ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

七城米 長尾農園 まもなく平成30年度の田植えです!その前に美しすぎる苗床の様子をご紹介いたします!

FLC日記 2018年6月25日(月) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市の、こだわりの3人の匠が育てた『くまもとの美味しいお米』を大好評販売中です!
a0254656_16523599.jpg


a0254656_16534331.jpgその中で、「長尾農園」さんが惜しまぬ手間ひまをかけ、“美しすぎる田んぼ”で育てた、『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』は店長一押しのお米として、大好評販売中です。

a0254656_16560291.jpg「長尾農園」さんの田んぼがある、ここ、熊本県菊池市七城町は、日本有数の米どころです。肥沃な大地と、日本の名水100選にも選ばれた『菊池渓谷』を支流に持つ菊池川の清らかな水が美味しいお米を育てる大穀倉地帯です。

a0254656_17023085.jpgこの地で育つ「七城のこめ」は、“おいしいお米日本一”に輝いた実績があります。
平成28年度の「七城のこめ」は、日本穀物検査協定が行う、食品ランキングで『特A』を獲得しました。
なんと、9年連続11回目の受賞です。

a0254656_17062313.jpgしかし、同じ七城町で育つお米でも、各農家さんによって、お米の作り方は様々です。
私は「長尾農園」さんの“美しすぎる田んぼ”でのお米作り、その美味さに惚れ込み、2年の歳月をかけお願いして、弊社でネット独占販売しています。

a0254656_16595458.jpg定期のお客様の分を除くと、いよいよ残りわずか!
食べればわかる納得の美味さのお米を、ぜひご賞味ください!
白米、玄米とも定数になり次第、締め切らせていただきます。
ご注文はお急ぎください!!

↓ 今すぐ購入したい方、詳細を知りたい方はコチラ!! ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』


a0254656_17495539.jpgこちらは、昨年7月28日の「長尾農園」さんの田んぼの1つです。
私は「長尾農園」さんの田んぼを、“美しすぎる田んぼ”と称しています。
それは、まっすぐに植えられていることもさることながら、稲たちが一様に育つさまを見てそう呼んでいるのです。

a0254656_17543178.jpgまるで、画像をコピーして貼ったかのように、本当に同じように成長しています。
同じように育てば、同じように実り、粒ぞろいのお米ができます。
そこにこそ、『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』の美味さの秘密があるのです。

a0254656_17564959.jpg平成30年のお米作りもスタートしています。
現在は、苗床で田植えに向け元気に成長中です。
長尾さんの米作りは、苗床だって美しすぎるんです。

a0254656_18011494.jpg毎年見ていますが、ホント惚れ惚れする美しさです。
まっすぐに並べられた苗箱も実に美しいのですが、注目すべきは、苗箱のこの水平感です。
苗床とは、田植えまでの期間、種を撒いたトレーで発芽させ、こうして集中管理しながら育てる場所です。
ですから、水平をとことん保つことで、水管理が徹底でき、苗がこうして一様に育つのです。

a0254656_18045086.jpgこちらは、5月21日に行われた苗床作りの様子です。
「長尾農園」代表の長尾千行さんはいつもこう話します。「俺たちが他にも作りよる、ダイコンでもニンジンでも、野菜ならその1本1本ば確認して収穫できるたい。ばってん、米はそう言うわけにはいかんでしょ?同じように育てて、同じように実らせんと、いっぺんに収穫(稲刈り)するとだけん!!」

a0254656_18095950.jpg長尾さんは、糸手間かけ、苗床を徹底的にならし水平にして苗箱を置いています。
そうすることで、水の管理が徹底でき、お米の種(籾)が一様に芽吹き、一様に成長するのです。

a0254656_18140855.jpg田植えをして苗が育つ田んぼも、徹底的に水平にならして準備をします。
代かきと呼ばれる作業です。
長尾さんの代かきは、とにかく長尾さん自身が納得するまで行われます。

a0254656_18181083.jpg一様に育った苗たちが、この田んぼに来てからも、そろって成長し、花を咲かせ、同じように実り頭を垂れるように、長尾さんはこだわりぬき惜しまぬ手間ひまをかけるのです。

a0254656_18222527.jpg先日、「いよいよ今年も田植えば始めたばい。これからしばらく続くけん、時間のある時にまた見においで~」とお電話をいただきました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18245675.jpgもちろん「長尾農園」さんの“美しすぎる田んぼ”での米作りも、稲刈りの時のみならず、その全てをもう何年も現地取材してきました。
今年の田植えの様子も、きちんと取材してきますので、また後日紹介いたします。

a0254656_18295982.jpg「長尾農園」の長尾千行さんとも子さんご夫妻は、笑顔の絶えない仲良しご夫婦の二人三脚で、長尾ブランドと呼ばれる様々な野菜やお米を育てる匠の農家さんです。
それらの“本物”と呼べる農作物は、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_18302516.jpgその中でも、“美しすぎる田んぼ”で育てられた、『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』は、大人気の看板商品です!
平成29年度の「長尾農園」さんの『長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』は、定期購入のお客様分を確保すると、残りが少なくなってきました。
ぜひ一度、“美しすぎる田んぼ”で育てられた、店長一押しのお米をご賞味ください。
今年も、これからの長尾さんの稲たちの成長の様子や、惜しまぬ手間ひまなどなど、すべて取材してご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2018-06-25 18:33 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)

利平栗 栗の王様『利平栗』 花と着果の様子 今年も無農薬栽培!葉っぱは虫食いだらけです!(笑)

FLC日記 2018年6月24日(日) 晴れ
『利平栗』は、“栗の王様”と呼ばれています!
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の敷地内では、今年も無農薬・無化学肥料で、栗の王様『利平栗』を栽培しています。
現在は、花から着果の時期です!
a0254656_17481645.jpg


a0254656_17555549.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源の原(はる)、伊牟田地区にある株式会社旬援隊の栗林です。
手前に写っているのは、有機栽培のお茶畑です。
1週間ほど前に、撮影した写真です。

a0254656_17585423.png株式会社旬援隊では、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、たくさんの熊本の旬の食材を販売しています。
熊本の美味しいお米をはじめ、最旬のフルーツ、採れたての野菜、無農薬栽培の『発芽玄米』『雑穀米』『米粉』なども大好評販売中です。
a0254656_18001861.jpg
わが家の専用農家さんと称する、弊社の契約農家さんたちが育て上げる“本物”と呼べる旬の食材に加え、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)が、この地で育てる、オリジナルブランド商品も販売しています。

a0254656_18020523.jpgその中の1つが、こちらの『利平栗』です。
無農薬、無化学肥料で栽培していて、“栗の王様”と呼ばれるだけあり、あのホクホク感の甘さが毎年完売する大人気商品となっています。

a0254656_18065822.jpg気の早い方は、もうすでに今年の『利平栗』のご予約を頂いています。
リピート購入のお客様が大変多く、毎年、売り切れ必至の大人気です。

a0254656_18075337.jpgホームページ上では現在、「完売」とし受付を行っておりませんが、お電話もしくはメールでは、今年のご予約も承っております。
今年も初出荷は、9月下旬の予定です。

a0254656_18114842.jpgここでは、一切の農薬や化学肥料を使用せずに、様々な作物を育てています。
その証拠に、『利平栗』の葉っぱは、ご覧の通り虫食いだらけです!(笑)

a0254656_18131629.jpg農薬や化学肥料を使用しないのには、きちんとした裏付けがあります。
栗林や私の畑は、有機栽培の茶畑と隣接しています。
有機栽培は農薬や化学肥料などの厳しい基準があり、仮に私がここで使用しお茶に影響が出ると、向こう3年有機栽培のお茶として出荷ができません。

a0254656_18154944.jpgですから、畑や栗林で仮に私が農薬や化学肥料を使うと、有機栽培のお茶に影響を与えるかもしれません。
そこで、私は、有機栽培のお茶農家さんに協力して、ここでは一切の農薬や化学肥料を使用せずに、全ての作物を育てているのです。

a0254656_18194761.jpgここは、熊本県と言えども標高の高い寒冷地です。
1週間ほど前が栗の花が満開となり、現在は花が落ちて着果が始まっています。
栗の花は、独特な香りがするので、苦手な方も多いかもしれませんね!
でも、その香りに誘われて、多くの虫たちがやってきて、受粉ができ栗が実るのです。

a0254656_18222764.jpg写真左下には、ミツバチが写っています。ミツバチやマルハナバチは、様々な作物の受粉を行うのには最適です。
なにせ、行動範囲が広いので、たくさん花粉をつけて飛び回ってくれるのです。

a0254656_18245475.jpgバッタも見つけました。
おそらく、ここにたまたま止まっていただけで、あまり受粉とは関係ないかもしれません。
まぁ、農薬を使用せず、消毒もしないので、様々な昆虫たちは安心してここで暮らしているようです。

a0254656_18272176.jpg栗の花は、目につくほとんどの部分が雄花です。
花の根元から先端までほとんどが雄花で、雌花は根元にちょっとだけあります。
その雌花に雄花の花粉が付き、着果するのです。
着果したてのめちゃくちゃ小さな栗が中央に写っています。

a0254656_18315913.jpg7月上旬になると、雄花が落ちて着果した栗だけが残ります。
そのころには、随分と栗らしくなります。
8月上旬には、果実の生理落下がおきてきます。

a0254656_18340161.jpg生理落果とは、風や病害虫など果実の外側からの原因により落果するのではなく、果実側の原因によって落果してしまうというものです。
栗の果実は、果実ができない不受精のイガでも、ある程度までは成長します。
ここでは、毎年8月上旬に、栗の果樹が自ら判断して、不受精の果実を落とすのです。
その様子はまた後日ご紹介することとしましょう!

a0254656_18045443.jpg「FLCパートナーズストア」では、弊社オリジナルブランド商品『自然栽培で育てた利平栗』を、今年もネット独産販売いたします。
今年も、しっかりと手をかけ収穫まで育て上げなければなりません。
なにせ、すでにご予約を頂戴しているのですから、お客様のご期待を裏切るわけにはいかないのです。
安全・安心な、もちろん美味しい『利平栗』を育てあげます。
今年もぜひ楽しみにしていてください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村
# by flcps | 2018-06-24 18:39 | FLC | Trackback | Comments(0)

砂田のこだわりれんげ米 田植えを現地取材(2018)後編 ここでしか買えないお米です!!

FLC日記 2018年6月23日(土) 雨のちくもり時々雨
「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市七城町の砂田地区で、匠の農家さん野中逸雄さんが無農薬栽培で育てる、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。
今年も、田植えの様子をしっかりと現地取材してきました!
a0254656_17045491.jpg
野中さんは、毎年6月20日過ぎに田植えをします。今年は、6月22日からスタートしました。

a0254656_17135182.jpg熊本県菊池市七城町は、日本でも有数の米どころです。
平成29年度の「七城のこめ」は、日本穀物検査協定が行う、食品ランキングで『特A』を獲得しました。
なんと、10年連続11回目の受賞です。
江戸時代から旨いお米の代名詞と言われた熊本県七城町砂田のお米、『砂田米』!
“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。

a0254656_17234399.jpgその七城町砂田で、野中逸雄さんは、れんげを有機肥料として育てた、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を、無農薬栽培で生産しています。
「FLCパートナーズストア」では、今年も『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。

a0254656_17295864.jpg『れんげ米』とは、収穫(稲刈り)を終えた田んぼに、れんげの種を蒔き育て、それを緑肥(有機肥料)として育てたお米のことです。
こちらは、4月下旬のれんげが咲き誇る頃の、野中さんの田んぼの様子です。

a0254656_17322067.jpgれんげは、花が咲き終わる5月上旬、その花も葉も根も茎も全て田んぼに鋤き込み、美味しいお米を育てるための肥料とします。
まわりももちろん田んぼなのですが、こうしてみると、野中さんの田んぼだけ、何か別世界です。
野中さんは、毎年変わらぬ栽培法で、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を作り続けています。

a0254656_19054773.jpg「FLCパートナーズストア」では、野中さんのお米の美味しさ、栽培方法に惚れ込み、「ご飯がごちそうになるお米」と称し、ネット独占販売しています。
平成29年度の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』は、数量限定で販売中!
残りわずかとなってきました!
他では買うことのできない大変貴重なお米です。

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しいお米』


a0254656_17400697.jpg生産者の野中逸雄さんと次男の野中剛さんです。
「今年も取材に来ましたよ!あれ?休憩中ですか?」と尋ねると、
「うちんと(奥様)に、ガソリンば持ってきてもらうごつ連絡したとこたい。」と野中さん。

a0254656_17422277.jpg「もう着く頃ばってん、待つ身としては待ち遠しかねぇ~。田んぼの途中で燃料切れするなら大変だけん、ちょうど待っとったとこたい。おっ!来た来た!」と野中さん。

a0254656_17442777.jpg「補給したら容器ば渡すけん、また飼って来とってよ!」
剛さんがそう言って、燃料を受け取り田植え機に補充しました。
私は、野中さんのお米作りを年間を通して、もう何年も取材してきました。

a0254656_17480124.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_17494260.jpg野中さんのお米作りもずっと取材してきました。
田植えや稲刈りはもちろんのこと、苗床や田植え後の稲の生長、花咲く様子、頭を垂れ色づいた稲穂などなど、その全てです。
上の2枚の写真は、苗床作りの様子です。

a0254656_17564362.jpg今年も、野中さんと奥様の野中ゆいさん、2人の息子さん(長男の野中賢吾さん、次男の野中剛さん)、そして奥様のお兄さんの吉広満男さんで、作った苗床は、こうして順調に育ち、6月22日に田植えを迎えたのです。
ちなみに、この苗床としているのも田んぼで、最後に田植えをします。

a0254656_18011900.jpgですから、もちろんこうしてれんげの種を撒き、れんげを緑肥としています。
いわば、れんげ苗床なのです!
さて、田植えの様子に話を戻しましょう!

a0254656_18034009.jpg野中さんは、何度も田んぼを往復しながら、田植えを進めていました。
「俺たちが子供のころは、常用の田植え機じゃなかったし、時間もかかり大変でしたよ。」剛さんがそう話しました。

a0254656_18054242.jpg「今は田植え機の性能も上がり、ほとんど補植をすることもないので、父が言っている間は、何度もUターンする手前や奥をならしたり、次の苗の準備をしているだけで良いから、随分楽になりましたね。」

a0254656_18063312.jpg「おそらく、今年も最後に周りを1周してこの田んぼの田植えは終わりですね。ところで、私は生まれた時からこのお米しか食べてないのでそうわかりませんが、やっぱり美味しいんですか?」と剛さん。

a0254656_18130343.jpg「お客様にもかなり好評いただいていますよ!中には、せっかくなのでつきたてを食べたいからと、あえて玄米を購入し、自家用の精米機を買って食べてるってお客様もあるんですよ!毎年変わらぬ安全で美味しいお米を楽しみにしていただいています。」と言うと、
「そんな話を聞かせてもらうと、俺も嬉しいですね!」と言いながら、剛さんは無邪気な笑顔を見冷ました。

a0254656_18173730.jpg剛さんのお話通り、今年も同じ段取りで、外周を1週回りながら、この田んぼでの田植えを終えるようです。
「剛!今のうちに、むこう側に行って、土ばならしといてくれ!」野中さんはそう言いました。

a0254656_18194401.jpg田植えをしながら、手前を横に進み、右角で方向を変え、右側のあらかじめ空けていたところを進むようです。
私も、毎年見てきた同じ段取りで、作業を効率よく進めています。

a0254656_18252659.jpg梅雨の晴れ間で、青空が見えています。
まわりを1周し、最後の左端部分に苗を植え終われば、この田んぼの田植えは終了です。
私は毎年、同じ質問を野中さんに繰り返してきました。
「どうして、野中さんは“れんげ”にこだわるのですか?」
「なんさま(熊本弁:とにかく)俺が食のに、「うまか~っ!」って、思える安全で美味か米ば作ろうと思って、コストや手間ひまのどぎゃんかかったっちゃ、れんげにこだわり続けよるとたい。」

a0254656_18295278.jpg野中さんの答えも毎年変わりません。
「自分が食べるのに、安全で美味しいお米を食べたいから!!」なのです。
野中さんは、安全で美味しいお米を作るために、れんげを有機肥料とした土にこだわる匠の農家さんです。

a0254656_18321299.jpg昨日植えられたこの苗たちが、育つ様子はもちろん今年もきちんと現地取材してご紹介していきます。
平成29年度の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』も残りわずかとなってきました。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『熊本の美味しいお米』のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2018-06-23 18:34 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

砂田のこだわりれんげ米 田植えを現地取材(2018)前編 土にこだわる匠は今年も無農薬で育てます!!

FLC日記 2018年6月22日(金) 晴れ
ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市七城町砂田地区で、土にこだわる匠の野中逸雄さんが、“れんげ”と稲刈り時の“稲ワラ”の有機肥料で作り上げた元気な土で、無農薬で育てる『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売しています。
a0254656_17582509.jpg


a0254656_18031561.jpg熊本県菊池市七城町にある、砂田地区は、菊池川と迫間(はざま)川の間に位置してます。
七城町は、日本有数の米どころで、砂の混ざった独特な土壌を持つこの砂田地区の田んぼで育つ『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と称賛されているお米です。

a0254656_18082118.jpg江戸時代に『砂田米』は、“天下第一の米”とされ、将軍家や皇室への献上米としての歴史がある大変おいしいお米です。
その七城町砂田で、野中逸雄さんは、れんげを有機肥料として育てた、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を、無農薬栽培で生産しています。
a0254656_18095154.jpg


a0254656_18113956.jpg「FLCパートナーズストア」では、その『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。
以前は、百貨店へも卸していましたが、現在は、野中さんの『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』は、基本、自分や家族、親せきや友人のために育てているお米です。
ですから、一般流通はなく、大変貴重なお米で、特別に分けていただき販売しています。
定期購入のお客様の分を確保し、販売できる分は残りわずかとなってきました!
ご注文はお急ぎください!

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しいお米』


a0254656_18135350.jpg本日より、平成30年度の田植えがスタートしました。
さっそく現地取材に行ってきました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。
本日は、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』の美味しさの秘密を、土にこだわる匠の田植えの様子と共にご紹介いたします。

a0254656_18172399.jpg田んぼにまっすぐに植えられた苗です。
この砂田地区は、その名の通り、砂交じりの独特な土壌の田んぼです。
砂交じりの田んぼと言うことは、以前は川または湖だったということです。
このミネラルを多く含む独特な土壌の田んぼでは、美味しいお米を育てると言われています。

a0254656_18234759.jpg同じ「砂田地区」でも、お米の育て方は、農家さんによって10人10色です。
野中さんは、この砂田地区に数枚の田んぼを持っています。
ちなみに、右の田植えを終えた田んぼや奥の田んぼは、他の農家さんの田んぼです。

a0254656_18264209.jpg田植えの頃は、何も変わらない同じような田んぼですが、4月下旬の様子だとこうも違うのです。
縦と横でちょっと異なりますが、同じようなアングルの写真で、左が野中さんの田んぼです。
野中さんの田んぼには、この時期、れんげの花が咲き誇っています。

a0254656_18290739.jpgこのれんげの花は、野中さんが稲刈りを終えた田んぼに、毎年れんげの種を撒き育てているものです。
ただし、収穫を目的とした栽培ではなく、あくまで美味しいお米を育てるためのれんげたちなのです。

a0254656_18363044.jpg多くのお米を生産する農家さんは、お米の収穫(稲刈り)を終え、田植えの時期までの間に、田んぼで様々な作物を育てます。
それを、裏作と言い、最もポピュラーなのは、こちらの「麦」で、野中さんの田んぼでれんげが咲き誇る頃は、麦畑となっています。

a0254656_18350956.jpgこちらでは、「タバコ」を栽培しています。
その他にも、白菜、ゴボウなどの野菜や、畜産業や酪農業のための「牧草」を育てる農家さんもあるようです。

a0254656_18411608.jpgしかし、野中さんの田んぼでは、裏作を作りません。
冬から春にかけては、美味しいお米を育てるための、こだわりの土を作るのです。
こちらは、稲刈りの際に撮影した写真です。
野中さんは、稲刈り時に稲ワラをこうして細かく裁断して田んぼにまいています。
時期を見て鋤き込み、そのまま有機肥料とするのです。

a0254656_18442925.jpg稲ワラを鋤き込んだ田んぼに、11月下旬れんげの種を撒きます。
れんげの種はとても小さいので、この農業機材を使いながら播種を行うのです。

a0254656_18462905.jpg年が明けると、れんげは発芽してきます。
れんげの種は毎年購入しています。
ですから、そのコストや種まき、種まき後の転圧の手間ひまなどなどを考えると、裏作で収入を得ると言うより、むしろ出費や労働ばかりです。

a0254656_18502325.jpg4月下旬から5月上旬にかけて、野中さんの田んぼで咲き誇る「れんげ」を見ると、おそらく、多くの方がここがお米作りをする“田んぼ”だとは思わないことでしょう!

a0254656_18542216.jpgれんげは、収穫を目的として育てるのではなく、美味しいお米を育てる大事な土を作るためだけに育てられる、“緑肥”です。
花が咲き終わる、5月中旬、れんげは全て田んぼに鋤き込んでしまいます。

a0254656_18554008.jpg野中さんは、稲刈りを終えた田んぼで、今年もこだわりの土つくりをしてきました。
毎年変わらぬ土つくりで、“稲ワラ”と“れんげ”で、しっかりと元気な土を作り上げた田んぼに田植えを行います。

a0254656_18593088.jpg本日のブログでは、平成30年度の野中さんの田植えの様子を紹介する予定でしたが、こだわりの土つくりを詳しく紹介して、少々長くなりましたので、その様子、この続きは明日のブログで紹介することにいたします。

a0254656_19040526.jpg野中さんの『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』は、基本、自分や家族、親せきや友人のために育てているお米です。
ですから、一般流通はなく、大変貴重なお米で、私が無理を言って分けていただき販売しています。

a0254656_19054773.jpgこうして、何年も現地取材を続けお勧めしている野中さんのお米を、私は「ご飯がごちそうになるお米」と呼んでいます。
平成29年度の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』も残りわずかとなってきました。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『熊本の美味しいお米』のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
# by flcps | 2018-06-22 19:17 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

山鹿のみかん 社方園 花の時期から現在の着果後の様子

FLC日記 2018年6月21日(木) 雨のち晴れ
ここは、熊本県山鹿市久原にある、「社方園」さんの熊本産晩生みかん『青島』の栽培地、みかん畑です。
a0254656_16230101.jpg
この時期は、もちろんミカンの収穫の時期ではありません。
現在は、こうして、しっかり著着果し、順調に成長しています。

a0254656_16311216.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成30年度の匠の農家さん「社方園」さんが育てた、熊本産晩生みかん(青島)『木箱熟成蔵出しみかん』のネット独占販売に向け、現地取材を続けています。

a0254656_16344805.jpgみかんは、5月上旬から下旬にかけ、このような白い花を咲かせます。
撮影したのは、5月中旬で、早いものは花びらが落ちみかんの赤ちゃんが見えてきていました。

a0254656_16382877.jpg「社方園」さんのみかんの栽培地は、みかん畑と言うより“みかん山”と言った表現があうようです。
この高台から見下ろす陽の当らる斜面一帯に、たくさんのみかんの果樹を栽培しています。

a0254656_16541620.jpg「社方園」さんと言えば、「FLCパートナーズストア」のお客様や、このブログ「FLC日記」をご覧いただく方は、よくご存じだと思います。
「社方園」さんは、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を生産する匠の農家さんです。

a0254656_16563007.jpg「社方園」さんのぶどう畑では、今年も7月上旬の出荷に向け、しっかり色づき順調に『山鹿のぶどう』が成長していました。
まもなく、収穫前の最後の作業の“袋かけ”を行います。

a0254656_16594417.jpg「社方園」園主の社方武路さんです。
「ぶどうも順調ですが、みかんも元気に育ってますよ。今日は父と母がみかん畑に行ってるので、ぜひ行って取材してください。」
そう言っていただき、その帰りにみかん畑に伺ったのです。

a0254656_17030052.jpg高台まで登り、一昨年定植した苗たちを見ると、元気に成長していました。
でも、ところどころに明らかに幼い苗があります。
その訳を、武路さんのお父さんで、初代「社方園」園主の社方義武さんにうかがいました。

a0254656_17052662.jpg「あれだろ?イノシシの来て、苗の根元ば掘り返してしもうたけん、枯れたとたい。だけん、昨年そこにまた苗ば植えたけん幼かとのあるとたい。」とのこと。

a0254656_17083447.jpg「それだけ、自然豊かなとこで育てよるってことばってん、困ったもんばい。まだ、果実は食べんばってん、色づき始めたらやられるけん、対策ばせにゃんと思いよるとたい。イノシシもなんか食べにゃんだろうけど、うちのみかんは勘弁してほしかなぁ~(笑)」

a0254656_17125334.jpg義武さんは、九州はもとより西日本において、ぶどうを栽培している方の中にはかなり名前が通っているまさに匠の農家さんです。
たくさんぶどう栽培農家さんが、毎年「社方園」さんに匠の栽培方法などを学びに来ます。

a0254656_17150879.jpg「うちのみかんは晩生だけん年明けの出荷になるたいね。こうして順調に育ちよるけん楽しみにしときなっせ。そうそう、笠さんが取材に来た、山場開いて定植した苗たちも元気に育ち様るけん、そこも見ときなっせ!」と義武さん。

a0254656_17184838.jpg義武さんにお礼を言って、さっそく行ってみました。
こちらは、今の話にあった山を開いて定植した苗たちの、昨年5月中旬の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17211289.jpgもちろん「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』や『山鹿のみかん』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
定植する前の山を切り開いている様子も取材しましたよ。

a0254656_17235967.jpgこちらは現在の様子です。
そこには、少したくましくなったみかんの果樹たちと、義武さんの奥様の姿がありました。
「こんにちは!」と声をかけると、
「あらぁ~、笠さん!取材に来たと?今日は草取りばしよるだけよ!(笑)」

a0254656_17264467.jpg「まだ若木だけん、根元だけでも草を取ってやりよるとたい。どうね?ずっと見てきたろうけん分かるど?大きくなったね?」と奥様。「もちろん、定植直後からすると、ずいぶん大きくなってますし、葉っぱの色もしっかり濃ゆくて樹勢も良いように見えますよ。」と言うと、

a0254656_17303705.jpg「笠さんは失とろうけど、ここに定植した子たちは、なんか違う仕立て方ばするって、武路が言いよったけん私も楽しみにしとるたい。まぁ、収穫ができるようになるのはまだまだ先だろうけどね!(笑)」
こちらは、猪の被害もなく、元気な新芽も芽吹き、順調のようです。

a0254656_17371410.jpg「社方園」さんの『山鹿のみかん』は、晩生のミカンです。
現在成長している果実たちが実り、収穫し、出荷を迎えるのは年明け2月ごろからです。

a0254656_17393106.jpgこちらは、以前取材した2月上旬の「社方園」さんの蔵の様子です。
「社方園」さんでは、収穫したみかんたちを、専用の木箱に入れしっかりと熟成させて、ベストなタイミングで出荷します。

a0254656_17445354.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成30年度(平成31年2月より出荷予定)より、匠の農家さん「社方園」さんの、山鹿のみかん『木箱熟成蔵出しみかん』をネット独占販売いたします。
こうして、現地取材を重ね、その栽培の様子や惜しまぬ手間ひまをきちんとお伝えしていきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2018-06-21 17:48 | 山鹿のみかん | Trackback | Comments(0)