人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2019年 03月 17日 ( 1 )

熊本ぶどう 社方園 芽吹き2019 後編:フカフカの土と芽キズ作業で元気な新芽を芽吹かせました

FLC日記 2019年3月17日(日) 晴れ
「ここにうっすらと、枝に対して垂直に線が入っとるとの分かるね?これが芽キズたいね。時期を見てみ傷をつける作業を施すと、こうして元気な新芽が芽吹くとたい。」
ぶどうの匠「社方園」さんの、初代園主の社方義武さんがそう話してくれました。
a0254656_16394685.jpg


a0254656_16442778.jpg本日は、昨日に続き、「社方園(しゃかたえん)」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の、現在の栽培ハウスの様子をご紹介いたします。
ここは、熊本県山鹿市久原にある、「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の栽培ハウスです。
写真は今回取材協力いただいた、「社方園」初代園主の社方義武さんです。

a0254656_17403692.jpg「社方園」さんは、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を育てるの匠の農家さんです!
「社方園」さんでは、20種類以上の『種なしぶどう』を育てています。
“本物”と呼べる至高のぶどうを、毎年なんと、夏が始まる7月7日に初回出荷しています。
※「FLCパートナーズストア」の今期の初出荷は7月8日(月)の予定です!
こちらは、人気ナンバーワンの3色セットです。

a0254656_17584440.jpgまるで、宝石箱を開けたかのような美しいぶどうたち!
濃厚な味わいの黒ぶどう、甘みが強い赤ぶどう、さらには皮ごと食べられる白ぶどう。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。

a0254656_16500860.jpgこちらは以前、一シーズン初出荷の7月7日に「社方園」さんから、テレビ生中継された際の様子です。
くまモンも来たんですよ!
「社方園」さんでは、毎年7月7日には黒ぶどう、白ぶどう、赤ぶどうの3色のぶどうを取り揃え販売を始めます。

a0254656_16534886.jpg日本中にはたくさんのぶどう農家さんがあると思いますが、7月7日に毎年3色のぶどうを出荷できる農家さんは、あまりないと思います。
さて、随分と前置きが長くなりましたが、栽培ハウスの現在の様子に話を戻しましょう!

a0254656_17383237.jpg義武さんと共に、栽培ハウスの中を見て回りました。
「それにしても、歩いてると変な感じがするくらい。ここの土はホントふかふかですね!」

a0254656_17400107.jpg「そうだろ?笠さんは毎年取材に来て知ってるように、有機肥料(たい肥)ば、たいぎゃ(たくさん)入れとるけんね!」と義武さん。
「社方園」さんでは、有機肥料をふんだんに入れた元気な土で『山鹿のぶどう』を栽培しています。

a0254656_17422459.jpg10月中旬のお礼肥え(元肥)散布の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17443151.jpg「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は「社方園」園主の社方武路さんが、農業実習に来ている鹿本農業高校生に指示を出している様子です。

a0254656_17483951.jpgその後、剪定作業やハウスのビニールはりを行い、芽キズを入れる作業を施します。
こちらが、以前取材した2月中旬の“芽キズ”をつける作業の様子です。

a0254656_17512305.jpg片側だけが切れるように武路さんのお父さんの初代園主の社方義武さんが加工した特別なハサミを使って、芽の上に傷を入れるのがその作業です。
全てのハウスの全部のぶどうの果樹の1本1本の枝、1つ1つの芽の真上にこうして傷を入れていきます。

a0254656_17531274.jpgほんの少しキズがあるのが分かりますか?
これを、全てのぶどうの果樹に施すのですから、とんでもない手間ひまの作業です。
しかし、それをすることで、冬眠から覚めたぶどうの芽吹きが良くなるので、「社方園」さんでは、徹底してその作業を行うのです。

a0254656_17535730.jpg「お礼肥えもビニールはりと温度、水管理も、そして1つ1つに付けた芽キズ作業も、的確な時期に的確な方法でせんといかんたいね。今年も全てばピシャットしてきたけん、ホント良か芽の出とるばい。」
義武さんはとても嬉しそうに芽吹いてた新芽を見ながらそう話しました。

a0254656_17561864.jpgハウスの中を遠くまで見ると、まるで、1本の長いぶどうの果樹が、何本も並んでいるように見えますが、これはたくさんのぶどうの果樹を、このようにそれぞれ1本になるよう仕立てているのです。

a0254656_17581921.jpg「7月にはここにあの美味しいぶどうたちがずらりと実るんですよね!ホント楽しみですねぇ~!」と言うと、
「ハハハッ!そうね。まぁ、そのためには今年もしっかり手ばかけて育てていくけん、期待しとって良かばい!」
義武さんはとても楽しそうに自信に満ちた笑顔でそう話しました。

a0254656_18503809.jpgさて、ぶどう栽培はこれからが本番です!
こちらは、4月中旬の最も成長の早いハウスの様子です。
新芽から伸びた枝をきちんと誘引し、その枝1本1本にぶどうを実らせていくのです。
これからは、ほぼ休みなく、惜しまぬ手間ひまをかけていきます。

a0254656_18560617.jpgもちろん、今年もその様子はまた現地に伺い取材して、このブログで紹介していきます。
こちらは、袋かけ直前の白ぶどう『シャインマスカット』です。
「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の代名詞ともいえる、黒ぶどうの『ピオーネ』と並ぶ、大人気商品です。
『シャインマスカット』は、数ある果物をおさえて、なんと今年も売れ筋ランキングで1位(8年連続)となった、大人気フルーツなんです!!
(日本農業新聞トレンド調査より)

a0254656_18035425.jpg現在はなまる人気急上昇中の赤ぶどう『クイーンニーナ』も、増産に向け、もう何年も前から取り組んできました。
今年は出荷量も増える予定です。
今年も、「社方園」さんでは、社方義武さん、社方武路さんの親子の匠が中心となり、“本物”と呼べるぶどうを育て上げてくれると確信しています。

a0254656_18143881.jpg私が心底惚れ抜き、現地取材を徹底的に行い、自信を持ってお勧めする最高級のぶどうが、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』です。
「FLCパートナーズストア」では、ぶどうの匠「社方園」さんの、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたしす。
今年も、初回発送は7月8日の予定です。
今年もぜひご期待ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2019-03-17 18:07 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)