ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:イチゴ( 91 )

熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』 平成30年度の発送スタート!こだわり減農薬栽培です!

FLC日記 2018年12月11日(火) 雨
完熟の美味さ!
朝採りの新鮮さ!
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』を大好評販売中です!
a0254656_17044551.jpg


a0254656_17055063.jpg本日より、平成30年度の『完熟紅ほっぺ』の出荷をスタートしました。
こだわり減農薬栽培の安全な、“本物”と呼べるイチゴです!
「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』は数量限定、完全予約制での販売です。

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』


a0254656_18081922.jpg『紅ほっぺ』は、なんといってもこの紅色の鮮やかな果肉が特徴のイチゴです。
その1粒1粒の大きさと、紅色の果実の美しさ、イチゴ本来の酸味と糖度13度の甘さで、普通のイチゴとは一線を画す特別なイチゴと言われ、全国的にも大変人気の品種です。
「FLCパートナーズストア」で販売している、熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の生産地と生産者の紹介をします。

a0254656_17105018.jpgここは、熊本県菊池市にある「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスです。
ハウスと言えどもボイラーを焚くことなく、無加温で育てています。
加温するのでははないので、あえて温度管理のしやすい単棟ハウスでの栽培です。

a0254656_18200361.jpg「牛島農園」さんでは、様々な農作物をこだわりをもって育てています。
最もこだわっているのは、安全性!
すでに、40年も前から、完全無農薬・無化学肥料の有機栽培でキャベツ、白菜、水田ゴボウを育てています。

a0254656_18210629.jpg無農薬・無化学肥料で育てた、「牛島農園」さんの『有機栽培水田ごぼう』もまた、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
現在元気に成長中で、今期も、5月上旬からの出荷予定です。

生産者の「牛島農園」の牛島武文さんです。
こちらは、11月上旬に『水田ごぼう』を栽培する圃場に、肥料散布をする際に撮影した写真です。
イチゴに話を戻しましょう!
イチゴは、多年生の植物です。

a0254656_18270613.jpg7月中旬の苗床の様子です。
親株から出た、赤いツルのようなもの(ランナー)で新しい株を増やします。
夏の間、苗床でポットにて育てた苗を、ハウスに定植し栽培するのです。

a0254656_18301397.jpg夏の苗床の時期だけに、どうしても害虫や病気が出る恐れがあるので、最小限(慣行栽培の半分だけ)の農薬を使用します。
しかし、農薬を使用するのは、この夏の時期だけです。

a0254656_18355356.jpgこちらは現在の様子です。
収穫を迎えたこの時期はおろか、9月中旬の定植以降は、一切農薬を使用せずに育てています。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。

a0254656_18380531.jpgもちろん「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
そんな中、取材に伺うと牛島さんはいつもこう話します。

a0254656_18403702.jpg「俺が育てるキャベツや白菜、水田ゴボウは、無農薬・無化学肥料の“有機栽培”。ばってん、あくまでイチゴは“減農薬栽培”たいね。そこは、お客様に必ずわかるように伝えにゃんばい!!」」
たとえ夏の苗床の時期にだけ、最小限の農薬を使用したとしても、それは有機栽培(無農薬栽培)ではない!と言うことを、きちんと伝えてほしいと言っているのです。

a0254656_18473929.jpg強いこだわりを、正直に話す牛島さんのイチゴたちは、今年も元気に育ちました。
もちろん、美味しさにもこだわる牛島さんは、完全に熟したイチゴだけを、出荷日の朝に収穫し、即日発送で弊社のお客様にお届けしています。

a0254656_17162086.jpg「牛島農園」さんが、減農薬で育て上げた『完熟紅ほっぺ』は、今年も大好評いただき、多くのリピート購入を頂戴している大人気商品です。
本日の発送分、次回の発送分はすでに先行予約のお客様で完売となっています。

a0254656_19005046.jpg「FLCパートナーズストア」では、こだわり農家の「牛島農園」さんが、減農薬で育て上げた『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売しています。
ただし、“完熟”、“朝摘み”にこだわる、「牛島農園」さんゆえの、完全予約制の数量限定販売とさせて頂いております。
お届けは、発送日の翌日または翌々日です。
朝摘みの新鮮さ、完熟の美味さを存分にご堪能いただけると思います。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-12-11 17:20 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ第2弾! こだわりのイチゴ『完熟紅ほっぺ』平成30年度の先行予約受付スタート!!

FLC日記 2018年11月29日(木) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の、今年(平成30年度)の予約受付を本日よりスタートしました!
a0254656_18535402.jpg


a0254656_18570134.jpg「FLCパートナーズストア」の、数あるフルーツの中でも、常に人気が高いのがイチゴです。
本日紹介する「紅ほっぺ」は、なんといってもこの紅色の鮮やかな果肉が特徴のイチゴです。
美しい色合い、甘そうな果肉。
普通のイチゴと、一線を画すと言われる高級イチゴなんです。

a0254656_18580602.jpg完熟の紅ほっぺを朝採り即日発送でお届けします。
ですから、毎回の出荷数を限定し、数量限定の完全予約制での販売です。
平成30年度の予約の受付をスタートしました。
初回出荷は、12月11日(火)です。
その後は、火曜日と金曜日の週2回発送します。

先行予約の受付をスタートしました!
今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




a0254656_19015575.jpg生産者と生産地、そしてそのこだわりを紹介しましょう!!ここは、熊本県菊池市にある「牛島農園」さんの高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスです。

a0254656_19042592.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、完全無農薬・無化学肥料の有機栽培でキャベツ、白菜、水田ゴボウを育てています。
しかし、イチゴだけは無農薬栽培ではありません。
こだわりの“減農薬栽培”です。
栽培ハウスに定植して以降は、全く農薬は使用しません。

a0254656_1730513.jpgまた、ボイラーを焚くなどして加温することなく、ハウスの開閉だけで温度管理し、無加温栽培でイチゴを育てています。
私は、栽培ハウスの取材に伺うと、いつもこうして採りたてのイチゴを、その安全性を知っているので、全く洗うことなくその場で試食させていただいています。

a0254656_19090476.jpgではなぜ、その場で洗うこともせずに食べてもいいほどのイチゴが、無農薬栽培ではなく“減農薬栽培”なのかというと、その理由は隣の苗床のハウスにありました。

イチゴは、多年生植物で、親株からランナーで新しい株を増やし、それをハウスに定植し育てるのです。
苗床とは、定植までの苗を集中して管理する場所のことです。

a0254656_19142207.jpgこちらは、夏の時期の苗を増やし育てているころの様子です。
どうしても夏の苗床の時期だけに、害虫や病気が出る恐れがあるので、最小限(慣行栽培の半分だけ)の農薬を使用します。

a0254656_19143560.jpgしかし、収穫時期とは全く異なる、夏の苗床での農薬を使用だとしても、農薬を使うこと間違いないので、無農薬栽培ではなく、あくまで“減農薬栽培”としているのです。

a0254656_19185978.jpg今年の1月上旬、栽培ハウスので撮影した、「牛島農園」代表の牛島武文さんです。
「牛島農園」さんでは、様々な“本物”と呼べる食材を育てています。

a0254656_19204982.jpg「いつも言うこつばってん、俺が育てるキャベツや白菜、水田ゴボウは、無農薬・無化学肥料の“有機栽培”。ばってん、あくまでイチゴは“減農薬栽培”たいね。そこは、お客様に必ずわかるように伝えにゃんばい!!」」
牛島さんは常々そう話します。

a0254656_182695.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。
もちろん「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
「生産者は正直であれ!」牛島さんの口ぐせです。

a0254656_18114636.jpg私は、牛島さんのその言葉通りの、正直な栽培への取り組みと、自分が育てた農作物への、絶対的な責任に感銘し、弊社でネット独占販売をさせていただいています。

a0254656_19234948.jpg「牛島農園」さんでは、安全性へのこだわりのみならず、“美味しさ”へのこだわりも強く持っています。
商品名を決める際に、『完熟紅ほっぺ』としました。
しっかりと“完熟”したイチゴだけを、朝採り即日発送で出荷するお約束をいただいたからです。

a0254656_19244887.jpg「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』は、こだわりの完熟イチゴを朝採りで収穫し、さらに選びに選び抜いた“極選”のイチゴです。
安全に作り、美味しく育てあげてるからこそ、毎年多くのリピート購入をいただく大人気商品です。

a0254656_19260096.jpg「FLCパートナーズストア」では、こだわり農家の「牛島農園」さんが、減農薬栽培で育て上げた『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
12月11日(火)よりの発送予定です。
以降、毎週火曜日と金曜日の出荷です。
ただし、“完熟”、“朝摘み”にこだわる、「牛島農園」さんゆえの、完全予約制の数量限定販売とさせて頂きます。
お届けは、遅くとも出荷の翌々日ですので、朝摘みの新鮮さ、完熟の美味さを存分にご堪能いただけると思います。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-11-29 16:45 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ第1弾! 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』平成30年度の先行予約受付スタート!!

FLC日記 2018年11月28日(水) 雨時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴをネット独占販売いたしす。
本日より、熊本限定オリジナル品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』の先行予約の受付をスタートしました!!
a0254656_17364015.jpg


a0254656_17501872.jpg『熊紅(ゆうべに)』は熊本県のオリジナル品種で、現在、熊本県でのみ栽培及び出荷されている希少品種のイチゴです。
円錐形の整った形をしていて、名前の由来となった果肉皮の全体的な赤さも特徴です。
果肉はわりとしっかりしていて、中まで色づきがみられます。
甘みと酸味のバランスが良く、香りも十分に楽しめます。

平成30年12月4日(火)より発送開始いたします!
その後は、火曜日と金曜日の週2回発送します。

本日より、先行予約の受付をスタートしました!
今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

生産者の「杉本農園」さんと生産地の紹介しましょう!!

a0254656_17552380.jpgここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんの連棟建ての広い広いイチゴの栽培ハウスです。
とてもとても、1枚の写真ではおさまりきれないほどの広大なハウスで、『熊紅(ゆうべに)』は栽培されています。

a0254656_18110564.jpg「杉本農園」さんは、今年で18年目を迎える、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。
写真は「杉本農園」の杉本一博さんです。

a0254656_18125799.jpgこちらは以前取材した、マルチビニールをはる作業の様子です。
「杉本農園」さんでは、一博さんのお父さんの杉本憲治さんと、お母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、大学で専門的にイチゴ栽培を学んだ、息子さんの一博さんが、さらに進化させ、最高級のイチゴを育てる匠の農家さんです。

a0254656_18154155.jpg現在の様子はコチラです。
ハウスの中には、加温をするためのダクトの準備が行われていて、イチゴの果実はしっかりと日が当たるように、“玉出し”と言う作業を丁寧に施されています。

a0254656_18185032.jpgこちらは、7月下旬のイチゴ(熊紅)の苗床の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18195309.jpg「杉本農園」さんのイチゴ栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
イチゴは、多年生植物で、初夏から秋口にかけ、親株から伸びたランナーで、新しい株を増やし、それをハウスに定植し育てるのです。
こちらは定植直前の苗の様子をチェックする一博さんです。

a0254656_18212011.jpg毎年9月20日前後に行われるイチゴの苗の定植作業の様子です。
この時は、多くの方がお手伝いに来てくれて、一気に作業を進めます。
私も取材のみならず、お手伝いをさせていただきました。

a0254656_18321282.jpg惜しまぬ手間ひまをかけ育ててきたイチゴたちが、今年も収穫の時期を迎えました。
「杉本農園」さんでは、安全なイチゴ作りに強いこだわりを持ち取り組んでいます。
イチゴ栽培で最も怖いのは、“ハダニ”と呼ばれる害虫ですが、「杉本農園」さんでは、安心・安全な方法でそれらを駆除しています。
“チリカブリダニ”を使って、イチゴの生育に悪影響を及ぼすハダニを駆除しているのです。

a0254656_18333245.jpg以前は、農薬を散布することで害虫駆除をしていましたが、今は安全・安心なイチゴを育てる為に、“チリカブリダニ”を使用しています。
ハダニもチリカブリダニも口に入っても全く問題ないものですが、ハダニはイチゴに害を及ぼし、その害を及ぼすハダニを食べてくれるのがチリカブリダニと言うわけです。

a0254656_18343326.jpgその安全性を知る私は、「杉本農園」さんのイチゴの栽培ハウスに伺うと、いつもこうして水洗いさえもすることなく、その場で試食させていただいています。
もちろん、ご購入いただいたお客様は、埃などを落とすため、さっと水洗いしてご賞味ください。

a0254656_18360280.jpg美味しさに加え、安全性にとことんこだわる「杉本農園」さんだからこそできることです。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんが、安全にこだわり、美味しさにこだわった熊本限定栽培品種の高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売いたします。

a0254656_18372101.jpg本日より先行予約の受付をスタートしました。
初回出荷は、12月4日(火)よりで、以降は毎週火曜日と金曜日の出荷です。
ただし、朝採り即日発送のため、完全予約制の数量限定での販売です。
ご予約多数により出荷調整中のため、現在は3Lサイズのみの受注を行っています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-11-28 18:39 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

完熟紅ほっぺ 今年は作付け面積を縮小して、しっかり手をかけ良いものを育てる匠!12月上旬より出荷です!!

FLC日記 2018年11月20日(火) 晴れ

a0254656_16514534.jpg「早かとはもう色の来よるばってん、それらの収穫を終えて、しっかり良かとのできるごつなってから笠くんとこのお客さんには出そうかね!だけん、やっぱり今年も12月上旬からになるばい!」
イチゴの匠、「牛島農園」の牛島武文さんがそう話しました。
a0254656_16534170.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』を、ネット独占販売いたします。

a0254656_16561958.jpg熊本県菊池市にある「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』栽培ハウスに伺いました。
「牛島農園」さんは、減農薬栽培で、こだわりの『完熟紅ほっぺ』を栽培しています。

a0254656_1730146.jpg「牛島農園」さんでは、40年ほど前から“有機栽培”に取り組み、現在は、キャベツ、白菜、水田ごぼうを「有機JASマーク」を取得して出荷しています。

a0254656_17324421.jpg「有機JASマーク」の取得には、とても厳しい基準があり、農薬や化学肥料は一切使用できません。
本来、イチゴも同じように、完全無農薬・無化学肥料で育てたいのですが、どうしてもそうはいかないので、最小限の農薬を使用しているのです。

a0254656_1738686.jpgこれは、夏場のイチゴの苗を増やしている頃の写真ですが、この時期どうしてもイチゴが病気になりやすいため、慣行栽培の半分だけの農薬をやむなく使用します。
完全無農薬・無化学肥料の有機栽培にこだわる農家さんの、こだわりの“減農薬栽培のイチゴ”だとご理解ください。

a0254656_16583900.jpg現在の栽培ハウスの様子です。
この時期“玉出し”と言って、イチゴの果実にしっかりと太陽の光が当たるように、葉っぱと分ける作業を施してありました。

a0254656_17003629.jpg元気に咲いたイチゴの花に、ミツバチが来ています。
これは、イチゴの受粉をするために、契約している養蜂農家さんから借りているミツバチたちです。
このミツバチたちが元気に飛び回るためにも、ハウスに定植してからは、農薬を一切使用しません。

a0254656_17044714.jpgイチゴの花にある中央の黄色い部分が私たちが食べる“イチゴ”になる部分で、“花托(かたく)”と言います。
その周りには雄しべが約20本ほどあり、そこをミツバチたちが飛び回ることで受粉し果実が実るのです。

a0254656_17073740.jpgミツバチの頑張りを必死にカメラに収めていると、車の音がしました。
「牛島農園」の牛島武文さんがやってきました。
ハウスを出て声をかけました。

a0254656_17093020.jpg「おはようございます!」そう言う私に、
「来とったとね!今日はイチゴの作業じゃなかばってん良かね?」と牛島さんがいつもの笑顔で答えました。

a0254656_17112095.jpg「稲刈りの終わった田んぼば鋤いとったけん、石灰ば降っとこうと思ってな!」と牛島さん。
「今年は手前のハウスではイチゴを栽培しないのですか?」と尋ねると、

a0254656_17134851.jpg「う~ん。これだろ?今年は思い切ってそうしたとたい。欲張ってするより、作付地を減らしてでも、しっかり手ばかけて、良かイチゴば作りたかけんね。今は一人でしよるけん、それば考えるとそのハウスだけで精いっぱいかなぁ~と思ってね!」と牛島さん。

a0254656_17182484.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17200514.jpg「牛島農園」さんのこだわりイチゴ『完熟紅ほっぺ』も、収穫の様子はもちろん、その全てをもう何年も年間を通して取材して、このブログで紹介しています。
写真は昨年の同時期の様子です。

a0254656_17213725.jpg「俺も年とってきたけん、無理のでけんごつなってきたとたい。安全、安心にこだわってきた上に、美味しさも追及してきたとたい。そうなると、やっぱ、しっかり手ばかけんといかんけん、今年は1本のハウスでいくことにしたとたいね。」
牛島さんは少し寂しそうにそう話しました。

a0254656_17270001.jpg「わかりました。牛島さんの朝採りの『完熟紅ほっぺ』の美味しさは、たくさんの弊社のお客様がご存じで、うちの大人気商品です。今年も初回発送分でもうすでにたくさんのご予約頂いていますよ!」と言うと、

a0254656_17302430.jpg「嬉しかねぇ~!今年は少数先鋭になるかもしれんばってん、減農薬栽培の完熟紅ほっぺを出荷するけん、毎年変わらん安全性と美味しさを期待して良かばい!」
牛島さんが笑顔でそう言いながら近づいてきたので、こんなアップの写真になっちゃいました!(笑)

a0254656_18485746.jpg「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』は、こだわりの完熟イチゴを朝採りで収穫し、さらに選びに選び抜いた“極選”のイチゴです。
安全に作り、美味しく育てあげてるからこそ、毎年多くのリピート購入をいただく大人気商品です。

a0254656_17362471.jpg「FLCパートナーズストア」では、こだわり農家の「牛島農園」さんが、減農薬栽培で育て上げた『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
減農薬のこだわり!完熟のこだわり!で育てられた、安心・安全な『完熟紅ほっぺ』にご期待ください!!
12月上旬よりの発送開始予定で、間もなく先行予約の受付をスタートいたします。
これからも、このブログ、および「FLCパートナーズストア」のホームページをお見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-11-20 17:38 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本イチゴ『熊紅(ゆうべに)』 平成30年度は12月上旬より出荷予定!徹底した温度と水管理で順調に成長中

FLC日記 2018年11月15日(木) 晴れ
イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』が元気に成長していました。
平成30年度は12月上旬からの出荷予定です!
a0254656_17364348.jpg


a0254656_17375703.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売いたします。
写真は、2Lサイズ 1箱/1パック(16玉前後)270g以上×4パック

a0254656_17443196.jpg『熊紅』は、2015年にデビューしたばかりの新しい品種で、熊本県でのみ栽培されているイチゴです。鮮やかな“紅色”と熊本県の“熊”から、『熊紅(ゆうべに)』と名付けられました。
円錐形の割と整った形をしているのも特徴の一つです。

a0254656_17432275.jpg果肉に空洞がが見られるものもありますが、柔らかすぎないしっかりとした食感も人気です。
さらに、糖度は13度前後と、イチゴとしてはトップクラスです。
そんな『熊紅』の現在の栽培地の様子を、現地取材してきました!

a0254656_17474723.jpgここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんのイチゴの栽培ハウスです。
とてもとても、1枚の写真では収まりきれない広さの連棟建てのハウスです。
「杉本農園」さんは、イチゴ一筋、今年で19年目を迎える、まさに匠と呼べる農家さんです。
「おはようございます!」と声をかけました。

a0254656_18033613.jpg「おはようございます笠さん!」と、生産農家の「杉本農園」の杉本一博さんが遠くからやってきました。
「ちょうど、潅水の時間でその操作に行ってたもので・・・」と一博さん。

a0254656_18073109.jpg「おぉ!玉出し作業を始めたんですね!」と言うと、
「そうですね!奥から順番に進めてます!」と一博さん。
熊本の旬を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18113697.jpgもちろん「杉本農園」さんのイチゴの栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「前回取材に来られて際の花たちは、もう果実が色づき始めてますよ!」と一博さん。

a0254656_18132494.jpg「では、11月下旬位からは出荷できますか?」と尋ねると、
「この時期の果実は数も少ないし、形がまだ整わないので、収穫が多くできた中からきちんと選んで出したいから、例年通りの12月上旬にしましょう!」とのこと。

a0254656_18161909.jpg「杉本農園」さんでは、収穫した『熊紅』の中から、大きさ形を選び抜き、丁寧なパック詰めをし、弊社のお客様へ出荷いただいています。
ですから、そのこだわりの商品を維持するために、収量が見込めるようになる12月上旬から出荷したいとのことなのです。

a0254656_18202349.jpg「このあたりが、玉出し作業の最前線のようですね!」と言うと、
「そうですね!この時期は、温度と水管理を徹底しながら、こうして球出し作業を同時に行っています。」と一博さん。
“玉出し”とは、イチゴが実る枝を、葉っぱと重ならないように配置する作業です。

a0254656_18232867.jpgいちごの果実にしっかりと太陽の光を当て、美味しくきれいに育てるための惜しまぬ手間ひまをかけるのです。
そうこうしてると、ハウスのビニールが開く音がしてきました。

a0254656_18244969.jpg「杉本農園」さんでは、センサーに温度設定を行い、連棟ハウスのつなぎの部分のビニールが自動的に開閉するようにしています。
「側面は手動で開閉してるんです。」
一博さんはそう言いながら、ハウスの外に出ました。

a0254656_18264291.jpg「ハウスが自動的に開く温度になると、こうして側面をあけると、ミツバチたちも稼働できる気温になり、ハウスの中を飛び回って受粉をしてくれるんです。」
そう言いながら側面のビニールを開けています。

a0254656_18290723.jpg多くのイチゴ栽培農家さんが行うように、「杉本農園」さんでも、ミツバチを使った交配(受粉)をしています。
このミツバチたちは、契約している養蜂農家さんから、レンタルしているのです。

a0254656_18315160.jpg「毎年見せて頂いていますが、今年は特に葉っぱの色も良くて、イチゴの苗自体がすごく元気なように見えるのですが・・・」と言うと、
「やはり笠さんにもそう見えますか?今年はかなり良いですよ。良い苗も作れたし、定植後の温度や水管理も徹底できたのが良かったんでしょうね!」とのこと。

a0254656_18353649.jpgこちらは昨年の12月初旬の様子です。
まもなく、「杉本農園」さんのあの美味しい熊本イチゴ『熊紅』が食べられると思うとワクワクします!

a0254656_18372073.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴをネット独占販売いたします。
昨年に続き、熊本限定栽培品種の『熊紅(ゆうべに)』の販売です。
現在はホームページは“完売”としていますが、すでにお電話では初回発送分の予約のご注文をたくさん頂戴しているほどの大人気商品です。
出荷日が確定しましたら、ホームページからの受付もスタートしたします。
今年の「杉本農園」さんの熊本イチゴ『熊紅』にも大いにご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-11-15 18:40 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本いちご『熊紅』 定植後の様子とマルチ張り作業!11月下旬の出荷に向け花も咲き始めました!後編

FLC日記 2018年10月27日(土) 晴れ時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売いたします。
a0254656_18271249.jpg


a0254656_17361748.jpg本日のブログでは、昨日に続き、定植後の栽培ハウスの様子を現地取材してきましたので、紹介いたします。
ここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』の栽培ハウスです。
とても1枚の写真では収まりきれないほどの、広い広い連棟建てのハウスです。

a0254656_17405699.jpgハウスと言えども、まだこの時期はハウスにビニールをはっていません。
いちごは本来、春先に果実を実らせる植物です。
この時期は寒さをしっかりと感じさせることで、この後の開花や成長につなげるのです。

a0254656_17454982.jpgしかし、その前に、『熊紅』を定植している畝(うね)に、マルチビニールをはる作業をします。
私が取材に伺った、10月23日の前日からその作業を始めたとのことでした。

a0254656_17480092.jpg畝を立てる作業は、「杉本農園」の杉本一博さんが、定植前の9月20日前後に行いました。
熊本の旬を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17493795.jpgもちろん「杉本農園」さんのイチゴの栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
機材を使って畝を立てた後、杉本さんはて丁寧に手作業でならしていました。

a0254656_17511206.jpgこちらは、昨年のマルチ張り作業の様子です。
「杉本農園」さんは、杉本憲治さんと洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、息子の一博さんがさらに進化させ、最高級のイチゴを育てる、まさに“匠”の農家さんです。

a0254656_17554886.jpg「最初はマルチを上だけはるとたい。まだ気温が高すぎるけん、側面もはってしまうとイチゴの根に悪影響ば与えるけんね。側面をはるタイミングや、ハウスにビニールをかけるタイミングもイチゴ栽培にとっては大事なことばい。」
憲治さんがそう話してくれたことを思い出しました。

a0254656_18065750.jpgさて、現在の様子に話を戻しましょう!
『熊紅』は、一般的なイチゴに比べ、花が咲く時期が早いと言われています。
この花の果実を収穫するのは11月下旬の頃です。

a0254656_18085932.jpg新芽も元気に芽吹いています。
杉本さんは取材に伺ったこの日の早朝から、マルチをはりに圃場に来ていましたが、前日の雨が残っていて、作業をすると枝や芽を傷つける恐れがあるので、待機していました。

a0254656_18113715.jpg「おぉ!上着を脱いだということは、そろそろ作業を始めるんですか?」と尋ねると、
「いやぁ、もうちょっと待ちます。この時期に枝を折ったり傷つけたりすると取り返しがつかないんで!」とのこと。

a0254656_18134849.jpg「自分で言うのも変ですが、今年の苗はかなり良い感じに育ってると思うんですよ。」とのこと。
「では、もちろん今年もあの美味しい『熊紅』を期待して良いですよね!」と言うと、

a0254656_18152335.jpg「ハハハッ!まだ収穫を始めるのは、1ヶ月も先のことですが、ご期待にそえる様しっかりと育てていきますよ!」
杉本さんは、少し照れながら、自信ある笑顔でそう話しました。

a0254656_18214244.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴをネット独占販売いたします。
もちろん、朝採り即日発送でのお届けです。

a0254656_18231244.jpg「杉本農園」さんが栽培する熊本限定栽培品種の高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』は、糖度が13度前後と、イチゴとしてはトップクラスの美味しさで、弊社の大人気商品です。
早ければ、11月下旬からの出荷予定です。
これからも、惜しまぬ手間ひまや栽培の様子、成長過程など現地取材で紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-27 18:26 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本いちご『熊紅』 定植後の様子とマルチ張り作業!11月下旬の出荷に向け花も咲き始めました!前編

FLC日記 2018年10月26日(金) くもりのち雨
「熊本イチゴ『熊紅』の花が咲き始めました。ミツバチたちも元気に飛び回って受粉をしてくれています。この時期なら、順調にいけば開花後、40日ほどで収穫を迎えるので、11月下旬には出荷できるかもしれませんよ!」
いちごの匠「杉本農園」さんの杉本一博さんがそう言いながら、定植を終えたハウスを見せてくれました。
a0254656_16575965.jpg


a0254656_16585553.jpg熊本県山鹿市の「杉本農園」さんのイチゴの栽培ハウスに伺いました。
栽培ハウスに定植を終えた熊本イチゴ『熊紅』の苗たちが、とても元気に成長していました。
「杉本農園」さんは、イチゴ一筋、今年で19年目を迎える、まさに匠と呼べる農家さんです。

a0254656_17044522.jpg「杉本農園」さんが生産しているのは、熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』です。
『熊紅』は、2015年にデビューしたばかりの新しい品種です。

a0254656_17055653.jpg鮮やかな“紅色”と熊本県の“熊”から、『熊紅(ゆうべに)』と名付けられました。
円錐形の割と整った形をしているのも特徴の一つです。
果肉に空洞がが見られるものもありますが、柔らかすぎないしっかりとした食感も人気で、糖度は13度前後と、イチゴとしてはトップクラスです。

a0254656_17090375.jpg昨年12月中旬の様子です。
熊本の旬を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17110006.jpgもちろん「杉本農園」さんのイチゴの栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は7月下旬の苗床での苗を育てている様子です。

a0254656_17124323.jpg3日前の朝早く、定植後の様子を取材に伺うと、杉本一博さんは、まだハウスでの作業を始める前でした。
「おはようございます。どうしたんですか?」と尋ねると、

a0254656_17145653.jpg「あえてまだ作業を始めずにいたんですよ。マルチ張りを始めたとこなので、朝早くから今日の作業もスタートしようと来てたんですが、昨日の雨で苗がまだ濡れていて、今触ると折れちゃう可能性があるんですよ。」

a0254656_17180049.jpg確かに、咲き始めたイチゴの花のつぼみも、周りの葉っぱにも水滴が残っています。
大事な枝葉や、咲き始めた花やつぼみを、作業をすることでダメにするわけにはいかないのです。

a0254656_17285300.jpg私は、絶対に苗に触れないという条件付きで、ハウスの中に入れていただきました。
すると、しっかりと開花している花もありました。
「いつ頃から咲き始めたんですか?」と尋ねると、

a0254656_17310581.jpg「定植を終えた9月下旬には早いのが咲き始めていましたよ。でも、10月13日までの花は、全て摘花しました!」と杉本さん。
「え?それはどうしてですか?」と尋ねると、

a0254656_17332557.jpg「その時期の花に実をつけると、そちらに栄養が行って、本来しっかりと成長させないといけない新芽が育たないんです。だから、それまでは全て摘花し、そのご咲いた花たちだけを果実まで実らせます。」

a0254656_17351783.jpg「それに合わせて、契約している養蜂農家さんからミツバチたちもつれてきました。今日は天気も良いので、しっかりと飛び廻って交配(受粉)をしてくれるとおもいますよ。」と杉本さん。

a0254656_17372847.jpgイチゴの栽培において、多くの農家さんは受粉をミツバチで行います。
この日、早朝にもかかわらず、早起きのミツバチはすでに後ろ足に花粉をたくさんつけて巣箱に戻ってきていました。

a0254656_17434016.jpg「ミツバチたちも頑張ってくれていますので、そろそろマルチ張りをスタートしましょうかね!」と杉本さん。
「マルチを先に張って、その後ハウスのビニールなんですよね?」と言うと、

a0254656_17463840.jpg「そうですね!いずれもそのタイミングが大事なんで、これから忙しくなりますよぉ~!」とのこと。
それらのタイミングの話もまだまだ紹介したいところですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介することとします。

a0254656_17484048.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅』をネット独占販売いたします。
11月下旬より出荷予定です。
「杉本農園」さんの『熊紅』にご期待下さい!
明日のブログもお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-26 17:51 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

完熟紅ほっぺ 平成30年も12月上旬からの出荷に向けて、定植後の様子を現地取材!

FLC日記 2018年10月20日(土) 晴れ

a0254656_16293591.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も安全・安心、美味しいにこだわりぬく、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』を、ネット独占販売いたします。
本日は、12月上旬からの出荷に向け、元気に育つ『完熟紅ほっぺ』の現在の様子をご紹介いたします。
a0254656_17485440.jpg
ここは、熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスです。

a0254656_17495710.jpg春先から秋まで、苗床で大切に育てられたイチゴの苗たちは、9月下旬にこの栽培ハウスにこうして畝(うね)をたて定植しました。
潅水(農作物に水を与えること)用のチューブもきちんと配置されています。

a0254656_17515203.jpg「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスに現地取材に行くと、ちょうど生産農家の牛島武文さんが、コンバインに乗ってやってきました。

a0254656_17532802.jpg「おはようございます!」と声をかけると、
「定植後のイチゴたちの写真ば撮りに来たとだろ?今日は稲刈りせにゃんけん、好きなように撮っていくと良かばい。」と牛島さん。

a0254656_17590181.jpg「あれ?イチゴは今年は1棟だけにしたのですか?」
と尋ねると、
「そうたい!ちょっと手の廻らんだったけん、1棟だけばい!」

a0254656_18005034.jpg「今年はその1棟だけにして、量より質!欲張って品質ば落とすより、集中してしっかり手ばかけて育てるけん、安心しなっせ!」とのこと。
牛島さんは、美味しさと安全性にこだわる匠の農家さんです。

a0254656_1737890.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、有機栽培に取り組み、キャベツ、白菜、水田ゴボウなどを、完全無農薬・無化学肥料のこだわりの有機栽培で育てています。

a0254656_17375121.jpgそれらの有機栽培の野菜たちは、ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
しかし、イチゴだけは、“減農薬栽培”で育てています。

a0254656_1744379.jpgイチゴは、苗を育てる夏の時期、どうしても病気になりがちなので、やむおえず農薬を使用します。
様々な研究をし、慣行栽培の農薬の量の半分で元気なイチゴを育てています。

a0254656_18094720.jpgこちらは、現在のイチゴの苗床の様子です。
来年度用の苗たちを栽培していました。
イチゴは多年生の植物で、ランナーと呼ばれるツル伸ばし、そこに新しい株ができて増えていくのです。
そうして増やした苗たちを、夏の間苗床で集中管理し育てます。

a0254656_18065435.jpgその際に、最低限の農薬のみを使用し育てているので、定植した苗は、虫にかじられていました。
夏の間だけの農薬使用ですが、使用することには変わりがないので、あくまで減農薬栽培のイチゴとして出荷しています。

a0254656_18111687.jpg「定植した苗にはもう花の咲きよるばい。それも見とくと良かたい。ただ、それらは全部摘果してしまうけん、今年も例年通りの12月上旬からの出荷になるだろうね!」
牛島さんはそう言いながらコンバインに乗り込みました。

a0254656_18135391.jpg「稲刈りが終わったら、イチゴのハウスにマルチビニールばはって、いよいよ本格的な栽培の始まるばい。今日は稲刈りで忙しかけん、またゆっくり取材に来なっせ!」とのことでした。
「了解です!ありがとうございました。」と言って、私はイチゴのハウスへ向かいました。

a0254656_18145740.jpgこちらが牛島さんが話していたイチゴの花の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18165804.jpgもちろん「牛島農園」さんのこだわりイチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、苗床から定植、マルチ張りや花咲く様子、成長と収穫など、その全てを年間を通して取材して、このブログで紹介しています。
写真は、昨年の12月の収穫を始めたころのハウスの様子です。

a0254656_18192126.jpgその一番花から実るイチゴの果実たちは、現在は苗の中央から芽吹き始めたこの新芽から育ちます。
こだわりの減農薬栽培のイチゴを『完熟紅ほっぺ』として、今年も出荷いただく予定です。

a0254656_18231024.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
減農薬のこだわり!完熟のこだわり!で育てられた、安心・安全な『完熟紅ほっぺ』にご期待ください!!
12月上旬よりの発送予定です。
これからも、現地取材にて成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技などをご紹介します。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-20 18:24 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本いちご『熊紅』 定植用の畝立ての様子を現地取材(後編)

FLC日記 2018年9月24日(月) 雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売いたします。
a0254656_18271249.jpg


a0254656_16154980.jpg熊本限定栽培品種の高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』は、糖度が13度前後と、イチゴとしてはトップクラスの美味しさで、弊社の大人気商品です。
朝採り、即日発送の新鮮さと、こだわりの完熟収穫の『熊紅』をお届けすることで、たくさんのリピート購入をいただきました。

a0254656_16193895.jpg特に、大粒の3Lサイズの『熊紅』(写真)は、3週間待ちともなる人気ぶりで、毎回の出荷予定数は常に完売となったほどです。
本日のブログでは、昨日に続き定植前の畝立ての様子をご紹介いたします。

a0254656_16205459.jpgここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅』の栽培ハウスの現在の様子です。
白いラインに沿って畝を立てていきます。
そのラインは石灰を使って示しています。

a0254656_16243740.jpg畝立てようの農業機材を使って、掘り上げ両サイドに土を乗せながら畝を立てていきます。
晴天が続いた後、雨の際にハウスのビニールをあけ、あえて雨をハウス内に降らして、畝田をするためにベストな湿度の土を準備していたということでした。
毎年行っている慣れた作業とはいえ、こうもきれいにできるものなんだと感心してしましました。

a0254656_16303768.jpgこちらは、昨年の10月下旬の様子です。
いちごの苗を定植して1ヶ月ほどの頃です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16330781.jpgもちろん「杉本農園」さんのイチゴの栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
10月下旬から11月上旬にかけ、「杉本農園」さんでは、畝にマルチビニールをはる作業を行います。
その作業を行っている「杉本農園」の杉本一博さんです。

a0254656_16342908.jpgこちらも同日の写真で、一博さんのお父さんの憲治さんと、お母さんの洋子さんが、マルチ張りの作業を行っています。
「杉本農園」さんは、今年で19年目を迎える、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。

a0254656_16375664.jpg現在の様子に話を戻しましょう!
こちらが畝立てを行う農業機材です。
ハウスの奥の方にはすでに定植を終わった畝もありました。

a0254656_16385920.jpg畝立て作業の手を休めていただき、一博さんにお話をうかがいました。
「まずはその手!どうしたんですか?」と尋ねると、
「ハウスの支柱の補強をするためにドリルを使っていて、穴が開く前にドリルの回転と一緒に土台が動いたので、ここにあたり骨折しちゃったんですよ!痛みはあるんですが、なんとか機材は動かせるので、今日は畝立てをしてたんです。」とのこと。

a0254656_16453436.jpg「畝立て直前の土はフカフカなんですね!」と言うと、「笠さんはご存知の通り、収穫を終えるとハウスを締め切り熱消毒で、病気や害虫を退治するんです。それから有機肥料を与えしっかりと耕運してこの状態を作るんですよ。」

a0254656_16582751.jpg「骨折がホント大丈夫なら、畝立ての様子を見せて頂けますか?」と言うと、
「えぇ!もちろんです。」
一博さんはそう言うと、エンジンをかけ準備をしました。

a0254656_16592472.jpg「ハンドルを後ろ向きにして、進むやり方もあるんですが、私はライン通りにまっすぐ進みたいので前向きに作業をしています。収穫を終えるまでは長丁場なので、きちんとまっすぐにしておきたいんです。」と一博さん。

a0254656_17020461.jpg毎年行っている慣れた作業とはいえ、実に見事なものです。
両サイドから土を盛るので、畝の真ん中あたりがくぼんでいることが気になりました。

a0254656_17043492.jpgこちらは以前、定植作業の取材に伺いお手伝いをしている私です。
ご覧の通り、畝の中央部分はくぼんだりしていません。

a0254656_17065135.jpgそのことをたずねると、すぐに答えてくれました。
「機材で畝立てをした後は、レイキを使ってならしていきます。かまぼこの様な形状にするのがベストですね!」と一博さん。

a0254656_17113614.jpg「やはり、あの美味しいイチゴを育てるためには、こうしてたくさんの手間ひまが必要なんですね!」と言うと、
「そうですねぇ~。作物つくりは栽培期間も重要ですが、そのための準備もしっかり行わないと良いものはできませんよね!」とのこと。

a0254656_17141185.jpg「すでに定植を終えた苗たちも、ホント元気ですね!私が今年も苗床作りを取材してきたこの苗たちが、こうして丁寧な作業の中で定植され、すごくいい感じに見えますので、今年もあの美味しいイチゴを期待して良いですか?」と尋ねると、

a0254656_17162541.jpg「もちろん!栽培は、これからが本番ですが、今年もしっかりと手をかけて、昨年に負けない美味しさのイチゴを育てますよ!」杉本一博さんは、取材の最後にそう力強く自信の笑顔で話してくれました。

a0254656_17193613.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売いたします。
これからも、惜しまぬ手間ひまや栽培の様子、成長過程など現地取材で紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-09-24 17:25 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本いちご『熊紅』 定植用の畝立ての様子を現地取材(前編)

FLC日記 2018年9月23日(日) 晴れ時々くもり
「こうしてイチゴたちを定植する畝(うね)を立てたら、定植後、半年以上もそこで栽培しながら管理していくので、きちんとした畝を立てたいんです。数年前には、どうしても納得がいかなくて、トラクターでもう一度鋤き込んで、畝を立て直したこともあるんですよ!(笑)」
a0254656_18251921.jpg
いちごの匠「杉本農園」の杉本一博さんが、作業の手を休めそう話してくれました。

a0254656_18271249.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、イチゴの匠「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『熊紅(ゆうべに)』をネット独占販売いたします。

a0254656_18311500.jpg「杉本農園」さんは、熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅(ゆうべに)』を生産しています。
『熊紅』は、2015年にデビューしたばかりの新しい品種です。

a0254656_18331262.jpg鮮やかな“紅色”と熊本県の“熊”から、『熊紅(ゆうべに)』と名付けられました。
円錐形の割と整った形をしているのも特徴の一つです。
果肉に空洞がが見られるものもありますが、柔らかすぎないしっかりとした食感も人気で、糖度は13度前後と、イチゴとしてはトップクラスです。

a0254656_18351143.jpgこちらは、昨年、12月中旬の収穫を迎えたばかりの頃の『熊紅』の栽培ハウスの様子です。
さわやかな甘い香りがハウスいっぱいに広がっていました。

a0254656_18371674.jpg熊本の旬を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「杉本農園」さんのイチゴの栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18383924.jpg収穫の様子はもちろんのこと、その後の栽培地の土つくり、夏の苗床の様子(写真)や、定植作業、花咲く様子から成長、収穫までと、その全てを見て、現地で話を聞いてこのブログで紹介しています。

a0254656_18404125.jpgそして本日は、定植へ向けての畝立て作業の様子を現地取材してきましたので紹介します。
ここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅』の栽培ハウスの現在の様子です。

a0254656_18461310.jpgこちらは、同じハウス内にある、一部定植を終えた『熊紅』の苗たちです。
「杉本農園」さんでは、このように畝と呼ばれる土を盛り上げた部分にイチゴの苗を定植し栽培しています。

a0254656_18481531.jpg畝の高さは、50センチ以と言うところでしょうか。
もちろん、多くのイチゴ栽培農家さんたちがこの様に畝を立てて、その後の管理や作業がしやすいようにイチゴを栽培します。

a0254656_18514336.jpgこちらは以前取材した定植作業の様子です。
一博さんはもちろんのこと、一博さんのご両親のイチゴの匠杉本憲治さんや杉本洋子さん、さらには多くのお手伝いの方々と共に定植作業を行っていました。
栽培ハウスはすごく広く、とてもとても1枚の写真では収まりきれません。

a0254656_18553575.jpg「杉本農園」さんは、今年で19年目を迎える、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。
憲治さん(写真)と洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、大学で専門的にイチゴ栽培を学んだ、息子さんの杉本一博さんが、さらに進化させ、最高級のイチゴを育てています。

a0254656_19002193.jpg今回の取材の様子に話を戻しましょう!
すでに定植を終えた『熊紅』の苗です。
これらの苗は、「杉本農園」さんが夏の時期に育てた者たちです。
今年も匠は、とても青々とした元気な苗を育てました。

a0254656_19032973.jpg「やはりこうして浅植なんですね!」と言うと、
「ハハハッ!笠さんも随分詳しくなりましたね!笠さんが言う通り、浅植えをして、同時に泥芽をきちんとかいであげながら定植してますよ!」と一博さん。

a0254656_19084510.jpg「今年は例年以上に、定植した苗たちがきちんと並んでいて、株間も均一になっているような気がしますが、わつぃの気のせいですかね?」と尋ねると、
「そこまで気が付きましたか!!実は今年から定植する場所をあらかじめ用意してたんですよ!」と一博さん。

a0254656_19115362.jpg「これらがそれですね!この畝には、蟻地獄のような形をした穴が開いているでしょ?左にある機材を使ってあらかじめ定植の場所を掘っているんです。うちは大勢の方に協力いただき定植を行うので、こうすることで統一できると思って今年から始めたんです。」

a0254656_19174122.jpg「笠さんも、以前の定植作業の取材時にお手伝いいただいて、土を掘る作業も大変だったと思われますが、あらかじめ用意しておくことで、作業の軽減と等間隔にきちんと並んで定植できるから、これからの定植予定地もそうしようと思います。」とのこと。
「ところで、その包帯はどうしたんですか?」と尋ねると、
「骨折なんです!ちょっと他の作業中にやらかしまして・・・」

a0254656_19224188.jpg「まぁ、かばいながらではありますが、なんとかなるので大丈夫でしょ!」そう言いながら、一博さんがまた作業に戻りました。
骨折の訳や本日の本題の畝立ての様子を紹介したいところですが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きはまた明日詳しく紹介いたします。

a0254656_19144272.jpg熊本の旬の食材を販売する、「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『熊紅』をネット独占販売いたします。
『熊紅(ゆうべに)』は、熊本限定栽培品種の高級イチゴです。
これからも、栽培の様子や成長過程など現地取材で紹介していきます。
まずは、この続き、明日のブログをお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-09-23 19:27 | イチゴ | Trackback | Comments(0)