人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2018年 12月 30日 ( 1 )

夢スイカ 平成31年3月下旬の収穫へ向け小玉スイカ『ひとりじめHM』の定植後の様子を現地取材

FLC日記 2018年12月30日(日) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成31年度も、スイカの匠「大山ファーム」さんが育てる、3月下旬からの小玉スイカ『ひとりじめHM』、4月中旬からの大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。
a0254656_16215748.jpg


a0254656_16370666.jpg熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんのスイカの栽培ハウスに、小玉スイカ『ひとりじめHM』の定植後の様子を取材に行ってきました。
「大山ファーム」さんでは、このような連棟建ての広い広い数ヵ所のハウスで、定植の時期をずらしながら『夢スイカ』を生産しています。

a0254656_16395736.jpg「大山ファーム」さんでは、土壌微生物活性材『夢』を使って、元気で土壌バランスの良い土を作り育て上げる「夢ブランド」の農作物を育てています。
その美味さと安全性は、有名フルーツショップ「千疋屋」さんで“最高級スイカ”として販売された実績を持つことでも証明されています。

a0254656_16402976.jpg熊本県は、日本一のスイカの産地です!
夏のイメージのスイカですが、熊本産のスイカの旬は、3月から6月なんですよ!
夏の熱い時期にどんどんと育つスイカより、冬の寒さを乗り越えながらじっくりと育つスイカの方が、糖度が高いため、熊本では7月以降はあまりスイカを出荷しません。

a0254656_16442558.jpg「大山ファーム」さんでは、毎年12月下旬にスイカの苗を栽培ハウスに定植します。
まずは、3月下旬からの出荷に向け、小玉スイカ『ひとりじめHM』の定植作業が、12月25日に行われました。

a0254656_16464693.jpg栽培ハウスの中は、現在4重のビニールが張られ、温かく保たれています。
ハウスの中に入ると、一瞬にしてカメラのレンズが曇るほど、外気との温度差がありました。

a0254656_16484411.jpg4重目のビニールの中の様子も大山さんに許可をいただき取材しました。
この白いピラミッド型の紙の農業器材は、私にとっては毎年見ている見慣れた光景です。

a0254656_16513588.jpgこの白い“キャップ”と呼ばれる農業資材を定植後の苗にかぶせることで、苗のまわりの温度や湿度が一定に保たれ、苗にとって好環境を保てるのです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16531349.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
キャップの下の苗の様子も見てきましたよ。
「寒いから早くキャップをかけてくれよ!」と苗が話しかけてるような気がしました。

a0254656_16555499.jpg「大山ファーム」代表の大山陽一さんです。
今回の取材の際は、所用でお出かけだったため、写真は以前取材した際のものです。
小玉スイカの定植を終えた後は、大玉スイカ『春のだんらん』の定植を行います。

a0254656_17075432.jpgこちらが、小玉スイカ『ひとりじめHM』の栽培ハウスのすぐ横にある、苗床の大玉スイカ『春のだんらん』の現在の様子です。
定植前にひと手間かけて12月28日に定植作業を行います。
そのひと手間については、また明日のブログで詳しく紹介いたします。

a0254656_17124522.jpgさて、ここでスイカ栽培におけるミニ情報を1つ!
苗の根元をご覧ください。
種から最初に芽吹く“双葉”が4枚あるのがわかりますか?
実は、2段目の双葉から上がスイカで、その下の双葉から下及び根っこは、別の植物です。

a0254656_17143282.jpg小玉スイカは冬瓜、大玉スイカはかんぴょうの苗にそれぞれ接木をして栽培するのです。
根を張る力が強い、冬瓜やかんぴょうの苗にスイカを接木して栽培することで、スイカは元気に成長し、しっかりと育つのです。

a0254656_17225129.jpgさらにもう1つ!
「大山ファーム」さんでは、小玉スイカは3本仕立ての2玉の収穫、大玉スイカは2本仕立ての1玉の収穫で育てていきます。
これは2月上旬の様子で小玉スイカの苗です。
ハウスの外側に向かって3本の芽が伸びているのがわかりますよね。

a0254656_17252992.jpgこちらは、3月中旬の収穫前の小玉スイカの様子です。
定植を終えたばかりのスイカの苗に、どのようにしてスイカが実るのか、そしてその間の惜しまぬ手間ひまと匠の技は、今年も現地取材して紹介していきます。

a0254656_17272632.jpgさぁ!
平成31年度の「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培がスタートしました。
これから、一切の妥協を許さず、惜しまぬ手間ひまをかけ、至高のスイカを育てていきます。

a0254656_17285314.jpg小玉スイカ『ひとりじめHM』は、3月下旬ごろから、大玉スイカ『春のだんらん』は、4月中旬ごろからの出荷予定です。
すでに初回発送分で、それぞれたくさんのご予約を頂戴している、弊社の大人気商品です。
一切の妥協を許さないスイカの匠「大山ファーム」さんの平成31年度の『夢スイカ』にも、ぜひご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-12-30 17:33 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)