ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:甘熟イチジク( 49 )

甘熟いちじく 着果の様子と惜しまぬ手間ひまの枝吊り作業、肥料散布の様子を現地取材

FLC日記 2018年6月8日(金) 雨のちくもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
a0254656_16551316.jpg


a0254656_16580535.jpgこだわりの樹上完熟で、朝採りで収穫し、即日発送いたします。
毎年8月中旬からの出荷です。
こだわりの樹上完熟での収穫で、最も甘さが乗り、最高に美味しいいちじくを、完熟ならぬ『甘熟いちじく』と命名した、「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。

a0254656_17011441.jpg一昨日、元気に育つ『完熟いちじく』の様子を現地取材してきました。
着果枝に、こうしてきちんと1節目から果実が実っています。
まだまだ、ビー玉より一回り大きい位の小さな果実です。

a0254656_17034394.jpgしかし、これが約2ヶ月後の、8月中旬にはこんな大きさにまで成長するのです。
1節目、2節目くらいまでの果実は、ここまで大きくなるので、もう今期の初回発送分はリピーターのお客様から予約を頂いているほどの大人気商品です。

a0254656_17060863.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町の自然豊かな山あいにある「小春農園」さんの『甘熟いちじく』の栽培ハウスです。
ハウスは、あくまで雨風からイチジクの果樹や果実を守るためのもので、いわば屋根と言った感じです。

a0254656_17104215.jpgですから入り口や両サイドは、このように大きく開いています。とてものどかな山あいの田園風景の中、「小春農園」さんの『甘熟いちじく』の栽培ハウスはあります。
隣りの「小春農園」さんの田んぼは、田植えの準備が進められていました。

a0254656_17210637.jpg栽培ハウスの中をのぞくと、「小春農園」代表の小原正宏さんが作業を行っていました。
「小春農園」さんでは、「一文字整枝法」と言う栽培方法で『甘熟いちじく』を育てています。
1本の果樹から両サイドに主幹を伸ばし、それを1列になるよう仕立てて管理する栽培方法です。

a0254656_17270236.jpgこちらは以前取材した収穫を迎えた8月中旬ごろの様子です。
「小春農園」さんでは、“草生栽培”と言って、下草をあえて生やしながら様々な果樹を育てています。
下草は、時期を見て手作業で刈り、そのまま有機肥料とします。
ただし、便宜上、いちじくの栽培ハウスだけは、通路のみマルチビニールを敷いています。

a0254656_17301645.jpgそして、毎年この時期そのマルチビニールを張り替えます。
そこで、そのタイミングで、有機肥料の散布を行うのです。
果実は、しっかりと成長していました。

a0254656_17322269.jpg前回の取材の際に、「1節目からきちんと果実が実るように育てていかにゃんとたい。」と小原さんが話しましていましたが、その言葉通りどの結果枝も1節目から実っていました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17351832.jpgもちろん「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』も、収穫時期のみならず、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は5月下旬から、6月上旬に行う、枝吊り作業の様子です。

a0254656_17361511.jpg小原さんの奥様、小原美子さんが、惜しまぬ手間ひまをかけ、全ての結果枝の“枝吊り作業”を行いました。
ハウス内に張り巡らせたワイヤーやパイプを使って、いちじくの結果枝を1本1本ひもで吊るす作業を行っています。
いちじくが風で揺れて傷ついたり、枝が折れたりするのを防ぐためです。

a0254656_17403729.jpg作業の切れ間に小原さんにお話をうかがいました。
「今年も良い感じで実りよるばい。こないだ将輝に聞いたけど、もう予約の入っとるって?嬉しかねぇ~。今年も8月中旬から出荷するけん、お客様にもよろしく伝えといてね!」

a0254656_17422794.jpgそうこう話していると、
「笠さんこんにちは!」と声がします。
小原さんの息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんです。
「栗の木の下の草刈りをしてたので、今から着替えて合流します!」と笑顔で話しています。

a0254656_17483669.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原正弘さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で果樹栽培を専門的に学んだ、息子さんで専務の小原将輝さんの3人の匠が中心となり、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_17495728.jpg本日紹介している『山あいの甘熟いちじく』の他には、現在、出荷中の『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』(上写真)、弊社のリピート率ナンバーワンの柑橘王こと『デコポン』(右写真)、究極の柑橘『せとか』、『ザ・みかん』、『原木しいたけ』、幻の白い『長生たけのこ』など、どれも“本物”と呼べるものばかりです。
それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_17530334.jpgそんな中、『山あいの甘熟いちじく』は、最後に商品化した商品でした。
「こだわりの樹上完熟で収穫し出荷するため、輸送のリスクが高いため、ネット販売には向かないだろう!」と言う小原さんの見解があったからです。

a0254656_17563819.jpgそこで、弊社の配送を使って、送ってみました。
届いたいちじくを見て、「この状態で届くなら販売してもいいだろう!」とお許しをいただき、商品化したのです。
すると、またたく間に大人気商品となったのです。

a0254656_18004221.jpgいちじくは、絶対に樹上完熟させないと、本当の美味しさになりません。
「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』は、このように樹上で完熟したものを朝採り即日発送でお届けするため、いちじく本来の美味しさを楽しむことができるのです。
甘さを追求し、商品名を“完熟”ならぬ“甘熟”と命名するほどのこだわりの商品なのです。

a0254656_18071241.jpg「笠さんを介して全国のお客様にうちの商品を届けるようになって、たくさんの『美味しい!』の声を頂くたいね。すごくやりがいにもつながるとたい。もちろん今年も、自信をもって出荷できるいちじくに育て上げるけん、楽しみにしときなっせ!」
小原さんは、今回の取材の最後に、そう力強く話してくれました。

a0254656_18142804.jpg“甘熟”にこだわった、朝採りのいちじくを収穫したその日に即日発送し、翌日、もしくは翌々日には全国のお客様へお届けします。今年も、いちじくの本当の美味しさをご堪能ください!

a0254656_18151978.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
8月上旬から、10月いっぱいまでの出荷を予定しています。
これからも、さらに大きく成長し、色付いてくる様子もまた現地取材してご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-06-08 18:16 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

甘熟いちじく 芽吹きと芽カギ作業 今年も変わらぬ栽培法で甘さにこだわり育て上げます

FLC日記 2018年5月18日(金) くもりのち雨

a0254656_16324639.jpg「今年も、こうしてしっかり1節目から果実が実る、良か~芽の出とるばい。これは、けっして強い芽ではないとたい。むしろ弱い芽たいね。強かともちろん勢い良く伸びるばってん、下から確実に果実が実らんで飛んでしまうとたい。だけん、あえて弱か芽ば芽吹かせ撮るとたいね。そして、それを今、良か芽て表現したとたい。」

a0254656_16375727.jpg5月11日に現地取材した様子です。
匠の農家さん「小春農園」代表の小原正宏さんがそう話しながら、しっかり手をかけ芽吹かせた“良か芽”を見せてくれました。
a0254656_16440469.jpg
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、生産者の「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』の栽培ハウスです。
「小春農園」さんでは、このとてものどかな山あいの里山で、甘さにこだわった『甘熟いちじく』を育てています。

a0254656_16412871.jpgハウスと言っても、いわば屋根と言ったところで、入り口や両サイドは、ご覧の通り大きく開いています。
こののどかな山あいには野生動物もたくさん生息しているため、フェンスをはり、イノシシやタヌキから大事ないちじくを守っています。

a0254656_16461836.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
今年も、8月上旬からの出荷予定です。

a0254656_16511283.jpg甘さにこだわり“完熟”ならぬ、“甘熟”と命名され販売されるこのいちじくは、毎年、全国にファンが増え、今年の初回発送分もすでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品となりました。
「小春農園」さんでは、惜しまぬ手間ひまの今年も変わらぬ栽培方法で、山あいの『甘熟いちじく』を育てています。

a0254656_16562462.jpgこちらは、毎年春先に行う剪定作業の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17015488.jpgもちろん「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』も、収穫時期のみならず、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
剪定の際に、母枝の下から結果枝が芽吹くように、匠の技で剪定していました。

a0254656_17045354.jpg今回の取材の様子に話を戻しましょう!
「笠さんは毎年見てきたけん、良く知ってると思うけど、伸ばしたい下から芽吹いた結果枝以外にも芽吹いてくるとたい。だけん、この時期にしっかりそれらをかいであげんといかんとたいね。」

a0254656_17070421.jpg「うちでは、母子からは基本、1本しか結果枝ば伸ばさんけん、それ以外は全部かいでしまうとたい。」
小原さんはそう話しながら、手際よく作業を進めています。

a0254656_17095787.jpg「毎年見ながら、毎年思うんですが、強い芽の方が良いような気がしますけど、そうじゃないんですよね!」と言うと、
「そう!あくまでいちじくを実らせるための結果枝だけん、勢いが良すぎると、果実が飛ぶとたい。」

a0254656_17113577.jpg「ほら分かるね?1節目も、2節目も確実の果実が実るばい。果実になる芽が出てきよるたい。」と小原さん。
「おぉ!では、それらがあの大きないちじくになるんですね!」と言うと、
「そうね!もちろん、これからしっかりと育て上げんといかんけどね!」
小原さんが笑顔でそう答えてくれました。

a0254656_17153119.jpg匠の技で、確実に1節目から実る「小春農園」さんのいちじくは、着果枝に下から順番に実っていきます。
ですから、最初に収穫を迎えるいちじくは、こんなにも大きく成長するものもあるんです。
そこで、毎年購入いただくお客様はそれを知っていて、どうしてもその大きないちじくを注文したく、早い方は昨年の最終発送が終わると同時に、今年の初回発送のご予約をいただくほどの人気なのです!

a0254656_17220616.jpgしかし、8月上旬の初回出荷を迎えるまでは、まだまだたくさんの手間ひまを要します。
こちらは以前取材した、5月下旬の結果枝の枝吊り作業の様子です。
小原さんの息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんがその作業を行っています。

a0254656_17245247.jpgハウス内に張り巡らせたワイヤーから降ろしたひもに、全ての結果枝を巻き付けて栽培していきます。
いちじくの果樹が風で揺れ傷ついたり、ましてや枝が折れたりしないようにするのです。

a0254656_17263640.jpgその作業は、収穫が始まる直前まで続きます。
小原さんの奥様の美子さんが手際よく作業を行っています。
「大変だと思うでしょ?でもね、こうしてしっかり手をかけることで、やっぱりいい作物ができるとよ。そう考えるとむしろ楽しいわよ!」
良子さんがそう話されたことを思い出しました。

a0254656_17311696.jpgまた、こちらは現在の様子です。
「正直言って、いちじくがここまでの人気商品になるとは、最初は思わんだったとたい。でも、毎年注文いただく全国のお客様があるけん、これからも変わらぬ品質で育てにゃんと思って、主幹も仕立て直しながら果樹を若返らせよるとたい。」と小原さん。

a0254656_17351190.jpgかなり興味深い話をうかがいました。
その内容を詳しく紹介したいところですが、本日のブログは少々長くなりましたので、そのお話はまた後日、あらためて紹介することとします。

a0254656_17422802.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
今年も、8月上旬からの出荷予定です。
いちじくは、樹上で完熟させないと、本当の美味しさになりません。

a0254656_17404017.jpg樹上完熟の甘さにこだわった『甘熟いちじく』を、朝採り即日発送で全国のお客様にお届けします。
ぜひ、いちじくの本当の美味しさを味わってください!
これからも、取材を続け、その成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技をご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-05-18 17:46 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

甘熟イチジク 匠の剪定作業2018(後編)

FLC日記 2018年3月14日(水) 晴れ
本日のブログでは、匠の農家さん「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』の剪定作業の様子を、昨日に続き紹介いたします。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
a0254656_16502101.jpg


a0254656_16513958.jpgこちらは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』の栽培ハウスの昨日の様子です。
取材に伺った昨日は、「小春農園」の皆さんは、いちじくの剪定作業をこの日は中断して、幻の白い『長生たけのこ』の収穫(たけのこ掘り)の準備作業を行っていました。

a0254656_16560629.jpg特別に許可をいただき、栽培ハウスを見せて頂きました。
剪定作業は、この1列を残すのみとなっているようです。
この時期の剪定作業では、昨年美味しいいちじくをたくさん実らせてくれた結果枝を切り落とすのです。

a0254656_16580014.jpg剪定を終えるとこのようになります。
1本の果樹から両サイドに主幹を伸ばし、それを1列になるよう仕立てて管理する「一文字整枝法」と言う栽培方法で育てています。

a0254656_17113305.jpgそんな中、何ヵ所か主幹の横にまだ細い横に倒した枝がありました。
これは、主幹を仕立て直そうと準備している枝です。
いちじくは、仮に枯れたとしても、その場所に新しいいちじくの果樹を植え替えることができません。

a0254656_17141760.jpgそこで、匠の農家さん「小春農園」さんでは、3年先や5年先、さらにはもっと先を見据えた剪定作業を行っているのです。
その作業を、過去に取材した剪定作業を中心にご紹介します。

a0254656_17191375.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんが剪定作業を行っています。
「この果樹を若返らせるために、古い主幹を切って、しっかり育った新しい主幹に仕立て直そうと思うとたい。」と小原さん。

a0254656_17224092.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』も、収穫時期のみならず、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17260092.jpgちなみにこちらは、12月上旬から中旬におきる、いちじくの落葉の様子です。
いちじくは落葉樹です。
寒さが厳しくなるギリギリまで葉っぱで栄養を蓄え、急な寒さを感じたその日の朝に一気に落葉します。
そういう風に、一気に落葉するのが良い傾向とのことです。

a0254656_17300868.jpg主幹を仕立て直す様子に話を戻しましょう。
古い主幹をのこぎりを使い丁寧に切り落としました。
その奥に見える、若い幹をこれから主幹とし、いちじくを栽培していくのです。

a0254656_17405791.jpg「さっきの新しい主幹は“蘖(ひこばえ)”から仕立てたけど、こんな結果枝を主幹に仕立てることもあるとたい。次の主幹の準備をしながら、それがきちんと育つと古い主幹は切って、果樹を若返らせる。それを繰り返しながら、先々を見据えて育ててきたとたいね。」小原さんはそう話しました。

a0254656_17491697.jpg次に、小原さんの息子さんで、「小春農園」専務の小原将輝さんの結果枝の剪定作業の様子で、その匠の技を紹介します。
「下の方から出る芽を残してその先を剪定します。」
a0254656_18052826.jpg「母枝の上の方から芽吹く、強い枝ではなく、下の方から芽吹く弱い枝を結果枝にすることで、勢いが強すぎず果実がきちんと節ごとに実るんです。」と将輝さん。
毎年見ていることですが、弱い芽の方が良いと言うのは何度聞いても不思議な話です。

a0254656_18133874.jpg「そう選びながら剪定すると、複数の芽から芽吹くこともあるのですが、それは春の芽カギ作業できちんと摘み取っていくんです。」と将輝さんが教えてくれました。
芽カギ作業の様子はまた後日現地取材をしてご紹介する予定です。

a0254656_18174598.jpgこちらは初出荷前の8月上旬に味見(試食)に伺った際の匠のツーショットです。
「小春農園」さんでは、代表の小原さんの豊富な経験と卓越した技術に加え、大学で果樹栽培を専門的に学んだ知識が重なり、二人の匠が中心となって、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

a0254656_18222317.jpgこちらは、現在大好評販売中の、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の収穫の際に撮った写真です。
「小春農園」さんが育て上げた、『デコポン(肥後ポン)』は、弊社のリピート率ナンバー1の大人気商品です。

a0254656_18232455.jpg糖度と酸味のベストバランスの美味しさに加え、その見た目の美しさも品機の秘密です。熊本限定栽培の樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひの
ゆたか』に続き、4月23日(金)からは、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』(写真)の出荷がスタートします。

a0254656_18290988.jpg現在は、究極の柑橘『せとか』、森の旨みを詰め込んだ『原木しいたけ(生、乾燥)』も大好評販売中です。
そして、まもなく、幻の白い『長生たけのこ』(写真)の先行予約の受付もスタートします。
その他にも、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『ザ・みかん』、など、どれも“本物”と呼べるものばかりです。
それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_18330565.jpg『山あいの甘熟いちじく』も、もちろん大人気商品です。
樹上完熟のいちじくを、即日発送でお届けします。
美味しさにこだわった完熟ならぬ『“甘熟”いちじく』です。

a0254656_18353901.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成30年度も「小春農園」さんの山あいの『甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
8月中旬からの発送予定です。
これからも、匠の惜しまぬ手間ひまや、成長の様子など現地取材にてご紹介いたします。
今年の山あいの『甘熟いちじく』にもご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-14 18:39 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

甘熟イチジク 匠の剪定作業2018(前編)

FLC日記 2018年3月13日(火) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
a0254656_17335357.jpg


a0254656_17351538.jpg毎年現地取材してきた、冬の剪定作業の様子を今年もご紹介いたします。
この時期に行う剪定作業は、匠の技を駆使し、美味しいいちじくを育てる最も大切な作業の1つです。

a0254656_17380924.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町の自然豊かな山あいにある「小春農園」さんの『甘熟いちじく』の栽培ハウスです。
ハウスは、あくまで雨風からイチジクの果樹や果実を守るためのもので、屋根を目的としたハウスです。

a0254656_17454047.jpgこちらは、一昨年の剪定作業の様子です。
「小春農園」代表の小原正宏さんが、匠の剪定作業を施しています。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17494665.jpg「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』の栽培の様も、もう何年も収穫後の剪定の様子や、成長の過程などそのすべてを現地取材してきました。
写真は昨年の剪定作業の様子で、小原さんの息子さんの小原将輝専務です。

a0254656_17530238.jpgしかし今年は、取材のタイミングが合わず、いちじくの剪定作業を施している様子を見ることができませんでした。
剪定作業は、右の1列を残すのみとなっていました。

a0254656_17551346.jpg「小春農園」さんでは、本日ご紹介している、山あいの『甘熟いちじく』の他にも、様々な農作物を育てていて、この時期、異論さ作業が目白押しなんです。
現在は、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』(写真)をはじめ、究極の柑橘『せとか』、無農薬栽培の『原木しいたけ(生、乾燥)』を、「小春農園」さんの商品として弊社で販売しています。

a0254656_17593616.jpgいずれも“本物”と呼べる逸品で、リピート率の高い大人気商品です。
その他にも、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅』、『ザ・みかん』などなどを育てています。

a0254656_18021692.jpg取材に伺った本日は、4月上旬から出荷する、幻の白い『長生たけのこ』を栽培する、たけのこ畑の収穫前の手入れ作業を行っていて、『甘熟いちじく』の剪定作業を見ることができませんでした。

a0254656_18051162.jpg「笠さんごめん!今日はどうしてもたけのこの方ばしとかんといかんけん、いちじくのハウスに入って、好きなだけ見て、好きなだけ写真撮って良かけん!」
小原さんにそう言っていただき、特別にハウスに入らせていただきました。

a0254656_18101660.jpg「小春農園」さんでは、「一文字整枝法」と言う栽培方法で『甘熟いちじく』を育てています。
1本の果樹から両サイドに主幹を伸ばし、それを1列になるよう仕立てて管理する栽培方法です。
もう何年も取材してきた私ですから、剪定後の様子を見ると、親子の匠の剪定した息吹を感じるほどです。

a0254656_18142715.jpg主幹から伸びた“母枝”の様子です。
いくつも剪定した跡がありますね。
数えてみると18個ありました。
この母枝からは、今年19年目の結果枝を芽吹かせるのです。

a0254656_18175527.jpgこちらは、8月上旬の収穫を迎える直前の様子です。右下の太いのが主幹、左の何度も剪定を施されているのが母枝、そして上に伸びいちじくが実っているのが結果枝です。

a0254656_18212224.jpg初収穫日の朝の様子です。
結果枝には、下から順番に実っていくのですが、最初に実るいちじくはこれほどまでに大きくなります。
「小春農園」さんでは、1本の結果枝で14~15個のいちじくを収穫します。

a0254656_18300994.jpg今年も変わらぬ美味さのいちじくを育て上げるための、大事な剪定作業の様子は、たくさんの匠の技があります。
その様子をまだまだ紹介したいのですが、本日は前置きが多く、少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介いたします。
明日の「FLC日記」もお見逃しなく!!


FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-13 18:34 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

甘熟いちじく 本格的な寒さと共に落葉しました!いちじくの落葉2017

FLC日記 2017年12月17日(日) 雪(積雪)のちくもり時々雪
12月15日の朝、いちじくの葉っぱが一気に落葉しました。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』の栽培ハウスです。
a0254656_18052187.jpg


a0254656_18085624.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたしました。

a0254656_18101881.jpg完熟ならぬ、“甘熟”にこだわり、朝採り即日発送でお届けする、山あいの『甘熟いちじく』は、毎回の出荷予定数を常に完売する、弊社の大人気商品です。

a0254656_18203481.jpg毎年8月上旬より10月中旬位までの出荷です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18244205.jpgもちろん「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』も、収穫時期のみならず、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫は当然のことながら、落葉の様子や選定作業、新芽の芽吹きや芽カギ作業、成長の過程などその全てです。

a0254656_18264812.jpgそして、今年も落葉の様子を現地取材に伺ったのです。
こちらが、「小春農園」さんの『山あいの甘熟イチジク』の栽培ハウスです。
ハウスと言えども、ボイラーを炊き、加温をして栽培するわけではありません。

a0254656_18282774.jpgハウスのサイドは開いたままで、このビニールは、あくまで雨風から果樹や果実を守るためのもので、より自然に近い形で、安全で美味しいイチジクを育てています。

a0254656_18311586.jpg1週間前の12月7日の写真です。
この頃、落葉が始まっているものの、まだまだ青い葉っぱがほとんどです。
いちじくはギリギリまで栄養を蓄えるために頑張っていたのです。

a0254656_18331930.jpg落葉したいちじくの果樹は、これから冬眠の時期に入ります。
結果枝には、いちじくの果実が残っていました。
正確に言えば、収穫をせずに残したままにしていたと言った感じですね。

a0254656_18364470.jpg8月上旬の収穫前の写真です。
「小春農園」さんでは、1本の結果枝から、14~15個のいちじくを収穫します。
それ以上の果実が実りますが、あえてそれらは収穫しないのです。
8月上旬から収穫を始めて、10月中旬位までの間に育つ、本当に自信を持ってお勧めできるものだけを収穫し出荷します。

a0254656_18405377.jpg小原正宏さん、将輝さんの親子の匠です。
「小春農園」さんでは、代表の小原正弘さんの長年の経験と卓越した技術、さらに大学で果樹栽培を専門的に学んだ、息子さんで専務の小原将輝さんの2人の匠が中心となり、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_18445290.jpg「小春農園」さんでは、、本日紹介している『甘熟いちじく』の他にも、無農薬栽培の『原木生しいたけ』(写真)、『原木しいたけ(乾燥)』、『ザ・みかん』、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』、究極の柑橘『せとか』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『干したけのこ』、などを育てていて、それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
そのいずれもが、超1級品!まさに“本物”と呼べる食材です。

a0254656_18545961.jpgいちじくに話を戻しましょう!
こちらは、以前取材した冬の剪定作業の様子です。
毎年、こうして選定を施し、新しい芽を芽吹かせ、そこに着果させます。
小原さんはいつもこう話します。
「特に果樹栽培は、その年1年だけ良くてもダメとたいね。毎年毎年コンスタントに美味しいものを作り上げて、初めて評価されるとたい。」

a0254656_18575410.jpg5月には、こうして新しい芽が芽吹きます。
その為に施す、匠の剪定作業の様子は、もちろんまた現地取材してご紹介したいと思います。

a0254656_19001085.jpg「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』の果樹たちは、今年も本格的な冬の訪れとともに、一気に落葉し冬眠の時期へと入りました。
寒さに耐えながら、ゆっくりと休んで、また8月にはあの至高の『甘熟いちじく』を実らせてくれることでしょう!

a0254656_19031407.jpg「FLCパートナーズストア」では、来年(平成30年度)も「小春農園」さんの山あいの『甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
これからも、山あいの『甘熟いちじく』の成長の様子、匠の惜しまぬ手間ひまなど、現地取材をしてこのブログでご紹介いたします。
来年の山あいの『甘熟いちじく』にもご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-12-17 19:04 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

甘熟いちじく 平成29年度の出荷予定数まで残りわずか!ラストチャンス!ご注文はお急ぎ下さい!

FLC日記 2017年9月26日(火) くもりのち晴れ

a0254656_17085979.jpg平成29年度の山あいの『甘熟いちじく』はいよいよ残りわずかとなりました!熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「小春農園」さんの、完熟ならぬ“甘熟”にこだわりぬいた、山あいの『甘熟いちじく』を大好評発売中です!
a0254656_17095019.jpg
8月中旬より出荷をスタートした、山あいの『甘熟いちじく』は、10月上旬までの販売です!今期のラストチャンスです!
ご注文はお急ぎ下さい!!
数量限定の完全予約制販売!
とろける食感と、優しい甘さをぜひご堪能ください!!

<出荷予定>
平成29年9月26日(火)→完売御礼(先行予約分にて完売致しました!)
平成29年9月29日(金)→残りわずか!(9月20日17時締め切り)
平成29年10月3日(火)→完売御礼(先行予約分にて完売致しました!)
平成29年10月6日(金)→ご予約承り中(10月4日17時締め切り)
※10月6日(金)出荷分が、今期の最終発送となります!

今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓



a0254656_18082742.jpg「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』は、おかげさまで毎回の出荷予定数は、今年も常に完売を続けてきました。
人気の秘密はなんと言っても、こだわりの樹上完熟、朝採り即日発送にあるんです。

a0254656_18105650.jpgいちじくは、樹上で完熟させないと、その本当の美味しさになりません!
しかし、一般流通においては、完熟前の状態で収穫され出荷されることが多いようです。
いちじくはとても痛みやすく、一般的には店頭に並ぶまで、1週間ほどかかるからです。

a0254656_18203865.jpg「FLCパートナーズストア」では、朝採りの樹上完熟いちじくを『甘熟いちじく』と命名して販売しています。
一般流通される、完熟前に収穫されたいちじくとは、その甘さが比べ物になりませんよ!!

a0254656_18214533.jpg生産者と生産地の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』の栽培ハウスです。
隣りは水田(田んぼ)で、まもなく稲刈りを迎えます。
あぜ道には彼岸花が咲き誇っています。
この、のどかな山あいの里山の澄んだ空気と清らかな水で『甘熟いちじく』は栽培されています。

a0254656_18243975.jpgハウスといえども、加温をして育てるのではなく、あくまで雨風から果樹を守るための〝屋根”と言ったところでしょうか。
ご覧の通り、入り口やハウスのサイドは、大きく開いています。

a0254656_18265946.jpg「小春農園」代表の小原正弘さんです。
こちらは、8月上旬の写真で、今期の出荷前に成長の様子と試食のために鋤か蛾った際に撮影しました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18322655.jpgもちろん「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』も、収穫時期のみならず、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、12月中旬におきる、いちじくの落葉の様子です。
いちじくは、その頃の急な冷え込みと共に、こうして1日で葉を落とすのです。

a0254656_18341113.jpgその日の朝に連絡をいただき、すぐに取材に伺いました。
「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、そして息子さんで専務の将輝さんの大学で果樹栽培を専門に学んだ技術を持つ将輝さんの3人の“匠”が中心となり、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_18471969.jpgこちらは現在の様子です。
私が取材に伺った時には、朝一の収穫を終えていて、完熟したものはありませんでした。
いちじくは、“一熟”とされ、毎日1個づつ熟すと言われています。

a0254656_18422681.jpg実際には、こうして下から順番に熟すいちじくが、毎日1個づつ熟すことはありません。
下のを完熟で収穫しても、次のを収穫するまでは、1週間ほど要するようです。
そのいちじくは、毎日1個食すと、病気知らずともいわれる健康食品です。
いちじくにはたくさんの健康パワーが秘められています。

a0254656_18501355.jpg私たちが食べている『いちじく』のこの部分は、実はすべて“花”なんです。
しかし、この食す花の部分には、たくさんのミネラルとタンパク質分解酵素が含まれ、さらに水溶性の食物繊維のペクチンが、リンゴやイチゴの約1.5倍も含まれているというから驚きです!!
身体からナトリウムを出す働きがある「カリウム」は、なんと100gあたり約170mgも含まれています
ですから、高血圧症の方によいとされています。
『いちじく』には、注目すべき様々な健康パワーが秘められているんです!

その中で、代表的健康効果が・・・
1.消化促進
2.二日酔い防止
→タンパク質分解酵素による効果
3.整腸作用
→水溶性食物繊維の「ペクチン」による効果
4.老化防止
→抗酸化物質の「アントシアニン」による効果
5.高血圧の予防
→カリウムによる効果などなどです。

a0254656_18591161.jpgでも、いくら健康に効果的だからって、美味しくなければ食べる気になりませんよね!
そこは、お任せください!!
「FLCパートナーズストア」で販売している、山あいの『甘熟いちじく』は、頑固なまでのこだわりの美味さなんです!

a0254656_19001365.jpg基本的に、「FLCパートナーズストア」で販売している『甘熟いちじく』は、そのまま生食で召し上がって頂くことをベースとして販売しています。
でも、お勧めしている食べ方の1つが、この“生ハムいちじく”です。

a0254656_19053411.jpg「生ハムはメロンじゃないの?」と思いの方も多いはず!
しかし、「生ハム~」の元祖は、実は「生ハムいちじく」なんです。
作り方はいたって簡単です!
いちじくを4等分にカットし、皮をむいて、生ハムで包むだけ!
私は、「生ハムいちじく」にオリーブオイルを軽くかけ、バジルの葉っぱをちぎったものをのせてみました!
お好みで、ブラックペッパーをかけてもいいかもしれませんね。
いちじくの優しい甘さと、生ハムの塩加減とがあい重なり、これが絶品料理になるんです!

a0254656_19072554.jpgさて、いろいろお話してきましたが、平成29年度の山あいの『甘熟いちじく』は、いよいよ残りわずかです!
「FLCパートナーズストア」では、「朝採りのいちじくを即日発送して、翌日、遅くとも翌々日にはお客様に届けること!」と言う条件のもと、「小春農園」さんの山あいの『甘熟いちじく』をネット独占販売ししています。

a0254656_19120174.jpg数量限定、完全予約制での販売で、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、早い者勝ちです!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
“本物”と呼べる、「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』をぜひ一度ご賞味ください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-09-26 19:13 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

甘熟いちじく大好評販売中!『いちじく』は、食欲の秋に消化促進、二日酔い防止効果があると言われ健康食材ですよ!

FLC日記 2017年9月17日(日) 暴風雨(台風18号)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「小春農園」さんの、完熟ならぬ“甘熟”にこだわりぬいた、山あいの『甘熟いちじく』を大好評発売中です!
a0254656_17581939.jpg


a0254656_18015723.jpg『いちじく』は、消化促進、二日酔い防止効果があると言われています。
秋は、美味しいものが盛りだくさんですよね!
そんな“食欲の秋”に、ぜひおすすめしたい健康食材です!
それも、ただの「いちじく」ではないんです。
“完熟”ならぬ“甘熟”にこだわった、山あいの『甘熟いちじく』なんですよ!!

a0254656_18035953.jpg「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「小春農園」さんの、やまあいの『甘熟いちじく』を、今年もネット独占販売中です!!
数量限定の完全予約制販売!
とろける食感と、優しい甘さをぜひご堪能ください!!

<出荷予定>
平成29年9月19日(火)→完売御礼(先行予約分にて完売致しました!)
平成29年9月22日(金)→残りわずか!(9月20日17時締め切り)
平成29年9月26日(火)→ご予約承り中(9月24日17時締め切り)
平成29年9月29日(金)→ご予約承り中(9月27日17時締め切り)
※以降も、火曜日、金曜日の出荷予定です!!

今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓



a0254656_18091282.jpg『いちじく』は“不老長寿の果実”とも呼ばれているフルーツです。
『いちじく』の多く含まれる、抗酸化物質の「アントシアニン」は、体のサビを取り、酸化=老化を防止するのです。
また、『いちじく』に含まれる、「フィシン」「プロテアーゼ」と言った酵素は、たんぱく質を分解し消化促進効果があり、二日酔いにもなりにくいと言われています。

a0254656_18121932.jpg先ほど、フルーツと紹介しましたが、私たちが食べている『いちじく』のこの部分は、実はすべて“花”なんですよ。
ですから、果実=フルーツとするのであれば、『いちじく』はフルーツではないのかもしれませんね!

a0254656_18122754.jpgしかし、私たちが食べている『いちじく』の花には、たくさんのミネラルとタンパク質分解酵素が含まれ、さらに水溶性の食物繊維のペクチンが、リンゴやイチゴの約1.5倍も含まれているというから驚きです!!

a0254656_18154350.jpg身体からナトリウムを出す働きがある「カリウム」は、なんと100gあたり約170mgも含まれています。
ですから、高血圧症の方によいとされています。
『いちじく』には、注目すべき様々な健康パワーが秘められているんですね!

その中で、代表的健康効果が・・・

1.消化促進
2.二日酔い防止
→タンパク質分解酵素による効果
3.整腸作用
→水溶性食物繊維の「ペクチン」による効果
4.老化防止
→抗酸化物質の「アントシアニン」による効果
5.高血圧の予防
→カリウムによる効果
などなどです。

a0254656_18181975.jpgでも、いくら健康に効果的だからって、美味しくなければ食べる気になりませんよね!
そこは、お任せください!!
「FLCパートナーズストア」で販売している、山あいの『甘熟いちじく』は、頑固なまでのこだわりの美味さなんです!

a0254656_18223241.jpg生産者と生産地の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』の栽培ハウスです。
のどかな山あいの澄んだ空気と豊かな自然の中で、山あいの『甘熟いちじく』は育てられています。

a0254656_18252878.jpg生産者の「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「小春農園」さんでは、代表の小原さんと奥様の美子さん、息子さんで専務の小原将輝さんの3人の匠が中心となり、様々な農作物を育てています。

a0254656_18293584.jpgハウスと言えども、あくまで雨風からいちじくを守るためのもので、加温をして育てているわけではありません。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18315774.jpgもちろん、山あいの『甘熟いちじく』の栽培の様子も、収穫の様子はもとより、収穫後の落葉の様子、冬の剪定作業、芽カギなどなど、もう何年も年間を通して取材してきました。
こちらは、冬の剪定作業の様子です。
「小春農園」さんでは、本日紹介している山あいの『甘熟いちじく』の他にも、様々な“本物”と呼べる農作物を栽培しています。

a0254656_18345686.jpgその他には、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』(写真)、究極の柑橘『せとか』、無農薬栽培の『原木しいたけ(乾燥・生)』、『ザ・みかん』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『干したけのこ』、などを育てていて、それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
そのいずれもが、超1級品!まさに“本物”と呼べる食材です。

a0254656_18365145.jpgしかし、山あいの『甘熟いちじく』は、最後の最後に商品化し、販売することになりました。
そこには「小春農園」さんの“美味しさ”への、強いこだわりがあったからです。

a0254656_18390733.jpg『いちじく』は、一般流通においては、完熟前の状態で収穫され出荷しています。
痛みやすく、一般的には店頭に並ぶまで、1週間ほどかかると言われる流通体制では、そうせざるおえないのです。

「ほら見て!完熟前にこうして皮が裂けるることもあるとたい。もちろん完熟したら、丁寧に扱わんとすぐに傷がつくけんね。ばってんね、『いちじく』は、絶対に樹上で完熟させんと、本当の美味しさにならんとたい。」

a0254656_18415548.jpg「だけん、いくら俺と笠さんとの付き合いでも、『いちじく』だけは無理ばい。美味しくないものは出したくないし、出してもきちんと届かんなら何にもならんけんね・・・。『いちじく』だけは、笠さんとこじゃなくて、その日に売れる直売所だけで販売しよっとたい。」
これが、当初小原さんに『甘熟いちじく』の弊社での販売を断られた理由でした。

a0254656_18453455.jpgそこで、朝採りの『甘熟いちじく』を、弊社の流通体制で、収穫から2日後に弊社に送ってみました。
弊社では、遅くとも中1日(翌々日)にはお客様に届くので、発送日の2日後を指定しての発送したのです。
その『甘熟いちじく』をチェックし、食した小原さんが、「これならOK!」とお許しをいただき、商品化の運びとなりました。

a0254656_18484533.jpg「小春農園」さんは、美味しさ、安全性、そして品質にとことんこだわりを持った農家さんです。
ですから、私は100%の信頼を寄せています。
「小春農園」さんに、朝採り『甘熟いちじく』を出荷抱き、即日発送すること、弊社の配送業者さんのご協力により商品化できた、こだわりの“完熟”ならぬ『甘熟いちじく』です。

a0254656_18513227.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんです。
「毎年毎年、発送数が確実に増えていますね!しかも、本当にリピート購入の客様が多く、私たちも良いものを送れているんだという自信になっています!!」そう笑顔でお話しいただきました。

a0254656_18534187.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』をネット独占販売しています。
健康食として大注目の『いちじく』を、甘さにこだわりぬいた“甘熟”で、ぜひご賞味ください!
数量限定・完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください!
早い者勝ちですよ!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-09-17 18:55 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

甘熟いちじく 本日、初出荷!大好評販売中!美味しい上に消化促進、二日酔い防止効果も期待できます!

FLC日記 2017年8月18日(金) 晴れ

a0254656_17153059.jpgいちじくは、樹上で完熟察せないと、その本当の美味しさになりません!
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「小春農園」さんの、完熟ならぬ“甘熟”にこだわりぬいた、山あいの『甘熟いちじく』を大好評発売中です!
平成29年度は、本日が初出荷!
朝採り、即日発送でお届けいたします。
a0254656_17201933.jpg

“本物”と呼べるこの美味さを、ぜひ一度ご賞味ください!
ただし、“甘熟”のこだわりゆえ、数量限定の完全予約制販売です!
とろける食感と、いちじくが持つ本来の優しい甘さをご堪能いただけます!!

<出荷予定>
平成29年8月18日(金)→完売御礼(先行予約分にて完売致しました!)
平成29年8月22日(火)→完売御礼(先行予約分にて完売致しました!)
平成29年8月25日(金)→残りわずか!(8月23日17時締め切り)
平成29年8月29日(火)→ご予約承り中(8月27日17時締め切り)
平成29年9月1日(金)→ご予約承り中(8月30日17時締め切り)
※以降も、火曜日、金曜日の出荷予定です!!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓



a0254656_17300223.jpgいちじくは、樹上で完熟させないと、本当のおいしさになりません。
一般流通においては、完熟前の状態で収穫され出荷しています。
痛みやすく、一般的には店頭に並ぶまで、1週間ほどかかるからです。

a0254656_17351722.jpgしかし、「FLCパートナーズストア」で販売する、「小春農園」さんの山あいの『甘熟いちじく』は、樹上で完熟したものを、朝採り即日発送で、翌日または翌々日のお届けいたします。

a0254656_17385413.jpg「FLCパートナーズストア」では、朝採りの樹上完熟いちじくを『甘熟いちじく』と命名して販売しています。
一般流通される、完熟前に収穫されたいちじくとは、その甘さが比べ物になりませんよ!!

a0254656_17423518.jpg生産者と生産地の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』の栽培ハウスです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17561529.jpgもちろん、本日紹介している『甘熟いちじく』も例外ではありません。
もう何年も、年間を通して現地取材してきました。
こちらは12月中旬に一気に寒さが来た日の朝に起こる、落葉の様子です。

a0254656_17584730.jpg「今朝、いちじくが落葉したばい!写真ば撮りにおいで!」
「小春農園」代表の小原正弘さんにそう連絡をいただき現地取材しました。
こちらはその時撮影した、親子の匠のツーショットです。

a0254656_18015110.jpg冬の剪定や新芽の芽吹き、収穫直前の様子なども全て現地で見てきました。
「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、そして息子さんで専務の将輝さんの大学で柑橘類を専門に学んだ技術を持つ将輝さんの3人の“匠”が中心となり、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_18034466.jpg現地取材で見てきた様々な“匠の技”や惜しまぬ手間ひまは、今までもさんざんこのブログでご紹介してきましたので、本日は、「いちじく」の、私たちの身体に対する効果について、少しご紹介しましょう!

a0254656_18064357.jpg『いちじく』は“不老長寿の果実”とも呼ばれているフルーツです。
『いちじく』の多く含まれる、抗酸化物質の「アントシアニン」は、体のサビを取り、酸化=老化を防止するのです。

a0254656_18112242.jpgまた、『いちじく』に含まれる、「フィシン」「プロテアーゼ」と言った酵素は、たんぱく質を分解し消化促進効果があり、二日酔いにもなりにくいと言われています。
先ほど、フルーツと紹介しましたが、私たちが食べている『いちじく』のこの部分は、実はすべて“花”なんですよ。
ですから、果実=フルーツとするのであれば、『いちじく』はフルーツではないのかもしれませんね!

a0254656_18143096.jpgでも、私たちが食べている『いちじく』の花には、たくさんのミネラルとタンパク質分解酵素が含まれ、さらに水溶性の食物繊維のペクチンが、リンゴやイチゴの約1.5倍も含まれているというから驚きです!!

a0254656_18203243.jpg身体からナトリウムを出す働きがある「カリウム」は、なんと100gあたり約170mgも含まれています。
ですから、高血圧症の方によいとされています。
『いちじく』には、注目すべき様々な健康パワーが秘められているんですよ!

その中で、代表的健康効果が・・・

1.消化促進
2.二日酔い防止
→タンパク質分解酵素による効果
3.整腸作用
→水溶性食物繊維の「ペクチン」による効果
4.老化防止
→抗酸化物質の「アントシアニン」による効果
5.高血圧の予防
→カリウムによる効果
などなどです。


a0254656_18223322.jpgでも、いくら健康に効果的だからって、美味しくなければ食べる気になりませんよね!
そこは、お任せください!!
「FLCパートナーズストア」で販売している、山あいの『甘熟いちじく』は、頑固なまでのこだわりの美味さなんです!

a0254656_18242560.jpg基本的に、「FLCパートナーズストア」で販売している『甘熟いちじく』は、そのまま生食で召し上がって頂くことをベースとして販売しています。
でも、お勧めしている食べ方の1つが、この“生ハムいちじく”です。
作り方はいたって簡単です!
いちじくを4等分にカットし、皮をむいて、生ハムで包むだけ!
「生ハムはメロンじゃないの?」と思いの方も多いはず!
しかし、元祖は「生ハムいちじく」なんです。

a0254656_18401931.jpgいちじくはどうしても収穫時期が限定される一方、メロンは現在、農業技術の進歩で、年間を通して収穫でき、手に入りやすいため、生ハムメロンが主流になったようです。

a0254656_18344175.jpg私は、「生ハムいちじく」にオリーブオイルを軽くかけ、バジルの葉っぱをちぎったものをのせてみました!
お好みで、ブラックペッパーをかけてもいいかもしれませんね。
いちじくの優しい甘さと、生ハムの塩加減とがあい重なり、これが絶品料理になるんです!

a0254656_18425566.jpgもちろん、ヨーグルトと一緒に食したり、コンポートやワイン煮と言ったお料理にもご利用いただけますし、以外にも油との相性も良く、天ぷらで召し上がるというお客様もあるようです。
いずれにしても、いちじく自体の美味しさがあってこそ!
その、至高のいちじくを育て上げ、絶妙なタイミングで収穫し出荷しているのが、匠の農家さん「小春農園」さんです。

a0254656_18441157.jpg「FLCパートナーズストア」では、「朝採りのいちじくを即日発送して、翌日、遅くとも翌々日にはお客様に届けること!」と言う条件のもと、「小春農園」さんの山あいの『甘熟いちじく』をネット独占販売ししています。
数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
“本物”と呼べる、「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』をぜひ一度ご賞味ください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-08-18 18:46 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

甘熟いちじく 平成29年度の初回発送日決定!8月18日より発送開始!先行予約受付をスタートします!!

FLC日記 2017年8月8日(火) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」の大人気商品、山あいの『甘熟いちじく』の先行予約受付を、明日(8月9日(水))10:00よりスタートします!
a0254656_18085831.jpg

大変ありがたいことに、こうしてブログやホームページでの、先行予約受付スタートのご案内をする前に、すでに早い方は昨年から、ご予約をお電話やメールで頂戴している大人気商品です。

a0254656_18124794.jpg人気の秘密はなんと言っても、こだわりの樹上完熟、朝採り即日発送にあるんです。ですから、商品名は“完熟”ならぬ『“甘熟”いちじく』とさせていただいています。
生産農家の熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんは、いちじくを育てて、18年の匠の農家さんです。
「小春農園」さんが出荷するいちじくは、しっかりと樹上で完熟させた、さらに上の『甘熟いちじく』なんです。

a0254656_18180468.jpg一般的に流通しているいちじくは、完熟する前にまだ青さが残るうちに収穫されます。
いちじくは、傷みやすいので、一般流通過程での店頭に並ぶまでの約1週間の間に完熟だと商品として出せなくなるからです。

a0254656_18304007.jpgしかも、初回から3~4回の発送分をどうしても予約したいとお電話をいただく理由がこちらです!初回発送から4回ほどは、1パックに2玉しか入らない大玉サイズも出荷します。

a0254656_18365185.jpgこちらは、本日の「小春農園」さんの山あいの『甘熟いちじく』の様子です。
イチジクは、着果枝に下から順番に実っていきます。
ですから、最初に収穫を迎えるいちじくは、大きく成長するんです。

a0254656_18330901.jpg収穫を迎えたころにはこうなります!
こんなにも大きないちじくがあるんですよ!
そこで、毎年購入いただくお客様はそれを知っていて、どうしてもその大きないちじくを注文したく、早い方は昨年の最終発送が終わると同時に、今年の初回発送のご予約をいただくほどの人気なのです!

a0254656_18432796.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年度も「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
こちらは、通常サイズで、1パック3~4玉入りを4パックで1箱、12~16玉入りでの販売です。
3玉入りでも十分ご満足いただける大きさだと思いますが、8月18日(金)の初回発送から4回ほどは、1パックに2玉しか入らない大玉サイズも出荷します。
※毎週、火曜と金曜日の出荷で、数量限定、完全予約制販売です。
毎回の出荷予定数は今年も完売間違いなし!早い者勝ちですよ!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓



a0254656_18585498.jpg生産者と生産地の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、のどかな山あいの里山です。
生産者の「小春農園」さんは、山あいの『甘熟いちじく』を、ハウスで育てています。
こちらは、本日現地取材した際の様子です。

a0254656_19000430.jpgハウスといえども、加温をして育てるのではなく、あくまで雨風から果樹を守るための〝屋根”と言ったところでしょうか。
こののどかな山あいには野生動物もたくさん生息しているため、フェンスをはり、イノシシやタヌキ、アナグマなどから大事ないちじくを守っています。

a0254656_19130346.jpg「笠さんは、本当にマメに取材にくるねぇ!」
「小原農園」代表の小原正弘さんがそう言いながら、ハウスに入っていきました。
「明日から少しづつ収穫を始めようと、その準備をしてたとこたい。」と小原さん。

a0254656_19163867.jpgハウスには、収穫に使う台車が用意されていました。
結果枝に、下から順番にいちじくの果実が実っているのが分かりますよね!
早いものは、もう色づき始めているようです。

a0254656_19202070.jpg「笠さん!ずっと現地取材場してきたとだけん、俺たちと一緒に初物ば食べてみるばい!まだ“甘熟”とは言い切れんばってん、この時期のいちじくの味ば知っておくとも良かでしょ?」
小原さんがそう言いながら、たった今、収穫したばかりのいちじくを渡してくれました。
「ありがとうございます!」
その場でさっそく頂くことにしました。

私の手は、男性の中でもかなり大きな方なので、いちじくの大きさが伝わらないかもしれませんが、ずっしりとしてとても大きないちじくです。
やさしい甘い香りがします。

a0254656_19314510.jpg皮をむくと、白い果肉が現れました。
“果実”と表記しましたが、私たちが食すいちじくのこの部分は実は“花”なんです。
その場でかぶりつきました!

a0254656_19361761.jpg「甘い!!!」
素直な感想が、言葉になりました。
いちじくは酸味がほとんどないため、そのストレートな甘さを堪能することができます。
「まぁ、本当の味ではないはずだけど、十分に甘かろ?」
小原さんがそう話しています。

a0254656_19382847.jpg「このやさしい甘さが、めちゃくちゃ美味しいですよ。」と言うと、
「笠さんは、ホント美味しそうな顔で食べますよね!」
将輝さんが笑っています。
「美味しそうな顔で食べるのではなく、本当に、めちゃくちゃ、たいぎゃ(熊本弁:とても)美味しいんです!」
そう言うと、小原さんも将輝さんと一緒に笑っていました。

a0254656_19432372.jpg今年のいちじくも、匠の技や惜しまぬ手間ひまで、“本物”と呼べる美味しさに育てられました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19420457.jpgもちろん「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』も、収穫時期のみならず、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、昨年12月23日の落葉の様子です。
いちじくは、その頃の急な冷え込みと共に、こうして1日で葉を落とすのです。
「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、そして息子さんで専務の将輝さんの大学で柑橘類を専門に学んだ技術を持つ将輝さんの3人の“匠”が中心となり、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_19512784.jpgこちらは、3月に行われる剪定作業の様子です。
「小春農園」さんでは、「一文字整枝法」と言う栽培方法で『甘熟いちじく』を育てています。
1本の果樹から両サイドに主幹を伸ばし、それを1列になるよう仕立てて管理する栽培方法です。
毎年繰り返される匠の剪定作業で、春には新芽が芽吹き、結果枝を作り上げます。

a0254656_19534671.jpgそうして、作り上げた結果枝は、惜しまぬ手間ひまをかけ育て上げます。
これは、5月下旬の芽カギ作業の様子です。
母子から芽吹いている新芽と、結果枝の副梢(脇芽)を徹底的にかいでいくのです。

a0254656_19543710.jpgそれと同時に、ハウス内に張り巡らせたワイヤーから降ろしたひもに、全ての結果枝を巻き付けて栽培していきます。
いちじくの果樹が風で揺れ傷ついたり、ましてや枝が折れたりしないようにするのです。

a0254656_19574982.jpg本日のブログでは、こうしてダイジェストで紹介していますが、その都度、惜しまぬ手間ひまや匠の技を詳しく紹介してきました。
年間を通して取材してきたからこそ、自信をもってお勧めしています。
そして、何より人気の秘密はその美味しさです。
樹上完熟にこだわりぬいた、「小春農園」さんの『甘熟いちじく』は、これほどまでの大人気商品になったのです。

a0254656_19593619.jpgいちじくは、絶対に樹上完熟させないと、本当の美味しさになりません。
「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんのこだわりの樹上完熟の『甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
もちろん今年も、朝採りのいちじくを即日発送して、翌日、遅くとも翌々日にはお届けいたします。
明日(8/9)10:00より、先行予約の受付をスタートしす。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
“本物”と呼べる、「小春農園」さんの、山あいの『甘熟いちじく』、早い者勝ちですよ!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-08-08 20:01 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

甘熟イチジク 今年も8月中旬からの出荷に向け、順調にそして元気に成長中!

FLC日記 2017年6月30日(金) 雨(豪雨)のちくもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年)も、匠の農家さん「小春農園」さんの『山あいの甘熟イチジク』をネット独占販売いたします。
完熟ならぬ、“甘熟”にこだわった『山あいの甘熟イチジク』は、弊社の大人気商品です!
a0254656_16391235.jpg


a0254656_16400601.jpg1箱からの販売で、1箱に4パック入っています。1パックに3~4玉入っていますので、1箱で12~16玉入りです。
8月中旬からの出荷予定です。
実は今年も、初回出荷分のご予約を多数頂戴しています。

a0254656_16455423.jpgそれは、初回発送から4回ほどは、1パックに2玉しか入らない大玉サイズも出荷するので、「今年もどうしても、あの大玉のいちじくを食べたい!」と、すでにお電話でご予約をいただいているのです。

a0254656_16482011.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』の栽培ハウスです。
ハウスといえども、加温をして育てるのではなく、あくまで雨風からいちじくの果樹や果実を守るための〝屋根”と言ったところでしょうか。

a0254656_16555941.jpgですから、ご覧んと通り両サイドや入り口付近は大きく開いています。
また、「小春農園」さんでは、“草生栽培”と言って、下草をあえて生やしながら様々な果樹を育てています。

a0254656_17031977.jpgこちらは、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』の栽培場です。
「小春農園」さんでは、本日紹介している『甘熟いちじく』の他にも、『ザ・みかん』(写真)、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』、無農薬栽培の『原木しいたけ(乾燥・生)』、究極の柑橘『せとか』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『干したけのこ』、などを育てていて、それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_17063781.jpgそのいずれもが、超1級品!まさに“本物”と呼べる農作物です。
『山あいの南高梅(完熟)』です。
青梅、完熟梅とも毎年決まって完売する大人気商品です。

a0254656_17095453.jpg先ほどの南高梅の栽培地の写真は収穫の頃ですが、これは4月下旬の写真です。
雑草は時期を見てすべて手作業で刈り、そのまま有機肥料とします。
あえて雑草を伸ばすことで、害虫や病気がそこに留まり、果樹への影響も少なく、また、害虫を食べる良い虫もそこに住み着くのです。

a0254656_17160462.jpgいちじくの栽培においても、その基本スタイルは変わりません。
ただし、いちじくの栽培ハウスの通路にはマルチビニールをはっています。
これからしっかりと手をかけるため、私が取材に伺ったこの日は、そのマルチビニールを張り替える作業が行われていました。

a0254656_17222214.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんです。
ちょうど作業の合間で、順調に元気に育ついちじくたちを、とても優しいまなざしで見つめていました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんの様々な作物を育てる様子を、もう何年も年間を通して現地取材しています。

a0254656_17370871.jpgこちらは、冬の剪定の様子です。
「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、そして息子さんで専務の将輝さんの大学で柑橘類を専門に学んだ技術を持つ将輝さんの3人の“匠”が中心となり、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_17393276.jpg「マルチの張替えをしてたんですね。やはり、収穫時期になると毎日通るとこだから、マルチをはってた方が良いですもんね!」と言うと、
「それもあるばってん、このマルチにはもう一つ狙いがあるとたい。白いマルチをはることで、太陽光の反射光がいちじくにあたるわけたいね。それで、果実の色づきも良くなって、味も美味しくなるとたい。いろいろ手をかける際に通路を通る時の便宜上の部分と、反射光の効果もあって、この時期に新しいマルチに張り替えるとたいね。」と小原さんが教えてくれました。

a0254656_17440815.jpg「すでに初回分の予約の入っとるとだろ?まかせなっせ!今年もピシャッと1節目から着果しとるし、この子たちは8月中旬にはかなり大きくなるばい。」と小原さん。
今はまだ、ゴルフボール位の大きさですが、8月中旬には・・・

a0254656_17473451.jpgこんなに大きないちじくが実るんです。
対照として手を添えてるのは、将輝さんです。
将輝さんは、かなり手が大きな方ですが、その手に収まりきれないほどの大きさですね!
このサイズのものをどうしても食べたいからと、今年も早々にご予約を頂戴しているのです。

a0254656_17585284.jpg小原さんは、水稲のお茶を飲むのをやめ、急にいちじくの中に手を伸ばしました。
「どうしたんですか?」と尋ねると、
「不要な脇芽が出てるのが気になったけん、脇芽ばかいだとたい。」とのこと。

a0254656_18030815.jpg「今年もすでに予約ば頂いてるって聞いて、毎年楽しみにしてもらっれると思うと、やっぱり張り合いが出るたいね。昨年も、たくさんお礼のメールを読ませてもらったし、今年も絶対に良かいちじくば育てるけんね!そして、“甘熟”にこだわって、樹上で完熟させた朝採りのいちじくば出荷するばい。」
小原さんは、そう力強くお話しいただきました。

a0254656_18090216.jpgこちらは、以前、初出荷前に私が試食に伺った際の写真です。
最高の味わいをあまりにも勢いよく美味しそうに食べる私を見て、小原さんが笑っています。
今年も、8月中旬の収穫時には、小原さんのこの笑顔が見れること間違いなしです。
あの美味しさを私も楽しみでなりません!

a0254656_18144215.jpg人気の秘密は、こだわりの“甘熟”ににこそあるのです。
「いちじくは、絶対に樹上で完熟させんと本当の美味しさにならんとたい。だけん、朝採り、即日発送するけん、遅くとも中1日ではお客様に届けるように!」
これが、弊社と小春農園さんとのいちじくを販売するにあたっての約束です。

a0254656_18164878.jpg一般的に、スーパーなどの店頭に並ぶいちじくは、ここまで樹上で完熟したものではありません。
収穫から店頭に並ぶまで1週間ほどかかるので、完熟前に収穫し出荷されるものばかりのようです。

a0254656_18180412.jpg“甘熟”にこだわった、朝採りのいちじくを収穫したその日に即日発送し、翌日、もしくは翌々日には全国のお客様へお届けします。
今年も、いちじくの本当の美味しさをご堪能ください!
「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
8月上旬から、10月いっぱいまでの出荷を予定しています。
これからも、さらに大きく成長し、色付いてくる様子もまた現地取材してご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-30 18:21 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)