人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2020年 03月 04日 ( 1 )

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち

FLC日記 2020年3月4日(水) くもり
熊本の旬を販売する、「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、今年もネット独占販売いたします。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_16372867.png


肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_16424660.jpg熊本限定栽培品種の、高級マスクメロン『肥後グリーン』は、糖度17度を超える甘さを、シャキシャキの食感で味わえる新感覚のマスクメロンです。
もちろん、さらに追熟させると、マスクメロンならではの、トロトロの食感でも味わうこともできます。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_16403566.jpg熊本県山鹿市鹿央町にある、「岡山農園」さんの熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を栽培する、単棟建てのハウスに取材に伺いました。
苗を数段階に分け栽培し、定植時期をずらして、収穫を長期にわたりできるよう計算しまずは単棟のハウス、そして連棟建てのハウスで『肥後グリーン』が育てられています。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_16412636.jpg「岡山農園」さんでは、お父様の忠和さん、お母様の文代さんの豊富な経験と卓越した技術、さらには、2人の息子さん達の岡山和功さん、岡山祐大さん(写真)のご兄弟の惜しまぬ手間ひまと向上心で、至高の『肥後グリーン』を育てています。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_16424600.jpg取材したこの日(3/2)は岡山佑大さんに、取材協力いただきました。
「昨日、定植をしたんですよ。まずは温度管理がしやすいこの単棟のハウスで栽培します。」と佑大さんはキャップを外しながらそう言いました。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_16451058.jpg熊本の“旬”を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_16463113.jpgもちろん「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
キャップとは育苗の時期に使う白いピラミッド状の紙で作られた農業資材です。
「苗床から一気に環境が変わるので、このキャップをかぶせておくことで、温度や湿度が一定に守られ、苗たちにとってベストな環境になるんです。」と佑大さん。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_16502799.jpgこれは、その日に取材した次に定植を迎える『肥後グリーン』の苗床で育つ苗たち様子です。
苗床とは、定植するまでの間、集中管理して苗を育てる場所のことです。
「岡山農園」さんでは、栽培する作物を、こうして苗から育てています。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_16521487.jpg「この子たちは早ければ6月上旬から出荷できろと思います。この単棟のハウスだと、連棟建てのハウスに比べ温度管理が徹底しやすいので、最初の定植はこちらで行いました。」とのこと。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_17093994.jpgこちらは以前取材した連棟建てのハウスの定植直後の様子です。
3月の中旬以降の定植でしたので、この時はキャップを使わずに育てていました。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_17203376.jpg「キャップをかけると、それに安心してしまうところがあるので、今年は原点に戻って、自分たちの判断で温度や湿度の管理を徹底しようと思っています。もちろん、有機肥料をしっかり入れた土つくりからしっかりやってきたので、この子たち(肥後グリーンの苗たち)は、ちゃんと育ってくれると思いますよ!」
佑大さんがそう話してくれたことを思い出しました。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_17000315.jpgこだわりの土つくりも、取材しています。
肥後グリーンの苗たちが地中深くまで根を伸ばせるよう、“深耕”を行っています。
“深耕”とは、読んで字のごとく深く耕運することです。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_17040397.jpgこの機材を取り付けて、天地をひっくり返すように深く掘り返します。
植物は根っこからも空気(酸素)を吸わないと生きていけないので、深く掘り返して空気がしっかり入り込んでいる土で育てることが大事です。
指し示し頂いたしたが地中を通るので、60cmほどは掘り返しています。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_17234248.jpg今回の取材の最後に、
「今年もすでに『肥後グリーン』と『黒小玉スイカ』のセットの注文(予約)を早々にいただいているのですが、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の定植はいつぐらいになりそうですか?」と尋ねると、
「もう注文が入っているんですか?それは嬉しいですね!」とこの笑顔!

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_17303456.jpg「『黒小玉スイカ』の苗たちも順調に育ってますよ。4月10日前後に定植予定です。『黒小玉スイカ』は早ければ5月下旬から出荷するので、『肥後グリーン』の出荷が始まる6月上旬になれば、もちろんセットでの販売も可能ですよ!」とのこと。
※写真は黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の苗床の現在の様子です。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_17543852.jpg『肥後グリーン』と並ぶ人気を誇るのが、「岡山農園」さんが育てる、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』です。
スイカとしては最高級の12度以上の高い糖度と、スイカならではのシャキシャキっとした食感が、多くのスイカ好きをうならせる絶品です!!

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_17553589.jpgそして今年も、黄色い果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』も栽培頂いています。
初めて売り出した際は、赤果肉と黄色果肉のコンビで販売しましたが、多くのお客様から「黄色の果肉のみの販売もしてほしい!」とのお声を頂戴し、「岡山農園」さんにお願いし、栽培数を増やして頂いています。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_17572428.jpgそしてもちろん、『肥後グリーン』の出荷のスタートと同時に、「おかやま農園」さんが育てた黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』とのセットも販売もいたします。
メロンとスイカのいずれの美味しさも楽しめる、大人気商品です。

肥後グリーン 熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』2018年の定植直後の様子と苗床で育つ次の苗たち_a0254656_17591944.jpg熊本産高級メロン『肥後グリーン』は、シャキシャキした食感にも関わらず、糖度が17度を超える甘さで、人気急上昇中のマスクメロンです。
6月中旬の出荷が楽しみでなりません。
これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技などなど、現地取材でご紹介していきます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-03-04 17:35 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)