人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2019年 04月 15日 ( 1 )

熊本産!夢スイカ 大玉スイカ『春のだんらん』出荷スタートします!熊本のスイカの旬は4~6月です!!

FLC日記 2019年4月15日(月) 晴れ
匠の農家さん、「大山ファーム」さんの、熊本産大玉スイカ『春のだんらん』の出荷がいよいよスタートしました!
予定より少し遅れて、明日の4月16日(火)からの出荷です。
「FLCパートナーズストア」では、全国のお客様に、極甘の朝採りのスイカをお届けしています!!
a0254656_16325575.jpg


a0254656_16332336.jpgスイカは、糖度が11度を超えると美味しいスイカ!12度を超えるととても美味しいスイカ!!と言われています。
「大山ファーム」さんの『春のだんらん』は、スイカ本来の、あのシャリシャリッとした食感で、糖度13度前後とバツグンの甘さです!

a0254656_18535111.jpgその美味しさは、有名フルーツショップ「千疋屋」さんで最高級スイカとして販売された実績を持つことでも証明されています。
※写真は「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめHM』です。

a0254656_16354777.jpg現在、「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめHM』は、先行予約分にて1次出荷予定分は完売し、次回は5月中旬からの出荷です。
間もなくご注文(ご予約)の受付を再スタートいたします。

a0254656_16421705.jpg大玉スイカ『春のだんらん』は、明日より出荷をスタートし、現在、それ以降のご注文を受付中です。
毎週、火曜日と金曜日の出荷予定で、朝採り、即日発送いたしますので、数量限定、完全予約制での販売です。

詳細を知りたい方、今すぐ注文(予約)したい方はコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
「熊本産スイカ」




a0254656_17005741.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんの大玉スイカ『春のだんらん』の栽培ハウスです。

a0254656_17033202.jpg着果棒が立てられ、スイカがハウスの中央付近で元気に成長しています。
着果棒とは、交配(受粉)したスイカが、成長し収穫の目安にするための目印の棒です。

a0254656_17072032.jpg夏に収穫を迎えるスイカは、暖かい時期に成長させるため、そこまで糖度が乗りません。
しかし、夏の熱い時期には、甘すぎないスイカが望まれるので、もちろん夏のスイカも美味しくいただけます。しかし、「大山ファーム」さんでは、本当に甘いスイカだけを作るために、夏の時期に収穫するようには栽培ししません。
匠のこだわりです!!

a0254656_17110710.jpgスイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界では、昆虫たちが雄花と雌花の間を飛び回り受粉が行われます。
これは、スイカの雌花です。

a0254656_17131276.jpg2月中旬のスイカの交配(受粉)作業の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
黄色い花の下に、ちっちゃなスイカがあるのがわかりますよね。

a0254656_17144805.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカなら、18節目の雌花に、大玉スイカならば20節目の雌花に交配を行います。
それらが、スイカが最もおいしく育つ花だからです。

a0254656_17181675.jpg交配作業を終えると、そのしるしに毛糸のひも置いていきます。
毛糸のひもの色は、2日ごとに変えています。
交配をした日をめどに出荷しますが、3日もそれが違えば出荷の時期や果実の味が大きく異なるからです。

a0254656_17204080.jpgスイカの果実がきちんと着果し成長し始めたことを確認すると、交配作業の時の毛糸と同じ色の棒をたて、目印にします。
それが着果棒です。
「大山ファーム」さんでは、2日ごとに色を変えるので、着果棒は10色以上ありました。

a0254656_17295899.jpg収穫前の様子です。
「スイカの直前の葉っぱの色が変わっとるたい。これも収穫の目安の1つたいね。収穫時期になるとマグネシウム不足でこういう現象が起こるとたい。」
「大山ファーム」代表の大山陽一さんがそう話してくれました。

a0254656_17413036.jpg「スイカの表皮に白い粉みたいなのがあるのがわかる?これは“ブルーム”って言って、スイカが自らの果実を守るために出すものたいね。ほら、ぶどうなんかにもあるのと同じたいね。全く害のないもので、このブルームがスイカの鮮度ば守ってくれるとたい。」

a0254656_17435759.jpg「鮮度と言えば、笠くんとこのお客様にはあえてスイカの“つる”を残して出しよるとたい。つるば見てもらうと、そのスイカの鮮度はすぐにわかるばい。」
一般的に販売されているスイカは、つるはほとんど切ってあります。

a0254656_19485849.jpgこれは、以前、取材に伺った際に撮影した、スイカの出荷場での様子です。
オートメーション化されたラインに乗り、スイカたちは何度も転んでいくため、スイカのツルは邪魔になってしまします。

a0254656_19535761.jpg出荷場で、大きさや糖度の検査を受け、それぞれに箱に詰められ出荷していきますが、これらのスイカが店頭に並ぶのは、流通の工程を経て、収穫後5日ほどたってからです。

a0254656_17470229.jpg「今年も念のための確認ばってんたい!その日に出荷したスイカは、笠くんとこでは、翌日か翌々日にはお客様のとこに届くとよね?」
「はい!もちろんです!!」と答えると、
「それならよかった!ベストなタイミングで、朝採りで収穫して出しよるとだけん、一番美味か時に食べてもらいたかけんね!!」

a0254656_17484712.jpg大山さんは普段は冗談ばかり言うとても気さくな方ですが、ことスイカとなると、頑固なまでのこだわりを持った“匠”です。
絶対に自分が乗っとくできないスイカは出荷しません!

a0254656_17520206.jpgこれは6月下旬、収穫を終えた大玉スイカのハウスです。
「収穫を終えたのに、この立派なスイカは何?」と思われた方も多いはず!
大山さんは、自分が納得したスイカでなければ、絶対に出しません。
匠の判断で出荷をしないと決めたスイカが、収穫を終えた後ですがゴロゴロとしています。
出荷をしない証拠に着果棒が取り外されています。

a0254656_17571863.jpg
「特に大玉スイカは、シャリっとしたスイカならではの食感があってこそ、美味いわけたい。もちろん、糖度は12度はなかといかんね!スイカは、切って食べてみらんことにはわからんとばってん、俺が判断して、美味い!と思えるのだけしか出さんよ。食べてもらって、もし、「美味しくないね!」なんて思われたら、その信頼を取り返すことはできんけんね。だけん、迷うくらいのスイカなら出さんとたい。」

a0254656_17582312.jpg
頑固なまでのこだわりを持っている“スイカの匠”の大山さんだからこそ、私は100%の信頼で、大山さんが育て、選び抜いたスイカを「FLCパートナーズストア」で販売しているのです。

a0254656_20171215.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売しています。
4月~6月が熊本のスイカの旬!
ぜひ、匠が育てたスイカをご賞味ください!

a0254656_20183448.jpg現在、好評発売中の大玉スイカ『春のだんらん』に続き、5月7日(予定)からは、小玉スイカ『ひとりじめHM』も再出荷いたします。
いずれも、大山さんのこだわりゆえの、数量限定・完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、お進みください!
ぜひ“本物”と呼べる美味さを、ご堪能ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-04-15 18:01 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)