人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2020年 04月 03日 ( 1 )

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!

FLC日記 2020年4月3日(金) くもりのち晴れ
お待たせしました!
熊本県菊池市産の天然の『たらの芽』の先行予約の受付をスタートしました!

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_16415777.jpg

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_16414805.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和2年)も、熊本県菊池市にある弊社の敷地内で採れた天然の『たらの芽』を販売いたします。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_16452305.jpg近所の野山にもありますが、敷地内に自生していたものを、少しずつ増やしてきました。
ですから、100%天然の『たらの芽』です。
毎年決まって完売する、大人気商品です。
ご注文(ご予約)はとにかくお急ぎ下さい!

今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
山菜の王様 熊本産天然『たらの芽』




天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_18082767.jpg『たらの芽』は“山菜の王様”と称されています。
海老(エビ)とよく似た味がするため“山海老”とも言われています。
香り、苦味、コクとも非常にバランスが良く、栄養的にも価値がとても高いため大人気の山菜です。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_17100524.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の本社で、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にあります。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_18253897.jpgここは、本当に山奥なんです。ここに来るには舗装道路はこの道しかありません。
敷地内には電柱が立っていますが、電線はここまでしか来ていません。
ここより山奥にはだれも住んでいないので、電気はありません。
敷地内の電柱は、いわば「電柱の果て」といったところでしょうか!(笑)

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_17155151.jpgここの敷地は、2000坪ほどあります。
さらに近隣農家さんに畑を借りて、現在は、約4000坪を管理し、様々な作物を育てています。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_17201076.jpgここでは、全ての作物を完全無農薬、完全無化学肥料で栽培しています。
これは上の段の9月中旬のエゴマと、利平栗の栗林の様子です。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_18390515.jpg無農薬、無化学肥料栽培にはきちんとした理由があります。
ここの敷地は、お茶畑と隣接しています。
これは、5月下旬に行われる茶摘みの様子で、右側は先ほど紹介した栗林です。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_18400398.jpg株式会社旬援隊がある熊本県菊池市、菊池水源の原(はる)にある伊牟田地区は、日本有数の茶どころです。
隣接している茶畑は全て、有機栽培(無農薬、無化学肥料栽培)のお茶です。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_18410411.jpg収穫している茶葉は、有機抹茶用の碾茶で、きびしいJASの審査も通っているものです。
有機のお茶基準はかなり厳しく、もし何かあれば向こう3年は有機栽培として出荷ができません。
そこで、私もここで育てる作物は全て、無農薬、無化学肥料で育てているというわけです。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_17331997.jpg生産者は、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀:写真左)です。
こちらは『たらの芽』の紹介を、なんとこの山奥からテレビの生中継をした際の写真です。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_17331543.jpg『たらの芽』の栽培地も茶畑に面していて、無農薬、無化学肥料栽培で育てています。
天然物ゆえ、大きさや形をそろえて出荷することはできません。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_18532144.jpg『たらの芽』は例えるならば、ジャンケンの“グー”、“チョキ”、“パー”と言うように成長していきます。
スーパーなどの店頭に並んでいるのは、ほとんど“グー”のものばかりですが、私はそれぞれの美味しさを知っていただきたく、このようにそれぞれのものを商品としています。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_19012444.jpg“グー”や“チョキ”の状態のものを天ぷらにして食べるのが、『たらの芽』の定番の食べ方ですよね!
でもこのような、“パー”のものも、めちゃくちゃ美味しく食べられるんです。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_19010911.jpgそれがこちら!
『たらの芽』のかき揚げです。
食べやすい大きさに切って、玉ねぎやニンジン等と一緒にかき揚げにしてみて下さい。
ヘルシーな具材の上に、エビの味も加わり、お酒のおつまみにも、おかずとしてもバツグンですよ。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_17360419.jpgこちらは本日のうちの『たらの芽』の様子です。
もっとも成長している『たらの芽』です。
『たらの芽』の旬の時期は、たいへん短く、ご注文は全て完全予約制で、収穫でき次第の発送と言う条件付きで承っております。
ありがたいことに、毎年ご注文いただくお客様は、すでに来年のご予約まで頂戴してるほどの大人気商品です。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_17382536.jpg「FLCパートナーズストア」では、令和2年度の、山菜の王様、熊本産天然『たらの芽』の予約販売の受付をスタートしました。
数量限定、完全予約制での販売で、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただく旨、あらかじめご了承ください。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_19121835.pngまた「FLCパートナーズストア」では、“わが家の専用農家さん”と称している、契約農家さんたちが育てた“本物”と呼べる、最旬フルーツ、朝採り新鮮野菜、熊本の安全で美味しいお米など、様々な食材を販売しています。
いずれも、弊社でしか買うことのできないものばかりです。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_17392107.jpg4月の最旬食材は、幻の白い『長生たけのこ』です!!
熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんが育て上げた幻の逸品です。
本日より出荷をスタートしました。

天然たらの芽!令和2年の先行予約の受付をスタートしました!!収穫でき次第ご注文順に随時発送いたします!_a0254656_19161901.jpgその他にも、究極の柑橘『せとか』、柑橘王こと『デコポン』、匠が育てた『夢スイカ』、熊本産の『新鮮イチゴ』、『採りたて野菜』、『熊本のお米』などなども大好評発売中です。
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページもご覧ください!
本日紹介した菜の王様、熊本産天然『たらの芽』は、今年も完売必至の大人気商品!
ご注文は、早い者勝ちですよ!
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-04-03 17:42 | FLC | Trackback | Comments(0)