人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2020年 04月 05日 ( 1 )

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました

FLC日記 2020年4月5日(日) 晴れ
4月2日(木)、今年(令和2年)も、咲き誇る梨の花を現地取材していきました。
まずは、その様子をご覧ください!

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_18533702.jpg


熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_18542647.jpgここは、熊本県菊池市市野瀬の匠の農家さん「岩永農園」さんの梨園の1つです。
「岩永農園」さんでは、収穫する順に、『幸水』『豊水』『秋麗』『秋月』『新高』『新興』と、6種類の梨を栽培してます。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_18552527.jpg「岩永農園」さんの梨園は、梨の匠岩永敏行さんによって、見事な剪定と、誘引作業で、実に美しく枝を配置されていました。
この匠の技が、夏の葉が茂った時に、梨たちが育つための最高のステージを作り上げるのです。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_18573942.jpgこちらは、7月中旬の、熊本梨の収穫前の写真です。
絶妙なバランスの、美しい木漏れ日が広がる梨園で、梨たちは元気に、大きく、美味しく育ちます。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_18584932.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和2年度)も、「岩永農園」さんの、こだわりの無袋栽培の『樹上完熟梨』を、ネット独占販売いたします。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_18225356.jpg出荷順に、『幸水』『豊水』『秋月』ジャンボ梨『新高』の4種類で、その美味しさで、全国にたくさんのファンをがいて、すでに今年のご予約を多数頂戴しているほどです。
今年も8月上旬の『幸水』(写真)からの出荷予定です。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_19014153.jpg「岩永農園」さんでは、契約養蜂農家さんから、毎年ミツバチを借りて、梨の花の交配(受粉)をさせています。
この日は天気も良く、とてもたくさんのミツバチたちが飛び回っていました。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_19031368.jpgこの時期、ミツバチたちは大忙しです。
ミツバチは、花々を飛び回り、蜜や花粉を集めます。
ミツバチの足には、すでにたくさんの花粉をつけてますね!
そのおかげで、梨の花は受粉することができ、梨の果実が着果するのです。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_19034766.jpg「岩永農園」さんの梨の枝の先端部分は、こうして上向きの元気な枝を残しています。
そこには、新しい葉の芽が芽吹き始めています。
この部分が、果樹の養分を枝全体に吸い上げるための、大切なポンプの役割をするのです。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_19044760.jpgしかし、その先端部分には、どの枝も全く花が咲いていません。
実はこれは、匠の手間ひまで、咲いていないのではなく、「咲かせていない」のです。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_18243969.jpgこちらが以前取材した“摘蕾”作業の様子です。
「岩永農園」代表の岩永敏行さんの奥様、岩永哲代さんが1つ1つ丁寧に作業をしています。
着果枝の先端は果実を実らせません。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_18274751.jpg先端に芽吹く新芽は、この枝のポンプのような役目を果たし、その芽が元気に伸びることで、水分や栄養分をしっかりと引き上げるのです。
その為に、果実を実らせないようするために、蕾の段階で全て落としていきます。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_19113774.jpg梨の花は、桜の花に似ていると思いませんか?
梨も桜も同じバラ科の植物で、花の形はホントによく似ていますね。
ただし、梨の花はご覧の通り、真っ白ですけどね。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_19121132.jpg「梨の花は、1つから芽吹いたら10個くらい咲くとたいね。その中の5~7個くらい着果して、摘果を繰り返しながら、収穫するのはせいぜい1つってとこたいね。」
「岩永農園」代表の岩永敏行さんが以前そう話していただいたのを思い出しました。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_19144393.jpg花が咲き終わり、着果するとそれからは収穫まで1日も休むことなく、手をかけていきます。
こちらは、5月に行われる1次摘果作業の様子です。
匠の判断で、育てる梨を選び抜き、残りを全て落としています。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_19153912.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_18464344.jpgその日は、日焼け対策のタオルをかぶり、奥様のかわいい花柄の腕あてをして作業をしていました。
「この格好は恥ずかしかばい!」と嫌がる岩永さんを強引に撮影したので、普段の岩永さんのダンディーな写真も掲載しておきます!(笑)

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_18514828.jpg収穫後のお礼肥え、冬の匠の剪定と誘引作業を経て、今年も元気な梨の花が咲いています。
この時期は、ミツバチたちに頑張ってもらい、しっかり交配(受精)をして、着果を待っています。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_19174685.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岩永農園」さんのこだわりの無袋栽培で育てた『樹上完熟梨』を、ネット独占販売いたします。
最初は8月上旬から販売をスタートする、『幸水』、次に『豊水(ほうすい)』、そして『秋月(あきづき)』、最後にジャンボ梨『新高』(写真)と途切れることなく出荷していく予定です。

熊本梨 岩永農園 気温の上昇と共に、まずは最後に収穫する新高の花が咲き誇っていました_a0254656_19231240.jpg高級感あふれる化粧箱入りの商品(写真はあきづき)は、ご贈答やご挨拶、ギフト商品としても大人気です。
今年も、「岩永農園」さんのこだわりの無袋栽培の『樹上完熟梨』の成長の様子や惜しまぬ手間ひま、そして匠の技など現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-04-05 19:24 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)