人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:イチゴ( 109 )

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』令和元年度の先行予約受付スタート!!

FLC日記 2019年11月29日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の、今年(令和元年度)の予約受付を本日よりスタートしました!
a0254656_18535402.jpg


a0254656_18570134.jpg「FLCパートナーズストア」の、数あるフルーツの中でも、常に人気が高いのがイチゴです。
本日紹介する「紅ほっぺ」は、なんといってもこの紅色の鮮やかな果肉が特徴のイチゴです。
美しい色合い、甘そうな果肉。
普通のイチゴと、一線を画すと言われる高級イチゴなんです。

a0254656_18580602.jpg完熟の紅ほっぺを朝採り即日発送でお届けします。
ですから、毎回の出荷数を限定し、数量限定の完全予約制での販売です。
令和元年度の予約の受付をスタートしました。
初回出荷は、12月10日(火)です。
その後は、火曜日と金曜日の週2回発送します。

先行予約の受付をスタートしました!
今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




a0254656_19015575.jpg生産者と生産地、そしてそのこだわりを紹介しましょう!!ここは、熊本県菊池市にある「牛島農園」さんの高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスです。

a0254656_19042592.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、完全無農薬・無化学肥料の有機栽培でキャベツ、白菜、水田ゴボウを育てています。
しかし、イチゴだけは無農薬栽培ではありません。
こだわりの“減農薬栽培”です。
栽培ハウスに定植して以降は、全く農薬は使用しません。

a0254656_1730513.jpgまた、ボイラーを焚くなどして加温することなく、ハウスの開閉だけで温度管理し、無加温栽培でイチゴを育てています。
私は、栽培ハウスの取材に伺うと、いつもこうして採りたてのイチゴを、その安全性を知っているので、全く洗うことなくその場で試食させていただいています。

a0254656_19090476.jpgではなぜ、その場で洗うこともせずに食べてもいいほどのイチゴが、無農薬栽培ではなく“減農薬栽培”なのかというと、その理由は隣の苗床のハウスにありました。

a0254656_18452812.jpgイチゴは、多年生植物で、親株からランナーで新しい株を増やし、それをハウスに定植し育てるのです。
苗床とは、定植までの苗を集中して管理する場所のことです。

a0254656_18461820.jpgこれらは、夏の時期の苗を増やし育てているころの様子です。
どうしても夏の苗床の時期だけに、害虫や病気が出る恐れがあるので、最小限(慣行栽培の半分だけ)の農薬を使用します。

a0254656_18461820.jpgしかし、収穫時期とは全く異なる、夏の苗床での農薬を使用だとしても、農薬を使うこと間違いないので、無農薬栽培ではなく、あくまで“減農薬栽培”としているのです。

a0254656_18484421.jpg今年の9月中旬、栽培ハウスので撮影した、「牛島農園」代表の牛島武文さんです。
「牛島農園」さんでは、様々な“本物”と呼べる食材を育てています。

a0254656_18495411.jpg「いつも言うこつばってん、俺が育てるキャベツや白菜、水田ゴボウは、無農薬・無化学肥料の“有機栽培”。ばってん、あくまでイチゴは“減農薬栽培”たいね。そこは、お客様に必ずわかるように伝えにゃんばい!!」」
牛島さんは常々そう話します。

a0254656_182695.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。
もちろん「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
「生産者は正直であれ!」牛島さんの口ぐせです。

a0254656_18513543.jpg私は、牛島さんのその言葉通りの、正直な栽培への取り組みと、自分が育てた農作物への、絶対的な責任に感銘し、弊社でネット独占販売をさせていただいています。

a0254656_18515200.jpg「牛島農園」さんでは、安全性へのこだわりのみならず、“美味しさ”へのこだわりも強く持っています。
商品名を決める際に、『完熟紅ほっぺ』としました。
しっかりと“完熟”したイチゴだけを、朝採り即日発送で出荷するお約束をいただいたからです。

a0254656_19244887.jpg「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』は、こだわりの完熟イチゴを朝採りで収穫し、さらに選びに選び抜いた“極選”のイチゴです。
安全に作り、美味しく育てあげてるからこそ、毎年多くのリピート購入をいただく大人気商品です。

a0254656_19260096.jpg「FLCパートナーズストア」では、こだわり農家の「牛島農園」さんが、減農薬栽培で育て上げた『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
12月10日(火)よりの発送予定です。
以降、毎週火曜日と金曜日の出荷です。
ただし、“完熟”、“朝摘み”にこだわる、「牛島農園」さんゆえの、完全予約制の数量限定販売とさせて頂きます。
お届けは、遅くとも出荷の翌々日ですので、朝摘みの新鮮さ、完熟の美味さを存分にご堪能いただけると思います。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-29 16:40 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅』令和元年度の先行予約受付明日よりスタート!!

FLC日記 2019年11月28日(木) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和元年度)も「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴをネット独占販売いたしす。
明日12時よりより、熊本限定オリジナル品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』の先行予約の受付をスタートします!!
a0254656_17532618.jpg


a0254656_17501872.jpg『熊紅(ゆうべに)』は熊本県のオリジナル品種で、現在、熊本県でのみ栽培及び出荷されている希少品種のイチゴです。
円錐形の整った形をしていて、名前の由来となった果肉皮の全体的な赤さも特徴です。
果肉はわりとしっかりしていて、中まで色づきがみられます。
甘みと酸味のバランスが良く、香りも十分に楽しめます。

令和元年12月6日(金)より発送開始いたします!
その後は、火曜日と金曜日の週2回発送します。
※数量限定のため、受注順に発送していきます。
(お届け日の希望日がある方は早めにご予約下さい)

明日12時より、先行予約の受付をスタートしす!
今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

生産者の「杉本農園」さんと生産地の紹介しましょう!!

a0254656_18023384.jpgここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんの連棟建ての広い広いイチゴの栽培ハウスです。
とてもとても、1枚の写真ではおさまりきれないほどの広大なハウスで、『熊紅(ゆうべに)』は栽培されています。

a0254656_18062651.jpg「杉本農園」さんは、今年で19年目を迎える、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。
写真は「杉本農園」の杉本憲治さんです。

a0254656_18080895.jpgこちらは以前取材した、玉出し様のひもをはる作業をする息子さんの杉本一博さんです。
「杉本農園」さんでは、お父さんの杉本憲治さんと、お母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、大学で専門的にイチゴ栽培を学んだ、息子さんの一博さんが、さらに進化させ、最高級のイチゴを育てる匠の農家さんです。

a0254656_18102182.jpg先日、現地取材した際に、みなさんより一足早く、今年の『熊紅』を試食してきました。
やはり、販売する私が今年の味を知っておかないといけませんからね!(言い訳です(笑))

a0254656_18120596.jpg私はいつもこうして、水洗いさえもすることなく、その場で試食させていただいています。
それだけ「杉本農園」さんの安全性に自信を持っているからです。

a0254656_18142710.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
写真は、7月下旬のイチゴ(熊紅)の苗床の様子です。

a0254656_18164618.jpg「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
イチゴは、多年生植物で、初夏から秋口にかけ、親株から伸びたランナーで、新しい株を増やし、それをハウスに定植し育てるのです。
奥様の洋子さんがその為の作業をしていました。

a0254656_18212011.jpg毎年9月20日前後に行われるイチゴの苗の定植作業の様子です。
この時は、多くの方がお手伝いに来てくれて、一気に作業を進めます。
私も取材のみならず、お手伝いをさせていただきました。

a0254656_18321282.jpg惜しまぬ手間ひまをかけ育ててきたイチゴたちが、今年も収穫の時期を迎えました。
「杉本農園」さんでは、安全なイチゴ作りに強いこだわりを持ち取り組んでいます。
イチゴ栽培で最も怖いのは、“ハダニ”と呼ばれる害虫ですが、「杉本農園」さんでは、安心・安全な方法でそれらを駆除しています。
“チリカブリダニ”を使って、イチゴの生育に悪影響を及ぼすハダニを駆除しているのです。

a0254656_18333245.jpg以前は、農薬を散布することで害虫駆除をしていましたが、今は安全・安心なイチゴを育てる為に、“チリカブリダニ”を使用しています。
ハダニもチリカブリダニも口に入っても全く問題ないものですが、ハダニはイチゴに害を及ぼし、その害を及ぼすハダニを食べてくれるのがチリカブリダニと言うわけです。

a0254656_18203858.jpgその安全性を知る私は今回の試食も、こうして水洗いさえもすることなく、その場で美味しく食べています。
今年の『熊紅』も、文句なしの美味さでした!!もちろん、ご購入いただいたお客様は、埃などを落とすため、さっと水洗いしてご賞味ください。

a0254656_18360280.jpg美味しさに加え、安全性にとことんこだわる「杉本農園」さんだからこそできることです。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんが、安全にこだわり、美味しさにこだわった熊本限定栽培品種の高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売いたします。

a0254656_18372101.jpg本日より先行予約の受付をスタートしました。
初回出荷は、12月6日(金)よりで、以降は毎週火曜日と金曜日の出荷です。
ただし、朝採り即日発送のため、完全予約制の数量限定での販売です。
ご予約多数により出荷調整中のため、現在は3Lサイズのみの受注を行っています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-28 18:25 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

完熟紅ほっぺ 順調に育つ栽培ハウスの様子(2019)と減農薬栽培のこだわり 12月上旬からの出荷です!

FLC日記 2019年11月18日(月) くもりのち雨
「今年も最初に咲いた花はイチゴの果実が色づき始めたばい。ばってん、今色づきよるこの子たちはイチゴにとって予行演習みたいなもんだけん、笠くんのお客さんに出すのは数がそろい出してから選び抜いて出したかけん、やっぱり今年も12月になってからだろうな!」
イチゴの匠、「牛島農園」の牛島武文さんがそう話しました。
a0254656_16400943.jpg


a0254656_16411422.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』を、ネット独占販売いたします。

a0254656_16425339.jpg朝採り、完熟、こだわりの減農薬栽培の熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』です。
収穫した中から選び抜いた“極選”のイチゴのため、収穫数が増える12月上旬から出荷予定です。

a0254656_16461587.jpg本日は、元気に育つ現在の栽培ハウスの様子をご紹介いたします。
ここは、熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんのイチゴの栽培ハウスです。
ハウスと言えども、ボイラーを焚き加温して育てているのではありません。
温度調整は、ハウスの開閉のみで行っています。

a0254656_16475733.jpg「牛島農園」代表の牛島武文さんが作業を行っていました。
「おはようございます!何をしてるんですか?」と尋ねると、
「おぉ!笠くん。おはよう!」

a0254656_16493749.jpg「入り口付近のビニールばピシャッと張りよったとこたい。そろそろ冷え込むけん冬支度ってとこかね!ハウスの中ではスタッフたちが頑張りよるけんね!」と牛島さん。

a0254656_16570365.jpg「え?どなたかスタッフを採用したんですか?」と尋ねると、牛島さんはにっこり笑い、
「頑張りよるとはミツバチたちたい!人じゃなかけど、うちの大事な戦力ばい。」と言いながら笑っています。

a0254656_17001061.jpg「なぁ~んだ!そう言うことですね!」と納得しました。
「牛島農園」さんでは、イチゴの収穫を終えるまでの間、契約養蜂農家さんからミツバチを借りて、ハウスの中を自由に飛び回らせています。

a0254656_17013403.jpgミツバチが花と花を飛び回り、蜜を集めることで、イチゴは受粉(交配)します。
もし、ミツバチがいなければ、花の1つ1つに交配をして回らねばなりません。
その作業を一手に引き受けて頑張ってくれているのが、このミツバチたちなので、牛島さんは“スタッフ”と称したのです。

a0254656_9162518.jpg「牛島農園」さんでは、この時期一切の消毒や農薬の使用を行いません。
ですから、ミツバチたちもこうして元気に花から花へ飛び回ることができます。
現在咲き誇る花たちは、2番花と呼ばれるグループです。
イチゴは、花芽が順番に芽吹き、それぞれ30個ほどの花を咲かせます。

a0254656_921475.jpg開花の時期にもよりますが、花が咲きミツバチたちによって交配が済むと、約1ヶ月ほどかけて成長し、イチゴの収穫を迎えます。
30個ほどの花が咲きますが、収穫するのは約3分の1で、成長の間に形や大きさを判断し、3分の2は摘果します。

a0254656_17060039.jpgイチゴの果実が成長する間は、しっかりと日が当たるように、竹串を使って、葉っぱと果実を分けるようにして育てます。
それを“玉出し作業”と言います。

a0254656_17092145.jpgこちらは、以前取材した収穫を始めたころの様子です。しっかりとお日様の光を受け、イチゴはこうして赤く色づいてきます。
「牛島農園」さんでは、美味しさにもこだわり、朝採りの完熟いちごを出荷しています。
まだ、本格的な収穫はできていません。

a0254656_17103461.jpg12月上旬から収量も増え、その中から選び抜かれたイチゴを、熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』として、「FLCパートナーズストア」のお客様にご提供いただいています。
今シーズンも、すでにご予約をいただいている大人気商品です。

a0254656_933268.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、有機栽培に取り組み、キャベツ、白菜、水田ゴボウなどを、完全無農薬・無化学肥料のこだわりの有機栽培で育てています。

a0254656_9333317.jpgそれらの有機栽培の野菜たちもまた、ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
しかし、イチゴだけは、無農薬ではなく、“減農薬栽培”で育てています。

a0254656_17115311.jpgこちらは、7月中旬の苗床の様子です。
イチゴは多年生の植物で、ランナーと呼ばれるツル伸ばし、そこに新しい株ができて増えていくのです。
こうして、親株から伸ばしたランナーで新しい苗を育てるのです。
その時期、どうしても病気になりがちなので、やむおえず農薬を使用します。
様々な研究をし、慣行栽培の農薬の量の半分のみ投与します。

a0254656_17123310.jpg収穫時期ではない、苗を育てる時期に半分の農薬だとは言え、農薬を使うことには変わりないので、あくまでも無の約栽培ではなく、“減農薬栽培”としています。

a0254656_17131019.jpg牛島さんは、必ずそれをお客様にわかるように伝えてほしい!と常々話します。
今年も、「牛島農園」さんのイチゴたちは、こだわりの“減農薬栽培”で、元気に育っています。

a0254656_17171497.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17174374.jpgもちろん「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「今年もすでに、「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』を初回発送分で送ってほしいって予約が入っていますよ!」

a0254656_17214301.jpg「まだホームページでの販売はしていないのですが、昨年も購入いただいたお客様が、待ちきれずにもう何名もお電話で予約いただいたんです。」と言うと、
「ほんとありがたかねぇ~。今年も美味しさと安全性でその期待にしっかり応えんといかんね!」と牛島さんは笑顔で話しました。

a0254656_17261260.jpgずっと現地取材て来た私が保証します!
「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』は、間違いなく安全・安心な、完熟にこだわり収穫する美味しさもイチオシのイチゴです。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
安全・安心、もちろん美味しさへの強いこだわりを持った、『完熟紅ほっぺ』は、12月上旬からの出荷予定です。
まもなく、ホームページにて先行予約の受付をスタートします。
今年の「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』にもご期待ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-18 17:29 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ『熊紅(ゆうべに)』 早くも色付き試食してきました!令和元年度も12月上旬からの出荷予定!前編

FLC日記 2019年11月11日(月) 雨のちくもり
「今年は早くも色付き収穫できるものもあります。笠さん!試食に来てください!!」
イチゴの匠「杉本農園」の杉本一博さんにそう連絡をいただき、さっそく現地取材に行ってきました!
a0254656_17202969.jpg


a0254656_17213781.jpgここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんのイチゴの栽培ハウスです。
連棟建ての広い広いハウスで、熊本現地栽培品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』が栽培されています。

a0254656_17375703.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売いたします。
写真は、2Lサイズ 1箱/1パック(16玉前後)270g以上×4パック

a0254656_17443196.jpg『熊紅』は、2015年にデビューしたばかりの新しい品種で、熊本県でのみ栽培されているイチゴです。鮮やかな“紅色”と熊本県の“熊”から、『熊紅(ゆうべに)』と名付けられました。
円錐形の割と整った形をしているのも特徴の一つです。

a0254656_17432275.jpg果肉に空洞がが見られるものもありますが、柔らかすぎないしっかりとした食感も人気です。
さらに、糖度は13度前後と、イチゴとしてはトップクラスです。
そんな『熊紅』の現在の栽培地の様子を、現地取材してきました!

a0254656_17254641.jpgハウスに伺うと、連絡をいただいた杉本一博さんが作業を行っていました。
「おはようございます。おぉ!それは、玉出し様のロープはりですね!」と言うと、
「そうです。笠さんもかなりわかってきましたね!」と一博さん。

a0254656_17322927.jpg“玉出し”とは、イチゴが実る枝を、葉っぱと重ならないように配置する作業です。
いちごの果実にしっかりと太陽の光を当て、美味しくきれいに育てるための惜しまぬ手間ひまをかけるのです。

a0254656_17340650.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17502976.jpg一博さんのお父さんの杉本憲治さんの作業の様子も取材しお話をうかがいました。
「杉本農園」さんは、今年で18年目を迎える、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。

a0254656_17543386.jpgお父さんの杉本憲治さん(写真)と、お母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、大学で専門的にイチゴ栽培を学んだ、息子さんの杉本一博さんが、さらに進化させ、最高級のイチゴを育てています。

a0254656_17581534.jpg「毎年見せて頂いていますが、今年は特に葉も青々として元気で、どの株もすごくそろってるように見えます。」そう言うと、
「ハハハっ!そう見えるね!でも俺たちからすると、1つ1つ違うけん、しっかり手ばかけてやらんといかんとたい。」と憲治さん。

a0254656_18071755.jpg「ほら!この子は花芽が遅れとるたいね。同じように定植して、同じように育てていっても、どうしても個体差は出るとたい。そこをしっかり見極めながら、それぞれの株に合う手のかけ方ばせにゃんとたい。」

a0254656_18102039.jpg「具体的にはどうするんですか?」と尋ねると、
「一概には言えんばい。それぞれに応じて判断するけんね。まぁ、この子は少し葉の数を減らして、花芽により栄養を送るようにするたいね。」

a0254656_18123647.jpg「ほら!その子は花芽どころか、花が咲き終わりイチゴの果実が成長し始めよるでしょ?さっき、笠さんはどの株もそろってって言ってくれたけど、こうしてしっかり手をかけながらそれぞれに応じた作業を施しよるとたい。」
憲治さんはそう話しながらも手際よく作業を進めていました。

a0254656_18175361.jpg「すごく甘いイチゴの香りがすると思ったら、もうこんなに色づいているのもあるんですね!出荷はいつごろから可能ですか?」と尋ねると、

a0254656_18193884.jpg「そうねぇ~。おそらく例年通りになると思うけど、その辺りは一博と打ち合わせしてみて!」と憲治さん。
「了解しました。貴重な作業を見せて頂きありがとうございました。」
そう俺を言って、一博さんの方へ向かいました。

a0254656_18222790.jpgさて、今回の取材の目的の、出荷の時期と試食について紹介したいとこですが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで詳しく紹介することとします。

a0254656_18372073.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴをネット独占販売いたします。
今年も、熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』の販売です。
現在はホームページは“完売”としていますが、すでにお電話では初回発送分の予約のご注文をたくさん頂戴しているほどの大人気商品です。
明日のブログでは、今年の『熊紅』の味、そして出荷時期について紹介いたします。
お見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-11 18:27 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』 令和元年も12月上旬からの出荷予定!定植後の様子を現地取材!

FLC日記 2019年10月30日(水) 晴れ

a0254656_17195190.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』を、ネット独占販売いたします。
本日は、12月上旬からの出荷に向け元気に育つ『完熟紅ほっぺ』の、定植、マルチビニールはり後の、咲き始めた花や、現在の様子をご紹介いたします。

a0254656_17221876.jpg『紅ほっぺ』は、全体的に紅色に色づく美しさがひときわ目を引き付ける魅力を発するイチゴです。
その1粒1粒の大きさと、紅色の果実の美しさ、イチゴ本来の酸味と糖度13度前後の甘さで、普通のイチゴとは一線を画す特別なイチゴと言われ、全国的にも大変人気の品種です。

a0254656_17260596.jpg
ここは、熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスです。

a0254656_17313991.jpg有機肥料を与え、畝を立てた圃場に、苗床で育てられた『紅ほっぺ』の苗たちがきれいに植えられています。
すでにマルチビニールはりの作業まで終えていました。

a0254656_17340623.jpgこちらは以前取材したマルチビニールはり作業の様子です。
『紅ほっぺ』の苗たちは、毎年9月下旬に定植をしますが、それからしばらくはマルチビニールもハウスのビニールもはりません。

a0254656_17365600.jpgその時期はまだ気温が高いため、そのまま露地栽培のようにして、温度管理をしているのです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17413708.jpgもちろん、「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、年間を通してもう何年もその全てを現地取材してきました。
こちらは現在の苗床の様子で、すでに次の年に栽培する苗たちを育てています。

a0254656_17445765.jpgハウスで作業をする「牛島農園」の牛島武文さんにお話をうかがいました。
「今年も夏の時期に最低限の農薬は使ったたいね。苗たちは元気に育って、無事に定植とマルチ張りが終わったばい。ただ、あくまでも俺が育てるイチゴたちは無農薬栽培じゃなかけんね!そのことは、今年もしっかりよろしくね!」

a0254656_18173275.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、有機栽培に取り組み、キャベツ、白菜、水田ゴボウなどを、完全無農薬・無化学肥料のこだわりの有機栽培で育てています。
しかし、イチゴだけは、“減農薬栽培”で育てています。

a0254656_17505161.jpgイチゴは、苗を育てる夏の時期、どうしても病気になりがちなので、やむおえず農薬を使用します。
様々な研究をし、慣行栽培の農薬の量の半分で元気なイチゴを育てています。

a0254656_17512534.jpgそして、栽培ハウスに定植してからは、一切の農薬を使用せずに『紅ほっぺ』を育てています。
安全、安心な食材の提供を目指す「牛島農園」さんの、こだわりの“減農薬栽培”なのです。

a0254656_17532926.jpg「今日はハウスのビニールを張るための準備ばしよったとこばってん、今年も花の咲き始めたばい!」と牛島さん。
「ホントもうその時期ですよね!どのあたりに咲いてますか?」と尋ねると、

a0254656_17554923.jpg「しっかり見るならすぐ見つけらるっばい!」と指さした先にイチゴの花がありました。
この時期は、開花から収穫まで、約4週間ほどかかるので、今年も12月上旬より、収穫及び出荷の予定です。

a0254656_18002330.jpg「もう花が終わってるのもありますね!」と言うと、
「そぎゃんして早かともあるとたい。ばってん、ある程度の数がそろって、その中からしっかり選んで出したかけん、やっぱ、どぎゃんしたって12月上旬からの出荷だろうね!」と牛島さん。

a0254656_18081197.jpg12月上旬にはこうしてイチゴが色づき収穫を迎えます。
安全、安心のこだわりに加え、2つ目のこだわりが、美味しさなんです!
弊社では「牛島農園」さんの『紅ほっぺ』を、熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』として販売しています。

a0254656_18092772.jpg商品名にあえて“完熟”と入れているのは、「牛島農園」さんの美味しさへのこだわりゆえです。
収穫時にしっかりと完熟したイチゴがやはり一番美味しいんです。

a0254656_18102953.jpg完熟で収穫し、その中から選びに選び抜いた“極選”のイチゴだけを、熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』として、弊社のお客様に提供いただいているのです。
安心、安全と美味しさのこだわりゆえに、今シーズンも、すでに初回発送分からたくさんのご予約をいただいている大人気商品なんです。

a0254656_18110403.jpg「今期の『完熟紅ほっぺ』も、もうすでにたくさん注文(予約)を頂いているんですよ。」と言うと、
「もうね!でもそれは嬉しかねぇ~。まだまだこれから収穫までにはひと手間もふた手間もかけて育てていかにゃんけん、今年も今までのイチゴに負けんとばしっかりと育て上げんといかんね!」
牛島さんは笑顔でそう話してくれました。

a0254656_18132494.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
安全・安心、もちろん美味しさへの強いこだわりを持った、『完熟紅ほっぺ』は、12月上旬からの出荷予定です。
収穫までの惜しまぬ手間ひまや匠の技は、また現地取材にてご紹介いたします。
今年の「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』にもご期待ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-10-30 18:14 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』定植後の様子 令和元年度は12月上旬から出荷予定!

FLC日記 2019年10月3日(木) くもり時々雨
「今年(令和元年)は、9月21日に定植作業を行いました。毎年秋分の日前後に行いますので、今年もほぼ予定通りです!」
そう話してくれたのは、イチゴの匠「杉本農園」の杉本一博さんです。
a0254656_16560073.jpg
こちらが苗床でそだてられ、栽培ハウスに定植された、熊本限定栽培品種の高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』苗たちです!

a0254656_16592280.jpg熊本県山鹿市にある、「杉本農園」さんの『熊紅(ゆうべに)』の栽培ハウスに現地取材に行ってきました。
「杉本農園」さんのイチゴの栽培ハウスはとても広く、1枚の写真では到底収まりきれません。

a0254656_17253553.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴをネット独占販売いたします。

a0254656_17453445.jpg「杉本農園」さんでは、熊本限定栽培品種の高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』を栽培しています。
糖度が13度前後と、イチゴとしてはトップクラスの美味しさで、弊社の大人気商品です。

a0254656_18485383.jpg特に、大粒の3Lサイズの『熊紅』(写真)は、昨年は3週間待ちともなる人気ぶりで、毎回の出荷予定数は常に完売となったほどです。
そして、今年もその『熊紅』のハウスでの栽培がスタートしました。

a0254656_17044646.jpgハウスに伺うと、杉本一博さんが取材協力のため作業の手を休めこちらに来てくれました。
「杉本農園」さんは、イチゴ一筋19年の、まさに匠と呼べる農家さんです。

a0254656_17095158.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
こちらは、7月中旬の苗床の様子です。

a0254656_17133059.jpgイチゴは、多年生の植物です。
左の親株から、ランナーと呼ばれるツルを伸ばし、そこに新しい株ができます。
そうして増やし、それれの子株をハウスに定植し栽培するのです。

a0254656_17255343.jpgハウスには畝をたて、そこに千鳥(苗が交互になるよう植えること)で定植を行います。
定植後、一定期間を置いてから、マルチビニールを敷き栽培するのです。
マルチビニールを敷く作業の様子は、また後日現地取材して紹介いたします。

a0254656_17320932.jpg「杉本農園」の杉本一博さんです。
「こうしてイチゴの苗が畝にきれいに定植されると、今年もいよいよって感じですね!今はどんな作業をされていたのですか?」と尋ねると、

a0254656_17450139.jpg「不要な葉の茎をかいでいました。この時期に必要な葉の数は残しながら、古い葉っぱを取り除いていたんです。」と杉本さん。
「不要な葉っぱは、私が見てもわかりますか?」と尋ねると、

a0254656_17554498.jpg「古い葉っぱかどうかは、すぐにわかると思いますよ!1つ採ってみましょうか!」
杉本さんはそう言うと、1株の苗から、1本の葉のついた茎をかいでくれました。

a0254656_17572514.jpg「ほら!茎の色が赤くなっているのがわかりますか?これが古い葉っぱの茎ですね!」
「それでは、そう赤くなっているのは全て取り除くんですか?」とまた尋ねると、

a0254656_18014429.jpg「一概には言えないんです。その下部つ1つを見ながら、あえて残す場合もあります。笠さんがちょうど撮影している株はその赤い茎も残します。」

a0254656_18042045.jpg「それぞれの株の現在の葉の数と、その勢いなど総合的にみて、赤い茎の葉をとる場合と、あえて残す場合があります。それにはマニュアル的なのはなくて、見て判断するしかないんです。」と杉本さん。
おそらくそれは、長年の経験によるまさに“匠の技”と呼べる判断なのだと私は理解しました。

a0254656_18073203.jpg現在、こうして新しい葉が芽吹いています。
その後、花芽が芽吹き、そこに花が咲きイチゴの果実が実るのです。

a0254656_18133363.jpg「先日「今年も杉本農園さんの『熊紅』を初回発送分で予約したいんですけど!すごく美味しかったので、今年も早く食べたくって!」って、電話がかかってきましたよ。」と言うと、

a0254656_18095585.jpg「うわぁ!それは嬉しいですね!今年もしっかり育て上げんといかんですね!早ければ11月下旬には実りますが、しっかり選んで良いものを出したいので、今年も12月上旬から出荷ってことで良いですかね?」と杉本さん。

a0254656_18162047.jpg「杉本農園」さんの熊本限定栽培品種の高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』は、現在、定植を終えたばかりです。
これから、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、しっかりと育てていきます。

a0254656_18202633.jpgその様子は、これからも現地取材してこのブログで紹介いたします。
「FLCパートナーズストア」では、令和元年度も「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売いたします。
今年も、完全予約制販売で、朝採り、即日発送でお届けいたします。
「杉本農園」さんの『熊紅(ゆうべに)』に、今年もご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-10-03 18:23 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

完熟紅ほっぺ 定植に向け現在の栽培ハウスと元気な苗床の様子!今年もこだわりの減農薬栽培で育てます!

FLC日記 2019年9月21日(土) くもり(台風17号接近)
「今年も良か苗のできとるばい。今、イチゴ(紅ほっぺ)ば定植するための畝立てばしよったとこたい。稲刈りもせにゃんし、これからますます忙しくなるばい。」
そう元気に話してくれたのは、熊本産高級イチゴこだわりの『完熟紅ほっぺ』を生産する「牛島農園」の牛島武文さんです。
a0254656_18210530.jpg
これらは、元気に育つ『完熟紅ほっぺ』の苗たちです。
1株1株きちんとポットに入り「牛島農園」さんの苗床で栽培されています。

a0254656_18232792.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年度(平成29年度)も安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』を、ネット販売いたします。

a0254656_18244698.jpg4日前の9月17日「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の現在の様子を現地取材に行ってきました。
ここは、熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の新しい苗を育てる“苗床”です。

a0254656_18260425.jpg苗床とは、集中して管理しながら、新しい苗を育てるところです。
まもなく栽培ハウスに定植を迎えるイチゴ(紅ほっぺ)の苗たちが、今年も青々と元気に育っていました。

a0254656_18273854.jpgイチゴは、多年生植物です。
親株はランナーを伸ばし、新しい株作ります。
現在、元気に成長中の小さなポットの苗を、栽培ハウスに9月下旬に定植し、イチゴを育てます。

a0254656_18285653.jpg「今年も夏の時期に、最低限(慣行栽培の農薬の半分の量)だけは、使ったたいね。ばってん、それでもピシャッと管理していくと、こぎゃんして立派な苗のでくっとたい。」
「牛島農園」の牛島武文さんがそう話してくれました。

a0254656_18315965.jpg「本当はイチゴも無農薬で育てたかばってん、こればっかりはどぎゃんもならん!夏の時期はどぎゃんしたって病気や害虫の入るとたい。だけん、たいぎゃ(とても)研究して、最低限の農薬だけ使用しよるとたいね。」

a0254656_18331623.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、有機栽培に取り組み、キャベツ、白菜、水田ゴボウなどを、完全無農薬・無化学肥料のこだわりの有機栽培で育てています。

a0254656_18390408.jpgこちらは、11月下旬のまもなく収穫をスタートするころの栽培ハウスの写真です。
夏の時期に最低限の農薬を使用しますが、定植を行う9月下旬からは一切の農薬を使用しません。
しかし、例え夏の時期だけだろうが農薬を使用することには違いないので、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』はあくまで減農薬栽培のイチゴとして出荷しています。

a0254656_18415938.jpgこちらは、まもなく定植を迎える栽培ハウスの様子です。
降雨してきちんとならしたのちに、イチゴを栽培するための畝を立てます。

a0254656_18430509.jpg隣のハウスはすでに畝立て作業を終えていました。
ここに、苗床で元気に育てた「紅ほっぺ」の苗たちを、9月下旬に定植するのです。

a0254656_18455253.jpgその様子がこちら!
以前取材した定植作業の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18485352.jpgもちろん、「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、年間を通してもう何年もその全てを現地取材してきました。
ちなみに、畝や通路のマルチビニールを張るのは、イチゴがいったん寒さを感じた後の10月中旬ごろに行います。
そうすることで、本来、春に実をつけるイチゴたちが花咲き果実を実らせるのです。

a0254656_18515877.jpg「農作業は待ったなしだけんね。こぎゃんしよる間にも、苗は育つし、定植の時期は迫りよるたいね。俺の都合で作業ば遅らせるわけにはいかんとだけん、今年もしっかり手をかけて良かイチゴば育てるばい。」
牛島さんは今回の取材の最後にそう話してくれました。

a0254656_19083877.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
「牛島農園」さんの減農薬栽培の、安全・安心、もちろん美味しさへの強いこだわりを持った、『完熟紅ほっぺ』は、12月上旬からの出荷予定です。
これからも、現地取材にて成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技などをご紹介します。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-09-21 18:57 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』 令和元年度の生産に向け苗床とハウスの様子を取材!後編

FLC日記 2019年7月25日(木) 晴れ
一昨日のブログに続き、本日のブログではイチゴの匠「杉本農園」さんの苗床の様子と、現在の栽培ハウスの様子を紹介いたします。
a0254656_17453445.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴをネット独占販売いたします。

a0254656_16472242.jpg「杉本農園」さんが栽培している『熊紅(ゆうべに)』は、熊本県のオリジナル品種す。
現在、熊本県でのみ栽培及び出荷されています。
まだまだ出荷数の少ない、大変希少品種のイチゴです。

a0254656_16492792.jpg特徴としましては、なんと言ってもこの鮮やかな果皮の紅色ですね!
熊本県の“熊”と、その紅色の“紅”をとって、『熊紅(ゆうべに)』と名付けられました。
糖度は13度前後と、イチゴとしてはトップクラスです。
甘みと若干の酸味もあり、とてもバランスの良い味わいです。
果肉に空洞がが見られるものもありますが、柔らかすぎないしっかりとした食感も人気のようです。

a0254656_17384216.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市にある、イチゴの匠「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』の栽培ハウスの収穫時期の様子です。

a0254656_18121495.jpg『熊紅(ゆうべに)』の収穫の時期は、11月末から5月中旬位までです。
その期間、匠の技でほぼ切れることなく美味しいイチゴを収穫し続けます。
では、現在の栽培ハウスの様子を紹介しましょう!

a0254656_18142710.jpg収穫時期とは全く異なる光景が広がっています。
収穫を終えたイチゴの苗は、この様に枯れていました。
正確に言うと、イチゴの苗たちを枯らしています。

a0254656_18170198.jpg日差しの強い夏の時期に、こうしてハウスを締め切ります。
すると、ハウスの中はおそらく70~80℃位になり、イチゴの苗たちは枯れてしまいます。

a0254656_18183020.jpgこれは、熱消毒と言って、イチゴの苗ともども病気や害虫を駆除する方法です。
熊本の旬を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18225343.jpgもちろん「杉本農園」さんのイチゴの栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
以前取材した「杉本農園」の杉本一博さんと私とのやり取りをもとに熱消毒の様子を紹介します。

a0254656_18245974.jpg「強い消毒剤を使って駆除する方法もあるんですが、やはりイチゴは生のまま直接食べるでしょ?だから、できるだけ安全な方法で病気や害虫を駆除したくて毎年こうやってます。」
「それでは、あの頑張てくれた“チリカブリダニ”も死んじゃうんですか?」と尋ねると、

a0254656_18263016.jpg「えぇ!そうなっちゃいますね。」
と杉本さん。
イチゴ栽培で最も怖いのは、“ハダニ”と呼ばれる害虫ですが、「杉本農園」さんでは、安心・安全な方法でそれらを駆除しています。

a0254656_17513078.jpg「えぇ!そうなっちゃいますね。」
と杉本さん。
イチゴ栽培で最も怖いのは、“ハダニ”と呼ばれる害虫ですが、「杉本農園」さんでは、安心・安全な方法でそれらを駆除しています。

a0254656_17565203.jpgそれが、この葉っぱの上にまいてある、おがくずのようなものにいるんです。
それは、ハダニを食べる“チリカブリダニ”です。
チリカブリダニは、カブリダニの1種で、イチゴの生育に悪影響を及ぼすダニを食べる生物です。

a0254656_17585536.jpgこちらは、以前の取材で“チリカブリダニ”を散布する、一博さんの様子です。
ハダニもチリカブリダニも口に入っても全く問題ないものですが、ハダニはイチゴに害を及ぼし、その害を及ぼすハダニを食べてくれるのがチリカブリダニと言うわけです。

a0254656_18002574.jpg昨年からは、チリカブリダニに加えて、同じ働きのミヤコカブリダニも散布しました。
それぞれの活動時期が異なるため、長期にわたって農薬を使用せずに元気なイチゴを育てるためです。

a0254656_18302646.jpg熱消毒を行うことで、この時点では病気や害虫はほぼいなくなってます。
その後、マルチビニールの片付けをして、耕運しならして、有機肥料をしっかりと与えて、元気な土つくりそこに今年の新たな苗を定植するのです。

a0254656_18311799.jpg一昨日のブログで詳しく紹介しましたが、今年も「杉本農園」さんの苗床では、『熊紅』の今年定植する苗たちがとても元気に育っていました。
毎年繰り返される惜しまぬ手間ひまが、安全で美味しいイチゴを育てます。

a0254656_18332534.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴをネット独占販売いたします。
今年ももちろん、熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』の販売です。
これからも、惜しまぬ手間ひまや栽培の様子、成長過程など現地取材で紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-07-25 18:34 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』 令和元年度の生産に向け苗床とハウスの様子を取材!前編

FLC日記 2019年7月23日(火) くもり一時雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和元年度)も、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴをネット独占販売いたします。
a0254656_17253553.jpg


a0254656_17453445.jpg現在、「杉本農園」さんでは、熊本限定栽培品種の高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』を栽培しています。
糖度が13度前後と、イチゴとしてはトップクラスの美味しさで、弊社の大人気商品です。

a0254656_18485383.jpg特に、大粒の3Lサイズの『熊紅』(写真)は、3週間待ちともなる人気ぶりで、毎回の出荷予定数は常に完売となったほどです。
そして、今年、「杉本農園」さんでは、この時期『熊紅』の2年目の苗作りを行っています。

a0254656_17492356.jpg熊本県山鹿市にある、「杉本農園」さんの熊本産高級いちご『熊紅(ゆうべに)』の栽培ハウスです(2018年12月中旬撮影)。
「杉本農園」さんは、イチゴ一筋19年の、まさに匠と呼べる農家さんです。

a0254656_17532495.jpg「杉本農園」さんのイチゴの栽培ハウスはとても広く、1枚の写真では到底収まりきれません。
いつも取材協力いただく、「杉本農園」の杉本一博さんです。

a0254656_17551248.jpg「杉本農園」さんでは、一博さんのお父さんの、杉本憲治さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の洋子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに、大学で専門的にイチゴ栽培を学んだ一博さんの新しい知識が加わり、惜しまぬ手間ひまをかけ、“本物”と呼べるイチゴを育てる“匠の農家さん”です。

a0254656_17501914.jpgこれまで、本当に様々な品種のイチゴを栽培してきました。
しかし、平成29年度からは、熊本限定栽培品種の高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』の栽培1本にしました。

a0254656_17590628.jpg『熊紅』は、熊本県農業研究センターが、熊本県内でのいちご栽培面積の6割を占める 「さがほのか」に代わる品種として、2005年(平成17年)から約9年間にわたり開発に取り組んできた品種で、2015年にデビューしたばかりの新しい品種です。

a0254656_18081338.jpgこちらは、現在の『熊紅』たちで、苗床で元気に育っています。
「杉本農園」さんでは、毎年9月中旬にイチゴの苗を定植します。
それまでは苗床で苗を増やしながら徹底管理しています。

a0254656_18155583.jpgイチゴは、多年生の植物です。
左の親株から、ランナーと呼ばれるツルを伸ばし、そこに新しい株ができます。
そうして増やし、それれの子株をハウスに定植し栽培するのです。

a0254656_18182422.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18195971.jpg本日、苗床の現在の取材に伺うと、一博さんのお母さんの杉本洋子さんが作業をしていました。
「あらぁ~!笠さん!おはよう!今日は一博がいないけど良い?」と洋子さん。

a0254656_18244722.jpg「もちろんですよ!ランナーの次男たちをポットに固定する作業をしてたんですか?」と尋ねると、
「笠さんもホント詳しくなったわよね!そうなのよ!土に固定してあげないと、これから天気が良くなると焼けちゃうからね!」とのこと。

a0254656_18270678.jpg焼けるとは本当に燃えることではありません。
ここは苗床で前面に土があるのではないので、ランナーの先の新しく株となる部分がシートについたままだと、天気が良くなってくると熱で傷んでしまうので、きちんとポットの固定していたのです。

a0254656_18305278.jpgイチゴは、ランナーと呼ばれる枝を伸ばし、その先に新しい株が育ちます。
親株から伸びたランナーの先の子株を、ポットの中に赤いピンを使って固定して、しっかりと根付かせるのです。

a0254656_18312022.jpgこの写真で言うと、中央の2列並んでいるのが親株です。
そこから最初に伸びたランナーから長男を育て、さらに長男からランナーは伸び次男を育て、その次、その次と四男まで作ります。
イチゴは果実を実らせるので、長男と言うより、長女、次女・・・と言ったところですかね。
さすがは“イチゴの匠”!
今年も元気な苗が育っていました。

a0254656_18340546.jpg「直接苗床に来たんですが、栽培ハウスは今は例のあの時期ですよね?」と言うと、
「例のあの時期?あ~ぁ!!そうそう!行ってみると良いわよ!」と洋子さん。
洋子さんに取材協力のお礼を言って、この後、現在の栽培ハウスの様子を取材に行きました。

a0254656_18370945.jpgそこには、この写真のような収穫期の頃とは、全く異なる様子が広がっています。
その様子を紹介したいとこですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介いたします。
→続きは翌々日(7月25日)のブログでの紹介と変更しました。「FLCパートナーズストア」では、令和元年ども「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売いたします。
これからも、栽培の様子や成長過程など現地取材で紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-07-23 18:40 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

母の日ギフト2019 至高の最旬フルーツをお届けしませんか?第2弾!:熊本産高級イチゴ『熊紅』

FLC日記 2019年4月28日(日) くもり
母の日に、熊本産の高級イチゴ『熊紅(くまべに)』を贈りませんか?
まもなく母の日ですね!
今年(2019年)は5月12日(日)、約2週間後です。
熊本の旬の食材を販売する「FLCパートナーズストア」のおすすめ母の日フルーツギフトのご紹介です!!
本日は、その第2弾として、熊本産の高級イチゴ『熊紅』を紹介いたします。

a0254656_16352668.jpg


a0254656_16405125.jpg母の日に、「FLCパートナーズストア」の“本物”と呼べるフルーツをプレゼントするのはいかがですか?
最後に、ハッピークローバーカードのプレゼントのご案内もしますので、お見逃しなく!!

ギフト商品のページを今すぐ見てみたい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓



熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』
a0254656_16435902.jpg

今すぐ注文したい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』


熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』
生産者:熊本県山鹿市「杉本農園」さん
商品名:熊本産イチゴ『熊紅(ゆうべに)』3Lサイズ
    2箱/1パック8(6~9玉)270g以上 計4パック/1箱2パック入
販売価格:4,536円(税込)、他

a0254656_16472242.jpg『熊紅(ゆうべに)』は、熊本県のオリジナル品種す。
現在、熊本県でのみ栽培及び出荷されています。
まだまだ出荷数の少ない、大変希少品種のイチゴです。

a0254656_16492792.jpg特徴としましては、なんと言ってもこの鮮やかな果皮の紅色ですね!
熊本県の“熊”と、その紅色の“紅”をとって、『熊紅(ゆうべに)』と名付けられました。
糖度は13度前後と、イチゴとしてはトップクラスです。
甘みと若干の酸味もあり、とてもバランスの良い味わいです。
果肉に空洞がが見られるものもありますが、柔らかすぎないしっかりとした食感も人気のようです。

a0254656_17384216.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市にある、イチゴの匠「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』の栽培ハウスです。

a0254656_18062981.jpg「杉本農園」さんは、今年で18年目を迎える、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。
お父さんの杉本憲治さん(写真)と、お母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、大学で専門的にイチゴ栽培を学んだ、息子さんの杉本一博さんが、さらに進化させ、最高級のイチゴを育てています。

a0254656_17275223.jpg杉本一博さんです。
「今年は、イチゴの株がしっかりしていて、良いイチゴができているので、おそらく5月の下旬までは出荷しますが、笠さんとこのお客様には、完熟したより良いものを出したいので、5月中旬までにしましょうかね!」と一博さん。

a0254656_17305176.jpg取材に伺ったこの日は、一般流通用のイチゴを収穫していました。
一般流通だと店頭に並ぶまで1週間ほどかかる場合もあるので、少し白いくらいで収穫し出荷しています。

a0254656_17330666.jpg一方、弊社のお客様のイチゴは、出荷後、翌日または翌々日には届けるという条件のもと、しっかりと熟したものを朝採りで収穫し出荷いただいています。
ですから、美味しさもひと味違うんです。

a0254656_18102209.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子を、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は夏の苗床の様子です。

a0254656_18113569.jpg収穫の様子はもちろんのこと、収穫後の土つくり、苗床での翌年用の苗の育成の様子、定植作業(写真)、花が咲き、いちごの成長の過程などその全てです。

a0254656_18154412.jpg「杉本農園」さんが最もこだわっているのは、美味しさと安全性です。
美味しいことはもちろんのこと、生で食べることの多いイチゴをしっかり安全にお届けしたいとこの時期農薬を使用せずに育てています。

a0254656_18183251.jpgこの時期、イチゴの生育に悪影響を及ぼすのが“ハダニ”です。
一般的には農薬を使用して駆除します。
「杉本農園」さんでは、ハダニの害虫である“チリカブリダニ”を使って駆除します。

a0254656_16131438.jpgイチゴの葉っぱの上に乗っているおがくずのようなものは、一博さんが蒔いた“チリカブリダニ”です。
チリカブリダニは、カブリダニの1種で、イチゴの生育に悪影響を及ぼすダニを食べる生物です。

a0254656_16201139.jpgハダニもチリカブリダニも口に入っても全く問題ないものですが、ハダニはイチゴに害を及ぼし、その害を及ぼすハダニを食べてくれるのがチリカブリダニと言うわけです。
農薬を使うのではなく、天敵のダニを使用することで、私たち消費者には安全なイチゴを提供しています。

a0254656_18315439.jpg私は、ずっと続けてきたこの現地取材で、そのことを知っているので、その場で摘みたてのイチゴを、洗うこともせずにそのまま食べています。
「杉本農園」さんは安全性と美味しさにこだわりぬく匠の農家さんです。

a0254656_19390615.jpgもちろんご購入いただいたお客様は、埃などを落とすため水洗いして食べて頂くことをおすすめします。
「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売しています。

a0254656_19410211.jpg美味しさにこだわり、安全性にこだわり、惜しまぬ手間ひまをかけ育てられた『熊紅(ゆうべに)』は、母の日ギフトとしても大変喜ばれる商品です。
ただし、朝採り、即日発送でお届けするため、完全予約制の数量限定での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。

ご注文、詳しい情報を知りたい方はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』


■特典のお知らせ!■
「母の日ギフト」の特典として、注文時にご指示いただきますと、「ハッピークローバーカード」をお母様のお名前で用意し商品と一緒に、お送りするプレゼントキャンペーン中です!!
「FLCパートナーズストア」の“FLC”とは、「Four-Leaf Clover」 四つ葉のクローバーです。

a0254656_20331673.jpg弊社の敷地内で探し出した四葉のクローバーをカードにして、「母の日ギフト」と一緒にお届けいたします。
世界で1枚だけのオリジナルカードです!!
お手数ですが、ご注文時に、「母の日ギフト」と明記し、「ハッピークローバーカード希望 氏名:    」とお母様のお名前を併記してください。
いつもと違う、オリジナルプレゼントはいかがですか?

母の日ギフト用の商品は、5月10日(金)に、こちらを発送致します。
母の日の前日の5月11日(土)、または、母の日当日の5月12日(日)の配達予定です。
お届け日のご希望や時間指定などがございましたらお知らせください。

a0254656_2035442.jpg
「FLCパートナーズストア」では、販売するすべての商品の作付地に伺い、匠の農家さんの苦労や喜びをリアルにお伝えし、ご紹介しています。

a0254656_17500876.png弊社の商品はすべて、他では買えないものばかりです。
もちろん、今回紹介した「杉本農園」さんの熊本限定栽培品種の高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』も、「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売の商品です。

まずは、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ネットショップだけでものぞいてみてください!
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-04-28 17:40 | イチゴ | Trackback | Comments(0)