人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:究極の柑橘「せとか」( 96 )

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!

FLC日記 2020年3月22日(日) 晴れ時々くもり
“究極の柑橘”と呼ばれている『せとか』をご存知ですか?
『せとか』は、全ての柑橘類の“良いとこどり”をした、非の打ちどころのない美味しさと食べやすさで、まさに“究極の柑橘”なのです。
究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16550580.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和2年)も匠の農家さん「小春農園」さんが育てた、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売しています!

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16291776.jpg今期(令和2年)の、究極の柑橘「せとか」の出荷予定数のまもなくカウントダウンが始まります。
せとかは、柑橘類のすべての良いとこどりをしたような果物です。「柑橘の大トロ」、「柑橘の女王」、「幻のみかん」、「大人の柑橘」、「柑橘のダイヤモンド」などなど、『せとか』を讃える表現は数知れません!!

『せとか』が、“究極の柑橘”と言われる7つのポイントです。

1.果実が1玉300g前後と、大きいこと
2.外果皮がとても柔らかく、そのまま手でむけること
3.内皮(じょうのう膜)がとても薄くやわらかく、そのまま食べられること
4.果肉のつぶつぶがトロトロでやわらかいこと
5.タネがないこと
6.香り高いこと
7.酸味と糖度のベストバランスであること

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16320541.jpg現在、「FLCパートナーズストア」で販売しているのは、匠の農家さん「小春農園」さんが育て上げた『せとか』から、キズが全くないような選び抜かれた“極選”の『せとか』で、『プリンセスせとか』です。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16341670.jpgまた、美味しさはそのままで、果皮に多少キズがある『せとか』を、大変お買い得なファミリータイプとしての販売も行っています。
くまモンのイラストが入った手提げ箱に、15~17玉(2.5kg)前後で、なんと4,320円です。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16344907.jpg果皮に多少の傷があることはご了承ください。
この傷は、成長の過程で湿度が高い時にできたもので、果実には全く問題ありません。
もちろんトロトロの食感で甘い果汁を存分に楽しめると大好評です!

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_18175858.jpgまた、「FLCパートナーズストア」のリピート率ナンバー1商品の、同じく「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』とのセットも、くまモンの手提げ箱入りで販売しています。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_18212723.jpg「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』は、今期も大変好評いただき、間違いなく完売する大人気商品です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、ご注文はとにかくお急ぎください!

今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
究極の柑橘『せとか』



究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16364220.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、匠の農家さん「小春農園」の究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
ご覧の通り、大自然に囲まれたのどかな山あいにあります。
ちなみに、奥にある木造のハウスは「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスです。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16375695.jpgこちらは、収穫直前の2月上旬の写真です。
「小春農園」さんでは、ハウス栽培と言えども、ボイラーを焚き、加温をして育てるのではありません。
ハウスはあくまで雨風や病気、害虫から大切な果樹や果実を守るためのものです。
この2年で『せとか』の果樹たちはすごく充実し、収量もアップしました。
それはもちろん、匠の技によるものです。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16393499.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんです。
将輝さんは大学で柑橘類の栽培を学んだ言わばスペシャリストの“匠”です。
その匠をもってしても、『せとか』は、究極の柑橘と呼ばれるだけあって、栽培にはかなり高度な技術を要します。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16405269.jpg4月上旬に行う“花芽剪定”の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子をもう何年も年間を通して現地取材してきました。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16590053.jpgこちらは、将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんです。
小原さんはいつもこう話します。
「果樹栽培はその年1年良くてもいかんとたい。毎年コンスタントに良いものを作り上げてこそ初めて評価されるとたい。」

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_17003570.jpg「『せとか』の栽培の中で、この花芽剪定はとても重要な作業たいね!この作業でその年の『せとか』の良し悪しの7割以上はは決まるばい!とにかく元気な良か花ば咲かせにゃんとたい!」と小原さん。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16422002.jpg4月中旬になると、せとかの蕾がふくらみ始めます。
せとかは、たくさんの花芽を芽吹かせますが、それらを全て咲かせていては、良い果実ができません。
匠の技で、1本1本を見極め、的確な剪定作業を行ってこそ、良い花を咲かせることができるのです。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16435797.jpgこちらが『せとか』の花です。
4月下旬から5月上旬にかけて『せとか』は花を咲かせます。
今年も匠の“花芽剪定”で、とても元気な良い花が咲きました。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16453766.jpg元気な花が咲き、着果したのを確認したら、摘果作業を行います。
この摘果作業もかなりの匠の技を要します。
果樹の樹勢に対して、実らせる果実が少なければ果皮が荒くなりますし、多いと玉太りしません。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16474844.jpgその後、8月上旬、『せとか』はゴルフボールほどの大きさに成長したころに、「小春農園」さんでは、せとかの果実1玉1玉を全てひもで吊るす作業を行います。
何度も何度も脚立を上り下りしながら、ひもで吊るす作業は、かなり過酷な手作業です。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16482407.jpgそしてその際に、『せとか』の果実のおしりの所に残った“柱頭”をきれいに切りそろえます。
これらの惜しまぬ手間ひまと、匠の技であの美しい『プリンセスせとか』が育つのです。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_18022877.jpg9月下旬には、せとかの果実も随分と成長しました。
せとかは、1玉が300gほどにもなり、成長に伴い、枝が折れる恐れがあることと、ハウスにビニールをはるまでの間に風で揺れ果実が枝や葉、果実同士でぶつかってキズ着かないように1玉1玉を全てひもで吊るし惜しまぬ手間ひまをかけ、見た目にも美しい『せとか』を育てるのです。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16514930.jpg高い技術と惜しまぬ手間ひま、さらには開花から収穫までの徹底した温度や水管理で、今年も美しくて、大きくて、美味しい『せとか』に仕上げました。
収穫は、毎年2月上旬です。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_18052319.jpgそして今年も、小原さんの言葉通り、昨年同様に、いえそれ以上に高品質の“本物”と呼べる至高の『せとか』を育て上げました。
樹勢もしっかりしていて、収量も随分増えました。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_16564461.jpg「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で柑橘類を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力を持つ親子の匠で、まさに“本物”と呼べる様々な農作物を育てています。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_19285709.jpg贈答用や手持ちギフトとしても大好評の、究極の柑橘『せとか』くまもん手提げ箱入り1.8kg前後(7~8玉)も大人気です。
選びに選び抜いた“極選”の『プリンセスせとか』を3商品、お買い得なファミリータイプを1商品、さらにはデコポンとのセット購入の『プレミアムオレンジ』を1商品と、選べるラインナップも人気の秘密です。

究極の柑橘「せとか」 令和2年度も大好評でリピート購入続出!今期発送予定分はまもなくカウントダウン!_a0254656_19345923.jpg「小春農園」さんの究極の柑橘『プリンセスせとか』は、今期の発送予定数はいよいよその残数が見えてきました。
今年は、収量はかなり増えましたが、それ以上にリピート購入のお客様も増え、いよいよ今期もカウントダウンです。
定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂きます。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
早い者勝ちです!!お急ぎください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-03-22 17:00 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!

FLC日記 2020年3月1日(日) くもりのち雨
匠の農家さん「小春農園」さんが育て上げた、令和2年の究極の柑橘『せとか』は超!ハイペースで出荷中です!
その中でも選び抜かれた逸品の『プリンセスせとか』は、例年をかなり上回るハイペースでご注文を頂戴していて、現在、大好評販売中です。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_18014698.jpg


究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_14375414.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和2年)も匠の農家さん「小春農園」さんが育てた、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売しています!

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_14505195.jpg匠の技と惜しまぬ手間ひまで、大事に大事に育て上げ、収穫した『せとか』から、選びに選び抜いたキズ一つない“極選”のせとかを『プリンセスせとか』と命名し出荷いただいています。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_16364583.jpgまた、多少のキズがあり、大きさにもばらつきがありますが、大変お買い得な「ファミリータイプ」も大人気です。
その美味しさは『プリンセスせとか』と全く変わりません。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_16395440.jpgくまモンが入った手提げ箱にて出荷いたします。
ご覧の様な多少のキズはありますが、匠のこだわりであえて『プリンセスせとか』のシールは貼られていません。
リピートのお客様を中心に「数も多く、同じ美味しさなので!」と大好評です。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_16472174.jpg甘い果汁をトロトロの食感と共に味わってください。
さわやかな後味スッキリの美味しさです。
豊富なラインナップで、販売しています。
毎回の出荷数を限定し、毎週火曜日と金曜日の完全予約制でご注文を承っています。
何度も申しますが、今年はかなりのハイペース!出荷予定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、ご注文はお急ぎ下さい‼
今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
究極の柑橘『せとか』



究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_14465784.jpg生産地と生産者を紹介します。
ここは、熊本県山鹿市にある、匠の農家さん「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
(2019年5月11日撮影)

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_14484471.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子を、もう何年も年間を通して現地取材し、このブログで紹介してきました。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_14493865.jpg収穫の様子はもちろんのこと、収穫後のお礼肥え、花芽剪定や花咲く様子(上記写真)、着果の頃(写真)、匠の技の夏芽剪定、摘果作業、果実の成長の過程の中の温度と水管理などなどその全てです。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_17521014.jpgこちらは12月上旬のハウスの内張り作業の取材の際に撮った親子の匠の3ショットです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で柑橘類を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力で、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_14531046.jpg収穫前の1月上旬の様子です。
「小春農園」さんでは、実らせる『せとか』の1玉1玉全てを、こうしてひもで吊って育ててきました。
果実の成長の過程で枝が折れたり、果実が風で揺れ枝や葉、果実同士でぶつかり傷つくのを防ぐためです。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_14553821.jpg今年の初収穫の様子を取材に伺った際に撮影した、「小春農園」代表の小原正宏さんです。「小春農園」「1玉1玉その熟れ具合を見極めて収穫するとたい。」と小原さん。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_14563057.jpg「小春農園」さんでは究極の柑橘『せとか』をビニールハウスで栽培しています。
ビニールハウスはあくまで雨風や病気、害虫から大切な果樹や果実を守るためのもので、ボイラーを焚き加温して栽培しているのではありません。
また果実が成長する秋口までの時期は、ビニールもはらずに栽培します。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_14574343.jpg1玉1玉をひもで吊るしながら大事に育てても、どうしても多少のキズが付く場合があります。
それらは、収穫時に徹底して仕分けて別のコンテナに入れています。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_14583386.jpgまた、毎年収穫前には、それぞれのせとかの果樹から果実を収穫し、糖度と酸味のデータをとり、そのデータに基づき果樹ごとに収穫を行います。
「小春農園」さんの『せとか』の果樹には通し番号がつけてあります。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_15012214.jpgせとかの果皮に白い粉のようなものがあるのがわかりますか?
これは収穫前に散布する、カルシュウムです。
「小春農園」さんでは、カルシュウムを溶かし、せとかの果実に散布します。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_17514581.jpgリンゴやミカンとなどの果実を生産する農家さんの多くは、収穫後の果実の鮮度を保つため、樹上でカルシウム水溶液を散布します。
せとかも保存状態が良くなるのです。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_15062072.jpg「将輝さん!今年もきちんとこのカルシウム水溶液の散布についてブログで書きたいです。」と言うと、「えぇ!もちろんきちんと伝えてください!」

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_15102705.jpg「このカルシウムは、食品としても認められている一般的なカルシウムと同じで、食しても全く問題ありません。収穫の際は『せとか』を傷つけないように手袋をしていますが、箱詰めの際などは、私たちももちろん普通に素手で扱っていますよ。」と将輝さん。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_15252142.jpg出荷前の箱詰めの際に、乾いた布でふき取ると、カルシュウムはきれいに取れます。
そして、キズの有無や大きさや形などを見極め商品として出荷するのです。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_15231093.jpg選び抜いたものだけにシールを貼り「小春農園」さんの『プリンセスせとか』となるのです。
ですから、その美味しさはもちろんのこと、見た目の美しさも大人気の秘密なんです。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_15282199.jpgくまモンの手提げ箱に入った、1.8kg前後(7~8玉入り)も『プリンセスせとか』です。
ご家庭用としてはもちろんのこと、ご贈答やギフトとしても人気の高い商品です。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_15302745.jpg選び抜かれた『プリンセスせとか』ですから、味はもちろんのこと、見た目の美しさも好評です。
『せとか』は、全ての柑橘類の“良いとこどり”をした、非の打ちどころのない美味しさから、“究極の柑橘”と呼ばれています。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_18061658.jpg果実が大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

究極の柑橘『せとか』 超!ハイペースで出荷中!ご家庭用にもご贈答用にも大人気商品です!_a0254656_18075533.jpg香り高く、溢れる果汁、濃厚な甘さ、とろける食感、全てを満たした究極の柑橘、「小春農園」さんの『プリンセスせとか』をぜひご賞味ください。
ただし、毎回の出荷数を限定した、完全予約制での販売です。
これは間違いなく、“本物”と呼べる美味しさです!!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「究極の柑橘 せとか」のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-03-01 15:34 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!

FLC日記 2020年2月20日(水) くもりのち晴れ
大人気『せとか』の出荷がスタートしました!
匠が育て上げた究極の柑橘『プリンセスせとか』を大好評販売中です。
熊本県山鹿市から産地直送でお届けします!

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_16514904.jpg


究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_17274970.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和2年)も「小春農園」さんが育て上げた究極の柑橘『せとか』を収穫し、その中で選びに選び抜いた“極選”のせとかを『プリンセスせとか』としてネット独占販売しています!

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_17324089.jpg1玉1玉、ひもで吊り下げながら、「小春農園」さんが、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、大事に大事に育てたあげた『せとか』です。
その見た目の美しさも人気の秘密で、今期も、販売スタートから毎回の出荷数が完売しています。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_17371476.jpg全ての柑橘類の良いとこどりをしたと言われる、究極の柑橘『せとか』をご賞味ください!
トロトロの果肉と甘い果汁は、さわやかな後味がスッキリで、多くのリピート購入を頂いています。
豊富なラインナップで、お買い得なファミリータイプもご用意しました。
毎回の出荷数を限定し、毎週火曜日と金曜日の完全予約制での出荷です。

今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
究極の柑橘『せとか』


本日のブログでは『せとか』の美味しさと弊社の商品のラインナップを紹介しますが、その前に簡単に生産地と生産者を紹介します。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_17511717.jpg熊本県山鹿市にある匠の農家さん「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
10月上旬、『せとか』の果実が色づき始めたころの様子を取材に伺った際に撮影した写真です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材し、このブログで紹介してきました。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_16550474.jpg5月上旬の花の様子です。
せとかの収穫の様子はもちろんのこと、収穫後のお礼肥え、花芽剪定や花咲く様子、着果の頃、匠の技の夏芽剪定、摘果作業、果実の成長の過程の中の温度と水管理などなどその全てです。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_16563737.jpg今年の2月上旬、せとかの初収穫の様子を現地取材した際に撮影した、親子の匠の3ショットです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で柑橘類を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力で、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_17170354.jpg現在、大好評発売中の柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』も生産者は「小春農園」さんです。
こちらの『デコポン(肥後ポン)』は、弊社の数ある商品の中で、リピート率がナンバーワンの大人気商品す。
糖度と酸味のベストバランスの美味さをぜひご賞味ください!

今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『樹上完熟デコポンひのゆたか』



究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_16581751.jpgさて、せとかに話を戻しましょう!
収穫前の1月中旬の様子です。
「小春農園」さんでは、実らせる『せとか』の1玉1玉全てを、こうしてひもで吊って育ててきました。
果実の成長の過程で枝が折れたり、果実が風で揺れ枝や葉、果実同士でぶつかり傷つくのを防ぐためです。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_18194148.jpg惜しまぬ手間ひまと徹底管理、匠の技で育て上げた『せとか』を丁寧に収穫し、その中から選びに選び抜いたものだけに『プリンセスせとか』のシールを貼り出荷しています。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_18220295.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の“良いとこどり”をした、非の打ちどころのない美味しさから、“究極の柑橘”と呼ばれています。
果実が大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

<究極の柑橘『せとか』の美味しさのまとめ>
1.果実が1玉300g前後と、大きいこと
2.外果皮がとても柔らかく、そのまま手でむけること
3.内皮(じょうのう膜)がとても薄くやわらかく、そのまま食べられること
4.果肉のつぶつぶがトロトロでやわらかいこと
5.タネがないこと
6.香り高いこと
7.酸味と糖度のベストバランスであること


究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_18433341.jpg

それでは、「FLCパートナーズストア」が誇る、匠の農家さん「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の商品ラインナップを紹介します。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_17070802.jpgまずは、選び抜かれた“極選”の『プリンセスせとか』化粧箱入り。
圧倒的な人気を誇る、売り切れ必死の特別商品です!! 人気ナンバーワン商品です。
2.3kg入り(10~12玉) 4,968円(内税)

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_18220107.jpg『プリンセスせとか』くまモン手提げ箱入り。
ご家庭用としてももちろんのこと、手持ちギフトとしても大変人気の高い商品です。
1.8kg前後(7~8玉入り)3,888円(内税)

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_18255289.jpg究極の柑橘『プリンセスせとか』の味を知って頂きたく準備した商品です。
旨味際立つとろける食感と濃厚な甘さをお楽しみ下さい。
4玉(1kg前後) 2,160円(内税)

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_18340978.jpg究極の柑橘『せとか』ファミリータイプ。
大きさに多少のばらつきがあり、果皮に若干の傷がある場合もありますが、その美味しさは『プリンセスせとか』と同じで、大変お買い得な商品となってます。
2.5kg前後(15~17玉入り) 4,320円(内税)

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_18391972.jpgプレミアムオレンジ(デコポン+せとか)くまモン手提げ箱入り。
弊社の大人気2大柑橘類を両方味わえる特別商品。
もちろん、選び抜かれた“極選”の逸品です!!
デコポン4玉+せとか2玉 3,888円(内税)

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(番外編)商品ラインナップ紹介!_a0254656_18443376.jpg香り高く、溢れる果汁、濃厚な甘さ、とろける食感、全てを満たした究極の柑橘、「小春農園」さんの『プリンセスせとか』をぜひご賞味ください。
ただし、毎回出荷数を限定した、完全予約制での販売です。
これは間違いなく、“本物”と呼べる美味しさです!!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「究極の柑橘 せとか」のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-02-20 17:23 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)

FLC日記2020年2月19日(水) 晴れ
『せとか』は、全ての柑橘類の“良いとこどり”をした、非の打ちどころのない美味しさから、“究極の柑橘”と呼ばれています。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和2年)も「小春農園」さんの、究極の柑橘『プリンセスせとか』をネット独占販売いたします!

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18144803.jpg


究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18160346.jpg昨日(2/18)今期の初出荷を行いました。
まずはこちらの化粧箱のみの出荷です。
「小春農園」さんの究極の柑橘『プリンセスせとか』を待ちに待った全国のお客様に、発送いたしました。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18194065.jpg「小春農園」さんの栽培ハウスに、初収穫の様子を現地取材に行ってきました。
そこには、1玉1玉丁寧にひもで吊るされながら、愛情たっぷりに育て上げた『せとか』たちは、美しく輝いていました。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18212929.jpg昨日に続き、本日のブログでも『せとか』の収穫の様子を中心に、『せとか』の美味しさと、「小春農園」さんの、究極の柑橘『プリンセスせとか』大人気の秘密を紹介いたします。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_17042374.jpg『せとか』は、“究極の柑橘”と称される高級フルーツです。
先日テレビでは、1玉がなんと2,000円で販売されていると紹介されていました。
それだけの価格が付くには、ちゃんとした理由(ポイント)があるんです。

<究極の柑橘『せとか』の7つのポイント>
1.果実が1玉300g前後と、大きいこと
2.外果皮がとても柔らかく、そのまま手でむけること
3.内皮(じょうのう膜)がとても薄くやわらかく、そのまま食べられること
4.果肉のつぶつぶがトロトロでやわらかいこと
5.タネがないこと
6.香り高いこと
7.酸味と糖度のベストバランスであること


究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_17063700.jpg「FLCパートナーズストア」で販売しているのは、匠の農家さん「小春農園」さんの『プリンセスせとか』です。
収穫したせとかの中から、さらに選びに選び抜いた“極選”のせとかです。
化粧箱入りからお買い得なファミリータイプまで、豊富なラインナップで販売中です。

今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
究極の柑橘『せとか』



究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18250570.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
ハウスと言えども、ボイラーを焚き、加温をして育てるのではありません。
ハウスはあくまで雨風や病気、害虫から大切な果樹や果実を守るためのものです。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18325736.jpgさて、収穫の朝、取材に伺うと「小春農園」代表の小原正宏さんと、小原さんの息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんが打ち合わせをしています。
「今年もほぼ変わらんばってん、このデータをもとに収穫していこうかね!」と小原さん。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18355706.jpgお2人が見ていたのは、果樹ごとのデータの早見表です。
「小春農園」さんでは、収穫前に果樹ごとのデータをとり、それをもとに収穫を行うのです。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18382752.jpg「小春農園」さんでは、栽培する『せとか』の果樹に通し番号をつけ管理しています。
同じように育てても、育つ場所やそれぞれの果樹の特性があり、『せとか』の果実の成熟が異なるからです。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18421379.jpgこの日の収穫は、小原さんと将輝さんに加え、小原さんの奥様の美子さん、さらには将輝さんの後輩の松本さんも作業を行っていました。
誰が収穫をするにしても、すぐにデータをもとに作業できるよう早見表を用意しています。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18444116.jpgちなみに松本さんは、自らも農業を営んでいますが、「小春農園」さんとは栽培する作物が異なるため、繁忙期の時にこうしてお手伝いに来てくれています。
自らも農家さんと言うこともあり、めちゃくちゃ仕事がさばける超~働き者です。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18494757.jpg少し時間を戻します。
こちらは、4月中旬に行われる“匠の花芽剪定”の様子です。
熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子をもう何年も年間を通して現地取材してきました。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_17252398.jpg匠の技で行う、花芽剪定作業や花咲く姿(写真)も、着果の頃も、摘果作業やひも吊り作業、成長し色づく様子、そして今回取材した収穫の様子、収穫後の様子などその全てです。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_17205756.jpg「小春農園」さんでは、果実が大きいものでは300g以上にもなる『せとか』が、成長の過程で枝が折れたり、果実にキズが付かないように、こうして1玉1玉をひもで吊るしながら栽培してきました。
そして愛情たっぷりに惜しまぬ手間ひまをかけ育ててきた『せとか』を、今年は2月18日に初出荷しました。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18471080.jpg「笠さん!写真撮るとも取材するともよかばってん、今年のうちの『せとか』の味は確かめたとね?将輝!ほら!笠さんに食べさせなっせ!」
収穫しながら小原さんがそう声をかけてくれました。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18551187.jpg「笠さん!これが今年最初に出荷する果樹の『せとか』ですよ!食べてみてください!全国のお客様に今年も自信をもって販売していただける『せとか』になってると思いますよ!」と将輝さん!

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_19001043.jpgさっそく今年の初物を頂きます。
剥き始めるとさわやかな香りが私を包み込みます。
せとかの美味しさは、香りもさることながら、そのトロットロの食感にあります。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18574435.jpgその食感の秘密はこの内皮の薄さにもあり、1房にするとすぐに裂けてしまうほどです。
口に頬張ると、その糖度と酸味のベストバランスの果汁があふれます。
さらに、うま味と言うかコクが口の中に広がりました。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_19035617.jpg「うひょ~!今年の『せとか』も、文句なしの美味さです!いや、毎年こうして初収穫の際に食べてますが、今年はさらに美味いんじゃないですか!最高で~す!!」
大騒ぎしている私に、
「ハハハッ!笠さんはホント美味しそうに食べるね!」収穫をしている小原さんが嬉しそうに話しました。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_19065551.jpg「やはり収穫作業が、年間を通して一番楽しい作業ですが、笠さんのその美味しそうな顔を見てるとさらに楽しくなっちゃいますね!」将輝さんもそう言って笑っていました。
小原さん!将輝さん!私は、美味しそうな顔をしてるのではなく、本当に美味しい顔になってるんですよ!

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_19113651.jpg「小春農園」さんの親子の匠の3ショットです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに、大学で柑橘類を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力。
3人の“匠”が中心となり「小春農園」さんでは、様々な“本物”と呼べる食材を育てています。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_17092762.jpg現在、大好評発売中の、樹上完熟『デコポン』(写真)、清流の里の『原木しいたけ』をはじめ、3月下旬には、幻の白い『長生たけのこ』、8月には『甘熟いちじく』、11月からは『ザ・みかん』を出荷いたします。
その他には、『乾燥しいたけ』、『干したけのこ』、なども生産していて、いずれも「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売中です。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_19140773.jpgまた“本物”と呼べる作物を作り続けるには、その高い技術や管理能力に加え、みなさんが楽しそうに仕事をしていることが最も大きな要素なのかもしれません。
笑顔で作物と接することで、作物もきちんと応えてくれているのです。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_19181644.jpg「今年も最高の美味さです!さすが『プリンセスせとか』です!」と言うと、
「さっきのは味は変わりませんが、『プリンセスせとか』ではないですよ!」と将輝さん。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_19204813.jpgお~っと!そうでした!!
「FLCパートナーズストア」に出荷いただいている『プリンセスせとか』は、収穫時にある程度の選別をした中から、さらに出荷の際に選びに選び抜いた“極選”の『せとか』だけを、『プリンセスせとか』として提供いただいています。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_19224373.jpg傷の有無を見極め、大きさや形をそろえ、もちろん至高の美味しさの『せとか』だけに、『プリンセスせとか』のシールを貼り出荷しています。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18223715.jpgまた果皮に多少の傷があり大きさにも少しばらつきがありますが「ファミリータイプ」と称する商品も販売しています。
くまモンのイラストが入った手提げ箱での販売で、その美味しさは『プリンセスせとか』と同じなので、大変お買い得な商品となっています。
ただし、数量限定商品で、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますゆえ、早い者勝ちの商品です。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18292362.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の中から、選びぬかれた“極選”の『プリンセスせとか』と『ファミリータイプ』を今年もネット独占販売しています。
柑橘王こと『デコポン』とのセットも含め、全5商品での販売です。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(後編)_a0254656_18351542.jpg溢れる果汁、濃厚な甘さ、とろける食感、全てを満たした究極の柑橘『せとか』をぜひご賞味ください。
ただし、毎回出荷数を限定した、完全予約制での販売です。
これは間違いなく、“本物”と呼べる美味しさです!!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「究極の柑橘 せとか」のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-02-19 19:34 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)

FLC日記 2020年2月18日(火) 雪のちくもり時々晴れ
本日より、「FLCパートナーズストア」の大人気商品『プリンセスせとか』の令和2年の出荷をスタートしました。
究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_17064064.jpg

熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和2年)も、匠の農家さん「小春農園」さんが育てた、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします!

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_17093640.jpg本日出荷したのは、収穫した究極の柑橘『せとか』から、選びに選び抜いた“極選”の『せとか』です。
その名も『プリンセスせとか』!
大事に大事に育て上げた中で、その美味さはもちろんのこと、見た目の美しさも兼ね備えた最高峰の『せとか』です。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_17503767.jpgまた、その『プリンセスせとか』と、同じく「小春農園」さんが生産した、弊社のリピート率ナンバーワンの商品、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』とのセット(プレミアムオレンジ)も大人気です。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_18000717.jpgまた、果皮に多少のキズがあるものの、その果実は『プリンセスせとか』変わらない美味しさの『せとか』を、大変お買い得な『ファミリータイプ』と称し販売しています。
その他にも2商品、合計5商品のラインナップで販売中です。
2月21日(金)よりは、全商品を出荷したします。
ご希望の商品をお選びください!

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_18050392.jpg弊社で販売する「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』は、収穫前のデータに基づき、その時に最も美味しいものだけを完全予約制の数量限定で販売とさせていただいています。
毎回の出荷予定数は常に完売する大人気商品です。
ご注文(ご予約)はお急ぎ下さい!
※出荷予定量が完売となるまでは、毎週火曜日と金曜日の出荷です!

今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
究極の柑橘『せとか』



究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_17200351.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の“良いとこどり”をした、非の打ちどころのない美味しさから、“究極の柑橘”と呼ばれています。
果実が大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_17223202.jpg『せとか』の初物は、毎年1玉2,000円の値が付くこともある高級フルーツです。
「FLCパートナーズストア」では、「本当の美味さになった時に、しっかり選び抜いたものだけを『プリンセスせとか』として出荷したい!」と言う、「小春農園」さんの強い思いから、すでに各地からたくさんの『せとか』が出荷されていますが、本日の2月18日を初出荷とさせていただきました。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_18254657.jpgそんな美味しさへの強いこだわりを持つ、生産者と生産地を紹介します。
熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの『せとか』の栽培ハウスです。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_18324971.jpg「小春農園」さんでは、『せとか』の果実を、1玉1玉全てひもで吊るしながら育てます。
1玉が300gにもなる『せとか』の果実が、成長の過程で枝が折れたり、風で揺れて果実に傷がつかないように、全てひもで吊るし育てるのです。
この惜しまぬ手間ひまをかけるからこそ、果皮も美しい『プリンセスせとか』も出荷が可能なのです。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_18362561.jpg「小春農園」さんでは大自然に囲まれた、のどかな山里の日の当たる斜面を利用した連棟建ての栽培ハウスで、究極の柑橘『せとか』を栽培しています。
この写真は9月中旬、「小春農園」さんのみかん畑から撮影しました。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_18435041.jpg『せとか』は、究極の柑橘と呼ばれるだけあって、“本物”と育て上げるには、匠の技と惜しまぬ手間ひまが必要です。
4月中旬の花芽剪定の際に撮影した「小春農園」代表の小原正宏さんです。
長年の経験による卓越した技術と豊富な知識を持つ匠の農家さんです。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_18462031.jpgこちらは、小原さんの息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんです。
将輝さんは、大学で柑橘類を専門に学び専門的な知識を持つスペシャリストです。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_18511783.jpgそんなお2人による、匠の“花芽剪定”で、今年も元気な花が咲きました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_18534455.jpg「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。収穫の様子はもちろんのこと、収穫後のお礼肥え、花芽剪定や花咲く様子、着果の頃、匠の技の夏芽剪定、摘果作業、ひも吊り作業、果実し成長する過程(写真)、その間の温度と水管理などなどその全てです。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_19033819.jpgもちろん令和2年の初収穫の様子も、現地取材してきました。
写真は収穫する果樹の順番を確認をする親子の匠です。
収穫前のデータをもとに打ち合わせをしています。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_19063177.jpg収穫する果樹の順番や収穫前のデータのことなど、まだまだ初収穫の現地取材で紹介したいことはたくさんありますが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで詳しく紹介いたします。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_19091627.jpg「FLCパートナーズストア」では、令和2年も「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』をネット独占販売しています。
本日の初出荷は、たくさんのご注文が予想されるため、選び抜かれた『プリンセスせとか』の化粧箱入りのみを、全国のお客様へ発送いたしました。

究極の柑橘『せとか』 令和2年の出荷スタート!収穫の様子を現地取材!(前編)_a0254656_19161712.jpg次回からは、全ての商品を数量限定にて発送していきます。
匠の農家さん「小春農園」さんが育て上げた『せとか』の溢れる果汁、濃厚な甘さ、とろける食感、柑橘類の良いとこどりをし全てを満たした究極の美味しさをぜひご賞味ください。
匠の判断で、ベストな美味しさになっているものだけを出荷いたします。
間違いなく、“本物”と呼べる美味しさです!!
明日もまた、初収穫の現地取材の様子を中心に、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』を紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-02-18 19:17 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく

FLC日記 2020年2月12日(水) 雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、令和2年も匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします!
先行予約の受付をスタートしました!!

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_16265634.jpg

2月18日(火)から出荷開始いたします。
まずは、化粧箱入りの『プリンセスせとか』(上記写真)のみの出荷です。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_16360751.jpg「小春農園」さんが、惜しまぬ手間ひまと匠の技、そしてたくさんの愛情で育てられ収穫された『せとか』の中から、選びに選び抜かれた“極選”の『プリンセスせとか』です!

究極の柑橘『プリンセスせとか』の
予約販売の受付をスタートしました!!

<発送予定>
令和2年2月18日(火)→ご予約承り中(2月16日17時締め切り)

※まずは数量限定で化粧箱入りのみの出荷です!

令和2年2月21日(金)→ご予約承り中(2月18日17時締め切り)
※全ての商品の出荷が可能です!

※以降、火曜日・金曜日の発送です!!



究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_16310305.jpg毎回の出荷数限定、完全予約制での販売とさせて頂きます。
※ご注文順で、発送日を割り振りさせていただく旨、あらかじめご了承ください。

今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
究極の柑橘『せとか』



究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_16381908.jpg『せとか』は全ての柑橘類の良いとこどりをした、『究極の柑橘』と称されています。
果実が大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_16415309.jpg清見・アンコール・マーコットの血を受け継いだ品種で、上品な香りと爽やかな味が魅力的です。
しかし『せとか』の栽培は“究極の柑橘”と呼ばれるだけあって、大変難しく、美しくて味の良い果実を作り上げるには高度な技術と惜しみない労力を要します。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_16510423.jpg生産者と生産地の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培場(ハウス)です。
大自然に囲まれた、のどかな山里の日の当たる斜面を利用して、究極の柑橘『せとか』を栽培しています。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_16522787.jpg「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で柑橘類を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力を持つ親子の匠で、まさに“本物”と呼べる様々な農作物を育てています。
写真は昨年の2月上旬、『せとか』の初収穫の際に撮影した親子の匠の3ショットです。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_17033238.jpgそしてこちらが現在の様子です!
「小春農園」さんでは、ハウス栽培と言えども、ボイラーを焚き、加温をして育てるのではありません。
ハウスはあくまで雨風や病気、害虫から大切な果樹や果実を守るためのものです。
また本格的な寒さが来るまではハウスのビニールもかけていませんし、掛けた後も、温度調整はハウスの側面の開閉で行います。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_17243124.jpgですからハウスのビニールをかける前はもちろんのこと、かけた後もハウスの中に風が通ります。
「小春農園」さんでは、実らせる『せとか』の1玉1玉全てを、こうしてひもで吊って育ててきました。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_17284472.jpg果実の成長の過程で枝が折れたり、果実が風で揺れ枝や葉、果実同士でぶつかり傷つくのを防ぐためです。
そうして育てられた「小春農園」さんの『せとか』は、ご覧の美しさなんです!

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_17405444.jpgひも吊り作業だけでは、こうも美しく、大きく、もちろん美味しくは育ちません。
そこにはたくさんの匠の技が必要です。
4月上旬に行われる、“花芽剪定”の様子です。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_17444110.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんが、真剣なまなざしで作業を行っています。
将輝さんは、大学で柑橘類の栽培を専門的に学んだスペシャリスト!匠の農家さんです。
ベストなタイミングに高い技術で花芽剪定を終えると、元気な花が咲き、6月中旬には着果します。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_17463761.jpg6月中旬の着果の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_17522984.jpg収穫の様子のみならず、その後の剪定や花咲く様、着果し成長していく過程などその全てです。もちろん、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、こうしてもう何年もこうして現地取材してきました。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_17530299.jpg『せとか』の果実を、美しく、大きく、美味しく育てるために行う大事な作業の1つがこの摘果作業です。
「樹勢に対し、着果数が少なすぎると、大きなせとかに育ちますが、果皮がゴツゴツして見て目も良くありません。もちろん、逆に多すぎれば、小さな果実しか実らないので、その判断はかなり難しいですよ!」
将輝さんは、そう話しながら手際よく作業を進めていました。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_18362489.jpg摘果作業を終えると、7月下旬から8月には果実のひも吊り作業を行います。
最も暑いこの時期に、脚立を何度も上り下りしながら行う、過酷な手作業です。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_18440191.jpgひも吊り作業と同時に行うのが、『せとか』の果実のお尻のとこに残っている、“柱頭”を切る作業です。
柱頭を切ることで、果実がきれいに育つのです。
さらに、もう1つ惜しまぬ手間ひまが・・・。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_18443031.jpg『せとか』は柑橘類ですので、このような鋭いとトゲが枝に無数にあります。
果実の周りのそのトゲをこうしてきちんと切っていくのです。
「正直、大変な作業なのよ!でもね、ひも吊りも、柱頭切りもトゲ切りもしっかり手をかけておかないと良いものはできないのよ!」
小原美子さんがそう言いながら丁寧に作業を行ていました。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_18013688.jpg『せとか』は柑橘類特有の鋭いトゲがあります。
こちらは先日の収穫前の取材時に撮影したものですが、こんなのが刺さったら果実はひとたまりもありません。
ただ、「小春農園」さんの栽培ハウスでは、果実のそばにこのとげはありません。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_18105537.jpgしかし、匠の技と惜しまぬ手間ひまで育てても、どうしても多少のキズが出る場合もあります。
これらは選び抜かれた『プリンセスせとか』にはなれなかったものですが、その美味しさは一切変わりません。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_18135551.jpgそれらは大変お買い得なファミリータイプとして、数量限定で販売しています。
大きさに少しばらつきがあることと、果皮に多少の傷があることはご了承ください。
お買い得な価格でトロトロの食感で甘い果汁を存分に楽しめると大好評です!

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_18180338.jpg弊社のメインの商品はもちろん『プリンセスせとか』です。
「小春農園」さんにより、惜しまぬ手間ひまと、徹底管理、さらには、匠の技とたくさんの愛情で、大切に大切に育てられ収穫した『せとか』の中から、さらに選びに選び抜いた“極選”の『せとか』を、『プリンセスせとか』と命名し、「FLCパートナーズストア」で販売しています。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_18253349.jpg「小春農園」さんの『プリンセスせとか』は、その美味しさはもちろんのこと、見た目の美しさでも毎年大好評です。
ご家庭用として、またご贈答用にと大変喜ばれる商品です。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(後編) 小春農園の匠の技!大きく、美味しく、美しく_a0254656_18213681.jpgただし、選び抜いた“極選”の「せとか」ゆえ、毎回の出荷数を限定しての、完全予約制販売とさせていただいています。
「小春農園」さんの究極の柑橘『プリンセスせとか』をぜひ一度ご賞味ください!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-02-12 18:26 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!

FLC日記 2020年2月11日(火) 晴れのちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、令和2年も匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします!

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_16260427.jpg


究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_16200419.jpg「小春農園」さんが、惜しまぬ手間ひまと匠の技、そしてたくさんの愛情で育てられ収穫された『せとか』の中から、選びに選び抜かれた“極選”の『プリンセスせとか』です!

究極の柑橘『プリンセスせとか』の
予約販売の受付をスタートしました!!

<発送予定>
令和2年2月18日(火)→ご予約承り中(2月16日17時締め切り)

※まずは数量限定で化粧箱入りのみの出荷です!

令和2年2月21日(金)→ご予約承り中(2月18日17時締め切り)
※全ての商品の出荷が可能です!

※以降、火曜日・金曜日の発送です!!


毎回の出荷数限定、完全予約制での販売とさせて頂きます。
※ご注文順で、発送日を割り振りさせていただく旨、あらかじめご了承ください。
究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17381945.jpg

今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
究極の柑橘『せとか』



究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_16395682.jpg『せとか』は、果実が大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

<究極の柑橘『せとか』の7つのポイント>
1.果実が1玉300g前後と、大きいこと
2.外果皮がとても柔らかく、そのまま手でむけること
3.内皮(じょうのう膜)がとても薄くやわらかく、そのまま食べられること
4.果肉のつぶつぶがトロトロでやわらかいこと
5.タネがないこと
6.香り高いこと
7.酸味と糖度のベストバランスであること


究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17045167.jpg『せとか』は、香りや食味の良い柑橘を掛け合わせ、全ての柑橘類の良いとこどりで生まれた新しい品種で、まさに“究極の柑橘”です。
清見・アンコール・マーコットの血を受け継いだ品種で、上品な香りと爽やかな味が魅力的です。
しかし『せとか』の栽培は“究極の柑橘”と呼ばれるだけあって、大変難しく、美しくて味の良い果実を作り上げるには高度な技術と惜しみない労力を要します。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_16521887.jpgそのため『せとか』は、生産量も少なく『幻の柑橘』とも呼ばれています。
匠の農家さん「小春農園」さんでは、皮はむきやすく、中の小袋もとろける様に仕上げています。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17154351.jpg「小春農園」さんの、『プリンセスせとか』は、まさに“究極”と呼べる逸品です。
生産者「小春農園」さんの紹介です。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
ハウスと言えども、ボイラーを焚き加温して育てているのではありません。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17165803.jpgただし、極端に冷え込む前には、寒さ対策として石油ストーブを使用する場合があります。
収穫を前に寒にやられるのを防ぐために、-5℃になるような際にのみ使用します。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17020803.jpg基本的には日々の、ビニールの開閉で温度調節を行いながら、究極の柑橘『せとか』を育てています。
ハウスはあくまで雨風や害虫、病気から大切な『せとか』を守るための設備です。
また、「小春農園」さんでは、「草生栽培」と言って、地面に雑草を生やしながら育てます。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17151777.jpgこちらは7月上旬の着果の頃の様子です。
こうして草を伸ばし栽培することで、ハウス内に仮に病気や害虫が侵入しても、この草にとどまることが多く、果樹への影響を極力減らすことができます。
さらには、害虫の天敵となる良い虫もとどめることができるのです。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17172976.jpg11月上旬の様子です。
雑草は、時期を見て全て刈り、そのまま有機肥料とします。
もちろん、除草剤などは一切使用しません。
地球に優しい、「自然派農業」で育て上げられた安心・安全な『せとか』です。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17221931.jpg「小春農園」さんの親子の匠の3ショットです。
昨年の『せとか』の初収穫時に撮影しました。
「小春農園」代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の小原美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに、大学で柑橘類を専門に学んだ、息子の小原将輝さんの専門的な知識と管理能力。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17242479.jpg3人の“匠”が中心となり「小春農園」さんでは、様々な“本物”と呼べる食材を育てています。
現在、大好評発売中の、樹上完熟『デコポン』(写真)、『ザ・みかん』、清流の里の『原木しいたけ』をはじめ、3月下旬には、幻の白い『長生たけのこ』、8月には『甘熟いちじく』を出荷いたします。
その他には、『乾燥しいたけ』、『干したけのこ』、なども生産していて、いずれも「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売中の大人気商品です。

『デコポン(肥後ポン)』のご注文(ご予約)はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『熊本産デコポン』



究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17510004.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17544823.jpg収穫の様子はもちろんのこと、収穫後のお礼肥え、花芽剪定や花咲く様子、匠の技の夏芽剪定、摘果作業(写真)。
果実の成長の過程の中の温度と水管理。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17582806.jpg真夏の猛暑の中行われる、『せとか』の果実を1つ1つ全てひもで吊るす、小原さんの奥様の美子さんによる、惜しまぬ手間ひまの“ひもつり作業”の様子。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_18000612.jpg11月上旬、色付き始めた『せとか』を、より美味しく育てるための、温度と潅水(作物に水を与えること)の管理の様子などなど。
それらのすべてを、この目で見て写真に収め、直接お話を聞き文章にして、このブログでご紹介してきました。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17332329.jpgそんな中、収穫を前にして行う「小春農園」さんの徹底管理による美味しさの秘密について紹介します。
「小春農園」さんでは、『せとか』の果樹に、番号をつけて管理しています。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17301951.jpg同じように育てても、果樹の個体差により生育が異なるからです。
収穫前に果実のデータを取り、そのデータに基づき収穫時期をずらしていくのです。
その作業を今年は2月7日に行いました。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17314351.jpg「それぞれの果樹から検体を取り、糖度と酸味の測定をします。そのデータに基づき収穫する順番を決めていきます。」
小原正樹専務がそう話しながら『せとか』の検体用の収穫を行っていました。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_17363013.jpg「納得できないものは絶対に出さん!」小原正宏代表の口癖です。
そのために「小春農園」さんでは、徹底した管理と、惜しまぬ手間ひま、匠の技で全ての作物を育てています。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_18023588.jpg「小春農園」さんにより、惜しまぬ手間ひまと、徹底管理、さらには、匠の技とたくさんの愛情で、大切に大切に育てられ収穫した『せとか』の中から、さらに選びに選び抜いた“極選”の『せとか』を、『プリンセスせとか』と命名し、「FLCパートナーズストア」で販売しています。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_18065517.jpg「小春農園」さんの究極の柑橘『プリンセスせとか』は、本日より「FLCパートナーズストア」のホームページにて、先行予約受付をスタートしました。
非の打ちどころがない、“究極の柑橘”の旨さをぜひご堪能ください。

究極の柑橘『せとか』令和2年の先行予約受付スタート(前編) 小春農園の『せとか』の美味しさの秘密!_a0254656_18091610.jpg化粧箱入り、くまモン手提げ箱入りなど、今年も5商品をラインナップしてます。
リピート率ナンバーワン商品の『デコポン(肥後ポン)』とのセットの、『プレミアムオレンジ』(写真)も大好評です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-02-11 17:38 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)

FLC日記 2020年1月20日(月) くもり
「FLCパートナーズストア」の大人気商品、匠の農家さん「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』は、今年(令和2年)も2月中旬よりの出荷予定です!
究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_18354480.jpg


究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_16355462.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、2018年も「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。
1月下旬より、先行予約受付をスタートいたします。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_16372237.jpg本日は、昨日に続き、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスの現在の様子をご紹介いたします。
取材に応じてくれたのは「小春農園」専務の小原将輝さんです。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_16382514.jpg「毎年見てますが、今年は今まで以上に玉太りも良く、着果数も多いように見えますが、将輝さんが見てもそう思いますか?」と尋ねると、
「笠さんがおっしゃる通りです!1本1本のせとかの果樹がしっかりしてきたので、果実の大きさも良くて、収量もかなり見込めると思いますよ!」と将輝さん。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_16475974.jpg「今が果皮の色合いはマックスってとこですよね!これから退色が始まってくるんですよね!」と言うと、
「笠さんはホント詳しくなりましたね。退色が始まると同時に果実は美味しさを閉じ込めていくんです。」と将輝さん。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_16514293.jpg「『せとか』はいったんマックス状態まで色付いて、こうして退色するのが特徴なんです。『せとか』を露地栽培しているようなところでは、退色がひどくなるため“サンテ”と言って、黒いストッキングのようなものをかけて育てます。」

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_16535873.jpg「でも、果実をもっとも美味しく育て上げるこの時期に、しっかりと太陽の光をあてたいので、私たちは“サンテ”は使いません。それに、うちではあまりひどい退色はおきないんです。」

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_16504388.jpgこちらは、10月中旬に「小春農園」さんのみかん畑から『せとか』の栽培ハウスを撮った写真です。
左の青いところが『せとか』のハウスで、右の木造のハウスは柑橘王こと『デコポン』の栽培ハウスです。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_16532131.jpg12月上旬の様子です。
先ほどの青いものは、害虫や病気対策としてハウス全体を覆っている網目状のシートです。
寒さが本格的になる11月中旬から、その外側にビニールを張り、本格的なビニールハウスとします。
12月に入るとハウスの内側にもう1枚ビニールを張り、さらに寒さ対策をしていきます。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_17164131.jpg「小春農園」さんは、ハウス栽培で究極の柑橘『せとか』を育てていますが、ボイラーを焚き加温して育てているのではありません。
ハウスと言えども、ハウスはあくまで雨風や害虫、病気から大切な『せとか』を守るためのものです。
気温が-5℃にもなるような際には、ハウス内も氷点下になるため、念のためストーブを配置して急な寒さにも備えています。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_17190237.jpg「この冬はわりと温かいので、まだストーブをつけた日はありません。でも、いつ急な寒さが来るかわからないので、準備だけはきちんとしてるんです」と将輝さん。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_17282447.jpg昨年の初収穫の際の親子の匠の3ショットです。
「小春農園」さんでは、将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で柑橘類の栽培を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力で、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_17311508.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_18055017.jpgそんな私が見ても、今年の「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』は、例年以上の最高の出来になっていると思われます。
今期の出荷は、2月中旬からの予定となっています。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_18085848.jpg「ありがたいことに、昨年購入いただいたお客さんを中心に、もう予約が入り始めました。」と言うと、
「それは嬉しいですね!収穫まであと1ヶ月ほどなので、気を抜くことなくしっかりと仕上げます!」
取材の最後に将輝さんはそう笑顔で話しました。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_17220779.jpg「小春農園」さんでは、収穫したせとかの中からさらに選びに選び抜いた“極選”のせとかを、『プリンセスせとか』としてご提供いただいています。
その美味しさもさることながら、惚れ惚れするほどの美しさです!
『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをしたようなまさに究極の柑橘です。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_17234646.jpg果実がこのように大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(後編)_a0254656_17250743.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(令和2年)も「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』を、選び抜いた『プリンセスせとか』としてネット独占販売いたします。
「小春農園」さんの匠の判断で、今年の出荷日の予定が立ち次第、先行予約受付をスタートします。
予約受付のスタートは、「FLCパートナーズストア」のホームページやこのブログ「FLC日記」で、ご案内いたしますので、お見逃しなく!!
2月中旬より出荷予定です!
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-01-20 18:14 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)

FLC日記 2020年1月19日(日) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、2020年も匠の農家さん「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。
究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_17510833.jpg


究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_17521819.jpgこちらは現在の栽培ハウスの様子です。
1玉1玉吊り下げられて育つ『せとか』たちです。
今年は、玉太りも良く、しっかりと色づいていますので、例年以上に美味しいせとかになりそうです!!

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_17553758.jpg出荷スタートは今年も2月中旬からの予定です。
2月初旬より、先行予約受付をスタートいたします。
本日は、あと1か月ほどとなった、究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスの本日の様子を中心にご紹介します。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_17592907.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
左のハウスが『せとか』で、右のハウスは現在大好評販売中の柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスです。
「小春農園」さんでは、いずれのハウスも、ボイラーを焚き加温して育てているのではありません。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_18022280.jpgハウスはあくまで雨風や害虫、病気から大切な『せとか』を守るためのものです。
温度調整は、ハウス側面のビニールの開閉で行っています。
また、通路に置かれたストーブは、極端な冷え込み(‐5℃以下)となるような際に、収穫前のせとかが寒にやられないように、非常事態に備え対策をするためのものです。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_18050698.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんと、現在の『せとか』の成長の様子を現地取材してきました。
「例年以上に玉太りも良く、かなり順調そうですね!」と言うと、

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_18080184.jpg「『せとか』のそれぞれの果樹の樹勢が充実してきたので、果実もホントよくなっていますね!」
『せとか』の果実の成長具合をチェックする将輝さんに笑みがこぼれているのがわかります。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_16453678.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをしたようなまさに究極の柑橘です。
果実が大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_16471341.jpg「柑橘の大トロ」、「柑橘の女王」、「幻のみかん」、「大人の柑橘」、「柑橘のダイヤモンド」などなど、『せとか』を讃える表現は数知れません!!

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_16510222.jpg「小春農園」さんでは、本日紹介している究極の柑橘『せとか』の他にも、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。
現在は、熊本限定栽培品種の樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』(写真)を大好評販売中です。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_16530913.jpgその他にも、現在販売中の清流の里の『原木しいたけ』(写真)をはじめ、3月下旬には、幻の白い『長生たけのこ』、8月には『甘熟いちじく』などなどを出荷いたします。
また『乾燥しいたけ』、『干したけのこ』、『ザ・みかん』、なども生産していて、いずれも「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

『デコポン(肥後ポン)』のご注文(ご予約)はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『熊本産デコポン』


清流の里の『原木しいたけ』のご注文(ご予約)はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」 
清流の里の『原木しいたけ』


究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_18203611.jpgそれらの全てを生産しているのがこの親子の匠たちです。
写真は昨年の『せとか』の収穫の際に撮影したものです。
将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で柑橘類を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力で、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_18234227.jpgこちらは以前“花芽剪定”作業の様子を取材に行った際の写真です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_18251790.jpg「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
匠の花芽剪定のおかげで、今年も元気な花が咲きました。
『せとか』は、“究極の柑橘”と称されるだけあって、その栽培には高度な技術が必要です。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_18274270.jpg高度な栽培技術に加え、惜しまぬ手間ひまをかけることも徹底しています。
「小春農園」さんでは、実らせる『せとか』の1玉1玉全てを、こうしてひもで吊って育ててきました。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_18294828.jpg『せとか』は、果実が300g前後と、とても大きくなるので、ひもで吊り下げることで、収穫まで枝が折れることなく育つのです。
また、枝や葉、果実同士で『せとか』がぶつかって果皮に傷がつかないように、すべて絶妙なバランスで吊り下げるのです。
その“玉吊り作業”は、真夏のこの時期に行う、想像を絶する過酷な手作業です。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_17181223.jpg玉吊り作業と同時に、さらにひと手間をかけ育てています。
『せとか』は、着果してもこうして“柱頭”が残ることがあるので、それをこの時期にきちんと切り落としてあげるのです。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_18315272.jpg「収穫まであと1ヶ月ほどですが、今年も最高の出来になること間違いないですね!」と言うと、
「いえいえ、最後まで気を抜かずに徹底管理で仕上げます。これから怖いのは急激な寒さに合うことと、極端な退色です。」

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_18340863.jpg「早いものは“退色”が始まってますので、いよいよ収穫間近!って感じになりましたね!」と将輝さん。
収穫の目安となるこの“退色”についても、本日の現地取材で紹介したいことはまだまだありますが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介いたします。

究極の柑橘「せとか」 令和2年も出荷は2月中旬より!収穫まで1ヶ月前の様子を現地取材(前編)_a0254656_18354480.jpg「FLCパートナーズストア」では、今期(令和2年)も「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』を、ネット独占販売いたします。
収穫した中からさらに選び抜いた“極選”の『せとか』を『プリンセスせとか』としての販売です。
収穫まで約1か月となり、私も待ち遠しくてなりません。
それでは、今日はこのあたりで!
明日のブログもお見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-01-19 16:39 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!

FLC日記 2019年12月9日(月) 晴れ
ここは熊本県山鹿市鹿北町にある、匠の農家さん「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスの現在の様子です。
究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16533312.jpg
今年も順調に色づき、今にも食べられそうですが、収穫及び出荷はこれから美味しさを閉じ込めるように仕上げ、毎年同様2月上旬からの予定です!

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16552413.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16561289.jpg今年も徹底管理された栽培ハウスの中で、『せとか』の果実を1玉1玉吊り下げながら、大事に育てています。
『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをしたようなまさに究極の柑橘です。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_17005139.jpg果実がこのように大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。
トロトロの食感と、このみずみずしさ!そこで、「究極の柑橘」を筆頭に、「柑橘の大トロ」、「柑橘の女王」、「幻のみかん」、「大人の柑橘」、「柑橘のダイヤモンド」などなど、『せとか』を讃える表現は数知れません!!

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_17040799.jpgさらに、「FLCパートナーズストア」で販売するのは、大切に大切に育て上げた『せとか』から、「小春農園」さんこの、究極の柑橘『プリンセスせとか』は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品で、もう何年も出荷予定数は、毎年完売する大人気商品です。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_17082538.jpgさて、現在の栽培地の様子に話を戻しましょう!
「小春農園」さんのみかん畑から見た究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
ちなみに、右は同じく弊社社の大人気商品の柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16523667.jpgいずれも、ハウスと言えども、ボイラーを焚き加温して育てているのではありません。
ビニールの開閉で温度調節を行っています。
ハウスはあくまで雨風や害虫、病気から大切な『せとか』を守るためのものです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_17153220.jpg『せとか』は“究極”とまで呼ばれるがゆえに、その栽培には、専門知識と高度な技術、惜しまぬ手間ひまが必要不可欠です。
この様に果皮も美しい『せとか』が実っているのは、樹勢に見合った数に摘果してきたからです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16292858.jpgその様子がコチラです。
7月中旬ごろに行う、摘果作業です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16280873.jpgもちろん、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、こうしてもう何年もこうして現地取材してきました。
5月上旬に花が咲き、6月には着果し、その中から7月になり樹勢に応じた適正な場所に実る『せとか』のみを残すのです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16331705.jpgそうして匠の判断により残された果実だけを、こうして1玉1玉ひもで吊るしながら収穫まで栽培していきます。
その作業は、真夏の最中何度も何度も脚立を上り下りしながら行う、過酷な手作業です。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16355087.jpg9月中旬の様子です。
1玉が300gにもなる『せとか』の果実が、成長の過程で枝が折れたり、風で揺れて果実に傷がつかないように、1玉1玉ひもで吊るして育てるのです。
また、この頃は、ハウスにビニールをはらずに、栽培しその後の寒さを、きちんと感じさせなければなりません。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16385924.jpg10月下旬の土砂降りの雨の中の現地取材の様子です。
ハウスのは、害虫を防ぐための網をはってありますが、この時期はまだビニールをかけていません。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16405006.jpg『せとか』の果実は、きちんとひもで吊られながら、冷たい雨に打たれていました。
寒さを感じることにより、果実の熟成が始まります。
こうして色づきながら、果実を甘く育てていく準備を始めるのです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_16444949.jpgそして、本格的な寒さが始まる前の11月上旬には、ハウスにビニールをかけ温度管理を行っていきます。
ビニールをかけることで、雨はもう栽培地に降り注ぎません。きちんと潅水(農作物に水を与えること)も行っていかねばなりません。
4月下旬の開花からすると、9か月以上もかけ果実を成長させ、2月上旬に収穫を迎えます。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_17255799.jpg今年2月上旬の初収穫の取材の際に撮影した、親子の匠の3ショットです。
「小春農園」さんでは、長年の経験と豊富な知識、卓越した技術を持つ小原さんと、惜しまぬ手間ひまをかける奥様の美子さん、そして、大学で柑橘類を専門に学んだ技術を持つ将輝さんが中心となり、本日ご紹介した究極の柑橘『せとか』など、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_17065336.jpg「FLCパートナーズストア」で販売するのは、普通の『せとか』ではありません。
大切に大切に育て上げた『せとか』から、「小春農園」さんの“匠の目”で選び抜かれた“極選”の『プリンセスせとか』です。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づき美味しそうです!ただし収穫及び出荷は2月上旬より!_a0254656_17085426.jpgその実績は高く評価され、毎年決まって出荷予定数は完売する大人気商品です。
大変ありがたいことに、気の早いお客様からは、来年2月上旬からの出荷予定分で、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
収穫までの様子は、また現地取材にてこのブログで紹介していきます。
「FLCパートナーズストア」のホームページには、ここでしか買えない「熊本の旬」が目白押しです。
ぜひホームページものぞいてみてください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-12-09 17:31 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)