人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:無農薬フレッシュブルーベリー( 43 )

フレッシュブルーベリーが今まさに最旬!無農薬栽培の朝採りブルーベリーを即日発送でお届けします!

FLC日記 2019年8月3日(土) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市の「安藤農園」さんが無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を大好評発売中です!
a0254656_16403697.jpg


a0254656_16505766.jpgブルーベリーは、健康食材として大注目の食品なんです。
日々、科学の世界ではブルーベリーの真の健康効果と栄養面での利点が発表されています。
その多くは、ブルーベリーに多く含まれる「アントシアニン」による効果です。
一般的によく知られる効果としては、目の疲労をやわらげ、視力低下を防ぐということ、視力を向上させることがあげられますよね。

a0254656_17192170.jpgこの時期私は、ヨーグルトに「安藤農園」さんのブルーベリーをたっぷり乗せていただく朝食を、ほぼ毎日頂いています。
そのおかげでしょうか?
先日の健康診断で、今年もまた、前年より視力が良くなっていましたよ。

a0254656_17200777.jpgシナモンをちょっとかけて食べるのも好きなんです。
ブルーベリーに含まれる、「アントシアニン」は、目への効果の他にも、血管を強くしなやかにする効果、抗酸化作用などがすでに実証されています。具体的には、視力回復、白内障、眼精疲労、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞などなど、数え出したらきりがありません。

a0254656_16591079.jpgアントシアニンはポリフェノールの一種で、ガンや様々な生活習慣病の原因にもなっている活性酸素を抑制する効果も期待できますよ!
また、骨粗鬆症の予防効果もあることが最近の研究で分かったそうです。
ブルーベリーには、「アントシアニン」意外にも、ビタミンE、食物繊維、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいます。

a0254656_18260328.jpg「FLCパートナーズストア」では、無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を、100g入り×6パックで販売しています。
カロリーが気になる方も多いと思いますが、100gで、約50kcalなので、あまりカロリーを気にせずに食べられるのも良いですよね!
a0254656_18301719.png
現在、「FLCパートナーズストア」では、「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を大好評販売中です!
ただし、数量限定の完全予約制販売です。
ご注文順に、発送していきますので、ご注文(ご予約)はお急ぎください!

今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
無農薬・無化学肥料で育てた
『フレッシュブルーベリー』



a0254656_17224118.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県菊池市大平にある、「安藤農園」さんのブルーベリー畑です。
「安藤農園」さんでは、極早生から晩生まで、現在20種類以上、約400株のブルーベリーを栽培してます。

a0254656_17052157.jpg生産者はこのお二人!
「安藤農園」の安藤博人さん、則子さんご夫婦です。
笑顔の絶えないとっても仲良しなまさに“おしどり夫婦”です。
写真は以前の取材で、7月上旬の中生のブルーベリーの収穫を始めた頃に撮影した写真です。

a0254656_17380805.jpgこちらは、先日、収穫の様子を取材した際の写真です。もちろん「安藤農園」さんのブルーベリー栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫の時期のみならず、収穫後のお礼肥え、冬の剪定、土壌改良のための木片チップの投与の様子(写真)、芽吹きや花の様子などその全てです。

a0254656_17162379.jpgもともとこの地は、お米を育てるための棚田(水田)でした。
お米を育てるのに適した棚田の土は、水はけの良い土壌を好むブルーベリーには適していません。
そこで、毎年大量の木片チップを投与して、腐葉土ならぬ“腐木片チップ土”を作り、ブルーベリーを栽培しています。

a0254656_17180213.jpgこれはブルーベリーの花です。
「安藤農園」さんは、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、仲良しご夫婦で栽培を始めました。

a0254656_17401430.jpgすると、そのブルーベリーは、無農薬栽培の安全性と、何よりその美味しさでまたたく間に口コミで評判となり販売を始めたのです。
ちなみに私は、取材に伺うと、こうして摘んでいただいたブルーベリーを、洗うこともせずにその場でいただいています。

a0254656_17415031.jpg収穫は、出荷予定日の朝から行います。
品種により、味や甘さ、香りや酸味が異なるため、品種ごとに1粒1粒その熟れ具合を判断しながら収穫するので、かなり根気のいる手作業です。
さらに、パック詰めにも強いこだわりがあるんです。

a0254656_17252620.jpg同じように見えるブルーベリーですが、1パック全体で味のバランスが良いように、実は数品種のブルーベリーをミックスしています。
甘いものから、香りが良いもの、さらにはあえて少し酸味があるものなどを、絶妙なバランスで1パックにしています。
ぜひ、4粒か5粒ずつ食べてみてください。
その美味しさのバランスを堪能できますよ!

a0254656_17265023.jpg「安藤農園」さんのブルーベリーが、安全で美味しいからと言うことで、「FLCパートナーズストア」では、ネット独占販売しています。

a0254656_17300601.jpg惜しまぬ手間ひま、美味しさへのこだわりゆえの、出荷数を制限しての数量限定、完全予約制での販売です。
そして今期の出荷予定も、いよいよ残り少なくなってきました。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、とにかくご注文はお急ぎ下さい。
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「無農薬ブルーベリー」のページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-08-03 17:42 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

フレッシュブルーベリー再出荷決定!おしどり夫婦がそろって収穫再開しました!

FLC日記 2019年7月4日(木) くもりのち晴れ

a0254656_15055384.jpg無農薬で育てた熊本県菊池市産の『フレッシュブルーベリー』の予約受付及び出荷を再開いたします。
おしどり夫婦がそろっての収穫の様子を現地取材してきました!
a0254656_15181185.jpg

熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市の「安藤農園」さんが無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売しています。
今期(令和元年)の受注及び発送を、本日より再開いたしました!

a0254656_15202558.jpg「安藤農園」の安藤博人さん、安藤則子さんのおしどり夫婦が、2人仲良くブルーベリーを収穫する様子を、本日現地取材してきました。
数量限定の完全予約制販売で、ご注文(ご予約)の受付もスタートしました。
ご注文順に、順次発送していきます。ご注文(ご予約)はお急ぎください!

今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
無農薬・無化学肥料で育てた
『フレッシュブルーベリー』



a0254656_15245791.jpgここは、熊本県菊池市大平にある、「安藤農園」さんのブルーベリー畑です。
「安藤農園」さんでは、極早生から晩生まで、現在20種類以上、約400株のブルーベリーを栽培してます。

a0254656_15273170.jpg生産者はこのお二人!
「安藤農園」の安藤博人さん、則子さんご夫婦です。
笑顔の絶えないとっても仲良しなまさに“おしどり夫婦”です。
4月上旬の極早生のブルーベリーの花が咲く頃に撮影した写真です。

a0254656_15323732.jpg毎年、6月上旬から出荷をスタートし、この7月は最盛期で、全国のお客様にどんどん朝採りの『フレッシュブルーベリー』を出荷していました。
しかし今年は、初回出荷で数名のお客様にお届けしただけで、そのご中断を余儀なくされていました。

a0254656_15350986.jpgこれが商品となる1パックです。
「安藤農園」さんのブルーベリーは、同じように見えますが実は数種類のブルーベリーを1パックにしています。
甘いもの、少し酸味があるもの、香りが強いものなど、その時期にベストな組み合わせを行い、1パック全体で美味しくいただけるように選んでくれているのです。

a0254656_15314394.jpgしかし、6月上旬、ご主人の安藤博人さんが病となり収穫との作業ができなくなりました。
幸い大事には至らなかったものの、おしどり夫婦そろっての共同作業ができなくなり、やむなく出荷を断念していたのです。

a0254656_15405679.jpg昨日「主人の体調も良くなったので、明日天気が良ければ収穫を再開しようと思うの!」とお電話いただき、本日さっそく現地取材に伺いました。

a0254656_15431595.jpgこちらは冬の剪定作業の頃の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。
「安藤農園」さんのブルーベリー栽培も年間を通して取材してきました。

a0254656_15444663.jpgこちらは現在の様子で、「安藤農園」さんのブルーベリー畑のすぐ下にある棚田(田んぼ)です。
「安藤農園」さんのブルーベリー畑も元々はこのような田んぼでした。

a0254656_18485699.jpg「安藤農園」の安藤さんご夫婦は、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と言う思いで、棚田を場改良してブルーベリーの栽培を始めました。
その様子がコチラ!
お米を育てるのに適した棚田の土は、水はけの良い土壌を好むブルーベリーには適していません。
そこで、毎年大量の木片チップを投与して、腐葉土ならぬ“腐木片チップ土”を作り、ブルーベリーを栽培しています。

a0254656_17202333.jpg「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と栽培を始めたのですが、そのブルーベリーは、無農薬栽培の安全性と、何よりその美味しさでまたたく間に口コミで評判となり販売を始めたのです。

a0254656_17214138.jpgその噂を聞いた私も、現地取材を重ね、その美味しさと安全性に惚れ込み、弊社でネット独占販売しています。
収穫は、出荷予定日の朝から行います。
品種により、味や甘さ、香りや酸味が異なるため、品種ごとに1粒1粒その熟れ具合を判断しながら収穫するので、かなり根気のいる手作業です。

a0254656_17250332.jpgさらに、パック詰めにも強いこだわりがあるんです。
1パック全体で味のバランスが良いように、実は数品種のブルーベリーをミックスしています。
甘いものから、香りが良いもの、さらにはあえて少し酸味があるものなどを、絶妙なバランスで1パックにしています。
ぜひ、4粒か5粒ずつ食べてみてください。
その美味しさのバランスを堪能できますよ!

a0254656_17265546.jpgそんなこだわりがいっぱい詰まったブルーベリーですから、おしどり夫婦の共同作業でなければできません。
「笠くん!ほんと心配かけたね。こうして現場復帰できたけん、またよろしくね!」博人さんはそう笑顔で話しました。

a0254656_17322686.png


a0254656_17325489.jpg「FLCパートナーズストア」では、「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の受注及び出荷を再スタートしました。
今まさに、“最旬”の美味しさですよ!
惜しまぬ手間ひま、美味しさへのこだわりゆえの、出荷数を制限しての数量限定、完全予約制での販売で、朝摘み即日発送にてお届けします。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「無農薬ブルーベリー」のページへお進みくさい。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-07-04 17:35 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

無農薬フレッシュブルーベリー 令和元年もネット独占販売!本日より先行予約受付をスタート!

FLC日記 2019年6月4日(火) くもり一時雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』をネット独占販売いたします。
本日(6月4日)より、先行予約の受付をスタートしました!
a0254656_18393509.jpg


a0254656_18404767.jpgまずは、極早生のブルーベリーを6月7日(金)からの出荷です。
朝摘み、フレッシュそのものの“生”のブルーベリーです。
ブルーベリーは、その熟れ方を判断して、1粒1粒収穫します。

a0254656_1793957.jpg収穫したブルーベリーは、1パック全体で味のバランスが良いように、数種類のブルーベリーをミックスしています。
とても甘いものから、香りが良いもの、さらには、あえて少し酸味がある藻などを絶妙なバランスで入っているので、この1パックなんかはほんとあっという間に食べちゃいますよ!
そのこだわりが、美味しさと人気の秘密です!
a0254656_17122052.png


a0254656_18495268.jpg初回発送は、6月7日(金)です。
昨年からのご予約で、すでに初回出荷分は完売です!
6月11日(火)出荷分より受付いたします。
※以降、毎週金曜日と火曜日に出荷いたします。
ご注文順に、順次発送していきますので、とにかくご注文(ご予約)はお急ぎください!

今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
無農薬・無化学肥料で育てた
『フレッシュブルーベリー』



a0254656_19030566.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県菊池市大平にある、「安藤農園」さんのブルーベリー畑です。
現在はこうしてブルーベリーの果樹園になっていますが、もともとはお米を育てるための棚田でした。

a0254656_19020350.jpg現在も、ブルーベリー畑の下には棚田が広がっていて、今年の田植えの準備が進められていました。
中央左には、苗床も見えますね!
この写真を撮るため私が立っている「安藤農園」さんのブルーベリー畑も、以前は同じ棚田(田んぼ)だったのです。

a0254656_19043455.jpgしかし、お米を育てるにはとても適したこの土は、ブルーベリー栽培には向いていません。
これは、2月下旬の落葉したブルーベリーの果樹たちです。

a0254656_19044028.jpgその根元には、大量の木片チップが投入されています。
「安藤農園」さんでは、毎年こうしてたくさんの木片チップを入れることで、ブルーベリー栽培に適した水はけのよい土壌作りをしてきました。
私は、もう何年もその栽培の様子や惜しまぬ手間ひまをこうして現地取材して、年間を通して見てきました。

a0254656_1851863.jpg4月上旬、草刈り作業中の安藤さんご夫妻の写真です。
「安藤農園」の安藤博人さん則子さんご夫婦は、笑顔の絶えないとっても仲良しなまさに“おしどり夫婦”です。

a0254656_1874786.jpgなにせ、自らが育てた商品を「菊池 “おしどり夫婦”が育てたブルーベリー」としているくらいですから!(笑)
もともとは、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、この棚田を改良して無農薬にこだわりブルーベリーを育て始めました。

a0254656_1813468.jpgしかし、そのブルーベリーは、無農薬の安全性と、何よりその美味しさで、またたく間に口コミで広がり販売を始めたのです。
その噂を聞いた私も、現地取材を重ね、その美味しさと安全性に惚れ込み、弊社でネット独占販売をしています。

a0254656_19061086.jpg現在では約400株、20種類以上ものブルーベリーを栽培しています。
収穫を前に奥様の則子さんが、中生品種のブルーベリーの摘果作業を行っていました。

a0254656_19091804.jpg「このあたりは中生品種なので、収穫は6月下旬ですか?」と尋ねると、
「そうね!大きくて美味しいブルーベリーにするために、しっかり摘果作業をしとかないとね!」と則子さん。

a0254656_19095442.jpg「今日は野鳥対策のネットかけをしてたんだけど、ちょっと目についたのでこれだけ摘果しておくね!こうして小さい果実を落とすのよ。その時だけは、素手で作業しないとだめよね!」

a0254656_19135794.jpg「もう、ネットをかけとかないとヒヨドリやカラスが来て、おいしそうに実ったブルーベリーから食べちゃうのよ!周りをちょっとくらいならあきらめもできるけどね。」

a0254656_19164056.jpg「無農薬栽培だし、この自然豊かなとこだから、仕方ないとは思うけど、毎年楽しみにしてくれているお客様もずいぶん増えたので、しっかり対策をしようと頑張っていたとこなのよ!」

a0254656_19175580.jpg「それはそうと、いよいよ出荷が来週からでしょ?笠くんも今年のブルーベリーの味を知っておいた方が良いんじゃない?私がしっかりと良いのを探すから、試食してみたら?」と則子さん。

a0254656_1752968.jpg則子さんに教えていただいた、収穫の判断の1つが、この枝の周りの輪っかです。
ブルーベリーの果実は、収穫時期になると、色づき果実と枝の接点に丸く輪っかのようなラインがでます。
残念ながら、その輪っかは割と早くに消えてしまうので、お客様の手元に届く頃には見えなくなっていますけどね!

a0254656_18351859.jpg「これなんか良いんじゃない?これはとても甘くなる品種だから食べてみて?」
いやはや、1粒で甘さを十分堪能できるほどの美味しさです。
「めちゃくちゃ甘いですよ!」と言う私に、

a0254656_18385353.jpg「そうでしょ~!でも、その甘いのだけじゃダメなんよね。品種ごとに特徴があるから、それぞれに収穫しておいて、これを3粒、こっちを5粒みたいにして1パックにしてバランスを考えてるのよ。甘い!だけじゃなくて、1パック全体を食べて、美味しい!って感じてもらえるようにね!」

a0254656_1846190.jpg無農薬・無化学肥料栽培の安全性と、惜しまぬ手間ひまをかけ、美味しさにこだわりぬいた「安藤農園」さんのフレッシュブルーベリーは、この1パックに愛情がたくさん詰め込まれています。
もちろん、同じように見えるブルーベリーですが、数種類をミックスされています。

a0254656_19211785.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたします。
惜しまぬ手間ひまゆえの、出荷数を制限しての数量限定、完全予約制での販売です。
先行予約の受付をスタートしました。
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「無農薬ブルーベリー」のページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-06-04 19:23 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

無農薬フレッシュブルーベリー 花から着果、そして色づきへ!おしどり夫婦は仲良く個展を開催しました!

FLC日記 2019年5月24日(金) 晴れ
「極早生のブルーベリーが色づき始めたわよ!近く通たらよってみたら!」
無農薬栽培のブルーベリーを育てる「安藤農園」の安藤則子さんからそう連絡をいただき、さっそく取材に伺いました。
a0254656_16595071.jpg


a0254656_17003183.jpgしっかりと着果したブルーベリーたちが、こうして色づき始めています。
極早生の収穫は、6月上旬からを予定しています。
ところで、みなさんはブルーベリーの花を見たことがありますか?
こちらがブルーベリーの花ですよ!
a0254656_17065631.jpg


a0254656_17073349.jpg極早生の早い品種だと、3月下旬から花が咲き始めます。
「安藤農園」さんでは、極早生から晩生まで、現在20種類以上、約400株のブルーベリーを栽培しています。

a0254656_17100741.jpg熊本県菊池市大平にある「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の栽培地と棚田(田んぼ)の様子です。
道路沿いの高台から撮影しました。
「安藤農園」さんは、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、棚田を改良して、無農薬でブルーベリーを育てています。

a0254656_17252344.jpgブルーベリー畑へ降りてみました。
中央奥、左側、手前にもブルーベリーが栽培されていますが、それらはもともと全て棚田(田んぼ)でした。

a0254656_17273964.jpgお米の栽培に適した田んぼの土では、ブルーベリーは上手く育ちません。
そこで、毎年こうして木片チップを投与し、水はけの良い土を作り上げ、ブルーベリーを栽培しています。

a0254656_17290154.jpg「安藤農園」の安藤則子さんに成長が早いところの果実を見せてもらうことにしました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

a0254656_17302316.jpg「安藤農園」さんのブルーベリー栽培も年間を通して取材してきました。
「このあたりは色づきが早いから1つ採って食べてみたら?」と則子さん。

a0254656_17314300.jpg「もちろん、完熟してないけど今のこの味を知っておくのも販売する笠さんとしては大事でしょ?」と則子さん。
さっそくいただきましたが、最も美味しい時期を知っているので、まだ味も薄く甘さも強くありませんでした。

a0254656_17341647.jpgその旨を伝えると、
「ハハハッ!やっぱりそうよね!6月上旬には美味しくなるからちょっと待ってね!(笑)」とのこと。
「ところで博人さん(ご主人)は何をしてるんですか?」と尋ねると、

a0254656_17361938.jpg「イノシシが来て井手沿いの土手を荒らしてるとたい。だけんね、こうして修復してたとこたいね。」と博人さん。
「そうなんですね!野鳥の写真撮影から、土手の修復まで大変ですね!(笑)」と言うと、
「先日は個展に来場いただきまして、ありがとうございました。」と博人さん。

a0254656_17412204.jpg安藤博人さんと安藤則子さんのおしどり夫婦は、それぞれの趣味を持ち、いずれもプロ級の腕前なんです。
ゴールデンウイークの期間中に熊本県菊池市にある「わいふ一番館」と言うギャラリーで個展を開きました。

a0254656_17424074.jpg今回で、5回目となる個展で、そのタイトルは「鳥よ花よ展(野鳥の写真と絵と短歌と)」となっています。
ご主人の安藤博人さんは野鳥の写真を撮り、奥様の安藤則子さんは花の水墨画と短歌を書き展示しています。
その作品の一部をご紹介します。


安藤博人さんの野鳥の写真の作品
a0254656_17462156.jpg

a0254656_17464098.jpg

a0254656_17470482.jpg


安藤則子さんの絵画と短歌の作品
a0254656_17490393.jpg

a0254656_17491224.jpg

a0254656_17492146.jpg


a0254656_17510873.jpg「博人さんはキャップ姿だったので、則子さんもいつもの麦わら帽子かとお思いましたが、今日はお洒落ですね!」と言うと、
「また!そんなことばかり言って!(笑)」と則子さんのいつもの笑顔!

a0254656_17524112.jpgそんな私たちのやり取りを、博人さんも笑ってみています。
ホントこのお2人は、とっても仲良しの素敵なご夫婦なんです。
その仲良しぶりは、自らが育てたブルーベリーを「菊池 おしどり夫婦が育てたブルーベリー」と命名して販売しているくらいですから!(笑)

a0254656_17560343.jpgさて、ブルーベリーに話を戻しましょう!
毎年5月下旬位からは少しづつ収穫を始めますが、ある程度の量が収穫できてしっかり選んで出荷したいから!という「安藤農園」さんの申し出があり、弊社のお客様へは6月上旬より販売及び出荷予定です。

a0254656_17571681.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年)も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたします。
6月上旬からの出荷予定で、まもなくホームページでも先行予約の受付をスタートいたします。
お電話ではご予約を承っているので、すでに初回出荷分から多数のご注文(ご予約)を頂いている大人気商品です。
これからも、ブルーベリーの育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまなどなど、現地取材を重ねてご紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-05-24 18:00 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

無農薬栽培のフレッシュブルーベリー 冬の様子 後編:大きくて甘い実を育てるための匠の冬の剪定

FLC日記 2019年2月28日(木) 雨のちくもり時々晴れ
「うちでは農薬を全く使わないでしょ?だから、これくらい日当たりを良く、風通しも良くしてあげることで、病気や害虫から守るようにしてるのよ。もちろんきちんと剪定をすることで果実も大きく甘く育つのよ!」
無農薬栽培のブルーベリーを育てる「安藤農園」の安藤則子さんがそう話しながら手際よく剪定作業を施しています。
a0254656_16383695.jpg


a0254656_1720622.jpg「安藤農園」さんは、自分たちが「安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、棚田の田んぼをブルーベリー栽培場に改良して、無農薬でフレッシュブルーベリーを育てています。
その安全性と美味しさが口コミで評判となり、販売を始めました。
安藤則子さんが、この1パック全体で、バランスよく最も美味しくご賞味いただけるように、数種類のブルーベリーをミックスしてパック詰めして販売しているのです。

a0254656_17222022.jpg私は、その美味しさと、栽培の取り組み姿勢に惚れ込み、何とかお願いして、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
商品名は、『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』です。

a0254656_17233611.jpg熊本県菊池市大平にある「安藤農園」さんのブルーベリー畑に伺いました。
年間を通して、こうして現地取材に伺い、その栽培の様子や惜しまぬ手間ひま、成長の様子をこのブログで紹介しています。

a0254656_16425784.jpg昨日のブログに続き、現在の冬のブルーベリー畑の様子を紹介いたします。
極早生、早生品種の剪定を終え、現在は中生品種のブルーベリーの剪定中です。

a0254656_16460957.jpg「このあたりの枝にしっかりと花芽がきてるでしょ?ここを活かすように日当たり良くするのよね。小さなみをたくさんならせるのではなく、大きくて甘い実をつけるための剪定作業になるわよね。」

a0254656_16513082.jpgこちらは以前取材した「安藤農園」の安藤博人さんの剪定作業の様子です。
この日ご主人の博人さんは所用で不在のため、則子さん1人が剪定作業を行っていました。

a0254656_16525608.jpg「10月位に徒長枝は先に剪定を終えてるのよ。もちろん、今後活かす徒長枝は残してるけどね!だからこの時期が本格的な剪定になるわよね。枯れ枝を切ることは基本として・・・」

a0254656_16560099.jpg「この枝にもたくさん花芽は来てるけど、ここを空けてあげないと下の方の花芽に日が当たらないので、切っちゃいましょうかね。」
則子さんのハサミには迷いがなく、全体を見据えながら日当たり良く空間プロデュースを行っています。

a0254656_16580956.jpg「短い枝や下向きの枝も切ってあげるの。それらの枝はどうしても良い実をつけることができないので、そこに栄養を取らせないようにして、育て上げる実にしっかりと栄養が行き届くようにしなきゃいけないのよ。」

a0254656_17251667.jpg「切ってしまうと絶対に戻すことはできないでしょ?だから、剪定はかなり真剣勝負よね。しっかり考えながらも効率よくやっていかなきゃいけないのよ。丸1日頑張っても、せいぜい5本くらいかなぁ・・・。大きな果樹になると、2本くらいしかできないこともあるのよ。」

a0254656_17374415.jpg「かなり集中してしてるんでしょ?手袋に穴が開いているのも気にしないくらいに!(笑)」と言うと、
「あっ!もうやめてよ!このこともブログに書くつもりでしょ?(笑)」と則子さん。
はい!しっかり書かせていただきました。

a0254656_17402618.jpgさて、冗談はさておき、この惜しまぬ手間ひまと匠の技が、多くのリピート購入を頂く「安藤農園」さんの『フレッシュブルーベリー』になるのです。
「安藤農園」さんでは、惜しまぬ手間ひまをかけ、安全・安心にこだわった、無農薬栽培の美味しいブルーベリーを作り続けています。

a0254656_17434428.jpgこの日、ご主人の博人さんにお会いすることはできませんでしたが、安藤さんご夫妻は、とっても仲良しのまさにおしどり夫婦!2人仲良く、様々な作業を時には分担し、時には協力し、『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』を育てています。

a0254656_17443124.jpg「FLCパートナーズストア」では、「安藤農園」さんの無農薬で育てた『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』を今年もネット独占販売いたします。
6月上旬の極早生のブルーベリーから販売予定です。
これからも、その育つ様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技など、現地取材にてブルーベリーができるまでをご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-02-28 17:46 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

無農薬栽培のフレッシュブルーベリー 冬の様子 前編:花芽の芽吹きと土つくりの話

FLC日記 2019年2月27日(水) くもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成31年度も、「安藤農園」さんの、無農薬栽培の『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたします。
a0254656_16411680.jpg


a0254656_16425562.jpg6月上旬の極早生のブルーベリーの収穫スタート時期の様子です。
朝摘み、フレッシュそのものの“生”のブルーベリーをお届けします。
販売期間は、6月上旬から8月下旬まで(予定)です。

a0254656_16471026.jpg「安藤農園」さんの『フレッシュブルーベリー』は、「菊池 おしどり夫婦が育てたブルーベリー」と言う名前で販売しています。
完全無農薬、完全無化学肥料の安全性と、もちろんその美味しさで、弊社の大人気商品です。

a0254656_16493578.jpgここは、熊本県菊池市大平にある、「安藤農園」さんのブルーベリー畑です。
高台から撮影した写真です。
この地は、もともとは、お米を育てるための「棚田」でした。

a0254656_16531348.jpgブルーベリー畑に下りてみました。
左が極早生と早生品種、中央には中生品種、写真では見えませんが右に晩生品種のブルーベリーたちがきれいに並べて栽培されています。

a0254656_16574600.jpg「安藤農園」さんのブルーベリー畑以外の棚田は、現在もお米を育てる田んぼとして利用されています。
その棚田の一角を土壌改良して、ブルーベリーの栽培地へとしました。

a0254656_17071472.jpg「こんにちは!今年も剪定作業の取材に来ました。」と、「安藤農園」の安藤則子さんに声をかけました。
「極早生、早生は終わって、今は中生品種たちの剪定をしてたとこよ!」と則子さん。
「あれ?今日は博人さんはいないのですか?」と尋ねると、

a0254656_17062639.jpg「ハハハッ!いくらおしどり夫婦でも、いつも一緒にいるわけじゃないとよ!(笑)」
則子さんはいつもの笑顔でそうこたえました。
剪定作業の様子は、明日のブログで紹介予定です。

a0254656_17255173.jpgこちらは極早生のブルーベリーのつぼみです。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

a0254656_17270887.jpgもちろん、「安藤農園」さんのブルーベリー栽培も年間を通して取材してきました。
随分と膨らんだつぼみもありました。
今年は例年に比べ、開花が少し早いように思います。

a0254656_17320757.jpg花咲く様子はまた後日紹介するとして、本日はブルーベリー畑の土つくりについて紹介します。
ここはもともとお米を育てる棚田(田んぼ)だった土地です。
美味しいお米を育てるのにはとても適したこの棚田の土ですが、ブルーベリーの栽培には適しません。

a0254656_17351219.jpgそこで、「安藤農園」さんでは、毎年こうして木片チップを投与して、土壌改良を進めてきました。
腐葉土ならぬ、腐木片チップ土です。

a0254656_17493294.jpgこちらは6月上旬の収穫の取材の際に、「安藤農園」の安藤博人さんに見せて頂いた土の様子です。
「こうして表面には草が生え始めているけど、その下は全部木片チップなんだよ!」と博人さん。

a0254656_17515872.jpg少し掘り返すとこんな感じです。
「ブルーベリーは水はけがよい土を好むとたいね。毎年木片チップを投与して、水はけの良い土つくりをしてきたとたい。少し下の方はもうすっかり土と言っても良いくらいに腐葉木片チップ土になってるよね!」

a0254656_17551770.jpg博人さんがそう説明したくれたことを思い出しました。
毎年繰り返される木片チップの投与で、ブルーベリー栽培に適した土壌を作り上げてきたのです。

a0254656_17575626.jpg7月上旬の収穫最盛期に撮影した、「安藤農園」の安藤博人さん、則子さんご夫婦です。
笑顔の絶えないとっても仲良しなまさに“おしどり夫婦”です。
そのおしどり夫婦ぶりは、筋金入りなんで、自らが育てた商品を「菊池 “おしどり夫婦”が育てたブルーベリー」としているくらいなんです(笑)

a0254656_17595343.jpgあBん堂さんご夫妻は、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから」と、栽培を始めました。
しかし、その安全性と美味しさが口コミで評判となり、私も「安藤農園」さんを知るきっかけとなりました。

a0254656_18003808.jpgもちろん、農薬や消毒は一切行っていませんので、私は収穫の取材に行くといつもこうして摘みたてのフレッシュブルーベリーを洗うこともせず食べています。
もちろん、ご購入いただいたお客様は、埃などを落とすために軽く洗ってから召し上がってください。

a0254656_1804243.jpg私は、「安藤農園」さんのそのこだわりの栽培方法と、何よりもお二人が育て上げた『フレッシュブルーベリー』の美味しさに惚れ込み、ネット独占販売しています。
惜しまぬ手間ひまや、成長の様子など、これからも現地取材でご紹介いたします。
明日のブログでは、匠の剪定作業の様子を紹介予定です。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-02-27 18:05 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

無農薬栽培のフレッシュブルーベリー 冬の様子と惜しまぬ手間ひま

FLC日記 2019年1月20日(日) 雨のち晴れ
「極早生のブルーベリーは、冬の剪定作業を終えたの。もうしっかり花芽が膨らみだしてるからね!これから、早生、中生、晩生と順番に冬の剪定をしていくとこよ!」
「安藤農園」の安藤則子さんが、現地取材に伺った私にそう話してくれました。
a0254656_16470161.jpg
ここは、熊本県菊池市大平にある「安藤農園」さんの無農薬で育てるブルーベリー畑の一部です。

a0254656_1720622.jpg「安藤農園」さんは、自分たちが「安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、棚田の田んぼをブルーベリー栽培場に改良して、無農薬でフレッシュブルーベリーを育てています。
その安全性と美味しさが口コミで評判となり、販売を始めました。
安藤則子さんが、この1パック全体で、バランスよく最も美味しくご賞味いただけるように、数種類のブルーベリーをミックスしてパック詰めして販売しているのです。

a0254656_16483358.jpg私は、その美味しさと、栽培の取り組み姿勢に惚れ込み、何とかお願いして、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
商品名は、『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』です。

a0254656_16510770.jpg現在のブルーベリー畑の様子を現地取材に伺いました。
株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)は、年間を通して、弊社で販売する作物の現地取材に伺い、その栽培の様子や惜しまぬ手間ひま、成長の様子をこのブログで紹介しています。

a0254656_16532419.jpgこちらは「安藤農園」さんのブルーベリー畑から見下ろす棚田(水田)です。
ここも元々は棚田でした。
現在はその棚田を土壌改良して、安全で美味しいブルーベリーを栽培しています。

a0254656_16561972.jpg「安藤農園」の安藤則子さんです。
「あれ?ハサミをもってないとこを見ると、今日は剪定作業じゃないんですか?」と尋ねると、
「ここはもう選定を終えて、ミノムシをとってたとこよ!」と則子さん。

a0254656_16594835.jpgこちらは以前の取材で撮影した、手作業で取ったミノムシたちです。
「安藤農園」さんでは、農薬や消毒、化学肥料を一切使用せずにブルーベリーを栽培していますので、ミノムシ駆除も全て手作業で惜しまぬ手間ひまをかけています。

a0254656_17021768.jpg「安藤農園」の安藤博人さん、則子さんご夫婦です。
笑顔の絶えないとっても仲良しなまさに“おしどり夫婦”です。
以前、冬の剪定の様子を取材した際に撮影した写真です。

a0254656_17040322.jpg「ほら!極早生の花芽はしっかり蕾が膨らみだしてるでしょ?剪定作業も順調で、花芽も良い感じなんだけど、ちょっと困ったことがあってね!」と則子さん。
「え?いったいどうしたんですか?」と尋ねると、

a0254656_17065353.jpg「毎年、木片チップを入れてるでしょ?それが今年はいつもお願いしていた業者さんに断られてね。だから、そろそろ投与しないといけないのにどうしようと思って、他の行ささんを探してるのよ!笠くんはどこか知らない?」とのこと。

a0254656_17334107.jpgこちらは、木片チップを投与した後の様子です。
「安藤農園」さんでは、毎年こうして木片チップを投与して、土壌改良を進めてきました。

a0254656_17385821.jpgブルーベリーを育てるには、水はけがとても大事です。
毎年毎年、木片チップを購入して、こうしてブルーベリー園に入れています。
以前取材したご主人の安藤博人さんが、その作業をしている様子です。
美味しいお米を育てる棚田の土は、ブルーベリー栽培には適していません。

a0254656_17382823.jpg木片チップが、腐葉土ならぬ“腐木片チップ土”となって、美味しいブルーベリーが育つ土となるのです。
「木片チップの件、少しだけ心当たりがあるので、ちょっとあたってみますね!」と言うと、
「そう!ぜひよろしくね!」とのこと。

a0254656_17431508.jpg「私が見た感じ、今年は早咲きの花が、今のとこないようですね!」と言うと、
「このまま順調に咲くべき時期に咲いてくれると良いんだけどね!」と則子さん。

a0254656_17451008.jpgこちらは3月下旬から咲き始めるブルーベリーの花です。
こうして、その時になってきちんと咲くと良いのですが、近年の天候不順により、1月ごろより咲く場合があるのです。

a0254656_17475601.jpg2017年の1月中旬にはこうして花が咲き始めました。
その際、「安藤農園」さんでは1つ1つ摘花作業を行います。
この時期に花が咲いても実にならないため、ブルーベリーの果樹に無駄な体力を使わせないようにするのです。

a0254656_17492679.jpg「今のとこ咲いている花は見てないけど、咲いたら咲いたで、しっかり手をかけてあげることにするわ。だってうちでは、農薬は使用しない!消毒もしない!化学肥料は使わない!で育ててるでしょ?だからその分、しっかりと手をかけてあげないと、安全で美味しいブルーベリーはできないからね!」と則子さん。

a0254656_17554424.jpg安藤さんご夫妻は、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、棚田を改良して無農薬にこだわりブルーベリーを育て始めました。

a0254656_17560154.jpgすると、そのブルーベリーは、無農薬栽培の安全性と、何よりその美味しさでまたたく間に口コミで評判となり販売を始めたのです。その噂を聞いた私も、現地取材を重ね、その美味しさと安全性に惚れ込み、弊社でネット独占販売しています。

a0254656_17574342.jpg本日は、土壌改良の話を中心に、冬の様子をご紹介しましたが、本来は、この時期は剪定作業がメインです。
その匠の剪定作業の様子は、また後日現地取材してこのブログで紹介したいと思っています。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたします。
これからも、ブルーベリーの育つ様子や匠の技など、現地取材をしてご紹介していきます。
お楽しみに‼

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-01-20 17:59 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

フレッシュブルーベリー 平成30年度の無農薬栽培!朝採り生のブルーベリーは残りわずか!早い者勝ちです!

FLC日記 2018年8月25日(土) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市の「安藤農園」さんが無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を大好評発売中!
a0254656_16403697.jpg


a0254656_16480712.jpg今年は、台風の影響が少なく、野鳥対策もしっかり施したため、8月下旬のこの時期も、収穫及び出荷を行ていますが、いよいよ残り少なくなってきました。

a0254656_16505766.jpgブルーベリーは、健康食材として大注目の食品なんです。
日々、科学の世界ではブルーベリーの真の健康効果と栄養面での利点が発表されています。
その多くは、ブルーベリーに多く含まれる「アントシアニン」による効果です。
一般的によく知られる効果としては、目の疲労をやわらげ、視力低下を防ぐということ、視力を向上させることがあげられますよね。

a0254656_16533375.jpgこの時期私は、ヨーグルトに「安藤農園」さんのブルーベリーをたっぷり乗せていただく朝食を、ほぼ毎日頂いています。
そのおかげでしょうか?
先日の健康診断で、昨年より視力が良くなっていましたよ。

a0254656_16564109.jpgシナモンをちょっとかけて食べるのも好きなんです。
ブルーベリーに含まれる、「アントシアニン」は、目への効果の他にも、血管を強くしなやかにする効果、抗酸化作用などがすでに実証されています。具体的には、視力回復、白内障、眼精疲労、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞などなど、数え出したらきりがありません。

a0254656_16591079.jpgアントシアニンはポリフェノールの一種で、ガンや様々な生活習慣病の原因にもなっている活性酸素を抑制する効果も期待できますよ!
また、骨粗鬆症の予防効果もあることが最近の研究で分かったそうです。
ブルーベリーには、「アントシアニン」意外にも、ビタミンE、食物繊維、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいます。

a0254656_18260328.jpg「FLCパートナーズストア」では、無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を、100g入り×6パックで販売しています。
カロリーが気になる方も多いと思いますが、100gで、約50kcalなので、あまりカロリーを気にせずに食べられるのも良いですよね!
a0254656_18301719.png
現在、「FLCパートナーズストア」では、「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を大好評販売中です!
ただし、数量限定の完全予約制販売です。
ご注文順に、火曜日または金曜日に発送していきますので、ご注文(ご予約)はお急ぎください!

↓ 今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
無農薬・無化学肥料で育てた
『フレッシュブルーベリー』


a0254656_17034832.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県菊池市大平にある、「安藤農園」さんのブルーベリー畑です。
「安藤農園」さんでは、極早生から晩生まで、現在20種類以上、約400株のブルーベリーを栽培してます。

a0254656_17052157.jpg生産者はこのお二人!
「安藤農園」の安藤博人さん、則子さんご夫婦です。
笑顔の絶えないとっても仲良しなまさに“おしどり夫婦”です。
7月上旬の中生のブルーベリーの収穫を始めた頃に撮影した写真です。

a0254656_17070632.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_17123842.jpgもちろん「安藤農園」さんのブルーベリー栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫の時期のみならず、収穫後のお礼肥え、冬の剪定、土壌改良のための木片チップの投与の様子(写真)、芽吹きや花の様子などその全てです。

a0254656_17162379.jpgもともとこの地は、お米を育てるための棚田(水田)でした。
お米を育てるのに適した棚田の土は、水はけの良い土壌を好むブルーベリーには適していません。
そこで、毎年大量の木片チップを投与して、腐葉土ならぬ“腐木片チップ土”を作り、ブルーベリーを栽培しています。

a0254656_17180213.jpgこれはブルーベリーの花です。
「安藤農園」さんは、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、仲良しご夫婦で栽培を始めました。

a0254656_17195602.jpgすると、そのブルーベリーは、無農薬栽培の安全性と、何よりその美味しさでまたたく間に口コミで評判となり販売を始めたのです。
ちなみに私は、取材に伺うと、こうして摘んでいただいたブルーベリーを、洗うこともせずにその場でいただいています。

a0254656_17232598.jpg収穫は、出荷予定日の朝から行います。
品種により、味や甘さ、香りや酸味が異なるため、品種ごとに1粒1粒その熟れ具合を判断しながら収穫するので、かなり根気のいる手作業です。
さらに、パック詰めにも強いこだわりがあるんです。

a0254656_17252620.jpg同じように見えるブルーベリーですが、1パック全体で味のバランスが良いように、実は数品種のブルーベリーをミックスしています。
甘いものから、香りが良いもの、さらにはあえて少し酸味があるものなどを、絶妙なバランスで1パックにしています。
ぜひ、4粒か5粒ずつ食べてみてください。
その美味しさのバランスを堪能できますよ!

a0254656_17265023.jpg「安藤農園」さんのブルーベリーが、安全で美味しいからと言うことで、「FLCパートナーズストア」では、ネット独占販売しています。

a0254656_17300601.jpg惜しまぬ手間ひま、美味しさへのこだわりゆえの、出荷数を制限しての数量限定、完全予約制での販売です。
そして今期の出荷予定も、いよいよ残り少なくなってきました。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、とにかくご注文はお急ぎ下さい。
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「無農薬ブルーベリー」のページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-25 17:31 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

フレッシュブルーベリー 無農薬栽培の朝採り生のブルーベリー大好評発売中!今まさに最旬の美味さです!

FLC日記 2018年8月5日(日) 晴れ時々くもり
安全で美味しいブルーベリーを食べてますか?
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、この時期、“最旬”食材の1つとして、「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を大好評発売中です!
a0254656_18385727.jpg


a0254656_18410159.jpg「安藤農園」の安藤博人さん安藤則子さんご夫妻は、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、棚田を改良して無農薬にこだわりブルーベリーを育て始めました。
今では、20種類以上、約400株のブルーベリーを栽培しています。
そのブルーベリーは、無農薬栽培の安全性と、何よりその美味しさでまたたく間に、口コミで評判となり販売を始めたのです。

a0254656_18444569.jpgネット独占販売する弊社でも、もちろん大人気商品となり、出荷し始めの頃は、3週間待ちが当たり前となってます。
この時期になると、最旬を迎え収量も増え、現在はあまりお待たせすることなく出荷できています。

a0254656_18465758.jpgただし、1粒1粒その熟れ具合を見極め、朝摘みで収穫した『フレッシュブルーベリー』を、即日発送するため、数量限定の完全予約制販売です。ご注文順に、順次発送していきますので、とにかくご注文(ご予約)はお急ぎください!

↓ 今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓



a0254656_18525719.jpg生産者はこのお二人!
「安藤農園」の安藤博人さん、則子さんご夫婦です。
笑顔の絶えないとっても仲良しなまさに“おしどり夫婦”です。
そのおしどり夫婦ぶりは、筋金入りなんですよ!

a0254656_1856233.jpgなにせ、自らが育てた商品を「菊池 “おしどり夫婦”が育てたブルーベリー」としているくらいですから!(笑)
しかし、もともとは、商品として販売するために、栽培を始めたのではありませんでした。

a0254656_18575216.jpgここが、熊本県菊池市大平にある「安藤農園」さんの無農薬で育てるブルーベリーの栽培場です。
安藤さんご夫妻は、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、棚田を改良して無農薬にこだわりブルーベリーを育て始めました。栽培場全体は、こんな感じですが、広すぎて1枚の写真には収まりきれません。

a0254656_19003715.jpg10月上旬の写真で、ブルーベリー畑から棚田を見下ろしています。
「安藤農園」さんのブルーベリー畑も、もともとはお米を作る棚田(田んぼ)でした。

a0254656_19015675.jpgお米を育てるには、とても良いこの棚田の土ですが、それではブルーベリーは育ちません。
そこで、「安藤農園」さんはブルーベリーに適した土つくりから始めました。
a0254656_1917978.jpg2月下旬の写真です。
落葉したブルーベリーの果樹ですが、その根元を見て下さい。
茶色いのは土ではなく、「木片チップ」です。
これが、水はけのよい土となり、ブルーベリーを育てるのです。

a0254656_19064099.jpgこちらは冬の剪定作業の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

a0254656_19083506.jpgもちろん、「安藤農園」さんのブルーベリー栽培も年間を通して取材してきました。
剪定をしながら則子さんがしきりに何かを集めているので「その袋の中には何が入っているのですか?」と尋ねると、

a0254656_19095913.jpg「本当に見る?」と言いながら、袋の中を見せてくれました。そこにはなんと大量の“ミノムシ”が入っていました。
「農薬使ったり消毒をしたりしたくないから、害虫のミノムシをこうして手作業で取ってるのよ!(笑)」と則子さん。

a0254656_19164086.jpgそうして大事に育て上げるブルーベリーは、3月下旬ごろより花が咲き始めます。
こうして、もう何年も年間を通して、現地取材してきたそんな私が、その栽培方法と、何よりもお二人が育て上げた『フレッシュブルーベリー』の美味しさに惚れ込み、ネット独占販売しています。

a0254656_19403100.jpg美味しさの秘密はこの1パックに詰められています。
同じように見えますが、実は数種類の品種をミックスしています。
お二人で種類ごとに分けて摘んだブルーベリーを、則子さんが絶妙な配合でパックに詰めます。

a0254656_19431584.jpgこちらを3粒・・・
これは5粒・・・
と言った感じで!
1パック全体で、最も美味しくご賞味いただけるような絶妙なバランスです。
ですから、1度開けると全く飽きずに1パックくらい平気で食べちゃいますよ!
しかも、完全無農薬栽培の安全性も人気の秘密です。
a0254656_19293400.png


a0254656_19311633.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売しています。
今まさに、“最旬”の美味しさですよ!
惜しまぬ手間ひま、美味しさへのこだわりゆえの、出荷数を制限しての数量限定、完全予約制での販売で、朝摘み即日発送にてお届けします。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「無農薬ブルーベリー」のページへお進みくさい。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-05 19:33 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)

フレッシュブルーベリー 世界がその効能に注目するブルーベリーを朝採り産直でお届けしてます!!(後編)

FLC日記 2018年7月10日(火) 晴れ時々くもり
美味しいフレッシュブルーベリーを食べていますか?熊本の旬の食材を販売する「FLCパートナーズストア」では、「安藤農園」さんが無農薬栽培で育てた、おしどり夫婦の『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売しています。
a0254656_17085975.jpg


a0254656_16304821.jpg毎週火曜日と金曜日に、朝採りのブルーベリーを完全予約制で大好評販売中です!こちらの100g入りを6パックからの販売です。
「安藤農園」さんが無農薬で育てた『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』は、その安全性と美味しさで、弊社の大人気商品!
先日までは、2週間待ち当たり前でしたが、現在は終了が増えてきたので、あまりお待たせすることなく出荷できています。
a0254656_18031257.png


a0254656_16372587.jpgその熟れ具合を1粒1粒判断し、丁寧に摘み取ったブルーベリーを、朝採り即日発送でお届けいたします。
毎回の出荷数を限定した、完全予約制での販売となっています。
ご注文順に、順次発送していきますので、とにかくご注文(ご予約)はお急ぎください!

↓ 今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
無農薬・無化学肥料で育てた
『フレッシュブルーベリー』


a0254656_16402615.jpg昨日のブログに続き、熊本県菊池市大平にある「安藤農園」さんの無農薬で育てるブルーベリーの栽培場の現在の様子と、ブルーベリーの世界が注目する効能について紹介いたします。

a0254656_16591759.jpgこの時期は、左側の赤いネットをかけてある、極早生品種、早生品種の収穫を終え、中生品種の収穫の真っ只中です。
軽トラックの右側にあるのが中生品種で、全体では20種類以上400株のブルーベリーを栽培しています。

a0254656_17020508.jpg生産者の「安藤農園」、安藤博人さん安藤則子さんご夫妻です。
生産したブルーベリーに“菊池おしどり夫婦の”と言う、サブタイトルをつけて販売するほどのとっても仲良しな素敵なご夫婦です。
「安藤農園」さんは、もともと、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから」と、栽培を始めました。

a0254656_17062256.jpgそのブルーベリーは、無農薬栽培の安全性と、何よりその美味しさでまたたく間に、口コミで評判となり販売を始めたのです。
写真の糸は、野鳥除けのテグスです。
あまりの美味しさに、自然豊かなこの地の野鳥たちもブルーベリーを放っておかないのです。

a0254656_17085502.jpg博人さんは、野鳥を撮影するのが趣味で、その腕前は個展を開くほどのプロ並みです。
「野鳥たちがきてくれて写真も撮りたいけど、あまりにも被害が凄いから、ネットをかけたりテグスをはったりしてるんだよねぇ~。」
博人さんがそう話しました。

a0254656_17111722.jpg「笠さんあれ見た?今年から導入した新兵器よ!」
則子さんが笑いながらそう話しました。
指さす方向を見てみると!

a0254656_17123056.jpg大きな鳥の形をしたタコの様なものが揺れています。
「効果あるんですか?」と尋ねると、
「慣れるまでは良いのかもよ!むこうの電線に野鳥が止まって(その時はカラスとのこと)、どうしよう?って感じで様子をうかがってたもの!」

a0254656_17142627.jpg「これなんか、対策をする前にすごく甘く熟してたのよね!だから、1日で全部食べられちゃった!ホント、野鳥たちは美味しい時を知ってて、ベストなタイミングで食べちゃうから嫌になるわね!(笑)」

a0254656_17173567.jpg「うちのお客様に出す分がなくなっちゃうんじゃないですか?」と言うと、
「そうならないように対策をしてるのよ!だから安心して!ほら!こんなに大きなのもこの時期はあるから、これもミックスして1パックを作るわね!」と則子さん。

a0254656_17193708.jpg私も味見をさせていただきました。
私の手は男性の中でもかなり大きな方ですが、1粒の大きさが十分に伝わると思います。
「これはめっちゃ甘いですよ!」と言うと、

a0254656_17213334.jpg「そうでしょぉ~!でも、こればかりを1パックにしてもダメなのよね!同じ味だと飽きちゃうから、少し酸味があったり、香りが良かったり、1パック全体のバランスが大事なのよ!」と則子さん。

a0254656_17233208.jpg「安藤農園」さんのブルーベリーは、品種による味の違いを知り尽くした則子さんが、1パック全体のバランスを考えて、数種類のブルーベリーをミックスして1パックにしています。
ですから、ひとたび食べ始めたら、1パックなんてあっという間なんです!

a0254656_17280562.jpgブルーベリーは、健康食材として、大注目の食品です。
日々、科学の世界ではブルーベリーの真の健康効果と栄養面での利点が発表されています。
ブルーベリーに多く含まれる「アントシアニン」による効果です。
「アントシアニン」は、目への効果、血管を強くしなやかにする効果、抗酸化作用などがすでに実証されています。

a0254656_17292929.jpg具体的には、視力回復、白内障、眼精疲労、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞などなど、数え出したらきりがありません。
しかも「安藤農園」さんのブルーベリーは、農薬や化学肥料を一切使用せずに育てられているのです。

a0254656_17392332.jpgそんな「安藤農園」さんのブルーベリー栽培の様子を、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫の時期のみならず、お礼肥えや冬の剪定(写真)、芽吹き花咲く様子、着果から色づく様などその全てです。

a0254656_17422079.jpg剪定作業の際に、袋を持ち歩いていたので、見せて頂くと大量のミノムシでした。
農薬を使用しないので、害虫となるミノムシはこうして手作業で駆除していました。

a0254656_17461679.jpg今回の取材の際に、ミノムシのことを思い出しその話をすると、
「ホントそこまでしなくてもねぇ~と思う時もあるよ。でも、自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいからと始めたことだからね!」と二人が話します。

a0254656_17513051.jpg「ちょっと!私が取材に来てるのに、ブルーベリーの茂みに入って何してるんですか!」と言うと、
「ハハハッ!何言ってんのよ!枝を吊るのにお父さんにちょっと手伝ってもらってるだけよ!(笑)」則子さんの明るい声が返ってきました。

a0254656_17532972.jpg中世のブルーベリーたちは、まだまだこれからこうして色づくものがたくさんありました。
しっかりと色づき熟したものだけを、1つ1つ収穫し、即日発送でお届けいたします。

a0254656_17564788.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売しています。
今まさに旬を迎えた、朝採りのブルーべりをお届けいたします。
ただし、惜しまぬ手間ひまゆえの、出荷数を制限しての数量限定、完全予約制での販売で、ご注文順の発送とさせていただいています。
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「無農薬ブルーベリー」のページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-07-10 17:59 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)