人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」( 67 )

香り高き柚子(ゆず) 令和元年度の香り高き『青柚子』本日より出荷スタート!大好評販売中!!

FLC日記 2019年9月13日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和元年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』の、『青柚子』をネット独占販売しています。
もちろん、産地直送でお届けいたします。
a0254656_14582790.jpg


a0254656_19571511.jpgただし、この時期にしかない、期間限定、数量限定の商品で、完全予約制での販売とさせていただいてます。
※毎週水曜日締め切り→金曜日発送!
今年も、2kg入り(写真)と、大変お買い得な5kg入りでの販売です。

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』



a0254656_15031849.jpgもちろん、“青”柚子ですから、色づき始める前までの期間限定販売で、今期は本日(9/13(金))から出荷をスタートしました。
この様に一定の大きさまで成長したものを選び収穫し出荷いたします。

a0254656_15101320.jpg柚子(ゆず)と言えば、みなさんやはりこうして色づいたものを想像されることが多いと思います。
これらは、11月上旬の収穫の取材に伺った際の写真で、撮影しながらさわやかな柚子の香りを存分に楽しみました。

a0254656_15144947.jpgもちろん、黄色く色づいたゆずも、「FLCパートナーズストア」で販売いたします。
商品名は『香り高き柚子』です。
今年も、例年通りの11月中旬からの出荷予定です。

a0254656_15155020.jpg11月上旬になり、寒さの訪れとともに、柚子はこうして色付いてきます。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_15174313.jpgもちろん「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は以前取材した収穫の際の「鬼塚農園」鬼塚啓治さんと奥様の紀美代さんです。

a0254656_15265909.jpg生産地を紹介しましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、「鬼塚農園」さんの柚子畑です。
日の当たる自然豊かな山の斜面を利用して、7反(2100坪)もの敷地で、『香り高き柚子』は栽培されています。

a0254656_15291622.jpg中央を走る道路の両サイドに広がる柚子畑は、“柚子山”と言った方が正しい表現かもしれません。
この電柱と電線は、ここより少し上にある、茶畑の霜よけ用のファンを回すために配線されたもので、この辺り一帯には、民家はありません。

a0254656_15310677.jpgこれが柚子の花です。
柚子は、みかんやデコポン、せとかやカボスと同じ柑橘類で、それらと同じような白くてかわいらしい花を、4月下旬から5月中旬にかけ咲かせます。

a0254656_18401553.jpg「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんです。
柚子の栽培を始めて、20年以上の匠が育てた柚子は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
柚子栽培は、“トゲとの戦い”と言われています。

a0254656_1845969.jpg柚子は、同じ柑橘類の中でも、鋭く長いトゲを持つ植物です。
これなんかは、まだ短い方です。
このトゲは、もちろん果樹自身を守るためのものですが、実る果実も傷つけてしまいます。

a0254656_18471964.jpgお分かりいただけますか?
私は男性の中でもかなり手は大きい方ですが、私の指の長さほどもあるトゲがあるんです。
ですから、鬼塚さんは柚子畑に入る際は常にヘルメットを着用し、鉄板が入った安全靴をはいて作業します。

a0254656_17042855.jpg柚子は「キズやへこみがあって当たり前!」と言われる果実です。
強そうに見える果皮は、実はとてもデリケートで、葉っぱや枝、果実同士、そしてあのトゲで、成長の過程でどうしても傷がつくのです。

a0254656_1955218.jpgですから、現在、販売中の、香り高き柚子『青柚子』もこのようにキズやへこみがあるものを商品としています。
もちろん、多くの方にご利用いただく“柚子こしょう”を作るのには全く問題ありません。

a0254656_20218.jpg『青柚子』は、主に“柚子こしょう”を作るのにご利用いただくことが多いようです。
これは鬼塚さんのご自宅で、奥様の紀美代さんに“柚子こしょう”作りを教えて頂いた際に撮った写真です。

a0254656_2051544.jpg柚子の匠の奥さまが、作った“柚子こしょう”は、絶品です。
なにせ、「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』を使って作るのですから!
この時、小分けにした“柚子こしょう”をいただきました。
そのまま冷凍して、現在も良く凍ったものを必要なだけ使っていますが、品質は全く変わりません。
小分けにして冷凍しておくのが、一番いい保存方法かもしれません。

a0254656_20103692.jpgちなみに、この「柚子こしょう」は、黄色く色づいた柚子の皮を使って作られてものなんです。
青唐辛子と塩、そして『香り高きゆず』の皮があれば、絶品「柚子こしょう」はできるんです。
柚子の匠の「柚子こしょう」のレシピは、以前のブログで紹介していますので、興味のある方はご覧ください!

↓ 「柚子こしょう」のレシピをのせたブログ ↓
FLC日記
香り高き柚子(ゆず)
柚子の匠!生産農家さんが作る手作り
「柚子こしょう」のレシピ!!


a0254656_15385965.jpgもちろん、香り高き柚子『青柚子』を使えば、グリーンがさらに際立つ、鮮やかな色の“柚子こしょう”になりますよ。
その他にも、「柚子塩」、「青柚子ゼリー」にもご活用ください。スライスして焼酎やウイスキーに入れるのもいいですよね。
皮をすりおろしてかけたり、様々な料理の風味つけにもご利用ください!

a0254656_19252945.jpg色づいた、香り高き柚子『あっぱれ』の収穫及び出荷は、今年も11月中旬からの予定です。
10月中旬からは、ホームページでも先行予約の受付をスタートします。

a0254656_19264832.jpgまた、お電話予約のみで、『冬至用ゆず』の受付も行っています。
2019年(令和元年)の冬至は12月22日(日)です。
こちらも早い者勝ちの、売り切れ必至商品です。
ご注文(ご予約)はお早めに!

a0254656_17161031.jpgまた、今年も収量のわずか1割ほどのキズがほとんどない奇跡の柚子を香り高き柚子『あっぱれ』として販売いたします。
そのあまりの美しさに、高級料亭や有名和食店からも毎年注文いただく、大人気商品です。

a0254656_17202120.jpg色付いた柚子の話はまた後日あらためてするとしまして、現在は、『青柚子』を大好評発売中です。
毎年購入いただくフランス料理のお店からも、今年もご注文(ご予約)をいただきました。

a0254656_17241212.jpg数量限定の完全予約制での販売で、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただく旨、あらかじめご了承ください。
※現在は、2kg入りの商品の箱を変更させていただいています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「香り高き柚子」のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-09-13 15:43 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子(ゆず)令和元年度の香り高き『青柚子』販売スタート!柚子こしょうを手作りしませんか!

FLC日記 2019年9月5日(木) 晴れのちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和元年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』の、『青柚子』をネット独占販売いたします。
お待たせしました!
大人気の、香り高き『青柚子』は本日より、予約販売の受付をスタートしました!!
a0254656_182564.jpg

a0254656_1810287.jpg色づいた柚子は、今年も11月中旬よりの販売です。
こちらも、すでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。
『香り高きゆず』をご購入いただいたお客様より、たくさんのご要望があり販売を始めたのが香り高き『青柚子』です。

a0254656_1814597.jpg「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』で、「柚子こしょう」を作りたいので、ぜひ青柚子を販売してください!!
と、本当に多くのお声を頂戴し、商品化しました。
この時期にしかない、期間限定、数量限定の商品なので、完全予約制での販売です。
今年も、2kg入り(写真)と5kg入りをご用意しました。

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』



a0254656_17504804.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
熊本県山鹿市鹿北町多久にある、柚子の匠「鬼塚農園」さんの広い広い柚子畑です。
日の当たる自然豊かな山の斜面を利用して、7反(2100坪)以上もの敷地で、『香り高き柚子』は栽培されています。

a0254656_17510258.jpgところどころにある、杉やヒノキは防風林として植樹しているもので、この高台からでも、栽培地全体を1枚の写真に収めることは、到底できません!
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17523912.jpgちなみにこちらは、4月下旬から5月上旬に咲く、柚子の花です。
柚子ももちろん柑橘類なので、みかんやデコポン、せとかなどと同じような白い花が咲きます。

a0254656_17532387.jpg6月中旬の、着果直後の様子です。
この様に、花や着果の様子、果実の成長、収穫、収穫後の剪定作業など、もう何年も年間を通して取材を重ねてきました。

a0254656_18364297.jpg以前取材した11月上旬の収穫の際に撮影した、「鬼塚農園」の鬼塚啓治さん、紀美代さんご夫妻です。
「鬼塚農園」さんでは、安全で新鮮な、香り高いジューシーな柚子にこだわり、もう20年以上も栽培し続けているまさに“柚子の匠”なんです。

a0254656_1841243.jpg「柚子はキズがあって当たり前!」と言われる柑橘類です。
そのキズの大きな要因が、この鋭いトゲです。
成長の過程で、このトゲはもちろん、果実同士でぶつかったり、葉っぱや枝にあたっても、果皮にキズが付くんです。

a0254656_1844179.jpg柚子栽培は、まさに“トゲとの戦い”です。
鬼塚さんは、柚子畑に入る際は、常にヘルメット着用です。
手袋も、丈夫なものを3重にしてしっかりと守っています。
私も、取材の際は長靴を履いていないと柚子畑に入れてもらえません。

a0254656_1848984.jpg以前、こんなスリッパで取材に行ったところ、簡単に柚子の枝のとげが刺さり、スリッパを貫きました。
鬼塚さんは、私のことを心配して、「そんな靴でこの中に入ったらいかん!」と、本気で怒ってくれました。
それ以来、取材の際は長靴を用意し、その場で履き替えて柚子畑の中に入っています。

a0254656_1901833.jpgさて、「FLCパートナーズストア」で販売している、「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は、大きく分けると3種類です。
まずは、本日ご紹介している『青柚子』です。※写真は5kg入り

a0254656_18571641.jpgそして、『キズあり柚子』と称し販売している、一般的な柚子。
店頭に並んでいる柚子と変わらないものだとお考えいただいて構いません。
それらは、冬至の柚子風呂の『冬至用ゆず』としても販売しています。

a0254656_1935546.jpg2019年(令和元年)の冬至は12月22日(日)です。
冬至に間に合うよう発送するため、数量限定での販売のため、すでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。

a0254656_1965351.jpgそして最後に、『キズあり柚子』とは明確に差別化をし特別な柚子として販売しているのが、香り高き柚子『あっぱれ』です。
『あっぱれ』は、収穫した柚子から選びに選び抜かれた、キズやへこみがほとんどない“奇跡の柚子”です。

a0254656_17560491.jpg『青柚子』は、一定の大きさになったものだけを、大きさを重視して収穫し出荷するため、果皮にキズがあるものも多いこと、予めご了承ください。
もちろん、多くの方にご利用いただく“柚子こしょう”を作るのには全く問題ありません。

a0254656_19171691.jpg「こちらは、「鬼塚農園」代表の鬼塚敬治さんの奥さま、紀美代さんが手作りした「柚子こしょう」です。
『香り高きゆず』で作った「柚子こしょう」は、1度使うともう他のものは使えないほどの絶品なんです!!

a0254656_19183952.jpgでも、実はこの「柚子こしょう」は、黄色く色づいた柚子の皮を使って作られてものなんです。
青唐辛子と塩、そして『香り高きゆず』の皮があれば、絶品「柚子こしょう」はできるんです。
柚子の匠の「柚子こしょう」のレシピは、以前のブログで紹介していますので、興味のある方はご覧ください!

「柚子こしょう」のレシピをのせたブログ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLC日記
香り高き柚子(ゆず)
柚子の匠!生産農家さんが作る手作り
「柚子こしょう」のレシピ!!



a0254656_17571240.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず(青柚子)』をネット独占販売いたします。
大変お待たせしました。
本日より、予約販売の受付をスタートしました。

a0254656_19251733.jpg「柚子こしょう」はもちろん、「柚子塩」、「青柚子ゼリー」にもご活用ください。
スライスして焼酎やウイスキーに入れるのもいいですよね。
様々な料理の風味つけに、皮をすりおろしてかけると、料理のグレートがアップしますよ!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「香り高き柚子」のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-09-05 17:58 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子(ゆず) 令和元年の青柚子は9月中旬より出荷予定!今のうち青唐辛子を購入しておいて下さい

FLC日記 2019年8月2日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和元年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』をネット独占販売いたします。
a0254656_14404205.jpg


a0254656_14400453.jpgまずは、9月中旬より、期間限定で、香り高き柚子『青柚子』を、2kg入り、5kg入り(写真)で販売いたします。
『青柚子』の皮を使って主に「柚子こしょう」の材料に用いられていて、今年もすでに多数のご予約を頂戴している人気商品です。

a0254656_14524421.jpg「柚子こしょう」を作るには、青い唐辛子が必要です。
こちらは「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんの奥様紀美代さんに、ご自宅で「柚子こしょう」の作り方を教えていただいた際に撮ったものです。

a0254656_14545215.jpgこの時は、黄色く色づいた柚子の皮を使って作りましたが、必要なのが乾燥でない生(冷凍も可)の唐辛子です。
今の時期からスーパーなどにも並び始めますので、この時期に購入いただき、冷凍保存してください!

a0254656_14570534.jpg色付いた柚子の皮でも、塩と唐辛子があれば「柚子こしょう」はできますが、それは乾燥ではない青い唐辛子があってのことです。
もちろん、青い皮の柚子を使えばもっと鮮やかなグリーンの「柚子こしょう」ができます。

a0254656_14444479.jpgまた、色づいた柚子は、今年も11月中旬よりの出荷予定です。
香り高き柚子『あっぱれ』(写真)、『キズあり柚子』、そして、今年も『冬至用ゆず』を販売いたします。

a0254656_15040973.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、「鬼塚農園」さんの柚子(ゆず)の栽培場です。
「鬼塚農園」さんは、陽のあたる山の斜面を利用して、香り高き柚子『あっぱれ』を生産している、柚子の匠です。

a0254656_15060330.jpg中央を走る道路の両サイドに、柚子の栽培地は広がっています。
その広さは、7反(2100坪)ほどもあり、柚子園や柚子畑と言うより、“柚子山”と言った感じです!!

a0254656_15104376.jpg今回、現地取材に行ったのは、着果後の成長の様子を見るためです。
大きなものでゴルフボールほどの柚子たちが、元気に成長していました。

a0254656_15122503.jpg最も大きなものは、「青柚子」として出荷ができるかな?ってくらいにまで成長していました。
今年も、匠の農家さんの「鬼塚農園」さんの惜しまぬ手間ひまと匠の技によって、順調に育っています。

a0254656_15165131.jpgこちらは4月下旬に咲く、柚子の花の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_15191051.jpgもちろん、「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫の様子はもちろんのこと、時には、草刈りや剪定した枝の片付け作業などその全てです。

a0254656_15241448.jpgさて、現在の様子に話を戻しましょう!
花の時期に雨が多かったせいもあり、着果が遅くまだこんな小さなゆずもありました。
でも、これからまだまだ果実は肥大していきますので、色付いた柚子の収穫の頃には十分に追いついてくれると思います。

a0254656_15282899.jpg柚子栽培において、最も厄介なのが、柑橘類特有の“トゲ”です。
ゆずは柑橘類の中でも特に鋭い“トゲ”を持つ植物です。
通常、鬼塚さんはヘルメットを着けて柚子畑に入っています。

a0254656_16540536.jpgなぜなら、「柚子の栽培はトゲとの戦い!」と言われているからです。
ゆずのとげにはこんなに長くて鋭いものもあります。
本当に命を守るために、ヘルメットを着用しているのです。

a0254656_16572991.jpgトゲは、鳥類や野生生物から自らを守るものですが、栽培する農家さんを傷つけるばかりか、果実が成長する過程で風に揺れてぶつかると、果皮にキズを作ってしまいます。
ですから「柚子はキズがあって当たり前!」と言われる果実です。

a0254656_17000973.jpgですから、弊社で販売する『青柚子』もこのようにキズやへこみがあるものとなります。
私は、キズがあってもそのまま「柚子こしょう」の原料として使用していますが、気になる方はその部分だけを取り除いてください。

a0254656_17024832.jpg何度も申しますが「柚子はキズがあって当たり前!」と言われる果実です。
弊社で5kg、10kgとして販売しているのは、一般的な柚子ですが、弊社ではそれをあえて『キズあり柚子』として販売しています。
※『冬至用柚子』も、この『キズあり柚子』と同じ商品になります。

a0254656_17043796.jpgそれは、『キズあり柚子』とは明確に差別化をし特別な柚子として販売している、香り高き柚子『あっぱれ』を販売しているからです。
『あっぱれ』は、収穫した柚子から選びに選び抜かれた、キズやへこみがほとんどない“奇跡の柚子”です。

a0254656_17062189.jpg香り高き柚子『あっぱれ』は、大、中、小の3商品を今年も販売予定です。
すでに、高級料亭からの注文(予約)を頂いていて、おそらく今年も完売間違いないでしょう。
なにせ、収穫した中から1割ほどの大変貴重な柚子ですから!

a0254656_15351052.jpg「鬼塚農園」さんの柚子の栽培地を現地取材した帰りに、田んぼのクロ切り(あぜの草刈り)をしている「鬼塚農園」の鬼塚紀美代さんと会いました。
「おはようございます。今年も柚子たちは順調ですね!」と言うと、

a0254656_15371812.jpg「そうなのよ!梅雨明けが遅かったせいもあり、玉太りも良いから、もしかしたら8月末か9月上旬には出せるかもよ!でも、しっかり香りが乗ってからがいいから、9月中旬からの方が良いかんぁ~」とのこと!

a0254656_15334694.jpg「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は、今年も元気いっぱいに成長中です。
まもなく『青柚子』の先行予約の受付をホームページでスタートいたします。
期間限定、数量限定の商品です。
ぜひ、青唐辛子を冷凍保存して、『青柚子』をお買い求めください。
これからも、成長の様子や「鬼塚農園」さんの惜しまぬ手間ひま、匠の技など現地取材にてご紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-08-02 15:50 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子(ゆず) 着果の様子(2019)と生理落下

FLC日記 2019年6月21日(金) くもり
熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』をネット独占販売いたします!!
9月中旬からの『青ゆず』、11月上旬からの『あっぱれ』、『キズあり柚子』、そして、今年も『冬至用ゆず』の販売予定です。
a0254656_17271395.jpg


a0254656_17294443.jpg本日、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、柚子の匠「鬼塚農園」さんの広い広い柚子畑に、着果の様子を現地取材に行ってきました。
栽培地はあまりにも広く、柚子畑と言うより、「柚子山」と言う表現がぴったりかもしれません。

a0254656_17313470.jpg中央には、道路が通っています。
その両サイドに、約7反(2100坪)の柚子が栽培されています。
日の当たる山の斜面を利用した広大な栽培地です。

a0254656_17285857.jpg本日、現地取材に行ったのは、着果の様子を見るためです。
今年もまだ、ビー玉より一回り大きい位の柚子たちが、元気に成長していました。

a0254656_18184150.jpgこちらは4月下旬に咲く、柚子の花の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18211711.jpgもちろん、「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
花は、多いところでは、この様にびっしりと咲き誇ります。

a0254656_18230866.jpgしかし、それらが全て着果するのではありません。
この様に、そのほとんどは落ちてしまいます。
残った花たちに虫たちの交配で着果するのですが、ここからもさらに競争?があるのです。

a0254656_18250739.jpgこの写真の中央右付近、黄色いものが見えると思います。
これは、着果後、生理落下によって落ちた果実の後です。
「生理落下」とは、それぞれの果樹が果実を育てる以上に着果した際に、自らの力以上に着果した際に起こる現象です。

a0254656_18295594.jpg自分の力以上に果実を着けると、当然その果樹の体力は落ちてしまいます。
その判断は、それぞれの果樹がそれぞれ行います。
ですから、しっかりと体力のある元気な果樹を育てることが重要です。

a0254656_18312390.jpgそのために「鬼塚農園」さんでは、有機肥料をふんだんに与えた元気な土つくりをします。
さらに、時期を見てこうして下草を刈り、それらをそのまま有機肥料とするのです。

a0254656_18325358.jpgまた、農薬は花が終わる頃に、最小限のみ使用します。
ですからこの着果の時期には、虫たちが元気に暮らしています。
写真はナナホシテントウムシで、しばらく見てると、どちらに行こうか迷ったあと、葉っぱに移りそのまま飛んで行ってしまいました。

a0254656_18412382.jpgこれは、以前の収穫の取材の際に撮影した「鬼塚農園」の鬼塚啓治さん、紀美代さんご夫婦です。
笑顔の絶えないとっても仲良しのお二人が、惜しまぬ手間ひまで『香り高きゆず』を育て上げます。

a0254656_18421935.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『青柚子』、『あっぱれ』(写真)、『キズあり柚子』、『冬至用柚子』をネット独占販売いたします。
私がこうして現地取材を重ね、自信を持ってお勧めしている商品です。
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技など現地取材にて紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-06-21 18:45 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

香り高き柚子(ゆず) 柚子の花(2019)!今年も元気な花が咲きました!

FLC日記 2019年5月17日(金) 晴れ
今年も元気なゆずの花が咲きました。
ここは熊本県鹿北町多久にある「鬼塚農園」さんの柚子園です。
a0254656_16305830.jpg


a0254656_16292590.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高きゆず『青柚子』、『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売いたします。


a0254656_16330962.jpg色づいた柚子は、11月上旬からの出荷予定です。
昨年は、出荷が追いつかないほどの人気で、とりわけ、『冬至用ゆず』は、出荷予定数をご予約のみで完売し、すでに今年のご予約も多数頂戴しています。

a0254656_16351894.jpg色づいたゆずの出荷前に、柚子こしょう用として大人気の『青ゆず』も販売いたします‼
9月中旬より、出荷用のサイズにまで成長したものを、朝採り即日出荷でお届けいたします。
さて、本日のブログでは、元気に咲き誇る、柚子の花を今年も現地取材してきましたので、その様子を中心にご紹介いたします。
a0254656_16380505.jpg


a0254656_16383783.jpg柚子は毎年、4月下旬から5月中旬にかけて柑橘系らしい白い花を咲かせます。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売する全ての商品の、生産地に年間を通して伺って、その育つ様子や惜しまぬ手間ひまなどを現地取材しています。

a0254656_16411559.jpgもちろん、「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』の栽培の様子も、もう何年も現地取材を重ねてきました。
花咲く様子、着果の頃、果実の成長、色づき、収穫、お礼肥えや剪定まで、その全てです。

a0254656_16430487.jpg「鬼塚農園」さんの柚子(ゆず)の栽培地はとにかく広いんです。
こちらは、高台から見た風景ですが、その中のほんの一部!
柚子の栽培地はなんと7反(2100坪)もあるんです。

a0254656_16445216.jpg中央を走る道を挟んで、両サイドに柚子が栽培されています。
柚子畑と言うより、“柚子山”と言ったところでしょうか!
しかし、きちんと手入れをされた柚子の栽培地なんです。

a0254656_16453855.jpg時機を見て、下草を刈ります。
全て草刈り機を使った手作業で行います。
その刈り取った草はそのまま土に返し有機肥料としています。
ですから、除草剤は使用しません。

a0254656_16475502.jpg柚子は、ミカンやデコポン、カボスなどと同じ柑橘類です。
花の色や形はほんとそっくりです。
咲き誇る花はとてもさわやかないい香りがして、私も大好きです。

a0254656_16484517.jpgどうやら、花の香りに誘われているのは、私だけではないようです。
たくさんの虫たちもいました。
マルハナバチ(写真)、ミツバチ、ハナアブ、カナブンなどは私も確認しました。

a0254656_16552853.jpg「鬼塚農園」さんは、25年も柚子を栽培し続ける匠の農家さんです。
こちらは3年ほど前から新しく収穫を初めて、まだ若い柚子の果樹たちです。

a0254656_16575286.jpg個体差はありますが、この若い木々にもたくさんの花が咲いていました。
でもこれだけの花が咲いても、着果するのは良くて10分の1くらいなのです。

a0254656_17000681.jpg足元にはすでにたくさんの柚子の花びらが落ちていました。
たくさん咲いた枝は、小さい果実が実ります。
お客様のニーズに合わせ、大きいものから小さいものまで生産しています。

a0254656_17023072.jpg今年も「鬼塚農園」さんの柚子の花咲く様子を現地取材してきました。
毎年見ている私からすると、花の数が例年に比べると少ない気がしますが、花の後の着果が大事なのでまた後日その様子を現地取材して紹介したいと思っています。

a0254656_18541332.jpgこれは、以前、収穫の様子を取材した際に撮影した「鬼塚農園」の鬼塚啓治さん、紀美代さんご夫婦です。
笑顔の絶えないとっても仲良しのお二人が、惜しまぬ手間ひまで『香り高きゆず』を育て上げます。

a0254656_18582273.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子『あっぱれ』、『訳あり柚子』、『冬至用ゆず』、『青ゆず』をネット独占販売いたします。
今年も、柚子栽培25年の匠が育て上げる『香り高きゆず』にご期待下さい!
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技を現地取材にてご紹介いたします。
お楽しみに‼

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-05-17 17:06 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

平成30年度の『香り高き柚子』完売御礼!

FLC日記 2018年12月26日(水) 雨のちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用柚子』をネット独占販売いたしました。
a0254656_14422849.jpg

そして、平成30年度の『香り高き柚子』は、全て完売いたしました。
今年も、たくさんのご注文、誠にありがとうございました。

a0254656_15134852.jpg「柚子はキズがあって当たり前!」と言われる中、収穫した中から1割にも満たないほとんどキズのない香り高き柚子『あっぱれ』は、大玉、中玉、小玉とも今年も早々にご予約でいっぱいになりました。

a0254656_15185581.jpg予約受付と同時にご注文いただいたにもかかわらず、お届けまで大変お待たせしてしまったお客様には、この場を借りて深くお詫びいたします。
収穫した柚子から選び抜く作業に本当に時間がかかり、申し訳なく思っています。

a0254656_16221308.jpg何度も申しますが、「柚子はキズがあって当たり前!」と言われる果実です。
写真は弊社で『キズあり柚子』として販売している商品の写真です。
一般的に店頭で販売されている柚子と変わりないものだとお考えください。

a0254656_16244262.jpgしかし、先ほど紹介しましたほとんどキズがない『あっぱれ』と明確に区別するために、あえて『キズあり柚子』と言う商品名にしています。
その香り、果汁、新鮮さなどは全く変わりません。
表皮に当たり前のキズがあるだけの柚子です。

a0254656_16274696.jpg年間を通して、柚子の消費が最も置い日が“冬至”の日です。今年は、12月22日(土)でした。
もう毎年ご購入いただくお客様も含め、今年も全国にたくさんの『冬至用柚子』の商品をお送りしました。

a0254656_16292691.jpg『冬至用柚子』は弊社で言う、『キズあり柚子』と同じ商品です。
冬至の日に合わせ発送するので『冬至用柚子』と商品名をつけています。

a0254656_16311288.jpg北は北海道から、南は沖縄まで、旅館やホテル、スーパー銭湯、介護施設、病院、ゴルフ場など、もちろん個人の客様にも、昨年を上回る出荷数でした。
中には、「柚子風呂が大変好評だったので年末年始にも使いたいので追加できますか?」と、再注文いただくお客様も多く、私どもも大変うれしく思っています。

a0254656_16345477.jpgさて、今期の『香り高き柚子』は、1月にご予約を頂戴しているお客様の保管分のみとなりました。
1月になると、やはり乾燥が進み、果汁は採りにくくなります。
ゆずの果汁をご利用される場合は、11月いっぱいの発注分をご利用いただくことをおすすめいたします。

a0254656_16381217.jpgこちらは、11月上旬、柚子の収穫が始まったばかりの、熊本県山鹿市鹿北町多久にある「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培場(柚子畑)の様子です。
中央を走る道の両サイドに約7反(2100坪)もの柚子畑があります。

a0254656_16415239.jpg昨年、11月上旬に撮影した柚子の匠「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんと奥様の鬼塚紀美代さんのツーショットです。
よく見て頂くとわかるのですが、昨年は全国的に柚子が不作で、「鬼塚農園」さんの柚子も例年の半分ほどでした。

a0254656_16443691.jpg今年は例年ほどの収穫ができました。
毎年同じように惜しまぬ手間ひまをかけ栽培していますが、昨年は花の時期の天候不順が原因で、あまり着果しなかったのです。

a0254656_16460540.jpg惜しまぬ手間ひまと言えば、収穫を終えてからが大変なのです。
「鬼塚農園」さんでは、収穫と同時に剪定作業を施します。
収穫と同時に来年の柚子の栽培が始まっているのです。
そして、この剪定した枝を全て撤去する作業が、この冬に行われます。

a0254656_20224180.jpgそして、有機肥料を適時に与え、元気な土と、樹勢の良い果樹を育てます。
こちらは、4月下旬から5月上旬にかけ咲く、柚子の花です。

a0254656_20251714.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_20265880.jpgもちろん、「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培の様子も、年間を通してもう何年も現地取材してきました。
草刈りや、果実の成長などその全てです。

a0254656_20281601.jpgだからこそ、自信をもってお勧めできるんです。
9月には、多くのお客様から、「『香り高き柚子』で柚子とうがらしを作りたい」と言うお声に応え、『香り高き柚子 青柚子』の販売も行っています。

a0254656_20301588.jpg平成30年度の「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は、完売いたしました。
商品販売をスタートして以来、毎年完売が続いています。

a0254656_20315776.jpgそしてもちろん、平成31年度も「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子『青柚子』、『あっぱれ』、『訳あり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売いたします。
自信をもってお勧めできるように、これからも現地取材を重ね、このブログで紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-12-26 20:34 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず) 平成30年度分、追加受注決定!早い者勝ちです!!

FLC日記 2018年12月17日(月) くもり時々晴れ冬至の柚子風呂用の柚子の準備はお済ですか?
2018年(平成30年)の冬至は12月22日(土)です。
「FLCパートナーズストア」では、冬至の柚子(ゆず)風呂用の柚子の、追加受注をうけたまわっています。
ただし、数量限定となりますので、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます!!
早い者勝ちです!
ご注文は、とにかくお急ぎ下さい!!
a0254656_17335445.jpg

↓今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ↓

「冬至」は、24節期(気)の1つで、1年で1番昼の長さが短い日ですね。

a0254656_17421025.jpg昔から、「冬至」には、「かぼちゃを食べて、『柚子湯』にはいると無病息災!風邪なんてひかない!」なんて言われていますよね。
「FLCパートナーズストア」では、熊本県山鹿市鹿北町の「鬼塚農園」さんの、『香り高き柚子』を好評発売中です。

a0254656_17381641.jpg「鬼塚農園」さんでは、日のあたる山の斜面を利用して、『柚子』を生産しています。
柚子(ゆず)を作り続けて、20年以上のまさに“匠”です。

a0254656_16463147.jpgこちらは、今年(平成30年)の収穫スタート時期に、現地取材をした際に撮影した写真です。
「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんが、1玉1玉丁寧に収穫しています。

a0254656_16484996.jpgこちらは別の日に撮影した鬼塚啓治さんと奥様の鬼塚紀美代さんです。
「鬼塚農園」さんでは、仲良しご夫婦の二人三脚で、毎年多くのリピート購入を頂く、弊社の大人気商品『香り高き柚子』を生産しています。

a0254656_16520521.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17480099.jpgもちろん、「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』の栽培の様子も、もう何年も現地取材を重ねてきました。
花咲く様子(写真)、着果の頃、果実の成長、色づき、収穫、お礼肥えや剪定まで、その全てです。

a0254656_16565631.jpg「鬼塚農園」さんでは、柚子の果実の収穫を11月初旬よりスタートし、本格的な寒さになる前に収穫を終えます。
霜や雪、冷たい雨などの影響を受けると、柚子の果実が傷んでしまうからです。
収穫した柚子は、直射日光や氷点下を避け、きちんと保管しています。

a0254656_16584504.jpg現在は出荷の最盛期!
冬至の日に合わせ、また、お客様の配達希望日に合わせ、全国に、毎日出荷中です。
年間を通して最も柚子の消費の多いのは、冬至の日です。

a0254656_17024757.jpg私も毎年、「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』をお風呂に浮かべて、その香りを楽しんでいます。
「FLCパートナーズストア」で販売する『冬至用ゆず』は、弊社では『キズあり柚子』として販売しているものと同様の商品です。

a0254656_18073389.jpg『キズあり柚子』と称して、販売していますが、これらは、一般的な普通の柚子です。
『柚子は表皮にキズやへこみがあって当たり前!』と言われる果実です。

a0254656_17392863.jpg柚子の果樹は、同じ柑橘類の中でも、鋭いトゲがたくさんある植物です。
このトゲはもちろん、枝や葉っぱ他の果実との果実の成長中の接触で、どうしても果皮にキズやへこみが入ってしまいます。

a0254656_17382192.jpgではなぜ、あえて『キズあり柚子』としているか?と言うと、それは、キズがほとんどない、香り高きゆず『あっぱれ』との違いを明確にするためです。
『あっぱれ』は、収穫した柚子から選びに選び抜かれた、“極選”の美しい柚子です。

a0254656_18153309.jpg『あっぱれ』ほどキズの無い柚子は、奇跡の柚子と言われています。
収量のわずか1割にも満たないからです。
一般家庭はもちろん、高級料亭や有名ホテルからのご注文も毎年頂戴しています。

a0254656_18183756.jpg左から、大玉(1箱2kg前後 12~13玉)、中玉(1箱2kg前後 15~16玉) 、小玉(1箱2kg前後 17~19玉)で販売していましたが、今年度も早々に完売となり、現在は売り切れとしています。

a0254656_18210369.jpg香り高き柚子『キズあり柚子』には、もちろんキズやへこみなどがあり、大きさも不ぞろいですが、その香りやフレッシュな果汁は『あっぱれ』と全く変わりません。
『キズあり柚子』は、フレッシュな果汁はもとより、香り高き果皮も思う存分ご利用ください。
柚子風呂(湯)や加工用としては最適な商品です。

a0254656_18230119.jpg『冬至用柚子』は冬至の日に合わせて、もしくはご希望日に合わせてお届けするため、『キズあり柚子』とは別商品としています。
毎年、大手ホテルや老舗旅館、ゴルフ場、ケアハウスなどなどから、『冬至用ゆず』のたくさんのご注文をいただきました。
そしてその多くは、今年もリピート購入(ご予約)を頂戴している客様です。

a0254656_18354738.jpg「鬼塚農園」さんと契約させていただいている出荷予定量(追加受注量)は、いよいよ残りわずかとなってきました。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。

a0254656_18363747.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も柚子の匠「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』をネット独占販売しています。
現在は『キズあり柚子』、『冬至用柚子』のみの販売です。
今期分は残りわずかです!
ご注文はとにかくお急ぎ下さい!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-12-17 17:40 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

平成30年度の柚子のご予約は残りわずか!!ご注文はお急ぎください! 冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず) 

FLC日記 2018年12月1日(土) 晴れ
「冬至」は、24節期(気)の1つで、1年で1番昼の長さが短い日です。
昔から、「冬至」には、「かぼちゃを食べて、『柚子風呂』にはいると無病息災!風邪なんてひかない!」なんて言われていますよね。
a0254656_19311255.jpg
2018年(平成30年)の冬至は12月22日(土)です。
冬至の柚子風呂用の柚子の準備はお済ですか?

a0254656_19330432.jpg「FLCパートナーズストア」では、冬至の柚子(ゆず)風呂用の柚子を、数量限定でご予約承り中です!!
残りわずかとなってきました。
ご注文は、とにかくお急ぎ下さい!!

今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



a0254656_19385249.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培場(柚子畑)です。
自然豊かな、日の当たる山の斜面を利用して「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は栽培されています。
その広さは、なんと7反(2100坪)もあります。

a0254656_19405957.jpg写真は収穫が始まった11月上旬に撮影したものです。
柚子(ゆず)を作り続けて、20年以上のまさに“匠”の農家さん「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は、今年も元気に実りました。

a0254656_19445233.jpg「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんと奥様の鬼塚紀美代さんです。
笑顔の絶えない仲良し夫婦の二人三脚で、毎年多くのリピート購入を頂く、弊社の大人気商品『香り高き柚子』を生産しています。

a0254656_19483485.jpgこれは、柚子の花が咲く5月上旬の写真です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19502237.jpgもちろん、「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』の栽培の様子も、もう何年も現地取材を重ねてきました。
花咲く様子、着果の頃、果実の成長、色づき、収穫、お礼肥えや剪定まで、その全てです。

a0254656_17270259.jpg収穫された柚子は、きちんと管理したうえで、こうしてコンテナに入れて貯蔵庫に保管されます。
柚子の保管は、直射日光、高温、氷点下を避けなければなりません。
風通しの良いところも避け、乾燥させないことも重要です。

a0254656_17295605.jpg「柚子は表皮にキズやへこみがあって当たり前!」と言われる果実です。
しかし、保管中に傷むようなキズの柚子はあらかじめ取り除いています。
柚子は、果皮が割とかたいのですが、実はとてもデリケートなんです。

a0254656_17314423.jpg柚子の果樹は、同じ柑橘類の中でも、鋭いトゲがたくさんある植物です。
このトゲはもちろん、枝や葉っぱ他の果実との果実の成長中の接触で、どうしても果皮にキズやへこみが入るのです。

a0254656_17341455.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、『冬至用柚子』の5kg入り、10kg入りは、同じく弊社で販売している『キズあり柚子』と同様の商品です。

a0254656_17325243.jpg名前こそ『キズあり柚子』としていますが、一般流通して、店頭に並んでいる柚子と変わらないものだとお考えください。
フレッシュな果汁はもとより、香り高き果皮も思う存分ご利用ください。
柚子風呂(湯)や加工用としては最適な商品です。

a0254656_17363854.jpgなぜ弊社では、店頭に並んでいるのと変わらないものを、わざわざ『キズあり柚子』として販売しているかと言うと、同じく弊社で販売する、香り高き柚子『あっぱれ』との差別化を図るためなんです。
その、香り高き柚子『あっぱれ』がこちらです!!

a0254656_17374075.jpg
↑香り高き柚子『あっぱれ』大玉(1箱2kg前後 12~13玉)

a0254656_17414844.jpg大玉、中玉、小玉とサイズ別で販売しています。
そのあまりの美しさに、高級料亭や有名和食店からも毎年注文いただく、大人気商品です。
収量のわずか1割ほどの、“あっぱれ”の名にふさわしい大変貴重な特別な『柚子』です。
平成30年度の『あっぱれ』は、いずれのサイズも完売しました。

a0254656_18041400.jpg年間を通して最も柚子の消費が多いのは、もちろん冬至の日となります。
私も毎年お風呂に柚子を浮かべて、その香りを楽しんでいます。
それらは、弊社では『キズあり柚子』として販売しているものと同様の柚子です。

a0254656_18354738.jpg「鬼塚農園」さんと契約させていただいている出荷予定量(受注量)は、いよいよ残りわずかとなってきました。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。

a0254656_18363747.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も柚子の匠「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』をネット独占販売しています。
現在は『キズあり柚子』、『冬至用柚子』のみの販売です。
とりわけ『冬至用柚子』は、もはや早い者勝ち状態となっています!
ご注文はとにかくお急ぎ下さい!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-12-01 16:17 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

香り高きゆず 収穫の様子(2018) 後編:本日よりご注文順に発送をスタートしました!

FLC日記 2018年11月9日(金) 雨のち晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用柚子』をネット独占販売しています。
a0254656_18420537.jpg


a0254656_17455313.jpgそして、本日より香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』、『キズあり柚子』の出荷をスタートしました。
ご準備できた商品をご予約を頂戴していた順に発送していきます。
※写真は『あっぱれ』の大玉です。

a0254656_17573045.jpg柚子は「キズがあって当たり前!」と言われる果実です。
写真は弊社で『キズあり柚子』として販売している商品の写真です。
一般的に店頭で販売されている柚子と変わりないものだとお考えください。
しかし、あえて『キズあり柚子』と商品名をつけているのには、『あっぱれ』と明確に区別するためなんです。

a0254656_18030171.jpg『あっぱれ』は、そのあまりの美しさから命名された名前です。
全体の収穫量の、わずか1割ほどしかない、傷がほとんどない“奇跡の柚子”とも言われているものが、この香り高き柚子『あっぱれ』なんです。

a0254656_18060690.jpgまた“冬至”に合わせて出荷するのが、完全予約制の『冬至用ゆず』です。
2018年(平成30年)の冬至は12月22日(土)です。
商品は弊社で販売する『キズあり柚子』と同じものとなり、5kg入り、10kg入りでの販売ですが、冬至に合わせて出荷するため、数量限定での販売です。
今年も、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、とにかくご注文(ご予約)はお急ぎください!

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』


a0254656_18084749.jpg本日のブログでは、昨日に続き収穫の様子と、収穫から選別そして商品になるまでのお話をいたします。
「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は、黄色く色づき収穫の時を迎えています。

a0254656_18111776.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培場(柚子畑)です。
自然豊かな、日の当たる山の斜面を利用して「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は栽培されています。
その広さは、なんと7反(2100坪)もあります。

a0254656_18134129.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
これは、柚子の花が咲く5月上旬の写真です。

a0254656_18152408.jpg花が終わった後の着果の様子も、柚子の果実の成長の過程も、もちろん収穫やその後の冬の様子も全て、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
だからこそ、自信をもってお勧めできるのです。

a0254656_18164376.jpg生産者の「鬼塚農園」の鬼塚啓治さんと紀美代さんご夫妻です。
笑顔の絶えない仲良しご夫婦で、20年以上も柚子を栽培し続けている匠の農家さんです。

a0254656_18211262.jpg収穫は、柚子の果樹に実る果実を一気に行います。
果実の収穫と同時に、「鬼塚農園」さんでは剪定作業も施します。

a0254656_18250894.jpgですから、収穫を終えた果樹の地面には、このように剪定した枝がたくさん落ちていました。
収穫を終えて、収穫した果実の全ての選別を終了した冬の時期に、この枝葉は全て手作業で積み出し処分します。

a0254656_1881645.jpg柚子の収穫は、専用のハサミを使って、2度切りで行います。
以前の収穫の取材の際の写真をもとに紹介しましょう!
まずは、幹から伸びた枝の根元から切り取ります。

a0254656_1895959.jpgなぜなら、この枝には例年は果実が実らないからです。
剪定作業もかねて、枝ごと切るのです。
そして、その枝を果実のギリギリのところで切ります。

a0254656_18112686.jpgこのように、果実のギリギリのところで、枝を残さず切り取らないと、収穫後の移動や保管時に、残った枝で他の果実をキズつけてしまうのです。

a0254656_18133487.jpg“2度切り”は、柑橘類の収穫の際にはほとんど用いられる収穫方法です。
柑橘類専用のハサミもあるんです。
一般的な剪定バサミと違い、刃の部分が反っているのがわかりますよね。

a0254656_18374736.jpgそれで、果実のギリギリで枝を切り落とすことができるのです。
収穫は本格的な寒さが来る前に一気に行いますので、枝が飛び出していないことは、その後の貯蔵においてとても大事です。

a0254656_18470279.jpg収穫した柚子は、「鬼塚農園」さんの貯蔵庫に運び込みます。
柚子の保管は、直射日光、高温、氷点下を避けなければなりません。
風通しの良いところも避け、乾燥させないことも重要です。

a0254656_18523077.jpg貯蔵庫に運び込まれた柚子は、すぐに傷むような傷があるようなものを取り除きながら、『あっぱれ』にできる可能性があるものと『キズあり柚子』とに選別をして、きちんと貯蔵していきます。
しかし、現在は選別作業よりも収穫が最優先です。
霜が降りると、柚子は完全に傷んでしまうからです。

a0254656_18554342.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子『あっぱれ』、『訳あり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売しています。
収穫を全て終えるまでは、出荷数の制限がありますが、本日より平成30年度の『香り高き柚子』の出荷をスタートしました。

a0254656_18583781.jpg数量限定の完全予約制での販売です。
とりわけ、『冬至用柚子』はかなりのハイペースでご注文いただいているので、昨年より完売が早まるかもしれませんので、早い者勝ちですよ!
全ての商品、出荷予定の定数になり次第、予告なしで売り切れとさせて頂きますので、ご注文(ご予約)は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお急ぎください!!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-11-09 19:01 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)

香り高きゆず 収穫の様子(2018) 前編:今年もトゲと戦いながらの収穫です!

FLC日記 2018年11月8日(木) くもり時々晴れ
『香り高き柚子』は「FLCパートナーズストア」の大人気商品です!
今年も黄色く色づいた『香り高き柚子』の収穫スタートの連絡をいただき、現地取材に行ってきました!
a0254656_18353830.jpg


a0254656_18420537.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売しています。

今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』


a0254656_18401924.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、柚子の匠「鬼塚農園」さんの広い広い柚子畑です。
その広さは、なんと7反(2100坪)もあります。

a0254656_18400458.jpg中央を走る道路を挟んで、両サイドはほとんどが柚子の果樹たちです。
ところどころに小高い気が見えると思いますが、それらは防風林として植えている杉やヒノキです。
自然豊かな、日の当たる山の斜面を利用して「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は栽培されています。

a0254656_18384094.jpg柚子を栽培し続け、20年以上にもなる“柚子の匠”「鬼塚農園」さんの、『香り高き柚子』は、その名通り香りがよく、収穫の際のハサミの音と共に、さわやかな柚子の香りが漂ってきました。

a0254656_18524626.jpgハサミの音がする方向へ、柚子畑の中を進んでいきました。
朝焼けの残る中、「鬼塚農園」の鬼塚啓治さんが収穫を行っていました。
「おはようございます!」と声をかけました。

a0254656_18543247.jpg「笠さんおはよう!」と鬼塚さん。
「あれ?ヘルメットをかぶってないんですか?」と尋ねると、
「ちょうど今、脚立を使ってここまで登ったけん、はずしたとこたい!」と鬼塚さん。

a0254656_19000133.jpgこちらは、昨年の収穫の取材時に撮影した「鬼塚農園」の鬼塚啓治さんと奥様の紀美代さんです。
鬼塚さんは柚子畑に入る際はヘルメットを着用しています。

a0254656_19044685.jpgそれは、柚子にはこの鋭いトゲがあるからなんです。
柚子は柑橘類の中でも、鋭いトゲを多く持つ植物です。
果樹の中に入り込み作業を行うことが多い鬼塚さんは、ヘルメット着用で作業を行っているのです。

a0254656_19142896.jpg「その辺はまだ収穫の終わっとらんけん良かばってん、収穫の終わったとこには入るといかんばい!うちでは剪定もかねてしよるけん、手をついたりひざをついたりしたら、剪定した枝のトゲが刺さるかもしれんけんね!」
鬼塚さんがそう気遣ってくれました。

a0254656_19164653.jpg「高くなりすぎてる枝は、枝ごと切って収穫するとたい。この枝の葉っぱで、果樹全体に日が入らんごつなるけんね。」と鬼塚さん。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19193983.jpgもちろん「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず』もこうしてもう何年も現地取材を重ねてきました。
昨年は花の時期の天候不順で、収穫量が少なかったのですが、今年は昨年に比べ収穫量は増えると思われます。

a0254656_19230257.jpg収穫の様子に話を戻しましょう!
柚子はその鋭いトゲで野鳥から果実を守ります。
しかし、柚子の果皮はとてもデリケートで、そのトゲはおろか、枝や葉、果実同士が成長の過程で触れたりしても、果皮にはキズやへこみとなってしまいます。
写真の果実は風で揺れ、トゲが当たり傷がついたようです。

a0254656_19251611.jpgですから「柚子はキズがあって当たり前!」と言われています。
「FLCパートナーズストア」では、それらの柚子を『キズあり柚子』として、5kg入り、10kg入りで販売しています。

a0254656_19264537.jpg『キズあり柚子』として販売していますが、これらは、一般的に販売される普通の柚子なのです。
ではなぜ、あえて『キズあり柚子』としているかと言うと、キズがほとんどない、香り高きゆず『あっぱれ』との違いを明確にするためです。
a0254656_174236.jpg


a0254656_17433654.jpg『あっぱれ』は、収穫した柚子から選びに選び抜かれた、“極選”の美しい柚子です。
『あっぱれ』ほどキズの無い柚子は、奇跡の柚子と言われています。
収量のわずか1割にも満たないからです。
今年も、大玉、中玉、小玉の3商品を販売しています。

a0254656_19320974.jpgまた、柚子の消費が最も多い、“冬至”に合わせて出荷するのが、完全予約制の『冬至用ゆず』です。
2018年(平成30年)の冬至は12月22日(土)です。
できる限り、ご希望に合わせてお届けいたします。

a0254656_19325124.jpg商品は弊社で販売する『キズあり柚子』と同じものとなりますが、冬至に合わせて出荷するため、数量限定での販売です。
今年も出荷予定数は、間違いなく完売すると思われます。
定数になり次第完売とさせていただくため、とにかくご予約はとにかくお急ぎ下さい!

a0254656_19390142.jpg収穫の様子はまだまだ話したいことがたくさんですが、この続きは、明日のブログで収穫とその後の出荷までを含めて紹介予定です。
お見逃しなく!

a0254656_19460296.jpg豊かな自然の中、陽の当たる山の斜面を利用し、「鬼塚農園」さんの惜しまぬ手間ひまで育てられた『香り高き柚子』は、「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-11-08 19:48 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)