ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2018年 11月 06日 ( 1 )

原木しいたけ 平成30年度の『原木しいたけ』本日より予約受付スタートしました!

FLC日記 2018年11月6日(火) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、清流の里の『原木しいたけ』をネット独占販売いたします。
a0254656_18133661.jpg
大変お待たせいたしました。
本日(11月6日(火))より予約受付をスタートしました!
※11月9日(金)より発送開始(以降、当面は、毎週金曜日の出荷です)

a0254656_17413971.jpg自然に最も近い方法で、大切に育てられた『原木しいたけ』は、国内生産量のわずか2割!
しかも、生の『原木しいたけ』となると、ほんの1割程度です!
森のうま味を詰め込んだ、清流の里の『原木しいたけ』をぜひこの機会にご賞味ください!!

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
『原木生しいたけ』



a0254656_17462787.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんの、『原木しいたけ』の栽培地です。
鹿北町は、清流の里として知られている自然豊かな町です。

a0254656_17455811.jpg『原木しいたけ』とは、主にクヌギやナラノ木を原木とし、そこにしいたけの菌(コマ)を打ち込み、最も自然に近い形で栽培する方法です。
農薬や化学肥料は一切使用しません。
もちろん、除草剤も使用せずに、こうして見事に管理し、栽培ています。

a0254656_17475905.jpg「小春農園」さんの『原木しいたけ』の栽培場のすぐ近くには、清らかな水でなくては決して育たないワサビがが自生しています。
それだけここは、清らかな水と豊かな森なのです。

a0254656_18182856.jpgベストな状態に開いた『原木“生”しいたけ』を、朝採りで収穫し、大きさや形で選び抜き、パックに詰めて出荷します。
そこで、収穫が始まったばかりのこの時期、あくまで自然に育った『原木しいたけ』なので、当面は金曜日だけの出荷とさせていただいています。

a0254656_18314833.jpgこちらがその『原木“生”しいたけ』です。
それに対し、店頭に並ぶほとんどの“生”しいたけは、「菌床しいたけ」と呼ばれるものです。

a0254656_18333293.jpg「菌庄しいたけ」は、おがくず等と肥料を使い“菌庄”として栽培する方法です。
ハウスや建物の中で栽培され、温度や湿度管理をすることで、1年を通して収穫が可能です。
(写真はいずれも原木しいたけです)

a0254656_18424877.jpg収穫を迎える『原木しいたけ』は、2年前から準備し育ててきました。
2年前のこの時期に原木となるクヌギやナラノ木を伐採し、春先まで葉枯らし(乾燥)をさせ、同じ長さに切りそろえる玉切りをします。
そっれらに、しいたけ菌を培養した“コマ”を打つコマ打ち作業を経て、仮伏せ、本伏せで原木にしいたけ菌がしっかり回るのを待ち、伐採から2年後の秋にその原木を栽培地に運びこうして並べて(ボタ起こし)、いよいよ収穫を迎えるのです。

a0254656_18475867.jpg私は、それらの作業を現地に伺い、年間を通して取材してきました。
これは、コマ打ち作業の様子です。
ドリルを使って原木に穴をあけ、しいたけ菌を打ち込むのです。

a0254656_18514908.jpgドリルで原木に穴をあける作業を行っている「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「小春農園」さんは、安心・安全な美味しい食材を作り上げることにこだわりぬく“匠”の農家さんです。

a0254656_18535170.jpg「笠さんは、毎年毎年来て、見て、取材して、手伝っててしよるけん、この大変さがよくわかるやろ?「安心して食わるっ、うまかもんば作る!!」(安心して食べることができる、美味しい食材を育てる!!)ためには、やっぱ手間ひまはかかるばい!(笑)」と小原さん。

a0254656_18580271.jpgこちらは“本伏せ”と呼ばれる作業の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19000631.jpgもちろん、「小春農園」さんの『原木しいたけ』の栽培の様子も、こうしてもう何年も年間を通して取材してきました。
本伏せで風通しよく原木を組み上げ、紫外線を避けるために、しっかりと“シバ”と呼ぶクヌギや竹の枝葉を乗せ、これから、約1年半この地で原木の中でしいたけ菌を栽培します。

a0254656_19055476.jpgこちらは、収穫に向けてのボタ起こし作業の様子です。
小原さんと、息子さんで専務の小原将輝さんがバランスを見ながら原木を立てて並べています。
2年がかりで準備してきた『原木しいたけ』がいよいよ収穫の時を迎えるのです。

a0254656_19071120.jpg原木からしいたけが発芽後、成長して、しいたけのカサが開きすぎる前に、ベストなタイミングで収穫します。
『原木しいたけ』ができるまでには、本当にたくさんの手間ひまをが必要です。

a0254656_19110206.jpgしいたけは、新鮮さが命です。
収穫は、出荷日の早朝より行われ、その中から選びに選び抜いた“極選”のしいたけだけをパック詰めして出荷します。
ですから、数量限定の完全予約制での販売とさせていただいているのです。

a0254656_19145448.jpg朝採りの新鮮しいたけを即日発送いたします。
早ければ翌日、遅くとも中1日でお届けいたします。
私は「小春農園」さんの『原木しいたけ』のしゃぶしゃぶが大好きです。
肉厚なしいたけは、まるでアワビのような食感なんです。

a0254656_19153234.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『原木しいたけ』をネット独占販売いたします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました。

a0254656_19170866.jpg「小春農園」の小原正宏さんと将輝さんの、匠の親子が中心となり、惜しまぬ手間ひまと、たくさんの労力、2年もの月日を要して育て上げられた、『原木しいたけ』です。

a0254656_19191717.jpg何度も言いますが、原木の“生”しいたけともなると、国内生産量のわずか1割なんですよ!!
違いのわかる方に、ぜひご賞味いただきたい、自然に最も近い形で育てられた、無農薬無化学肥料の安全・安心な『原木“生”しいたけ』です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして下さい。
自信を持っておススメする、“本物”の食材をぜひお買い求め下さい。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-11-06 19:21 | しいたけ 原木しいたけ | Trackback | Comments(0)