人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2019年 10月 02日 ( 1 )

米作りの挑戦(2019) 9月の様子 実るほど倒れてしまった稲穂かな!

FLC日記 2019年10月2日(水) くもり一時雨
ここは、熊本県菊池市、菊池水源の原(はる)の伊牟田地区にある、私が自給自足のために育てている棚田(田んぼ)です。
9月中旬、稲穂が頭を垂れ始め、とても良い感じにお米たちは育っていました。
a0254656_18362315.jpg


a0254656_18413993.jpgこのあたり一帯は、「菊池水源」と呼ばれていて、1級河川の菊池川の支流で、まさに“水の源(みなもと)”!
菊池川に最初に流れ込む清らかで新鮮な水がある地域です。

a0254656_18454629.jpg昨年の田植えの写真です。
私(笠泰紀)は、熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役をしながら、自らも農業を営んでいます。

a0254656_17574901.jpg株式会社旬援隊は、熊本県菊池市、菊池水源のさらに山奥にあります。
これが本社社屋です。
目の前にある舗装道路は、まもなく砂利道となり、いずれは行き止まりとなるほどの山奥です。
ですから、ここより山奥には誰も住んでいません。

a0254656_19402759.jpg私はこの地で、自給自足の生活を目指して、様々な作物を育てています。
こちらは、自己消費用の野菜たちの畑と、右は現在大好評販売中の『利平栗』の栗林、奥の畑は『エゴマ』を栽培している畑です。

a0254656_19190714.jpgまた、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本の旬の食材を販売しています。
弊社の契約農家さん(わが家の専用農家さん)たちの、“本物”と呼べる食材に加え、私がこの地で栽培する「オリジナルブランド商品」も販売中です。

a0254656_18062583.jpgここでは、一切の農薬や化学肥料を使用せずに、全ての作物を育てています。
「オリジナルブランド商品」としては、自然栽培で育てた『利平栗』(写真)『水源キウイ』『春の山菜』『えごま油』『焙煎えごま粒』『烏骨鶏のタマゴ』などがあります。
自給自足を目指すため、様々な野菜や果物を栽培していますが、主食である「お米」を育てておらず、まだまだ自給自足とは言えなかったので、昨年よりいよいよ米作りにも挑戦しています。

a0254656_18491915.jpg熊本県菊池市原(はる)の伊牟田地区において、昨年より米作りに挑戦しています!
昨年は米作りが初めてと言うこともあり田植えを、全て手植で行いました。
今年は、田植え機を使って行いました。
昨年、手植えをして延べ3日間かかった田植えが、半日だけで終わりました。
写真は、田植え後3週間後の写真です。

a0254656_18524337.jpgこちらは9月18日の写真です。
1年目の米作りの様々な経験を活かした、今年の米作りは、本当に順調に来ていました。
そう!
あの朝を迎えるまでは・・・
9月23日の朝の様子です!

a0254656_18582023.jpg

a0254656_18594161.jpg9月22日の夜、台風17号が九州の北部を通過していきました。
上陸はしなかったものの、その強風はすさまじく、こうして稲が倒れてしまったのです。

a0254656_19055655.jpgまだご覧の通り、稲刈りには早すぎます。
しかし、稲が倒れ、稲穂が濡れてしまうと、お米の成長どころか発芽することもあり収穫ができません。

a0254656_19082321.jpgそこで私は、倒れた稲を起こすことにしました。
4束ずつを麻ひもで縛って起こすのです。
幸い、田んぼに水は少なく、稲穂があまり濡れていなかったのでよかったです。

a0254656_19100969.jpgただそれは、例え自己消費用の7畝ほどの田んぼとは言え、途方もない手作業です。
朝から晩までの終日を費やしても、4分の1も起こすことはできませんでした。

a0254656_19120263.jpg次の日もその作業を続けるのか悩みましたが、決断しました。
お米を起こす作業はこの日だけにして、他の農作業を優先しようと決めたのです。
私は他にも作物を育てていて、現在は、お客様に提供している私が育てる栗の王様『利平栗』の収穫の最盛期を迎えているからです。

a0254656_19170256.jpg私が敷地内で、無農薬で育てている栗の王様『利平栗』は、弊社のオリジナルブランド商品で、大変人気が高くすでにたくさんのご予約を頂戴していました。
私の自給自足用の米より、お客様に出荷する『利平栗』を優先したのです。

a0254656_19203797.jpgここは熊本県菊池水源の山奥で、たくさんの野生動物が生息しています。
昨日のブログで田んぼに悪さをしたことを紹介した「アナグマ」も利平栗を食べます。

a0254656_19214587.jpg最も被害を及ぼすのがこのイノシシです。
田んぼは電柵で守っていますが、栗は無防備に近いので、とにかくイノシシに食べられることなくお客様の受注分を確保しなければなりません。

a0254656_19243297.jpgイノシシは超グルメで、栗の王様と呼ばれる『利平栗』がある間は、他の栗には目もくれず、『利平栗』ばかりを食べるんです。
上のイノシシの写真は、あまりの被害のひどさを見かねた、知り合いの猟師さんがうちの敷地内で捕獲してくれた際のイノシシの写真です。

a0254656_19303700.jpgお米作りの話から脱線しましたが、やはりお米も何とかしたいと、時間がれば少しでも田んぼに入り、倒れた稲を起こして根元の土をしっかり手で押し固めて稲をしっかりと立てる作業をしています。

a0254656_19324737.jpg農業は自然災害との戦いですよね。
順調に育っていた稲たちをなんとか少しでも稲刈りまで育ててあげたいと思っています。
稲刈りは、10月中旬ごろを予定しています。
その様子はまた後日、このブログで紹介したいと思っています。
本日のブログは、私の米作りの「実るほど倒れてしまった稲穂かな!」のお話でした。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村

by flcps | 2019-10-02 19:43 | FLC | Trackback | Comments(0)