人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2019年 08月 08日 ( 1 )

太秋柿 古川果樹園 今年も順調に成長中!摘果作業と枝吊り作業の惜しまぬ手間ひまをかけ育ています!

FLC日記 2019年8月8日(木) 晴れ

a0254656_18115816.jpg『太秋柿』は、「梨のような食感、ぶどうのような甘さ」と称される、秋の果実の王様です。
その『太秋柿』は、生産量は熊本県が日本一で、全体の約50%を占めています。

a0254656_17145211.jpg熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の「古川果樹園」さんは、今年で栽培25年にもなる『太秋柿』の匠の農家さんです。
「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培場に、現在の成長の様子を現地取材に行ってきました。
a0254656_17153934.jpg
朝早くに伺ったので、まだ朝露が『太秋柿』の果実に残っていました。

a0254656_17171643.jpg今年も匠らしい惜しまぬ手間ひまをかけ至高の『太秋柿』を育てています。
こちらは“上の段”と呼んでいる柿園です。
「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園は、山あいののどかな田園風景の中にあります。

a0254656_17200823.jpgこちらは、“下の段ん”と呼んでいる柿園です。
「古川果樹園」さんでは、いずれの柿園も、柿園全体をネットで覆い、大切に大切に『太秋柿』を育て上げています。

a0254656_17222979.jpg柿園全体をネットで覆うのには、大きく2つの理由があります。
まずは、果実を野生動物(とりわけ野鳥)から守るため。
「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、まだ真っ青な頃から、すでに甘くそのうまさを知る野鳥たちは放っておかないのです。
もう一つは、台風などの強風から果実や枝を守るためです。

a0254656_17262326.jpgネットがあることで、強風はかなり和らぎますが、さらにこうして『太秋柿』が実るの果樹の枝1本1本を、こうしてひもでつるしながら栽培します。

a0254656_18512315.jpgこれは、以前取材した枝つり作業の様子です。
「古川果樹園」の古川孝人さんが、真夏の時期に何度も何度も脚立を上り下りしながら、果実が実る1本1本の枝をこうして細いひもでつるしていきます。
「まぁ、普通のもんはここまでは絶対せんどなぁ~。ばってん、人がせんこつばして、こうしてしっかり手ばかけて育てるけん、うまか『太秋柿』のでくっとたい。」
匠は、こうして惜しまぬ手間ひまをかけて大切に育て上げるのです。

a0254656_18583569.jpgそこまでするにはきちんと理由があります。
これは、主に奥様のアツ子さんが行う摘果作業の様子です。
「古川果樹園」さんでは、着果した『太秋柿』のおよそ6割をも摘果して落としてしまいます。

a0254656_191732.jpg地面には、次々に摘果された『太秋柿』が落ちてきました。
これらはすべて、作業終了後拾い集め処分します。
そうすることで、病気や害虫から育てる『太秋柿』を守るのです。

a0254656_19194268.jpg年間を通して、柿園を徹底管理し、この時期に匠の目で判断して、わずか4割だけを残し、惜しまぬ手間ひまをかけ枝を1本1本つりながら大切に大切に育て上げるからこそ、「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、糖度が18度を超える至高の『太秋柿』になるのです。
今年も、10月上旬にはこのように実り、収穫が始まります。

a0254656_17362142.jpgでも、それはまだまだ先のこと!
この真夏の最も暑い時期に、古川さんとアツ子さんは何度も脚立を上り下りして、摘果作業とひもつり作業をしていきます。
下の段はその作業が終わりましたので、上の段の枝吊りと摘花作業の様子は、また後日現地取材をしてこのブログでご紹介いたします。

a0254656_17401039.jpg今回の取材を終え車に戻ろうとしていると
「笠さん!来とったとかい!」と古川さん。
「こんなに早くから作業するんですか?」と尋ねると、
「ちっとでん、涼しかうちにしようと思ってな!」

a0254656_17453758.jpg「ふ(カメムシのこと)のつく前に、最低限の消毒だけはしとかにゃんとたい。消毒はなるべくしよごつはなかばってん、これだけはしとかんと収穫前に全部落ちてしまうとたい。」と古川さん。

a0254656_17445545.jpgこちらは9月下旬の様子です。
赤く色づいた太秋柿は、カメムシが吸っていたので熟れる時期を前にして先に色づき落ちてしまいます。
それを防ぐために、どうしても最低限の消毒(予防)をこの時期に行います。

a0254656_19291982.jpg「古川果樹園」さんでは、古川孝人仁さんと奥様のアツ子さんのとっても仲良しご夫婦の二人三脚で、本日紹介した『太秋柿』をはじめ様々な“本物”と呼べる作物を育てています。
まもなく出荷を迎える、山あいの『種なしかぼす』、今年も大好評のうちに完売した『山竹たけのこ』は、農薬や化学肥料を一切使用せずに育てています。

a0254656_17550720.jpg無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』は、現在、弊社のホームページにて、先行予約の受付を行っています。
数量限定の完全予約制とさせていただき、発送日の朝採り、即日発送でお届けいたします!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』




a0254656_1938087.jpg「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、弊社の大看板商品です。
しかも、ただの『太秋柿』ではありません。
「古川果樹園」さんが大切に大切に育て上げ、収穫した『太秋柿』からさらに選び抜いた“極選”の『太秋柿プレミアム』です。

a0254656_19514381.jpg特に、1玉が300gを超える大玉の『太秋柿プレミアム“極”』は、昨年は2週間待ちが当たり前の大人気で、今年もすでにたくさんの予約を頂戴しています。

a0254656_17571549.jpg今年も、初出荷は10月10日前後の予定です。
ただし、『太秋柿プレミアム“極”』は、その1週間後からの出荷となります。
これからも、「古川果樹園」さんの『太秋柿』の成長の様子や、匠の技、惜しまぬ手間ひまなど現地取材を重ね、このブログでご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-08-08 18:03 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)