ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2018年 11月 27日 ( 1 )

ザ・みかん 中世みかん『ひのみらい』平成30年度の予約受付スタート!初回出荷は12月7日(金)です!

FLC日記 2018年11月27日(火) くもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成30年度の「小春農園」さんの中世みかん『ひのみらい』を、ネット独占販売いたします。
先行予約の受付をスタートしました。
a0254656_17543741.jpg
初回発送は、12月7日(金)です。
以降、毎週火曜日と金曜日に出荷いたします。
12月下旬までの出荷予定ですが、出荷予定の定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、ご注文はお急ぎください!

a0254656_18031830.jpg『ひのみらい(肥のみらい)』は、熊本県で開発され登録しているみかんの品種です。
「白川」という温州みかんに「はるみ」を掛け合わせて育成し、2007年に品種登録されました。
糖度が12~14度と甘く、酸味はややしっかりめで、酸味と糖度のバランスに優れています。
濃厚な味わいにもかかわらず、じょうのう膜が薄くて食べやすく、果汁も豊富なため、大変人気の高い品種です。

a0254656_18024502.jpg「小春農園」さんの『ザ・みかん』は、全く飾らずみかんそのものの本当の美味さを楽しんでいただきたく命名された名前です。
2kg入り(袋)、5kg入り(箱)、10kg入り(箱)での販売で、大変リピート率の高い「FLCパートナーズストア」の人気商品です。

今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓「FLCパートナーズストア」 
『ザ・みかん』



a0254656_18113146.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは熊本県山鹿市鹿北町にある、匠の農家さん「小春農園」さんの『ひのみらい』の栽培地(みかん畑)です。
この写真はほんの一部です。

a0254656_18135868.jpg「小春農園」さんでは、自然豊かなこの地の、陽のあたる山の斜面を利用して、『ザ・みかん』を栽培しています。
それにしても広い!
1人で歩いては、迷子になりそうなくらいです。

a0254656_18190707.jpg「『ひのみらい』の収穫を始めるよ!」との連絡をいただき、先日現地取材に伺いました。
「おはようございます!」と声をかけると、「小春農園」代表の小原正宏さんが「笠さんおはよう!」といつもの笑顔で答えました。

a0254656_18244798.jpg「いやぁ~、見るからに美味しそうなみかんですね!しっかりおへそが引っ込んで、甘さと美味さを閉じ込めてますね!」と言うと、
「さすがに、笠さんもみかんのことが詳しくなったねぇ~」と小原さん。

a0254656_18270441.jpgこちらは5月上旬のみかんの花の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18283791.jpg「小春農園」さんの『ザ・みかん』の栽培の様子も、移植作業や花の様子、着果後の成長(現在の写真)、摘果や枝吊り作業などなど、こうして年間を通してもう何年も現地で取材してきました。
写真は、6月上旬の着果の頃の様子です。

a0254656_18305375.jpg8月初旬の摘果作業前の様子です。
乾燥に強いみかんの果樹は、水を与えないと甘い果実を作ります。
しかし「小春農園」さんでは、十分に水を与えながらみかんが本来持つ力を利用して甘いみかんを育てています。

a0254656_18394078.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんの8月上旬に行う摘果作業の様子です。
「水分も肥料も十分に与えた元気なみかんの果樹だけん、良い花がたくさん咲いて、こうして数多くの果実が実りよるとたい。」

a0254656_18505638.jpg「みかんは乾燥に強かけん水ば与えんと甘かミカンの育つけん、果樹園全体をマルチシート(ビニール)で覆い、極力水分ば与えずに育てる生産者も多かとたいね。ばってんうちでは、水は与え放題たい!」

a0254656_18520288.jpg「水ば与えないストレスで、みかんば甘く育てるのではなく、「水が足りない」という頑張りで、みかんば甘く育てる方法をとっとるとたいね。そして、この時期に一気に摘果して、大きく甘く仕上げていくとたい。」
小原さんは、そう言いながら匠の判断で1つ1つ丁寧に摘果作業を行っていました。
小原さんのお話を端的に説明するとこういうことです。

a0254656_18531541.jpgみかんは水を与えなければそのストレスで甘く育つ。
しかし「小春農園」さんでは、「水が無い!」というストレスで甘くするのではなく、元気な果樹にたくさんの実をならせ「水が足りない!」という頑張りで甘く育てるのです。

a0254656_18540553.jpgしかしそのままでは、甘くとも小さなミカンがたくさんできることになるので、時期を見て一気に3分の2にまで摘果して、きれいなみかんを、大きく甘く作り上げていくということなんです。

a0254656_18544981.jpgさて、現在の収穫の様子に話を戻しましょう!小原さんの息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんが収穫作業を行っています。
将輝さんは、大学で果樹栽培を専門に学んだ言わばスペシャリストです。

a0254656_18565414.jpg「こうして、みかんのお尻がへこんでいるのは、成長時にみかんが、甘さと美味さをギュッと閉じ込めた証拠なんです。間違いなくおいしいみかんですよ!」と将輝さん。
このことを、取材の最初に小原さんに話したので、「笠さんもみかんのことが詳しくなったねぇ~」と小原さんが言ったのです。

a0254656_18594651.jpg「ハサミキズば着けてしもうたけん、笠さん良かったらこれば食べてみらんね!」と小原さん。
「食べます!!!」と返事したものの、キズが私にはわかりません。

a0254656_19010906.jpg「ほんのちょっとばってん、ハサミの当たったとたい。こぎゃんとはもう保存して出荷しよる間に傷んでしまうとたい。もぎたてのこの味ば知っとく必要もあろうけん、食べなっせ!」とのこと。

a0254656_19030406.jpg「いただきます!」と言って、さっそく食べてみました。
「甘っ!」最初に出た言葉がそれでした。
小原さんは私が食べる様子をじっと見ています。

a0254656_19041747.jpg「ハハハッ!笠さんはホント美味しそうに食べるねぇ~。なんか頑張った甲斐があるよ!(笑)」と小原さん。
いえいえ、美味しそうに食べるのではなく、美味しいからそんな顔になるんです!

a0254656_19060163.jpg「美味しいですか?」と将輝さん。
「私もこの商売をしてるのですから、味の感想はきちんと伝えますけど、今年のみかんは最高です!」と言うと、将輝さんは嬉しそうに笑っていました。

みかんの美味しさのポイントは、
1.みずみずしくあること
2.酸味と甘味のバランスがいいこと
3.みかんの味が濃いこと
4.後味がすっきりとすること
5.袋ごと食べてもとろけるような食感であること
と言ったところでしょうか?
このどれか一つでもかけていると、美味しいみかんとはいえないと思います。
みなさんも「小春農園」さんの『ザ・みかん』を食べてみると、必ずそれらの全てを実感できると思いますよ!

a0254656_19121210.jpg「小春農園」さんでは、現在スタッフ総出で『ひのみらい』の収穫を行っています。
収穫を終え、それらの中から選び抜いたみかんだけを閉所のお客様に『ザ・みかん』をして提供いただいています。
間違いなく“本物”と呼べる美味さです!
「小春農園」さんでは、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、『ザ・みかん』を美味しく甘く仕上げました。

a0254656_19162596.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの『ザ・みかん』をネット独占販売中です。
大変リピート率の高い大人気商品です。
今年も、変わらぬ“本物”と呼べる味わいをぜひご賞味ください。
「みかんの味にそんな違いがあるはず無い!」とお思いの方も多いはず!
でも、食べればきっとわかりますよ!
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-11-27 19:18 | ザ・みかん | Trackback | Comments(0)