人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2019年 06月 10日 ( 1 )

干したけのこ 今年も大好評!干したけのこは超人気の健康食!定数になり次第完売です!お急ぎください!

FLC日記 2019年6月10日(月) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、「FLCパートナーズストア」では、令和元年度の熊本県産『干したけのこ』を大好評販売中です。『干したけのこ』は、今、ダイエット食としても大注目の食材ですよ!
a0254656_16512472.jpg


a0254656_16590740.jpg『干したけのこ』は、食物繊維の塊のようなもので、しかも、低カロリー!!
便秘の改善や大腸がんの予防にも効果的だと、人気急上昇中の食材です!!
今日のブログでは『干したけのこ』を使ったおススメ料理もご紹介しますので、お見逃し無く!!

a0254656_17025562.jpgよく、「乾燥たけのこ」として販売されることが多いようですが、弊社で販売しているのはあくまでも『干したけのこ』なんです。新鮮なたけのこを収穫し、その日のうちに『干したけのこ』へと加工します。
皮をむき、切って、茹でて、乾燥機で乾燥させる!
そしてその後、五月晴れの太陽の光を存分にに浴びさせ天日干しして仕上げます。
ですから、『干したけのこ』なんです。

a0254656_17125315.jpg「初めて見た!!」と言う方も多いことでしょう!
それでは、「シナチク」や「メンマ」と言えばお解かりでしょうか?
ちなみにこれは私が作った「メンマ」ですよ。

a0254656_17170017.jpgこれは、まだ水でもどす前の『干したけのこ』です。
この黄金色の輝き!大きくて平らな使いやすい形状!
熊本県山鹿市鹿北町の匠の農家さん「小春農園」さんによって、作り上げられた最高級の『干したけのこ』です。
数量限定の商品で、間違いなく今年も完売する大人気ですので、ご注文はお急ぎください!
長期保存も可能なので、まとめ買いもおススメです!

今すぐ注文したい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
「干したけのこ」


a0254656_1925160.jpg「小春農園」さんの“たけのこ畑”です。
「小春農園」さんでは、年間通して竹林を徹底管理し、有機肥料とミネラルを与えて、たけのこを栽培しています。もちろん除草剤なんて一切使いません。安全・安心にこだわりぬき、育て上げるので、この竹林を“たけのこ畑”と呼んでいるのです。

a0254656_172596.jpgこれは、「小春農園」さんが育て上げた、幻の白い『長生(ながそ)たけのこ』です。
穂先(たけのこの先端の葉っぱ)が、まだ地中にある間に掘り出し収穫します。
この幻の白い『長生(ながそ)たけのこ』は、そのまま生のたけのことして、4月上旬から約1ヶ月間の販売です。

a0254656_1733373.jpg「幻の白いってホント?」そう思われる方も多いはず!
見てください!!この驚きの白さ!って、どこかの洗剤のコマーシャルみたいですね!笑
この白いたけのこは、たけのこの皮にも着いている、独特な“赤土”が生み出したものです。

a0254656_17365250.jpg「小春農園」さんのたけのこの栽培地は、熊本県山鹿市鹿北町の長生地区です。
この独特な赤土の土壌が、驚きの白さのたけのこを育てます。
「小春農園」さんでは、この赤土を活かし、有機肥料とミネラルを与えてたけのこ畑を作り上げるのです。

a0254656_19325024.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「生で出すたけのこは、穂先(たけのこの先端の葉っぱ)が、まだ土の中にあるのを掘りあげて出荷するとたい!でも、干したけのこは、こうして伸びた竹の美味しいところだけを切り取って加工するとたいね・・・。」

a0254656_1936635.jpg切り取られたたけのこは、このように真っ白でした!
本来なら、独特の赤土の土壌を利用して育てた、幻の白い『長生たけのこ』として出荷できるたけのこです。

a0254656_1943686.jpg“たけのこ畑”で収穫した、たけのこは、『干したけのこ』へと加工されます。
まずこうして皮をむくのですが、見てください!この自然界が作り出した見事なグラデーション!惚れ惚れする美しさです!!

a0254656_1952139.jpgあの、真っ白なたけのこを、黄金色に輝く、大きくて平らな『干したけのこ』に加工するには、たくさんの匠の技がありました。
本日は、その加工の工程、匠の技については省略させて頂きます。
興味のある方は、こちらをご参照下さい。
http://shop.flcps.jp/干したけのこ 令和元年度の『干したけのこ』販売スタートしました!

a0254656_19593817.jpgさて、その調理方法ですが、まずは、水またはぬるま湯で、乾燥している『干したけのこ』をもどしてください。
あの黄金色から、このように白いたけのこに変わります。
「小春農園」さんの『干したけのこ』は、大きな特徴があります。この平らな形状と大きさです!!
もどしたたけのこは、お好みのサイズに切ることができ、様々な調理に活用できます。

a0254656_203328.jpg短冊切りにして、「きんぴらたけのこ」。
ニンジンも一緒にきんぴらにして、ゴマをまぶし、彩りも鮮やかですね!!
それに、シャリシャリの食感がたまりません!
さらには、食物繊維がたっぷりで、低カロリーですから、とってもヘルシーです。

a0254656_206941.jpgこちらは、『干したけのこ』のチンジャオロース。中華料理の食材にはバツグンの上手さですよ!
私は、みじん切りにして、餃子の具として食べるのが一番好きですね!!餃子に、『干したけのこ』の食感が加わり、ビールが止まりません!笑
ここ(株式会社旬援隊)で作る「グリーンカレー」は、『干したけのこ』で作ります!これも、超おススメですよ!!

<干したけのこの切り方と調理例>
★みじん切り→餃子の具材として
★細切り→チンジャオロース
★短冊切り→メンマ
★千切り→きんぴら
★大きめに切って→煮物
★小口切り→たけのこご飯


a0254656_2011881.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの有機農法で育てられた、安全・安心なこだわりの『干したけのこ』を、ネット独占販売しています。
『干したけのこ』の豊富な食物繊維は、便秘の予防・改善だけでなく大腸がんの予防やコレステロールの吸収を抑え、体外に排出してくれるという効果があります。
テレビで紹介されたことも重なり、大人気商品となっています。

a0254656_20183867.jpg昨年は、予想以上の注文を頂き、早々に完売しましたので、今年(令和元年度)は、生産数をかなり増やしてお客様にお応えできるよう準備しています。
高温・多湿を避ければ、長期保存も可能です。
ただし、開封後は、冷蔵庫で保管してください。
さぁ、食物繊維で便秘を解消し、大腸がんの予防にもなると言われている『干したけのこ』は、健康志向なあなたにピッタリの食材です!
ご注文は、下記ホームページよりお待ちしています。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-06-10 17:43 | 干したけのこ | Trackback | Comments(0)