人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2019年 11月 04日 ( 1 )

健康農園さんの無農薬栽培『雑穀米』『発芽玄米』大好評発売中!無農薬栽培のこだわりの様子!

FLC日記 2019年11月4日(月) 晴れ
新米の季節ですね!
体に良いお米をを食べていますか?
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、“米・食味鑑定士”で、雑穀エキスパートの堤公博さんが育てた、無農薬・無化学肥料栽培の『雑穀米』、『発芽玄米』を、ネット独占販売しています。
a0254656_16370042.jpg


a0254656_16403250.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している無農薬・無化学肥料栽培の『雑穀米』は、堤さんに特別にブレンドしていただいてものです。
この中には、5種の雑穀が入っていて、割合が多い順に、発芽玄米、緑米、黒米、胚芽押麦、赤米となっています。

a0254656_16464968.jpg召し上がり方はいたって簡単です。
『雑穀米』や『発芽玄米』だけで食べるのもいいのですが、白米一合に対して、『雑穀米』や『発芽玄米』を大さじ1杯入れて普通に炊いて召し上がってください。
雑穀米の場合、白米にも、ほんのり色がついていて、美味しそうですよね!

a0254656_16422831.jpgこちらは、『発芽玄米』です。
“米・食味鑑定士”で、雑穀エキスパートの堤公博さんが育てた、無農薬・無化学肥料栽培の「ヒノヒカリ」を100%使用し、発芽玄米としています。

a0254656_16525571.jpg『発芽玄米』も『雑穀米』同様に、白米1合に大さじ1杯入れて普通に炊いてお召し上がりください。
これくらいの分量だと、白米とあまり違和感なく召し上がって頂くことができます。
玄米は、白米にない、ビタミンB1やミネラルを豊富に含んでいます。
さらに『発芽玄米』にすると栄養豊富なうえ、普通の玄米より消化も味も良いんです。
また『発芽玄米』は、ギャバやビタミン、アミノ酸、ミネラル、鉄、カルシウムが豊富です。

a0254656_16502926.jpgちなみに私は、毎日、朝食のご飯を発芽玄米入りにしています。
日々の元気の源は、ここにあるような気がしています。
いずれも、美味しいだけではなく、とっても健康に良いんです!
『雑穀米』『発芽玄米』とも、安全性に加え、何よりその美味しさで、発売開始以来、多くのリピート購入のお客様を持つ、大人気商品となってます。

無農薬栽培の『発芽玄米』と『雑穀米』を今すぐ購入したい方、
詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




a0254656_17521192.jpg生産者と生産地の紹介をします。
「健康農園」代表の堤公博さんの田んぼの1つです。
ここは、日本有数の米ところ熊本県菊池市七城町の砂田地区で、完全無農薬・完全無化学肥料でお米を育てています。

a0254656_17542145.jpg生産者の堤公博さんです。
堤さんは、“米・食味鑑定士”で、雑穀エキスパートです!!
また、九州米粉食品普及推進協議会の会長などたくさんの役職をしながら、自らも無農薬でお米を育てています。
稲刈り後の乾燥作業の際に撮影した写真です。
今年も美味しいお米ができて、満面の笑みを浮かべてます。

a0254656_17583415.jpg同時にこの日も稲刈りが行われていました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18014285.jpgもちろん堤さんの米作りの様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
苗床作り、苗床での成長、田植え、稲の成長の過程、花咲く様子、頭を垂れた稲の収穫(稲刈り)、冬の土つくりの様子など、その全てを見てきました。

a0254656_18031253.jpgこの日は堤さんおお弟子さんの野田哲詩さんが、田んぼの見回りに来ていました。
「水管理ですか?」と声をかけると、
「米ぬか団子を入れに来てたんです。」と野田さん。

a0254656_18112462.jpg「米ぬかを団子にして田んぼに入れると、田んぼのジャンボタニシたちがそれらによってきて、稲を食べるのを防ぐことができるんです。」

a0254656_18125776.jpg「ジャンボタニシは、稲がもう少し大きくなると大丈夫ですし、むしろ雑草を食べてくれる働き者ですが、この時期は植えたばかりの稲を食べるので困ってるんです。」

a0254656_18164665.jpg「すでに食べられてあところもあるので、そこは丁寧に補植していきますけどね!」と野田さん。
除草剤も使用せず、農薬も使わずに米作りをしているので、こうして様々な惜しまぬ手間ひまをかけ育てています。

a0254656_18192477.jpgそうして、農薬や化学肥料、除草剤も一切使用せずに、大事に大事に育てられた令和元年度の堤さんのお米が今年も元気に実りました。
無農薬・無化学肥料栽培の「ヒノヒカリ」を100%使用し、弊社で販売している『発芽玄米』や『雑穀米』の原料としています。

a0254656_17441492.jpgまた『雑穀米』に入れる、発芽玄米以外の緑米、黒米、胚芽押麦、赤米は、堤さんが信頼をおいている農家さんに依頼して、『雑穀米』も無農薬・無化学肥料で育てています。
写真は、収穫(稲刈り)前の赤米の田んぼの様子です。
赤米などは、現在では“古代米”と呼ばれています。

a0254656_17510504.jpg古代米が白米に比べてタンパク質やビタミン、ミネラルを多く含むということがあきらかになり、健康食として注目されています。
しかし、古代米だけを食べてもボソボソとしていて、美味しくありません。
そこで、“米・食味鑑定士”で、雑穀エキスパートの堤さんにお願いして、特別なブレンドの『雑穀米』を作っていただき販売しています。

a0254656_18220319.jpgまた、堤さんがこの菊池市七城町砂田地区の田んぼで育てたお米は、食味コンテストにおいて、“日本一”の称号を得ました。
しかも、2回も受賞した実績があります!!

a0254656_18265713.jpgですから、何年も先まで予約でいっぱいで、作付面積を増やしたら、販売をさせていただくという約束で、現在は弊社での販売にいたっていません。
そこで、そのお米で作った無農薬栽培の『発芽玄米』を販売しています。

a0254656_18305178.jpg以前取材した稲刈りの際に撮影した師弟のツーショットです。
堤公博さんの、無農薬・無化学肥料で育てた『雑穀米』、『発芽玄米』は、「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-11-04 18:25 | 無農薬雑穀米・発芽玄米・農薬不使用の米粉 | Trackback | Comments(0)