方法と、何よりもお二人が育て上げた『フレッシュブルーベリー』の美味しさに惚れ込み、ネット独占販売しています。
「FLCパートナーズストア」では、「安藤農園」さんの無農薬で育てた『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』を今年もネット独占販売いたします。
惜しまぬ手間ひまや、成長の様子など、これからも現地取材でご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-02-20 18:03 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

フレッシュブルーベリー ブルーベリーの紅葉と冬の様子!この時期に咲く花は摘花します!

FLC日記 2017年1月21日(土) 雪のち晴れ

a0254656_16254466.jpg「この時期に咲いちゃう花があるのよね・・・。でも、絶対に果実にならないの。霜や雪でダメになっちゃうからね。だから、不要なエネルギーをブルーベリーの果樹に使わせないように、こうして全部摘花したり剪定したりするのよ。」
「安藤農園」の安藤則子さんが、そう言いながら手際よく作業を進めていました。
a0254656_16263861.jpg
ここは、熊本県菊池市大平にある「安藤農園」さんの無農薬で育てるブルーベリーの栽培場です。

a0254656_16273571.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も、「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を販売いたします。
販売期間は、6月上旬から8月末まで!

a0254656_16301381.jpgブルーベリーは落葉樹で、秋から初冬にかけて色づいた葉っぱが、この時期にはこうしてほとんど落葉します。
それと同時に、新しい花芽の準備が進んでいます。

a0254656_1632239.jpgこちらは、12月上旬の紅葉したブルーベリーです。
こうして赤く色づき、冬になるとその葉は落ちていきます。
「安藤農園」さんでは、20種類以上、約400株のブルーベリーを栽培しています。

a0254656_16361684.jpg高台を通る道路から、全体を写そうとしましたが、とても広く全体を写しきることはできませんでした。
手前は極早生、早生系のブルーベリーで、縦に並んでいるのは中世、右奥にあるのが晩生のブルーベリーです。

a0254656_16393433.jpg1月上旬の剪定作業をしている頃に、話を戻しましょう!
「安藤農園」の安藤則子さんです。
「この辺りは、早生の品種たいね。極早生は剪定が終わったので、今は早生の剪定をしてたのよ。」

a0254656_16425166.jpgこちらが、剪定を終えた極早生のブルーベリーの果樹です。
きちんと誘引も施され、全体的に太陽の光が当たるようにしています。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

a0254656_16464098.jpgもちろん、「安藤農園」さんのブルーベリー栽培も年間を通して取材してきました。
こちらは、5月上旬の着果間もないころの様子です。
この場所は、もともとお米を作る田んぼ(棚田)でした。

a0254656_16494098.jpgこちらは、ご主人の安藤博人さん。
仲良しご夫婦の二人三脚で、安全で美味しいブルーベリーを育てています。
美味しいお米を育てるのに適した田んぼでも、ブルーベリーには適しません。
こうして木片チップを投与し、水はけの良いブルーベリーの栽培に合う土壌に作り替え栽培しています。

a0254656_16554244.jpgまたまた現在の剪定作業の様子に話を戻します。
「則子さん!いくら極早生とはいえ、この花芽のつぼみは、もうずいぶんと大きくないですか?」と尋ねる私に、

a0254656_16571848.jpg「そうなのよ!年末年始がすごく暖かかったでしょ?だからね、成長が早くなっちゃって、もう開花しているのもあって大変なのよ!」
こちらが、すでに咲いているブルーベリーの花です。

a0254656_1741175.jpg「こんなに早く咲いても、果実は実るんですか?」とまた尋ねると、
「絶対に無理ね!まず、寒さで花がダメになるでしょ?仮に着果したとしても、霜や雪で確実にやられちゃうから、収穫できることなんてないわ!」

a0254656_1771794.jpg「だから、剪定をしながら、そんな花を見つけたら全て摘花するのよ。そうしないと、その無駄な花に果樹のエネルギーを使わせないようにね!」
本日のブログの膨張の写真と同じですが、その様子がコチラです!
a0254656_171054.jpg
咲いている花を見つけると・・・
a0254656_1710548.jpg
こうして、その花だけを丁寧に摘花します。

a0254656_17184854.jpg「それと同時にね!こうして花芽が多い枝は少し落としてあげるのよ。そうしないと、小さなブルーベリーの果実がたくさんできちゃうからね!」
「すごく手をかけてるんですね!」という私に、

a0254656_17205338.jpg「だってうちでは、農薬は使用しない!消毒もしない!化学肥料は使わない!で育ててるでしょ?だからその分、しっかりと手をかけてあげないと、安全で美味しいブルーベリーはできないでしょ?」

a0254656_17255727.jpg安藤さんご夫妻は、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、棚田を改良して無農薬にこだわりブルーベリーを育て始めました。
すると、そのブルーベリーは、無農薬栽培の安全性と、何よりその美味しさでまたたく間に口コミで評判となり販売を始めたのです。
その噂を聞いた私も、現地取材を重ね、その美味しさと安全性に惚れ込み、弊社でネット独占販売しています。

a0254656_17294253.jpg本日は、摘花の様子を中心に、冬の様子をご紹介しましたが、本来は、この時期は剪定作業がメインです。
その匠の剪定作業の様子は、また後日現地取材してこのブログで紹介したいと思っています。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたします。
これからも、ブルーベリーの育つ様子や匠の技など、現地取材をしてご紹介していきます。
お楽しみに‼

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-01-21 17:32 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)