ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:マンゴー(アップルマンゴー)( 48 )

樹上完熟アップルマンゴー 収穫後の仕上げ剪定の様子

FLC日記 2018年10月6日(土) くもり時々雨(台風25号最接近)熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も匠のマンゴー農家、「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟アップルマンゴー煌(きらめき)』は、7月中旬から8月にかけての「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
a0254656_1829201.jpg

a0254656_17251174.jpg熊本で最初にマンゴーを栽培し始めた「上野マンゴー園」さんのマンゴーは、糖度がなんと18度以上!!
樹上完熟にこだわりぬいた、とろける食感と、芳醇な香り、さらにはこの美しさ!
おかげ様で、今期の予定出荷分は、毎回”完売”と言う人気ぶりでした。

a0254656_17252915.jpg多くの方に「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟マンゴー』を味わっていただきたいと、お買い得なファミリータイプもご用意し今年も大変好評いただきました。
色だけが、若干薄いと言うだけで、味も香りもとろける食感も全く変わらない大変お買い得な商品です。

a0254656_1848119.jpg今期の収穫を終え、来年へ向け準備が始まっています。
ここは熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんの連棟建ての栽培ハウスです。

a0254656_17350358.jpg本日、台風25号が近づく中、栽培ハウスの様子を現地取材に伺いました。
「こんにちは」と声をかけると、
「あら?その声は笠さんだろ?」と、返事が返ってきました。

a0254656_17372548.jpg声の主は、「上野マンゴー園」園主の上野幸伸さんと奥様の上野秀子さんです。
「台風が来てるので、まさかハウスにはいらっしゃらないと思ったのですが、車があったのでよってみました。」と言うと、

a0254656_17421964.jpg「笠さんこそこの台風の中、わざわざ!」と上野さん、「ちょっと近くまで来る用事があったので、せっかくだからと思って!まぁ、お2人の笑顔に会えただけでも良かったです。今日は何の作業をしてたのですか?」と尋ねると、

a0254656_17444417.jpg「台風は来よるばってん、雨風も大したことなかけん、仕上げ剪定ばしよったとたい。剪定ばせにゃんばってん、見逃しとるとのどうしてもあるけんね!」とのこと。

a0254656_18064854.jpg「笠さんは毎年見よるけん、知っとろうけど、ほら!これが剪定した跡たいね。有機肥料ばしっかりと入れて、元気な土ば作ってきたけん、新芽のこうして何本も出るとたい。それば、1本だけにしてあげにゃんとたいね。」

a0254656_18082443.jpg「しっかり剪定しても、こまか(小さい)脇芽ば、どぎゃんしたっちゃ見逃すことがあるとたい。それば今日ハウスば廻りながら剪定しよったとたい。」とのこと。

a0254656_18123907.jpg「上野マンゴー園」さんは、有機肥料をふんだんに入れた元気な土つくりをして、来年果実を実らせる新芽が元気にたくさん芽吹いていました。
その中から、花芽を芽吹かせる元気な芽を1本残し、それ以外をこうして剪定しています。
この惜しまぬ手間ひまが、春先にはマンゴーの花となり、美味しい果実を実らせるのです。

a0254656_18144826.jpgこちらが、3月中旬位から咲く、マンゴーの花です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18175176.jpg「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は収穫前の、マンゴーの果実のひも吊り作業の様子です。

a0254656_18192028.jpg収穫前には、マンゴーの果実1玉1玉に袋をかけ、マンゴーが完熟し自分でネットの中に落ちるのを待ち収穫します。
これが「上野マンゴー園」さんのこだわりの『樹上完熟マンゴー』で、美味しさの秘密の1つともいえます。
マンゴーの匠、「上野マンゴー園」さんの24回目のマンゴー作りはスタートしています。

a0254656_18231247.jpg「台風を理由にして、今日はパートさんを休ませて、夫婦水入らずで作業を頑張ってたんですね!」と言うと、
「ハハハ!そぎゃん冷やかしなすな!」と上野さん!
匠は今年も一切の妥協を許さず、惜しまぬ手間ひまと匠の技でマンゴーを育てるのです。

a0254656_19554562.jpg私は、「上野マンゴー園」代表の上野幸伸さんを、敬意を表して「マンゴーの仕事人」と呼んでいます。
熊本県で最初にマンゴーの栽培を始め、来年、24年目を迎える上野さんのマンゴー栽培は始まっています。
「自信を持って出せるマンゴーしか出さない!」と、頑固なまでのこだわりが、信頼と実績を築き上げてきました。

a0254656_2033322.jpgこうして写真を見ていると、上野さんのマンゴーの、あの美しさ、あの香り、あの食感、あの美味さがよみがえってきました。
次回は、来年の7月より出荷予定です。
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技など現地取材を重ねていきます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-06 18:28 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

樹上完熟アップルマンゴー やっと完熟しネットに落ち始めました!7月18日(金)~順次出荷していきます!!

FLC日記 2018年7月18日(水) 晴れ
大変お待たせしました!
ネットショップ「FLCパートナーズストア」がネット独占販売している、匠の農家さん「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟アップルマンゴー』の出荷が、いよいよ7月18日(金)よりスタートします!
ご注文順に、完熟マンゴーをお届けします!
a0254656_18565862.jpg


a0254656_18580056.jpg「マンゴーはね、どぎゃん色の付いたっちゃ、完熟して自分から落ちてこんことには、本当の味にはならんとたい。だけん、こぎゃんして待つしかなかとたいね!」
そう話してくれたのは、「上野マンゴー園」園主の上野幸伸さんです。

a0254656_19004974.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培ハウスです。
連棟建ての広い広い栽培ハウスで、こだわりの『樹上完熟アップルマンゴー』を、栽培しています。
「上野マンゴー園」さんは、熊本県で最初にマンゴーの栽培に取り組み始め、今年で23回目の収穫を迎える、まさに“匠の農家さん”です。

a0254656_19031828.jpg「まだまだ俺も勉強の足りんね!7月上旬からは出荷できると予想しとったとばってん、7月の中旬も過ぎてしもうたばい!落ちてこんことには、どぎゃんも収穫のできんけんなぁ~。」
上野さんの熊本弁わかりましたか?(笑)

a0254656_19074927.jpg「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の中の、『煌(きらめき)』は、糖度18度を超える爽やかな極上の甘さと、芳醇な香り、選びに選び抜かれた“極選”の美しさが大人気です。
ただし、収穫した中から選びに選び抜かれた“極選”のマンゴーのため、数量限定の完全予約制販売です。

a0254656_19122909.jpgまた、『煌(きらめき)』にはならなかったものの、その香り、形、大きさ、味わいは全く変わらない『ファミリータイプ』も大好評販売中です。

a0254656_19142614.jpg『ファミリータイプ』と言えども、きちんと化粧箱でお届けします。
『ファミリータイプ』は、2kg(5~6玉)の詰め合せ(写真)と、1kg(2~4玉)の詰め合せを販売しています。

a0254656_19201481.jpg出荷は、ご注文順に準備でき次第となりますこと、あらかじめご了承ください。
選び抜かれた“本物”の逸品、樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』及び、大変お買い得な『ファミリータイプ』のご予約をうけたまわってます。

↓詳細を知りたい方、今すぐ注文(ご予約)したい方はコチラ!↓



a0254656_19220483.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19230370.jpg「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は収穫の様子です。
収穫を行っているのは、上野さんの奥様の上野秀子さんです。

a0254656_19295127.jpgちなみにこれは、3月下旬から4月上旬にかけて咲く、マンゴーの花です。
小さな花がたくさん集まって、大きな花ができていますが、この中から収穫できるのは1つあれば良い方です。
マンゴーの栽培には、多くの手間ひまと、匠の技が必要です。
冬の剪定や芽吹き、花、着果、摘果の様子などなどは以前のブログで詳しく紹介していますので、今日は出荷の様子を紹介します。

a0254656_19340328.jpgこちらは以前取材した、出荷及び選果場の様子です。
朝一番でネットに落ちたマンゴーだけを収穫し、大きさごとに分けて出荷の準備を行います。

a0254656_19355122.jpg「笠さん、この様子をブログに載せるの?もっとたくさん収穫できた時の方が良いんじゃない?」
奥様の秀子さんが、汗を拭きながらそう言いました。

a0254656_19382201.jpgずらっと並んだ時の写真も掲載しておきましょう!
あたり一面、とてもさわやかな甘い香りが漂っています。
私は、出荷場に取材に行くといつも、何回も大きく深呼吸(鼻呼吸)をして、その香りを楽しんでいます(笑)。

a0254656_19373636.jpg大きさごとに並べる作業までは、奥様やパートさんたちが行いますが、最後の見極めは全て、匠の上野幸伸さんが自ら行います。「どぎゃん大きくてきれいな形ばしとったって、しっかり糖度が乗っ取らんマンゴーもまれにあるとたいね。その見極めは、いくら笠さんが毎年取材ば重ねても、そうそう簡単にわかるもんじゃなかばい(笑)。しっかり選んで自信をもって出荷してこそ、本当の俺のマンゴーになるとたいね。」

a0254656_19441781.jpg匠の目で判断し、選び抜かれた『樹上完熟マンゴー煌(きらめき)』は、収量のわずか1割ほどです。
「うちでは、絶対に樹上で完熟して、ネットに落ちてきたものだけしか収穫せんけん味は良かとたい。ばってん、『煌(きらめき)』で出荷するとは、色がとにかくきれいじゃなかといかんとたいね」

a0254656_19470072.jpg弊社で販売している「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』は、『煌(きらめき)』も、お買い得な『ファミリータイプ』も、糖度は驚きの18度以上!!
宮崎県のあの有名なマンゴーの糖度基準が、16度以上ですから、美味しさは最上級品と言えると思います。

a0254656_19511922.jpg「FLCパートナーズストア」では、「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』と、大変お買い得な『ファミリータイプ』を、今年もネット独占販売いたします。
すでにたくさんのご予約を頂戴していますが、いよいよ7月18日(金)より、ご注文順に出荷をスタートいたします。
数量限定の完全予約制での販売とさせて頂いています!!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにご来店ください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-07-18 19:54 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

樹上完熟アップルマンゴー 平成30年の予約受付スタート!最高級の「煌」&お求めやすいファミリータイプ

FLC日記 2018年6月29日(金) 雨(豪雨)のちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟アップルマンゴー』を、今年(平成30年)もネット独占販売いたします。本日より、先行予約の受付をスタートしました!
a0254656_15421553.jpg


a0254656_15433813.jpg熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんは、熊本県で最初にマンゴー栽培を始めました。
そして今年でなんと23年目のシーズンです!
1玉1玉ひもで吊られて、今年のマンゴーも元気に大きく成長しています。
マンゴー自体が、自ら最も美味しい時を待ち、ネットの中に落ちてきたら収穫です。

a0254656_16090197.jpgお中元やご贈答用、さらに、お買い得なファミリータイプもそろえています。
香り高いとろけるマンゴー『煌(きらめき)』は、糖度18度を超える爽やかな極上の甘さと、芳醇な香り、選びに選び抜かれた“極選”の美しさが大人気です。

a0254656_16105086.jpg出荷は、ご注文順に準備でき次第となりますこと、あらかじめご了承ください。
選び抜かれた“本物”の逸品、樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』及び、大変お買い得な『ファミリータイプ』のご予約を本日よりスタートしました。

↓今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!↓
「FLCパートナーズストア」

『樹上完熟マンゴー』


a0254656_16154460.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんの連棟建ての広い広い栽培ハウスです。

a0254656_16184611.jpgハウスの中では、「上野マンゴー園」さんの匠の温度と水管理で、今年も元気に育っています。
成長の過程で、果実が実る枝が折れないように、こうして全てのマンゴーをひもで吊るし栽培します。

a0254656_16224135.jpg「上野マンゴー園」代表の上野幸伸さんです。
「このあたりは、入り口付近で気温がどうしても低かけん、あまり色付いとらんばってん、奥の方はしっかり色も来て、ネットかけばしよるばい。」と上野さん。
上野さんの言葉をそのまま文章にしましたが、上野さんの熊本弁わかりました?(笑)

a0254656_17420212.jpgハウスの奥の方では、上野さんの奥様の秀子さんがネットかけ作業を行っていました。
上野さんの言葉通り、この辺りはずいぶん色が進んでいるようです。

a0254656_17432344.jpgマンゴーの幹にフックをかけ吊るしています。
さらにネットをかけ、マンゴーが完熟し、自ら落ちるのを待つのです。
収穫の様子も、以前取材しました。

a0254656_17454704.jpgこうして、ネットに落ちたものだけを収穫し出荷します。
「上野マンゴー園」さんのマンゴーは、こだわりの『樹上完熟アップルマンゴー』なのです。

a0254656_17474527.jpg収穫されたマンゴーから、色、形、大きさ、香り、味、糖度において選び抜かれた樹上完熟マンゴーが『煌(きらめき)』として出荷されます。
『煌(きらめき)』として出荷されるのは、収量のわずか“1割”程度の、極選マンゴーです。

a0254656_17483585.jpgこちらは、選果及び出荷場の様子です。
こうしてきれいに並べられたマンゴーを、上野さん自身が全て判断し選び抜きます。
その判断だけは、たとえ長年連れ添った奥様にもさせることなく、匠の判断で行うのです。

a0254656_17510050.jpg「これなんかは、ちゃんとネットに落ちとるとだけん、しっかり熟しとるとばってんなぁ~。ちょっと色の足らんもんなぁ~。」
このこだわりの判断こそが、上野さんのマンゴーが多くの方にリピート購入いただく人気の秘密の1つにもなっています。

a0254656_17545057.jpgそれらは、昨年も大好評いただいた、大変お買い得な「ファミリータイプ」として販売しています!!
中身は贈答用にも最適な『煌(きらめき)』とまったく同じ味わいで、果皮の色付き具合が薄い程度ですので、ご家庭用やお裾分け用などに大変おすすめです。
ご家庭で存分に、匠の育てたアップルマンゴーの濃厚な味わいをご堪能頂けますよ。

a0254656_17583106.jpgこちらは、3月下旬から4月上旬にかけて咲く、マンゴーの花です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18001124.jpg花や着果の様子(写真)、剪定作業や果実を吊る作業、もちろん収穫や選果作業も含めその全てです。
だからこそ、こうして自信をもってお勧めできるのです。

a0254656_18031217.jpg「FLCパートナーズストア」では、「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』と、大変お買い得な『ファミリータイプ』を、今年もネット独占販売いたします。
ただし、こだわりの樹上完熟で、完熟しネットに落ちてきたものだけの出荷です。
数量限定の完全予約制での販売とさせて頂いています!!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにご来店ください!
本日より、先行予約の受付をスタートいたしました。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-06-29 18:06 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

完熟アップルマンゴー 着果の様子と果実の枝吊り

FLC日記 2018年5月26日(土) 雨のちくもりのち晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成30年度もマンゴーの匠「上野マンゴー園」さんの、樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』をネット独占販売いたします。
6月中旬から8月にかけての販売予定です!
a0254656_16330844.jpg


a0254656_16342429.jpg今年も、順調に着果しました。
着果した中から、匠の判断によって摘果作業を施し、選ばれたマンゴーがこうして元気に成長していました!

a0254656_16372889.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培ハウスです。
5月18日に撮影した写真です。

a0254656_16385543.jpg「上野マンゴー園」園主の上野幸伸さんは、熊本県で最初にマンゴーの栽培に取り組み始めた、まさに“匠の農家さん”です。
この夏で、23回目の収穫を迎えます。
私は、「上野マンゴー園」代表の上野幸伸さんを、敬意を表して「マンゴーの仕事人」と呼んでいます。

a0254656_16434236.jpgこの、広い広い連棟建ての栽培ハウスで、一切の妥協を許さぬ惜しまぬ手間ひまをかけ、こだわりの『樹上完熟アップルマンゴー』を栽培しています。

a0254656_16451849.jpgこちらは、11月上旬の剪定した枝の片付け作業を現地取材に伺った際の「上野マンゴー園」代表の上野幸伸さんです。
「上野マンゴー園」さんは、上野さんと奥様の秀子さん、そしてパートの皆さんとで“本物”と呼べるマンゴーを育てています。

a0254656_16484953.jpg奥様の秀子さんが、取材に伺った私に気が付き手を振っています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16505295.jpgもちろん、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材を重ねてきました。
写真は3月中旬のマンゴーの花咲く様子です。

a0254656_16524887.jpgマンゴーは、このようなとても小さな花を、1枝で500~2000個ほど咲かせますが、全体の1つの花からマンゴーを収穫できるのは、1つあれば良い方です。

a0254656_16550461.jpg着果率は良くなく、あれだけの数があっても、1本の花の枝に数個のマンゴーしか着果しません。
そこから、匠の判断の摘果作業を施し、残したものだけを大事に育てていくのです。

a0254656_16573336.jpg4月下旬の摘果作業の際に撮影した写真です。
「笠さん!なんで俺がこれを摘果したかわかるね?」と上野さん。
「いえ!その理由は全く分からないです。」と答えると、

a0254656_16580027.jpg「残念ながら、この子は形が悪かとたいね。ほら!こうしてこのあたりが引っ込んでるたい。収穫まで育てても、このへこみは治らんけん、今のうちに摘果したとたい。」
美味しさと、見た目の美しさにもこだわる仕事人の強いこだわりです。

a0254656_17020852.jpg摘果作業は、上野さん自身の判断で全て行われます。
その後、奥様の秀子さんやパートさんたちとで、選ばれたマンゴーに1つ1つフックをかけ吊り下げながら収穫まで育てるのです。

a0254656_17042645.jpgハウス内に張り巡らされたワイヤーや、ハウスの鉄骨などを使い、白いひもの数だけ、全て手作業でフックをかけて吊るしていったのです。
正直、気が遠くなるような惜しまぬ手間ひまなんです。

a0254656_17065719.jpgさらには、6月上旬になると、大きく成長したマンゴーに、収穫用のネットをかけていくのです。
「上野マンゴー園さん」では、マンゴーの収穫を大きさや色づきで判断しません。
マンゴーが樹上で完熟し、自ら落ちてくるのを待ち収穫するのです。

a0254656_17111331.jpgその様子がこちら!
樹上で完熟したマンゴーは、枝から離れ自ら落ちます。
それを傷つけずに収穫するために、あらかじめこのネットをかけておくのです。

a0254656_17141426.jpg惜しまぬ手間ひまと、美味しさへこだわりぬき育てられた「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』は、糖度がなんと18度以上!!
宮崎県で育ったあの有名なマンゴーでさえ、糖度の基準が15度となっているので、ある意味、驚異的な甘さです。

a0254656_17180775.jpg「FLCパートナーズストア」では、「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』と、大変お買い得な『ファミリータイプ』を、今年もネット独占販売いたします。
すでに、初出荷分で今年のご予約を多数頂戴しているほどの大人気商品です。
今年も、こうして元気に育っています。
まもなく、先行予約の受付をスタートいたします。
これからも、このブログ(FLC日記)及び、「FLCパートナーズストア」のホームページは要チェックですよ!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-05-26 17:20 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

完熟アップルマンゴー 開花の様子と惜しまぬ手間ひまの花吊り作業

FLC日記 2018年3月22日(木) 雨のちくもり時々みぞれ
「こんなに大きな花が咲くけど、着果させて収穫できるのは1つあれば良い方なの。だから大事な花が折れたりしないように、こうして1本1本全てひもで吊っていくのよ。」
「上野マンゴー園」の上野秀子さんが、そう言いながらとても優しい手つきでマンゴーの花の枝吊り作業を行っていました。
a0254656_17203462.jpg


a0254656_17352205.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成30年度もマンゴーの匠「上野マンゴー園」さんの、樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』をネット独占販売いたします。
6月中旬から8月にかけての販売予定です!

a0254656_17221711.jpg熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟マンゴー』の栽培ハウスに伺いました。
マンゴーの花が咲き始めたとの連絡をいただいたからです。

a0254656_17262169.jpgちょうど咲き始めの花がありました。
これがマンゴーの花です。小さな花をたくさん咲かせるマンゴーは、多いものでは1枝で2,000個もの花をつけます。
満開の様子をご覧いただきましょう!
これがマンゴーの花です!

a0254656_17332378.jpg


a0254656_17340345.jpgこれらの写真の花は、昨年の3月下旬に撮影したものです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17382834.jpgもちろん、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材を重ねてきました。
今回は花が咲き始めたとの連絡をいただき、3日前にこうして現地取材に伺ったのです。

a0254656_17413576.jpg「おはようございます!」と声をかけながら、広い広い連棟建ての栽培ハウスを進むと、奥からいつもの明るい声が返ってきました。
「おはようございます。笠さん!こっちよ!」
そう言って迎えてくれたのは、「上野マンゴー園」園主の上野幸伸さんの奥様、上野秀子さんです。

a0254656_17562612.jpg「主人は別の圃場で作業をしてて、私とパートさんだけなの。」と秀子さん。
「今日はどんな作業をしていたのですか?」と尋ねると、
「ハウスの中を順番に回って、花を吊るす作業をしてたのよ。」

a0254656_17585074.jpg「もう吊るさないといけないほど成長しているのもあるんですか?」と言う私に、「そうなのよね!まだ数は少ないから、それを探すのも大変なんだけど、きちんと吊るしてあげないと折れたりしたら大変だからね!」
秀子さんとパートさんは、手際よく作業を進めています。

a0254656_18004900.jpg振り向くと、すでに吊るされた花がありました。
先ほど紹介したように、マンゴーはたくさんの花を咲かせますが、2,000個もの花が咲いても、収穫できるマンゴーは1つあれば良い方なんです。
ですから、咲いた花は大事に大事に吊るしながらけっして折れることのないように育てるのです。

a0254656_18053605.jpgこうしてまだ花芽が芽吹いたばかりのものもありました。
すでに花が咲いているもの、こうしてこれから蕾を芽吹かせるもの、それらは、これから匠の温度管理で元気な花を咲かせていきます。

a0254656_18082792.jpg「花吊り作業が始まると、なんだか今年もいよいよって気がしますね!」と言うと、「笠さんは知ってると思うけど、これからが大変なのよ!」と秀子さん。

a0254656_18123856.jpgちょっとだけその様子を紹介します。
こちらは、4月上旬から始まる不要な花を剪定する作業の様子です。
その作業を行っているのは、マンゴーの匠「上野マンゴー園」の上野幸伸さんです。

a0254656_18144840.jpgマンゴーが着果したのを確認すると、不要な花を摘んでいきます。
果樹に無駄な体力を使わせないためです。
さらに果実が成長していくと、次は摘果作業です。

a0254656_18195124.jpg大きく育ち、色づき始めると、枝にフックをかけ最終的には果実に袋をかけて、完熟しその袋に自ら落ちるのを待ち収穫です。
もちろんその間には、今期の収穫のための作業のみならず、来年以降のための作業も行っていきます。

a0254656_18224849.jpgそれらの様子や様々な作業は、また後日現地取材をして紹介するとして、本日はマンゴの開花の様子を枝吊り作業をご紹介いたしました。
今年も「上野マンゴー園」さんは、惜しまぬ手間ひまと徹底管理、そして匠の技で、『樹上完熟アップルマンゴー』を育てていきます。

a0254656_18253721.jpg「FLCパートナーズストア」では、「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』と、大変お買い得な『ファミリータイプ』を、今年もネット独占販売いたします。

a0254656_18272471.jpg『ファミリータイプ』とは、その香り、形、大きさ、味わいは全く変わらないのですが、唯一、果皮の色合いだけが、選び抜かれた特選の『煌(きらめき)』にはなれなかったマンゴーです(写真)。
『煌(きらめき)』及び『ファミリータイプ』とも、毎年決まって完売する大人気商品で、すでに初回発送分では多数のご予約を頂戴しているほどです。
今年の成長の様子などは、もちろん現地取材でご紹介していきます。
平成30年度も「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』に、ぜひご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-22 18:33 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

完熟アップルマンゴー マンゴーの蕾

FLC日記 2018年3月6日(火) 晴れ
「今年も良かぁ~蕾のでけとるけん、写真ば撮りにくっと良かよ!そろそろしっかり温度ば上げて今月(3月)下旬には花の咲くばい!」
マンゴーの匠「上野マンゴー園」の上野幸伸さんにそう連絡いただき、さっそく現地取材に伺いました。
ご覧ください!
これがマンゴーの蕾です!
a0254656_16442442.jpg


a0254656_17261041.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成30年度もマンゴーの匠「上野マンゴー園」さんの、樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』をネット独占販売いたします。
6月中旬から8月にかけての販売予定です!

a0254656_16462879.jpg熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟マンゴー』の栽培ハウスに伺いました。
「上野マンゴー園」さんは、マンゴーを栽培し続け、今年で23年目になるまさにマンゴーの匠です。

a0254656_16491133.jpgこれがマンゴーの果樹たちです。
この時期は、マンゴーの花芽が芽吹き始めています。
これから徹底した温度管理と、惜しまぬ手間ひまをかけマンゴーの果実を育てていきます。

a0254656_16571225.jpg「上野マンゴー園」園主の上野幸伸さんです。
この笑顔からもお解りのように、とても気さくな方です。
でも、ひとたびマンゴーのことになると、一切の妥協を許さない仕事人となります。

a0254656_17002429.jpg取材に伺ったこの日、上野さんは所用で不在でしたが、特別にハウスの中を見せて頂きました。
冬の剪定をしっかりと施されたマンゴーの果樹に、元気な花芽が芽吹いています。

a0254656_17032811.jpg成長すると、マンゴーの花の蕾が出てきます。
写真にあるたくさんのモコモコしたものが蕾です。
花は総状花序と呼ばれる小さな花が房状で咲く状態になります。

a0254656_17130400.jpgさらに成長した蕾たちです。
なんだか、クリスマスツリーのようですね!
ところで、マンゴーの花を見たことがありますか?
これがマンゴーの花ですよ!

a0254656_17182579.jpgこちらは、昨年の4月上旬に撮影した写真です。
500~2000個の小さな花が集まる形で、花穂が形成されます。
雄花と両性花があるので、自家結実性で一本の木で受粉ができ結実します。
花数は多いのですが着果するのはその中のごくごくわずかです。

a0254656_17235584.jpg私の手と比べて、全体的にはこんなに大きな花ですが、マンゴーの果実を収穫できるのは、1つあれば良い方なんです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17302859.jpgもちろん、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材を重ねてきました。
先ほども話しましたが、小さな花の集まりがこんなにあっても、着果するのわずかなんです。

a0254656_17334463.jpg現在の様子に戻り上野さんの言葉を借り紹介すると、「確率は悪かとだけん、とにかく元気な良か花ば、うんと(たくさん)咲かせにゃんとたい!」ってとこです。

a0254656_17365922.jpg蕾から花への成長はとても速いので、この時期の温度と水管理がマンゴーの良し悪しを決めると言っても過言ではありません。
もちろん今年も匠を信じ、仕事人の上野さんにその徹底管理をお任せすることにします。

a0254656_17431167.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』と、大変お買い得な『ファミリータイプ』を、ネット独占販売いたします。
私が年間を通して現地取材し、自信をもってお勧めするこだわりの『樹上完熟アップルマンゴー』です。
もちろん、今年も、これからのマンゴーの花咲く様子や摘果作業、ネットかけや、収穫の様子などなど、こうして現地取材でご紹介します。
平成30年度の「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』にもご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-06 17:48 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

完熟アップルマンゴー 匠の温度管理 今年はあまりに寒すぎて・・・

FLC日記 2018年2月8日(木) くもりのち晴れ
「今年はなんさま寒かでしょうが!こぎゃんこつは初めてたいね。マンゴーの花芽は芽吹こうとしよるとばってん、あまりに寒かけん温度ば上げれんでおるとたい。ばってん、これからピシャッと温度管理ばしながら手ばかけていって、花芽ばそろえて芽吹かせて、良かぁ~マンゴーば育てるけんな!」
マンゴーの匠、「上野マンゴー園」園主の上野幸伸さんが、そうお話しいただきましたが、上野さんの熊本弁わかりました?(笑)
a0254656_17551373.jpg
ここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟マンゴー』の栽培ハウスです。

a0254656_18005445.jpg広い広い連棟建てのビニールハウスで、マンゴーの本当の美味しさと、甘さにこだわる『樹上完熟マンゴー』を育てています。
写真は1週間ほど前に現地取材に伺った際のものです。

a0254656_17575723.jpg「上野マンゴー園」さんは、今から23年前に熊本で最初にマンゴー栽培を始めました。
こちらは、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売している、「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』(3玉入りタイプ)です。
「上野マンゴー園」さんのマンゴーは、糖度がなんと18度以上!!

a0254656_17592890.jpg宮崎県で育ったあの有名なマンゴーでさえ、糖度の基準が15度となっているので、「上野マンゴー園」さんの、糖度18度は驚異的な数値です!
すでに今年のご予約を多数頂戴している「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。

a0254656_18073333.jpgこの日私が、現地取材に伺った目的は、花芽が芽吹き始めている様子を取材しようと思ったからなのですが、今年はちょっと遅れているようです。
例年ならこの時期に、枝の先端に花芽が芽吹いてきています。

a0254656_18100516.jpgこちらは、以前取材した2月上旬の様子で、枝の先端にはこうして花芽が芽吹いていました。
この部分が大きく成長し、マンゴーの花になるのです。

a0254656_18160725.jpg栽培ハウスで現地取材した後に、上野さんに電話取材して本日のブログの冒頭のコメントをいただきました。
その後の話を要約して、今度は熊本弁ではなく紹介いたします。

a0254656_18190126.jpg色が濃く青々としている葉っぱはわりと寒にも強いのですが、若葉や特に花芽は寒さに弱く、寒に合うと枯れてしまうので、まだあえて温度をあげず少し寒さが落ち着くのを待っているとのことでした。

a0254656_18221934.jpgマンゴーの匠、「上野マンゴー園」園主の上野幸伸さんのその読みは正しかったようです。
その後、日本列島を大寒波が襲いました。
ちなみにこの写真は、熊本県菊池市菊池水源の山奥にある、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の敷地内で撮影したこの冬の写真です。

a0254656_18281891.jpgこの冬の大寒波の影響で、最も積雪が多かった日は9cmにもなり、最低気温は-11℃にまで冷え込みました。
さすがに、この山奥とは違い、上野さんのマンゴーの栽培ハウスは、ここまでなら買ったと思いますが、この寒さを上野さんは心配していたのです。

a0254656_18320178.jpgさて、マンゴーに話を戻しましょう!これから匠の温度管理により、マンゴーは花芽が芽吹きそして蕾へと成長します(写真)。
そして、さらに成長して花が咲くのです。

a0254656_18350249.jpgこちらが以前取材し撮影したマンゴーの花です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18365740.jpgもちろん、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材を重ねてきました。
「上野マンゴー園」さんのマンゴーは、例年では3月上旬ごろから花が咲き始めて、4月上旬に着果し、4月中旬以降に摘果作業を行います。

a0254656_18395376.jpg花が咲き終わる頃の剪定作業の様子です。
上野さんは電話取材の最後にこう話しました。
「これからが勝負たい!花芽ばそろえて芽吹かせて、しっかり手ばかけて育てるばい。」

a0254656_18445319.jpg「花芽は遅れとるけん、開花も遅くなりもちろん収穫時期も少しずれこむかもしれんばってん、ご覧の通り樹勢がしっかり保てとるけん良かマンゴーのできると思うばい。」
マンゴーの栽培については、上野さんを100%信頼し、匠に全てお任せすることにします。

a0254656_18490960.jpg「FLCパートナーズストア」では、「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』と、大変お買い得な『ファミリータイプ』を、今年もネット独占販売いたします。

a0254656_18521480.jpg例年通りなら、6月下旬より出荷となりますが、今シーズンの出荷スタートについては、また後日ご案内いたします。
今年も、これからのマンゴーの花咲く様子や摘果作業、ネットかけや、もちろん収穫の様子もこうして現地取材でご紹介します。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2018-02-08 18:54 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

樹上完熟アップルマンゴー 来季に向け落葉と剪定した枝葉の片付け作業

FLC日記 2017年11月8日(水) 雨のちくもり
マンゴーの果樹を皆さんは見たことがありますか?
これが、11月上旬のマンゴーの果樹たちです!
a0254656_16511660.jpg


a0254656_16472446.jpg「9月中旬から10月いっぱいかけて、剪定作業ばしてきたとたい。今日はその時落とした枝葉や、落葉した葉っぱを片付けよったとたい。これが終わったら、冬に備えてハウスにビニールをはって、本格的に寒くなる前には、さらに内側にビニールをはって備えるわけたいね。ただ、今の時期くらいまでは、あえてビニールをはいで寒さを感じさせんといかんとたい。」
マンゴーの匠、「上野マンゴー園」代表の上野幸伸さんがそう話してくれました。

a0254656_16522093.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟アップルマンゴー』を、今年もネット独占販売いたしました。

a0254656_16585120.jpg今年も6月中旬から8月にかけて販売した、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
熊本で最初にマンゴーを栽培し始めた「上野マンゴー園」さんのマンゴーは、糖度がなんと18度以上!!

a0254656_17002654.jpg樹上完熟にこだわりぬいた、とろける食感と、芳醇な香り、さらにはこの美しさ!
おかげ様で、今期の予定出荷分は、毎回”完売”と言う人気ぶりでした。
マンゴーの匠は、来期の収穫へ向け早くも動き出しています。

a0254656_17024151.jpg熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の連棟建ての広い広い栽培ハウスに、11月2日現地取材に伺いました。
冒頭のお話にもあったように、この時期はハウスのビニールをはいでいます。

a0254656_17111540.jpgこちらは、9月下旬に行われた新芽の剪定作業の様子です。
上野さんの奥様、秀子さんに作業の様子を見せて頂きました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17121800.jpgもちろん、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材を重ねてきました。
「こうして、たくさんの新芽が出ているでしょ?これを剪定していくのよ。」と秀子さん。。

a0254656_17133505.jpgマンゴーの果樹は、複数の新芽を芽吹かせていました。
その新芽を1本にして、元気な花を咲かせるための作業が新芽剪定作業です。
その作業を、全ての新芽に対し、1本1本行うとても根気のいる手作業です。

a0254656_17165579.jpg匠の判断で選び抜かれた、1本が残されました。
その際に剪定した枝葉や、落葉した葉っぱをこの11月上旬にすべてハウスから撤去します。

a0254656_17182919.jpgこちらは現在の様子です。
シートの上に伸されれているのが、その撤去する枝葉です。
「この枯れた枝葉を残しとくと、どうしても病気になる可能性があるとたい。」上野さんがそう話します。

a0254656_17211050.jpg上野さんや奥様、そしてパートの皆さんとで行う作業です。
あの広い広い栽培ハウスの中から、全ての彼はや枯れ枝を撤去しなければなりません。
「撤去したのはどうするのですか?」と尋ねると、

a0254656_17251397.jpg「全部焼却してしまうよ。それが一番病気や害虫を残す可能性がすくなかけんね!できる限り消毒や農薬は使いたくなかけん、これが最善の方法だと思うとたい。」
「まだ花芽は来ていないんですか?」と尋ねると、

a0254656_17331451.jpg「そうね。まだちょっと早いね。枝の先端に、今年中には花芽が見えてきて、2月下旬~3月にかけて花芽が芽吹いて、3月上旬には開花ってとこだろうね。」と上野さん。
マンゴーの花を皆さんは見たことがありますか?

a0254656_17370330.jpgこれがマンゴーの花です。
1本の花芽から咲いたものですが、私の手と比べているので、その全体の大きさがよくわかると思います。
全体は大きくても、1つ1つの花はとても小さいものです。
この全体の花から、マンゴーが1つ収穫できれば良いと言うほど、良いものを育てるには花の数からするととても確率の低い果実なのです。

a0254656_17445013.jpg全体的にはと手尾も大きな花なで、そのどこにマンゴーが実るかわかりません。
「上野マンゴー園」さんでは、花の枝を全て1本1本を、折れることが無いようにこうしてひもで吊って栽培します。

a0254656_17464640.jpg私は、「上野マンゴー園」代表の上野幸伸さんを、敬意を表して「マンゴーの仕事人」と呼んでいます。
来年、23回目の収穫を迎える匠は、一切の妥協を許さぬ惜しまぬ手間ひまをかけ、こだわりの『樹上完熟アップルマンゴー』を育てるからです。

a0254656_17514056.jpg収穫を迎えてからも、あらかじめ用意しておいたネットの中に自ら落ちた樹上完熟のものだけを収穫します。
出荷するマンゴーは全て自らが判断し、「自信を持って出せるマンゴーしか出さない!」と、頑固なまでのこだわりが、信頼と実績を築き上げてきました。
次回は、来年(平成30年)の6月下旬より出荷予定です。
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技など現地取材を重ねていきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-11-08 17:56 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

樹上完熟アップルマンゴー 平成29年度完売御礼!そして匠は23回目のマンゴー作りをスタートしました!!

FLC日記 2017年9月10日(日) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟アップルマンゴー』を、今年もネット独占販売いたしました。
今年も6月中旬から8月にかけて販売した、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
a0254656_07490923.jpg


a0254656_07504168.jpg今年も、収穫した中から選びに選び抜かれた“極選”の樹上完熟マンゴー『煌(きらめき)』、『煌(きらめき)』にはならなかったものの、その香り、形、大きさ、味わいは全く変わらない、大変お買い得な『ファミリータイプ』のいずれの商品も、出荷予定分はすべて完売しました。
「上野マンゴー園」さんは、熊本で最初にマンゴーの栽培をはじめ、今年で22年目を迎えました。

a0254656_07543164.jpgそして、23年目のマンゴー栽培がスタートしています。
ここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培ハウスです。
こちらは、9月初旬の様子でこの時はまだハウスのビニールはかけてありました。

a0254656_07580436.jpgそして9月中旬には、ハウスのビニールをすべて外します。
こちらがその時の様子です。
マンゴーの果樹に、一度、寒さを感じさせ、その後、再度ハウスにビニールをはり、温度調整をしながら6月中旬の収穫スタートに向け栽培していくのです。
ハウスのビニールを外した後、まずは剪定作業を行っていきます。

a0254656_08132035.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_08145718.jpgもちろん、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材を重ねてきました。
完熟しネットに落ちたマンゴーのみを収穫する様子も、収穫後の剪定や新芽、花咲く様子や果実の成長の過程などその全てです。

a0254656_08173795.jpgこちらは、3月下旬から4月上旬にかけて咲く、マンゴーの花です。
マンゴーの花を見る機会なんて、なかなかないですよね!
マンゴーは、1本の花芽から、とても小さな花をたくさん咲かせます。

a0254656_08212348.jpgマンゴーの花は全体的にはとても大きなものでが、この大きな花から、着果し収穫を迎えることができるのは、1つでもあれば良い方です。
ですから、マンゴーの果樹に余分な体力を使わせることなく、元気な花を咲かせなければなりません。

a0254656_08261919.jpg収穫を終えたこの時期、まるで熱帯雨林のジャングルのようなこのマンゴーの果樹たちです。
その果樹、果樹の1本1本を判断して元気な花を咲かせるために、これから選定作業を行っていきます。

a0254656_08315663.jpg「上野マンゴー園」の上野幸伸さんです。
私は、上野さんのことを敬意を表し“仕事人”と呼んでいます。
マンゴー作りに一切の妥協を許さず、惜しまぬ手間ひまと匠の技で至高のマンゴーを育て上げるからです。

a0254656_08345251.jpg「上野マンゴー園」さんでは、上野幸伸さんと奥様の秀子さんの仲良しご夫婦と、パートさんとで惜しまぬ手間ひま、徹底管理、匠の技で、まさに“本物”と呼べるマンゴーを育てています。
写真は、まもなく始まる“選定作業”をする秀子さんです。

a0254656_08400016.jpg平成29年度の収穫を終えた「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』の栽培ハウスには、元気な新芽がたくさん芽吹いていました。
そして、「上野マンゴー園」さんの23回目(平成30年度)のマンゴー作りは始まっていました。

a0254656_08424832.jpg「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』は、一切の妥協を許さぬ、惜しまぬ手間ひまと、熊本県で最初にマンゴー栽培を始めた豊富な知識と経験、さらには、本当に美味しいものを作り上げて出荷するという強いこだわりで、全国に多くのファンを持つ「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
今シーズンも大好評にて、完売いたしました。
そして、来年6月中旬からの収穫に向け、「上野マンゴー園」さんの23回目のマンゴー栽培も、現地取材にてその様子をご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-09-10 17:03 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』 平成29年度の出荷予定も残りわずか!お急ぎください!!

FLC日記 2017年8月16日(水) 雨のちくもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟アップルマンゴー』を、今年もネット独占販売しています。
a0254656_16404893.jpg


a0254656_16425813.jpg「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の中の、『煌(きらめき)』は、糖度18度を超える爽やかな極上の甘さと、芳醇な香り、選びに選び抜かれた“極選”の美しさが大人気です。
豊富な商品ラインナップの中から、お好みの『煌(きらめき)』をお選びください!
ただし、収穫した中から選びに選び抜かれた“極選”のマンゴーのため、数量限定の完全予約制販売です。

a0254656_16583719.jpg出荷予定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、とにかくご注文はお急ぎください!
また、『煌(きらめき)』にはならなかったものの、その香り、形、大きさ、味わいは全く変わらない『ファミリータイプ』も大好評販売中です。

a0254656_16545630.jpg異なるのは、ただ1点!
果皮の色合いだけです。
ですから、ご家庭で存分に、匠の育てたアップルマンゴーの濃厚な味わいをご堪能頂けます。
2kg(5~6玉)の詰め合せと、1kg(2~4玉)の詰め合せをご用意しています。

↓ 詳細を知りたい方、今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ! ↓



a0254656_17034903.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんの栽培ハウスです。
広い広い連棟建てのハウスで、こだわりの『樹上完熟アップルマンゴー』を栽培しています。

a0254656_17062439.jpg「上野マンゴー園」さんでは、どんなに色付こうが、どんなに大きくなろうが、しっかりと樹上で完熟してマンゴーの果実が自ら枝から外れて、ネットの中に落ちてきて初めて収穫するのです。
そのこだわりこそが、多くのリピート購入をいただく、最高級の証となっています。

a0254656_17110343.jpg成長の過程で時期を見て、マンゴーの1玉1玉に、丁寧にネットをかけ、樹上完熟でネットに落ちたものだけを収穫するマンゴーの本当の味になるんです。
「上野マンゴー園」園主の上野幸伸さんの言葉を借りるなら、
「味のごろっと違うとたい!!」ってとこですね!

a0254656_17134498.jpg「上野マンゴー園」代表の上野幸伸さんは、熊本で最初にマンゴー栽培を始めました。
今年で23年目を迎える、まさにマンゴーの匠です。
奥様の秀子さんや、パートさんたちと共に、“本物”と呼べるマンゴーを育てています。

a0254656_17212288.jpgこちらは、収穫を終えハウスのビニールを外し、剪定作業をしている頃の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17234333.jpg「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、4月上旬のマンゴーの花咲く様子です。

a0254656_17251257.jpgもう長い付き合いをしている上野さんが、収穫したマンゴーを見て私にこう言いました。
「実はは、色づく前にネットに落ちるマンゴーの方が、果肉の色付きも良くてもちろん味も良かとたい!」

a0254656_17284642.jpg奥様の秀子さんが、ネットに落ち収穫してきたマンゴーたちを丁寧に並べています。
これから、上野さんがその1つ1つを全て見極め判断し、出荷していくのです。

a0254656_17311316.jpg「最後の判断だけは、絶対に人には任せきらんとたい。どんなに大きくてきれいな形ばしとったって、しっかり糖度が乗っ取らんマンゴーもまれにあるとたいね。その見極めは、どぎゃん笠さんが毎年取材ば重ねても、そうそう簡単にわかるもんじゃなかばい(笑)。しっかり選んで自信をもって出荷してこそ、本当の俺のマンゴーになるとたいね。」

a0254656_17364247.jpg「うちでは、絶対に樹上で完熟して、ネットに落ちてきたものだけしか収穫せんけん味は良かとたい。果皮のたとえ青くても、果肉はしっかり熟しとるばい。むしろ、その方が美味しかけん、ここに買いに来る常連さんたちは、それば知っとらすけん、わざわざ『青かとばちょうだい!』って言って、勝って帰らすとばい(笑)」と上野さん。

a0254656_18050818.jpg今の話に出てきた“青かと”と言うのは、弊社で販売している『ファミリータイプ』と言う商品にあたると思います。極選マンゴー『煌(きらめき)』も『ファミリータイプ』も糖度は驚きの18度以上!!

宮崎県のあの有名なマンゴーの糖度基準が、16度以上ですから、美味しさは最上級品と言えると思います。
ただし、数量限定の完全予約制での販売です!!
そして、いずれも今期の出荷予定数の定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにご来店ください!
早い者勝ちですよ!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-08-16 18:28 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)