ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:イチゴ( 81 )

熊本いちご『熊紅』 9月中旬の定植に向け栽培ハウスの熱消毒と土つくり

FLC日記 2018年8月2日(木) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴをネット独占販売いたします。
a0254656_18031304.jpg


a0254656_18032355.jpg平成28年度までは、『さがほのか』と言う品種のイチゴを販売していました。
熊本産高級いちご『さがほのか』は、とても香りが高く、その甘い香りが最大の特徴です。

a0254656_18044001.jpg鮮紅色のあざやかな色合いと、美しい円錐形の形状で、最も“苺らしいいちご”とも呼ばれています。
12月上旬から5月上旬まで販売し、リピート率の高い大変人気の商品でした。

a0254656_18054497.jpg「杉本農園」さんでは、昨年(平成29年度)より、熊本限定栽培品種の高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』を栽培することに変更しました。
糖度が13度前後と、イチゴとしてはトップクラスの美味しさは、すぐに弊社の大人気商品となりました。

a0254656_18485383.jpg特に、大粒の3Lサイズの『熊紅』(写真)は、3週間待ちともなる人気ぶりで、毎回の出荷予定数は常に完売となったほどです。
そして、今年、「杉本農園」さんでは、この時期『熊紅』の2年目の苗作りを行っています。

a0254656_18165285.jpg9月中旬の定植に向け、今年も順調に元気に育苗中です。
その様子は、昨日のブログで詳しく紹介しています。
ぜひそちらもご覧ください。


a0254656_18193248.jpgこちらは、昨年12月中旬の、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅』の栽培ハウスです。
『熊紅』は、11月下旬から、4月いっぱい位まで収穫及び出荷をします。

a0254656_18212565.jpg熊本の旬を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「杉本農園」さんのイチゴの栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18234174.jpgそして、現在の栽培ハウスがどうなっているかと言うと、このようにハウス全体をビニールで覆い、密閉状態にしてあります。
これは、栽培期間中にハウス内に潜入した危険のある、病気や害虫をハウスを締め切り高温にすることで駆除しているのです。

a0254656_18255513.jpg「杉本農園」の杉本一博さんです。
昨日のブログで紹介したように、苗床の取材を終え、ハウスの現在の様子を見せてもらうことにしたのですが、
「この時間(午前中)でも、ハウスの中はかなりの高温になってるので、取材は中には入らず、外からだけの方が良いですよ。」
と言われたので、外観だけを撮影しました。

a0254656_18283540.jpg以前取材した写真で、中の様子を紹介します。
収穫を終えたイチゴの苗たちは、こうして枯れていました。
正確には、枯らしていたのです。

a0254656_18302220.jpg苗がここまで枯れるほど、ハウスの中は高温(70~80℃)になるのです。
以前の取材で、一博さんにうかがった話を引用して紹介します。

a0254656_18320572.jpg「強い消毒剤を使って駆除する方法もあるんですが、やはりイチゴは生のまま直接食べるでしょ?だから、できるだけ安全な方法で病気や害虫を駆除したくて毎年こうやってます。」

a0254656_18374191.jpg「杉本農園」さんでは、栽培するイチゴの美味しさはもちろんのこと、安全性にも強いこだわりをもって栽培しています。
イチゴ栽培で最も怖いのは、“ハダニ”と呼ばれる害虫です。

a0254656_18391553.jpg「杉本農園」さんでは、安心・安全な方法でそれらを駆除しています。
葉っぱの上にまいてある、おがくずのようなものにいるのがそれで、ハダニを食べる“チリカブリダニ”です。
チリカブリダニは、カブリダニの1種で、イチゴの生育に悪影響を及ぼすダニを食べる生物です。

a0254656_18405486.jpgハダニもチリカブリダニも口に入っても全く問題ないものですが、ハダニはイチゴに害を及ぼし、その害を及ぼすハダニを食べてくれるのがチリカブリダニと言うわけです。
この時期の熱消毒で、ハダニも死滅しますが、大事なチリカブリダニも死滅するので、毎年タイミング尾を見計らって散布しています。

a0254656_18433564.jpg熱消毒を終えると、マルチビニールや潅水チューブをかたずけ、有機肥料をふんだんに入れた土つくりを行います。
今年は、畝立て作業の様子もぜひ取材したいと思っています。

a0254656_18460837.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴをネット独占販売いたします。
平成29年度から栽培を始めた、熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』の販売です。
これからも、惜しまぬ手間ひまや栽培の様子、成長過程など現地取材で紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-08-02 18:49 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本いちご『熊紅』 9月中旬の定植に向け元気に苗が成長していました!苗床の様子を現地取材!

FLC日記 2018年8月1日(水) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴをネット独占販売いたします。
a0254656_18194795.jpg


a0254656_18210655.jpg「杉本農園」さんが生産しているのは、熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』です。
『熊紅』は、2015年にデビューしたばかりの新しい品種です。

a0254656_18245371.jpg鮮やかな“紅色”と熊本県の“熊”から、『熊紅(ゆうべに)』と名付けられました。
円錐形の割と整った形をしているのも特徴の一つです。
果肉に空洞がが見られるものもありますが、柔らかすぎないしっかりとした食感も人気で、糖度は13度前後と、イチゴとしてはトップクラスです。

a0254656_18371842.jpgこちらは、3月中旬の収穫の様子です。
収穫を行っているのは、「杉本農園」の杉本一博さんです。
色付き具合を匠の目で判断しながら、1つ1つ丁寧に収穫しています。

a0254656_18440807.jpg「杉本農園」さんは、今年で19年目を迎える、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。
一博さんのお父さんの憲治さんと、お母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、大学で専門的にイチゴ栽培を学んだ、息子さんの杉本一博さんが、さらに進化させ、最高級のイチゴを育てています。

a0254656_18464403.jpg『熊紅』の出荷時期は、11月下旬~4月下旬位までです。
ではこの時期、イチゴがどうなっているかと言うと、こちらの“苗床”で、9月に定植するための苗たちを増やしています。

a0254656_18495008.jpgイチゴは、多年生植物で、親株からランナーで新しい株を増やし、それをハウスに定植し育てるのです。
右にあるのが親株で、ポットで元気に成長しているの定植する子株たちです。

a0254656_18521125.jpgその様子を取材してきました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子を、もう何年も年間を通して現地取材しています。

a0254656_18534406.jpg「笠さんは毎年見ていることですが、親株から伸びたランナーの先の子株を、ポットの中に赤いピンを使って固定して、しっかりと根付かせるんです。」
と一博さん。

a0254656_18560566.jpg「親株からの栄養をうけながら、自分でも根をはり、自立できるように、今は必死に頑張っているところですね。最初に伸びたランナーから長男を育て、さらに長男からランナーは伸び次男を育て、その次、その次と四男まで作ります。」

a0254656_18583059.jpg「そうやって、9月中旬に定植する数の苗を、この時期にこうして増やしているんです。」
一博さんがそう説明してくれました。
毎年繰り返される、惜しまぬ手間ひまの苗作りです。

a0254656_19052590.jpg「ところで、その腕のシップはどうしたんですか?」と尋ねると、
「実は頸椎ヘルニアになって、その影響が腕に出てるんです。大したことはないので普通に仕事してますけどね!」とのこと。
そう聞いたので、ホッとしました。

a0254656_19074119.jpg「昨年も、笠さんを介して、たくさんの方から「美味しいです!また注文します!」の声を頂いたので、しっかり頑張りますよ!」
一博さんはそう言いながら笑顔を見せてくれました。

a0254656_19093540.jpg「今日は直接苗床に来られたんですよね?帰りに栽培ハウスも見てみてください。苗作りと同時進行で、ハウスは今、熱消毒をしています。」
そう言っていただいたので、苗床の取材を終え栽培ハウスも見せて頂くことにしました。

a0254656_19120828.jpg今年も「杉本農園」さんの『熊紅』の苗床では、こうして9月中旬に定植を迎える苗たちが、元気に成長していました。
そのご取材した定植をする栽培ハウスの様子もご紹介したいところですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで詳しく紹介いたします。

a0254656_19144272.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴを今年もネット独占販売いたします。
昨年(平成29年度)から販売を始めた、熊本限定栽培品種の『熊紅』です。
これからも、栽培の様子や成長過程など現地取材で紹介していきます。
まずは、明日のブログもお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-08-01 19:17 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

完熟紅ほっぺ イチゴは多年生植物!減農薬栽培の苗床の様子と栽培ハウスの片付け

FLC日記 2018年7月21日(土) くもり時々雨のち晴れ
「苗床では、元気に苗が育ちよるばい。今年は夏の最低限の消毒もまだしとらんとたいね。ハウスは熱消毒が済んだけん、今日は次の定植に向けて、内張パイプの片付けばしよったとこたい。」
匠の農家さん「牛島農園」の牛島田武文さんがそう笑顔で話してくれました。
苗床では、熊本産高級イチゴの『紅ほっぺ』の苗が元気に成長していました。
a0254656_16244123.jpg


a0254656_16262628.jpgここは、熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の新しい苗を育てる“苗床”です。
苗床とは、集中して管理しながら、新しい苗を育てるところです。

a0254656_16274129.jpgイチゴは、多年生植物です。
親株はランナーを伸ばし、新しい株作ります。
現在、元気に成長中の小さなポットの苗を、栽培ハウスに9月下旬に定植し、イチゴを育てます。

a0254656_16295388.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』を、ネット独占販売しています。

a0254656_16315418.jpg12月上旬から4月中旬までの販売で、こだわりの減農薬栽培と“完熟”にこだわり朝採り即日発送でお届けする新鮮な美味しさで、毎回の出荷予定数は常に完売する大人気商品です。

a0254656_16382722.jpgこちらは、収穫真っ盛りの3月上旬の『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウス農様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16400398.jpg「牛島農園」さんのこだわりイチゴ『完熟紅ほっぺ』も、収穫の様子はもちろん、その全てを年間を通して取材して、このブログで紹介しています。
写真は4月下旬の収穫を終え片付けを始めたハウスの様子です。

a0254656_16442109.jpgそして現在は、たくさんいちごを実らせてくれた苗たちを片付け、マルチビニールをはぎ、2重にしていた内側のビニールハウス用のパイプの片付け作業を行っていました。

a0254656_16470039.jpg「ちょっと待ってな!切りの良かとこまでしてから、ちょっと休憩するけん!」
牛島さんはそう言いながら、黙々とパイプを運び出していました。

a0254656_16482398.jpg「牛島農園」の牛島武文さんです。
「長雨の続いたと思ったら、今度はカンカン照りが続くなぁ~。夏の作業は堪えるばい!」
そう言いながらも、牛島さんはいつもの明るい笑顔です。

a0254656_16555937.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、有機栽培に取り組み、水田ゴボウ、キャベツ、白菜などを、完全無農薬・無化学肥料のこだわりの有機栽培で育てています。

a0254656_17055116.jpgただし、イチゴは無農薬栽培ではありません。減農薬栽培です。
「イチゴは多年生の植物だけん、この苗を育てる夏の時期に、どうしても病気が出る可能性があるとたい。だけん、最低限(慣行栽培の半分だけ)の農薬ば使うとたいね。今年はまだしとらんばってん、この時期以外に農薬は使わんととたいね。でも、少しでも使うことには変わりはなかとだけん、キャベツや白菜、水田ごぼうは無農薬の有機栽培、イチゴは減農薬栽培ってわかるようにお客様に伝えにゃんばい!」

a0254656_17132196.jpg牛島さんは常々私にそう話します。
「生産者は正直であれ!」牛島さんの口癖です。
「この時期に最低限の農薬で元気な苗ば育てて、次も美味しかイチゴば育てにゃんね!」
牛島さんは取材の最後にそう話しました。

a0254656_17154731.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
減農薬のこだわり!完熟のこだわり!で育てられた、安心・安全な『完熟紅ほっぺ』です!!

a0254656_17174002.jpgこれからも、現地取材にて成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技などをご紹介します。
私は、「牛島農園」さんのこだわり『完熟紅ほっぺ』を、正直に一生懸命育てるその姿と、もちろんイチゴの美味しさに惚れ抜き、弊社でネット独占販売しています。
12月上旬よりの収穫及び発送予定です。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-07-21 17:19 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』お急ぎ下さい!レギュラーパック3月30日発送分、平積みパック4月中旬まで!

FLC日記 2018年3月23日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』を、ネット独占販売しています。
a0254656_16405374.jpg


a0254656_16544891.jpgあえて、商品名に“完熟”と入れるほど、最も美味しいタイミングにこだわり収穫された、朝採りイチゴを即日発送でお届けしています。
毎回の出荷予定数は、常に完売する大人気商品です。

a0254656_17285299.jpg『紅ほっぺ』の名にふさわしい、しっかりと完熟したイチゴだけを朝摘みで収穫し、選別、即日発送で全国のお客様にお届けしています。
そのこだわりゆえ、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』は数量限定、完全予約制での販売です。

a0254656_17303857.jpg現在は、大変お買い得な、写真のレギュラーパック(280g×4パック)¥4,104円(税込)と、平積みの(200g×4パック3,024円(税込)の2商品を販売中です。

a0254656_17322471.jpgイチゴが最も美味しい“完熟”にこだわって収穫し出荷する「牛島農園」さんでは、2段重ねになる「レギュラーパック」は、3月末までの発送といたします。
クール便でのお届けとはいえ、重ねることで輸送中のイチゴの破損を心配してのことです。
レギュラーパックの今期の発送は、残すところ3月27日、30日の2回(予定)となりました。
ご注文(ご予約)はお急ぎください!!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』


a0254656_17360312.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう。
ここは、熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスです。
「牛島農園」さんは、減農薬栽培の安全性と完熟の美味しさにこだわった匠の農家さんです。

a0254656_17370547.jpg次に果実を着ける5番花には、ミツバチが蜜を求めて飛び回っていました。
栽培ハウスに定植して以降、もちろんこの時期も、農薬は一切使用していないので、ミツバチたちも安心して元気に飛び回っているようです。

a0254656_17403484.jpg「牛島農園」代表の牛島武文さんです。
「俺が育てるキャベツや白菜、水田ゴボウは、無農薬・無化学肥料の“有機栽培”。ばってん、あくまでイチゴは“減農薬栽培”たいね。そこは、お客様に必ずわかるように伝えにゃんばい!!」」
牛島さんは常々そう話します。

a0254656_17465514.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、有機栽培に取り組み、キャベツ、白菜、水田ゴボウなどを、完全無農薬・無化学肥料のこだわりの有機栽培で育てています。
今シーズンの「牛島農園」さんの『有機栽培キャベツは』の販売はありません。

a0254656_17480646.jpg5月上旬からは、有機栽培で育てた『水田ごぼう』の出荷がスタートします。
写真は、牛島さんの息子さんの牛島修さんです。
『水田ごぼう』は熊本県菊池市が発祥の地で、今でも生産量は日本一です。

a0254656_18022802.jpgもちろん、本来は、イチゴも無農薬栽培で育てたいのですが、どうしてもやむなく農薬を使わざるおえません。
それは、イチゴが多年生植物だからなのです。
こちらは、昨年の4月中旬の苗床の様子です。

a0254656_18035749.jpg右のプランターにあるのが、イチゴ(紅ほっぺ)の親株で、親株はランナーを伸ばし、新しい株作ります。
左の小さなポットで成長しているものが子株たちです。
こうして、次の年に定植する苗を育てるのです。

a0254656_18085364.jpgこちらは夏の苗床の様子です。
春先に育てた子株たちを、夏になると大きなポットに移し替え、それらをさらに親株として、また新しい子株をつくり育てます。
その子株たちを、毎年9月20日前後にハウスに定植し栽培します。

a0254656_18111904.jpgしかし、夏の時期の幼い苗たちは、どうしても病気になりやすいので、「牛島農園」さんでは、苗床にある夏の時期にだけ、元気な株を育てるため、最低限の農薬(慣行栽培の農薬の量の半分)を使います。

a0254656_18141994.jpg定植作業の様子です。
栽培ハウスに定植後は、一切の農薬を使用しません。
ハウスでの栽培期間も、もちろん収穫を迎えた時期も農薬は使用しませんが、たとえ夏の時期にだけとはいえ、農薬を使うことには変わりないので、イチゴはあくまでも“減農薬栽培”とお客様に伝えてほしいというのです。

a0254656_18171654.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。

a0254656_18185135.jpg収穫期間中に取材に行くと、こうして採りたてのイチゴを頂いています。
その場で、洗うこともせずに食べてるんです。
ずっと取材を重ねてきた私は、その安全性をよく知っているので、その場で食べています。

a0254656_18230883.jpg完熟紅ほっぺの美味いこと!
甘さも香りもやはりこうして完熟させた後に収穫したものはひと味違います!
もちろん、ご購入いただいたお客様は、埃などを落とすため、さっと水洗いしてお召し上がりください。

a0254656_18261807.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「牛島農園」さんの朝採り『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売しています。
「牛島農園」さんの、完熟朝採り即日発送の美味しさと、減農薬栽培の安全性との強いこだわりゆえ、熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』は、数量限定、完全予約制での販売です。

a0254656_18284354.jpg


a0254656_18322717.jpgその1粒1粒の大きさと、紅色の果実の美しさ、イチゴ本来の酸味と糖度13度の甘さで、全国的にも大変人気の高い品種です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
今期の出荷も残すところわずかとなってきました。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、早い者勝ちです!!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-23 18:34 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本いちご『熊紅』 熊本限定栽培品種の高級いちごが今まさに最旬!産直でお届けします!

FLC日記 2018年3月20日(火) くもりのち雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本産高級イチゴを大好評販売中です。
a0254656_16440747.jpg
販売品種は、熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』と、『完熟紅ほっぺ』です。
いずれも、朝採り新鮮そのものを、産地直送の即日発送でお届けしています!

a0254656_16471339.jpgこの色鮮やかな美味しそうなイチゴが『熊紅』です。
でも、「『熊紅』なんてイチゴ、初めて聞いた!」って方も多いことでしょう!
『熊紅(ゆうべに)』は、熊本県のオリジナル品種で、現在、熊本県でのみ栽培及び出荷されています。
まだまだ出荷数の少ない、大変希少品種のいちごです。

a0254656_16550947.jpg特徴としましては、なんと言ってもこの鮮やかな果皮の紅色ですね!
熊本県の“熊”と、その紅色の“紅”をとって、『熊紅(ゆうべに)』と名付けられました。

a0254656_16573482.jpgイチゴの糖度としてはトップクラスの、13度前後で甘さをしっかりとご堪能ください。
果肉の空洞は若干見受けられますが、円錐形の整った形をしているのも人気のようです。
果肉はわりとしっかりしていて食味も良く、果皮から中の方へ色づきがみられます。
甘みと酸味のバランスが良く、香りも十分に楽しめます。

a0254656_17052618.jpg「FLCパートナーズストア」では、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本限定オリジナル品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』を大好評販売中です!
今がまさに“最旬”と言っても過言ではないでしょう!

a0254656_17063935.jpgただし、朝採りした中から、厳選したものを、産地直送の即日発送でお届けするため、毎週火曜日と金曜日を出荷日と定め、完全予約制、数量限定で販売しています。
今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方は、「FLCパートナーズストア」のホームページをご覧ください!

↓ ホームページはコチラ! ↓

「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』

生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』の栽培ハウスです。
a0254656_17131151.jpg


a0254656_17142037.jpg現地取材に伺った3月16日(金)も、親子のイチゴの匠が、朝早くから収穫を行っていました。
それにしても、「杉本農園」さんのこの連棟のハウスは広い!
とても1枚の写真では収まりきれません。

a0254656_17193859.jpg「おはようございます!」と声をかけ、いちごの甘い香りに誘われ、夢中で写真を撮りました。
「笠さんおはようございます。せっかく写真撮ってますが、それらは笠さんとこのではないですよ!」と、「杉本農園」の杉本一博さんが声をかけてくれました。

a0254656_17242948.jpg「これらもそうですが、今は一般流通用の『熊紅』を、父と母と3人で収穫していました。見て頂くとわかりますが、若干果肉に白いところが目立つでしょ?」
「うちのお客様用のいちごとは違うんですか?」と尋ねると、

a0254656_17264312.jpg「もちろん!笠さんとこのお客様には、翌日か翌々日には届くとのことなので、これくらい完熟したものを出してます。一般流通だと店頭に並ぶまで1週間ほどかかる場合もあるので、少し白いくらいで出さないといけないんです。」

a0254656_17290179.jpg「これくらいの色付きでも良いくらいです。」と一博さん。
「随分違いますが、味はどうなんですか?」とまた尋ねると、
「それはもちろん、完熟の方が断然おいしいですよ!」

a0254656_17322202.jpg「ですから本来は全て完熟で出したいのですが、やはり1週間となるとどうしても傷む可能性があるので、やむなく7割熟位で出すんです。でも、笠さんとこのお客様には、本当の美味しさを食べて頂いて、たくさんのメールやお手紙で美味しいと言っていただくので、ホントやりがいがあるね!って、父や母とも先日話してたとこだったんですよ。」

a0254656_17372775.jpgこちらは10月下旬の、イチゴの畝(うね)にマルチビニールをはる作業をしている一博さんのお父さんの杉本憲治さんと、お母さんの杉本洋子さんです。

a0254656_17394041.jpg「杉本農園」さんは、今年で18年目を迎える、親子の匠で、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。
そんな「杉本農園」さんが、栽培に値すると選んだいちごの品種がこの『熊紅』なんです。

a0254656_17432382.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子を、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17452547.jpg本日紹介している収穫の様子はもちろんのこと、収穫後の土つくり、苗床での翌年用の苗の翌年用の苗の育成の様子、定植作業、花が咲きいちごの成長の過程などその全てです。

a0254656_17475837.jpg収穫は1つ1つ手作業で行います。
匠の目で判断したいちごを、とても優しく手のひらで包み込み、手首のスナップを使って収穫するのです。
私も体験させていただいたことがありますが、傷つけず収穫するのはとても難しんです。

a0254656_17501919.jpgここまで完熟したいちごでも、匠の手にかかれば完璧に収穫しました。
「笠さん!せっかくなんで、良かったらこれ食べて下さい!」と一博さん。

a0254656_17530576.jpg私はこうして取材に来ると、いつも採りたてのイチゴを頂いています。この時期、農薬は使用していないので、洗うこともせずその場でかぶりついています。

a0254656_17561820.jpg「笠さんはホント美味しそうに食べてくれるから嬉しいですよ!」と一博さん。
「何度も言いますが、美味しそうに食べるのでなく、本当に美味しいんです!!」そう言うと、杉本さんが少し照れながら笑っていました。

a0254656_18005369.jpgこのように、私が現地取材を重ね、きちんと試食して、自信をもってお勧めしているのが、「杉本農園」さんの熊本限定栽培品種の高級いちご『熊紅』なんです。
「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売しています。

a0254656_18044973.jpgご贈答やギフト(プレゼント)にも大変好評いただいている、人気の商品です。
朝採り、即日発送でお届けするため、完全予約制の数量限定での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-20 18:07 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』 美味しさにこだわる朝採りイチゴを即日発送で大好評販売中!

FLC日記 2018年2月27日(火) 晴れ時々くもり
『熊紅(ゆうべに)』は、熊本県のオリジナル品種で、現在、熊本県でのみ栽培及び出荷されている、まだまだ出荷数の少ない、大変希少品種のイチゴです。
a0254656_17541937.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』を大好評販売中です!

a0254656_17581256.jpgこの鮮やかな紅色と熊本県の“熊”から、2014年に『熊紅(ゆうべに)』と名付けられました。
円錐形の割と整った形をしているのも特徴の一つです。
でも、気になるのはやはりその味ですよね!

a0254656_18071615.jpg糖度は13度前後と、イチゴとしてはトップクラスです。
甘みと若干の酸味もあり、とてもバランスの良い味わいです。果肉に空洞がが見られるものもありますが、柔らかすぎないしっかりとした食感も人気のようです。
果皮の紅色の美しさや、果肉の赤から白への鮮やかなグラデーションを活かした、デザートなどにもご利用いただいています。

a0254656_18134105.jpg「FLCパートナーズストア」では、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本限定オリジナル品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売しています!

a0254656_18171636.jpgこだわりの完熟イチゴを、朝採り即日発送でお届けするため、数量限定の完全予約制販売です。
詳細を知りたい方、今すぐ購入(予約)したい方は、「FLCパートナーズストア」のホームページをご覧ください!

↓ ホームページはコチラ! ↓



a0254656_18222822.jpg
生産地と生産者の紹介をしましょう!
本日、収穫の様子を現地取材してきました。
ここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』の栽培ハウスです。

a0254656_18293172.jpg「おはようございます!」と声をかけ、ハウスに入るなり私は甘い香りに誘われて、夢中でシャッターを切っていました。
「おはようございます!その辺りは収穫を終えているので、あまりないですよ!」

a0254656_18312680.jpg収穫したイチゴを運びながら、そう声をかけてくれたのは「杉本農園」の杉本一博さんです。
「随分早くに来られたんですね!」と一博さん。
「早く来ないと収穫の様子が見れないと思って・・・」と答えると、

a0254656_18334667.jpg「ハハハッ!でも、ちょっと遅かったかもですね!」と一博さん。
すでにコンテナにはたくさんのイチゴが収穫されていました。
「めちゃくちゃいい香りですね!それにきれいですねぇ~」と言うと、

a0254656_18355894.jpg「香りわかります?私たちはもうすっかりマヒしちゃってあまりイチゴの香りを感じないんですよ!(笑)これからしっかり選果してパック詰めして出荷です。」と一博さん。

a0254656_18425599.jpgハウスはとにかく広く、とても1枚の写真では収まりきりません。
一博さんのお父さんとお母さんはハウスのずっと奥の方で収穫を行っているようです。

a0254656_18483199.jpgこちらは、9月中旬の苗床の様子です。
一博さんのお父さんの杉本憲治さんが、定植に向け苗の準備をしています。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18510832.jpgもちろん、「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
時には、憲治さんと奥様の洋子さんが、ハウスのビニールをはる様子さえも、こうして現地取材してきました。

a0254656_18542682.jpg摘果作業を行う一博さんです。
「杉本農園」さんは、今年で18年目を迎える、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。

a0254656_19040323.jpg写真は再び本日の様子です。
「見事に手をかけて玉出しをしてますねぇ~。」と言うと、
「まぁ、基本ですが、果実を葉っぱと分けて、しっかり太陽の光を当ててあげないと、色づきよく、甘くならないからですね。」と一博さん。

a0254656_19121404.jpgそう話していると、一博さんは何かを始めました。
「どうしたんですか?」と尋ねると、
「ちょっと気になったんで・・・」
そう言う一博さんの手には、1枚の葉っぱがありました。

a0254656_19184448.jpg「役目を終えた葉っぱがあったんで、摘んであげることで、その分の栄養を果実に送り込むようしてるんです。イチゴの苗たちが全力で果実を美味しく仕上げてくれるようにサポートするってとこですかね。」

a0254656_19221246.jpg「そうやってマメに手をかけているから、「杉本農園」さんの一言の苗たちは、いつ来てもこうも青々としてるんですね!それにしてもいきなり動き出したのでびっくりしましたよ!」と言うと、

a0254656_19235475.jpg「すみません。職業病ですかね?(笑)気が付いたのでついつい作業をしてしまいました。」と一博さん。
「いえ、そのマメな徹底した作業があの美味しいイチゴを生み出してるんですよ!」
一博さんはそういう私に笑顔で答えてくれました。

a0254656_19285369.jpg「ところで、お客様からの評判はどうですか?」と一博さん。
「お世辞抜きでめちゃくちゃいいんですよ。今日出荷するのも、そのほとんどがリピート購入のお客様なので!」と言うと、
「そうですか!それなら安心しました。」美味しさに、強いこだわりを持つ一博さんは、嬉しそうにそう言いました。

a0254656_19350523.jpg私は今日もその場で洗うことなく、「杉本農園」さんの『熊紅(ゆうべに)』を試食(味見)してきました。
この時期、農薬を使用せずに育てているので、安全性を知っている私は、いつも洗うこともせずその場でかぶりついています。

a0254656_19390615.jpgもちろんご購入いただいたお客様は、埃などを落とすため水洗いして食べて頂くことをおすすめします。
「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売しています。

a0254656_19410211.jpg美味しさにこだわり、安全性にこだわり、惜しまぬ手間ひまをかけ育てられた『熊紅(ゆうべに)』をぜひご賞味ください。
ご贈答やギフト(プレゼント)にも大変好評いただいている、人気の商品です。
朝採り、即日発送でお届けするため、完全予約制の数量限定での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-02-27 19:44 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』 そだね!ジャパン効果?売れてます!!

FLC日記 2018年2月25日(日) 雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、安全・安心、美味しいにこだわりぬく、匠の農家さんの熊本産高級イチゴを大好評販売中です!
a0254656_16082796.jpg
本日はその中で、完熟のイチゴ本来の美味しさにこだわる、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』を紹介いたします。

a0254656_16123796.jpg『紅ほっぺ』は、美しい色合い、甘い果肉で、普通のイチゴと、一線を画すと言われる高級イチゴです。
平昌オリンピックの女子カーリング「そだねージャパン」の皆さんが、スイス戦のおやつタイムでイチゴを食べていたからでしょうか、弊社の売れ筋ランキングで、イチゴが1位と2位を独占しています。

a0254656_16185165.jpg「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』は、商品名にあえて“完熟”と入れる、美味しさへのこだわりを持ったイチゴです。
最も美味しいタイミングにこだわり、“完熟”で収穫された、朝採りイチゴを即日発送でお届けしています。
定植後の果実の栽培期間では、一切農薬を使用しないという安全性においても人気なんです。

a0254656_16252986.jpg「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』は、そのこだわりゆえ、数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)はお急ぎください!!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』


a0254656_16325770.jpgここは、熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスです。
「牛島農園」さんは、減農薬栽培の安全性と完熟の美味しさにこだわった匠の農家さんです。

a0254656_16351538.jpg数棟の単棟の栽培ハウスで、『紅ほっぺ』を栽培しています。
ハウスと言えどもボイラーを焚くことなく、無加温で育てています。
収穫を終えたばかりの「牛島農園」代表の牛島武文さんにお話をうかがいました。

a0254656_16382476.jpg「多くのイチゴ農家さんが連棟のハウスで栽培していますが、担当のハウスには何かこだわりがあるのですか?」と尋ねると、
「こだわりと言うより、うちでは加温せんけん、担当の方がハウス内をむらなく温度管理できるとたい。」

a0254656_16405189.jpg「その分、それぞれのハウスのビニールの開閉は大変にはなるたいね。それと、この時期は農薬を一切使わんけん、もし病気が入っても一斉に広がる恐れは避けやすいたいね。」

a0254656_16472636.jpg「最近、えらい好評のごたるばってん、イチゴは俺が育てる水田ごぼうやキャベツ、白菜なんかの無農薬の有機栽培じゃなくて、ちゃんと“減農薬栽培”ってわかるようにしとるとだろうね?」と牛島さん。
私は「もちろんです!」と、即答しました。

a0254656_16510128.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、食の安全に取り組み、水田ごぼう、キャベツ、白菜などを、完全無農薬・無化学肥料のこだわりの有機栽培で育てています。
※今期の『有機栽培キャベツ』の販売は終了しました。

a0254656_16500691.jpg4月下旬からは、有機栽培で育てた『水田ごぼう』の出荷がスタートします。
『水田ごぼう』は熊本県菊池市が発祥の地で、今でも生産量は日本一です。

a0254656_16541946.jpg本来は、イチゴも無農薬栽培で育てたいのですが、どうしてもやむなく農薬を使わざるおえません。
写真は、7月中旬のイチゴの苗床の様子です。
イチゴはバラ科に属する多年生植物です。
親株から伸びた“ランナー”と呼ばれるツルで、新しい株を増やしていきます。

a0254656_16575224.jpg夏の時期の幼い苗たちは、どうしても病気になりやすいので、「牛島農園」さんでは、苗床にある夏の時期にだけ、元気な株を育てるため、最低限の農薬(慣行栽培の農薬の量の半分)を使います。

a0254656_16591191.jpg9月中旬のイチゴの定植作業の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。
もちろん「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。

a0254656_17044821.jpg10月中旬のイチゴを育てる畝にマルチビニールをはる作業の様子です。
「牛島農園」さんでは、ハウスに定植後、一切の農薬をしません。
夏の時期に観光栽培の半分の量とはいえ、農薬を使用するので、「イチゴはあくまで減農薬栽培!」だと言うのです。

a0254656_17073113.jpgそれでも、11月にはこうして元気な花が咲き始め、あの美味しい紅ほっぺができるのです。
それは、牛島さんの高い技術と徹底管理によって育てられています。

a0254656_17101233.jpg牛島さんの口ぐせは、「生産者は正直であれ!」です。
その言葉通り、減農薬栽培で育て、こだわりの完熟で収穫し即日発送でお届けしています。

a0254656_17542838.jpg「ここ最近注文が増えているのは、そやねージャパンのおやつタイムの影響もあるかもしれませんが、リピーターさんが多いので、やはりその美味しさじゃないですかね!」と言うと、
「うわぁ!それは嬉しかねぇ~!」と牛島さんは、なんだかとても無邪気な笑顔でそうこたえました。

a0254656_17584326.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「牛島農園」さんの朝採り『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売しています。
その1粒1粒の大きさと、紅色の果実の美しさ、イチゴ本来の酸味と糖度13度の甘さで、全国的にも大変人気の高い品種です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-02-25 18:01 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ『熊紅(ゆうべに)』 美味しさと安全にこだわる朝採りの新鮮イチゴを数量限定で大好評販売中!

FLC日記 2018年1月16日(火) 晴れのちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売しています!
a0254656_17051089.jpg


a0254656_17185737.jpg『熊紅(ゆうべに)』ってどんなイチゴ?
知らないなぁ~!
なんて方も多いことでしょう!!
それもそのはず!
『熊紅(ゆうべに)』は、熊本県のオリジナル品種で、現在、熊本県でのみ栽培及び出荷されています。
まだまだ出荷数の少ない、大変希少品種のイチゴです。

a0254656_17231755.jpg特徴としましては、なんと言ってもこの鮮やかな果皮の紅色ですね!
熊本県の“熊”と、その紅色の“紅”をとって、『熊紅(ゆうべに)』と名付けられました。

a0254656_17264922.jpg果肉の空洞は若干見受けられますが、円錐形の整った形をしています。果肉はわりとしっかりしていて、中の方へ色づきがみられます。
甘みと酸味のバランスが良く、香りも十分に楽しめます。

a0254656_17295453.jpg「FLCパートナーズストア」では、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本限定オリジナル品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』を大好評販売中です!
ただし、朝採り即日発送の新鮮そのものをお届けするため、毎週火曜日と金曜日の発送で、完全予約制、数量限定で販売しています。
今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方は、「FLCパートナーズストア」のホームページをご覧ください!

↓ ホームページはコチラ! ↓

「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』


a0254656_17322851.jpgここは、熊本県山鹿市にある、「杉本農園」さんの熊本産高級いちご『熊紅(ゆうべに)』の栽培ハウスです。
「杉本農園」さんは、イチゴ一筋18年の、まさに匠と呼べる農家さんです。

a0254656_17373401.jpg栽培ハウスはとにかく広く、とても1枚の写真では収まりきれません。
ハウスに入った瞬間、『熊紅(ゆうべに)』の甘い香りが押し寄せてきます!!
イチゴの収穫は朝早くから行われていました。
色付き具合を匠の目で判断して、1つ1つ行うのです。
私が本日伺った際には、このあたりの収穫は終えていたようです。

a0254656_17402203.jpg「杉本農園」の杉本一博さんです。
「うゎ~!すみません。ハウスの外と仲との温度差で、カメラのレンズが曇っちゃったのでちょっと待ってください。」と言うと、
「了解です。ただ、このあたりは収穫を終えてますよ!」と一博さん。

a0254656_17420879.jpg「マスク姿なんですね!」と言うと、
「笠さんが来るのがわかっていたので、風邪をうつすといけないと思って!珍しく風邪ひいちゃいました!(笑)」と一博さん。

a0254656_17455157.jpgお顔がわからないと思うので、11月中旬の現地取材に際に撮影した写真で紹介しましょう!
この時は、1番花の果実の摘果作業をする様子を現地取材に伺いました。

a0254656_17485264.jpgイチゴは、1本の花芽の枝から、約30個ほどの花を咲かせます。
しっかり交配できてより良いものだけを半分ほどに摘果して栽培していくのです。
その惜しまぬ手間ひまが、大きくて甘く、美味しいイチゴを育てるのです。

a0254656_17545027.jpgこちらは7月上旬の苗床の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17571179.jpgもちろん、「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
イチゴはランナーと呼ばれるツルを伸ばし、新しい株を作り増える、多年生の植物です。

a0254656_17585135.jpg夏の時期にこうして新しい株を増やして、毎年9月20日前後にハウスに定植し栽培しています。
「杉本農園」さんは、今年で18年目を迎える、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。

a0254656_18063923.jpgこちらは9月20日の定植作業をする、お母さんの杉本洋子さんです。
「杉本農園」さんは、一博さんのお父さんの憲治さんと、お母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、大学で専門的にイチゴ栽培を学んだ、息子さんの杉本一博さんが、さらに進化させ、最高級のイチゴを育てています。

a0254656_18090333.jpg定植作業はとにかく数が多いため、親せきや近所の方も手伝い、大人数で一斉に行います。
私は、自らも様々な作物を作る生産農家です。

a0254656_18261261.jpgそこで、時にはこうして契約農家さんの農作業のお手伝いもさせていただいています。
休憩中のお父さんの憲治さんに、私が定植した苗のチェックをしていただきました。

a0254656_18280875.jpg「うん!これなら良かばい。しっかり定植のできとる!夏の間にしっかりと手ばかけて、良か苗ば育ててきたとたいね。イチゴに限らず、農作物はしっかり手ばかければかけるほど、良かとのできるとたい。やっぱり手ばかけたもんの勝ちたいね。その思いと共に、笠さんも頑張んなっせ!」
憲治さんはわかりやすく諭すようにそう話してくれました。

a0254656_18314158.jpgさて、現在の様子に話を戻しましょう!
イチゴの果実は、花が咲いた順番にこうして色づいていきます。
「杉本農園」では、この時期一切の農薬を使用せずにイチゴを育てています。

a0254656_18345181.jpg「イチゴは、皮をむいて食べるのではなく、そのまま口にすることが多いフルーツでしょ?だから、収穫を迎えているこの時期は、農薬を使用せずに育て、安全・安心も提供したいと取り組んでます。」
一博さんは、力強い眼差しで今回の取材の最後にそうな話してくれました。

a0254656_18390351.jpg「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売しています。
美味しさにこだわり、安全性にこだわり、惜しまぬ手間ひまをかけ育てられた『熊紅(ゆうべに)』です。

a0254656_18402669.jpg2Lサイズと、3Lサイズ(写真)での販売です。
ご贈答やギフト(プレゼント)にも大変好評いただいている、人気の商品です。
朝採り、即日発送でお届けするため、完全予約制の数量限定での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-16 18:42 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』 完熟の甘い朝採りイチゴを大好評発売中!こだわり減農薬栽培です!

FLC日記 2017年12月27日(水) 晴れ
完熟の美味さ!
朝採りの新鮮さ!
熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』はいかがですか?
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』を大好評販売中です!
a0254656_18014452.jpg


a0254656_18031263.jpg「FLCパートナーズストア」の、数あるフルーツの中でも、常に人気が高いのがイチゴです。
本日紹介するのは、熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』です。

a0254656_18053477.jpg美味しさにこだわった完熟のイチゴを、朝採り新鮮そのもので、即日発送にてお届けいたします。
さらに、こだわり減農薬栽培の安全な、“本物”と呼べるイチゴです!
「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』は数量限定、完全予約制での販売です。

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』


a0254656_18081922.jpg『紅ほっぺ』は、なんといってもこの紅色の鮮やかな果肉が特徴のイチゴです。
その1粒1粒の大きさと、紅色の果実の美しさ、イチゴ本来の酸味と糖度13度の甘さで、普通のイチゴとは一線を画す特別なイチゴと言われ、全国的にも大変人気の品種です。
「FLCパートナーズストア」で販売している、熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の生産地と生産者の紹介をします。

a0254656_18121359.jpgここは、熊本県菊池市にある「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスです。
ハウスと言えどもボイラーを焚くことなく、無加温で育てています。

a0254656_18173122.jpg中央にあるのがそのイチゴのハウスで、手前には有機栽培(無農薬、無化学肥料栽培)の、『水田ごぼう』を栽培しています。
ボイラーを焚き加温するのでははないので、あえて温度管理のしやすい単棟ハウスでの栽培です。

a0254656_18200361.jpg「牛島農園」さんでは、様々な農作物をこだわりをもって育てています。
最もこだわっているのは、安全性!
すでに、40年も前から、完全無農薬・無化学肥料の有機栽培でキャベツ、白菜、水田ゴボウを育てています。

a0254656_18210629.jpg無農薬・無化学肥料で育てた、「牛島農園」さんの『有機栽培水田ごぼう』もまた、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
現在元気に成長中で、今期も、5月上旬からの出荷予定です。

a0254656_18245302.jpg生産者の「牛島農園」の牛島武文さんです。
こちらは、4月中旬のイチゴの苗床のハウスで撮影したものです。
イチゴは、多年生の植物です。

a0254656_18270613.jpg7月中旬の苗床の様子です。
親株から出た、赤いツルのようなもの(ランナー)で新しい株を増やします。
夏の間、苗床でポットにて育てた苗を、ハウスに定植し栽培するのです。

a0254656_18301397.jpg夏の苗床の時期だけに、どうしても害虫や病気が出る恐れがあるので、最小限(慣行栽培の半分だけ)の農薬を使用します。
しかし、農薬を使用するのは、この夏の時期だけです。

a0254656_18355356.jpgこちらは現在の様子です。
収穫を迎えたこの時期はおろか、9月中旬の定植以降は、一切農薬を使用せずに育てています。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。

a0254656_18380531.jpgもちろん「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
そんな中、取材に伺うと牛島さんはいつもこう話します。

a0254656_18403702.jpg「俺が育てるキャベツや白菜、水田ゴボウは、無農薬・無化学肥料の“有機栽培”。ばってん、あくまでイチゴは“減農薬栽培”たいね。そこは、お客様に必ずわかるように伝えにゃんばい!!」」
たとえ夏の苗床の時期にだけ、最小限の農薬を使用したとしても、それは有機栽培(無農薬栽培)ではない!と言うことを、きちんと伝えてほしいと言っているのです。

a0254656_18473929.jpg強いこだわりを、正直に話す牛島さんのイチゴたちは、今年も元気に育ちました。
もちろん、美味しさにもこだわる牛島さんは、完全に熟したイチゴだけを、出荷日の朝に収穫し、即日発送で弊社のお客様にお届けしています。

a0254656_18551366.jpg昨日、ハウスでの現地取材を終えた私は、牛島さんのご自宅に伺いました。
今年も大好評いただき、多くのリピート購入を頂戴していますと言う旨を伝えると、

a0254656_18523761.jpg「それは嬉しかねぇ~。安心して食べてもらえる美味しいイチゴにこだわってきたけん、これからもずっとそうしていくばい!」
牛島さんは、よほど嬉しかったのか、とても無邪気な笑顔でそう話しました。

a0254656_19005046.jpg「FLCパートナーズストア」では、こだわり農家の「牛島農園」さんが、減農薬で育て上げた『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売しています。
ただし、“完熟”、“朝摘み”にこだわる、「牛島農園」さんゆえの、完全予約制の数量限定販売とさせて頂いております。
お届けは、発送日の翌日または翌々日です。
朝摘みの新鮮さ、完熟の美味さを存分にご堪能いただけると思います。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-12-27 19:03 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ『熊紅(ゆうべに)』 こだわりの安全で美味しい朝採りいちごを即日発送でお届けします!

FLC日記 2017年12月24日(日) くもりのち雨
熊本限定栽培のイチゴ『熊紅』をご存知ですか?
『熊紅(ゆうべに)』は、熊本県のオリジナル品種で、現在、熊本県でのみ栽培及び出荷されています。
まだまだ出荷数の少ない、大変希少品種のイチゴです。
a0254656_14275750.jpg


a0254656_14310073.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成29年度)も、匠の農家さん「杉本農園」さんの、熊本限定オリジナル品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売しています。

a0254656_14531889.jpg安全性と、美味しさにとことんこだわりぬいた「杉本農園」さんの『熊紅』は、イチゴ好きをもうならせる旨さが大好評です。
もちろん、朝採り、新鮮そのものを、即日発送でお届けします。

a0254656_14565106.jpg円錐形の整った形をしていて、名前の由来となった果肉皮の全体的な赤さも特徴です。
果肉はわりとしっかりしていて、中まで色づきがみられます。
甘みと酸味のバランスが良く、香りも十分に楽しめます。
こだわりの朝採り即日発送でお届けするため、毎週火曜日と金曜日の発送で、完全予約制、数量限定での販売です。
今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方は、「FLCパートナーズストア」のホームページをご覧ください!

↓ ホームページはコチラ! ↓



a0254656_15030953.jpgここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんの連棟建ての広い広いイチゴの栽培ハウスです。
朝早く、収穫の様子を現地取材に伺いました。

a0254656_15060916.jpg「杉本農園」の杉本一博さんが『熊紅』を収穫しています。
収穫は全て、実るイチゴの1つ1つを匠の目で判断しながら、手作業で行います。

a0254656_15075706.jpg「杉本農園」さんは、今年で18年目を迎える、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。
お父さんの杉本憲治さん(写真)と、お母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、大学で専門的にイチゴ栽培を学んだ、息子さんの杉本一博さんが、さらに進化させ、最高級のイチゴを育てています。

a0254656_15104342.jpg赤く実った『熊紅』からは、とても甘い香りがしています。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。

a0254656_15131098.jpg「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
イチゴはランナーと呼ばれるツルを伸ばし、新しい株を作り増える、多年生の植物です。
夏の時期にこうして新しい株を増やして、毎年9月23日前後にハウスに定植し栽培しています。

a0254656_15154153.jpgこちらは、以前取材した定植作業の様子です。
定植する数が半端じゃないので、親せきの方や知人の皆さんにお手伝いいただきながら、毎年行っています。

a0254656_15175830.jpg私も定植作業をお手伝いさせていただきました。
年間を通して現地取材すると同時に、私も手伝える作業はこうして積極的にお手伝いしています。

a0254656_15241048.jpgさて、現在の収穫の様子に話を戻しましょう!
「おかげさまで『熊紅』は大変好評いただき、すでにたくさんのリピート購入を頂いています。」と言うと、「そうですか!それは嬉しいですね!」と一博さん。

a0254656_15261767.jpg「こうして、1つ1つの色付きを判断しながら収穫して、サイズや形で分け、その中からしっかり選んで笠さんのお客様にはご提供させていただいています。今の味をぜひ味わってみてください。」
一博さんはそう言って、1つのイチゴを渡してくれました。

a0254656_15282860.jpg「あまり形は良くないですが、最高に美味いはずですよ!」と一博さん。
私は、この時期こうして現地取材に伺うと、いつも現場意で味見をさせていただいています。

a0254656_15302432.jpgこの時期に、一切の農薬を使用せずに育てている「杉本農園」さんのイチゴですから、その場で洗うこともせずにすぐにかぶりついちゃいます。
ご購入いただいたお客様は、埃などを落とすため、さっと水洗いしてご賞味ください。

a0254656_15324165.jpg「くぅ~!めちゃくちゃ美味いです!さわやかな香りと同時に食べると、すぐに甘みを感じられて、食感も良いのでなんだか飲み込むのがもったいないです!」と言うと、
「ハハハッ!美味いこと言いますね!でも、その通りでホント美味しいでしょ!」一博さんは満足の笑みを浮かべました。

a0254656_16064223.jpg「ミツバチたちも元気に飛び回ってますね!」と言うと、
「そうですね!この子たちもうちの大事なスタッフですからね。こうして飛びまわって受粉してくれるから、良いイチゴができるんです。」と一博さん。

a0254656_16091905.jpg「杉本農園」さんでは、この時期、契約している養蜂農家さんからミツバチを借りて、そのミツバチを使ってイチゴの受粉を行っています。
「もしこのミツバチたちがいなかったら、私たちが1つ1つ受粉を行わなければいけないので、そう思うとミツバチたちもうちのスタッフ同様です。この子たちのためにも、この時期、農薬を使用せずに栽培しているんです。」と一博さん。

a0254656_16131438.jpgイチゴの葉っぱの上に乗っているおがくずのようなものは、一博さんが蒔いたものです。
それは、ハダニを食べる“チリカブリダニ”です。
チリカブリダニは、カブリダニの1種で、イチゴの生育に悪影響を及ぼすダニを食べる生物です。

a0254656_16161584.jpgハダニもチリカブリダニも口に入っても全く問題ないものですが、ハダニはイチゴに害を及ぼし、その害を及ぼすハダニを食べてくれるのがチリカブリダニと言うわけです。
農薬を使うのではなく、天敵のダニを使用することで、ミツバチにも住みやすい環境を作り、もちろん私たち消費者には安全なイチゴを提供しています。

a0254656_16201139.jpg私は、ずっと続けてきたこの現地取材で、そのことを知っているので、その場で摘みたてのイチゴを、洗うこともせずにそのまま食べています。
「杉本農園」さんは安全性と美味しさにこだわりぬく匠の農家さんです。

a0254656_16232111.jpg「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんが、惜しまぬ手間ひまで育てた、安全と美味しさにこだわりぬいた、熊本限定オリジナル品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売しています。
おかげさまで、毎回の出荷予定数は常に完売する大人気商品です。

a0254656_16245756.jpg2Lサイズと、3Lサイズ(写真)での販売です。
朝採り、即日発送でお届けするため、完全予約制の数量限定での販売です。
今年は、12月29日(金)発送分を最終とし、年明けは1月5日(金)より出荷いたします。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-12-24 16:28 | イチゴ | Trackback | Comments(0)